「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小渕の議員辞職拒否のウラにドロドロの事情+安倍が国会で枝野、朝日に逆ギレ攻撃

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 昨日30日には、衆院予算委員会の集中審議が行なわれた。(・・)

 午前中、TVをつけたら、たまたま民主党の枝野幹事長が質問をしていたのだけど。mewは、安倍首相の発言に、ちょっとビックラした&唖然とさせられた・・・そして、ひとりの国民として情けなく感じたところがあった。_(。。)_

 安倍首相が、質問と直接関係がないのに、いきなり枝野氏が「殺人、強盗などを行なった革マル派が関わる団体から献金を受けていた」(「殺人を行なった革マル派」というフレーズを、もう1回言って強調していた)とか、「(撃ち方やめの記事は)朝日新聞の記事は捏造だ」「朝日は安倍政権を倒すことを社是としている新聞だ」とか、言いまくっていて。
 しかも、自民党の委員席から拍手や笑いを受けて、実に得意げに&嬉しそうにしていたからだ。(~_~;)mittomonai

<先に言えば、この「撃ち方やめ」の記事を、mewは読売系の「スポーツ報知」で見た(前記事にアップ)のだけど。これは安倍側近が情報源になっていたようで、複数の新聞が掲載していたとのこと。あとで安倍側近が、自分の発言だったと修正をしたという。(後述)>
 
* * * * *

 う~ん、一国の首相が(それも、TV中継がはいって、一般国民も見る日に)行なう答弁としていかがなものかと。もしmewが自民党支持者だとしても、「こんなネトウヨみたいな首相はイヤだ!」って嘆いてしまいそうなのだけど。^^;

<まあ、見方によれば、閣僚問題で劣勢に立っている安倍首相が、反転攻勢をかけてキャンキャン吼えたのかなとも言えなくないんだけどね。(~_~;)>

 でも、そのmewが問題があると思った発言を、夕刊フジがこんな風に持ち上げる記事を出していたのを見て「これじゃあな~」と、尚更に情けなくなってしまうところが。_(。。)_

 以前から書いているように、安倍晋三氏には、ネトウヨ気質があって。大嫌いなサヨクをやり込める(やり込めた気になる)発言を公の場で行なうことで、超保守やネトウヨが喜んだり、「よく言った」と誉めてくれたりしてくれると、「してやったり」と嬉しくなっちゃうようなタイプなのだけど。一国の首相になっても尚、その気質を押さえることができないようなのだ。(>_<)

* * * * *

<注・この記事に記されているほどには、安倍首相が優勢な感じで質疑が展開していたわけではないのだけど。夕刊フジの記者には、そう見えるらしい。^^;>

『衆院予算委員会は30日、安倍晋三首相らが出席して「政治とカネ」問題などの集中審議を行った。論客として知られる民主党の枝野幸男幹事長が論戦を挑んだが、自身の政治資金収支報告書の記載漏れに加え、左翼過激派「革マル派」が浸透している団体からの献金問題を引き合いに大反撃され、タジタジに。安倍首相の矛先は宿敵である朝日新聞にもおよび、「報道は捏造(ねつぞう)」という痛烈な発言まで飛び出した。

 安倍首相「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が影響力を行使しうる、指導的立場に浸透しているとみられる団体から、枝野氏は約800万円の献金を受けていた」

 枝野氏「私は、首相も社会的な存在として認める連合(日本労働組合総連合会)加盟の産別とはお付き合いをしているが、そうした所の中にいろんな方がいる…」

 余裕たっぷりの安倍首相とは対照的に、枝野氏の表情が一気に青ざめた。枝野氏は「(政府・与党と付き合いがある)経済団体の中に、犯罪行為を犯す企業が加入しているケースもある。だからといって経済団体の幹部と会わないのか」と反撃を試みたが、劣勢は明らかだった。

 精いっぱいオブラートに包んだ「いろんな方」という表現に与党側からは失笑が漏れ、ネット上では「安倍首相も大きく成長した。まさか革マル発言で追い込むとは思わなかった」との“称賛”の声も起きた。

 夕刊フジが29日に詳報した関連政治団体の不透明収支に批判が集まるなか、「政治とカネ」問題で政権を追及したところで、「説得力を欠く」(民主党中堅)のは避けられない。

 実際、枝野氏の「政治とカネ」に関する質問は、安倍首相に見事にかわされてしまった。

 枝野氏「首相が、近い議員に『誹謗中傷合戦は止めるべきだ』『撃ち方やめになればいい』と述べたと報道されている。事実関係をお答えください」

 安倍首相「今日の朝日新聞ですね。そういう報道がありました。これは捏造です。朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としている、と前主筆が語ったという。私に確認もないまま、言ってもいない発言が出ているので驚いた」

