「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、やる気も謙虚もなし、最..
at 2017-11-20 07:11
党内外から、安倍官邸への反感..
at 2017-11-19 07:25
維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

先の総選挙で勝利した自公..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1262)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍の自己満演説~犠牲者への悔悟の念と米国ヨイショで評価得る作戦

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


安倍首相は先月29日に米議会で行なった演説に関して、様々な評価がなされている。(@@)

 安倍首相は、「ともかく自分も世界の大国の首脳のとしての扱いを受けたい」「自分も祖父や他国の首脳のように米議会で演説をしたい」という思いが強かったようで。(天敵・韓国や敗戦国のドイツの首脳も演説しているのだから、自分だってって感じ?)
 今回の訪米に当たって、本人の自己満足やプライド、プチ野望を満たすために、何とか演説を実現させたいと懸命になっていたのだけど・・・。
 
 米議会に演説の実施や内容をOKしてもらうためだったのかか、『「アメリカ様とこんなになかよくなれて幸せですぅ?」「日本が今あるのはアメリカ様のおかげですぅ?」「これからもアメリカ様にどこまでもついていきますぅ?」(リテラ後述)』という内容の演説を展開することになった。^^;

 先にmewの感想をチョットだけ書くなら、演説の内容をきいて「ここまで米国に対して、flatterちゃん(媚びへつらう人)になるのか~」と情けなくなったとこがあったし。<これぞまさに、超保守派が嫌う土下座外交に近いかも。(>_<)>

 また、野党や識者なども問題にしているが、「ここまで日本の国民の意思、存在を無視して、勝手に国際公約をすることは許されないだろう」と問題を覚えたりもした。(-_-)
 さらに、英語のスピーチとしては、かなり練習したはずだったのに、あまりにもダメダメだったので、チョット恥ずかしかったかも。_(。。)_ <ってか、スタッフがダメなのかも。^^;>

* * * * *

 日本の大手メディア(特に保守系?)の中には、首相の演説が米議会に好意的に受け止められているという強調するものが多くて。どうやら彼らは、十数回のスタンディング・オベーションがあったことを自画自賛しているようなのだが。その大半は、戦争被害者への悔悟も含め、米国ヨイショの話が出た時のもの。

 そこには、mewが(戦略的な意味で)うまくやったな~と感心させられた部分もあった。(個人的には、相変わらず、あざといな~と思ったけど。)
 安倍首相&スタッフは、米国の議員やメディア(&ユダヤ・ロビー?)に首相の演説を受け入れてもらい、評価してもらうためにはどうしたらいいか、かなり策を練ったようで。米国との戦争+αで犠牲になった人たちに哀悼を尽くすことで、演説のはじめに議員のハートをつかむ作戦をとったのだ。(・・)
 
 安倍氏は、演説のはじめに、まずは軽いエピソードとして、自分が米国に留学、勤務していた時に米国の自由主義的な文化の影響を受けたことを話したのであるが。(笑えないジョークと共に?^^;)

 そこから、先日、第二次メモリアルを訪問した話に移り、真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海……と戦場の名を挙げ、「アメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙とうをささげました」と、戦争の犠牲となった米軍兵に対して、(謝罪に近いような)強い悔悟の念を示し、大きな拍手を浴びたのである。(・o・)

 実は、安倍首相は、この演説を効果あらしめるために、米国に到着後、演説の前日までにホロコースト記念館、アーリントン墓地、第二次大戦メモリアルを次々と訪れて、花や祈りを捧げて追悼の念を行動でも示していたわけで。それも、米議員たちに真摯さをアピールして、彼らのハートをとらえることに成功した要因になったと見られている。(・・)

 そして、その悔悟の念の表明や、お友達の新藤議員も参加しての演出などが効を奏して、演説のはじめの部分からスタンディング・オベイションを得ることができたのだ。(++)

『安倍首相が29日午前(日本時間30日未明)に米議会上下両院合同会議で行った演説は、出席議員や傍聴者らが何度も起立して拍手を送るなど好意的に受け止められた。
 特に、戦後の日米和解や女性の人権侵害反対に関する言及には関心が高く、歓声が上がる場面も見られた。ただ、一部の議員からは慰安婦問題などに関する発言がなかったことに批判の声も上がった。演説は英語で約45分間行われ、計十数回のスタンディングオベーション(総立ちでの拍手)があった。

