「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

前川叩きに走る官邸~官僚告発..
at 2017-05-29 10:56
安倍が朝日は言論テロに「いい..
at 2017-05-28 18:25
前川のバー通いを批判して、官..
at 2017-05-28 02:45
黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

サービス残業が標準化して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41

ブログパーツ

タグ

(1221)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2015年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

金権体質の安倍政権~メディアも機能せず、ダーティーな中央支配に逆戻りか?

  これは4月30日、2本目の記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

http://mewrun7.exblog.jp/23031589/
 これは『小渕、3億以上の虚偽記載も、本人は不起訴+安倍、米演説のためユダヤに擦り寄る?』の関連記事になるのだが・・・。

 今週、小渕優子氏が不起訴処分になったことがわかり、一番ほっとしているのは、下村博文文科大臣かも知れない。
 下村大臣も、政治資金の不正問題で東京地検に告発されることに。そして、先週、検察が告発状を受理したばかりからだ。(@@)(『検察が下村大臣の告発を受理+また沖縄で公約裏切りがbut翁長は一歩も引かず』)http://mewrun7.exblog.jp/23002406/

 下村大臣も一時は弱気になって、盟友の安倍首相に辞意を漏らしたと言われているのだが。下村氏は若い頃から一緒に活動して来た超保守仲間であるだけに、首相は「絶対に辞めちゃダメだ」と下村氏を説得したとのこと。^^;

 ただ、その後、政治資金や公選法の不正問題などで検察の捜査を受けた政治家たち(特に与党系?)が、まともに処分を受けず、「予定調和」の状況が示されているのを見て、下村大臣はタカをくくり始めたようで、最近は強気の姿勢に転じているという。(~_~;)

* * * * *

『もはや予定調和か…下村文科相の捜査に着手する特捜部の本気度

 東京地検が、下村博文文部科学相に対して市民団体から出されていた刑事告発を受理、東京地検特捜部による捜査が開始される見通しとなった。

 マスコミ報道などで明らかとなった政治資金問題を市民団体などが告発。それを東京地検が受理して特捜部が捜査する流れが固まった。猪瀬直樹前東京都知事、渡辺喜美・前みんなの党代表、松島みどり元法相、小渕優子元経産相、そして今回の下村文科相と、すべて同じである。

相次ぐ略式起訴や不起訴にタカをくくる政治家

 しかし、効果はない。

 むしろ、「マスコミは騒ぐが、刑事責任を追及されるわけではないし、たいした問題ではない」と、政治家が検察捜査と司法マスコミをなめる結果につながっている。

 猪瀬氏が、医療法人徳洲会から5000万円もの大金を受け取り、便宜を図ったと受け取られても仕方がないような言動がありながら、特捜部は贈収賄捜査に乗り出すことなく、略式起訴。退任で幕を閉じた。

 8億円ものカネをDHC会長から借りた渡辺氏、「うちわ」を有権者に配った松島氏は、ともに不起訴処分だった。

 ハードディスクにドリルで穴を開け、証拠隠滅を図った小渕事務所については、さすがに悪質で、「すべて私の責任」と“自白”した折田謙一郎元秘書の逮捕があると言われていたが、「個人的な利得を得たわけではない」と、“軽い処分”の可能性が出てきた。

 そのせいか、下村氏は強気である。

下村氏には、「博友会」の名前を冠した後援会が10団体あるが、政治団体として届け出ているのは東京の「博友会」だけ。

 ところが、他の団体は、定期的に講演会や懇親パーティーを開き、年会費を集めながら、「任意団体」のままである。明らかな政治資金規正法違反だが、下村氏は「違法性はない」と、主張している。

「任意団体で事務所として関与しているわけではない」という理屈のようだ。

 しかし、「近畿博友会」の規約には「会費は年払いとし、『自由民主党東京都第11選挙区支部 下村博文』宛に振り込むものとする」という一文がある。

 政治資金規正法逃れに選挙区支部を使っているのは明白。これが「適法」なら特捜部が政治家監視の“道具”とした政治資金規正法は、まるで機能しないことになる。

 それでも、検察周辺から聞こえてくるのは「起訴は無理」という弱気である。「違法性を認識していなかった」と、下村氏や事務所関係者が供述すれば、それを法廷で裁くのは難しいという判断だ。

 かくして、法的な形式が整っているので「受理して捜査」はするが、起訴には至らないという「予定調和」が確立。政治家は特捜部を恐れず、モラルは緩み切っている。(DMMニュース 2015.04.27)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 今回の小渕氏の元秘書の在宅起訴を受けて、野党だけでなく自公与党の議員も小渕氏の説明責任が必要だと語っているのであるが。
 安倍首相は、自民党の総裁として、小渕氏に説明するようにあえて指示もしていないし。閣僚や議員たちの諸問題に対して、自ら責任をとる気はさらさらないようだ。(-"-)

『自民党の小渕優子前経済産業相は28日、自らの政治資金問題をめぐり元秘書が在宅起訴されたことを受け、「政治的・道義的責任を痛感している」とのコメントを発表した。経産相辞任後に行われた昨年の衆院選で当選したことにも触れ、「この温情に応えるべく一からやり直す覚悟だ」との見解も示し、議員辞職する考えはないことを明らかにした。

 小渕氏はコメントで、「関係者に多大なご迷惑とご心配をかけたことを深く反省している」と陳謝。弁護士らで構成する第三者委員会に事実関係の究明を委ねていることを説明し、「二度と今回のような事態が生じないよう努める」との考えを示した。
 これに先立ち、小渕氏は衆院本会議に出席したが、散会後、記者団の質問には答えず無言で立ち去った。

 一方、民主党の枝野幸男幹事長は衆院議員会館で記者団に、「(小渕氏は)政治的・道義的責任は免れない」と批判。小渕氏が約束した収支明細などの資料提出がなされていないとも指摘し、「起訴を機にしっかり説明していただかなければならない」と要求した。
 小渕氏に疑念払拭(ふっしょく)を求める声は与党からも上がった。自民党の稲田朋美政調会長は記者団に「きちんと説明責任を果たすことに尽きる」と述べ、公明党の石井啓一政調会長も「疑惑を持たれた政治家が自ら説明することが第一だ」との考えを示した。(時事通信15年4月28日)』 
  
* * * * *

 安倍内閣は、前政権時を含めて、3年間で7人の閣僚が辞任しているのだけど。その大半は、政治とカネの問題が辞任の要因になっている。(~_~;)

 12年末に始まった今政権でも、小渕経産大臣、松島法務大臣、西川農水大臣の3人の閣僚が辞任。(江渡防衛大臣も、再任辞退。)さらに、安倍首相自身を含め、下村文科大臣、宮川経産大臣、林農水大臣、塩崎厚労大臣などなど、多くの閣僚に政治とカネの問題が取りざたされているような状況にある。(ーー゛)

 でも、近時は、クリーンな政治を評価して、政治とカネの問題に厳しかったメディアも、何故か安倍内閣の閣僚の問題はほとんどスルー。野党が折角、国会などで追及しようとしても、メディアの後押しが得られないため、なかなか押し切れない感じになっている。(-_-;) 

<保守系メディアの中には、野党が国会で閣僚の不正問題を何回も追及すること自体を、政策と関係のない質問は時間の無駄、揚げ足とりだなどと批判するとこもあるほどで。野党の問題追及をジャマしているようにさえ感じることがあるし。
 IS国の対応の時のそうだったけど。安倍サマの政権、内閣の批判をしたり、足を引っ張ったりするのは、タブーみたいな扱いになってたりして。とんでもアブナイ&コワイ社会状況が生まれつつあると思うです。(-_-)>

 しかも、政治とカネの諸問題は、閣僚としてだけでなく、国会議員として法に反する可能性が大きいわけで。閣僚を辞めれば、それで済むということではないし。<西川前農水大臣、江渡前防衛大臣に対するの疑惑は、まだ解明されないまま続いているんだよね。>
 安倍氏は、自民党総裁として、自分の党の議員の管理にも責任があるはずなのだけど。そのような責任をとる気はさらさらないと見ていいだろう。^^;

 何だか安倍新政権になって、閣僚の政治とカネの問題だけでなく、原子力ムラの癒着、ばらまき政策など、政官財+αの癒着&利益分配ごっこなど、昔ながらの自民党のダーティーな金権政治体質がまたオモテに出るようになっているのだけど。 
 mewには、メディアや国民の多くが、景気回復&金銭欲のために、政治のダーティー化に手を貸しているように見えることがあるほどだ。(-"-)

<安倍首相の場合、国内だけでなく、世界各地にバラまいて、日本に従わせよう&利権を作り出そうとしているわけで。グローバルな金権政治を行なっているんだよね。(>_<)>

* * * * * 

 経団連も昨年から、また実質的に政治献金の斡旋を始めて、自民党を抱え込もうとしているし。地方自治体は、政府の交付金ばらまきを当てにするしかない状態だし。
 自民党の議員たちは、3年間の野党暮らしで、与党権益や名誉を失い、懐が冷えあがったのがよほどきつかったのか、しばらくは「クリーンな政治」など目指そうとは思うまい。(~_~;)

 果たして、日本がまた昔の自民党政権のように、中央の政官財がお金で各地域や国民を支配するような政治のあり方、予定調和のなあなあの政治のあり方に戻ってしまってもいいのか。心あるメディアや国民に、よ~く考えて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                      THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-30 09:00 | (再び)安倍政権について | Trackback(1) | Comments(0)

安倍首相の米議会での演説(15.4.29)の邦訳全文

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 安倍首相は、4月29日(米時間)に米議会上下院合同会議で、約45分間にわたる演説を行なった。
 首相自身は演説を英語で行なったのだが、NHKがその邦訳全文を出していたので、参考資料のためにそれをアップ載せておく。

『議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、1957年6月、日本の総理大臣としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。

 申し上げたいことはたくさんあります。でも、「フィリバスター」をする意図、能力ともに、ありません。皆様を前にして胸中を去来しますのは、日本が大使としてお迎えした偉大な議会人のお名前です。マイク・マンスフィールド、ウォルター・モンデール、トム・フォーリー、そしてハワード・ベイカー。民主主義の輝くチャンピオンを大使として送ってくださいましたことを、日本国民を代表して、感謝申し上げます。キャロライン・ケネディ大使も、米国民主主義の伝統を体現する方です。大使の活躍に、感謝申し上げます。私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。

 私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生時代にさかのぼります。家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル・フランシア夫人、寡婦でした。亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。彼女が日頃、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないことにします。

 デル・フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。驚いたものです。のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を与えられました。上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく意見を戦わせ、正しい見方なら躊躇なく採用する。――この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議員たちに、アベは生意気だとずいぶん言われました。

 私の名字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。民主主義の基礎を、日本人は、近代化を始めてこのかた、ゲティスバーグ演説の有名な一節に求めてきたからです。農民大工の息子が大統領になれる――、そういう国があることは、19世紀後半の日本を、民主主義に開眼させました。日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした。出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。

 先刻私は、第二次大戦メモリアルを訪れました。神殿を思わせる、静謐な場所でした。耳朶を打つのは、噴水の、水の砕ける音ばかり。一角にフリーダム・ウォールというものがあって、壁面には金色の、4000個を超す星が埋め込まれている。その星の一つ、ひとつが、倒れた兵士100人分の命を表すと聞いたときに、私を戦慄が襲いました。金色(こんじき)の星は、自由を守った代償として、誇りのシンボルに違いありません。

 しかしそこには、さもなければ幸福な人生を送っただろうアメリカの若者の、痛み、悲しみが宿っている。家族への愛も。真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海…、メモリアルに刻まれた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙祷を捧げました。親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼を捧げます。とこしえの、哀悼を捧げます。

 みなさま、いまギャラリーに、ローレンス・スノーデン海兵隊中将がお座りです。70年前の2月、23歳の海兵隊大尉として中隊を率い、硫黄島に上陸した方です。近年、中将は、硫黄島で開く日米合同の慰霊祭にしばしば参加してこられました。こう、仰っています。「硫黄島には、勝利を祝うため行ったのではない、行っているのでもない。その厳かなる目的は、双方の戦死者を追悼し、栄誉を称えることだ」。

 もうおひとかた、中将の隣にいるのは、新藤義孝国会議員。かつて私の内閣で閣僚を務めた方ですが、この方のお祖父さんこそ、勇猛がいまに伝わる栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官でした。これを歴史の奇跡と呼ばずして、何をそう呼ぶべきでしょう。熾烈に戦い合った敵は、心の紐帯が結ぶ友になりました。スノーデン中将、和解の努力を尊く思います。本当に、ありがとうございました。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。みずからの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思いは、歴代総理と全く変わるものではありません。アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため、力を惜しんではならない。みずからに言い聞かせ、歩んできました。この歩みを、私は、誇りに思います。

 焦土と化した日本に、子どもたちの飲むミルク、身につけるセーターが、毎月毎月、米国の市民から届きました。山羊も、2036頭、やってきました。米国がみずからの市場を開け放ち、世界経済に自由を求めて育てた戦後経済システムによって、最も早くから、最大の便益を得たのは、日本です。下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えました。一方米国で、日本は外国勢として2位、英国に次ぐ数の雇用を作り出しました。

 こうして米国が、次いで日本が育てたものは、繁栄です。そして繁栄こそは、平和の苗床です。日本と米国がリードし、生い立ちの異なるアジア太平洋諸国に、いかなる国の恣意的な思惑にも左右されない、フェアで、ダイナミックで、持続可能な市場をつくりあげなければなりません。

 太平洋の市場では、知的財産がフリーライドされてはなりません。過酷な労働や、環境への負荷も見逃すわけにはいかない。許さずしてこそ、自由、民主主義、法の支配、私たちが奉じる共通の価値を、世界に広め、根づかせていくことができます。その営為こそが、TPPにほかなりません。しかもTPPには、単なる経済的利益を超えた、長期的な、安全保障上の大きな意義があることを、忘れてはなりません。経済規模で、世界の4割、貿易額で、世界の3分の1を占める一円に、私たちの子や、孫のために、永続的な「平和と繁栄の地域」をつくりあげていかなければなりません。日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう。

