「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47
蓮舫代表が、1年持たず。自分..
at 2017-08-13 16:06
主体性ない安倍内閣~オスプレ..
at 2017-08-13 03:40
加計、認可保留。選挙を忖度?..
at 2017-08-12 02:52
稲田隠し、真相隠しで終わった..
at 2017-08-11 02:38
安倍はどこの総理なのか?~ヒ..
at 2017-08-10 12:15
安倍、江崎の飲酒を注意。当初..
at 2017-08-10 00:35

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国大統領は他国を平気で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
増え続ける国の借金・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本ファーストの会に期待..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米中を含む国連安保理事会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1245)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

福田・小沢会談&連立構想の謎(3)・・・小沢の思い&変われずに辞意

最新の記事一覧は、コチラに。

 4日、民主党の小沢代表が辞意を表明。記者会見を行なった。
<記者会見の内容は*1に>

 小沢氏は、党執行部に辞表を提出しており、5日の役員会でこの扱い
が協議される予定だ。
 鳩山幹事長らは、小沢氏の慰留に努めたいと話しているが、党内には
小沢氏が福田首相と密談を行なったり、連立構想に乗ろうとしたりした
ことに疑問や批判を抱く議員も少なからずいることから、党首交代は
避けられないとの見方が強い。
 また一部には、小沢氏がグループの議員を引き連れて離党し、自民党
と連携または連立を組むのではないかという報道も出ている。^^;

 そして、私は、すご~く複雑な心境で、この事態を受け止めている。

* * * * * 

 最初にこのニュースをきいた時に、真っ先に思ったのは、
「う~ん、やっぱり辞めると言い出しちゃったか~~~!(・o・)」と
いうことだったのだけど。

 そして、小沢氏の会見を見ながら「あ~、肝心な時に、小沢氏のよく
ないとこが出ちゃったな~」「やっぱ、人間、本質的には変われない
ものなのね~」と思って、ため息をつき・・・。(-"-)huu

<後述するように、実のところ、私は小沢氏の考えや意図が、全く理解
できないわけではないのだ。(大連立には「ぜぇ~ったい反対!」だけ
どね。(**))でも、何分にも彼のとった手法に問題が・・・。^^;>

 で、「折角、政権交代のチャンスが近づいていたのに、これでその
夢も遠のいてしまうのだろうか?」と嘆く気持ちもあるのだけど。
<次の衆院選ですぐ実現できなくても、確実にその方向に進みつつ
あったと思うのにな~。(ノ_-。)>

 でも、実は、ちょっとホッとしている部分もあるのだ。

 というのは、私は、今のままの民主党が、次の衆院選である種の勢い
で勝って、政権与党の座についたとしても、他の野党との共闘も含め、
うまく政権を担って行けるのか不安があったし。<理由後述>

 もしこれが、私が以前から切望している「政界再編」の引金になって
くれるなら、それはそれでいいのかもと思う部分もあるからだ。(・・)

<今は、政党や候補者の政策や方針が、あまりにもわかりにくくなって
いるから、このままの政党の枠組みでは、いい形で政権交代可能な政治
環境を作るのは難しいのではないかな~と思っていたので。>

* * * * *

 何か書きたいことが色々あり過ぎて、何をどこから書いていいか
わからないような感じなのだけど・・・。^^;

 私が、何で3日の記事で、「ハイパー推論をすれば、急に党首をやめ
るとか言い出したりなんてこともあったりして?^^;」って書いたかと
言うと。TVやネットで小沢氏に関する報道をアレコレ見ているうちに

1・小沢氏が、役員会で、本気で政策協議or連立を説得しようとした
 感じがあったこと
2・党役員の中には、ひとりも小沢氏の意見に耳を貸したり、理解を示し
 たりする者がおらず、一斉に反対、反発の声が出たと言われていること
3・役員会終了後、連立を断わったと発表した記者会見で、小沢氏がかなり
 こわばった渋い表情で、精神的にも疲労して、ガ~ックリ来ているよう
 な感じに思えたこと 

 ・・・などから、「あら? もしかして、もうイヤになっちゃってる
かも?(・・;)」という発想がアタマをよぎったからである。

 私がそういう発想をしたのは、たぶん、小沢氏に関して、これまでも
何度か似たようなケースを見たことがあったからだろう。(・・)

