「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

前川叩きに走る官邸~官僚告発..
at 2017-05-29 10:56
安倍が朝日は言論テロに「いい..
at 2017-05-28 18:25
前川のバー通いを批判して、官..
at 2017-05-28 02:45
黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

サービス残業が標準化して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41

ブログパーツ

タグ

(1221)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

年金納付問題で、苦し紛れに根拠のない対応策を提示& 法案強行採決・・・逆風の安倍政権に焦りが

昨日は、過去最多の訪問者数<同一人(IP)が何回アクセスしても1人としてカウント>
&クリック数があった。有難うございます。m(__)m

 ランキングも急上昇していて、ビックリ。(・o・) <6~7000とかいう数字は私の
ブログその内容や文字ばっかの駄長文>ではあり得ないと思っていたので、尚更に。>
 それだけ、松岡氏の自殺や年金納付記録問題に対する関心が高かったのかも知れない。


 今日以降のアクセスや順位はどうなるかはわからないが・・・。^^;

 あと2ヶ月弱で、日本や私たちの将来を大きく左右することになる参院選が行なわれる。
そして、これは決して大げさではなく、ここで安倍自民党がペースを握ったら、この秋
以降、日本はトンデモない方向に進んで行くことになる。<改憲や軍事の面だけでなく、
国民の経済負担も増えるし、メディアや国民の表現の自由も監視されるかも。(ーー;)>

 しかも社保庁、年金関連の法案の強行採決にも見られるように、安倍政権の最大の
問題点は、国会での審議を軽視。メディアや国民の声や批判にも耳を傾けず、いざとなった
ら数の力で押し切る横暴さ、非民主主義的なところにあると言えるかも知れない。
<安倍政権になって、たった8ヶ月の間に、もう10回以上も強行採決をしているのだ。>

 参院選まで、私なりにできるだけ安倍政権や今の政治や社会の問題点を書いて行きたい
と思っているので。もし「何か今の日本の政治や社会はおかしいのでは?」「何かアブ
ナイ感じがする」と思う人は、できれば時間がある時に、このブログを覗いて頂ければ
<ついでにクリックもして頂ければ(^^ゞ> 幸いである。

~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、30日には、今年2回めの党首討論が行なわれた。
 今回はテーマが絞られていたこともあって、今までの安倍ー小沢党首討論の中では、
最も議論がかみ合い、全体的にわかりやすく思えるるものだったが。その中身については、
後述するように「???」という感じもあった。

 また、衆院の厚労委員会では、案の定、年金特例法案(時効撤廃など)が、わずか
5時間の審議のあとに、混乱の中、強行採決された。
 野党はこの採決を無効であると主張して、更なる審議を要求。衆院の河野議長も、
きちんと採決をすることが望ましいと採決確認を要請。与党は31日午前中に委員会の採決
だけやり直して、そのあと衆院本会議で社保庁改革法案と年金特例法案の議決を行なう
ことにしたようだ。おそらくまた強引にその予定を実行に移すことになるだろう。
 民主党は対案を出していたが、ほとんど無視された形になった。

* * * * *

 前記事で予告したように、自民党議員や保守派の人たちから、早速、「安倍首相は
松岡氏の葬儀に参列したかったのに、野党のせいでできなかった」というような批判の
声が出ていたようだ。<メディアの中にも、そのような表現をしたところがあった。>

 でも、それは安倍首相&自民党が選択した道なのである。野党側は、安倍氏が葬儀
に参列することに理解を示していた。ただ、そうするなら党首討論と共に厚労委員会の
審議&採決の日程も変えればよかったのである。

 ところが、安倍首相はど~しても30日に年金特例法案の採決、31日に社保庁改革
法案と共に、衆院通過をさせたかった。
 また、自民党内には、もし審議をほとんど行なわず、年金特例法案を強引に通すなら、
首相からそれなりの説明が必要だという声もあったようだ。
 だから、安倍首相&その周辺は、自ら松岡氏の葬儀参列をあきらめ、党首討論に出席
することを選んだのである。<それは、安倍首相が党首討論の多くの時間を、小沢代表
への答弁というよりも、国民向けの説明に当てたことからも明らかであろう。>

* * * * * 

 だが、安倍首相が発表した対応策は、あまりにもいい加減なものだった。
 (1)標準的な受給開始年齢の60歳に達している記録2880万件と受給者3000万
人を1年間で照合。受給年齢に達していない被保険者も1年以内にすべて調査する
 (2)領収書や記録がないケースは第3者委員会で検討する <時事通信30日より>

 Moreの部分にアップする記事にもあるが、すでに受給年齢に達している2880万件
の記録の照合だけでも、とても1年で済むとは思えない。
 実際、柳沢大臣は先週の委員会で「多大な人員と労力を必要とするため、簡単に期限
を決めることはできない」と答弁していた。<3年以内も困難との反応を示していた。>
 
 ちなみに、東京新聞は「システムを直すだけで2年かかる」、毎日新聞は「すべて
照合するには、10年かかる」と書いてある。
 なのに何故、たった1~2日のうちに1年で照合できると言えるようになったのか、
具体的にどのような方策を用いて行なうのか、何も明らかにされていない。
<安倍首相は24時間受け付ける相談窓口を設けて対応すると言っていたが、結局、
彼らは多くの受給対象者が申し出てくれることに期待しているかのように見える。
「きっと不安に思った国民は連絡をしてくるはず」と安易に考えているのだろう。
 結局は、国民の側からの申し出や証拠提供を待っているのである。でも、1件の申し
出に対して、どれだけの時間がかかるかもわからない。また、思ったほど申し出が
なかった場合、照合はなかなか進まないだろう。>

<また厚労委員会では、柳沢大臣は2880万人の調査を行なうことは明言していたが、
5000万件すべての記録を1年内に調査することは言っていなかったようだ。>

 さらに安倍氏は、領収書などで実証できない人のために、第三者機関を設けて対応
すると言っているが、この機関が具体的にどのようなものになるのか、判断基準を
どのようにするのかも何も示されていない。
 今、多くの人が困っているのは、領収書どころか、払い込みに関して何も証明する
資料がないことだ。<家計簿の記述でもいいとか言われても、20~30年前のもの
まで保存している人がどれだけいることか・・・。>
 となれば、第三者機関の人にも証明できるものがない場合、結局は救済されなく
なってしまう人が少なからず出てしまうことになる。

* * * * *

 また、柳沢大臣は厚労委員会で、「年金時効撤廃特例法案」が成立すれば、約25万
人が時効であるとして支払いを拒否した年金額を補償されることになり、その費用は
少なくとも950億円<うち60億円は国庫負担>必要になると答弁していた。
 
 しかし、これはすでに社保庁に対して、問題があると申し出たにもかかわらず、時効
があると言われて、5年以上前の年金を支払いを拒まれていた人たちのケースを試算
したものである。

 だが、支払い漏れがあったと考えられる人は<すでに亡くなった人も含めて>、
少なくとも数百万人<多ければ千万人の単位?>存在すると言われている。となれば、
少なくとも何兆円、下手すれば十兆円の単位の費用が必要になってしまう。
 これは、すでに保険料の納付を受けており、予定されていた支給額なのか、それ
とも予定外のものなのか。ただでさえ、年金の財源が不足しているため、消費税を
アップして何%分かを回そうかと言う話が出ているのに、これらの費用をまかなう
財源はあるのか?・・・そのような説明も全くなされていない。

* * * * *

 しかし、やはり問題なのは、安倍政権が以前から納付記録の問題に気付いていたのに、
<以前からチラホラとメディアでも取り上げられていたし、民主党は2月には国会で
指摘していた>、この件を公にしないまま、早く社保庁を解体をしてしまおうとして
いたことであろう。<もし民主党が5000万件も宙に浮いた納付記録があることを
公にしなければ、黙っていて、救済も考えないつもりだったのだろうか?>
 
 しかも、問題を指摘されたあと、つい先週、対応策を考えるのに時間がかかるので、
できるだけ早く検討して秋には法案を出すと言っていたのに、何でたった2~3日で
対応策や法案が作れるのかということも疑問である。
 そんないい加減に、具体的な根拠も方策もなしに、その場しのぎの対応策を発表
してもいいものなのか。本当に実行できるメドはついているのか。

 私は、こんなことで「国民の不安を取り除く努力をした」とは思わない。
 安倍首相&自民党は、もしこの対応策が実現できなかったら、国民の政治や年金に
対する不信がどんなに大きくなるかわかった上で、やっているのだろうか?
<ますます保険料を支払わない人が増えて、国民年金は完全に破綻してしまうかも知れ
ないことも覚悟すべきだろう。>


 今回の安倍政権の対応が、あまりにもその場しのぎで無責任&強引だと思う人は、
是非、次の参院選で安倍自民党に「NO!」という意思表示をして欲しい!

<すみません。ここまででかなり長くなってしまったので、松岡氏関連その他の話は、
次回に書くことにします。>

                        THANKS


【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)



【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-31 10:11 | 安倍政権に関して | Trackback(7)

松岡自殺(2)・・・すべては政府の方針で?+ 年金納付でつけ刃&強引な救済法案+党首討論など

【昨日は、おそらく過去最多のクリックを頂きました。(~~)有難うございます。m(__)m
またTBがうまく通らず、お返しできていないところがあります。すみません。m(__)m】


 先にいくつかのニュースを。<後半に関連の記事を書いた。>

* 今日30日、党首討論が行なわれることになった。何もこんな時にと思ってしまう
ところもあるし、日程調整でトラブルもあり、民主党の小沢代表もやりにくいところが
あるとは思うが、年金納付記録の問題を中心に、攻めの姿勢で頑張って欲しい。<*1>

* 自民党は、29日、衆院の厚生労働委員会に「年金支給漏れを補償する特例法案」
 を自公与党の議員立法として提出。ろくに審議も行なわずに、30日中に強行採決して、
 31日に先週強行採決をした社保庁改革法案と一緒に、衆院可決を考えている。<*2>
  救済策は急ぐべきだが、きちんと審議をしないで強行採決するのは問題では?

