「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

前川が会見。キーパーソンは和..
at 2017-06-24 09:47
前川次官、萩生田発言の文書に..
at 2017-06-23 15:11
自民には凶暴男子がいっぱい(..
at 2017-06-23 10:32
文科省、安倍&萩生田発言の文..
at 2017-06-22 07:39
籠池が国策捜査&安倍にだまさ..
at 2017-06-21 08:01
安倍、萩生田の指示を示す文書..
at 2017-06-20 08:29
内閣支持率ダウンに、ゲスの極..
at 2017-06-19 07:17
加計、共謀罪*記憶しておきた..
at 2017-06-18 09:12
追悼…野際陽子が語った戦争を..
at 2017-06-18 06:04
文科省の逆襲に、内閣府&山本..
at 2017-06-17 12:35

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

アメリカファーストの影響..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
豊田衆院議員、秘書に暴行
from 虎哲徒然日記
加計学園優先に安倍総理が..
from dendrodium
憲法改正絶対反対・軍隊を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東京ガスの株を買いませんか
from 椿峰のまち
東芝半導体事業の買取先は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
漸く安倍内閣も支持率急落..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国人の隣国キューバへの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園問題とは、獣医学..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
英国は住民投票によるEU..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37

ブログパーツ

タグ

(1224)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

国民に鈍感な(小泉)安倍内閣&柳沢厚労大臣には「NO!」を。


 前記事に書いた中川苦言の効果が出たのか、20日朝の閣議の待合室では、安倍首相が
入室した途端、閣僚みんながスッと立って、「おはようございます」ときちんとご挨拶
して、首相を出迎えたという。^^;<*1>

 塩川官房長官は「規律正しい閣議を」という親父ギャグも「何だかな~^^;」なのだが。
 気持ち悪かったのは、マイクを向けられた閣僚たちが次々と「私は忠誠心があります」
「首相には絶対的忠誠心を持ってやっています」と発言していたことだった。

 でも、ある意味では、それだけ安倍氏がバカにされているということだよね~。「大丈
夫。総理は素晴らしいです」「閣僚はみんな総理を尊敬し、忠誠心を持っています」って、
裸の王様ならぬ「裸のボンボン総理さま」みたいな感じを受けてしまった私だった。

* * * * *

 そして、夕方には、その苦言を呈した中川幹事長と苦言を受けた塩崎官房長官が、小泉
前首相と会談の時間を持ったという。<*2>
 小泉氏のアドバイスは「目先のことに鈍感になれ。鈍感力が大事だ。支持率は上がったり
下がったりするもの。いちいち気にするな」ということだった。<共同通信20日より。>

 また、「抵抗勢力に配慮しすぎている。党内に抵抗勢力があるのは当たり前で(無理に)まとめようとする必要はない。一番大事なのは首相の信念であり、それを貫かなければいけない。
郵政民営化の時もそうだったが、各論反対は必ず出てくる」
 そして、 格差問題への対応についても「格差はどんな時代にもあるとなぜ言い切らない
のか」と苦言を呈したという。日刊スポーツ20日>

  でも、この言葉で、小泉氏が何で5年半も総理の座に居続けることができたか、よ~く
わかった。要は「鈍感」だったのね。
 党内でまっとうなことを唱える抵抗勢力が何を言おうと、アメリカべったり&竹中氏の
経済政策で国民がどんなに大変な思いをしようと、彼は偉大なる鈍感力を発揮して、わが
道を貫いたのである。<痛みにこらえろとまで、言っちゃってたからな~。(--)>
 
 この「鈍感力」というのは、今月出版された渡辺淳一氏のエッセイのタイトルのようだ
が・・・。確かに現代社会を生き抜いて行くためには、あまり周囲に敏感になり過ぎて、
惑わされない方がいいと思うこともあるが。
 でも、政治家が、ましてや一国の首相や政府(内閣含む)が、国民の状況や声に対して
鈍感になったら、悲惨な国になってしまう。<実際、鈍感な小泉政権の結果がコレなのだ>

 私たちは、国民の生活状況や声に鈍感な政権や与党には、「NO!」と言わなければなる
まい。
 そして、何より国民が政治に対して、鈍感になってしまうのが、一番コワイ&アブナイ
ことだということを忘れてはいけないとも思う。