 実は、いまだから言えることがあります。20年以上前、GATT農業分野交渉の頃です。血気盛んな若手議員だった私は、農業の開放に反対の立場をとり、農家の代表と一緒に、国会前で抗議活動をしました。ところがこの20年、日本の農業は衰えました。農民の平均年齢は10歳上がり、いまや66歳を超えました。日本の農業は、岐路にある。生き残るには、いま、変わらなければなりません。私たちは、長年続いた農業政策の大改革に立ち向かっています。60年も変わらずにきた農業協同組合の仕組みを、抜本的に改めます。世界標準に則って、コーポレート・ガバナンスを強めました。

 医療・エネルギーなどの分野で、岩盤のように固い規制を、私自身が槍の穂先となりこじあけてきました。人口減少を反転させるには、何でもやるつもりです。女性に力をつけ、もっと活躍してもらうため、古くからの慣習を改めようとしています。日本はいま、「クォンタム・リープ(量子的飛躍)」のさなかにあります。親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。日本は、どんな改革からも逃げません。ただ前だけを見て構造改革を進める。この道のほか、道なし。確信しています。

 親愛なる、同僚の皆様、戦後世界の平和と安全は、アメリカのリーダーシップなくして、ありえませんでした。省みて私が心からよかったと思うのは、かつての日本が、明確な道を選んだことです。その道こそは、冒頭、祖父のことばにあったとおり、米国と組み、西側世界の一員となる選択にほかなりませんでした。日本は、米国、そして志を共にする民主主義諸国とともに、最後には冷戦に勝利しました。この道が、日本を成長させ、繁栄させました。そして今も、この道しかありません。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 私たちは、アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の「リバランス」を支持します。徹頭徹尾支持するということを、ここに明言します。日本はオーストラリア、インドと、戦略的な関係を深めました。ASEANの国々や韓国と、多面にわたる協力を深めていきます。日米同盟を基軸とし、これらの仲間が加わると、私たちの地域は各段に安定します。日本は、将来における戦略的拠点の一つとして期待されるグアム基地整備事業に、28億ドルまで資金協力を実施します。アジアの海について、私がいう3つの原則をここで強調させてください。

 第一に、国家が何か主張をするときは、国際法にもとづいてなすこと。第二に、武力や威嚇は、自己の主張のため用いないこと。そして第三に、紛争の解決は、あくまで平和的手段によること。太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。私たちには、その責任があります。日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、切れ目のない対応が、はるかによくできるようになります。

 この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。ここで皆様にご報告したいことがあります。一昨日、ケリー国務長官、カーター国防長官は、私たちの岸田外務大臣、中谷防衛大臣と会って、協議をしました。いま申し上げた法整備を前提として、日米がそのもてる力をよく合わせられるようにする仕組みができました。一層確実な平和を築くのに必要な枠組みです。それこそが、日米防衛協力の新しいガイドラインにほかなりません。きのう、オバマ大統領と私は、その意義について、互いに認め合いました。皆様、私たちは、真に歴史的な文書に合意をしたのです。

1990年代初め、日本の自衛隊は、ペルシャ湾で機雷の掃海に当たりました。後、インド洋では、テロリストや武器の流れを断つ洋上作戦を、10年にわたって支援しました。その間、5万人にのぼる自衛隊員が、人道支援や平和維持活動に従事しました。カンボジア、ゴラン高原、イラク、ハイチや南スーダンといった国や、地域においてです。これら実績をもとに、日本は、世界の平和と安定のため、これまで以上に責任を果たしていく。そう決意しています。そのために必要な法案の成立を、この夏までに、必ず実現します。

 国家安全保障に加え、人間の安全保障を確かにしなくてはならないというのが、日本の不動の信念です。人間一人一人に、教育の機会を保障し、医療を提供し、自立する機会を与えなければなりません。紛争下、常に傷ついたのは、女性でした。私たちの時代にこそ、女性の人権が侵されない世の中を実現しなくてはいけません。自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがたゆまず続けた努力と、その両方の蓄積は、いまや私たちに、新しい自己像を与えてくれました。

 いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」という旗です。繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となります。テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動――。日米同盟は、これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう時代を迎えました。日米同盟は、米国史全体の、4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢さを備え、深い信頼と友情に結ばれた同盟です。自由世界第一、第二の民主主義大国を結ぶ同盟に、この先とも、新たな理由付けは全く無用です。それは常に、法の支配、人権、そして自由を尊ぶ、価値観を共にする結びつきです。

 まだ高校生だったとき、ラジオから流れてきたキャロル・キングの曲に、私は心を揺さぶられました。「落ち込んだ時、困った時、目を閉じて、私を思って。私は行く。あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗い、そんな夜でも、明るくするために」。2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったのです。そして、そのときでした。米軍は、未曾有の規模で救難作戦を展開してくれました。本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子どもたちに、支援の手を差し伸べてくれました。

 私たちには、トモダチがいました。被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてくれました。――希望、です。米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかによい場所にしていこうではありませんか。希望の同盟――。一緒でなら、きっとできます。ありがとうございました。』

                        THANKS




【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-30 04:40 | (再び)安倍政権について | Trackback

小渕、3億以上の虚偽記載も、本人は不起訴+安倍、米演説のためユダヤに擦り寄る?

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 まずは、一昨日アップした『安倍、念願の正式訪米も、オバマは1日しか相手をせず。演説以外は寂しい日程』の関連記事を・・・。

 安倍首相は、米国時間の28日、ホワイトハウスで念願の歓迎式典に出席。オバマ大統領と日米首脳会談・共同記者会見を行なった。
 このあとバイデン副大統領、ケリー国務長官との昼食会、オバマ大統領主催の公式晩餐会が待っている。

 そして、翌29日には、日本の首脳として初めて、安倍首相待望の米国の上下院合同会議で演説を行なうことになっている。(・・)

<日本の首相が米議会で演説したのは、過去3回。54年の麻生祖父の吉田茂首相は上院で。57年の安倍祖父の岸信介首相、61年の池田勇人首相は、下院で演説した。>

 安倍首相は、昨年4月、オバマ大統領を国賓として日本に招待。そのお返しに米国から、今年の米国を正式訪問の招待を得ることになったのだが。<ただし、米国は東アジア3国とバランスをとってお付き合いするために、中韓の首脳も米国に招待している。>
 安倍陣営は、首相が訪米する際に、祖父同様に米議会で演説できるようにと、しかも、単に上院、下院でなく、上下下院合同会議で演説をすることにこだわって、あちこちに働きかけて交渉を重ねていたという。(@@)

 それは、日本の首脳として、近時だと米国と近しいとされていた中曽根、小泉元首相もなし得なかった米議会での演説、しかも、日本の首脳として初めて上下院合同会議で演説したいという思いが強かったことがあるし。それに加えて、韓国の朴大統領が13年に訪米した際に、米議会の上下両院合同会議で演説を行なって先を越されてしまっていたため、何が何でも今回の訪米で、それを実現しなければと躍起になっていたからだと察する。(@@)

<オバマ大統領は、朴氏の議会演説について、共同記者会見の中で「(米国に)近しい友人だけに与えられる栄誉だ」と強調していたのも、チョット悔しかったかも。
 安倍っちは、13年に訪米した時は、米議会の演説どころか、共同記者会見さえ開いてもらえなかったので、尚更に?^^;>
 
 とはいえ、米国の議会や政府関係者、メディアの中には、安倍首相を国家主義、軍国主義、歴史修正主義者で危険なナショナリストだとみなす人が多いため、安倍氏の米議会での演説を積極的に望んでいる人はほとんどいなかったのではないかと思われるし。<米議会の報告書にも、そう書いてあるのよね。^^;>
 米国には韓国、中国系の議員や支持者が多数いるので、安倍首相の演説に反対する人も多かったようで、なかなか日程が決まらずにいたのだ。(-_-;)

* * * * * 

 まあ、最終的には、安倍首相の念願通り、上下院合同会議で演説をできることになったのだが。天木直人氏のブログ(25日付け)によれば、首相はユダヤ・ロビーの力を借りたのではないかという。(・o・)

 天木氏は、米ジョンズ・ホプキンス大学のケント・カルダー教授の指摘に注目。

『ブッシュ大統領との良好な関係を築いたあの小泉首相でさえ、靖国神社を参拝した事で演説させてもらえなかったとカルダー教授もこの論文ではっきり認めているというのに。
 その謎がこのカルダー教授の論文の中ではからずもわかった。

 すなわち、カルダー教授は、その論文の中で、次のように語っているのだ。
 「・・・歴史的な演説の機会を与えるのだから、安倍首相が融和的な意見を述べることが暗黙の前提であり、共和党優位の議会との静かな調整が必要であった・・・」

 私が注目したのは、その後に続く、次のくだりだ、
 「・・・オランダの『アンネ・フランク』家の訪問、その後のエルサレム訪問などにより、安倍首相がイスラエルに対し、融和的な姿勢を示したことは非常に賢明なことであった。これらに触発されて米議会は安倍首相に演説の機会を与えるに至った。現駐米イスラエル大使のロン・ダーマー氏自身に米上院共和党スタッフとしての勤務経験があったことや、共和党が外交政策に及ぼすのに熱心なことも影響があった・・・」

 これは物凄い暴露だ。要するに安倍首相はユダヤロビーに頼って米国議会演説をさせてもらったと言っているのだ。
 そう思っていたら、きょう4月25日の各紙が小さく報じた。政府は24日、安倍首相の訪米日程を発表したと。その中には戦後70年を意識し、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の歴史を示すワシントンのホロコースト記念博物館を訪問することが含まれている。
 もはや間違いない。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 なるほど~。(・・)/口 gattenX3

 日本は、これまでイスラエルとはチョット距離を置いていて。むしろイスラエルの敵であるパレスチナの人道援助をしたり、イランとの貿易、交流も続けていたのだ。

 ところが、今年1月のブログでも少し触れたのだけど。安倍首相は昨年来、イスラエルとの交流を重視して、1月もイスラエルを訪問。ネス他首相と会談、会見を行なった上、同地にあるホロコースト記念館も見学したのだが。mewは、この時、安倍首相が献花を行なった際に、てユダヤ人伝統の帽子キッパーをかぶっていたのを見て、「何で、そこまでユダヤ流に合わせるのか」と奇妙に思っていたのである。(-"-)

 安倍首相は、「今年で先の大戦(太平洋戦争)から70年になる。このような悲劇を再び繰り返さないという決意を表わす」と話したのに続き、芳名録にも「アウシュビッツ(強制収用所)解放70年。このような悲劇を二度と繰り返さないようにするとの決意を表わします」と記帳。
 このような言動をすることによって、自分がナチスのヒットラー扱いされたり、戦犯がまつられている靖国神社への参拝を行なったり、さらには中韓への戦争加害、虐殺を軽視したりする国家主義者、人族主義者、歴史修正主義者であるというイメージを何とか弱めようとしていると解されていたのだが・・・。<もちろん、その思惑もあったと思うけど。>

 実は、そのウラで、ユダヤ人虐殺のホロコースト問題をアピールするとのお約束の下に、米議会での演説+αでユダヤ・ロビーの協力を得ようとした可能性はかなり大きいように思われる。

 今回の訪米でも、安倍首相は初日に米国にあるホロコースト記念館を訪問したのだが。一昨日アップした記事でも歳川氏がわざわざ「米国のユダヤ人社会に対する好ましいメッセージとなる」と書いていたのも、同様に解していたからだろう。^^;

 mewは、安倍首相&仲間たちが、自分たちの独善的な願望or歪んだ欲望を実現するためなら、何でもありで。極端な思想を持つ悪魔にでも魂を売っても構わないというような感じになっている
のを見て、本当にアブナイ&コワイと思うし。
 それをわかっていながら、安倍首相の国内外での言動を見逃している日本の政治家、識者、メディアの人たちは、本当に罪深いと思うです。(ーー)

<注・mewは、ユダヤ人自体が危険だとは思ったことはないけど。ただ、極端な民族優越主義に走って、逆に差別的な言動、残虐な行為をする人たちがいるのも事実だし。イスラム教もしかりで、どのような宗教や思想もそうだと思うけど。(それこそ、ウヨもサヨもね)その点は、きちんと見極めなければいけないと思っている。(・・)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話は変わって、昨日アップした『検察が小渕本人も聴取。不正会計は明らかも、元秘書が在宅起訴、小渕は不起訴かも』の続報を・・・。

 東京地検もメディアも、昨秋来、選挙への影響に配慮して、なかなか小渕優子氏の政治資金不正問題に冠する情報を出さず。
 今月26日に統一地方選が終わったのを機に、27日からようやく小渕関連の報道が出るようになったのだけど。読売新聞が、検察か官邸から情報を得ていたのか「元秘書は在宅起訴、小渕氏は不起訴の見通し」と報じていたので、「はあ?」と思ってたら、今日、本当にその見通し通りの結果が発表されたので、「あらら~」という感じになってしまったです。(>_<)

『小渕優子前経産相の政治資金を巡る事件で、東京地検特捜部は、小渕氏の元秘書ら2人を在宅起訴し、小渕氏本人を不起訴処分とした。

 小渕氏を巡っては、収支報告書にウソの記載をした疑いで特捜部が捜査を進めていたが、28日、小渕氏の元秘書の折田謙一郎被告(66)と、資金管理団体の会計責任者だった加辺守喜被告(62)の2人を在宅のまま起訴した。

 特捜部によると、折田被告は、資金管理団体などの収支報告書に総額で3億2000万円を超えるウソの記載をした罪に問われている。ウソの記載は、領収書がもらえない飲食費や陣中見舞いなど、小渕事務所の簿外支出を隠すために行われたとみられている。

 一方、小渕氏本人はウソの記載に直接関与していないことから、嫌疑不十分で不起訴処分とされている。

 小渕氏は、元秘書ら2人の在宅起訴を受け、「政治的道義的責任を痛感しております」などとしたコメントを発表した。その一方で、第三者委員会が調査中だとして、簿外支出などについての詳しい説明は避けている。(NNN15年4月28日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 昨日のブログ記事で、実は観劇会費用などの虚偽記載や、架空寄付の記載は、他の費用の穴埋めや付け替えのためだったという話を書いたのだが・・・。

 驚いたことに、東京地検が認定した虚偽記載額は2009~13年の5年分で3億2000万円余に上ったとのこと。(・o・)
<これ以前の分は、もしあったとしても時効に引っかかって、起訴できないのだけど。たぶん、昔からやってたのではないかと察するです。>

