「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34
希望、代表以外の役員を決めず..
at 2017-10-12 05:47
民主が希望に並んで来た!~日..
at 2017-10-11 05:18
福島原発事故で、国と東電の責..
at 2017-10-11 01:42
モリカケで抗議デモ。国民は忘..
at 2017-10-10 05:46
安倍、モリカケで朝日に気色ば..
at 2017-10-09 21:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福島原発訴訟の判決で被害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望の党の結成参加で見通..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
次世代を担う若者が自民党..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
鳩山由紀夫氏・カムバック
from 反戦塾
平成21年(9年前)で発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(759)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(145)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍&再生会議による「拙速&強引な教育改変」は、アブナイ!・・・頑張れ、抵抗勢力!


  24日、教育再生会議の第一次報告書が、安倍首相に提出された。

<コチラの官邸HPのページで、第一次報告書の概要、全文(PDF)が見られる。>

 安倍首相は記者団に「100点の案をまとめていただいた。これから法律にし、制度
を改革し、現場で実行していく」と語り、再生会議が提言した法案を今通常国会中に
成立させると明言したという。<+1>


 安倍氏は今国会で改めて憲法改正と教育再生への意欲をアピールし、その実績を示す
ために、改憲のための国民投票法案と教育関連の法案を成立させることを重要課題に
にすることに決めている。この課題をクリアすることで、急落している支持率や首相と
しての評価を巻き返したいと考えているという。
 彼はこれで国民に対して強いリーダーシップを示すと共に、特に改憲&国家再興勢力
に認められたいという意向があると思われる。

 だが、安倍氏は肝心な子供たちへの影響をほとんど考えていないように思われる。
 私がこの件を問題視するのは、単にアンチ安倍政権だからではない。もし拙速に、また
強引に教育を大きく改変しようとすれば、教育現場に混乱をもたらし、何より子供たちに
よからぬ影響を与えるおそれがあるからだ。だから、教育に関する改変は慎重に行なわ
なければならないと思うのである。
「とりあえず、やってみることが大事だ。やってみて、問題があれば変えればいい」
という意見を言う者もいるが。子供たちは実験材料にしてはなるまい。あとになって
「やはり、あれはよくなかった」と気付いても、子供たちの時間や影響は取り戻せない
のである。

 ましてや、一部の者の考えや思いつきで、教育内容やシステムを大きく変える法律を
作ることはどんなに危険なことか・・・。一つ間違えれば、子供たちはもちろん、家族
や教師、学校、ひいては社会全体や日本の将来にまで影響を及ぼすことなのにである。
 それも自分たちの思い<美しい国づくりごっこ>を遂げるために、また自分の首相
としての力を示すために、それを安易に急いでやろうとしているのだとすれば言語道断
であろう。
 

 教育再生会議が、色々な提言をすること自体は構わない。様々な分野の人の意見に
耳を傾けることは悪くないと思うからだ。伊吹文科大臣も、「再生会議には自由闊達な
議論を望みたい」と言っていた。
 ただ「再生会議の提案は提案として受け止めるが、すべてが実現できるとは誤解しない
で欲しい。」ということは、同会議の場でもはっきりと言い渡していた。「同会議の提言
のうち、どれをどのように法案化するかは、教育行政(文科省&中教審)の仕事だ」とも
公言をしていた。

 私はこれが妥当な考え方、方法だと思う。
 再生会議の提言内容については、別の機会に書きたいが、この中には私も賛同、評価できる
ものが少なからずある。そして、もし文科省をはじめ、多くの議員や関係者、国民などもそう
思えば、できるだけ早く法律にしたり、現場に導入したりできることだろう。
 ただ、教育内容・方法やシステムをあまりにも急激に大きく変えることには、やはり慎重に
ならなければならない。また今回の提言には、強圧的なもの、管理性が高いものも少なからず
含まれており、その分、危惧感も大きい。仮にある問題の解決には有効であっても、伊吹
大臣も示唆したように(後述)、同時に様々な副作用が生じるおそれも大きいからだ。
 教育は一部のところだけに目を向けて考えては、いけない。他の生徒、教師などへの
影響も考えて、全体観を持った思索を講じないと失敗する。不要なものを取り除けばOKと
いう外科手術のようなわけにはいかないのだ。

