「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

党内外から、安倍官邸への反感..
at 2017-11-19 07:25
維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01
「排除」「モリカケ」のない流..
at 2017-11-12 06:52

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
このインターネット時代に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1261)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

民主党が勝ったというよりも・・・?!<千葉補選+αについて>


 千葉7区の衆院補選は、民主党公認の太田和美氏が自民党公認の斉藤健氏に僅差で
勝って当選した。
 また23日は、全国各地で市長選も行なわれたが、注目されていた岩国市の市長選
では、基地移転の住民投票を行なった旧岩国・井原市長が圧勝。沖縄市長選でも、
自衛隊を唱えた非与党公認・推薦のが勝利。また自民党の中川国対委員長の次男が
立候補していた東広島市長選では、安倍氏らの応援もあったにもかかわらず中川氏の
次男は落選した。
<ただし、他の地区の市長選では保守系の市長の当選が少なくなかったようだ。>

 ☆ 衆院補欠選挙 <千葉七区>

 民主の太田氏と自民の斎藤氏との一騎打ちで、票が開くまで結果がわからないと
言われていたほどの激戦模様であったので、結果は深夜ぐらいにならないとわから
ないのかな~と思っていたら、意外に早く23時前には太田氏の当選確実が発表
された。これは5~10%ぐらい票差が開くのかと思ったら、最終的には8万7千票
対8万6千票で千票も差がつかない大接戦。本当にどっちに転んでもおかしくない
際どい勝負であった。

 正直なところ私は、民主党にとって今回の選挙で「勝った~!」と手放しで喜べるような
結果ではないように思う。むしろ、ある意味では自民党+公明党の大健闘であり、まだ
勢いはあまり衰えていないのかも知れないと感じた。
 例のメール事件のどん底状態から、よくここまで立ち直ったとは評価したいが、選挙
民が民主党を積極的に選んだというわけではないように思うからだ。
 民主党が立ち直れた要因としては、小沢新体制になったこと、また小沢氏が今までと
異なったイメージを与えたこと、そしてとりあえず挙党一致体制を示せたことにあるの
ではないかと思う。地元の企業や周辺地域を回る選挙戦術もよかった。
 太田氏が地元の人間で、県議に立候補した時から「負け組ゼロ」の格差社会の問題を
メインで取り上げていたのもよかったかも知れない。また太田氏は昨年の県議補選で
当選しており、少なくとも彼女は自民党の候補者より知名度もあったに違いない。

 しかし、私の目から見れば、自民党が自らこけてくれた部分もあるような感じがする。
 前回の記事でも触れたが、森前首相も言っていたように、昨年の総選挙のイメージを
引きずり過ぎたのではないかと思うし、候補者選定の遅れや選挙の仕方などを考えても
少し今回の選挙をナメていた部分があったように思える。

<つづきは ↓More をクリック> 



自民党は4月に選挙があるとわかっていながら、2月から候補者の公募を始め、3月
後半にようやく立候補者を決めた。それも地元に全く縁のない他県の副知事をしていた
落下傘候補である。私には不可解なことだった。もし私が地元の選挙関係者なら「これ
じゃあ、とても選挙にならない。ナメてるのか」とさじを投げたくなったように思う。
 自民党がこんな方法をとったのは、昨年の総選挙で、公募で選んだ者も含めて、落下
傘候補が思いのほか健闘したこと、また2月半ばからの偽メール事件で余裕を感じて
しまったことがあるかも知れない。今回の選挙の指揮をとり、自ら前面に出て奮闘して
いた武部幹事長が、疲れた表情と声で「時間が足りなかった」と話していたが、そこに
自民党執行部の最も大きな問題点があったのではないかと思う。

 それでも、自民党は小泉首相や人気議員を総動員して、さらに知名度アップのジャン
ケン・パフォーマンスを展開し、昨年同様にイメージ選挙で押し切ろうとしたが、さす
が国民も昨年ほどには乗ってくれなかったようだ。<あのハマコウ氏を呼んで、毒舌&
土下座応援をしたのは、プラスだったのだろうか?>
 危機感を覚えた与党側は、先週後半から地元の医師会や商工会などの諸団体の票や、
公明党の支持母体の創価学会票を固める戦術に出て、かなり巻き返せそうな手ごたえを
感じているともきいていたのだが、あと一歩及ばなかったというところだろう。
<ちなみに太田氏がキャバクラで働いているという怪文書が出回ったらしいが、彼女の
事務所があっさりと事実を認め騒がれずに済んだようだ。(「やるな~」)逆にこの
ような怪文書を出す与党サイドに対して快く思わなかった有権者もいたらしい。いい
加減、こういう手法もやめた方がいいように思う。>

 今回の選挙は49%の投票率があったという。一般に補選では投票率が30~40%
ぐらいにとどまることが多いので、それだけ有権者の関心が強かったのかも知れない。
投票率や浮動票が多いほど野党に有利と言われるが、昨年の総選挙では自民党が無党派
層を取り込んで勝利しているように、小泉自民党に限ってはこの投票率のアップがどち
らに有利だったのかわからないようにも思う。<票田の松戸市はいわゆる千葉都民的
な住人も多いし)ただ、以前ほどの追い風はもうなくなっているとは言えるかも知れない。
またNHKの出口調査では、自民党支持層の2~3割が太田和美氏に投票していたとの
ことで、もしかしたら勝利の分かれ目はここら辺にあったのかも知れないとも思った。

