「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

高裁初、伊方原発差し止めの決..
at 2017-12-14 03:15
安倍退陣こそ、拉致問題を解決..
at 2017-12-13 01:38
イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53
加計認可に文科省の圧力~訴訟..
at 2017-12-09 06:12
森友、ゴミ処理が10倍に?次..
at 2017-12-08 15:53
トランプがエルサレムをイスラ..
at 2017-12-07 19:36
立民党が法案提出、地方進出に..
at 2017-12-07 03:05
安倍、森友の再調査を拒否&佐..
at 2017-12-06 00:52

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米国の軟化で北は第一の目..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本海の日本領無人島の管..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発廃止が既定路線ではな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
発達障害の子供は本人もつ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を持ち戦争はしな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

2007年 06月 04日 ( 1 )

支持率激減で「ジタバッタ♪」の安倍自民党。今度は、党員獲得数&票集めノルマでアメとムチ作戦

 先週は、大きな問題がアレコレあって、このブログのアクセス数やランキングも
コワイくらいにヒート・アップ?したのだが。<ご支援、有難うございます。m(__)m>

<何かPCの方もヒート・アップしてファン回りっぱなし&不調になったりして。^^;
記事アップも、TBのお返しも遅れがちで、すみません。>

 今週から参院選に向けて、またコツコツとマイペースに、but気合を込めて、安倍
政権の問題点を書いて行きたいと思っている。<誰かの支持率みたいに、ランキングが
急落するのが、ちょっとコワイけど?(-"-;) >

 昨日3日に行なわれたJRAの安田記念は、久々に順当な結果になったような感じが。
やっぱ、ダイワメジャーは強いっす。アンカツ(騎手)も今年はめっちゃ好調だし~。
<三連複・・・タテ目ちゃったよ~。(ノ_-。) >

~ ~ ~ ~ ~

 さて、安倍自民党への逆風は日増しに強くなっているようで、この土日に新聞、TV
で発表された支持率は、続落。<私の知る限り、すべて30%台&過去最低を更新。>
 
 そんな中、挽回をせんと前記事で紹介した年金対策+菅直人&民主党批判の「自民党の
ビラ」(コチラPDF)を作ったものの、これがかなり不評。
<思ったよりもTV等のメディアが、これを取り上げて批判しており、国民もさらにあきれた
かも?(@@。>

 さらに参院選に危機感を抱いた自民党は、役員会が各議員に「党員増加&票集め」
の指令を出して、人事や交付金、公認をエサに「アメ・ムチ作戦」を行なうことに
なったのだが。これも、一つ間違えれば、国民だけでなく、党内からも反発を買い
そうな感じがするし、後述するように、また旧態依然とした悪しき政治の時代に戻そう
としているようにも思える。