 小沢氏はこれまでも唐突にスゴイ重要なことを言ったり、やろうとした
りして、それが自分の思う通りに行かないor周囲にうまく理解、受容され
ないと、「じゃあ、いいよ」という感じで(ヒネて?)、やめてしまう
ことがあったからだ。(-"-;)

<本人はそれなりに色々考えて、これが国政や党のためにベターorベス
トだと思ってやっているのだろうけど。オモテに出すのが唐突過ぎるし、
独りよがりな考えをすることもあるので、容易に理解されないことも
少なくないわけで。でも、本人は「みんなのことも一生懸命に考えて
やったのにって、ガッカリして、イヤになっちゃうのかも。^^; 
 特に、今は、おそらく自分が最も政治のことをわかっている、考えて
いるという自負もあるだろうから、尚更にそうかも?(・・)>
 
 3日の記事にも少し書いたように、そのようなことから、小沢氏は
これまで「豪腕」とか「策略家」<小沢がもぐった>とか言われ続けて
いたし。また、そのような言動が理解、受容されないことが多くて、
自民党を出たあとも、何度か党が分裂、解散することにもつながって
いて「壊し屋」とまで呼ばれたりもしていたわけだけど。

 03年に民主党にはいってからは、本人もこれが政権交代を行なえる
(&自民党に勝つ)最後のチャンスだと思ってか、そういう部分は封印
しているように見えたし。
 昨年、代表になってからは、自ら「変わらなくちゃ」と、できるだけ
オープンで民主的な政党運営をするように努めたり、地道な政策アピール
や選挙戦略を進めていたように思えたのだけど。

 でも、「さあ、ここから」という肝心なところで、小沢氏のよくない
とこが出てしまったようだ。(-_-)

 ただ、逆に言えば、それだけ小沢氏本人も、「ここが肝心なところだ」
と考えていたのかも知れない、と思ったりもする。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

golf no ueda senshu wa seishinteki nimo tsuyoi !! (*^^)v

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング
   
にほんブログ村


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 今回の福田・小沢の党首会談は、中曽根元首相&渡辺恒雄氏(読売の
ナベツネ)がセッティング(森元首相&中川元幹事長も協力?)をした
と言われているのだが。<このあたりは、また機会があれば書きたい>
 
 福田首相&陣営が、この会談の提案に応じるのは、当然のことだと
思う。
 福田氏は、首相就任時から民主党に協議&協力を呼びかけていたし。
実際、秋の臨時国会が再開してから、衆参ねじれ国会の影響に加えて、
アレコレの問題が噴出して、給油新法のみならず、1本の法案も成立
していない現状に、大きな行き詰まりを感じていたと思うし。

 しかも、給油新法その他で、アメリカからの圧力も強まっている上
<*2> 党内の超保守派が「福田おろし」の準備をどんどん進めて
いることもあり、ここは何とか訪米を控えていることもあり、福田政権
として、事態の打開をはかりたいと考えていたと思われる。

<何か、米政府も連立を歓迎しているような記事(*2)を見ると、
以前書いた「アメリカ圧力説」も、少しは「アリ」かも?(・・)>

* * * * * 

 でも、何故、小沢氏がこの会談の提案に応じた&福田氏のいう「新しい
体制」作りに乗ったのかが疑問なわけだが。
 小沢氏の会見や報道などを見て考えた結果、現時点では、大きく言えば、
2つの理由があったのではないかと思う。

1・福田氏と小沢氏は、憲法観&国家観で共通するものが多く、自分たち
の理想とする「日本のあり方」を実現するために、お互いが組むことが
望ましいと思ったから。

<今回は、特に国連中心主義の恒久法作りで、話が合ったことが大きかっ
たようだ。
 この件は、機会があれば、またゆっくり書きたいのだが。それは、いわ
ゆる超保守派(復古主義的な改憲&国家再興勢力)が目指す米国と組む形
の憲法改正、安保政策、国際貢献を含む軍事政策や、国民の生活を軽視
する新自由主義を信奉する勢力に歯止めをかけることにもつながるし。
民主党の方針にも重なる部分が大きく、理解できる面がある。
 また、小沢氏は、現実的&策略派の部分もあるが、実は政治家として
国家観や理念にこだわっており、目の前の現実に対する策略は自分の
理念を実現するための手段だと考えているようなところがある。>


2・小沢氏は、民主党の議員たちには、まだ政権を担当する能力が十分
備わっておらず、また次の衆院選で過半数をとれる可能性は低く、政権
交代の実現は困難だと考えていたから。
 
