「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

自民には凶暴男子がいっぱい(..
at 2017-06-23 10:32
文科省、安倍&萩生田発言の文..
at 2017-06-22 07:39
籠池が国策捜査&安倍にだまさ..
at 2017-06-21 08:01
安倍、萩生田の指示を示す文書..
at 2017-06-20 08:29
内閣支持率ダウンに、ゲスの極..
at 2017-06-19 07:17
加計、共謀罪*記憶しておきた..
at 2017-06-18 09:12
追悼…野際陽子が語った戦争を..
at 2017-06-18 06:04
文科省の逆襲に、内閣府&山本..
at 2017-06-17 12:35
文科省、加計文書の存在を確認..
at 2017-06-16 06:00
共謀罪~異例の奇策で直に本会..
at 2017-06-15 05:38

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

憲法改正絶対反対・軍隊を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東京ガスの株を買いませんか
from 椿峰のまち
東芝半導体事業の買取先は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
漸く安倍内閣も支持率急落..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国人の隣国キューバへの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園問題とは、獣医学..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
英国は住民投票によるEU..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発事業に関係する天下り..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国連でさえ日本政府の「共..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東芝は米国で原発事業に進..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37

ブログパーツ

タグ

(1224)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が屈辱に耐え?、日中首脳会談を実現&安倍、中国、米国の思惑+錦織圭

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 最初に少しだけテニスの話を・・・。

 ATPツアー・ファイナル予選ラウンドで、初出場の錦織圭がマリーにストレート勝ち。(^^)

 マリーは腰痛のためランキングを6位に落としているものの、全米、全英、ロンドン五輪で優勝して、いまやジョコビッチ、フェデラー、ナダルと並ぶビッグ4の一員。独特な雰囲気の中での第一戦ゆえ、緊張もあってか、正直を言えば、2人とも全体的にはプレーはイマイチだったのだけど。^^;
 錦織はファースト・サービスが40%台、ダブルフォルト8回、凡ミス多数で苦しい状態の中、途中から丁寧につないでチャンスを作り出す戦略に。で、肝心な時にしっかりとショットを決める姿を見て、本当に力がついたんだな~と。本人も言っていたように「以前とは違う選手」になったんだな~と感じさえられた1戦だった。(・・)<強い選手は、調子が悪くても、何とかして勝っちゃうのだ。(++)>

 今日は四大大会17回制覇のテニス巧者・フェデラーと対戦するのだけど。コートの質がちょっと柔らかい感じがするので、これが錦織に吉と出るのか凶と出るのか。胸を震わせてくれるようないいプレー&試合を期待してるです。ガンバ! o(^-^)o】

~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~

 そして、APECツアーで、今政権初の日中首脳会談を実現した安倍首相の話を・・・。

 これは『安倍が日中会談のために玉虫色の合意で譲歩。米国は評価も、会談日程決まらず』(以下、前回の記事)の続報になるのだが。

 安倍首相が10日昼、人民大会堂で、中国の近習平国家主席と約25分間、首脳会談を行なった。安倍第二次政権が12年末に発足してから、初めての中国首脳との会談になる。(・・)

 ただ、日本側は、これを公式の会談ととらえているようなのだけど、中国メディアは、「会談」ではなく、あくまで日本の要請に応じて「会見(面会)」したと報じていたとのこと。

 今回は、通常のように、会談室内&会談冒頭の撮影が許可されなかったのであるが。韓国メディアによると、『会談場には首脳会談に登場する両国国旗もなく、テーブルの代わりにソファーに座って会話する「接見」方式だった』という。(~_~;) (朝鮮日報11.11)

<とはいえ、ソファに座って首脳会談を行なうことは、異例とまでは言えず。これも、あの玉虫色の合意文書と同様、日本、中国それぞれが、お互いに都合よく解釈できるようにしたのかな~と思ったりもして。^^;>

* * * * *

 習主席は、他国の首脳とはAPECの会場で会談を行なっているのに、何故、日本とは人民大会堂で行なうのかな~と不思議に思っていたのだが。
 たぶん、安倍首相が「人民大会堂に表敬訪問に来た」「仕方ないから、面会に応じてやる」という形をとりたかったのではないかと思われる。(~_~;)

 それが顕著にあらわれていたのが、会談前に行なわれた写真撮影だった。(・・)
 
