「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34
希望、代表以外の役員を決めず..
at 2017-10-12 05:47
民主が希望に並んで来た!~日..
at 2017-10-11 05:18
福島原発事故で、国と東電の責..
at 2017-10-11 01:42
モリカケで抗議デモ。国民は忘..
at 2017-10-10 05:46
安倍、モリカケで朝日に気色ば..
at 2017-10-09 21:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福島原発訴訟の判決で被害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望の党の結成参加で見通..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
次世代を担う若者が自民党..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
鳩山由紀夫氏・カムバック
from 反戦塾
平成21年(9年前)で発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(759)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(145)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

5月27日の衆院・安保法制の特別委員会における論点、質疑の要旨

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 残念ながら、時間の余裕がなくて、なかなか安保法制の特別委員会の重要な論点、議論について書くことができないでいるのだが。(ノ_-。)

<この時間まで錦織の試合を見ているくせにって。^^; 何とかフルセットに持ち込んだところ。(・・)
 明日の朝も早く出るので、早く試合を終らせて欲しかったのに~。(@@) ここまでmewを起こしておくからには、勝ってくれなくちゃだわ。o(^-^)o>

 西日本新聞が、先月27日、28日の各党の質問者が問うた内容や安倍首相らの答弁を載せていたので、それをアップしておきたい。<そうしないと重要な論点がわからなくなってしまうし。これを残しておけば、安倍首相や閣僚が、以前と答弁内容を変えた場合もすぐわかるもんね。(・・)>

 この記事では5月27日に行なわれた審議の質疑のまとめを・・・。

『【安全保障関連法案】衆院平和安全法制特別委員会 論戦の焦点(27日)

●日本を取り巻く安保環境変化は
▼高村正彦氏(自民、山口)

 【安全保障環境】
 高村氏 日本を取り巻く安全保障環境は具体的にどう変化したか。
 安倍晋三首相 北朝鮮は弾道ミサイル数百発を持っていると推定され、搭載する核技術も向上させている。中国の東シナ海や南シナ海での活動もある。一国のみで自国を守ることはできない。日米同盟をより強固にしていくことが求められている。

 【抑止力】
 高村氏 安保法制全般の考えは。
 首相 抑止力をしっかり守っていく必要がある。日本に対する攻撃を未然に防ぐことに力を注ぐのは、国民の命を守る立場として当然だ。そのために切れ目のない法整備を進めていく。

 【外交努力】
 高村氏 法成立後も外交努力が大事という考えに変わりはないか。
 首相 近隣諸国との対話も含めて外交努力を展開し、地域や世界の平和に貢献することが、国民の命を守り抜くことにつながる。
 【機雷掃海】
 高村氏 中東・ホルムズ海峡での機雷掃海以外に、自衛隊による他国領域での武力行使を想定するか。
 首相 (ホルムズ海峡での機雷掃海活動は)受動的、制限的であり、例外になり得る。現在、他の例は念頭にない。

 ●海外派兵の禁止 法案に明記せよ
 ▼岡田克也氏(民主、三重)

 【海外派兵】
 岡田氏 「海外派兵は一般に許されない」との政府見解は、個別的自衛権を前提にしたものだ。集団的自衛権を認めたときに、維持されるのか。
 横畠裕介内閣法制局長官 海外派兵は一般に自衛のための必要最小限度を超えるもので、憲法上許されない。この考え方は(集団的自衛権行使を認める)武力行使の新3要件にもそのまま当てはまる。
 岡田氏 他国の領域で武力行使しないと法案に書いてほしい。法案に書かなければ、政府の解釈が変わるリスクがある。どこかで戦争が起き、逃げてくる日本人を乗せた米艦船が相手国の領海で襲われることもある。自衛隊は何もしないのか。
 首相 米艦船が公海上で攻撃を受けた場合、新3要件に当てはまる可能性が高い。(集団的自衛権行使の)典型例だ。一方で他国領海での活動は一般に海外派兵として認められないとの基本的な考え方がある。
 岡田氏 他国領海での集団的自衛権行使は例外的ではない。想定しなければいけないケースだ。
 首相 他国領海での活動は、極めて慎重に当てはめを行っていく。

 【先制攻撃】
 岡田氏 米国は先制攻撃を否定していない国だ。米国の先制攻撃は違法か。米国が先制攻撃し、ある国と戦争状態になったとき、政府は集団的自衛権行使を認めるのか。
 岸田文雄外相 国際法上、先制攻撃は認められておらず、国際法に違反するものだ。
 首相 国連憲章に反する先制攻撃を支援することはない。

 ●自衛隊活動範囲 拡大しリスク増
 ▼大串博志氏(民主、比例九州)

 【自衛隊のリスク】
 大串氏 今回の安全保障法制で自衛隊による後方支援の活動範囲は広がり、リスクが増す。
 首相 自衛隊が現実に活動する期間、戦闘行為が発生しないと見込まれる場所を選び、実施区域に指定する。戦闘行為になれば部隊の判断で休止や撤退、避難もできる。自衛隊員は訓練を重ねることでリスクを低減していく。

