「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍マンセーの拍手は、側近の指示。二階が五輪まで安倍続投宣言?+まやかしだらけの所信表明要旨

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日の『北朝鮮のような安倍賛美の光景に、超保守派からも批判&安倍に「未来」と「世界一」はない!』の続報を・・・。
<この記事には何かNGワードがあるのか、ぶろぐ村のランキングには全く入れてもらえない。(ノ_-。)>

 自民党は、当初、あの安倍首相へのスタンディング・オベーションは自然発生的なものだったと主張していたのだが。前の方を陣取って、ふだんからヨイショやヤジを担当している若手議員が、自然に立って拍手を行なったため、後方の中堅、ベテランまでつられて、ほぼ全員が立つことになったと説明していた。<最後列のベテランまで立っていたのには、ビックリ。それもよりによって河野太郎ちゃんまで。^^;>

 もし自民党が何の指示もしていないので、完全に自然発生的なものとして、議員たちがあのような行動を行なったら、それはある意味で、もっとコワイ、アブナイ、おかしいものだとも言えるわけで。<もう某独裁国議員のマンせー体制が浸透しつつあるってことだからね。(@@)>

 小泉進次郎氏も、こんなこと説明をしていた。(・・)

『■小泉進次郎・自民党農林部会長  (安倍晋三首相の所信表明演説で自民党の議員が一斉に立ち上がって拍手を送った問題について)あれはないよね。あれは私も含めて、ちょっとおかしいと思いますよ。よくアメリカとかの議会で見るのは分かるけど、自然じゃないですよね。僕もびっくりして、つい立っちゃったよ。自然がいいと思います。(党本部で記者団に)(朝日新聞16年9月26日)』

* * * * *
 
 野党側は議員運営委員会に抗議。与党もあのスタンディング・オベーションは異常だったと思うので、安倍官邸にも伝えて、今後は控えることにすると約束したようなのだが・・・。

<注・一部保守紙やネトウヨが、09年に民主党の鳩山首相(当時)が所信表明を行なった後に、スタンディング・オベーションがなされていたとブーメラン反論をしているのだけど。あれが演説は終わった後だからね。(・・)
 今回は演説の途中でのこと。しかも、首相自身が、議員に呼びかけて&自らも壇上で拍手して、煽ったんだよ。・・・コワイ、コワイ。^^;>

『安倍晋三首相が26日の所信表明演説で、海上保安庁、警察、自衛隊をたたえた際、首相に促された自民党の議員たちが一斉に立ち上がって拍手を送った問題で、民進、共産両党は27日の議院運営委員会理事会で、「極めて異常な事態だ」と抗議した。日本維新の会も再発防止を申し入れた。与党側は「適切ではなかった」と認め、首相に伝えることを約束した。

 理事会後、民進党の泉健太筆頭理事は「演説中の起立は不適切」と指摘。佐藤勉議運委員長は「自然発生的に起こったとはいえ、決して良いことではない。特に与党自民党は今後注意しようということで決着した」と述べた。(朝日新聞16年9月27日)』

* * * * *

実は、今日になって、案の定、安倍首相の超側近の萩生田が、あらかじめ盛り上げるように指示していたことがわかったという記事が出ていた。 (゚Д゚)
<萩生田氏は古くからの安倍氏の側近。今政権では総裁特別補佐として、党内外で首相が言えないことを代弁して来たのだが。今年から内閣官房副長官として官邸入りして、地方出張や外遊の時に、ずっと首相の後ろにくっついてアレコレ補佐をしたり、首相が直接言えないことを内外で伝える影のスポークスマン的な役割もしている。(-_-;)
 この間まで首相の後ろにいた、世耕くんは顔が大きいものの、こじんまりひそやかにしてたけど。萩生田くんは首相より全体的に大きくて、エラそ~に立っているので、目立つ(正直、うざい)んだよね。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『首相演説に一斉起立・拍手、事前に「指示」飛び交う

 安倍晋三首相の所信表明演説中に自民党議員らが立ち上がって拍手した問題で、野党が27日の議院運営委員会理事会で抗議した。自民は「適切ではなかった」と認め、首相に伝えることを約束。野党側には「自然発生的だった」と説明したが、議場内では「指示」が飛び交っていた。

