「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

映画「靖国」の諸問題について思うこと(2)~制作者、出演者、議員の立場~+福田花見

 何かストレスが貯まっているので(?)、ブンブン書いて、編集もせず
書きっぱなしの長々とした文をどんどんアップしちゃうですぅ!(@_@。

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。


 さっきTVのニュースを見ていたら、新宿御苑で行なわれた福田首相
主催の「桜を見る会」の様子が映っていた。(**)
 こちらの桜は、八重桜ゆえ、今がまさに満開なのだそうだ。<福田
首相は問題が八重にも重なって、満載って感じかな?(ーー;)> 

 1万人の招待客があったそうだが。にしおかすみこやギャル曾根の姿
に、「はあ?(゚Д゚)」と思ってしまったりして。
<別に2人とも嫌いじゃないけど。何だかな~って思いません?(・・)>
 どうせなら、小島よしおを呼んで、ねじれ国会でかわいそうなぐらい
苦労している関係者に、「そんなの関係ねぇ」と開き直る術を教えて
もらえばよかったのにね。(~~)b sonohouga ii casting~?

 ・・・って思いながら、ネットの報道記事を見たら、「まあ、いろ
いろありますよ。物価が上がるとか、しょうがないことはしょうがない
のだから、耐えて工夫して切り抜けていくことが大事だ」と話していた
とのこと。(共同通信12日より)
 もう十分、開き直っていたみたいですぅ。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、前記事『映画「靖国」の諸問題について思うこと(1) 
~刀匠夫妻の思い~』のつづきを・・・。

私は今、刀匠夫妻のことを思うと、かなり複雑な心境にある。

 刈谷氏は、インタビューの場面を見ても、刀&刀作りを心から愛し、
誇りに思い、そして、その思いゆえに映画出演に応じたのだろう。
最後の靖国刀の刀匠として、その技や心、そして刀の姿を映像に残す
ことに大きな意義を感じたに違いない。

 私は映画自体は見ていないが、TVや映画の予告編など<コチラ>
で映像を見る限り、その思いは決して裏切られていないと。本当に
荘厳に美しく、カッコよく映っていると思うのだけど・・・。それは
靖国を信奉する人たちも含めて、きっと多くの人が認めるものだと
思うのだけど・・・。

 でも、もし映画自体が色々な意味で、刈谷夫妻の気持ちに沿わない
もので、そこに出演していることが、彼らにとって苦痛だとしたなら
・・・。ご夫妻が高齢で、きっとこの喧騒から早く逃れたいと思われ
ていると察せられるだけに、尚更、心が痛むところがある。(-"-)

* * * * *

 ただ、夫妻の要望通り、刈谷氏の出演した場面を削除すべきなのか
・・・と問われれば、答えはNOなのではないかと思う。<キャスト
から名を削除することは、可能ではないかと思うけど。(・・)>

 もし刈谷氏の出演場面が少ししかなくて、それを削除しても、映画の
構成や流れに大きな支障が生じないのであれば、また話は別だったの
かも知れないが。
 この映画は、刈谷氏の刀作りなどの場面が、全編にわたって登場し、
各シーンをつないでゆくメインのモチーフになっているとのことで、
それを削除しては、もはや、この「靖国」という映画は完全に壊れて、
作品として成り立たなくなってしまう。
 監督や製作スタッフとして、それは絶対できないことだろう。

 彼らとて、決して安易な気持ちで映画を作っているわけではないし。
刈谷氏に出演を依頼し、刈谷氏をメインのモチーフに使ったのも、
彼らの意図、メッセージや芸術としての表現であることを考えると、
また彼らなりに時間をかけて、この作品を作り上げて来たことを思うと、
尚更に、それはすべきではないと思う。
 もう一つの作品として完成し、すでに海外のいくつもの映画祭に
出品し、最優秀ドキュメンタリー賞まで受けているのだ。(**)

 もし刈谷氏らが、ど~しても削除したいと、または自分の出演場面
がある限りは上映を許容しないというのであれば、訴訟を起こす手が
ないわけではないが。
 年齢を考えると、訴訟をする(関わる)のはあまりにも大変だし。
訴訟を起こしたからと言って、勝てる見込みがあるわけでもないし。
逆に批判を浴びるおそれもあるし。決して、得策とは思えない。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 では、何故、こんなことになってしまったのか・・・。
 
 李監督が刈谷氏をだまして出演させたという人もいるようだが。
私は、現段階では、そうは思わない。
 彼は、刈谷氏に「戦後、伝承されなくなってしまった靖国刀の最後
の刀匠として取り上げたい」と手紙を書いたというが、実際、その
言葉通りに描いているのではないかと思われる。そこにウソはない。

 問題は、李監督の製作意図と刈谷夫妻の出演意図、イメージにくい
違いが生じてしまったことにあるわけで。李監督の説明が十分になさ
れていたのか、理解されていたのかというところに疑問を呈される
かも知れないのだけど。
 実際のところ、05年に出演依頼をした時や、06年の撮影をした
時などに、具体的&明確に作品のヴィジョンやイメージを伝えるのは、
かなり難しかったのではないかと思ったりもする。(・・)

