「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01
「排除」「モリカケ」のない流..
at 2017-11-12 06:52
前川が認可すべきでないと主張..
at 2017-11-11 15:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
このインターネット時代に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の将来は独身社会が進..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
喉元過ぎれば熱さを忘れる..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1260)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

空自はやはり戦闘地域で、武装兵士を輸送?!+靖国遺族発言など

 ふと気付いたら、もう8月にはいっていた。(・o・)

 6月に国会が終わり、7、8月はじっくりと関心のあるテーマのついて書いて行こう
と思っていたのだが、7月にはいって早々に北朝鮮のミサイル発射があり、その後も
時事ネタに追われるままに終わってしまった感がある。<反省 _(.. )>

 8月は、重要な時事ネタは取り上げつつも、憲法や国政に関わる諸問題(社会政策を
含む)や、以前から書きたいと思っている堀江シリーズの続編(社会における価値観の
変容について)、もし余裕があれば刑事裁判や治安などの司法の問題などを取り上げて
行ければな~と考えている。<目標を書いておかないと、サボってしまいそうなので>
 あ・・・書きかけのものもたくさんあるんだよな~。^^; これも夏休みの宿題として
何とか続きを順次書いて行きたいと思っている。

 一回の記事でいくつものテーマを並行して取り上げることになるかも知れず、長く
なったり、読みにくくなったりするかも知れないが、ご容赦頂ければと願っている。

* * * * * * 

 今回の内容
☆ やはり航空自衛隊はイラクの「戦闘地域」で「武装兵士」を輸送か?!

☆ 時事ネタ <靖国合祀者の遺族の発言、 レコード大賞の予定・・・次回繰越になる
かも?)>

* * * * * *

 コチラの記事のつづきになるが・・・。
航空自衛隊のイラクの首都・バクダッドへの輸送活動が始まった。
 
 『防衛庁によると、多国籍軍兵士らを乗せたC130輸送機1機が31日午前10時
(日本時間同日午後4時)ごろ、クウェートのアリ・アルサレム空軍基地を出発。
約1時間20分後にバグダッド空港に到着し、午後1時半(日本時間同日午後7時半)
ごろ、アリ・アルサレム空軍基地に戻った』という。
 尚、『防衛庁は「外国部隊の移動」を理由に人数や武装の有無は明らかにしていない。
<中日新聞 1日 >』

 やはり多国籍軍の兵士を運ぶことがメインだったのか?!
 しかも、バクダッドに派兵される部隊が、武装していないとは考えにくい。


 一方、『政府は1日午前、自民党の国防・内閣・外交部会合同会議で、イラク南部
サマワで活動した陸上自衛隊の撤収完了を受けて、イラク復興支援特別措置法に基づく
基本計画の変更を提示し了承された。安全保障会議を経て4日に閣議決定する見通しだ。
 陸自活動に関する従来の規定を削除し、航空自衛隊活動の実施区域として、これまで
例示していた首都バグダッド、バスラ、モスル、バラドの4カ所の飛行場施設に加え、
タリル、北部アルビルを追加したのが柱。
 派遣期間は変えず今年12月14日までだが、部隊活動について(1)イラク新政府
による有効な統治確立に向けた政治状況の進展(2)現地の治安状況(3)国連、
多国籍軍の活動状況と構成の変化(4)イラク復興の進展状況-などを勘案し
「適切に対応する」との方針を明記。<共同通信 1日>』

『政府は昨年12月、米国の要求を受けイラクでの空自の活動に関する「実施要項」を
変更。空自の活動の対象となる空港をそれまでの13空港から、イラク国内すべての
24空港に拡大しています。
額賀防衛庁長官は実施要項の変更を認める一方で、内容については「安全確保」を
口実に公表しないとしています。政府が現在、空自の活動拡大先として明らかにして
いるのは、バグダッドと北部のアルビルだけです。(あかはた1日)』

『空自の活動を拡大する理由は「国連からの要請も踏まえ」との表現にとどめ7月末に
バグダッド空港への輸送支援を始めた米軍中心の「多国籍軍からの要請」には触れなか
った。部隊は航空機8機以内と従来通りの規模にしている。<朝日新聞1日>』