* 29日、緑資源機構の前身、旧森林開発公団の山崎進一・元理事(76)が、自宅
 マンションで飛び降り自殺した。山崎氏は、機構の談合システムを作り、政界との
パイプ役も務めていたとされ、東京地検から参考人として事情聴取を受けていた。談合
システムや政界との関係の全容を知る山崎氏の死によって、捜査がかなり難しくなった
と言われているが、真相解明に全力を尽くして欲しいと思う。<*3>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 松岡利勝氏が亡くなってから、2日立った。
 28日に東京で仮通夜が行なわれ、29日には遺体が郷里の熊本県阿蘇市に戻り、
その夜に本通夜。今日30日には、葬儀が行なわれる。

 また、松岡氏が遺した遺書とメモが計8通あり、それらの宛名や国民、後援会
に宛てたものの内容が公表された。<*4>家族への遺書は、これらとは別に奥様
だけにわかる場所に置かれているようだ。

<封筒に入れられた6通の遺書の中に、小泉前首相の秘書官・飯島勲氏に宛てたもの
があることがわかり、それが気になったりもした。もしかしたら、飯島氏は松岡氏が
急にそれまで反対していた郵政民営化に賛成に回り、亀井氏らと袂を分かつなど、政治
家として大きな方向転換をしたことに関わっているのかも知れないと思ったりもした。>

* * * * *

 この2日間の関係者のコメントの中で、最も印象的だったのは、久間防衛大臣の
言葉だった。
「進むも退くも地獄みたいな思いだったのではないでしょうか。辞めるというのはいつ
でも簡単ですけど、そうもいかないのでしょう」(TBS29日より)
 この言葉が、すべて物語っているように思えた。


<別の意味で、最も印象に残ったのは、石原都知事の「死をもって罪をつぐなったと
いうことだね。侍だったね、彼は 」という言葉と、柳沢厚労大臣の「松岡大臣としても、
自分がベストと思う判断をしたのだろうとしか申し上げられない」という言葉だった。

 奇しくも二人とも70代で、少しながら戦前教育を受けたことのある世代であるの
だが(三つ子の魂、百までなのか)このような死を「侍」「ベスト」とカメラの前で
表現してしまう政治家がいることに、問題性を覚えてしまう。(-_-;)huu
 私は、政治や企業に絡む犯罪などに関して、「死をもって償う」「墓場まで持って
行く」ような考え方を美化するような国であってはいけないと思っている。・・・
あと、教育の影響力や重要性に関しても、改めて実感させられた部分があった。>

* * * * * 

 また、時間が立つにつれて、だんだんと松岡氏の近時の言動も明らかになって来た。

 松岡氏と三十年以上の親しい付き合いがある鈴木宗男氏が、HPやインタビューで
明らかにした話も、インパクトがあった。<ムネムネ日記はコチラ・28日の記述参照>

 鈴木氏は24日に松岡氏と共に食事をし、その時に光熱水費問題に関する謝罪と説明
を勧めたが、松岡氏は「今は黙っていた方がいいと国対からの、上からの指示なのです。
それに従うしかないんです」と答えたというのだ。<インタビューでは、「政府の方針
で」という言葉もあった。><*5>

 塩崎官房長官や自民党の議員らは、「国対に確認したが、そんな事実はない」と
否定したようだが・・・。
 それが国対(自民党の国会対策委員会)の指示なのか、上(官邸や党幹部)の指示
なのかは別として。このブログにも書いたが、昨年末から何人かの閣僚や党幹部に事務
所費に関する疑惑や問題が報じられて間もなく、官邸スタッフが想定問答集を作成して、
取材に対する答え方を決めていたことが明るみになっているし。<*6>
 また、松岡氏の光熱水費問題に関しても、安倍首相や管総務大臣(政治資金の収支報告
書は総務省の所官)も一緒になって「法にのっとって」のフレーズを繰り返していたこと
からも、内閣が一体となって、このような答弁の方針を立てて、逃げ切ろうとしていた
ことは明らかなのではないかと思う。<コチラの記事参照>


 また、この他にも、松岡氏が阿蘇の関係者に「言いたいこともあるけど、今は言えない
んだ」「やめられるなら、やめたい」と語ったことや、26日に帰省した時に、すでに
引退した地方議員に「オレもスッパリやめられたらな~」と冗談めかしにしながらも、
語っていたことがTVの取材などからわかっている。<自分がつい「ナントカ還元水」
という言葉を発したことが、大きな問題となり「あんなことを言わなければ」と悔いて
いたという話もあったようだ。>

* * * * *

 前記事にも少し書いたが、松岡氏の件からは、単に談合や不正献金など汚職の問題だけ
でなく、これからの政治家や選挙のあり方、地方の政治や経済、農林業などの産業のあり
方について考えるべき点も色々あると思うので、このブログでも今後も少しずつ取り上げ
て行きたいと考えている。

 そして、鈴木宗男氏も書いていたが、これで様々な問題を終わりにしてはならないと
思う。安倍内閣&自民党は、早く政治資金法改正案(与党案)を通して、それで「政治
とおカネ」の問題の幕引きをしたいようだが、コチラにも書いたように「政治資金管理
団体だけが5万円以上の特定の経費に領収書をつければいい」というようなザル法を
作ったところで、透明性など確保できるわけはないのだ。
 談合事件の解明についても、うやむやに終わらせないようにしなければなるまい。

 少なくとも安倍自民党に、松岡氏の死を「助かった」と思わせたり、この死を利用
して国民の利益を軽視するような法案や政策を強引に通させたりすることは、決して
許すべきではないと思う。

<この項、つづく>

~ ~ ~ ~ ~ ~ 
今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、最初に書いた党首討論などの件であるが・・・。

 29日には、安倍首相が松岡氏の阿蘇での葬儀に参列するために、30日の党首討論
は延期されることになると報じられていた。<民主党も、了承する意向だった。>

 ところが、自民党は、同じ30日に年金納付記録の問題に対処するための「年金支給
漏れを補償する特例法案」を自公与党の議員立法の形で国会に提出し、同日に衆院厚労
委員会で採決すると言い出したことから、国対で与野党がもめてしまうことになった。
 
 安倍内閣&自民党は、先週の委員会で、安倍首相や柳沢厚労大臣が納付記録問題や
その対応策に関する野党の追及に十分な答弁ができなかったことや、同日に社保庁改革
案を強行採決したことが、野党、メディアや国民の批判を浴びたこと<週末の世論調査
で、支持率が大きく低下したこと>を深刻に受け止め、急にこの救済法案の出すことに
決めた。

 ただ、法案の内容は時効停止などの救済策が中心で、他の具体的な対応策はほとんど
記されていないという。<しかも、先週は法案や対応策を具体的に決めるのは大変なの
で、今国会には間に合わず、秋の臨時国会になってしまうかもと言っていたのに。
たった数日間で、まさにつけ刃の法案を作ったのである。>

 自民党の中川幹事長は、会見で「政府はできるだけ1年以内に調査を行なうと決めている」
と語っていたが、彼は政府の人間ではなく、その言葉に責任がとれる立場にない。<実際、
1年以内に行なうのは不可能だという声が多い。逆にそんな短期間での調査では、また調査
もれ、通知もれの二重のミスが起きるのではないかという懸念がある。>

 そして、もし政府側の責任者である安倍首相や柳沢厚労大臣に、この法案や今後の対応
に関して質問をして確かめたくても、議員立法の形をとるので、彼らに委員会への出席を
求めて、答弁をさせることができない。
<政府が出した法案でも対応策でもないとなれば、いざ実行できないことがあった場合に、
政府が責任逃れをすることも可能になってしまう。(時効の件は除くとしても)>

 さらに、確かに1日も早く時効停止も含めた救済法案を作るべきではあるのだが、
いきなり法案を出して来て、何時間かしか審議をせず、その日のうちに採決するという
のは、あまりにも乱暴な話である。
<与党は、野党にも配慮して社保庁改革法案の衆院議決を見送ったと言っているが、
この救済法案を出すことが決まったので、31日に一気に2つとも本会議で議決をして
参院に送ればいいと考えただけのことだろう。>

 そんなこんながあって、与野党の国対協議は深夜までもめてしまい、国会の日程調整
がつかないということで、党首討論の延期の話も消えてしまったのだった。
 
* * * * *

 おそらく与党側は、民主党をはじめ野党は、首相が閣僚の葬儀に出席したいという
要望にも配慮せず、30日の党首討論を強行することにしたと批判するだろう。

 私も、最初に野党がこの延期を認めなかったときいた時には「何で?」と思った
のであるが<やっぱ葬儀参列は優先すべきではないかと>。でも、その後、与党側
の主張や態度に関する報道を見て、それも致し方ないかな~と思ってしまったところ
があった。

 与党は、自分の方は首相の都合で日程を延期してくれと言いながら、野党の要望や
意見には耳を貸そうとしないからだ。<自分の都合で相手に国会のスケジュールを
変えてもらうなら、相手の要望も少しは聞き入れる姿勢が求められるだろう。>
 特に救済法案は重要なので、きちんと審議をすべきだと言っても、ともかく急いで
法案を通すことが必要だ、このあとの日程が詰まっているとの理由で、最初から強行
採決をすることも前提にして法案提出をして来るというのは、あまりにも身勝手な
やり方である。

 そして野党側としては、こんないい加減な法案で「安倍内閣&与党は、きちんと
国民のための救済法案を作りました」などとアピールされてはたまらないと考えるのも
ムリからぬことだろう。


 しかも、前述したように、政治とおカネに関する審議も、与党側は松岡氏の死に
よって事務所費問題は幕引きしたい考えを持っており、状況逆転を狙って、民主党の
小沢氏が問題とされている政治団体の不動産保有に関する禁止規制強化やその審議
に中心を移そうとしているという。
 私は不動産の件も規制はあった方がいいと思うが、今回のメインはいい加減に行な
われていた事務所費等の経常経費の収支報告をどうすべきかという問題であったはず
だ。このようなゴマカシは許容できない部分がある。

 与党は、野党が参院選対策のためにアレコレ言っているというが、表面的なまや
かしの対応だけで露骨な参院選対策に走っているのは、明らかに与党の方であろう。
 
 メディアも国民も、この安倍自民党の対応をきちんとウォッチして、よ~く判断
して欲しいと思う。

                      THANKS
 
 
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)



【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-30 08:34 | 安倍政権に関して | Trackback(11)

松岡大臣の自殺に思うこと(1)~お互いの保身&かばい合いが悲劇につながった~

 
  28日午後、松岡利勝農水大臣が赤坂の議員宿舎で、自殺をした。享年62歳だった。
戦後、現職閣僚の自殺は初めてのことだという。
 おそらく、この何ヶ月か苦しい思いをしたと察せられるので、どうか心安らかに休んで
欲しいと思うところがある。心からご冥福をお祈りしたい。


 正直なところ、私はこのニュースにかなり大きなショックを受けている。その背景
には色々なことや思いがあって、何をどこから書いていいかわからない感じになって
いるのだが・・・。

 私はアンチ安倍政権であるし、その内閣の一員である松岡氏の諸問題についても、
このブログでアレコレ書いて来たけれど。ただ、松岡氏は好きなタイプの政治家では
なかったが、その必死さや人のよさが伝わって来ることもあり、どこか憎めないとこ
ろがある政治家だったのである。

<この件は、また機会があったら書きたいが・・・。地盤や組織力の固い2・3世議員
(候補)や、特に財力や知名度がある議員(候補)でない限りは、連続当選を果たした
り、党内で出世して行くためには、かなりムリをしなければならないことも多い、私は
そこに、ある種の大変さや悲哀を感じると共に、日本の政治や民主主義の限界(本来は
早く取り払うべき壁の存在)を感じたりするところがある。そして、松岡氏もその中で必死に
やって来て、もがいて来た議員のひとりなのではないかと。>


 また、先週あたりから、「何とか松岡氏をうまく内閣から外せないものなのか、と
いう話が出ているらしい」というウワサがあって。「いざとなったら、病気入院で
辞任に持ち込むか」「ネット上で『もし近々、松岡が死ぬようなことがあれば、疑った
方がいい』というような物騒な内容の書き込みが出ている」などの話を伝え聞いて、
何かイヤ~な気分がしていたということもある。
 さらに、何で緑資源機構の捜査を、あと2ヶ月、参院選後まで待たせなかったのかと
いう疑問も出ていた。
<いや、私も「ちょっと古いやり方だけど、病気入院の手が使われる可能性はありかな?」
という話はしていたのだが。まさか、本当に亡くなることがあるとは思いもしていなかった・・・>

 でも、このニュースを知って、「助かった」と思っている人も少なからずいるのだろうな~
と思うと、本当に複雑な気持ちになってしまう。

* * * * *

 安倍首相は、この報を受けて、何を思ったのだろう?