 閣僚の不祥事続出で逆風だった安倍首相だが、完全に戦闘モードに戻ったようだ。(夕刊フジ14年10月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 でもって、朝日新聞は、この安倍首相の「捏造」発言に、早速、反論する記事を掲載していたです。

『朝日新聞は30日付朝刊4面で「首相『撃ち方やめになれば』」の見出しで、首相が29日の側近議員である萩生田光一総裁特別補佐と山本一太前科学技術担当相との昼食会で、民主党の枝野幸男幹事長をめぐる政治資金問題が発覚したことを受け、「これで撃ち方やめになればいい」と発言したと伝えた。

 だが、首相は30日午前の衆院予算委で枝野氏の質問に対し、「きょうの朝日新聞ですかね、『撃ち方やめ』と私が言ったと報道が出た。これは捏造です。朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としていると、かつて主筆がしゃべったということです。私に確認すればすぐ分かることです。私が言ってもいない発言が出ているので、大変驚いたところです」と発言した。

 朝日新聞が取材した出席者は30日夕、複数の報道機関の取材に、「私が『これで、撃ち方やめですよね』と言ったら、総理たちも理解を示した」と、これまでの説明を修正した。

 また枝野氏は同日午後の記者会見で、「産経新聞、毎日新聞、日本経済新聞、共同通信、そして朝日新聞が報道している」と指摘。「一般的に考えて、これだけ各社そろって同じ報道をしているということは、捏造だと主張する側に証明する責任がある」と述べた。

 朝日新聞が菅義偉官房長官に30日午後の記者会見で政府の見解について聞いたところ、菅氏は「首相自身が自分の言っていないことを書かれたからそう言ったのじゃないかと思う。政府の立場で申し上げることは控えるべきだと思う」と語った。

      ◇

■記事の「捏造」ありません

 《朝日新聞東京本社報道局の話》 記事は意図的に話をつくった捏造ではなく、取材にもとづいて書いたものです。また、朝日新聞社に「安倍政権を倒す」という社是はなく、主筆が話したこともありません。(朝日新聞14年10月30日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ただ、安倍首相は、こんな発言をしちゃうほど、追い詰められている&かなりストレスが貯まっているのかも知れない。^^;

 これは『苦境の安倍、小渕議員切りと野党攻撃で、任命責任回避&国会逃げ切りを模索か』のつづきになるのだが・・・。

 昨日30日には、何と東京地検特捜部が、小渕優子氏の後援会事務所や元秘書の自宅など4箇所に強制捜査(家宅捜索)を行なったとのこと。 (゚Д゚) (*1)

 通常であれば、特に国会議員の事件などを捜査する場合には、何人もの関係者から任意の聴取などを慎重に行なって、それ相当の確信を得てから強制捜査に乗り出すものだし。(強制捜査=裁判所から令状をとって、身柄の拘束や家宅捜索などを行なうこと。)
 mewは、さすがに今国会の開会中は、強制捜査まではしないのかな~と思っていたのだけど。

 特捜部は、既にかなり周辺の聴取や捜査を行なって確信を得ていたのか、それとも証拠隠滅などのおそれが大きいと考えたのか、小渕氏の事務所の家宅捜索まで行なったわけで。
 ここから一気に捜査が進められる可能性がある。(~_~;)

* * * * *

 しかも、前記事にも書いたように、今週にはいって、党内や保守系メディアから、小渕氏の議員辞職論が出るようになっていて。
 mewは、安倍官邸&自民党幹部が、捜査に関する情報を得て、コトが大きくなる前に、早く小渕氏を安倍自民党から切り離しておきたいと考え、間接的に小渕氏に自らの議員辞職を促そうとしているんだろうな~と思っていたのだけど・・・。

 ところが、小渕氏は昨日、議員辞職をしない意向を明らかにしたという。(**)

『小渕氏は30日午前、所属する自民党額賀派幹部に電話で「国会議員の本来の職務と使命を全うする」と伝えた。同派会長の額賀福志郎元財務相は「辞職はあり得ない」と擁護。同党の谷垣禎一幹事長は、小渕氏が経産相辞任時に調査を約束したことに触れ、「取り組みを見守る段階ではないか」と述べ現段階で辞職は不要との考えを示した。(時事通信14年10月30日)』 

