「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

黒いの発言に子供たちが謝罪を..
at 2017-12-15 05:23
高裁初、伊方原発差し止めの決..
at 2017-12-14 03:15
安倍退陣こそ、拉致問題を解決..
at 2017-12-13 01:38
イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53
加計認可に文科省の圧力~訴訟..
at 2017-12-09 06:12
森友、ゴミ処理が10倍に?次..
at 2017-12-08 15:53
トランプがエルサレムをイスラ..
at 2017-12-07 19:36
立民党が法案提出、地方進出に..
at 2017-12-07 03:05

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

中国・韓国両首脳北朝鮮を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
四国と九州は近いようだ、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の軟化で北は第一の目..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本海の日本領無人島の管..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発廃止が既定路線ではな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

民主党・小沢代表が事務所費公表で豪腕の先制パンチ! ・・・安倍自民党にスル~をさせるな!

21日は、『国民に鈍感な(小泉)安倍内閣&柳沢厚労大臣には「NO!」を。』もアップ
しました。


  民主党の小沢代表が、「政治とおカネ」の問題で、先制パンチを繰り出した。
 「国民の政治不信を払拭するため率先して公表する」と、自民党から批判を受けていた、
小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事務所費の詳細を公開したのである。

『民主党の小沢代表は20日、国会内で記者会見し、自らの資金管理団体「陸山会」に
ついて、2003年~05年の事務所費の詳細を公表した。
 05年の政治資金収支報告書に計上した約4億1500万円のうち、東京都世田谷区深沢
に秘書宿舎(木造アパート)を建設する費用として計約3億7000万円を計上したことを
明らかにした。小沢氏は、閣僚や与党幹部にも事務所費の公開を促した。
 
 小沢氏が公表した資料などによると、深沢に購入した土地(475平方メートル)の地代
として3億4264万円、建物建築費に2569万円を充てた。これと別に、不動産取引の
仲介手数料や登記費用として1100万円を計上した。名義は「陸山会代表・小沢一郎」。
小沢氏は、「権利能力なき社団である政治団体名義での不動産登記は認められておらず、
登記は個人名で行われるべきことになっている」と説明した。また、陸山会と小沢氏の間で
「小沢氏個人は不動産について何の権利も有さない」との確認書を交わしており、これも
合わせて公表した。<読売新聞 20日> (関連記事*3)

『民主党の小沢一郎代表は20日、2003年から05年までの事務所費の詳細を記者会見
で説明した後、経理担当秘書と弁護士の同席の下、裏付けとなる資料を衆院議員会館で報道
各社に閲覧させた。資料は領収書や請求書などの写しで、秘書宿舎建設費から1件1260円
の振込手数料やNHK受信料まで1000枚以上に及んだ。
 領収書を紛失したとして明細書を添付したケースもあった。1社当たりの閲覧時間は30
分間で、閲覧者も3人までに制限されたが、小沢氏は会見で「ずっとご覧になりたければ、
担当秘書と相談してほしい」と語った。<時事通信 20日> 

<民主党のHPでも、関連資料を公開している。(コチラ)>


 さすが、小沢氏。ここがいいタイミングだと思ったのか、勝負を賭けて来た感じである。
 小沢氏は、不動産権利書、売買契約書なども含めて、上述のように細かい金額のものまで
領収書や書類を公開し、記者にも閲覧させたという。
 そして、「首相や閣僚、自民党幹部にも、事務所費の公開を希望する」と安倍自民党に
対して、豪腕球(?)を投げる形をとった。

 また、民主党はこれに先駆けて15日に、「人件費を除くすべての支出について1万円
を超える領収書の政治資金収支報告書への添付を義務付ける」という規定を政治資金規正
法の改正案として、今国会に提出する方針を決めている。もし改正案が成立しなくても、
民主党では内規によって4月1日以降、全所属議員に1万円超の領収書保存を求めること
にした。
 他の野党も、連立与党を組む公明党も、政治資金の透明化を主張し、報告書への領収書、
明細の添付(党によって金額条件に差はあるようだが)する法改正にも前向きな姿勢を
見せている。