 もちろん大きな衝撃はあっただろうし、心中複雑な部分があると思われる。彼が本音
を語ることはないだろうが、客観的に考えれば、「助かった」と思えるところと、
「困った」と思えるところがあるだろう。

 安倍首相の会見要旨は、Moreの部分にアップするが・・・。

 安倍氏は、首相として任命責任や閣僚の行動に責任を感じていることを認めた。だが、
その責任の果たし方を問われ、「農林水産分野の改革を進め、また食の安全をしっかり
と確保することによって果たしていきたい」と語った。
<また本来は公にすべきではないことだが、松岡氏の名誉のためにと、「検察が松岡氏
や関係者の取調べを行なう予定はなかった」という話もしていた。>

 う~ん・・・。(--)
 発言内容云々の前に、こういう会見の時にまで、ずっと正面を見据えてカメラ目線で
話す安倍氏の姿を見て、チョット感覚がおかしいのではないかと思ったりもしたし。
 あと、亡くなった直後の会見で「残念だ。慙愧に堪えない」と言っていたのだが。
「慙愧」とは、「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」という意味
であり、死者を悼むのには適した言葉ではない。<それとも、松岡氏の任命責任や一連
の件に関する自分の対応に、慙愧の念を覚えたということなのであろうか?>


 私は、安倍氏の任命責任は問われるべきだと思っている。それは松岡氏が自殺した
責任ではなく、諸問題を起こした大臣を任命し、辞任させなかった責任である。
 以前から書いているように、安倍首相がアレコレの問題や疑惑の多い松岡氏を大臣に
任命した時に、「何でそんな危険なことを」と疑問に思った人は少なからずいたはず
なのだ。それは安倍氏の首相としての大きな過ちであったと思う。でも、そのリスクを
覚悟して選んだ以上、その責任を負うのは当然であろう。
 こういう時に、野党は対応しづらい面もあると思うが、私は堂々とその責任を追及
していいと考える。

* * * * *

 また、私は安倍氏が松岡氏を「かばった」からこうなったとは思っていない。
 安倍氏は、自分自身&自分の内閣の保身のために、彼をやめさせなかっただけなの
である。
 松岡氏も折角手にした大臣の座を、間単には手放したくないという思いがあったかも知れ
ないが。でも、安倍氏がその気になれば、彼に説明責任を果たさせたり、辞任させたりする
ことはできたはずだ。

 でも、仮に松岡氏本人が事務所費や光熱水費に関して説明したいと思ったとしても、官邸や
自民党幹部はいい顔をしなかったであろう。というのも、事務所費に関しては、他の
閣僚や党幹部の中にも疑惑や問題が報じられている者が何人もおり、もし松岡氏が説明
や修正、謝罪をしたら、他の人たちもそれを要求されるおそれがあったからだ。

 また、もし松岡氏がやめたいと言っても、安倍官邸はそれを容易に許容しなかったで
あろう。昨年、首相就任わずか3ヶ月の間に本間税調会長、佐田行革大臣が相次いで
辞任したこともあり、安倍首相サイドは、もう少なくとも参院選が終わるまでは、内閣
から辞任者を出すことを意地でも避けたいという強い意向があったからだ。
 
 つまり松岡大臣は、安倍内閣や党幹部をかばうために、説明したくてもできない、辞任
したくてもできない状況にあったかも知れず、それがますます彼を追い詰めたかも知れない
のである。
<もちろん、彼の心はこのまま何とか参院選まではしのげればという考えと、もう説明や辞任
をして楽になりたいという気持ちの間で揺れたと察するが。>

* * * * *

 ただ、松岡氏は本当に大臣になりたい気持ちが強かったと思うし。たぶん、あえてリスクを
侵して自分を農水大臣に任命し、初入閣させてくれた安倍首相には、心から大きな恩義を
感じていたと思う。
 でも、このままでは、参院選までに、さらに様々な状況が悪化、泥沼化して、安倍自民党
や地元にも迷惑をかけることも考えられるし。自分の立場も悪化するおそれがあるし。
精神的にもキツイし・・・。
 それらが複合的、相乗的に彼を追い込み、最後はこのような方法で決着をつけるしか
ないという心境に至らせたのではないかと思うのだ。

               <つづく>

                      THANKS

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)



【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-29 06:53 | 安倍政権に関して | Trackback(26)

馬券も言いなり?の安倍首相・・・支持率低下に急場しのぎの逆襲?+公明党のジレンマ+ダービー

【速報・松岡農水大臣が、今日の昼過ぎに自殺をはかって重体(心肺停止との情報あり))
だというニュースがあった。前記事<コチラ>にも書いように、かなり追い詰められていた状況に
あったと思われる。・・・午後2時、死亡が確認されたそうだ。ご冥福をお祈りする。】


<あとで、時間ができたら、報道記事アップ&ダービー等の記事を書き足します。>


 昨日27日に行なわれた中央競馬の日本ダービーは、戦後初めて(64年ぶり)、
何と牝馬のウォッカが優勝した。(*^^)v yappa joseino jidai kana?
 四位洋文騎手(34)も角居調教師(43)も、ダービー初勝利だった。<祝!(~~)>
<馬券の方は、2位に人気薄が飛び込んで(また福永が!)、またまたアレアレ・荒れ荒れで、
馬連でも5万、三連単は215万のクラシック最高配当。(@@。今年のGIはどうなってるの?>


 東京競馬場には、皇太子殿下と安倍首相夫妻が来場し、観戦した。<*1>
 皇太子殿下は、日本では初めての競馬観戦。現役首相のダービー観戦は、1958年
の岸首相、2002年の小泉首相に次いで3人目だそうだ。

 安倍夫妻は、昭恵夫人が牝馬を応援すべく、ウォッカの単勝を購入して的中!(・・)
 で、安倍首相の方は複勝をとったという。<単勝は1着馬、複勝は3着以内の馬を
当てるもの。他のレースも買って外したので、収支は少しマイナスだったとか。>

 ちなみに安倍氏がウォッカの複勝を買ったのは、「私も家内が買ったので複勝で買っ
た」ということと、この馬が小泉前首相が来場した時に勝ったタニノギムレットの娘だ
ということを意識したからだそうで・・・。な~んか馬券を買うにも、奥様や小泉氏の
ことを考えて馬を選ぶところに、主体性のなさを感じてしまったmewであった。
<政治を見ていても、周囲のブレーンやスタッフが言っていたようなことを頂くことが
多い感じだしね~。それに複勝っていうのも、ちょっとセコイ感じが?^^;。>

 あと昨日は、大相撲で白鵬が全勝で二場所連続の優勝を決めて、横綱昇格が確実に
なった。朝青龍は、しばらくひとり横綱が続いていて大変だったと思うので、東西横綱が
そろうのはよかったと思うけれど。やっぱ早く日本人力士の横綱も登場して欲しいな~。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 その安倍内閣の支持率が急低下したという。

 2~3週ぐらい前に、多くの新聞社の調査では「反転上昇」「下げ止まり」と報じ
られており、何だか安倍首相の姿勢もかなり強気になったようにも見えたのだが。
<私は、国民投票法案などをゴリ押ししていた時期だっただけに、「何でかな~」と
ガッカリだったのだけど。(--;) >

 毎日新聞社の26・27日の調査では、『支持率は32%で、4月の前回調査比11
ポイント下落、昨年9月の政権発足以来最低となった。不支持率は44%で最高となり、
2、3月の調査と同様に支持を上回った。夏の参院選で自民、民主のどちらに勝って
ほしいかを尋ねた質問では民主が初めてリード。選挙が今あった場合の投票先を問うた
質問も比例代表、選挙区ともに民主が自民を抑えた』とのこと。<*2>

 また、日本経済新聞社の調査でも、『安倍内閣の支持率は4月の前回調査から12ポイント
急落し、政権発足後最低の41%となった。不支持率は44%と7ポイント上昇し、2カ月ぶり
に「不支持」が「支持」を上回った。安倍内閣の仕事ぶりも「評価しない」が49%となり、
「評価する」の33%を引き離している』という。<*3>

 やはり年金保険料の納付問題への対応の仕方や<安倍首相や柳沢大臣の、国会での
発言や様子などを含む>、松岡大臣の諸問題に関して、クビをかしげた人が少なく
なかったのではないかな~と思う。
<そもそも国民が一番関心があるのは、改憲ではなく、年金や福祉の問題なのだから。>

* * * * *
 
 この年金の問題を受けて、野党側は柳沢厚労大臣の不信任決議の提出や、社保庁改革
法案の審議拒否をするなど、徹底的に抗戦して行く構えを見せている。
<松岡大臣の不信任決議も検討されているようだ。>
 また、野党側としては、この問題を参院選でも争点にしたい意向がある。

 他方、安倍首相は『27日、自民党の中川秀直幹事長に電話し、年金支給漏れを全額
補償する特例法案の議員立法について「今国会で出してもらいたい」と伝え、今国会
提出を指示した』という。<*>

 もちろん「国民の不安を早く解消するため」という意図もあるとは思うが、「野党
の攻撃を早めに封じるため」という意向も大きいだろう。

 もし野党が、社保庁改革法案だけでなく、特例法案の内容も批判して審議でもめる
ことがあれば、「野党は、国民の早期救済に協力しようとしない」と逆批判して攻撃
に転じることまで考えているかも知れない。

 しかし、果たして、今、安倍内閣が出している対応策で、国民は納得できるのだろう
か? 
 おそらく法案化されるのは、主に時効撤廃に関する部分である。それももちろん重要
なのであるが、国民が最も関心を持っているのは、「自分の納付記録は大丈夫なのだろ
うか?」ということと、「もし問題があった場合は、どのように証明すればいいのか?」
ということである。
 安倍首相らは、「できるだけ社保庁側で調べて通知する」と言っているが、それがいつ
までになされるかわからないし、結局は自分で問い合わせるしかないような感じである。
また、もしミスがあった場合に、「領収書がなくても対応する」と言っているが、領収
書以外にどのような形で証明をすればよいのか、まだ具体的に見えて来ない。そもそも、
20年、30年も前の納付に関して、領収書以外でもいいと言われても、何の証明方法
を持っていない人も少なくないのではないかと言われている。


 国会も、余すところ、あと3週間。参院選を控えて、最も大きなヤマ場を迎えそう
である。
 そして、野党&メディアは、安倍内閣&自民党の対応策や法案の問題点を、国民に
わかりやすく、しっかりと伝えて欲しいと思う。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 27日、公明党の太田代表が「報道2001」「サンデープロジェクト」に出演して
いたのだが、やはり「安倍自民党の憲法改正を参院の争点にした場合、公明党はそれを
支持するのかどうか」という点に関する話が大部分を占めた。
 
 太田代表は、「(自民党候補が)『集団的自衛権の行使を認める。憲法9条2項を削る。
環境権も必要ない』などと、(公明党の主張と)根本的に違うことを言えば、支援につい
ては当然、躊躇せざるを得ない」と述べ、憲法改正を掲げる自民党をけん制した。
 また、安倍首相が憲法改正を参院選の争点に据える意向を示していることについては、
「中身を言わないで憲法改正だけを言っても意味がない」と指摘した。<読売27日より>

* * * * *

 おそらく太田代表がこのような形でTV出演をすることにしたのは、公明党の支持母体
である創価学会の会員の間に、不安や疑問が広がりつつあるからなのではないかと思う。
<また、TVで発言することにより、安倍自民党をけん制する意図もあったかも。>
 学会の会員の中には、公明党の幹部の発言がチョットずつ変わって来ていることに、
今後、党はどうするつもりなのか、見えなくなっている部分があるように思えるからだ。