<小沢氏は、おそらく政策立案や国会対策、官僚との対応などにおいて、
民主党に議員たちに、野党根性的な考え方や習性が根付いている人たち
が多く、現状を見すえて対応する能力がある人が少なくないと思ったの
ではないだろうか?<もしかして、突然のISAF自衛隊派遣発言も、
党内の反応を見るためかも知れないと思ったりもする。>
 だから、小沢氏としては、ここで自民党との連立か政策協定を行なっ
て、政権を担うということはどういうことなのか、民主党の議員たちに
経験&実感して欲しかったのかも知れない。
<考えたら、自民党から来たベテラン議員&菅直人氏などを除けば、
政権与党で閣僚や要職を経験したことがある人はいないのよね。^^;>
 
 また、いつ衆院選になるかわからない&衆院選で与野党を逆転するのは
容易ではないのに、現職議員も含め、候補者たちの意識や努力が十分で
ないことに、イラ立ちも覚えていたようだ。(-"-;)>

* * * * *

 私は、小沢氏の考え方とは異なる部分もあるのだけど。
 でも、彼が今の国政の状況や流れ、そして民主党の現状を憂慮した
気持ちがわからないわけではない。

 ただ、だからと言って、小沢氏が行なった今回の会談&連立の話を
是認することもできない。(**)

 確かに、マスコミの報じ方にも問題があったように思うけれど。この
一連の小沢氏の言動は、国民が政治不信になったり、政治に関心を失う
<やっぱ、国民不在のところで政治が動くと思わせる>要因になって
しまうように思うからだ。(@@。

 しかも、今回のことで、最もダメージを受けたのは民主党にほかなら
ない。民主党は、これから体制を建て直すために、多大なエネルギーと
時間を使うことになるだろう。
 共闘している野党との、信頼、協力関係構築をするのも大変だ。
<折角、共産党もちょっと協力的になっていたのにな~。^^;>

* * * * *

 となれば、福田自民党には、と~っても有利になるはずなのだが。
でも、おそらくここから、小沢氏との密談、連立or政策協定に失敗した
福田首相&陣営への疑問や批判の声が強まるのではないかとも思われる
節がある。(・・)

 そうすると、結局、誰を利することになるかと言えば、アメリカと
アレコレの計画を進めている超保守派(改憲&国家再興勢力)ではない
かと・・・。(゚Д゚)
 
 この会談を改憲派の中曽根、渡辺氏&森・中川氏がセッティングした
と言われていることを思うと、ますます疑心暗鬼になってしまっている
mewなのであった。(@@。
 
 、

    <つづく>             THANKS
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠ギリギリの攻防。何とか残るために、ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位陥落のまま、なかなか上がれず。 ^^; 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

(mewはランキングが)アブナイ&らんき~な お玉喜八もよろしくです。





*1

『民主党の小沢一郎代表の会見要旨は次の通り。

 民主党代表としてけじめを付けるに当たり私の考え方を申し上げます。

 福田(康夫)総理の求めによる2度の党首会談で、総理から要請のあった連立政権樹立を巡り政治的混乱が生じたことを受け、民主党内外に対するけじめとして民主党代表の職を辞することを決意し、本日、鳩山由紀夫幹事長に辞職願を提出し、執行部をはじめ同僚議員に私の進退を委ねました。

 2日の党首会談で、福田総理は「衆参ねじれ国会」で自民、民主両党がそれぞれの重要政策を実現するため、民主党と連立政権を作りたいと要請するとともに、政策協議の最大の問題である安全保障政策について極めて重要な政策転換を決断された。そのポイントは(1)国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は、国連安保理もしくは国連総会によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る。特定の国の軍事作戦には我が国は支援活動をしない。(2)新テロ特措法はできれば通してほしいが、両党が連立し新しい協力体制確立を最優先と考えているので、連立が成立するならばあえてこの法案成立にこだわることはしない。福田総理はその2点を確約された。これまでの我が国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力活動の原則を確立するもので、私個人は、それだけでも政策協議開始に値すると判断しました。

 民主党は、参院第1党の力を活用して、マニフェストで約束した年金改革、子育て支援、農業再生をはじめ「国民の生活が第一」の政策を法案化して参院で提出しているが、衆院では依然、自民党が圧倒的多数を占めている現状では、これらの法案をいま成立させることはできません。逆にここで政策協議を行えば、国民との約束を実行することが可能になる。

