「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池の手紙に満額回答?+安倍..
at 2017-03-30 05:43
安倍は幕引き希望も、菅が籠池..
at 2017-03-29 11:55
予算通して、次は共謀罪+菅が..
at 2017-03-29 00:30
松井が安倍批判で、維新と安倍..
at 2017-03-28 02:20
昭恵秘書が国外左遷?~安倍&..
at 2017-03-27 05:33
慎太郎の百条委員会、小池批判..
at 2017-03-26 18:42
稲田の夫、籠池の交渉立会いで..
at 2017-03-26 05:06
昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

福島原発事故の前に戻った..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「森遠問題」で民進党を引..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国民は健康保険の実施を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記

最新のコメント

逆ギレするなよ‼ 現実..
by サミン at 00:09
返信してほしい。
by サミン at 18:27
辻元と玉木の件は取り上げ..
by サミン at 09:30
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:09
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:08
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:08
久しぶり。 相変わらず..
by サミン at 23:03
返信しろ!俺はサミンだ!..
by リンタ at 09:36
しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45

ブログパーツ

タグ

(1195)
(756)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(220)
(163)
(159)
(156)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2006年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2006年を振り返って(3) ~安倍政権はUP→DOWN、世界&日本にチョットいい風が~

 9月下旬、安倍晋三氏が正式に自民党の総裁&首相に選ばれ、その活動を始めた。
 彼のアタマの中に広がる「美しい国造り」を目指し、またボクの官邸作りにも力を
入れようとしていた。
 何やかんや言いながら、彼の政権構想の基盤には「戦後レジームからの脱却」があり、
その二本柱は、「憲法改正&日本の軍事力増強」と「教育再生(教基法改正含む)」
であることは間違いない。
 そして、この秋~冬の安倍政権の最大の目標は、教育基本法の改正と防衛省昇格法案
(自衛隊海外任務拡大など含む)を成立させることだった。

 10月~12月は、当然にして(?)それらに関わる記事が大部分を占めた。

 10月、安倍首相は小泉氏が為せなかった中国、韓国の訪問を行なった。それ自体は
評価したいと思う。ただ、当時、歴史認識や靖国参拝に関して、あいまいな発言を繰り
返しており、イメージ・ダウンにつながりそうな感じもあったのだ。
 そこに北朝鮮の核実験の報が飛び込んだ。前記事にも書いたが、これがまた追い風に
なった。安倍氏&仲間たちが、また活き活きし始めた。
 経済制裁に関わる軍事的行動に関し、周辺事態法の適用、集団的自衛権の解釈変更、
ミサイル防衛の強化の話がバンバンで出されて来た。挙句の果て、中川昭一氏&麻生
外務大臣の核武装議論のトンデモ発言まで続いた。
 防衛省昇格法案も、民主党が賛成に回り、あっさり成立してしまった。

 憲法改正を現実的に考えている彼らは、現に守るべき憲法9条が存在すること、また
9条や武力を控えた平和維持を重視、尊重する人たちへの配慮など、まったく示さない
ような言動をするようになっていた。
 彼らは、そうすることによって、日本が軍事力を強化するのは当たり前のことなのだ
という雰囲気を作り出したいかのようにも見えた。<早くから国民を慣らして、自衛隊
の海外派遣や米国と共同の防衛活動、そして改憲に対する免疫を作っておきたいのかも
知れない。>

 
 また10月には教育基本法の改正の審議や、教育再生会議の会合も始まった。
 ちょうど、高校の不正履修問題、いじめ自殺問題が重なり、私の記事もこの3ヶ月は
教育関係のものがかなり多くなった。
 私にとっては、憲法の一部のような存在であった教基法が、国民の声もろくにきかず
に改正されてしまったのは、本当に残念でならないのだが。
<今、考えても、大きな溜息が出てしまう。(-_-;)>

 ただ、教基法も含め教育関係のことを書くようになって、一ついいことがあった。
 今まであまりお付き合いのなかったブログ、特に女性の方々のブログとの交流が広がっ
たことだ。たぶんそれまで、TBやコメントなどから察するに、私のブログは圧倒的に
男性の訪問者の方が多かったように思われるのだが。<私を男性だと思っていた人も
何人かいたようだし~。(>_<)>
 来夏の参院選のことを考えても、もっと女性の方々と交流したり、お互いに色々と伝え
合いたいという気持ちがあったので、そうできるのは嬉しく有難いことに思えた。
<89年の社会党が大勝した参院選もそうだったが(マドンナ旋風)、ここぞという時に
は女性のパワーがモノを言うのだ!(~~)>

 そして、来年にはいったら、教基法を具体化する法案や施策が次々と出されて来ると
思うので、これからもしっかりウォッチ&アピールして行かなければならないと思う。

 
 教基法改正や防衛省昇格法案は、憲法改正に準ずるぐらいに重要なものだったのに、
安倍政権は自分たちの目標、悲願を早く実現させることだけを考え、国民にきちんと
説明もせず、国民の声をきこうともせず、とっとと改正のスケジュールを進めて行った。
 そして、ここでもマスコミは、国民に重要な国政の情報や問題点を伝えるという役割
を怠った。さらに、民主党も野党としての大事な役割をきちんと果たそうとせずに終わっ
てしまった。
 メディアや民主党に関しては、これからもずっと書き続けると思うが、日本の民主
主義を立て直すためには、この二つがどこまで自分たちの役目を果たしてくれるか、
それが大きなポイントになると思う。


 本当は上の二つの法案の方が、国や国民にとっては、はるかに大事なことなのだが。
 マスコミや野党が(民主党も)飛びついたのは、タウン・ミーティングのやらせ問題
や、復党問題だった。ただ、ここから安倍氏に逆風が吹き出す。安倍首相&内閣が、毅然
とした対応やリーダーシップが示せなかったことで、支持率が下がり始めたのだ。
 年末になって、安部氏があえて任命した本間政府税調会長、佐田行革大臣の辞任問題
が発生し、安部氏はさらに窮地に追い込まれている。
 自民党内の反応も、徐々に冷たくなっているような感じが見える。
 
 今までは軽くヨイショをしながら様子を見ていたTV媒体も含め、マスコミも何だか
急に手のひらを返したように、安倍氏やその周辺の小さなことまでツッコむようになっ
て来た。
 石原都知事に関しても、これまではいくら問題発言をしても放っておいてもらえていた
のに、この秋からは都政私物化の問題に関して、かなりマスコミが取り上げるようになっ
ている。
 何だか本当にチョットずつだが、いい方向に向かっているような気配もしている。

 
 アメリカでは、この秋の中間選挙で、ブッシュ大統領の共和党が負けた。そしてネオ
コン・タカ派的政策の中心にいたラムズフェルド国防長官たボルトン国連大使が辞任する
ことになった。イラク政策も見直されるという。北朝鮮への強硬姿勢もゆるめ、まずは
協議をという対応を行なっている。

<アメリカにたびたび批判を受けながらも、国連の世界平和に向けた活動を進めようと
していたアナン事務総長も、今年いっぱいで退任する。お疲れ様でした。>

 イギリスでは、イラク攻撃も含め、ブッシュ大統領と共同歩調をとって来たブレア首相
がもうすぐ任期を迎え、退任する。フランスでも、一時低迷していた社会党(中道、左派)
が徐々に党勢を盛り返している。社会党の大統領候補としてロワイヤル氏が選ばれ、初の
女性大統領になるか注目されている。
 アメリカやフランスでは、経済格差や労働者の問題への対策も望まれている。

 世界では、少しずつ、平和で穏やかな風が吹き始めているのを感じる。
 そんな中で、日本だけが時代に逆行することをして、何になると言うのだろう。
 来年こそ日本にもいい風が吹いてくれることを願いつつ・・・。そして日本の民主主義
を立て直し、国民の手で、アブナイ流れを変えられるようにと祈りつつ・・・。今年最後
の記事を終えたい。
 
 改めて1年間、有難うございました。よいお年を~。(^^♪ 

 

                             THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】


       ↓こちらは、政治は1位攻防、総合で25位枠に接近中

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

        ↑ 25位枠入りの攻防中!
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-31 22:39 | 政治・社会一般 | Trackback(8) | Comments(0)

2006年を振り返って(2)~安倍に追い風の北朝鮮問題&恋愛(?)詐欺師の小泉が退陣

 7月には、ヒデの引退、北朝鮮ミサイル実験、昭和天皇メモ、イラク空自活動、
そしてここからどんどん総裁選モードにはいって行く。
 8月は、戦争&原爆、亀田興毅、加藤氏放火事件、小泉氏の靖国参拝、後半からは
安倍氏の政権構想の記事が続いた。
 そして9月には、小泉ー竹中路線を振り返る記事をちょこっと書いたが、あとは
ほとんど安倍氏関連だ。<東京都教職員の国旗、国歌判決もあった!>


 プライベートな部分では、私にとって今年最大のイベントはサッカーのワールドカッ
プであり、そして今年最大のニュース&ショックだったのは(中田)ヒデの引退だったり
するのだが・・・。<でも、何かそれもずっと前のことのように感じてしまうけど。>

 もうこの頃になると、小泉前首相の影は薄い。6月の国会終了後、アメリカ、ロシア・
サミットと卒業旅行に出かけ、あとはメイン・イベントである終戦記念日の靖国参拝を
成し遂げるだけとなった。
 そして8月の加藤氏の実家への放火事件自体もそうだが、その後の小泉氏、安倍氏や
政界マスコミその他の反応は、私に大きな怒りと失望感を与えた。<これじゃあ、日本
は本当にダメになるかもと思ったりもした。>

 10月に核実験があったので記憶がかすんでしまっていたが、そう言えば、7月の
北朝鮮のミサイル実験の時も、それなりに騒動になっていたな~と思い出した。
 これが、日本政府が表立って右傾化して行く大きなきっかけになったような感もある。
これまで慎重に配慮して言動して来たのに、何だか「待ってました」とばかりに、防衛
面を中心に、無思慮で過激、強圧的な発言が飛び交うようになり、やれ経済制裁だ、
国連決議だと始まった。そして、ある意味では、その中で最も活き活きしていたのは、
安倍晋三氏だったかも知れない。

 他のブログやコメントなどで、(半分ジョークながら)あのミサイル実験は日本or
米国が依頼したのではないかと書く人がいたが。本当にそう思いたくなるぐらい、
このミサイル実験が、安倍氏にとっても、タカ派的or戦後体制を嫌悪する勢力にとっても、
大きな追い風になったように思う。これがなかったら、安倍氏もあそこまで堂々と右傾的
な政権構想を発表しにくかったかも知れないと思える部分もある。

 ただ、核実験や拉致問題への対応も含めて、安倍氏が威勢よく、強気のリーダーシップ
を発揮しているように<一般人から頼もしい感じに>見えるのは、北朝鮮に関わる問題の
時しかなかったようにも思う。
 でも、国際的に見れば、北朝鮮問題に関しては、ミサイルの時も、核実験の時も、日本
はいきり立っている割には、ややカヤの外に置かれている感じがある。米中がダイレクト
に交渉、協議する機会が増えれば増えるほど、日本の存在感が薄れて行くのだ。<12月
の六ヶ国協議でもそうだった気が。>


 一度、小泉政権をきちんと振り返る記事を書きたいと思いつつ、機会を失ってしまっ
ていたのだが・・・。もうこの時期になると、何を今さらという感があったりして^^;。

 ただ、昨年も書いたのだが、小泉氏はおそらく21世紀の100年を振り返った時、
日本の歴代首相の中でもワースト3にはいることになるのは間違いないと思う。
 安倍氏が国家体制の面で、戦後レジームを打ち壊そうとしているが、小泉氏はその前
に日本が戦後育んで来た民主主義のあり方と、日本らしい(修正された)自由主義の
あり方をぶち壊してしまい、折角ここまで築き上げて来た日本の国政、外交、経済、
社会の体制、状況を大きく変えてしまった首相だからだ。

 私はこの言葉は好きではないのでブログでもふだんでも使わないのだが、今回だけ
あえて使うとすれば、彼は竹中氏と共に「国を売ったペテン師、詐欺師」だと言っても
いいと思う。それも、自分の悲願だった郵政民営化の実現させるためにである。
 彼は国民のことなど、何も考えていなかったのである。自分の願望を達成するために
それに賛同してくれるアメリカとタッグを組んで、日本を、国民の生活をガタガタにして
しまったのだ。
 
