「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

もし野党4党が選挙協力したら..
at 2017-09-23 02:43
もし野党4党が選挙協力したら..
at 2017-09-23 02:42
小池に党首を要請?~新党議員..
at 2017-09-22 00:11
二階、モリカケは小さな問題+..
at 2017-09-21 02:27
安保法制2年~北朝鮮情勢を利..
at 2017-09-20 03:51
12周年に日本をあきらめてみ..
at 2017-09-19 06:29
コメント・TBについてのおし..
at 2017-09-19 06:02
安倍、10月総選挙を決断。北..
at 2017-09-18 13:51
小池新党、鳩山家と連携か~邦..
at 2017-09-17 14:24
前原、共産切れずに保守から見..
at 2017-09-16 03:56

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

「小池(裏番頼み)新党」..
from 51%の真実
福島原発が示す・事故が起..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍晋三の「加計・森友隠..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
解散総選挙について、そし..
from 51%の真実
 自民党が意識する野党が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
総合電機メーカの東芝は、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
21世紀は地球規模の災害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
人により認識には違いがあ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本でも個人情報データが..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
太陽で大型フレアが発生・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、9月20日p..
by xtc4241 at 13:23
mewさん、ブログ12周..
by B4 at 21:31
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 06:05
mewさん、お久しぶりで..
by B4 at 19:05
mewさん8月28日5:..
by xtc4241 at 05:53
mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59

ブログパーツ

タグ

(1251)
(759)
(646)
(463)
(267)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(126)
(124)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2011年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

政治不信が深まった1年~被災地対策よりも実権争い&国民軽視で暴走する野田政権

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今年もあっという間に、大晦日を迎えてしまった。(@@)

 今年は、3月に東日本大震災&福島原発事故が起きて、被災地
の人々、そして日本全国の人々にとって忘れられない年になる
のではないかと思うし。また色々なことを考えさせられた年でも
あったのではないかとも思うのだけど。
 
 これから地域の復興を行なったり、被災者の生活を立て直したり
するには、まだまだ時間がかかると思うし。
 時が立っても、3.11を風化させることなく、被災地のことを
忘れることなく、「頑張ろう、日本!」の精神の下に、みんなで
力を合わせて一歩ずつ前に進んで行ければと願っている。o(^-^)o

 また今年は、近畿地方で大きな豪雨災害が発生するなど、
全国各地で様々な自然災害が起きたように思うのだが。各所の復旧、
復興が1日も早く実現されるように願っている。(・・)

<あと被災地で大変な活動に従事した自衛隊員、消防&警察関係者、
医師などの様々な分野の方々、ボランティアの方々などに、心から
有難う&おつかれさまと申し上げたい。m(__)m
 これからも、是非、色々な分野で復興の力添えをして頂きたく、
よろしくお願いいたします。m(__)m>

* * * * *

 そして、mewは昨年の大晦日に「今ほど、政治不信に陥って
いる時はない」と書いたのだけど。
<『政治不信に陥った2010年、悔しかった小沢捜査&鳩山が
党の混乱を促進
』> 
 残念ながら、今年は、昨年の何倍も不信度が増して、何だか
政治不信のダムに頭からドップリとつかっているような状態に
なりつつある。_(_^_)_

 その大きな要因の一つは、3月11日に震災が起きた後に、
与野党の議員が協力して、被災地の救済に全力を傾けようとする
姿勢を見せなかったことにある。

 未曾有の規模の地震に加えて、津波も加わり、広範囲に甚大な
被害がもたらされただけでも大変なのに、そこに原発事故まで
起きて、諸問題に対応するのは極めて困難な状況であったにも
かかわらず・・・。
 そして、本来なら、国民の代表である与野党の議員がみんなで、
ともかく被災者の救済を第一に考えて協力し、政治の世界も
総がかりで、少しでも問題が解決できるように努めなければ
ならない状況であったにもかかわらず・・・。
 日本全国の国民が、被災地を思い、何か自分にできることで
被災地の役に立ちたいと、大小様々な活動や努力をしていたのに。
 政治の世界では、そのような姿勢はほとんど見られず。それ
どころか、後述するように、ずっと実権争いを繰り広げていた
わけで。それを見て、被災地の人々はもちろん、多くの国民が
政治に対して、大きな不信感や失望感を抱くようになったと
思うし。mewも、怒りを通り越して、呆れ果ててしまった
ところがあった。(-"-)

* * * * *

 そして、もう一つは、今、野田&前原政権が、国民の存在など
完全に軽視する形で、自分たちのやりたいと思う政策を強引に
実現せんとして、暴走をしていることにある。(ーー)

 野田政権が始まって、まだ4ヶ月しか立っていないのだが。
 国民が強く望んでいる復興&景気、雇用対策は、なかなか
進まず。他方で、TPP参加、消費税増税、南スーダンPKO派遣、
普天間基地の移設推進、武器輸出原則の転換、八ッ場ダムの建設
中止の撤回などなどを次々に実現させつつあるのである。(@@)

<これらを見ていて、よくもまあ、mewがこれだけはイヤだと
思っているようなアブナイ政策(一部は、慎重に検討すべきだと
思う政策)を、こんなに並べたものだと思ってしまうとこがある
のだけど。(-"-)>

 しかも、上述した政策は、ほぼ全て、一般国民が望んでいる
ことではなくて、長い間、自民党と持ちつ持たれつでやって来た
米国、官僚、大企業などが強く求めているようなものばかりで。
 これでは、何のために政権交代を実現したのかわからないし。
 ますます政治に不信感や失望を覚えるする国民が、増えている
のではないかと深く憂慮してしまうところがある。(-"-)
 
 野田政権は、人事において挙党体制を築いたこともあり、
初めのうちは党内融和を果たしたかのように見えたのだが。
 早くも、民主党内では、また主流派と非主流派の対立が激化
しつつあり、年末には11人の離党者が出るような状況に。
来年には、「野田おろし」の動きが強まったり、党分裂の危機
が生じたりする可能性もある。 
 また、野党も、できるだけ早く解散総選挙に追い込べく、
政府与党への攻撃を強めて来ることは必至ゆえ、政治の世界は
ますます混乱し、国民の政治不信がさらに増すおそれが大きい。

 そして、それを思うと、本当に暗澹たる気持ちになってしまう
mewなのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 菅政権についてmewが書くと、「あいつは菅直人を支持して
いるから、菅を擁護するために、ああいうことを書いているのだ」
とか、「菅を擁護するために、他のやつをけなすのだ」という風に
偏見の目で読む人や、わざわざそれをコメント欄に書いて来る人が
いたりするので、自分の考えを率直に書く気が失せてしまうところ
があるのだが。(~_~;)
<この1年、それが一番イヤだった。。

 mewは、菅氏の信奉者や信者ではないので、別に菅氏がやる
ことが全ていいとも思っていないし。特に震災があった後は、
誰が首相であるかにかかわらず、ともかく、まずは被災地&原発
事故の対策を少しでも進めて欲しいと、そして、全国の国民の不安
を解消して欲しいという思いが強かったわけで。
 もし菅前首相に、性格や統治能力の面で問題や欠点などがあった
としても、せめて被災地の救済にある程度のメドが立つまで、
そちらを優先して対応することはできなかったのかな~と、今でも
そのことを心底、残念に思っているところがある。(-"-)

* * * * *

 でも、もう震災があって1ヶ月立つか立たないかのうちに、
また「菅おろし」の動きが再開。被災地そっちのけで、今度は
民主党では小沢&鳩山Gと前原・野田Gが、ポスト菅の勢力争い、
実権争いを始め、こちらも一枚岩ではない自民党の各派と水面下
で連立政権の交渉を行なっているような状況だったし。

 さらには、震災から3ヶ月もたっておらず、まだ避難所で生活
している人たちが多かった6月初めに、内閣不信任案を可決しよう
とする動きが起きたわけで。
 おそらく「一体、日本の政治家たちは、何やってんだか」と
大きな疑問や不信感を抱いた人が少なからずいたのではないか
と察する。(-_-;)

<また、「菅おろし」が激化した背景には、菅前首相が、春頃から
脱原発路線をとろうとしていたこと、米国が早期に実施を求めて
いたTPP交渉参加、辺野古移設、武器輸出原則の見直しなどを
進めようとしなかったことが、原発推進派&米国、それに関わる
政治家、企業、官僚などから反発を買ったこともあったのでは
ないかと思われる。
 で、今、野田&前原政権が、彼らの要求に応じようとして、
それらを全部、実行に移そうとしているのよね。(-"-)>

* * * * * 

 当時、与野党の多くの議員が、「菅には人間的に問題がある。
首相としての資質がない」と批判し、「菅さえ首相でなければ、
誰が首相になっても、お互いに協力して復興対策を進めること
ができる」と言っていたのだが。
 mewは、昔から菅氏を応援していたものの、もし首相を交代
して本当にうまく行くなら・・・。本当に与野党が協力して、
被災者や国民の声に耳を傾け、復興対策や経済・雇用対策などに
力を注いでくれるなら、そして、それが国民の利益につながる
なら、菅氏が首相を辞任することも止むを得ないと思うように
なっていた。(-"-)

 また、もし当時、「菅おろし」に懸命になっていた人たちが、
菅氏が辞任した後のビジョンを示していれば、国民の目も少し
違ったのではないかと思うところがある。
 たとえば、自分たちが誰をリーダーにするorこのような政権の
枠組みを作るとか、ある程度、ポスト菅体制の構想ができていたり、
自分たちが政権をとった際には、どのような形で被災地の復旧・
復興対策、原発対策を行なうことができるという具体的な方針を
明らかにしていたなら、被災者も全国の国民も彼らの動きを理解
を示したり、新たな体制に期待を抱いたりしたのではないかと
思うし。
 そういうムードができれば、菅氏ももっと早期に辞任を決意
せざるを得なかったのではないかと思ったりもする。(・・)

* *  * * *

 けど、実際のところ、もし5~6月に菅氏が首相を辞めた場合
一体、誰が次の首相になるのか、どのような政権が作られて、
何をやろうとするのか、さっぱりと見えて来ないところがあった
のである。(-"-)

 みんな、菅政権の震災&対策をひたすら批判するものも、
「自分なら、こうする」と具体的な方針を国民に向かって語る人は
皆無に近かったし。
<たとえば、原発政策一つとっても、(今でもそうだけど)考えて
いることはバラバラで。しかも、国民の前ではかなりぼかした
言い方をするので、本当はどのように考えているのか、よくわから
ない部分が大きいもんね。^^;>
 これは国民のためと言うより、むしろポスト菅の実権争いの
政局的な面の方が主体になっているように思った人が多かった
と思うし。それが、尚更に政治不信を助長させたようにのでは
ないかと察する。。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 ちなみに、少し前に、知人たちと、もし6月に不信任案が可決
したらどうなっていたのだろうという話をしていたのだが。
 皆さんは、自分の願望はさておき、客観的に考えて、どのような
形の政権ができたと思われるだろうか?(・・)

 もしあの時、可決していたら、すんなりと小沢・鳩山Gが
自民党と連立政権を組んで、スムーズな国政運営ができていたの
だろうか?(・・)
<小沢&鳩山Gは、離党をして新党を作ったのだろうか?それとも
民主党内で実権を握って、連立政権を作ろうとしたのだろうか?>
 もし小沢氏&自民党の長老派が実権をとったとして、民主党や
自民党の反小沢派の議員とはうまく行ったのだろうか?
 またすぐに実権争い、勢力争いが起きたり、政界再編の動きが
起きたりしたのではないだろうか?^^;

 mew自身は、もともと早く政界再編が起きて欲しいと願って
いるのだけど。<これは来年、書きたいと思うのだが。今なら、
原発推進か脱原発かで分かれるのも一つの方法だと思う。>
 でも、震災が起きて間もない時期に、政界が混乱することは
好ましくないのではないようにも思っていたし。
 ましてや、結局のところ、今度は政界全体が「小沢派vs.反小沢
派」のような形で再編を行なうことになったとしたら、それは
あまりにも不毛なことのように思えるし。
 結果論として、6月に不信任案決議が可決されなかったのは、
国民のためにはよかったのではないかと思ったりもしている。(・・)
 、
* * * * * 

 まだまだ書きたいことが、たくさんあるのだが。<代表選のこと、
小沢氏の動向や公判のこと、今年も鳩山氏の動きが混乱のもとに
なっていたこと、自民党、橋下大阪市長のこと、その他様々な
政治or社会の問題などなど。このうちいくつかは、来年、改めて
書きたいと思っている。>

 残念ながら、時間がなくなって来たので、そろそろ今年最後の
記事を終わりにしたいと思う。(・・)

 最後に、今年も一年、有難うございました。m(__)m

 今年は、仕事の面では、プチ自営業者には本当に厳しい年
だった上、家族が病気&ケガをして、生活の面でもさらに
バタバタの日々を強いられることになり、アップアップの状態
が続いていた1年で。
 またブログの世界でも、菅を支持しているというだけで、天敵視
されるようなところがあったので、精神的にガックリ来てしまう
ところもあって。
 正直なところ、いつブログを辞めようかと思いながら、やって
いたとこもあったのだけど。

 それでも、毎日、少なからずの方々がブログを訪れて下さったり、
応援クリックやねぎらいの言葉を下さったりしていたことに、
励まされて、何とかまた1年、休まず更新し続けることができた
わけで、心から有難く、嬉しく思っている。"^_^"
 本当に、本当に、有難うございました。m(__)m

 来年は、どうなるかわからないのだが・・・。
 急に消えるつもりはないので、とりあえず、来年も覗いてみて
やって下さいませ。よろしくお願いします。m(__)m

 そして、どうか来年は、少しは政治に希望の持てる年になる
ように。また、日本がアブナイ道を突き進むことなく、平和主義
が守って行けるように、切に願っているmewなのだった。(-人-)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-12-31 21:47 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

有馬記念、ブエナの涙、東京大賞典+フィギュア全日本+体操、テニス、なでしこ

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今週は、かなり忙しくて、競馬&スポーツの話がほとんど
書けなかったので、大晦日にまとめて、ドンと・・・。

 最初に、競馬の話を・・・。

 まず、勝手に地方競馬広報係として、大事なお仕事を。"^_^"
 地方競馬は、年末年始も全国のアチコチで開催をしている。
 31日は、水沢、大井、笠松、園田、高知が開催。
 1日は、帯広ばんえい、川崎、名古屋、高知が。さらに2日
からは、水沢、園田、福山、佐賀も開催をスタートする。
<詳しくはコチラを。>

 JRAは5日までお休みなので、この土日は競馬がなくて
ヒマだ~と嘆いている方、帰省先なども含め、お近くに地方競馬場
のある方は、是非、各場に足を運んで下さいませ。m(__)m
<ネット参戦もよろしくです。m(__)m>

* * * * * 
 
 そして、遅ればせながら、25日にはJRAで有馬記念が
行なわれ、今年、3歳クラシック3冠を制したオルフェーヴルwith
池添が、古馬にねじ伏せ、優勝を果たした。(*^^)v祝
 レースはかなりスローペースで進み、ヨーイドンの直線勝負に
なったのだが。オルフェーヴルが、33秒3の追い込みで、前に
いる馬をまとめて抜き去って、強~い勝ち方を見せた。(・・)
 