 さて、このブログでも再三書いているが、次は憲法改正も含め、今後の日本のあり方
にとって、とても大事な参院選がある。一般的に、与党が衆院選で大勝したあとの参院選
では野党の方が有利だと言われるが、与党側もこの敗戦を受けて改めて選挙戦術を練り
直して来るだろう。9月には小泉首相も退任し、総裁も執行部も変わる。
 また民主党はここで安心せずに、さらなる前進を望みたい。選挙勝利後の会見で、
小沢氏が「みんなで」という言葉を繰り返していたのが印象的だったが、どうかその
姿勢をいつまでも忘れずにやって行って欲しい。


・・・・・・

 今回の選挙で、改めて小選挙区の問題点を感じた。本当に僅差で勝敗が決まる上、
死票の方が多くなってしまっている。しかも、昨年の総選挙のように、風向きによって
僅差ながら勝った者が増えると、票数と議席数に大きな差異が生じてしまう。これで
本当に民意を反映できるとは思えない。
 私は、やはり中選挙区の方がいいのではないかと思う。もし小選挙区制を貫きたい
なら、手間と費用はかかるが、1位の候補者が過半数の票数に満たない場合には、
上位2名で決戦投票を行なうなどの方法をとることも考えてよいのではないかと思う。

 このブログでは取り上げなかったが、先週末には竹島の問題で一触即発の場面が
あった。幸い、危機的な状況は脱したが、その最中に外務大臣が選挙応援に行って
いたのには、疑問を感じた。<官房長官も行くべきではないかも知れない。>

 自民党内に、メール事件にこだわり過ぎて、前原氏を代表辞任に追い込んだのが、
最大の敗因だという声があったそうだ。確かに、これが一番の敗因なのかも知れない?!

・・・・・・

 ☆ 岩国市長選・沖縄市長選・東広島市長選

 私は自民党にとって、この三市の市長選に負けたことも、かなりのダメージがあった
のではないかと考えている。
 政府は在日米軍の再編計画を進めようとしているが、岩国市(山口県)では米軍の
空軍基地移転を受け入れるか否か、沖縄市では自衛隊が嘉手納基地を共同使用を許容
するか否かが市長選の最大の争点となり、岩国市は自民推薦、沖縄市は自民、公明推薦
の立候補者を立てて争う構えを見せたにもかかわらず、敗戦してしまったからである。
 また、東広島市の場合は、自民党の中川国対委員長の次男が最年少市長を目指して
立候補し、安倍官房長官らの応援を受けたにもかかわらず惨敗し、自民党執行部の力
の弱さが露呈するような形になった。

 先月、旧・岩国市で行なわれた住民投票の記事を書いたが(コチラ)、その後、岩国
市が周辺7町村と合併したことを受けて、改めて市長選が行なわれた。
 山口県は安倍官房長官のお膝元でもある。自民党は、基地移転に反対する旧・岩国市長
の井原勝介氏に対抗すべく、条件付で移転受け入れを主張する前岩国青年会議所理事長の
味村太郎氏を推薦して、安倍氏自身も応援に駆けつけたものの、5万4千票対2万3千票
とほぼダブルスコアで旧・岩国市長だった井原勝介氏が圧勝した。
 
 また、沖縄県沖縄市長選が任期満了に伴い行なわれたのだが、こちらは元衆院議員の
東門美津子氏<民主、共産、社民、自由連、沖縄社大推薦>が元市議桑江朝千夫氏<自民
公明推薦>を破り初当選した。東門氏は当選後、在日米軍再編による米軍嘉手納基地の
自衛隊の共同使用について「自衛隊が入ってくれば、米軍のF15戦闘機が減っても負担
軽減にはならない」と国に反対の方針を伝える考えを示した。
 こちらは2万8千票対2万6千票の接戦であったが、まさにオール与党vsオール野党の
戦いであっただけに、オール野党が勝利を手にしたことは価値がある。

 実際のところ、基地移転などは国の専権事項であり、国側は計画を変更する予定はない
と主張を繰り返しているが、私はこのように選挙によって地域住民の意思を表わそうと
することに大きな意味があると考えている。
 実際に基地移転計画などが進められるのはまだ先の話であるが、各市は今度は県レベル
で反対の民意を広げられるように努めて欲しいし、また国側も地元の住民の意思を尊重
しつつ計画を進めて行くことが望まれる。そうでないと、国民の間に「結局、選挙に行っ
てもムダじゃないか」と民主主義への失望感を生じさせてしまうおそれがあるように
思うからである。


