「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

岸→安倍・・・参院選で歴史が繰り返されるか?!+ 復古主義に傾く安倍陣営の改憲論+☆首位

今日の私はちょっとご機嫌だ! だって、3年ぶりの単独1位~♪なんだもん。(☆^^)v

<まだ1ヶ月しかやっていないけど。☆は昔から、オープン戦や前半戦までは頑張る
傾向があるのだけど。・・・何分にも去年は4月でペナントが終わっちゃったから、
喜びが大きいのである。それに今年は、大矢監督だしね。まだまだ期待できるかも!(~~)>


 でも、憲法記念日の安倍首相や仲間たちの談話や発言を見ると、不機嫌になってしま
うところが・・・。(ーー;)
「絶対、こんな時代錯誤の人たちの思うようには改憲させてやらないぞ!」と改めて
誓ったmewなのであった。(・・)

~ ~ ~ ~ ~
 
 先に、2日に見たNHKの「その時、歴史は動いた」の話を・・・。

 今回のテーマは、「憲法施行60年特集・憲法九条平和への闘争~1950年代 改憲
護憲論~」だったのだが。なかなか面白い&勉強になる内容だった。
<11日に再放送あり。お薦めです!・・・番組内容も含め、コチラのHPに。> 
 
 何かこれから改憲論でオモテに出て来るであろう議員たちの「おじいちゃま首相」が
<吉田茂氏(麻生外務大臣の祖父)、鳩山一郎氏(鳩山兄弟の祖父)、岸信介氏(安倍
首相の祖父)>次々と出て来たのも、興味深かった。

 そして、何より一番印象深かったのは、今度の参院選を暗示するかのようなシーンが
あったことだ。
 
岸信介氏は首相になって、改憲を実現しようとして、59年の「参院選」で2/3の
議席を獲得せんと国民に訴えるんだけど。でも、社会党に阻まれて、半分チョットしか
議席がとれずに終わってしまう。
 しかも、翌年、米国との新安保条約(いわゆる60年安保)で国民の反感を買って、
結局、志半ばで辞職することになったのだった。・・・(・・) deja vu♪みたいな・・・

 何か参院選を控えて、「その時、歴史は繰り返すかも~」になるといいな、って内容
じゃありません?

<ちなみに岸首相は、安保条約の衆院決議の時に、社会党議員を議場に入れないよう
にして、強行採決したのだった。・・・そんなとこまで、DNAの影響が?^^;
しかも、岸氏は集団的自衛権を主張しており、議会や国民の同意も得ずに、安保条約
の条項にそれを入れてしまったのであった。・・・やっぱり歴史は繰り返す?(--)>

~ ~ ~ ~ ~

 さて3日には、憲法施行60周年を記念して、安倍首相をはじめ、各政党が談話を
出したのをはじめ、各所で議員たちが、色々な活動や発言を行なっていた。

 今回はその中から、安倍首相&仲間たちの発言&活動を取り上げてみたい。

 安倍首相は3日、「異例の談話」(by 複数の新聞)を発表した。
 何が異例って、この記念すべき祝日に、憲法の大胆な見直しを提言して、改憲議論
を求めるアピールを行なったからだ。<全文は*1>

<この間も書いたけど、XX議員or社長00周年とかのお祝いの席で「もうあなたは
古くて時代に合わないから、そろそろ引退したら」ってスピーチするようなもんだよね。
「何ちゅう。失礼なやっちゃ」と思ってしまう。(ーー;)>

 毎度ながら、とりあえずチョット憲法の精神や役割を讃えておいて、そこからドド~ン
と否定してしまう論法である。

 『憲法を頂点とした・・・基本的枠組みは、変化についていけなくなってきており、見直
しが迫られている。』 <アメリカに、迫られてるの?(・・)>・・・そしてお得意の
『戦後レジームを原点にさかのぼって大胆に見直しを』と来る。