 小泉氏の負の遺産に関しては、また来年、安倍政権の問題として取り上げることに
したいが。私が最も悔しく腹立たしく思うのは、何故、小泉氏を5年半も首相の座に
置いてしまったのかということだ。 
 何か国民が「恋愛or結婚詐欺師」に引っかかってしまったような感もある。

 小泉氏は確かに魅力的なイイ男だ(私の好みではないが)。明るくて気さくな感じ
で、言語表現やパフォーマンスの能力にも優れ、私たちを楽しませてくれる。
 長い不況が続き、国民の間に閉塞感が生じ、ストレスが貯まる中、そんな彼が登場し、
旧態以前としたものや現状(の構造)を打破せんと、「改革」という言葉を使って、夢や希望を
語るのを見て<当時は強力ナパートナーの田中真紀子氏もいたし>、国民がついつい彼に
意を託してしまったのは仕方がない面があるのかも知れない。
 彼はまたマメでもあった。 <これは、結婚詐欺師の常套手段なのだが?> 国民に
定期的にラブレター(メルマガ)を送り、200回近くタウン・ミーティングを行なっ
て、国民とコミュニケーションをとろうともした。<近時になって、メルマガやTM
には国民の税金が多額に使われていたこと、TMの多くにやらせがあったことが判明
したが・・・ ^^;> 彼は国民の方を見て、国民と意思を交わすふりをし続けたのだ。

 それでも、もしもう少し早い段階で、国民が小泉氏の政策の問題に気付けば、ここ
までヒドイことにはならなかっただろう。
 だが、国民の多くはそれにすっかり騙され、5年以上も彼に支持&票を貢ぎ続けた。
彼はその陰で、国民の財産を売り、生活の基盤も切り崩していたのだが、国民の多くは
それに気付かず、<気付いても目をつぶっていた人たちもいる(議員やメディアとか)>、
たまになされる忠告や批判にも耳を貸さず、おまけに最後には「小泉劇場」を楽しんで、
大量議席&郵政民営化という夢の実現をプレゼントしてあげたのだった。
 
 でも、彼は一般国民のことなど全く見ていなかったのである。自分の悲願のために、
国民を利用したに過ぎないのだ。<それこそ、親友ブッシュの手土産のためなら、安全
性が確認できなくても、米国産牛のの輸入解禁をとっとと決めてしまう人なのだから。>
 そして、御用が済んだら、国民はポイ!・・・あとは安倍任せで、我関せずである。
彼が去ったあと、多くの国民は彼が残して行った負の遺産に生活をムシばまれ、苦しむ
だけだ。

 これが映画か小説などのフィクションの話なら、その主人公には「お見事」と拍手
してしまいそうな感じもある。でも、これが現実の世界の自分の国の首相&国民の話
なのだから、怒りを通り越して、哀しく情けなくさえ思ってしまう。(-_-;)


  マスコミにも問題があった。彼らもまた、小泉氏のキャラクターに目をつけ、政治家タレント
のように面白おかしく扱い、それがますます国民の関心&人気を高めてしまったのだ。
  それでも、きちんと首相としての政策や言動の問題点をチェックして、批判すべきものは
批判すればまだよかったのだが。そのメディアとしての重要な役割を果たそうとはしなかった。
これでは、まるで小泉氏の広告媒体だ。
  小泉氏に、国民のことや国益を考えず、自分の意向に反する自民党議員や官僚を無視し、
党内民主主義を壊し、議会制民主主義も壊して、自分の好きなように政治活動&言動を続け
させた大きな要因の一つには、マス・メディアの堕落があったように思われる。


 私は、せめて次の安倍政権ではそうならないようにと願っていた。
 国民も少しは、小泉政権の問題に気付き始めていたし、メディアも小泉劇場がもたらした
総選挙の結果に、反省を示した部分もあったからだ。

  だが、国民はしばらくの間は、若くてさわやかでソフトなイメージに見えるらしい安倍氏を
支持していた。メディアもまた、その役割を忘れ、安倍氏ヨイショを続けていた。

< つづく>                 THANKS

【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】


       ↓こちらは、政治は1位攻防、総合で25位枠に接近中

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

        ↑ 25位枠入りの攻防中!
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-31 08:57 | 政治・社会一般 | Trackback(8) | Comments(10)

2006年を振り返って(1) ~ 民主党のUP-DOWN-UPとブログの可能性 ~+共謀罪の新情報

*******************************************************
 
 まずは、この1年、ブログ読んで下さった方々、コメントやTBを下さった方々、
ランキングに応援クリックをして下さった方々、有難うございました。m(__)m
 お陰様で、このブログも9月に無事に一周年を迎えました。そしてまた新しい年に
向かって行こうとしています。

 来年は、日本の将来にとって本当に大事な参院選があります。アブナイ法案や政策
の計画もたくさんあります。私たちの愛する日本がおかしな方向に行かないように、
そして、私たち一般市民が平和で平穏な生活が送って行けますように、安心して自分
らしくそれぞれの人生を歩んで行けますように、それを切に願いながら、また色々と
書き続けていければな~と思っています。
 どうか来年もよろしくお願いいたします。m(__)m

 そして、みんなでp(*^-^*)q がんばっ♪です。 mew

*******************************************************


今年も余すところ、あと2日になった。
正直、今年ほど1年が早く過ぎたように思えた年はない。「あっ!(・・)」も言えない
ぐらいのうちに、1年が終わってしまったような感じがする。
 
 mew母いわく、歳をとるにつれて、時間、期間の感覚が変わって来ると。30~40代
になると3年~5年が1年ぐらいに、50~60代になると5年~10年が1年ぐらい
に感じられるようになるという。
 実際、私もつい最近(1年ぐらい前)のことだと思ってたものが、実はもう3年以上
前に起きたことだったというケースが稀ではない。

 でも、今年はチョット違う感じがある。何か多くのことが昔のことのように感じられ
てしまうのだ。
 今年の後半(特にラスト3ヶ月)に大きなことがテンコ盛りで、密度が濃かったせい
だろうか? <特に、秋からは仕事も恐ろしく忙しくなってしまったし~。>前半に何が
あったか、なかなか思い出せなかったりする。

 先日も周囲の人たちと「今年は何があったっけ?」という話をしていたのだが。私が
「ワールドカップがあったね~」と言ったら、10代の子が「え?ワールドカップって、
今年あったんだっけ?」とマジで驚いていた。「今年の6月じゃん。半年前のことだよ」
「うっそ~」・・・でも、確かに私も、つい半年前のことには思えないところがある。
「じゃあ、野球の世界大会(WBC)は? あれは、今年? 去年?」「今年でしょ~」
 何となく冬季オリンピックは今年だったという印象が強いのだが、他は去年のことだっ
たと言われても、そうかもと思ってしまうような感じがある。

 それこそ、安倍氏が首相になってから、まだ3ヶ月しか立っていないというのが、
感覚的にピンと来ない。このブログでは7~8月ぐらいから安倍氏のことを多く取り上げ
ていたこともあるのかも知れないが。そんな最近のことには思えない。
 そして小泉氏が首相をやっていたのが、ずっと前のことのように感じてしまう。もう
私や周囲の者の中では、す~っかり「昔の人」という感覚だ。

* * * * *


 今年前半のことを思い出すために、ブログの「過去の記事」の各月の欄のタイトルを
ざっと眺めてみた。
 昨年12月から行くと、耐震偽装事件(官から民の問題)のことに続き、「このまま
では民主党がアブナイ!」という記事を7回にもわたって連載していた。
 そして1月は、小泉前首相の年頭会見(靖国発言)の批判で始まり、堀江氏の逮捕
(ライブドア事件)、米国産輸入牛の記事が大部分を占めている。
 そして2月に、堀江シリーズ(魔の7years考?)があって<来年こそ、この続きを
書きたいな~>、そして堀江メール事件、トリノ五輪と続く。
 3月には、この永田メール事件から民主党再生策、そしてPSE問題<これはどう
なったのだろう?>、BSE輸入牛問題、WBCについて書いた記事が多い。

 私は昨年の秋の総選挙直前に、何より日本の民主主義が崩れて行くのを感じて、この
ままでは「日本がアブナイ!」と思い、ブログを立てたのだが・・・。民主主義の話は
またいずれ別稿で書くことにするとして。
 私にとって、小泉自民党の圧勝に続き、もう一つショックだったのは、民主党の代表
に前原氏が選出されたことだった。前原氏は、新自由主義的な経済改革や超保守的な
安保政策を唱える政治家であり<自民党議員が、自民党より自民党的だと評したぐらい>
これでは民主党が第二自民党(または自民党前原派)になってしまうおそれがあると
大きな危惧感を抱いたからだ。
  
 しかし、他方で昨年の暮れからの耐震偽装事件、輸入牛再開but骨混入事件、そして
今年にはいり自民党が昨秋の総選挙で改革の象徴のように扱っていた堀江氏のライブ
ドア事件や格差問題と、自民党に不利な問題が続き、ここまでは民主党が3点セットの
追及で(特に若手議員が)イケイケ・モードになっていたのだった。
 小泉自民党の問題点や批判がどんどん表に出るのは嬉しい&有難い。でも、前原民主
党があまりに勢いに乗るのは困る・・・この頃の私は、かなり複雑な心境であった。
 ところが、その追及セットに大きな4点めが加わるかと思われた武部次男送金問題で、
民主党は大きな躓きを見せることになった。永田メール問題が明るみになったからだ。
このことで、民主党は一気に奈落の底に突き落とされる。そして3月末、ついに前原氏
が代表の辞任を発表することになった。<何かそう言えば、永田メール事件なんて、
そんなこともあったっけね~ってぐらい昔のことに思えません?>


 4月は、民主党の代表選&補選の話が多かったが、教育基本法改正の愛国心に関する
記事、そして月末には共謀罪の記事を書き始める。
 5月は、大部分が共謀罪に関する記事だ。<ちらっと教基法や教育費用、格差などの
問題も書いているが。>
 そして6月は通常国会が終わり、この月は、共謀罪、医療改革法案強行採決、米国牛
輸入解禁、ワールドカップその他様々な問題について書いている。

 民主党は小沢氏が代表に選ばれ、鳩山幹事長、菅代表代行のトロイカ体制で再出発
することになった。この頃は、民主党も出直しをするために、一致団結をして行こう
という雰囲気があり、千葉補選の勝利で勢いがつきそうな感じもあった。<千葉補選
では、小泉=武部を軸にしたパフォーマンス選挙が国民に飽きられ始めたようにも
感じた。(例の「最初はグ~!○イトウケン!」とかね。)>
 また4月には、3年にもわたって教育基本法の改正案作りを行なって来た自民、
公明党の協議がまとまりそうだという記事が出たため、本当はここから教育基本法に
関する記事をたくさん書こうと思っていたのだ。

<Yahoo のInternet Guide 4月号に「時事ログ」として当ブログが紹介されたのも、
ちょっと嬉しかった。「日本の行末を一市民が思う」というタイトルで、「憲法改正
問題・・・などを独自の視点から考察するブログ」「専門的知識がなくてもわかるように
解説されている」という説明が付されていたのだが。自分の意図するものが伝わって
いるのを感じて、「あ、これでいいのかも」と、私なりのブログの方向性が固まって
来たように思う。>

 BUTそこに、しばらく陰をひそめていた<正直なところ、自民党はもうあきらめて
いると思っていた)共謀罪が、いきなり法務委員会に提出されたという報がはいり、
これはアブナイ!と。そこから、しばらくは共謀罪にかかりっきりになってしまった。
 もしかしたら、これが当ブログにとっても、政治、法律、社会問題などを扱うブログ
の世界にとっても、今年前半では最も大きなテーマになったかも知れない。

 残念ながら、この共謀罪の問題をメディアがほとんど取り上げなかったこともあり、
他の多くのブログとお互いに情報や知識、色々な考えをやりとりすることが増えた。
それはどんどん広がって、「ブロガーの連携、共闘」という感じになって行ったように
思える。
 中には実名を出されている議員や弁護士等の方々もいたが、大部分のブロガーはどこ
の誰かもわからない人たちである。でも、ネットを通じて、「共謀罪の問題点を訴え
よう」「何とか共謀罪の成立を阻止しよう」という思いが結びつき、日々、連帯感が
強まって行くのが実感され、「みんなで闘っているぞ~!」という気持ちにさせられた。
 幸いに、通常国会での共謀罪成立は見送られ、この時にはみんなで「やったね!」と
喜びを分かち合うこともできた。
 ちょっと大げさにきこえるかも知れないが、私はこの時に「政治や社会に対する
(正の方向での)ブログの可能性」「ブログによる民主的活動の可能性」というものに、
大きな期待が持てるのではないかと思ったりもした。
<この「ブログの可能性」についても、改めて書ければと思っている。>


【追記・・・共謀罪に関して、与党が対象となる犯罪数を限定するために、該当する犯罪名を
列挙する形を検討しているとの記事が、東京新聞に載っていた。<*1>に記事をアップ>


              <つづく>                 THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】


       ↓こちらは、政治は1位攻防、総合で25位枠に接近中

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

        ↑ 25位枠入りの攻防中!