                               THANKS

<もしよろしければ、←メモ帳の上下のバナー&リンクにクリックをお願いします。m(__)m
と~っても励みになるです!(^^♪>
[PR]
by mew-run7 | 2006-04-24 08:13 | 民主主義、選挙 | Trackback(46) | Comments(14)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/3290970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「感動創造カンパニー」城.. at 2006-04-24 08:51
Tracked from おいっす!!まるなげハゲ.. at 2006-04-24 08:55
タイトル : まちゃまちゃ似の太田氏当選。
続いて、マジャコング選手入場~♪ 千葉7区補選、民主・太田氏が当選 松本和巳前議員の辞職に伴う衆院千葉7区補欠選挙は23日、投開票が行われ、民主党新人の前千葉県議、太田和美氏(26)が、自民党の前埼玉県副知事、斎藤健氏(46)(公明党推薦)ら4...... more
Tracked from エヌのブログ at 2006-04-24 09:33
タイトル : 千葉7区補選、太田氏が勝つ!
ジェットコースターに乗っているような、“メイク・ドラマ!”の千葉7区補選だった。 4点セット追及で民主党が上昇しそのまま良い調子が続くかと思っていた時、急に、真っ逆さまに下降。偽メール問題で民主党は二度と立ち直れないほどのダメージを受けてしまった。 勢いをつけた自民党には、補選候補に221名の応募があり、その中から選ばれたのが斎藤健候補だった。東大卒、経産省、埼玉県副知事、経歴はエリート中のエリートだ。 片や、民主党は比例復活当選の内山晃議員は出馬を断念。不戦敗でも仕方がないと思いきや、急きょ、...... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-04-24 10:41
タイトル : 衆院千葉7区補選、民主・太田氏が当選
<衆院千葉7区補選>民主公認、太田氏当選 自民を破る  衆院千葉7区(松戸市北部、野田市、流山市)補欠選挙は23日投開票され、民主党公認の前千葉県議、太田和美氏(26)が、自民党公認の前埼玉県副知事、斎藤健氏(46)=公明党推薦=ら4氏を破り、初当選した。民主党の小沢一郎代表は初陣を勝利で飾り、「偽メール問題」で失墜した党の再生に足がかりを得た。総力戦の末に敗れた自民党は「小泉改革路線」に痛手を負った形で、今秋の総裁選にも微妙な影響が出そうだ。補選は自民党の松本和巳前衆院議員が陣営の公選法違反事件に...... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2006-04-24 11:10
タイトル : 衆院千葉7区補選、投票始まる 太田和美氏vs斉藤健氏 政..
『衆院千葉7区(流山市、野田市と松戸市の一部)の補欠選挙の投票が23日午前7時、120カ所の投票所で始まった。午後8時に投票が締め切られた後、即日開票される。午後11時ごろに大勢が判明する見通し。 昨秋の総選挙で当選した自民党の松本和巳氏が、陣営の選挙....... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2006-04-24 11:10
タイトル : 千葉補選で民主党勝利 小沢一郎氏、「小泉政治へのほころご..
『衆院千葉7区の補欠選挙で、民主党新顔の太田和美氏(26)が自民党新顔の斎藤健氏(46)=公明党推薦=らを破り、初当選した。  ほころびを見せている小泉政治への評価という面があった」。民主党の小沢代表は23日夜、記者会見で選挙戦をこう振り返った。 既....... more
Tracked from zara's voice.. at 2006-04-24 11:27
タイトル : 衆院千葉7区補選&岩国市長選
民主が超接戦制す!955票差で太田氏当選、自民出遅れ響く 今後の政治動向を占うとして注目された衆院千葉7区補欠選挙が23日投開票され、民主党新人の太田和美氏(26)が自民党新人の斎藤健氏(46)を制して当選。投票率は49.63%で、昨年9月の衆院選を1...... more
Tracked from 王様の耳はロバの耳 at 2006-04-24 12:41
タイトル : 民主千葉補選 勝利
衆院千葉補選 太田氏955票差 初当選 小沢民主、反転攻勢弾み (産経新聞) - goo ニュース 産経の報道によれば衆院千葉7区補欠選挙は二十三日投票、即日開票の結果、民主党新人で前県議の太田和美氏(26)が、自民党新人で元埼玉県副知事の斎藤健氏(46)=公明推薦=を九百五十五票の小差で振り切って初当選した。小沢一郎代表は“初陣”を飾り、反転攻勢への足がかりを確保した {/kaeru_fine/} 955票とは競馬なら鼻の差で勝利であろう 補選にも関わらず投票率49.63%も立派と言えよう  これ...... more
Tracked from ブログ生活 - つれづれ.. at 2006-04-24 12:54
タイトル : 注目の千葉 7 区補選、岩国市長選挙で自民党敗北
◇衆院千葉 7 区補選、民主・太田氏が初当選 - 産経新聞 ◇千葉 7 区補選、...... more
Tracked from ファミリー メンタル ク.. at 2006-04-24 13:08
タイトル : 千葉補欠選挙に目がいってました(反省)
地元沖縄県では沖縄市長選挙が今日行われました。(私はそこの元市民で現在選挙権はありませんが)恐らく争点は泡瀬干潟の工事でしょう。千葉補選でニュースは一斉に小沢vs小泉の構図を面白おかしく報道してました。でも岩国市長選挙のことはローカルニュース扱いだったのでしょうか。夜の全国版のニュースでは放送されてませんでした。 ... more
Tracked from One And Only at 2006-04-24 13:13
タイトル : 千葉7区補選、民主党の太田氏が当選
4月23日、自民党の松本和巳前衆院議員の公職選挙法違反事件に絡んで辞職したことに伴う注目されていた衆院千葉7区(松戸市北部、野田市、流山市)補欠選挙は、投開票が行われ、民主党新人の前千葉県議会議員、太田和美氏が、自民党の前埼玉県副知事、斎藤健氏(公明党推..... more
Tracked from One And Only at 2006-04-24 13:13
タイトル : 千葉7区補選、民主党の太田氏が当選
