「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

加計の補助金96億、今治市は..
at 2017-08-19 07:12
森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47
蓮舫代表が、1年持たず。自分..
at 2017-08-13 16:06
主体性ない安倍内閣~オスプレ..
at 2017-08-13 03:40
加計、認可保留。選挙を忖度?..
at 2017-08-12 02:52
稲田隠し、真相隠しで終わった..
at 2017-08-11 02:38

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

中東での戦争を止めなけれ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国大統領は他国を平気で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
増え続ける国の借金・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本ファーストの会に期待..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1246)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が「新しい国」づくり宣言~アブナイ超保守改革(=革命)の断行を阻止すべし

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 これは、昨日の『戦後70年を迎える年に~日本のあり方を考えたい&安倍の考えを国民で否定したい』に関連する記事になるのだけど・・・。

 今上天皇は年頭に、戦後70年を迎えるに当たって、「多くの死者を出した戦争の歴史を十分に学んで、日本のあり方を考えていくことが極めて大切なことだ」との感想を発表されたのだが・・・。

  安倍首相は、1日に発表した年頭所感の中で、戦後70年の節目に「新たな国づくりへの力強いスタートを切る」として、日本のあり方を変革することを宣言した。(ーー゛)

* * * * *

 年頭所感の全文は、*1に記すが・・・。mewの目を特に引いたのは、「戦後以来の大改革&改革断行の一年」「新たな国づくりへのスタート」「なせば成る」という言葉だった。(・・)

 首相は、この2年「経済の再生をはじめ、東日本大震災からの復興、教育の再生、社会保障改革、外交・安全保障の立て直しなど、各般の重要課題に全力で当たって来た」が、先の総選挙で国民から支援を得たことをアピール。

「いずれも戦後以来の大改革であり、困難な道のりです。しかし、信任という大きな力を得て、今年は、さらに大胆に、さらにスピード感を持って、改革を推し進める。日本の将来を見据えた『改革断行の一年』にしたい、と考えております」との決意を述べた。

 また、アベノミクスを進化させ、今年も経済最優先で政権運営にあたり、全国に景気回復を届けることを強調。さらに、以下のような考えをあらわした。

「今年は、戦後70年の節目であります。
 日本は、先の大戦の深い反省のもとに、戦後、自由で民主的な国家として、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してまいりました。その来し方を振り返りながら、次なる80年、90年、さらには100年に向けて、日本が、どういう国を目指し、世界にどのような貢献をしていくのか。
 私たちが目指す国の姿を、この機会に、世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る。そんな一年にしたいと考えています。」

 その後、東京五輪で金メダルをとった日本女子バレーチームの大松監督の「なせば成る」という言葉を持ち出して来て、「先人たちが戦後の焼け野原から高度経済成長を成し遂げ、日本を世界に冠たる国にした」「当時の日本人に出来て、今の日本人に出来ない訳はない」と。
 そして、「国民の皆様とともに、日本を、再び、世界の中心で輝く国としていく。その決意を、新年にあたって新たにしております」と結んだ。(-"-)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 まず、しつこく書くが、安倍首相&超保守仲間たちの最大の目標は、1・日本の戦後体制(憲法、教育、国や社会のあり方)を壊して、改めて戦前に近い体制を築くこと、2・富国強兵を進めて、日本を経済的、軍事的にアジア、世界でTOPの国(=世界の中心で輝く国)にすることであって。
 それが安倍首相らのいう「私たちが目指す国の姿」だと言っていい。(~_~;)

 アベノミクスなどの経済政策も、日本がまた経済的に世界のTOPクラスになるため&軍事強化の財源作りのため、つまりは富国強兵策の一貫なのである。(発想としては、国益が第一。国民の生活は副次的&二の次。(~_~;))

 また、今年、日本は、戦後70年を迎えるのであるが・・・。

 私たち国民の多くは、実際、首相も記していたように「先の大戦の深い反省のもとに、戦後、自由で民主的な国家として、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献して来た」と思うし。
 もし安倍首相がそのことを評価しているなら、80年後も100年後も、戦後憲法に基づいて、そのまま自由民主主義&平和主義を貫いて行けばいいわけで。別に新たな国づくりなどのスタートを切らなくてもいいはずなのだ。(**)

 ところが、安倍首相はわざわざ『私たちが目指す国の姿を、この機会に、世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る』と明言しているわけで。
 これは、首相らが今年から、憲法改正、安保軍事強化、教育改変など、自分たちの超保守思想に基づく国づくりを推し進めることを宣言したと見ていい。(ーー)