 というのも、ドキュメンタリー作品や報道などに使われる取材映像
などに関しては<紙媒体でも同じようなことが起こり得ると思うが>、
ストーリーものを撮るようなシナリオがあるわけではないからだ。
 あらかじめ、ある程度、全体の企画や構成、進め方などを決めて
おいて、それに沿って撮影する場合もあるけれど。取材対象やコン
セプト、方向性だけを決めておいて、どんどんと撮影をして、最終的
に構成を決め、編集し終わって、初めて作品全体が見えて来るという
ケースも少なくないだろう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 07年4月に作品が完成して、刈谷夫妻が見た時に、自分たちの
考えやイメージと作品の趣旨が異なることに気付き、難色を示した
とされる。<監督は不安を訴えたという。刈谷氏側の方は、「困る」
と言ったという記事もあれば、この時点で「削除or再編集を要求した」
という記事もあった。>

 ただ、このようにドキュメンタリーなどの出演者が、映像を見て
<下手すると、放映後に>、難色を示したり、要望や苦情を言うこと
も稀ではないときく。なかなか両者のイメージが完全に一致すること
はないし。自分の姿や描かれ方を見て、「こんなはずじゃなかった」
とか「やはり人に見られるのは恥ずかしいから、放映されたくない」
と思うのは、むしろ自然なことかも知れない。<中には、出演場面が
少ないので、もっと使えとか、もっと見栄えのいいシーンを使えとか
いう要求をする人もいるとか。^^;>

 まあ、中には、作る側に問題のあるケースもあるようだが。実際
のところ、撮影した映像をどう使うか、どう編集するかは、通常は、
制作者サイドに委ねられていて、出演者側の思い通りには行かない。
映画のように監督の意図が大きく反映するものは、尚更だろう。
<そもそもすべての出演者の要求に応じていたら、ドキュメンタリー
の制作などできなくなってしまうかも。^^;>

 そして、制作側と出演側、または関係者などのイメージが違ったり、
クレームや要求がついたりした場合、監督やスタッフは、いかに出演
者などを説得して納得させるかが、重要な仕事になる。(**)
 だから、もし李監督やスタッフが、刈谷夫妻にかなり熱心に色々
と語って、刈谷夫妻が心から納得していなくても、その説得に押され
て、何となく了承するような意向を示してしまったのだとしても、
そのことで監督やスタッフを批判することはできないように思う。

<刈谷夫妻は高齢だし、なかなかビシッと言い返しにくかったかも
知れないということを考慮しても、止むを得ないと思う。(-"-)>

* * * * *

 では、刈谷夫妻が、決して本意でないのに、心の中では「本当は削除
して欲しいのに」と思っているうちに、話が進んで、どんどんと試写会
や国際映画祭の出品や、映画館での上映なども決まってしまったのだと
しよう。

 けど、mewはふと思うのだ。
 もし映画の前評判が思いのほかよくて、刈谷氏の出演場面も世間&
関係者から大きな評価を得たとしても、刈谷夫妻は、上映前に削除を
求めたのだろうか?(・・)

 もし週刊誌や政治家から「反日的」「偏向的」orその疑いがある
などと言われたり、想定外な形で国会やマスコミで取り上げられたり
することがなくても・・・、もし神社や刀匠の関係者や近所から、
何か言われることがなくても、それでも刈谷夫妻は、上映前に、削除
を求めたのだろうか?(・・)

 これは仮定の話ゆえ、何とも言えない部分があるけれど・・・。
 私は、もし助成金に疑問を抱いたとはいえ、国会議員までが「反日」
「偏向」云々などという言葉を使ったり、神社など周辺の人たちが
そのことを懸念したりしなければ、ましてや映画&刈谷氏の出演シーン
の評判がよければ、刈谷夫妻は、あえて出演シーンの削除を求めなかっ
た可能性が高いのではないかと思う部分がある。(**)

 もし自分たちの意図とはくい違いがあっても、作品も出演シーン
自体も評価され、「靖国神社」の名誉も、刈谷氏の刀匠としての
名誉も守られたなら、それが世間に認められるようなものであった
なら、ある程度、納得できたり、誇りに思えたりする部分も生じる
かも知れないし。少なくとも、今のように、大きく心が揺れたり、
心を傷めたりすることはなかったのではないだろうか?(-"-)

* * * * *

 このように考えた場合、私は、稲田朋美議員が2月に(週刊誌
いわく)「反日映画」に助成金を支出したことを問題にして、文化庁
に疑問を呈して試写を要求したことは、やはりこの映画にも、刈谷
夫妻にもかなり大きな影響を及ぼしたのではないかと思うのだ。(**)
 それは、有村治子議員にも、言えることだろう。