4月23日、自民党の松本和巳前衆院議員の公職選挙法違反事件に絡んで辞職したことに伴う注目されていた衆院千葉7区(松戸市北部、野田市、流山市)補欠選挙は、投開票が行われ、民主党新人の前千葉県議会議員、太田和美氏が、自民党の前埼玉県副知事、斎藤健氏(公明党推..... more
Tracked from らんきーブログ at 2006-04-24 13:38
タイトル : 自民955票差の敗因はブブキン?
千葉7区の衆院補選は、民主党の太田和美氏が自民党の斉藤健氏に955票差で勝った。投票率は49.63%という事です。もうちっと行くかなと思ってたけど。 ちなみに他の市長選では岩国市の市長選も沖縄市長選も非与党公認・推薦が勝利した。 詳しくは下記のお奨めブログを読んだらよくわかります(笑)>決して手抜きではありませんヨ。 日本がアブナイ! : 民主党が勝ったというよりも・・・?!<千葉補選+αについて>しかし、私の目から見れば、自民党が自らこけてくれた部分もあるような感じがする。 前回の記事でも触れ...... more
Tracked from Y's WebSite.. at 2006-04-24 13:53
タイトル : 衆院千葉7区補選で、民主党太田和美氏当選
4月23日、世間から注目を浴びていた衆院千葉7区(松戸市北部、野田市、流山市)の補欠選挙が行われ、即日開票の結果、民主党公認の太田和美氏自民党公認の前埼玉県副知事、斎藤健氏など4氏を破り、初当選しました。 太田氏と斉藤氏の投票差はわずか1000票足らずの995票差...... more
Tracked from 時事を考える at 2006-04-24 13:58
タイトル : 政権交替への道筋がついたか...(民主党補選勝利)
衆院千葉7区補選:民主公認、太田氏当選 自民を破るとのこと、1000票弱の僅差で... more
Tracked from BLOG版「ヘンリー・オ.. at 2006-04-24 14:37
タイトル : 「共謀罪」を共謀して廃案へ!
「功山寺挙兵」ってご存知ですか?「桶狭間の戦い」は日本人の常識ですが「功山寺挙兵」のことは知らない人が多いと思います。一時、保守派に政権を奪われていた長州藩で高杉晋作が... more
Tracked from 私もひとこと言ってみる at 2006-04-24 14:43
タイトル : う~む、勝ったかぁ~千葉補選
955票差だったんだねぇ~^^ 私は愛知県(名古屋市)に住んでいるので、こちらの民主党関係者のコメントなどをお伝えします。(2006/4/24 中日新聞朝刊より全文引用) 「予想以上の結果」「流れが変わる」 当初は圧倒的に不利と言われた衆院千葉7区補選での民主の勝利を、昨夏の衆院選の大敗や相次ぐ地元国会議員の不祥事に苦しみ続けてきた愛知県の民主党関係者は驚きを交えながら歓迎した。 名古屋へ帰る新幹線の車中で勝利を知ったという、県連代表の近藤昭一衆院議員は「小沢新代表の下、総力戦同士...... more
Tracked from 朱色会 at 2006-04-24 15:05
タイトル : 「未来」を選択する権利とそして…XX
自己の未来を構築していく責任は、自分以外にはない。自分のもつ四肢と良心と、頭脳を... more
Tracked from 反戦老年委員会 at 2006-04-24 15:54
タイトル : 補欠選挙
 衆議院千葉7区の補欠選挙が昨日行われ、民主党の前県会議員・太田和美氏(26)が... more
Tracked from かきなぐりプレス at 2006-04-24 16:19
タイトル : 千葉補選、小沢民主僅差で勝利
ガセネタメール問題で民主党も終わったかと思っていたのだが、千葉7区に住民は、格差社会を助長させる小泉自民党にNOの意思表示を明確にした。 やっと小泉改革の呪縛から解放たれた。 今日、衆院の千葉7区の補選が行われたが、民主党の新人、太田和美候補(26)が自民党の前埼玉県副知事、斎藤健(46)を破って当選した。 エリート対庶民派の戦いだった。 主だった政策論争はないが自民党は「小泉改革の総仕上げ」。対する民主党は「政権交代が政治改革につながる」と訴えた。 自民圧勝ムードだった...... more
Tracked from 共通テーマ at 2006-04-24 17:48
タイトル : 小沢民主党
ライブドア事件から偽メール事件、永田議員の辞職と指導部総辞職。野党第一党としての民主党はどこに行くのか。あなたのご意見をどうぞ。 ... more
Tracked from とくらBlog at 2006-04-24 18:02
タイトル : 太田和美さん、がんばれ!って書いても選挙違反じゃないよね?
 もう福岡に行く準備をしなくてはいけないので、新しい投稿をしている場合じゃないのですが、ちょっとだけ自慢したくてメモがわりです。  アクセス解析を見ると、「太田和美」という検索ワードで来てくださる方が山のように増えたなぁ、さすが選挙前だ、と思って検索してみると、なんと競艇ファンでなくても、太田和美さんへ投票しよう!(千葉補選)が、6位に。「太田和美 民主党」だと、なんと2位。  すごいでしょ?とうちの職場の人に自慢していたのですが、ちょっと不安になってきました。もしかして、このタイトルって選挙違反...... more
Tracked from とくらBlog at 2006-04-24 18:02
タイトル : すごいね! すごいね! すごいね!
 うれしいニュースが3つも重なったのに、昨日のスケジュールがあまりにもハードだったので、ちょっとバテちゃって、うっほほーい!!と喜んでおられる美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・さんが引用されている記事をそのまま転載させていただきます。よかった。よかった。よかった。  それにしても、うちも「太田和美」さんのおかげで、今日は(もう、昨日だけど)アクセスが一気に3倍になりました。すごいですね。 衆院千葉7区補選:民主公認、太田氏当選 自民を破る 衆院千葉7区補選で当選を決めバンザイをする太...... more
Tracked from TONYの”あなたとJA.. at 2006-04-24 19:35
タイトル : 【TONYの時事放談】小泉製格差社会に”NO”~衆院千葉補選
”民主党勝利!!” 23日に行われた衆議院千葉7区補欠選挙で、民主党公認候補・太田和美氏が自民党公認(公明党推薦)候補・斎藤健氏を僅差で破り当選した。 政策面での明確な争点がなく、「小泉VS小沢の代理戦争」の様相を呈した今回の選挙で民主・太田陣営は、「自民党が勝てば、地域格差が広がる」と主張。小泉改革の負の面とされる「格差社会」に焦点を当て、「負け組ゼロの社会にしよう」と訴えた。 投票率こそ低かったものの、選挙民の多くがその「格差社会」を齎した小泉政権に”NO”を突きつけた形となった。 民主党の小...... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2006-04-24 20:45