<しかも、『自民党の谷垣禎一幹事長は1日付の年頭所感で「戦後70年に当たり、切れ目のない安全保障法制の整備と憲法改正実現に向けた議論を国民の理解を得ながら進める」と表明』してるし~。(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewは、日本の国民の多くは、「日本の国のあり方」に関する考え方やイメージが、安倍首相らとはかなり異なるのではないかと考えているのだけど。
<日本の戦後体制を壊して、戦前に近い体制に戻したいなんて考えている日本国民は、ごく少数しかいないと思う。>

 でも、彼らは、自分たちの考えをきちんと国民に説明せず。自分たち独自の(mewから見れば異端な)思想に基づいて、勝手に「私たちの目指す国の姿」を設定し、その実現に意欲を示しているのである。(-"-)

 しかも、面白いことに彼らは、時計の針を戻して、改めて戦前に近い体制を築くことを「改革」や「再生」とか「新しい国づくり」などと呼ぶわけで。
 国民の多くは、その言葉の響きにごまかされ、よく理解できないままに放置してしまっている部分があるように思われる。(>_<)

<ちなみに、安倍首相は、前政権で「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」というスローガンを掲げていたのだけど。(今でも安倍氏のHPのトップには「美しい国、日本」、基本政策には「戦後~」の言葉が。)前政権で支持を得られなかったので、今政権ではその言葉は封印して、「新しい国づくり」「改革」という言葉を使うようにしているのよね。^^;>

* * * * *

 この件は、以前も何回か書いたことがあるのだが・・・。
 mewは、安倍首相らは、「改革を断行する」というよりむしろ「革命を起こす」「体制を変革する」ようなつもりでいるのではないかと考えている。(・・)

『安倍首相&仲間たちの夢は、つまるところ、今の日本にある種の「革命」を起こして、日本の戦後体制を破壊&変革し、戦前のような国家&社会の体制に戻してしまうことなのである。(-"-)

・・・安倍首相らは、オモテ向きには、合法的&民主的な政策転換を行なうような形で、実際にはその政治的権力を利用して、日本の戦後、貫き通して来た平和主義の理念や、それに基づく原則や政策を全てブチ壊して、日本の戦後史を大きく変容させる「革命」を行なおうとしているのだ。(`´)』(『安倍が日本の「革命」をもくろみ、安保戦略を作成+本田の夢&WC組み合わせ』より)

 そう言えば、安倍首相は昨年12月24日に、第三次安倍内閣を発足させた際の会見で、憲法改正について、「憲法改正、これは歴史的なチャレンジと言ってもいいと思います。しかし、それはそう簡単なことではありません」と語っていたのだが・・・。
 この「歴史的なチャンレンジ」という言葉からも、彼らが「革命」「体制変革」に近い発想を持っていることがわかるだろう。(-_-;)

<超保守派の多くは、幕藩体制を倒し、王政復古を果たした明治維新に憧れているのであるが。彼らはたぶん、今度は、自分たちが戦後の占領体制を打破して、王政復古に近い形の平成維新を成し遂げたいと夢見ているのよね。^^;>

* * * * *

 そして、安倍首相が、今回の所感で大松監督の「なせば成る」という言葉を持ち出したのも、たとえ批判を受けることがあっても、信念を持って困難に立ち向かい、憲法改正をはじめ富国強兵&革命を成し遂げるのだと。その決意を年頭に示したかったのではないかと察する。(~_~;)

<大松監督は当時、チームを強化するに当たって、国内外から過度なスパルタ指導やハードな練習などを問題視されながらも(海外からは「虐待」との批判も)、信念を通して指導に当たり、日本女子に金メダルをもたらすことに。結果を出したことで、その指導を評価する声が増え、1回だけ参院議員に選出されたことがある。^^;(時代背景が異なるとはいえ、決して好ましい指導法ではないとは思うけど。ただし、選手たちの多くとは信頼関係があったようだ。)>

 残念ながら、日本のメディア(特にTV)は、なかなか安倍首相らの戦前志向の超保守思想や、彼らの目指す国家の姿や、彼らの国政運営の方針に関して、一般国民にわかりやすく説明することはないため、いまだに多くの国民は、安倍首相らの真の目標や思惑(たくらみ?)に気づかないままでいるような感じがあるのだが・・・。
 
 今、日本はまさに重大な岐路にあるだけに、ひとりでも多くの国民に、戦後70年を迎えるのを機に「日本の国のあり方」に関心を持って、真剣に考えて欲しいと、切に願っているmewなのだった。(@@)

<政治ブログ界では、平和志向派は超少数派だけど。でも、mewも、批判を怖れずに、信念を持って、平和主義をアピールし続けるし。安倍&超保守派の批判を展開し続けちゃうもんね。(^ー^)naseba naru!?>


                       THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-01-02 08:39 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22696301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]