 伝え聞いた話であるが・・・。ある支部の会員は、このような説明を受けていたそうだ。
 
 公明党は絶対に9条1・2項の改正や、集団的自衛権を認めることはない。
 国民投票法案に賛成するのは、憲法改正に積極的になったからではない。あの法案は、
客観的に考えても法の不備であるし、もし国民投票になった場合、よくない改正案は反対
すればいいだけのことだ。<しかも投票率が低い方が、学会の意見は反映されやすいので、
最低投票率は必要ない。>

 ただ、その会員は、少し不安になる部分があると言っていたそうだ。
「党は以前は、9条は護持する。ただプライバシー権や環境権など、新しい権利を加える
ことには反対しない」ということで「加憲」だと言っていたのに、最近は9条の3項で
「軍隊の保有を認める」とか「国際貢献は認める」とか、だんだん自民党寄りの意見が
きかれるようになって、以前と姿勢が変わって来ていると。
<池田氏がどのように考えているのか、明確な言葉が欲しいと望んでいる人もいるとか> 

 それに、太田代表&公明党は、安倍首相&自民党に、再三にわたり改憲を争点にしない
ように、集団的自衛権を容認することはできないと伝えていると言っているけれど、安倍
首相らは全く意に介していないように見えるようである。

* * * * *

 確かに、憲法改正の問題は中身が大事なのだし。自民党の議員や候補者の間でも、憲法
改正についての考え方は違いが見られるのであるが。
 でも、自民党はすでに党として憲法改正の草案を公表しているのだし<9条2項は変え
ている>、安倍首相は集団的自衛権の政府解釈の見直しまで考えて、有識者懇談会を作っ
ているわけで。現時点で、9条1・2項護持、集団的自衛権は認めないという方針の公明党
とは根本的に&決定的に主張が違うのである。
 だが、太田代表は、この疑問に関して、明確な回答を示せていなかったように思う。

 個人的には、安倍自民党があまり改憲をオモテに出さないようにして、学会員や一般国民の
票を集めに走った方がコワイ気もするのだが・・・。<その場合、安倍支持の保守派はガッカリ
するだろうけれど。>
 公明党&学会員の出方が、ついつい気になってしまうところである。


 でもね。もし投票率が高ければ、組織票の効力はどんどん薄まるわけで・・・。
 やはり、改めて「選挙に行かなくっちゃだわ!」・・・と思うmewなのであった。
 きちんと考えて投票する人が多ければ多いほど、自民も公明も気にすることはないの
だから、ね!(^^♪

                                 THANKS        


【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)



【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-28 07:10 | 安倍政権に関して | Trackback(9)

阿蘇疑惑で窮地の松岡大臣に辞任要請?+日本にクラスター爆弾は必要か?+α

参院選を前にして、安倍首相がやたらにパフォーマンスに走っている気が・・・。

 先週は、ゴルフの石川僚くん(15歳)を官邸に呼び出して、メディアにアピール。
<色紙には「真実一路」と記したそうだが。本人は「改憲一路」?>

 土曜日は「美しい星へのいざない」構想を受ける形で、富士山の樹海エコツアーに参加。
でも、「ゴミ拾い」は10分だけ。20分だけ樹海散策。そして、おにぎりランチのメニューだった
ようだ。^^; <ちなみに、途中で出会った修学旅行生への色紙には「美しい国、美しい富士山」
と記したとか? ^^;nannidemo utsukusii o tsukeru none>

 そして今日、日曜日は、東京競馬場で行なわれる「ダービー」に、内閣総理大臣杯の
プレゼンターとして、来場するらしい。<そう言えば、小泉氏も1回来たことがある
な~。で、馬券も当ててた記憶が。>

 でも、何だか最近、パフォーマンスをすればするほど、妙に浮いて見えて来ちゃう
ところがあるのだけど。
 小泉パフォーマンスほどの脅威を感じないので、ついつい安心してしまいそうでは
あるが・・・油断大敵かな?(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~

 コチラの記事に書いた松岡農水大臣&緑資源機構の談合事件に関する続報を。
<↑の報道記事の部分に地元に関する情報が。>
 
 緑資源機構の談合事件に関連して、東京地検特捜部は熊本、島根両県の中山間事業
でも官製談合の疑いがあるとして、関係機関の家宅捜索を行なった。
<中山間整備事業は農林業振興などを目的に、熊本県の阿蘇小国郷区域(総事業費
約百五十億円)と、島根県の邑智西部区域(同百二十億円)の二カ所で実施。特捜部は
二十五日、事業に関連する機構の九州整備局(福岡市)と松江、宮崎地方建設部などを
家宅捜索した。>

 その「特定中山間保全整備事業」の建設工事を請け負った熊本県内の十四業者が、
2005年分までの3年間に松岡利勝農相の資金管理団体などに計約1300万円を
献金していたことが25日、入札調書と政治資金収支報告書から分かった。
 松岡農相側は、林道整備をめぐる談合事件で摘発された公益法人やコンサルタント
業者らから計約850万円の献金を受け取っていたことが分かっており、松岡農相と
受注業者との結び付きがあらためて浮き彫りとなった。

 献金額が最も多かったのは、熊本県阿蘇市の建設業者。パーティー券計200万円を
購入したほか、3年間にわたり毎月6万円を献金しており、総額は416万円だった。
同事業の農林道工事などを4件(計約4億5千万円)落札している。
 次いで阿蘇市の別の建設業者がパーティー券100万円を含め208万円を献金。
同事業では区画整理など5件(同3億2500万円)を落札。
 最も少額の12万円を献金していた熊本県小国町の建設業者は、農林道工事など
4件(同5億3800万円)を落札した。<*2>

* * * * *

 そんな中、26日に衆院予算委員会の金子一義委員長が、岐阜市内で開かれた
自民党岐阜県連の総務会で、こんな話をしたという。<*3>

「23日の予算委員会でも、この問題がまた取り上げられた。安倍(晋三首相)
さんは松岡さんを擁護していたが、(官製談合事件をめぐる)緑資源機構の調査が
(農相の地元の)熊本に及ぶという状況を受けて、国会終了後、自ら辞任すると
いう対応をとるべきだ」
「安倍さんが内閣改造するとか、閣僚を更迭するとか、その前に自ら処すのが
大事なことだと思う」

* * * * *

 ナントカ還元水の問題では、「厚顔無恥」と報じられたほど人を食ったような答弁
を繰り返している松岡大臣であるが・・・。25日の会見で、中山間事業の捜査に
関する質問を受けていた時には、驚くほど、暗く神妙な顔をしていたのが印象的で
あった。

 このブログでもいくつかの件を取り上げているが、以前から松岡氏はアレコレの
問題や疑惑が報じられていた議員ゆえ、安倍首相が閣僚に任命したと知った時には、
「何でわざわざそんな危険なことを」と不思議に思ったぐらいなのだけど。<ただ
人間的にはイイ人らしく、また安倍氏の総裁選でも尽力してくれたので、彼を入閣
させてあげたいと思ったのかも?>

 でも、金子氏がわざわざ公の場で上述のような発言をしたということは、党内でも
「さすがに、もうしのぎ切れないだろう」という観測が出ているのかも知れない。

* * * * *

 松岡氏は熊本県の阿蘇市出身で、衆院議員になる前は、農水省(林野庁も含む)の
役人を20年近く務めていた、いわゆる農林族の議員である。
 選挙区も阿蘇市を中心をする地域で、談合云々はヨコに置くとしても、地元の農林
業の機関や業者との関わりが深いことは確かであろう。
 となれば、今回の談合事件で、松岡氏に関わる人が事情聴取を受けたり、下手すれば
逮捕されたりする可能性は小さくない。

 松岡氏自身は、今、大臣職にあるので、検察も慎重にならざるを得ないところが
あると思うが。もし、それなりの証言や証拠が出てくれば、本人or近しい者に司直の
手が伸びるおそれもある。
 もしそうなれば、安倍内閣には大きなダメージを与えることになってしまう。

 金子氏は、そうなる前に自らやめた方がいいと考えて、上記の発言をしたのでは
ないかと思われるが。
 ここが難しいところで、もし大臣をやめたら、検察の配慮(慎重な姿勢)が小さく
なってしまうおそれがあるので、やめるにやめられない状況になるのではないかと。
<他にも詐欺企業の口きき疑惑、事務所費虚偽記載の告発などもあるしね~。>
 ということは、安倍首相も自己保身の意味も含め、少なくとも参院選が終わるまで
は、ひたすら擁護するしかなくなるのではないかと・・・。
 それを打ち崩すには、やはりコレぞという事実を突き付けることが、一番いい方法
であろう。そうなれば、安倍内閣は大きく揺らぐことになる。

 検察が頑張ってくれれば一番いいのだが。ここは何とかマスコミや野党が頑張って、
「コレぞ」という核心に迫る事実を調べて、指摘して欲しいと期待している。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日、アップしようと思ったのだが、時間&スペースの都合でカットしてしまった
記事を載せておきたい。

 
☆ クラスター爆弾・・・国民の安全か、侵略防衛か?

 今年2月にノルウェーのオスロで開かれた会議で、2008年末にクラスター爆弾の
禁止宣言を行なうという議案が採択され、先週、ペルーのリマでその条約作りのための
会議が行なわれていたのだが。日本をはじめクラスター爆弾の保有国は、全面禁止に
難色を示し、うまく協議が整わないまま、閉会してしまった。<*>

 クラスター爆弾というのは、何百もの小型爆弾を一度にまとめて投下するものである。
広範囲の人や戦車に対応できるという利点があるようなのだが、投下した時に数%~数十%
の不発弾が生じてしまい、あとから何かの刺激によって爆発することがあるため、戦闘が
終わったあとに一般市民に被害を与えるケースが多数生じている。それゆえ、非人道的な
兵器として、禁止して行こうという動きが世界で出始めている。


* * * * *

 日本の自衛隊も、クラスター爆弾を所有しており、全面禁止に反対している。

 25日、防衛省の田母神俊雄(たもがみ・としお)空幕長は25日の定例会見で、
「日本は島国で海岸線が長く、クラスター爆弾は防御に有効」と述べ、防衛手段と
して必要だという考えを示した。<*3>
 日本では、クラスター爆弾を上陸してくる敵を海岸線で防ぐために使うことが想定
されている。田母神空幕長は「クラスター爆弾で被害を受けるのは日本国民。国民が
爆弾で被害を受けるか、敵国に日本が占領されるか、どちらかを考えた時、防衛手段
を持っておくべきだ」と述べた。

 久間防衛大臣も、24日に同じ趣旨のことを述べていたのだが。25日にも、
閣議後会見で、「攻撃されて蹂躙(じゅうりん)されるか、守り抜いた後で不発弾
処理をした方がいいか。今の技術レベルだと、私は後者だと思う」と述べた。


 今、世界中に埋められた地雷の処理が問題になっているが・・・。
<私はこの分野での、日本の国際貢献に大きな期待をしているのだけど。>

 クラスター爆弾も、不発弾が地中に埋まってしまって、容易に発見、処理できず、
そのために被害を受けるケースが多いときく。特に、海岸線で使った場合は、海岸
沿いの砂浜や地盤の柔らかい畑地などに埋まってしまうおそれが高い。<それゆえ
「第二の地雷」と呼ばれることがある。>
 
 確かに、海岸線の防衛は重要だとは思うが、このような兵器を使うのは望ましい
ことなのか・・・。国民には、それを選択する権利はないのだろうか?
 