 あれれ? 基本計画の変更(活動地域含む)が閣議決定されるのは4日なのに、もう
その前にバクダッド空港へ輸送を行なうのは、順番が違っているのではないだろうか?
 それに、空自活動の「実施要項」では、活動の対象はイラク国内すべての24空港に
拡大しているとのこと。これも「基本計画」とは合わない。

 しかも早速、輸送したのは多国籍軍の兵士なのに、理由は「国連の要請」だけ?
下にもあるように、多国籍軍との連絡を専門に行なう班まで作っているのに。
 結局、閣議決定なんかしなくても、防衛庁が米国側と協議して、好き勝手に活動内容
を決めることができるシステムになっているような感じもして来る。

 
『空自はイラクでの支援活動のため、クウェートを拠点にC130、3機を派遣。安全
対策として、赤外線やレーダー誘導ミサイルをかく乱する火炎弾「フレア」、金属片
「チャフ」の放出装置などを装備しているほか、地上から狙われるのを防ぐため、空港
上空でらせん状に旋回して降下、着陸する「ランダム・スティープ・アプローチ」を
必要に応じて採用する。

額賀福志郎・防衛庁長官が陸自部隊に撤収命令を出した6月20日、空自の活動範囲を
拡大し国連や多国籍軍の輸送支援に乗り出すことを表明。
これを受け、空自はクウェートの要員約200人を約10人増員。バグダッドで多国籍
軍との連絡や調整、情報収集を行う数人の連絡班も編成した。(中日新聞 1日)』


 何だか装備といい、着陸の仕方といい、まさに戦闘地域での活動を表わしているような
気が。^^; 

 さらに『バグダッド空港への乗り入れは、空自が2003年末に初めて派兵された際
にも計画されていました。しかし、同空港周辺で米軍輸送機などへの攻撃が相次ぎ、政府
は乗り入れを見送った経緯があります。
その後も、オーストラリア軍のC130輸送機がバグダッド空港を離陸直後に銃撃を
受け1人が死亡(04年6月)、同空港から飛び立った英国軍のC130輸送機が撃墜
され10人が死亡(05年1月)など攻撃が絶えませんでした。このため政府は、空自の
空輸先を南部のタリル空港やバスラ空港に限ってきました。
現在のバグダッド空港周辺も、「予断を許さない状況」で「地対空ミサイルなどによる
航空機に対する攻撃が発生する可能性も排除されない」(守屋武昌防衛庁事務次官、
7月27日)というのが実情です。 あかはた1日』 


 バクダッド空港は、防衛庁の事務次官も、地対空ミサイルにより攻撃の可能性を否定
できないような危険なところらしい。
 やはり米空軍HPが書いたように「戦闘地域」と呼ぶのが正しいのではないだろうか?
しかも、戦闘行為中の米兵を中心とする多国籍軍を、武装込みで輸送するとなれば、
「戦闘行為」に参加しているととらえられても致し方ない面がある。

 小泉首相は、これでも「自衛隊の活動する場所は非戦闘地域」と繰り返し、政府は
あくまでも「国連の要請で、人道復興支援を」と主張し続けるのだろうか?

* * * * * *

 靖国神社に絡んで、いくつか気になったニュースがあったので、今後の資料にする
意味も含めて、書いておきたい。

『A級戦犯として処刑され合祀された広田弘毅元首相の孫が、「広田家として合祀に
合意した覚えはない」「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった戦没者を
思い手を合わせている。祖父は軍人でもなければ、戦没者でもない。靖国神社と広田家
とは関係ないものと考えている」と表明した。<朝日新聞 7月27日抜粋>

『第二次世界大戦中に旧日本軍に徴用された台湾人を含む元軍人らの遺族が、「遺族の
同意なしに故人が『英霊』として靖国神社にまつられ、遺族としての人格権を侵害され
た」として、靖国神社を直接相手取り、合祀取り消しを求める訴訟を8月11日に大阪
地裁に起こすことが分かった。靖国神社そのものを被告として、合祀取り消しを求める
訴訟は初めてとなる。<毎日新聞 1日 抜粋>

