「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38
安倍が森友に100万寄付?あ..
at 2017-03-17 01:57

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
菅直人元首相がツイッター..
by リンタ at 20:06
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2014年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

改憲運動と戦争の準備を着々と進める安倍自民+秘密保護法の監視機関でも自公対立


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

先週から今週にかけて、mewが気になったニュースをいくつか

 まず、昨夜、mew的にはGOODな世論調査の結果が出ていた。(・・)

 毎日新聞の世論調査によれば、安倍首相が早期実現を目指す集団的自衛権行使の解釈変更に反対する人が64%もいたという。<だんだん増えて来たぞ!"^_^">

『毎日新聞が29、30両日に行った全国世論調査で、集団的自衛権を行使できるようにした方がいいと思うか尋ねたところ「思わない」が57%で、「思う」は37%だった。また、憲法を改正せずに憲法解釈の変更で集団的自衛権を行使できるようにする安倍晋三首相の進め方について、「反対」と答えた人が64%に上り、「賛成」は30%にとどまった。

 政府が積み重ねてきた憲法解釈を安倍内閣の判断で変更することへの世論の慎重姿勢が鮮明になった。内閣支持層でも解釈変更で行使を容認する首相の進め方に反対する人が53%で、賛成の42%を上回った。公明支持層は7割が反対し、自民支持層も5割弱が反対した。集団的自衛権を行使できるようにした方がいいと思う人のなかでも、首相の進め方に反対と答えた人が34%いた。

 31日から全党協議を始める自民党内では、与党内の慎重論に配慮し、「限定的な行使容認」論が浮上している。しかし公明党の井上義久幹事長は30日、記者団に「国のありようが変わる。慎重に議論しなければならない」と限定的な容認にも慎重姿勢を表明。さらに「(今の憲法解釈で認められる)個別的自衛権でできる部分も相当ある」とも強調した。

 また25日(現地時間)の日米韓首脳会談で安倍首相が韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と初めて公式に会談したことを、69%の人が「評価する」と答えた。「評価しない」は26%だった。(毎日新聞14年3月30日)』

* * * * *

 他方、昨日は、こんなギョッとさせられるようなたニュースも出ていたです。^^;

 陸上自衛隊が「爆撃誘導員」の養成に着手することがわかったというのだ。 <一体、どこを爆撃するつもりなんだ~~~~。 (゚Д゚)>

 安倍政権は、国民が尖閣諸島などの防衛をイメージするように、やたらに「離島防衛のため」という大義名分の下に、自衛隊の軍事力を飛躍的に強化しようとしているのだけど。<戦闘機や武器の面でも、戦略的な面でも。>

 でも、この記事の最後に北朝鮮のミサイル攻撃に備えて「敵基地攻撃能力」の実効性を担保する話が出ているように、安倍政権は、実際には「日本の防衛のため」という大義名分の下に、他国の領土を攻撃することもアタマに置いて、このような計画を立てているのだし。

 もし集団的自衛権の行使を認めた場合には、米軍などと組んで、他国の攻撃を行なうことまで考えて、戦争に参加する準備を進めているわけで。
 早くこの流れを阻止しないと、マジで日本がアブナイと思うです。(**)

* * * * *
 
『陸上自衛隊が「爆撃誘導員」の養成に着手することが分かった。地上で攻撃目標にレーザーを照射し、航空自衛隊の支援戦闘機F2が投下する衛星誘導爆弾JDAMを攻撃目標へと導き、命中精度を格段に向上させる。陸・空自の「統合任務」により、東シナ海の離島が侵攻された場合の奪還作戦能力を高める狙いがある。

 防衛省は陸自の爆撃誘導員の任務について、陸・空自の「統合火力誘導」と位置づけている。初めてレーザー誘導装置を導入するため、平成26年度予算に3億円を計上した。

 米空軍には「コンバット・コントローラー」と呼ばれる爆撃誘導の専門部隊があり、実戦や訓練で陸軍と行動をともにする。同部隊はヘリコプターやパラシュートで最前線に進出し、攻撃目標の映像や情報をリアルタイムで爆撃機に伝えることを任務とする。

 空自には爆撃誘導を担う部隊はなく、20年度のレーザーJDAMの導入時から命中精度を向上させるため誘導員が欠かせないと指摘されていた。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺などの東シナ海で挑発を強める中国の脅威をにらみ、誘導員を早期に養成するには空自隊員ではなく、陸上戦闘に習熟した陸自隊員の方が適していると判断した。

 陸自は当面、普通科(歩兵)部隊の隊員を誘導員として養成する方針。30年度までに新設する「水陸機動団」(2千~3千人規模)に誘導員を優先配置することも検討する。

 水陸機動団は、離島奪還作戦で水陸両用車や垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを使い、離島に上陸・進出する。奪還作戦で誘導員の機能は有効で、敵の拠点や装備など攻撃してもらいたい目標にレーザーを照射し、反射したレーザーをJDAMが捕捉し、目標に向かう。誘導員を投入すれば誤爆を減らせるメリットもある。北朝鮮の弾道ミサイル発射施設などに対する「敵基地攻撃能力」の実効性を担保する上でも誘導員は不可欠となる。(産経新聞14年3月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍首相は、今年の夏頃までに集団的自衛権の行使の解釈改憲の実現を目指していることもあって、このブログでも、最近は、そちらのことばかり書いているのだけど。
 自民党は、憲法改正の準備だって、着々と進めているのである。(-"-)、、

 自民党は、先月、国民に憲法改正に対する理解を得て、改憲の機運やムードを高め、国民運動に発展することを目的にして、全国各地で対話集会を行なうことを計画しているのだが。
 いよいよ4月から、その改憲集会がスタートすることが決まったという。(~_~;)
 
『自民党の石破茂幹事長は21日の記者会見で、憲法改正に幅広い理解を得るため、都道府県連に各地で対話集会を開催するよう求める通達を出したと明らかにした。講師役として国会議員を派遣する。1年間かけて都道府県連や選挙区支部ごとに実施させる方針だ。
 石破氏は「改憲の機運がなかなか盛り上がらない。国民の理解なくしてはできないので、党としてきちんと取り組む」と強調した。集会で、国防軍保持などを明記した党憲法改正草案への理解を求める。(産経新聞14年2月21日)』 

『自民党は12日、憲法改正に国民の幅広い理解を求めるため、憲法対話集会を4月12日に宇都宮市で初めて開催すると決めた。1年間かけて全国各地で開催する予定だ。
 宇都宮市では、地元選出の船田元・党憲法改正推進本部長と中谷元・副幹事長が対談する形で、党の改憲草案を紹介しながら改憲の必要性を訴える。(産経新聞14年3月12日)』

* * * * *

 さらに自民党は、こちらも全国各地で、改憲ムードを高めるために、全国の都道府県議会や市町村議会で、「憲法改正の早期実現を求める意見書」を採択するように、地方支部に通達を出しているという。(@@)

『自民党が各都道府県連に、憲法改正の早期実現を求める意見書を県議会や市町村議会で採択するよう文書で要請していたことが26日、分かった。地方から声を上げさせ、改憲への機運を高める狙い。これまでに、富山県議会などが採択した。党関係者が明らかにした。

 文書は、竹下組織運動本部長と吉野地方組織・議員総局長の連名で都道府県連の会長、幹事長宛てに13日付で送付された。「党は『憲法改正原案』の国会提出を目指し、憲法改正に積極的に取り組んでいる」とした上で「憲法改正運動には大規模な国民運動が不可欠だ」と強調した。
 通達後は、富山、香川、愛媛の各県議会などが意見書を可決。

* * * * *

 そもそも 地方議員の選挙の際に、一体、どれだけの候補者が憲法改正を公約に掲げて住民の支持を得ているのかは疑問だし。また、地方の住民が、憲法改正のことまで意識して地方議員の投票に臨んでいるのかも「???」なのだけど。^^;
 
 ただ、地方の議会の大部分は、自民党が多数を占めているというのが実情だ。^^;

 それゆえ、もし彼らが党本部からの要請(実質的には、「指示」だよね)に従って、都道府県や市町村の議会で、憲法改正の早期実現を求める意見書の採択を議案にすれば、多くのところで採択される可能性が大きいわけで。
 自民党は、それをもとに、全国の地方自治体の住民は「憲法改正の早期実現を求めている」とアピールする気でいるのではないかと察する。(-"-)

* * * * *
 
 何分にも安倍自民党は、沖縄県連に「県外移設」の公約を強引に転換させたように、上からの権力を用いて、強行策をとる傾向があることから、地方議員も本部の通達には逆らいにくいのではと、ついつい憂慮してしまうところが。^^;

<沖縄県連の場合、「県外移設」を公約にして当選した自民党の国会議員や地方議員が、方針転換を強制されることに。で、それに納得行かずに、行動した議員は処分されちゃったんだよね。
『仲井真弘多知事の埋め立て承認に抗議する那覇市議会の意見書に賛成した県連所属の那覇市議12人について1年間の役職停止にすると決めた。1月の名護市長選で普天間飛行場の辺野古移設に反対する現職を支援した元顧問の仲里利信元県議会議長を除名処分とした。(琉球新報3.30)(*1)』>

 来年には、全国で地方統一選が行なわれる予定なので、地方議員の選挙が行なわれる地域では、是非、各候補が憲法改正に関して、どのような考え方を有しているのか、しっかりとチェックして投票して欲しいと思うし。

 また、地方選の中には、公明党が自民党と選挙協力しているケースも少なからずあるので、mewとしては、公明党の地方支部や議員、支持者に、是非、改憲の意見書の採択に反対して欲しい&自民党改憲案に賛成するような候補者の選挙協力は拒んで欲しいと願っている。(・・)

 でも、何より、多くの国民が、集団的自衛権の行使の解釈改憲のことも含め、早く安倍政権のアブナさに気づいて、安倍自民党の暴走を阻止して欲しいと、強く願っているmewなのである。(@@)
                        
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 実は、自民党と公明党は、秘密保護法の運用に際しての監視機関を設けること、また情報機関の創設などに関しても、見解が対立している。^^;

 公明党は、国会に衆参合同の形で「両院情報委員会」なる監視機関を常設し、特定秘密の指定、解除をチェックして、改善勧告の権限も付与することを提案しているのだが。
 自民党は、国会に常設の監視機関を設けることや、特定秘密の適否を判断する権限を与えることには反対している上、早くもCIAのような情報機関を創設することまで検討し始めているからだ。(-"-)

 実は、自民党、公明党のPTは、先月からずっと意見の調整に務めていたのだけど。自民党PT町村座長が、公明党の提言にほとんど全くと言っていいほど、耳を貸そうとせず。<自民党内にも、公明党案に賛成する人はいたのだけどね。>
 自民党PTは、保守タカ派ペースで、どんどん制度設計を進めてしまったのである。(-_-;)

<何せ町村くんは、「知る権利より国家の存立の方が大事」だと国会で主張しちゃうような人だからね。(>_<) (関連記事『「知る権利より国家の存立」と町村+外国特派員協会が秘密法廃案を求める声明』

 これは、2月の記事なのだけど・・・

『公明党は7日、特定秘密保護法に関するプロジェクトチーム(PT)の会合を国会内で開き、政府による秘密指定の妥当性を監視する国会機関「情報委員会」(仮称)の制度設計に関する骨子案をまとめた。特定秘密を恒常的に監視する必要があるため、常設機関として設置し、特定秘密が外部に漏れないよう強い保護措置を講じるのが柱だ。
 公明党は今後、自民党などに骨子案を示し、監視機関の制度設計を詰めた上で、国会法改正案の今国会提出を目指す。

 ただ、自民党の特定秘密保護法に関するPT座長の町村信孝元官房長官は5日、常設の監視機関について「議会が秘密情報を逐一チェックしている国はどこにもない」と慎重な考えを示している。これに対し、公明党PTの大口善徳座長は7日の会合後、記者団に「内部通報もあるから常設でなければならない」と反論。集団的自衛権の行使容認問題に加え、特定秘密に関する監視機関の協議でも自民、公明両党の足並みが乱れる可能性が出てきた。(産経新聞14年2月9日)』

* * * * *

 それから、2ヶ月弱立ったものの、両者の意見は折り合わないばかりか、対立が激化することに。^^;
 産経新聞27日は、『またも自公ギクシャク 特定秘密の国会監視機関でも 「ガチンコ」懸念する声まで』というタイトルで、その対立について取り上げていた。

『特定秘密保護法に基づき国会に新設される特定秘密の監視機関をめぐり、またしても自民、公明両党の間に隙間風が吹き始めた。両党は26日、それぞれの制度案を了承したが、設置形態など骨格部分が大きく異なったままなのだ。さらに、自民党は与党協議に入る前に、米中央情報局(CIA)のような情報機関創設について検討する考えで、じらされる形となった公明党内には不満が鬱積している。

 自民党は26日の「インテリジェンス・秘密保全等検討プロジェクトチーム(PT)」(町村信孝座長)で監視機関を衆参各院に設置するなどの制度案を了承した。政府が指定した特定秘密の適否を判断せず、しかも監視機関の活動は、国会の常任・特別委員会の要請があったときに限定した。
 適否の判断に踏み込まないのは、膨大な秘密情報を一つ一つチェックするのは現実的に困難な上、欧米の主要国でも例がないためだ。

 公明党もこの日、「特定秘密保護法のフォローアップに関するPT」(大口善徳座長)を開き、独自案を了承した。衆参ねじれ国会になった場合に備え、設置形態は衆参合同で「両院情報委員会」を設置し、しかも常設。特定秘密の指定、解除をチェックし、改善勧告の権限も付与した。

 自民党の中谷元・副座長は会合後、記者団に「公明党も(監視機関が秘密を)認証できるという話ではないと思う」と述べ、両党間での調整は可能との認識を示したが、公明党側は自民党案について「監視が不十分になる」(幹部)としており、折り合う雰囲気はない。自民党内から「ガチンコ勝負にならないように事前調整が必要だ」(中堅)と懸念の声が上がるほどだ。

 そんな折、町村氏がPTで持ち出したのが情報機関創設の検討だ。そもそも、町村氏は国会への監視機関設置に後ろ向きとされ、「諸外国の情報機関の在り方を踏まえ、自公協議に入る前に、(情報機関を持たない)わが国の情報活動の考え方についても党でまとめたい」と公明党との協議入りに“待った”をかけた。
 これに大口氏は会合後、記者団に「施行日は12月でお尻が決まっている。中長期的なインテリジェンス機関の設置とリンクさせるのは理解できない」と不快感を表明。「与党協議を先送りしたいだけではないか」(幹部)と町村氏の真意をいぶかっている。(産経新聞14年3月29日)』

* * * * *

 当ブログでも近時、何度も書いているように、公明党は、憲法観や国家観、安保軍事政策に関しては、集団的自衛権の行使の要否にせよ、憲法改正の件にせよ、秘密保護法施行のシステムにせよ、自民党とは合わないことばかりなわけで。
 このままズルズルと安倍自民党に引きずられていては、公明党のよい部分や存在意義を失いかねないと思うし。是非、この3つの件では、正面から安倍自民党にガチンコ勝負を挑んで欲しいと。また、そろそろ国民も、自分たちの人権や平和を守るために、安倍自民党をガチンコ対決した方がいいのではないかと思うmewなのだった。(@@)
                        THANKS、

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 

More
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-31 08:19 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

自民党に安倍包囲網が広がる~解釈改憲阻止に動くアンチ安倍の派閥とタヌキOBたち


  これは3月30日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 これは、昨夜~今朝に用意しておいたテーマとは違う話なのだけど。 この記事では、集団的自衛権の行使に関する自民党内での動きに関する話を・・・。  

 安倍首相&石破幹事長らの集団的自衛権の行使容認に積極的な立場の閣僚や議員は、何とか早くその解釈改憲を実行に移すために、今週から本格的に動き出す予定でいるのだが。(-"-)

 しかし、連立与党を組む公明党は、相変わらず集団的自衛権の行使容認に慎重な姿勢を示している上、自民党内にも慎重論が広がっているため、今週から集団的自衛権行使に関する与党内での「積極派vs.慎重派」の間で激しい攻防が繰り広げられそうだ。(@@) 

* * * * *

 自民党は、先週25日に党総裁の直属機関「安全保障法制整備推進本部」を設置。明日31日から、集団的自衛権の行使&解釈改憲について議論を始めるという。(・・)

『自民党は25日午前の総務会で、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しについて議論する党総裁の直属機関「安全保障法制整備推進本部」(本部長・石破幹事長)を設置した。
 安倍首相(総裁)が目指す新解釈の閣議決定に向けて、意見集約を図る狙いがある。31日にも初会合を開く。

 石破氏は25日の記者会見で、推進本部に関して「党所属議員間で一定の知識を共有するのが目的だ。週1回のペースでできればいい」と語った。石破氏を補佐する本部長代理には高市政調会長と脇雅史参院幹事長が就任した。

 自民党は、4月中旬に解釈見直しをめぐる公明党との協議をスタートさせたい考え。与党協議には、自民党から高村副総裁、公明党から北側一雄副代表がそれぞれ責任者に就任する方向だ。推進本部と与党協議は同時並行で進むとみられる。総裁直属機関は、党則に基づき、総裁が総務会の議決を得て臨時に設置できる。(読売新聞14年3月25日)』

* * * * *

 安倍首相らは、4月中に官邸の有識者会議(安保法制懇)から報告書を受領し、早ければ6月22日の今国会会期末までに、遅くとも7~8月までに内閣で憲法解釈変更の閣議決定を行ない、9~10月から始まる秋の臨時国会で、集団的自衛権の行使ができるように自衛隊法などの改正を実行に移す計画を立てている。(-"-)

<12月に日米ガイドライン(防衛指針)を改定して、米軍と一緒に軍事活動ができるようにするつもりなので、それまでに法改正を済ませておきたいのよね。^^;>

 そこで、まずは推進本部で議論を行なって、自民党内の意見を集約。その後、公明党との間で与党間協議を行ない、政府の解釈変更に了承を得たいと考えているのだが。
 ここに来て、公明党だけでなく、自民党内からも慎重論が続出しており、与党内に安倍&石破包囲網が築かれつつある。(~_~;)

<自民党内では、純粋に集団的自衛権の行使への賛否にとどまらず、安倍首相の強引な党運営に対する反発や、党内の主導権争い、内閣改造を睨んでのけん制合戦などなども絡んだ動きが出ているので、め~っちゃ複雑な様相になっているです。(>_<)>

* * * * *

 公明党は、相変わらず集団的自衛権の行使を認めることには慎重な姿勢を示していて。今日30日も、公明党の井上幹事長が、NHK討論で解釈変更に異論を唱えていた。

『公明党の井上義久幹事長は30日のNHK番組で、政府が集団的自衛権の行使を限定的に容認する原案をまとめたことについて、行使容認には変わりないとして慎重な姿勢を強調した。「海外での武力行使を認めることにつながる。そう簡単に国民の理解を得られることではない。慎重に議論しなければならない」と述べた。

 同時に「(限定行使であっても)行使を前提としている。国のありようが変わることを前提に議論しなければならない」と指摘。「個別的自衛権で十分、対応できる部分が多い。まずできるとこからやるのが私の今の考えだ」と語り、行使を認めない従来の憲法解釈を維持するよう求めた。(共同通信14年3月30日)』

 しかも、先週には、自民党の三役である佐藤勉国対委員長が、こんな発言を行ない、石破幹事長をあわてさせることになった。(@@)

『自民党の佐藤勉国対委員長は25日の記者会見で、政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」の報告書の提出時期について「5月の連休明けでもいい」と述べた。
 佐藤氏は「今国会中に(自民党内や公明党との)議論が終わるとは思えない」とも語り、6月22日に閉会する今国会での閣議決定は困難との見通しも示した。集団的自衛権の行使を可能とする関連法案についても「(秋の)臨時国会で仕上げることにはならない」と述べた。(産経新聞14年3月25日)』
 
 この発言を受けて、石破幹事長は26日の会見で、佐藤氏の発言は「予測を述べたものだ。ブレーキをかける意味ではなく、作業の進捗と国会会期を考えれば難しいかもしれない、ということだと聞いた」と苦しい説明していたのだが。(発言部分・産経新聞14年3月26日)
 
 いずれにせよ、安倍首相らの計画は思い通りに進まないおそれが大きくなっていることは、間違いないだろう。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 石破幹事長としては、上述した推進本部の会合で議論をまとめて、一気に党内を押し切りたいところ。そこで、推進本部の要職を、安倍側近や国防族を中心としたメンバーで固め、集団的自衛権の行使の必要性を具体的に主張することによって、党の議員を理詰めで説き伏せるつもりでいるようだ。(~_~;)