 できれば、国会やメディアでもこの件を取り上げてもらって、国民の間でも議論
を行なうことができればと思う。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 あと気になったニュース&他ブログの記事を・・・

 ☆ 安倍政権のNHK経営委員会の委員長の任命に関して



Like a rolling bean」さんから、「緊急 NHK経営委員への申し入れ」という
TBを頂いた。<ごめんなさい。署名は、締め切り切れですね。m(__)m>

 ただ、私は安倍首相が、NHK経営委員会の新委員長に自分と関わりの深い者を
選んだことや、また放送機器・製品を扱う企業の関係者を選んだことには、大きな
問題を感じている。
 上述の記事に詳しく書かれているので、是非、お読み頂ければと思う。

 ☆ 天木直人氏の立候補に関して

 私もよくブログを拝読している天木直人氏(元・外交官。イラク戦争に反対し、
政府と衝突する形で退任)が、次の参院選で9条ネットから比例区で立候補すること
に決まったという。
 天木氏は9条護憲を訴えておられ、その主張に賛同し、支援したいと思われる方も
少なくないと思うので、天木氏のブログの記事<コチラ>をご紹介しておきたい。

<私は9条絶対護憲の立場ではないけれど。天木氏の考え方には、理を感じることが
多いし、中東や国際社会との付き合い方を考える上で、参考になることが多い。>

 
                    THANKS
 

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)


【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-27 08:35 | 安倍政権に関して | Trackback(12)

年金納付記録問題の対応&強行採決で見えて来る「安倍政権の国民軽視&いい加減さ」


 25日、衆院の厚生労働委員会で、社保庁改革法案がまたまた強行採決された。
 
 昨日の委員会の様子は、例の納付記録問題に関して、安倍首相や柳沢厚労大臣との
間で激しい質疑の応酬もあったので、TVも含めて、メディアでもかなり取り上げられ
ていたようだ。

 <それにしても、昨日は野次もすごかった。(個人的には、国会ではあまり野次を
飛ばすべきではないと思うのだけど。居眠りや談笑も含めて、子供に見せられないもの
にすべきでないよね。仕事中(超重要な会議中なんだから。)
 ちなみにmew的に一番、ウケた野次は、「閣僚は領収書がなくてもよくて、どうして
一般人は領収書がないといけないのか?」というもの。座布団を3枚ぐらい、差し上げ
たいです。□_(~~)>


 そして、昨日の安倍内閣&自民党議員などの発言や対応の仕方を見ていて、いかに
彼らが国民のことなど考えていないか、またいかに国民目線の感覚に欠けているかが、
すご~く現れていたのではないかと思ったりもした。
<国民にもそれが伝わっていると、いいんだけどな~。>

~ ~ ~ ~ ~

 今回の問題は、別に安倍政権のせいで起こったわけではないし。誰も安倍内閣に、
その責任をとれと追及したり、批判したりしているわけではないのである。

 ただ、今、政府の責任を担っているのは安倍内閣であり、政権与党である自民党
(&公明党)なのだから、「自分たちとは関係ない。自分たちには責任がない」という
わけにはいかない。
 実際、今まさに、この問題でトラブルが生じて、困っている人がたくさんいるわけ
で。<もしくは、これを放っておけば、これから困る人がたくさん出るわけで。>
 で、それを解決できるのは、安倍内閣しかないのだから。また、それが政府のTOPで
ある首相&内閣の仕事なのだから。問題が発覚した以上は、その対応に努めるのは
当然のことなのである。

 たとえば、企業などでも、昔の不祥事やトラブルがあとになって表面化することが
あるけど。時には、今の社長がまったく預かり知れないようなケースもあるわけだが。
 私は、そういう時に、その企業自体とか、社長とか経営陣の真価が問われるように
思うのだ。

~ ~ ~ ~ ~

 ところが、安倍自民党には、「この選挙前の大事な時期に、民主党がワ~ワ~言っ
て、マスコミも騒ぎ出したから面倒なことになっちゃって」というような感じが前面
に出ているように見えてしまうところがある。

 この問題があることは、以前からわかっていたことなのだが。それには目をつぶっ
て、うまくしのいで、とりあえず早く問題の多い社保庁を解体しちゃえ~という考え
があったのではないか、と思いたくもなってしまう。

 実は、この背景には、民主党とのバトルがあって。自民党は、社保庁解体&非公務
員化を進めることによって、民主党の支持団体になっている官公労にダメージを与え
たいという狙いもあるのだ。それもあって、ともかく社保庁改革法案を早く成立させ
たいのである。<去年の国会で法案成立が見送りになっているので、尚更。>

 だから、民主党が法案に反対したり、こんな問題をしつこく持ち出したりするのは、
官公労の支持&国民へのアピールを考えた選挙目当ての行為だと言ったりする自民党
議員もいたりする。

<片山参院幹事長は、「この問題は、菅さんが厚生大臣の時にも生じていたことなのに」
とか言って、民主党を批判していたけど。・・・そういう問題じゃないでしょ~。>

* * * * *

 私も、民主党に上述のような意図が全くないとは思わない。

 でも、今、重要なのは、現に納付記録に問題が存在していて、そのために、実際に
困っている人がいるということなのである。
 そして、野党がそれを知った以上、国会で追及して、その対応策を求めるのは当然
のことだろう。選挙云々の前に、それがある意味で、野党のなすべき仕事、役割なの
だから。

 安倍首相は、「国民の不安をあおるようなことは言わないで欲しい」とか言って
いたが。「だったら、不安を解消するように努めなさい」ということになるのだ。

 そのために、どうしたらいいのか? それは、やっぱり野党や国民の声もよく聞いて、
少し時間をかけて、国民がある程度、納得&安心できるような対応策を考えて、きちんと
した形で発表することが必要なのではないか。
 社保庁改革も必要だとは思うけれど、今、ここで強引に法案を通して、社保庁を解体
して新たな組織やシステムを作ろうとすれば、その分の時間や労力がとられてしまうし。
問題の解決の道筋をつけてから、法案を通すのが筋なのではないかと思ったりもする
わけだが・・・。

* * * * *

 実は、06年6月、小泉政権の時にも、社保庁改革法案が国会に提出されていたの
だけど、不祥事がアレコレ発覚したので、法案成立を見送ったという経緯がある。
その気になれば、強行採決もできたのだが。まあ、小泉氏がもう国会に関心がなかった
ということもあるけど。やっぱ、不祥事や問題がある時に、強引に法案を通すのは
マズイだろうという感覚もあったのではないかと思う。

 
 でも、安倍自民党には、そういう感覚が欠けてしまっているのである。
 他の重要法案もそうなのだが、ともかくこの法案を通したいと思ったら、野党が
正当な批判や反対をしようと、国民やマスコミがどう言おうと、数の力で強引に
通しちゃうのである。
<まさか、社保庁解体に伴うお仕事を、もうどこかの業者とお約束してる?>

 ただ、マスコミも騒ぎ始めたから、法案を通すに当たって、何か新しい対応策を
出さないわけには行かないだろうと。
 で、おそらく官僚に「25日に法案を通すから、それまでに何かカッコつくような
対応策を考えておけ」と指示して、つけ刃的に対応策を作らせたのではないかな~と
思ってしまったりもする。

* * * * *

 けど、つけ刃だから、時効を適用しない形を作ったのはいいとして、あとは以前の
パターンとほとんど変わらないし、具体的なことがちゃんと決まっていない。
 社保庁側でできるだけ調べて通知すると言っても、いつどのような形で行なうのか
よくわからないし。結局は、国民の方から問い合わせることが、基本の形であること
は変わらない。<特に高齢者の人は、自分から色々と動くのは困難であろうに。>
 領収書がなくても対応すると言うけれど、じゃあ具体的にどのような形で証明すれ
ばいいのかときかれると、明確な例示もない。個別に相談してくれという。

 せめて、もう少し時間をかけて、そこら辺をもうチョット具体的に決めてた上で、
国民もなるほどと理解&納得できるような形を作って、わかりやすい形で発表できる
ようにすればいいのに。
 しかも、法的な対応が必要なものは、与党で議員立法するつもりなので、待ってて
ねという感じだし。何かホントいい加減な対応なのである。

 * * * * *

 昨日は、そこら辺を野党がかなりツッコンで、もう少し審議の必要があるから、
せめてこの日の強行採決はやめて欲しいと何度も要求したのだが・・・。
 やっぱり、強行採決してしまった。(>_<)

<私が安倍自民党の支持者でも、チョット印象が悪いかも。>

 で、ふと気付いたんだけど。社保庁改革法案の中身って、ご存知ですか?
正直を言うと、私はほとんど知らないです!^^;

 メディアもそんなに取り上げていなかったように思うし。毎度のことながら、
安倍内閣&自民党には、国民に重要法案の説明をしたり、理解を求めたりしようと
姿勢はもともとないし。

<天下り禁止法案とかふるさと納税とかは、TVに出てやたらアピールしたりする
のだけど。前者は見送り、後者は検討課題のままだし。>

 最初の方にも書いたが、安倍政権のこういう国民軽視&いい加減なところを、早く
国民に気付いて欲しいな~と切に願うmewなのだであった。
<マスコミも、このあたりをどんどんツッコンで欲しいな!(・・)>

                        THANKS 

 
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)

  
 <報道記事はMoreの部分に。>

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-26 09:39 | 安倍政権に関して | Trackback(9)

ひたすら無責任な安倍内閣・・・松岡大臣の光熱水費&談合献金疑惑+年金納付記録の問題


 24日、農水省所管の「緑資源機構」の理事等の幹部と受注業者の計6人が、いわ
ゆる官製談合事件(独禁法違反容疑)で、東京地検特捜部に逮捕された。<*1> 
 しかも、「いかにも」のパターンなのであるが、機構や関連業者の中には、林野庁から
の天下りが50人以上いたことが確認されているという。

<追記・25日には、地方支部にも強制捜査がはいった。中山間事業の農業用地に関わる
談合の疑いも生じているようだ。松岡大臣の地元、熊本も関わっているとのこと。この
件に関して会見で答えていた松岡氏の顔は、かなり神妙ぽかった。(報道記事コーナーに
献金&地元に関する記事あり。>

 所官の大臣である松岡利勝農水大臣は、林野庁OBが逮捕されたことを受け、閣僚と
しての給与の3カ月分を自主返納すると発表した。<林野庁は、農水省の外局。>
だが、「緑資源機構」の理事長の責任を追及することはしないのだという。

 また、松岡氏は、後述するように関連団体、企業、個人から多額の政治献金を受けて
いたことが明らかになっており、国会でもその問題を指摘されている。
 しかし、安倍首相は24日夕、この件に関して「かなり早い段階で(献金を)返した
と報告を受けている」と述べ、問題はないとの考えを示した。その上で、松岡氏の政治
資金管理団体の光熱水費問題などについて「(松岡氏は)農業、水産分野の専門家で
実績も挙げている」と指摘、重ねて擁護の姿勢を示した。<共同通信 24日>

  * * * * *

 松岡大臣は、大学卒業後、69年から88年まで農水省の役人であり(林野庁に務めて
いたことも)、農林分野に詳しいことはおそらく事実であろう。<いわゆる農林族の議員
としても知られている。>
 申し訳ないことに、私は彼が農水大臣になってから、どれほどの実績を挙げているのか
存知あげないのであるが。^^; 仮に、かなりの実績を挙げているのだとしよう。

 で、その実績と「事務所費&光熱水費の疑惑に対して、説明をしなくていい」という
ことに、どのような関連があるのだろうか?(・・)
 実績があれば、仮に虚偽記載の法違反を犯していても、責任はとらなくていいという
ことなのだろうか? 首相の任命責任もしかりということなのだろうか?