 小沢一郎氏が陸山会事件で捜査を受けた際、小沢氏らが他の議員は軽微な虚偽記載として修正すれば済むのに、しかも虚偽と言っても日にちがズレていただけなのに、何故、自分たちは検察の捜査を受けるのかと疑問を呈していたのだが。
 その時、検察や識者や自民党の議員は、「億単位の虚偽記載は、政治への信頼を毀損するので、犯罪の程度が重い」とめっちゃ批判していたのである。(-_-)
 
 でも、3億円以上の虚偽記載を行なっていた、しかも、思いっ切り、付け替えをしていて政治資金規正報告書の意味を失わせるような小渕優子氏の事務所の場合は、犯情は重くないのだろうか?(@@)

『◇政治資金規正法違反事件 虚偽記載額は3億2000万円余に

 小渕優子前経済産業相(41)の関連政治団体を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は28日、いずれも元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎被告(66)と、資金管理団体「未来産業研究会」(未来研)の元会計責任者、加辺守喜被告(62)を同法違反(虚偽記載)で在宅起訴した。小渕氏本人は関与が薄いとして不起訴処分(容疑不十分)とした。認定した虚偽記載額は2009~13年の5年分で3億2000万円余に上った。

 起訴状によると、折田前町長は、未来研から「小渕優子後援会」(後援会)など2団体に計約5600万円を「寄付」したとの虚偽の収支を、各団体の09~13年分の政治資金収支報告書に記載。さらに支援者向けの「観劇会」について、実際は計約1億4400万円あった収入を計約2100万円に、計約8700万円だった支出も計約6000万円に、3団体の収支報告書に過少に虚偽記載した。加辺元秘書は一部を共謀した。虚偽記載額は収入、支出の双方が認定される。

 関係者によると、小渕氏の父の故恵三元首相から引き継がれた未来研では、観劇会が始まった07年以前から飲食・交際費などを中心に、収支報告書に記載しない簿外支出が慣例的に続いていた。このため実際の資金残高は、報告書に記載された翌年への繰越金を大きく下回っていた。

 このズレに加え、毎年必要となる新たな簿外支出を帳消しにするため、未来研の簿外支出分を架空の寄付で2団体に付け替え、収入が実際より多くなる2団体側で観劇会の収入を過少記載したとみられる。関係者によると、折田前町長は特捜部の聴取に「簿外支出を隠すためにつじつま合わせをした」と起訴内容を大筋で認めているという。

 一方、有権者らに小渕氏の顔写真が印刷されたワインを贈ったなどとする公職選挙法(寄付)違反での告発について、特捜部はいずれも不起訴処分(容疑不十分)とした。(毎日新聞15年4月28日)』

* * * * *

 折田氏は、大事な「姫」を守るため、「姫は何も知りません。全ては私が」と自分ひとりで罪を背負い込むことに決め、最初から容疑を全て認めた上で、積極的に関連証拠を提出したのではないかと察する。(・・)
<折田氏は、本当に小渕優子氏のことを「姫」って呼んでたんだって。^^;> 

 警察や検察は、任意捜査の段階で、被疑者が容疑を否認したり、証拠収集にも非協力的だったりすると、捜査段階で身柄拘束をしたり、起訴後も保釈を渋ったりするのだが。最初から協力的な被疑者には、甘いところがあるので、折田氏らは1度も身柄拘束されず、今回も在宅起訴にとどまったのではないかと思われる。^^;

 そして、小渕氏に関しては、本人も周辺も、シナリオ通りに「小渕は会計は全てスタッフに任せていて、何も知りませんでした」と押し通したため、嫌疑不十分に。
 しかも、小渕氏は、案の定、昨年の選挙で当選したことを盾にして、国会議員として責任をとる気はないようなのである。(ーー)

『小渕優子氏のコメント 故小渕恵三の時代から、信頼の置ける秘書らのお陰で政治活動に専念できた。しかし、事務所関係者2人が起訴されたことを重く受け止め、政治的道義的責任を痛感している。昨年12月の選挙で、もう一度群馬のために働けとの結果をいただき、一からやり直す覚悟でいる。今後は、裁判などの結果も踏まえ、第三者委員会や専門家の意見を聞きながら、二度と今回のような事態が生じないよう努めたい。(同上)』

 まあ、正直言って、本来なら、政治的に問題、犯罪の疑惑がある人を、簡単に当選させちゃう有権者が一番よくないとは思うのだけど。
 これじゃあ、何十年前から同じことで。いつまで立っても、「私は知らなかった。秘書がやった」と言っていれば、政治とカネの問題で政治家本人が責任をとることはないわけで。<安倍政権の現旧閣僚には、まだまだ政治とカネの問題がある人がたくさんいるのにな~。^^;>
 
 せめてここからでも、国民は閣僚や議員の「政治とカネ」の問題にもっと関心を持って欲しいと思うし。メディアがきちんと情報を出して&野党もしっかり追及して、政治浄化に努めて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

                       THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-29 04:25 | (再び)安倍政権について | Trackback

検察が小渕本人も聴取。不正会計は明らかも、元秘書が在宅起訴、小渕は不起訴かも

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 先週、『検察が下村大臣の告発を受理・・・』という記事をアップしたのだが・・・。

 その時に『渡辺喜美氏なんか、起訴猶予になっちゃったし。(>_<) どう見ても不起訴になる可能性が乏しい小渕優子氏の場合は、捜査が始まってからもう半年も立っているのに、な~んの情報も結論も出て来ないし。(安倍自民党にダメージを与えないために、選挙や安保法制が終わるまでは、控えているのかしらね。(-"-))』『週刊誌やTVなどのメディアも、小沢一郎氏の時の1000分の1でいいから、閣僚の諸疑惑に関して取材、報道して欲しいんだけどな~。(@@)』などとぼやいていたら・・・。

 統一地方選が終わった翌日、まるで申し合わせていたかのように、各紙が小渕優子前経産大臣の政治資金不正問題の捜査に関する(検察がリークしていたであろう)記事を、一斉に出して来た。(・o・)

* * * * *

 東京地検は、昨年10月に小渕関連の事務所などの家宅捜索を行なったり、関係者に任意の聴取を行なったりしていたようで。11月には、事務所にあったパソコンのハード・ディスクが、ドリルで破壊されていたことが判明し、そこまではメディアもある程度、積極的に小渕氏の疑惑や捜査について報じていたのだけど・・・。(・・) (HDD損壊の記事*1に)

 しかし、11月中旬になって、衆院が解散されて小渕氏が出馬する可能性が高くなったことから、検察は選挙への影響を懸念して、情報をオモテに出すことを控えることに。さらに安倍官邸のメディアへの監視、干渉が強くなったことから、メディアは小渕氏の疑惑に関する話は、あまり触れないようになっていた。(-_-;)

 しかも小渕氏が衆院選に当選したことから、いまだに事件の全貌がわかっていないうのに、自民党内では、まるで禊が済んだような感じになっていて。mewは、このまま検察も、曖昧な形で小渕氏や関係者を不起訴(起訴猶予含む)処分にして、逃げ切りをはかるのかな~と憂慮していた部分もあったのだ。_(。。)_

 でも、27日で統一地方選も終わり、自民党も無事にある程度の勢力を確保することができたし。今後は、しばらく大きな選挙はないことから、検察もそろそろ情報を出していいと判断した(or官邸から、もういいよとお許しの指示が出た?)のかも知れない。<東京地検特捜部も、「何もやっていないんじゃん?」とか見られて、批判されるのもイヤだろうしね。^^;>

 で、昨日27日になって、突然、次々と小渕氏の捜査に関する記事が出ることに。(@@)

 東京地検の捜査は着々と進められていて。政治資金収支報告書に記載されていた関連団体間の「寄付」の一部が架空だった疑いがあるとのこと。
 また東京地検は、小渕優子議員本人にも既に何回か事情聴取を行なっていることや、会計責任者だった元秘書の在宅起訴を検討していることなどがわかった。(・・)

<でも、読売新聞27日は早々に(検察or官邸のリーク情報なのか)『特捜部は近く、同法違反で折田氏を在宅起訴する見通し。小渕氏は不起訴になるとみられる』と記していたです。(-"-)>

* * * * *

『小渕優子・前経済産業相の複数の政治団体間で、「寄付」として申告されていた計8800万円の資金移動の大半が、実際は架空だった疑いがあることが関係者への取材で分かった。「寄付」は各団体の収支報告書に記載されており、政治資金規正法違反(虚偽記載)の可能性がある。
 小渕氏をめぐっては昨年秋、関連する政治団体の不透明な資金処理が発覚。東京地検特捜部が小渕氏の元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏(66)から事情を聴くなど、詰めの捜査を進めている。

 問題の「寄付」は、小渕氏が代表を務める資金管理団体「未来産業研究会」(東京)が、「自民党群馬県第五選挙区支部」「小渕優子後援会」(いずれも群馬)の2団体に行ったとしたもの。「未来研」の収支報告書には2006~13年に計8800万円の支出、2団体には同額の収入が記載され、手書きの領収証も総務省に提出されていた。(朝日新聞15年4月27日)』

『注目される「寄付」は、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」が、「自民党群馬県第五選挙区支部」「小渕優子後援会」の2団体に行ったもの。未来研の収支報告書によると2008~13年に計6600万円を2団体に支出、2団体の収支報告書にも未来研からの寄付として同額の記載があった。このうちの一部が実際には資金の移動がなかった疑惑が浮上しており、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがある。(産経新聞15年4月28日)』
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 元秘書は、観劇費用などの架空経費の資金移動を、事務所経費のつけ替えに利用していたようだ。(@@)

『小渕優子・前経済産業相(41)の関連政治団体が、支援者向け「観劇会」の収支を簿外支出のつじつま合わせに使うようになったのは、2006~07年に相次いだ国会議員の事務所費問題がきっかけだったとみられることが、関係者の話で分かった。
 小渕氏事務所の「金庫番」だった折田謙一郎・前群馬県中之条町長(66)は、高額な事務所費の計上が難しくなったため、08年頃から観劇会を利用する手法に切り替えたという。

 関係者の話によると、小渕氏の父・恵三氏の代には、収支報告書に記載しない「裏献金」を受け取ることがあり、これを選挙の陣中見舞いなどに充てていた。小渕氏の代になって裏献金は減ったが、こうした簿外支出は続いたという。
 各団体の収支報告書を作成していた折田氏は当初、簿外支出の多くを架空の事務所費に付け替えて記載していた。「自民党群馬県ふるさと振興支部」では、04年に約2900万円、05年に約1280万円の事務所費を収支報告書に計上していたが、事務所費問題を機に、07年以降は数十万~百数十万円に減少した。
 そこで、折田氏は東京・明治座での観劇会の収支を操作することを思い付いたとみられる。

 09~13年、ふるさと振興支部と「小渕優子後援会」「自民党群馬県第5選挙区支部」の3団体は、毎回1000人前後の参加者から入場料やバス代として1万2000円の会費を集めており、収入は年2400万円前後あった計算になる。
 しかし、3団体の収支報告書では、5年間の会費収入を約1800万円に抑えた。バス代などを除く支出約6900万円は計上して約5100万円の差額を生じさせることで、簿外支出を穴埋めしたなどと、折田氏は供述しているという。(読売新聞15年4月28日)』

<ここまで供述している&客観的証拠もあるなら、折田氏は完全にクロだよね。^^;>

* * * * *

 問題は、小渕優子氏がこの件をどこまで知っているか、また関与しているかということで。東京地検は、小渕氏の事情聴取を行なったようなのだが。<不起訴にするにも、本人に事情聴取を行なわないわけに行かないだろうけど。>
 小渕氏は案の定、知らぬ存ぜぬを通したようなのである。(~_~;)

『自民党の小渕優子前経済産業大臣の政治資金をめぐる事件で、東京地検特捜部が小渕氏本人から複数回、任意で事情を聴いていたことがわかりました。小渕氏は、「政治団体間の資金のやり取りについては把握していない」などと関与を否定したということです。

 小渕氏が関連する「自民党群馬県ふるさと振興支部」など複数の政治団体をめぐっては、収支報告書で、支援者らが参加した「観劇会」の支出が収入を大幅に上回るなど、不自然な記載が明らかになっています。

 特捜部は去年10月に政治資金規正法違反などの疑いで、後援会事務所など関係先の一斉捜索を行い捜査を続けていますが、27日までに、小渕氏本人から複数回、任意で事情を聴いていたことが関係者への取材で新たにわかりました。小渕氏は国会答弁などで「収入と支出が乖離している点は指摘を受けて初めて知った」などと説明していて、特捜部の聴取に対しても、「政治団体間の資金のやり取りについては把握していない」などと同様の説明をしたということです。

 特捜部は収支報告書を作成した責任者とされる小渕氏の元秘書で、群馬県中之条町の折田謙一郎前町長の事情聴取も進めていて、小渕氏本人の認識を見極めた上で、折田前町長の立件について判断するものとみられます。(TBS15年4月27日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『現役政治家を対象とする捜査は「選挙前に有権者の動向に影響を与えてはいけない」(検察幹部)とされ、慎重に行われる。今月実施された統一地方選では、小渕、折田両氏が影響力を持つ群馬県議選(12日投開票)や高崎市長選(26日投開票)が行われた。
 それらが終了し、関連する選挙日程が6月18日告示の群馬県知事選まで空く今の時期に、特捜部は処分へ向けた捜査を進展させるとみられる。

 特捜部は、関係者の刑事責任について判断するには小渕氏本人の聴取が必要と判断したもようだ。事実確認は「上申書の提出でも可能」(検察幹部)とされるが、処分後の検察審査会への申し立ても想定すると、「捜査を尽くすため直接聴取することは不可避」(別の幹部)だったようだ。
 小渕氏は問題発覚後の記者会見で「分からないことが多過ぎる」と自身の関与を否定。聴取にも同じ趣旨の説明をしたとみられる。

 政治資金規正法は、政治団体代表者の刑事責任が問われる場合について「会計責任者の選任と監督の両方について相当の注意を怠ったとき」と規定。ある特捜部OB弁護士は「共謀関係がなければ、小渕氏自身に刑事責任が及ぶ可能性は低いだろう」とみる。

 一方、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」の収支報告書で「自民党群馬県第5選挙区支部」と「小渕優子後援会」への「寄付」と記載された資金移動が架空だった疑いが出てきたことで、一連の問題は新たな局面を迎えた。