* * * * *

「鈍感」と言えば、やはり柳沢厚労大臣の発言の話を持ち出さずにはいられない。
 
 以前の記事で書いた「労働時間だけが売り物」発言に関しても・・・
『柳沢厚生労働相は19日の衆院予算委員会で、工場労働を「労働時間だけが売り物」と
した15日の参院厚生労働委員会での答弁を撤回し、議事録の削除を求める考えを示した。
 川内博史氏(民主)が19日の予算委で、「現場で働く人に失礼だ」と撤回を求めた。
 厚労相も「全体を見れば誤解が生じるとは思わないが、『だけ』という言葉はある人々
を傷つけるという指摘なので(削除が)可能かどうか相談したい」と応じた。
<読売新聞19日抜粋>』

 この質疑も、衆院TVでチェックしたが、本人は当初、問題がないような認識を示し、
あとからその部分が気になったのか、『だけ』の話を持ち出した。

 でも、『だけ』だけが問題でないのは、明らかだ。『だけ』を抜いても、「ベルトコン
ベヤーの仕事、労働時間が売り物です、というようなところ」・・・こう言えば、失礼で
なくなるというわけではない。
 これは、全体を見ると、もっと「ホワイトカラーの方々」と工場労働者を差別的に区別
するような発言になってしまうのである。

 私にとって大切な情報源となっている「zara's voice recorder」さんが、この発言の
前後まで含めた答弁を、リアルな形でアップされていた。

 これは、共産党の小池議員がWE導入に関して、「ホワイトカラーの勤務実態がわかっ
ていないんじゃないか?」と批判したのに対して行なっていた答弁の一部である。

『しかし、我々はですね、実際に、たとえば専門型の裁量労働制をやっている人の中には
ですね、やっぱりビジネススクールに現実に行って、非常に有効に時間を使っている人も
現実におります。
 そういうような事を考えますとですね、このクラスの人達の、日本のまああの、労働者の
方々、ホワイトカラーの方々がですね、ワークライフバランスを現実のものにしながら、
しかもそのライフの中で、家事育児も共同してやる、それからまた、自己啓発に努める、
こういうような自由度をもってやっていただくという事が、やっぱり私はふさわしいと思う
んです。
 そういうことを実現しなければ、いつまでもいつまでも、まああの、工場労働というか、
ベルトコンベヤーの仕事、もう労働時間だけが売り物です、というような、そういうところ
でなく働いていらっしゃる方々の、現実に着目した労働法制を作ることが、我々に課された
課題だと、わたくしは思うのでございます。』

 あえて、ここでは私の解釈や意見は付さずに、皆さまがどのような感想や意見を持た
れるのか、伺ってみたいと思う。

<一つだけツッコむとすれば、私は全国各地に1千何百万人いると言われるホワイトカラ
ーの方々のどれくらいが、現実に、自己啓発のためにビジネス・スクールに通っているの
か、知りたいものだと思った。>


 私には、柳沢氏が本当は自分でも問題点がわかっているのに、安倍内閣を守るために、
あえて問題点には気付いていない鈍感なふりをしているのか、もう「産む機械」発言の謝罪
で疲れてどうでもよく(鈍感に)なってしまっているのか、それとも本当に鈍感で、「産む
機械」以外の発言には問題がないと自分でも思っているのか、判断がつかない。

 ただ、「産む機械」発言の騒動で自らも大変な思いをしているのだから、厚生労働行政
を担う閣僚として、公の場での発言では表現に気をつけようと思うのが、当然であろう。
 しかし、そのあとも物議をかもす「健全」発言があり、そしてコチラの記事で書いた
「ベルトコンベヤー・労働時間だけが売り物」発言があり。また、*4にアップするが、
産科医の減少に関する答弁でも、批判を受けているという。

 以前も何度か書いたように、私は柳沢氏は特に経済分野では優秀な人であろうと思って
いるし、家庭の事情で中学から新聞配達をしたり、高校も働きながら定時制に通ったりする
など苦学して、東大に合格し、大蔵官僚になったことには、敬意を評したいとも思っている。

 でも、ここまで来ると、共産党の市田書記長が「国語力の問題ではなく、人間観が問われ
ている。単なる失言でないところが大問題だ」と言うように、もう失言の域では済まない
ようなところがあるように思うのだ。
 もし、これが自分の担当する職務とは関係ない分野での失言ならまだ許容し得るのだが、
すべては私たち国民のふだんの生活(医療や福祉、労働、出産&子育てなど)に密着した
厚生労働行政に関わるものだけに、国民の現状や気持ちに鈍感であっては、とても重要な
職務を任せるに値する人には思えないのである。