『推進本部で石破氏は、自らに近い浜田靖一幹事長代理を筆頭副本部長に据え、事務総長に中谷元・元防衛庁長官、事務局長には岩屋毅安全保障調査会長を充てる。
 また、与党協議では、自民党の責任者には高村正彦副総裁の起用が有力視され、公明党は北側一雄副代表が就く見通しだ。

 同推進本部の陣容をみると、石破氏は「国防族」で鉄壁の守りを築く狙いがある。脇氏を本部長代理に充てるのも、石破氏に完全に取り込む思惑が透けてみえる。しかし、それでもなお、脇氏の立ち居振る舞いが同推進本部の行く末を左右することに変わりはない。

 石破氏は23日に記者団に「行使を可能にすることでなぜ抑止力が増すのか、具体的なケースに即して話をしなければいけない」と語っており、具体的事例に沿って議論することで、党内の慎重派が柔軟姿勢に転じることを期待している。(産経新聞14年3月25日)』

* * * * *
 
 この石破幹事長らが率いる推進本部の会合に備えるために、党内では、参院グループや各派閥(+OB)が、先週から次々と動き始めている。(@@)

 党内で、安倍首相の解釈改憲に全面的に協力する姿勢を示しているのは、安倍氏が所属する(現在は総裁ゆえ、離脱中)町村派だけ。他のグループや派閥は、慎重な議論を求めているという。

『自民党は、集団的自衛権の行使容認を巡って、来週31日から総裁直轄の新たな組織でどのような場合に行使が容認されるのかなどの議論を始めることにしています。
 これに先だって、参議院自民党は26日、政策審議会の会合に政府の担当者を呼び、有識者懇談会の検討状況などを聞いたうえで意見を交わすことにしています。

 こうしたなか、党内の派閥のうち、町村派と大島派は、先週、それぞれ勉強会を開き、安倍総理大臣の出身派閥の町村派では、会長の町村元官房長官が安倍総理大臣が目指す憲法解釈の変更による行使容認の実現に協力していく考えを示しました。

 さらに、額賀派が27日、岸田派も来月上旬に勉強会を開くことにしていて、このうち岸田派は25日夜、東京都内で会長の岸田外務大臣や名誉会長の古賀誠元自民党幹事長ら10人余りが会合を開き、党内論議は丁寧に行うべきだという認識で一致しました。
 このほか、二階派と、谷垣法務大臣が顧問を務めるグループも、勉強会の開催を検討していて、集団的自衛権を巡る党内の動きが活発になっています。(NHK14年3月26日)』

* * * * *

 『クリミアで軍事衝突?&同国編入で、日本も制裁参加+参院自民と公明党が抵抗勢力化』という記事にも書いたのだけど。

 推進本部の幹部の中では、唯一、慎重派の脇参院幹事長は、今月にはいって、解釈改憲に前のめりになっている安倍首相や石破幹事長に疑問を呈する発言を続けており、自民党の参院議員グループをまとめて、抵抗勢力化しつつあるのだが。
 脇氏のバックには、今でも影響力が強い参院のドン・青木幹夫氏(元参院会長・額賀派の重鎮)がついており、額賀派と共闘する体制を築こうとしているようだ。(・・)

<額賀派は、同派閥を批判して離脱した石破幹事長のことはもちろん、安倍首相のことも好んでいないんだよね。^^;>

『脇氏が17日の総務懇談会で「行使容認で何を目指すのか。具体的な事実に基づき議論すべきだ。観念論ではいけない」と発言したことを踏まえたものとみられ、脇氏の言動に神経を尖(とが)らせている証左といえる。
 しかも、脇氏の背後にちらつくのは青木幹雄元参院議員会長だ。青木氏は脇氏の出身派閥、額賀派(平成研究会)に隠然たる力を持つ。額賀派に与える影響は政界を引退した今でも侮れない。

 その額賀派は27日に集団的自衛権に関する勉強会を予定している。会長の額賀福志郎元財務相は20日の派閥総会で「われわれ平成研は自民党政権を維持する真ん中の道を歩んできた。わが国の自衛目的以外で、自衛隊を戦闘行動に使うのはあり得ない」と首相サイドにくぎを刺した。(産経新聞14年3月26日)』

『今回の与党内の動きの背後には、すでに議員を引退した元参議院議員の青木幹雄氏の存在があるといわれています。青木氏は参院会長として長く参議院を仕切ってきた人物であり、今でも参議院に絶大な影響力を持っています。参議院は業界団体出身の議員が多く、さまざまな利害が絡んでいるのですが、このところ安倍政権は党内の意見をあまり集約せず、官邸主導で物事を決める傾向が強くなっています。

 この状況に対して業界団体を中心に、党内の不満が高まっているといわれており、憲法解釈見直しをきっかけにこれらの不満が一気に噴出したというわけです。党内のこうした動きの矛先は当然、幹事長である石破氏に向かいます。官邸の意向と党内の突き上げ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『▼額賀派

 「個別の案件ごとに考えていかなければならない。政府の有識者会議『安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会』の報告が出てきたら、われわれの考え方を整理していく」
 27日の勉強会で額賀福志郎会長はこう語った。党では安全保障法制整備推進本部で31日から議論することが決まっているが、「われわれの考え方」と表現するあたり、首相の出身派閥、町村派(清和政策研究会)に次ぐ第2派閥としてのプライドをうかがわせる。
 かつて隆盛を極めた面影は、今ではすっかり薄くなったが、それでも、額賀派に目を光らせる青木幹雄元参院議員会長の存在は大きい。

 勉強会では集団的自衛権の行使について「極めて抑制的に認めるべきだ」との意見は出たものの、行使容認に否定的な意見は出なかった。勉強会が始まる直前、額賀氏は講師の高見沢将林官房副長官補に「政府は丁寧に議論してほしい」と注文をつけており、あくまで求めるのは慎重な議論。そこには内閣改造を見据えた「条件闘争」のにおいが漂う。(産経新聞14年3月28日)』

* * * * *

 そして岸田派(旧・古賀派)のバックには、ハト派のドン(?)古賀誠氏が控えていて。NHKの記事にもあるように、政界引退後も、岸田派の会合に出席するなどして、今でも実質的な派閥の長であるかのように、積極的に言動を行なっているのだ。^^;

『岸田派(宏池会)も勉強会を予定しているが、岸田文雄外相が閣内にいるとあって「賛成か反対かの単純な議論は楽だが、そういうわけにはいかない」と丁寧な論議を要求するにとどめている。ただ、岸田派名誉会長の古賀誠元幹事長は「閣議決定による解釈改憲はルール違反だ」と、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を否定する。(同上)』

 しかも、その古賀氏は、党三役の野田聖子総務課長とつながっていると言われている。(・・)

『政府・自民党内で、野田聖子総務会長の動きが警戒されている。安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の見直しをめぐり、批判的言動が目立つ古賀誠元幹事長らが接近しているのだ。永田町では、古賀氏が隠然とした影響力を持つ、宏池会(岸田派)の後継者情報まで流れる。野田氏は「非主流派=反安倍」に舵を切るのか。

 野田氏主宰の総務懇談会は17日、スタートする。集団的自衛権について議論するもので、野田氏は「慎重に議論し直すことが大事だ」と語っているが、メンバーの1人は「行使容認阻止のため、勝負をかける」と息巻いている。

 北東アジアの安全保障情勢が激変するなか、集団的自衛権の行使容認は、日米同盟を強化するためにも不可欠といえる。有事に際して友軍を助けられなければ、同盟関係は瓦解(がかい)してしまうからだ。オバマ米政権も日本の集団的自衛権行使へ動きを歓迎している。

 ところが、古賀氏や野中広務元幹事長はテレビの報道番組などで、「いたずらに国民に不安を与える」「戦争の足音が聞こる」などと、批判的発言を繰り返している。北朝鮮が核兵器搭載可能なミサイル開発を進め、中国が沖縄県・尖閣諸島の領空領海を侵犯している現実は見えないようだ。

 ちなみに、中国や韓国は、日本が集団的自衛権の行使を容認することに「日本の前途を危うくする」などと反対・否定的な姿勢を示している。

 こうしたなか、永田町にこんな情報が流れた。
 
「古賀氏周辺が、野田氏側にアプローチしている。『集団的自衛権(の行使容認反対)でやれるだけやれ』『政治家として正念場だ』というもので、宏池会の会長ポストや、将来の野田政権構想までチラつかせているらしい。『野田氏もその気になっている』という話もあるが、とても信じられない。ただ、宏池会には、現会長の岸田文雄外相や林芳正農水相もいるだけに、面白くない面々もいるだろう」(自民党中堅議員)

 当然、こうした情報は官邸にも伝わっており、「古賀氏は策士。野田氏だけでなく、宏池会幹部にも『安倍路線にモノを言え!』とハッパをかけながら、元宏池会の菅義偉官房長官とのパイプもつないでいる。野田氏が『反安倍勢力』に加担するのか見ものだ」(官邸周辺)と警戒している。

 安倍首相は通常国会閉会後、内閣改造・自民党役員人事を断行する方向だが、一連の動きはその判断にも影響しそうだ。(夕刊フジ14年3月17日)』

* * * * *

 さらに、石原派(旧山崎派)の勉強会では、こちらも元派閥の長&OBの山崎拓氏が登場して、安倍首相の解釈改憲を批判していたという。^^;

 「実績としたい気持ちは分からないでもないが、軽佻(けいちょう)浮薄だ」

『石原派(近未来政治研究会)も27日、勉強会を開き、最高顧問を務める山崎拓元副総裁が、憲法解釈変更による行使容認を目指す首相を、めった切りにした。
 在日米軍の合憲性が争われた昭和34年の砂川事件の最高裁判決を根拠に解釈変更で一部行使が可能になるとの見解を示している高村正彦副総裁についても「牽強(けんきょう)付会だ」と切って捨て、一気に首相に対する「抵抗勢力」の一角に躍り出た。
 各派の狙いはさまざまだが、首相主導の「政高党低」の現状に歯止めをかけたい思惑では一致しており、せめぎ合いは今後も続いていきそうだ。(産経新聞14年3月28日)』

 青木氏にせよ、古賀氏や山崎にせよ、これまで自民党政権をオモテでウラで操って来た(タヌキ型の)政治家であるだけに、彼らが連携して動けば、アンチ安倍の抵抗勢力をあっという間に拡大させることも可能だろう。^^;
<しかも、これらのOBや派閥の長、幹部の中には、中国や韓国との関係を重視する人が多いので、尚更に安倍政権の外交政策を快く思っていないのよね。(~_~;)>

 ・・・というわけで、彼らには、是非、ここで抵抗勢力を拡大してもらって、しっかりと安倍包囲網を築いて、解釈改憲を阻止して欲しいな~と。ついでに、「安倍おろし」の動きにまで発展させてくれるといいんだけどな~と、期待しているmewなのだった。(@@)

                       THANKS
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-30 19:43 | (再び)安倍政権について | Trackback

ブーメラン渡辺に与野党から厳しい反応+DHCとの蜜月関係&江田の陰謀論まで


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



  昨日&今朝、書いておいた記事メモを自分のミスで消失してしまったですぅ。 (ノ_-。)

 書き直すには、それなりの時間と気合が必要なので、お待ちいただくとして・・・。<早ければ、午後か夕方には、遅ければ夜か明日か?(~_~;)>

 この記事には、みんなの党の渡辺代表の借入金問題に関して、気になってキープしておいた報道記事をアップしたいと思う。

<関連記事・『渡辺の借入は選挙資金と証言&政権への影響+猪瀬事件と組織委の利権+フィギュア』>


 最も興味深かった記事は、渡辺代表の地元・栃木の地方紙「下野新聞」のもの。
 
 みんなの党の幹部は、DHC吉田会長が渡辺代表に結いの会の会派独立を認めるようにと要望&週刊誌で貸付金の話を暴露することになったのは、結いの党の江田代表が頼み込んだからだと思っているらしい。(@@)

『渡辺氏借金でみんな政調会長 代表進退、問題にならず 週刊誌報道「江田氏依頼と推察」

 みんなの党の水野賢一政調会長は28日、渡辺喜美代表の8億円借り入れ問題について「違法性が明らかなわけではない。代表からも違反はないと聞いている」として、渡辺氏の進退は問題にならないとの認識を示した。渡辺氏が体調不良を訴えたため定例会見をキャンセル。代行した水野氏は「かぜと聞いている」と説明した。渡辺氏は衆院本会議も欠席した。

 渡辺氏の代表辞任、議員辞職の可能性について水野氏は「ご自身の借り入れであるが、額が大きいので説明をする責任はある」とする一方、「進退という意味での責任なら、全くそういう話ではない」と述べた。

 渡辺氏には政治倫理審査会(政倫審)での説明を求める声も出ている。水野氏は党内調査が進んでいることを挙げ「調査の結果を見て(出席を)判断していく」とした。党内調査は「報告書はそう遠くない時期に出る。説明すべきことは説明すると思う」と、渡辺氏が記者会見や党内会議で説明する見方を示した。

 水野氏は、今回の問題が週刊誌に掲載されたきっかけについて、同党を離党し結いの党を立ち上げた江田憲司代表の実名を挙げ「江田さんサイドが吉田(嘉明)さんサイドに頼み込んだと推察している」とした。江田氏らの離党に伴う会派、予算委員問題の解決を求める吉田氏から渡辺氏へのメールを「強要まがい」と批判して不快感を示した。(下野新聞14年3月29日)』

* * * * *

 次に、毎日新聞28日から、渡辺代表とDHCの会長が蜜月関係にあった頃の話を。<渡辺夫妻がDHCの情報誌に登場したこともあったんだって。>

『<渡辺氏8億円>蜜月、夫妻でDHC情報誌に

 みんなの党の渡辺喜美代表が化粧品会社ディーエイチシー(DHC、東京都港区)の吉田嘉明会長から8億円を借り入れた問題で、借り入れについて「選挙資金や政治資金ではない」と主張し、27日に報道陣との問答で「手元に残っていない」とも語った渡辺氏。「選挙資金以外にはあり得ない」と主張する吉田氏は、毎日新聞の取材に8億円の詳細な貸借状況を明らかにした。

 それによると、吉田氏が渡辺氏の個人口座に3億円を振り込んだのは参院選公示(2010年6月24日)から間もなくで、貸し借りの契約書を作った。渡辺氏は約束通り分割返済していくが、最後の5回目の返済はなく、その後12年8月までに計約20万円が返済されただけだった。

 一方、12年の衆院選前には、渡辺氏が検査入院中の吉田氏の病室を訪れ、日本維新の会と選挙協力するとして「100人以上当選する可能性がある。20億円必要だ」などと融資を求めてきた。その後選挙協力の話は消え、12年11月16日の衆議院解散から間もない時期に5億円を振り込んだ。契約書は作らず、それ以降、今年2月までの返済額は計約346万円で、残高は約5億5000万円だ。吉田氏は「選挙後に政党助成金が入れば、それで返してくれると思っていた」と話す。

 渡辺氏は最初に3億円を借りた年、DHCのサプリメントや食品のカタログも兼ねた情報誌「みんな、げんき?」に夫人を伴って登場するなど、吉田氏との蜜月ぶりをうかがわせる。

 同誌10年12月号は渡辺夫妻のインタビューを2ページ見開きで、5枚の写真を使って掲載。官僚統制批判など党の政策を紹介し、夫人について「ご主人の喜美さんが立ち上げた『みんなの党』を大きく育てたいという熱い思いから、日本全国どこへも出かけていきます」と紹介。夫人がDHC商品を利用していることも写真付きで紹介している。(毎日新聞14年3月28日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 産経新聞は、今回の件に対する与野党の厳しい反応を紹介。「渡辺包囲網」が狭まっており、みんなの党が「解党の危機」に直面していると報じている。(@@)

『化粧品販売会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長からの8億円借り入れが明らかになったみんなの党の渡辺喜美代表に対し、与野党からは28日、衆院政治倫理審査会(政倫審)での説明を求める声が一斉に上がった。「渡辺包囲網」は急速に狭まっており、代表職の進退に発展しかねない。みんなは渡辺氏の「個人商店」とされるだけに、「解党の危機」に直面している。(水内茂幸、岡田浩明)

 「得心がいかない。自ら進んで、疎明する必要がある」

 自民党の石破茂幹事長は28日の記者会見で、渡辺氏が「政治資金収支報告書の事務的(記載)ミス」と述べたことを批判し、政倫審での説明を求めた。党として経緯を調査する方針だ。

 自民党内に渡辺氏を擁護する雰囲気はほとんどない。医療法人徳洲会グループの公職選挙法違反事件を受け、自民党を離党した徳田毅前衆院議員の議員辞職に伴う衆院鹿児島2区補選(4月15日告示、27日投開票)が控えているからだ。「政治とカネ」が争点になりかねず執行部は厳しい態度で臨んでいる。野田聖子総務会長も記者会見で「渡辺氏が慎重さを怠ったのは残念だ」と語った。

 一方、安倍晋三首相らは、集団的自衛権の行使容認や憲法改正に前向きなみんなを「責任野党」と持ち上げ、公明党への“牽制(けんせい)カード”にしてきた。そんな首相サイドの戦略を苦々しく思ってきた公明党はなおのこと渡辺氏に手厳しい。

 井上義久幹事長は28日の会見で「(借入金は)選挙や政治資金とみるのが自然だ。使途を明らかにし、疑惑を晴らすべきだ。説明責任と党の自浄能力が問われている」と指弾。「個人的な借り入れ」とする渡辺氏が使途として「酉の市の熊手」と例示したことには、党内から「金の熊手か、プラチナの熊手か」(幹部)と皮肉る声が上がる。

 野党も同じ。民主党や日本維新の会などが政倫審の開催を要求。特にみんなを割って結いの党を結成した江田憲司代表は、横浜市内での会見で「党の資金を代表一人が差配し、役員がチェックできなかった。透明化を求めたら幹事長を更迭された」と“暴露”した。

 渡辺氏はこの日の衆院本会議を欠席。渡辺氏の代行として定例記者会見を行った水野賢一政調会長は、渡辺氏の欠席理由を「体調不良、風邪」と説明。「進退という話ではない」と火の粉を払うのに躍起となった。だが、ある党幹部はこう悲鳴を上げた。

 「政党として成り立たない。みんなの党は解体の危機を迎えた」(産経新聞14年3月29日)』

* * * * *

 上の記事にもあるように、渡辺氏は29日、体調不良を理由に国会を欠席し、予定されていた会見も中止したとのこと。

 mewは、この件に関して、渡辺氏はこれまで、他の議員の「政治とカネ」の問題に関して、さんざん批判しまくって来たのだから、自分への疑惑に対して、きちんと説明すべきだと主張しているのだけど。<ブーメラン♪ ブ~メラン♪ hideki!>
 産経新聞も、そのことを指摘しているです。(・・)
 

『8億円借金問題 渡辺代表は他党のカネ問題に厳しく 今回は自分にブーメラン?