 さあ、どうする安倍内閣、自民党?! <某クレジットカードCM風に>

 これに対して、今のところ、安倍内閣&自民党は、やや逃げ腰のように見える。

 安倍首相は20日夜、記者団に『「数億円という異例の事務(所)費で、不動産を個人
名義にしていたことから、個人の判断で公表したのだろう」と述べ、小沢氏個人の特異な
ケースとの見方を強調した。
 小沢氏が求めた閣僚や与党幹部の事務所費公開については、「閣僚については法令に
のっとって適切に処理している」と、自発的な公表に応じない考えを示し、自民党や各党
の協議で基準が決まらない限り、公開する必要はないとの考えをあらためて示した』と
いう。<共同通信等 20日>
<TVのニュースでは、こちらも事務所費疑惑を持たれている松岡農水大臣が、「各党会派
で基準を決め、平等な条件で公開すべきだ」という趣旨の発言をしていた。>

 また中川幹事長は、「自民党改革実行本部で政治資金の透明性確保の観点から議論して
おり、党方針が決まればそれに従ってやればいい」と述べ、自主的な公表要求に応じる必要
はないとの考えを示した。
 小沢氏の事務所費の詳細公表に関しては「一部の領収書公開で済む問題ではない。野党の
首相候補として政治団体による巨額資産の所有が適切なのかという問題だ」と指摘。「政治
活動のために巨額資産がなぜ必要なのか、取得原資は何かの疑問に答えていない。問題を
すり替えているだけだ」と批判した。
 公明党の北側一雄幹事長も記者団に「不動産の保有は普通の政治家の感覚からすると理解
しがたい。不動産がきちんと政治活動に活用されているかを説明する必要がある」と指摘。
ただ閣僚らの公表要求に関しては「大切なことは領収書の公開でなく、国民に説明責任を
果たすことだ」と述べるにとどまった。<産経新聞 20日>』


 中川幹事長は「問題のすり替え」だと言うが、どちらがすり替えているのだろう?

 この問題は、もともと何人かの閣僚や自民党幹部を含む国会議員の中に「政治資金報告
書、特に事務所費が高額だが、その内容が疑問」な者がいるということに端を発したもの
である。
 メインの論点は、政治資金報告書、特に領収書&明細不要の事務所費の透明化なのである。

<その中で、たまたま小沢氏が不動産取得をしていることがわかり、自民党がそれを問題
にし始めたのであるが。これはメイン論点とは、別の問題である。>

 安倍内閣や自民党幹部には、事務所費その他に関して、政治資金報告書の内容に不透明
な部分が指摘されている者が少なくない。
 伊吹大臣あたりは、国会でツッコまれて熱くなり、<質問されていないのに、自分で
答弁席まで出て来て>「条件が調えば、いつでも公開する用意はある」と強調していたの
だが。どうも他の閣僚や幹部は、公開に消極的な様子である。
<公開したら政治活動に支障が出る、関係者に迷惑がかかる、自分も困るし、今後の閣僚
のためにも悪しき?(都合の悪しき?)前例は作るべきでないなどの声があった。>

 そこで、現段階では「既に報告したものに関しては、法令に乗っ取って行なわれたもの
として公開しない」方針をとりたいと考えているようだ。
 先述の安倍首相の発言にもあったが、あくまでも「小沢氏は特異なケース」「個人の判断
で(勝手に?)公表したもの」論は、おそらく内閣&自民党側が、自分たちが公表しなく
ても済むように予め用意していた防衛策のようにも思われる。
 そして、後述するように、小沢氏が政治資金で12箇所もの土地取得していたことが
問題だという方をメインにツッコンで行こうとしているのではないだろうか?