『「国会議員としてのそういう責任を果たすことが、大事だと考えています。『辞意の公算高い』とか、そういうことは私自身はありえないと思います」(自民党額賀派 額賀福志郎会長)
 額賀氏はこのように述べて、今の段階で小渕氏が議員辞職する必要はないという考えを示しました。額賀氏は、これに先立つ議員グループの会合で、「長い間小渕氏とは研さんを積んできた仲間だ」とした上で、「皆さんとともに、冷静に、しかも温かく見守っていきたいと思う」と強調しています。(TBS14年10月30日)』

『小渕氏の事務所はコメントを発表し、「ご心配をお掛けしたことをおわび申し上げる」と陳謝するとともに、議員辞職を検討しているとの一部報道を「誤報」と断じた。その上で「刑事告発を受けたことを真摯(しんし)に受け止め、捜査要請に対してはきちんと協力するよう指示している」と強調した。(時事通信14年10月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 小渕氏自身は、閣僚を辞任をした際の会見で公言した「第三者による調査」をしっかり行ない、調査結果をきちんと報告することで、国会議員としての使命、責任を果たしたいと考えていた様子。
 とはいえ、検察による強制捜査がはいったことから、関連する書類は全て押収される可能性が大きいことから、この「第三者による調査」を進めるのは困難になると思うのだが・・・。
 国会議員の職についたまま、検察の捜査に協力する方針でいるようだ。(・・)

 ただ、もしかしたら、小渕氏(&周辺?)の中では、管理責任は認めつつも、「自分は本当に知らなかった」「だまされた」という思いも強いのかも知れず。
 辞任会見で、記者から話が出ていたように、他の閣僚のスケープゴートとして「狙われたのかも」と疑心暗鬼になっている部分があるかも知れない。^^;

 さらに、もし自分が議員辞職した後、父の代から守って来た選挙区がどうなるのかという点も、気になっている可能性がある。(~_~;)

 というのも、群馬県は、超自民党王国で。福田赳夫・中曽根康弘・小渕恵三・福田康夫氏などの歴代首相を含め、かねてより自民党の有力議員や候補者がひしめき合い、激しい争いを繰り広げているところで。
 今、参院5期の中曽根弘文氏(康弘元首相の長男)や、参院4期の山本一太氏(安倍首相の弟分)も、衆院への鞍替えを狙っていると言われているからだ。(@@)
<首相になるためには衆院議員であることが必須条件みたいになっているので、特に中曽根氏&周辺は鞍替えのチャンスを伺っているという話が。^^;
 中曽根氏と小渕氏は、地盤が一部重なっていて。小渕氏の秘書が選挙区民にワインを渡していたとTVなどで告発した人は、中曽根支持者だったという週刊誌の記事も出てたです。(~_~;)>

 小渕氏が所属する額賀派の長である額賀福志郎氏が、わざわざ報道陣のカメラの前に出て、「辞職はあり得ない」と強調したり、派閥の会合で「温かく見守っていきたい」と支援を呼びかけたりしたのも、このような事情や疑念を共有してのことかも知れない。(・・)

* * * * *

 しかも、今、党内第二派閥の額賀派(平成研究会)は、もともと安倍首相が属する町村派(清和会)のライバルで、長い間、やり合って来た間柄なのである。(@@)

 額賀派は、12年の総裁選では、同派を抜け、派閥政治批判を展開していた石破茂氏のことを快く思っていなかったため、安倍晋三氏の支持に回ったのであるが。安倍氏は総裁、首相になった後、額賀派をさほど重視しようとせず。額賀氏や同派幹部などの意見にも耳を傾けようとしないことから、だんだん安倍首相に対する反発が募っている様子。
 近時は、石破氏が額賀派の幹部と手打ちをして、来年の総裁選で「安倍倒し」に走るのではないかとの話も流れるようになっていた。<で、安倍首相が、対抗策として石破氏を幹事長から外したのではないかと見られている。^^;>

 小渕氏の閣僚辞任&議員辞職の話を一つとっても、そのウラには、邪推し始めたら&書き始めたらキリがないくらい、色々とドロドロしたものがあるような感じなのだけど。(~_~;)
 いずれにせよ、安倍首相にしてみれば、小渕氏が議員を続けるのは大迷惑なことであるわけで。特捜部の捜査のニュースが、新聞やTVに出るたびに、ブル~な気分になるのではないかな~と察する。(・・)

<官邸や党幹部の中には、議員辞職しない場合、小渕氏に離党を促すか、小渕氏を除名などの処分に付すことを考えている人もいるとか。ただ、額賀派が簡単に離党を認めるか、また処分を受け入れるかビミョ~なところだ。^^;>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 安倍首相のストレスのネタは、まだまだたくさんある。(・・)