<*1は ↓ Moreに>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-30 10:07 | 政治・社会一般 | Trackback(17) | Comments(7)

安倍くんのお買い物+渡辺新大臣のユーモア?+民主党CM+また石原問題が!

 28日の朝、TVを見ていたら、安倍晋三首相がSPに囲まれて、北区十条の商店街
を歩くパフォーマンス・・・もとい、商店街を視察を行なっている映像が流されていた。
 ブログを始めたアッキー(妻・昭恵さん)に花を買い(3000円)、手焼きのおせんべいを2枚
買い(170円だったかな?)、パフォーマンス効果はpricelessならぬ、useless?(・・)

<ちなみに北区というのは、公明党の太田代表の選挙区なんだって。>


 この日は朝からTV各局で、佐田氏の辞任の件が取り上げられ、安倍晋三首相の求心
力低下の問題などがかなり取り沙汰されていた。
 そこに 以前から、日程が決まっていたのかも知れないが。自分の内閣の閣僚が不正
経理で辞任して批判されているその同じ日に、こんなパフォーマンスをやっていると、
「な~にやってんだか」と何だかマヌケな感じに見えてしまうところがある。

 幸いに(?)私は反安倍っちだから冷ややかに見ていられるが、それでも自分の国
の首相がこれではな~と思ってしまう部分がある。ましてや、もし安倍支持者だったら
官邸の広報のやり方にイラつくに違いない。
 先日も小学校を訪ねて一緒に給食を食べていたのだが<子供に靖国参拝のことをきか
れて、答えに窮していたらしい^^;>、このようななパフォーマンスで支持率を回復し
ようという安易な発想はいい加減やめた方がいいのではないかと思う。何だか官邸サイ
ドの未熟さを感じてしまう。

 安倍政権へのメディアの扱いは、明らかに小泉政権に対するものより厳しい感じが
する。<どうせなら教基法や防衛省法案の審議中からそうして欲しかったのに。>
小泉氏のスタッフよりメディア対策が行き届いていないのかもと思う部分もあるが。
 何故だかふと、何をやっても批判されてしまっていた森内閣に近いものを感じて
しまったりもした。もう一つ大きな問題が起きたら、政界、メディアとも、安倍バッ
シングに転じるかも知れない?!・・・そんな予感もして来た。

<そのきっかけの一つは、ホワイトカラーエグゼンプションになるかも? メディア
にもサラリーマンが多いし。全国のサラリーマンよ、立ち上がれ!>

* * * * *

 佐田氏の後任の行革大臣に渡辺喜美氏が就任した。
 父の渡辺美智雄氏も名物議員で、大蔵・外務大臣や副総理などの要職を歴任し、いずれ
は総理かと言われた人だ。父親の秘書をやっていたこと、父親が総理への志半ばで倒れた
ことなどでは安倍氏と共通点が見られる。以前から安倍氏や塩崎氏などと親交があり、
勉強会などでは一緒に活動していたようだ。

 実は、私は彼に対して、そう悪い印象を抱いていない。二世議員にしては、そんなに
ボンボンっぽくなく、それなりの常識的な感覚もあるし、また経済政策に明るい。
そして<父親もそんな感じだった記憶があるが>、ここが二世の強みなのか、それとも
性格なのか、政府や自民党を批判するような意見でも、自分がおかしいと思うことはポン
ポンと言うところがある。

 渡辺喜美氏のHPを見ていたら、面白い記事を見つけた。「小泉シェフの次はだ~れ? 」
コチラ>という4月に出された記事なのだが。何だかブロガーが政府&自民党議員たちを
ツッコンでいるような感じの記事だ。それも、ちょっとオチャラケながら、なかなかユーモアが
あって、内容も的確な部分が多かったりする。> 

 これは、本人が書いたものなのだろうか? 仮に他者が書いたものをアップしていると
しても、こういう記事をHPに出していること自体が、好感触だったりもした。

<ただ、父親もわかりにくかったのだが、本人もタカ派なのか、そうでもないのかわから
ないところがある。ご存知の方がいらしたら、教えて頂きたい。>

* * * * *

 『民主党の小沢一郎代表と菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長は27日夜、都内のホテル
で来年の通常国会への対応を協議した。その結果、格差是正を最大のテーマと位置付け、
「格差是正基本法案」(仮称)など関連法案を準備することで一致した。<時事28日>』
 
 また党として、働く人々やその家族の生活を考え、ホワイトカラー・エグゼンプション
にも反対して行くことも、正式に発表した。<民主党HP(コチラ)参照>

 憲法、安保関連に関しては、まだまだかなりバラバラな面があるが、格差是正、国民の
生活重視という面では、大部分の議員が一致した見解がとれるし<前原くんたちは、組合
は嫌いみたいなんだけど^^;>、この路線なら社民、共産党とも共有できる部分も大きい
ので、野党共闘を進めて行くためにもいいのではないだろうか?


 そして民主党は、この路線に沿う形で新しいCMを作った。<映像はコチラ・メイキングも>
『テーマは「生活維新」。日本社会の現状を象徴する嵐に「小沢丸」が立ち向かう設定。
テレビCMは嵐の海で帆船のかじを取っていたネクタイ姿の小沢一郎代表が突風で甲板に
たたきつけられ、菅直人代表代行と鳩山由紀夫幹事長が両脇を抱えて立ち上がるという
もの。<毎日新聞27日>』

 小沢代表が、なかなか迫真の演技であった。<自由党代表時のロボットと戦うCMの時
も、演技が好評だったように思う。>
 あと、どうしても私には3人の言葉が「生活一新(イッシン)」にきこえてしまう。
 個人的には、「維新」のようなコピー・スローガンを使うのは好みではないので<安倍
っち仲間の中にも、明治維新にロマンを抱いていて、「平成維新」「XX維新」とかいう
言葉を使う人がいるのだけど>、どうせなら「生活一新」にしてしまった方がいいのにと
思ったりもした。

 実は私は、政党がテレビCMを行うことには、否定的な立場なのだが。
<イメージ戦略で、支持を得ようという政治は、好ましくないと思うし、資金力のある方
が有利になってしまうので。それにそのうちアメリカみたいに選挙前に熾烈なネガティブ
キャンペーンCMをやるようになるのではないかと危惧する部分もある。>

 ただ、どうせ作るなら「何、これ?」というものは出して欲しくないので、このCMは
まあまあの合格点かな、とも思う。
 鳩山氏と菅氏と3人で共演したのも、正解だったように思える。国民だけでなく、党内
や支持者に向けても、トロイカ体制をアピールし、一致団結を呼びかける効果があれば
いいな~とも思う。

* * * * *

 またまた東京都・石原知事ネタで恐縮なのだが・・・。
<でも、石原都知事のような政治や言動の仕方をする人が三選するかしないかは、国政
&選挙にも大きく影響するところがあるようにも思う。>


 28日、読売新聞がこんな記事を載せていた。<今までは、共産党都疑団の調査・公表
したネタだったのだが、これは読売が調べたものらしい。そこも注目すべき点かも。>

『東京都の石原慎太郎知事の四男(40)の関与が批判されている都の文化振興施策
「トーキョーワンダーサイト(TWS)」事業に絡み、目玉事業として企画された「能
オペラ」公演で、石原知事の脚本料として100万円が予算化されていたことが27日、
読売新聞の情報公開請求でわかった。
 公演が作曲家とのトラブルで中止されたため、実際には支払われなかったが、脚本料
ゼロとする知事の説明と食い違っている。
 能オペラは能の表現方法をオペラに取り入れた現代歌劇。知事の四男らの発案で、都と
都歴史文化財団などで実行委員会を組織し、2004年2月に都内で公開される予定
だった。
 石原知事は会見で「息子も参加したので、おれが本をただで書いてやった」などと述べ
ている。しかし、能オペラ事業の実施経費執行計画には、総予算4350万円の中に
知事への脚本料100万円も盛り込まれていた。<読売新聞 28日>』

 この件につき『都は「知事が無料で執筆すると政治家の寄付行為となり、公職選挙法
に抵触する恐れがあった」と釈明しているらしい。<共同通信28日>

 尚、能オペラに関しては、四男が03年3月、都の文化行政担当の参与や都職員らと、
石原知事脚本の「能オペラ」の準備のためにドイツやフランスに出張。都が四男の航空
運賃や宿泊費計55万円を全額負担したことがわかっている。<内訳は旅費、宿泊費の
ほか、パリの演奏会チケット約12万7千円、日当約4万6千円、支度料約3万4千円
などだった。> 四男は同月、1カ月間だけ都の外部委員の嘱託を受けていた。
 石原知事は四男の出張理由を、「(四男がオペラの)音楽家と一番親しいから、(外部
委員を)委嘱して(欧州に)行ったんでしょう」と説明していた。

 このオペラも含め、石原知事は常に自分も四男もただ働きであることを強調
している。四男を「余人に代えがたい」と言ったのも、「彼がただで色々な事業に協力
してくれるからだ」と説明していたのをきいたこともある。
 だが、自分は脚本料が出る予定だったし、四男は少ないとはいえ出張中には日当や
支度金が出ている。

『現代芸術の振興を目的に東京都が設置したトーキョーワンダーサイトコミッティ(TWS)の
活動に関連して、都側が03年に石原慎太郎知事四男の画家(40)に謝礼金27万5400円を
支払い、四男が約3カ月後に返還していたことが28日、分かった。都によると、TWSは03年
6月、美術分野の助言役となる「キュレーティングアーティスト」を四男に委嘱。展覧会やイベント
で計102時間活動した。<共同通信28日』・・・なんて記事もあった。


 さらに、29日には毎日新聞が「<東京都>1億円不適正補助 石原知事四男登用の事業に 」
(*1)というタイトルの記事を載せていた。
『東京都の若手芸術家育成事業「トーキョーワンダーサイト」を巡り、都が実質的な内部
機関の任意団体「トーキョーワンダーサイトコミッティ」を都庁内に組織し、04年度
まで総額約1億円の補助金を支出していたことが分かった。補助金の交付でも不適正な
手続きが行われていた。コミッティは都幹部が委員長を務めるなど都と一体的な関係。
石原慎太郎知事の発案の事業で、スタート当初の不明朗な運営実態が浮かび上がった』
というものだ。

 石原知事がいかに都政、都庁の中で、自分の好き勝手に色々できていたか。また周囲
も石原知事の発案で知事の言うことならきかなくちゃ、という雰囲気だったのが浮き
彫りになって来るような感じの内容だ。一言で言えば、やっぱ「都政&予算の私物化」
をする部分があったと言えるのではないだろうか?
<オリンピックの誘致も、同じようなことになっているのではないかと懸念する。> 

 今までの石原関連の記事にも書いたように、石原氏も東京都も説明がどんどん変わっ
て来ており、きちんと調査したら、もっとアレコレで出て来るのではないかと思う。
 メディアもここからもっと頑張れ~! 

 
                   THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】


       ↓こちらは、政治は1位攻防、総合で25位枠に接近中

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

        ↑ 25位枠入りの攻防中!