 政治資金規正法の改正についても、安倍首相が、今後、政治資金の透明性を高める
ために、法改正も含めて検討するように指示したにもかかわらず、自民党内に消極論が
強く、なかなか話が進まない状況だ。
<ただし、小沢氏のように政治資金で不動産購入できないようにする規定を設ける改正
案を出す準備はしっかり進めていたりする。>

 
 安倍内閣や自民党が、自分たちに不都合なことはスル~したり、問題をスリ替えない
ようにするためには、野党はもちろん、メディアや私たち国民がしっかりとウォッチ
したり、声を上げたりして、プレッシャーをかけて行く必要があると思う。
 安倍自民党が、小沢氏の投げたボールにどのように対応するのか、「国民はしっかり
見ているぞ!」とアピールしたい。


* * * * *

 小沢氏が政治資金で多数の不動産を購入していることについては、コチラにも書いた
が、違法ではないものの、個人的には妥当なものなのか迷うところがある。
 他にも不動産を購入していた議員は9名いたようなのだが。地方の何百万円かの不動
産を事務所のために買っていても、国民はそうは驚かないだろうが、総額10億円とも
なると、ギョッとしてしまうのも無理はないようにも思う。何でそんなに献金があるの
かと思う人もいるだろう。<安倍首相も年に3億円ぐらい献金があるみたいだけどね。>

<政治資金の運用として、高額な賃借費を払い続けるより、不動産を買った方が得な
場合も多いと思うのだが。登記が代表者の個人名でしかできないので、確かに個人の
財産と混同してしまうおそれがあるのは問題だと思う。ただ、これは、政治資金団体に
限らず、民法の「権利能力なき社団」の不動産登記に共通の問題である。>

 小沢氏は「全国に12ある不動産のすべてについて、実質的な権利が資金管理団体に
あり、小沢氏個人では処分できず、担保権を設定できない」とする「確認書」を作成して
いることを示し、「政界引退時は第一に後進の支援のために使い、ライフワークである
日米、日中の『草の根交流』の基金に充てたい。死亡した場合も同様だ」と述べ、、
「今後、厳しく監視してほしい」と報道機関のチェックに委ねたという。<各社記事より
編集>

 しかし、民主党HPで確認書を見てみたが、毎日新聞も書いていたように、おそらく
この確認書には法的な拘束力はないであろう。<たぶん、自民党もそこら辺をツッコン
で来るようにも思う。>
 小沢氏はそのことも前提に、「今後、厳しく監視してほしい」とメディアや国民に
チェックを求めたのではないかと思われる。こちらも「国民はしっかり見ているぞ!」
という姿勢が必要だと思う。

THANKS

【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位の激しい(?)攻防中! ^^;
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-21 16:54 | 民主党、民進党に関して | Trackback(9) | Comments(8)

国民に鈍感な(小泉)安倍内閣&柳沢厚労大臣には「NO!」を。


 前記事に書いた中川苦言の効果が出たのか、20日朝の閣議の待合室では、安倍首相が
入室した途端、閣僚みんながスッと立って、「おはようございます」ときちんとご挨拶
して、首相を出迎えたという。^^;<*1>

 塩川官房長官は「規律正しい閣議を」という親父ギャグも「何だかな~^^;」なのだが。
 気持ち悪かったのは、マイクを向けられた閣僚たちが次々と「私は忠誠心があります」
「首相には絶対的忠誠心を持ってやっています」と発言していたことだった。

 でも、ある意味では、それだけ安倍氏がバカにされているということだよね~。「大丈
夫。総理は素晴らしいです」「閣僚はみんな総理を尊敬し、忠誠心を持っています」って、
裸の王様ならぬ「裸のボンボン総理さま」みたいな感じを受けてしまった私だった。

* * * * *

 そして、夕方には、その苦言を呈した中川幹事長と苦言を受けた塩崎官房長官が、小泉
前首相と会談の時間を持ったという。<*2>
 小泉氏のアドバイスは「目先のことに鈍感になれ。鈍感力が大事だ。支持率は上がったり
下がったりするもの。いちいち気にするな」ということだった。<共同通信20日より。>

 また、「抵抗勢力に配慮しすぎている。党内に抵抗勢力があるのは当たり前で(無理に)まとめようとする必要はない。一番大事なのは首相の信念であり、それを貫かなければいけない。
郵政民営化の時もそうだったが、各論反対は必ず出てくる」
 そして、 格差問題への対応についても「格差はどんな時代にもあるとなぜ言い切らない
のか」と苦言を呈したという。日刊スポーツ20日>