 【先制攻撃】
 大串氏 イラク戦争のように米国の先制攻撃で始まった場合でも武力行使の新3要件を満たせば、集団的自衛権を行使する可能性はあるか。
 首相 新3要件は満たさず、武力行使を目的とした参加はない。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ●専守防衛の定義 変えたと明言を
 ▼長妻昭氏(民主、東京)

 【専守防衛】
 長妻氏 専守防衛は、相手国から日本が武力攻撃を受けたときに初めて防衛力を行使することだと定義されてきた。今回法制では、日本と密接に関係する他国への攻撃を端緒とする集団的自衛権の行使も認めている。
 中谷元・防衛相 他国に対して発生する武力攻撃でも、わが国の存立を脅かすことが現実に起こり得る。他国防衛が目的でなく、憲法の精神にのっとっている。
 長妻氏 専守防衛の定義を変えたと、はっきり言うべきだ。
 首相 新3要件下で許容される武力行使は自衛の措置に限られている。わが国の存立が脅かされる事態に国民を防衛するのは専守防衛だ。考え方は変わらない。

 【集団的自衛権】
 長妻氏 国連に報告されている集団的自衛権行使の例は全て他国の領域で行っている。行使してみれば他国領域だったということにならないか。
 首相 わが国の集団的自衛権行使は他の国とは違う。新3要件に該当しなければ行使できない。他国の領域に武力行使目的で行くことはない。

 ●燃料不足理由に存立危機言えぬ
 ▼松野頼久氏(維新、比例九州)

 【存立危機事態】
 松野氏 原発燃料や天然ガスの不足で武力行使ができるとの考え方は行き過ぎだ。
 首相 いかなる事態が存立危機事態に該当するかは、国の存立の基盤である経済が脅かされるかどうかも判断の対象になる。特定の生活物資の不足のみでは該当しない。単なる経済的影響にとどまらず、国民の生死に関わる深刻、重大な影響が生じるかを総合的に評価する。

 【機雷掃海】
 松野氏 戦闘中は機雷掃海をしないのか。
 首相 掃海艇は脆弱(ぜいじゃく)で戦闘行為が行われている間は危険だ。オペレーションとして事実上できない。

 ●リスク増えない発言はごまかし
 ▼柿沢未途氏(維新、東京)

 【自衛隊のリスク】
 柿沢氏 「自衛隊員のリスクは増大しない」との発言は恐るべき、ごまかしだ。真正面から答えるべきだ。
 首相 わが国を取り巻く安全保障環境は厳しくなっており、わが国や国民のリスクは高まっている。法整備は抑止力を高め、国民のリスクを低減する。自衛隊員のリスクを低減させる最大限の努力をするが、リスクは残る。
 柿沢氏 首相が「米国の戦争に巻き込まれるようなことは絶対にない」と断言したのは、自発的に参戦するからか。
 首相 武力行使の新3要件が守られている限り、戦争には巻き込まれない。

 【イラク派遣】
 柿沢氏 法整備されれば、イラク戦争で大規模戦闘の終結後に米国などが実施した治安維持活動に自衛隊も参加できる。
 防衛相 当時のイラクは停戦合意があると認めることはできない。

 ●後方支援活動が攻撃目標になる
 ▼志位和夫氏(共産、比例南関東)

 【武器使用】
 志位氏 自衛隊の後方支援活動が、格好の攻撃目標になるのは軍事の常識だ。自衛隊が攻撃されない保証はあるのか。
 首相 可能性が100パーセントないと言ったことはない。戦闘行為が発生した場合は、部隊の責任者が一時休止、あるいは退避する判断を行わなければならない。
 志位氏 自衛隊が攻撃されたらどうするのか。
 首相 攻撃を受けた場合は応戦するのではなく、直ちに退避に移る。

 【後方支援】
 志位氏 これまで戦闘地域とされていた場所での後方支援となる。
 首相 後方支援を行う上では安全な場所を選ぶ。新たな活動地域と従来の非戦闘地域は基本的に同じだ。今までの経験を基に整理し直した。

=2015/05/28付 西日本新聞朝刊=』

                         THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-06-03 02:26 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/23205067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2015-06-03 12:30
タイトル : ドイツは2012年原発全廃で2020年の削減目標40%、..
 ドイツは2012年に原発全廃で2020年の削減目標40%、日本は存続で10年先の2030年で26%削減、国際情勢に疎い日本国民を騙している安倍政権を糾弾せよ、ドイツは2010年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で約24%削減した。 今後も 再生可能エネルギーの拡大やエネルギー効率の向上、エネルギー節約に努め、 人口減などと合わせて2020年までに40%、2050年までに80%削減する計画に対し、地球温暖化対策に向けた日本の温室効果ガスの削減目標を巡り、安倍政権の地球温暖化対策推進本...... more