『靖国神社に合祀されているA級戦犯の東郷茂徳元外相の孫で、元外務省欧亜局長の
東郷和彦氏が、月刊誌のインタビュー記事で「一部の反発を覚悟で提案したい。小泉
首相の後継者は、靖国参拝の一時停止(モラトリアム)を宣言せよ、と。後に続く首相
も、モラトリアムを解除できると判断する時期が来るまでこの政策を継続することだ」
と表明した。その理由について「中国やアジア諸国とのあつれきを深めているこの状況
は、『東洋平和』に命をささげた英霊たちが望んでいた日本の未来像だとは思えない」
と強調している』<共同通信 7月30日 抜粋編集>


 靖国神社の問題については、改めて取り上げたいと考えているが・・・。
 昭和天皇メモの影響があったのか、ここに来て靖国神社に合祀されているA級戦犯
や戦没者等の遺族、関係者が以前より積極的に口を開いているように思われる。
<他の新聞、サイトなどでも見かけた。>
 これらは一つの見解に過ぎないが、実際に靖国神社に祀られている者の遺族、とり
わけA級戦犯を含め、戦時中に一定の地位にあった者の遺族が発言することは、多く
の人が靖国神社の存在やあり方、首相の参拝を多角的な面から考えるいいきっかけに
なるのではないかと思う。

 上の2つは、靖国神社が遺族の合意もなく勝手に「英霊」として合祀を行なっている
ことを問題にしたものであるが。ここに靖国神社のあり方、姿勢の問題点が見えるよう
にも思う。<特に、戦前と変わらず、あたかも国の機関としての権威が残っているor
自らそれが残っていると思い込んでいるような部分が。>
 首相の靖国神社参拝や靖国神社と国との関係が問題視される要因は、こういうところ
にもあるのかも知れない。

 また東郷元首相の孫に発言は、靖国参拝反対の根拠がアジア関係を憂慮したもので
あり、「東洋平和に命を捧げた英霊」の話が出て来る点では、私個人とは見方がかなり
異なる面があるが。このような立場をとる関係者にも、首相の靖国参拝には懸念を示して
いる者がいるという部分では、意義のある発言かも知れないと思う。

<とりあえず、ここまでアップ>          THANKS

<もしよろしければ、↓の2つのリンク(上と下は別々のもの)をクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。(^^♪ 上下のクリック数に、だいぶ差がついてしまったので
できれば、下の方のクリックも是非よろしくです。>

