「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40
佐川は虚偽答弁の疑い濃厚。財..
at 2018-02-11 07:21
森友答弁は、佐川に指示した上..
at 2018-02-10 04:39
産経、フェイク記事で謝罪~沖..
at 2018-02-09 03:27
望月衣塑子、森ゆうこのプチ対..
at 2018-02-08 15:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
他人事ではない台湾東部の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米トランプ大統領のアメリ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47
mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51
mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢退席の怪&影響の大きさ+政府与党は野党&国民をナメ始めたかも

 11日に衆院再可決によって、新テロ特措法が成立してから、今日
までTVやネットなどで様々な報道系の番組や記事を見ているが・・・。

 特にTVでは、新テロ特措法や衆院再可決の問題点を大きく取り上げ
たり、強く批判するようなものはほとんどない上、残念ながら、小沢氏
の議決時の退席の件がセットでついて来るところが多い。

 当の小沢氏は、何の謝罪も釈明もせず。代わりに鳩山幹事長が、
あちこちで釈明を繰り返しているが。<TVでは謝罪もしていた。>
 今さらどう言ったところで、あとのまつりという感じがしてしまう。

 思わず、知人と「もしかして小沢氏は、何か特別な事情でもあって
あんなことをしたのだろうか?」と、また得意の(?)憶測ごっこを
してしまった。
<すご~くうがった見方をすれば、何か圧力か脅しがかかって、自民
党のアシストのために、退席したと考えることもできなくはない。
先日も、秋山直紀氏が参考人質疑の時に、わざわざ小沢氏の名を出し
たりしてたしね~。>

 だって、いくら国会欠席はお得意の小沢氏だって、11日の本会議
はと~っても特別なものであることぐらいはわかっているはずだし。
民主党のスタッフだって、しかりだろう。
 大阪府知事選の応援に遅れたとしても、こっちの方が大事に決まって
いる。<というか、下手すれば、大阪府知事選にもマイナスになって
しまうかも知れないんだしね。>
 しかも、1時から本会議には出ていて、裁決の5分前になって、いき
なり出て行ったというのも、何だかミョ~な感じがしてしまう。(・・)

 まあ、小沢氏的に、何か思うところがあったとか、意に反することが
あったとかで、あえて退席したという可能性も否定できないけれど。
 理由や事情はどうあれ、彼の退席が、政府与党に対する疑問や批判を
大きく減じることに貢献したのは、明らかであろう。(ーー;) 

 また、これは後日改めて書きたいけれど。
 今、政府与党が一番やりたいことの一つは、民主党内に亀裂を生じ
させたり、野党共闘を崩したりすることだと思われる。
<民主党&野党共闘がうまく行かなくなれば、衆議院選挙や通常国会
運営などにとって有効だし、うまく行けば衆参の過半数の確保につな
げることもできるので。>

 そして、この小沢氏の退席行為は、民主党内でまた小沢氏に対する
不信感を抱く者が出たり<それは、民主党が割れるきっかけにもなり
得るし)、他の野党政党が小沢民主党にさらなる不信感を募らせたり
することにもつながってしまうことだろう。
<ただえさえ、この1~2ヶ月、党内も他党との関係もゴタゴタして
スムーズに行っていないのに。(-_-;)>
 その面でも、今回のことは、政府与党に対して、大きなアシストに
なってしまったかも知れないわけで。
 それを思うと、ますますイラついて来てしまうmewなのだった。(`´)

* * * * *
 
 そして、やはり、政府与党は、私が恐れていた方向に進もうとして
いることがわかり、ますますイラ立ちを募らせてしまうところがあった。

 正直なところ、政府与党が、衆院再可決で新テロ特措法を成立させる
であろうことは、おそらく多くの人がわかっていたことだと思うが。
 私はそれを前提に、野党やマスコミなどに、できるだけたくさん、
新テロ特措法や自衛隊の海外活動&国際貢献の問題点や、衆院再可決を
行なうことの問題点をアピールしておいて欲しいと、そして国民の
関心や警戒心を呼び起こしておいて欲しいと、強く強く願っていた。