 もちろん民主党にとって次の衆院選に勝利し、政権交代を実現して「国民の生活が第一」の政治を実現することが最終目標です。しかしながら民主党はいまださまざまな面で力量が不足しており、国民からも「自民党はダメだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか」と疑問が提起され続け、次期総選挙の勝利は大変厳しい情勢にあると考えている。その国民の皆さんの疑念を払しょくするためにも政策協議を行い、我々の生活第一の政策が取り入れられるならば、あえて民主党が政権の一翼を担い、参院選を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営の実績を示すことが、国民の理解を得て民主党政権を実現する近道と判断した。また政権への参加は、私の悲願である政権交代可能な2大政党制定着と矛盾するどころか、民主党政権を早めることによってその定着を確実にすると考える。

 以上の考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し「政策協議を始めるべきではないか」と提案したが、残念ながら認められませんでした。それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しいと考えます。よって、民主党代表として、また党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対し、けじめを付ける必要があると判断しました。

 もう一つ、中傷報道に抗議する。党首会談に関する新聞、テレビ報道は、報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、強い憤りをもって抗議したい。

 私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が連立を持ちかけたとか、果ては今回の連立構想について「小沢首謀説」なるものまでが公然と報道されています。いずれも全く事実無根です。

 朝日新聞、日経新聞等を除きほとんどの報道機関が政府・自民党の報道を垂れ流し、世論操作の一翼を担っているとしか考えられません。それにより私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを徹底的にダウンさせることを意図した明白な誹謗(ひぼう)中傷報道で、強い憤りを感じる。

 また、自己の権力維持等のために報道機関に対し、民主党に対する誹謗中傷を流し続けている人たちは、良心に恥ずべきところはないか、自分自身に問うてみるべきだ。

 ◇一議員となっても、次の総選挙は全力投球

 --今後の政治活動。議員を続けるかどうか、離党の可能性は。

 小沢氏 離党するなどということは今言っていないし、今後の政治活動についてはこれからゆっくり考えます。

 --大連立にどんなイメージを抱いていたか。

 小沢氏 連立というのは、皆さんご承知の連立でほかに二つも三つも解釈はないでしょ。通常通りイメージしています。

 --辞意を決意した時点は? この時点で代表を辞すのは、衆院選に向けてマイナスになるが。

 小沢氏 辞職願を出そうと考えたのは昨日。今朝、幹事長に届けさせた。私は一議員となっても、次の総選挙については全力で投球する決意は変わりません。ただ、この党首会談を巡って、このような報道が、私の不徳の致すところで繰り返されることは、党にとって決してプラスでない。また、党内的にも、やはりわが党はまだ若いですから、これを機会にみんなで考え議論して、本当に国民の期待に応えられる力強い、本当の意味での民主主義、民主党になっていただきたいというのが私の願望で、そのきっかけになればいいと思いました。

 --これまで批判を続けてきた自民、公明と手を組むのは、国民の理解を得られると思ったか。

 小沢氏 生活第一と我々が国民に約束したその政策が、協議によって現実のものになるなら、大変いいことと思います。国民にとって必要な政策を実行するための政治でしょ。それが実行されないでいたんでは、政治の意味がない。参院で過半数に近い議席を与えられたことによって、形はどうあれ、国民にとって必要な大事な政策が実行されるならば、大変結構なことだと私は思います。

 --民主党は何が力量不足か。衆院選前の辞任は、参院選で投票した有権者への裏切りでは。

 小沢氏 政権担当能力が本当にあんのかとか、あらゆる面でまだ今一歩という感じ。また、私に関しては、国民の皆さんに、こういうことになったことを申し訳なく思っていますが、事実無根の中傷報道がなされていたんでは、私がいることが党にマイナスになると判断した結果です。

 --役員会での反対は予想していなかったのか。説得できるとしていたならば、見込み違いは。

 小沢氏 見込み違いだとか、思惑を持っていたわけではない。国連の活動以外は、自衛隊、軍隊を海外に派遣しないというのは、今までの政府の憲法解釈の大転換だ。私がずっと主張してきたことだ。安易な軍隊の海外派遣はどのような結果を国民にもたらすか。歴史をひもとけばわかる。二度と過ちは繰り返さないためにも、国連を中心にみんなと平和を守っていく。そのために日本は最大限の努力、貢献をしなくてはいけないと言い続けてきた。国民生活の安定と安全のために大事だと思い、私個人としては大転換を福田総理が認めた一事をもっても政策協議に入ることはいいんじゃないかと思った。<毎日新聞 4日> 』