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
[PR]
by mew-run7 | 2006-08-01 13:47 | 平和、戦争、自衛隊 | Trackback(16) | Comments(21)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/3913896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 黒猫情報便 at 2006-08-01 18:07
タイトル : (´・ω・`)(`ハ´ )
韓国・北朝鮮、他関連するニュースまとめ。 ?.韓国農林省激怒 「日本の消費者は韓国のキムチを評価していない」 (痛いニュース(ノ∀`)) AP通信によると、昨年の寄生虫騒動など、衛生面での不安が長引いたことで、韓... more
Tracked from 多文化・多民族・多国籍社.. at 2006-08-02 03:52
タイトル : 去れ! 戦争の時代よ!!/靖国神社/WOWWOW「スター..
2006.8.1.23:00ころ 1) レバノンで友人が住んでいた都市ティールも... more
Tracked from 言っちゃうぞ-!【政治革.. at 2006-08-02 06:03
タイトル : ①日本を本気で直す!
日本を正すとして 私達は何が 出来るのでしょう、 一般的な道は 政治家を目指す事です。 どうすれば 政治家になれるのでしょう? 自民党 民主党 公明党 社民党 共産党 党員になる 政治を日本を支配しているのは自民党です。 自民党、 この政党は... more
Tracked from こっかいmemo at 2006-08-02 07:57
タイトル : 東京新聞の記事から「すべての国が先制攻撃権を持たない世界」
東京新聞より転載 2006年7月24日 夕刊  「すべての国が先制攻撃権を持たない世界」 加藤 尚武 マルコ・ポーロの「東方見聞録」(1299)には、若者を拉致して来て、テロリストに仕立て上げた上で、近隣の国に派遣し、さまざまの破壊工作をさせる話が詳細に書かれている。近隣の国々はテロリストの国に莫大な経済援助をすることで破壊工作をやめてもらう。この話の筋書きを現代に当てはめれば、テロリストの国が、核弾頭をつけたミサイルを発射してみせて、近隣の諸国に平和の代償として莫大な経済援助を永続的に請求する...... more
Tracked from らんきーブログ at 2006-08-02 09:44
タイトル : ネットとメディアの融合は国民スポンサー制で
ネットとメディアの融合と昨日のエントリーで書いたがそれほど詳しい事がわかっているわけじゃない。ただTVや新聞といった従来のメディアは今後いくら画像が綺麗になったとしても紙質がいいものに変わったところで(笑)それほ... more
Tracked from カナダde日本語 at 2006-08-02 11:48
タイトル : 七三一部隊元隊員証言記録など
みなさん、こんにちは。反日カナダ工作員の美爾依でっす!(笑) 『きまぐれな日日』のKojitakenさんと『風に吹かれて』さんから2ちゃんねるでこのブログが取り上げられているという情報をいただいたので、その掲示板にさっ... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-08-02 16:57
タイトル : 「偽装請負」の実態:大企業のモラルハザード
松下系社員、請負会社に大量出向 違法性回避策?  松下電器産業のプラズマテレビをつくる「松下プラズマディスプレイ(MPDP)」が今年5月、茨木工場(大阪府茨木市)内でパネル製造を委託する請負会社に、同工場勤務の松下社員を大量に出向させたことが分かった。同工場は昨年7月、請負労働者を直接指揮命令する「偽装請負」で行政指導を受けている。今回の出向は、これまでの労働実態を変えないまま、松下社員による指揮命令の違法性を形式的に回避したものだとの見方が出ている。この手法が「合法」と認められれば他の製造大手も追...... more
Tracked from アッテンボローの雑記帳 at 2006-08-03 01:10
タイトル : 「社会主義と戦争」
 私は度々「革命的祖国敗北主義が欠如している」と言う批判を受けている。確かに戦争... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-03 12:02
タイトル : アメリカはいかにして日本を滅ぽしたか
アメリカはいかにして日本を滅ぽしたか ビル.トッテン著”日本は日本のやりかたで行け”から、マィヶル・ハドソン氏の{1985年プラザ合意の教訓とその影響}と題する諭支の要約です。  プラザ合意の真の目的とは…… 1985年9月22日、ニューョ−クのプラザ・ホテルで、日本は金利を引き下げることにより、ドルの為替相場を支えることに同意した.いわゅる「プラザ合意」である。これは世界経済安定のために、先進諸国が協調して相場に介入した事例として語られているが、ハドソン氏によれぱ、それは表向きのことにすぎないと...... more
Tracked from 情報基地 at 2006-08-03 18:27
タイトル : 本:いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL (単行本)
第一章から感動的でした。 もの凄い衝撃を受けました。 東条さんが最後まで天皇のために戦う姿は感動的でした。 タイミングが悪かったんですね。 「いわゆる」A級戦犯でしかないんですね。... more
Tracked from BLOG版「ヘンリー・オ.. at 2006-08-04 15:29
タイトル : 理想の未来とは?
昨日はお休みしてしまいました。1昨日「新しい経済システム」ということを書いたのですが肝心なことが全然書けてなかったと思い、4年前に友人と書いたWEB出版「幸福の経済」のことを思いだしました。その中の「理想の未来... more
Tracked from 斜46° at 2006-08-07 00:46
タイトル : 目から鱗の靖国神社(5) A級戦犯と戦争責任
靖国神社にはA級戦犯が合祀されています。 「A級戦犯のような悪い人が祀られているところに国の指導者たる総理大臣が参拝するのはけしからん。」 一般的に首相の靖国参拝を反対する方のおおかたはこのような意見です。しかし、よく調べてみると、この問題はそれほど単純ではありません。 戦犯にはA級の他にB級とかC級があるのですが、A,B,Cと序列していることから、どうしても A > B > C で、「A級は最も重い戦犯である」というようなニュアンスがあります。また、「A級」は「永久」と音が同じところからも、「A級...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-08-07 11:52
タイトル : 軍隊は国民を守らないという事実がよくわかるニュース
人体実験で悪名高い731部隊が連合国側の占領軍(一般的には進駐軍と言い換えられていますが、あえて占領軍と書いておきます)を相手に細菌戦を展開する計画を立てていたというニュースが先月の21日に共同通信から報じられました。 細菌戦が“本土で”実際に行われていたら、いったいどのような事態が起こったのか。考えただけでもゾッとしますが、結局、あの人たちは国民を守るために戦っていたのではなかったという事実がはっきりとわかります。(ま、サイパンだの沖縄戦だの、開拓団をほっぽり出して逃げ出した関東軍だのを見ても...... more
Tracked from tsurezure-di.. at 2006-08-07 13:45
タイトル : なんじゃ、このスルーの仕方は
あの~戦闘地域とか非戦闘地域とかいってた日々から、30年くらい経っちゃったみたいなのは気のせいですか?  空自活動区域を追加 イラク支援で計画変更 はあ?って感じなんですが。引用しちゃうぞ。 『政府は四日午前の閣議で、イラク復興支援特別措置法に基づく基本計画の変更を決定した。サマワで活動した陸上自衛隊の撤退完了を受け、陸自の活動に関する従来規定を削除するとともに、航空自衛隊の輸送活動範囲拡大を踏まえ、活動実施域にタリルとアルビルの飛行場施設を追加した。  派遣期間は従来通り今年十二月十四日までとし...... more
Tracked from 保守中正派II at 2006-08-07 20:18
タイトル : 松陰神社参拝に無反応な左翼の不思議さ
靖国神社参拝には激怒するのに、松陰神社に首相が参拝しても怒らない、 実に不可思議な中韓や左翼メディアの反応である。 靖国神社参拝には、「軍国主義が!」といきり立つ者がいるが、松陰神社 ならば良し、となるのは全く理解の出来ないことである。 そもそも近代日本の対外進出イデオロギーに吉田松陰の思想及びその弟子 たちがどれだけ関与したのか、名前を見ていくだけでもわかりそうなもの だ。 陸軍内部における四将軍グループと山県閥の対立にしても、曾我祐準(彼 は横井小楠の系譜に属す)ら専守...... more
Tracked from ♪芸能人のアノ歌声♪ at 2006-12-01 12:13
タイトル : ♪芸能人のアノ歌声♪
グラビアや声優からのCDデビュー、数多い新人のCDリリース。安易な出しすぎに疑問。主観的に歌の上手い下手をシビアに語る。... more
Commented by らん at 2006-08-01 23:36 x
 イラク特措法と靖国問題及び北朝鮮問題(自衛権の問題も含む)について、ここ数日のエントリーに、まとめてコメントさせていただきます。今日のエントリーには無関係な部分も多々ありますが、数日分の個々のエントリーにコメントすると却って混乱しそうなので、どうかご了承下さい。申し訳ありません。