 これが引退レースとなったブエナビスタは、スローペースの
中、3番手につけて、かなり行きたがっていた感じがあって。
mewは、あまり押さえ続けていると、逆に馬がエネルギーをロス
してしまうおそれがあるので、向こう正面あたりで「思い切って
行かせてやっちゃえばいいのに」と言ったりもしていたのだけど。
<もし引退レースでなければ、岩田も思い切って行ったかも
知れないけど。どうしても慎重になっちゃうよね。^^;> 
 結局、直線にはいってから全く伸びず、7着に終わった。
http://blog.livedoor.jp/chikazoemakoto/archives/1715810.html
 最後こそ勝てなかったものの、ブエナビスタの走りには、多くの
ファンが魅了されて来ただけに<良血馬やGIにあまり関心のない
mewでさえ、彼女の走りは楽しみだった>、有馬記念終了後に
行なわれた引退式には、6万人のファンが残ってたとのこと。
 ブエナは、馬場に入場した時から、何度も感慨深げに観客の方に
顔を向けて、うるうるしているようにmewには見えていたの
だけど。何と最後の集合写真の時に、ぽろっと涙を流していた
との話も出ていた。(・o・) <その写真がコチラに>

 ブエナビスタには、「レースのたびにウキウキさせてくれて、
本当に有難う&おつかれさまでした」と言いたい。m(__)m

<彼女は乗るのが難しいとこがあるので、mew的には、本当は
アンカツがもう少し騎乗を続けていた方が、安定した走り&精神
状態を身につけることができたのではないかとひそかに思ったり
もしていたです。^^;>

* * * * *

 また、29日には、大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、ゴール
前の大接戦を制して、スマートファルコンwith武豊が2連覇を
果たした。(*^^)v祝

 Sファルコンは、昨年11月からGI&重賞を7連勝中。29日
も単勝1.0倍の1番人気に押され、毎度のごとくスタートから
快調に逃げているように見えたのだが。ところが、いつもなら
直線にはいってから、ギアチェンジをして後続馬を突き放しに
かかるのに、この日はそれができず。逆にワンダーアキュートwith
和田に詰め寄られ、2頭が全く並んでゴール板を通過。(・o・)
 場内には昨年を超える3万2千人の入場者がはいっていたの
だが。予想外の光景に、どよめくというより静~かにざわめいて
いるという感じで、じっと写真判定の結果を待つことに。^^;
 mewは、Sファルコンが最後に顔を出したように見えた
ので、「勝ってるんじゃない?」と言っていたのだけど。何と
2着馬との差は、わずか3.5cmのハナ差だったという。(・・)
 
 武豊は、今年はJRAではかなり不調&騎乗馬にも恵まれず、
23年という中央GI獲得の連続記録もついに断たれてしまった
のだけど。<今年は、mewのおいしい穴騎手に変身?(・・)>
 ただ、Sファルコンとのコンビで、ダート統一GI・重賞は、
敵なしの状態だっただけに、何か大井競馬場の観客の多くは、
馬券がかかっていることもあるけど、「このレースれぐらいは
ユタカに勝たせてやって、最後をいい形で締めくくらせてやり
たい」みたいな心情になっていたように感じたりもして。(~_~;)
 
 ユタカは、優勝インタビューで、「来年は頑張りたい」と抱負
を述べると共に、Sファルコンで「ドバイに行きたい」と語って
いた(関係者にアピールしていた?)のだけど。調教師の方は、
今回の走りがイマイチだったことから、慎重な構えを見せていた
とのことで、どのような判断がなされるのか気になるところだ。

<30日のシンデレラマイルで、応援馬&九州産馬のTMヨカドー
withごヒイキの山田信大が優勝。めっちゃ嬉しかったです(*^^)v祝>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 先週から今週にかけて、フィギュアの全日本選手権が行なわれた
のだが。
 男子は、高橋大輔が優勝(SP1位、フリー3位)。小塚崇彦
が2位(2位、2位)、羽生結弦(4位、1位)が3位に。
 女子は、浅田真央が優勝(2位、2位)、鈴木明子が2位(3位、
1位)、村上佳菜子が3位(1位、6位)にはいった。
 そして、この6人にペアの高橋成美&M・トラン組が、3月に
フランスで行なわれる世界選手権の代表に決まった。"^_^"

<今大会は、男女ともジュニア勢の頑張りが目立ち、上位選手
もうかうかしていられないという気分になったかも。(・・)>

 真央ちゃんは、9日に母親を亡くしたばかりだったのだが。
告別式を終えた後、13日には練習を再開。5日ほど練習を
休んだ上、筋肉痛になって、決して万全ではない状態だった
ようなのだが。
 ともかく「いつも通りに」「今できることを、しっかり」と
考え、一つ一つの要素を丁寧にこなしながら、それなりにきちん
と演技をまとめて、見事に優勝を果たした。"^_^"
 今回は世界選手権の代表がかかっていることもあり、佐藤
コーチの進言&最後は自分の判断で、3アクセルは封印したの
だが。今大会の公式練習、演技前の練習でも、3アクセルを
成功させており、かなり感覚が戻っている様子。おそらく4大陸
や世界選手権では、佐藤コーチがどのように言っても、チャレンジ
して来るのではないかと思われる。(@@)

* * * * *

 また、17歳の羽生も、地元の仙台にいた時に、3月の東日本
大震災に被災し、家が壊れたため何日か避難所で生活することに
なった上、ホームのスケート・リンクも壊れ、練習場所を失う
ことに。
 当初は、家族や周囲の状況を考えると、「自分がスケートを
やっていていいのか」という思いにかられ、リンクに上がる
気持ちになれなかったようなのだが。
「今、自分が被災地のためにやれることは、これしかない」と
全国各地で行なわれた震災チャリティのアイス・ショーに出演。
そして各地のリンクで、ショーの前に練習を重ねながら、競技
を続けることを決意。その結果、今年はGPで1戦目は4位に
終わったものの、2戦目で優勝し、ファイナルの出場権を獲得。
全日本でもSP4位だったにもかかわらず、フリーで1位の演技
を見せ、世界選手権の代表権も得るなど、たくましさを発揮する
ようになっており、まさに「あきらめない」という気持ちを
体現しているように思えた。(・・)、

 今大会では、高橋、村上がほぼパーフェクトの演技を行ない、
高得点を上げたのだが。フリーでは、上位にはいった男女6人
ともジャンプその他のミスが多くて、決して褒められないような
出来だったのだけど。^^;
<今月初めのGPファイナル2位だった高橋、鈴木は、そこで
心身のエネルギーを消耗&年齢的にも20代半ばで回復力も衰えて
来ているので、かなり疲れが残っていたかも。>

 ただ、男女6人とも、みんな優勝や表彰台を狙えるメンバー
であるだけに、来年にはいったら、しっかりと調整し直して、
ベストの演技ができるように頑張って欲しいです。o(^-^)o

* * * * *

 今年は、mewがフィギュアに負けないぐらい好きな体操競技
の世界選手権が日本で開催され、選手たちの活躍に毎日、
ウキウキして過ごしたことが思い出深い。
 女子は、この大会の団体でロス五輪の出場権を見事に獲得。
 また、男子はアクシデントやミスが相次ぎ、団体で2位に
なってしまったのは残念だったのだけど。個人戦で、高校、大学
時代から注目していた内村航平、山室光史の親友コンビが大活躍
したのも嬉しかった。(~~)

 そして、テニスでは、クルム伊達公子選手が、前半で大活躍。
特にウィンブルドンで、ヴィーナスとフルセットを戦った試合は
一生、mewの記憶に残りそうだ。<グラフとの全英準決勝と
同じくらいに。>
 ただ、ベスト100にはいっている日本人女子が、伊達っくと
森田あゆみしかいないというのも憂慮すべきことで。早く若手が
どんどんと育って欲しいと願っている。(・・)

 また男子では、21歳の錦織圭がケガから復活し、今年は、
92年に松岡修造が記録した日本男子歴代最高ランキング(46位)
を約20年ぶりに上回る快挙を果たすことに。
 今年は日本人選手として初めて世界ランキング1位の選手に勝利
をするなど、後半にはいって、さらに活躍をして、いまや25位
までランキングが上がっている。(+_+)
 来年は、体のケアやトレーニングをしっかり行なって、ケガ
をしない体を作る&体力をアップさせて、ここぞというところで、
勢いの波に乗ることができれば、ベスト10入りも夢ではない
かも知れない。(@@)

 そして、女子サッカーなでしこJAPANのWC優勝は、
本当に素晴らしいことで、心から祝福&リスペクトしているし。
 震災で沈んだ被災地や日本全国の人たちに、「あきらめない」
気持ちを体現してみせて大きな元気や勇気を与えたことや、
女子サッカーが注目される大きなきっかけを作れたことは
本当によかったと思う。(~~)

<本当は野球も好きなのだけど。☆の新監督や運営方針に
「・・・」なので、しばらく「・・・」 

 ・・・というわけで、今年も日々の大きなエネルぎー源に
なってくれた競馬&スポーツに感謝を捧げたいと思うmewなの
だった。(^^♪        
              THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-12-31 05:14 | スポーツ・競馬 | Trackback

小沢側が、公訴棄却の申し立て~検察の虚偽報告書&証拠隠しが、検審の判断に影響か

 訂正・タイトルで「公訴棄却」を「控訴棄却」と変換ミスを
していましたので訂正しました。すみません。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 この記事では、小沢一郎氏の公判に関連する話を・・・ 

 27日に、小沢弁護団が、控訴棄却の申し立てをしたという
報道記事が出ていた。

『資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反
(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)の公判で、
当時の東京地検特捜部検事が作成した捜査報告書に虚偽の記載が
あった問題で、小沢被告の弁護側は27日、この報告書を根拠と
する東京第5検察審査会の起訴議決は無効だとして、公訴(起訴)
棄却を求める申立書を東京地裁に提出した。

 また、同審査会が判断材料とした捜査資料のリストなどの開示を
地検に命じるよう文書で求めた。弁護側は当初、申し立てと同時に
捜査報告書を証拠申請する方針だったが、リストの開示後に改めて
申請することにした。<読売新聞27日>』

* * * * *

 15日に行なわれた小沢氏の第9回公判で、石川知裕氏の取調べ
を担当した検事の証人尋問が行なわれたのだが。
 その際に、その検事が、石川氏が述べていないことを捜査報告書
に記載していたことが判明。

 しかも、その虚偽の記載のある捜査報告書は、検察審査会の審査
の対象になっており、議決書の中にも引用されていることから
起訴相当の判断を行なう際に影響を与えた可能性が大きいので
ある。^^;

 
『資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り、政治資金規正法違反
(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)の公判が
15日、東京地裁で開かれ、元東京地検特捜部所属の田代政弘検事
(44)が昨年5月、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)
(1審有罪、控訴)を保釈後に再聴取した際、石川被告が述べて
いない内容を捜査報告書に記載していたことが明らかになった。

 報告書は東京第5検察審査会が小沢被告に対する起訴議決を出す
際、審査の対象としていた。今後の公判の行方に影響を及ぼす
可能性もある。

 石川被告は昨年1月の逮捕後、田代検事の取り調べを受け、小沢
被告の了承を得て政治資金収支報告書に虚偽記入をしたとの供述
調書に署名。同年5月17日の任意の再聴取でも同様の内容の調書
が作成された。

 この日の証人尋問で、小沢被告の弁護側は、田代検事が作成した
同日付の捜査報告書には、石川被告の発言として「検事から、
有権者から選ばれた国会議員なのに、ヤクザの手下が親分をかばう
ようだと言われたことが効いた」などと記載されていると指摘。
一方、石川被告が再聴取を隠しどりした録音記録にはそのやり取り
がないとして、田代検事を追及した。

 これに対し、田代検事は「数日をかけて、思い出しながら報告書
をまとめる際、勾留中のやり取りなどと記憶が混同した。虚偽では
ない」と釈明した。<読売新聞16日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 第9~10回の公判に関しては、できれば、また改めて詳しく
取り上げたいと思っているのだが。

 この大久保隆則氏の取調べを担当した検事の証人尋問が
行なわれた第10回の公判では、検察側が検察審査会に提出して
いた資料に偏りがあることが判明している。、

『元代表を起訴すべきだとした東京第5検察審査会の2度目の議決
は、最初の議決後、元秘書で衆院議員の石川知裕被告(38)=
1審有罪、控訴中=が検事の任意聴取で「元代表の関与を認めた
理由を合理的に説明した」ことから、石川議員の供述調書の信用性
を認めた。「理由」の部分は田代政弘検事が作成した捜査報告書に
記載があったが、今月15日の田代検事への証人尋問で、記載と
同じ理由の説明はなかったことが判明した。

 また、元公設第1秘書の大久保隆規被告(50)=同=を取り
調べた前田恒彦元検事(44)=証拠隠滅罪で実刑確定=への
16日の尋問では、石川議員の取り調べに対して弁護人が出して
いた抗議書面が、検察から検察審に提供されていなかったことが
明らかになった。

 元代表側は「強制起訴は、検察から不完全な情報を与えられ
審査員が誤解したため」とし、議決の有効性を疑問視。証人尋問
をその裏付けの一つとする。<毎日新聞21日>』

* * * * *

 ちなみに、前田元検事は公判の中で、検察側に不利な証拠は
隠され、検察審査会には提出されなかったことや、その証拠を
見ていれば、検察審査会の議決も変わった可能性があるという
ことを指摘している。

『「私が思っているだけですけどね。判決では検察審査会の起訴
議決が妥当だったかどうかも審理されるわけですよね。そこで検察
が不起訴と判断した資料として検審に提出されるもので、証拠に
なっていないものがあるわけですよ。
 例えば、(自分が取り調べを担当した)大久保さんの調書には
全くクレームがないけど、石川さんの調書にはあるんです。弁護士
からのクレーム申入書が。でも(指定弁護士との)打ち合わせの
ときに、指定弁護士は知らなかった。検審に提出された不起訴記録
に入っていないから」「私はクレームが来ていないから胸を張って
任意性がある、と言えるんですけど。石川さんの調書に問題が
あったんじゃないですかね。
 (石川議員の取り調べに対する)クレームはバンバンあった
くらいの印象がある。指定弁護士も調査したら1、2通見つかった
と言っていたが、私の印象ではもっとあると思いました。それが
証拠に含まれていれば、審査会が見て、調書の信用性は減殺される
わけですよね」「それに、この事件では捜査態勢が、途中でもの
すごく拡充されたんですよ。(元秘書ら逮捕者の取り調べを行う
『身柄班』に対して)『業者班』。ゼネコンや下請けの捜査員を
増やした。でも、(作成された)調書が、まー、ないでしょ? 
 大久保さん、小沢さんに裏金を渡しているという検察の想定と
違う取り調べ内容は、証拠化しないんです。どうするかといえば、
メモにしている。手書きのその場のメモということでなく、
ワープロで供述要旨を整理していた」「水谷(建設)で言えば、
4億円の原資として5千万円は水谷かもね、となっても、残りの
3億5千万円については分からない。何十人の検察官が調べて、
出てこない。検審にそれが示されれば、水谷建設の裏献金の信用性
も、減殺されていたはず。想定に合わなければ証拠にならないと
いうのがこれまでの検察で、私も感覚がずれていて、厚労省の
(証拠改竄)事件を起こすことにもなった」