 小沢氏、鳩山氏、細川氏と他党の「政治とカネ」を厳しく追及してきたみんなの党の渡辺代表。今回の一件でによる他党の追及に渡辺氏はどう応えるのか。

 みんなの党の渡辺喜美代表は、他党の「政治とカネ」を厳しく追及してきた。平成22年1月、当時の小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件では「収支報告書は上場企業の有価証券報告書と同じようなもの。これがうそなら国民をだますことになる」と批判した。今回、渡辺氏が資産報告書に記載した借入金額は借入金残高と食い違いがある。

 22年4月に検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したのを受け、渡辺氏は「辞めない理屈が立たない」と辞職を要求。同4月に、鳩山氏への実母からの資金提供問題で検察審査会が「不起訴相当」と議決した際には「国民の常識からみておかしいことは国会が解明しなければならない」と証人喚問に応じて説明責任を果たすよう求めた。

 細川護煕元首相が都知事選への立候補の意向を固めると、退陣につながった佐川急便からの借金問題を挙げ「当然問題にならざるを得ない」と指摘した。(産経デジタルIZA 14年3月28日)』

              以上    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


  
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-30 09:58 | 政治・社会一般 | Trackback

渡辺の借入は選挙資金と証言&政権への影響+猪瀬事件と組織委の利権+フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!将来への希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 まずは、世界フィギュアの話を・・・。<チョット長いので、関心がない人はすっ飛ばしてくださいませ。mewは、好きなスポーツや競馬を大きな楽しみ&励みにして、生活をしているのでご容赦を。m(__)m>

 世界フィギュア男子は、SP3位だった羽生結弦がフリーで、ソチ五輪で失敗した4回転サルコーなどのジャンプを成功させて、191.35点をマーク。合計282.59点で逆転Vの初優勝。ヤグディン(ロシア)以来、史上2人めとなる、GPファイナル、五輪、世界選手権の三冠を達成した。(*^^)v祝

 SP1位の町田樹も「火の鳥」を滑り切って184.05点を出し、SP、フリー共に自己ベストを大きく更新したが。合計282.26点で、羽生にわずか0.33点及ばず。しかし、初出場で2位になった上、史上初めて、日本人選手の1・2実現に寄与した。(^^)

 フリーで4回転を3回組み込んだスペインのフェルナンデスが、フリー179.51点、合計275.93点で3位に。<羽生と同じBオーさー・コーチ。> フェルナンデスと町田は、五輪で僅差で表彰台を逃したのだけど。世界選手権で見事にリベンジを果たしたです。"^_^"
 
 小塚崇彦は、急遽、出場が決まって、準備期間が不足したこともあり、後半バテて、ジャンプのミスが続いたこともあり、フリー152.48点、合計238.02点の総合6位に。でも、小塚らしいステップやスピンは健在だったと思う。<今大会も含め、今シーズンは、チョットそれらに対する評価が低かったような気も。>

* * * * *

 ソチ五輪のフリー、今大会のSPに失敗した羽生は、「意地と気合」で滑ったと言っていたのだが。特にトリプル・サルコーの着地で踏ん張ったところに、意地が見えたし。結果的には、これをおりたことが、僅差での逆転につながった。
 羽生は、五輪、世界選手権とも本当に僅差の優勝だったのだけど。そういう場面で勝てるだけの精神的+運の強さを「持ってる」選手だな~と、実感&感心させられるところがあった。(++)

<ただ、連戦&過度な練習のため、腰や足にかなり負担が来ているようなので、慢性的な故障につながらないか心配なところ。まだ優勝パレードやアイス・ショーなどの日程が続くようだけど。しっかりとオーバーホールして、万全の状態に戻して欲しい。(・・)>

 町田は、ごくわずかな差で優勝を逃した悔しさはあったと思うのだが。(0.33って、ジャンプの着地一つ、スピンのぶれ一つとかの差だもんね~。^^;)でも、時間をかけて作り上げて来た「エデンの東」「火の鳥」を最高の形で結実できたことには満足していた様子。<昨日は、アスリートの町田樹とアーチストの町田樹のせめぎ合いが大変だったらしい。(@@)>
 町田は来季も続行する意欲が出たとのことで。2人そろってのインタビューでは、羽生を「尊敬している」と評価した上で、「来季は容赦なく潰しに行く」と明言していたのが印象的だった。<有言実行タイプで、言葉にすることでモチベを高める選手なのよね。> 

 町田は、肝心なところでミスが出てしまう選手だったのだけど、今季は、肝心なとこで大きく崩れることもなく、最後はいい形で終われたし。これまでは、あか抜けないイメージで、目立ちにくい感じがあったのだけど、今季はそのアーチストぶり&哲学者ぶり(町田語録)なども含め、選手として知られるようになったし。新たな町田最高傑作となるプログラムを楽しみにしたい。(^^)

 小塚崇彦も、来季続行する意思を固めたとのこと。今季はGPシリーズが不調で、それが五輪選考にも響いてしまったのだけど。スピンとステップは、世界TOPレベルにあると思うので、ジャンプも含め、小塚の魅力を活かして、点数がしっかりと稼げるプログラムを作れれば、トップ争いに加われるのではないかと思う。 o(^-^)o
<小塚も町田に負けずに、自分でプログラムの音楽の決定&編集や、衣装のデザインなども手がけるアーチストなんですよね。"^_^">

 高橋大輔は、チョットお休みして、今後について考えるみたいだけど。<1~2年、休んでもいいと思うです。>
 男子も女子もここに来て、ジュニア・若手勢がやや伸び悩んでいるので、この4人に次ぐ若手が早く育って来て欲しい。 (・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 話はガラ~ッと変わって・・・。mewにとって、楽しくない&励みになるどころか、生活意欲を減じさせるような政治のニュースをを・・・。_(。。)_

 これはスポーツの世界にも関連する話なのだけど・・・。

 東京地検特捜部が、昨日28日、猪瀬前知事を、徳洲会から選挙資金として5000万円を借りながら、政治資金の収支報告書に記載していなかったとされる事件で、東京簡易裁判所に公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記載)の罪で略式起訴を行なった。
 東京簡裁は、罰金50万円の支払いを命じ、猪瀬氏は即日納付したとのこと。尚、猪瀬氏は即日納付した。猪瀬氏は、5年間、公民権が停止される。(・・)

 この件は、『石原&安倍らが「猪瀬切り」を決行~徳洲会事件の歯止め&五輪利権の確保のため? 』『アマチュア暴君・安倍陣営が、五輪組織委も経団連も牛耳る&猪瀬のアマチュア発言の真意』などにも書いたのだが・・・。

 mewは、もちろん猪瀬氏が犯罪となるべきことをしていたのであれば、それはきちんと責任をとって、罰せられるべきだとは思っているのだけど。

 ただ、猪瀬氏は石原都知事に後継知事として、東京五輪招致に成功したものの、石原ー森ー安倍自民党ラインの組織委(&そこに絡む政官財癒着による利権)の思い通りに動かなかったことから、この事件をうまく利用する形で、カットされてしまったのではないかと思うところがあるし。

 また、何人もの大物政治家が、徳洲会から多額の資金を得ていたという話が出ているにもかかわらず、東京地検特捜部は、下手すると、猪瀬氏をいわば「トカゲの尻尾切り」するだけで、コトを終わらせようとするのではないかと、強く懸念している部分もある。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 猪瀬氏は、当初、徳洲会からの5000万円は「個人的な借り入れだ」と主張していたのだが。 徳田虎雄氏などが「選挙資金として貸した」と証言。猪瀬氏も、その後、検察の取調べに「選挙資金に不安があった。手持ち資金で不足した場合に、使おうと思った」と供述し、選挙資金目的で金銭を受け取ったことを認めたとのこと。<尚、検察は猪瀬氏が提示した金銭貸借の書面を真正なものだと判断したと報じられていた。>

 ただ、猪瀬氏は実際には、借入した5000万円を選挙資金としては使っておらず、後日、返済していたことや、検察の取調べにおいて、容疑事実を(&検察側が主張するストーリーも?)大筋で認めたことから、特捜部は犯行には悪質性がないと判断し、略式起訴で済ますことにしたという。(~_~;)

<猪瀬氏には、早くこの件の決着をつけたいという思いもあったのかも知れないけど。mewは、もしかして、自分のところで捜査を終結させるために(=他の政治家に波及させないために)、全てを認めて略式起訴&裁判で済ませようとしたのかもな~という邪推的疑念を抱いている。(・・)>

 猪瀬氏は昨日、司法記者クラブで会見を開き、このように語った。

『猪瀬直樹前東京都知事は28日夕、都内で記者会見し、「5千万円に選挙資金の側面があったことは否定できない」としたうえで、「深くおわびします」と頭を下げて謝罪の言葉を繰り返した。
 猪瀬氏は会見で、顔ににじむ汗を拭いながら「(都議会の答弁では)混乱して記憶違いがあった」と釈明。徳洲会側から提案があったとしていた5千万円提供の経緯についても「自分の意思で(提供を)お願いした」と説明を翻した。
 「認めるべきは認めなければならない。けじめをつけるため、処罰を受け入れたい」と神妙な表情を見せ、今後については「許されるならばもう一度、作家として仕事に励んでいきたい」と話した。(日本経済新聞14年3月28日)』

* * * * * 

 実のところ、mewは、猪瀬氏の事件そのものには、あまり関心がないのである。(・・)

 というのも、猪瀬氏は、確かに大きな権限を持つ東京都知事ではあったのだけど。率直に言って、
政治家としては、大きな政党や他の政治家+αへの影響力はない「小物」だからだ。^^;
<もともと国会議員や知事など、バリバリの政治家になる気もさほどなくて。過去に選挙出馬の話があった時も断っていたようだし。たぶん、実務に携わっている方が好きなのよね。>

 石原都知事も、猪瀬氏の実務的な発想力、行動力を買って彼を副知事に起用していたのであるが。ただ、石原氏が12年10月に、急に知事を辞任して国政進出をすることに決め、それまで石原陣営が進めて来た五輪招致活動やそれに伴うインフラ整備などの諸策を継承してくれる人を後任知事にしたかったことから、猪瀬氏を後継指名したのである。(・・)

 「シロウト政治家」を自認する猪瀬氏は、選挙活動のイロハも知らず。mewは、おそらく誰かの指南orアドバイスを受けて、選挙に臨んだと思うのだけど。<mewは、徳洲会からお金を借りる話も、誰かから提案or指南されたのではないかと思っている。>
 幸い、猪瀬氏は都知事選には楽勝し、最大の使命だった東京五輪招致でも成功を果たすことに。(・・)

<mew&周辺の都民は、森氏の話からも確認できるように、エラそ~にしていた石原氏ではなく、猪瀬氏が都知事として懸命に動き回ったので、招致が成功したと評価しているです。(関連記事・『安倍が目指す「神の国」の洗脳教育+暴言重ねる森は要辞任+世界の浅田真央』)>

 でも、その後、五輪組織委の会長やメンバーを決めるに当たって(もしかしたら、今後の五輪準備に関する計画などでも)、猪瀬氏が都知事として主導権を発揮しようとしたため、石原ー森ー安倍自民党ライン+αから「かわいくない」と疎んじられることに。^^;
 mewは、猪瀬氏の5000万円の借入の件が、オモテ沙汰になった&都知事辞任に追い込まれたのは、このようなことが大きな背景にあるのではないかと思っている。(・・)

* * * * *

 たとえば、今週も、東京五輪の組織委が、マーケティング活動を担う広告代理店に電通を選んだという報道が出ていたのだけど。(@@)

『2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、国内の協賛企業を集めるマーケティング活動の中心を担う広告代理店に電通を選んだことが26日、複数の関係者の話で分かった。今後、国際オリンピック委員会(IOC)との協議を経て正式に決まる見通し。電通は1500億円以上を組織委に支払うことを約束したとみられる。
 招致段階の見積もりで予算が約3000億円だった組織委は、15年1月から日本オリンピック委員会(JOC)とのジョイントマーケティング活動を開始。協賛企業には広告で五輪マークなどを使用する権利を与え、協賛金を得る。JOCは組織委が得た収入のうち、一定の割合の配分を受ける。(産経新聞14年3月26日)』

 このブログでは、小泉政権の頃から内閣や自民党の政治活動や広報活動と電通が深く関わっていて、多額の利益を受けていることに関して、ちょこかま書いて来たのだけど。
 石原都知事の頃から、東京五輪の招致活動でも電通が重用されており、石原ー森ー安倍自民党ラインの組織委(バックに自民党+政官財チーム)とはおんぶに抱っこの仲で。これは既定路線だったのではないかと思うしね。^^;

* * * * *

 また、*1に組織委のメンバーや理事に関する報道記事をアップしておきたいと思うのだけど。

『組織委は3千億円以上の巨額の予算で、その3分の1は企業からの協賛や寄付で確保する方針だ。財界の全面協力を求めるために副会長に豊田章男トヨタ自動車社長を迎え入れ、理事以外でも元経団連会長の御手洗冨士夫キヤノン会長を名誉会長に据えた。
 森喜朗会長、元財務事務次官の武藤敏郎事務総長を中心に政官界主導となるとの見方もあり、スポーツ界はどこまで意見を反映させられるかが課題となる。(産経新聞14年3月18日)』

 東京五輪は、東京都が開催する大会であるにもかかわらず、この記事でも、国レベルでの政官界主導で全ての計画(&利権分配)を行なおうとしていることがよ~くわかると思うし。<でもって、都知事は、余計なクチ出しはせず、彼らの言うことをきくことが求められているのよね。^^;>
 組織委の理事に選ばれた人たちの中にも(作詞家の秋元康氏、自民党参院議員の橋本聖子氏、その他スポーツ元選手、文化人など)も、政府の意向を反映したように思える人が少なからずいるのが実情なのである。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、ここからは『渡辺が借り入れ疑惑を説明&それに対する疑問+袴田事件の再審決定+フィギュア、錦織』の続報になるのだが・・・。

 みんなの党の渡辺代表がDHC会長から8億円を借りていた件で、元都議の男性によって、東京地検特捜部に刑事告発されたという。(@@)

『みんなの党の渡辺喜美代表(62)の多額借り入れ問題で、元都議の男性(64)が28日、公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記入)容疑などでの告発状を東京地検に提出したと発表した。
 告発状は、渡辺代表が2010年参院選と12年衆院選前に化粧品販売会社ディーエイチシーの吉田嘉明会長(73)から借りた計8億円について、両選挙の収支報告書などに記載がなく、公選法や政治資金規正法に違反する疑いがあるとしている。(読売新聞14年3月28日)』
<あと、市民団体によって告発されたという報道も出てたです。>

* * * * *

 昨日、いくつかのTVニュース(&ワイド・ショー)番組で、渡辺氏と猪瀬氏のケースの類似性について取り上げていたのだけど。
 実際のところ、今回の渡辺氏の借入の問題は、猪瀬氏の事件と重なる部分がある。

 特に共通しているのは、2人とも、選挙前に多額の資金を借入しながら、当人は「個人的な借入だ」と主張しているものの、貸した側が「選挙資金として貸付を行なった」という認識を有しているという点だ。(・・)

 渡辺代表は、27日の会見で「個人的な借入だ。選挙や政治活動には使っていない」と強調する説明を行なっていたのだが。
 昨日28日に、DHC会長がメディアの取材に応じ、渡辺代表のメールの内容を公表した上で、選挙資金として貸し付けたと改めて主張したという。(インタビュー要旨*2に)

『吉田会長によると、渡辺代表は24年11月、携帯メールで「(衆院選に)60人ぐらい候補を立てる」と説明。太陽の党が設立されたことなどを挙げて「カオスな状態」とし「手持ち資金が5億円ありますが、あと5億円必要です」と記していた。渡辺代表が個人として借りるという趣旨の内容はなかったという。メールを受け取った直後、吉田会長は5億円を渡辺代表名義の銀行口座に振り込んだ。(産経新聞14年3月28日)』

 吉田会長は、渡辺氏の主張について、「彼が言っていることは虚偽だ。潔く非を認めるべきだ」と。また「渡辺喜美個人を応援する趣旨」だとの説明に対しては、「渡辺氏とみんなの党は一体だという認識だ。どちらか一方を応援するということではない」と反論。

 さらに貸付金の使途に関しては「渡辺氏からどこにどれだけ使ったという報告はない。推察だが、大半は選挙の供託金に使われたのではないか。渡辺氏は私に、「供託金だけでもかなり掛かる」と話したことがある」と語っていたという。(時事通信14年3月28日(*2)より)

* * * * *

 ちなみに、mewが、この渡辺氏の借入金の問題にこだわるのは、いくつかの理由があるのだけど。

 一番大きな理由は、渡辺氏は、それ相当の立場にある政治家であり、その動きや進退は、安倍内閣&自民党の政策推進や政界再編に影響する可能性があるし。ひいては日本の将来を左右する可能性さえある人物だということだろう。(・・)

 安倍首相は、集団的自衛権の行使容認や憲法改正の早期実現を目指しているのだけど。

 連立を組んでいる公明党が、それらに慎重な姿勢を示していることから、公明党の影響力を減じるために(&いざとなれば、連立解消をすることも頭に置いて)他の政党と連携することを計画。昨秋から、みんなの党の渡辺代表や維新の石原代表などと直接会って、協力を要請し、理解&支持を得ている。(-"-) <しかも、渡辺氏は、自民党との連立や自らの入閣まで示唆する発言をしているし~。^^;>

 渡辺氏が自民党に擦り寄ったこともあって、みんなの党の江田憲司氏らが離党し、結いの党を結党。結いの党は、野党再編を目指して、維新の会と合流しようとしているのであるが。
 維新の石原代表は、ハト派の結いの党との合流に強く反対している立場。今年にはいって、渡辺氏と会談し、同じ保守タカ派のみんなの党との合流することを検討している。^^;
 彼らは、維新とみんなの党が合流することで、それ相当の規模の政党を作り、いずれ公明党に代わって自民党と連立を組み、集団的自衛権の行使容認や憲法改正の早期実現を果たそうと考えているのだ。(~_~;)

 でも、もしここで渡辺氏が失脚した場合、維新とみんなの合流は困難になるし。そうなれば、安倍首相の計画にも狂いが生じて、ダメージを受けることにつながるわけで。
 集団的自衛権の行使や安倍自民党流の改憲には絶対反対のmewとしては、渡辺氏の動向は、め~っちゃ大きな関心事なのである。(**)

* * * * *

 しかも、渡辺氏の借り入れのケースは、東京地検特捜部が起訴した猪瀬氏のケースと極めて近いものがあるだけに、渡辺氏が立件されないとなれば、(mewのアジェンダである?)公正正義の念に反するし。
 
さらに、先日も触れたように、渡辺氏は、近時も、細川護煕氏や小沢一郎氏、猪瀬直樹氏などの「政治とカネ」の問題や説明責任のことをさんざん批判しまくっていただけに、そこまでエラそ~にするなら、きちんと国民への説明責任を果たすと共に、検察の捜査にも積極的に応じるべきだろうと言いたい気持ちもある。(・・)

 ・・・というわけで、今後も渡辺氏のこの借入の問題に関しては、しつこく追いかけて行こうと思っているmewなのだった。(@@)
                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 

More
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-29 10:39 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

渡辺が借り入れ疑惑を説明&それに対する疑問+袴田事件の再審決定+フィギュア、錦織

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 スポーツの世界では、いい話題がいっぱい。(^^)

 テニスのソニー・オープン(四大大会に次ぐレベルの大会)の準々決勝で、錦織圭がランキング5位(元1位)のフェデラー(スイス)をフルセットで破り、ベスト4に進出した。"^_^"

 錦織は、4回戦で4位のフェレールに勝っており、2日続けて、TOP5の選手に勝つ快挙を果たした。これまでも、1年に何回かポコッ、ポコッと上位選手に勝つことはあったけど。2試合続けて勝つというのは、スゴイことだし。このあとの四大大会に向けて、大きな自信になると思う。(・・)
 
 錦織は、2月に足の痛みで大会を途中棄権&次の大会を欠場していたので、心配していたのだけど。今大会は、得意のインドア・ハードであることに加えて、何か精神的にたくましくなっている感じで。<Mチャン効果もあるのかな?>
 思い切って色々なプレーにトライしたり、自信を持って打ち抜けている分、ライン際のあと2cmみたいなショットも、次々とインになっていたりしている感じが。<自信がなかったり、ムダな力がはいったりすると、チョットずつアウトになっちゃうのよね。^^;>
 準決勝は、2位のジョコビッチとの対戦に。こちらも11年に勝ったことがあるのだけど。その後、ジョコビッチも進化して、絶頂期に近い状態にあるので、どこまでやれるのか(この勢いで勝っちゃうのか?)めっちゃ楽しみだ。(^^♪


 そして世界フィギュアでは、浅田真央がSPで世界最高の78・66点を出し、TOPに。たぶん、mewがこれまで見た中で、一番やわらかく飛べたきれいなトリプル・アクセルだったかもです。
 これが現役ラストの大会となるの鈴木明子も、SPで自己ベストの71.02を出して、4位に。
2人ともソチ五輪SPの借りをしっかりと返すことができた。(^^)
 村上佳菜子も、ソチよりはずっとよかったのだけど。ジャンプで回転不足をとられて点数が伸びず。60.86で10位。 <実は佳菜ちゃんも、次の五輪を目指すかどうかは思案中という話も。>

 mewが以前から応援しているコストナー(イタリア)も、最高のアベマリアを滑って、こちらも自己ベストの77.24を出して、真央ちゃんとは僅差の2位につけている。
 今日29歳になる鈴木明子にせよ、27歳のコストナーにせよ、この年齢まで頑張った上に、この年齢で、ジャンプも含め、自分のベストとなる演技ができるというのは、本当にスゴイことだと思うです。"^_^"