 私自身、文科省の施策が必ずしもいいとは思っていないが、少なくとも教育行政に関し
て、唯一責任をとり得るのは、文科省である。何か問題が生じれば、文科省が批判され、
対応しなければならないのは事実だ。
 再生会議には何の責任のとりようもない。彼らは言いっぱなしでいいような存在なのだ。
 こういう改変の問題が明らかになるのは、何年後かのことだろう。その時には、もう
安倍氏は首相ではない可能性が高い。そうであれば、責任がとれない。それこそ再生会議
など、もう存在すらなくなっているかも知れないのだ。


 だが、安倍首相は伊吹大臣や文科省の抵抗を意識してか、報告書が出るのに先駆けて
伊吹氏を22日に首相官邸に呼び、「私の言った(教育再生に関わる)法案はすべて
準備するように」と指示を行なった。
 また「(同会議が提案する)出席停止制度など、今の法律でもできることは、スピー
ド感を持って、(全国の)各教育委員会に通知するように」とも指示したという。

 要は、「ゴチャゴチャ言わずに、自分たち&再生会議の方針に従え!」と言いたかっ
たのであろう。
<「自分たち」→「安倍氏&彼のブレーンや仲間+国家再興勢力」かな?>
 実際、今回、再生会議が緊急提言として今国会での法案化を求めた提言は、再生会議
が始まる前から、安倍氏が提言していたもの<つまりはブレーンが考えていたもの>
なのである。最初から結論ありきの事項なのだ。
 しかも、それらは学校や教師をコントロールするための施策である。
 

 ふと安倍氏に、伊吹大臣が12月21日に再生会議で語った言葉をきかせてあげたい
気持ちになってしまった。<同日議事録より>

「たくましくなければ生きてはいけないけれども、やさしくなければ生きている値打ちがないと
いう言葉と同じように、現実を忘れてはやはり政策はできないけれども、理想を持っていなけれ
ば政策をやる値打ちがない。」

<この後段は、「理想を持っていなければ政策をやる値打ちはないけれど、現実を忘れ
ては政策はできない」に直した方が、安倍氏にはいい提言になるかも知れないが。>

「必ずあることを直そうとすると、そのことは直るが、副作用が出てくるわけだから、そのバランス
を考えながら動かしていかねばならない」

 
 これらは教育政策だけでなく政治全般や、私たち一般ピ~プルの仕事や生活にも当てはまる
ような含蓄のある言葉かも知れないとも思う。

 私たちは理想と現実の狭間で、それらを調整しながら生きている。どちらか一方に偏っては、
問題が生じることが多い。
 たくましく強いだけで、やさしさがなければ、一つ間違えると、ただの強権をふるう乱暴者や
脅威や強圧によって人を支配する者になってしまうかも知れない。
 強い薬は、患部への治療効果や即効性に優れているかも知れないが、同時に強い副作用を
もたらすことが多い。その副作用によって、かえって長い間、苦悩するケースも少なくない。

 私が、伊吹大臣に抵抗勢力として期待するのは、彼がこのようにまっとうなバランス感覚を
示すような発言を行なうことがあるからだ。
<教基法改正の国会答弁では、見解が合わずに腹が立つことも多かったけど?! ^^;
尚、同会議で副作用のことを言い出したのは、陰山委員だった。>


  伊吹大臣は、22日に安倍氏の指示を受け、「首相の指示であればその通りにする」と
答えたが、同時に「政党政治だから与党側も含めて話し合っていかなくてはいけない」
と指摘したという。
安倍氏らや再生会議の言いなりにはならないぞ、という意思が感じられる。
 また文科省の官僚も、「急に指示されても、法案作りが間に合うかどうか、また
国会日程から考えて、今国会中に審議、議決するのは難しいのではないか」と言って
いたという。
<法律を作るのは、条文の一字一句が重要になるだけに、とても時間がかかる大変な
作業であることが、安倍氏にはわかっていないのかも知れない。>

 また24日には与党側からも、報告書の内容への批判や疑問の声が出たという。
山谷えり子首相補佐官が自公与党で作っている教育再生検討会に報告書の説明に行った
ところ、『出席者から「ゆとり教育」の見直しに異論が続出。政府に対し、来週改めて
見直しの狙いなどを説明するよう求めた。また、これまでゆとり教育を推進してきた
文部科学相経験者らが、授業時間数の10%増加などについて「知識向上に重点が置か
れている。ゆとり教育が目指す人間力の向上が大事だ」などと相次いで反対論を表明。
さらに、体罰の基準緩和を明記したいじめ対応策に関しては、「現場の視点を持つべき
だ」との指摘が出された。<時事通信24日>』という。 