*1、2は↓More の部分にpr

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-29 08:42 | 政治・社会一般 | Trackback(8) | Comments(4)

佐田氏は閣僚辞任・・・but 小泉前首相&安倍内閣の伊吹・松岡大臣にも不明瞭な政治資金報告の疑いが。


 前記事で取り上げた佐田玄一郎氏は、27日に行革大臣を辞任することを決め、夕方、
記者会見を行なった。<会見要旨*1、会見&問題に関する記事*2>
 尚、後任には渡辺喜美内閣府副大臣の起用が内定したようだ。

 今回は、佐田氏の件と共に、小泉前首相や伊吹文科相、松岡農水相にも同じような疑惑
が上がっていること、そして政治資金の収支報告書の問題点について書いてみたい。


 佐田氏は、問題とされた政治研究会は「実際に政治活動を行っており、事務所費や政治
活動費の支出も確認した。架空ではない」と主張。「ただ(地元の)他の後援団体の事務所
費等や政治活動費の一部が、この研究会の事務所費等や政治活動費として計上されていた。
資金が足りない後援団体を助けるため、政治研究会の方に計上していた」と経費の付け替え
があったことを明かし、「不適切な会計処理は、認めざるを得ない」と述べた。
 そして、「国政の渋滞を招くことはあってはならないと判断し、本日職を辞することを
決意した。午後5時に、首相に報告し、了解を得た。辞任は午後3時すぎに、自ら決断
した」と閣僚を辞任することを発表した。

 しかし、事務所の具体的な活動実態や、付け替えの内容、また何故、付け替えという
方法を使ったのかについては十分に説明がなされず<通常は、自分の他の団体に資金を
回す場合は、その団体に寄付をする(届け出もする)という方法をとる>、「92、93
年ごろは、会計責任者がまだ未熟だったことがあるかもしれない。地元がいろいろ大変
だった。自分も収支報告書を見ることをしなかった」と話すにとどまった。
 わずか11分の会見で、念願の閣僚を辞任することになって、かなり狼狽した様子も
見せていた。<TVで目撃。何か困った時の今泉刑事(西村正彦in 古畑任三郎)みたい
に見えてしまった?!(・・) 東京新聞の記事(写真つき)
 尚、議員辞職は「考えていない」という。

 ただ、共同通信27日は、『政治団体の事務担当者(公設第一秘書)が共同通信の取材
に「(団体には)活動実態がほとんどなかった」と証言した。この団体は90年の設立後、
99年分までの10年間に政治活動費計約2億1300万円の支出を収支報告書に記載
しているが、これも虚偽である疑いが浮上した』と伝えており、今後、調査が進めば、
さらに問題が大きくなる可能性もある。
 佐田氏はそのことを懸念して、早くに辞任を決意したのかも知れないと思ったりもする。
また年内に決着をつけるようにという有形無形のプレッシャーもあったことだろう。


 安倍首相は、27日夜の会見で「「任命者として国民に対し責任を感じている」と認めた
上で「今後、結果を出すことで責任を果たしたい」と語った。<それだけ?>
 しかし、野党側は、説明責任が果たされていない上、閣僚を辞職すれば済むという話
ではないということで、来年にはいったら佐田氏に不正経理の資金の流れや、議員辞職を
問うと共に、安倍首相の任命責任を追及する構えを見せている。

 これが国会開催中であれば、本間元・政府税調会長の件と共に、ツッコミどころがたく
さんの審議が繰り広げられたはずだったのだが。ちょうど国会閉会中&年の暮れのあわ
ただしい時期にバタバタッと起きてしまい、安部氏も小泉氏に負けず劣らず、運のいい
ヤツなのかも知れないな~と思ってしまった面がある。
 来年の通常国会が始まるのは1ヶ月後になってしまうので、国民やメディアが「何を
今さら」という雰囲気になってしまうのではと懸念してしまうのだが。どうかこの件を
忘れず、野党の追及に関心を持ってもらいたいな~と願っている。

<野党側も、メディアや国民の目を引くために、何か新事実を持ち出したいところだ。
こういうことは、調査能力バツグン&明朗会計がウリの共産党に期待したいかな?>

* * * * *
 
 毎日新聞*3は、実は小泉前首相にも同じような不正経理疑惑があったことを伝えて
いる。<わざわざ、ここで再度持ち出したのは、当時はこの問題がメディアで広がりを
見せず、うやむやにされてしまったことへの無念さがあったのかも知れない。>

『小泉前首相の実弟が代表を務める政治団体「小泉純一郎同志会」が、03年まで神奈
川県横須賀市の実家敷地内に事務所を置いていたが、事務所費を毎年計上していたこと
が毎日新聞の調べで発覚。同志会は03年に横須賀市内のビルにある「自民党神奈川県
第11支部」(代表・小泉前首相)の部屋に転居したが、その後も03~05年の3年
連続で年間405万~560万円(計1470万円)の事務所費がかかったと報告して
いる。党支部も年間591万~696万円の事務所費を計上しており、二重家賃支出
疑惑が生じている』というものだ。

 同紙は今の安倍内閣の閣僚である伊吹文科大臣や松岡農水大臣の報告書にも不明瞭な
点があると指摘している。
『賃料がいらない議員会館を資金管理団体の事務所として報告しながら、伊吹氏の「明風会」
は事務所費として昨年4146万円、松岡氏の「松岡利勝新世紀懇話会」も3359万円を報告
しており、伊吹文科相の秘書は「他の事務所の経費など」、松岡農相の事務所は「内訳は
報告の必要がない」と答えている』という話である。
 

 このような問題が起きる要因になっているのは、政治資金規正法施行規則の規定が、
事務所費は家賃、電話代など「事務所の維持に通常必要とされるもの」と範囲が不明確
なものになっており、しかも明細の記入や領収書の添付も不要とされていることにある。
 共産党は今年11月も国会で「事務所費を含む経常経費も領収書の写しを添付すべき
ではないか」と質問したが、菅義偉総務相は「政治団体側に過大な事務負担となる(ので)
規定された。各会派の議論をいただいて結論を得る問題だ」と答弁するにとどまっている。
 これでは事務所費の名目で報告しながら、いくらでも他の費用に流用できてしまうこと
になる。

  ちなみに各議員の政治資金には、私たちの税金でまかなわれる政党助成金から各議員に
配布される金銭も含まれている。
 安倍首相の場合、何と05年の政治資金が3億を超えたそうだが<コチラ>、自民党
本部から得た収入のうち1800万円は政党助成金から出ている。
 先日、自民党が年末年始のもち代として各議員に200~300万円渡したという記事
が出ていた。復党議員は100万円上乗せした300万円になったという。彼らが経済的
にピンチであることも配慮してのことかも知れないが、11人が復党したことにより、
自民党は来年の助成金が2億5千万円増えることになっており、それとは無縁だとも思え
ないところもある。
<もし私たちの税金が、各議員が地元で年末年始の挨拶回りの費用に使われるために配ら
れているとすれば、何だか情けな~い気分になってしまう。>

 そして、国民の税金である政治助成金から政治資金を得ていることも考えれば、尚更に
政治資金の報告書は明細まできちんと記載し、せめて一定額以上のものは領収書を添付
する形で届け出る必要があるのではないだろうか?
<ぼったくりバーにならないように、明朗会計にしてくれないとね~。>


 安倍氏も、首相就任時から「オープンな政治」を安倍内閣の標語に掲げ、国民にわかり
やすい政治を目指すと言っているのであるから、本間氏や佐田氏の問題に関してきちんと
説明や調査結果の公表を行なうように努めると共に、これを機に政治資金規正法施行規則
の見直しを考えて欲しいと思う。

<あ・・・安倍くん。また首相に任命責任があったとかで、給与を返還してくれなくても
いいからね。その分、法案や政策、そして色々な問題のことを、きちんと国民に説明して、
オープンな政治を行なう努力をしてね。(・・)>
 
                       THANKS

 【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】


       ↓こちらは、総合ランキングで25位枠に接近中

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

        ↑ 25位枠入りまであと一歩<現在26位>


<報道記事*1~3は ↓More の部分に>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-28 11:07 | 安倍政権に関して | Trackback(14) | Comments(8)

安倍応援団の佐田行革相に不正政治資金疑惑が!+石原都知事、今度は不正交際費疑惑

<11:20 追記あり。・・・あと、コメントのレスが遅れていてすみません。順次書きますので
しばらくお待ちください。>


  こんな年の暮れになって、また安倍内閣や石原都知事関連で新たな問題が出て来た。

 安倍内閣は、佐田行革相に政治資金報告書に虚偽記載&資金流用の疑惑が出て、早く
もマスコミを騒がせている。
 また石原都知事には、例のトーキョーワンダーサイトの今村館長(四男の知人)と
意見交換等の名目で、交際費や懇談費などを使って、銀座のふぐ懐石の店を含めて何回
も飲食をしていたという問題が指摘されている。

* * * * *

 佐田行政改革相が、架空の事務所の経費7480万円を政治資金収支報告書に記載して
国に提出していたことがわかり、佐田大臣の進退だけでなく、安倍首相の任命責任の問題
にも発展しそうな感じになっている。

 佐田玄一郎氏(衆院6期・群馬1区)は、森派のライバル津島派に属しながら、今年
の自民党総裁選で、<安倍氏と当選回数の近い>当選5~6回の議員のグループに参加
して、安倍氏を応援。それを買われて、内閣府特命担当大臣 (規制改革) 国・地方
行政改革担当 公務員制度改革担当 地域活性化担当道州制担当として、初入閣を果たした
と言われている。 祖父の元参議院議員を務めており、二世議員である。


 その佐田氏は、衆院議員に初当選後の90年8月に「佐田玄一郎政治研究会」なる政治
団体の設立を当時の自治省(現・総務省)に届け出た。研究会は在京の佐田建設の協力
会社の関係者が代表に、公設第1秘書が事務担当者として報告されていた。<ただし、
この研究会は佐田氏が入閣後の今年10月に解散の届出が出されている。>
 
 問題とされているのは、この研究会が90年から00年まで、事務所の賃料、光熱費と
して、多い年で約1400万円、11年で計7480万円の経費がかかったとして政治
資金報告書に記載されていたことだ。
 報告書には、支払い先には東京都の池袋の2つの事務ビルの名が記されていたが、
この政治団体が賃貸契約を結んだ事実はないという。

 佐田氏の事務所は、佐田氏の父親が社長を務めていた建設会社「佐田建設」の東京支店
内に事務所を置いたと説明。実際、その建設会社はビルを借りていたが、会社内には
政治団体の事務所の実態がなかったと言われている。
 このことから、佐田氏が架空の研究団体の事務所を設けて、その賃料などの経費として
届け出た費用を他に流用したのではないか、または他者の賃料を肩代わりして政治資金
から支払っていたのではないかという疑惑が生じているのである。
<佐田氏が父親の会社に賃料を払っていたかどうかについて、事務所は「佐田氏の政策秘書は「研究会が佐田建設に事務所費を支払ったかどうか確認できない」と説明している。> 
(以上、アチコチの紙面から抜粋)

<共産党の市田氏は、治資金収支報告書に記載する際、政治活動費は領収書の添付が
必要だが、光熱費などは義務づけがないので、これを利用し、総額約7800万円分の公開
できない経費支出を処理した疑いがあることを指摘している。・・・追記>

 佐田氏本人は26日の会見で、「どういう政治団体なのかどうかも含めて、地元によく
調べるように指示している」と述べ、現時点では何も事実を把握していないとの姿勢を
示した。疑惑が事実だった場合の自らの進退については「事実関係をしっかり調べるの
が第一だ」と言及を避けた。
<約10分間の記者会見の中で、ともかく「自分は一切わからない」と知らぬ存ぜぬ
パターンの姿勢をとり続け、「調べている」「地元に調べさせる」を二十数回連発。
事実関係を一切明らかにしなかった。TVで見たが、対応の仕方にかなり困っている
様子が見えた。尚、地元の事務所は取材に対し、「こちらではわかりません」と答えて
いた。>