 関係者によると、資金管理団体の管理は小渕氏の秘書ら東京事務所のスタッフが担っており、折田氏が主導したとされる資金操作にスタッフが協力する形になるからだ。元事務所関係者は「近年は群馬にいる折田氏が、東京に指示を出すようになっていた」と話す。
 今後は、収支報告書作成の経緯だけでなく、東京事務所のスタッフの関与も焦点となりそうだ。(ZAKZAK15年4月27日)』

* * * * *

 小渕氏は、昨年9月に閣僚を辞任した際に、自らも積極的に調査をして、必ず国民に説明すると宣言したのであるが。「まだ詳細がわからない」と何の説明もしないまま、12月の衆院選に出馬して当選。その後、4ヶ月立つのだが、いまだに何の説明もなされていないのが実情だ。(-"-)
 それゆえ、野党はもちろん、自公からも説明を求める声が強まっている。(・・)
 
『「(小渕氏は)説明すると、自らの資料を提出すると言いながら、説明責任を果たしていない」(民主党 福山哲郎幹事長代理)
 小渕氏が任意の事情聴取を受けていたことに対して、野党側からは「説明責任を果たすべきだ」という声があがっています。維新の党の松野幹事長も、「政治とカネの問題はしっかりとけじめをつけなければいけない」と強調しました。(TBS15年4月27日)』

『自民党の小渕優子前経済産業相が自らの政治資金問題をめぐり東京地検特捜部の任意の事情聴取を受けていたことに対して27日、与野党から説明責任を果たすべきだとの声が上がった。自民党は事態の推移を見守る方針だが、国会運営に影響しかねないとみる向きもある。

 公明党の山口那津男代表は記者会見で「本人が説明責任を尽くす姿勢で臨むべきだ」と述べた。
 民主党幹部も取材に「小渕氏本人が罪に問われなくても、道義的・政治的責任という話になってくる」と指摘。衆院政治倫理・公選法改正特別委員会などで小渕氏の問題を取り上げていく考えを示した。
 維新の党の松野頼久幹事長は記者会見で「しっかりけじめを付けなければいけない」と強調。共産党の山下芳生書記局長と社民党の吉田忠智党首はともに「国民の政治不信を助長する」と批判した。
 一方、自民党幹部は「誰も傷つかずには終われない事件だ。野党はしゃかりきに攻めてくるだろう」と語り、小渕氏が国会に参考人招致される可能性もあるとの見方を示した。(時事通信15年4月27日)』

* * * * *

 権力維持のためなら「何でもあり」の安倍・菅陣営のことだから、この小渕氏の件を同氏が所属する党№の額賀派対策に使う可能性もありそうな感じがするのだけど。(>_<)
<中川郁子氏の不倫路チュー問題も、二階派対策にうまく利用しているみたいだしね~。^^;>

 心ある与野党の国会議員、メディア、そして何より国民が、しっかりと小渕議員や自民党の安倍総裁の責任を追及して欲しいと。検察も安易に不起訴処分にしないで欲しいと願うばかりのmewなのだった。(@@)

                             THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2015-04-28 09:42 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍、念願の正式訪米も、オバマは1日しか相手をせず。演説以外は寂しい日程

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【錦織圭が、テニスのバルセロナOPで優勝&2連覇を果たした。(*^^)v祝 
 今回、第一シードとして出場した錦織は、ナダルやフェレールなどの上位陣が次々と敗れる中、順調に決勝に進出。決勝では、好調フェレールを倒して勢いのある地元スペインのアンドゥハールとタフな戦いをすることになったのだが。ここぞという時に相手のゲームをしっかり破って、6-4,6-4で勝利した。"^_^"
 昨年からクレー巧者だったMチャン・コーチのお陰もあってか、クレーでの戦い方がわかって、自信がついて来たのは大収穫だと思うのだけど。(Mチャン、今大会は来てなかったね。^^;)ただ、今大会もファースト・サービスのはいりがずっと50%台と悪かったのは、不満。それでは、TOP10や5の選手には通用しないと思うし。次の大会までに、しっかり修正して欲しいと思うです。(**)】 
 
安倍首相が、昨日26日、念願の米国公式訪問にを行なうため、昭恵夫人と共に羽田空港を出発した。(@@)

 安倍首相は、政権復帰後、すぐに米国を公式訪問したいと考えて、12年末から米政府に打診していたものの、願いがかなわず。
 13年2月に訪米した際は、いわゆる実務訪問となった上に、オバマ政権からさほど重視されていなかったこともあって、歓迎の式典やイベントも、ビジネスランチ以外は、食事会もなし。オバマ大統領と首脳会談を行なったものの、共同会見はなし。^^;

 首相としては、米国は民主党政権より安倍自民党の政権を信頼しているので、日米同盟をずっと深化させることができるとアピールしたかったのだけど。肩透かしをくらってしまったことから、がっかりしたようで。

「さすがの総理も会談後、同行筋に『こちらは遠くから来たっていうのに、笑顔もなかった。冷たいなァ』と気落ちした様子で愚痴をいったそうです」(外務省関係者・週刊ポスト13.5.31)

 しかも、同じ13年に訪米した韓国の朴大統領は、オバマ大統領からもう少しいい待遇を受けた上、米議会の上下両院合同会議での演説を行なっていたし。
 中国の習主席は、米西海岸のアネンバーグ別荘に宿泊して、オバマ米大統領との会談、晩餐会を行なっていたわけで。
 ともかく敵対視している中韓には勝ちたい安倍首相としては、「次に訪米する時は絶対に国賓級の正式訪問をするぞ~」「米議会で、演説も行なうぞ~」「できれば別荘に泊まるとか、ゴルフをするとか、オバマ大統領と親密な関係にあることを示せるようにするぞ~」と強く思っていたに違いあるまい。(~_~;)

<安倍首相が、米議会での演説にこだわって、アレコレ交渉をしていたと報じられているのだけど。 その背景には、祖父・岸信介元首相がかつて訪米した際に演説を行なったってこともあると思うけど。実は、韓国の朴大統領が上下両院合同会議で演説したので、それもかなり意識しているのではないかと思うです。^^>;

* * * * *

 というわけで、安倍首相は、今回、ようやく念願かなって正式に国賓待遇で米国を訪問し、4月26日から5月3日まで8日間も滞在することに。

 そして、28日にはワシントンで、前回はしてもらえなかった歓迎式典や首脳会談後の共同記者会見、さらには大統領主催の晩餐会も行なわれることになったのだけど・・・。
 あと29日には上下両院合同会議で、演説も行なえることになったのだけど・・・。

 でも、8日間も米国にいるのに、オバマ大統領が相手にしてくれるのは28日の1日だけ。
 お互いの親密さを示すために、別荘に招いたり、ゴルフその他の交流を行なったりすることもなければ、懇親のため個人的に食事やお茶に招かれることもないという。(~_~;)

<ちなみに、オバマ大統領はゴルフ中毒と批判されるほどのゴルフ好き。安倍首相もしかり。
 そこで、安倍首相は13年の訪米時に、オバマ大統領にゴルフのパターを贈ると共に、祖父の岸元首相が米国を訪れた際に当時のアイゼンハワー大統領とゴルフをした話をしたとのとで。いずれ、2人でゴルフすることも考えていたのではないかと思うのだけど。(小泉元首相も、ブッシュ大統領の別荘とか行ってたし。ゴルフはムリでも、何か特別に懇意を示すような待遇をして欲しかったはず。)オバマ大統領は、ナショナリストの安倍首相と個人的に付き合う気は全くないようだ。(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 しかも、もし日本国の首相の訪米を歓迎&評価するところが多ければ、アチコチの団体や企業、学校などから、是非、来て欲しいとリクエストが殺到するはずなのだけど。それも、ほとんどなかった様子。^^;

 首相の訪米日程作りに関して、4月の初めに日刊ゲンダイがこんな記事を出していたのだけど。本当に、そういう感じのスケジュールになってるな~と思ったりして。(^_^;)

『安倍首相は“国賓訪米"自慢も オバマに冷遇され日程スカスカ

2015年4月4日 日刊ゲンダイ

 今月末、安倍首相が訪米する。大新聞では、日本の首相として初めて米議会の上下両院合同会議で演説することが、しきりに強調されているが、肝心のオバマ大統領には“冷遇”されているのが実情だ。1週間も米国に滞在するのに、オバマ大統領と顔を合わせるのは、たったの1日だけ。ワシントンでのスケジュールがスカスカなのだ。

 安倍首相の訪米は4月26日~5月3日。28日に日米首脳会談、29日に米議会演説が予定されている。ワシントン滞在は27~30日で実質2日間だけ。残りの日程はボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコに立ち寄る。

 ホワイトハウスは先月23日、安倍首相の訪問について、米側が招待する「Official visit(公式訪問)」と発表。これを受け、先月27日の予算委員会で安倍は「事実上の国賓待遇」と自慢げだった。

 実際、「公式訪問」は06年の小泉元首相以来だ。米国の規定では「国賓」は国家元首(日本の場合は天皇)で、首相はその下の「公式訪問」となる。ただ、歓迎式典や公式晩餐会など「国賓」とほぼ同等のもてなしとなるため、日本政府は「国賓級」という言い方をしているようだ。

■日本側が勝手に組める日程ばかり

 しかし、小泉首相の時は、晩餐会にミニ・ロックコンサートの余興が付き、翌日にはブッシュ大統領が大統領専用機で小泉首相をテネシー州のプレスリー旧邸まで案内するなど、至れり尽くせりだった。

 安倍首相の場合、オバマ大統領からの招待は28日のみで、一通りの儀礼だけ。あとの日程は「ご勝手に」ということだ。昨年4月、オバマ大統領が来日した時、安倍首相が非公式の夕食を寿司でもてなす演出をしたのとは大違いである。あの時もオバマはほとんど笑顔を見せなかったが、やっぱりオバマ大統領は安倍首相が好きじゃないらしい。

 元外交官の天木直人氏がこう言う。

「首脳会談と晩餐会は『公式訪問』としては当たり前で最低限のプロトコル(外交儀礼)です。重要なのはその他の日程。議会演説は米政府ではなくあくまで議会側の招待です。ボストンやロス訪問は、ケネディ大使ゆかりの地を訪れるとか、日系人との交流などとされている。1週間も米国に滞在するのに、日本側が勝手に組める日程ばかりです」

 昨年の国連総会で日米首脳会談が行われなかったりと、安倍首相とオバマ大統領は「ケミストリー(相性)が合わない」(ベテラン政治記者)というのが衆目の一致するところ。

「日米同盟が強調されていますが、今回の公式訪問は首脳同士の信頼関係の構築とは程遠い。議会演説にしてもTPPで日本側が全面譲歩するバーターといわれています」(前出の記者)
 それでも、「事実上の国賓待遇」とご満悦な安倍首相。これではバカにされるだけだ。(日刊ゲンダイ15年4月4日)』

< 尚、西海岸を訪問するのは、産経新聞によれば、このような目的があるかららしい。(-_-)

『西海岸ではサンフランシスコ訪問に際して、最先端のIT企業が集積するシリコンバレーを訪れるほか、西海岸で計画される高速鉄道建設をにらみ、日本の技術を売り込む。
 だが、首相が西海岸を訪問する最大の目的は、韓国系、中国系住民が反日攻勢を強めている米西部カリフォルニア州に自ら乗り込むことだ。慰安婦をめぐり不当な主張を米国内に浸透させようとする動きを封じたい狙いがある。(産経新聞15年4月24日)』>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 でもって、結局、このような外遊日程が組まれたという。

『安倍晋三首相は昭恵夫人を伴い、4月26日から5月3日まで米国を公式訪問する。訪米日程は公表されていないが、その詳細を掴んだので紹介する。

これが安倍首相の訪米日程詳細

 4月26日ボストン:J・Fケネディ図書館をキャロライン・ケネディ駐日大使の案内で訪問。ジョン・ケリー国務長官私邸で晩餐会出席。

 同27日ボストン:ボストン・マラソンのテロ現場にて献花。ハーバード大学でスピーチ、学生との質疑応答。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ視察(ノーベル賞受賞の利根川進教授が案内)、ワシントンDCへ移動。

 同27日午後ワシントンDC:アーリントン墓地で献花・ホロコースト記念館訪問。

 同28日ワシントンDC:ホワイトハウスで歓迎式典、オバマ大統領と日米首脳会談・共同記者会見、バイデン副大統領、ケリー国務長官との昼食会、オバマ大統領主催の公式晩餐会。

 同29日ワシントンDC:上下両院合同会議で演説。ベイナー下院議長主催のレセプション、有力上院議員との懇談会、笹川平和財団主催のシンポジウム出席・スピーチ、駐米日本大使公邸で日米関係者を招いて夕食会。

 同30日午前ワシントンDC:米科学アカデミー主催の朝食会、サンフランシスコに移動。

 同30日午後サンフランシスコ:米イノベーション企業家ラウンドテーブルとの懇談会、スタンフォード大学ダニエル・オキモト教授主催のシンポジウム出席、シリコンバレー(テスラモーターズなど)視察、グラッドストン研究所訪問(ノーベル賞受賞の山中伸弥教授らと懇談)、ブラウン・カリフォルニア州知事と会談、日米交流に尽力した約100人を招いたレセプション、ロサンゼルスに移動。

 5月1日午後ロサンゼルス:日米交流関係者との昼食、日米経済フォーラム出席、在留邦人によるイベント参加、日系人部隊記念碑献花、全米日系人博物館訪問、同行記者団との内政懇談。

 同2日午前ロサンゼルス:交流イベントを検討中、同午後政府専用機で帰国の途へ(帰国は日本時間3日午前)。

 まず、ファクトから。ワシントンにあるホロコースト記念館は、歴代米大統領が就任してから最初に訪れる場所であり、日本の首相が訪問するのは初めてだ。米国のユダヤ人社会に対する好ましいメッセージとなる。

 肝心の米議会演説である。安倍首相は英語でスピーチを行う。草稿は、首相のスピーチライターである谷口智彦内閣官房参与が今井尚哉首相秘書官(政務担当)の意見を聞き、準備した。そして安倍首相が朱入れを行ったものだが、未来志向の格調高いモノになったようだ。

 キーワードは「和解」である。歴史認識問題については、安倍首相の強い意向から「侵略」と「反省」というワーディングは使われるが、「お詫び」という言葉はない。22日のバンドン会議での首相演説と同じ。(現代ビジネス15年4月25日より)』