*2

時事通信より、海自の給油活動、自民・民主連立への米国の反応

『2007/10/31-07:39 海自撤収で作戦効率低下=停泊補給増加、「テロの危険も」-米高官
 【ワシントン30日時事】米国防総省高官は30日、インド洋で給油活動を実施している海上自衛隊の艦艇が現行のテロ対策特別措置法の期限切れに伴い撤収する見通しとなったことについて、「他の艦艇が港に停泊して補給を受ける時間が増え、柔軟性が損なわれる」と述べ、作戦の効率性低下は避けられないとの懸念を表明した。
 同高官はまた、2000年にイエメンのアデン港で燃料補給中だった米駆逐艦「コール」が爆破された事件に触れ、「港での停泊が増えると、それだけテロ攻撃の標的となる危険性も増す」と指摘した。
 ただ、国防総省のモレル報道官は記者会見で、「米軍が必要とする燃料は代替手段により確保していく」と述べるとともに、対アフガニスタンの「不朽の自由作戦」全体に大きな支障は生じないとの見方を示した。
 海自給油の再開のための新テロ対策特別措置法案の成否が不透明な情勢となっていることについて、同省高官は「日本はこれまで貴重な貢献を果たしてきた。テロとの戦いは息の長いものであり、日本が今後の自身の役割をどう考えるかが問われている」と述べ、早期成立に期待を示した。

* * *

 2007/11/02-00:34 給油再開へ働き掛け継続=福田首相訪米時にも直接要請へ-米政府
 【ワシントン1日時事】ぺリノ米大統領報道官は1日、記者団に対し、インド洋で給油活動を行ってきた海上自衛隊艦艇の撤収について、「日本は対アフガニスタン作戦に従事する部隊の支援で重要な役割を果たしてきた。われわれはこれを続けてほしいと望んでおり、日本側と話し合いを行っていく」と述べ、早期再開に向けた働き掛けを継続する方針を表明した。
 同報道官は「福田康夫首相は約2週間後にここへ来る」と述べ、今月中旬にワシントンで行われる日米首脳会談で、ブッシュ大統領が早期再開を直接要請する見通しを示した。また、これに先立ち来週訪日するゲーツ国防長官も、福田首相や石破茂防衛相らとこの問題を協議する。

* * *

2007/11/02-06:38 給油再開「数週間内に」=今国会の新法成立促す-米国防長官
 【ワシントン1日時事】ゲーツ米国防長官は1日の記者会見で、日本政府が海上自衛隊によるインド洋での給油活動を中断したことについて、「比較的速やかに、願わくば数週間以内に再開してほしい。数カ月以上もかかってほしくない」と述べた。同長官の発言は、活動再開のための新テロ対策特別措置法案を今国会で成立させるよう事実上促したものとみられる。