 まず、イラク特措法についてです。
 2条3項の非戦闘地域の規定にある「国際的な武力紛争」とは、国家もしくはそれに準ずる組織同士の戦闘行為を意味するといった趣旨の国会答弁があったように記憶しています。だとするなら、現在のバグダッドをイラク特措法でいう所の「非戦闘地域」ではないとする為には、テロ組織を「国家もしくはそれに準ずる組織」であると認める事が不可欠です。仮にも民主国家の政治家やマスコミが、まさかそんな馬鹿げた事を主張できる筈もありませんから、誰も何も言わないのではないでしょうか。
 次に、mew-run7さんは 「どこが戦闘地域で、どこが非戦闘地域か、今、私に聞かれたって分かるわけがない」という小泉首相の答弁を批判しておいででしたが、この答弁がどういう時期にされたかを無視して批判するのは卑怯だと思います。
Commented by らん@続き at 2006-08-01 23:48 x
 この答弁は確か管氏の質問に答えた物だったと思いますが、ちょうどサマワ周辺に調査団が派遣されている時であり、
その調査団がまだ帰ってきてもいなければ、報告もなされていませんでした。そんな時に戦闘地域と非戦闘地域を事細かに答えられるようであれば、そもそも税金を使って危険を冒してまで調査団を派遣する必要も無い訳です。最初から揚げ足取りをしようという意図でした質問にしか見えません。
 本来ならそんなタイミングでこんな質問をする方がアホだと思うのですが、マスコミはその点には触れず、総理の答弁だけを面白おかしく取り上げるだけでしたね。この一点を見ても、反小泉の人達が頻繁に主張する「マスコミは政府にとって都合の良い事しか報道しない」といった言葉が嘘である事は明白でしょう。