 政治献金の疑惑に関しても、同様だ。松岡大臣が談合事件の疑いのある機関や団体、
個人と、献金をもらうような関わりがあったということが問題にされ、何か事件にも
関与しているのではないかと疑われているのであって、別に献金を返したからと言って、
その関与や疑いがなくなるというわけではないのである。
<それに、個人からの献金を返したのは今年の4月、もう談合疑惑が生じてからのこと
であるし。「法に乗っ取って、適正に受理した」ということで、しっかり頂いている
献金もある。>

 *4にJ-CASTニュースの記事<各新聞社の批判をまとめたもの>をアップして
おくが、毎日新聞は「『説明しない』のは「説明できない」ということだ。もはやそう見なすほかない」
と断定し、信濃毎日新聞は「居直り」、中日新聞は松岡氏を「厚顔無恥」、安倍氏を「壊れた
レコード」と表現している。
 そして、記事の最後では、「これだけの批判をあびても、辞任しなくてすむ閣僚は
戦後の歴史でもめったにない」と結んでいる。

 このまま、これらの問題を終わらせてしまったら、居直った者勝ちになってしまい、
安倍&松岡氏の思うツボになってしまう。
 緑資源機構の談合事件も、松岡大臣の献金の問題も、もちろんナントカ還元の問題も
野党もメディアも国民も、飽きずに呆れずに諦めずに、しっかりウォッチ&追及して
行く姿勢を持ち続けて行かなければいけない、ということを改めて書いておきたい。


 ~ ~ ~ ~ ~

 今、世間で大きな話題になっている、「宙に浮いた年金記録」問題<5千万件以上の
保険料納付記録が誰のものかわからなくなっている&支給漏れがかなりあるかも知れない
という問題>に関しても、政府は自ら責任をとる気も、まともに対策を講じる気もない
ようである。

 そもそも、この問題は2月の衆院予算委員会でも指摘されており、緊急に点検すべきだ
と要求されていたのであるが<コチラの民主党・長妻議員のHPなど参照>、安倍首相は、
「国民の年金に対する不安をあおる危険性がある」と、柳沢大臣も含め、あくまでも受給
者個人が、自ら社保庁に問い合わせて調べる方法を推進すると主張していたのである。
 いや、確か今週も、安倍首相は「国民の不安をあおるようなことは言うな」と少し声
を荒げて、「問い合わせには丁寧に応じたい」と答弁していた。

 この件に関して話す安倍首相や柳沢大臣の発言の仕方や表情を見ていると、何だか
「こんな以前の問題を持ち出されてもね~。自分たちが関わっていたわけでも、責任が
あるわけでもないし。今さらどうにもなんないかも」というような雰囲気が伝わって
来るような感じさえする。
<実際、台帳の元本の一部は、既に捨てられてしまっているようで、社保庁側で点検
するのは不可能なのではないかと考えられているという。だから、自分から問い合わせて
くれ、と言うしかない部分があるのね。^^;>

 * * * * *

 今、衆院の厚生労働委員会では、社保庁改革(社保庁解体)法案の審議が行なわれて
いるのだが。
 私は、国民のためにも、ここは与野党できちんと原因の究明や今後のよりよい対応策
を国会の場できちんと審議して、対処して行く必要があると思うし、野党側もそれを
強く求めている。<この問題をクリアにしないまま、社保庁を解体して別組織にすれば
うまく行くというものではないだろう。>

 ところが、安倍自民党としては、国会の会期末まで期間がないことや、野党に追及
の機会をあまり与えたくないこともあってか、これ以上長くこの問題を委員会で審議する
ことは望まず。今日25日に、午後から安倍首相を迎えて質疑を行なったあと、総括質疑
&強行採決を行なう構えでいるという。<ま~た、強行採決なの~。(ーー;)>


 とはいえ、マスコミにもかなり騒がれており、このままでは収拾がつきそうにないし、
参院選にも不利になるといけないので、安倍首相は急遽、 〈1〉社保庁による納付記録
の紛失など国の責任が明確な支給漏れについては、時効を適用せず全額補償する
〈2〉受給者の申し立てがあれば、支給漏れの調査期間中は時効を停止する――などが
骨格となる政府与党として対策案を発表することにしたようだ。

 しかし、それは政府として行なうのではなく、与党に議員立法をさせる形をとるようで、
今国会に間に合わなければ、秋の臨時国会に持ち越しになるとのこと。また、午前中に
行なわれた審議を見た限りでは、「国の責任が明確な場合」というのはどのようなケース
なのかも決まっていないし、受給者が領収書提示などの証明方法がない場合、どのように
対処するのかも決まっていないようだ。

 何かメディアだけ見ていると、いかにも安倍首相&政府与党が前向きに救済に乗り出し
ているような感じになっているが。
 以前から問題が指摘されていたのに、何もせずにしのごうとしていたこと。それが、
マスコミ&野党がうるさくなったので、このままでは国民の批判が高まり、参院選で
不利になると思って、表面的&付け刃的な対策を並べ立てているだけだということを、
ここにアピールしておきたい。

 

   <とりあえず、ここまでアップ>       THANKS                   


【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)


【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-25 14:37 | 安倍政権に関して | Trackback(18)

松岡問題、9条改憲隠し?、石川・漫画で人気とり~安倍自民党は 国民をバカにし過ぎ!+衆参同日選

 何か書きたいことが山ほどあって、どこから手をつけていいものやら・・・。^^;
<でも、昨日はやっと☆が★X8から脱出&工藤も初勝利で、気持ちはチョット↑>


 今回は前半で、「国民をバカにするな」のアレコレを。そして後半では「衆参同日
選挙があり得るかも」+αについて書きたいと思うのだが・・・。

 その前に、コチラのご紹介を・・・。

 ☆ 自民党・民主党に9条改変に関するアンケート!

「反戦な家づくり」の明月さんが、「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアン
ケート」 に賛同するブロガーを緊急募集されている。<コチラをご覧下さい。>
 締め切りは、5月25日24時なので、あと1日チョットしかなくて、申し訳ない
のだが。^^;・・・私自身、アレコレ考えて悩んでいるうちに、日にちが過ぎてしまい、
すっかり遅くなってしまった。<すみません。m(__)m>

 この企画自体、とても意義があるものだと思うし、特に9条護憲派の方には、
大きな意味があるのではないかと思うので、ここにご紹介しておきたい。

 ~ ~ ~ ~ ~

 23日にはネットやTVでニュースを見ていて、マジに「てめえら、どこまで国民
をバカにすれば、気が済むんだ~~~!!!( ̄□ ̄#)」とわめきたくなるような
衝動に襲われてしまった。

 * * * * *

 ☆ 松岡農水大臣、説明する気なし。安倍首相も説明させる気なし。<*1>

 23日に、衆院予算委員会で「政治とおカネ」の問題に関する集中審議が行なわれた。

 ここで野党は、松岡大臣のナントカ還元水(事務所費、光熱水費)疑惑に関して質問
するも、松岡大臣はひたすら「法に乗っ取り適切に対処・・・」「法に従い対応・・・」
を繰り返し、説明をする気が全くないことを示した。
<保坂議員のどこどこ日記に、やりとりの様子が書かれている。(コチラ)>
 しかも、安倍首相らが答弁している最中に、他の大臣と談笑している姿も。(-"-;) 


 さらに安倍首相も、「法に求められている中で農相は説明を果たした」と答弁。
松岡大臣を擁護し、これ以上は説明を求めない姿勢を示した。
 夜に行われた会見では、記者が何度か「国民が納得しないのでは?」と質問している
のに「国会で申し上げた通りです」と繰り返すばかり。<答えになってないっしょ。>

 最近は、「国民に向けて話をしたい」とか言って、質問する記者の方にはほとんど
目を向けず、カメラ目線で前を向いたままの時が多くなっているし~。<せめて質問
されているぐらい、そっちを見ようよ。子供の教育によくないよ!>

 メディアよ。どうか怒りをもって、この件を伝えて欲しい。そして、国民も決して
このことを忘れないで欲しい!(**)

<誰かが説明しないのは、法に反するわけではないと言ってたけど。でも、虚偽記載自体が、
政治資金規正法違反になるのだから。彼がやっていることは、法律上、適正ではない可能性が
高いし、そちらの方が重要なことなのだ!>

 * * * * *

 ☆ 参院の公約では、9条改憲は隠してしまうかも・・・なの?

 自民党の参院選公約の原案が22日、明らかになった。<*2> 
 これに関しては、また改めてツッコミたいと思うが、「美しい国づくり」に基づいた新憲法制定、
教育再生、集団的自衛権の検討、自衛隊海外派遣の恒久法など、と~っても安倍タカ派
カラーが出た内容になっている。

 
 ただ、自民・公明は、与党としての参院選での公約も作ることになっており、憲法改正の
扱い方に関して文言を調整する協議を行なうことにしたという。
 公明党は、憲法改正を公約や争点にすること自体に反対の立場だったが、安倍氏は引く
気がない。でも、公明党は9条1・2項は絶対護持の方針なので、与党公約に9条改憲
や集団的自衛権を盛り込まれたら、選挙協力に問題が生じてしまうおそれがあるからだ。

 その中で、驚くべきことに、中川幹事長は公明党に配慮して「9条をどうするかと
いうものではない」と発言したとか。<はぁ~?(゚Д゚)>
 
 何? 自民党は「憲法改正は考えているけど、与党としては9条を改正するかどうか、
これから考える」と言って、参院選を行なうだろうか? 
 すでに9条改憲の草案を発表している自民党が、そんなことを言うのは、反則or詐欺
になるでしょ~! ■\(@@ red card

 それで学会の人たちは「そうか~。自民党はまだ9条を変えると決めているわけじゃ
ないのね~。安心したわ~」って、投票するわけ?(ーー;)
 まさか一般国民にも、そういう説明をするわけじゃないと思いたいが・・・国民が騙されない
ように注意しなくちゃと思う。

 ** * * *

 ☆ 石川くんと漫画で人気とり?!

 安倍首相は、23日にゴルフの石川僚選手(15歳)を急遽、官邸に呼んで対面を行なったり
もしている。TV&スポーツメディアに多く取り上げられるのを意識してのことだろう。<*3>
<金曜から中間試験の高校生を、わざわざ呼び出して、利用するなんて。(-_-;)>


 また22日、麻生太郎外務大臣は、「漫画のノーベル賞にしたい」と「国際漫画賞」
の創立を発表した。<*5>
 私はこの賞自体は悪くないと思うし、麻生氏がもともと漫画好きなのも有名な話で
あるのだが。<ポスト安倍をアピールしたいという意向もあり? 何か「とてつもない日本」
ない本も出すらしい。あまりトテツモない国には、なりたくないんだけどな~。>

 ただ、この時期の発表は、参院選で若者ウケを狙いたいという意図もあるのではないかと
勘ぐってしまうところもある。

 * * * * *

 ともかく、安倍首相&内閣&自民党は、こんなに国民をバカにして、よく平気で
いられると思ってしまう。

 次の参院選では、「あまり国民をナメると、大変な目に合うよ」ということを絶対に
思い知らされなければ!・・・と改めて誓ったmewなのであった。

 ~ ~ ~ ~ ~

 「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


 ~ ~ ~ ~ ~

☆ 衆参同日選挙もあり得るかも?