 議場を最も沸かせたのは、首相が第2次世界大戦の戦没者を追悼する記念碑の訪問を踏まえ、「深い悔悟(deep repentance)」の念を表明した上で、「日本国と、日本国民を代表し、先の大戦にたおれた米国の人々の魂に、深い一礼をささげる」と述べた時だ。その後、太平洋戦争の激戦地だった硫黄島に上陸したローレンス・スノーデン米海兵隊中将と、日本側で戦いを指揮した栗林忠道中将の孫にあたる新藤義孝・前総務相を紹介。「熾烈しれつに戦い合った敵は、心の紐帯ちゅうたいが結ぶ友になった」と和解を強調し、2人が握手を交わすと、議場中の視線が一斉に2人に集まり、スタンディングオベーションが見られた。(読売新聞15年4月30日)』

<ただ、あとでアップするリテラの記事にもあるけど。安易分にも45分間にも及ぶ演説だったので、後半はたるくなったのか、なおざりになっていた議員が増えているようにも見えた。(~_~;)
<しかも、またの機会に書くけど、この拍手は自発的なものというより、安倍首相が原稿の指示に従って、聴衆の拍手を促したようなものも含まれているです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 このあと、安倍首相は、日本に民主主義、自由主義を与えてくれたのも、戦後の荒廃期に助けてくれたのもアメリカさまだったと。
<安倍氏らの超保守派の中には、「米国が民主&自由主義を押し付けて戦前の日本を破壊した」とか、「戦後に欧米の食料や文化を押し付けて、強引に食料を輸入させた&日本文化をダメにした」と批判している人も多いんだけど。安倍っちは、米国に感謝しちゃうのね。(・o・)>

 そして、これから米国のリバランスを「徹頭徹尾」支持すると表明。(この表現もスゴイよね。^^;)
 もともと安倍陣営は、日本を経済的、軍事的に(中国に打ち勝って)世界のTOPにしたいという目標があることから、ここは日米同盟をうまく活用して、まずは米軍の手足となって世界に進出しようと。<日本の憲法や民意はお構いなしにね。>
 財政難の米国は、日本が軍事、経済面で貢献してくれれば、もちろん喜んでくれるわけで。米議会には、そのことを評価して拍手した議員もいたようだ。(~_~;)

 安倍首相&スタッフは、この演説内容に関しては、米政府側と綿密な打ち合わせをしていたようなのだが。
 安倍陣営は、オバマ大統領や米議会に気に入られるために、安保政策やTPPなど含めて、米政府に対してほぼ言いなりになってしまったような感じがある。(-"-)

<『公明党の山口那津男代表は30日夜のBS日テレ番組で、安倍晋三首相がワシントンで行った米上下両院合同会議での演説について「言葉を準備しながら、米国の人たちに響くような言葉、内容の演説で、なかなかいい演説だった」と評価した(産経5.1)』とのこと。
 「米国の人たちに響くような言葉、内容の演説」という言い方を見て、めっちゃ当たっている&優れていると思ったりして。(・・) 

 尚、mewは、この言葉が好きではないので、ブログで使わないようにしているのだが。MY知人は、小泉以上の戦後史上最悪の「売国奴」だと怒っていたです。(-"-)>

* * * * *

『「アメリカ様とこんなになかよくなれて幸せですぅ?」「日本が今あるのはアメリカ様のおかげですぅ?」「これからもアメリカ様にどこまでもついていきますぅ?」

 安倍晋三首相が米議会で語っていたのは結局、こういうことだろう。とにかくひたすら米国に媚びまくり、忠誠を誓い、あげくは国内での議論の一切ないまま、自衛隊が地球上のあらゆる場所で米軍の戦争に協力できるための安全保障法制整備をこの夏までに必ず実現すると約束してしまった。報道によれば、演説は米議会から大絶賛を浴びているらしい(映像を見た限りでは、ドヤ顔のわざとらしい称賛やサムいギャグに米議員は引き気味で、スタンディングオベーションもさほど多くなかったように思えるのだが......)。

 もっとも、安倍首相の演説がこうした内容になるのは最初からみえていたことだ。「日経ビジネス」(日経BP社)や「フラッシュ」(光文社)も報じていたように、実は今回の演説前、首相のスピーチライターである谷口智彦・内閣官房参与が訪米して、議会関係者にヒアリング。米国側が求めている内容を草稿に反映させていた。また、谷内正太郎・国家安全保障局長も3月17日、ワシントンを急遽訪問し、スーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)と緊密な協議をしている。

 いや、たんなるスピーチの言葉だけではない。官邸と外務省はかなり早い段階から安倍首相の米議会での演説を実現するために根回しをしていたのだが、その際、米側から突きつけられたのが、集団的自衛権の容認、新ガイドラインの策定、そしてTPPの早期締結だった。