* * * * *

 mewは、本当は安倍首相なんかに米議会で演説させたくなかったのだ。(**)

 安倍首相が、日本国民の代表であるようなツラ・・・失礼、顔をして、エラそ~に&自慢げに議会で演説する姿を見たら、しかも、積極的平和主義が何たらとか蕁麻疹が出そうなぐらいイヤ~な気分になりそうだし。
 米国+αの人たちに、あんな人が日本の国民の代表だとか、あんな国家主義、歴史修正主義、軍拡主義の考え方が日本国民の考え方だと思われるのは、め~っちゃイヤだからだ。<mewから見ると、日本の屈辱、汚点かも。_(。。)_>

 ただ、もし安倍首相が、この演説の中で問題視されるような発言を行なった場合は、米国や中韓、その他の国々の政府やメディアから批判が出るのは確実なわけで。<本当は日本のメディアや国民が真っ先に怒らなくちゃいけないんだけどね。^^;>
 堂々と「揚げ足とり」をするために、安倍首相の演説はもちろん、訪米時の言動をしっかりチェックしたいと思っているmewなのだった。(@@)
                          THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-27 05:23 | (再び)安倍政権について | Trackback

橋下と安倍、菅が互いをえげつなく利用~都構想の住民投票は、日本を左右する

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【ネパールでM7.8の地震が起き、周辺国を含め、1000人以上の使者が出ているとのこと。被害者や遺族にお見舞い申し上げると共に、今は、ともかく少しでも早く&1人でも多く被害者が救済されるようにと祈っている。
 いつも書くことだが、こういう自然災害の時こそ、自衛隊を積極的&迅速に派遣して、救済に当たって欲しいと。非軍事的な分野で、優れた能力を発揮して世界に貢献できる国になりたい、そしてそれを大きな誇り、喜びにする国でありたいと願っている。】

 今日は、統一地方選第二弾の投票日。mewが住んでいる東京のXX区でも、区長選と区議選が行なわれる。(・・)

 実のところ、統一地方選第一弾で、一番躍進したのは共産党だったのだけど。その追い風もあってか、選挙活動をするのを見ていて、今回も共産党に勢いがありそうな感じがするのはmewだけだろうか?前回同様、自民微増、公明はそれなり、共産は急増、他はアウトってことになるのかな?(@@)

 正直を言うと、mewは、今、統一地方選よりも5月17日に行なわれる大阪都構想に関する住民投票の方に強い興味を抱いているのだ。(**)

 というのも、今度の住民投票の結果が、単に大阪の今後だけでなく、日本全体のあり方、将来を大きく左右する可能性が大きいからだ。(-"-)

* * * * *

 もしこの住民投票で反対の人の方が多ければ、大阪市長の橋下徹氏&大阪維新が提唱する形の大阪都構想は実現困難になる。そして、橋下氏が約束を守るなら、同氏は地方首長や国会議員などを含め、政治家を辞めるとのこと
 橋下氏が政治家を辞めれば、大阪維新は衰退するのは間違いないし。維新の党も、江田代表や東側陣営を中心に活動することになるので、安倍自民党と対峙する形で野党再編を進めることが可能になる。(++)
<関連記事・『橋下が維新代表を辞任か(戻るな!)~崖っぷちの都構想実現に賭けるも、野党の抵抗強し』>

 でも、もし賛成する人の方が多ければ、橋下徹氏は都構想を具体的に実行に移すために、大阪市長を続けるか国会議員に転身すると見られている。しかも、橋下氏は、構想実現に安倍官邸&自民党の協力を得るのと引き換えに、安保法制や憲法改正に協力することを約束しているわけで。

 mewは、本来、都構想に関しては、他の国政とは関係なく、大阪市民の意思に委ねるべきだと思っていたし。そもそも大阪都構想と安保軍事や改憲をリンクさせること自体、おかしいというか、かなり汚いやり方だとも思うのだけど。
 日本がとんでもアブナイ道を暴走するのを防ぐためには、ともかく、大阪都構想を潰すしかないかもな~と思い始めている今日この頃なのだ。_(。。)_

* * * * *

 まずは、コチラのツイッターに載っている維新のチラシを見ていただきたい。(@@)
 https://twitter.com/takashinagao/status/581105983063199744/photo/1

 橋下維新は、自民党や保守系の支持者の賛成票を得たいがために、チラシに「大阪都構想に安倍総理、政府自民党は賛成です」と明記。さらに、安倍首相と菅官房長官のイラストつきで、首相や党本部が都構想に賛成しており、既に決定しているかのような発言を付しているのである。 (゚Д゚)

 また橋下氏は9日の会見で、こんな発言をして、安倍官邸との関わりをアピールしていたという。

『統一地方選候補の応援演説で橋下氏は、大阪都構想を巡り対立する自民党について 、「僕はね、大阪の問題について安倍総理や菅官房長官には色々お世話になってる。これは正直あります。でも大阪の自民党はデタラメ。東京の自民党と大阪の自民は違う」と、自民内の姿勢に“ねじれ”があると指摘した。
 そのうえで「自民党の支援者の方は大阪に多いと思いますが」と橋下氏。(中略)「東京と大阪の自民は違うことだけは分かってください。大阪の自民党が本当に仕事してくれていたなら、 わざわざ僕は知事になったり市長になったりしていません」と、その後は、過去の府市二重行政や、膨大な借金を生んだ箱物行政を説明し、大阪都構想の必要性を訴えていた。 (デイリースポーツ15年4月9日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ちなみに安倍首相は、チラシの似顔絵を見て、「これはひどい、似てないじゃないか」と感想を述べたとか。(>_<)

『「これはひどいね。似顔絵だって似てないじゃないか。菅(官房長官)さんは似ているけどね」。先月26日、自民党青年局の若手衆院議員との昼食会で、首相はそう漏らした。

 議員らが大阪維新の会が配布している大阪都構想の説明用ビラを示した際のことだ。首相と菅氏の似顔絵入りのビラには「都構想に首相、菅長官、政府自民党は賛成」とあった。「青年局との昼食会」は名目で、危機感を持った大阪の若手議員が画策した「首相への直訴」だった。府議選などが告示された3日、谷垣禎一幹事長がJR大阪駅前での応援演説に入ったのも府連の強い要請を受けたものだった。

 しかし、実際には、菅氏は3日の記者会見で大阪都構想について「二重行政をなくし、府民や市民の期待に応えることは検討すべきことだ」と理解を示した。

 首相が1月のテレビ番組で、大阪都構想について「意義はある」と述べた翌日、橋下氏は「うれしくてしょうがない」と応じた。さらに「憲法改正は絶対必要。安倍首相しかできない。できることはなんでもする」と足並みをそろえた。
 首相と菅氏が、大阪都構想に理解を示すのは、来夏の参院選に向け、維新が勢いを保てるよう後押しする意味がある。憲法改正の発議には衆参両院の3分の2以上の賛成が必要だ。しかし、参院242議席のうち自民の現有議席は114(山崎正昭議長をのぞく)に過ぎない。

 維新の議席数は、状況によっては改憲のキャスチングボートを握る。維新が存在感を増せば「公明党を揺さぶる材料にもなる」(自民党幹部)ともみられている。
 改憲を悲願とする首相にとって維新は手放したくないカードであることが、大阪都構想を評価し続ける理由になっている。(毎日新聞15年4月7日)』

* * * * *

 ここまでに至るおおよその経緯は、『橋下が官邸、公明と密約か?~大阪都構想で公明党が方針転換&住民投票、実現へ 』『安倍が橋下維新に大接近。「改憲」と「都構想」のバーターで、取り込みをはかる』に書いたのだけど・・・。
 
 大阪府&大阪市の議会では野党の自民党、公明党は、当初から大阪都構想には大反対の立場。
 特に大阪の自民党は、今でも先頭を切って、反対キャンペーンを行なっているし。自民党、公明党の党本部も、基本的には都構想には反対or消極的な立場なのである。<ただし、自民党の新自由主義者&カジノ派には、都構想全てではないが、大阪の行政改革に賛同している人はいるようだ。^^;>

『自民党の谷垣禎一幹事長は15日、竹本直一衆院議員(同党大阪府連会長)と党本部で会談し、大阪市を5つの特別区に分割して大阪府と再編する「大阪都構想」について「『都構想』という立派な名前で呼んでいるが、要は『羊頭狗肉』だ。大阪市を解体して弱くするだけだ」と批判した。都構想の住民投票(27日告示、5月17日投開票)に向け、「統一地方選後半戦とともに頑張れ」とも述べた。会談後、竹本氏が記者団に明らかにした。(産経新聞15年4月15日)』

 しかし、実際には、橋下氏らが、昨年末の衆院選で、公明党の候補者がいる大阪選挙区からの出馬を控えた代わりに、都構想に反対している公明党が大阪府議会、市議会で住民投票案に賛成したため、5月に投票を行なうことに。

『橋下はたびたび、都構想が実現しなければ「政治家を辞める」と公言。都構想は橋下の生命線だ。住民投票を可能にする、候補者擁立見送りと住民投票への賛成という、大胆な妥協ができたのはなぜか? 
 永田町では、橋下と公明党・創価学会の双方を説得できる人物は「菅以外にいない」というのが常識。菅は「なんでもかんでも私のせいになる」と煙に巻くが、公明党や維新では菅の功績を否定する人はいない。いずれにしても、大阪都構想の成否、その前哨戦となる大阪府・市議選の結果は憲法改正をめぐる政界の構図に大きな影響を与える。(現代ビジネス15年4月6日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 何故、安倍首相らは、そんなに橋下氏らや維新に執着しているのか?(~_~;)

 もう何回も書いていることではあるのだが。安倍&菅氏らは、橋下徹氏の人気や話術を憲法改正運動で活用して、世の中の改憲ムードを高めたいと。また、維新の議席数を増やして野党再編&保守二大政党制を実現し、(もし公明党と連立解消しても?)、衆参院で2/3の議席を確保できるようにしたいと考えているからだ。^^;

 そもそも安倍氏や菅氏ら、また超保守改憲派の議員は、自民党が下野していた頃から、いずれ憲法改正実現に向けて動く時に、橋下氏らをうまく利用したいと考えて、大阪維新に国政政党になることを勧めたり、助力したりしていたわけで。(石原、平沼氏らの太陽族や、中田、山田氏らのW宏らもしかり。)
 彼らにしてみれば、ここから橋下維新活用計画の本番を迎えるような感じなのである。^^;

『メディアを巻き込んで破天荒な行動で突破していく力は、安倍や官房長官・菅義偉にとって大いなる魅力である。上西の弁明を記者会見の場で聞く、言わば「公開ヒヤリング」を3時間も行うことは並みの政治家では思い浮かばないし、できない。
 安倍や菅は橋下の影響力低下がささやかれても、参院選後に悲願の憲法改正を達成するには橋下の力が必要と考えている。だからこそ、菅は住民投票の実現に向けて、大きな「貸し」をつくった。
(現代ビジネス15年4月6日)』

* * * * *

 とはいえ、自民党の大阪府連にしてみれば、安倍首相らのこのような姿勢には承服しかねる部分があるし。都構想に賛成しているかのような発言は控えて欲しいところ。
 党執行部は、安倍首相の意向を無視することもできないため、対応に苦慮しているようだが。この「ねじれ」が、今後、自民党内の対立につながるおそれも十分にある。(~_~;)

『自民党大阪府連が、安倍晋三首相と維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)の「蜜月関係」に危機感を強めている。橋下氏の主導する「大阪都構想」に首相が一定の理解を示しており、3日に告示された大阪府議選や大阪市議選で敵に塩を送る格好になりかねないからだ。5月17日に大阪市で行われる都構想の是非を決める住民投票後も、この「ねじれ」は尾を引きそうだ。(沢田大典)

 自民党の近畿ブロック選出の衆参両院議員は3月31日の会合に、都構想に反対している内閣官房参与の藤井聡京都大大学院教授を招き、講演を聞いた。
 藤井氏と橋下氏は不倶(ふぐ)戴天の敵ともいえる状況にある。藤井氏が橋下氏を大阪の道頓堀川のヘドロになぞらえ「ヘドロチック」などと発言すると、橋下氏は在阪放送局に藤井氏の出演自粛を要請。山極(やまぎわ)寿一京大総長にも見解を求め、望んでいた回答が得られないと「勘違いしている京大をライフワークとしてしっかりただす」と宣戦布告したほどだ。同日の会合でも藤井氏は「都構想が実現すれば大阪人は地獄を見る」「橋下氏ほど危険な人物はいない。橋下氏が内閣に入ったら亡命する」と強烈な表現で批判した。

 出席議員からも都構想に理解を示す首相を念頭に「官邸も問題だ。首相には都構想に賛成していないと言ってほしい」という声や、「大阪都構想が実現すれば、維新が民主党を吸収して大きな野党ができるという話がある。関西だけでなく全国的な問題だということを分かっていない」などの不満が相次いだ。

 会合を受けて、竹本直一大阪府連会長が今月2日、官邸に首相を訪ね、府連側の不満を伝えた。
 しかし、憲法改正が悲願の首相は同じく憲法改正を訴える橋下氏を「あまり刺激したくない」(首相周辺)のが本音。国会運営でも、自民党は公明、民主両党に対して牽制(けんせい)が必要な場面では、維新を重宝している。このため党執行部としても、維新との間合いの取り方に苦慮している。谷垣禎一幹事長は3日に大阪市内で「自民党全体として都構想が良いか悪いか議論したことはない」と言葉を濁した。(産経新聞15年4月5日)』

* * * * *

 この大阪都構想の住民投票に関しては、これから書く機会が増えると思うのだけど・・・。

 どうか実際に投票する権利を持つ大阪市民の方々には、まずは、大阪都構想のシステムやそのメリット、デメリットに関してよ~く考えて欲しいと思うし。
 また、この住民投票の結果が、単に都構想の成否にとどまらず、日本の国政に大きな影響をもたらす可能性が大きいことも、意識していただければと願っている。(・・)

 そして、大阪市民以外は、この投票には参加はできないのだけど。安倍官邸と橋下維新が(+公明党も?)自分たちの思想や政策の実現のために、いかに汚い、えげつない手を使っているのか、是非アピールしたいと思っているmewなのだった。(@@)
                            THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-26 08:08 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