 ここには、官邸vs.文科省&与党(自民党文教族&公明党)、教育再生会議vs.中教審
などの権力争いも絡んでいるのだが。権力争いは、いい方向で機能すれば、均衡と抑制
の効果を生じさせる。今回で言えば、官邸が自分たちの好きなように専制的な政治を
行なおうとすることを、抑えることにつながる。

 安倍氏らの専制的な、また拙速な教育改変を止めるためにも、またよりよい教育を
行なって行くためにも、ここは伊吹大臣&文科省、そして与党の文教担当者の頑張りに
期待したいと思う。当然、野党はもっと頑張らなければならない。
 
 そして、もちろん、国民の声が重要であることも忘れてはいけない。<メディアもね!>
「残業代ゼロ法案」がいい例だ。メディアがきちんと国民に伝え、国民が批判や疑問の声を
あげれば、強引に法案提出や議決を行なうことは難しくなる。
 どうか多くの国民が、再生会議の報告書の内容や関連法案に関心を抱いて、教育のあり方
やシステムについて、考えて欲しいと願っている。


                      
                                THANKS

 【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

↓ 何とか25位枠をキープしたい!こっちもギリギリだ~!^^;

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
             ↑ 政治部門は1位の座がピンチに!やや優先的にお願いです。



 

 




*1

『 安倍晋三首相は24日、首相官邸で開かれた教育再生会議(野依良治座長)の総会であいさつし「学校教育法など3法とも通常国会に改正案を提出する」と述べ、教育委員会制度を定めた地方教育行政法(地教行法)と教員免許の更新制を導入する教員免許法を合わせた教育3法の改正案を25日召集の通常国会に提出することを明言した。再生会議は24日、体罰の範囲を定めた法令・通知の今年度中の見直しなどを盛り込んだ第1次報告を決定、野依座長が首相に提出した。

 第1次報告を受けて首相は総会後、記者団に「100点の案をまとめていただいた。これから法律にし、制度を改革し、現場で実行していく」と述べ、「国会で十分な議論をしたうえで成立を目指してもらいたい」と意欲を示した。

 教育の目標や学校運営を定めた学校教育法の改正は、改正教育基本法に盛り込まれた「愛国心」表記をどう反映させるかが焦点。地教行法に関しては、教員人事権を都道府県教委から市町村教委に委譲させる案が浮上している。ただ、いずれも教育現場などに慎重論があり、取りまとめ難航が予想される。

 第1次報告は「社会総がかりで教育再生を~公教育再生への第一歩」の題名で、(1)「ゆとり教育」の見直し(2)安心して学べる規律ある教室(3)教育委員会制度改革--など「七つの提言」と、早急な取り組みが必要な「四つの緊急対応」などで構成。緊急対応の中には、いじめなど反社会的行動をとる子どもへの「毅然(きぜん)たる対応」を取るため、教室外への退去などを禁じた体罰に関する法令・通知の今年度中の見直しも明記した。

 また、教員免許の更新制を導入し、講習の修了認定を厳格に行うよう提唱。指導力が改善しない場合は地方公務員法などに基づく分限制度を活用し、教壇から排除する考えを盛り込んだ。授業時間の10%増やいじめる子への出席停止制度の活用も明記している。

 再生会議は5月に第2次、12月に最終報告をまとめる。これとは別に、地教行法改正の焦点となる第三者機関による学校、教育委員会の外部評価導入について、2月下旬をめどに制度設計案を検討する。【渡辺創】