タイトル : 千葉補選で民主党勝利 小沢一郎氏、「小泉政治へのほころび..
『衆院千葉7区の補欠選挙で、民主党新顔の太田和美氏(26)が自民党新顔の斎藤健氏(46)=公明党推薦=らを破り、初当選した。 ほころびを見せている小泉政治への評価という面があった」。民主党の小沢代表は23日夜、記者会見で選挙戦をこう振り返った。 既得....... more
Tracked from 新・だんなの屋根裏部屋 at 2006-04-24 21:16
タイトル : 衆院補選、民主党が接戦で勝利
昨日行われた衆院千葉7区の補欠選挙で、 民主党の太田和美さんが自民党の斎藤健さんを僅差で破り初当選しました。 太田さんは26歳の「普通の女の子」(私からすると女の子です・・・)、 経歴も会社員や接客業も経験してきたいたって普通です。 その太田さんが東大経済学部卒、経済産業省のキャリア官僚で、 ハーバード大で修士課程を修め、千葉県副知事となった斎藤さんを破ったのです。 「女性だから」という意見もある...... more
Tracked from ざぶさんの呟き at 2006-04-24 21:54
タイトル : 共謀罪法案に絶対反対
 今日プログ開設しました。  今の社会情勢に黙っていられなくなったのが、その動機です。  気がついたことをぶつぶつ呟きますので、読んでやって下さい。  自公党が早期成立に躍起になっている「共謀罪法案」は、現代版「治安維持法」といってもよいしろものであり、その内容は自由と民主を党名に掲げる政党が推進すること自体が"ブラックユーモアか!!"と言いたいぐらいのとんでもない悪法である。  これまでに成立している「盗聴法」「国旗・国家法」「国民保護法」「個人情報法」等々は、それぞれ名称こそソフトでい...... more
Tracked from 新「とっつあん通信」 at 2006-04-24 23:28
タイトル : 太田さん。ありがとう。いい薬です。
きょう午後の小泉首相の「ぶら下がり」で きのうの衆議院千葉7区の補選の結果を受けて 「いい薬になった」と発言しておりましたが わたしと小泉さんとのあいだではその解釈は全く違うと思うのですが(笑) さて与党にとっては「いい薬」となった今回の選挙であります。 ...... more
Tracked from 新「とっつあん通信」 at 2006-04-24 23:29
タイトル : 太田さん。ありがとう。いい薬です。
きょう午後の小泉首相の「ぶら下がり」で きのうの衆議院千葉7区の補選の結果を受けて 「いい薬になった」と発言しておりましたが わたしと小泉さんとのあいだではその解釈は全く違うと思うのですが(笑) さて与党にとっては「いい薬」となった今回の選挙であります。 ...... more
Tracked from テクノロジーとマネジメン.. at 2006-04-24 23:29
タイトル : セールスの小沢とマーケティングの小泉
今回の選挙戦は面白かった。 選挙戦の内容はともかくとして、その戦いの構図を戦略的視座から眺めて見ると非常に示唆深い。 自民党の戦い方 おなじみの「メディア選挙」。しかし、今回は補選なので国政選挙ではなく地区限定。メディアの効果も若干弱まる。というわけで都..... more
Tracked from 東の町にある文芸館 at 2006-04-24 23:52
タイトル : ドミノ倒し現象
<衆院千葉7区補選>民主公認、太田氏当選 自民を破る 衆院千葉7区(松戸市北部、... more
Tracked from 釣りキチおやじの言いたい放題 at 2006-04-25 00:05
タイトル : 自民党の敗北は、当然の帰結
23日に投開票された衆院千葉7区補選、岩国市長選、沖縄市長選において、自民党は悉く敗北したのだが、 この1日前の22日、竹島周辺海域での海洋調査を巡る日韓交渉が妥結した。... more
Tracked from 華氏451度 at 2006-04-25 00:36
タイトル : この状況だからこそ、マスメディアを叱咤激励しよう
「重要なことをマス・メディアがほとんど報道しない」という怒りの声をよく聞く。私はテレビをほとんど見ないのでテレビのことはわからないが、新聞や雑誌に関して言えば同様の実感を持っている。今、強引に成立へ向かおうとしている共謀罪に関しても、(むろん触れている所もあるが)活字メディアから得られる情報はごく少ない。 だから、ケシカランと怒る人が多いのはよくわかる。私も不愉快に思っている。だが、しかし……。以前にも同じようなことを書いた覚えがあるが、マスコミ全体が「腐りきっている」わけではない、とも私は思う。 ...... more
Tracked from エクソダス2005《脱米.. at 2006-04-25 04:31
タイトル : 【事例研究】パートナーシップと呼ばれる官民談合=国家財政..
2005年5月ワシントンポストに掲載された『交差点に差し掛かった我が国国境の保安』(U.S. Border Security at a Crossroads)と題する論文がある.ワシントンポストのベテラン記者Robert O'Harrow Jr.とScott Highamの共同執筆によるものである.やや長文であるが,興味深い内容が満載なので是非読んで頂きたい.アクセンチュア社が政府基幹業務に食い込むときの手口が時系列で克明に記録されているので,資料的価値もある.副題は『技術的問題がUS-VISITプロ...... more
Tracked from 石橋を叩いても渡らないかも? at 2006-04-25 13:49
タイトル : 衆院千葉7区補選結果をみて
仕事が忙しくて、衆院千葉7区補選だったことを忘れていた(他県のことでもあり)24日になってWEBで開票結果と、期間中の各陣営の活動とやらも知った次第。 ともあれ僅差ながら勝利した民主党おめでとうございます。 ASAHI.COM(24日分)の千葉7区の出口調..... more
Tracked from 閑話ノート at 2006-04-25 14:48
タイトル : 衆院千葉7区補選、民主党太田氏、接戦を制す。