 改めて、「国民の状況や声に鈍感な政権にはNO!」をと、大きな声で言いたい私なの
であった。

                   THANKS
 
【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位の激しい(?)攻防中! ^^;

<報道記事は↓Moreの部分に>



*2
『「内閣支持率の上下をいちいち気にすることはない。目先のことには鈍感になればいい。『鈍感力』が大事だ」。小泉純一郎前首相は20日、塩崎恭久官房長官や自民党の中川秀直幹事長と国会内で会い、安倍内閣の支持率続落について必要以上に反応することを戒めた。

 同時に、安倍晋三首相の政権運営に関して「抵抗勢力に配慮しすぎている。党内に抵抗勢力があるのは当たり前で(無理に)まとめようとする必要はない」と指摘。「一番大事なのは首相の信念であり、それを貫かなければいけない。郵政民営化の時もそうだったが、各論反対は必ず出てくる」と強調した。

 格差問題への対応についても「格差はどんな時代にもあるとなぜ言い切らないのか」と苦言を呈した。

 中川氏は閣僚に「絶対的忠誠」を促した自らの発言について「少し細かいことまで言いすぎましたか」とその場で頭をかいてみせた。

 これに対し首相は20日夜、「小泉前首相らしい言葉だと思う。鈍感力は人それぞれだが、必要かもしれない」と記者団に感想を述べた。塩崎氏は会見で「一喜一憂せず、真摯(しんし)に批判を受け止めながらも、思考停止するなということだろう」と指摘した。
<日刊スポーツ20日>』

*4
『産婦人科医が減っているのは出生数の減少で医療ニーズが低減した反映――。7日の衆院予算委員会での柳沢厚生労働相の発言が、産科医の反発を呼んでいる。訴訟リスクの高まりや24時間態勢の過酷な勤務などに触れなかった答弁が理由だ。「産む機械」発言の余波もあってか、医師らのブログには「このような認識では有効な対策がとられない」などの書き込みが続く。柳沢氏は16日、閣議後の記者会見でこの発言について「訴訟のリスクや勤務状況がきついということはよく承知している」と話した。

発言は、「産科、産婦人科、外科の医師数が減っているが、なぜか」という質問に答えたもの。柳沢氏は「産科の医師は出生数あたりでは減っているわけではない」「出生数の減少で医療ニーズがはっきり低減していることの反映」などと答弁。産科医、助産師不足の対策には「効率化、ネットワーク化して対応していく」とした。

この発言を取り上げたブログ「ある産婦人科医のひとりごと」のコメント欄には「(現場を)理解しようともしない」などの言葉が並ぶ。国会中継の録画から議事録をおこしたブログも。医療関係者らが参加する掲示板「m3」などでも批判が続いている。