 上の記事にもあるように虚偽の内容を含む資料や偏った資料を
もとに行なわれた検察審査会の審査や議決が正当&有効だと言える
かどうかという点には問題があるだけに、小沢弁護団は、この点を
重視して、今回の起訴相当の議決&それに基づく強制起訴は無効
だとして、公訴棄却の申し立てを行なうことに決めたようだ。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 このようなケースに関して、起訴自体は有効だとする見解も
ある。

『あるベテラン判事は「通常、捜査報告書は上司への意見にすぎず、
裁判官は事実認定の際に重視するものではない」と指摘する。

 村岡啓一・一橋大教授(法曹倫理)は「検察審は証拠の真偽を
判断する機関ではなく、手続きに沿って職責を果たしている以上、
議決は有効」とみる。その上で「強制起訴制度の趣旨には賛成
だが、今回の裁判終了後、検察審への検察の資料提供のあり方など
の検証が必要になる」と話した。<毎日新聞21日>』

 実際のところ、検察審査会の強制起訴制度ができてからまだ
日が浅いため、小沢氏のケースも含め、これから様々な問題が
提起され、裁判や学会などでも争点になって、少しずつ見解が
固まって来たり、問題点が改善されたりするようになるのでは
ないかと思うのだが・・・。

 小沢氏の弁護団は、昨年も検察審査会の諸問題を指摘して、
行政訴訟を提起しているのだが。小沢氏のためだけでなく、今後
の検察審査会のあり方について考えるためにも、問題提起を
しようとしているのではないかと察する部分がある。(・・)

* * * * *

 mewは、このブログにもチラホラ書いたことがあるのだが、
検察審査会の審査が行なわれていた当時から、検察官による説明
や、審査に提出された捜査資料に問題があったのではないかと
いう疑念を抱いていたところがあった。

<東京地検特捜部は、上層部の判断もあって、小沢氏に対して
不起訴処分を下したものの、それに納得行かない検察官が、審査会
で起訴相当議決を導きたいという思いの下に、偏った内容の資料を
出したり説明を行なったりして、審査会のメンバーを誘導する
ような部分があったのではないかな~とか。>

 村上教授が言うように、確かに検察審査会は証拠の真偽を
判断する機関ではないものの、もし証拠の中に虚偽の事実が
含まれていたり、偏った説明や資料の提出がなされたりすれば、
審査会のメンバーは、起訴が妥当か否かの正しい判断をすること
が困難になるわけで。

 問題のある資料に基づく誤った判断によって、強制起訴を
されることになれば、被疑者&被告人の人権を著しく侵害する
ことにもなりかねないだけに、安易に&一概に有効性を認めること
には疑問を覚えるし。<公判で明らかにすればいいという人も
いるかも知れないが、起訴自体が不当である場合には、できる
だけ早期に被告人を訴訟から解放する必要があるように思う。>

 もし検察側がその気になれば、自分たちの手では起訴できなく
とも検察審査会を利用する形で強制起訴に導こうとすることも
不可能ではないと思われるだけに、そのようなケースを容認しない
ためにも、問題があると思われるケースは、きちんとチェックを
して行く必要があるように思うのだ。(・・)

 チョット時間がなくなってしまったので、この記事はここで
終わりにしたいのだが。
 小沢氏の公判を通じて、検察審査会のあり方や強制起訴制度の
問題点も考えて行きたいと思っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-12-30 10:36 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback

相次ぐ民主離党&鈴木新党&小沢は?+米との約束を果たす異常な搬入+大賞典&園田GT

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 まず最初に、今日29日には、大井競馬場で東京大賞典が行な
われる。(**)
<発走は16時半。MXやネットで中継。グリーンチャンネルでも
無料放送。注目は、やっぱSファルコンwithユタカかな。>
 ダート界にとっては、年末を締めくくる大事な統一GIゆえ、皆様
の参戦&観戦をよろしくお願いいたします。m(__)m

<尚、地方競馬は、年末は31日まで、年始は1日から開催して
いるので、そちらもよろしくです。m(__)m(開催各場はコチラに)>

昨日は、園田競馬場で兵庫ゴールドトロフィー(1400m)が
行なわれ、この秋、完全復活を遂げたスーニwith川田が、59.5
kgというハンデをものともせず、強~い勝ち方で優勝。(*^^)v祝
 2着はセイクリムズン。そして、デビューから10連勝(JDD
も優勝)していた園田の星の3歳馬オオエライジンwithキムケンが、
3着にはいった。<長距離の方が向いているかと思ったけど、
短距離も見事にこなしましたね~。>
 笠松のラブミーチャンも出走。ハナを切ったものの、東京、佐賀
と遠征が続き、体重の増減も大きかったためか、直線でバテて
しまい8着に終わった。<次走、ガンバ!o(^-^)o>
 
 mewは、昨日のGTのメンバーを見て、園田ファンがチョット
羨ましくなっていたです。
 JRAからはJBC1.2着馬が来てるし。地元期待のオオエ
ライジンも、地方競馬のマドンナ・ミーチャンも出るし。
 正直、馬券妙味はないけど。レースを見るだけでも、ウキウキ
して来るようなメンバーなんだもの~。(・・)
<mewとしては、今回の東京大賞典が(特に地方勢が)メンバー
的にやや不満なので、尚更に羨ましく思えるところが。^^;>
 オオエライジンには、来年、地方を代表する&JRA勢にも打ち
勝てる古馬に育ってほしいと期待しているです。(+_+)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 野田首相は、25日から中国、インドを訪問中で、永田町には
不在なのだけど。
 その野田首相のいない間に、政府&民主党ではドタバタが続いて
いる。(@@)
 前記事(コチラ)の続報になるのだが・・・。

 民主党では、中島政希氏(衆院比例北関東)が24日、八ツ場
ダムの建設再開決定に異議を唱え、離党届を提出したのだが。
 27~8日には、さらに消費税増税に反対する内山晃氏ら9人
の衆院議員と横峯良郎氏(参院・比例)が離党届を提出し、全部
で11人が離党することになった。
 
<衆院離党者・【当選3回】内山晃(57)=千葉7区【当選2回】
渡辺浩一郎(67)=比例東京▽豊田潤多郎(62)=比例近畿
【当選1回】斎藤恭紀(42)=宮城2区▽中後淳(41)=比例
南関東▽石田三示(59)=比例南関東▽三輪信昭(69)=比例
東海▽小林正枝(40)=比例東海▽渡辺義彦(55)=比例近畿>

 尚、党執行部のメンバーである石関貴史氏(衆院・群馬2区)
も、八ツ場ダムの建設再開に反発し、党の副幹事長、国対副委員長
などの役職を辞任することに決め、辞表を提出した。

* * * * *

 また、昨日は、今月6日に仮釈放され、政治活動を再開した
ばかりの鈴木宗男氏が、新党「大地・真民主党」の設立を総務省に
届け出たことがわかった。(・o・)

 代表は、鈴木氏。所属議員は、衆院議員が無所属の松木謙公氏、
石川知裕氏、新党大地の浅野貴博氏、参院議員は、民主党を離党
した横峯良郎氏、無所属の平山誠の計5名だ。

 このうち松木氏、石川氏は、もともと民主党に所属し、小沢G
の一員として活動していたのだが、選挙区が北海道なので、鈴木
宗男氏にも支援を受けており、同氏とも親しい間柄にある。

 内山氏らは、この鈴木新党とは別に、来年初めにも新党を作る
予定だとのこと。
 ただ、離党者の大部分は小沢Gのメンバーであり、当初は松木
氏を新党を作る考えもあったことや、小沢一郎氏と鈴木宗男氏
が親しいことから、鈴木新党と連携して活動する意向を有して
いるようだ。(・・)

<さらに言えば、このうち何人かは、国民新党の亀井代表が
離党&亀井新党への参加するよう説得されていた。>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 今回、離党した議員たちは、野田政権が、消費税増税、八ッ場
ダムの建設再開などマニフェストに反する政策を強引に実行に
移そうとしていることや、拙速にTPP参加を進めようとしている
ことに大きな不満を抱いている様子。

<mew的には、ひとりぐらいは、武器輸出原則の見直しや普天間
移設の問題への批判も訴えて欲しかったな~。^^;>

 また、衆院議員の中には、来年、解散総選挙が行なわれる可能性
が高まっていることから、野田民主党の一員として出馬することに
強い抵抗を覚えている<&落選を懸念している>人たちもいる
ようだ。(・・)

『「この党が嫌だとの声は日ごとに大きくなっている。離党予備軍
は十数人だ」。自身も予備軍というある若手は明かした。

 離党を検討している若手は小沢一郎元代表に近い議員が中心だが、
今のところ小沢氏は自重を促している。周辺も「小沢氏は中後氏
にも思いとどまるよう説得している」と語った。
 首相批判を強めている小沢氏だが「時期尚早。勝負は年明け以降
だ」(周辺)と今は様子見のようだ。
 ただ、斎藤氏らが連携を探っている松木謙公衆院議員は無所属
ながら小沢グループの中核的存在で「結果として、先兵的な動きに
なる可能性もある」との見方も出ている。野田グループのある議員
は「いっそ、小沢系議員はもっと出て行けばいい」と突き放した。
<河北新報28日>』

* * * * *

 小沢氏にしてみれば、ここは政治生命をかかっていると言っても
いいぐらい重大な勝負どころだし。またグループの議員の行く末や
リスクを背負っていることを考えれば尚更に、周囲の状況をよく
見ながら、慎重に動きたいところではないかと思うし。
 
 また、今、小沢Gが離党することは、今年にはいってから「菅・
小沢抜きの自民党との連立政権」作りを目指して来た前原・野田
G(特に仙谷氏)を却って喜ばすことにもなりかねないだけに、
ある程度、勝算が立たない限りは、動きたくないと思う部分も
あるのではないかと思うのだが。
<逆に言えば、小沢氏としても、自分が民主党の実権をとって、
そこを拠点に他の党と連携して政界再編を進めた方が、有利に
&楽にコトを運びやすいと思う。>

 ただ、小沢Gの若手・中堅議員の中には、野田首相が、反対派
をないがしろにして、自分たちの思うがままにどんどん公約を破る
ような政策を実行に移しているのに、小沢氏が大きな動きを起こさ
ないことにジリジリとしており、我慢の限界を迎えつつある人も
いる様子。
<mewは、小沢氏は「何故、もう少し状況を見て、待っていられ
ないのかと嘆く気持ちもあるかもと察するのだけど。今は、自民党
もそうなのだが、昔のように派閥の長が「待て」と言ったら、
じっと待っているという時代でもなくなって来ているのよね。>

 小沢氏としては、党内の影響力を保持するためにも、また新党
結成を考えるにしても、ある程度まとまった数をキープしたい
ところなので、あまりバラバラに動かれるのはやりにくい部分も
あるようにも察するのだけど。
<将来、どこの新党と手を結ぶかも、流動的なとこがあるし。>

 ただ、ある種のガス抜きや、いざという時のための受け皿を準備
するという意味で、外に新党を作っておくのも悪くないと考える
ところもあるだろうし。それなりに信頼をしている鈴木氏や松木氏
が間にはいって、離党者をまとめておいてくれるなら、少しは安心
できる部分もあるようにも思える。(・・)
<一昨日も、斉藤氏が離党の決意をした際には、松木氏が一緒に
小沢氏のところに行って、今後のことを相談したようだ。>

* * * * * 

 他方、野田首相にしてみれば、自分が実権を握っているうちに
少しでも、自分が目指す政策を実行に移しておきたいところ。

 党執行部は、消費税増税に関して、年内にメドをつけたいと
強く要望している首相に対して、詳細部分の決定は先送りする
ように提言しているようなのだが。
 野田首相は、昨日、インドに向かう空港で記者団から「年内は
無理ということでは」と問われ、「そんなことはない。どうして
ですか」と珍しく少し声を荒げるような感じで言葉を返していた。

 野田首相は、中国で行なわれた記者との懇談会で、「こういう
意見の持ち主である私を代表にしたということを民主党の皆さん
も理解している」と反対派を牽制していたとのこと。
 首相周辺は、「首相は党が割れても一体改革をやり遂げる覚悟
だ」と指摘しているとのこと。<発言部分、産経新聞27日>

 年末ギリギリまで、激しいせめぎ合いが続きそうだ。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 これも前記事の続報になるのだが。普天間基地の移設問題の
話を。

 防衛省の沖縄防衛局は、26~7日に沖縄県庁に環境影響評価書
を提出しようと試みたものの、反対派の市民団体の抵抗を受けて
実施できず。
 結局、28日の未明(午前4時過ぎ)、防衛局長&局員たちが、
まだ暗闇に包まれていた県庁を、車3台で訪れて、守衛室に評価書
の書類がはいったダンボール箱を16箱、運び込むという荒業に
出た。(@@)

 県庁周辺には、反対派の市民団体や住民がずっと張り込んで
いたのだが。まさか県庁が閉まっている夜中に、防衛局員が
電撃突入or急襲(?)をかけて来るとは思わず、張り込み番が
1人残っていただけだったようなのだが。
 防衛局員が、ダンボールを運ぼうとするのを、その見張り&
取材陣が気づいたため、彼らもあわてたようで。ライトに照らされ
カメラに姿をとらえられ、防衛局長はすごすごと車の中へ。また
局員も、本当は20箱以上あったダンボ-ルを、16箱運び込んだ
ところで退散したとのこと。その間、わずか5分だったという。

 しかし、書類の数が規定の数に足りず。また提出の際に必要な
書面の記載や印も漏れているなど不備が多かったため、それらを
補った上で、来年になってから正式に受理することになったよう
なのだが。^^;、<ただし、防衛省は、法的には28日に受理した
という扱いになると主張。県庁もそのように扱う予定らしい。>

 でも、防衛局としては、たとえ不備があっても、ともかく書類
の箱を県庁内に運び込み、外形だけでも日本政府が環境影響評価書
を「年内に提出した」「提出に動いた」という実績を作ることを
優先したのではないかと思われる。^^;

<『同僚たちの“荒業”に、東京・市谷の防衛省では「このやり方
で良かったのか」と疑問視する声も。職員の一人は「自分たちも
だまされた」と驚きの表情。制服組幹部も「何が何でも運べという
指示があったのだろうが、このやり方で良かったのか」と首を
かしげた。(スポニチ29日)>

* * * * *

 何故、彼らは、こんな手段まで使って、何が何でも評価書を搬入
しなければならなかったかと言えば・・・。もちろん、米国に年内
に評価書を提出するとお約束してしまった(させられた?)からに
ほかなるまい。(・・)

 野田首相や一川防衛大臣は、10~11月に、オバマ大統領や
パネッタ国防長官に、年内に評価書を出す準備をしていると明言
しており、今月、クリントン国務長官と会談した玄葉外務大臣も、
そのことを確認された様子。
 ちなみに、今月中旬に自民党の石原幹事長が訪米した際にも、
シファー国務次官補が、環境影響評価書を日本政府が今月提出
すれば、米議会も理解してくれると、念押しをしていた。(~_~;)