 安倍内閣の閣僚の問題は、小渕氏にとどまらず、次々とオモテに出ていて。メディアの反転攻勢もあってか、いつこの流れが止まるのかわからないような状況だし。
<『メディアも反転攻勢で安倍ピンチに~宮沢のSMバー・東電株問題+小渕に新疑惑』『安倍閣僚の不祥事スキャンダルが止まらず~宮沢、西川、有村、望月に新問題』>

 アベノミクス第三の矢の目玉で、アレコレの利権が絡んでいる「カジノ法案」が、公明党や自民党の一部の反対もあって、頓挫しそうになっている。(-_-;)

 経済系で厳しい数字が続いていることから、消費税増税の判断がますます難しくなっているし。<身近でも「増税実行派vs.先送り派」の争いが激化していて、板ばさみ状態にあるし。^^;>
 昨日、公示された沖縄県知事選で、自民党推薦の仲井真知事が勝てる見込みも乏しい。(~_~;)

 さらに(これらに関しては、別立てで書きたいと思うけど)安倍政権のウリにするはずだった北朝鮮の拉致調査も、全く進展せず。11月のAPECで中国、韓国と首脳会談を実現できるメドもいまだに立っておらず・・・。
 mewから見ると、まさに四面楚歌のような状況にあるのだ。(>_<)

 それでも、いまだに安倍内閣の40~50%台の支持率があるのが、mewは不思議でならないのだけど。(-_-;)
 
 この状態が続けば、おそらく自民党内からもだんだん「安倍おろし」の動きが出て来るのではないかと思うし。
 野党やメディアは、政府&自民党の逆ギレ攻撃や圧力にめげることなく、さらなる攻勢をかけて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)
                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 




『小渕優子・前経済産業相の政治団体をめぐる不明朗な資金処理問題で、東京地検特捜部は30日、小渕氏の元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏(24日に辞任)の自宅など、同県内の複数の関係先を家宅捜索した。押収した資料を分析し、法令違反の有無を慎重に判断するとみられる。

 特捜部は小渕氏が代表を務める「自民党群馬県第五選挙区支部」などが入る高崎市の事務所も捜索した。

 同支部や「小渕優子後援会」の政治資金収支報告書には、2010年まで「作成担当者」として折田氏の名前が記載されている。折田氏は同支部や後援会など地元の3団体の会計について「私が全部チェックし、報告書を作成し、提出していた」と説明している。

 後援会などをめぐっては、小渕氏の地元の支援者らが参加した東京・明治座での「観劇会」に関し、四つの政治団体の05~11年の政治資金収支報告書で、収入より支出が大きく上回り、差額が計約5300万円に上っていたことが判明。さらに12年の収支報告書には、観劇会の収支の記載自体がなかった。

 この問題では、群馬県の市民団体が、小渕氏や折田氏に政治資金規正法違反(虚偽記載)などの疑いがあるとする告発状を東京地検に提出。特捜部は29日までに、折田氏から任意で事情を聴いている。

 折田氏は、小渕氏の父親の恵三元首相と小渕氏の2代にわたって30年以上秘書を務め、12年1月から中之条町長を務めていた。今月20日に小渕氏が経産相を辞任したのを受け、折田氏も「私の不徳の致すところ」と町議会に辞表を提出。「小渕氏は何も知らないし、悪くない。私がその責任の立場にいた」と語っていた。(朝日新聞14年10月30日)』

;;;;;;;;;;;;


『経済産業大臣を辞任してから10日。自民党の小渕優子衆議院議員をめぐる政治資金問題で、東京地検特捜部は、群馬県にある小渕氏の事務所や元秘書で収支報告書を作成したとされる中之条町の前町長の自宅など、関係先の家宅捜索に乗り出しました。

 国会会期中での強制捜査となりました。捜索を受けたのは、群馬県高崎市にある小渕氏の後援会事務所や、小渕氏の元秘書で事務所の顧問を務めていた中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅など数か所です。

 「ご迷惑をかけている全ての皆さまに心からのおわびを申し上げます」(小渕優子前経産相 20日)

 小渕氏が関連する政治団体の収支報告書をめぐっては、開催した「観劇会」などの収支が大幅に合わないこと、報告書に記載されていた会計責任者や報告書作成担当者が実際には業務を行っておらず、「名義借り」だったことなどが明らかになっています。また、小渕氏の秘書が選挙区に住む男性にワインを贈ったとされることや、政治資金でベビー用品や下仁田ネギを購入していたことなど、不適切な支出が指摘されています。

 「私が収支報告の実質的な総責任者」(折田謙一郎 前中之条町町長 20日)