既報のとおり、自民、民主両党の事実上の一騎打ちとなった衆院千葉7区補欠選挙は、23日投票即日開票された。民主公認の太田和美氏(26)が自民公認の斎藤健氏(46)との接戦を制し初当選を果たした。 投票率は49.63%で、昨年9月の衆院選(64.75%)を15.12ポイント下回った。 民主党、自民党とも党本部を総動員しての総力戦。傍目には両立候補者そっちのけの補選であったような印象が残った。まぁ、マスコミを通じての感想であるので、確かなことは分からないが。。。 筆者の独断と偏見ではあるが、選挙戦最中(...... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2006-04-25 16:02
タイトル : 内閣支持率50%、小沢民主に期待50%
『朝日新聞社が22、23の両日に実施した全国世論調査(電話)によると、小泉内閣の支持率は50%で、3月調査の46%より上がった。女性や若者層の支持が増えたことが大きな要因だ。 一方で、新しい代表に就いた小沢氏が率いる民主党に期待する人も50%。新代表就....... more
Tracked from 時事放談22 By半平太 at 2006-04-25 16:33
タイトル : 民主党勝利  小沢一郎氏の政策 原監督
前回民主党が敗北した郵政選挙の時、小泉氏が「解散」を打ち出した瞬間に民主党はみんな浮かれ喜んでいた。ベテラン政治記者も民主党の勝利は間違いないと言った。その夜、小泉さんの記者会見があった、鬼気迫る演技力であった。自民が勝つと直感した。次の日になっても民主党議員はTVにでてうかれていた。鳥越俊太郎氏だけが、「昨日の小泉さんを見た。自民が勝つと思う」と言った。氏の予言通りになった。 予言、と今書いたが、正確ではなかろう。自民のあの大勝は必然である。浮かれ喜ぶ議員と鬼気迫る小泉氏。勝負になるはずもなかった...... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-04-25 18:21
タイトル : 衆院補選の出口調査と内閣支持率
女性と若者は自民、40~50代民主 衆院補選出口調査  23日投開票された衆院千葉7区補選は、昨年の総選挙で自民党に圧勝をもたらした「小泉ブーム」が今でも残っているのか、それとも消えてしまったのかを測るためには重要な意味合いを持つ選挙だった。朝日新聞社が実施した出口調査のデータを分析すると、ブームが「余熱」を保つ中で、民主党が無党派層を味方にして党勢回復のきっかけをつかんだと言えそうだ。本社出口調査は千葉7区内30投票所で実施し、1570人から有効回答を得た。03年、05年総選挙でも同規模の調査をし...... more
Tracked from info@okawara at 2006-04-26 22:33
タイトル : 2つの市長選挙と米軍基地
岩国市長選、「移駐反対」井原氏が当選(読売新聞)→記事全文 沖縄市長に前衆院議員・東門氏、沖縄県初の女性市長(読売新聞)→記事全文 グアム移転、日本分担は59%・60億9... more
Tracked from やぶにらみトーク at 2006-04-27 20:10
タイトル : 千葉7区衆院補選は小沢民主党の勝利
TBありがとう!これからもよろしく... more
Tracked from そぞろ日記 at 2006-04-27 23:00
タイトル : ホリエ保釈で誤魔化すつもり?-共謀罪とネット規制法明日強..
たまたまテレビをつけたら、ホリエ保釈でおおはしゃぎのみなさまの放送局。 その後は... more
Tracked from 日本の中心で、馬鹿を叫ぶ! at 2006-04-30 16:52
タイトル : 民主党、衆院千葉7区の補選で勝利するも・・・
民主党候補者が衆院千葉7区の補選で当選しましたが、無党派の民主党支持が57.3%と自民党の倍以上を占めたことが勝因だと思います。やはり底流では政権交代の流れがあると考えて良いと思います。しかし民主党鳩山由紀夫幹事長は来年夏の参院選に向けて守旧派の国民新党に秋波を送っています。民主党は前回の衆院選敗北の本質的意味が分かっ... more
Tracked from ■□■わたしの道しるべ~.. at 2006-05-04 11:58
タイトル : 【創価学会と共産主義】現場の真実に迫る生トーク!
フランスに続いて、オーストリアとチリ・ベルギーがカルト集団と認定したと聞いてビックリ・なるほど…?... more
Tracked from イチロー語録/イチローに.. at 2006-05-20 19:11
タイトル : イチロー語録/「別に(話すことは)ない」
いつもコメント、トラックバック、相互リンク応援ありがとうございます。 イチローは4月19日のレンジャーズ戦以来の4安打。打率は開幕直後の4月6日以来の3割台。... more
Tracked from エクソダス2005《脱米.. at 2006-05-23 01:39
タイトル : 共謀罪について一本(国際条約関連を)書こうと思ったのだが..
今日は多少早めに退出してきたので(6時少し前)共謀罪について1本書くつも りでいたのだが,あっと言う間に時間が無くなってしまった.やったことは,① 米5kgと調味料・小麦粉・大根など基礎食材の買出し,②味噌汁と麻婆豆腐の調理,③炊飯だけである.これだけで確か9時を回っていた(買出しに出たのも少し遅かったが).(両手に5キロづつ下げて歩いて帰ってくるのは重たかった…) その後はネットを拾い読みして終わり.味噌汁は大根の葉の部分と豆腐半分使ってけんちん風に仕上げた.麻婆豆腐は5食分はあるだろう(材料は一週...... more
Commented by 伊東勉 at 2006-04-24 12:41 x
今日は。本文に入る前に、新しいブログをやっと立ち上げました。家一軒作った気分です。といっても作る人の中身は変わりません。のんびりと更新します。
 全国各地で選挙が行なわれ、千葉の選挙はこういう結果になったし(またも国家財政に貢献しました。苦笑)地方選挙まで含めると厳しい結果になっています。
 太田さんに関しては「昔の職業」を何のかの言う人もいますが、国民、市民に向き合って頑張ってほしいものです。
 選挙制度に関しては…そうですね、今の小選挙区を一言で語れば「その地域で一番目の意見しか反映されない」選挙制度、という事ですか。それがいくつも重なれば、民意の反映、という意味から考えれば疑問ですね。二番目、三番目以降の意見が反映されないし、議論にもならない状態が恒常化すれば、やがてその意見を持っている人も政治に参加する事を止めるでしょう。
 国会議員なんだから、活動範囲は広くて当たり前。色々な意見が反映される事、たたかわせられる事が、時間はかかってもゆく道を間違えにくくするのではないかな、と考えます。中選挙区、大選挙区…考える価値はありますね。