 しかも、野田首相は9月にオバマ大統領に「結果を出すことを
期待する」と言われていたこともあって、ともかく何とか外から
見える形で結果を残さなければならないと。
 それに、もしここで約束を守れなかったら、米国からの信用を
失い、自分の地位もアブナイかも知れないし、楽しみにしていた
米国ホワイトハウスへの公式訪問もできなくなるおそれがあると
思ったのではないだろうか?^^;

 野田首相も閣僚や役人たちも、こんなことをすれば、沖縄の
県民の反発が強まり、さらなる怒りや失望を買うであろうことは
十分にわかっていたと思うのだが。
 彼らは、沖縄県民&日本国民よりも、米国の怒りや失望を買い
たくなかったのである。(ーー゛)

* * * * * 

 沖縄県庁には、この知らせをきいて、1日中、県議や市民団体
などから、評価書を受理しないように要求が相次いだそうなの
だが。仲井真知事は、行政組織の事務手続きとして受理せざるを
得ないと説明したとのこと。
 ただ、『「私は(普天間の県外移設を求める)公約を変える
つもりは毛頭ない。(環境影響評価が)私の公約に影響を与える
ような結論はまず出ないと思う」』と語り、反対派の理解を
求めたという。<琉球新報28日>

 今回の未明の搬入騒動には本当に呆れてしまったのだが。
 ただ、幸いに多くのTVで、暗闇の中、防衛局員が評価書を
搬入する光景の映像を流してくれたお陰で、野田政権の異常さに
気づいた全国各地の一般国民もいたのではないかと思われ・・・。
<mew周辺にも何人かいた。>
 このように、強引&異常な行為をなしたことが、逆に彼らの
クビをしめる要因になる可能性もあるのではないかと、ひそかに
思っている<願っている?>mewなのであった。(@@)

                 THANKS   

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


  

More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-29 07:33 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)

武器輸出原則の転換で、日本が死の商人に+防衛省が未明に県庁搬入を決行+松木新党

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



2011年の年末は、<国政の面で>このブログを始めてから
6年弱の間で、mewにとって最悪の日々になっている。(ノ_-。)

 野田政権は、沖縄県に普天間基地の移設を進めるため環境影響
評価書を強引に提出。<何と28日未明に、防衛省沖縄防衛局の
職員が、16箱の書類を沖縄県庁に搬入。(後述)(@@)>

 また27日には、ついに日本が平和主義政策の一環として守り
続けて来た「武器輸出(禁止)原則」の抜本的な見直しを、官房
長官談話の形で正式に発表した。(ーー)

<おまけに、28日には消費税増税の素案も発表するらしい。^^;>

 しかも、これらを自民党政権が行なっているというならまだしも、
民主党政権が行なっているというのだから、実に性質が悪いという
感じがするし。尚更に、ガ~ックリ来てしまうところがある。_(__)_

『政府は27日午前、首相官邸で安全保障会議(議長・野田首相)
を開き、原則としてすべての武器や関連技術の輸出を禁じた武器
輸出3原則を緩和するための新基準「防衛装備品等の海外移転に
関する基準」を決め、藤村官房長官の談話として発表した。

 新基準は、日本の事前同意と厳格な管理を条件に、〈1〉欧米
諸国などとの国際共同開発・生産への参加〈2〉平和構築・人道
目的の防衛装備品などの輸出――の二つを認める内容だ。

 今回の新基準は、武器と関連技術の原則全面禁輸を決めた
1976年以来、初の抜本的な緩和となる。

 新基準は、日本の安全保障につながる国際共同開発・生産への
参加と、相手国の平和構築や人道支援につながる防衛装備品と
関連技術の輸出について、武器輸出3原則の例外措置とすることを
明示。3原則の例外に当たるかどうかを個別に判断していた従来の
方法を全面的に改めた。<読売新聞27日>』

* * * * *  

 この武器輸出三原則&その見直し基準がどのようなものであるか
ということに関しては、先日。『日本製の武器が、世界の人々を
殺傷する~そんな日本にしたくない!onクリスマス
』という記事
に書いたので、関心のある方はそちらもご覧頂きたいのだが。

 今回、この原則の見直しを決めたことで、日本は欧米諸国と
戦闘機やミサイル、その他の武器の共同開発をしたり、間接的
に武器を他国に売ったりすることができるようになる。(-"-)

 公明党の斉藤幹事長代行が「共同開発の武器が紛争国に輸出
されれば、日本は『死の商人』にみられる」と批判していた
そうなのだが。<発言部分・毎日新聞27日>
 まさに、その通りで。これから日本は、武器を通じて、世界各地
の戦争に参加&関与し、他国の多くの人々を殺傷し得る「死の商人」
への道を歩むことになるのである。(ーー゛)

<日テレ27日は『これにより、日本の安全保障に役立つ場合に
限り、外国と戦闘機などを共同開発することや、自衛隊がPKO
(=国連平和維持活動)などで使ったヘルメットや防弾チョッキ
などの装備品を人道目的などで現地に提供することが可能になる』
と説明。
 他のTVや新聞の中にも、PKOのヘルメットや防弾チョッキの
話を持ち出して、一般国民に、さしたることではないような&国際
平和に貢献できるかのようなイメージを与えようとしている感じが
あるのだが。
 PKOのヘルメットなどは、別に原則の抜本的な見直しをせず
とも例外措置をとれば十分に対応できることであって。まやかし
のための事例に過ぎないだ。(-"-)>

* * * * *

 しかも、先日も書いたように、mewは、こんな重要な原則の
転換を、国民に何の説明もせず、党内でも国会でもまともに議論
もせず、政府与党の一部だけで、コソッと&あっという間に決めて
しまったことに、大きな問題性を感じている。(`´)

『野田政権は、年明けに予定していた公式訪米前の緩和表明を
目指し、政府内での議論を加速。訪米は延期となったものの、内閣
支持率の低迷を受け「野党が攻勢を強める前に」と、決着を年内に
前倒しした。しかし、防衛、外務、経済産業3省の副大臣級による
11~12月の非公開協議はわずか3回。公開の場での検討は皆無
で、防衛省からは「国民的議論なしで大丈夫か」(幹部)との懸念
が漏れる。<毎日新聞27日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 mewは、もし日本の国民に問えば、「日本に武器作りに
関わって、それで儲けるような国にはなって欲しくない」「日本に
(間接的にでも)戦争に参加する国になって欲しくない」と答える
人が、かなりいるのではないかと思うのだけど。

 政府or野田首相も、国民に向けて説明をしたり、意見を問うたり
することもないし。TV等のメディアがあまり取り上げないことも
あって、残念ながら、mew周辺では今回の武器輸出原則の見直し
について知っている人はほとんどいないというのが実情だ。
<たぶん、世間一般でも知られていないだろう。^^;>

 最大野党の自民党は、小泉政権の頃から武器輸出原則の見直し
を行なおうとしいた立場だけに、今回の野田政権の行為を批判する
ことはないし。国会での議論を求めることもなかった。
 社民党や共産党、公明党は反対の立場だが、その声もおそらく
国民の耳にはほとんど届いていまい。報道を見る限り、民主党内
の平和志向派の反対活動も行なわれていなかったようだ。(-"-)

 そんな中、野田首相は、米国との約束を早く実現するために、
「結論、先にありき」で、政府内&党防衛部会で形ばかりの議論
を行ない、さっさと見直しを決めて、発表してしまったのである。

 折角、昨年末に、党内の反対派&社民党の後押しを受けて、
t菅前首相が何とか武器原則の見直しを認めずに済み、ほっと
一安心したmewだったのに。
関連記事・『新防衛大綱が決定。平和維持の重要な4原則を堅持。
菅&民主党を評価したい
。』
 まさか、その1年後に、同じ民主党政権の下で、簡単に見直し
を実行に移されることになってしまうとは・・・。(゚Д゚)

<だから、mewは6年も前から、自民党と前原(&野田)Gに
実権を握らせるのはアブナイって言ってたのに~~~。(@@)>
 
* * * * * 

 昨日、この原則の変更が発表されて、軍事拡大に熱心な産経新聞
は、ウキウキしている様子。27日には、『武器輸出緩和、
ハイテク装備品の国際共同開発に道 無人戦闘機も?』という記事
を出していた。(*1)

『武器輸出三原則緩和は、戦闘機をはじめ高度な技術開発と巨額な
経費を要するハイテク装備品の国際共同開発・生産への参加に道を
開くものだ。政府はこれまで米国との弾道ミサイル防衛(BMD)
共同開発などを除いて事実上の禁輸政策を続けたために、欧米諸国
で主流になった国際共同開発・生産の枠組みから取り残されてきた。
その遅れを取り戻すことが急務だ。(中略)

 桜井修一官房副長官補は戦闘機開発を例に挙げ「日本は(完成機
の)輸入かライセンス生産、国内生産の道しかなかった。友好国の
技術を取り入れれば、自国だけで作るより安くよりいいものが手に
入る」と明言する。

 例えば、「最後の有人戦闘機」ともいわれるF35の次世代機と
して、無人戦闘機の共同開発に日本が参加できれば、最新鋭の機体
性能や武器、通信ネットワークといった国内の防衛産業にとって
未知の最先端技術を入手できる可能性も開けることになる。
<産経新聞27日>』

『三原則による武器禁輸政策のため、航空自衛隊の次期主力戦闘機
(FX)に選んだF35など、新型兵器の共同開発に、日本はこれ
まで参加できずにいた。単独で開発してもコスト面で太刀打ち
できず、機密情報保持のため、部品生産から外されるリスクもある。
防衛省幹部は「いずれやらねばならなかった」と緩和を評価。今後、
米国のほか豪州、北大西洋条約機構(NATO)加盟国との共同
開発の道が開けるとみる。

 国内の防衛メーカーからも「生産・技術基盤の維持・高度化に
つながる」(三菱重工業)など、歓迎のコメントが相次いだ。
<毎日新聞27日>』

 先日の記事にも書いたように、武器、とりわけ航空機やミサイル
などの大型な武器の開発や製造は、日本の企業にとっても大きな
利益につながるのだ。^^;

 mewも、今後、もっと日本の優秀な頭脳、技術、「ものつくり」
の力を活かして、様々な分野の産業開発&経済成長をして欲しいと
願ってはいるのだけど。<自然エネルギーの分野とかねた>。
 でも、mewは、日本には「武器作り」&「死の商人」として
儲けるような国には決してなって欲しくはないのだ。(**)
<そんなことで経済成長を果たしても、全然嬉しくない!(-"-)>

 でも、このような原則は、一度変えてしまうと、ボロボロと
崩れてしまうおそれが大きいし。ましてや米国が絡んでいると
なれば、引き戻すことも困難になるわけで。
 野田政権は、アブナイ「パンドラの箱」を開けてしまったと
言えるのではないかと思うし。それを考えると、暗澹たる気持ち
になってしまうmewなのである。(ノ_-。)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 さらに、野田政権は、沖縄の普天間基地移設に関して、ビックラ
するような強行策をとった。(@@)
http://mewrun7.exblog.jp/17126612/
 これは、昨日の『野田がアメをエサに、普天間基地移設を強行
推進+今後の展開&問題』の続報になるのだが。

 防衛省は、何とか年内に沖縄県庁に環境影響評価書を提出すべく、
運送会社に書類を届けることを託したのだが、県庁周辺で反対の
活動をしていた市民団体などが、搬入を阻止したとのこと。

<どのメディアも、書類を「郵送」したと報じていたのだが。
そのように発表しておいて、運送業者に頼むなんて。^^;>。

 で、防衛省は、一体どうするのかと思ったら、何と28日の
午前4時頃に、防衛局の職員が県庁に向かい、守衛室にダンボール
10箱分の書類を運び込んだのだという。(@@)

 昨日、mewは書類を郵送するという報道を見て、ドジョウ的
なすり抜け&姑息な手段だと書いたのだけど。県庁が閉まっていて、
市民団体が周辺にいないであろう夜中に、こそっと運び込むという
手段を用いるとは、もう何をかいわんやという感じだ。(-"-)

 沖縄の仲井真知事は、昨日、埋め立て許可に関して「公約を
変えるつもりは毛頭ない。(申請への判断で)私の考えと違う
結論が出るのか。まず出ないだろうと思う」と埋め立て承認を
しない考えを示したとのこと。
 また、沖縄県民の多くは、政府がこのような姑息(X2)な
手段を使ってまで強引に評価書を提出を行なったことに、怒り
や不信感を強めたのではないかと思えるだけに、その抵抗は
ますます大きくなるのではないかと察する。(・・)

* * * * *

 最後になるが、昨日、民主党の議員2名が離党を表明。早ければ
年内にも、小沢Gの一員である松木謙公氏と組んで、新党を作る
ことを検討しているという。

『民主党の内山晃氏(千葉7区)は27日夜、野田政権の消費増税
方針に反発して離党する意向を明らかにした。同日は斎藤泰紀氏
(宮城2区)も離党を表明。中後淳氏(比例南関東)も離党の意向
を固めた。最終的に当選1、2回の若手衆院議員ら「10人規模」
(内山氏)が行動を共にするとみられる。既に同党を除籍(除名)
された松木謙公元農林水産政務官(北海道12区)とも連携し、
年内から年明けの新党旗揚げを目指す。

 政府の八ツ場ダム建設再開決定に反発して離党届を提出した中島
政希衆院議員(比例北関東)に続いて離党者が出ることで、野田
佳彦首相の求心力低下は避けられない。大詰めを迎えた消費増税
論議の行方に影響を与えることも確実で、政権の混迷が深まり
そうだ。

 内山、中後両氏は小沢一郎元代表のグループ、斎藤氏は鳩山
由紀夫元首相のグループに所属している。政党交付金は1月1日
現在の所属議員数などを基に算出される。同16日までに総務相へ
届け出る必要があるため、内山氏らは政党要件を満たす国会議員
5人以上の新党結成を急ぐ考えだ。<時事通信27日>

『斎藤氏は、衆院議員会館で記者団に「(国民との)約束を果たす
ため離党する」と明言。松木氏との連携については「新党ありきで
はないが、同じ思いなので固まりで動いた方がいい」と述べた。
また、小沢氏から「犬死にしてはいけない」と慎重な行動を
促されたことも明らかにした。<時事通信27日>』

* * * * * 

 この件については、また新たな情報が出ると思うので、後日
改めて書きたいと思うのだが・・・。

 もし1月初旬にも松木新党が作られることになれば、少なからず
存在すると言われている離党予備軍の議員たちの受け皿になる
可能性が大きいし。
 この新党が、他の新党やグループとつながって勢力を拡大する
こともあり得るし、この動きが政界再編の起爆剤になる可能性も
否定できないように思う。
 そして、そうなれば、野田政権は年明け早々から、さらなる
窮地に追い込まれるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-28 07:00 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

野田がアメをエサに、普天間基地移設を強行推進+今後の展開&問題

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 政府(野田内閣)は、26日、ついに普天間基地の移設(辺野古
埋め立て)に向けての第一歩を踏み出し、沖縄県に環境影響評価書
を提出する動きに出た。(ーー)

 政府は、26~7日に、沖縄防衛局に評価書の提出を行なうよう
に指示していたのだが。県庁の周辺には、辺野古移設&強引な
評価書提出に反対する市民団体や住民が集まっていたことから、
県庁に書類を持参することは断念。(写真つき記事、コチラ
 そして、何と書類を県庁に郵送するという、まさにドジョウ的
なすり抜け技を使って、評価書の提出を敢行したのである。(@@)

