「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

佐川国税長官の罷免を求める1..
at 2017-08-22 17:00
枝野、小池新党を自民党の補完..
at 2017-08-22 04:15
政界の流れを左右する民進党の..
at 2017-08-21 07:35
石破が佐川国税長官を批判+加..
at 2017-08-20 08:44
加計の補助金96億、今治市は..
at 2017-08-19 07:12
森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

欧米諸国では残業なしのフ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小沢一郎氏が代表にならな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
親が出生届を出す制度は出..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中東での戦争を止めなけれ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1246)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍、強行採決で不利な展開に。TPP、パリ協定に遅れ、カジノ法案や改憲も進まずか

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日、福岡市の博多駅前の大きな道路が縦横十数メートルにわたって崩落。穴の中に下水が貯まっている上、周辺のビルでは停電や断水が起こって使えない状況になるなどの被害が起きている。
 ただ、たとえ朝5時とはいえ、博多駅前の道でこんなに大規模な崩落があったにもかかわらず、人も車も誰ひとりとして巻き込まれずに済んだのは、奇跡に近い不幸中の幸いだったと言えるだろう。その理由について、
 
『11月8日、福岡市の博多駅前で、地下鉄の工事中に道路が崩落した事故。深さ15メートルもの巨大な穴があいたにも関わらず、巻き込まれた人はいなかった。早朝とはいえ、九州の玄関口である博多駅の目と鼻の先だ。人通りがまったくない地域ではない。・・・

 BuzzFeed Newsの取材に応じた福岡市交通局によると、現場で実施されていたのは「地下鉄七隈線」の延伸工事。事故が起きたとき、現場の地下約30メートル付近では、線路となる横穴を掘削する工事を進めていたという。
 作業中に異常があったのは、11月8日午前5時ごろ。トンネル構内で水が噴き出し、工事を止めた。
地上に影響が及ぶ可能性があるという判断から、10分後には交通規制が実施され、付近の道路が通行止めになったという。
 そしてその5分後の、午前5時15分ごろ、道路が崩落。現場に通行する車両はなく、巻き込まれた人もいなかった。・・・

 県警の広報担当者もBuzzFeed Newsの取材に「110番通報があったのが午前5時14分。市のほうで規制をかけたのではないでしょうか」と指摘した。市交通局の担当者は「県警の到着を待てずに、工事関係者が車を使って規制をした可能性があります」と話す。(BuzzFeed News 16年11月8日)』

 この道路の崩落は、さらに下の場所で行なわれていた地下鉄工事が原因になったと見られているのだが。ただ、地下鉄工事の現場の人がトンネル構内で水が噴き出したのに気づき、すぐに地上に影響が及ぶ可能性があると判断して、交通規制を行なったことが、道路崩落に人や車が巻き込まれるのを防ぐことにつながったのだ。(・・)b g.j.

マニュアルに記されていたのかどうか不明だが。いずれにせよ、こういう現場の迅速かつ適正な判断が、災害や事故から人を救うことになるわけで。自分も是非、見習いたいと思ったし。多くの人に見習って欲しいとも思ったmewなのだった。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、これは『TPP、やっぱ強行採決。衆院議長もだまし討ち+パリ協定承認できず、日本は不利な立場に』の続報になるのだが・・・。(関連記事・『』

 昨日8日、ようやくパリ協定の承認案が衆院本会議で可決され、政府は批准書を国連本部に送ったという。

 実は、パリ協定は4日発効だった&8日から会議が始まる予定だったため、当初は4日に衆院本会議で承認可決をする予定になっていたのだが。安倍首相らがTPPの強行採決を優先したため、本会議が開けないことに。
 この安倍官邸のやり方には、大島衆院議長や佐藤議運委員長をはじめ、与党内からも問題視する声が出たため、官邸は8日に本会議でTPP承認することは見送り、パリ協定の承認案議決を優先したのだが。安倍首相は主導権がどうのと悠長なことを言ってたものの、批准書の提出が遅れた分、不利な扱いを受けることになったという。^^;(関連記事*1)

<まあ、安倍っちの場合、米国のご機嫌がとれれば&中国に勝てさえすれば、世界の環境問題なんかどうでもいいんだろうけどね。(>_<)>
 
『日本政府は8日夜(現地時間同日午前)、ニューヨークの国連本部に、2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の受諾書を提出、批准手続きが完了した。
 協定は、「55カ国以上が批准し、批准国の温室効果ガス排出量が世界の55%以上になる」という発効条件を満たし、4日に発効している。(中略)