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 昨日は、社会問題の分野でも、もう一ついいことが。袴田事件(66年に逮捕、80年に死刑確定)の再審が決まり、袴田巌氏が48年ぶりに釈放されたことだ。(**)

 この件については、週末にでも、改めて別立てで書きたいと思うのだけど・・・。

 この袴田事件というのは、ある意味で、mewが初めて「冤罪」なるものや、検察の捜査の諸問題<取調べ、ストーリー立て、証拠捏造?などなど>や裁判所の安易な有罪認定の仕方などを意識した事件で。
 この事件に関連するドキュメンタリー番組や記事、資料などを色々と見て、こんな捜査や公判によって死刑が執行されるのはどうしても容認できないと考え、何とか冤罪をはらせないものかとずっと願い続けていた。(・・)

 ただ、弁護団が検察のムリ立てしたストーリーの矛盾点や証拠の信憑性が乏しいことを立証するために、様々な実験や鑑定などを行なって、80年代から何度も再審を請求するも、なかなか認められず。
 家族や友人、ボクシング関係者、人権団体などが、ずっと無実を信じて支援を行なっていたのだが。その間に、独房でずっと拘禁状態に置かれていた袴田氏が、精神的に障害を生じて、心神喪失の状態に陥いり、近時は家族の面会も拒んでいるときいていたので、尚更に、検察や裁判所の問題(ある種の罪)の大きさを思い、何とも言えない気持ちにさせられていたところがあった。(-_-)

 昨日、ようやく静岡地裁が再審開始を決定&拘置停止を認め、袴田氏は3年半ぶりに姉らと面会し、48年ぶりに釈放されたのだが。本人は、事情が理解できているのかわからないとのこと。
 今後、検査などのため入院。また静岡県に戻った後も、病院で生活する可能性が大きいという。

『弁護団によると、秀子さんと2人の弁護士は午後4時ごろ、袴田さんと2010年8月以来の面会を果たした。アクリル板越しに再審開始の決定文を見せると、袴田さんは最初に「うそだ」と話し、「袴田事件は終わった。もう帰ってくれ」といら立ちを見せた。
 約1時間後、刑務官に付き添われ、手に紙袋を持った袴田さんが拘置所の応接室に現れた。秀子さんは目を潤ませながら「巌」と肩をたたき、「やっと出てきたね」と声を掛けると、袴田さんは「うんうん」とうなずいたという。
 半袖シャツで寒くないかと問われると、「寒くない寒くない」と答えた。ただ、長期間の拘置による影響か、十分な意思疎通は難しいといい、表情に変化もなく、独り言が多かった。(時事通信14年3月27日)』

『午後6時20分ごろには久しぶりに乗る車に酔ってしまった。
 「外に出たい」。車を止めた駐車場で、袴田さんが歩き出した。「釈放されたって分かるでしょ」。小川弁護士が声を掛けると、「ありがとう」と声が返ってきた。小川弁護士は「やっと釈放の実感が湧いてきたのかな」と、顔をほころばせた。
 西嶋勝彦弁護団長は「袴田さんは今夜はお姉さんと一緒に時間を過ごすだろう。携帯電話も知らず、今後は生活環境の激変にどこまで対応できるのか、見極めたい」と気遣った。(毎日新聞14年3月27日)』

 しかも、静岡地裁は、検察が公判に提出&死刑判決の決め手となった証拠が「後日、捏造されたとの疑いを生じさせるもの」だと論じ、「無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった以上、拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」として、再審開始や拘置停止の判断を行なったのだが。
 検察側は、拘置の継続を求める抗告を東京高裁に申し立てるとともに、再審開始決定に不服があるとして、同高裁に即時抗告する方針を固めたのことで・・・。
 それを知って、まだ心から喜べない気持ちになっているmewなのだった。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は変わって、みんなの党の渡辺喜美代表の、8億円借り入れ問題の続報を・・・。

 最初に、mewは昨日の記事『渡辺の違法借り入れ疑惑+雑誌VERYに内閣の手が+NHK支配の葛西+フィギュア』の最後に、こう書いたのだけど・・・。

『東京地検特捜部は、当然にして捜査するんでしょうね~。(@@) 
 あとmewは、『行革に力を入れていた渡辺氏に期待して、渡辺氏のその土地を評価額よりやや高い1億8000万円余で購入した」という話も、贈賄罪が成立する可能性があると思うんだよね。確か、福島県の佐藤知事は弟の土地の購入を要求したことも、収賄容疑の一つにされていたような記憶が。(・・)(調べる暇がないけど、確かそうだったんだよね。)』

 調べてみました。(**)

<っていうか、この件は『小沢問題と重なる水谷建設→佐藤元知事の収賄事件に対する特捜部の姿勢&政治的背景』という記事でも扱ったことがあったんだよね。(・・)>  

 福島県の佐藤栄佐久前知事は、06年10月に県が発注したダムの建設工事の入札で、水谷建設などに便宜を図った見返りに賄賂を受け取ったとして、収賄の罪で東京地検特捜部に逮捕されることに。
 検察は、佐藤氏の実弟が経営するスーツ会社の土地を、水谷建設が相場より約7000万円高い約8億7000万円で購入したとして、この差額の約7000万円が建設会社がダムを受注する際の「賄賂」に当たると主張。
 東京高裁は、「土地の価格が相場よりも高かったとは言えない」などと指摘して賄賂の範囲を限定したものの、賄賂として認定。最高裁も「工事受注の謝礼の目的であれば、相場と同じでも土地を買い取ってもらい金を得たことが賄賂に当たる」と判断を示し、有罪判決(懲役2年、執行猶予4年)確定したのだった。

<尚、佐藤前知事は、小泉政権に批判的な立場だった。また、福島原発で故障やひび割れなどの問題があったことが公表されていなかったとして、東電を批判。当初は、プルサーマル計画を了承していたが、それを撤回。05年に、原発再稼動にも反対の意向を示したり、福島原発の問題をメディアなどにも語ったことから、何らかの力によって、知事職の追い落としをはかられたのではないかという疑念も呈されている。
 小沢一郎氏の時もそうだけど。何かどこかからジャマっけな人を排除しようとする「アブナイ天の声」が出ているのかな~と疑いたくなるんですよね。(@@)>

* * * * *

 まあ、渡辺氏の場合は、土地購入を要請した時点では、元閣僚ながらも野党の党首だったので、何か行革に関して特定の権限があったわけではないし。<特定の内容の委託を受けていたかも、「???」だし。>
 単にDHCの社長が、「行革に力を入れていた渡辺氏に期待して、渡辺氏のその土地を評価額よりやや高い1億8000万円余で購入した」というだけでは、贈収賄罪の要件を満たすとは言えないのだけど。
 ただ、このような形の政治資金の供与には違法性はないのかな~と。東京地検特捜部は、こういう点もちゃんと調べて欲しいな~と思ったmewなのである。(・・)

* * * * *

 渦中の渡辺代表は、昨日の昼、みんなの党の会合に出席して、所属議員に諸経緯を説明し、違法性はないと主張したとのこと。
 しかし、取材陣の待つ出口とは別の出口から退出し、午後の国会審議にも欠席したことから、説明を果たさないまま、雲隠れするのではという疑念や批判が出始めていたという。

 しかし、夕方になって、約50分にわたって、ぶら下がりの形で取材陣の前で会見を行なうことになった。、

 その発言要旨をアップしておきたい。

『ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から平成22年に3億円、24年に5億円借りた。吉田氏は選挙費用と言っているが、純粋に私個人を応援してくれるるお金と理解した。違法性の認識は全くない。お騒がせをしたことは深くおわびする。辞任の考えはない。きちんと説明して責任を全うする。

 党への政治資金として貸し付けた分は収支報告書に出した。それ以外は政治家として必要な諸々の費用に使った。会議費や交際費などには政治資金を使うにはふさわしくない支出もある。例えば酉(とり)の市で大きい熊手を買った。裏金はない。贈与ではないので今後必ず返済していく。資産報告との齟齬(そご)は事務的なミスなので訂正したい。

 22年当時、党は十分な資金もなかった。吉田氏に私個人への支援をお願いしたつもりだ。借り入れ時期は選挙直前だが選挙資金として借りたわけではない。吉田氏には誤解がある。(吉田氏が証言した)20億円の支援を私からお願いしたかは記憶にない。

 吉田氏が「返せるときに返してくれればいい」というので甘えた面があった。結いの党の会派離脱問題で怒りをいただいたのかもしれない。(5億円分の借用書がないのは)3億円の借用書を準用した。党倫理委員会に個人口座の通帳を全部見てもらい、違法性があるかないか調べてもらう。猪瀬直樹前東京都知事と違い、現金ではなく通帳への振り込みなので、口座を調べればすべて分かるお金だ。(産経新聞14年3月27日)』

* * * * *

 渡辺氏は、借入金に関して「手元には残っていない」、猪瀬知事との違いに関して「私は裏金じゃない。銀行振り込みだから後からトレース(追跡)できる。知事には大変な職務権限がある。私は野党の党首だから、職務権限が比べものにならない」と主張。
 そして、「党倫理委員長で弁護士の三谷英弘衆院議員に私の通帳を全部渡し、公職選挙法や政治資金規正法に引っかかる支出があったかどうか調べる」ものの、通帳を「公開するつもりはない」との意向を示した。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、DHCの吉田会長は、今回、週刊誌に手記を公開したことに関して、党運営に関して意見のくい違いが生じたことを理由に挙げていたのだが。
 渡辺氏は、この件に関して、以下のように説明したという。

『渡辺氏は、吉田氏との関係が悪化し、借り入れ問題が明らかになった理由は、みんなから分裂した結いの党の会派離脱問題にあったとの認識を示した。

 みんなは昨年12月、離党した江田憲司前幹事長ら15人が結いの党を発足させると、うち13人が比例代表選出との理由で、国会の活動単位となる会派の離脱を認めない状態が続いた。渡辺氏は「吉田氏から1月ごろ、メールで結いの会派離脱を認めるように求められた」と説明。さらに衆院予算委員会の委員の一部も結いに譲るよう要請されたという。渡辺氏が拒否すると、吉田氏から「『世間に公開する。言うことを聞かなければ追い落としも考える』と言われた」と述べた。(毎日新聞14年3月27日)』

* * * * * 

 渡辺氏は、あくまでも資産報告書に記載する借入金の額に関して、事務的なミスがあったという線で、事態の収拾をはかりたいようで。
 党の会合でも、「お金の流れの記録を精査し、資産報告書を訂正したい」と語り、12年12月時点の借入金を2億5000万円と記載した衆院に対する資産報告書を訂正する意向を示したとのこと。(・・)
 ちなみに資産報告書の誤りに関しては、罰則がないという。^^;

 ただ、DHCの吉田会長は、選挙資金として渡辺氏にお金を貸したと主張しており、朝日新聞の取材に対しても、次のように答えている。(~_~;)

『――選挙資金に使われる認識はあった?

 「選挙資金以外に3億円を貸したりしますか。普通お金を貸し借りするのは多くても1千万円とかじゃないですか。明らかに選挙に必要なお金です」

 ――渡辺代表も選挙にお金が必要という話はしていたのか。

 「当然。選挙以外に何の話も出ていない。振込先は政治献金とは違う個人の口座だった」(朝日新聞14年3月26日)』

 この点に関して、渡辺代表は『「吉田会長はうそをついているのか」という質問に一瞬詰まり、「うそとは申しませんが(吉田氏には)誤解がある気がする」と釈明した』という。(毎日新聞14年3月27日)』

* * * * * 

 この辺りは、もう少しゆっくり色々な報道を見て、事実関係をチェックしたいのだが。

 渡辺氏が吉田会長から多額のお金を借りた時期と、渡辺氏が党に多額のお金を貸し付けたとされる時期と妙に重なっているのである。

『化粧品販売会社ディーエイチシーの吉田嘉明会長から3億円をまず借りたのは2010年6月で、直後の7月に参院選を控えたタイミングだった。渡辺氏は同年3月に5000万円、6月に1億2000万円を党に貸し付けた。吉田氏からの借金で、貸し付けによって減少した手元資金を穴埋めした形ともいえ、間接的に党の活動資金に回ったとの批判がつきまとう。

 5億円を吉田氏から借りたのは、衆院解散で党の躍進を期した前回衆院選が事実上スタートしていた12年11月。党に対する同年の貸付額は2億5千万円に上った。

 借入金とは別に、渡辺氏は結党直前の09年6月に土地譲渡の対価として吉田氏から約1億8千万円を受け取り、同年内に6千万円を党に融通した。この資金のやりとりを含めると、吉田氏から渡辺氏に計約9億8千万円が移り、渡辺氏から党には計4億8千万円が渡ったことになる。

 渡辺氏は吉田氏に2億5千万円を返済しているとはいえ、吉田氏からの資金を「頼みの綱」としていたのは間違いない。(共同通信14年3月27日)』

* * * * *

 渡辺氏は、党への貸付との関わりに関して、昨日の会見では、このように説明していたのだが。

「2010年の吉田会長からの振り込みがあったのが6月30日で、私が党に貸し付けているのは、それよりも前」
「6月21日に1億2千万円ぐらい貸し付けていて。それが、そのまま収支報告書に出ています。吉田会長の貸付金が、ストレートに私のところを経由して党本部に行っているということではまったくない。2億5千万についても、同様のことがいえる」
「私にも、個人財産もあるし、いろいろな方からご支援をいただいている。肉親の場合には、資産公開には出さなくても良いということもある。」
「いろいろなお金が色はついていないので。これは吉田会長のお金ですよ、という風にはなっていない」 (朝日新聞14年3月27日より)

 まさに、渡辺氏の言うように、いろいろなお金が色はついておらず、「これは吉田会長のお金ですよ」と示すことは困難ではあるのだが。10日程度の違いであれば、とりあえず「つなぎ」の資金を調達しておいて、実質的には吉田会長から借りたお金を党の資金に回すこともできるわけだしね~。(・・)

 それに、渡辺氏は、あくまでも個人で、政治家として必要な諸々の費用に使ったと主張し、その例として「会議費や交際費、旅費」「酉の市の大きい熊手の購入」などを挙げていたのだけど。
 もしそれらの中に、政治活動や選挙活動(応援活動含む)に関わるような会議の費用や旅費などが含まれているとしたら、純粋に個人の支出だと言えるのかどうかも、「???」だと思うし。

 幸いに、この渡辺氏の借入金の件は、メディア各社も疑念を抱いて、意欲的に調査や取材を行なうつもりのようなので。<袴田巌氏や小沢一郎氏の時のように、(冤罪を導くような?)いい加減な取材で「あること、ないこと、ないこと」を報じるのではなくて>事実関係を調べた上で、国民にこの借入金疑惑の情報をしっかりと提供して欲しいと&そして検察もきちんと捜査して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

p.s. 検察は告発を受けないと動かないかしら? 誰か告発の準備をしているかな?

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-03-28 11:30 | (再び)安倍政権について | Trackback

渡辺の違法借り入れ疑惑+雑誌VERYに内閣の手が+NHK支配の葛西+フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 最初に、米国で開催中のテニスのソニー・オープンで、錦織圭がランキング4位のフェレール(スペイン)に、3時間を超えるフルセットの末に勝利して、ベスト4に進出した。(^^)v
<スコアは、7-6(7)、2-6、7-6(9)。何回もセットorマッチポイントをとられながらも、攻めのテニスでしのぎ切り、最後のタイブレークは11-9で勝ったです。(・・)>
 
 ソニーOPは、四大大会の次に格が高い(賞金も高い)大会なので、ここでTOP10の選手を破ってベスト8にはいったことは賞賛すべきこと。
 準々決勝の相手は、元1位(現5位)のフェデラーなんだけど。昨年、錦織はフェデラーに勝っているので、自信を持って臨んで欲しい。(**)

 また、昨日からフィギュアの世界選手権がさいたまアリーナでスタートした。"^_^"

 今回は日本から出場する男女6選手とも、みんな五輪で悔しい思いを抱えての大会になるので、各選手が、どこまで演技やモチベをコントロールして、リベンジを果たすのかという点にも注目しているのだけど。

<羽生はSP完璧で五輪で優勝するも、フリーではミス続発。町田と真央ちゃんは、五輪のSPで失敗して出遅れ。鈴木は足の負傷でベストの演技ができず。村上も靴の影響&緊張で、自分の演技ができず。小塚は、五輪出場できず。>

 初日の男子SPでは、ソチ五輪のSPで凡ミスを出して悔しい思いをした町田樹が、今度はほぼ完璧な演技(&樹の「エデンの東」ワールド)を見せて、自己ベストの98・21点を出して1位に。<スピンでもう少しポイントが稼げれば、100点に届いたかも。>

 羽生結弦は、この大会で勝つと、今シーズンのGPファイナル、五輪、世界選手権の3冠王になることから、世界からも大注目されていたのだけど。「しっかりやらなくちゃ」と、チョット力がはいる過ぎたところもあって(&今シーズンは4回転Tは失敗していないので、チョット強引に飛んじゃったのもあってか?)、最初の4回転Tで転倒することに。
 ただ、その後はしっかりと滑り切り、91.24点で3位に。(2位は羽生と同じコーチに指導を受けているスペインのフェルナンデス。)

 小塚崇彦は、高橋大輔が膝の故障で欠場することになったため、急遽、出場が決まったのだけど。
<大ちゃんから、「振り回してごめん。出場してくれて有難う。応援している」のLINEが来てたです。(・・)>
 全体的に動きが硬くてGEOがあまりとれなかったものの(もう少しプラスがとれるかと思ったんだけどな~)、4回転ジャンプも含め、ほぼノーミスで通し、85.54点で6位につけた。

 尚、ペアSPでは、高橋・木原組が自己ベストに並ぶ49.54点をマークしたものの17位に終わり、残念ながら、上位16組のフリーに進めなかった。
 でも、ペア結成してわずか1年ながら、本当によく頑張ったと思うし。(個人戦での五輪出場も果たせたしね。)今シーズンは、本当におつかれさまでしたと言いたいです。m(__)m

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 この記事では、昨日の『安倍周辺の懲りない人たち~麻生副総理、小松長官、NHK籾井、維新超保守、みんな渡辺』(以下、前回の記事)の続報も含めて、気になったニュースを取り上げたい。

 先週、安倍陣営&自民党政権が、TVをはじめ、様々なメディアをコントロールしようとしているという話をいくつか書いたのだけど。<関連記事・『安倍のメディア対策&新聞協会が要請拒否』など>

 産経新聞に、雑誌「VERY」に関して、こんな(不気味な?)話が載っていたです。(@@)

『「取材してくれませんか」 内閣広報室、秘密法企画で女性誌に要請

 憲法改正や特定秘密保護法の特集を企画した女性ファッション誌の編集部に内閣広報室の職員が「うちも取材してくれませんか」と電話で依頼していたことが20日分かった。当事者が取材に明らかにした。

 雑誌は光文社の女性ファッション誌「VERY(ヴェリィ)」。

 内閣広報室は首相を直接補佐する内閣官房の一組織で、同室は「特集をするらしいと書店から聞き、正確な情報を知ってほしいと思った。政策的な話を書くのなら取材を受けますよ、という趣旨でセールスやサービスのつもりだった」と説明。編集部は「発売前なのになぜ知っているのか不気味だった」としている。
 記事には秘密保護法に批判的なコメントなども盛り込み、ファッション誌としては異例の企画と話題になった。(産経新聞14年3月21日)』

* * * * *

 どちらかと言えば、男性が読むことの多い一般の週刊誌や月刊誌の中には、明らかに「安倍陣営or自民党orそのバックについている人たちと結託しているな~」とわかるような記事を出しているところが少なくないのだけど。
<最近、週刊誌が売れないので、広告数や一定層への販売部数をキープする必要性から、そのような編修方針をとっているところもあるらしい。^^;>

 世論調査などを見ると、安倍首相&自民党は、30~50代の女性の支持が少ない上、この年代の女性は、憲法9条改正や集団的自衛権の行使などにも反対の人が多い様子。(・・)
 そこで、内閣広報室は、この年代の女性の支持を得るために、もっと女性誌を活用する戦略を立てて、様々な雑誌の情報収集をしたり、売り込みをかけたり(安倍政権&その政策に批判的な記事は修正させようとしたり?)しているのではないかと察する。(~_~;)