 先週の週刊ポストに『安倍首相が密かに放った「6.23解散&同日選」指令』という
記事が出ていたそうなのだが。<残念ながら読んでいないのだけど。^^;>

 毎日新聞22日には、「民主党が衆参同日選挙の可能性を警戒&参院選の応援も考え
て、急ピッチで衆院小選挙区の候補者確立を進めている」という記事が出ていた。(*5)
<民主党は05年、いきなりの小泉解散に十分対応できずに、負けちゃったしね~。>

 安倍首相は、衆参同日選挙に関しては「考えていない」と否定しているが、私は衆参
同日選挙の可能性は、それなりにあるのではないかと思っている。

 もし6月中旬に行なう最終的な票読み&予測で、自民党が過半数獲得のための最低
目標の51議席にかなり届かない状況であったなら、安倍首相は思い切って衆参同日
選挙に打って出ることが、考えられるからだ。

<民主党も、それを感じたからこそ、警戒して備えておこうとしているのだろう。
別方面から、もしかして情報が届いたりもしている。・・・もしかしたら、松岡大臣
が解散の立役者になり得る可能性も?^^;>


 今の段階では、自民党が確実視されているのは40議席前後だとか? そこで、党
としては、佐賀選挙区の候補者の入れ替え、丸川珠代氏の立候補<比例区でも、さらに
有名人を模索中>などテコ入れに必死になっているが、どこまで挽回できるかが鍵に
なるだろう。
 中川幹事長は「衆参同日選挙もあると思って体制を調える」ように指示。衆院議員
に地元選挙区を支援するように伝え、その功績を人事に反映する意向も示したという。
<もう「何が何でも」&アメとムチ体制なのだ。>

 同時に、たぶん今頃、過半数に足りなかった場合に備えて、国民新党などの元・自民
党議員、もしかしたら参院民主党の議員などと水面下の交渉を行なっているのではない
かと思うのだが。秋までに不足分が集められる計算が立つかどうかも、今後の状況に
大きく影響すると思われる。

 * * * * *

 何故、同日選挙の話が出るかと言えば・・・自民党は過去2回(80、86年)衆参
同日選挙を行なっており、2回とも圧勝しているからなのではないかと思われる。
 もし自民党支持者が多ければ、また同時選挙で組織力がうまく働けば、一挙両得に
なりやすいのである。 

 ただ、当時は選挙のシステムが今とは違う(*5)&当時は自民党は支持団体の組織
力が強かった。また、80年は当時の大平首相が選挙期間中に急逝し、同情票が集まっ
たことも大きかったし、86年(中曽根首相当時)はバブル景気が始まりつつある時で
都市部の企業、団体の組織力がうまく働いたことが大きかったと言われている。

 だが、今は選挙制度が変わって、有権者が投票の際にわかりにくい状況にあること、
自民党はかつてほど組織力が働かないこと、衆参の両議員や公明党から反対の声が出る
可能性が高いことなどから、同日選挙を行なうのは極めて難しいと考えられている。
 もし安倍首相が、あえて衆院を解散して、同日選挙を行なうとすれば、それこそ小泉
郵政選挙のように、自分の政治生命(首相生命)を賭けた大博打を打つしかないと
いう時に限られるだろう。<参院が大敗しそう&党内の安倍包囲網が強まりそうな感じ
になったら。・・・ついでに政界再編まで持ち込もうとするかも?>


 ただ、私たち国民としては、情勢をしっかりウォッチする必要があると思うが・・・
ともかく下手に踊らされないようにして、冷静に判断して投票ができるようにするのが
一番大切なのではないかと思う。

 衆参一気に野党が勝って、一気に政界大再編成というのも、今後の政治がわかりやすく
なって、いいかも~と思ったりもする。(@_@。

~ ~ ~ ~ ~
 
 22日に元・経団連会長の平岩氏が他界されたこと&安倍+経団連のことや、23日
に米軍再編法案が成立したことなどなど、アレコレ気になるニュースがあるのだが。
 また機会があれば、後日、書きたいと思う。

                        THANKS

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)


【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-24 05:40 | 安倍政権に関して | Trackback(18)

安倍&丸川に「ダマされるな」?!+続・道徳プログラム+世界卓球

 
 世界卓球が始まって、また寝不足な日が続きそうだ。<何を隠そう、私は小学生の頃
からマイ・ラケを持っていたほどの、卓球好きだったのだ。(^^ゞ>

 日本は愛・亜衣ペアも、新星14歳の石川+平野ペアも1回戦突破の好発進。2日め
以降も、みんなガンバって欲しい。

 * * * * *

 22日、丸川珠代氏(元・テレビ朝日アナウンサー・東大経卒)が、正式に自民党公認の
参院選候補者(東京選挙区)になることを表明した。

 実は彼女が参院選に出馬するという話が出た時に、立候補自体に驚くよりも「何で
自民党から?」と驚く声の方が多かったという。 

 というのも、彼女は03年に金子勝氏と「ダマされるな!―目からウロコの政治経済学」と
いう本を出版しているのだが、キャッチコピーが「この国をダメにしたのは誰だ!?
庶民派女子アナの疑問に応えて、頑固系経済学者が痛快にニッポンを斬る。小泉&竹中
「改革」から日米関係まで異議あり」であるように、小泉&竹中改革や米国べったりの
外交をめっちゃ批判していたからである。

<*3に具体的な中身が記されている記事を追記>

 * * * * *

 もう少し中身を見ると・・・
『1 ああ、小泉(&竹中)改革(損して得取れ―この「改革」を信じる者は救われず;
備えあれば憂いなし―「有事」よりもっと不安な老後の暮らし;相手変われど主変わらず
―「構造改革派」vs「抵抗勢力」の図式は怪しい ほか)

2 日本社会のそこにある危機(曖昧な日本のなかの私―国民の「知る権利」と隠される
公人の「個人情報」;オンナの自立もカネ次第?―バブルを経験してしまった30代女性
は生きにくい;汝、隣人を愛せよ―中国とは逆転の発想でつき合おう ほか)

3 アメリカよ、どこへいく!?(向かうところ敵なし―核ボタンを握っている人物の
ア然とする正体とは…;吾が仏尊し―査察が必要なのはアメリカ自身ではないのか;鬼に
打ち出の小槌―アメリカは「ジャイアン」で日本は「のび太」か?)

なぜかくも無責任な国になってしまったのか。がんこな経済学者となにわ系女子アナが
痛快にニッポンを斬る!』

 * * * * *

 以前、ちらっと立ち読みしたことがあるのだけど<たぶん日米のジャイアン・のび太の
ところとかは、彼女が書いていたと思う>、この頃から小泉改革で格差社会が広がったり
社会保障が低下する危険性などについて警告しており、実に「正しい」指摘の多い本だっ
たのである。

 だから、そんな彼女が、何で小泉改革を引き継ぎ、ジャイアン・アメリカとさらに有事
に備えようとしている安倍自民党から立候補することに決めたのか、と~っても「???」
なのだが。<記者会見でも、このあたりをツッコまれていた様子。>

 本人は、仕事で米国に駐在した経験に触れ「物作りや教育などの面で、この国に生まれ
てよかったと思った。恩返しすべきだと考えた」と動機を語ったそうだ。そして、「今、
安倍政権は100年先に続く日本人の価値観を問い掛けている。この大事なタイミング
で自分の熱い思いを届けるなら、政権与党の真ん中に入っていくしかないと思った」と
説明。選挙戦で特に訴えたい政策として医療保険や年金の拡充を挙げたという。<*1>

 う~ん・・・03年に渡米して、考えが変わっちゃったのかしらん?

<この安倍政権が広めようとしている「日本人の価値観」に関わる道徳教育の話は、
後半に・・・。>

 ~ ~ ~ ~ ~

 この本で、確か丸川氏は、小泉改革でによって規制緩和を進めると、企業間で過度な
競争が起きて<コスト削減の必要が生じ>国民の経済格差が広がってしまうとの問題も
指摘していた。<さすが東大経済学部卒。見事な分析だ。(*_*)>

 こうしてワーキングプアが問題になっている今日この頃。
 安倍首相は、経団連やボクの官邸の規制改革会議に、最低賃金の引き上げを法制化でき
ないかと持ちかけたのだが。経団連は「何、言ってるの?」という感じできく耳持たず。
21日、規制改革会議も、「不用意に引き上げることは、その賃金に見合う生産性を発揮
できない労働者の失業をもたらす」などと指摘し、慎重な検討を求めた。<実質、拒否?>
 さらに、意見書はこのほか、事業主が金銭を支払えば解雇できる「解雇の金銭解決」の
試験的導入など、労働法制の大幅な規制緩和を提言。<リストラしやすくするのね。>
 また総論として「労働者の権利を強めれば、その労働者の保護が図られるという考え方
は誤っている」とも指摘した。<*2>

 安倍首相が、小泉改革を引き継ぎ、改革&成長路線を行なおうとしている以上、企業
は当然に、人件費を含め、いかにコスト削減をするかを考えるわけで。そのためには、
労働者の権利を保護する法律や組合はジャマなのである。<安倍っちは、そんなことも
わからないのかしらん?>
 参院選が終わったら<与党が大敗しなければ>、残業代ゼロ(ホワイトカラー・エグ
ゼンプション)法案を含めて、さらに労働者には酷な法案や政策が出て来るだろう。

 
 丸川珠代氏は、第二弾「安倍改革&美しい国づくりにはダマされるな!」という本を書いた
方が、よっぽど日本のために恩返しができたかも知れないのにな~、と思ったりもした
mewなのだった。(・・)

 ~ ~ ~ ~ ~

 「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

 ~ ~ ~ ~ ~

  さて、21日から参院で教育関連法案の審議が始まった。
 初日は、本会議で政府案&民主党案の趣旨説明&質疑が行なわれたのだが・・・。
安倍首相は、学校教育法改正案で義務教育の目標として明示した「我が国と郷土を愛する
態度」に関し「国や郷土の発展に尽くした先人の働きや文化遺産、伝統芸能などを調べ
体験することで態度を養う指導が一層行われるよう努めていく」と述べていた。
〔共同21日〕・・・<この発言を、覚えておいてね。(・・)>

 また安倍首相は、15日の党首討論では、教基法&教育法案改正に関して「地域・国を
愛する気持ち、公共の精神、道徳」の教育の強化を強調していた。

* * * * *

 でもって、コチラの記事<日本青年会議所が05年から倫理道徳教育のプログラムを
行なっているという話>の続きになるのだが・・・。

 青年会議所は、05年に愛・地球博で同所製作の「学の夏休み ~伝えよう、日本の魂
(こころ)」というアニメを上映。これで、ある意味で作品にハクをつけた彼らは、その
アニメDVDを使った教育プログラムを作って、全国各地で同所主催のキャンプ等や学校
の総合学習の授業で、このプログラムを実施。これまでに2万人以上の小学生がこれを
受けたという。<コチラ参照> 
<キャンプに子供を参加させた親とか、授業を行なった学校の生徒の保護者は、このプロ
グラムのことを知って&了承していたのかな~?^^;>

 まあ、実際のところ、この「学の夏休み」というアニメ自体は、もしかしたら、私が
何も知らずにTVなどで見たら、特に抵抗感を覚えず、そう悪い内容ではないと思うよう
なものなのかも知れないのだ。
<10歳のゲーム好きの少年が祖母や親戚の住む田舎に行って、当初は不満に思うことが
多いものの、色々な体験を通じて、だんだん自然やものの大切さに気付き、「もったい
ない」や「思いやり」の精神を学ぶというストーリーのようだ。>