 というのは、政府与党は、次なる段階として、自衛隊の海外派遣に
関する恒久法を作ること、そしてこの恒久法も含め、参院野党と対立
しそうな法案に、また衆院再可決を使うことを模索していたからで
ある。

* * * * *

 本当は、政府与党は、もし野党やマスコミがうまく国民の関心を
呼び込んで、国民がイラク特措法や今回の衆院再可決に大きな抵抗感
や怒りを示したらどうしようかと、少しビクビクしていたところも
あったのだ。
<特措法や再可決&福田内閣支持率の世論調査の数字も、あまり
よくなかったしね。(・・)>

 でも、野党(特に民主党)やマスコミ(特にTV)は、その働き
をできないまま終わってしまい、国民は今回のことにさしたる反応を
示さないままでいる。

 きっと政府与党は、それを見て、かなり安堵したことだろう。
<「やっぱ、野党はたいしたことはない」「国民の反応も気にする
ほどのものでもないかも」とナメられてしまったところもあるかも
知れない。(-"-;)>
 
* * * * * 

 案の定と言おうか・・・政府与党は、早速、今週から始まる通常
国会で、自衛隊の海外派遣の「恒久法」を作ることに、マジで取り組む
ことを考え、アチコチでそれに関する発言をし始めた。(>_<)
<しかも、この恒久法で民主党を切り崩すことも考えている感じが
ある。^^;>
 
 さらに、政府与党は、今後も、必要に応じて、衆院再可決の方法を
用いても大丈夫ではないかと考えるようになっており、そのことも
チラホラと公の場で、示唆し始めている。
、11日、町村官房長官が再可決について、「重みのある案件では
(今後も)そういうことはあり得るということ」だと述べていたし。
12日には、谷垣政調会長がガソリン税などの暫定税率の延長問題を
めぐり「結論を出すために衆院で3分の2(の再可決)を使わなければ
ならないかもしれない」と語ったという。
 他にも何人かの政府与党幹部がそのような発言をしているのを見聞
した。(ーー;) 

 昨秋あたりまでは、自民党議員の中にも、再可決には慎重な姿勢を
示す人が少なくなかったのだが、「憲法で認められているんだから遠慮
することはない」といった意見が大勢を占めて来ているという話も出て
いた。
<公明党は相変わらず慎重っぽいけど?・・・太田代表の「再可決の
制度はかなり浸透してきた」というコメントは、意味がわからず。^^;
いつ誰に浸透したの?(**)>

 そのことを考えても、今回、野党が十分にこれらの問題をアピール
できずに終わったことや小沢氏の退席の件は、日本の国政にとって、
大きなマイナスをもたらしてしまったかも知れない。

 これは「どげんかせんといかん」とマジでアタマを抱えてしまって
いるmewなのだった。(@@。  


  <つづく>           THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠の崖っぷちに。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位の攻防中。(・・) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m






『与党が11日、新テロ対策特別措置法を衆院の3分の2以上の賛成で再可決したことに野党側は「暴挙だ」などと反発を強めている。与党は「憲法規定だ」と正当性を主張しているが、再可決の是非論争は通常国会でも続きそうだ。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者会見で「衆院は郵政解散による議席だ。直近ではない民意で可決した。本来は廃案にすべきで、再可決という暴挙に強い憤りを覚える」と語った。

 共産党の志位和夫委員長も「ひとかけらの大義もない歴史的暴挙。米国のいいなりという姿勢があらわになった」と痛烈に批判。社民党の重野安正幹事長も「異常な事態だ。両院協議会などの手続きも取らなかったのは大変遺憾だ」と述べた。

 また、国民新党の綿貫民輔代表は「与野党が汗をかいて(難問を)打開していく努力が見られないことに不満を持っている」と苦言を呈した。

 一方、自民党の大島理森国対委員長は「国会には結論を出す仕事がある」と主張。谷垣禎一政調会長は「国民生活にマイナスの影響を与えないため、再可決を使わないとならない場合もある」と指摘し、次期通常国会でもガソリン税などの暫定税率の延長問題でも再可決を利用する可能性を示唆した。