 続いて靖国問題……というか中韓との外交に関してです。
 7/28日のエントリーのコメント欄で、私は「靖国問題が中韓との関係悪化の根本的原因だと考えている時点で、現状認識がロクにできていない」と谷垣氏を評しました。
Commented by らん@続き2 at 2006-08-02 00:15 x
 私はこれまで一貫して、靖国参拝を止めたところで中韓が日本に対して何らかの譲歩をする事は無く、図に乗って更なる要求をするようになるだけだと考えてきました。つまり、「靖国参拝を止めれば中韓との関係が上手くいく」などという事は絶対にありえませんし、小泉総理のように靖国参拝を繰り返す事によってのみ、中韓の靖国という外交カードを潰す事ができると思っています。
 中韓と日本の関係が悪化する原因の根幹はもっと別のところにあり、靖国は枝葉末節に過ぎない。靖国問題で日本が一方的に譲歩したところで、別の枝葉が出て来るだけの事でしょう。
 ではその根幹とは何か。私は華夷秩序による日本人蔑視と、中国の覇権主義的大国志向、韓国の自民族優越主義だと考えます。そして、そういった物から目を逸らしながら中韓の主張に同調する日本国内のサヨクやエセ平和主義者の存在が、問題を複雑化させているのではないでしょうか。
Commented by らん@続き3 at 2006-08-02 01:02 x
 呉善花女史の著書「韓国人から見た朝鮮人」(PHP文庫)の第三章には華夷秩序による韓国人の日本蔑視が、第五章には朝鮮民族の常軌を逸した自民族優越主義が、それぞれ歴史的背景から現状に至るまで細かく描かれていました。立ち読みでも構いませんので、機会があればご一読される事をお勧めします。
 引用すると長くなるので詳細は省きますが、戦後60年経っても、韓国が日本に戦争の謝罪を毎度毎度繰り返し要求し、反省が足りないと喚き散らし、日本は軍国主義的志向を持った国だと指弾し、竹島問題を日本が韓国を侵略する第一歩だなどと的外れな主張をするのは、そもそも日本人を「野蛮で侵略的な下等民族」だと蔑視しているからだという事です。そもそも、現在の日本が他国に侵攻する能力を持たない事は明白であり、現実に戦後60年以上他国と戦争をしていないのですが、華夷秩序に基づく偏見はそんな事お構いなしです。
 結局、中韓が自ら中華思想を改めない限り、日本が何をどうしたところで中韓との外交関係の改善には程遠いという事ではないでしょうか。
Commented by らん@続き4 at 2006-08-02 01:32 x
 最後に北朝鮮問題と自衛権に関してです。
 7/13のエントリー……古い話でスミマセン(汗)……のコメント欄で、弾道弾を例に取った自衛権の範囲についての質問に、mew-run7さんはあくまでも領土内限定と仰っていました。そこで重ねての質問なのですが、例えば北朝鮮が現実に日本国内に弾道弾を撃ってきた場合、初弾が着弾ないし迎撃された後、更に第二派攻撃が準備されている事が判った場合でも、そのミサイル基地を攻撃する事は認められないのでしょうか? 以前にも申し上げた通り、MDによる迎撃も100%ではありません。この段階での敵ミサイル基地攻撃を容認しないという事は、国民が殺される事を政府が座視するべきだという主張にしか聞こえないのですが。
 次に、北朝鮮に対する対応に関してです。
 mew-run7さんは「ちょっとした暴発や反撃でミサイルを何発か撃って来ても、日本の国民には被害が生じます。またいわゆるゲリラ的な攻撃、テロ活動による被害も考えられます」と慎重論を主張されていましたが、それこそが武力を背景にした抑止力の正体ではないでしょうか。
Commented by らん@終り at 2006-08-02 01:37 x
 mew-run7さんの主張だと、武力を背景に何かを要求された場合、際限なく譲歩し続ける事にしかならないのではないかと不安になります。
 もしも、日本側に充分な迎撃や反撃をするだけの軍事力があれば、武力による恫喝に毎回譲歩する必要はなくなる訳です。私が「背景に軍事力を持たない外交では、更に力の無いものになる」と言ったのは、そういう意味での事です。
  日本が相応の抑止力を持つ為には、集団的自衛権や改憲を含めて日米同盟の強化は必要ですし、敵基地攻撃能力も必要になるのではないでしょうか。
 軍縮を主張するのは結構ですが、考え無しの軍縮は却って平和を遠ざけるのも事実です。
Commented by mew-run7 at 2006-08-02 06:22
らんさん、コメント有難うございます。