 戦後レジームを原点までさかのぼったら、現憲法がなかった時代に舞い戻るわけで。
結局、現憲法&それと共に歩んで来た戦後の日本を認めていないのである。 

~ ~ ~ ~ ~

 しかも、私がゲンナリ<(-_-;)死語?>してしまったのは、安倍氏よりも筋金入りの
<師匠格とも言える>復古主義の改憲論者たちが、前面に出始めたことである。

 自民党は、05年に憲法改正(新憲法)の草案を発表したわけだが、そこに至るまで
には紆余曲折があった。
 改憲に熱心な中曽根康弘氏や平沼赳夫氏らは、自分たちでも研究会を開いて、かなり
積極的に草案作りに参加していたのであるが<安倍氏もこのサイドにいた>。
 最終的な草案を決める際に、党内から「これはやり過ぎだ」「あれでは、他の政党や
国民の支持が得られない」という声が少なからず出た。そこで、結局、<もともと
あまり改憲には思い入れがない>小泉前首相が英断を下す形で、彼らが作った案の大部分
をカットしてしまったのである。(・o・)

<これには、中曽根氏らはかなり憤慨したという。もともと小泉氏は、中曽根氏に引退
勧告して議員の職を奪っているし、平沼氏は郵政民営化に反対して離党させられている
ので、尚更に?!>

 この時のメンバーには、自民党が発表した草案には満足しておらず、もっと日本の
伝統や歴史を重要視した形で、天皇の地位や国家、国民のあり方を規定した前文や条文
に変えたいと考えて、党の草案の見直しを求める声が強い。


 安倍首相は、改憲への道を進むにあたり、その復興主義派の仲間たちを重用。
できるだけ閣僚や官邸スタッフ、党幹部に採用すると共に、郵政民営化に反対した
古屋氏や衞藤氏の復党を認め、また中曽根氏には超党派議員で作る「新憲法制定議員
同盟」の会長になってもらい、「改憲のための国民運動を広げて欲しい」と依頼した。

 3日には、その「新憲法制定議員同盟」が改憲推進の民間団体などと、「新しい憲法
をつくる国民大会」を開催したのだが、中曽根氏は大張り切りだったようだ。<  >

 安倍氏は「自民党総裁として約束した以上、憲法改正を政治スケジュールに必ずのせて
いく決意だ」との祝辞を寄せ、中曽根氏は挨拶で「安倍君は自民党本来の姿、本流の政治
に戻した。これを支援して憲法改正へ、国民と手をつないで前進していこう」とヨイショ。
 

 そして、「安倍首相が言う『美しい国』の憲法は美しい前文を持たなければいけない。
自民党案は大急ぎで作ったので非常にずさんだ。直さないといけない」と述べて、小泉
決断でカットされた新憲法第3次案の前文案を少し修正したものを発表した。

 全文はわからないのだが、* にアップする文案を加筆修正したもののようである。
「日本国民は、悠久の歴史の中で、天皇を国民統合の象徴として戴(いただ)き」
「和を尊び、独自の伝統と文化を作り伝え、多くの試練を乗り越えて発展してきた」に
始まって、「家族を尊重し、礼節を重んじ」などの語句が追加され、「日本国民は大日本
帝国憲法及び日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し」のところも残っていた
ようだ。

 また中曽根氏は、「憲法改正は、国会で3分の2(の賛成)がなければ成立しない。
自民党と民主党が提携しなければできない」と述べて、政界再編成で大連立を目指す
方向性を示唆したという。(・o・)<それは、いかん!>


 また2日には、古屋氏を座長とする超党派の保守系国会議員で作る「新憲法制定促進
委員会準備会」が、「新憲法大綱」(コチラにPDF)を発表。
 どこかで見た内容だな~と思ったら、これも自民党の草案作りの過程で出ていた案を
まとめたもののようで。
 天皇は国家元首&象徴であり、男系で皇位継承をすることや、「防衛軍」を作り、
集団的自衛権を認めること、国民には国防の責務があり、国の安全などのために人権が
制約し得るなどの内容になっている。(ーー;)