 安倍首相は、26日の閣議後に佐田氏本人から「事実関係を調査している」と報告を
受けたことを明らかにした。その上で、「調査をして国民に説明してほしい」と述べ、
佐田氏に説明責任を果たすよう求めた。
 また塩崎官房長官は、「佐田氏自身が説明責任を果たしてくれるのではないか。できる
だけ早く国民に説明責任を果たしていただくのがいい」と述べた。佐田氏の進退問題に
発展する可能性については「事実関係による」と語った。<時事通信26日>

 これに対し、民主党の鳩山幹事長は都内の事務所で記者団に「まず佐田氏本人がしっかり
説明責任を果たさないといけない」と指摘。さらに「閉会中審査を求める。通常国会でも
議論することになる」と述べ、衆院の予算委員会や倫理選挙特別委員会での閉会中審査を
要求するほか、来年1月下旬召集予定の通常国会でも徹底追及する考えを明らかにした。
 また共産党の市田忠義書記局長も「規範意識に欠ける内閣だ」と批判。連立政権を組む
公明党の太田昭宏代表も「国民にきちんと説明する必要がある」と懸念を示いている。
 ある政府高官は「何で昔の問題ばかりが出てくるんだろうか。問題に対処した経験
のある人が政権内に少ないんでしょう」とぼやいていたらしい。


 規制改革と言えば・・・政府の規制改革・民間開放推進会議は25日、今年度の最終
答申を決定し、安倍晋三首相に答申したばかりなのだが。焦点となっていた教育委員会の
廃止は、文科省の抵抗が強く提言を見送った。
 また雇用・労働分野では、個人の裁量性の高い業務を労働基準法に基づく労働時間規制
の対象外とする「ホワイトカラー・エグゼンプション」<早く言えば、残業代が出なく
なる制度>を提言したが、企業側にとっては有利であるものの、労働者の立場や権利(心身
の安全含む)が守られなくなるおそれが強いことから、各界からの反対が強く出ている。

 公明党の太田昭宏代表は26日午後、安倍晋三首相と官邸で会談し、労働時間規制を一部
撤廃するホワイトカラー・エグゼンプション(適用除外)の導入問題で「相当慎重にすべき
だ。直ちに法制化するなど拙速であってはならない」と慎重な対応を強く求めたばかりだ。
<首相から明確な返答はなかったが、太田氏はこの後、官邸で記者団に「雇用や残業に絡ん
だ極めてデリケートな問題だ」と強調したという。<共同通信26日より>

 安倍氏を快く思わない勢力、ホワイトカラー・エグゼンプションに反対の勢力からの
攻撃かも知れないな~と思う面もあるが。
 でも、首相には、大臣に対する任命責任があるのは確かである。安倍氏は、本間税務
会長の辞任の件で優柔不断さを見せた上、説明責任を果たさず、党内や国民からの信用を
失いつつある。ここで(お得意の)「毅然とした対応」を見せないと、さらにダメージが
大きくなるかも知れない。
 また野党はこの件をしっかり追及して欲しい。

<尚、本間氏の後任の政府税調会長には、香西泰・日本経済研究センター特別研究顧問が
内定した。首相と経済問題に関して意見を交わすなど交流があり、首相の経済成長重視路線
に考えが近いことも決め手になったらしい。(*1)
 27日に政府税調委員に選任した上で、来年1月に開かれる税調総会で互選により正式に会長に選出される見通しだという。委員でもなかった人を急に委員にして、形式的に選挙を行なっ
て会長に選任するというやり方も何か変、という気がする。いかにも会長が首相と関係があっ
て、首相とと同じ考えでないと困るという感じ。

 ホワイトカラー・エグゼンプションにせよ、経済成長の上げ潮路線(税制でも企業優遇)
にせよ、安倍政権は、ひたすら企業重視で、国民の生活格差の是正などほとんどお構いなし
であることを、早く一般国民にも気付いて欲しいと思う。>

* * * * *

 石原慎太郎都知事にも、また公費の使用に関する新たな疑惑が浮上した。

『東京都の石原慎太郎知事や特別秘書が03年度まで、石原知事の四男延啓氏の友人で都の
文化振興事業「トーキョーワンダーサイト」で中心的役割を果たしている今村有策・都参与
との懇談の際、交際費から計6回、飲食費を支出していたことが分かった。都の公務員同士
の懇談に対する都費支出は妥当性が問われそうだ。<毎日新聞25日>』

 今村有策氏というのは、コチラの記事にも書いたが、石原家と親しいことから都参与に
採用され、トーキョーワンダーサイトの館長を務める人物である。<今村氏の妻が副館長>

 この件については、「あかはた」がコチラの記事で詳しく取り上げているのだが。
 日本共産党東京都議団が情報公開請求で入手した都の開示文書によると、今村都参与
との懇談で飲食費に公費が使われたのは2001年度から03年度までの3年間で計8
回、合計で約36万6千円あったという。
 
 このうち4回(約26万円)を石原知事が交際費から支出し、残り4回(約9万6千円)
を高井英樹特別秘書が交際費から支出。名目は「都政懇談会」などとしている。
 02年12月には銀座のふぐ・懐石料理店を会場にした「都政懇談会」で、石原知事が
交際費として12万5千円を出したという。<今村氏を含み5名が参加したようだ。>
03年2月にはイタリア料理店で都政懇談会を行なったという形で、10万円以上を支出
している。

 これらの飲食費を、都はすべて、都政についての意見交換や情報収集などを目的とする
「接遇」として処理しているが、都の交際費の支出基準では、公務員との「(支出をとも
なう)懇談は行わないものとする」と明記している。一方、「接遇等開催伺」は「都政
懇談会」としており、支出基準に反する疑いもあるらしい。
<都参与は、知事への助言を日常的に行う役目の公務員であり、今村都参与は当時、月額
35万1千円を都から支給されていた。>

 都知事本局秘書課は「今村氏が参与になってからの6回については、参与はあくまで
都側の参加者。参与を主目的にした懇談ではない。参与のほかに誰が参加したのかについ
ては、個人名は答えられない」と言っているそうだ。<以上、あかはたから抜粋。>

 
 企業なら、社員や関係者と打ち合わせがてら飲食して、交際費やら何やらで経費と
して落とすというのはよくある話かも知れないが<でも、最近は企業も飲食経費はうる
さくなっているとか。12月のふぐは忘年会がてらだったりして?!>。
 都知事が公務員をつれて、打ち合わせがてら税金で高額な飲食をしていたとすれば、
都政を預かる身として問題にされるのは、当然のことだろう。
 石原氏はやはり、都政や都民の税金を私物化していると思われても致し方ないの
ではないかと思う。

 これを読んでいる都民の方々は、来年の都知事選の時によ~く考えて投票して欲しい。
 石原氏が3選すれば、今後はオリンピックの誘致や建築計画などを進める中で、計画
段階で、また身内や自分個人の関係者を使うおそれもあるし、次期開催はアジア地域
から選ばれない可能性が高いという話もあるのに、誘致や準備のためにどれだけ都の
お金をムダ遣いされるか、わかったものではない。
 
 逆に他党から都知事選に立候補する人には、オリンピック誘致を見直すという提言を
して欲しいとも思う。私を含めて、都民の多くは、何だかわけがわからないうちに、急に
オリンピックの話が出て、石原知事が勝手に話を進めているような印象を受けている。
オリンピック開催は全く望んでいないとか、オリンピック誘致を前提に、また無用な再開
発や環境整備とかでムダに税金を使って、あちこち工事されるのは困ると思っている人
も少なくない。<個人的には、もっと必要なところの開発や整備、そして経済・教育・
医療格差の部分に予算を投じて欲しいと思う。>

 少なくとも、まずは先に都民に、「オリンピックの開催を誘致したいのだが、いかが
だろうか?」ときくのが筋じゃないだろうか?「このような計画で、これぐらい費用が
かかる見込みだ」という説明をきちんとして、都民の判断をあおいでから、計画を進める
べきだと思うのだ。
  
 都議会は、自民、公明党だけでなく、民主党も含めて、すっかり石原っ子になりつつ
ある。<また都の民主党議員の中には、国旗・国歌に執念を燃やすタカ派議員も少なく
ないのが困りものだったりして。^^;>
 今回は民主党も対抗馬を立てるということなので、都議も含めて、もう少し都民の生活
を考えるような政策を打ち出して欲しいと願っている。

                    THANKS
 
 
【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
 
   ↑ お陰様で一太越えはクリア。25位内の枠入り攻防中!


関連報道記事は ↓ More の部分に

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-27 09:34 | 安倍政権に関して | Trackback(8) | Comments(7)

安倍は「有言実行」、私たちは「有限実行」 + 自民・河野&加藤のハト派連携に期待

<時間がないので、リンクや記事の番号付けは、あとでやります。すみません。>

 安倍晋三首相が、来年の抱負を「有言実行」と記したという。
 
『安倍晋三首相は25日午前、首相官邸で地元の山口放送などのインタビューに応じ、来年の
抱負として色紙に「有言実行」と書いた。「何をやるかを国民に分かりやすく説明し、やる
と約束したことは必ず実行する」と説明した。
 内閣支持率の低下に関しては「謙虚に受け止めたいが、大切なのは何を成し遂げたかだと
自分に言い聞かせている」と指摘。来年7月の参院選については「なかなか厳しい選挙で、
私が首相として実現したことを問えるように国会でも実績を上げたい」と述べ、通常国会で
教育再生関連法案の成立を目指す考えを強調した。<日経新聞25日>』

 教育基本法の改正も、防衛省昇格法案(自衛隊法改正)も、確かに「やる」とは言って
いたので、その意味では有言実行だった。そして戦後体制からの脱却を望む勢力の期待に
応え、祖父の代から続く悲願を成し遂げたという意味では、個人的には満足の行く仕事
ができたと言えるのかも知れない。
 
 だが、両法案とも「何をやるかを国民に分かりやすく説明」することは、全くと言って
いいほどせず、国民がそれらの問題点に気付かないうちに、国民の声もきかないまま、
ともかく1日でも早く改正しようとしたのが実態であった。
 復党問題も、本間税調会長の辞任問題も、周囲にせっつかれてやむなく行なったもので
国民にはきちんと説明できず。復党問題では、国民の批判に耳を傾けることもしなかった。
 
 個人的には、あまり妙な約束をして、無理に実行してくれなくてもいいのだけど。首相
としては、きちんと説明責任は果たすようにして欲しいと思う。

 そして、私たち反安倍っちの抵抗勢力(?)は、来年の抱負を「有限実行」にするのは
どうだろうか?
 そう。来夏の参院選で与党過半数割れに追い込み、安倍首相には7月で退任して頂く
ことを目標に・・・つまりは、安倍政権を7月までの限りあるものにできるように活動
して行こうということである。

 あと7ヶ月・・・有限政権にできるように、頑張って行きましょう!(~~)/

<ちなみに、参院選を7月22日にしたいと要望したのは公明党だったとか? 三連休の
中日の15日にすると、公明党に有利だという声が出たのを懸念したらしい。>

* * * * *

  ところで、私にとっては、いいニュースを見つけた。
  自民党内のハト派が結集し、右傾化の流れを食い止めようとする動きが出て来たのだ。


『「ハト派結集の動き活発に=「右傾化」警戒-わだかまり超え河野・加藤氏が連携」

 河野洋平衆院議長、自民党の加藤紘一元幹事長を中心に、ハト派勢力の再興を目指す動き
がにわかに活発化してきた。
 9月の安倍政権発足以来、政府・自民党内で、核保有論議容認や、従軍慰安婦問題で反省
とおわびを表明した「河野談話」に疑義を呈する発言が出るなど、「政界の右傾化が進んで
いる」(河野氏周辺)ことへの警戒感が背景にある。「過去にいろいろあったが、アジアの
ため、国のために協力しよう」。
 今年8月の右翼団体構成員による加藤氏宅放火事件の際、河野氏が電話で加藤氏を見舞っ
たのをきっかけに、両氏は11月1日に久々に会談。最近の党幹部や閣僚の核保有論容認を
憂えるなど意気投合したという。<時事通信23日>』