 公明党の太田昭宏代表は「再可決の制度はかなり浸透してきた」と述べ、国民の理解は得られるとの認識を示した。<毎日新聞 11日>』
[PR]
by mew-run7 | 2008-01-13 15:08 | 政治・社会一般 | Trackback(8)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/7085352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 村野瀬玲奈の秘書課広報室 at 2008-01-13 15:19
タイトル : なぜ衆議院三分の二による再可決を問題にするのか (インド..
インド洋対米給油新法(新テロ特措法)が参議院で否決された後、57年ぶりに衆議院議席の三分の二の賛成による再可決という手段で成立しました。 この手続自体は憲法上、あるいは法律的に不正というわけでぎ..... more
Tracked from お玉おばさんでもわかる .. at 2008-01-13 17:23
タイトル : 給油新法案きょう成立』憲法59条適用 是か非か
ブログ「編集者が見た日本と世界」の松竹伸幸さんが、お玉の記事を伊勢崎賢治さんの新刊本に絡めて紹介してくださいました。ものすごくうれしかった・・・なので関連記事を書こうとしていたら・・・・ 先ほどコギ..... more
Tracked from 新三ログ at 2008-01-13 20:39
タイトル : 人権擁護法案にメディアは反対するのか?
人権擁護法案が議論本格化へと言うことである。人権用語法は、平成の治安維持法とも言われている問題の多い法律である。自民党人権問題等調査会の太田誠一元総務庁長官、古賀誠選対委員長、二階俊博総務会長ら幹筆..... more
Tracked from 一人でお茶を at 2008-01-13 21:06
タイトル : 再議決の評価
本日の四国新聞に、共同通信の電話世論調査の結果が出ていて、対テロ新法を評価するかという設問では「評価する」(44.1%)、「評価しない」(43.9%)、でほぼ拮抗。 衆院三分の二以上の再議決で成立させたことを適切だと思うか、という設問もありました。結果は以下のとおり。 ... more
Tracked from 携帯版雑談日記(徒然なる.. at 2008-01-13 23:13
タイトル : 晴耕雨読さんのところも読みごたえがあるけれど、このブログ..
 右下サイドエリアの「お散歩&TB先」(「お勧めサイト&ブログ」から変更)に新規追加してご紹介している、「CORYの雑記帳(きまぐれ手記)」さんです。  全部読むのは大変かもしれないですね。僕の場合、表題と全体を斜め読みしてから、これはと思うのをじっくり読みこんでます。グラフなどが多用されてい るのでそのてん助かります。ときどき使われている写真もなかなかのものです。ミンミンゼミの抜け殻とかカワセミとかどうやって撮ったのか興味津津ですネ。  ところどころの段落で紹介されている一文も参考になるものが多いで...... more
Tracked from 現政権に「ノー」!!! at 2008-01-13 23:49
タイトル : 新テロ対策特別措置法に見る政府与党の暴走ぶり!
1月11日金曜日、新テロ対策特別措置法が憲法第59条に基づいて可決された。実に57年ぶりに行われた衆議院での再可決。通算2回目とカウントされる今回の出来事について、我々は必要以上に恐怖を覚えねばならない。 ◆テロ対策特別措置法から新テロ対策特別措置法へ....... more
Tracked from kimera25 at 2008-01-14 00:12
タイトル : 悪魔の強姦魔か?自公オカルト権力集団の飽くなき利権食欲か..
<まくら>現実を観ざる!真実を言わざる!民意を聞かざる!これが自民の本質!************娘が学校に行く前に朝食をとりながらみてるらしい!「ちりとてちん」そこからうまれた記事を************「抜粋!」*****http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20080113spn00m200006000c.html連続テレビ小説「ちりとてちん」から“隠れた名曲”がヒットの兆しを見せている。男性シャンソン歌手の佐々木秀実(27)が4年前に発表した「聞かせてよ愛の...... more
Tracked from 嶋ともうみ☆たしかな野党.. at 2008-01-15 01:22
タイトル : 3分の2勢力の自民党は、衆議院の粗大ゴミ
 衆院解散・総選挙 任期満了までない 飯島元秘書官(「しんぶん赤旗」日刊紙200... more