「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍原稿に「拍手」の文字~拍手扇動批判に、問題ないと逆ギレする感覚こそアブナイ

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 
 これは『北朝鮮のような安倍賛美の光景に、超保守派からも批判&安倍に「未来」と「世界一」はない!』『安倍マンセーの拍手は、側近の指示。二階が五輪まで安倍続投宣言?+まやかしだらけの所信表明要旨』のつづきになるのだが・・・。

安倍首相が先月26日、衆院で所信表明を行なった際、出席議員たち(特に自民党の若手議員の方向)に呼びかけた&自らも壇上で拍手をして促したスタンディング・オベイションの問題が跡を引きずっている。(@@)

 安倍首相は、所信表明の終盤。安保政策について語った後、「現場では、夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています。極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする。その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」と、議員たちに敬意表明を行なうことをを呼びかけたのである。

 画像を見ていると(あたかも、打ち合わせていたかのように?)、それに呼応して1~2列めの若手議員が、スタンディング・オベーションを開始。安倍首相も壇上で拍手を行なったことから、席の前方から上の方へと次々と議員が立ち上がって拍手するような形が続いて、最後列まで進むことに。これが20秒近くかかったことから、さすがに大島議長も呆れて「着席してください」と注意したのだった。(ーー)

 しかも、このパフォーマンスは、安倍側近の指示によるものだという報道が出ていたのであるが。さらには、安倍首相の原稿には「拍手」と記され、出席議員の「拍手待ち」を指示する言葉まで書き込んであることもわかったです。(・o・)

* * * * *

 ところで、あの光景を見て、生活の小沢代表が指摘していたように「北朝鮮や中国の党大会」を思い出した人、そしてギョッとした人は決して少なくなかったことだろう。<しかも、安倍っちが壇上で、やや斜めに構えて満足げな表情で手をたたく姿が、誰がさんに似てたし~。(~_~;)>

 あのスタンディング・オベーションは、安倍首相が演説中に議員に呼びかけて行なわれたこと&自分も拍手していたこと(&自衛隊員らに対してだけでなくTOPである安倍首相への敬意も含めて拍手しているように見えたこと)が問題なわけで。それらが、今までの国会史上では見られなかった異様な光景を作りだしたのである。(@@)

 これには自民党の理事が多い衆院の議員運営委も、「好ましくなかった」として、安倍官邸や自民党の議員に注意することを約束。<若手議員が安倍側近や国対スタッフから、拍手などで盛り上げるように指示を受けていたことは、たぶん、自民党内の議員もわかっていることだと思う。>
 また、同党の小泉進次郎氏も「あれはおかしい」、安倍シンパの維新・馬場幹事長でさえ「異常な光景だ」と批判していたのだが・・・。
 
 ところが、安倍首相&仲間たちには、全く反省や配慮をする気がないようで。
 安倍首相に至っては「自分は(拍手を)促していない」と主張している上、「どこが問題なのか理解できない」「どこかの国ってどこだ、侮辱だ」と国会の場で逆切れする始末。 (゚Д゚)

 でもさ~。演説の中でね。「今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」と言って議員の方を見たら、それは明らかに敬意表明のために「何かせよ」という呼びかけだとしか思えないし。
 しかも、当の安倍首相が壇上に立って拍手を行なっているのを見て、少なくとも若手・中堅の議員たちが、それを無視してじっとしていられるはずもないわけで。ともかく席を立って拍手を行なうしかあるまい。(**) <事前に盛り上げろという指示を受けていたなら、尚更にね。^^;>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 先に、安倍首相の原稿演説の写真をご紹介しよう。(・・)

 リンク先の阿修羅に、写真が載っていたのだが。安倍首相の原稿には、何かを呼びかける文章を読んだ後、(拍手)(水を飲む)などの言葉が記されているのがわかる。(・o・)

<ここで間(ま)を置くように指示されているのよね。で、もしかしたら、若手議員にはそのタイミングで拍手をするように言われているのかも。(安倍氏が顔を上げて、XXの方を見たらとかかも知れない。何か安倍首相が顔を上げて待ってるような感じの時があるもん。(~_~;))>

☆『安倍首相の所信表明演説、演説の原稿に「拍手」の文字!自民党の「自然発生」は大嘘だった!』
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/542.html

☆『“バカ殿”写真がネットで拡散し、話題沸騰!! 』
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/548.html
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ネット上では当初、この写真の原稿が今国会のものであるかのような感じで広まっていたようなのだが。実際、この原稿は13年2月28日に行なった施政方針演説のものであるとのこと。
<首相官邸のHPに原稿全文や動画(36分ぐらいから)がある。>