確かに産婦人科医1人あたりの出生数は、90年が95人、04年が98人と横ばい傾向にある。だが、日本産科婦人科学会で医療提供体制検討委員長を務める海野信也・北里大教授は「大臣は、分娩(ぶんべん)施設数の減少が出生数の減少率より大きい事実を見落としている」と指摘。「産婦人科が扱う領域は、婦人科系のがんや不妊治療などに広がっているのに、担い手は減っている。お産を扱う医師は、数字以上の激務。実態にきちんと目を向けていただきたい」という。 <朝日新聞 17日>』
[PR]
by mew-run7 | 2007-02-21 05:19 | 安倍政権に関して | Trackback(17) | Comments(6)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/5196613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2007-02-21 09:10
タイトル : 鈍感力発揮中
鈍感力か。あなた方は充分に鈍感だと思うけど。... more
Tracked from らんきーブログ at 2007-02-21 10:11
タイトル : 必読!野党共闘戦略 
保守の中の保守、おそらく私が知る中で一番偉そうなブロガー(笑)三輪耀山さん。 私のような軟弱なブログに足を運んで、有難いコメントを残して下ってますから、らんきー読者の方々ももう既に皆さんご存知でしょう。 今日... more
Tracked from 言ノ葉工房 at 2007-02-21 11:35
タイトル : さいならっミスタ柳沢伯夫をwiki!
 ♪さいなら〜 さいなら〜 さいなら〜   もうすぐ君はお払〜い箱〜     (by off course)  ミスタ柳沢をさぁウィキってみよう! さいなら [るかっちWikipedia] ミスタ柳沢伯夫 (1935年8月18日〜 ... more
Tracked from 喜八ログ at 2007-02-21 12:40
タイトル : 小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」
週刊誌「サンデー毎日」2007年03月04日号 ◆ スクープ 旧竹田宮家御曹司が暴露 小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」の重大波紋  ←ランキング投票をお願いします。 ...... more
Tracked from 二条河原落書 at 2007-02-21 12:57
タイトル : 「柳沢失言・・・賛否両論」
「女性は産む機械」という“失言”に対して、ネット上でも分かれてるようですね。 「女性に対して失礼である」 「これをネタに辞任要求するのは馬鹿げている」 今朝の「産経抄」が、一般女性の投書を使って「馬鹿げている」側の論を展開しています。 ◇【産経抄】2月1日そんなことを考えていたら、小紙の投書欄に主婦の長尾加代子さん(43)が、男性だって「会社の歯車」のように働き、リストラにあって大変だと書いていた。「それより、もっと前向きで具体的な少子化対策を早急に進めないと、日本の国力が低下して...... more
Tracked from 関係性 at 2007-02-21 13:05
タイトル : 赤旗-日曜版-記事の曖昧さ(「円安」問題)
 私は「マグロ消費と環境」で、マグロの割当量が減ってもそれを養殖によって賄うという思想には反対である。より一層の蛋白源を消費してマグロを育てる意味があるのか、また、多種多様な魚介類の存在が自然を守っていることを主眼に置けば、ある一種類を集中的に養殖することは環境に無理を与え、薬剤を与えなければ効率を上げられなくなり、消費者の健康にも大きな負担とならないか、と問いたい。  この問題に対して、「日本経済新聞」も「朝日新聞」も私たちに新たな視点を提示していない。旧来依然とした経済効率主義しか語られていない...... more
Tracked from 多文化・多民族・多国籍社.. at 2007-02-21 16:44
タイトル : デマはイヤ
2007.2.21.12:30ころ 「玉川大学問題」でいろいろブログを眺めていて... more
Tracked from cafe dairy at 2007-02-21 19:43
タイトル : 妊娠 超初期 症状
「もしかしたら妊娠しているかもしれない」。最近ではよく妊娠超初期症状という言葉を妊婦雑誌など、いろいろなところで目にすることが増えてきている。超初期という言葉があるわけだから、ホントにホントの段階。どうやら妊娠超初期症状は、一般に妊娠検査薬で判断ができる前のことをいう。もちろん「妊娠しているかも」という事実がなければ妊娠超初期症状ってやつはないのでしょうけどね。 ちなみによく... more
Tracked from らんきーブログ at 2007-02-21 19:46
タイトル : 鈍感王小泉の言葉に一円の価値も無し!