 ふつうは両首脳が一緒に来るか、ホスト国が先に来て客人を迎えるものなのだけど。安倍首相が先に部屋に通され、あとから習主席が来るのを待つような形に。
 しかも、習主席は、安倍首相が笑顔で「公式にお会いすることが非常にうれしい」と話しかけても、無表情&無言のまま、視線も合わさず。一言も返さずに正面を向いて、撮影のために、とりあえず握手を交わして。しかも、安倍首相をエスコートすることもなく、先に会談室に向かったのである。 (・o・)
 これは、客観的に見て、かなり失礼な対応だと言っていいだろう。(-"-)

 習主席としては、自国民に向けて、中国を敵視し、靖国参拝を含め歴史認識の問題で同国に配慮しない安倍首相を決して歓待しているわけではないという姿勢をアピールしたかった(&その必要性があった)のではないかと思うのだけど・・・。
 日本国民には、よからぬ印象を与えたと思うし。日中関係の改善にはプラスにならない行為だったとも思う。(・・)

<小泉首相&安倍官房副長官らが北朝鮮を訪問した際に、事前に「絶対に笑顔を見せない」「気を許したと思わせるような言動をしてはいけない」と決めて、金成日主席との会談に臨んだのだけど。何だか、その時の光景を思い出したりもしたです。^^;>

* * * * *

 習主席は、会談室にはいった後、短い歓迎の言葉を述べたものの、会談中も全く笑顔は見せなかったという。(~_~;)
 
 会談も短時間しか行なわれず。習主席が安倍首相に、先に意見を述べるように促して、それに返答する形をとったとのこと。通訳で時間をとられたこともあり、両者の対話は2往復しただけで終わったようだ。(・・)
<会談後、習主席は随行スタッフ全員と握手したそうで。それも含めて25分だったのかも。^^;>
  
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 会談では、懸案事項である「尖閣」「靖国」の言葉は1度も用いず。婉曲的に、それぞれの主張を述べるにとどまったとのこと。(・・)

 ただ、安倍首相が今回、最も重視していた(&米国に最重要の課題として与えられていた)のは、尖閣諸島を巡って不測の衝突を避けるため「海上連絡メカニズムの早期運用の開始」することに関して、習主席の同意を得ることだったので、それも無事にクリアできて、OKだったと言えるだろう。(++)
<中国も、米国も軍事衝突は避けたいと思っているので、その点では三者の思惑は一致していたと思うです。>

 他方、中国側は会談を実施するに辺り、最後まで安倍首相に「靖国不参拝」を確約させることにこだわっていたのだが。<もし首脳会談を行なった後に、安倍首相がまた靖国参拝を強行したら、習主席は「面目丸潰れ」になっちゃうしね~。^^;>
 習主席は「歴史問題は13億人の中国人民の感情に関わる」という言葉を用いて、安倍首相にくぎを刺そうとしていたのが印象的だった。(・・)
<これに対して、首相は(事前に決めていた通り?)「安倍内閣においても、歴代内閣の歴史認識の立場を引き継いでいる」と応答して、交わしたようだ。^^;> 
  
『首脳会談で、あいさつを終えた習氏は「先に安倍首相の考えを聞かせてほしい」と切り出し、安倍政権の対中観をまず見極めようとした。首相が、国民の相互理解推進や経済関係の深化を挙げ、関係改善に意欲を示すと、習氏はさらに「この2年、中日関係に困難が生じた理由ははっきりしている」と述べ、尖閣諸島の問題や首相の靖国神社参拝が関係悪化の原因と認識していることを強くほのめかした。(毎日新聞14年11月10日)』

『首相は会談で「中国の平和的発展は国際社会と日本にとって好機だ。世界第2、第3の経済大国として協力し、地域と国際社会の平和、繁栄への責任をともに果たしたい」と表明。そのうえで「日中関係への思いは(第1次内閣の)06年10月の訪中からまったく変わっていない」として、7日に両政府が発表した合意文書を踏まえ、「今こそ戦略的互恵関係の原点に立ち戻り、再構築すべきだ」と訴えた。
 習主席は「戦略的互恵関係に従って、日中関係を発展させたい」と応じたが、「徐々に関係改善に努力したい」とも述べ、安倍政権との距離をなお慎重に測る姿勢をにじませた。(同上)』