 この演説の際も安倍首相は、演説終盤の安保政策に関するパートで、「安全保障の危機は、「他人事」ではありません。「今、そこにある危機」なのです。今、この瞬間も、海上保安庁や警察、自衛隊の諸君は、強い意志と忍耐力で任務に当たっています。荒波を恐れず、乱気流を乗り越え、極度の緊張感に耐え、強い誇りを持って任務を果たしています。皆さん、与野党を超えて、今、この場から、彼らに対し、感謝の意を表そうではありませんか」と呼びかけたのだが・・・。<今回と使っている言葉がほとんど同じだよね。^^;>
 
 ただし、この時は与野党の議員に呼びかけたにもかかわらず、与党側からふつ~に拍手が鳴るだけで。安倍首相も原稿の指示通り、少し拍手する間(ま)を置き、ちゃんと水を飲んだ後、とっとと次の文に移っていたのだった。(@@)

 果たして、今回の原稿にどのような言葉が書き込まれていたのか・・・。今のところ、mewは知る由もない。_(。。)_

* * * * *

 さて、昨日の衆院の予算委員会でも、民進党の細野豪志氏が質疑の中で、この件を取り上げたのだが。これに対して、安倍首相が語気を荒げて、逆切れ気味に強い反発を示したのには、ちょっと驚いてしまったところがあった。^^; <一国の首相の態度とは思えん。思いたくもないけど。(>_<)>

『衆院予算委員会は30日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して2016年度第2次補正予算案の基本的質疑を行い、本格的な論戦が始まった。首相は、26日の所信表明演説中に多くの自民党議員が一斉に立ち上がって拍手したことについて「私が促したわけではない」と述べ、問題視しない考えを示した。

 民進党の細野豪志代表代行が「スタンディングオベーションは聴衆から自発的に起こるもので、違和感を覚えた」などとただしたのに答えた。首相は「米議会ではスタンディングオベーションはよくある。どうしてことさら問題になるのか理解できない」とも述べた。(毎日新聞16年9月30日)』

『安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが一斉に起立・拍手をした問題をめぐり、30日の衆院予算委員会で、民進党の細野豪志代表代行が「この国の国会ではないんじゃないか」と批判し、首相が「あまりにも侮辱ではないか」と色をなして反論する場面があった。

 細野氏は「自衛官や海上保安官に拍手をしているというより、首相に拍手をしているように見える。首相ご自身も本会議場の壇上で拍手をしている姿を見ると、この国の国会ではないんじゃないかという錯覚すら覚えた」と批判した。

 首相は「強制して全員が一斉にやるのは確かにおかしい。敬意の表し方はそれぞれの判断だ」と語り、スタンディングオベーションを促していないと説明。そのうえで、「私が許せないのは、どこかの国と同じだと。どの国なんですか?」と声を荒らげた。(朝日新聞16年9月30日)』

『細野氏はさらに「自民党議員は、自衛官というより安倍首相に拍手をしているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と語った。

 これには首相は「最初に言っていた『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う。自民党議員が私に対する拍手だと言っていたなら別だが、私自体がはっきり『自衛隊などに対し』と明確に言っている。こじつけだ」と声を荒らげた。さらに「どこかの国と同じではないかというのは、どこなんでしょうかね。ただ、単に侮辱に明け暮れているとしか私は思えない」と憤った。(産経新聞16年9月30日)』

* * * * * 

『安倍晋三首相の26日の所信表明演説で、多くの自民党議員が起立して拍手した問題で、与野党から30日も賛否両論が相次いだ。野党は「立法府として違和感がある」(細野豪志民進党代表代行)としており、しばらくは尾を引きそうだ。(中略)

 衆参両院では来日した外国元首の演説などを除き、議員が一斉に立ち上がるのは異例だ。細野氏は30日の衆院予算委員会で「首相自身も拍手したのを見ると『この国の国会ではない』との錯覚を覚えた。立法府と行政府の緊張関係を考えた方がいい」と語った。

 これに対し、首相は「私がスタンディングオベーションをしてくれと一言も言っていない」と反論。「警察や海保や自衛隊に敬意を表そうと明確に言った。どこかの国と同じとはどの国か。侮辱ではないか」と不快感を隠さなかった。

 自民は議員の起立を「自主的なもの」と説明している。ただ、関係者によると萩生田光一官房副長官が事前に「ここでもり立ててほしい」と党の国会対策委員会に要請したことが発端とみられる。

 自民内にも異論がないわけではない。自らも起立した小泉進次郎農林部会長は27日、記者団に「びっくりしてつい立ってしまったが、ちょっとおかしい。自然じゃない」と語った。(毎日新聞16年9月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 27日の衆院議院運営委員会理事会では、野党が「異常な事態だ」と抗議したのに対して、自民党側は「自然発生的に起こった」と釈明したものの、「決してよいことではなかった」として、官邸や党に伝え再発防止に努めると約束。このまま火消しされちゃうのかな~と思っていたのだが・・・。