  でも、この言葉で、小泉氏が何で5年半も総理の座に居続けることができたか、よ~く
わかった。要は「鈍感」だったのね。
 党内でまっとうなことを唱える抵抗勢力が何を言おうと、アメリカべったり&竹中氏の
経済政策で国民がどんなに大変な思いをしようと、彼は偉大なる鈍感力を発揮して、わが
道を貫いたのである。<痛みにこらえろとまで、言っちゃってたからな~。(--)>
 
 この「鈍感力」というのは、今月出版された渡辺淳一氏のエッセイのタイトルのようだ
が・・・。確かに現代社会を生き抜いて行くためには、あまり周囲に敏感になり過ぎて、
惑わされない方がいいと思うこともあるが。
 でも、政治家が、ましてや一国の首相や政府(内閣含む)が、国民の状況や声に対して
鈍感になったら、悲惨な国になってしまう。<実際、鈍感な小泉政権の結果がコレなのだ>

 私たちは、国民の生活状況や声に鈍感な政権や与党には、「NO!」と言わなければなる
まい。
 そして、何より国民が政治に対して、鈍感になってしまうのが、一番コワイ&アブナイ
ことだということを忘れてはいけないとも思う。

* * * * *

「鈍感」と言えば、やはり柳沢厚労大臣の発言の話を持ち出さずにはいられない。
 
 以前の記事で書いた「労働時間だけが売り物」発言に関しても・・・
『柳沢厚生労働相は19日の衆院予算委員会で、工場労働を「労働時間だけが売り物」と
した15日の参院厚生労働委員会での答弁を撤回し、議事録の削除を求める考えを示した。
 川内博史氏(民主)が19日の予算委で、「現場で働く人に失礼だ」と撤回を求めた。
 厚労相も「全体を見れば誤解が生じるとは思わないが、『だけ』という言葉はある人々
を傷つけるという指摘なので(削除が)可能かどうか相談したい」と応じた。
<読売新聞19日抜粋>』

 この質疑も、衆院TVでチェックしたが、本人は当初、問題がないような認識を示し、
あとからその部分が気になったのか、『だけ』の話を持ち出した。

 でも、『だけ』だけが問題でないのは、明らかだ。『だけ』を抜いても、「ベルトコン
ベヤーの仕事、労働時間が売り物です、というようなところ」・・・こう言えば、失礼で
なくなるというわけではない。
 これは、全体を見ると、もっと「ホワイトカラーの方々」と工場労働者を差別的に区別
するような発言になってしまうのである。

 私にとって大切な情報源となっている「zara's voice recorder」さんが、この発言の
前後まで含めた答弁を、リアルな形でアップされていた。

 これは、共産党の小池議員がWE導入に関して、「ホワイトカラーの勤務実態がわかっ
ていないんじゃないか?」と批判したのに対して行なっていた答弁の一部である。

『しかし、我々はですね、実際に、たとえば専門型の裁量労働制をやっている人の中には
ですね、やっぱりビジネススクールに現実に行って、非常に有効に時間を使っている人も
現実におります。
 そういうような事を考えますとですね、このクラスの人達の、日本のまああの、労働者の
方々、ホワイトカラーの方々がですね、ワークライフバランスを現実のものにしながら、
しかもそのライフの中で、家事育児も共同してやる、それからまた、自己啓発に努める、
こういうような自由度をもってやっていただくという事が、やっぱり私はふさわしいと思う
んです。
 そういうことを実現しなければ、いつまでもいつまでも、まああの、工場労働というか、
ベルトコンベヤーの仕事、もう労働時間だけが売り物です、というような、そういうところ
でなく働いていらっしゃる方々の、現実に着目した労働法制を作ることが、我々に課された
課題だと、わたくしは思うのでございます。』