「安倍さんはとにかくおじいさんの岸信介さんを追いかけていますからね。岸さんもやっている米議会での演説をどうしてもやりたかった。そのために、集団的自衛権の容認、新ガイドラインの策定をあんなに焦っていたんですよ」(全国紙政治部記者)

 ようは、安倍首相は個人的な野心を達成するために、自衛隊や日本の農業を拙速に米側に差し出したのである。(中略)

 リテラ15年4月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 これを、もっともらしい文章に直すと、こんな演説の要旨になる。(@@)

<「英文全文」はコチラ、「邦訳全文」はコチラにあるので、興味のある方はそちらをどうぞ。>

『安倍晋三首相の米議会上下両院合同会議での演説要旨は次の通り。

 歴史とは取り返しのつかない苛烈なものだ。日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に倒れた米国の人々の魂に深い一礼と、とこしえの哀悼をささげる。
 戦後の日本は先の大戦に対する痛切な反省を胸に歩みを刻んだ。自らの行いがアジア諸国民に苦しみを与えた事実から目を背けてはならない。これらの思いは歴代首相と全く変わるものではない。

 日本と米国がリードし生い立ちの異なるアジア太平洋諸国に、いかなる国の恣意(しい)的な思惑にも左右されないフェアでダイナミックで、持続可能な市場をつくり上げなければならない。環太平洋連携協定(TPP)には、単なる経済的利益を超えた長期的な安全保障上の大きな意義があることを忘れてはならない。日米間の交渉は出口がすぐそこに見えている。米国と日本のリーダーシップでTPPを一緒に成し遂げよう。
 私が心から良かったと思うのは、かつての日本が明確な道を選んだことだ。その道こそは米国と組み、西側世界の一員となる選択にほかならない。この道が、日本を成長させ、繁栄させた。そして今もこの道しかない。

 アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の「リバランス(再均衡)」を徹頭徹尾支持することを明言する。アジアの海について三つの原則を強調したい。第一に国家が何か主張するときは国際法に基づいてなす。第二に武力や威嚇は用いない。第三に紛争解決は平和的手段による。太平洋からインド洋にかけての広い海を、自由で法の支配が貫徹する平和の海にしなければならない。そのためにこそ日米同盟を強くしなくてはならない。

 日本は安保法制の充実に取り組んでいる。この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され日米同盟はより一層堅固になる。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすだろう。戦後初めての大改革だ。この夏までに成就させる。
 法整備を前提として、日米がその持てる力をよく合わせられるようにする仕組みができた。一層確実な平和を築くのに必要な枠組みだ。それこそが日米防衛協力の新しいガイドラインにほかならない。オバマ大統領と私はその意義について互いに認め合った。私たちは真に歴史的な文書に合意をしたのだ。

 紛争下、常に傷ついたのは女性だった。私たちの時代にこそ、女性の人権が侵されない世の中を実現しなくてはいけない。「国際協調主義に基づく積極的平和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となる。日米同盟は米国史全体の4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢(けんろう)さを備え、深い信頼と友情に結ばれた同盟だ。それは常に法の支配、人権、そして自由を尊ぶ価値観を共にする結び付きだ。
 私たちの同盟を「希望の同盟」と呼ぼう。米国と日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良い場所にしていこうではないか。(時事通信15年4月30日)』

* * * * *
 
 チョット中途半端ながら、とりあえずこの記事はここで終わりにしたいのだけど。この何日かのうちに、もう少し今回の演説について書いてみたいと考えている。(・・)

 ただ、mew的には、安倍政権からも日米同盟からも「失望」という言葉しか出て来ないような感じがあったりして。(>_<)
 何とか日本の国民が早く平和で平穏な生活を取り戻せるように、そして「希望」の持てる日々を取り戻せるように、やっぱ早く安倍政権を倒さなければと、改めて強く思うmewなのだった。(@@)
                            THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-05-02 08:42 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/23044014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 御言葉をください2 at 2015-05-02 14:04
タイトル : 本当は、安倍首相の米議会演説をちゃんと読まなければと思い..
安倍の自己満演説~犠牲者への悔悟の念と米国ヨイショで評価得る作戦。 なかなかできずにきた。tommy先生も全文掲載してくださっているが、もう読む前から、内容が知れていると思われて、読む気になれなかったのである。しかし、2,3の方のブログを読ませていただいて、大事なポイントを教えていただいて感謝している。 日米安全保障条約をかえなくてもいいのか、日本国憲法に違反しているだけでなく、安保条約の枠も超えているのではないか、ということは、わたしも前から気づいていた。もう無茶苦茶なのである。憲法も条...... more