 どうやら高村副総裁らは、安倍自民党への批判が強まっていることを不快に思ったようで、党の役員連絡会で反論を行なったことから、また議論が再燃することに。

『高村正彦・自民党副総裁  ヤジは議会の華だと言われて、スタンディングオベーションすると、叱られるというのは、こういう議会のあり方がグローバルスタンダードに合っているのかどうか、若い(議員の)方、よくご検討頂きたいと思います。
 民主党政権の時に、鳩山さん(=由紀夫首相)の所信表明の時に民主党議員がスタンディングオベーションした時に、少なくとも、我が自民党は抗議などしなかったということは銘記しておきたいと思います。(国会内での党役員連絡会で)(朝日新聞16年9月30日)』

 安倍首相も周辺から「問題ない」と言われて、国会答弁で強気なところを見せなければと思ったのかも知れない。<この拍手の仕方を「問題ない」って感じちゃうこと自体が、mewから見れば、と~っても問題がある「おかしい」ことなんだけどね。(-"-)>

 確かに09年9月に鳩山由紀夫首相(当時)が所信表明演説した時には、演説終了後にスタンディング・オベーションがあったのだけど。<mewは覚えてなかったけど、TVで映像が出てた。^^;>今回の安倍首相のケースのように演説中の呼びかけに応じたものとは異なるのは明らかだろう。<まさかその違いもわからないわけじゃないよね。(・・)>

* * * * *

 また米国で、大統領などがスピーチする際、節目、節目でスタンディング・オベーションがなされているのはよく見るが。「オバマ大統領が議会演説する際、特定の箇所で拍手するよう要請したら大問題になる」とのこと。^^;

『日本は議院内閣制で首相が国会議員から選出されるのに対し、米国の大統領は国民の直接選挙で選ばれる。大山礼子駒沢大教授(政治制度論)は、「米国では大統領は議会の外から招かれる立場だ。賛意を示すスタンディングオベーションは礼儀とも言えるが、日本にはなじまないのではないか」と指摘している。

 一方、イギリスは日本と同じ議院内閣制だが、多くの与党議員が上級幹部職員として行政に入って指揮を執るなど、立法府と行政府がより一体的に運営されている。与党が首相をもり立てようと、スタンディングオベーションをするケースがあるという。

 議事の進め方は各国の議会制度と密接に絡んでいる。大山氏は今回の件について、厳格な三権分立の下で、政府側が盛り上げるよう働きかけをしていたとされることを問題視。「オバマ大統領が議会演説する際、特定の箇所で拍手するよう要請したら大問題になる」と話している。(毎日新聞16年9月30日)』

* * * * *

 でも、何やかんや言って、mewは、あの光景を見た時にその人がどのように感じるのか、ということが大事だと思っているのだ。(・・) 

 まずは、ともかくできるだけ多くのTVメディアに、あの時の映像を流してもらって、国民の目に触れさせて欲しいし。<さすがにメディアも「この件は取り上げなくちゃ」と認識しているようで、演説当日よりは映像を流すところが増えて来たようだけど。まだ、コワゴワと扱っているような感じに見えたりもして・・・。^^;>

 で、果たして、あの光景を見て、チョットでも「何かおかしい」「おぞましい」「コワイ」「アブナイ」などと、ある種の懸念や危惧感、危機感が覚えるのか。それとも、何も感じなかったり、むしろ「やっぱ安倍首相はスゴイ」「安倍自民党の一体感はスバラシイ」などとむしろ好ましい感情が生じたりするのか・・・。

 もしあの光景を見て、問題を感じない政治家、国民が多いようであれば、日本がマジでアブナイと。そのうち本当に「あの国みたいになっちゃうぞ~」と叫びたくなっているmewなのだった。(@@)

 THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-10-02 01:25 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/24693377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2016-10-02 09:22
タイトル : 国民のニーズを無視した社会保障費削減最優先では介護サービ..
 国民のニーズを無視した社会保障費削減最優先では介護サービスが縮小するのは当然だ、軽度(要支援1、2)の介護保険利用者に対する訪問介護とデイサービスで、低報酬にした新方式の介護サービスに参入する事業所数が、従来の報酬でサービス提供していた事業所の5割未満にとどまることが、毎日新聞による全国157自治体調査でわかった。新方式は事業所への報酬を下げるのが原則で、それまでサービスを提供していた事業所が「採算がとれない」と参入を見送っている。今後は要介護1と2の訪問介護も低報酬の新方式となる可能性...... more