自民党もなりふり構っていられないようですね。中川(エロ)幹事長の起立も満足にできないという内閣崩壊の話に続いて今度は、日本をアメリカに売り渡し、人として終っている「狐憑き」が偉そうに「鈍感力」発言されたそうです。... more
Tracked from 村野瀬玲奈の秘書課広報室 at 2007-02-22 02:28
タイトル : ある不法移民の話 (アミネ・カリルさん一家支援のためにふ..
「国によるいじめ もしくは 血も涙もない「美しい国」」と、「長勢甚遠法務大臣、これを「日本人の優しい思いやり」と言わないでください (アミネ・カリルさん一家支援キャンペーン)」の続きです。 イランへの強制送... more
Tracked from Like a rolli.. at 2007-02-22 08:08
タイトル : 鈍感力は必要だ(アベ)、鈍感力の強引(石原)
そもそもが老害作家のこちらの近著(『鈍感力 』渡辺 淳一著)が出された頃から、わたしと友人はなんとなーくこの言葉を森派の誰かが引用するのではないか、という嫌な予感がしていた。そしたらその予感は見事…というより予想通り的中してしまいました。 中川(蛙)発言で取っ... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2007-02-23 00:28
タイトル : 小泉前首相の格差観:「小泉再登板」に反対する
「鈍感力が大事」 小泉前首相、塩崎氏らに  「支持率は気にすることはない。目先のことには鈍感になれ。鈍感力が大事だ」――。小泉純一郎前首相は20日、国会内の自民党控室で中川秀直幹事長らと会い、安倍内閣の支持率低下に悩む政府・与党幹部に対し、「何をやっても批判される。いちいち気にするな」とげきを飛ばした。  小泉氏は、今国会で焦点になっている格差問題について、「『格差はどんな時代にもある』と、なぜはっきりと言わないんだ。自分は予算委員会で言い続けてきた。君たちは日本が近隣諸国より格差があると...... more
Tracked from 競艇場から見た風景 at 2007-02-23 00:53
タイトル : 小泉氏、塩崎氏らに「鈍感力が大事」
『どの時代にも格差、なぜ言わない』=小泉前総理「支持率は気にすることはない。目先のことには鈍感になれ。鈍感力が大事だ」 20日、国会内の自民党控室で中川秀直幹事長らと会い、阿部内閣の支持率低下に悩む政府・与党幹部に対し、「何をやっても批判される。いちいち気..... more
Tracked from TONYの”あなたとJA.. at 2007-02-23 01:05
タイトル : 鈍感すぎる小泉の格差容認論
21日付朝日新聞によると、小泉純一郎前総理は20日、国会内で自民党の中川秀直幹事長らと会い、「支持率は気にすることはない。目先のことには鈍感になれ。鈍感力が大事だ」と檄を飛ばしたという。 また、格差問題について、「『格差はどんな時代にもある』と何故はっきり言わないんだ? 君たちは日本が近隣諸国より格差があると思うか?」と持論を展開し、「現実を直視できない小沢(一郎)民主はダメだ。小沢の言っていることは社会主義そのもの。世迷言だ」と切り捨てた。 これは笑止千万だ。在任中支持率を人一倍気にして、パフォー...... more
Tracked from 村野瀬玲奈の秘書課広報室 at 2007-02-23 01:20
タイトル : 一人よりも、一緒のほうが良くないかなあ。でも、一度だけ一..
「野党共闘」、特に民主党と共産党の間のそれについて、以前秘書課でも最近広報室でも私の意見を書きました。それと並行して、また、お互いの意見を念頭において、伊東勉さんをはじめとする共産党支持者の方々を含む何人か... more
Tracked from 琉球娘のココロ・カラダ喜.. at 2007-03-02 10:17
タイトル : 目先の事に鈍感になれ(小泉発言)
この言葉は、 昨日、小泉前首相が、迷走中の自民党の中川幹事長に アドバイスした言葉だそうです。 いわゆる、支持率などの目先のことをあまり気にし過ぎないように・・・ というような意味合いでのアドバイスらしい。 そのニュースを見て、以前勤めていた先のボスが 話してくれた言葉を思い出しました。 それは、 社長の資質で必要なのは・・・ タン ...... more
Tracked from 鈍感力 at 2007-04-27 08:32
タイトル : 鈍感力
鈍感力(著者 渡辺淳一)の本を読みました。鈍感力の魅力と自分が感じた事・体験談などを交えながら、鈍感力を語りたいと思います。皆さん、よろしくお願いします。... more
Commented by ゆき at 2007-02-21 07:19 x
私へのお返事があったのと、私の考えを言えって又文句言われそうだから私の考えを書いておきます。
we制度のことですが、私はホワイトカラーにはもっと自由な労働環境を認めるべきだと思っています。
終身雇用が壊れた現在で、ブルーカラーは会社が労働時間で保護する必要はあると思いますが、ホワイトカラーには自由と責任を与え、自由な環境を認めるべきだと思っています。