<前日から、郵送に切り替えるかもという報道が出ていたのだが。
「え~?そんな姑息な&潔くない&みっともない手段を使って
までやるのかな~」と思ってたら、本当にやったので呆れて
しまったです。(・o・) (「姑息な」の本来の意味は「その場
しのぎの」。世間的には「ヒキョ~な」。mew的には両方。)
野田くん&防衛省は、米国の意向に従うためには、プライドも
へったくれもなく、どんな手段も使っちゃうとこなのね。^^;>

『防衛省沖縄防衛局は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)
移設先の環境影響評価書を沖縄県宛てに郵送した。27日に県庁に
届く見通し。政府関係者が明らかにした。当初は評価書を直接県側
に手渡す方針で調整していたが、移設に反対する市民団体などが
提出を阻止しようと県庁を取り囲み、混乱を避けた方がいいと判断
した。

 沖縄県庁周辺は26日早朝から移設反対派の市民団体などが集結。
県庁の入り口で沖縄防衛局職員の出入りを見張ったり、提出先の4階
の環境政策課の周辺にも約100人が集まったりして、提出阻止に
動いた。沖縄防衛局職員が同日、こうした県庁周辺の状況を確認。
評価書は約7000ページの膨大な量で、政府は市民団体の抵抗を
受ければ、直接県側に手渡すことは困難とみて、郵送で対応する
ことにした。<毎日新聞26日>』

* * * * *

 何故、野田政権は、沖縄県&県民たちの思いに向き合わず、その
意思をすり抜けるような手段を使ってまで、何が何でも年内に
評価書を提出しようとする動きに出たのか?
 それは、このブログにも再三書いているように、野田首相が自国
の国民よりも、米国の意向(指示?)、米国からの評価を重視して
いるからにほかならない。

『防衛省が26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設
問題で、沖縄県民の反発を承知のうえで環境影響評価(アセス
メント)の評価書提出へ動いたのは、米側から追い込まれた末の
「当座しのぎ」といえる。米議会が普天間移設とセットの在沖縄
米海兵隊のグアム移転予算に切り込んだのを受け、米政府が普天間
問題でさらなる進展を求めてくるのは確実。しかし、次の段階と
なる公有水面埋め立て申請が可能となる見通しの6月には沖縄
県議選が控えるなど、政府は難しい判断を迫られそうだ。

 評価書の年内提出は9月、就任間もない野田佳彦首相がオバマ
米大統領から普天間問題の「進展」を求められたのを受け、11月
の日米首脳会談で表明した「対米公約」だった。日本政府が普天間
移設工事の前提となるアセスの評価書を公約通り、年内に沖縄県に
提出することになり、米政府担当者は胸をなで下ろしている。
<毎日新聞27日・全文*1>』

* * * * *

 野田氏は首相就任直後の9月に、オバマ大統領と会った際に、
「結果を出せ」と言われ、10月~11には米国防長官や大統領
に評価書の年内提出を約束してしまった。(-"-)

<米国側は、年内に評価書提出。来年6月までに辺野古の埋め立て
許可を申請し、早く許可を得て工事着工をするように要求している。>

 沖縄県知事&県民の多くは、これに反発。さらに、沖縄防衛局長
の「犯す」発言、一川防衛大臣の「暴行事件の詳細を知らない」
発言があり、沖縄県民の反発がさらに強まったのだが。

 しかし、12月にはいって、米議会が普天間基地移設の予算を
承認しなかったことから、米側から、そうなったのは、日本政府
(鳩山、菅政権)が辺野古移設を推進しなかったせいだと批判され、
改めて移設計画を早く進めるように圧力をかけられることに。^^;
 
 それで、年末ギリギリになって、米国の怒りを買わないために
評価書の年内提出を強行することにしたのだ。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 野田政権は、沖縄県民に辺野古移設を認めさせるために、様々な
アメを用意。9月以降、閣僚や与党関係者が、何人も沖縄を訪問し、
アメを持参しては、理解を求めようとして来た。

『野田政権は9月の日米首脳会談後、矢継ぎ早の対応を見せた。
10月以降、閣僚が相次いで沖縄県を訪問し、仲井真弘多
(ひろかず)知事との信頼関係構築に着手。米軍嘉手納基地
(沖縄県嘉手納町など)での戦闘機訓練のグアムへの一部移転や、
在日米軍基地で働く米国民間人(軍属)が公務中に起こした事件・
事故を巡る日米地位協定の運用改善など、基地負担軽減策も打ち出し、
評価書提出に向けて環境作りを急いだ。』

 そして、極めつけに、日本政府得意の「札びらで頬を叩く」と
いうこの戦法に出た。

『2012年度の政府予算案で、前年度の約1・3倍・総額
2937億円の振興予算が示された沖縄県は24日、ほぼ要望通り
の額が認められたことを高く評価した。使い道の自由度が高い一括
交付金が半分程度を占めたが、事業計画の立案はこれから。沖縄側
は今後、自立型経済構築に向けて、実行力が問われることになる。

 「非常に良くやってくれ、心から感謝したい」。首相官邸で
行われた沖縄政策協議会で野田首相から予算案を示された仲井真
弘多(ひろかず)知事は会合後、晴れやかな表情を浮かべた。
<読売新聞25日>』<当初より500億円上積みされた。>

* * * * *

 仲井真知事は、以前から、沖縄の振興策と普天間基地の問題
は別次元のものだと語っているのだが。
 この予算の話が決まった後、もし政府が年内に環境影響評価書
を県に提出して来た場合、それを受理する方針を示した。(~_~;)

『野田佳彦首相と沖縄県の仲井真弘多知事は24日午前、首相官邸
で開かれた沖縄政策協議会で意見交換をした。米軍普天間飛行場
(宜野湾市)の名護市辺野古周辺への移設に向け年内に環境影響
評価(アセスメント)評価書を提出する野田政権の方針について、
知事は「県も行政機関であり、関連する法令にのっとってやる以外
ない」と語り、黙認する姿勢を示した。協議会後、記者団に語った。
<朝日新聞24日>』

 政府としては、もしここで仲井真知事が、評価書を受理しないと
いう意向を示した場合、米国との約束は守れないし、辺野古移設の
反対派の勢いも増すおそれがあるので、500億円の上積みの交換
条件として、「ともかく受理するだけでも受理して欲しい」と
要請したであろうことは十分に推察し得るのだけど・・・。、
 
 ただ、後述するように、果たして政府と仲井真知事との間で、
今後の対応について、どこまで話を進めているのか、気がかりな
ところでもある。(-"-)

* * * * *

 政府が、辺野古の埋め立て工事に着工するには、沖縄県知事の
許可が得なければならない。
 その前提として、環境影響評価書を提出して、知事から意見を
求めるというプロセスを経る必要があるため、政府は今回の提出
を急いでいたのだ。

『沖縄県の仲井真弘多知事は評価書の受理後、飛行場部分について
45日以内、埋め立て部分については90日以内に意見を提出。
防衛省は来年6月にも辺野古沿岸の海の埋め立て許可を知事に申請
する方針だ。<毎日新聞26日>』

『評価書は約7000ページ。移設工事や代替施設の使用による
周辺海域への影響、集落への騒音などを予測し、対策も明記する。
来年夏にも普天間に配備される垂直離着陸輸送機「MV22オス
プレイ」の騒音問題や、辺野古周辺の海に生息するジュゴンも
含めて「環境への影響は限定的だ」と結論付けたとみられる。
評価書は県が受理した後、公表される。<毎日新聞27日>

 実は、沖縄防衛局が09年に県などに提出した準備書で、環境省
の調査報告書や同アセスの方法書に記載されていた辺野古沖での
ジュゴン1頭の発見記録を削除していたことなどが問題になった
ことがあるのだ。(-"-)

 そこで、仲井真知事は『09年10月、ジュゴンの複数年調査
を含む追加・補足調査の必要性など延べ60項目計502件に
ついて指摘。評価書にどう反映されたかを審査した上で、辺野古
移設を事実上不可能とする見解を盛り込む見通しだ』と言われて
いるのだが。<毎日新聞27日>

 最終的に埋め立て工事の許可を行なうかどうかを決定する権限
は、仲井真知事にあるだけに、同知事が最後まで政府の要望や
圧力に抵抗できるかどうかが、大きな鍵になって来る。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ただ、実のところ、県民の中には、仲井真知事に全幅の信頼を
置いていない人たちがいる。(~_~;)

<沖縄タイムスが26日に『[沖縄振興予算]密室で何を語った
のか』という記事を出していた。>

 というのも・・・仲井真氏は、もともと通産省出身で、沖縄電力
の理事を務めていた人で。06年、10年の知事選に出馬した際
には、辺野古移設を進めて来た自公の推薦&移設賛成派の多い地元
財界の支援を受けて、基地移設反対派を破り当選しているからだ。
 しかも、同氏は、今でこそ、県民の意思を重視して、辺野古移設
に反対&県外移設を強く主張しているのであるが、06年に初出馬
した時には、地元の振興を重視し、条件付で辺野古移設を容認する
立場をとっていたのだ。^^;

 それゆえ、もしかしたら、仲井真知事は、沖縄の振興策&予算を
引き出すために基地移設に強く反対しているのであって、それが
実現できれば、最後の最後に、埋め立て工事の許可を出してしまう
のではないかという疑念を抱いている人もいるのである。(-"-)

<上述のように、振興予算の増額が決まった途端、評価書の提出
を受理する姿勢を示したりして。
『藤村修官房長官は会見でアセスについての沖縄県側の認識に
ついて「事務的に進めることだ、というところまで理解されてきている」
と述べた。
 知事はこの日、民主党の前原誠司政調会長とも会談し、予算増額
について「特に政調会長にがんばっていただいた」と謝意を示した。
<朝日24日> 』なんて記事を見ると、尚更に?(~_~;)・>

 また、もし仲井真知事が政府の要望に応じなかった場合<岩国
基地のケースのように>、国が急に補助金や交付金をカットする
という厳しいムチ政策に出るおそれも大きいだけに、果たして
仲井真知事がどこまで抵抗できるのか、案じている人もいる。

* * * * *

 さらに、沖縄県民の中には、もう一つ、大きな不安がある。
 もし仲井真知事が最後まで抵抗して、埋め立て許可を出そうと
しなかった場合、政府が埋め立て許可権限を国に移すという
トンデモ強行策をとるのではないかということだ。(@@)

 というのも・・・この辺野古移設に関する日米合意は、06年、
小泉政権時に決められたものなのだが。
 小泉元首相&周辺は、もし沖縄県知事が、埋め立て工事の許可
を出さなかった場合には、知事の権限を国に移す特別措置法を
作って、国が埋め立て許可を出せるようにすることを検討して
いたことが判明しているからだ。(-"-)
<続く安倍政権でも、この強行策をとることが検討されていた
と言われている。>

 さすがに、このあまりに強引なやり方には、自民党内部からも
反対論が出たため、小泉&安倍元首相も実行に移すことは断念
したようなのだが。

 何分にも、超親米保守タカ派の野田&前原政権は、9月に発足
して以来、妄信的とも言えるほどに、日米(軍事)同盟を重視し、
米国の要望に応えようと猛進しているところがあるだけに
<TPP参加、武器輸出原則見直しなどなどもしかり>、正直な
ところ、mewも野田&前原政権なら、そのような強引なことも
やりかねないのではないかと危惧してしまう部分がある。(-"-)

* * * * * 

 でも、実のところ、mewがも~っと問題だと思うのは、この件
が、ほとんどTVなどのメディアで報じられていないことである。

 今回の環境影響評価書の提出は、野田政権が辺野古移設を強引に
進める方針を具現化して、いわば宣戦布告をしたようなところが
あるわけで。日本の国政&安保政策においても、めっちゃ重大な
ことだと思われるのだが。
 今朝のTVを見る限り、どこもほとんど取り上げていなかった
ような感じだし。mewが見る限りでは、提出阻止のために県庁を
包囲していた人の姿を映したところもなかった。(-"-)

 しつこく書いていることだが。沖縄の米軍基地の問題は、沖縄
の人たちだけでなく、日本の国民がみんなで関心を持って、彼らの
後押しをしなければ解決できないものだし。
 また、この問題は、基地のことにとどまらず、日本が今後も米国
の言いなりになって国政を進めて行くのかどうかを考える上でも、
重要なものなのではないかとも思う部分もある。
 それゆえ尚更に、どうかより多くの人たちが一緒に考えて欲しい
と、そのためにもTV等のメディアも、もっと大きく扱って欲しい
と、改めて切に願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-27 10:50 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

小沢の第11回公判~会計学の専門家が「虚偽記載に該当しない」と主張

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


  先週、20日、小沢一郎氏の第11回公判が行なわれた。
 これで予定されていた証人尋問が全て終了。次は、後年明け
1月10日、11日に小沢氏本人への被告人質問が行なわれる
ことになる。(・・)

 11月頃から、仕事その他が恐ろしく忙しくなってしまったので、
次々と行なわれる小沢公判のペースについていけず。
<一応、自分では詳報を読んでいるのだが。しっかりとチェック
&把握して、じっくり記事を書く時間がとれず。(~_~;)>
 残念ながら、第7回以降の公判に関して、なかなか記事が書けず
にいるのだが。_(。。)_

 間が抜けた分は、できれば年始のお休みに埋めることにすると
して・・・。
 今回は、第11回公判に関する記事を書いておきたい。(・・)

* * * * *

 この第11回公判では、弁護側が証人として申請した会計学の
専門家が出廷。
 今回の公判の起訴(公訴)事実になっている「虚偽記載」の
解釈に関して証言を求めた。

<そもそも、小沢氏と秘書が共謀したかしないか以前の問題
として、秘書が、その前提になる「虚偽記載」という犯罪行為
を行なったのか否かということが認定されなければ、共謀共同
正犯も成立しようがないわけで。その意味において、今回の証人
尋問は、mew的には、最も重要なものの一つになる。> 

* * * * *
 
 ちょっと驚いたのは、今回、出廷した専門家というのが、現在、
筑波大学の大学院ビジネス科学研究科の教授を務めている
弥永真生(まさお)氏(50)だったということだ。(・o・)

 この弥永氏は、学生時代から若くして、様々な難関資格を
とっている超優秀な人で。資格試験を目指す学生の間では、
かなり有名な先生だとのこと。
<実は、mewも以前、知人に借りて、弥永先生の会社法の本
+αを読んだことがあった(&わかりやすい本だった)ので、
「お~、あの人か~っ!」と思ってしまったです。(・o・)>

wikipediaによれば、その経歴は・・・

1980年 広島三育学院高等学校卒業
1981年 司法試験一次試験合格
1982年 公認会計士試験二次試験合格
1983年 不動産鑑定士試験二次試験合格
1984年 明治大学政治経済学部経済学科卒業(首席・経済学士)
1984年 司法試験二次試験合格
1986年 公認会計士試験三次試験合格
1986年 東京大学法学部第1類(私法コース)卒業(首席・法学士)
   
 で、今は、筑波大学大学院のほか、明治大学大学院会計専門職
研究科講師、慶應義塾大学法科大学院講師、早稲田大学大学院会計
研究科講師、東北大学法科大学院講師、会計士補として活躍して
いるという。(・・)