* * *

2007/11/03-00:40 大連立構想、米政府は歓迎か=安全保障問題の「政治化」懸念
 【ワシントン2日時事】福田康夫首相が2日、小沢一郎民主党代表に提案した大連立構想について、米政府は、日米同盟の安定を維持する上で歓迎しているとみられる。米国内では、小沢代表が安全保障にかかわる重要案件を政争の道具に使っているとの懸念が根強いだけに、日本政治の安定化に向けた大連立という選択肢を米国は評価する可能性がある。
[PR]
by mew-run7 | 2007-11-05 06:03 | 政治・社会一般 | Trackback(24)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/6740515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2007-11-05 09:34
タイトル : 07年11月5日 一日遅れのテロップ集
07年11月5日 一日遅れのテロップ集  昨晩から民主党の小沢党首の辞任で政界はひっくり返っているが、そのテロップ集は後ほど。 1・報道2001の関東府県の投票予定だが来週の番組のときはどうなっているのだろう。その結果で民意がどうなっているかが狭い範囲だが推測できる。  しかし、私は来週の月曜日にOpで入院しますので病院へ行くまでに書き込むように努力します。     2・朝日新聞の2日の党首会談を巡る動き {/arrow_r/}(ここをクリック) 3・MBS時事放談の守屋問題のテロップ {...... more
Tracked from メゾフォルテからあなたへ at 2007-11-05 11:59
タイトル : 政策の実現のために
いくらよい政策であっても、実現できなければ絵に描いた餅っていうことがあるでしょ。 ちゃんと餅にするためにはいい方法があるの。 餅つき大会がいいと思うんだけれど。                   暮らしから物事を考....... more
Tracked from ちょっと一言 at 2007-11-05 12:09
タイトル : 結局は「総理大臣になりたくない」小沢一郎?
 昨日の午後、小沢民主党代表が辞意を表明した。 全く政界は一寸先は闇だ。  小沢一郎氏の現在そして近い将来の役回りはそう遠くない時期に明らか... more
Tracked from I CAN'T TELL.. at 2007-11-05 15:21
タイトル : 民主党小沢代表 辞任のマトメ
福田「小沢が山田洋行と癒着してるらしいぞ、守屋をトカゲの尻尾にしよう。」→守屋の証人喚問が始まる 小沢「やべえ、福田に山田洋行との癒着がバレてる!次はこっちに矛先が来る!」→小沢は慌てて福田に頭を下げて連立を申... more
Tracked from とりあえず書いてみようか at 2007-11-05 15:30
タイトル : 大連立(構想)騒動における小沢党首の不思議な行動
 自民と民主の大連立構想が持ち上がり、すぐに挫折したのはご存知のとおり。「なぜに突如大連立か?」メディアも騒がしい。持ちかけたのは「福田だ」「いや小沢の方から」と水掛け論も続く中、もっともらしくテレビや新聞で評論家(大学教授含む)などが言いたい放題である。  さて大連立をすべきかどうか。政治が混迷を極めるなか、なかなか法案が成立せず停滞がつづくことはいけないと、これを肯定する考えもあるようだ。しかし私の結論をいってしまえば、大連立など「なし」である。理由は簡単。これほど立憲民主主義にとって「命取...... more
Tracked from とりあえず書いてみようか at 2007-11-05 15:31
タイトル : 小沢代表辞任会見を見て思う(その1)・・・私が大連立に関..
 前回のブログで大連立の挫折の件について書いたが、時を経るまもなく小沢代表の辞任である。前回から1日経過していないけれど、ことがことだけに小沢氏辞任の件に関し書かざるを得ない。  昨日の記者会見は最初から最後までテレビで見ていた。今まだ深夜1時過ぎであるし新聞による要旨も当然読んでいない。したがってメディアによる都合のいいところ悪いところを省いた状態で読まされる(みせられる)危険のない、ライブでの記者会見の全てをみた私の感想を書きたいと思う。   小沢辞任の理由は次のとおり。ビデオをとっ...... more
Tracked from とりあえず書いてみようか at 2007-11-05 15:31
タイトル : 小沢代表辞任会見を見て思う(その2)・・・小沢代表の参議..
  (その1)で小沢氏の今回の行動に対する反対の理由をのべた。それはそれとして、ここではあらためて小沢氏の考えと参議院選出の大きな勝利による立憲民主主義への彼の貢献度についてのべておきたい。  私のブログを読んでもらえば気づかれると思うが、実は9条解釈に関し私と小沢氏の見解はほぼ同じである(と思う)。私は小沢氏の本は一度も目を通したこともないし、彼のホームページも見たことはない(あるのかどうかも知らない・・・多分あると思う)。ただ憲法を真面目に学んだ点では彼も私も同じであるということだ(だからと...... more
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2007-11-05 16:33