検察が下村大臣の告発を受理+また沖縄で公約裏切りがbut翁長は一歩も引かず

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 統一地方選が始まってから、ほぼ全くと言っていいぐらい安倍内閣の閣僚の諸問題に関する報道が姿を消してしまったような感じなのだけど・・・。(~_~;)
 安倍閣僚の諸問題にしつこくこだわっている当ブログにとって、一つ朗報があった。(・・)

 先月、下村文科大臣が、市民団体によって東京地検に告発をされたという話を書いたのだが・・・。
(『「わが軍」発言で開き直る官邸、国会で追及を+逃げ切りはかる下村に刑事告発』『石破も「わが軍」擁護も、言い直しに矛盾が+下村の告発に真っ黒な証拠』)

 今週23日に東京地検が、下村大臣に対する告発状を受理したことがわかったのだ。(@@)

『下村博文文部科学相(60)関連の任意団体をめぐる政治資金問題で、下村氏らに対する政治資金規正法違反(虚偽記載など)罪での告発状を東京地検が受理したことが23日、告発人への取材で分かった。同地検は今後、同罪での立件の可否を慎重に判断するとみられる。

 告発状は「政治資金オンブズマン」(大阪市)メンバーの大学教授らが3月に提出した。告発状によると、全国に6つある任意団体「博友会」は、規正法が義務付ける政治団体の届け出をせずに、下村氏を推薦、支持する「政治活動」を行ったと指摘。遅くとも平成22年から年会費として集めた資金を下村氏が代表を務める政党支部へ寄付しながら、23~25年分の政党支部の政治資金収支報告書には博友会からの寄付を記載しなかったとしている。(産経新聞15年4月23日)』

* * * * *

 下村文科大臣は、当初、週刊誌が報じるような疑惑は一切ないと主張していたのだが。その後、次々と下村氏の説明が真実ではなかったことが発覚。
 一時は辞意を漏らしていたものの、盟友である安倍首相に強く慰留され、大臣を続けることを決断。先月、刑事告発された時には、下村氏や博友会役員らが刑事告発されたことについて「偽装献金や迂回献金は全くない。刑事告訴に値するような内容ではない」とかなり強気の姿勢を見せていた。(発言部分 産経新聞4月1日)

 しかし、今回、告発受理されたのを受けて、自らの疑惑を否定しながらも、捜査に協力する意向を示しているという。^^;

『下村博文文部科学相は24日の記者会見で、自身を支援する任意団体をめぐる政治資金問題に関し、市民団体からの告発状を東京地検が受理件したことについて「捜査機関から協力要請があれば、粛々と説明したい」と述べた。
 市民団体は、下村氏や任意団体の役員らに政治資金規正法違反(虚偽記入など)の疑いがあるとしているが「法律上、何の問題もないことは国会で何度も説明してきた」と強調した。(産経新聞15年4月24日)』

* * * * *

 まあ、東京地検が刑事告発を受理したからと言って、下村氏が必ずしも起訴されるわけではないのだけど・・・。

<渡辺喜美氏なんか、起訴猶予になっちゃったし。(>_<) どう見ても不起訴になる可能性が乏しい小渕優子氏の場合は、捜査が始まってからもう半年も立っているのに、な~んの情報も結論も出て来ないし。(安倍自民党にダメージを与えないために、選挙や安保法制が終わるまでは、控えているのかしらね。(-"-))>

 検察が告発を受理したってことは、下村大臣に呈されている様々な疑惑が刑事罰の対象になるってことを検察が認めたということになるわけだし。
 もし不起訴処分になった場合は、検察審査会で審査してもらう手もあるわけで。mew的には、大きな前進の一歩としてとらえたいと思うです。(**)

<週刊誌やTVなどのメディアも、小沢一郎氏の時の1000分の1でいいから、閣僚の諸疑惑に関して取材、報道して欲しいんだけどな~。(@@)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は全く変わるのだけど・・・。今週、沖縄の基地問題に関して、ちょっと残念&ショックなことがあった。_(。。)_

 浦添市の市長が、軍港移設反対の選挙公約を翻意。仲井真前知事と同様、住民の期待を裏切って)、那覇軍港の移設計画を受け入れることを正式に発表したのである。(ーー)

『沖縄県の嘉手納基地(嘉手納町など)以南の米軍施設の統合・返還計画で、同県浦添市の松本哲治市長が20日、記者会見を開き、陸軍那覇港湾施設(那覇軍港。那覇市、56ヘクタール)を浦添埠(ふ)頭(とう)地区に移設する計画を受け入れると表明した。松本氏は平成25年2月、移設反対の立場で市長に初当選し、政府や県、那覇市などで構成する移設協議会が停滞していたが、受け入れ表明で計画は大きく前進する。

 松本氏は「(軍港移設を)進めることで沖縄県全体としての米軍基地の整理・縮小につながっていく」との認識を示した。今月28日の移設協議会に副市長を出席させる。
 那覇軍港は、那覇市の中心部に位置し、跡地利用に地元の期待感が強い。返還計画が動き出したことは、3月のキャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(宜野湾市)の返還に続き、政府が進める沖縄県の基地負担軽減に弾みがついた形だ。(産経新聞15年4月21日)』

* * * * *

 松本氏は13年の市長選で軍港移設反対を主張して当選していたのであるが。安倍政権に代わって、どんどんアメムチ戦略が厳しくなって追い込まれつつあった上、仲井真前知事も同じようなケースで公約を翻意したこともあって、近時は言動が揺れていた様子。

<アメムチ戦略・・・国の言うことをきかないと、交付金や予算をカット。言うことをきけば、ご褒美がアレコレ。辺野古のある名護市も今、大変な思いをしているです。^^;>
 で、少し前から、もしかしたら、やっぱ仲井真氏同様、公約を撤回して裏切るのではないかという憶測or疑念が出るようになっていた。(~_~;)

『市長は2013年2月の市長選告示直前、美しい海を埋め立てる必要はないとして移設容認から反対へ転じた。沖縄タイムスのアンケートにも「明確に反対」と明記。だが就任後、「基本的に反対」「現在は是非について判断しない。しかるべき時期に責任を持って判断したい」と態度をあいまいにしてきた。
 市議会3月定例会では翁長雄志知事や城間幹子那覇市長を挙げて「重要な2人の意見をしっかり確認しないと決断は大変難しい」と答弁、軍港の受け入れ判断を保留。2人との面談日程が取れないまま、容認に踏み切る形になる。

 浦添市は、キャンプ・キンザー沖を埋め立ててリゾート開発する市案を固めている。現在の軍港移設予定地と市案を重ねると人工ビーチと軍港が向かい合うため、軍港を受け入れた上で位置をずらすのか、受け入れ自体を拒否するのか、市長の判断が待たれていた。
 軍港移設に向けた環境影響評価(アセスメント)は現在、配慮書の発注まで進んでいる。浦添市の15年度予算では、軍港受け入れを条件に防衛省から浦添市へ支払われる再編交付金を14年度並みの約2億1567万円と見積もっている。(沖縄タイムス15年4月15日)』

『公約を撤回したことについて「辞任して信を問うべきではないか」との質問に対し、松本市長は「公約を転換しなければならなかった理由を丁寧に市民に説明していきたい」と述べ、辞任しない意向を示した。(琉球新報15年4月21日)』

* * * * * 

 それにしても、松本市長が何故、わざわざこの時期に、軍港移設を受け入れる意向を示したのか?

『松本市長は受け入れの理由について「軍港についての見解をはっきりさせないままでは西海岸開発の浦添市案は進まない。市や県と同じ枠組みで歩調を合わせて進めるのが妥当と判断した」と語り、日米特別行動委員会(SACO)の合意に基づいて協議する方針を示した。同時に市案実現のため軍港の位置変更も求めていく。

 この時期に受け入れを表明したことについて、28日に東京で開かれる那覇軍港移設協議会で市案を提案することや、8月の那覇港長期構想策定、11月の那覇港湾計画改定に市案を反映させる必要があるとし「今回ほど苦しい決断はなかった。公約を貫いていくのか、または現実に合わせた形で転換するのかはどっちが正しいとは言えない。市民に丁寧に説明し、理解いただけるよう努力したい」と述べた。

 市はキャンプ・キンザーの返還を見据え、国際的な観光リゾート地形成を目指し、人工ビーチやマリーナ、大型クルーズ船バースを整備するとしており、ビーチを北向きから西向きに変更した市案を2月に策定した。(琉球新報4月21日)』

 まあ、他にも色々と理由や事情があるとは思うけど。安倍官邸が、翁長知事へのアテツケとして、、また周囲から圧力をかけて、公約の翻意を&辺野古移設の受け入れを促すために、この時期を狙って発表させたのではないかと思った人は、mewだけではあるまい。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 でも、『きく耳持たぬ安倍、翁長と交わるはずもなし。翁長は一歩も引かず、訪米を計画。』に書いたのだけど。翁長知事は、一歩もあとに引く気はないのだ。(**)
 日刊ゲンダイも同じような見方をしていた。

<そう言えば、上の記事で、mewは翁長知事が安倍首相と会談した際に、翁長氏が大事な話を始めた途端、報道陣が追い出されたと書いたのだけど。日刊ゲンダイも、そのことに触れていた。(@@)>

『初会談で翁長知事と沖縄県を激怒させたのは、“だまし討ち”ともいえる官邸の対応だ。安倍首相、翁長知事双方とも、カメラ前の発言時間を事前に5分間と決めたのに、官邸は翁長知事が3分余り話した時点で突然、打ち切ったのだ。沖縄県は急きょ、非公開となった発言内容に加え、その後の双方の発言メモを報道陣に公開した。

 おそらく官邸は「辺野古移設が唯一の解決策」と強調した安倍首相の姿を大々的に報じさせ、翁長知事の発言を小さく扱わせようと“画策”したのだろう。あまりにセコイ話で、あらためて安倍政権が沖縄県民の声を聞く気がないことがハッキリした。

 突然の会談は、やはり安倍首相の訪米前のアリバイづくりだったのは明らか。翁長知事はそんな安倍政権を見限り、自らも訪米して「辺野古移設反対」を直訴する。政府・与党内からは「米国で何ができるのか」と冷ややかな声が出ているが、てんで分かっていない。翁長知事や沖縄県側には、きちんとした「勝算」があるのだ。

「翁長知事は思いつきで訪米と言っているのではありません。今月7日には、マグルビー駐沖米総領事や在沖米軍トップのウィスラー沖縄地域調整官と会談し、ケネディ駐日米大使との早期会談を要望。米国内で普天間基地問題を訴えるのに最も影響力のある政治家は誰か、といった情報を収集するための県事務所を4月にワシントンに開設するなど、用意周到に準備を進めています。先週の訪中で李克強首相と会ったのも当然、米国にゆさぶりをかける人脈づくりの一環。米軍基地問題を世界中に発信するため、国連本部があるニューヨークなどにも県事務所を置く、との声も出ています」(沖縄県政担当記者)

 バカの一つ覚えのように「粛々と」ばかり言って、何もしない安倍政権に愛想を尽かしたワケで、無為無策の安倍外交よりもよっぽど現実的だ。沖縄国際大教授の前泊博盛氏もこう言う。

「米政府要人と面会すべく、沖縄県のしかるべきルートづくりは着々と進んでいます。(会談の際に翁長知事は)『なぜ辺野古基地が必要なのか』を理詰めで問いただすつもりでしょう。詳しくは明かせないが、米中の方から会談を求められているケースもあると聞く。いずれにしても安倍政権よりも沖縄県の外交ルートの方が強固ですよ」

 辺野古移設阻止を目的に設立された「辺野古基金」は、たった1週間で4600万円余りが集まった。翁長知事訪米の際には、基金を使って、米国内のメディアに意見広告を出す計画もあるという。翁長知事が訪米で反辺野古キャンペーンを展開すれば、安倍政権は赤っ恥。辺野古基地問題が大きく動く可能性がある。(日刊ゲンダイ15年4月21日)』

* * * * *

 とはいえ、毎度ながら書くことだが、翁長知事が政府と正面から戦うためには、沖縄県民だけでなく、日本全国の国民の後押しが必要なわけで。
 ひとりでも多くの国民が、辺野古移設の件に関心を持って欲しいと強く願っているmewなのだった。(@@)
                          THANKS



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-25 08:32 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍娘、会談終われば即参拝+小泉の村山談話への思い+安倍が言葉狩りする意図

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


あちゃ~!何か急にPCが固まって(最近では珍しい現象)、書きかけの記事がアウトに。(ノ_-。)すぐに全てを書き直しをする時間がないので、一部は後日に回すとして・・・。

 とりあえず、今週アップした記事に関わることを少し。

 まず、これは昨日の『安倍、おわびは絶対拒否+女性要職の靖国参拝は?+軍事より官邸の危機管理を+皐月賞』の関連になるのだが・・・。

 mewはこの記事の中で、いつも例大祭の時に靖国参拝する安倍内閣の女性閣僚らが、22日まで参拝に行かないのは、官邸から日中首脳会談が実現するまでは、参拝はするな(ワンコに対する「待て!」みたいな?)と指示を受けているからだと。
 で、22日に無事に参拝が実現したので、23日になったら参拝するかもという話を書いたのだけど。
 笑ってしまった&呆れてしまったことに、山谷、有村、高市大臣の3人の女性閣僚が本当に23日いなったら、待ってましたとばかり、本当に靖国神社の参拝を敢行したです。(~_~;)

<3人とも安倍シンパ&日本会議、創生日本に属する超保守派。mewは、山谷えり子氏は国家公安委員長として、さすがに前日に官邸屋上でドローン見つかった事件が起きた直後に、靖国参拝は控えるかな~と思うとこがあったのだけど。彼女には、そんなことはお構いなしなのね。(-"-)
 でもって、「靖国・命」の超保守マドンナ・稲田朋美政調会長は、今回は行かないのだろうか?こそっと別の日に行くor行ったのかな?(・・)>
 
* * * * *

『高市早苗総務相、山谷えり子国家公安委員長、有村治子女性活躍担当相の3閣僚は23日、春季例大祭(21~23日)に合わせて東京・九段北の靖国神社にそれぞれ参拝した。3人は昨年10月の秋季例大祭でも参拝している。

