「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

懲りない前原、統一会派失敗も..
at 2018-01-20 09:25
米ヘリ、沖縄小の上を飛行+安..
at 2018-01-19 05:06
立民党、市民と原発ゼロ法案を..
at 2018-01-18 18:18
民進と希望、統一会派結成を断..
at 2018-01-18 07:00
小泉が脱原発の国民運動を呼び..
at 2018-01-17 00:28
安倍、N平和賞の核廃絶団体の..
at 2018-01-16 06:49
日本は改めて脱原発の実現を目..
at 2018-01-15 01:33
安倍の東欧外遊は、天敵の中国..
at 2018-01-14 05:03
国産の超音速ミサイルを量産、..
at 2018-01-13 17:52
安倍、小池、平昌五輪開会式に..
at 2018-01-13 10:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

首都圏の巨大地震への備え..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
TPPに米国の復帰は見込..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界各国の規制強化の動き..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中国がインド洋沿岸国に空..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
http://03501..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
最近の時代変化は急速だ、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんの
from 御言葉をください2
原発ゼロ法案の提起を歓迎..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経団連の次期会長は出身母..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍のヘリコプターの緊急..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47
mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51
mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09

ブログパーツ

タグ

(1274)
(767)
(647)
(463)
(272)
(262)
(255)
(234)
(224)
(163)
(161)
(159)
(155)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(124)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍談話でも、超保守仲間を集めて懇談会~日本の国民のあり方が問われる

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 これは『安倍談話で「反省、おわび」「侵略」をカット。歴史の歪曲進む+民主党人事、錦織圭』の関連記事になるのだが・・・。

  当ブログでは何度も書いているように、安倍首相&超保守仲間たちは、村山談話に記された「植民地支配&
侵略」や「国策の誤り」を認めておらず。そのような自虐史観に基づく「痛切な反省」「心からのお詫び」にも消極的な立場で。
 そこで、今年、戦後70周年の節目を迎えるのを機に、新しい内容の「安倍談話」を発表し、村山談話から彼らの気に入らない言葉を削除してしまおうと考えている。(>_<)

 で、彼らとしては、基本的には自分たちの間だけで、自分たちの考えに沿う内容の「安倍談話」を作って、それを発表したいと考えているのだが。毎度ながらの手法で、とりあえず、首相官邸に有識者懇談会を設けて、形ばかり、彼らの意見をきいた上で、談話の内容を検討することにしたのだけど・・・。

 この辺りは時間があれば改めて書きたいのだが。安倍陣営が村山談話の重要な言葉を削除すれば、日本の国や国民のあり方が変容する&中韓、欧米との外交にも支障が出るため、野党や中韓からだけでなく、米国、公明党、自民党の一部から懸念の声が強くなっていて。安倍陣営は、思うように動きにくくなっているような感じも。。^^;
 何だか今回の懇談会のメンバーも、思いのほか注目されているような印象を受けた。(@@)

* * * * *

 安倍官邸の有識者懇談会と言えば、安倍首相が「集団的自衛権の行使」を認めるために7年4月、13年2月に作った安保法制懇談会が知られているのであるが。
 安倍首相は、十数名のメンバーの中に、集団的自衛権の行使に反対する人はひとりも入れず。メンバーの大部分を、自分自身or関係者のブレーンや同じ思想の人たちの中から選んでいた。<あとは、うるさく言わないで、とりあえず形式的に行なう会合に付き合ってくれる人?^^;>
 
 ちなみに安保法制懇の場合は、柳井俊二氏に座長の肩書きが付されていたものの、同氏はほとんど日本にいないため、安倍氏とタッグを組む超保守学者の北岡伸一氏が座長代理として、会合を仕切っていた様子。
 この懇談会で、集団的自衛権の行使を容認することや、その大体の内容は最初からほぼ決まっており<北岡氏がアチコチで懇談会の結論(予定)を話しまくっていたりして>、あとはお仲間のアドバイスを得たり、官邸と調整したりした上で、時間が来たら、自分たちの考えに沿って報告書をまとめて提出すればOKという感じだったのだ。(-_-)