 Q.小渕氏は何も知らなかったのか?
 「代議士(小渕氏)自身は何も知りません。代議士自身は何も悪いことはございません」(折田謙一郎 前中之条町町長 20日)

 実際に報告書を作成していたとされる折田前町長は、「自分が総責任者で小渕氏は一切、関与していない」などと説明していました。特捜部は政治資金規正法違反などの疑いで、折田前町長を任意で事情聴取するなどしていましたが、証拠隠滅などのおそれがあることから、強制捜査に踏み切ったものとみられます。

 強制捜査を受けて小渕氏は・・・
 「地元の皆さまをはじめ大変なご心配をおかけしましたことをおわび申し上げます。捜査の進展を慎重に見守り、真摯に対応してまいりたいと思います」(小渕氏のコメント)

 午前9時半ごろ、予算委員会に出席中の安倍総理に手渡された1枚のメモ。そのメモには「小渕優子」「東京地検」とも読める文字が。小渕氏の関係先に家宅捜索が入ったことを伝える内容とみられます。

 審議でも、この件について質問が飛びました。
 「小渕前大臣のもとには捜査が入ったという一報もございます。大臣辞任後、一向にご説明もございませんが、これ大臣辞任で済まないと思いますが」(民主党 小川淳也衆院議員)

 「司直によって明らかにされていくこともあるかもしれませんが、国民から負託を受けている議員の責任において説明責任を果たしていただきたい」(安倍首相)

 小渕氏の進退について明言しなかった安倍総理。

 民主党は今回の事態に対し・・・
 「つい先日まで大臣であった方の件に関して、家宅捜索がなされる、強制捜査という事態に至ったことは、国民の皆さんの政治への信頼を損なうもので大変残念なこと」(民主党 枝野幸男幹事長)

 自民党の谷垣幹事長は・・・
 「事実関係を解明したいと閣僚もお引きになったので、その小渕代議士の取り組みを、今、見守る段階じゃないかと思う」(自民党 谷垣禎一幹事長)

 一方、自民党内ではこんな声もあがっています。
 「本人は知らなかっただろうがそれでは済まされない。補欠選挙になるのではないか」

 つまり、このまま議員を続けるのは難しいのではという見方も広がっているのです。

 議員辞職の可能性について問われ、谷垣幹事長が語気を強める場面も・・・
 「起訴されているわけでもない、いわんや有罪と確定したわけでもない。起訴された段階では無罪の推定が働く。あまりにもそれを無視した発言が時折あるのを私は憂慮しています」(自民党 谷垣禎一幹事長)

 小渕氏は議員辞職を検討しているとの一部報道に関し、「誤報」だとした上で、「事実無根の報道がなされたことに驚いている」とコメントしています。

 街の人は・・・
 「小渕さんの責任なのかもしれない。『知らない』とは言えないでしょ」(女性)
 「事実関係を明らかにして、若いから、けじめをつけて再出発すれば」(男性)

 今後の捜査はどうなるのでしょうか。
 専門家は・・・
 「(強制捜査は)非常に迅速な対応。特捜部としても何らかの犯罪が成立する可能性があると考えているのは間違いない」(元東京地検特捜部検事 高井康行弁護士)

 不適切な支出を知らなかったとしている小渕氏については・・・
 「刑事責任を問うのは難しいと思います。本当に知らなかったかどうか確認するのは必要。議員本人に事情聴取することも当然あり得る」(元東京地検特捜部検事 高井康行弁護士)

 捜索に立ち会った折田前町長は・・・
 「調査中ですのでコメントを控えるように言われてますので、大変申し訳ありません」(折田謙一郎 前中之条町町長)

 特捜部は押収した資料を分析し、今後、資金の流れや誤った収支報告書を作成した経緯などについて違法性が問えるかなど、本格的に捜査を進める見通しです。(TBS10月31日)』
[PR]
by mew-run7 | 2014-10-31 08:30 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22529029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2014-10-31 18:28
タイトル : 米国の金融政策の正常化への第一歩に対しアベノミクスは金融..
 米国の金融政策の正常化への第一歩に対し日銀総裁はアベノミクスふらつき金融のゆがみを増幅させる量的緩和政策を実施し日本経済・国民生活への悪影響が懸念される。 2008年以降の量的緩和政策で市場に流れ込んだ資金が金融市場のゆがみを生んでいるとの指摘があるため、米国は金融政策の正常化に向けて、失業率が5%台にまで下がるなど雇用の改善が一定程度進んだとの判断から、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和政策の終了に踏み切った。すると、安倍内閣の黒子の日銀の黒田東彦総裁は31日、米国とは正反対の...... more