 高市氏は参拝後、記者団に「国策に殉じた皆さんの御霊に、尊崇の念を持って感謝の誠をささげた」と述べた。山谷氏も「国のために戦い尊い命をささげた英霊に感謝の誠をささげてきた」と説明。有村氏は「戦地に赴き命をささげた方々や、塗炭の苦しみを味わった遺族の歩みに思いをいたして参拝した」と語った。(産経新聞15年4月23日)』


『高市早苗総務相ら安倍政権の3閣僚は23日、春季例大祭に合わせて靖国神社を参拝した。前日のインドネシアでの日中首脳会談で、習近平国家主席が「歴史の直視」を求めた直後だけに、中国側は「断固反対」と早速批判。日本側は「主要閣僚ではなく、影響はない」(首相周辺)とみているが、日中関係改善の機運に水を差す可能性も否定できない。

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、「国のために戦って尊い命を犠牲にした方に尊崇の念を表すのは極めて自然なことだ」と述べ、3閣僚の参拝を容認。日中関係への影響についても「全くない」と言い切った。首脳会談成立を優先する首相官邸が高市氏らに22日の参拝を見送るよう求めたことが分かっているが、1日後の参拝は黙認した。

 首相周辺は「首相、副総理、外相、官房長官が参拝しないなら、外交的に影響はない。中国側も線引きして対応している」と指摘。また、別の政府関係者は「中国は日本にアジアインフラ投資銀行(AIIB)に入ってもらいたいのだろう」と述べ、歴史認識をめぐる中国の批判は抑制的との見方を示す。

 しかし、歴史問題での安倍政権への中国側の不信感が解消されたわけではない。安倍晋三首相は22日にアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で行った演説で、大戦への反省を表明したものの、謝罪には言及しなかった。夏に発表する戦後70年談話でも、村山富市首相談話にあった「植民地支配と侵略」「おわび」の表現をそのまま使うことに否定的だ。

 こうした首相の姿勢に、閣僚の靖国参拝が加わり、野党側も厳しく批判。民主党の長妻昭代表代行は会見で「(戦時の召集令状の)赤紙を出した側がまつられているところに参拝する意味を考えたのか」と述べ、共産党の志位和夫委員長も「日本は侵略戦争を美化して恥じない国だと世界に発信したことになる」と懸念を示した。 (時事通信15年4月23日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 昨日は、「村山談話」と「小泉談話」の全文をアップ。また、小泉元首相が、バンドン会議60周年の際に行った演説でも、村山談話の「侵略」や「心からのおわび」の言葉をしっかりと組み入ていたという話を書いたのだけど。
 小泉元首相は、「俺の歴史認識は村山談話と全く変わらない」「俺の談話では当然、文言も含めて村山談話を継承する」という考えが強かったという。(・・)

『小泉60年談話の舞台裏、村山談話踏襲の理由

 バンドン会議での安倍総理の演説は、夏に発表される戦後70年談話を前にどういった歴史認識を示すかという点で注目されました。というのも、前回の戦後60年で、当時の小泉総理のバンドンでの演説が談話につながったという経緯があるからです。小泉談話はどのようにでき上がったのか、その舞台裏です。

 「侵略、または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない。(第1回)バンドン(会議)で確認されたこの原則を、日本は、先の大戦の深い反省と共に、いかなるときでも守り抜く国であろうと誓いました」(安倍晋三総理大臣)

 22日、安倍総理は、第1回のバンドン会議で採択された平和10原則を引用する形で、「侵略」を口にし、「深い反省」という言葉を用いました。ですが、過去の総理が引き継いできた歴史認識に関する4つのフレーズを語ることはありませんでした。そのフレーズとは・・・戦後50年の村山談話で語られた日本による戦時中の「植民地支配」と「侵略」、それに対する「痛切な反省」、そして「心からのお詫び」です。戦後60年、同じバンドン会議で、当時の小泉総理は・・・

 「我が国はかつて、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ・・・」(小泉純一郎総理大臣(当時) 2005年)

 ここで触れられた4つのフレーズは、その夏の戦後60年・小泉談話にも書き込まれました。小泉談話はどのようにして作られたのでしょうか。バンドン会議のおよそ10日後、小泉総理は極秘裏に談話の作成を指示しました。作成に関わったのはわずか3人。このとき、小泉総理はこう話したといいます。

 「俺の歴史認識は村山談話と全く変わらない。俺は、中国の盧溝橋に行った際も、韓国の記念館を訪ねた際も、同じことを言っている」

 当時、中国では反日感情が最高潮に達していました。ただ、小泉総理の戦前戦中の日本の歩みに対する歴史観は明快でした。

 「二度と戦争をしてはいけない。戦後60年間の日本の歩んだ道というのは、戦争の反省・教訓から歩んできた道」(小泉純一郎総理大臣(当時) 2005年8月15日)

 こうした考えから小泉総理は・・・

 「俺の談話では当然、文言も含めて村山談話を継承する」

 その上で、平和の道を歩んだ戦後の60年間が、それまでの戦争をしていた50年間を上回ったことを、談話に書き込みたいと強く考えていたといいます。

 「我が国の戦後の歴史は、まさに戦争への反省を行動で示した平和の60年であります。我が国にあっては、戦後生まれの世代が人口の7割を超えています」(戦後60年・小泉談話)

 今、戦後生まれの世代は人口の8割に達しています。4つのフレーズを「もう一度書く必要はない」としている安倍総理。今年の夏の戦後70年談話には、どのような歴史認識と戦後の歩みが示されるのでしょうか。(TBS15年4月22日)』

* * * * *

 mewは、このブログで、小泉純一郎氏のことをを史上最悪の首相だと書いたことがあるのだけど。
 村山談話の大事な部分はしっかりと継承したし。共謀罪の法案化や集団的自衛権の憲法解釈の変更は、断ったというし。近時になって、脱原発の活動をしているし。今の安倍首相に比べたら、何百倍もマシかも知れず・・・。(・・)
 やっぱ、安倍晋三氏が戦後史上最悪の首相になる可能性が大きいな~と思う今日この頃のmewなのだった。(@@) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ところで、今週22日には『戦争法案」の表現修正を要求、憲法無視して国会でまで言論統制を強める自民』という記事を書いたのだけど・・・。

 共産党の志位委員長もお怒りの様子。(`´)

『共産党の志位和夫委員長は23日の記者会見で、新たな安全保障法案を「戦争法案」と批判した福島瑞穂社民党副党首に発言の修正を求めた自民党に対し、要求の撤回を求めた。「横暴かつ傲慢かつ恥ずべき要求は取り下げるべきだ」と述べた。
 同時に「(安保法案は)各党の自由な言論によって是非を争っていくべき問題だ。自分たちの立場にそぐわないから削除しろというのは許されない対応だ」と強調した。(産経新聞15年4月23日)』

 mewは、マジでこれは議会制民主主義を侮辱&破壊するようなゆゆしき事態だと思っているのだけど。この日のアクセス数は、ふだんの3割減だったりして。(~_~;)
 集団的自衛権や安保法案に関する記事もそうなのだけど。どうもmewが最も問題視していることに、世間はあまり関心がないようで。チョット残念&寂しい気持ちになったりもする。(ノ_-。)

 でも、しつこく書いちゃうのが、mewのmewたるところ。 (^ー^)

 先日アップしたリテラの『「平和と言い換えろ!」安倍政権が安保法制強行で「戦争」という言葉の取締りを開始』の後半部分も、しっかりとアップしておこう。(・・)

* * * * *

『なぜ安倍自民党があそこまで神経質になるかといえば、この言葉の言い換えによる誤魔化しこそが、安倍政権の本質といえるからだ。昨年4月に「武器輸出三原則」を「防衛装備移転三原則」と言い換えて閣議決定したのもそうだし、「残業代ゼロ法案」を「高度プロフェッショナル制度」(ホワイトカラーエグゼンプション)と呼んだり、「正社員首切り自由化」を「労働規制緩和」と言ったりするのも同じなのだ。いずれも、国民に対して正々堂々と説明できない、後ろめたい政策だから、言葉の言い換えによって誤魔化して乗り切ろうという、安倍首相らしいなんとも姑息な話なのだ。

 だからこそ、国民に法律の本質が丸わかりの「戦争法案」といった言葉が使われると、過剰な反応をするわけだ。今回は、たまたま国会が舞台だったので圧力が可視化されたが、実はこうした“言葉狩り”はマスコミに対しても日常的に行われているという。在京キー局の報道関係者はこう話す。
「最近話題の『公平・公正』と同じくらい言ってくるのが『意図をねじ曲げないように』というセリフですね。もちろん、ねじ曲げるつもりなど毛頭ありませんが、政権にとって都合の悪い解説をしたり、意見を紹介したりしただけで、意図をねじ曲げたことにされる。後方支援のための法案を『戦争支援』ととらえるか『平和支援』ととらえるかは事実ではなく評価の問題なのに。現場が萎縮するのは当然です」

 さらにここ最近はネトサポ(自民党ネットサポーターズクラブ、J-NSC)と呼ばれる連中の“活躍”も喧しい。ネットを使った自民党の応援団で、ネット上に自民党や安倍政権に批判的な言論を見つけては「事実のねじ曲げ」「レッテル貼り」「デマによる煽り」との書き込みを拡散させている。「一連の安保法制は戦争を推進させる」とか「自衛隊に死者が出る可能性がある」などと書こうものなら、たちまち袋叩きにあう。結果、政権に批判的な論評がマスコミからもネットからも姿を消すという寸法だ。

 国家に楯突く者は容赦なく取り締まる。「この道しかない」と異論をいっさい許さない。そして、自由にモノが言えない。安倍政権がいま粛々と進めているのは、そんな恐ろしい国づくりなのである。(野尻民夫・リテラ15年4月20日)』

* * * * *

 そうなのだ。安倍陣営が今、最も力を入れているのは、軍事力復活のための安保法制(=戦争法案)や軍事政策の実現、そして彼らの悲願である「憲法改正」の実現なわけで。
 安倍自民党がTVや国会で、言葉狩りとも思えるような「メディア統制、発言統制」を行なっている大きな理由の一つは、国民の支持や理解を得るために、安倍政権やこれらの実現にマイナスのイメージを与えるものを封じ込めてしまうことにある。(-"-)

 でも、もしこのようなことを許せば、日本の戦後の民主主義は壊されて、戦前のようにとりあえず選挙があっても、国政は独裁政権の政府の思うままに行なわれることになってしまうわけで。
 どうか早く多くの国民が、安倍政権のアブナさに気づいて欲しいと、いまや祈願、祈念したいような気持ちにさえなっているmewなのだった。(@@)
                        THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-24 09:47 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍、おわびは絶対拒否+女性要職の靖国参拝は?+軍事より官邸の危機管理を+皐月賞

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 遅ればせながら・・・JRA皐月賞は3番人気でアドグルの最期の仔・ドゥラメンテwithMデムーロが優勝した。(*^^)v祝 堀師はついにクラシック初制覇を達成。あのハイペースの厳しい流れにもかかわらず、4角からのはじけ方を見せ付けられると、その非凡な走力は認めざるを得ないけど。
 でも、馬の未熟さ&気性難もあってか、4角で手前を変えた際に外に膨らんだ(チョットはじけて飛んじゃった?)ため、何頭もの馬に迷惑をかけることに。レースは審議にならなかったものの、Mデムーロは採決で9日間の騎乗停止処分をくらうことになったわけで。何か後味の悪さが残ったです。(-"-) 
 そして、今年もクラシックや大きなGIは、とりあえず外人と地方騎手を買っておけになるのだろうか?(@@)

 ところで、何で3月からデムーロとルメールにインタビューする時、全部、日本語でやりとりするようになったんだろう?(まだそこまで流暢に話せるわけではないのに。)もしかして、もうJRAの騎手になった以上、インタビューなどでも通訳はつけてはいけない、日本語でしか受け答えをしちゃいけないとかいう指示が出ているのだろうか?(~_~;)kokoroga semai JRA?

* * * * *

 相変わらず外遊好きな、安倍首相は今週、バンドン会議(アジア・アフリカ会議)に出席するために、インドネシアのジャカルタへGO!22日には、60周年の首脳会議で演説を行なった。(・・)

 実は、安倍官邸&自民党内には、バンドン会議への出席を控えて欲しいという声が出ていたのだ。
 というのも、国会審議のスケジュールが遅れている上、首相は来週から訪米する予定なので、その分の準備や仕事をす時間が必要だったからだ。^^;

 でも、今度のバンドン会議は60周年を記念するもので、加盟国の首脳がほぼ全て集まるし。しかも、安倍首相が大敵視している&アジア・アフリカ地域で日本と勢力争いを繰り広げている中国の近習平国家主席が、AIIB(アジアインフラ投資銀行)を引き下げて参加するとなれば、日本が参加しないわけには行かず。
 安倍首相は、周囲の反対を押し切って出席を決定し、アジア・アフリカ地域の2TOP国の首脳として、演説を行なうことにしたのだ。(@@)

<安倍首相と近主席が最前列真ん中で、主催国の首脳を挟んでドーンと写真におさまっている姿を見ても、いかに2人がAA会議で自分の存在を主張したいかがわかるかも。写真コチラyahoo>

* * * * *

 安倍首相がバンドン会議に出ることに決めた大きな理由の中には、演説で安倍政権の積極的平和主義をアピールすると共に、歴史認識に対する表現をテストしてみたことがあったと思うし。
 あと米国から訪米や安保法案成立の前に、中韓との関係改善をしておけと指示されていたので、形だけでいいから近主席と会談を行なう機会を作ろうという思惑もあったのではないかと察する。

<もし失敗しても、とりあえず、日本は中国に会談の要請をしましたよってとこを見せておくつもりだったのだけど。中国が応じてくれたので、25分だけ会談できることになった。^^;>

 でもって、国内外のメディアは、今、世界で大注目されている終戦70年の安倍談話と重ね合わせて、果たして安倍首相が今回の演説の中で、先の大戦に関する侵略性を認めるのか、反省やおわびの言葉を入れるのかということに大きな関心を寄せていたようなのだけど・・・。

 安倍首相は、演説の中では、おわびや謝罪などの言葉は一切つかわず。一部のメディアは、侵略を認めたと報じていたのだが。実は、日本の侵略を認めたわけではなくて。以前からと同様、反省という言葉を用いたに過ぎなかった。(~_~;)