 安倍首相は、現段階では自民党が発表した改憲草案をメインにして改正を考えたい
と言っているが、安倍氏個人としては、上述のような内容を取り込みたいという思い
があることだろう。
 もしかしたら、このような復古調の試案をどんどんオモテに発表してもらって、周囲の
反応を見ながら、調整して行くつもりなのかも知れない。
<もうチョットうがった見方をすると、強烈な試案をどんどんオモテに出して、あの案
よりは自民草案の方がマシだと思わせる・・・というやり方も考えられるかも?(・・)>


   <つづく>                THANKS

 【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠がどんどん遠くへ。^^; また上を目指して! ご支援を、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑コチラは3位・・・またコツコツ頑張って、いつかは1位復活を!(・・)





*1 

『日本国憲法は3日、施行60周年を迎えた。これに当たり安倍晋三首相は同日付で、憲法改正への強い意欲を示す異例の談話を発表した。首相は「憲法を頂点とした(国の)基本的枠組みは見直しが迫られている」と指摘した上で、「憲法の在り方について、今後国民的な議論がさらに広く展開され、方向性がしっかりと出てくることを強く期待する」と表明している。

 首相が憲法記念日に談話を出すのは、施行50周年当時の橋本龍太郎首相以来2回目。橋本首相は憲法の基本理念を尊重し、民主的な社会の建設にまい進するとした。改憲志向を明確にした談話を出すのは安倍首相が初めて。 [時事通信社 3日]』


『 安倍首相の談話

 国民の皆様と、憲法の下に歩んだ60年を振り返り、改めて憲法の意義に思いをいたし、将来への決意を新たにしたい。

 戦後わが国は、幾多の困難を乗り越えて、平和と繁栄を築いてきた。国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重などの現行憲法の基本原則は、わが国の今日の姿を築く上で極めて大きな役割を果たしてきた。恒久平和を念願し、国際社会で名誉ある地位を占めたいとの憲法の精神は、国連平和維持活動など、世界の平和と繁栄への貢献へとつながっている。

 わが国の社会は、経済のめざましい発展やグローバル化、国民意識の多様化など、憲法制定時には想像もつかなかった変化に直面し、国際社会の枠組みも大きく変わった。憲法を頂点とした行政システム、外交・安全保障などの基本的枠組みは、変化についていけなくなってきており、見直しが迫られている。

 現行憲法の基本原則を継承しつつ、戦後レジームを原点にさかのぼって大胆に見直し、憲法について議論を深めることは、新しい時代を切り拓く精神へとつながる。

 憲法は、国の理想を物語るものだ。憲法の在り方について、国民的な議論がさらに広く展開され、方向性が出てくることを強く期待する。

 子どもたちの世代が自信と誇りをもつことができる新しい日本の姿の実現に向けて、憲法の基本原則を改めて深く心に刻んで、さらに前進する決意を新たにする。<産経新聞3日>』


*2

『日本国憲法が3日、施行60年を迎えた。改正手続きを定めた国民投票法案の成立が確実になり、改憲が現実味を帯びる中で開かれた各地の集会で、改憲派は期待感をふくらませた。しかし、改憲への決意を示す安倍首相にしても、改正案の発議に必要な衆参両院での3分の2の勢力を確保する道筋は描けていない。夏の参院選を控えて民主党は「反安倍色」をますます強めており、還暦を迎えた憲法の先行きは見通せない。

 「自民党総裁として約束した以上、憲法改正を政治スケジュールに必ずのせていく決意だ」

 3日夕、米国・中東訪問から帰国した安倍首相は、超党派の保守系国会議員らによる「新しい憲法をつくる国民大会」にこんな祝辞を寄せた。

 こうした首相を全面的にバックアップするのが、中曽根元首相だ。この集会で共催者の新憲法制定議員同盟会長としてあいさつした中曽根氏は「安倍君は自民党本来の姿、本流の政治に戻した。これを支援して憲法改正へ、国民と手をつないで前進していこう」と力を込めた。

 中曽根氏はただ、「憲法改正は、国会で3分の2(の賛成)がなければ成立しない。自民党と民主党が提携しなければできない」と指摘。改憲のための政界再編を視野に入れるべきだとの考えを示した。