 そのうち、女性誌まで「この夏は、集団的自衛権がトレンド」「カリスマ読者モデルもお薦めの9条改憲」な~んて特集が出ることになるのかしらん?(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 メディアがらみの話で言えば・・・。前回の記事で、NHK予算の審議&懲りない籾井会長や、やたら「反日」を連発するアブナイ維新議員の話を書いたのだけど。

 そのNHKの人事に関して、最も影響力を及ぼしていると言われているのが、JR東海の葛西会長だ。(・・)<関連記事・『NHKハイジャックもくろむ財界の大物に局関係者が恐々』など>

 葛西会長は、安倍氏と同じ超保守思想の持ち主で、以前から、財界の仲間と共に安倍首相を支援。
 今政権では、集団的自衛権の行使を議論する官邸の有識者会議のメンバーになって、解釈改憲の実現をアシストしようとしているし。靖国崇敬者総代として、安倍首相の靖国参拝も後押ししていたと言われている。^^;

 また、安倍前政権の頃から、NHKの会長人事にも深く関与するようになり、自分と考えが合うような財界仲間やJR東海の部下などを次々と送り込んで、NHK支配を強めようとしているのである。(~_~;)
<ただし、前会長に起用されたJR東海の部下は、葛西会長の望むような保守的な番組作りに寄与しなかったため、1期で退任決定。で、あの「右向け、右」の籾井氏が代わりに会長の座についたのよね。(-"-)>

* * * * *

 その葛西会長が、超保守系の月刊誌「正論」が主催する「正論大賞」を受賞。先月行なわれた授賞式に、安倍首相が、お祝いにかけつけたという話を書いたのだけど。
<関連記事・『安倍の靖国参拝&百田の米虐殺発言が日米同盟壊す+安倍、葛西の正論大賞祝う』>
  
 昨日、葛西氏の受賞記念の講演会が行なわれ、安倍政権が進めようとしている集団的自衛権の行為や憲法改正などの政策に賛同する見解を強調していたという。(-_-;)

『第29回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に輝いたJR東海会長の葛西敬之氏の受賞記念大阪講演会が26日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで約550人が出席して、開かれた。葛西氏は「『地図のない世界』を拓く~私の決断」をテーマに、日米同盟や集団的自衛権行使など、世界情勢における日本のポジションについて語った。

 政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」のメンバーでもある葛西氏は「わが国がとるべきは、まず日米同盟を不動のものにするのが第一だ」と強調。日米同盟を強化するためには「集団的自衛権行使をきちんとしなければならない。真正面から議論すべきだ」と述べた上で、安倍晋三首相が掲げる「国民の生命と領土を守ること」や「積極的平和主義」に同意する考えを示した。

 また、憲法改正に関しては、「憲法の定められた時代と今はかわっている」と説明し、「憲法の規定の中には、集団的自衛権行使を否定しているものはない。(安全保障をめぐる)事態が変わった」と述べ、憲法解釈を変えなければいけないとの見解を示した。(産経新聞14年3月26日)』

 早く籾井会長を辞任させて、葛西&安倍タッグのNHK支配をストップしないと、そのうちNHKも、「集団的自衛権の行使」や「憲法改正」をアピールするような番組が増えてしまうかもです。(~_~;)

<朝ドラの「ごちそうさん」は、途中から「反戦ドラマ」っぽくなって来たと言われているのだけど。(開戦当初は、め以子が「国防婦人」ぶりを発揮していたので、どうしようかと思ったけど。(苦笑)来年辺りには、「お国のために、命を捨ててこそ日本の臣民よ!」なんてドラマが増えちゃうかも?(>_<)>

* * * * *

 集団的自衛権と言えば、小松内閣法制局長官に関して、こんなニュースも出ていた。

『民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は26日の記者会見で、小松一郎内閣法制局長官が抗がん剤治療で通院するため、毎週月曜日は国会で答弁できないと法制局側から連絡があったことを明らかにした。その上で「長官の容体をおもんぱかるのと、国会審議がないがしろになることは別次元のことだ。審議に影響が出ない形で任命するのは当然だ」と述べた。(毎日新聞14年3月26日)』

 前回の記事でも触れたが、小松長官は腹腔に腫瘍が見つかり、1~2月に入院。退院後は、週1回、抗がん治療のため通院することに。
 本人が、長官の職務の続投したいと強く希望。安倍首相も、自分がスカウトして来た長官であるだけに、その思いを受けて、国会で続投させる意向を示している。(・・)
 
 ただ、小松長官は、退院後、国会答弁も含めて問題のある言動が続いている上、長官の通院のため国会運営に支障が出る(議員の質問の順番を変更せざるを得なくなった)などしているおり、与野党内から、病気治療のためにも、法制局長官を辞職or更迭すべきだという声が強くなっているのが実情だ。^^;

 以前も書いたように、mewは、個人的には、小松氏が病気と戦いながら、仕事を続けること自体は応援したいと思うのだけど。

 おそらく首相や閣僚でさえ、たとえ病気治療のためであっても、「これから毎週月曜日には、国会に出席できません。答弁できません」ということになれば、辞職せざるを得ないのではないかと思うし。
 ましてや、4月から「集団的自衛権の解釈改憲」が国会のメインの論点になろうとしている中、内閣府の役人の個人的な事情のために、国会運営が左右されてはならないわけで。
 mewは、安倍首相は、これを機に、小松氏に長官職は辞めるように促す(&もう少し心身の負担の少なく職に回す)のが賢明なのではないかと思うです。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 最後に、みんなの党の渡辺代表が、DHC会長から、(選挙資金として?)計8億円以上を借りていたという話の続報を・・・。

 DHCの吉田会長は10年の参院選前に3億、12年の衆院選の前に5億円を、「選挙資金」という認識で貸したと主張。
 これに対し、渡辺代表は、お金を借りたことは認めたものの、あくまでも「個人的に借りたもの」で、使い道は私の判断で決めたとのコメントを出し、選挙資金であったか否かについては明らかにしていないのだが。
 もし政治活動や選挙活動に使われて、その旨を届け出ていないとなれば、政治資金規正法違反や公職選挙法違反に問われる可能性があるという。(@@)

『昨年5月に公開された渡辺代表の資産報告書には、借入金は2億5000万円と記載されている。

 吉田氏からの借入金について、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「政治活動に使われたのであれば、政治資金規正法違反、選挙活動に使われたのであれば、公職選挙法違反の不記載に該当する。5000万円受領で告発された猪瀬直樹前東京都知事と比較しても、金額が大きい。政治活動や選挙活動に使われていることが明らかになれば、猪瀬氏のケースよりも悪質と判断される可能性がある」と話す。(ZAKZAK14年3月26日)』

* * * * *

『みんなの党の渡辺喜美代表に化粧品大手ディーエイチシー(DHC、東京都港区)の吉田嘉明会長が計8億円を貸したとされる問題で、吉田会長は26日午前、朝日新聞の取材に対し、資金提供を認めたうえで、「選挙に必要な資金との認識だった」と語った。

 吉田会長によると、貸し付けの内訳は、2010年参院選の前に3億円、12年衆院選の前に5億円。いずれも渡辺氏の個人口座に振り込んだという。「渡辺氏の方から要請があったと思う」と述べた。

 借用書については、渡辺氏から受け取ったのは最初の3億円分だけで、5億円については送られてこなかったという。一部は返済されたものの、数日前の時点で貸付残高は約5億5千万円に上っていたという。こうした資金のやりとりを示す記録も残っていると説明した。(朝日新聞14年3月26日)』

『週刊新潮は3月26日発売号で、吉田嘉明DHC会長の手記という形でこの問題を取り上げた。

 記事によると、吉田会長は09年2月、知人の紹介で渡辺氏と知り合った。その後、みんなの党の立ち上げを考えた渡辺氏は、吉田会長に資金不足の悩みを打ち明け、地元・栃木の土地を買うよう依頼してきた。

 吉田会長は、日ごろから、化粧品などへの厚労省の縛りが煩わしく、規制緩和が進まない現状に不満を感じていた。そこで、行革に力を入れていた渡辺氏に期待して、その土地を評価額よりやや高い1億8000万円余で購入した。

 今度は、10年7月の参院選の直前になって、渡辺氏から「参院選のための資金」として3億円を借り入れたいとの依頼があった。吉田会長は、その依頼を快諾して、渡辺氏個人名義の口座にお金を振り込んだ。このときは、利息を書いた借用書があり、渡辺氏は、定期的に返済し計約2億5000万円は返したという。

 12年12月の衆院選では、渡辺氏から選挙資金として5億円の依頼があった。このときも、吉田会長は渡辺氏の個人口座に振り込んだが、借用書は送られてこなかったそうだ。

 吉田会長によると、渡辺喜美氏は、その後返済が滞り、連絡も少なくなった。渡辺氏はみんなの党が分裂してできた結いの党とトラブルになるなどして、吉田会長は、次第に渡辺氏に不満を募らせた。渡辺氏は2014年2月9日になって土下座して謝ってきたが、吉田会長は、その後も不満が収まらず、手記で告発することにしたという。

 週刊新潮の報道を受けて、新聞各紙も渡辺氏の問題を報じており、収支報告書に記載がないことから、公選法違反などの可能性があると指摘している。渡辺氏は、13年5月の資産公開で、借入金を2億5000万円と記載しており、報道が事実なら、未返済分との差額3億円が不記載ということにもなる。(J-CASTニュース14年3月26日)』

<前回の記事で、mewは、DHC会長がこんな手記を発表したのは、渡辺氏がお金を返さないからか、政治活動に問題を感じたのかなどと邪推してみたのだけど。その両方だったみたいですね~。^^;>

* * * * *

 この週刊誌の報道を受け、渡辺氏は次のようなコメントを発表した。

『お金は純粋に個人として借りたものです。使い道は私の判断で決めてまいりました。利息も含めてお支払いは私個人でしてまいりました。今後もそれを続けてまいります。
 お金を貸して頂いたことには深く感謝をしております。みんなの党の国会運営について吉田会長より何度もメールを頂いておりましたが、我が党の方針とは相容(あいい)れず、お断り申し上げました。私の政治理念に反することは、たとえお金を融通して頂いた方でも承服はできませんでした。(朝日新聞14年3月26日)』

* * * * *

 渡辺代表は、小沢一郎氏&秘書が、政治資金規正法の不実記載で捜査を受けて、起訴された時も、めっちゃ批判していたし。
 昨年、猪瀬前都知事が徳洲会から5000万円の借り入れをしていたことが発覚&その後任知事を選ぶ都知事選に細川元首相が出馬した際も、エラそ~にこんなことを言ってたし。

「今回の都知事選は猪瀬直樹知事が5千万円を受け取ったというところから始まったが、細川護熙元首相が辞めた時は億単位だった。佐川急便から借りたのか、もらったのかよく分からないが、そういった問題で辞めた方がどういう公約をもって都知事選に臨むのか、ぜひお聞きしたい。(朝日1.11)」と言っていたりもして。

<東京地検特捜部は、当然にして捜査するんでしょうね~。(@@) 
 あとmewは、『行革に力を入れていた渡辺氏に期待して、渡辺氏のその土地を評価額よりやや高い1億8000万円余で購入した」という話も、贈賄罪が成立する可能性があると思うんだよね。確か、福島県の佐藤知事は弟の土地の購入を要求したことも、収賄容疑の一つにされていたような記憶が。(・・)(調べる暇がないけど、確かそうだったんだよね。)>  

 前回も書いたように、みんなの党や渡辺代表の言動や情況は、安倍自民党の政策推進や野党再編の行方にも影響を及ぼす可能性があるだけに、この渡辺氏の借り入れ金の問題に関しても、しっかりとウォッチして行きたいと思うmewなのだった。(@@)  

                       THANKS

p.s 実はmewは、DHCの製品をいくつか使ってるんですよね~。(・・)その代金が、巡り巡って、ヨシミちゃんのとこに行ったかと思うと、尚更にムッとしてしまうところがあったりして。(>_<)

 【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-03-27 05:53 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

安倍周辺の懲りない人たち~麻生副総理、小松長官、NHK籾井、維新超保守、みんな渡辺

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 安倍首相が、自分と考えが合うという点を重視して、様々な職に任命した人たちや首相と考えが合う人たちには、何故だか懲りない&困った人たちが多い。(~_~;)

 今週23日には、萩生田総裁特別補佐が、TV番組で、河野談話に代わる新しい談話を発表する可能性を示唆して、大問題に。(@@)
<関連記事・『安倍側近の発言で、日米韓会談が険悪化&外交がさらに悪化するおそれ』『歴史修正主義の安倍に、冷たい反応』> 

 菅官房長官は、「萩生田氏の個人的見解だ」として、火消しに務めているものの、その余波が続いている。(~_~;)

『安倍総理に近い自民党の萩生田総裁特別補佐は、23日、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野談話の検証結果を受けて新たな政治談話を発表する可能性に言及していました。これについて、公明党の山口代表は会見で・・・。
 「“ひいきの引き倒し”になるような言動は厳に慎むべきである」(公明党・山口那津男代表)
 山口代表は、衛藤総理補佐官が靖国神社参拝をめぐってアメリカ政府を批判した経緯を指摘したうえで、萩生田氏の発言について「政府を支える与党の一員として反省すべきことだ」と述べ、厳しく批判しました。

 また、韓国を訪問していた日韓議員連盟の幹事長である自民党の河村選対委員長は、韓国政界関係者から萩生田氏の発言について「朴槿恵(パク・クネ)大統領が非常に気にしている」と伝えられたことを明らかにしました。
 安倍政権は「新たな政治談話を出すことはない」と日米韓の首脳会談に影響が及ばないよう火消しに務めていますが、総理官邸関係者からも「総理の側近がよけいなことを言わなければいいのに」と懸念する声があがっています。(TBS14年3月25日)』

* * * * *

 安倍首相は、オランダ時間の25日に、日米韓の三国首脳会談を行なう予定なのだけど。
 昨日の昼前(オランダの24日夜)、韓国の朴大統領が体調不良のため、オランダ国王主催の晩餐会を欠席したというニュースが出て、一瞬、ギョッとさせられることに。 (・o・)

 もし体調が回復しなければ、日米韓首脳会談も欠席することになるのか・・・。もしかして萩生田発言が、体調に影響しちゃったのだろうか(意味、わかってね)とか懸念していたのだけど。<たぶんmew以上に、安倍首相&周辺は、ビクビクしていたことだろうけど。(~_~;)>
 どうやら現地25日の朝からは、しっかりと日程をこなしており、日米韓会談も予定通りに行なわれるようだ。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 また、昨日は、失言では常連組(昨年「ナチス発言」で物議をかもしたばかりの)麻生副総理が、また問題視されるような発言を行なったという。^^;

『麻生太郎副総理兼財務相は25日の記者会見で、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島編入について「(9世紀に成立した)キエフ公国がロシアのもとだ。(ウクライナの首都)キエフがクリミア半島とわかれてヨーロッパに行ってしまうみたいな話は、ロシアとしては、日本でいえば宮崎県が独立して、(古事記で神々が住んでいたとされる)高天原がいなくなるみたいな話なのではないか」と述べた。
 主要7カ国(G7)がオランダ・ハーグでの緊急首脳会議で「ロシアの違法な試みを承認しない」と宣言した直後に、ロシアを擁護したとも受け取られかねず、批判を招く可能性がある。
 麻生氏は「黒海艦隊の租借を考えたらクリミアは絶対だろうが、キエフもけっこう絶対なのではないか」とも指摘。そのうえで「簡単に話し合いがつくようには思えない。しばらく時間はかかる」と語った。

 菅義偉官房長官は25日の会見で、「副総理はウクライナ問題の難しさを表現したと理解している」と語った。(毎日新聞14年3月26日)』

<『ナチス・ドイツが1938年、ドイツ人も多く住むとの理由でチェコスロバキア(当時)のズデーテン地方を併合したことを例に挙げ、「わが国民の保護という話は、ドイツがかつてズデーテン地方の割譲を求めたことに似た話だと欧州の人は思うだろう」と欧州側への理解も示し、ウクライナ問題の解決には時間がかかるとの見方を示した。ドイツは当時、チェコを除いた英仏独伊で4カ国会談を開き、ズデーテン地方の割譲を認めさせた経緯がある。(朝日新聞14年3月25日)』

* * * * *

 麻生副総理は、おそらくウクライナ情勢や自分の世界史に関する知識や見解を示す(ひけらかす)つもりだっただけで。他意はなかったのかも知れないのだけど。<ただ、宮崎の高天原を引き合いに出したのは、キエフ&ロシアの事例とは適合していないんじゃないかと思うんだけどね。^^;>

 安倍首相は、欧米とロシアの板ばさみになっていたものの、ロシアのクリミア編入を機に、欧米側に軸足を移すことを決意して。昨日は、オランダでG7の会合に参加して、他国に歩調を合わせてロシアを批判すると共に、ソチG8サミットに参加せず、ロシアをG8から外すことに賛同したばかり。^^;

 もし麻生氏が、安倍内閣や日本政府とは関わりのない第三者的立場にあるならまだしも、今は日本の副総理という政府の中枢の立場にあるわけで。
 ロシアを批判している安倍内閣の副総理が、ロシアのウクライナへの介入やクリミア編入には止むを得ない事情があると理解を示すかのような発言を行なったり、ロシアが今後、ウクライナの首都にまで力を及ぼすかのような見解を示したりすることには、やはり問題があると言わざるを得ないだろう。(~_~;)

 たぶん麻生氏のようなタイプの人は、TPOにも配慮しつつ、何をどこまで言っていいのか悪いのかを判断する感覚が、常人とはズレているのではないかと。そして、もうあの年齢になったら、それを修正することも困難かも知れないと思ったりもするのだけど。^^;
 いまや安倍首相&周辺の言動には、国内のメディア以上に、中韓や欧米のメディアが注目しているだけに、このような発言は対外的な面でも、安倍首相の足を引っ張るおそれが十分にある。(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、安倍首相が、集団的自衛権の解釈改憲を行なうために、わざわざ外部からスカウトして来た小松内閣法制局長官も、昨日、また国会でプチ問題を起こしたらしい。(~_~;)

『内閣法制局の小松一郎長官は25日の参院外交防衛委員会で、議場に持ち込むことが禁じられている携帯電話のメール画面を見ながら答弁した。
 質疑は一時中断し、小松氏は直後に答弁を撤回した。

 民主党の白真勲参院議員が、政府の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」をめぐり、横畠裕介内閣法制次長が発言したことがあるかどうかを質問。小松氏は部下から携帯電話を受け取り、「質問を受けたこともなく、答えたこともない」と読み上げた。
 与党筆頭理事の佐藤正久自民党参院議員が注意し、小松氏は「携帯を議場に持ち込んだのは国会のルールに反し、大変重大な誤りだった」と陳謝した。(読売新聞14年3月25日)』

<小松氏は、白氏の質問に対し、一度は「調べる」として回答を保留したのだが。『近くに座っていた部下から携帯電話を受け取り「質疑の中継を次長が見ていて、連絡が私の同伴してきた者に入った」と説明。「質問を受けたこともなく答えたこともない」と画面を読み上げた』らしい。(朝日3.25)>

* * * * * 

 小松氏は昨夏、安倍首相の要望に応じて、内閣法制局長官に就任したものの、今年1~2月には腹腔部の腫瘍治療のために入院し、2月末に退院して公務に復帰したのだが。<自らの手で解釈改憲を成し遂げたいと、首相に直訴したとか。>
 しかし、その後、国会での重要な答弁を含め、あまりにも問題のある言動が続いているため、野党からだけでなく、自公与党からも批判や辞任要求が続出しているような状況にある。(~_~;)

<国会答弁で、安倍首相の考える解釈改憲の計画を勝手に暴露。(しかも、その計画は自民党の公約に反するものだったりして。)質問に関係のないことも含め、長々として答弁を繰り返す。答弁の中で、個人的な反論を行なう。国会廊下+αで野党議員と激しく口論する・・・などなどの問題ある言動のため、国会の理事会や官邸、自民党などから注意を受け、アチコチで釈明や謝罪をしまくっているような状況なのよね。^^;
(関連記事・『小松長官が安倍のアキレス腱に~安倍のたくらみ暴露&問題答弁に与野党から批判』『小松長官の更迭要求が強まる~法制局長官の資質、見識なし&国会や国民にもマイナス』)>

* * * * *

 安倍首相が強引に解釈改憲を実現しようとしている中、内閣法制局は憲法解釈を行なうに当たって、重大な役割を担っているだけに、(上のリンク記事に書いたのだが)mewは、小松長官のように、憲法や関連事項の知識が乏しい上、公務員として非常識、不見識な言動を行なう人には、法制局のTOPを務める資質がないと思うし。