 9~10月に温室ガスの主要排出国の米中やインドが相次ぎ批准。国連代表部によると、日本は103番目の批准となる。日本は環太平洋連携協定(TPP)をめぐる与野党対立の影響を受け、国会での手続きが遅れた。
 衆院本会議は8日、協定の承認案を全会一致で可決したが、モロッコでのCOP22期間中に開かれる協定のルール作りを話し合う会合の正式参加期限(10月19日)に間に合わなかった。会合には議決権のないオブザーバー参加となる。(時事通信16年11月8日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また安倍官邸が、4日に議長や議院運営委員長に断りも入れずに、パリ協定承認の本会議開催のスケジュールを結果的にすっぽかして、TPP特別委員会での強行採決を行なったことは、上にも書いたように、自民党内でも問題視する声が出ている様子。
 mewは、こういうことの積み重ねが、安倍首相が党内の支持を失って行く要因になるのではないかと見ている。(・・)kitai-komi?

『 <TPP採決>自民内調整に不手際 「パリ協定」に波及

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)承認案・関連法案をめぐる与野党の対立は「パリ協定」承認案の採決日程に波及した。パリ協定は与野党一致で4日の衆院本会議で承認の予定だったが、自民党内の調整の不手際でTPP採決が優先された。【朝日弘行、高橋克哉】

 食い違いは4日午後2時半過ぎに露呈した。野党の抵抗の中で衆院TPP特別委員会が始まった、と聞かされた自民党の佐藤勉衆院議院運営委員長が「なんで勝手に開くんだ」と怒りをあらわにした。山本有二農相への辞任要求が収まらず、午後1時開始予定の本会議を遅らせ、議運委で野党と調整を続けていたからだ。TPP委の塩谷立委員長(自民党)や森山裕理事(同)は、佐藤氏に開会を連絡していなかったという。

 山本農相の最初の失言は「強行採決するかどうかは佐藤勉さんが決める」だったが、その佐藤氏を省いて採決の動きが強まる皮肉な形となった。これに野党は態度を硬化させ、本会議は開かれなかった。

 大島理森衆院議長や竹下亘党国対委員長、佐藤氏らの当初の見通しでは、本会議でのパリ協定承認を優先し、その後の予定のTPP委での採決は7日に遅らせることも織り込んでいた。

 すれ違いの背景には、野党への配慮を重視する大島議長や佐藤氏と、円満採決は困難とみる塩谷氏らTPP委の現場の思惑の違いがある。政府・与党が「10月中の衆院通過」を目指しつつ、誤算続きで採決日程が何度も後ろ倒しになったのも調整を複雑にした。

 民進党の泉健太議運委理事は「佐藤氏がTPPの採決を知らなかったのに驚いた。(大戦前の)関東軍と当時の日本政府のような、現場の暴走を抑えられないむちゃくちゃな国会運営だ」とこきおろした。(後略)[毎日新聞16年11月8日]』

* * * * *

 さらに、昨年9月の参院特別委員会で安保法案が可決された時もそうだったのだが・・・。

 今回の衆院TPP特別委員会の強行採決でも、案の定、委員長や委員の声はきこえなかったようで。議事録には「聴取不能」が9箇所もあったとのこと。 (゚Д゚)
 民進党は「何の採決をしたかわからず無効だ」として、採決のやり直しを求めたという。(・・)

『TPP速記録、「聴取不能」9カ所 民進、やり直し要求

 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案の採決が強行された4日の衆院TPP特別委員会の速記録で、「聴取不能」として採決時のやり取りが書き取れていない箇所が複数あることがわかった。民進党は8日、「何を採決したのかがわからず無効だ」(今井雅人特別委理事)として、採決のやり直しを求めた。

 採決は、民進、共産両党の議員が自民党の塩谷立委員長の席を取り囲み、採決に抗議する騒然としたなかで行われた。速記録では、承認案と関連法案の採決部分の5カ所など計9カ所で「聴取不能」とされた。

 特に承認案について、塩谷氏が「賛成の諸君の起立を求めます」と言った後のやり取りが不明で、関連法案について「起立多数。可決されました」と記されている。このため、承認案と関連法案が個別に採決されたのか、一括して可決されたのかわからない状態だ。

 速記録は校閲や訂正などの手順を経て正式な議事録となり、公開される。(松井望美)(朝日新聞16年11月9日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 でもって、昨日は、安倍官邸にとって不都合なこと(思い通りに行かないこと)が、(さらに?)2つあったのだ。^m^