 同大会は、「日本国民は天皇を国民統合の象徴として戴(いただ)き、多くの試練を乗り越えて発展してきた」との新憲法第3次案の前文案を発表。これとは別に、首相と近い古屋圭司衆院議員らによる「新憲法制定促進委員会準備会」も、東京都内の集会で「新憲法大綱案」を発表した。大綱案は、防衛軍創設や男系男子による皇位継承などを盛り込んだ保守色の濃い内容。今後、独自に条文化の作業に入る。 <朝日新聞 3日 抜粋>



『 中曽根氏の作った第三次試案 憲法前文

 中曽根 試案

『日本国民はアジアの東、太平洋と日本海の波洗う美しい島々に、
天皇を国民統合の象徴として戴(いただ)き、和を尊び、
多様な思想や生活信条をおおらかに認め合いつつ、
独自の伝統と文化を作り伝え多くの試練を乗り越えて発展してきた。

日本国は国民が主権を持つ民主主義国家であり、
国政は国民の信任に基づき国民の代表が担当し、その成果は国民が受ける。

日本国は自由、民主、人権、平和、国際協調を国の基本として堅持し、
国を愛する国民の努力によって国の独立を守る。

日本国民は正義と秩序による国際平和を誠実に願い、
他国と共にその実現の為(ため)協力し合う。国際社会に於(お)いて圧制や
人権の不法な侵害を絶滅させる為の不断の努力を行う。

日本国民は自由と共に公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実をはかり
教育の振興と文化の創造と地方自治の発展を重視する。

自然との共生を信条に豊かな地球環境を護(まも)るため力を尽くす。

日本国民は大日本帝国憲法及び日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し
現在の国民とその子孫が世界の諸国民と共に更に正義と平和と繁栄の時代を内外に
創(つく)ることを願い、日本国の根本規範として自ら日本国民の名に於いて、
この憲法を制定する。』


*4
『『超党派の保守系国会議員で作る「新憲法制定促進委員会準備会」(座長・古屋圭司
自民党衆院議員)は2日、憲法改正に関する独自提言を発表した。象徴天皇制を維持
しつつ、天皇を「元首」と位置付けるほか、集団的自衛権の行使を容認するなど9条の
全面改正が柱。国民に「国防の責務」を課すなど、保守色の強い内容だ。
 準備会には衆参両院から25人が参加。内訳は自民党が古屋氏、萩生田光一衆院議員ら
18人、民主党が松原仁衆院議員ら5人。これに国民新党の亀井郁夫参院議員、無所属
の平沼赳夫元経済産業相が加わった。近く委員会を正式に発足させ、条文化作業に入る。