タイトル : 07年11月5日 月曜日 民主党騒動今日の番組から
07年11月5日 月曜日 民主党騒動今日の番組から  此の様な問題は、刻々事態が変わるので明日にしようと思ったが今日に揚げる。  私のブログで何度か小沢氏は自民党政権を持続するための野に放たれた里忍で、野党の中で政権を取るか持続しそうになると裏からぶっ潰す、今回も顕著にそれが現れている。  この問題で民主の支持率は下がるだろう。  彼は政治資金で不動産を買い党の心証を悪くする。守屋問題で取りざたされている山田洋行からの政治献金、自衛隊の海外派兵に対する考え方は見る角度によっては自民党より悪く感じ...... more
Tracked from 途転の力学 at 2007-11-05 16:53
タイトル : 小沢代表辞任の真相を探る(その1:連立の「根拠」に対する..
自民党総裁選で明らかになった政局の5人の役者たち。 小泉が政局に絡む意志を見せて先手を打ち、 野中が「大連立」打診で仕掛けたが、 大博打を打ったのはやはりこの人小沢だった。... more
Tracked from ナゴヤ人伝説。税理士バッ.. at 2007-11-05 17:05
タイトル : いち小沢塾出身の立場から
民主党、小沢代表の辞任会見をやっている。一体何があった? 管理人、右サイドバーに小沢一郎政治塾のカテゴリーがあるとおり、小沢塾の卒塾生。政治家には興味はないが、諸々の勉強のために2年間お世話になった間柄にある。 2度に渡る福田首相と民主党小沢代表のサシでの会合、その中で自民党と民主党の大連立の話がなされ、民主党が拒否の姿勢を示したところまでが昨日のお話。 このネタ、取り扱い注意につきスルーとしたが... more
Tracked from らんきーブログ at 2007-11-05 17:40
タイトル : 政界再編から解散総選挙!その時、野党は存在する?【小沢辞..
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪  ↑上記リベラルブロガーへのポチっと応援をそろそろお願いしま~す^^【選挙は近い?】 ウータン康夫と小沢一郎の密室会談のオチが意外な「小沢辞任」騒動になってしまった。 誰か...... more
Tracked from 差し迫る危機、そなえよ at 2007-11-05 17:49
タイトル : 会談の内容を暴露 自民党幹部から?
なんか次々に暴露本みたいに情報が漏洩してくる。 これも民主党を危機に陥れる策略なの かな。 だいたい 福田首相と小沢氏が ”2人” で 密室会談したのに このような情報がポロポロ出てくることが、おもしろい。 複数の関係者の話とは、誰々 なのだろうか。 公正な正確な報道に関し、このような情報がどちら 自民党側からなのか、民主党側からなのか ぐらいは、明確にしてほしいものだ。 でないと故意か過失かを問わず、世論操作になってしまうのでは、と思う。 ここで重要なのは、どちらから持ちかけた などと言う事...... more
Tracked from JUNSKYblog2007 at 2007-11-05 18:56
タイトル : 民主党・小沢氏慰留の代償に、自民党と『政策協議』か?!
 昨日の、政界にある多数の『坂』の一つ「まさか」辞任を表明した小沢氏の件。  今日(2007年11月5日・月)午後には、役員会を開き、慰留を決める手はずになっていたようだ。  そして、その役員会では慰留を決めたそうだが、実際にはなかなか難しいようだ。  また、慰留に繋がる流れとして、『自衛隊の海外派兵』など『個別課題』で『政策協議』を行う方向で事態打開をはかるつもりらしい。  結局、自民党の『思う土壺』にはまってしまったことになる。  小沢氏は、自らの政治“生命”と肉体的生命の残りが、ますます...... more
Tracked from 晴天とら日和 at 2007-11-05 20:30
タイトル : フクダ&マチムラ、小沢さんが辞任した途端に、早速、掌返し..
 いつも、  当ブログをご訪問して頂きありがとうございます!   「自民党」のエンド目指して頑張りましょう!   そう、頑張っていくしかないと思っています! (お読み頂けた後は、ついでに、と、言うより、肝腎なといいますか、 ランキング=ポチッを押して....... more
Tracked from 喜八ログ at 2007-11-05 21:07
タイトル : 小沢代表に何があったのか?
小沢一郎氏に何があったのか。奇々怪々であり不可解であります。様々なブログにて色々な「情報」が飛び交っています。どれが「真実」でどれが「ガセ」なのか。私「r」には検証する事が出来ません。... more
Tracked from kimera25 at 2007-11-05 21:27
タイトル : 小沢辞任「私考」:kimeraの真相にせまる!
小沢:君が一番苦しんだのを民主が政権を次の衆院では不可という事実に国民のタメに政治を止めてはナラン等と言うナベツネや中曽根にだまくらかされたのが辞任の真相!読売のおかしなリード30日の会談の時に31日の紙面で「大連立か」という記事を載せたこの段階では話はあってもオフレコのはず!それが「読売」からリークされたのが陰謀の最初のバレバレ!こんなの社主ナベツネ近辺と自民中曽根・福田付近のリーク!これは間違いない!小沢は漏らさない!つまり保守本流経済界+自民=読売系ではめるという図式が出来て爺中曽根なら小沢も応...... more