【それもあって、mewは、安倍官邸が今度は、談話のために懇談会を作るという話をきいて「どうせまた、自分たちの仲間の学者とかを集めて来てさ~。北岡とかを座長代理とかにして、自分たちの思うような報告書をまとめるつもりなんじゃないの~」と毒づいていたところ・・・。
 何と本当に北岡伸一氏がメンバーにはいっていた上に、座長代理になると報じられて、大笑いしてしちゃったりして。(≧▽≦)】

* * * * *

 先週、その安倍談話のための有識者懇談会「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会(21世紀構想懇談会)」のメンバー(16人)が発表されたのだが・・・。
 安保法制懇ほどじゃないにせよ、産経新聞が「安倍カラー前面に」というタイトルをつけるほど、安倍カラーの強い人が中心になりそうなメンバー構成になっていたです。_(。。)_

 この懇談会のメンバーのリストは、*1にアップしておくが。

 座長に予定されているのは、日本郵政会長で、「新日中友好21世紀委員会」の日本側座長を務める西室泰三氏であるとのこと。西村氏は中国と交流があり、政府幹部とも面識があるようなので、中韓や自公のうるさ方を安心させるために、このような人選を行なったのではないかと察する。(・・)

 ただ、先述したように北岡伸一氏は、安保法制懇の座長代理(実質的な座長)だったし。中西輝政氏は、安倍氏と前政権の前からタッグを組んで来た超保守の師匠~って感じの人だし。山内昌之氏も「教育再生実行会議」をはじめ、安倍政権の諸会合の常連。岡本行夫氏も保守系ブレーン。(・・)

 また東京新聞20日によれば、川島真氏は官邸のNSC(国家安全保障会議)の事務局の顧問会議のメンバー。白石隆氏は、安倍政権が進める原発再稼動や武器輸出に理解を示しているとのこと。
 首相と明確に主張が異なるのは、ルワンダなどで復興支援に取り組み、集団的自衛権にも消極的だと言われる瀬谷ルミ子氏ら少数。戦争体験者も西室泰三氏ら3人しかいないという。(-_-;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


  
『70年談話 座長に西室氏、有識者会議16人決定 未来志向、安倍カラー前面
産経新聞 2月20日(金)7時55分配信

 政府は19日、安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年談話に関する有識者会議のメンバー16人を発表した。日本郵政社長の西室泰三氏(79)を座長、国際大学長の北岡伸一氏(66)を座長代理に据える。25日に初会合を開き、夏までに報告書をまとめて首相に提出。首相は報告書を踏まえて談話の内容を決定する。

 会議の名称は「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会(21世紀構想懇談会)」。菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日の記者会見で「多様な視点から議論していただくため、歴史や政治に造詣の深い学者、言論界、ビジネス界など幅広い分野、世代の方にお願いした」と述べた。

 西室氏は東芝社長などを経て、日中両国の有識者が双方の関係のあり方などをめぐり意見交換する「新日中友好21世紀委員会」の日本側座長を務める。

 北岡氏は日本政治外交史の専門家。政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」でも座長代理を務め、昨年5月には集団的自衛権の行使容認をはじめとする新たな安全保障法制のあり方を首相に提言した。

 安倍晋三首相が第2次政権発足直後に表明した戦後70年談話作成に向けた具体的な作業が動き始める。19日に発表された「21世紀構想懇談会」のメンバーには3人の女性のほか、幅広い年齢層の有識者を集め、歴史認識をめぐる表現に神経をとがらせる自民党ベテランや公明党に配慮した。一方で、“安倍シンパ”を多く起用、首相が目指す新たな未来志向の談話発表へ軟着陸を狙っている。

 ◆年代幅広く

 メンバー16人の年齢は、最年長が79歳の西室泰三日本郵政社長から、最年少が瀬谷ルミ子日本紛争予防センター理事長の37歳と幅広い。学者がやや目立つものの、会社経営者のほか、報道機関からは論調の異なる読売新聞と毎日新聞から1人ずつ選んだ。慰安婦問題などを念頭に女性も3人入っている。

 首相は、民主党政権下の平成24年8月の産経新聞単独インタビューで、過去の植民地支配と侵略を謝罪した戦後50年の「村山富市首相談話」に関し「(河野洋平官房長官談話なども含め)全ての談話を見直す必要がある。新たな政府見解を出すべきだ」と明言。同年12月に首相就任後は、歴代内閣の歴史認識を「全体として引き継いでいく」とトーンダウンさせたが、「首相の本音が村山談話の見直しなのは変わっていない」(周辺)という。