  ■教育関連3法改正の主なポイント■

・学校教育法=教育の目標への「愛国心」などの反映▽副校長や主幹ポストの新設

・地方教育行政法=教育委員会への外部評価の導入▽人口5万人以下の市町村教委の統廃合▽教員人事権の市町村への委譲

・教員免許法=更新制の導入▽厳格な修了認定の仕組み
<毎日新聞25日>』
[PR]
by mew-run7 | 2007-01-25 15:35 | 安倍政権に関して | Trackback(11) | Comments(6)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/5011687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BLOG BLUES at 2007-01-25 17:22
タイトル : 有権者をナメたらアカンぜよ
教育の国家管理を強化する教育3法が、今国会に 提出されるそうな。晋三クン、そんなに急いで、どこ行くの。 教育基本法改正阻止運動は敗北したが、元へ戻せコノヤロー運動が すでに始まっているのである。スゴいぞ僕ら! 下掲は、23日付毎日新聞朝刊の記者署名記事の切抜です。 やるではないか、毎日新聞。いいぞお、本橋由紀ちゃん。 僕は早速、以下のメールを送りましたよ。みなさんも送ってあげてね。  毎日新聞 本橋記者へ  23日付の「記者の目」拝読しました。  改正され...... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2007-01-25 18:38
タイトル : 更に低下する安倍内閣の支持率と通常国会
安倍内閣の支持率続落、39%に 政策、国民感覚とズレ  朝日新聞社が20、21の両日実施した全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は39%で、前回06年12月調査の47%から下がり、初めて4割を切った。不支持は37%と前回の32%から上がった。20~40代や大都市部での支持の落ち込みが目立つ。安倍首相は国民の感覚から「遠い政治家」と見る人が50%を占め、安倍内閣が重視する経済成長と民主党が訴える格差是正のどちらが優先される方がよいかと聞くと、経済成長30%、格差是正45%となるなど、国民感覚...... more
Tracked from わんばらんす at 2007-01-25 18:42
タイトル : 国民投票 + 耐震偽装
「戦争」 が良いものだと言える人はいるのでしょうか??? 私は「戦争」が良いものだと言う人がいたらその人はおかしいと思う。もちろん、まわりが全員武器を持っているとしたら「丸腰」というのはバカにされるだけだ... more
Tracked from らんきーブログ at 2007-01-25 19:15
タイトル : 安倍晋三100日間の軌跡 【副題/マリオネットの100日間】
今日から安倍晋三にとって最初で最後になるであろう通常国会が始まりました。 各省庁が通常国会に提出を準備している政府提出法案は90本に上るということです。 自民の憲法改正問題か、民主の格差是正問題かどちらの話題で盛り上... more
Tracked from 喜八ログ at 2007-01-25 21:29
タイトル : 共謀罪はクーデター?
例によってドシロウトの妄言です。 先に「官僚にもヤバイ?共謀罪」のエントリでも書きましたように、知人のM先生から共謀罪推進は《確信犯の憲法を蹂躙する行為》であり《「日本国国民全員の憲法適用を除外する」と言う弾圧法》ではないか、との示唆をいただきました。 これらの言葉を聞いたとき「共謀罪推...... more
Tracked from 左翼というのはプライドた.. at 2007-01-25 21:55
タイトル : どの学校も、どの学級も、いじめは発生しうる
文部省は、小学校4年生から中学3年生までのいじめの実態について追跡調査した。 いじめの頻度について「毎週」「月一回程度」「なし」の三段階にわけて、各学年前期後期で2回アンケートを行い、小学校4年生から中学3年生までの生徒のいじめの実態について分析した。 そ... more
Tracked from ファミリー メンタル ク.. at 2007-01-25 22:58
タイトル : 教育再生会議中間報告 居酒屋談義だなこれじゃ・・・
教育再生会議:第1次報告(要旨)が出ました。「教育再生会議:第1次報告(要旨)毎日新聞 2007年1月25日 東京朝刊」 ←参照 あちこちから集まった有識者が勝手な意見を述べているような印象を受けました。 教育はあくまでも,社会の中にあります。 社会の鏡として出てくる子どもや教育問題を,さも教員と家庭だけが悪者のような理解をされているように思える面が多々あります。家庭がしっかりと教育できるための前提がどうなっているか議論されていないような気がしました。 社会の構造や背景と教育を切り離して考えても実効性...... more
Tracked from 多文化・多民族・多国籍社.. at 2007-01-26 06:59
タイトル : 【書籍紹介】『単一民族神話の起源—「日本人」の自画像の系..
2007.1.26.07:00ころ 人工樂園さんのエントリー、 「私」の思考は「... more
Tracked from Like a rolli.. at 2007-01-26 07:41
タイトル : 90法案、そして「ケンカの作法」
通常ならざる通常国会が始まりました。 懸念しなくても済むところ、突っ込まなくても済むところを探すことのほうが難しいので、泣けてきます。 しかし今週はずっと出張やちょっとした重要任務を請け負ってしまったので、国会前に行くにも院内集会に参加するにも、まったく身動... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2007-01-26 09:23
タイトル : お笑い、あるいはこんなものいらない教育再生会議
教育再生会議の第一次報告案を読んで思わず笑ってしまった。次のようなことがある。『すべての子供に規範意識を教え、社会人としての基本を徹底する』「子供」ではなく、「政治家」の間違いでは?「道徳の時間」の確保と充実は政治家向けにこそ必要だろう。政治家の規範意...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2007-01-27 02:42
タイトル : 傍流の彼らはいかに本流のトップになったのか?
山田洋次、周防正行、金子修介、降旗康男彼らは今の日本映画界で安心して作品を任せることが出来、しかも良質な作品を生みヒットの確率が高い監督であることには異論はないであろう。では、彼らがいかにして現在の地位を獲得したのかと振り返ってみれば、山田洋次は松竹、...... more
Commented by nike_mild at 2007-01-25 20:40
こんにちは、ご無沙汰でした^^