Tracked from みんななかよく at 2007-11-05 23:04
タイトル : 読売新聞、自作自演?
? 福田首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表の党首会談で、民主党が連立政権に参加した場合、小沢氏が副総理格の無任所相に就任することで合意していたことが4日、明らかになった。 ?  両党首は連立政権の17閣僚の配分を自民党10、民主党6、公明党1とすることで... more
Tracked from kabachi−カバチ− at 2007-11-06 08:23
タイトル : 続 小沢氏動く!?
小沢氏は回答留保 鳩山氏ら辞任撤回要請(共同通信) - goo ニュース 小沢さんはなぜ辞任の意思を表明するにとどめ、 その受け入れを一任する形にしたのか? 辞任の意思は固いのに、その理由は如何に? ?党内同志の見極め ?反小沢一派への自己顕示 ?民主党組織の脆弱さのさらなる露呈 国際安全保障には一家言もってる方だし、 特に米国との関係は大事に思ってる方なので、 テロ特反対の立場を取ってしまったが、そのくせ早く米国との関係は改善したい。 小沢さんの中での今の喫緊の課題はそうであろうし、 それを...... more
Tracked from Like a rolli.. at 2007-11-06 08:45
タイトル : メディアの逆ギレに呆れ、有権者としての方向性を定める・【..
昨日の小沢代表辞表提出の後、もやもやした気持ちの人が多いのでしょうけれど、町や職場はもっぱら政局論にあふれていて、けれど(もちろんわたし自身、人のことは言えません)政治「評論」が市民の政治と向かい合う唯一のスタンスであってはあまりに無益です。 わたし達には選ぶ... more
Tracked from SIMANTO BBS at 2007-11-06 09:41
タイトル : 集え有志よ…電脳空間の「梁山泊」へ!(99)
2007/11/06 替天行道の旗を電脳空間に翻す、サイバー梁山泊 民主・共産の大連立構想を…BLOG BLUESさんが立ち上げた。ちょっと非現実的なところが面白くて、simanto114 も参戦を決意…非現実的と言っても、「政治の世界は、一寸先... more
Tracked from 王様の耳はロバの耳 at 2007-11-06 11:11
タイトル : 小沢辞意表明 藪の中
会談内容で食い違い=新テロ法、連立持ち掛け−福田首相、小沢氏 (時事通信) - goo ニュース 小沢氏の辞任表明を受けてTV番組でてんやわんやが流されます。 昨晩の「タケシのTVタックル」今朝は「みのさんの朝ズバ!」別の番組では小沢氏の元側近平野氏も出演していました。 {/usagi/} 党首会談の内容についても、福田総理は「新テロ特措法の成立に拘らないとは言っていない」とか「自衛隊の海外派遣の原則について説明がかみ合わない」そうだ。 よく言う「藪の中状態」である。 そもそも今回の党首会談という訳...... more
Tracked from JUNSKYblog2007 at 2007-11-06 17:58
タイトル : 大連立 仕掛け人は中曽根・ナベツネ ライン?
 2007年11月5日の「報道ステーション」(テレ朝)を見ていたら、中曽根康弘元首相が、大連立を勧めたことを自ら語り、ネベツネ(讀賣新聞 渡辺恒夫氏)さんが随分以前から福田氏や小沢氏に個別に会っていたようだと言っていた。  中曽根氏が仕掛け人であることは、どうやら事実のようだ。 それを得意がって発言する中曽根氏も「老害」以外の何者でもない醜態であった。  中曽根氏といい、ナベツネ氏と言い、大正生まれの御老人であり、こんな老害人士に左右されている自民党総裁(首相)も民主党党首も無能というほかは無い。 ...... more
Tracked from JUNSKYblog2007 at 2007-11-06 18:46
タイトル : それでも大連立を目指すべきだ! 読売新聞 (11/5)
 きのうの記事で、中曽根元首相と讀賣新聞のナベツネが大連立の筋書きを書き、クロコ(黒子)もやった(中曽根氏本人の弁)ことを書いたが、11月5日の讀賣社説では、「それでも大連立を目指すべきだ」と書いている。  この讀賣の動向は、昨日の各局のニュース・ショーで、複数のコメンテイターが言及していた。   参議院選挙直後の8月にも、この伏線となる記事を書いたそうだ。  元の記事は、結構長いが、“歴史的文書”?になるかも知れないので、Web版から引用しておく。  なお、この中でドイツでの“成功例”を論じてい...... more
Tracked from BBRの雑記帳 at 2007-11-06 21:20
タイトル : [民主党]あうんの呼吸と「泣きどころ」
昨日の話の続きではあるのですが、露骨にドタバタしてますねえ。 民主・小沢氏「心の整理に時間」・慰留に回答を保留(NIKKEI NET) (元ニュースはこちら) (記事引用) 民主党は5日、党本部で役員会を開き、小沢一郎代表が提出した辞職願を受理せず、慰留...... more