『加藤紘一元幹事長ら自民党でアジア外交を重視する議員でつくる派閥横断の3グループの
幹部が21日夜、国会近くのホテルで会談し、今後も定期的に連携して活動していくことを
確認した。
 この夜の会合には出席しなかったが、河野洋平衆院議長も趣旨に賛同しているといい、旧
宮沢派(宏池会)の流れをくむ「ハト派」の新たな動きとして、注目を集めそうだ。出席
したのは、アジア外交・安保ビジョン研究会の加藤氏のほか、アジア戦略研究会の逢沢一郎
衆院議院運営委員長、アジア・アフリカ問題研究会の大島理森元文相ら。<朝日22日>』


 河野洋平氏と加藤紘一氏は、私が自民党の中で最も好きな政治家たちである。
 二人ともハト派&リベラル、アジアとの関係も重視するタイプで、バランスのとれた考え
方&発言をすることが多い。
 私は、誰がどこの派閥だとかよくわからない頃から、たまたまTVでの発言とかをきいて
「この人はいいかも」と思ってその政治家に注目するのだが<それで好きになる人と、やっ
ぱイマイチかもという人に分かれて来る>、宮沢喜一氏も好きだったし、たまたまこの二人
とも宮沢派の議員であった。
 ただ、この二人は宮沢派の後継者を争って、バラバラになってしまっていたのだった。
<ちなみに、私の好きな政治家の多くに共通してしまう欠点?として、あまり政治的手腕
には長けておらず^^;、二人ともかなりの能力がありながら、TOPになり切れないまま
終わってしまった。(河野氏は党の総裁になったが、当時は細川政権だったので、党で唯一
首相になれなかった総裁である。また従軍慰安婦に関する河野談話でも有名だ。)>


 自民党が右傾化して行く中で、私は痛いな~と思うことが一つあった。河野洋平氏が03
年に衆院議長になっていたからである。
 衆院議長というのは、三権の長として、内閣総理大臣、最高裁判所長官と並んで、日本の
公務員の中ではTOP3の要職なのであるが。ただ、議長は中立的でなくてはならないので、
政治的な活動、発言がしにくい立場でもある。それゆえ、河野氏としても、自民党の流れを
見て「これはマズイ」と思い、言いたいことは山ほどあったと思うのだが、なかなか発言
できずに、内心ジリジリしていたのではないかと思われる。
 
 ただ河野洋平氏には、多くを求められないかな~と思うこともあった。というのも、彼は
C型肝炎から肝硬変になり、一時は命を危ぶまれるほど体調が悪化したことがあったからだ。
しかし02年に、息子の太郎氏(衆院議員)が、ドナーになって生体肝移植を行ない、よう
やく回復したという経緯があったからだ。
 衆院議長の職についたのも、功労賞的な要素もあったのかな~と思える部分があった。
<あまり口うるさい人は、衆院議長につけてしまおうという考えもあるのかな~と思う
ところもあったけど?!・・・ちなみに、今、民主党のうるさ方(リベラル左派の横路孝路
氏が副議長になって、党を離脱しているのだ。これも痛い?!>


 それでも、衆院議長として自分のできる範囲で、私から見ると、いぶし銀的な役割を果た
していたようにも思う。今年で言えば、与党の国対委員長を呼んで共謀罪の強行採決を牽制
する働きをしたり<コチラ>、終戦記念日の全国戦没者追悼式の衆議院議長追悼の辞で
「戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない」と語ったりもして
いた。<*1>
 また、私も以前から気になっていたことだったのだが、国会議員たちが本会議中に新聞
や雑誌、携帯を見たり、私語などが多いことを注意したり<コチラ>、本当は審議や議決
をする前提にするために行なわれる参考人質疑や中央・地方公聴会が<ここで国民や識者
など色々な人の意見をきいて、それをもとに議論をしたり議決の判断をするために行なう
ものなのだが>、もう審議や議決の方向性が決まってから、形ばかり行なうようになって
いることに問題性を唱えたりもした。<*2>
 今は、中国を訪問中で、要人たちと会談する予定である。<*3>

 
 もう一つ、河野氏を動きにくくさせているものがあった。それは、宮沢派の後継争いに
敗れたあと、反・加藤陣営を集めて大勇会(河野グループ)を率いていたことだ。ここには
麻生太郎氏も所属しているが、麻生氏は河野氏よりもかなり保守色が強い。(右寄り)
 麻生氏は小泉政権で実績を重ね、今年の総裁選に出馬、安倍氏相手にかなりの健闘をし、
党内では次期総裁候補としての呼び声が高い。
 そこで、河野氏は大勇会を解散し、グループを麻生氏に譲ることにした。今月15日、
麻生氏はグループのメンバーを引き継ぎ、実質的に麻生派となる為公会を旗揚げしている。
<ここから、旧・宏池会同士の綱引きが始まりそうな気配・・・。>
 河野氏は、これで自分の政治信条に従って、個人的に活動しやすくなるように思える。


 来夏の参院選が終わったあと、憲法改正への動きが盛んになり、いずれ政界再編成が
起きる可能性がある。自民党も民主党も他党も、憲法改正や安保政策の考え方の違いに
よって、グループ作りや勢力争いの活動が活発になって来るだろう。
 その中で、私は河野氏と加藤氏の二人には、自民党内のハト派の軸になって、この
大切な次期にいい働きを見せて欲しいと大きな期待を寄せているのだ。
<場合によっては、将来的に、民主党のハト派、安保慎重派との連携をすることもある
のではないかとも思われる。>

 尚、加藤紘一氏は、今月、「テロルの真犯人」という本を出版したそうだ。

『自民党の加藤紘一元幹事長の著書「テロルの真犯人」(講談社刊)が18日、出版され
た。小泉純一郎前首相が靖国神社を参拝した8月15日、右翼団体構成員によって実家
(山形県鶴岡市)を放火された事件を検証する内容で、背景には「過度にナショナリズムを
沸き立たせようとする風潮や政治的流れがあった」としている。
 「テロル」はドイツ語で、「暴力によって政治的に威嚇する」という意味。著書では
「小泉前首相のように『闘うナショナリズム』をあおり、それを政権の支持率浮揚のために
利用することは『禁じ手』だ」と批判。放火による言論封殺を非難した産経新聞の「主張」
にも言及し、「(小泉氏の)靖国参拝を是とする産経でさえ事件後すぐに批判したのに、
同じ政治家仲間の小泉氏の沈黙は不思議だった」としている。<産経新聞 18日>』

 残念ながら、まだ読んでいないのだが・・・。近いうちに、読みたいと思っている。

 世の中の右傾化を懸念し、日本がアブナイと思う方は、是非この二人の言動にも注目、
期待してみて頂きたい。

                        THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
 
   ↑ お陰様で一太越えはクリア。25位内の枠入り攻防中!


関連の報道記事は ↓ More の部分に

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-26 16:55 | 安倍政権に関して | Trackback(9) | Comments(14)

参院選は7・22か?+ 安倍っち3話 + カンニング中島&竹山 + ディープ&年末年始は地方競馬!


( ^-^)∠※.。・*・゜`☆、 MERRY CHRISTMAS!  `☆、・*・゜。


 クリスマスなので、何かいい話を書きたいな~と思うのだが、政治のニュースを見て
も、な~んもいいことがない。かと言って、今日はあまり怒りたくはない気分だし。
 
 政治、経済がらみ以外なら、楽しい話が色々あるのだけど。<スポーツや競馬、TV、
音楽、動植物、おいしいものを飲食することなど、毎日がお気楽極楽の生活をしている>
 でも、こういうことばかり書いていると「政治ブログ」にならないしな~。^^; 
たまには、いいかな?


 強いて「これはよかったかも」と思えた政治関係のニュースを挙げれば、来夏の
参院選の投票日が7月22日になりそうだということだろうか?

 少し前まで、三連休の真ん中の7月15日を投票日にする案が出ているという話が
流れていたので<投票率が低いと、固定支持層が強い自民・公明党が勝利しやすい>、
そこまでセコイことをするのかと思っていたのだが。
 さすがにそれはセコ過ぎだと思ったのか、また安倍首相に1月に中旬まで欧州や東アジ
ア・サミットなどの外遊日程がはいっていることもあってか、来年の通常国会を1月
25日に召集し、会期は6月23日までの150日間で、会期延長がなければ07年参院
選は7月5日公示、同22日投票の日程で行なうという方向で決まったようだ。
<参院選に燃える私は、早速、カレンダーにメモした!( ..)φ>



 じゃあ、とりあえず政治がらみで、安倍っちこと安倍晋三首相の話を3つ。
 
 安倍っちは、23日夜には、国立代々木競技場で開かれた地球温暖化防止をテー
マにしたコンサートに行っていた。
『(チャゲ・アスの)ASKAが公演中に日本を船にたとえ、「僕らは同じ船に乗っている。船長
は安倍船長」と観客席を指さすと、首相は立ち上がって両手を振り、約1万人の観客から
大歓声を浴びた。・・・また、「環境への関心を緑のワンポイントで表現しよう」と呼び掛ける
企画で、首相もジャケットに緑色のポケットチーフをさして登場した。<スポニチ24日>』

 私は、こんな船長じゃイヤなんですけど~。(--)
<TVで挨拶するのを見たけど、私服がちょっとダサかったかも。^^; 写真はコチラ


 翌24日には、都内の百貨店に報道写真展を観に行ったそうだ。
『首相にクリスマスイブはなし!? 安倍晋三首相(52)は24日、都内の百貨店で
開催中の「2006年報道写真展」を見学した。写真パネルにサインをしたが、日付を
「二十五日」と1日間違えて記すハプニングがあった。
 9月の総裁選や内閣発足時の写真を見ながら、「ずいぶん前のことのように感じる」
としみじみ。記者団から「当時の緊張感を思い出すか」と聞かれ、「今も毎日緊張して
います」。緊張感ゆえの間違いか、それとも政府税調会長の辞任など最近のトラブル
続きで日付の感覚がなくなった?<サンスポ24日>』

 まあ、ずっとお忙しかったでしょうからね。<フォローのつもり!?(・・)>
 っていうか、だんだんマスコミにこういう小さなことまで、ツッコマれるようになっ
ちゃったのね~って思ったりもして。

 でも、ホント、何か総裁選なんて随分前のことに感じてしまう。小泉氏が首相をやって
いたのなんて、何年も前の話みたいな感じかも。


 そう言えば、安倍っちは16日にパパ・ブッシュとも会ったのだ。
『安倍晋三首相は16日午前、都内のホテルで来日中のブッシュ元米大統領と会談し、
北朝鮮問題など国際情勢について意見交換した。首相は冒頭、「先日ベトナムのハノイ
で(息子の)ブッシュ米大統領とお会いしました」と切り出すと、元大統領も「私は
あなたの父親を尊敬している」と、故安倍晋太郎元外相の思い出を語った。
 首相は「実は90年の日米安保条約改定30周年式典の際に、あなたともお会いして
いる」と晋太郎氏の秘書官時代の話を紹介。元大統領は「だいぶ前の話だから忘れて
しまった」と答えるにとどまった。・・・^^; <スポニチ 17日>

 この記事のタイトルは「影薄かった…安倍首相忘れられる」<ここまで言われるとは>
 まあ、まだ若き秘書時代のことだからね~。<だんだんフォロー困難に!?(・・:)>

 以上、クリスマスに贈る安倍首相三話でした。

* * * * *

 いい話と言えば・・・これは哀しい話でもあるけど、24日にはカンニングの中島忠幸
氏(享年35)の告別式が24日、東京都中野区の宝仙寺で営まれ、芸人仲間やファンら
計900人が早すぎる死を悼んだ。 <以下、敬称略>
 竹山がラジオで「二人の最後の仕事を観に来て欲しい」と呼びかけたこともあり、本当
に多くのファンが集まっていたし、TVカメラもたくさん来ていて、昨日から今日に
かけて多くの番組が大きく取り上げていた。もっと生きて活動できれば一番よかったに
違いないのだが。竹山の弔辞で「よかったな~。みんな見に来てくれて」と言っていたが、
芸人さんとしては、こうして多くの人に見送られたり、メディアに扱われるのは一つの
勲章だと思うし、本人はもちろん家族や関係者も報われるところがあったのではないかと
思ったりした。
 