 しかも、小松氏は、退院後は週に1回、抗がん治療のため通院しているとのことなのだが。産経新聞のコチラの写真を見てもわかるように、退院後もどんどんと痩せていて。決して体調がいいようには思えず。(-"-)

 日本の国や国民のためにも、自分の病気の治療効果を上げるためにも、不慣れで心身の負担の大きい法制局長官の職務は離れた方がいいと、マジで提言したいmewなのであった。(・・)

* * * * * 

 ところで、今、国会ではNHKの予算に関する総務委員会が開かれているのだが。NHKの籾井会長も相変わらずだ。(>_<)

 籾井会長は、衆参の予算委員会の時から、連日のように辞任を要求されているのだが。ひたすら「会長職を全うしたい」の一点張りで、全く辞める気はない様子。

 また、先月には、籾井会長が、就任時に10人の理事全員に辞表を提出させて、キープしていることが発覚して。民主党をはじめ野党議員は、予算委員会の時から連日のように、この行為を「人事への強権支配だ」、「放送法に反する」などと指摘して、理事に辞表を返還するように求めているのだけど。

 籾井会長は、「辞表を書いた理事一人ひとりの真摯な気持ちを考えると、返すというわけにはいかない」「人事権の乱用しない」というお決まりのフレーズを繰り返して、あくまでも辞表の返却を拒否し続けているのである。(-_-;)
 しかも、籾井会長は、NHKの理事の任期を2年から1年に変えることまで提案したという。^^;

<籾井氏は、辞表を預かるのは「よくあることだ」と主張していたものの、自分は民間企業に勤めていた時にやったことはないし。経済団体や大企業のTOPも、そんな話はきいたことがないと言うし。もしかして籾井くんは、誰かに、理事の辞表を集めるようにと指示されて行なった&その人の意向に背くことができないので、辞表を返却できないのかも・・・とか邪推したくもなったりして。^^;
 ちなみに、NHKの理事は、同局でずっと勤務して来た各局の局長の人がなっているので、その中には会長に従順ではない厄介な人がいるかも知れず。また、理事を上から抑えることで、実質的に各局の職員も抑えることになるんだよね。(~_~;)>

* * * * *

 そして、籾井会長が反省のかけらもないような答弁を続けていることもあって、25日には、民主党や維新の会は、NHKの予算に反対することに決めたという。

『NHKの予算は与野党の全会一致で承認するのが慣例だが、06年度予算案以来、8年ぶりに慣例が崩れる。野党第1党が反対するのは05年度予算案以来だ』という。(毎日新聞14年3月25日)

* * * * *

『籾井氏は1月25日の会長就任記者会見で「(慰安婦の)問題はどこの国にもあった」「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」などと発言し、民主など野党側は籾井氏の辞任を要求。(中略)
 民主党は25日、反対の方針を決めた。桜井充政調会長は記者会見で「籾井氏が会長である限り、受信料の不払いがかなり増えて今のような予算は組めないだろう。籾井氏が辞めないのであれば反対するのは当然だ」と語った。
 維新も総務会で、籾井会長の言動で受信料の徴収が落ちているとして反対を決めた。社民党も反対の方針を固めた。みんなの党は賛成する。(同上)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、維新の会の場合は、民主党や社民、共産党などとは、NHKの予算に反対する理由が異なる部分があるようだ。(**)

『日本維新の会は25日の総務会で、NHKの2014年度予算案に反対することを正式に決めた。NHK予算案は与野党の全会一致での賛成による可決が慣例だが、慰安婦問題をめぐる籾井勝人会長の問題発言の影響から、野党側に反対論が強まっていた。

 松野頼久・国会議員団幹事長は総務会後の記者会見で「籾井会長の言動により受信料の徴収が落ちていることなどから反対を決めた」と語った。

 維新は18日の政調部会でも「番組が偏向報道だ」「韓国ドラマを流しすぎだ」などの意見が出て、出席者20人のうち18人がNHK予算案に反対していた。(朝日新聞14年3月25日)』

 同じ維新の会の議員でも、籾井会長の偏向した言動を問題視している人もいるのだが。
 他方、太陽族を中心とした超保守議員の多くは、(安倍氏率いる自民党の超保守仲間と共に)かねてよりNHKの番組は、左側に偏向していると批判し続けているのが実情なのだ。(~_~;)

<反戦的な傾向があるとか、慰安婦を含む歴史認識や中国や韓国の取り上げ方に問題があるとか、最近では、原発問題の取り上げ方が脱原発を促しているように見えるとかね。^^;>

* * * * *

 昨日の衆院総務会でも、維新の中田宏氏が韓国ドラマに関して問題視していたのだけど。
 彼らは、NHKが03年に「冬のソナタ」を放映し始めたことが、韓流ブームの火付け役になったと考えているようで。今でも韓国のドラマや音楽を放映しているNHKに不快感を抱いている様子。
 
 さらに維新の三宅博氏は、「籾井会長の就任会見の発言には、問題はない」「安倍首相は、
NHKに新しい風を吹かすために、籾井会長や百田尚樹、長谷川三千子経営委員を指名した」「何故、理事から預かった辞表を執行しなかった(辞任させなかった)のか。残念だ」などと主張。 (゚Д゚)

 また、自分が問題があると感じた過去の番組のことをアレコレと持ち出して、「NHKのスタッフが、反日集団と組んで、問題のある番組を作っている」と批判。後半は「反日」「サヨク」の言葉を乱発して、まるでネトウヨ・ブログのように言いたい放題の質問(というか主張)を国会で行なっていたです。(>_<)

<籾井会長も、チョット嬉しそうな表情を浮かべながら、三宅氏の言葉に頷いちゃったりして。(~_~;)
 おそらく籾井会長の周囲やバックには、三宅氏のように激励してくれる超保守派の人がたくさんいるので、籾井氏も「自分は本当は悪くないのだ」と開き直って、会長続投の意思を示すことができるのだろう。(-"-)>

 NHKの籾井会長や百田&長谷川経営委員の問題発言に関しては、多くの視聴者からクレームの電話が続いており、受信料の不払いも増加しているようなのだけど。

 でも、野党や視聴者がいくら籾井会長らのことを問題視しようとも、衆参で多数を占める自公与党は、そんなことはお構いなしに、今週中にNHKの予算を承認する予定であるとのこと。

 そして、予算さえ通ってしまえばこっちのものゆえ、安倍首相&超保守仲間たちは、ここから(籾井会長らを通じて?)本格的にNHK支配を進めるのではないかと危惧しているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~    

 最後に、今日26日に、安倍首相が手を結ぼうとしている、みんなの党の渡辺代表の金銭スキャンダルが、週刊誌に報じられるという。

『化粧品販売会社ディーエイチシー(東京)の吉田嘉明会長がみんなの党の渡辺喜美代表に選挙資金として計8億円を貸し付け、約5億4900万円が未返済だとする手記が、26日発売の週刊新潮に掲載されることが25日、分かった。
 昨年5月に公開された渡辺代表の資産報告書には、借入金は2億5000万円と記載されている。

 手記によると、渡辺代表から依頼を受けて2010年の参院選前に3億円、12年の衆院選前に5億円を渡辺代表の個人口座に振り込んだとしている。うち2億5000万円余りは既に返済されたという。
 渡辺代表の事務所関係者は取材に「個人の名義で借りた。利子は払っており、問題ない」と説明した。(産経新聞14年3月25日)』(関連記事*1)

* * * * *

 DHCの社長が、何故、週刊誌にこのような手記を寄せたのかは、「???」なのだけど。^^;

<渡辺氏が、借入金の利子や返済をきちんと行なっていなかったとか。政党の運営方針に対する考え方に違いが生じて、返済を求めたけど拒否されたとか。何かをきっかけに、渡辺代表に怒りを覚えてorどこかからの要請で、渡辺氏を潰しにかかろうと思ったとか、邪推し始めるとキリがないですぅ。(@@)
 あ、渡辺氏は、この件も含め金銭問題でトラぶっていたから、安倍自民党にくっついて難を逃れようとした・・・な~んて邪推もできるよね。(~_~;)>

 今後の展開次第では、みんなの党の存亡に関わる事件になるおそれも。
 また、集団的自衛権の行使や改憲で、みんなの党の協力を期待していた安倍首相にも、痛手になるかも知れないな~と思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                          THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-26 06:47 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

歴史修正主義の安倍に、冷たい反応+中国が韓国と共闘&米国に接近で、日本は孤立?

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



  オランダを訪問中の安倍首相は、現地時間の23日、アムステルダムに到着した後、真っ先に「アンネ・フランクの家」を訪問したという。(・・)

 東京周辺では、今年にはいって、図書館などに置かれた「アンネの日記」の本の一部が次々と破られる事件が起きたことから、関係者に配慮しての訪問だったのではないかと察する。
 首相は、事件に関して、「大変残念な出来事でありました。こうしたことが二度と起こらないようにしていきたい」と遺憾の意をあらわした。

 安倍首相はさらに、『「アンネの家」を視察した際、アンネの写真の前で「歴史の事実と謙虚に向き合い、事実を次の世代に語り継ぐことで世界平和を実現したい」と記者団に語った。
 また、アンネが隠れ家で記した「アンネの日記(Diary of a Young Girl)」と日本との間には、深いつながりがあると指摘。20世紀は基本的人権が踏みにじられた世紀だったが「21世紀はそうしたことが起こらないようにしたい」と述べた。(AFP通信14年3月24日)』

 もし安倍首相が、本当にこの言葉通りの思いを抱いているのであれば、是非、国政や外交において、それを実現できるように努めて欲しいと思うし。mewも応援したいところなのだけど。
 でも、おそらく、国内外では、この安倍首相の発言をきいて、「何をわざとらしくorしらじらしく、心にもないことを言ってんだか」と疑問や反発を覚えた人は少なくないことだろう。(~_~;)

 というのも、安倍首相は、中韓からも欧米からも「戦前志向のナショナリスト(国家or国粋主義者)」「歴史修正主義者」だと評されているからだ。(・・)

<「知らぬは、日本の一般国民ばかり」だったりして?(>_<)・・・国内でも、知っている人は、よ~く知っていることだけど。日本のメディア(特にTV)が、この問題をほとんど伝えようとしないんだもんね~。(-"-)>

* * * * *

『米ニューヨーク・タイムズは「安倍氏の危険な歴史修正主義」と題する社説を掲載し、英フィナンシャル・タイムスも「歴史修正主義者」と指摘しました。米議会調査局が2月下旬に公表した日米関係に関する情勢分析の報告書にも、「安倍首相は(略)歴史修正主義者の視点を持っている」と書かれています。(THE PAGE 14年3月23日)』

<関連記事・『米NSCも安倍を危険なナショナリストと評価』『菅の反論に反論~安倍は歴史に逆行してる!&安倍仲間は南京大虐殺も河野談話も否定』など> 

 
 歴史修正主義とは、「ある歴史的事象について定着している評価を一面的とし,その見直しを要求する理論的態度」を意味するのだが。(三省堂・大辞林)
 従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して「客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するものである」として批判する場合に用いられる・・・ことが多い。(wikipediaより)

* * * * *
 
 それゆえ、今回の安倍首相の「アンネの家」訪問に関しても、海外メディアの中には、冷たいor厳しい評価を行なうところがあったとか。^^;

『ロイターは、安倍首相はアンネの家訪問で、未解決の戦時課題をめぐる日中の舌戦と、中国がこれらの議論をヨーロッパへ拡大する試みにおいてポイントを稼いだと報じた。
 APも、「北朝鮮の核問題を議論する日米韓首脳会談を前にした外交的動き」であり、12月の靖国神社参拝の影響を取り消そうとした、と報じた。』

『「安倍氏は中国や韓国から歴史修正主義と批判されることより、西洋、特にアメリカのユダヤ人社会からの非難に対してより敏感にみえる」という上智大学国際教養学部の中野晃一教授(政治学)の見解をAFPは掲載した。アメリカのユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、アンネ関連本破壊事件について強い懸念を表明していた。
 同氏は今回のアンネの家訪問について、「アメリカ当局を安心させるためのメッセージを送りたいという安倍氏の願望の反映だ」と語ったという。』(以上、NewSphere 14年3月24日)』

 しかも、23日には、安倍首相の側近(萩生田総裁特別補佐)が、河野談話に絡んで、新たな談話を出す可能性を示唆したばかりでもあったことから、韓国でも、安倍首相のこの言葉に対する反発が出ていた様子。^^; 

『与党・セヌリ党の報道官は「安倍首相が『歴史の事実に謙虚に向かい合い、歴史の教訓を次の世代に引き継ぎたい』としてアンネ・フランクの家を訪問する時、安倍首相の側近は歴史否定を繰り返している」とし「いったいなぜ安倍政権は韓日米首脳会談が開かれる今この瞬間までも国際社会を愚弄しているのか理解できない」と批判した。(中央日報日本語版14年3月24日)』

* * * * *

 哀しいかな、わが国の首相は、世界からこのような見方をされるケースが増えているのが実情なのだ。^^;

 おまけに、麻生副総理の「ナチス」発言もあって、安倍首相は、秘密保護法や集団的自衛権の解釈改憲によって、ナチスのように、こっそりと現憲法を変容させて、国民の人権を抑圧したり、日本の平和主義を壊したりするような施策を進めていると見られている部分もあるし。

 自ら「戦後レジームからの脱却」「強い日本を取り戻す」などのスローガンを掲げ、戦後体制を否定して、戦前のような富国強兵策に力を入れて。まさにアンネが苦しんでいた第二次世界大戦中や、それ以前の時代に、時計の針を戻すような国政を行なおうとしているわけで。(ーー)
 それを思えば、尚更に、上述の言葉は、しらじらしいものに感じられることになるだろう。(~_~;) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、前記事の『安倍側近の発言で、日米韓会談が険悪化&外交がさらに悪化するおそれ』で大きく取り上げたのだが。

 23日に安倍首相の超側近である萩生田特別総裁補佐が、TV番組で、河野談話に代わる新しい談話を出す可能性があると発言したことも、中韓はもちろん、欧米の不信感をさらに高じさせることにつながるおそれがある。^^;

 菅官房長官は、案の定、あれは「萩生田氏の個人的見解だ」ということにして、カタをつけようとしたのだが。何と韓国は、事前に、首相に近い政治家の歴史認識問題や慰安婦問題に関する発言を注視する考えを伝えていたのだという。 (~_~;)

『菅氏は24日午前の会見で「(新たな政治談話は)あり得ない。今まで首相からそういうことを聞いたことはない」と明確に否定した。首相が来年の戦後70年に合わせて検討している談話についても「未来志向の談話を出したい」と述べ、萩生田氏の言う「新談話」との関連を否定した。
 自民党幹部は「こんなことで日米韓首脳会談がなくなったら冗談では済まない」といらだちを隠さない。
 萩生田氏は24日朝、菅氏に「個人的見解で、政府とは関係ない」と電話で釈明した。このため、会見では菅氏も萩生田氏への直接的な批判を控えたが、同氏が首相と近いことを踏まえ、「誤解を与える」と改めて電話で注意せざるを得なかった。(毎日新聞14年3月24日)』

『政府関係者によると、12日に訪韓した斎木昭隆外務事務次官に対し、韓国外務省の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官は、日米韓首脳会談に応じる前提の一つとして、首相に近い政治家の歴史認識問題や慰安婦問題に関する発言を注視する考えを伝えていた。首相は14日の参院予算委員会で河野談話を見直さないと明言したが、会談の決定が21日までずれ込んだのは、韓国側が安倍政権になお懐疑的だったためだ。(中略)
 日韓外交筋は「萩生田氏が勝手に話せるわけはない」と指摘する。河野談話の継承を表明した首相に対する保守層の不満を、萩生田氏が新談話に言及することで和らげようとしたのではないか、という解説だ。(同上)』

* * * * *

 安倍政権では、昨年来、安倍首相の超保守仲間である閣僚や党役員、側近スタッフなどが、歴史認識などに関して問題発言を行なうケースが後を絶たない。<閣僚などの靖国参拝もしかり。^^;>

<安倍首相の側近で言えば、今年にはいって、萩生田総裁特別補佐が、党の会合の中で、首相の靖国神社参拝に「失望」を表明したオバマ米政権について「共和党政権の時代にこんな揚げ足を取ったことはない。民主党政権だから、オバマ大統領だから言っている」と発言。
 また、衛藤首相補佐官が、you tubeにアップされたネット放送の中で、『「アメリカがdisappointed(失望)と言った事に対して、むしろ我々の方がdisappointed(失望)だったんですね」「アメリカがちゃんと中国にものを言えないような国になりつつある」などの米国批判を展開したりとかね。>

 これらを受けて、菅官房長官は、そのたびに、それらの発言は「個人的見解だ」「首相や政府の見解ではない」と主張し、本人に注意して、発言を撤回させるだけで(メディアがあまり突っ込まないのをいいことに?)、コトを済まそうとして来たのであるが。
 このブログでもいつも書いているように、中韓も米国も、安倍氏が超保守仲間である彼らと共に、ずっと一緒に政治活動を行なっており、同じ思想や認識を有していることを知っているのである。(・・)

 それゆえ、中韓にせよ、米国にせよ(mewにせよ)、彼らは、安倍首相の代弁者として、このような発言を行なっているのではないかと勘ぐっている部分があるし。
 仮に彼らが勝手に発言を行なっているとしても、安倍首相がそれを容認しているのではないかと思われたとしても致し方ないだろう。^^;
 
<逆に言えば、安倍首相は、側近が自分とは全く異なる考えを、公の場で発言することを容認すべきではないだろうし。もし彼らが首相の指示に従わず、勝手に発言しているとしたなら、きちんと責任を追及して、首相補佐官やら総裁特別補佐の任を解くべきだし。それもできなければ、首相として、側近スタッフの任命責任や指導力、管理力の欠如を問われるべきことになるのでは?^^;>  
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 それもあって、mewは、今日行なわれる予定の、日米韓の首脳会談が、かなり冷めたものになるのではないかと懸念しているのだけど・・・。
 昨日、先に行なわれた韓中首脳会談では、両首脳が安倍政権の歴史認識の問題をメインで取り上げて、2国で共闘して行くことを確認したという。^^;

『欧州歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、オランダで韓国の朴槿恵大統領と会談した。韓国大統領府によると、習氏は朝鮮の独立運動家、安重根の記念館が中国黒竜江省ハルビン市に建設されたことで中韓両国民の連帯感が強まったと表明。朴氏は中韓の友好関係の象徴となると応じ、中韓が25日の日米韓首脳会談に先立ち、歴史問題で対日共闘姿勢を確認した。

 初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の記念館は、今年1月に開館。菅義偉官房長官が安重根について「死刑判決を受けたテロリスト」と述べ、韓国側が反発した経緯がある。
 習氏と朴氏による正式な首脳会談は今回で3回目。(共同通信14年3月24日)』

『韓国の同行筋によると、習氏は、1月に中国黒竜江省ハルビン駅に開館した朝鮮独立運動家・安重根アンジュングンの記念館について、「建設は私が直接指示を下した」などと述べ、朴氏も謝意を伝えた。
 安は、1909年に同駅で初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した人物。習氏には、25日の日米韓首脳会談を前に、歴史問題での韓国との連携を誇示し、日本をけん制する狙いがあるとみられる。朴氏もこれに応じた形だ。

 会談は1時間に及んだ。習氏は冒頭で安重根の話に触れ、記念館開館は「中韓国民の結びつきを強めるものだ」と強調した。さらに、日本の植民地統治期、「光復軍クァンブクグン」と呼ばれる朝鮮の抗日部隊が駐屯した中国陝西省・西安に、新たに石碑を建設中だとも明らかにした。習氏は「間もなく完成し、除幕する。多くの韓国の国民に見に来てほしい」と語った。(読売新聞14年3月24日)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 この安重根の記念館に関しては、色々な考え方をする人がいるのではないかと思うのだが。
 mewは、この件一つとっても、戦争や力による支配によって、敵対国になると、物の見方、とらえ方は正反対になってしまうのだな~と、しみじみ感じたところがあったし。

<日本から見れば、韓国統監の伊藤博文氏を暗殺したテロリストでも、韓国から見れば、植民地支配から祖国の独立のために戦った英雄になるし。
 日本から見れば、特攻隊員が命を賭して、鬼畜米英とみなしていた米艦船に突撃した行為は英雄視されていたけど、米国にしてみれば、国家による非人道的な(自爆テロに類する)行為に思われていたようだし。^^;> 