『会談では日中が対立する尖閣諸島に関するやり取りはなかったが、首相が海上連絡メカニズムの早期運用開始を提案したのに対し、習主席も「既に合意はできている。事務レベルで意思疎通をしていきたい」と早期運用に前向きな姿勢を示した。

 一方、歴史認識を巡っては、習主席は「歴史問題は13億人の中国人民の感情に関わる」と述べ、日本の過去の植民地支配や侵略を謝罪した1995年の「村山談話」にも言及して首相をけん制した。
 さらに習主席は、集団的自衛権の行使を可能にした日本の7月の閣議決定などを念頭に「日本が引き続き平和発展の道を歩み、慎重な軍事・安全保障政策を取るよう望む」と述べた。これに対し、首相は「わが国は引き続き平和国家としての歩みを堅持する」と表明した。(同上)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

  安倍首相の立場になってみれば、今回の中国の対応は、かなり屈辱を覚えるような部分もあったように思えるのだけど。<mewが安倍シンパ&超保守っ子だったら、かなりムカついちゃうかも?^^;>
 でも、首相は「米国や与党内、財界がうるさいし。宿題を片付けるためには仕方ない」と割り切って、(じっとガマンの子で?)淡々と課題をこなすことに専念したように感じられた。^^;

 安倍首相は会談後、記者団の取材に応じて、このように語っていたのだけど。この首相の言葉に、今回の会談の意義、目的が全てあらわれているように思う。(・・)

『「アジアの国々だけではなくて多くの国々が日中両国で首脳間の対話がなされることを期待していた。そうした期待に応える形において関係改善に向けて第一歩をしるすことができた」と語った。 尖閣諸島など海上での不測の事態を回避するための危機管理メカニズムについて「実施に向けて具体的な、事務的な作業に入ることとなると思う」とも述べた。(ブルームバーグ14年11月10日)』

 何度も書くように、安倍首相自身、別に中国と首脳会談を行ないたいと思っていたわけではないのだけど。多くの国々、というか特に米国の要望に応じて、ともかく「首脳会談」なるものを行なうことが重要だったわけで。とりあえず、どんな形であれ、「きょう両首脳が直接会い、関係改善に向けて率直な話し合いをもったことに最大の意味がある(政府筋)」のである。(++)

<実際、安倍首相も7日に「習近平国家主席と会い、握手を交わし、対話をしたい」と語っていたし。外務省幹部も「今回は、会って会談して写真を撮ればそれでいい」と言っていたんだって。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 安倍首相は、ここから厳しい政権運営が待ち受けている中(消費税増税の判断時期が迫っているし、年内解散をする可能性も高まっているし?)、自公与党幹部や財界の理解や協力を得る必要があるわけで。
 今回の首脳会談実現は、彼らの協力を得るためにも重要な要素になっていたのである。(・・)

 でもって、この会談の報を受けて、自民党の親中派や公明党も早速、評価するコメントを出していたとのこと。また、経団連会長もお喜びだったという。^^;

 
『自民党・谷垣幹事長「近隣のアジア諸国も日中がそっぽをむく状況は必ずしも歓迎していなかった。安堵(あんど)感をもって迎えられるのではないかと思うし、(海上連絡メカニズムは) お互いの信頼醸成をして危機を管理していく大事な手法だと思います。そういう(大事な)話ができたのは私はよかったんではないか」

 公明党・山口代表「日中関係を改善していく一歩となったと、こう(安倍首相が)評価されていますので、その一歩を二歩、三歩と進めて、揺るぎない関係を作り上げるべきと思う」
 山口代表はまた、歴史認識の問題をめぐり、会談で安倍首相が歴代内閣の談話を継承する考えを示したことについて「中国の首脳に直接意思が伝わったという意味で重要なメッセージになった」と評価した。(NNN14年11月10日)』

 また、経団連会長も、お喜びだったという。^^;

『日中首脳会談について、経団連の榊原会長は10日の記者会見で、「経済界としては大変喜ばしいことだ。首脳会談を契機に両国間の対話と協調が軌道にのって、以前に増して深くて広い関係を築いていくことを期待している」と述べました。
 さらに、榊原会長は、日中関係の冷え込みが両国の貿易額の減少などにつながっていると指摘したうえで、「今回の会談を第一歩として、経済対話が開かれる方向だと聞いているので、今後、中国でのビジネス環境が整備されれば、両国の経済や貿易も拡大すると思う」と述べました。(NHK14年11月10日)』