 自民議員らが一斉に起立・拍手したのは、26日の衆院の所信表明演説で首相が海上保安庁や警察、自衛隊をたたえたときだ。衆院の規則違反ではないが、日本では慣例でない行動で、議事進行が遅れた。大島理森衆院議長もその場で注意。佐藤勉議運委員長は記者団に「自然発生的とはいえ、決していいことではない」と述べた。

 だが、関係者によると、演説前の26日午前、萩生田光一官房副長官が、自民の竹下亘・国会対策委員長ら幹部に、「(海上保安庁などのくだりで)演説をもり立ててほしい」と依頼。このとき、萩生田氏は起立や拍手までは求めなかった。

 午後、首相の演説が始まると、自民国対メンバーが本会議場の前の方に座る若手議員に萩生田氏の依頼を一斉に伝えた。当該のくだりで「拍手してほしい」と伝えられた若手もいれば、「立って拍手してほしい」と聞いた若手もいた。

 指示が伝わったのは前方に座る当選回数が1、2回の議員ら。このため、後方の中堅・ベテラン議員のなかには「自然発生」と受け止めた人もいた。中ほどに座る当選3回の小泉進次郎氏は記者団に言った。「あれはない。ちょっとおかしいと思いますよ。自然じゃない」。とはいえ、自身も驚いて立ち上がってしまったという。

 首相は27日夜、東京都内で若手議員らと会食。出席者によると、起立・拍手の話題に触れて、自衛隊員らへの「敬意」の拍手だったから野党議員も座って拍手すれば良かったとの趣旨の話をした。起立・拍手をめぐっては2009年の民主党政権時、鳩山由紀夫首相に民主議員が立ち上がって拍手した例があるが、演説の終了直後だった。(田嶋慶彦)(朝日新聞16年9月26日)』

* * * * *

 今朝には、もう一つ、mewが驚くようなニュースが出ていた。(@@)

 二階幹事長が、中国の元国務委員と会談をした際に、2020年の東京五輪も安倍首相がやっていると認めた、というのである。 (゚Д゚)

『東京五輪も安倍首相?二階氏「おっしゃる通り」

 自民党の二階幹事長は27日、中日友好協会長の唐家セン(タンジアシュエン)元国務委員と党本部で会談した。

 同席者によると、唐氏が「次の(夏季)五輪でも首相は安倍さんではないか」と投げかけたのに対し、二階氏が「おっしゃる通り」と応じる一幕があった。

 安倍首相の総裁任期は2018年9月までだが、総裁任期延長の議論を主導する二階氏が、20年の東京五輪・パラリンピック開催時まで、首相が続投するとの見方を示した格好だ。(読売新聞16年9月28日)』

 安倍首相&陣営は、東京五輪は安倍首相のお陰でが招致に成功したのだから(あのウソのアンダーコントロールで?)、20年の開会式に首相として出席するのは当たり前だと主張しているらしいのだけど・・・。
 総裁任期の延長については、党内でも、いまだに党内でも賛否両論あるのは事実。(・・)

 それに自民党内も、さすがに4年も安倍独裁体制、官邸主導の国政運営が続き、党の要職や議員の意見がほとんど政治に反映されない、反論もできない状況が長いと、閉塞感が生じてかなり不満もたまって来ているようなのだ。^^; <そろそろアチコチで、アンチ安倍派が動きそう。>

 しかし、安倍首相&周辺は、自民党内で高村副総裁や二階幹事長の主導させる形で、年内に総裁任期延長を決めて、東京五輪や憲法改正発議まで安倍体制を守り、アベサマの歴史的なお手柄を作ろうとしているのである。(>_<)

<いざとなれば年末年始解散で、党内も脅してね。^^; 衆院選が2年に1回行なわれるので、よほどのリッチな議員を除いては、議員、候補者の多くが選挙活動やお金の準備が追いつかず、ひいひい言っている人がかなりいる様子。となると、安倍官邸や金庫番の二階幹事長の意向にはむかうわけには行かなくなっちゃうんだよね。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 最後にとりあえず、安倍首相の所信表明の要旨をアップしておく。(・・) <全部を読みたい方は、首相官邸HPにあるです。>
 民進党の蓮舫代表が、あまりにまやかしのバラ色政策をちりばめた所信表明をきいて『「首相の頭では、夢のような社会が実現しているように見えるが、私たちは現実をもっと見た提案をしっかりとしていきたい」と皮肉ったそうだが。本当にそんな感じがしたです。(~_~;)