戦闘行為の意義については、イ特措法は「国際的な武力紛争の一環と
して行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為」としています。
イラクの反米組織と多国籍軍の間の戦いは、これに該当する可能性は
十分あります。小泉首相や閣僚への質疑でも、どのような状況にある
地域が戦闘地域と言えるのかがメインの議論内容だったと思います。

私は靖国参拝は基本的に国内問題だと考えているので、中韓が反対
するというだけの理由でやめる必要はないと考えています。ただ、
外交、経済の問題を考えれば、中韓に配慮して自粛したいという
見解もありなのかなと思っています。その方が国益にかなうと思う
人も少なくないのでしょう。

尚、中韓との間で、民族的なものや、どっちが上だ下だということ
を持ち込むことは、最も好ましくないことだと思っています。

私は軍事力がイーヴンでないとモノが言えない、従うしかないと
いう発想も持ち合わせていません。それにこだわるなら、むしろ
反米になった方がいいのではないでしょうか?
Commented by ましま at 2006-08-02 08:41 x
東郷和彦さんの意見は貴重ですね。すこし勉強すればわかること。「親の心子しらず」は、板垣征四郎をはじめ、東条の孫娘、岸のできの悪い孫など、かえって先祖をおとしるているようなもの、はためにもはらはらします。
Commented by kmura at 2006-08-02 20:11 x
東郷さんのは弱腰。というもんだ。いまだにそこ譲ったからといって海洋権益etcの問題が解決しないだろうし、ここで強権的な、中、韓の姿勢に屈する・・・?とまで考えてないw
上の方、特定して、できの悪いなど、使うもんじゃありませんよ。
しかも、論拠も乗せずにね。
Commented by 語るに落ちる at 2006-08-03 11:08 x
麻生太郎外相はバグダッドを訪問:3日午前にも日本を出発、日本時間の同日夜にイラクのマリキ首相やジバリ外相らと会談する方向だ。航空自衛隊のイラク国内での活動範囲拡大や政府開発援助(ODA)による経済協力の本格化など、復興支援について意見交換するとみられる。麻生氏は現地時間の3日中には、バグダッドを離れ、クウェートを経由して帰国の途に就く予定だ(共同 8月3日 8時18分)。   
♪♪♪  会いたさ、見たさに怖さも忘れぇ-。ですね。   会談時間は何分でしょうか?

Commented by 語るに落ちる at 2006-08-03 13:45 x
この主客を考えないサプライズ・パフォーマンスの代金はいくらでしょうか。   総裁選とは無関係だと考えたいが、唐突ですね。共感を得る事が出来るのでしょうか。   危険をかえりみない、この勇気については、確かに小泉さんを超えました。   
Commented by kmura へ at 2006-08-03 19:32 x
>東郷さんのは弱腰。というもんだ。いまだにそこ譲ったからといって海洋権益etcの問題が解決しないだろうし、ここで強権的な、中、韓の姿勢に屈する・・・?とまで考えてないw

弱腰ですか・・・・・・。だったら靖国に行き続ければ問題解決するんですか?屈するっていうけどそれなら、中国製品すべて廃棄すべきだ。あなただけでもそうしてください。
Commented by らん at 2006-08-03 21:39 x
>中韓との間で、民族的なものや、どっちが上だ下だということを持ち込むことは、最も好ましくないことだと思っています。

 私は、中韓の側が民族的な思想から日本を一方的に蔑視している、と言っているのであって、そういった事を持ち込んでいるのは中韓の方です。それとも、中韓が日本を蔑視するのは許されるが、日本人がその事を指摘するのは許さないとでも仰るのでしょうか?