 私には、2人がたまたま個人的に、この映画に対する助成金に問題
を感じたのか、それともその背後で誰かが指示をしているのかはわか
らない。
 2人とも、日本会議や神道連盟に属しているけど、それらの組織が
今回の問題提起に関わっているのか否かもわからない。
 、
 それに2人とも、と~っても善良な国会議員のようで・・・それぞれ
に、自分たちはあくまで助成金支出の妥当性を問題にしているのだと。
国会議員として、大切な国民の税金を、問題のあるものに使われない
ようにするために、やっているのだと主張している。^^;
 決して、映画「靖国」にダメージを与えようとか、表現の自由を制約
しようなどという気があって、やっているのではないらしい。(@@。

 ただ、国会議員の言動というのは、特に国会や行政がからんだ場合
の言動というのは、民間の企業や一般人にとってはかなり影響力を
及ぼすことがある。<だから、陳情とか献金なんかをしちゃう人も
多いわけで・・・。(・・)>
 その言動が、何かを扇動することにつながったり、萎縮させること
につながったりすることは、十分にあり得ることだし。それは、彼女
たちに限らず、すべての国会議員が自覚すべきことだろう。

 しかも、私には、2人の国会や公の場での発言、文書を見ていて、
彼女たちが、助成金支出の要件を離れて、ことさらに映画「靖国」の
内容に立ち入ったり、関連事実を取り上げたりして、いかにこの映画
が「反日」「反靖国」的であるか、それをアピールすることに熱心な
ように感じられる部分があるのだ。(・・)
 このことに関しては、次回に具体的に例を挙げて、検討してみたい
と思う。

  <つづく>     THANKS
  

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 
できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-12 19:15 | 政治・社会一般 | Trackback(6)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/7727137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お玉おばさんでもわかる .. at 2008-04-12 22:43
タイトル : わたしたちは見てから語ろうよ。
ちょっとした集まりで、お玉のブログのことを言ったら「読んでます~~~」とおっしゃるか方がいて・・非常に驚きました・・まあ,、お相手の方の驚きはそんなものではなかったようですが・・・・・世の中狭いです...... more
Tracked from road to true at 2008-04-12 22:48
タイトル : 続・怒りと悲しみの後期高齢者医療制度
「国民健康保険特定健康診査等実施計画」なるものが配達されてきた。 いわゆるメタボ検診である。その対象は40〜74歳。 知っていたこととは言え、あらためて母がこの検診の対象からはずされているシビアな現実にショックをうけた。 「残存能力で生きろ」その言葉が頭の中でぐるぐるかけめぐった。 今日は、この制度による高齢者の経済的な負担増について少し具体的に書いてみたい。 その一、私が勤務する都市の場合。 これまでは国保の減免制度があったため、75歳以上の高齢者で年金収入153万円未満の方は、負担額は0円だ...... more
Tracked from とむ丸の夢 at 2008-04-12 22:55
タイトル : 強いものや声の大きなものには弱いくせに。馬鹿にしないでよ..
嫌な世の中になったなあ、とまた思う……というより、近頃そう思わない日はありません。  今日の朝刊だけでも、こんなニュース。 ・自衛隊イラク派遣反対のビラを配るために防衛庁官舎に流..... more
Tracked from 現政権に「ノー」!!! at 2008-04-12 23:37
タイトル : 愚かなる与党の面々
日銀法改正を与党が検討、衆院採決を優越 9日午前の参院本会議で、前財務省財務官の渡辺博史・一橋大教授を日銀副総裁に充てる人事案が民主党などの反対で否決されたことを受け、自民、公明両党は同日午後、国会同意に関する日銀法の規定の改正を検討するプロジェクトチ....... more
Tracked from 美しい国とは? at 2008-04-13 03:05
タイトル : 正論クズホシュの男系天皇維持論
 先日、必要にせまられて、少し前の「正論」「諸君」 etc 保守論壇雑誌に目を通してきた。  いわゆる、保守論壇の常連たちが、女系天皇反対を訴えていたのだが、あきれ返るような、内容がいくつかであった。  まず、林道義は、女帝論の根底は「バックラッシュにあっているフェミニストが凋落に歯止めをかけるためにこの運動の旗を振っている」と主張している。  また、渡部昇一大センセイがいうには 「天皇制こそが日本文明を成り立たせているのであり(ここまではいい)、 女帝(女系ではない)が認められれば『天皇制ではなく...... more
Tracked from vanacoralの日記 at 2008-04-13 11:51
タイトル : 福田「しょうがない」発言に関する全国紙の反応
見える、見えるぞ。「フフフの康夫クン」の後ろに久間の亡霊が(まだ生きてるけど、あの人w)。 ■物価上昇しょうがない 首相、桜を見る会で(47NEWS)  福田康夫首相が主催する恒例の「桜を見る会」が12日午前、東京都内の新宿御苑で開かれ、暖かい日差しの中で、政財... more