あと、国旗・国家についてですが、あなたが国旗・国家を憎み続ける事はあなたにとってとても大事な事だと思うし、あなたの人生なんだから死ぬまで国旗・国家を憎むのも自由だと思います。
私は国旗・国家に敬意を持ってるし、あなたに敬意を持ってもらいたいなんて事は全然思わないし、私達の卒業式を混乱させたり、テロやクーデターをおこさない限りお互いの自由を認め、お互い干渉しないだけでいいと思っています。

又他の誰かから文句言われそうなんで私は二度と書込みするつもりもないし、お返事もらったから感謝の気持ちで私の考えを書いてみました。
色々勉強しなきゃいけない部分を気付かせてもらった事を本当に感謝しています。
ありがとうございました。
Commented by intrsng at 2007-02-21 10:06 x
<<< そして、何より国民が「政治」に対して、鈍感になってしまうのが、一番コワイ&アブナイことだということを忘れてはいけないとも思う。

  血も涙もないマキャベリストや漁色作家?(術策と観察が大事?)には「鈍感」が必要不可欠なのでしょうか。
  柳沢氏のミソスリ---女性、母性、若い世代の人たちへの「鈍感」がなせる業ですね。
  
 
Commented by mew-run7 at 2007-02-21 14:33
ゆきさん、コメント有難うございます。
 
 何か誤解が生じてしまったようですけど、私は意見云々ということには
こだわらず、疑問でも何でも気軽に書き込みをして下さると嬉しい&有難い
と思っています。また、WE法案についての記事は、勉強、確認しなければ
ならない部分が色々あるので、アップするには少し時間がかかりますが、
今しばらくお待ち下さい。

 先に、国旗、国歌について言えば、私個人はこれらを尊重する気持ちを
持っています。ただ国が敬意の持ち方、表わし方を、国民とりわけ子供たち
に強制する形になるのは、よくないと思っています。

 WE法案についても、同じかも知れません。今でも、一部の会社は(特に
外資系など)は年棒制のような形の雇用契約を行なって、労働時間が比較
的自由になっているところもあります。私は、個人でそれを望む人は、ゆき
さん同様に自分の自由と責任でそのような形で働けるようにすればいいと
思うのですよね。でも、国が法律で一律に決めれば、望まない人にも押し
付けることになるので、よくないと思っています。

Commented by mew-run7 at 2007-02-21 14:39
intrsngさん、コメント有難うございます。

渡辺淳一が初期の頃に書いていた、医学を絡めた小説は
好きだったのにな~。 でも、小説家は、世間に鈍感になって、自己の
感性を磨いたり、自己の世界を広げたりした方がいい場合もあると
思いますが。政治家は、自分の感性や世界で国政を行なわれては
困るです。 

あ・・・TOKIOにも小説家の政治家がひとり・・・。^^;
Commented by ゆき at 2007-02-22 06:17 x
私がmewさんとお話しすることで色々不満を感じる人もいると思いますが、mewさんの考えを教えてもらう事はとても大事な事だと思いました。
よろしくです。

weに関しては、法律が出来たから一律に適用されるとmewさんが思う理由はわからないけど、weは年収基準があったと思うし、36協定みたいに労使合意がないと適用されないと思っていました。
絶対反対の人は、この法律が決まれば残業代がもらえなくなるとか、これ以上資本家の言いなりになり、過労死や使い捨てになってしまうって言う意見ばかりで、メリットの事を聞いたら文句だけ言われるって感じで、政治の世界でも柳沢さんの単語のみを攻撃し、全然本質については誰も何も言わないと思ってました。
私の将来に関わる事だし、メリットもデメリットもちゃんと考えてくれる人がいないかなぁ~?って思ってたので、mewさんの考えをとても楽しみにしています。
色々教えてもらえる事を楽しみにしています。

国旗・国家については、大人が考えるような押付けは学校ではないと思いますよ。
この問題も、私ら学生を利用して政治問題化する大人のエゴだと思っています。
Commented by mew-run7 at 2007-02-24 00:55
ゆきさん、コメント有難うございます。

 私はただの一市民ですし、経済や労働問題などについては
あまり詳しくないので、WEについても少しずつ勉強して
いる最中です。ですから、私の意見がどれだけ参考になるか
はわかりませんが・・・。^^;

 ただ、ゆきさんも書かれたように、物事を一面的ではなく、
縦横斜め、表裏から見たり考えたりするのは、と~っても
重要なことだと思います。<これはMY POLICYという
記事にも書きましたが、私のポリシーでもあります。>
だから、WEについても、メリット、デメリットを考えられれば
と思うです。

 尚、まだ最終的な法案ができていない(公表されていない)
ので、何とも言えない部分があるのですが、経団連の提案では、
現行の専門業務型裁量労働制で働いている者は、無条件でエグゼンプト
(適用除外)とし、それ以外の業務についても、年収400万円以上で
あれば、法令で定めたり、労使協定を結ぶなどしてエグゼンプトに
追加できるとなっています。