* * * * * 

 講義をきいた人によると、弥永教授は、頭の回転が早い感じで、
明快に&パキパキと説明をして行く先生だったということなの
だが。
 今回の証人尋問でも、その優秀さと特性をいかんなく発揮
していたような感じだった。(・・)

<産経新聞の詳報がコチラに。ただし、今回は他の公判よりは、
大まかな感じの詳報になっている。^^;>

 政治資金収支報告書は、「主婦の家計簿レベルに近い」もの
なので、専門的な知識は不要だと説明。

 そして、検察役側は、小沢氏の秘書が、不動産取得日を、土地
売買の契約&代金支払いをした日ではなく、売買の登記した日の
日付けで収支報告書に記載した(いわゆる「期ズレ」があった)
ことが虚偽記載に当たると主張しているのだが・・・。

 弥永教授は『すでに提出した意見書の中で、「法的形式」の観点
に基づけば、本登記の時点で土地代金の支出を収支報告書に記載
した陸山会側の対応に問題はなかった』と指摘していたとのことで、
この公判でも、同じような主張を行なっていた。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 検察役の指定弁護士が、司法書士への白紙委任状があったこと
に関して問題を提起し、押し問答になったようなのだが、一歩も
引かず。検察役の方が、あきらめたような感じになっていたとか。

『《指定弁護士は本登記を17年1月にする、という内容の司法
書士あての委任状を廷内モニターに表示した。委任状は本登記日
の「1月7日」部分が手書きされている。実質的には、16年中に
売買に関するすべての業務が終わっていたとして、指定弁護士は
教授に質問。これは、教授が意見書を提出した段階で持ち合わせて
いなかった情報で、指定弁護士側は判断の変更を迫っていく》


『証人「白紙で委任状が出されていたなら、(16年に)所有権の
移転がなかったというのは無理がある、ということはありえます。
しかし、(「1月7日」が)事後に埋められたのでなければ、
やはり最終的に手続きが終わったのは1月7日となる。会計学的な
評価は難しいです」

《指定弁護士との押し問答が続くが、自説の撤回には頑として応じ
ない教授。根負けした様子で質問が終わり、別の指定弁護士が質問に
立つ》 

《指定弁護士は16年分の収支報告書で、登記を終えていない別の
不動産が、売買契約段階で記載されている点を指摘。矛盾を強調
するが、教授は「16年分の収支報告書に土地購入を記載したく
なかった、という動機1つでは、翌年の記載が合理性を欠くとは
いえない」「矛盾の可能性はあると思うが、はっきりいう根拠が
ない」と繰り返し、指定弁護側に言質をとらせない》

* * * * *
 
 さらに、裁判官から質問を受けたのだが。最後まで、持論を押し
通した。

『裁判官「16年に取得した土地を17年分の収支報告書に記載
してかまわないということですね」

 証人「そうです」

 裁判官「どの条文を解釈しているんですか」

 証人「取得年月日を書けという(政治資金規正法の)要求は、
報告書を作成する人が、本登記した日を書くと理解されます。16
年に土地取得を書けないのに、支出だけ書くのはアンバランスです」

 裁判官「でも、司法上は誤りなんですよね」

 証人「土地取得が(年内に完了していると)特定できていれば、
誤りです」

 裁判官「後で誤りが分かっても、直さなくていいのですか?」

 証人「難しい質問です。企業が過年の誤りを一つ一つ訂正して
いるかどうか…」

 裁判官「誤りは直した方がいいですか」

 証人「直した方がいいか、そこまで要求されているかどうかは
言い切れません」』

<もし後から誤りがあったことが判明し、修正すべきだったと
しても、その時に誤りに気づいていなければ、少なくとも検察役
が主張しているように「収支報告書を記載&提出した時点」
では、小沢氏の秘書には、虚偽記載の故意はなかったということ
になるのではないだろうか?(・・)
 あとから修正しなかったことを問題にするとなると、公訴事実
or訴因とズレが(期ズレも?)生じるような気も。^^;>

 裁判官のひとりは、他にも法解釈について質問していたとの
こと。
 弥永教授が、自分の見解を強力に押し通そうとしたことに
対して、果たして、裁判官たちがどのような印象を抱いたのか
という点は、少し気がかりなのだが。<けど、法律&経済系の
学者って、基本的にそういう人が多いかも。(~_~;)>
 ただ、理論的に筋が通っていれば、それを認めざるを
得ない部分も大きいわけで。今回の証言が、裁判官たちをどれ
ぐらい納得させるだけのものであったのか、mew的には、
かなり気になっているところだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ・・・と、ここまで既に書いてあったのだが。

 先ほど、検索をしていたら、「日刊ゲンダイ」が、この弥永教授
の証人尋問に関して、21日に掲載した記事を公開していたのを
見つけたので、それもアップしておきたいと思う。
<内容が恐ろしいほど、↑と重なっているのだが。決してパクッた
わけでは。^^; 愛読者ゆえ視点が似てしまうのかしらん。(@@)>
 
『「資産取得と支出の記載時期は同一年分であるべき。問題となった収支報告書に記載を移したのは、当然の帰結だ」
 小沢裁判で、またもや決定的証言だ。20日の第11回公判に証人出廷したのは、筑波大の弥永真生教授(50)。明大在学中に司法試験、公認会計士試験、不動産鑑定士試験を次々と突破。その後、東大法学部に学士入学し、首席で卒業した経歴の持ち主だ。
「弥永氏は商事法と制度会計のエキスパート。商法や会社法に関する数々の著書は司法試験志願者のバイブルとなっています」(司法関係者)
 そんなカリスマ教授が、「会計学上は陸山会の土地購入に関する会計処理は許容範囲」と、お墨付きを与えたのだ。
 陸山会は04年10月に約4億円で土地を購入し、05年1月に所有権移転の本登記を行った。本登記に合わせて土地の取得や支出を05年分の収支報告書に記載。この「期ズレ」の問題で、小沢は元秘書3人との「虚偽記載」の共謀罪に問われ、裁判に縛られてしまった。
 しかし、弥永教授は「企業財務と収支報告書の会計基準には違いがある」と主張。上場企業なら、経営実態に即した迅速な会計処理が求められるが、政治団体には株主や投資家もいないし、収支報告書の会計基準は「主婦の家計簿レベルに近い」と証言した。
 不動産取得の計上時期も「土地の引き渡し時期を外部から確認できる登記時を基準とすべき」と語り、本登記前に代金を支払っても「『前払い』にあたる。記載義務はない」と明言した。
 さらに政治資金収支報告書が国民への情報公開を目的にしていることを強調し、「支出だけを記録してもそれに見合う資産計上がなければ、国民の誤解を招く。数年分をまとめて見て、初めてひとつの取引が判明するような作りでなく、資産取得と支出の記載時期が同一年分であることが望ましい」と指摘したのだ。
 検察官役の指定弁護士は「もっぱら報告書の記載を1年遅らせるために所有権移転の登記を翌年にずらした場合も、(こうした手法が)認められるのか」と問い詰めていたが、弥永教授は「動機は関係ない」と断言した。
 ますます、裁判は無意味となり、マンガの様相を呈してきた。 .
<日刊ゲンダイ12月21日>』

* * * * *

 この件は改めて書きたいと思うのだけど・・・。

 第9、10回の公判では、小沢氏の秘書の取り調べに当たった
検察官2名&石川氏の秘書の証人尋問が行なわれたのだが、
チョット小沢氏側にとって、いい流れになっているように感じ
られるところもあるのだ。(・・)

 というのも、石川知裕氏を担当した検事は、捜査報告書に虚偽
の記載をしていたことが公判で発覚。<しかも、この報告書が、
検察審査会の審査に影響を与えた可能性も!?(-"-)>
 また、石川氏の秘書が、東京地検特捜部からかなり問題性の
ある取調べを受けていたことも証言していたし

 大久保隆規氏を担当した元検事は、証拠が十分に収集できて
いなかった&「隠された証拠があった」と証言。そして、上層部の
見立てに無理があったとして、「私が裁判官なら、『無罪』と
判決を書く」とまで言い切っていたからだ。(@@)

<この元検事は郵政不正事件の証拠改ざんで服役中の前田恒彦氏
なのだが。ただ、折角、興味深い&重要な証言をしてくれている
ものの、オチャラケの軽口っぽい感じでベラベラと話していた
ような感じがあったので、裁判官があまりいい印象を抱かなかった
のではないかと案じている。(~_~;)>

 mewから見ると、弁護側は、全体を通して(特に終盤は)
かなりいい形で証人尋問を進められたのではないかと思うし。
 小沢氏が、何だか11月末ぐらいから、政治活動の方で、
かなり元気に言動するようになっている背景には、公判がいい
流れになって来ていることも多少は関係しているのかな~と
思ったりもするのだけど。(+_+)

 ただ、何分にも油断は大敵ゆえ、年明けの被告人質問&最終
弁論に向けて、きっちりと準備をして、しっかりと「決めて」欲しい
と願っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS 


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-12-26 06:05 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(1)

日本製の武器が、世界の人々を殺傷する~そんな日本にしたくない!onクリスマス

Merry Christmas! 

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。
 

 「平和が一番!」のmewは、この??年か、クリスマスの日には
この曲をきいて<ネットを使うようになってからは、この曲と共に
流れる戦争の映像なども見て>、世界中の人々と共に、心から
世界の平和を祈ることにしている。(-人-)

 John Lennonの Happy Xmas~War Is Overだ。
<youtubeコチラ

 War is over,if you want it
 戦争は終わる(orなくなる) もしあなた方がそれを望めば・・・

 
 ただ、mewは今年のクリスマスを、哀しい気持ちで迎えて
いる。
 mewは、世界の平和に寄与するためにも、何とか自分の国
は、平和主義を守り続けたいと強く願っているのだけど。
 でも、その日本がまさに今、それこそ年内にも、60余年に
わたって守り続けて来た平和主義の精神&それに基づくルールや
施策を壊してしまおうとしているからだ。(-"-)

 野田内閣は、先週、南スーダンPKOへの陸上自衛隊の派遣
を閣議決定した。(*1)
 そして、もう暮れも押し迫っているというのに、今週には、武器
輸出原則の見直しを決定したり、強引に普天間基地移設の
手続きを進めようとしているのである。(ーー)
<しかも、そのウラで、自民党は相変わらず、憲法改正の準備を
着々と進めていたりして。^^;*2>

* * * * *

 中でも、mewにとってあまりにも哀しい&容認し難いことは、
野田政権が、ついに武器輸出原則の見直しを発表することを
決めたということだ。(-"-)

『政府は22日、戦闘機などの国際共同開発・生産と、国連平和
維持活動(PKO)などで海外に持ち出した装備の他国への供与を
可能とする武器輸出三原則の緩和を年内に正式決定する方針を
固めた。27日にも官房長官談話として発表する方向で最終調整
している。(中略)

政府関係者は「これまで個別に例外を認めてきたが、基準を
作って整理する。武器輸出三原則自体は堅持する」と強調する。
しかし、共同開発した武器や日本の技術が紛争当事国などに流出
する懸念は消えず、民主党内の護憲派や公明党に慎重論も根強い。
<毎日新聞23日>』

* * * * *
 
 War is over,if you want it
 戦争はなくなる もしあなた方がそれを望めば・・・

 もし世界中にいる人みんなが、戦争がなくなることを望めば、
戦争をしないことを望めば、この世から戦争はなくなって、
平和な日々が訪れるに違いないのだ。(・・)

 でも、残念ながら、世界には戦争がなくなることを望んでいない
人がいる。だから、なかなか戦争がなくなることがない。(-"-)

 そこには、国や民族、または自分たちのメンツを重視する人が
いたり、自分たちの地位の保全を優先する人がいたり・・・。
<時には、ともかく戦うのが好きという人もいたり・・・?>
 
 さらに、ある意味では、最も困りものなのだが、戦争で利益を
得ている人たちの存在がある。
 彼らは、世の中から戦争がなくなると利益が得られなくなる
ため、中には、平和な日々が続くと、そろそろ戦争を起こしてくれ
と、世界各国の指導者をツッツいたり、陰謀的な策略を講じたり
することさえあるという。(-_-;)

 その代表的な例が、武器や軍事関連のものの研究開発、製造や
販売に関わる企業(いわゆる軍需産業)や、その販売を仲介する
俗に「武器商人」と呼ばれる人たちだ。(ーー゛)

 そして、そのような恐ろしい&アブナイ世界に、日本が積極的
にその仲間入りをしようとしているのである。(ノ_-。)

 しかも、国民には事前に何も説明もなく、国民の意思を問う
こともなく、政府&与党の一部の中だけで、勝手に日本の国&
国民にとって超重要な原則を変えようとしているのだ。(`´)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ちなみに、mewが、日本の平和主義を維持するために、
絶対に守って行くべきだと考えているルールor原則が3つある。
 それは、1・憲法9条の精神&集団的自衛権の禁止、2・非核
三原則、3・武器輸出三原則だ。(@@)

 この3つの原則をなくしたり、改悪したりすることになれば、
日本は確実に戦争をする国になる。(`´)

 そして、今回、見直しされようとしている「武器輸出三原則」
というのは・・・
 1967年に佐藤栄作首相が最初に提言したもので、当初は、
1・共産圏、2・国連決議で武器禁輸になっている国、3・国際
紛争の当事国あるいはそのおそれのある国に対する武器輸出は
輸出貿易管理令で承認しないというものだった。
 この原則を、76年に三木武夫首相は、1・三原則地域への輸出
を認めない、2・それ以外の地域への輸出も慎む、3・武器製造
関連設備の輸出も武器に準じて扱う、という方針に発展させ、
政府統一見解として発表。これが今の三原則の基準になっている。

 実は佐藤元首相がこのような原則を提言した背景には、東西冷戦
が激化する中、米国が、日本の優れた技術や製品が東側諸国に
流れるのを危惧して、日本政府に方針作りを求めた(命じた?)
ことがあったと言われているのだけど。

 でも、三木元首相&当時の政府は、日本が2度と戦争をしないと
誓った以上、武器輸出も含め、戦争に関わることはすべきではない
という理念に基づき、上述のような基準を決めたわけで。
 mewは、これこそ日本のあるべき姿だと評価している。(・・)

* * * * *

 しかし、米国は、いつものことながら、自分の都合を押し付けて
来る国で、この原則に対して例外を認めるように要求。
 日本の軍事力強化を考えている保守タカ派勢力や、また軍事産業
で儲けたい大企業も、原則の見直しを要望していた。<経団連
なんて堂々と御手洗ビジョンなんかに明記していたもんね。>

 そして、今もまさにそうなのだが、超親米&保守タカ派の首相は
そのような要求に応じてしまうわけで。中曽根政権だった83年、
小泉政権だった04年などには、日本政府は「あくまでも例外」だ
と強調しつつ、個別に例外を設けるようになった。

『83年に米国への武器技術供与を例外扱いしたのを皮切りに官房
長官談話を発表する形で個別に例外を設けてきた。ほかにミサイル
防衛(MD)の日米共同開発・生産と米国から第三国への輸出、
政府開発援助(ODA)によるインドネシアへの巡視船提供などが
例外となっている。<毎日新聞23日>』