* * * * *

 前回の記事に書いたように、ケリー国務長官をはじめ、米政府関係者も今回の日中合意&会談実現について、次々と評価するコメントを出している。(・・)

 米政府は、昨年来、安倍首相に早く日中関係を改善させるように&首脳会談を行なうようにと強く要望。今春、オバマ大統領が来日した際に、「尖閣諸島が日米安保の対象になる」ことを確認するのと引き換えに、「年内に日中首脳会談」を行なうことを約束させたのであるが。
 その最大の意図は、「尖閣諸島を巡る軍事衝突を回避させたい」「米国が日中の軍事衝突に巻き込まれるのはゴメンだ」ということにある。^^;
 
 それは、米NSCのアジア上級部長の言葉からも、伝わって来る。

『国家安全保障会議(NSC)のメデイロス・アジア上級部長は7日の記者会見で、「日中の安定した生産的な関係は、アジア太平洋の平和と安定に不可欠だ」と指摘。合意内容のうち「特に危機管理メカニズムを構築し、不測の事態の発生を回避するとしたことは、米国が幾度も求めてきたことだ」と評価した。
 米政府はこれまで、尖閣諸島(沖縄県石垣市)は日米安保条約第5条の適用対象だとの見解を繰り返し表明。メデイロス氏も「米国は日米同盟の義務をしっかり守る」と付言した。

 ただ、東シナ海で不測の事態が生じ、米国が巻き込まれることは避けたいというのが米政府の本音だ。日中、日韓関係の悪化は「北朝鮮に結束して対処するうえで、微妙な影響を及ぼす」(国務省筋)との懸念もある。
 このため米政府は日中双方に、対話の再開を働きかけてきた。メデイロス氏も「(今回の)日中合意の環境醸成に、米国が重要な役割を担った」と強調した。(産経新聞14年11月9日)』

* * * * *

 mewは、尖閣諸島周辺では、既に不測の事態に発展しそうな「一触即発」の状況が何回か起きているのではないかと邪推しているのだけど・・・。
 米国は、その状況を深刻に受け止め、早い段階から安倍首相に「海上連絡メカニズム」を構築するように提言。日本の防衛省も、真剣に検討を行なっていたという。(・・)

 安倍首相もそれに応じて、首脳会談の実現を積極的に呼びかけるようになったのであるが。日中政府の間での交渉(条件闘争)がなかなか進まない中、米政府は双方に条件の合意&会談実施をかなり強く働きかけた様子。
 この辺りのことは改めて書きたいのであるが、尖閣諸島に関する日中合意には、米国の意向が反映されたと見られている。<あの合意文書の表現は、あとで問題につながるのではないかと強く憂慮しているんだけどね。^^;>

 もちろん日本国民にとっても、中国との間で不測の事態が起きることは、絶対に回避、阻止しなければなならないことであるわけで。その点では、異例なことながら(?)、mewも、今回の安倍首相の首脳会談実現(+ガマンの対応)は評価してもいいかなと思っているとこがあるのだが。(・・)

 でも、今後も、安倍首相や超保守仲間たちが中国批判や独自の歴史認識を展開したら、またまた日中関係が悪化することになるし。万一にも、靖国参拝など行なったら、不測の事態を招くおそれがあるわけで。<彼らを信用することは、できないのよね。^^;>
 それを考えると、安保外交の面でも、経済的な面でも、平和で平穏な生活を送るためには、やっぱ安倍くんに早く首相の座をおりてもらうのが一番いいと思ってしまうmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-11-11 11:10 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22559713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2014-11-11 15:43
タイトル : 17日発表のGDPは無残な数字?安倍内閣の一角公明党が総..
 安倍内閣のウソノミクスで17日発表のGDPは無残な数字となるようで、18日にも経済対策を盛り込んだ2014年度補正予算の編成が指示され、解散総選挙となるらしい。安倍内閣の一角公明党が総選挙準備に入る、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
Tracked from 反戦塾 at 2014-11-12 08:58
タイトル : 花のない月
 「任天堂」といえば、塾頭世代の第一ヒントはゲームソフトでなく「花札」だ。毎月が花の絵で表現される。その中で8月の「ぼうず」と11月の「しぐれ」だけは花の絵が... more