* * * * *

『私たちは、今また、世界に向かって、強い結束を示さなければなりません。日本は、これからも、出来る限りの努力を惜しまないつもりです。

“侵略または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない。”
 “国際紛争は平和的手段によって解決する。”
 バンドンで確認されたこの原則を、日本は、先の大戦の深い反省と共に、いかなる時でも守り抜く国であろう、と誓いました。
 そして、この原則の下に平和と繁栄を目指すアジア・アフリカ諸国の中にあって、その先頭に立ちたい、と決意したのです。』

 安倍首相は、決して、日本が侵略をしたとは言っていないのである。^^;
  
 首相は、単に「侵略または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない」というバンドン会議の原則を読み上げて、日本はその原則を守ることを誓ったと述べただけなのである。(・・)

 しかも、何でわざわざ、この「侵略または侵略の脅威・・・」の原則を読み上げたかと言えば、尖閣諸島の領有権を巡って東シナ海に進出している(南シナ海などでも領土問題を起こしている)中国をけん制、非難するためにほかなるまい。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍首相のバンドン会議の演説がここまで注目されたのは、この演説の内容が終戦70年談話の内容を占うものになると考えている人が多いからだろう。^^;

  実は10年前、50周年を迎えたバンドン会議に出席した小泉首相(当時)は、8月に発表した終戦60年の小泉談話と同様、村山談話の重要キーワードを入れ込む形で、演説を行なっているのである。^^;

『50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前で、我が国は、平和国家として、国家発展に努める決意を表明しましたが、現在も、この50年前の志にいささかの揺るぎもありません。
 我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、我が国は第二次世界大戦後一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力に依らず平和的に解決するとの立場を堅持しています。 今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることを、改めて表明します。(2005.4.22 AA会議・外務省HPより)』

* * * * *

 そして、もしかしたら安倍首相or官邸スタッフは、小泉演説のことを意識する部分があったのかも知れない。^^; 

 安倍首相は、バンドン会議や米国を訪問する直前の20日にBSフジの番組に出演して、(わざわざ?)、「侵略」や「おわび」などの村山談話の重要キーワードに関して「もう一度、書く角必要はない」と明言していたのである。<ある意味では、「おわびはしない」って予告していたんだよね。^^;>

『安倍晋三首相は20日、BSフジの番組に出演し、今夏に出す予定の「戦後70年談話」について、戦後50年の村山富市首相談話、戦後60年の小泉純一郎首相談話の文言にはこだわらない考えを改めて示した。「侵略、植民地支配、痛切な反省、心からのおわびなどの言葉が入るのか」という質問に対し、「歴史認識においては(これまでの談話に)書かれていることを引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要はない」と答えた。
 首相は「小泉首相のときは村山首相の談話を下敷きにしているという感じはある。私の場合はそうではなくて、安倍政権として、先の大戦に対する反省をもとにした平和国家としての歩み、これからさらに地域や世界の平和に貢献していく決意を発信したい。同じことを言うなら談話を出す必要がないだろう」と強調した。(毎日新聞15年4月20日)』

『◇安倍首相の「戦後70年談話」に関する発言要旨

 村山(富市)首相は村山首相として、小泉(純一郎)首相は小泉首相として語った。小泉首相は村山談話を下敷きにしている感じはある。私の場合は、安倍政権としてどう考えているか、日本の過去、先の大戦への反省、それをもとにした戦後の平和国家としての歩み、これからさらに平和に貢献していく決意を発信していきたい。私の考え方がどう伝わっていくかが大切だ。同じことを言うなら談話を出す必要はない。名前を書き換えればいいだけの話になる。50年、60年(の談話は)、歴史認識ではこの基本的な考え方を引き継いでいくと言っている以上、これをもう一度書く必要はないだろう。(同上)』

<mewの日本語の感覚で行くと、「歴史認識においては(これまでの談話に)書かれていることを引き継いでいくと言っている以上・・・」、重要な言葉は「もう一度、書いておく必要がある」という言葉につながるように思うんだけどな~。^^;
 安倍首相の感性だと、何故か「もう一度、書く必要はない」になっちゃうらしい。_(。。)_>

* * * * * 

 この安倍首相の発言に関して、民主党の細野政調会長は記者会見で、このように述べていたとのこと。(@@)

『■細野豪志・民主党政調会長 反省とおわびの部分を、安倍総理はご自身の口からは言いたくないんだろう。これまでも「全体として引き継ぐ」という発言をされているが、それについて直接的に表現をすることを非常に避けてきた経緯がある。
 (戦後)70年談話を未来志向のものにするためにも、これまでの考え方をもう一度きちっと書き込んだ方がいい。「痛切な反省」と「心からのおわび」ということについて、(戦後)70年についても同様に考えているということを、言葉として残した方がいい。分量として、そこだけで全部終わるような談話ではないので、それを言った上で、かつ未来志向の言葉を入れることによって、本当の意味でそれが世界から受け止められることになるのではないか。(記者会見で)(朝日新聞15年4月21日)』
 
 また維新の松野幹事長も疑問を呈していたという。^^;

『維新の党の松野幹事長は同日の記者会見で、70年談話について、「アジアに対する影響や、国内的にどこまで『おわび』が必要なのか(議論が分かれる)という観点もある。談話を出すことが、国益にかなうとは思えない」と述べ、談話の発表自体に疑問を呈した。
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ちなみに、一部メディアでは、安倍首相は、日中首脳会談の実現のために、靖国神社の春の例大祭への参拝を辞めて、真榊料だけをおさめたかのように言っていたのだけど。
 安倍氏は、首相ではない時も、首相になってからも、例大祭の時はいつも真榊料をおさめているし。中国との会談がどうのという前に、来週から訪米を控えていることを考えたら、自らが靖国参拝をする度胸などはないだろう。(~_~;) <そんな度胸があったら、むしろ拍手しちゃうかも?(>_<)>

 ただ、毎年、春の例大祭で参拝している高市早苗氏や稲田朋美氏らが姿を見せていないので、「あれあれ~?」と思ってたところ、どうやら彼女たちにはSTOP(or「待て!」)がかかっているらしい。^^;

『日中首脳会談が行われた22日、春季例大祭に合わせた靖国神社への参拝を予定していた高市早苗総務相らに対し、首相官邸が同日の参拝を見送るよう求めていたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。安倍政権はこれまで個別の閣僚参拝を問題視しない立場だったが、ぎりぎりまで調整が続いた首脳会談の成立を優先した格好だ。
 関係者によると、高市氏は当初、22日昼すぎに参拝する予定だった。また、昨年10月の秋季例大祭時に参拝した山谷えり子国家公安委員長、有村治子女性活躍担当相の参拝も取り沙汰されていた。

 ジャカルタでの首脳会談の開催が固まったのは日本時間22日夕方。中国側は靖国に関する安倍政権の出方を見極めていた可能性がある。同政権は閣僚参拝を「私人としての行動」(菅義偉官房長官)と位置付けてはいるが、関係者によると、この日は官邸から各閣僚側に「日中首脳会談に配慮してほしい」との要請があった。
 もっとも、例大祭最終日の23日に閣僚が参拝する可能性はあり、その場合は中国側の反発を招くことになりそうだ。(時事通信15年4月22日)』

 果たして、今日23日に彼女たちが、靖国参拝をするのかどうか、注目してみたい。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話は変わって・・・、昨日、午前10時過ぎ、首相官邸の屋上に小型の無人飛行機「ドローン」が1機あったのが、見つかった。ドローンは直径約50センチ、プロペラが4枚ついたヘリコプター型だったという。<落下したのか、着陸したのか不明。TVに映った機体(一部)は、正しい向きで立っていた。>(関連記事More部分に)

 しかも、そのドローンには、小型カメラや発煙筒のようなものが2本、さらに茶色の円筒状の容器がついていたとのこと。その容器には、放射線を示すマークとともに「RADIOACTIVE」と表記されたシールが張られていた上、何とセシウム134、137を検出したというのである。 (゚Д゚)<ただし、放射線は微量で人体に影響はないらしい?^^;>

 mewが何より驚いたのは、このドローンを見つけたのが、たまたま新人スタッフを屋上に案内するために連れて行った官邸の職員だったということだ。(@@)

 官邸は、屋上のパトロールについては、警備上の都合により説明を避けているらしいのだが。どうやら、屋上は毎日、定期的にパトロールしていないようで。このドローン機が、果たしていつから屋上にあるのか、誰もわからないというのである。(・o・)

 また、ドローン機には爆弾やら毒物やらを搭載することも可能だし。こんなに簡単に首相官邸にドローン機を送り込めるとなれば、首相や閣僚、関係者に危害を加えるようなテロ行為も容易に実現できちゃうわけで。安倍首相が「テロには屈さない」とか「国民の安全を守るのが私の仕事だ」とか豪語している割には、首相官邸があまりにも無防備で、低次元の危機管理もできていないことを、世間に知らしめてしまったことになる。(-"-)

* * * * *

 最近、安倍政権への攻撃がかなり鋭くなっている民主党の枝野幹事長は、このように痛烈な批判を行なったとのこと。(・・)

『民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、首相官邸の屋上で小型無人飛行機「ドローン」が発見されたことについて「現行制度では首相官邸、国会、皇居などの上空を自由に飛んでも法規制がないと思われる。悪用する人がいれば皇居などがターゲットにされかねない」と述べた。
 枝野氏はその上で「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と語り、安倍晋三政権の対応を批判した(産経新聞15年4月22日)』とのこと・・・。 
 そうそう。mewも昨夜、相方にまさに同じようなことを言ってたのよ~。(++)

 というわけで、改めて「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、官邸の危機管理やテロ・災害対策をしっかりとやるべきじゃないの~?」と大きな声で言ってやりたいmewなのだった。(@@)

                      THANKS
 
 【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2015-04-23 04:02 | (再び)安倍政権について | Trackback(4)

村山談話と小泉談話(全文)~キーワードは「侵略」「痛切な反省」「心からのお詫び」

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 これから「村山談話」、「小泉談話」に関わるニュースや記事が増えるのと思うので、ここに1・1995年8月、終戦50周年を機に当時の村山富市首相が出した『村山談話』、2・2005年8月、終戦60周年を機に当時の小泉純一郎首相が出した『小泉談話』を全文、アップしておくです。

(1993年の『河野談話』はコチラに。)

 ちなみに、この2つの談話に共通するキーワード&重要な言葉は、「植民地支配と侵略」「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛」「歴史の事実を謙虚に受け止め」「痛切な反省」「心からのお詫びの気持ち」だと言われている。(・・)

<特に3大キーワードとされるのが、「侵略」「痛切な反省」「心からのお詫び」。でも、安倍晋三氏は、「侵略」と「お詫び」は認めたくないのよね。(~_~;)>

* * * * *

 ☆村山談話

『村山内閣総理大臣談話

「戦後50周年の終戦記念日にあたって」

平成7年8月15日

 先の大戦が終わりを告げてから、50年の歳月が流れました。今、あらためて、あの戦争によって犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。

 敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗りこえて、今日の平和と繁栄を築いてまいりました。このことは私たちの誇りであり、そのために注がれた国民の皆様1人1人の英知とたゆみない努力に、私は心から敬意の念を表わすものであります。ここに至るまで、米国をはじめ、世界の国々から寄せられた支援と協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたします。また、アジア太平洋近隣諸国、米国、さらには欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います。

 平和で豊かな日本となった今日、私たちはややもすればこの平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。私たちは過去のあやまちを2度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。とくに近隣諸国の人々と手を携えて、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を培っていくことが不可欠と考えます。政府は、この考えにもとづき、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる歴史研究を支援し、各国との交流の飛躍的な拡大をはかるために、この2つを柱とした平和友好交流事業を展開しております。また、現在取り組んでいる戦後処理問題についても、わが国とこれらの国々との信頼関係を一層強化するため、私は、ひき続き誠実に対応してまいります。

 いま、戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。

 わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。

 敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

 「杖るは信に如くは莫し」と申します。この記念すべき時に当たり、信義を施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


☆ 小泉談話 

『内閣総理大臣談話

 私は、終戦六十年を迎えるに当たり、改めて今私たちが享受している平和と繁栄は、戦争によって心ならずも命を落とされた多くの方々の尊い犠牲の上にあることに思いを致し、二度と我が国が戦争への道を歩んではならないとの決意を新たにするものであります。

 先の大戦では、三百万余の同胞が、祖国を思い、家族を案じつつ戦場に散り、戦禍に倒れ、あるいは、戦後遠い異郷の地に亡くなられています。

 また、我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。悲惨な戦争の教訓を風化させず、二度と戦火を交えることなく世界の平和と繁栄に貢献していく決意です。

 戦後我が国は、国民の不断の努力と多くの国々の支援により廃墟から立ち上がり、サンフランシスコ平和条約を受け入れて国際社会への復帰の第一歩を踏み出しました。いかなる問題も武力によらず平和的に解決するとの立場を貫き、ODAや国連平和維持活動などを通じて世界の平和と繁栄のため物的・人的両面から積極的に貢献してまいりました。

 我が国の戦後の歴史は、まさに戦争への反省を行動で示した平和の六十年であります。

 我が国にあっては、戦後生まれの世代が人口の七割を超えています。日本国民はひとしく、自らの体験や平和を志向する教育を通じて、国際平和を心から希求しています。今世界各地で青年海外協力隊などの多くの日本人が平和と人道支援のために活躍し、現地の人々から信頼と高い評価を受けています。また、アジア諸国との間でもかつてないほど経済、文化等幅広い分野での交流が深まっています。とりわけ一衣帯水の間にある中国や韓国をはじめとするアジア諸国とは、ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指すことが必要だと考えます。過去を直視して、歴史を正しく認識し、アジア諸国との相互理解と信頼に基づいた未来志向の協力関係を構築していきたいと考えています。

 国際社会は今、途上国の開発や貧困の克服、地球環境の保全、大量破壊兵器不拡散、テロの防止・根絶などかつては想像もできなかったような複雑かつ困難な課題に直面しています。我が国は、世界平和に貢献するために、不戦の誓いを堅持し、唯一の被爆国としての体験や戦後六十年の歩みを踏まえ、国際社会の責任ある一員としての役割を積極的に果たしていく考えです。

 戦後六十年という節目のこの年に、平和を愛する我が国は、志を同じくするすべての国々とともに人類全体の平和と繁栄を実現するため全力を尽くすことを改めて表明いたします。


平成十七年八月十五日
内閣総理大臣  小泉 純一郎   』
                      
                       以上

                      THANKS
                  


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-23 02:58 | Trackback