『2004年、政府はミサイル防衛(MD)に関する米国との共同開発
生産を三原則の例外とした。<知恵蔵2001>』

* * * * *

 でも、それでも満足できない米国、大企業、保守タカ派勢力は、
日本政府に、個別に例外を設けるのではなく、武器輸出原則の
全面的&大幅な見直しを要求し続けていた。(-"-)
 
 彼らに言わせれば、見直しには、こんなメリットがあるという。

『戦闘機など高額な最先端装備品調達は、複数国による出資や分業
でコストを抑制する国際共同開発が、欧米では主流になりつつある。
政府が次期主力戦闘機(FX)に選定した最新鋭ステルス戦闘機
F35ライトニング2も米英など9カ国による国際共同開発だ。

 これまで三原則が障壁となって国際共同開発への参加が閉ざされ
ていたが、共同開発が可能になれば、高性能装備品の最新技術の
獲得やコスト削減といったメリットが見込める。<産経新聞
23日>

 確かに、米国などと組んで戦闘機やミサイルを共同開発する
ことができれば、防衛コストの削減につながるし。いずれ、日本
国内で、全ての武器が自前で生産可能になるので、日本の軍事力
のアップにもつながる。
 日本の企業も、優秀な頭脳や技術を活用して、大きな利益を
上げることができる。(・・)

 でも、その代わり、日本が製造に関わった軍用機やミサイル、
その他の武器が、世界各地で使われ、戦争に加担し、多くの人を
殺傷する可能性も大きくなるし。
 武器輸出原則がどんどん緩和されれば、日本は武器を売って
儲ける国になる&利益のために戦争が起きることを望む企業や
人たちがいる国になるおそれさえあるのだ。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
  この武器輸出原則の見直しの件については、自民党政権の頃
から何度もブログに書いて来たのだが。<これまでの経緯を
書いたた記事として、近時のものでは、『・・・武器原則の見直し提言
&嫌菅の背景
』『TPPも武器原則も、野田&前原の強行政治判断
を阻止すべし!
』などがある。>

 親米保守タカ派の多い自民党では、06~9年の安倍~麻生
政権の下で、何とか原則の見直しを行ない、新たな防衛大綱(今後
5~10年の日本の防衛方針を決めたもの)に明記しようとした
のだが。党内にも慎重派がいたし、何より連立を組む公明党が慎重
だったことから、最終的にそれが実現できないまま、民主党に政権
が交代することになった。

 そして、民主党政権では、前原誠司氏らの親米保守タカ派が、
武器輸出原則などの見直しを主張。10年に新防衛大綱を作る
際に、党の防衛部会や4閣僚会議(当時の前原外相、野田財相
などが参加)で見直しの方針を決定したのであるが。<その頃、
ゲイツ国防米長官も来日して、かなり圧力をかけて来ていた。>
 菅前首相は、最終的に原則の大幅な見直しを了承せず、新防衛
大綱に明記されずに終わった。(・・)
<当時、協力を得ようとしていた社民党がこれに反対。もともと
見直しに消極的な菅前首相は、社民党に配慮すべきとの理由で
(陰で手を組んでいたかも?)了承しなかった。>

* * * * * 
 
 しかし、前原氏や野田氏は、菅前首相が自分たちが決めた方針
に従わなかったことに、かなりイラ立っていたようで。
 今年9月に首相が野田氏に代わってすぐ、前原氏が渡米。米国で
行なった講演で武器輸出原則の見直しをすべきだと提言し、帰国後、
間もなくその準備にとりかかった。(ーー) (*1)
<もちろん、米側とも打ち合わせてのことだろう。(~_~;)>

 野田首相も、これに賛同。当初、来年1月に訪米する予定だった
こともあって、そのお土産にするために、年内に原則見直しをする
ことを米側に約束したと報じられている。(-"-)

 そして、今回のように、個別に例外を設けるのではなく、『原則
としてすべての武器や関連技術の輸出を禁じた「武器輸出3原則」
を緩和するため、輸出を認める条件を包括的に定める新たな基準と
して、「防衛装備品等の海外移転に関する基準」を策定する方針を
固めた』のである。(-"-) <読売新聞23日>』

『官房長官談話は(1)装備品の海外移転は平和構築や人道目的に
限定(2)国際共同開発・生産の対象国は同盟国の米国と北大西洋
条約機構(NATO)加盟国などの友好国に限定(3)共同開発の
相手国との間で第三国移転の基準と態勢を整備--を条件に三原則
の例外を認める内容になる見通しだ』という。<毎日23日>
<細かい点は、発表があってからチェックしたい。> 
 
* * * * *

 mewは、この武器輸出原則の大幅な見直し自体、許せない
のだけど。
 もっと問題性があると思うのは、日本政府がこのように重要な
原則の変更を行おうとしていることを、国民にきちんと説明せず、
国民の意見に耳を傾けることもなく、政府与党の一部だけで、
勝手にコトを決めようとしていることだ。(-"-)

<TVがほとんどこの件を扱わないこと、民主党内で反対&慎重
論者が大きな声を上げないことにも問題があると思うのだけど。
mew周辺では、武器輸出原則が見直されようとしていることを
知っている人は、ほとんどいない。(~_~;)> 

 日本の平和主義や今後の国のあり方に重大な影響をもたらす
であろうこんなに大事なことを、果たして、国民の知らない間に、
勝手に決めてしまってもいいものなのだろうか?(**)

 mewは、日本が開発や製造に関わった武器が、世界のどこかで
戦争に使われて、人を殺すことになるなんて、絶対にイヤだ!(`´)
* * * * *

 しかも、野田政権は、9日にとっとと国会を閉めた後、着々と
安保防衛に関わる政策を推進している。
 20日には南スーダンへのPKO派遣を閣議決定&防衛大臣が
命令。<この活動については改めて書きたいが、アレコレの問題が
指摘されている。>
 仕事納め間際の27日には、辺野古への基地移設工事の手続き
を進めるために、強引に沖縄に環境影響評価書を提出する予定だ
という。(-"-)

 せめて今日は、静かな気持ちで、世界の平和を祈りたいと思って
いたのに、肝心な自分の国が、戦争を行なうor戦争に関わる準備を
どんどん進めているようでは、とても心穏やかに祈りを捧げること
などできない部分があるわけで・・・。

 このように日本がアブナイ道に進みつつあるのを阻止して、本当
の意味で<武力を用いずして>、世界の平和に貢献できる国にする
ためには、やはり1日も早く、野田政権を倒すしかないと改めて
強く思ったクリスマスの日のmewなのだった。(@@)

                 THANKS
 【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-25 07:23 | Trackback(1)

八ッ場ダム続報+菅、前原にも告発等の攻撃が+荒尾競馬&フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 最近、なかなか競馬に関して書く機会&余裕がないのだけど。
<でも、週のうち5日ぐらいは、日によってはたとえ1レースだけ
でも中央&地方競馬の馬券を買っているんだけどね。(^ー^)>

昨日23日、年内で廃止されることが決まった熊本県の荒尾
競馬場が最後の開催を終えた。(ノ_-。)
 最終日の昨日は、通常時の約10倍に当たる9000人近い
入場者がはいったという。
 
 荒尾競馬場は、1928年にスタート。海の見える競馬場として
知られており、かつては、旧三井三池炭鉱の労働者らでにぎわい、
150億円超の売り上げが記録した時期もあったのだが。97年に
炭鉱が閉山し、赤字に転落。
 地元自治体の財政状況も悪化していることから、この9月に廃止
されることが決まった。
 
 ごく少数の調教師、厩舎スタッフ、騎手、競走馬は、他の競馬場
に移って仕事を続けることができるが。他の人たちは職を失うこと
に。また処分されることになる馬も少なくないと思われる。(-"-)

 時代の流れ、全国的な経済状況の悪化などは、どうすることも
できない部分もあるのかも知れないのだけど・・・。
 ただただ残念だし、寂しい思いでいっぱいだ。_(。。)_

 荒尾競馬の関係者の方々、そして競走馬たちには、本当に長い間、
有難う&おつかれさまでした。m(__)m

 mewは、仕事を引退した後の夢は、全国の地方競馬場を行脚
する旅をすることなのだけど。<で、ついでに各地のおいしい
お酒と食べ物と温泉を楽しむ。>残念ながら、荒尾競馬場には一度
も行けずに終わってしまったです。

 今、残っている地方競馬場(開催しているところ)は、全国で
あと15だけ。
 今後、もう廃止される競馬場が出ないように、地方競馬の関係者
&ファンで力を合わせて、p(*^-^*)q がんばっ♪です。

* * * * *

 そして、昨日から全日本フィギュアがスタート。
 初日の男子SPでは、高橋大輔が4-3回転のコンビを決め、
96点台という驚異の史上最高得点を出しダントツの1位に。
 小塚崇彦も、4回転こそ飛ばなかったものの、他はほぼ完璧
な演技を見せ、85点台の高得点で2位につけた。
 GPファイナルにも進出した17歳の羽生結弦は、最初の4回転
が決まらず、その後の演技にもやや影響して4位に。3位までに
与えられる世界選手権の出場枠をとるために、明日のフリーで
巻き返しをはかる。(・・)
<3位は町田樹。織田信成は、膝の故障のため欠場。>

 最近、世間でも、漫画みたいにカッコイイ名前の子や、難しい
読み方をする名前の子が増えているのだけど。
 フィギュア男子界にも、そのような選手が少なくない。
 羽生結弦(ゆづる)、町田樹(たつき)、中村健人(けんと)
もそうだし。<健人くんは、かなりのイケメン。>先日、ジュニア
の大会のTV中継を見たのだが(上位選手は、全日本にも出場中)、
1位が日野龍樹(りゅうじゅ)、2位が田中刑事(けいじ・・・
さすがにデカとは読まないようだ。^^;)だったりして。
 何だかこんなところでも、しみじみと時代の流れを感じてしまう
mewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 前記事の『八ッ場ダム、「やらせ」&「結論ありき」で建設継続
を決定』の続報を。

 昨日23日、首相公邸で、政府・民主三役会議が開かれ、八ッ場
ダムの建設再開が正式に決定されたという。(-"-)

 この民主党の公約撤回には、支持政党のいかんや無党派層を
問わず、mew周辺でも、かなり呆れている人がいる様子。

 消費税増税や貿易自由化、子供手当ての減額などに関しては、
大きな視点から見た場合には、今&将来の日本の経済、財政状況や
社会保障のあり方などを考えた場合、止むを得ない部分があると
理解を示す人も少なからずいるのだけど。

 前記事でも書いたように、<自民党支持者の中にでさえ>、
自民党政権が長い間にわたって来た、日本の政官財癒着&利益
分配の構造や官僚主導の国政、その大きなあらわれである公共
事業による税金のバラマキやムダ使いなどは、いい加減にやめた
方がいいと考えている国民はかなりいると思うし。
 そのような古い政治体制を変えて欲しいと考えて、民主党に
一票を投じ、政権を委ねた人も少なくないと思われ・・・。
 
 この八ッ場ダムの建設継続の決定&公約撤回で、「民主党が
政権交代を実現した意味を完全に失われちゃったな」と思った
人はかなり多いように感じている。(-"-)

* * * * *

『政府・民主三役会議が23日、首相公邸で開かれ、八ッ場
(やんば)ダム(群馬県)の建設再開を正式に決定した。民主党側
はダム本体工事費の12年度予算案への計上に反対したが、最終
決定は政府側に委ねることを容認した。これにより、民主党の09
年衆院選マニフェスト(政権公約)の目玉公約だった八ッ場ダムの
建設中止は正式に撤回されることになり、主要公約はことごとく
未達成に追い込まれた。

 会議には、政府側から野田佳彦首相、藤村修官房長官、党側から
輿石東幹事長、前原誠司政調会長、樽床伸二幹事長代行らが出席
した。

 前原氏は「予算案に計上するなら党として反対する。閣議決定
させることはできない」と反発しており、党として本体工事費の
計上に反対する意向を改めて伝えた。輿石氏は「政調会長一人に
責任を負わせるわけにはいかない」と前原氏に同調、樽床氏も再開
反対の意向を伝えた。

 ただ、政府側は22日に示した官房長官の裁定に沿って進める
方針を譲らなかったことから、党側が折れ、最終決定は政府側に
委ねることになった。前田武志国土交通相は22日に建設再開方針
を既に地元自治体などに伝えており、党側がこれを事実上追認した。

 予算の執行にあたっては裁定を踏まえることも確認した。裁定は
(1)利根川水系の河川整備計画を策定(2)建設予定地の生活
再建法案の次期通常国会への提出を目指す--の2点を踏まえて
判断するとしているが、2点は建設再開の前提ではなく、国交省は
早期に建設を再開する方針とみられる。<毎日新聞23日。』

* * * * *

 09年~10年の国交大臣当時には、八ッ場ダム中止を前原
政調会長は、22日には、かなり強い調子で「閣議決定させること
はできない」と主張していたのだが。
 前原氏&執行部は、昨日の会議でも、とりあえず<形ばかり?>
抵抗は示したものの、結局は政府側に押し切られることに。
<やっぱ、クチほどでもないヤツだったのね。(~_~;)>

『民主党の前原誠司政調会長は23日、八ツ場ダム建設について
「最終決定は政府に委ねる。極めて残念だ」と述べ、事業継続を
容認する考えを示した。前原氏は「マニフェスト(政権公約)を
守れなかったことは責任を感じる」とする一方、自身の進退に
ついては「キャッチャーとして(野田政権を)支える姿勢に変わり
はない」と述べ、辞任を否定した。都内で記者団に語った。
<時事通信23日>』

 前原くんは、この件で「究極のクチ先番長」だとみなされ、
首相を目指すにも、国民からの支持や信用が得られなくなる
可能性が大きいかもです。(・n・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 話は変わるけど・・・。

 小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏、その秘書らもそうだったのだが。
近時、民主党の幹部クラスの議員を、やたらに&しつこく検察に
告発したり、検察審査会に審査を申し立てたりする<得体の
わからぬ>市民団体or住民と称する人たちがいるのだが・・・。
http://mewrun7.exblog.jp/13371794/
<関連記事・『「保守自認」の小沢告発団体、取材に応じる+名を
隠したまま、しつこく告発&審査申し立て』など>

 実は、菅直人氏も、今年5月には外国人献金問題、9月には政治
団体の献金問題で、東京地検に告発をされていたのだ。^^;

 このうち外国人献金問題に関しては、東京地検特捜部が捜査を
行なった上で、9月に不起訴処分を出していたものの、この処分
を不服として、神奈川県の住民がすぐに東京第3検察審査会に
審査申し立てをしたため、同審査会で審査が行なわれていたよう
なのだが。
 昨日、不起訴相当の議決が出されたことがわかった。(・・)

『菅直人前首相の資金管理団体「草志会」が在日韓国人系金融機関
の元男性理事から献金を受けていた問題で、東京第3検察審査会は、
神奈川県の住民らから政治資金規正法違反罪で告発され、不起訴
処分(嫌疑なし)となった菅前首相について、不起訴相当と議決
した。議決は20日付。

 検審は議決書の中で、「不起訴処分の裁定を不相当と判断できる
事情が発見できない」などとして、処分は妥当と結論づけた。

 住民らは、草志会が旧横浜商銀信用組合(横浜市)の元非常勤
理事の男性から21年に計4万円を受け取ったことが、外国人から
の献金を禁じた規正法に違反するとして、菅前首相に対する告発状
を東京地検特捜部に提出。特捜部は9月30日付で不起訴としたが、
住民らは処分を不服として、検審に審査を申し立てていた。
<産経新聞23日。』