 あえて、ここでは私の解釈や意見は付さずに、皆さまがどのような感想や意見を持た
れるのか、伺ってみたいと思う。

<一つだけツッコむとすれば、私は全国各地に1千何百万人いると言われるホワイトカラ
ーの方々のどれくらいが、現実に、自己啓発のためにビジネス・スクールに通っているの
か、知りたいものだと思った。>


 私には、柳沢氏が本当は自分でも問題点がわかっているのに、安倍内閣を守るために、
あえて問題点には気付いていない鈍感なふりをしているのか、もう「産む機械」発言の謝罪
で疲れてどうでもよく(鈍感に)なってしまっているのか、それとも本当に鈍感で、「産む
機械」以外の発言には問題がないと自分でも思っているのか、判断がつかない。

 ただ、「産む機械」発言の騒動で自らも大変な思いをしているのだから、厚生労働行政
を担う閣僚として、公の場での発言では表現に気をつけようと思うのが、当然であろう。
 しかし、そのあとも物議をかもす「健全」発言があり、そしてコチラの記事で書いた
「ベルトコンベヤー・労働時間だけが売り物」発言があり。また、*4にアップするが、
産科医の減少に関する答弁でも、批判を受けているという。

 以前も何度か書いたように、私は柳沢氏は特に経済分野では優秀な人であろうと思って
いるし、家庭の事情で中学から新聞配達をしたり、高校も働きながら定時制に通ったりする
など苦学して、東大に合格し、大蔵官僚になったことには、敬意を評したいとも思っている。

 でも、ここまで来ると、共産党の市田書記長が「国語力の問題ではなく、人間観が問われ
ている。単なる失言でないところが大問題だ」と言うように、もう失言の域では済まない
ようなところがあるように思うのだ。
 もし、これが自分の担当する職務とは関係ない分野での失言ならまだ許容し得るのだが、
すべては私たち国民のふだんの生活(医療や福祉、労働、出産&子育てなど)に密着した
厚生労働行政に関わるものだけに、国民の現状や気持ちに鈍感であっては、とても重要な
職務を任せるに値する人には思えないのである。

 改めて、「国民の状況や声に鈍感な政権にはNO!」をと、大きな声で言いたい私なの
であった。

                   THANKS
 
【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位の激しい(?)攻防中! ^^;

<報道記事は↓Moreの部分に>

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-21 05:19 | 安倍政権に関して | Trackback(17) | Comments(6)

中川苦言は、内閣改造を促す意図か?!・・・内はボロボロ、外圧増加で、安倍内閣はダウン寸前?


 安倍内閣&(ボクの)官邸が、身内の苦言や批判にさらされている。

 今週、発表された安倍内閣の支持率は、どこもさらに低下&不支持率アップ。<*1>
 これは、もう柳沢発言だけのせいではないだろう。<むしろ、すぐに辞任させておいた
方が指導力が評価されて、下げ止まったかも知れないと思ったりする。>
 安倍首相の敵は、野党でも公明党でもなく、ついに身内&自民党になってしまうかも
知れない。


 当ブログでは、昨秋に安倍氏が組閣した時から、さんざん内閣、官邸のことに苦言?
を呈して来ているのだが。
「お坊ちゃま安倍くんが仲間を集めた「ボクの美しい国作り内閣」(2)」など。
・・・今、ちらっと読み返してみたら、塩崎くんが官房長官になったことを危惧し、
さらにこの時期から、柳沢氏が厚労大臣になったことを「もっと福祉や労働問題に関心の
ある人になって欲しかった。何か金銭的な数字にこだわられてばかりだと困ってしまう」
と懸念していた。^^;>
 
 でも、いくら安倍くんが(まだ?)経験や能力が乏しいと言っても、一応、首相な
わけだから、ベテラン議員はそれなりに持ち上げる形で支えてあげて、若手もとりあえ
ずほとんどが50代のいいオトナなのだから、せめて表面上だけでも、それなりの仕事
はするかと思ってたんだけどね~。