 ただ、このアニメ自体は25分しかない。でも、教育プログラム自体は、学校で行なう
場合には、45分X2時限(90分)かけて行なうものになっている。
 つまり、このアニメは単なる導入部に過ぎず、プログラムのメインはそのあとのワーク
の部分なのである。

 ワークでは、スタッフがDVDに関する話をしながら、子供たちに意見を述べたり、
感想を書かせたりするのであるが。その際に、日本古来から伝わる八百万(やおよろず)
の神の話をしたり、後半には地域の伝統や重要な人物、ものなどの話をして、「自然への
畏敬や崇拝の念」「先人・先祖への感謝の念」などを導いて行くことになっている。
<コチラに資料などがあり。>

<「日本が縄文時代に農業を行なっていなかったのは、他国に遅れていたわけではなく、
自然に恵まれていたからだ」という趣旨の説明も行なうらしい。・・・これは、何で?
中国や朝鮮半島に遅れをとっていたとか思われたくないからなのかな~?^^;>

 そして、それは下記のような方針のもとに行われるのである。

 * * * * *

 コチラに、ある青年会議所の支部が、地域の小学校の校長に宛てて出した、このプロ
グラムの趣意書があるのだが・・・。<後半部分にプログラムの内容も>
 その中に、こんな記述がある。

『私たちは昨年の7月14日~25日まで「愛・地球博」で上映され好評を頂きました(杜)
日本青年会議所作成のアニメ「学の夏休み」をベースに「自然を崇高なものとして尊ぶ
伝統的理念」「すべてのものに感謝する心と利他をおもんばかる精神」「先祖を敬う心」
等の精神文化の大切さを子どもたちに伝えるためのプログラム(約2時限程度)を作成
致しました。学習指導要領における道徳の内容にも記載のある「郷土の文化と伝統を大切
にし、郷土を愛する心を持つ」「美しいものに感動する心や人間の力を超えたものに
対する畏敬の念を持つ」「日々の生活が人々の支えあいや助け合いで成り立っていること
に感謝し、それにこたえる」等の道徳力の育成が醸成されるものと自負しております。』

 また「伝えよう、日本の魂」運動の目的のところには、こんなことが書かれている。
『私たち青年会議所はその価値観を「日本の魂(こころ)」ととらえ、「美しき日本」
創造のために国の将来を託す子どもたちに道徳的価値観を伝え自立した個人としての
健全な自主性を育むことが必要であると考えます。身の周りのすべてのものに感謝し、
慈しむ心を大切にしてきた日本の伝統的な価値観を道徳教育の素材として活用し公共心を
育み、子どもたちに他国に類を見ない豊かな精神文化を築いてきた日本の素晴らしさを
伝えることにより地域や国を愛する心の涵養を目的として運動を展開いたします。』

 * * * * *

 ね。安倍首相の言っていたことと、ほとんど一緒でしょ?(・・)

 っていうか、安倍氏が「美しい国づくり」構想を発表したのが06年夏、首相になった
のが06年秋、教基法が改正されたのは06年冬なのだけど。
 日本青年会議所は、もう05年の夏には、改正教基法の前文の内容に沿ったこのアニメ
を作って、万博で上映しており、06年のはじめから「美しき日本の創造」というスロー
ガンを掲げて活動しているのである。

 つまり、たぶん、この「美しい日本」構想&キャンペーンというのは、改憲&国家
再興<教育再生含む>勢力が考えたもので、安倍氏にせよ、青年会議所にせよ、関連
団体にせよ、その壮大なプランに沿って、活動しているようなものなのではないかと。

 何分にも戦後の日本を評価していない彼らは、政治の場では、安倍氏らに繰り返し
「美しい日本」「戦後レジームからの脱却」と言わせて、オトナたちのアタマや心に
そのイメージを刷り込もうと。<コチラにも書いたけど、そんな商品CMもあったしね。>

 そして、このような教育プログラムを通じて、子供たちには、まずは日本的価値観
に対する意識の萌芽を植え付けておいて、今後の教育を抵抗感なく受容できるように
しておこうと。


 でも、たぶんこの道徳プログラムは、彼らが行なう第一弾のものであり、ある意味
では実験&スタッフの研修や、実績作り(学校等との付き合いも含む)の目的もあった
のではないかと思われる。
 そして、彼らはここで得たノウハウを活かして、今度は次の段階として、中学生を
対象に、靖国史観に基づく近現代史教育プログラムをスタートさせたのである。

  <つづく>            THANKS 
 
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)


【報道記事などは、More の部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-23 05:32 | 政治・社会一般 | Trackback(32)

政治&憲法問題に目覚める?「15の春」+世界にはばたけ、15歳のゴルファー

今朝、ワードパッドで記事を完成させて、「さあ、アップするぞ!」とコピーしよう
とした途端、ジャン♪というWindowsのエラー音がして、いきなりワードパッドが画面
が消えたですぅ~~~。( ̄Д ̄;)ojan?! ・・・こういうのって、あり?

 今、やっと時間ができたので、とりあえず、何か更新しなくちゃと思っているのだけ
ど・・・。朝と同じ内容の記事<例の道徳教育の続きなど>は、時間の都合上、ムリ
なので。<あちこちの資料を見ながら書かなくちゃいけないものだから。>
 全く別路線で書いてみたいと思う。

~ ~ ~ ~ ~

 昨日の朝から、TVやスポーツ紙は、日曜日にゴルフのプロ・ツアー[KSBカップ]を制した
15歳の石川僚選手の話題で持ちきりである。

 体育会系のmewとしては、TVで部分的に観た彼のアグレッシブなプレーもスゴイと
思うけれど、それより彼の礼儀正しさや向上心&コツコツさに感銘を受けてしまい、
ファンになってしまいそうな感じが。(^^ゞ
<ご両親のふつ~っぽさ、謙虚っぽさが、またよかったりして? ゴルフ漬けじゃなくて、
中学で陸上部に属していたというのもいいかも~。>

 ただ、彼が目標とするタイガー・ウッズに近づくためには、色々なプレッシャーに
打ち勝つことも大事だとは思うけど。ついつい、マスコミや周囲に潰されないようにと
懸念してしまう私なのだった。
<「はにかみ王子」とかキャッチ・フレーズをつけるの、やめて欲しいんだけど。キャディの
青年も好感触?(・・)>

 でも、ホント、世界にはばたく選手になって欲しいですね!(~~)_P ←driver?

<米ツアー「AT&Tクラシック」でTOPを走ってた今田竜二選手は、最終日に惜しくもプレー
オフで敗れて2位に。残念!・・・彼はずっと米ツアーでやっているんですよね~。それにしても
藍ちゃんもそうだけど。米ツアーや海外のビッグ・トーナメントで勝つのは本当に難しいね~。
でも、みんなガンバです。>

~ ~ ~ ~ ~

 石川選手は高1なんだけど。
 こちらは、今月15歳になったばかりの、中3のサッカー少年の話。

 小さい頃から、サッカー&ゲーム大好き少年で、およそ政治なんぞには興味を抱く
ことがなさそうな子なのであるが・・・。<会えば、ほとんどサッカーの話ばかり。
私の愛するヒデを、おじさん扱いしたことにムカつくのだが。何とこの年代は、「ドー
ハの悲劇」を知らないのだとわかって、愕然とさせられるし。(>_<)>

 先週、たまたま会ったら、この少年が急に「ねぇ、憲法改正って本当にやると思い
ます?」ときいて来たので、ちょっとビックリさせられた。(・o・)

 * * * * *

 きけば、今、社会の授業で、中2の残りの歴史(現代史)+公民みたいな形で、憲法
のことを習い始めたそうなのだが。そこで、ある生徒が「本当に憲法改正をするのか?
徴兵制になるのか?」という質問を先生にしたのだという。
 どうも、その生徒の行く塾の教師が「おまえらの世代は、もし憲法改正したら、徴兵
制とかそれに近い形になって、海外で戦うこともあり得る」と言ったらしいのだ。

 その先生は少し考えて、「それは、自分にはわからない。最後は国民が決めること
だから」と答えたそうだ。
「ただ、もし早ければ3~4年後には、憲法改正の国民投票を行なうことになるかも
知れない。その時に、キミたちも投票権を持つ可能性がある。だから、その時に、ちゃん
と考えて投票できるように、よく勉強しておきなさい」と言ったのだという。
<なかなか、リベラルないい先生だね。(~~)・・・勉強にも効果があるかも?>

 * * * * *

「そうか~。もし3~4年後に憲法改正の国民投票を行なうとしたら&18歳から投票
権を持つことになるとしたら、今の中2とか中3も投票権を持つことになるのね。」

 で、自分に投票権があるときいたこともあってか、彼は憲法改正なるものをかなり
現実的に受け止めるようになったらしい。朝、学校に行く前に、TVでこの手の話題
をやっていると、チョット注目するようになったという。

「おれ、戦争はイヤっす。徴兵とかで戦うのもイヤだし。本当にそうできるっすか?
おれ、徴兵とかなっても、行かないよ!」
「結局、アベが憲法改正をやりたいんでしょ? アベって3年も持つのかな?持たない
よね~。親は持たないだろ~って言ってたけど」<これには笑った。>
「アベを首相でなくするには、どうしたらいいっすか? 選挙とかで落とせるのかな?」

 * * * * *

 う~ん・・・。すべてを数分の間に答えるのは、チョット難しんだよね~。それに、
正直なところ、私だって、どうなるかわからないんだもの。

<首相の決め方とか、そこら辺の説明はしたけど。まだ与党とかいう言葉もよくわから
ないし、政党名も二つ(自民、民主)しか知らず、アベがどっちかもわからないので、
説明に苦戦。・・・ちなみに、少し前に会った大学生も同じ状態だったけど。(--;)>

 けど、じゃあ、安倍が首相でなくなったら、憲法改正の話が立ち消えるのかと言えば、
そうでもないしね~。
 やっぱ、近い将来、政界再編が起きて、国民がどの党に入れたらどのように自分の
意思が反映されるのか、はっきりわかるような形になるのが一番いいと思うんだよね~。
そのためにも、参院選で安倍自民党を大敗させないとね~。
 ・・・と思っているけど、その話は少年にはしなかった。

 
 彼には「ともかく、XXくんや多くの人が、憲法やその改正に興味を持つことは、
すっごくいいことだと思う」と。「だから先生の言うように、きちんと歴史とか憲法
とか勉強したり、ニュースを見たりして、よ~く考えて欲しい」と話した。
「今の憲法のどこがいいのか、どこがよくないと言われているのか。改正したいという
のはアベに限らないのだけど、そういう人は何をどう考えているのか・・・そういう
ことをよく知って、考えることが一番大事なんだと思うよ。・・・で、よくないと思え
ば、その条文の改正には反対の票を入れればいいんだよ」と。

 で、最後に、「日本は国民主権って言って、大事なことは国民に決める権利がある
んだから。首相とか政治家が勝手にアレコレ決めないように、国民がしっかり考えて、
選挙とか国民投票とかで、自分の考えを示さないとね」と強調しておいた。

 
 ちょっと政治に目覚めかけたかも知れない「XXくんの15の春」であった。

 
                        THANKS
 
 
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)
[PR]
by mew-run7 | 2007-05-22 16:34 | 政治・社会一般 | Trackback(11)