 そして、だからこそ、戦争や力による支配は避けるべきだと。また、他国を敵対国とみなして、無用な憎悪、嫌悪感をお互いにエスカレートさせるような高じさせるような言動は、慎むように努力すべきではないかと改めて強く思ったりもした。(**)

* * * * *

 また、実のところ、昨年6月になって、朴大統領が突然、韓中首脳会談で、この記念館建設を提案して、中国がそれに応じたのも、最近は、2国で731部隊の被害者の記念館を建てる話が出始めているのも、韓国や中国が、自分たちをあからさまに敵視したり、学校教育も含めて歴史修正主義に走ったりする安倍首相への反発や不満を高じさせているからにほかならないわけで。
<ソウル聯合ニュース2月13日にも『日本の右傾化に対する韓国と中国の共同対応として』って記されていたです。^^;>

 日本側も中韓側も、お互いに相手の立場に配慮して、歩み寄る姿勢を示さない限りは、負の連鎖がどんどん広がって行くのではないかと思うのだけど・・・。(~_~;)
 ただ、菅官房長官は、今回の韓中首脳会談について、反発を示していたとのこと。^^;

『菅氏は、安重根の暗殺事件について「日本と韓国の立場は全く異なる」と指摘した。その上で「前世紀のこうした事件について、一方的な評価に基づく主張を韓国と中国が連携して国際的に展開する動きは、東アジア地域の平和と協力の構築に資するものではない」と述べた。(産経新聞14年3月24日)』

 やっぱ、安倍政権が続く限りは、中韓との関係を改善することは、不可能に近いのかも知れないっす。(>_<)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 昨日は、おそらくは、安倍首相もめっちゃ気にしているであろう米中の首脳会談も行なわれた。(・・)

 今、世界が最も注目していることも一つに、米国と中国が、どこまで接近するのか、果たして米国が中国が提唱している「新しい大国関係」に応じるか否かということがあるのだけど。
<中国は、これを拡大して、「西洋は米国、東洋は中国」がリーダーになって、世界を主導する二大国主義をとりたいと考えているんだよね。(~_~;)>

 安倍首相は、日本が天敵・中国に軍事的にも経済的にも勝って、アジアのTOP国として、米国と共に世界のリーダーになることを最大の目標にしているし。中国に打ち勝つためにも、米国には日本の味方になってほしいと考えているのに。ここに来て、米中がどんどん接近しているのを見て、気が気ではないかも知れない。(~_~;)

* * * * *

 どうやら昨日の米中首脳会談でも、その二大国の関係のことがメインの話題になったようだ。^^;

『オバマ米大統領と中国の習近平国家主席は24日、オランダ・ハーグでの核安全保障サミットを前に会談した。米ホワイトハウスによると、ロシアのウクライナ南部クリミア半島編入問題について、両首脳は緊張緩和と外交的解決の重要性で一致。また、米中間の「新たな関係」の構築を追求し、中国の防空識別圏設定や尖閣諸島を含む東シナ海などでの海洋権益を巡る米中対立の解決に向け協力することを確認した。
 オバマ大統領は、習主席が提唱した「新たな大国関係」構築について、中国が国際的責任を果たし得るか見極める態度。ただ、ウクライナ危機を踏まえ、米中の「新たな関係」に積極姿勢を示すことで、中露関係にくさびを打ち込むと同時に、中国が「力による現状変更」に踏み出さないようけん制する狙いがあるとみられる。

 ホワイトハウスによると、習主席は主権の重要性を強調、ウクライナの緊張緩和と政治的解決への期待を表明した。中国がウクライナの主権問題との認識を再確認したことで、オバマ政権は中国がロシアとは一線を画したとみている。ただ、中国は欧米とロシアとの対立も懸念しており、外交的打開を促すよう求めたとみられる。
 また、会談では、オバマ大統領が気候変動問題や人民元為替問題への取り組みを強化するよう要請。習主席は、米政府によるサイバー攻撃の問題を提起。オバマ大統領は米中間の協力を推進する考えを示した。

 一方、2国間の関係について、オバマ大統領は「新たな関係」を土台に「人権や、南シナ海・太平洋地域の海洋問題などの摩擦について、全ての関係国にとっての解決策を見いだすことになる」と指摘。米中協議を通じて東シナ海の領有などの協議を促進する考えを強調。習主席はオバマ大統領から届いた書簡の内容として「(オバマ大統領は)中国との大国関係の新たなモデル構築に関与していると言及した」として謝意を示した。(毎日新聞14年3月24日)』

『習主席は「主要国関係の新たなモデルの構築に中国は固くコミットしている」とし、米国との非対立、相互尊重、双方に有益な協力関係に向けた立場を強調した。(ロイター14年3月24日)』

<ほ~。オバマ大統領は、習主席に書簡を届けていたんだ~。 (・o・)>

* * * * *

 それにしても、昨日は米国も韓国も中国と2国間で首脳会談を行なったのだが。安倍首相は、中国や韓国とは、これまで1回も首脳会談を行なっていないし。今回のサミットでも、中米韓とは、2国での首脳会談を行なうことができず。^^;
 今日の日米韓の3国首脳会談も、オバマ大統領の顔を立てるためにやるようなもので、形式的なものに終わる可能性が大きいと思われ・・・。

 歴史修正主義の安倍政権が続く限り、日本はどんどん欧米諸国とも、東アジアとも価値観が共有できず、どんどんカヤの外に置かれてしまうのではないかと、マジで憂慮しているmewなのだった。(@@) 
     
                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


   
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-25 07:08 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍側近の発言で、日米韓会談が険悪化&外交がさらに悪化するおそれ+大阪市長選

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 久々に競馬の話題から・・・。

 昨日は帯広ばんえいで、シーズン最後を締めくくる「ばんえい記念」(1トンの馬に1トンの斤量で迫力満点)が行なわれ、、何とインフィニティwith浅田達也コンビが、初出走で初優勝を果たすことに。(*^^)v祝
<それなりにごヒイキだったので、うれしい。(^^)>
 そして、ようやく次世代エースとして期待され続けていた&ようやく西謙一で復活しモード中のフクドリが、2位にはいった。(・・)
<2頭とも勝ってたのだけど、まさかキタノタイショウが3着までに来ないとは~~~。(@@)>

 でも、今シーズンはちょっとスター不在の感があったので、ここでインフィニティやフクドリ、そしてオイドンあたりが頑張ると、来シーズンは盛り上がるかも。<真っ白なアオノレクサスも
力をつけて来たので、大きいGIのレギュラーになると注目度もアップしそう。で、先日のイレネー記念ぐらいワクワク・ドキドキのレースが見られたら、GOODかも。>

 4月からも世界でたった一つの「ばんえい競馬」をよろしくお願いしますです。m(__)m

 でもって、昨日のJRAの阪神大賞典の最大の見どころは、、岩田康とゴールドシップの勝負だったのだけど。<岩田は、道中ずっと腰を引いてガウガウのGシップと戦っていたし~。(~_~;)>
 さすがは、自己主張と豪腕なら負けない(?)岩田。今回は見事にゴールドシップを御して&制して、圧勝してみせたです。(*^^)v祝

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、 安倍首相は、23日、オランダで開かれる核セキュリティ・サミットに出席するために、羽田空港を出発。
 サミットの場では、G7首脳と集まって、ウクライナ情勢について協議するほか、現地25日には、ついに日米韓の3国首脳会談を行なうことになった。(・・)

 ただ、この折角の3国首脳会談も、冷た~い&重た~い雰囲気の中、形式的なものに終わる可能性が大きい。(@@)

 もともと日韓双方とも、米国&オバマ大統領の顔を立てるために応じた首脳会談だし。安倍首相は、この会談を実現させるために、米韓の要請に応じて、とりあえず(?)国会で河野談話などの見直しを否定する答弁を行なったのだけど。
 昨日、安倍首相の側近である荻生田総裁特別補佐がTV番組で、わざわざ会談の前に、「河野談話の見直しはしない」が、「新しい談話を出す」可能性を示唆する発言を行ない、日韓の歩み寄りモードに水を差したからだ。(>_<)

 mewから見れば、安倍陣営は、今から握手するためにお互いに手を差し出そうとしているウラで、相手にケンカを売っているようなところがあるわけで。
 彼らには、自分たちの特異な思想への固執やある種の意地、そして超保守仲間への配慮などなどがあるのかも知れないけど。
 一国の首相&スタッフとして、この外交オンチぶりには、唖然とさせられてしまったところがある。 (・o・)

<だから、内閣府の調査でも、「現在の日本で悪い方向に向かっている分野」として「外交」を挙げた人が38・4%とトップ(過去最高の数字)になっちゃうんだよね。(~_~;) (*1)
 ただ、国民がそれに気づいているのは、幸いなことかも。(・・)> 

* * * * *

 米オバマ政権は、アジア重視の戦略を打ち出しており、東アジアに関しては、同盟国である日本&韓国、そして新パートナーの中国の3国といい形で協力、連携し合って、それを経済的&軍事的なアジア・太平洋地域の安定に<対北朝鮮、対ロシア政策を含む>つなげて行きたいと考えている。(・・)

 それゆえ、米国は安倍政権に、ずっと中国や韓国との関係改善を要請し続けているのだけど。安倍首相は、新政権中韓の首脳と一度も会談を行なえないままでいる。(-"-)

 安倍首相&超保守仲間は、もtもと中韓朝を敵視、嫌悪しているおり、自らが譲歩してまで、中韓と仲良くする気はないし。特に中国とは、歴史問題に加えて、尖閣諸島を巡る対立が激化しており、いまや関係改善は極めて困難な状況にあると言えるだろう。(~_~;)
 
、米国としては、せめて韓国とは関係改善することを求めたものの、保守派の朴大統領が河野談話などの歴史認識に固執しているのに対して、超保守派の安倍首相も韓国に譲る気がない上、靖国参拝を決行したことから、さらに両国の関係が悪化することに。

 この状況に業を煮やした米オバマ政権は、米国が主導する形で、日米韓3国による首脳会談を行なうことを計画し、両国を説得。(圧力も行使?)
 安倍首相に、河野談話を見直さないことを明言させた上で、今回の首脳会談では、歴史認識の問題には触れないことにして、ようやく先週になって、会談の実現にこぎつけたのだ。(・・)

 そして、安倍首相も、羽田を出発する際には「東アジアの安全保障について、率直な意見交換をしたい。未来志向の日韓関係に向けた第一歩としたい」と語っていたのであるが。
 昨日の萩生田発言には、韓国がすぐに反発を示しており、朴大統領もかなり身構えているのではないかと思うし。米国も、「disappointed(失望)」している(怒っているかも?)はずで。
 各首脳とも、表面上は、とりつくろうかも知れないけど。とても「未来志向」の会談を行なうことはできそうにないように思える。(~_~;)

 しかも、米国も韓国も、サミット初日に中国と首脳会談を行なうものの、日本は中国とはいまだに首脳会談を開けず、この4国の関係という面では、カヤの外に置かれているし。
<韓国と中国は、安倍政権の歴史認識に関して、さらに連携を深める可能性がある。>

 このままだと日本の外交は、どんどん暗礁に乗り上げて、本来なら最も重視すべき米中韓との関係において、孤立化して行くことにもなりかねず。mewは、ひとりの国民として、この状況を深~く憂慮している。(~_~;)
 、 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍首相&超保守仲間は、内心では、別に韓国とずっと首脳会談を行なわなくてもよかったかも知れない。
 また、米オバマ政権までもが、安倍首相&周辺の超保守的な言動や、靖国参拝に関してアレコレ文句をつけて来ることに、ムカついている部分もあるのではないかと察するのだけど。

 ここに来て、北朝鮮情勢がまた不安定になっているし。中国が強気の姿勢を崩さない上、米韓と接近しているし。親愛なる(?)ロシアが、クリミア併合でG7の敵になってしまったので、頼りにできなくなってしまったし。
 とりあえず、米国と関係修復しておくためにも(オバマ大統領の4月の来日をスムーズに実現するためにも?)、オバマ大統領の顔を立てて、今回の3国首脳会談に応じることにしたのだろう。(・・) (関連記事・『安倍、オバマ&G7に寄り、ロシアに未練残す』)

<安倍氏らが頼りにしている米国の共和党系の議員、ブレーンからも、自公与党内でも、米国や中韓との関係改善を求める声が強まっていたのも、影響した部分があるかも。^^;>

* * * * * 

 ただ、安倍首相&超保守仲間にとっては、韓国&米国の要請に応じて、村山・河野談話の見直しを否定する答弁を行なったことは、面白くなかった(やや屈辱的だった)に違いないし。このまま終わらせたくないという思いもあったのだろう。(>_<)
(関連記事・『安倍がついに米韓に屈して「河野談話」継承を明言+ロシアに思い届けるも、G7との間で苦悩』)

 菅官房長官が、安倍首相の「見直ししない」発言後も、政府内で再検証を行なうと言い続けていたのも、そのあらわれではないかと思うのだけど。
 昨日、安倍首相の側近である荻生田総裁特別補佐が、そのダメ押しをするかのようにして、フジTV系の「報道2001」の中で(その後の記者団の取材に対しても)、このような発言を行なったのである。 (゚Д゚)

『自民党の萩生田総裁特別補佐は23日朝、フジテレビの「新報道2001」に出演し、いわゆる「従軍慰安婦」問題で、旧日本軍の関与を認めた「河野談話」に関し、政府が行う検証作業で新たな事実が出れば、新しい談話を出せばいいとの考えを示した。
 自民党の萩生田氏は「その中(検証作業)で、新たな事実が出てくればですね、それは新しい談話を発表すればいいわけであって」と述べた。
 萩生田氏は「安倍首相は、河野談話の見直しは考えていないと言ったが、新しい談話を出すことは否定していない」とも指摘した。(FNN14年3月24日)』

* * * * *

 韓国政府は、早速、この萩生田氏の発言に強い反発を示しているとのこと。(~_~;)

『これに対して韓国外務省は同日夜、「極めて不適切な発言だ。非常に遺憾で容認できない」との見解を表明、反発した。
 安倍首相と朴槿恵韓国大統領が初めて正式対話の席に着く日米韓首脳会談が25日にオランダのハーグで開かれるのを前に韓国は態度を硬化させている。韓国外務省は日本政府の「明確な立場表明」を要求。安倍首相が河野談話の見直しはしないと14日に表明したことを強調し、これを「否定する見解」だと指摘した。(産経新聞14年3月24日)』

 また、民主党の海江田代表も、荻生田発言を批判したという。

『民主党の海江田万里代表は23日、宮崎県小林市で記者団に「安倍首相の言っていることと違う。首相は『河野談話を守る』ということだから、新たな談話を出すということなら、『守る』というより『全面否定する』ことになる」と述べ、萩生田氏の発言を批判した。(朝日新聞14年3月24日)』

 そして、きっと米国も、「また余計なことを言いやがって」と、「disappointed(失望)」を超えて、「angry・怒っている」になっているに違いあるまい。(>_<)
 
* * * * *

 いや、実際のところ、後述するように、安倍首相&超保守仲間は、今政権で、村山談話&河野談話を上書きする談話を発表して、2つの談話をなきものにする戦略を描いているのだけど。(~_~;)

 ただ、常識的に考えれば、これから首脳会談を行なうという前日に、首相の側近が、韓国や米国が最もナーバスになっている歴史認識の問題に関して、わざわざ相手の神経を逆撫でするようなことを、公の場で発言するのは控えるものだろう。(@@)

<萩生田氏は個人的見解だと言うかも知れないけど。同氏が安倍首相の側近であることは、韓国も米国もよ~く知っているし。(萩生田氏は、去年も「首相は年内に参拝する」と明言したり、今年初めにも、オバマ政権の批判をしたりしているです。) 他国から、安倍首相が萩生田氏にそう言わせたorこのような発言を行なうことを容認していると思われるのは必至だろう。^^;> 

 でも、おそらく、安倍氏らの超保守派は、それに耐えられないのである。(-"-)
 自分たちが、「本当は、河野談話なんか認めていないんだぞ」ということを、どうしても首脳会談を行なう前に韓国や周辺に言っておきたい、言わずにはいられないのだ。(**)

* * * * *

 このブログでは、安倍前政権の時から、しつこく書いていることなのだけど。
 安倍氏&超保守勢力は、いわゆる歴史修正主義者で。先の大戦の侵略性や慰安婦の強制連行性などを認めておらず。ずっと「村山談話」「河野談話」の撤回、見直しを目指して活動して来たわけで。
(関連記事『安倍内閣が米韓中に追い込まれ、河野談話の見直しを否定。but保守層の期待、裏切ることに?』『菅の反論に反論~安倍は歴史に逆行してる!&安倍仲間は南京大虐殺も河野談話も否定』)

 彼らにとっては、それが自分たちの信念やアイデンティティみたいになっているところがあるからだ。(-"-) 
<たぶん、韓国や中国(米国にも?)に「日本がついに歴史認識で折れた。屈服した」とは思われたくないし。超保守派の仲間(識者や支持者を含む)にも、そう思われたくないという面もあるのよね。^^;>

* * * * * ☆

 安倍首相は、前政権では、小泉首相の靖国参拝で悪化していた中韓関係を改善するために、首相就任時に「村山&河野談話を継承する」と発言していた上、靖国参拝も行なわず。安倍氏にとっては、その両者とも「痛恨の極み」だったのではないかと察する。^^;

 それゆえ、安倍首相は、今政権では、村山&河野談話を全面的に認めるような発言は避けていて。^^;
 昨年から今年初めにかけて、村山談話の一部に疑問を呈したり、全文の継承は拒むような姿勢を示していたし。河野談話に関しても、国会で質問されても、自ら「継承する」とか「見直しをしない」とはクチにせず、「官房長官の談話なので、官房長官が答えるべきことだ」などと答弁して、はぐらかしていたのである。(~_~;)

 とはいえ、安倍首相が、両談話を「継承しない」とか「見直しをする」と発言したら、中韓だけでなく、国内からも大きな反発を受けることになるし。
 近時は、米国や欧州の国々の政府やメディアからまで、安倍首相は「国粋主義者」「歴史修正主義者」だと警戒されていることから、<米国からの要望も受けて>とりあえず、村山&河野談話を「継承する」「見直さない」と言うことにしたのだけど。

 でも、村山談話に関しては、来年夏、戦後70周年を迎えるに当たって「安倍談話」を発表し、村山談話を上書きする(or上から包み隠してしまう?)ような形をとって、それをなきものにしてしまおうと。
 また、河野談話に関しても、安倍内閣で再検証を行なった上で、「河野談話の根拠となった慰安婦の証言には問題があった。強制連行を示す事実はなかった」と結論づけて、新たな官房長官談話を発表することで、河野談話を上書き(実質的に否定)してしまおうと考えているのだ。(~_~;)

* * * * *

 ちなみに、安倍首相らは、学校教育においても、歴史認識などを上書きするために、自分たちの思想や考えに沿う教科書の作成&普及させたり、教科書の検定基準の見直しを実行に移したりしようとしているのだけど。<自民党内で、それを担当しているのが萩生田総裁特別補佐なんだよね~。(>_<)>

(関連記事・『安倍の教科書改悪策がついに始まる~検定基準に愛国心&歴史には政府見解』『沖縄の町に、国家権力を用いて、超保守の教科書を押し付ける安倍内閣のアブナイ教育政策』)

 実は、安倍内閣(文科省)は、日米韓首脳会談の実現させるために、3月25日に行なう予定だった小学校の教科書検定基準の発表を、4月以降に見送ることにしたとのこと。

 新たな教科書検定基準には、領土や歴史認識に関して、安倍政権の主張がかなり反映されていることが予想されることから、韓国や米国が首脳会談前後にその発表を行なうことに懸念を示したからだと言われている。(ーー)

* * * * *

 もしこのまま安倍政権が続けば、日本の政府の外交や教育政策は、安倍首相&超保守仲間がこだわる思想や歴史認識に大きく左右されることになるのだが・・・。
<近い将来、村山&河野談話の上書き(=実質的否定、見直し)がなされることになれば尚更に。^^;>

 mewは、極端な思想や歴史認識を持つ首相の自己満足のために、日本の外交や教育が大きな影響を受けることは、実に無意味なことだと思うし。外交面だけでなく、経済面においても、「百害あって一利なし」だと言っていいほど、日本の国や国民にとって、マイナス要素しかないのではないかと思うことがある。(~_~;)

 mew個人は、何よりも日本の国民の多くが、安倍首相と同じ考えだとは思われたくないという気持ちが大きいのだけど。<mew周辺で、アジアはもちろん、欧米系の国の人たちと仕事や私的に会う機会がある人たちも、それは困る、イヤだと言っている人が増えているです。(-_-)>