「何か自民党もジタバタし過ぎだよな~」というと知人の言葉を耳にして、思わず
あのシブがき隊の名曲?「NAINAI16」の一節がアタマに浮かんでしまった。

~~~ ジタバッタするなよ~ 政権末が来るぜ~!♪ ~~~


<(私より!)若い人、わかるかな~?^^; でも最近、「懐メロ流行り」らしく、
10~20代の子達も、結構、古い曲を歌えたりするんだよね。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 私は、世論調査は全面的に信用していないので、とりあえず参考程度に見るだけ
だし。先週は松岡氏らの自殺や、年金納付問題のドタバタ劇などインパクトの強いこと
があったので、50日後の参院選までにどうなるかわからないとも思うのだけど。

 でも、たとえば共同通信の調査では、支持率は35・8%と5月中旬の前回調査
から11・8P下落し、昨年9月の内閣発足以来、最低に。不支持率も48・7%と
10・5P上昇。
 また、朝日新聞の調査では、支持率は30%で前回(5月26、27日)の36%
からさらに下落し、政権発足後最低を更新。不支持率は42%から49%に上昇。
<それぞれの詳細記事は、Moreの*1の部分にアップ。>

 これを見て、自民党側はさらに危機感を抱いたことは間違いないだろう。

<先ほどお昼前のフジTVのニュースで、党幹部が「何か奇跡を起こすしかない」
みたいなことを言っていたと報じていたが・・・。何か一発逆転を狙って、画期的な
ことを発表or実行したり、野党のスキャンダルを出したりすることを考えている人
たちがいるかも知れないのだが。何があろうと、安倍自民党の体質に変わりはない
のから、一般国民は絶対に騙されないで欲しいと思ったりする。ちなみに麻生氏に
政権が変わっても、目指す方向に変わりはないからね!(**)
・・・あ、あと「衆参同時選挙の可能性が高まって来たかも」とか、「いよいよ
公明党が安倍政権を見限るかも」という声も出ているようだ。>

 他方、民主党も調査結果によっては、さほど支持率が上がっていない。
 4日から、参院の厚労委員会が始まるが、民主党は、単に自民党を批判するだけでなく、
年金納付記録問題で国民が納得行くような対応策を示すことが臨まれるのではないか
と思ったりもする。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 何とか参院選の大敗をまぬがれたい自民党は、1日の役員会で、国会議員に党内
引き締め&選挙戦テコ入れのための大指令を出した。

『自民党は1日、党員の減少傾向に歯止めをかけるため、国会議員を対象に党員の獲得
ノルマを定める方針を決めた。・・・参院選を前に「締め付け」を一段と強める狙い
だが、反発も出そうだ。 自民党の党員数は、91年の547万人がピークで、06年
には119万人まで激減している。・・・
 ノルマが未達成の場合、年間1000万円支給される政党交付金を減額するほか、
公認から外すことも検討。逆にノルマを上回れば、交付金を増額し、人事で優遇する。
 一方、建設業や商工業などの各種団体に対しては、1万5000人以上の党員を集め
た場合には優遇措置をとる。首相らとの意見交換会を実施したり、要望を政権公約に
反映させたりする。 <朝日新聞 1日>』

『党員獲得のノルマだけでなく「新規獲得数や参院選の衆院選挙区ごとの得票数」に応じ、
党人事で優遇するなどの「論功行賞」作戦を打ち出す。
 同党の宮路和明組織本部長は一日の会見で「党員獲得数が著しく劣る方には、党内人事
のポストを遠慮していただく」と発言。組織本部は、党員獲得数がノルマに達しない場合、
党人事への反映、政党交付金減額のほか、次期選挙で党公認を与えない-などの措置を
検討する方針。
 参院選に関して「衆参同日選的な戦い方をしてもらう」と繰り返す中川秀直幹事長も、
「参院選は衆院小選挙区、衆院比例ブロックごとに(得票の)数字が出る。結果が悪けれ
ば、党や内閣で仕事をするより、選挙区でしっかりした態勢を組んでもらう」との考えを
示している。<北海道新聞 1日 抜粋>』

* * * * *

 背に腹はかえられないという状態なのかも知れないけど、ここまで来ると、もう
「何でもあり」という感じでしょ?

 党員数のノルマを達成しない議員は、大臣などになったり党本部や地方支部の要職に
つけない、交付金も減らされる、次の選挙の公認もはずされるかも知れない。自分の
選挙区で票集めできない衆院議員は、やはり人事で軽視される・・・これは、もうアメ
とムチを通り越して、脅迫に近いような感じさえしてしまう。<会社の営業じゃないん
だからって、思ったりして。(ーー;)・・・それに、そもそも政党交付金って、国民の
税金から出ているのに、そういう配り方をすべきじゃないでしょ~。>


 いや、もちろん政治の世界でも、候補者や議員自身、そして自分たちの政党の方針や
政策に理解を示して支援をしてくれる人を増やすのは大事なことなのだけど。でも、
人数にノルマを課すべきことじゃないし。ノルマを課せば、無理やり形だけでも党員に
なってくれる人を増やすしかなくなったりするわけで。そうすると昔の悪しき時代
<後述するように、議員や団体が党費を肩代わりして、党員数を増やすとか。支持して
くれる企業や団体と癒着するとか>に逆戻りするおそれがあるのだ。