 ◆与党に配慮

 首相が強い意欲を持つ政策を実現させるため、首相が活用しているのが今回の21世紀構想懇談会のような有識者会議だ。短兵急に物事を進めた第1次政権の反省を踏まえ、有識者会議で議論をさせながら、与党内や世論の理解を深めていく手法だ。昨年7月の集団的自衛権の行使容認の閣議決定前にも「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」で前さばきの議論をさせ、とりまとめを実現した。

 こうした回りくどいプロセスを踏むのは、自民党内や連立を組む公明党への配慮もある。公明党は村山談話の見直しに慎重姿勢で、山口那津男代表は18日も70年談話に関し「(過去の談話と)全く意味の変わるものにならないように」と首相を牽制(けんせい)している。「70年談話の作成にあたっては21世紀構想懇の提言を踏まえる」という形を取ることで、公明党からも了解を得たい考えだ。

 今回の21世紀構想懇には、中西輝政京大名誉教授ら首相の考えに近い学識経験者が複数入っていることから「議論をリードしながら、思想信条の異なるメンバーの意見をまとめていく」(自民党幹部)との期待がある。

 一方で、菅義偉官房長官は19日の記者会見で「今度の懇談会は70年の首相談話を書くことを目的としたものではない」と述べ、21世紀構想懇の提言は談話作成の参考にすぎないとの見方を強調。「談話を作成するのはあくまでも官邸」(政府高官)というのだ。

 談話作成にあたり幅広く意見を聞きながらも、主導権は絶対に渡さない。そこには歴史認識をめぐる首相の強い意志があるといえそうだ。(産経新聞15年2月20日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 日刊ゲンダイも、この懇談会に安倍首相のアブナイ仲間が選ばれたことを報じていた。^^;

『「戦後70年談話」有識者懇談会メンバーの危なすぎる発言録

 やはり、結論ありきのアリバイづくりは明らかだ。19日、公表された安倍首相の戦後70年談話の内容を検討する16人の有識者懇談会のメンメン。菅官房長官は人選について、「多様な議論をしてもらうため、歴史や政治に造詣の深い学者、言論、ビジネス界など幅広い分野のさまざまな世代の方」なんて説明していたが、しらじらしいにもホドがある。

 会議は「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」(21世紀構想懇談会)。首相の私的諮問機関に位置付けられ、25日に初会合を開く。今夏をメドに議論をまとめ、答申する予定だ。

 座長に就く西室泰三・日本郵政社長(79)はともかく、他の懇談会メンバーは過去の発言を読む限り、安倍首相と考えが近い“右寄り”のお友達ばかり。

 例えば、座長代理の北岡伸一・国際大学長(66)は、安倍ブレーンとしてメディアに度々、登場する人物だ。集団的自衛権の行使容認をめぐる有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の座長代理も務め、テレビに出演した際には「歴代内閣の集団的自衛権に関する憲法解釈は間違っている」と主張。自衛隊の活動範囲についても「地球の裏側で行動することは論理的にあり得る。もっと乱暴に言えば、地球の外だってあり得る」と仰天発言し、安倍首相と同様、早期の憲法改正を訴えている。

 中西輝政・京大名誉教授(67)も、第1次安倍政権の「美しい国づくり企画会議」のメンバーを務めたブレーンのひとり。「SAPIO」(2月号)では、<戦後70年の今年こそ、日本人は憲法改正に向け長い眠りから目覚めるべき><戦勝国により押しつけられ、主権や軍事力といった国家の基本的バックボーンを放棄した9条と前文がある限り、日本の平和と繁栄を安心して次の世代に受け渡せない>と「歴史修正主義」を訴えるような“タカ派”で知られた論客だ。

■タカ派の“お友達”がズラリ

 昨年8月に産経新聞のコラムで「戦後70周年記念は日米で祝おう」と題し、<中国が虚構の『抗日戦勝利』を大仰に祝して日本を貶める戦略を進めているのは明らかだ>との論陣を張っていたのは、西原正・平和安全保障研究所理事長(77)。13年1月の同じ産経のコラムでは「『河野談話』をより正確なものに」として、<河野談話には、不適切で信憑性が疑われる表現がある>と怒りをあらわにしていた。河野談話をハナから疑っているような人物をメンバーに入れるなんて正気じゃない。