 でも、今後も安倍内閣が高い支持率を維持して、首相交代を求めるような動きが起きずにいれば、他国の人々は、「日本の国民は、安倍首相の思想や歴史認識を支持しているんだ」と思われることになるわけで・・・。
 そろそろ日本の国民も、自分たちの国や国民がどうあるべきなのか、他国から安倍首相と同じ考えだと思われてもいいのか、よ~く考えた方がいいのではないかな~と思うmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話は変わって・・・。昨日、大阪市長選が行なわれ、前市長の橋下徹氏が85%以上の票を獲得し、当選した。(・・)

 しかし、今回は野党が候補者を擁立しなかったことから、完全に橋下氏のひとりよがりの市長選になってしまった感じが・・・。
 投票率は23%と過去最低だった上、白票を含む無効票が他の3候補の総得票数を上回るなど、市民からの疑問や反発が突きつけられるような選挙結果になった。(~_~;)

『大阪市の出直し市長選が23日投開票され、大阪維新の会公認で前職の橋下徹氏(44)=日本維新の会推薦=が新人3人を破り、再選した。投票率は23.59%(前回60.92%)と、同市長選で過去最低だった。当日有権者数は211万4978人。
 今回の出直し大阪市長選では、白票が4万5098票(投票総数の9.04%)もあり、当選した橋下徹氏に次ぐ結果になった。白票が次点候補者を上回るのは同市長選で初めて。白票を含む無効票は6万7506票(同13.53%)で、落選した3候補の合計得票5万3895票を上回った。出直し選を仕掛けた橋下氏に反発する有権者の票が、大阪府・市両議会の野党が候補を擁立しなかったために、行き場を失ったとみられる。(毎日新聞14年3月24日)』

 橋下氏は、この選挙を、大阪都構想に対する自分の考えを市民に理解してもらい、支持を得る機会にしたいと語っていたのだが。
 説明の場として行なった演説会や街頭演説には、前回の選挙に比して、ほとんど人が集まらず。投票率も低かったため、これで果たして市長として信任を得たのか、大阪都構想を推進するために十分な支持を得られたと言えるのかは、ビミョ~な状況に。_(。。)_

 橋下氏は、当選後、記者会見を行なわず、今日から市長としての公務に復帰するそうなのだが。
 この市長選を強行したことで、却って市長や大阪維新の代表としての求心力を低下させて、さらに苦境に立つことになるかもな~・・・と、思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                     THANKS 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


  
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-24 08:59 | (再び)安倍政権について | Trackback

沖縄の町に、国家権力を用いて、超保守の教科書を押し付ける安倍内閣のアブナイ教育政策

  これは3月23日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 少し前の話になってしまうのだが、どうしても気になるので、書いておきたい。(**)

 沖縄県の竹富町では、11年に地区が採択を決めた(つくる会系の)育鵬社の公民の教科書には、沖縄の基地に関する記述が少ないなどの問題があると。また採択の決定方法にも問題があったとして、同社の教科書を使用せず。町民の寄付によって、東京書籍の教科書を授業で使用している。

 ところが、3月14日、下村文科大臣が、沖縄県の竹富町に、地区で採択した育鵬社の中学公民の教科書を使用するように「是正要求」を行なうと発表した。 (・o・)
 国が市町村に対して、直接、是正要求を行なうのは初めてのことだ。(-"-)

 「是正要求」というのは、地方自治体の違法or不正な行為を正すために法的義務を負わせる措置で。過去には、住基ネット参加を拒む自治体に要求した2例しかないという。
 また通常は、国は都道府県に対して是正要求を行なうのであるが(で、都道府県が市町村に是正させる)。特に緊急を要する状態にある時に限り、例外的に国が直接、市町村に要求できるとのこと。

『下村文科相は会見で「新年度が迫っているので、直接要求する必要があると判断した。違法状態を解消するのは法治国家として当然。町教委は直ちに是正を行ってほしい」と述べ』、文科省の判断を正当化したという。(~_~;) (『』内、八重山毎日新聞14年3月15日)

 中学が使う教科書(の出版社)に関して、やれ「違法状態」やら「法治国家」やら、緊急を要するとか言って、国が市町村に直接、法的義務を負わせる措置をとるなんて・・・。
 まさに安倍内閣の強権ぶりや、異常さ、アブナさがあらわれている事例だろう。(-"-)

 また、mewは、安倍首相らが、いかに国家が主導して自分たちの考えるような教育を行なおうとしているか、さらには、いかに沖縄県の実情や県民の思いを軽視しているかということが、よ~くわかる事例でもあると思う。(-_-メ)

<育鵬社は、安倍氏の超保守仲間が、自分たちの思想や歴史認識に沿う教科書を作るために設立されたフジ・サンケイG100%出資の出版社であることを思えば、尚更に。(`´)>

* * * * *

 竹富町は、沖縄本島から南西に約450km離れたところ(八重山諸島の中)に位置し、西表島(いりおもてじま)など16の島々で構成されている、人口4千人弱の小さな町だ。<中学生は、9つの中学で合わせて100人ほど。「公民」の教科書を使う新中3生は、今年は46人いるらしい。(・・)>

 この地域では、八重山諸島に属する竹富町と石垣市、与那国町の3つの市町村が地区協議会を作り、そこで教科書の採択を決めることになっている。<その方が、より多くの教育関係者が教科書選定に携われる&同じ地区内で移転しても、教科書を変えずに済むなどのメリットがある。> 
 そして、これまでこの地区協議会は、中学の教員の評価が高い教科書を採択する方針をとっていたのだが。ところが11年になって、石垣市が突然、多数決で教科書を決めること&育鵬社の公民教科書を採択することを提案。竹富町はその両者に反対したものの、与那国島も石垣市に同調し、数の力で押し切られることに。沖縄県教委が仲裁にはいるも、石垣市などが譲歩せず。結局、ものわかれに終わったという。^^;

<ちなみに、この突然の教科書変更の提案の背景には、石垣島や与那国島の保守派が自衛隊を誘致していた&石垣市が保守系の市長に代わったことがあると見られている。(ーー)>
 
 しかし、この決定に納得行かなかった竹富町は、地方教育行政法では市町村に教科書の採択権限があると主張し、育鵬社の公民教科書の採択を拒否。町民の寄付で東京書籍の教科書を購入して、授業で使用することにした。(**)
 
 民主党政権下では、文科省は教科書の無償供与は認めなかったものの、国も沖縄県も竹富町の意思を尊重して、他の教科書の使用は黙認していたのであるが。自民党の超保守派は、野党時代から、竹富町が育鵬社の教科書を使用しないことを強く批判。
 そして、12年末に安倍自民党政権が始まって間もなく、義家文科政務次官が直に現地を訪れ、教科書を変更するように指導を開始。沖縄県教委にも指導を行ない、圧力をかけていたのであるが、それでも竹富町が従わなかったので、ついに是正要求を出すに至ったのである。(-"-)

* * * * * *
    
 『沖縄県竹富町が地区協議会の答申と異なる中学公民の教科書を使用している問題で、文部科学省は教科書無償措置法に違反しているとして、同町教育委員会に対し地方自治法に基づく是正要求を14日に出すことを決めた。国が市町村に直接是正要求をするのは初めて。
 同町教委への是正要求を求めた文科省の指示に、県教委が応じないための措置。同省は新年度の教科書配布に間に合わせるには、直接要求が必要と判断した。(時事通信14年3月14日)』

『この「直接是正要求」を出した背景には、国家主導で教育政策を進めたい安倍政権の意向もある。

市区町村への是正要求は本来、都道府県を通じて実施する仕組みだ。国家権力が小さな自治体を追い詰める事態を避けるためで、国が直接要求できるのは「緊急事態」に限られる。それでも文科省が直接要求に至ったのは、2013年3月に義家弘介政務官(当時)が竹富町に出向き、採択地区協議会の決定に従うよう指導した経緯に象徴される「国による教育政策の主導姿勢」がある。文科省はその後も繰り返し指導したが、国の方針と地元事情の板挟みとなった沖縄県教委が判断できず、留保するしかなかった。文科省はこれを「緊急事態」と判断し「振り上げた拳」の置き場として、直接要求を選んだ。(毎日新聞14年3月14日)』

『菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、文部科学省が沖縄県竹富町教育委員会に教科書採択に関して是正要求したことについて「(政治介入には)全く当たらない。日本は法治国家だ」と述べ、問題ないとの考えを強調した。菅氏は「直ちに違反を是正してほしい」と要求。同町教委が是正要求に従わない場合については「文科省として適切な指導を行うだろう」と語った。(時事通信14年3月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍内閣が、何故、このように強権を用いてまで(ここまで、ムキになって?)竹富町に教科書を変えさせようとしているのか?(@@) 
 それは、上の記事にもあるように、安倍首相らが、国家主導で自分たちの理想とする教育政策を進めたいからにほかなるまい。(-"-)

 安倍氏&仲間たちは、戦前志向&国家主義的な超保守思想を有していて。日本の戦後体制(憲法、教育、国や社会のあり方など)を否定していて。「戦後レジームからの脱却」をスローガンに掲げ、戦前のような「日本を取り戻す」ことを目標にして、政治活動を行なっている。^^;

 教育に関して言えば、日本では、戦後、GHQや日教組などの策略によって、ゆがんだ教育政策が行なわれ、戦争や歴史に関して自虐的な認識を与えられるようになったと批判。
 安倍氏らは若手議員の頃から、自分たちの思想や歴史認識に沿う教科書作りや学校教育を行なうことが必要だと主張しており、98年に「新しい歴史教科書をつくる会」(以下、つくる会)の設立に協力。同社の教科書出版や普及を支援して来た。(~_~;)

<ちなみに安倍氏らは、天皇神話の教育を重視。また、先の大戦は侵略戦争ではなく、自衛のための戦争として正当化。また南京大虐殺、慰安婦の強制連行、日本軍が沖縄の集団自決に関与、強制したことなどを認めていない。(日本軍に不利益なor不都合なことは認めない傾向にある。^^;)>

 その後、「つくる会」が分裂。その一部である「教科書改善の会」が、07年に、フジサンケイGの100%出資で、教科書出版のために設立したのが育鵬社である。(・・)

* * * * * 

 安倍首相は、06~7年の前政権時に「教育再生」を「憲法改正」と並ぶ二大政策に掲げ、教育基本法改正(愛国心などを盛り込んだ)や教育制度の改変に力を注いでいた。(-"-)

 07年春には、教科書検定基準が突然変わり、沖縄の集団自決の「軍強制」の記述が認められなくなる事態が発生し、沖縄県民の反発や全国の識者からの批判が拡大。安倍首相が辞任後の07年秋に、教科書検定基準が修正されたという事件が起きたことがある。(>_<)
<これを見ても、いかに沖縄県民の歴史や心情を軽視しているかがわかるだろう。(-_-;)>

 この頃、安倍氏の教育ブレーン&仲間である八木秀次氏(高崎経済大教授・元つくる会会長)が、安倍首相をサポートするために「日本教育再生機構」なる団体を設立。
 HP(コチラ)のTOPページに姿が見られるように、安倍氏や下村氏、義家氏などは、同機構と共に、様々な政治活動を行なって来た。<NHK経営委員の長谷川三千子氏の顔も。(@@)> 

 また、八木氏は、教科書改善の会のメンバーとして、育鵬社の歴史や公民の教科書執筆も担当。 安倍氏はその出版記念の式典に出席したり、「あなたの町にも育鵬社教科書を!」なる活動にも協力したりして、全国の超保守仲間と共に、同社の教科書が各地の学校で使用されるように活動を続けていたのである。(・・)

* * * * * 

 その八木氏は、今政権では、首相官邸の「教育再生実行会議」のメンバーにはいり、安倍首相が改めて意欲を燃やしている「教育再生」推進の後押し役を務めている。^^;

 下村文科大臣は、昨年11月に早速、教科書検定基準の見直しを発表。愛国心の教育目標に沿うことや歴史の教科書には政府の見解を盛り込むことなどの条件を満たしていない教科書は、検定不合格にすると明言し、国の教科書作成へのコントロールを強化して行くつもりでいる。(-"-)
。(-_-;)
<関連記事・『安倍の教科書改悪策がついに始まる~検定基準に愛国心&歴史には政府見解』>

 安倍内閣では、この他に、領土教育の強化、道徳の必修化、教育委員会制度の見直し(自治体の首長が権限強化)などの施策を進める方針を示しており、国家が主導する形で、学校教育をどんどんと変えてしまおうとしているのである。(>_<)
<超保守派は、天皇の建国神話&国体論の教育、平成版の教育勅語の導入、靖国神社訪問の授業などの準備も進めている。^^;>
 
 そして、この延長戦上に、竹富町の教科書の問題があるのだ。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ 

 竹富町の教委やPTAも、同町の教員も、当初から育鵬社の公民の教科書の使用に強く反対していた。同社の教科書には、沖縄の基地問題がほとんど触れられていない上、平和憲法に関する記述も独特であるなど、問題が多かったからだ。(・・)
 
 育鵬社の教科書の問題点に関しては、『安倍が経済強化は軍事強化のためと発言+文科省が超保守教科書への変更を強制』(←の*1の部分には、さらに詳しい記事あり)に詳しく書いたのであるが・・・。

 実際、この教科書には「自衛隊は日本の防衛には不可欠」「戦後の日本の平和は、自衛隊の存在とともにアメリカ軍の抑止力に負うところも大きい」と米軍基地を容認する表現があるほか、9条や集団的自衛権の解釈により、PKOで他国の軍隊を守れない問題をあえて記したり、現憲法がGHQの押し付けであることや改憲の動き、さらには国旗、国歌への愛着は当然」などという保守的な観点からの記述や資料が多いのである。(-_-;)

<尚、同社の歴史の教科書は、沖縄の集団自決の軍による強制には触れず。天皇神話の資料を入れたり、太平洋戦争を「大東亜戦争」と記して植民地支配からの自衛戦争だと正当化するなど問題視される点がさらに多い。(~_~;)>

『竹富町のある八重山諸島は太平洋戦争末期、住民が軍命で強制移住させられ、三千人以上がマラリアで死亡した。「平和の大切さを伝えるのが教育の役目だ」と慶田盛教育長は言う。(中略)
 戦争放棄を定めた憲法九条や米軍基地問題の記述を「東京書籍版は軍事力に基づかない平和に重点を置いている」と評価。慶田盛教育長は何枚もの付箋が付いた教科書を手に「皆でよく勉強した」と振り返った。(東京新聞14年3月16日)』

<竹富町のHPに載っていた「非核平和まち宣言」の第一文が「われわれは恒久の平和を願い、平和憲法において、すべての人類が平和のうちに生存する権利を有することを確認する」ということから見ても、平和憲法を重視している地域であることが伝わって来るです。(・・)>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、今回、竹富町の教科書採択が問題化した要因の一つには、法の不備がある。

 地方教育行政法では、教科書の採択は市町村に権限が与えられていて。一般には、一つの市町村で採択する教科書が決められるので、そこで決定した教科書が無償配布されることになる。
 ところが、教科書無償措置法によれば、竹富町のように地区協議会で採択教科書を決めるところでは、その採択教科書のみが無料配布の対象になるとのこと。

 竹富町は、地方教育行政法の規定を主張し、自分たちに教科書採択の権限があると主張。文科省に無償配布に求めたのだが。
 民主党政権下では、文科省は、地区協議会の採択したものではないので、無償配布は不可能だと判断したのだが。ただ、沖縄県教委と共に、竹富町の意思を尊重して、自分たちが費用を負担する形で他社の教科書を使うことは容認し、国が教科書変更を強制することは控えていたのである。(・・)

* * * * *

 ところが、安倍自民党政権は、他の教科書を使用することを許容しなかったのだ。(**)

 この辺りのことは、『安倍陣営は沖縄県民より国や軍が大事。つくる会系の教科書も実質強制か? 』などに書いたのだが・・・。

 安倍内閣は、昨年3月にヤンキー先生として有名だった義家文科政務官を、わざわざ竹富町まで送り込み、教科書を変更するように強く指導したという。

『義家氏は「特別法(無償法)は一般法(地教行法)に優先する」とし、「有償教科書を使用している二十数人(の生徒)を歴史上生みだしてしまっている」と、竹富町の「違法状態」を強調。三月三一日までに適切な対応をとらなければ、法的な措置も辞さないとした。この「指導」は、「育鵬社」を採用せよということだ。
 竹富町の慶田盛安三教育長は「瑕疵はないので、改めるところはない」と述べ、目下、議論は平行線に終始している。

 義家氏は野党の時から教科書問題に強い関心を示している。「違法状態の放置は文科相の無責任」、「民主党は日教組内閣」などとし、「教科書採択における文科省との確認事項」という文書を沖縄・八重山へ送付するなど、かねてより「是正」にむけ活動してきた。(『八重山毎日新聞』東京通信員、3月22日号)』
http://mewrun7.exblog.jp/21392029/
 文科省は、この後も竹富町や沖縄県教委に指導やら圧力がけを続けて来たのだが。竹富町は、国の指導に従わず。沖縄県教委も、強制手段を用いることには難色を示していた。
<関連記事・『辺野古をケネディの贈り物に?仲井真包囲網、強める安倍官邸+沖縄教委にも圧力』>

 そこで、下村文科大臣が、ついに竹富町に直接、是正要求を出すことを発表。さらに、沖縄県教委にも「職務を懈怠している」として指導を行なったという。(-"-)
<尚、政府も法の不備があったことには問題を感じているようで。今国会中に、法改正を行なう予定らしい。^^;>

* * * * *

 とはいえ、竹富町は、新年度も東京書籍の教科書を使用する予定でいる。(**)

『文科省の直接是正要求に対し、竹富町の地元関係者からは反発と困惑の声が広がった。

 竹富町教委の慶田盛安三教育長は「教育行政が最も忙しいこの時期に是正要求を出す意図が分からない。教育への政治介入とも受け取れる。学校は落ち着いているのにかえって混乱を招くだけ」。竹盛洋一教育委員も「国にこちらの言い分を聞くつもりが全くないのは遺憾。強引に従わせようとする手法に怖さを感じる」と憤った。

 町教委は24日の定例会議で、国地方係争処理委員会に不服を申し立てるかどうかなどを検討する意向。東京書籍版を新年度も引き続き使用する方針に変わりはないとし、沖縄県教委とも意見交換するという。(毎日新聞14年3月15日)』

『竹富町が要求に応じなくても罰則はなく、国が違法確認訴訟を起こし勝訴しても育鵬社版の使用を強制はできない。文科省幹部は「状況が変わらないことは大臣も分かっている。保守色が強い安倍政権のパフォーマンスの意味合いが強い」と明かす。

 手詰まりの下村文科相をよそに、竹富町では、新年度で使う東京書籍版四十六冊の配布準備が進む。十四日午後、記者会見を終えた慶田盛教育長は「やはりわれわれは正しい」と静かに話し、地域の教育を担ってきた自負をにじませた。(東京新聞14年3月16日)』

 そして、どうか竹富町が、国の強権や圧力に負けないように、是非、全国の国民全体で後押しして行けたらと思うです。(・・)

* * * * *

 安倍内閣のアブナイ教育政策や、この竹富町の教科書問題などについて、TVメディアは、ほとんど取り上げてくれないので、国民の関心が薄いのが残念でならないのだけど。

『アメリカ議会調査局が、すでに安倍政権の本質を看破した報告を出しているので思い起こしてもらいたい。
 報告では「下村博文」と名指しで、個人の尊重でなく国家主義的思想教育を進める安倍政権のイデオロギーの推進者ととらえていることがわかる。それが現実になっているのだ。(DAILY NOBORDER 14年3月21日)』

 安倍首相らの超保守派は、将来、また戦前のように、お国のために尽くす愛国臣民を育てることを目指して、子供たちを早い段階から洗脳するために学校教育の内容を大幅に変えてしまおうとしているわけで。
 それにきちんと気づいて、アブナイ教育政策を阻止するのが、戦後の平和&民主&人権教育を享受し、評価しているオトナたちの大事な務めだと思っているmewなのだった。(**)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



 
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-23 17:59 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)