 しかも『建設業や商工業などの各種団体に対しては、1万5000人以上の党員を
集めた場合には優遇措置をとる。首相らとの意見交換会を実施したり、要望を政権公約
に反映させたりする』だなんて。(゚Д゚)
 こんなの利益供与や癒着以外の何ものでもないし、よくこういうことを、公の場で
堂々と言えたもんだと思ってしまう。<結局、こういうのが票集め&献金⇔談合、問題
発注なんかにつながっちゃうんだからね!(ーー〆)>

 安倍自民党は、憲法改正でも復古主義なのだが、これじゃあ、党の組織運営も復古
主義になってしまう。
<いや、この癒着体制は、安倍氏が嫌う「戦後レジーム」の政治のあり方をまさに
体現したものとも言えるのでは?(・・)>


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 自民党の党員数は、91年の547万人がピークで、06年には119万人まで激減
しているのだが・・・。80年代までは、自民vs.社民のいわゆる55年体制の時代が
長く続いていて、自由主義経済を支持する企業や団体は、組織的に自民党を支持して
いたし、農林水産業や建設業などがメインの地方の支持もかなり固かった。<これが、
献金&票まとめ⇔仕事発注、談合、補助金の癒着政治の温床につながっていた。>

 加えて、当時は選挙の立候補者や参院比例選の候補者&順位が、党員獲得数で決まる
という仕組みもあって、議員や候補者、支持団体(企業含む)などが自分or団体側が
党費を負担して、党員として登録する人の数を増やすという方法もとられており、それ
に対する批判が強く出るようになっていた。

 そして、90年代にはいって、バブル崩壊による不況、証券金融スキャンダルに端を
発した企業モラルの問題、自民党の分裂などなどがあって、上述のような仕組みも徐々
に崩れて行き、また00年に小泉政権が始まってからは、地方を軽視する政策が進めら
れたため、地方の党員がどんどん減少して行ったと言われている。
<これも機会があったら書きたいけど、先日亡くなった元経団連会長の平岩氏が、折角
経団連&企業の献金の自粛を進めたのに、小泉ー奥田ラインが、また政治献金を復活
させちゃったのよね。(--)>

 そんなこんなで党員数が減少し組織力が弱くなってしまった自民党は、参院選でも
過半数がとれなくなって、いまや選挙は組織力バツグンの公明党に頼らざるを得なく
なっているわけだが。その公明党ともいつまで連立政権が続くかわからない。
 かと言って、小泉前首相のように無党派層をターゲットにした選挙では安定した
議員数は確保できないし。今年の春の地方選でも、大きく敗退してしまい、かなりの
危機感を抱いているのではないかと思われる。

* * * * *

 でも、前半にも書いたけど。こういう政治のやり方、支持者の集め方をしていたら、
日本の民主政治は、また後退してしまう。

 まあ、私は昔のように企業や団体の人たち(特に若い人たち)が、上のいうことを
きいて、自民党員になったり、組織的に支援したりするかどうか疑問に思う部分もある
のだが。
<昔は、選挙だけでなく、その議員や関係者の講演会やイベントに駆り出されることも
多かった。ただし、食事をおごってもらったり、バイト代が出ているところもあった
という話もあるが。・・・何か特典があれば、党員になっちゃうかしらん? ^^;>

 いずれにせよ、このようなことをやっていては、表向きは「マニフェストを作って
政策でたたかう選挙にしよう」とかやっていても、ほとんど意味がなくなってしまうし。
日本の政治は一向によくならなくなってしまう。

 北海道新聞は『ただ、党員拡大の厳しいノルマは、過去に問題になった支援企業への
党費肩代わりなどを誘発する恐れがある。また公募で当選した議員や新人議員にとって
はハードルが高く、党内の反発を招く可能性も否定できない』と書いていたけど。
 自民党の議員や候補者、支持者も、このような党の方針には、きちんと反対の意思
表示をすべきではないかと思う。
 
 私はアンチ安倍自民党ではあるけど。ひとりの国民として、政権与党である自民党
には、しっかりとガンバってもらわなければならないと思っているし。近い将来、いい
形で政権交代が可能な政治体制&成熟した民主主義国家を作るためにも、早く自民党
内の心ある人に立ち上がってもらって、党の態勢を立て直して欲しいとも願っている。


 そのためにも、次の参院選では安倍自民党に「NO!」と言って、<まずは、安倍政権末を?>
日本の政治を正常化しなくちゃと思うmewなのであった。

                               THANKS

p.s 国立大学の学費に関して気になる記事があったので、More部分にキープする。
  あとで、時間があったら、安田記念の感想も書きたい。

 

 【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑皆さまのお陰で1位復活!(*^^)v 粘るだけ粘るぞ~!お力を!m(__)m
                               


 
 

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-06-04 14:25 | 安倍政権に関して | Trackback(9)