>軍事力がイーヴンでないとモノが言えない、従うしかないという発想も持ち合わせていません。

 軍事力がイーブンである必要などありません。要は、武力による恫喝を跳ね返す手段さえあれば良いのです。その為には、軍事的な抑止力が最も重要なのです。

 特措法の件については新エントリーにてお返事します。

 私の質問に答えて頂けなかったのは残念ですが、別に答えを強要するつもりはありませんので、これ以上は言いません。
 ただ、私のコメントに対し、故意に論点を逸らしたり問題をすり替えたりするような返答は極めて不快です。
Commented by mew-run7 at 2006-08-04 09:31
ましまさん、コメント有難うございます。

靖国や戦争責任の問題は遺族、家族にとっては、また別の
ものかも知れないな~と思うところがあります。
身内の者にしてみれば、家族はその時代の日本の方針に
基づいて、一生懸命やっていたのだという思いもあるで
しょうし。自分の家族を悪者にされることには抵抗感を
覚える人もいても致し方ないように思います。

ただ、だんだんタブーがとけて来て、遺族の人たちが
色々な意見を表に出せるようになったことは、いいこと
だと思っています。そのことによって、一般国民が戦争や
靖国に関して、考えるきっかけができればな~と願う
次第です。
Commented by mew-run7 at 2006-08-04 10:09
kmuraさんへ

すでにご存知かとは思いますが、私は中国、韓国とどちらが
屈するか屈さないかという発想を持ち合わせていません。
それでは、いつまで立っても、私が考える東アジアとの平和
外交ができませんので・・・。

Commented by mew-run7 at 2006-08-04 10:09
語るに落ちるさん、コメント有難うございます。

会談時間はわかりませんが、滞在時間は5時間だったよう
です。
総裁選を考えてのパフォーマンスだとしたら、あまりマス
コミには取り上げてもらえなくて残念だったかも?
ただ、実際にイラクに行って、首相、外相と会ったことは
イラク政府の幹部には印象深いことになるでしょうし、
日本政府や麻生外相を印象づける効果はあったかも知れま
せん。
Commented by mew-run7 at 2006-08-04 10:10
kmuraへさん、コメント有難うございます。

私自身は、靖国参拝の問題は中国とは切り離して、国内の
問題だと考えていますが。
ただ、中国を相手に屈する屈さないという考え方には、
違和感を覚えています。日本の経済は中国との交流抜きには
考えられないと思いますし、政治的にもスムーズな外交を
構築して欲しいと思っています。
Commented by mew-run7 at 2006-08-04 10:13
らんさん、コメント有難うございます。

まず、以前も書きましたが、他の方々からの指摘もあった
ので、私自身はできるだけコメント欄を一つだけ使う形で
レスを差し上げるようにしています。
それゆえ、今回も論点に関する根本的な考え方をメインに
書いた次第です。細部にわたりレスできない点はご容赦下さい。

私自身は、中国、韓国から日本の民族を蔑視するようなもの
を感じたことがありません。また中国、韓国から武力による
脅迫や恫喝を感じたこともありません。それゆえ、話がスレ
違ってしまうところがあるように思います。
もし、不勉強だ、世間知らずだと言われようと、現実の生活
で感じていないのだから致し方ないとも思います。

防衛に関しては、以前も書いたので割愛したのですが。
らんさんのような考え方も理解できなくはありませんが、
防衛の名の下に軍備を強化すれば、軍拡合戦が始まって
しまうことを思うと、軍縮を望む私としては賛同しかね
る部分があります。




Commented by kmura at 2006-08-05 00:26 x
中国屈する違和感ある。という人なのは知ってます。憲法論は、新しい所に張たっし、もう過去にカキコした・・・戦争感からの反論は言ってなかったな・・・まずは戦争てどれのこと?どこの戦争に対する責任感?まあ、A級戦犯問題感から言うと日米感の戦争しかないですよね?だって、代表格の東條 英機さんなんかそのとき総理じゃないしね。だいたい、戦争を主導した人達がと言ってその代表としてこの方出す人おおいしね。
Commented by kmura at 2006-08-05 00:29 x
アメリカやイギリスが、中国(国民党)に援助してたのは既知ですよね?
その上でハルノートとか、日本の対中講和の模索は知ってますよね。
この疑問が私の全大戦にからむ靖国参拝の反論です。
Commented by mew-run7 at 2006-08-06 17:24
kmuraさん、コメント有難うございます。

日本がどのような目的で中国に進出したか、何故、米国をはじめとする
連合軍とたたかうことにしたのか・・・
ここら辺の見解は、人それぞれかなり異なるようですが。
できれば、日本の国として事実関係や認識をきちんと示すといいのでは
ないかと思います。