 提言は(1)男系による皇位継承の憲法明記(2)9条1項の平和主義の理念を堅持
しつつ、戦力の不保持と交戦権の否認を定めた2項を削除し、「防衛軍」を保持する
――など。改正要件も現行の「衆参各院の3分の2以上」を緩め、「5分の3以上」
としている。[毎日新聞5月2日]』
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-04 08:17 | 憲法&憲法改正 | Trackback(16)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/5613335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2007-05-04 09:22
タイトル : 一体、何が変化したのか?
一体何を言っているのだろうか?「大きな変化についていけなくなった」とは具体的にどのようなことなのか?全く具体的事例があげられていない。「憲法の基本原則を不変の価値として継承しつつ」ならば、改憲などと言う必要はない。それにおじいちゃんがやれなかった、父も...... more
Tracked from 美しい季節とは誰にも言わ.. at 2007-05-04 09:33
タイトル : アナクロリズムな新憲法大綱案
  防衛軍に国益条項… 超党派議員が「新憲法大綱案」 超党派の保守系国会議員有志でつくる「新憲法制定促進委員会準備会」(座長・古屋圭司自民党衆院議員)は2日、現憲法を全面改正するための「新憲法大綱案」をまとめた。準備会は「党派を超えて団結し、新憲法の制定に向けて具体的な行動を開始する」(提案趣意書)方針で、大綱案を改正論議のたたき台と位置づけている。 大綱案は、平和主義を堅持し、「防衛軍」の保持と集団的自衛権の行使を容認した。武力攻撃やテロ、大規模災害時への備えとして首相に一時的に非常措置権を与...... more
Tracked from Like a rolli.. at 2007-05-04 10:40
タイトル : 格差の中での護憲派のおかれた立場、小さく生んで大きく育て..
憲法記念日です。 私事で集会には出られませんでしたが、先ほどNews23を見て教育基本法改悪反対のことをまた思い出しています。 また、これから多くの方々のブログを拝見したりしたいと思います。 朝刊の「試される憲法」の拡大版として、半藤一利氏と田口ランディ氏の2面に... more
Tracked from 一人でお茶を at 2007-05-04 10:53
タイトル : 週刊金曜日
きょうはなんの日? 憲法記念日 世界報道自由の日 そして、朝日新聞阪神支局が赤報隊に襲撃されてから20年になる日。 ”世界報道自由の日”で検索していると、在日米国大使館のこんなページが出てきた。 世界報道の自由の日に関するリチャード・バウチャー米国国務省報道官の... more
Tracked from 平和のために小さな声を集.. at 2007-05-04 11:50
タイトル : 前言撤回、改憲論も参院選の争点に。
昨日、東京の日比谷公園で行われた護憲の大規模な集会に、仲間と一緒に参加してきました。 安倍の無軌道な行動に対する、危機感を募らせてか、今の主催者になって、7年目で、過去最高の7000人の参加者を集めました。   さて、集会の中の講演で、i幾人かの講..... more
Tracked from 高野 善通のブログアネックス at 2007-05-04 11:59
タイトル : 憲法記念日に寄せて
 さて、現日本国憲法が施行されて60年の記念日。「還暦」を迎えて憲法のあり方を考える上では非常に重要な節目であることは国民にとっても理解できると思います。何しろ、イラクへの自衛隊派遣問題、北朝鮮脅威とどう向き合うかというこの国の安全に関する緊急かつ重大な問題があります。政府与党や改憲論者などが平和憲法である日本国憲法第9条が本当に時代に合っているのかどうか?を考えるのが最大の問題であるとして国民に問題意識を持ってもらおうとする姿勢になるのも当然といえば当然でしょう。  しかし、近代憲法のもっと大きな...... more
Tracked from kimera25 at 2007-05-04 14:49
タイトル : 参院選準備
自民の独裁をStopさせるためには、あらゆる手段で参院を自民の過半数支配を阻止しなければならない。なんとしても、今の日本の流れを止め、私たちが安全で平和な生活を送るためには、戦前懐古の軍国主義と、アメリカによる完全支配の目論むAbEndの自民を太平洋の藻くずと突き落とさなければならない。そのための第一歩はこの夏の参議院改選で、自民・公明を墜とすことだ!組織割りがちがちの公明は、投票率が上がれば必然的に厳しくなる。公明票をもらい企業・営利団体総動員の自民は、これも無党派層が野党候補に投票すれば、当選ライ...... more
Tracked from とっちのプログ at 2007-05-04 15:04
タイトル : 今日は日本国憲法満60歳を記念するおめでたい日なのですが..