 どんな思想・信条を持とうが構わないが、ただでさえ近隣諸国がナーバスになっている「戦後談話」だ。重要な中身を論じる主要メンバーの主義・主張が、安倍首相と同じ“右寄り”では、それだけで中国や韓国を刺激するのは明らかだ。企業経営者やメディア関係者を入れてバランスを取ったように見せかけているが、声の大きな安倍ブレーンが議論を主導するのは火を見るより明らか。これでは、安倍首相が戦後50年の「村山談話」や戦後60年の「小泉談話」を「引き継ぐ」と言っても到底、信用されないだろう。

 元外交官の天木直人氏がこう言う。
「懇談会メンバーは『またか』と思う人ばかりです。談話のポイントは『侵略』と『お詫び』の文言が入るのか、否か。中国の習近平国家主席は今年9月に訪米を予定しており、談話発表はその直前になる。内容について、一歩間違えれば、米中韓から総スカンを食らい、日本は世界で孤立しかねません」

 安倍首相は「70年談話」で米国からソッポを向かれないよう、今から必死にご機嫌取りしているらしいが、オバマ政権を納得させられるのか。懇談会のタカ派以外のメンバーは安倍政権と「心中」しないよう、よ~く熟慮すべきだ。(日刊ゲンダイ15年2月21日)』

* * * * *

 ただ、一般的&常識的に議論をした場合、この懇談会が、安倍氏らほどには極端な考え方をとらない可能性も大きいわけで。用意周到な菅官房長官は、もしこの懇談会で、安倍首相&仲間たちが期待するような結論が出なかった場合に備えて、早くもこんな風に予防線を張っていたりして。^^;
 
『菅氏は会見で懇談会の位置付けについて「政府が談話の具体的内容を検討するにあたって、幅広い有識者から意見を聞くために設置した」と説明。ただ、議論をどの程度、談話に反映するかは「どのような成果物を出すかを含め、懇談会の中で議論することになる」と述べるにとどめた。
 また、談話をとりまとめる時期を「今夏がめど」としつつ、8月15日の終戦記念日の発表は「そこについては決めていない」と語った。(毎日新聞15年2月20日)』

 mew的には、安倍首相が極端な超保守思想に基づいた、日本人の思いを歪めるような談話を出すのを阻止したいところなのだけど。<中韓が云々というより、日本の国民として、きちんと過去に向き合って、自覚や認識をきちんと持つべきだと思うので。>
 そのためには、夏までに安倍氏を首相辞任に追いやるのがやっぱ一番手っ取り早いわけで。何とか4月の統一地方選で、安倍自民党を惨敗させて、政権崩壊に追い込みたいとマジで思っているmewなのだった。(@@)
                       THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






戦後70年首相談話 有識者会議メンバー16人を発表 25日に初会合
産経新聞 2月19日(木)


 菅義偉官房長官は19日午後の記者会見で、安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年談話に関する有識者会議のメンバーとして、西室泰三日本郵政社長を含む16人の名簿を発表した。25日に初会合を開く。

 有識者会議の名称は「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」(21世紀構想懇談会)。メンバーは次の通り

 飯塚恵子・読売新聞アメリカ総局長▽岡本行夫・岡本アソシエイツ代表▽川島真・東京大学大学院准教授▽北岡伸一・国際大学学長▽小島順彦・三菱商事会長▽古城佳子・東京大学大学院教授▽白石隆・政策研究大学院大学学長▽瀬谷ルミ子・NPO法人日本紛争予防センター理事長▽中西輝政・京都大学名誉教授▽西原正・平和・安全保障研究所理事長▽西室泰三・日本郵政社長▽羽田正・東京大学副学長▽堀義人・グロービス経営大学院学長▽宮家邦彦・立命館大学客員教授▽山内昌之・明治大学特任教授▽山田孝男・毎日新聞政治部特別編集委員(50音順)
[PR]
by mew-run7 | 2015-02-22 08:03 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22825816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]