 ただ、まだ9月に告発された政治団体の献金に関する東京地検
の処分は出ておらず。もし不起訴処分になったとしても、また
検察審査会に申し立てをされることになるのだろう。(-"-)

* * * * *
 
 そして、上に出て来た前原誠治氏も、やはり外国人献金問題で
京都地検に告発を受けていたのだが。今週、不起訴処分が出た
ことがわかったという。 

『民主党の前原誠司政調会長の政治団体が外国人から献金を受け
取った問題で、京都地検は21日、政治資金規正法違反容疑で告発
された前原氏について不起訴処分(容疑なし)とした。今年3月、
京都市山科区の在日韓国人女性から05~08年と10年に計25
万円の献金を受けていたことが発覚。告発を受け、京都地検が捜査
していた。前原氏は発覚後、外相を辞任した。

 地検によると、05~08年分の容疑は公訴時効(3年)が成立。
10年分の寄付5万円について、前原氏は女性が外国籍であると
知っていたが、地検は「寄付を受けた認識が認められる証拠がない」
と判断した。<毎日新聞22日>』

 でも、きっとこちらも、検察の不起訴処分に不服を唱える団体
or住民が、検察審査会に審査申し立てをする可能性が大きいのでは
ないだろうか?^^;

* * * * *

 もちろん政治家の不正行為を見過ごすことは好ましくないと
思うし。告発や審査申し立ては、国民の重要な権利であるとは
思うのだけど。
 ただ、自分たちが気に入らないor政治理念の面で敵視している
政治家をターゲットにし、何かチョットでも犯罪に絡みそうなネタ
を見つけては、検察に告発、不起訴になれば検察審査会に審査
申し立てを行なって・・・うまく行けば起訴させようと、それが
ダメでもイメージダウンをもたらそうとするような嫌がらせに
近いやり方は、そろそろいい加減にすべきなのではないかと
思うし。<ここまで来ると、司法+αの機関の乱用or悪用や
無駄遣いだとさえ言えるかも。^^;>

 しかも、もしこの告発や審査申し立て行為のウラに、他党の
政治家やそれを支援する団体などが存在しているのだとしたら、
ますます容認し難いものを感じるmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-12-24 05:15 | 民主党、民進党に関して | Trackback(4)

八ッ場ダム、「やらせ」&「結論ありき」で建設継続を決定+沖縄への評価書、年内提出も強行か?

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 先日、アップした『八ッ場ダム建設の継続がほぼ決定・・・』の
続報を・・・。

昨日22日、前田国交大臣が会見を開き、八ッ場ダム(群馬県
長野原町)の建設工事を継続することに決定したと発表した。(-"-)

 前田大臣は、同夜、わざわざ長野原町山村開発センターに出向き、
そこで待ち構えていた群馬県知事や長野原町長らに、工事中断を
謝罪すると共に、工事再開の決定したことを報告。
「お待たせいたしました。八ッ場ダム続行という結論を出させて
いただきました」という国交大臣の挨拶を受けて、何と知事ら
関係者がその場で万歳三唱をしてその決断を歓迎する姿をTV映像
で見て、mewはあ然とさせられてしまったところがあった。(・o・)

 前田武史国交大臣(74)は、もともと建設省(現・国交省)の
官僚で、河川局建設専門官などを歴任。86年に自民党から参院
議員に当選し、国土政務次官を務めたこともある建設族系&国交省
の味方のような人である。(-"-)

 それゆえ、mewは、野田首相がこの9月に、前田氏を国交大臣
に任命したのを見て、イヤ~な予感がしていたのだが。
 官僚に理解のある野田首相は、国交省&財務省が60年の長きに
わたって計画を進めて来た、この八ッ場ダムの建設工事を継続
すべく、最初から公約を撤回するつもりで、前田氏を任命し、着々
とコトを運んで来たのではないかと思う部分がある。(ーー゛)  

 ただ、09年9月に始まった民主党政権の初の国交大臣として
「八ッ場ダムの建設中止」宣言を行なった前原誠治氏(現・政調
会長)は、この国交大臣の決定には、どうしても納得できない
様子で。
「本体工事の着工は論理矛盾である。(党としては)国交省の予算
は認めないということでありますので、国会での戦いではなくて、
閣議決定をさせない、させることはできない」と発言。
 与党の政調会長として、政府・民主三役会議の場でも、この政府
の決定に反対し、予算計上を認めない意向を示した。(@@)

* * * * *

 前原氏はMY天敵ではあるのだが、この件については、mew
は前原政調会長の主張を支持したい。(・・) <前原くんを応援
するなんて、一生に何回もないことだと思うけど。^^;>

 以前も書いたように、mewは、民主党の09年公約の中で、
この八ッ場ダムの工事中止は、最も重要なものだと考えている。
 これは、自民党政権が50年以上に及び長~い間に作り上げた
大型の公共事業を含むハコもの行政による国費のバラまき&無駄
遣い(&票集め)、地方自治体も含めた政官財の癒着の構造を
断ち切り、政官財&自治体の一部人たちで分配し合っていた国民
の税金から生じる利益を、国民に還元できる仕組みを作り直すため
には、必要不可欠なことだと思うし。 
 また、このように政官財の癒着構造にメスを入れるような
大きな政策転換は、民主党に政権が移ったからこそ成し遂げられる
ものであって。政権交代したことの意義を、最も具現化できること
だと考えるからだ。(**)
 
* * * * *

 ちなみに、鳩山元首相は、21日の夜、記者団に対して『「今の
段階でマニフェストを覆してでも必要性を国民に理解してもらえる
のか。『分かった』という気にはならない」と述べ、反対する考え
を示した』とのこと。<時事通信21日>

 でも、残念ながら、消費税増税などに関しては野田内閣の政策に
強く反対している小沢一郎氏&同グループの議員や、野党時代から
政官財の癒着構造を最も強く批判していた菅前首相が、この件に
関して、近時、何か発言しているのを(少なくともmewは)
見聞したことがない。(~_~;)

 それこそ、小沢氏は先日の合同勉強会でも、09年衆院選の
マニフェストを守るべきことを強調していたばかりなのだし。
 前田氏は自民党時代から小沢氏と同じ派閥にいて、新進党まで
行動を共にしていたのに比して、前原氏との関係はよくないの
であるが。そのようなものは度外視して、是非、この件でも、
筋を通して声を上げて欲しいと願っている。(・・)

 また、逆に八ッ場ダムの工事継続を主張していた石原都知事は
昨日の定例会見で、『前原誠司民主党政調会長について、「何様
なんだ、あの人は」と不快感を表明した』とのこと。
『「政党の中のいち三役が、政府が決めた予算にたてつくという
のは、ちょっとのぼせている」と批判。さらに、「政府が決めた
国家予算を部分的に否定したら、それで何がまかり通るのか。
彼一人が反対するなら(政調会長を)辞任せざるを得ないだろう」
とも語った』という。<時事通信22日>

 これを含め、ずっと横柄な発言を繰り返している石原氏こそ
「何様なんだ」と言ってやりたい気分だ。(ーー゛)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 この八ッ場ダムの建設計画は、1947年、カスリーン台風に
よって関東地方に戦後最大の洪水被害が受けたことを機に、国が
立てた利根川&その支流の治水計画の一環として始まったもので、
52年に正式に計画が発表された。
 ただ、そこに関東1都5県への利水なども含めた多目的ダム化
や、周辺地域の道路交通網や諸施設の開発などなども絡んで、
計画がどんどん膨れ上がって行き、当初、2110億円だった総事業費
が、4600億円に増額修正されることに。
 しかも、計画が何度か変わったり、地元住民によるダム建設反対
運動が激しかったりしたこともあり、86年にようやく着工が決定
する運びとなったのだが。その後も計画が遅れ、ダム本体の工事は
いまだに着工されていない状況だ。^^;

 その間に、地元からも何度も工事を中止すべきだという声が
上がっていたのだが。
 ただ、群馬県は、かつては首相を4人も輩出した自民党王国
だったこともあり、自民党政権下の政府では工事を見直そうとする
動きは起きず。
 他方、民主党は、政官財癒着&国費のムダ遣いの典型例として
八ッ場ダムの名を挙げ、その建設中止を政権公約に掲げていた。

* * * * *
 
 前田国交大臣は、22日の同省政務三役会議で建設再開を
決め、閣議後の閣僚懇談会で野田首相に報告したとのこと。
 そして、会見でこのように説明したという。

『国交省の政務三役会議で八ツ場ダムの事業継続を決定した。流域
の1都5県の知事、地域の安全に責任を持つ自治体の長に電話で
一報した。地元の町長にも連絡した。利根川水系には即効性のある
治水対策が必要だ。ダムは8割方完成しており、あと6、7年で
完成する。
 政権交代後、(当時の)前原国交相の下で(事業の必要性を検証
する)有識者会議を組織した。(有識者会議とは別に)関東地方
整備局に検討の場が設けられ、(事業継続が)妥当という結論を
出した。検討プロセスに瑕疵(かし)はなく、最終的には有識者
会議でダム続行が妥当という結論を出した。
 民主党の中にマニフェスト(政権公約)との関係で納得して
いない方々も大勢いる。マニフェスト通りの結果が得られなかった
のは誠に残念だが、苦渋の決断をさせてもらった。
<時事通信22日>』

* * * * *

 国交省の関東地方整備局では、09年に民主党が政権をとって
から、当時の前原国交大臣の指示で、建設計画の再検討を行なって
いたのだが。
 そもそも計画を進めようとしていた機関に、建設の是非を再検討
を行なわせること自体、mewに言わせればナンセンスなことなの
だが。案の定、関東地方整備局は、11月に建設を継続すべきだと
の提言をまとめ、国交省に報告。それを受けて、今回の決定が
行なわれることになったのである。(-"-)
<関連記事・『九電社長、郷原の人選を反省+国交省が八ッ場ダム
の建設継続を提言
』>


 その過程や問題点などに関して書かれた記事を、More部分
にアップしておきたいと思うのだが。

 先月、mewは、思わず「コレだよ」とつぶやいてしまうような
&呆れてしまうような報道記事が出ていた。
 近時、九電と佐賀県知事が、玄海原発の再稼動を推進したいが
ために「やらせ」の意見投稿をさせていたことが発覚し、問題に
なっているのだが。
 この10~11月に、国交省の関東地方整備局が八ッ場ダム
建設に関して一般に募集したパブリックコメントでも、疑問が
呈されるようなことがあったのだ。

『同整備局が25日にまとめた「パブリックコメントの結果」に
よると、寄せられた5963件のうち5739件は全く同じ内容
だった。「八ッ場ダムは利根川水系における治水、利水の安全度を
高める対策として、もっとも現実的、かつ確実に効果を見込める
事業」「速やかにダム本体工事に着手し、計画通りに事業を完成
すべきだ」などと推進を求める意見がパソコン文字で印刷されて
おり、署名だけが異なっていた』というのだ。(・o・)
『パブコメは10月6日~11月4日に全国から募集。集まった
5963件のうち埼玉県在住者の意見が5738件に上っており、
同一文書の大半は同県在住者が寄せたとみられる。』
<毎日新聞11月26日・全文*2>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 確かに、途中まで進んでいる工事を中止することには、コスト
も含め、マイナスの面も多々あるし。何より地元住民には、大きな
影響や迷惑を及ぼすことになることを思うと、心苦しい部分も
あるのだが。

 何十年前に建設が計画された当時とは既に諸状況が大きく変化
しており、建設の必要性が乏しくなっているのにもかかわらず、
一度決めたことゆえ、多大な費用がかかろうと、何が何でも建設
を続けなければならないという方針を貫くことは、日本の国&
国民全体にとって、決してプラスにはならないと思うし。

 また、今、全国各地には、再検証作業を行なれているダム事業
や、それに類する大型公共事業が多数あるのだが。
 不要な事業は中止するという政府の方針を、今後、具体的に
実行に移して行くためにも、ここで勇気を持って、まずは八ッ場
ダムの建設中止を決めるべきなのではないだろうか?(・・)

* * * * *

 ただ、逆に言えば、国交省や各事業に関わる自治体を含め、
政官財の癒着&利益分配の構造を崩したくない人たち<いわゆる
既得権益にしがみつこうとしている人たち、機関、企業など>は、
もし八ッ場ダムの建設が中止されることになれば、、他の公共
事業も次々と見直されたり、中止が決まったりするきっかけに
なるであろうことを強く恐れているわけで・・・。

 今後も、事業計画が中止されないように、あの手この手の策を
使って、民主党政権の方針を・・・下手すれば、民主党政権自体も
潰して行こうとする人たちも少なからずいるのではないかと予想
される。(-"-)

 しかも、この八ッ場ダムの件では、野田首相&藤村官房長官、
そして前田国交大臣が、その片棒を担いでいるのだから、性質
(たち)が悪過ぎるというか、救われようがないというか・・・
あまりにも呆れて、どう表現していいのかわからないような
ところがある。_(。。)_

<野田首相は、コンビを組んでいた前原氏も裏切って、袖に
しようとしているわけだしね。(~_~;)・・・とはいえ、代表選の
時に先に裏切ったのは、前原くんだったりもするけど。^^;
 まさか、ポスト野田を狙って動いている前原くんに恥をかかせる
ために、工事中止の撤回を画策したのではないでしょうね。(@@)>
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 実は、今週、mewが野田首相を許せないと思うニュースが
もう一つ出ていた。
<この件にも政官財癒着の構図が絡んでいる。>

『政府は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県
名護市辺野古への移設に向け、移設先の環境影響評価(アセス
メント)の評価書を26日にも沖縄県に提出する方向で調整に
入った。県内移設に反対する沖縄県の反発は必至だが、米政府の
期待にも応え、予定通り年内に提出することにした。

 評価書提出を受け、沖縄県の仲井真弘多知事は90日以内に意見
を返送しなければならず、知事の対応が焦点となる。政府は意見書
を踏まえて評価書を修正するなどし、着工に向けて辺野古沿岸部の
埋め立て許可を知事に申請する方針だ。<時事通信21日>』 

<読売新聞やNHKは、27日に提出する方向だと記していた。>

 22日には、民主党の瑞慶覧長敏衆院議員や国民新党の下地幹郎
衆院議員など、与党の沖縄県選出国会議員らが国会内で記者会見し、
環境影響評価の提出(特に年内の提出)を断念すべきだと訴えて
いたのだが。
 野田内閣&防衛省は、着々と評価書提出の準備を進めている
ようだ。(-"-) 

* * * * *

 消費税増税やTPP参加の非民主的なプロセスもしかり、八ッ場
ダムの建設継続の決め方や普天間基地移設に関わる強引な手法も
しかりで・・・。
 野田氏が首相になってから、自民党の政権が続いていたのと
ほとんど変わらないようなことばかりが行なわれており、政権交代
を実現した意味がどんどん薄れている今日この頃。
 
 やはり、野田首相には1日も早く退陣してもらうしかないの
ではないかと<前原くんが次期首相になるのは、もっとイヤ
だけど>、毎日、ニュースを見るたびに、マジで思ってしまう
mewなのだった。(@@)
                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-23 09:01 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)