今日はなんの日?って子供達に聞いても、???・・・・・休み!とか・・・祝日!なんて答える子供達が多いような気がします。 今日で60歳って事は、人間でたとえれば還暦。家なら60年も耐用年数はないわけで、憲法は古い・・・・し... more
Tracked from 津久井進の弁護士ノート(.. at 2007-05-04 15:26
タイトル : 共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェン..
 良識的な社会派ブロガー有志が,5月3日の憲法記念日に寄せて,    『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』 という共同声明を発しました。 (→こちらをどうぞ)  この声明は,これま... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-05-04 17:13
タイトル : ネオコンでも左翼でも「世界革命」が生み出す世界は同じ
宇佐大神宮さんが書かれていることは、通説であることを私も知っているつもりです。 美辞麗句や空虚なスローガンで多数の人を騙しながら目的を達成しようとしている勢力を考えるときには、それが生み出す現実世界をできるだけ具体的にイメージして理非を判断すべきだと思っています。 >私は、マルクスやトロツキーは労働者階級による世界革命を通じて、階級支配を廃絶し共産主義社会を建設することを究極的目的としていたと理解しています。 「労働者階級による世界革命」とは、これまでの共産主義革命を顧みればわかるように、左翼...... more
Tracked from とむ丸の夢 at 2007-05-04 17:34
タイトル : 現代頼母子講・考――互いに助かろう、得をしよう
消費者金融が軒並み利益を減らしていますね、というよりアイフル、アコム、武富士、プロミスといった大手4社は、平成19年3月期連結決算の最終赤字が計1兆円規模に上る見通し。これは利息制限法の上限(年20%)を超え... more
Tracked from ミクロネシアの小さな島・.. at 2007-05-05 00:23
タイトル : 憲法あれこれ
日本国憲法はきのう60周年を迎えた。各地で憲法記念日をめぐる行事が行われ、アベシンゾーはわざわざこの日を選んで壊憲をぶち上げたそうだ。ようやるわ、まったく。 世の壊憲論者の「現行憲法はGHQに押し付けられたもの」だから変える必要があるという論理は、まんたくもってナンセンスだ。憲法制定までの経緯をちゃんと調べれば、史実的にも「押し付け憲法」というのは捏造だとわかることだけど、それ以前にまず、誰が作ろうと良いものは良い!(あるいは悪いものは悪い!)と、どうして、その論拠を挙げて内容で勝負しないのだろ...... more
Tracked from とっちのプログ at 2007-05-05 09:03
タイトル : リーダーシップを考える
五月三日付北海道新聞朝刊の紙面で「憲法60年」と題して 元経済同友会副代表幹事(現終身幹事)、品川正治氏 「九条の旗 手放すな」 美しい国企画会議委員 漫画家 弘兼憲史氏 「改憲は時代の要請」 としてお二方の意見が戦中... more
Tracked from ファミリー メンタル ク.. at 2007-05-05 10:52
タイトル : 絵本 つるちゃん HTML版がありました
ウチは買いましたが、全国の書店で売っているかはわかりません。html版があったのでブックマークにもリンクしておきます。つるちゃん HTML版はここです。 沖縄県内で伝統住宅「中村家」があります。そこで、読み聞かせ「つるちゃん」を鑑賞したのは何年前だろうか。 誰かに誘われ参加しました。慰霊の日(6月23日前後で 平和学習の一環だったでしょうか) 作者は現役の教師金城明美さん。本人が絵本を朗読していました。プロジェクターを使用しスクリーンで。 見る人も民家の畳間で座りながら。 不覚にも自分が絵本の世界に...... more
Tracked from 私たちは現日本政府の体制.. at 2007-05-05 11:38
タイトル : 共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェン..
この共同声明文は、私、世界平和の野望と村野瀬玲奈さまとの共同作業によるものです。前回4月22日に発表した文案に、呼応のエントリーを立ち上げてくださったみなさん、ご助言くださったみなさん、コメントにより賛意を表... more
Tracked from 4つの目で世の中を考える at 2007-05-05 22:19
タイトル : 長崎市長暗殺に見る政治の本質、実態!
長崎市で選挙中の伊藤一長市長が暴力団組長に銃殺されて二週間がたとうとしている。事件は犯人の「個人的恨み」で収斂(れん)させる動きであるが、犯人が何を考えていたかに関係なくその効果としての実際的な意味はまことに謀略的な政治テロである。アメリカを公然と批判して核廃絶を訴えた被爆地の市長が殺されたという事件は、核の使用を叫ぶ勢力を利するものであり、3000人あまりが殺された9・11ニューヨーク・テロ事件よりもはるかに多数の人命に関わる大政治テロ事件である。暗殺事件とその後の選挙にあらわれた現象、また政府、警...... more