 この意見が参考になれば、と思います。
Commented by gorou at 2006-04-24 13:14 x
お久しぶりです。民主に風が吹きましたね。あそこの選挙区は、巨大宗教団体の活動が盛んな所で、自・公は負けてはイケない選挙区なのです。それなのに自・公は勝てなかった。間違いなく、国民が変わってきている事を感じました。本当に時代の変わり目なんだなと・・・。
 意識 (政治を政治家に任せていられない)
 習慣 (親の世代がその宗教団体に参加していて子供の頃に嫌な思いをし、
     その宗教団体の実態を知っている為、活動はする。
     仕事上、組合の人間関係があるから自民を応援する)
 状態 (前記のような活動はするが、投票は別の人)
埼玉の落下傘も公明色の強い方との噂もあり、今回の選挙は、実は公明対民主だったようです。だから世耕が出なかったのでは?いずれにしても、ココのようなブログを公開し、日本を憂いて下さっている方が居て、また、それに対する意見が活発に行われている限り、「この世も、まだまだ捨てたモノでもないな」と思えた一件でした。(o^-^o) 相変わらずの妄想ですいませんm(_ _)m

P・S それにしても、最近、魔の7YEARS頑張りすぎですね。同世代でいる事が、なんとも言えません。。。
Commented by とし at 2006-04-24 14:07 x
確かに民主党に支持が回ったというよりは、自公の独裁に待ったをかけたかったのと、自民の戦略ミスが大きかったと思います。でも私としては
とりあえずよしとしてます。
選挙方法に関しては選挙区が大きくなると知名度の高いタレント議員が有利になるかなとも思う反面、国民の意見が反映されやすい点ではより
民主主義的のような気がします。
Commented by nike_mild at 2006-04-24 20:43
「最初はグー」・・・何時までもやってて欲しい(笑)

>ある意味では自民党+公明党の大健闘であり、まだ
勢いはあまり衰えていないのかも知れないと感じた。
そうですそうです。そう簡単に自民党を侮ってはいけませんねえ~^^

自民党にも内部に不満がいろいろあるでしょうが、民主党はそれ以上に内部矛盾を抱えていますよね。
まだまだ道のりが長いことを、肝に銘じて進んで欲しいです。
Commented by 組合員A at 2006-04-25 00:33 x
>【自民党内に、メール事件にこだわり過ぎて、前原氏を代表辞任に追い込んだのが、最大の敗因だという声があったそうだ。確かに、これが一番の敗因なのかも知れない?!】

私はへろへろだった5年前の自民党を復活させたのは、「森総理辞めろ」の野党の大合唱だったのではないかと思っています。
あれが小泉政権を生み出し、しかもこの最悪内閣が長期政権になってしまった原因だったと思います。
あのまま森総理に続投してもらえば、選挙も大勝できたろうし、ここまで非情な日本にならずに済んだ気がします。

イメージ選挙は嫌なものですが、民主党は少し賢くなったのではないでしょうか?  あとは共産党あたりにも選挙に賢くなって欲しいものです。
Commented by mew-run7 at 2006-04-25 03:11
伊東勉さん、コメント有難うございます。

新ブログ開設、おめでとうございます。
身体に気をつけつつ、ブログ&諸活動を頑張って
下さいね。

私は完全二大政党制には反対の立場ですし、
やはり小選挙区制の死票の多さが気になります。
国民の価値観や考え方はどんどん多様化している
わけですから、政治もそれにこたえるシステムを
作って行かないといけないと思う次第です。
スピード性や合理性が重視される時代だからこそ、
尚更に多様な民意が反映できるようにしないと、
アブナイように思うのです。