>こういう改変の問題が明らかになるのは、何年後かのことだろう。その時には、もう安倍氏は首相ではない可能性が高い。そうであれば、責任がとれない。それこそ再生会議など、もう存在すらなくなっているかも知れないのだ。

思い出すなあ~消費税導入のとき竹下が言ったことを・・

「私の目の黒いうちは、現在の3%の税率を上げることはしません」

確かに在任中には上がらなかったw
が、「目の黒いうち」って、首相にいる間だけ???

いいことを言っているように見える大臣がいたりするけど・・
私は騙されない!

それよりも事務所経費の問題って、どうなったの?
Commented by 語るに堕ちる at 2007-01-25 21:05 x
拙速の一語に尽きますね。

>>>「100点の案をまとめていただいた。これから法律にし、制度
を改革し、現場で実行していく」と語り、再生会議が提言した法案を今通常国会中に成立させると明言したという。

「100点の案をまとめていただいた。」には、委員一同、ケツの穴が痒いのではないでしょうか。   巧言---令色、気持ちが悪い。
Commented by 組合員A at 2007-01-25 22:53 x
以前書いたのですが、字数制限にひっかかりすべて掲示できませんでした。
再生会議には安倍首相好みの右寄りの人物ばかりでなく、リベラル思想の人物も入っています。そして会議の内容はかなりバランス感覚に富んだものです。ところが提言の段になると、まるで安倍氏がそのまま作文したかのような強圧的な文言が並びます。
「環境アセスメント」の人選は「推進7割、慎重3割」で構成するのが常と聞きました。つまり「反対意見も聞いているよ」というアリバイ作りですね。それと同じような印象を持ちます。

それにしても安倍氏のこの急ぎようは異常です。
提言が出てまだ10日しか経たないうちに「関係法案を成立させろ」というのは、他人の意見に耳を貸す気はないと宣言しているようなものです。
さっさと自分の思う教育方針にしてしまおうという歪んだ情念のようなものを感じます。
Commented by mew-run7 at 2007-01-26 16:44
ニケさん、コメント有難うございます。

どの首相も自分の政権維持のために、一生懸命ですからね~。
でも、やめてしまったあと、自分のやったことに責任をとる
人はいませんから。
小泉首相もそうですが、「郵政民営化法案さえ実現できれば、
あとはどうでもいいよ~ん、不具合が出た部分は勝手に対処と
しといてちょ」という感じです。
 
 私も伊吹氏を全面評価しているわけではないのですが。
安倍政権にとって、一番コワイのは、野党ではなく、身内の
支持がどんどんなくなって行くことだと思うのです。
だから、私は政府&自民党内の反安倍勢力も応援するです!

 新しい記事にも書きましたが、野党はまずは事務所費問題で
ツッコミを入れようと準備しているようです。
Commented by mew-run7 at 2007-01-26 16:44
 語るに堕ちるさん、コメント有難うございます。

 安倍陣営が準備していた構想を、きっちり書いてくれたので
「100点満点」なのかな?・・・と、思ったりもしました。
 安倍陣営には、教育の現場のこと、子供たちのことを本当に
考えている人がほとんどいないのが残念です。
Commented by mew-run7 at 2007-01-26 16:45
 組合員Aさん、コメント有難うございます。

 字数制限で、ご迷惑をかけてすみません。<私もいつも、これに
苦しめられているです。>

 政府系の諮問委員会などはすべてそうかも知れませんが、私も再生
会議は結論先にありきだと思います。重要な結論はすでに決まって
おり<それを支持してくれる人を、しっかり入れている>、おまけの
部分は国民を安心させられるようなお飾りの委員からの意見を付け
足すという感じなのではないでしょうか?
 ただ、かなりメディアに色々話してくれる委員もいるようなので、
そのうちボロが出ないかな~と期待しています。