 ところで、中島と竹山は小学校時代からの同級生。上京後に再開し、お笑いコンビを
結成したがなかなか売れず。やっと売れた04年に、中島は3年間交際して彼を支えて
くれていた女性と結婚し、やがて長男が生まれたのだが、その年の暮れに白血病だと
わかり闘病生活を送ることになってしまう。
 06年には臍帯血移植が成功し、いったんは完治、退院して、来年の復帰を目指すが、
残念ながら再発してしまい、再入院。そのまま帰らぬ人になってしまった。

 竹山は、中島が入院中に一人で芸能活動をしている間も、カンニング竹山として出演。
事務所と協議した上で、中島も企画やアドバイスで参加しているということで、二人で
分ける形をとり、高額な治療費の負担に当てていたという。
 また竹山は、結婚を考えている女性がいるが、中島が復帰してから結婚をすることに
したいと、婚約発表も見送っていたときく。

 今朝、TVを見ながら急に<その前に教育再生会議の記事を読んでいたこともあったの
だが>、もし私が学校の先生だったら、授業を少なくとも15分は潰して、子供たちに
この二人の話をするのにな~と思った。
 子供たちがふだんTVで知って親しみのある人の話の方が、心に来るものもあると思う
のだ。二人の友情や思いやり、信頼。自分の夢に向かって努力することの大切さ。病気に
なっても一生懸命生きようとしたこと。そして、死にたくなくて、本当に心から生きたい
と願って、頑張っている人がいること。たくさん話したいことがあるし、色々考えて欲し
いことがある。

 道徳がどうのというよりも、こういう身近な話から色々と感じたり、考えたりするよう
な教育の方がずっと大事だと思うのだ。<今の子供には特に。>
 今の子供たちも、感性は豊かなのである。しかも、意外に素朴なものに弱い。近時、
流行している歌の歌詞なんかきいても、「昔のフォークソングみたい」と思えるような
純朴な内容であることが少なくない。
 ただ、色々思っても、なかなかそれを自分のものにしたり、うまく表現したりできない
部分がある。そして逆に現実とのジレンマを感じて、ストレスが貯まってしまうケースが
多いようにも思われる。このあたりをどのように導くか、それが学校や家庭の教育で最も
求められることなのではないかと思ったりもする。

<タレントの加藤茶さん(63)が25日会見し、大動脈解離で10月末に緊急入院。
約10時間にわたる緊急手術を受けたが、術後は順調で、29日に退院したそうだ。
 加藤さんは「死んでもおかしくなかったと言われ、自分は生かされているんだと思っ
た。元気になるまで少し待ってください。死ぬまでバカやりますから」と語ったという。
これも、いいニュースだった。>


 競馬の話も書いたけど、ここまででかなり長くなったので、↓Moreの部分にアップ
することにした。

 次の記事からは、また政治・社会ネタを中心に書いて(怒って?)行くつもりだ。


                           THANKS



【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
 
   ↑ お陰様で一太越えはクリア。次の目標は上の25位内の残留?!


 競馬の話は、↓More の部分に

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-25 15:25 | 政治・社会一般 | Trackback(14) | Comments(8)

民主党にモノ申す(3) ~ 教基法&自衛隊法改正での、自民党アシストに怒!~

<何故だか(たまたまなのか?) ワードパッドに記した内容によって、きちんと保存ができない
上、ブアンというエラー音?と共に、書いたものがすべて消えてしまう事が続いている~。
もう3本も記事が消えることに・・・。不気味だ。^^;>


 私は今年の教基法改正、防衛省昇格法案に関する民主党の対応には、大きな疑問を
覚えている。<というか、かなり怒っている。(ーー゛)>

 私は憲法にせよ、教基法にせよ、すごく大事に思っているけれど、それらを絶対に
改正してはいけないと考えているわけではない。<憲法だって自らが改正条項を設けて、
改正されることを予定しているのだしね。>
 もしその方が国民にとって利益になる(私にとっては、それが国益にかなうことにも
なる)と思えば、その条項の改正には賛成しようと思っている。

 ただ、これらは国や国民のあり方を決める超重要な法律ゆえ、安易に改正すること
は許されないと思うのだ。本当に改正が必要なのか、何のために必要なのか、改正が
必要だとしてどの部分をどのように、また何のために変えることが必要なのか・・・
それをきちんと国民にもわかるように説明して、議員や識者や国民の議論も経て、
国民の意見もきいて、ある程度、国民が理解、納得した上で、改正する必要があると
思うのである。

<防衛省昇格法案に関して言えば、自衛隊法の任務や活動の範囲、内容の改正は、
憲法9条に抵触するおそれがあるので、やはり国民の理解、議論が必要だった。>


 ところが、安倍自民党は、国民にきちんと説明しようともせず、ろくに国民の理解
や議論もないままに、ただ自分たちの思いを遂げるために、拙速に形ばかりの審議や
公聴会や参考人質疑などを行ない、最後は数の力で押し切って改正を成立させてしま
った。<彼らは国民の意思などお構いなしに、ともかく早く改正を行ないたかった
のだ。>

 そして、本来ならマス・メディアが、これらの改正に関する情報や問題点をもっと
積極的に国民に伝えるべき役割を果たすべきだったのだが、それをほとんど為そうとは
しなかった。
 もちろん、国民の多くが政治に無関心であることも問題だったと思う。

 だが、民主党の対応にも問題があったと思うのだ。コチラにも書いたが、民主党が
野党としての機能をきちんと果たして、与党と国会で論戦を繰り広げたりして、この
改正の問題点をもっと国民やメディアに伝えようとしていれば、展開が違って来たの
ではないかと思うからである。
<仮に数の力で改正されても、今後の日本の流れにも関わる問題点を、もう少しは
多くの国民に伝え、考えるきっかけを作ることはできたように思う。また、それは
来夏の参院選の投票にも影響したかも知れない。>


 教基法に関して言えば・・・民主党は改正に反対をせず、対案を出すという形をとっ
た。民主党が改正自体に賛成してしまうと、たとえば衆院では議員の9割が改正OKと
いうことになる。
<私はどう見ても、国民の9割が改正に賛成だとは思わないのだが。>
 そして、これでは「何のために教基法の改正が必要なのか」「本当に今、改正する
ことが必要なのか」という最も根本的な争点、問題点が、国会でもほとんど議論される
機会がなくなってしまうし、メディアや国民へのアピールもなされなくなってしまう。
 政府の閣僚や与党議員が、国会やその他の場で、たびたび「民主党さんも改正自体
には賛成なわけですから」と発言していたが、民主党が改正に反対しなかったことで、
最初から「教基法の改正は必要である」ということを前提にすべてが進んでしまった
ところがある。
<渡部恒三氏や一部議員は、公の場でも「教基法の改正が必要なのは確かだ」とアピ
ールしてたし~。>

 民主党の小沢代表や鳩山幹事長なども、もともとは改正には賛成の立場である。
「ただし、政府案には問題があるので反対だ」「重要な法律の改正なので、もっと
時間をかけて(1~2年ぐらいかけて)慎重に議論をすべきだ」という主張を繰り
返していた。
 民主党は、与党が4月末に教基法改正案を出すとわかってから、連休中に急いで
法案を作り、5月に民主党案として国会に提出したのだが。もし私の記憶が確かなら
たぶん鳩山幹事長が「対案を出さないと、一気に採決されるおそれがある。また政府
案の問題点が明らかにならない」とその理由を述べていたように思う。
 それをきいて、私も民主党が5~6月の通常国会では、対案作戦をとることも致し
方ないかなと思った部分があるのだが。ただ、通常国会が終わって、継続審議になった
ら、民主党案は取り下げて、秋の国会では与党との対決姿勢を強めるという話も出て
いたので、そうしてくれるものと期待していたのだった。


 だが、民主党は秋の臨時国会でも、対案を取り下げなかった。そして、それが安倍
自民党をアシストすることに、つながってしまったのである。
 民主党は、安倍政権への対立姿勢を強め、来夏の参院選に向けて野党共闘をしたい
と表明しており、国会運営や補選、知事選などで他党と連携して活動をしようとして
いた。
 社民、共産党は、もともと教基法の改正自体に反対している。民主党の議員の中にも
反対or慎重論を唱える者が少なくなかった。それゆえ、民主党が対案を出したまま、
「改正には賛成」という姿勢をとり続けることに、疑問を覚えた議員や支持者は、少な
からず存在していたように思われる。
 しかし、他の野党とは不正履修やいじめ、TMやらせ問題で自民党を追及することで
共闘するという戦法をとり<それを理由に、衆院の委員会採決、本会議議決を共に欠席
した>、対案は出したまま、教基法改正に反対の姿勢はとらなかった。

 その後、舞台は参院に移ったのだが。この時も民主党は対案を引き下げて、反対に
回るという話が出ていたのに<民主党案は衆院で否決されてしまっている>、何と
新たな民主党案を出すという形で、参院にも対案を出して来た。
<その新たな民主党案というのが(資料を失ってしまったので、きちんと提示できない
のだが)、確か「下に」を「もとに」と平仮名に直すとか、何かそういうレベルでの
修正を何箇所かに入れる形での対案だったので、呆れてしまった。^^;>
 結局、民主党は最後まで、教基法改正に関しては、改正反対の側に回ることはなかっ
た。「政府案には反対。審議、議決が拙速過ぎる。いじめ、TM問題などの解決がつい
ていない。」などの理由で、最後は野党4党で徹底抗戦することにしたのだが。それも
前記事<コチラ>に書いたように、中途半端な行動をとったので、他の野党の信頼を
損ね、民主党&野党共闘の抵抗に期待した国民を失望させることになった。


 では、民主党は何故、最初から最後まで、教基法の改正に反対する姿勢をとらなかっ
たのだろうか? また5月にあわてて対案を出し、最後まで対案を取り下げることを
しなかったのだろうか?
 彼らとて、その方が国民にもアピールできるし、来夏の参院選に向けて野党共闘の
連携を深めるのに役立つと知っていたはずだ。また、民主党が対案路線を取り続けた
方が、やがて数で押し切られて、政府案で決まってしまう可能性が高いこともわかっ
ていたことだろう。

  私は、民主党が急に対案を作って出したのは、政府案を修正する機会を与えるため
だったのではないかと思う部分がある。
 つまり自民党議員やその支持者・団体を中心とした(民主党等にも一部いる)教基法
の改正を強く願って来た人々が思い描いた教基法の条文になるように(政府案を修正
できるように)、そのアシストをするために、対案を出したのではないかと思うところ
があるのだ。


<この先の話は、PCがアップしない方がいいと言うので?!、たいした話でもないのだが、
参院選が終わるぐらいまで、(4)は封印することにする。>


      <つづく>                 THANKS

【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
 
   ↑ お陰様で一太越えはクリア。次の目標は上の25位内の枠入り?!
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-24 10:29 | 民主党、民進党に関して | Trackback(9) | Comments(6)

教基法施行but再生会議は迷走、民主党はきちんと野党共闘の体制作りを!