『安倍晋三首相は26日に召集された第192臨時国会の冒頭、衆参両院本会議で所信表明演説を行った。憲法改正に関し「憲法はどうあるべきか。決めるのは政府ではなく国民。その案を国民に提示するのは国会議員の責任だ」と述べ、野党に改憲の議論に参加するよう促した。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の早期発効と、それに伴う農業改革を強調。長時間労働是正や同一労働同一賃金の実現など「働き方改革」を進める決意を表明した。

 首相は演説前、自民党の両院議員総会で「いよいよ国会がスタートする。世界情勢の変化にしっかり対応し、責任政党として結果を出す」とあいさつした。

 今年7月の参院選で、改憲に前向きな勢力が衆参両院で3分の2を超える議席を占めたことを受け、首相は演説で、憲法審査会での改憲項目の絞り込みの議論を始めるよう与野党に呼びかけた。

 経済では「世界経済の成長と市場の安定に日本は責任を果たす。アベノミクスを一層加速し、デフレからの脱出速度を最大限に引き上げる」と述べ、事業規模28兆円超の経済対策の実施などを訴えた。働き方改革では「長時間労働の慣行を断ち切る。『非正規』という言葉をこの国から一掃しよう」と語気を強めた。

 天皇陛下の生前退位に関しては高齢や公務負担を挙げ「ご心労に思いを致す」とし、「有識者会議において国民的な理解の下に議論を深めていく」と述べた。

 外交では日米同盟重視と沖縄の基地負担軽減を強調した上で、日露平和条約締結に向け「交渉を前進させる」と表明。日韓関係では慰安婦合意の進展を受け、1月の施政方針演説での「新しい時代の協力関係を築く」の表現を「深化させる」と改め、その前段には「未来志向、相互の信頼の下に」とも加えた。中国は1月の演説にあった「友好関係を発展」の表現を消し、「地域の平和に大きな責任を持つことを共に自覚し、大局的な観点から関係改善を進める」とした。沖縄・尖閣諸島周辺での中国公船の活動活発化を反映させ、けん制したようだ。【古本陽荘】

所信表明演説のポイント

・世界一暮らしやすく、信頼される国を目指す
・世界経済の成長と市場の安定に責任を果たす。アベノミクスを一層加速しデフレからの脱出速度を最大限に引き上げる
・働く人の立場で労働制度を大胆に改革。長時間労働の慣行を断ち、「非正規」の言葉を一掃
・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)早期発効
・日米同盟は不変の原則。沖縄の基地負担軽減に全力
・北方領土問題解決に日露交渉を前進させる
・韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国。未来志向、相互信頼の下に新しい時代の協力関係を深化
・中国の平和的発展を歓迎。地域の平和と繁栄に責任を持つと、共に自覚し大局的観点で関係改善を進める
・天皇陛下の公務のあり方について有識者会議で議論
・憲法改正案を国民に提示するのは国会議員の責任 (毎日新聞16年9月26日)』

* * * * *

 細かい点については、これから追々書いて行きたいのだが。mewが一番引っかかったのは、安倍首相が、東シナ海で活動する自衛隊員などの敬意を払うように呼びかけていたものの、これから「駆けつけ警護」や「日米共同の軍事活動(物資交換)」などを実行に移す安保法制について全く触れなかったことだ。(・o・)
<南スーダンPKOなんて、マジに内戦の中で活動していて。これから宿営地や要人擁護のために銃撃戦に巻き込まれることになるかも知れないのに。(ーー゛)>

 そして、果たして新生(?)民進党が他の野党と強力して、どこまで安倍政権を追い込んで行けるのか。<共産党はこういうとこでは頼もしい武器になるよ!> 
 できれば、メディアにも(せめて都議会の半分ぐらいは?)国会の大事な議論も伝えて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS、

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-09-28 10:06 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/24685926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 御言葉をください2 at 2016-09-29 16:15
タイトル : 安倍マンセーの拍手は側近の指示だったらしい。
安倍マンセーの拍手は、側近の指示。二階が五輪まで安倍続投宣言?+まやかしだらけの所信表明要旨 私も日刊ゲンダイの記事で読んだ。... more