 安倍官邸&自民党は、政権発足してまもなくからカジノ法案(IR法案)の準備をしている。(・・)

 カジノ解禁は、党内の新自由主義者やカジノ利権にあやかろうとしている経済界+αからの要望が強いし。維新の会も橋下時代から強く望んでいるので、彼らにTPPや憲法改正で(実質的な連立「よ」党として)しっかりと協力を得るためにも、法案成立を急ぎたいところ。
 でも、公明党が(学会婦人部を中心に、ギャンブル依存症が増える、治安が悪化するなどとして反対論が根強いため)慎重な姿勢を崩しておらず。なかなか成立させられないまま、年月だけが立ってしまった。^^;

 しかし、先週、カジノ法案審議入りへという記事が出ることに。「ほ~。10日から憲法改正審議会が始まるし、維新の会に義理立てしとくのかな~」と思ったりしていたのだが・・・。
 自民党の二階幹事長が、審議入りを見送る意向を示したというのである。(@@)
 
『カジノを含む統合型リゾートを推進する法案が9日にも衆院内閣委員会で審議入りする見通しとなった。
 自民党と日本維新の会が推進で足並みをそろえている。公明党は審議入り自体は容認するが、ギャンブル依存症などへの懸念から慎重論が根強く、対応に苦慮しそうだ。ただ、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案をめぐる与野党の対立が続く中、今国会での成立は不透明だ。

 カジノ解禁を柱とする「特定複合観光施設区域整備推進法案」法案は、自民党と旧維新の党などが昨年の通常国会に共同提出し、継続案件となっている。衆院内閣委では2日に国家公務員給与法改正案の審議が終了したことから、自民、維新両党はカジノ法案の早期審議入りを促している。(時事通信16年11月4日)』

『自民党の二階俊博幹事長は8日の記者会見で、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案について「(法案への)理解が党内にも野党にも行き届いていると判断するのは、時期尚早じゃないか。慎重の上にも慎重にやっていきたい」と述べた。

 IR推進法案は当初、9日の衆院内閣委員会で審議入りする見通しだったが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案をめぐる混乱の余波で、9日の審議入りは見送られることになった。公明党には慎重論が根強く、今国会の成立は不透明だ。(産経新聞16年11月8日)』

『民進幹部は8日、自民が審議入りを急ぐカジノ法案について「こんな不正常な状態では審議できない」と発言。自民の二階俊博幹事長も記者会見で「党内も野党も理解が行き届いたという判断は時期尚早だ」と述べ、国会の正常化を優先する考えを示した。IRの大阪誘致を目指す日本維新の会では「この段階で審議できないのはおかしい」(馬場伸幸幹事長)と不満が漏れる。(毎日新聞16年11月8日)』

* * * * *

 しかも、安倍首相の最大の目標である憲法改正を議論する衆院憲法審査会も、当初は10日に再開される予定だったのに、延期になる可能性が強くなっている様子。<10日はTPPの本会議議決をするか否かで、与野党が大もめしそうだしね。^^;>

『「波静かにやろうと言っているのに本当にいいのか」。民進の武正公一衆院憲法審野党筆頭幹事は8日、与党筆頭幹事の中谷元(げん)前防衛相(自民)と会談し、延期を促した。10日に開催すれば、昨年6月以来1年5カ月ぶりに国会の憲法論議が再開する運びだった。

 与党は引き続き承認案の10日の衆院通過を目指しているが、民進は失言が続いた山本有二農相が辞任しなければ日程協議に応じない姿勢だ。山本氏への不信任決議案の提出も検討しており、影響は拡大している。(同上)』

 何分にも最近、安倍首相にとってイヤなことが起きると、つい嬉しくなってしまうグレだらのmewとしては、こういうニュースこそがエネルギー源になったりして。o(^-^)o
 そして、こういう小さなこと(安倍陣営の意思に反すること、陣営に不都合なこと)が積もって行くうちに、潮目が変わるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-11-09 07:56 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/24876418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2016-11-09 10:32
タイトル : 米大統領選挙の結果は世界経済に影響する・民主党のヒラリー..
 米大統領選挙の結果は世界経済に影響する・民主党のヒラリー氏当選が世界経済を安定させると予想されている、米大統領選の大勢が日本時間9日昼にも判明するのを前に、金融市場の緊張感が高まっている。 世論調査では民主党候補のヒラリー・クリントン氏が優位に立つものの、リードは僅差にとどまり、共和党候補ドナルド・トランプ氏が当選する「番狂わせ」に対する不安は根強い。結果次第では金融市場が世界的に混乱する可能性もある、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more