 22日、改正教育基本法が公布、施行された。

 ただ、この基本法だけでは、教育の現場がそう大きく変わることはないだろう。
<強いて言えば、保守系の好調や教師が愛国心的要素のある指導、教育がやりやすくなる
かも知れないけど。>

 実際には、これから作られる教育関連の法律、命令(政府や省庁が出す規則みたいな
もの)、通達、そして学習指導要領などが、教育現場に関わる具体的な事柄を決めて行く
ことになる。
<しかも、改正基本16条では、教育は法律に基づき行なうものと規定され、政府側は
学校や教員が上述の法律等を遵守することを強く求める方針である。>
 だから、私たちはこれらをしっかりウォッチしていかなければならないと思う。


 ただ、幸いに(?)安倍氏&仲間たちが提案していた施策は、そう簡単には実現しそう
にない感じだ。というのも、彼らは、教育再生会議に答申を出させることによって、法案
作りを進めようとしていたのだが、教育行政の主導権を保持したい文科省の抵抗によって、
思うように提言がまとめられずにいるようなのだ。
<官邸主導は、税調に続きピンチか?!(・・)>

 朝日新聞22日は『「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発』<*1>
というものものしいタイトルで、教育再生会議vs.文科省の様相を伝えている。
 今の状況では、安倍首相が熱心だったバウチャー制度や大学9月入学制度は、答申には
まったく盛り込まれないようだ。
 
 教員免許の更新制度に関しては、もともと中教審でも提言されており、文科省が法案
作りを進めていたので、採用されることになると思われる。ただ、これも文科省は「10年
毎に30時間の研修で更新」、再生会議側は「5年ないし7年、不適格教員はすぐに免許
剥奪」と開きがあり、まだまだもめそうな感じがある。

<教員免許を5年と主張する一派には、憲法改正やその後を考えて、国旗、国歌への
態度がよくない教員、反戦・反政府的な言動をする教員(早く言えば日教組の教員など)
を早めに排除したいという意向を持っている者もいると言う。>

 色々なやりとりを見ていると、文科省の方が、再生会議よりは、まだ何倍も教育の現場
をわかっているし、現実的な考え方をしているようなので、官邸への抵抗勢力として期待
したいと思う部分がある。

 ただし、ある意味ではもっとコワイのは、文科省が出す省令や通達、自治体の通達
などや学習指導要領の改訂だ。これらは、法律ではないので、内部で作ることができて
しまうからだ。
 たとえば、あと2~3ヶ月ほどで卒業式シーズンにはいるが、東京都のような国旗、
国歌に対する指導(処分つき)の通達が、国として、または全国の自治体単位で出される
こともあり得る。
 東京都の通達の場合、今年10月の地裁判決では教基法の「不当な支配」に当たると
判事された<旧・教基法では「不当な支配」は国や政府の強制を意味したので)。
改正基本法では、伊吹文科大臣いわく「『不当な支配』は法律に基づかない思想団体
などの教育への介入を指す」という解釈で立法されている。この解釈に沿えば、学習
指導要領に国旗、国歌の指導が明記されている以上、その指導や通達内容の実行を教員
に強制し得ると主張がなされることが考えられる。
<だからと言って、処分までしていいかどうかというのは、話が別なのだが。>

 このような施策は、表から見えにくいだけに、メディアや野党がきちんと機能して
問題があれば、きちんと国民に伝えてくれるようにして欲しいと願っている。 

* * * * *


 教基法のことを考えると、つい民主党のことを思い出してしまう私なのであるが。(--)

 実は20日に鳩山幹事長が、共産党が民主党を批判したことに対し<コチラ参照>
「共産党との共闘関係はもう一度根底から考え直さないといけない。共産党を除いた協力
関係という話になると思う」との発言をしており<*2>、私はこれで野党共闘がうまく
行かなくなるのではないかと危惧する部分があった。
<もともと鳩山氏&仲間たちが、共産党は好きじゃないから、組みたくないんだよね。
国民新党もそうらしいのだが。^^;>

 でも、民主党を批判しているのは、共産党だけじゃない。社民党の福島代表も「体たら
くがあった。残念で心外」と批判。国民新党の亀井代表も「民主党国対幹部の総入れ替え
を要求したい」と発言している。<*3>
 また、マスメディアでも、民主党の曖昧な対応への批判や疑問がかなり見られた。

 民主党の教基法や防衛省昇格法案への対応の仕方にも疑問を覚えた人は少なからず
いるだろうし、何より教基法改正の参院の審議、議決の際に民主党の国対の動きがおか
しかったことから、他の野党の信頼を失ってしまったところがあるからだ。
 一部では、参院民主党は自民党の国対と委員会の審議や採決に関するシナリオ作りを
していたという話も出ていた上、徹底抗戦する約束だったのに、参院で首相の問責決議
案を出すのも拒否してしまったのである。
<それこそ民主党の高木国対委員長が「参院の国対が言うことをきかない」(TVで目撃)
となげいていたほどだった。>

  
 こんな風だと、来年の1月から始まる通常国会でも、またギクシャクすることがあった
ら困るな~と思ってたら、いい記事を見つけた。


『民主党の菅直人代表代行が来年の通常国会で、国会対策の総指揮をとる見通しになった。
民主党は臨時国会での改正教育基本法審議への柔軟姿勢をめぐり、他の野党から「体たら
く」(福島瑞穂社民党党首)と批判を浴びた。来夏参院選へ向け、与党との対決姿勢を
鮮明にするためにも「戦う国対」の立て直しが急務となっている。<毎日23日>』

 もうあと参院選まで7ヶ月しかないのに、そんな風にもめているヒマはないのだ。
 小沢代表は、あくまでも4党共闘で行くと言っているのである。そのためには、まずは
1月からの通常国会できっちりと野党共闘の基盤を固めて行かなければならない。その
途中で野党間でギクシャクして、参院選の共闘体制にヒビがはいることがあれば、自民党
の思うツボである。<当然、自民党はそれを狙って来るだろう。>
 菅氏であれば、社民、共産党の意向も理解できるので、うまく4党を連携させて、自民党
との対決姿勢を明確に示すような国会対策ができるのではないかと期待する。そして、
何とかいい形で統一地方選を乗り切り、参院選で気持ちよく野党共闘ができるように、そし
て与党を過半数割れさせられるように頑張って欲しい。

                          THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるので。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
 
   ↑ お陰様で一太越えはクリア。次の目標は上の25位内の枠入り?!


『「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発<朝日新聞22日>

 安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)が21日の総会で提示した第1次報告
の原案には、教育委員会の見直しや不適格教員の排除などの具体策がほとんど盛り込まれ
なかった。原案の作成は「実現可能性」を重視する事務局が主導したものだが、「独自色」
にこだわる有識者委員は「我々の意見が反映されていない」と猛反発。来年1月のとり
まとめに向け、首相の指導力がここでも問われている。

「まるでヒトラーのようだ。事務局の案と私たちの言っていることが全然違う」

 劇団四季の代表である浅利慶太氏は総会後、吐き捨てるように言い、首相官邸を後に
した。原案作成が、官僚中心の事務局の「独裁」で決められたとの受け止めで、不満が
収まらない。
 浅利氏ら17人いる有識者委員の一部と事務局が参加し、素案や原案を練り上げる運営
委員会では「あきれるくらいのスピードで教委を全面的に見直す」「文部科学省が用意
する教員免許更新の法案にストップをかける」との意見が相次いでいた。

 しかし、教委については、11月30日に示された素案にあった「教育委員に保護者
代表を任命」「教育長は教職経験者に偏らせない」などの具体策は、原案では姿を消し、
「今後の検討課題」に。「学校再生」をテーマとする分科会に出席した有識者委員の間
では文科省の準備する免許更新制だけでは不十分との意見が大半だったのに、不適格
教員排除の具体策は盛り込まれなかった。

 当初の素案に盛り込まれた「ゆとり教育の見直し」の文言も消えた。歴代文相・文科相
の決定を否定しかねないだけに事務局が配慮した。大半の委員が賛同した「教員の量の
確保」も「予算の裏付けがない」と事務局が難色を示した。

 第1次報告の素案や原案は、総会や分科会での各委員の発言をもとに事務局がたたき台
をつくり、運営委員会で意見を言い、事務局が書き直す――を繰り返し、最終的には事務
局がまとめた。

 21日の総会は「百家争鳴」状態で、ワタミ社長の渡辺美樹氏は「我々が話し合った
ことが(原案で)触れられていない。会議を報道陣に公開し、そこで総理が判断するなら
納得できる」と首相に「直訴」。首相は「みなさまの意見をまとめるのは大変な作業だが、
だんだん収束していくと思う」と、理解を求めざるを得なかった。

 その首相は今月6日、再生会議座長代理の池田守男・資生堂相談役らとの会合で、
「教育改革の意見は出尽くしている。実行できるかどうかだ」と強調したという。有識者
委員には「もっと再生会議の独自色を」との思いが強いが、事務局はこうした首相の姿勢
を盾に「立派な作文をしても、実現しなくては意味がない」とかたくなだった。

 事務局は政策決定過程を熟知する官僚出身者が仕切る。教育改革には、与党の文教族議員
や文科相の諮問機関の中央教育審議会、規制改革・民間開放推進会議などが絡むため、慎重
になりがちだ。伊吹文科相も21日、「皆さんがおっしゃったことを国会に出すか、まず
行政が判断する。その上で立法の判断がある」とクギを刺している。

 一方、再生会議担当の山谷えり子首相補佐官は21日の原案について「おおむね方向性は
了承された」と述べたが、担当室長に抜擢(ばってき)されたヤンキー先生の義家弘介氏
は「ペーパーは提出されただけ。たたき台のたたき台」と食い違いも見せる。

 首相が掲げる官邸主導が機能しているとは言えない状況だ。』

  

『社民党の福島瑞穂党首は20日の記者会見で、臨時国会終盤で安倍晋三首相の問責決議
案提出を拒否した民主党の国会対応について「体たらくがあった。残念で心外」と改めて
批判した。「社民党が議席を増やすことこそ政治を変えるという確信はますます強まった」
とも述べ、来夏の参院選では野党共闘より独自性を重視する姿勢を強調した。
 国民新党の亀井静香代表代行も同日の会見で「民主党国対幹部の総入れ替えを要求した
い」と発言。共産党の志位和夫委員長も19日の会見で「民主党は小沢一郎代表の下で
(与党との)対立軸路線を打ち出したが、その中身は何も見えない」と述べており、野党内
は民主党に対する不満さめやらぬ雰囲気だ。<毎日新聞20日>』


『民主党の鳩山由紀夫幹事長は20日、時事通信社のインタビューに応じ、来年の通常
国会での野党連携について「共産党との共闘関係はもう一度根底から考え直さないといけ
ない。共産党を除いた協力関係という話になると思う。基本的に選挙で協力することも
ない」と述べ、選挙協力を含め、共産党との共闘関係を解消することもあり得るとの考え
を示した。
 鳩山氏の発言は、志位和夫共産党委員長が19日の議員団総会で「自民党との悪政の
共同執行者という姿が浮き彫りになった」と民主党批判を展開したことを踏まえたもので、
「(共産党は自分たちが)有利な時だけ一緒にやり、そうでない時は大きな野党を徹底的
に攻撃することで存在感を高めている」と批判した。
 民主党は先の臨時国会で、共産党と改正教育基本法の成立阻止などで共闘を組んだほか、
11月の沖縄県知事選では野党統一候補を擁立した経緯がある。ただ、小沢一郎代表は
20日の記者会見で、共産党との選挙協力に関して「それぞれの地域で事情が許す限り
やっていきたい」と引き続き連携を模索する意向を示した。<時事通信20日> 』


『 民主党の菅直人代表代行が来年の通常国会で、国会対策の総指揮をとる見通しになった。小沢一郎代表の就任後、裏方に回ることの多かった菅氏だが、来春の東京都知事選への出馬待望論も広がりつつあり、来年は出番が増えそうだ。

 民主党は臨時国会での改正教育基本法審議への柔軟姿勢をめぐり、他の野党から「体たらく」(福島瑞穂社民党党首)と批判を浴びた。来夏参院選へ向け、与党との対決姿勢を鮮明にするためにも「戦う国対」の立て直しが急務となっている。

 菅氏が国対の前線に出ることは、小沢氏、鳩山由紀夫幹事長との協議で固まった。鳩山氏らと少人数のチームを編成して総指揮をとる方針。菅氏は臨時国会の閉会した19日、党常任幹事会で「安倍内閣の支持率は低下傾向を続けているが、民主党の評価も高まっていない。来年に向けて反転攻勢を」と呼びかけ、通常国会を与党との主戦場に位置づけた。

 菅氏といえば、国会で激しく政府・与党を攻撃してきた論客。野党共闘が揺らいだ臨時国会終盤、菅氏は衆院本会議で内閣不信任決議案の趣旨説明に立ち、約1時間にわたり安倍晋三首相の批判を展開。ヤジが聞こえる間は演説を止めて与党席をにらみつけるなど「ケンカに強い」存在感を印象づけた。

 相変わらず菅、鳩山両氏らが「党の顔」を続けることには中堅・若手を中心に反発もあるが、来年は菅氏の言動に注目が集まることになりそうだ。<毎日新聞23日>』
[PR]
by mew-run7 | 2006-12-23 18:02 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(9) | Comments(5)