与党内にも中選挙区制に戻した方がいいという声
もあるようですし、もう一度、検討する価値は
あるように思います。
Commented by mew-run7 at 2006-04-25 03:12
gorouさん、コメント有難うございます。

創価学会の若い人たちも、昔ほど活動には熱心では
ないとうだという話を耳にします。
また、本来の公明党の理念や政策をかなり曲げてしま
っていることに疑問を覚えたり、他党の選挙に一生
懸命に活動するのは空しいと思ったりする人も少な
からずいるようですね。
特に、憲法改正問題が本格化するにつれて、公明党&
創価学会も思案のし時なのではないかと思ったりします。

魔の7YEARS、何かのニュースを見るにつけ、
「またか~」と思ってしまいますね。(笑)
早くこのシリーズも再開したいものですが。
でも、この世代こそこれからの日本の社会の中心になる
べき人たちですから、gorouさんも含めて、頑張って
頂きたいです。
Commented by mew-run7 at 2006-04-25 03:12
としさん、コメント有難うございます。

私も結果オーライなんですけどね。(~~)
これで自民党はだんだん亀裂が生じて来るでしょうし。
民主党はしばらく小沢執行部中心にまとまれるでしょうし。

確かに全国規模などの大選挙区だと、人気投票になり
がちですよね~。
以前のように、各地域で定数を増やした中選挙区制に
戻すのがいいかな~と思うのですけれど。
そうすると、自民1、民主1、公明or社会or共産1
みたいな感じで当選するところも多いので。
Commented by mew-run7 at 2006-04-25 03:13
nikeさん、コメント有難うございます。

武部さんも知名度アップのために一生懸命だったの
でしょうけど。少しあのフレーズに固執し過ぎましたね。
でも、去年の総選挙の勝利があったから、ほとんどの人は
執行部のやり方に意見をすることができなかったので
しょう。

これで、党内のアチコチからどんどん不満や批判が出て
来ると思いますし、小泉ペースでコトを運ぶのは
難しくなるでしょう。
「あと1年早くこうなってたらな~」と思ってしまう
部分もありますが。小泉政権のラストに一矢報いること
ができたのはよかったです。
Commented by mew-run7 at 2006-04-25 03:14
組合員Aさん、コメント有難うございます。

私もそう思います。
あのまま森首相が続けていれば、かなり状況は違った
かも知れませんよね~。
けど、実は私は小泉首相は早めに飽きられるかと思って
いたのですが。そこは誤算でございました。

民主党は地元固めとアピール選挙をうまく組み合わせる
ことができましたね。
共産党、社民党も次はもう少し考えて、勝負をして来そうな
気がします。
Commented by らん at 2006-04-25 23:29 x
 小選挙区制の問題点は、導入前から散々言われて来た事でしたが、反対者に「守旧派」とレッテルを貼って、半ば強引に推進したのが小沢氏で、最後まで反対していたのが小泉氏でした。
 そもそも、迅速な政権交代を可能にするのが小選挙区制のメリットであり、そこで弾き出される小政党を取りこぼさないための比例代表並立制です。
 少なくとも、政権交代と二大政党制を標榜する民主党にとって、小選挙区制は党の理念に合致しており、歓迎こそすれ非難するべきものではない筈です。しかし、昨年の総選挙以降、民主党の議員や支持者から制度を批判する声が多数上がった事は、非常に残念に思います。彼らは果たして、この制度で民主党が大勝していた時も、同様の声を上げたでしょうか?
 日本とは逆に、死票を出さない事に主眼を置いた比例代表制主体のドイツの選挙での混迷振りを見るに、制度とは一長一短であり全てにおいて完璧な物など無いのだとつくづく思います。
 参考までに、日本とドイツの選挙結果を比較、分析したコラムを見付けましたので、URLを載せておきます。>http://www.nikkei.co.jp/neteye5/shimizu2/20050929ne89t000_29.html
Commented by mew-run7 at 2006-04-26 05:53
らんさん、コメント有難うございます。

私はもともと完全二大政党制には反対の立場でして、小選挙区
制の導入にも、政党名だけを表記する比例代表制や、小選挙区
と比例と重複候補になれる救済方式にも大反対でした。
というか、今も反対です。

政党にかかわらず、小選挙区制や重複候補をはじめ今の選挙
制度に疑問を感じている議員や国民は少なからずいると思う
ので、もう1回超党派の議員で検討してみるのもよいのでは
ないかと考えたりしています。<たぶん重複候補を認めない
ということのなれば、じゃあ中選挙区制に戻そうという意見
が強くなるのではないかと思うです。>

小沢さんは、次の衆院選で逆転を狙うためにも、小選挙区制に
固執するかも知れませんね。
Commented by アンビ at 2006-04-27 12:50 x
色々飛んでたらこちらにぶつかりました。多角的に見ている記事でとても勉強になります。
自分も先月ブログを立ち上げましたが、結構大変・・・
これからもこちらのブログにお伺いし勉強させていただきます!
Commented by mew-run7 at 2006-04-28 02:19
アンビさん、コメント有難うございます。

ブログ、拝見しました~。
有難いことに、こちらにはいくつかの政党関係者の方が来て下さって
いるのですが。どの政党の方々にも、一般市民の声によく耳を傾けて
頂いて、国や国民にとってよりよい政治を考えて頂きたいと切に願って
います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。