 先週は、森喜朗元首相が「安倍氏に忠誠を誓い、安倍氏を尊敬すべきだ」「閣僚は
下積みをしていないので、どうしたらいいか分からない。政治家は基礎が大事で、基礎
的なことをやって官邸に詰めなければいけない」と批判。<コチラ
 中川昭一政調会長も、安倍ちゃんをサッカーボールにたとえて、内閣がバラバラで
チームワークができていないと批判。<コチラ


 そして18日には、中川秀直幹事長が、このような発言をしたという。
『「安倍晋三首相が(閣議で)入室したときに起立できない、私語を慎めない政治家
は美しい国づくり内閣にふさわしくない」。自民党の中川秀直幹事長は18日、仙台
市で講演し、異例の厳しい表現で政権内の緊張感欠如に苦言を呈した。
 中川氏は「閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神
が求められる。首相の当選回数や、かつて仲良しグループだったかどうかは関係ない」
と強調した。
 閣僚の相次ぐ失言や、正副官房長官、首相補佐官らの連携不足が首相の指導力発揮
を妨げているとの党内の懸念を代弁した形だが、中川氏のボルテージは上がる一方。
「自分が目立つことを最優先する政治家や、野党の追及が怖くて改革を進められない
政治家は、内閣・首相官邸から去るべきだ。首相を先頭に一糸乱れぬ団結で最高峰を
目指すべきだ」とぶち上げた。<毎日新聞 18日>』

<毎日新聞19日が、安倍氏の入室の際の写真(コチラ)を載せて「中川氏の指摘通り
閣議で安倍晋三首相が入室しても、閣僚たちはおしゃべりに夢中で起立するのが遅れ、
着席してからも私語が続くのは毎度の光景だが」って書いていたが。私もTVの映像
で見たことあるけど、本当にそうなんだよね~。むしろ当初の頃は、安倍氏の方から
腰を低くして先輩方に朝のご挨拶をしているようなとこがあったりして。>

 私は森氏や中川氏が「尊敬」とか「絶対的な忠誠」「自己犠牲の精神」とかいう言葉
を使ってしまう感覚も「何だかな~」と思ってしまう部分はあるのだが。<彼らは一体、
いつの時代の人間なんだ?(・・)>

 ただ、彼らが安倍内閣&官邸を憂う気持ちはよ~くわかる。
 こんな状態が続いたら、国民も「何やってるんだか?!」と思って、どんどん支持率も
下がるだろうし。もともと安倍氏は選挙の顔にするためにお神輿に担がれたのに、自民党
内では「安倍が首相じゃ選挙が戦えない」という声が出始めているし。内部はボロボロ、
外圧も強しでは、安倍氏にとって親&兄がわりの人たちも、かばい切れなくなってしまう
という思いが募って来ているのだろう。<特に中川氏は、党の選挙の責任者だしね~。>

 
さすがに、ここまで言われると、さすがに官邸サイドもムッとして来ている様子。
『首相は19日、官邸で中川発言の真意を記者団から聞かれ「それは中川幹事長に聞い
て下さい。心配をしていただく必要はない」と機嫌を損ねた。ある政府筋も「大体、
幹事長は閣議に入っていないのに、政府内の文句を言われるのはご苦労なことだ」と
不快感を隠し切れないようだった。<毎日新聞19日>』

『「逆効果だ。自ら内閣と党の体たらくをさらけ出してしまった」。政府関係者は中川
氏の発言に強い不快感を示した。
 中川氏の「安倍応援団」としての思いとは裏腹に、思惑含みの早期内閣改造論に拍車
を掛ける可能性もある。副大臣の1人は「センスが悪い。幹事長が閣僚を批判するなんて
統治能力がないと公言しているようなもの」と指摘する。<スポニチ19日>』

 おそらく中川氏らは、安倍氏の周囲の閣僚やスタッフに向かってゲキを飛ばそうとして
いるのだろうけど。でも、確かにこんな風に公の場で、問題をさらけ出しちゃうと、却っ
て国民に「やっぱ安倍内閣ってダメダメなのかも~」という印象を与えかねない気もする。


 いや・・・これは、もしかして、安倍氏に「もし自分たちや自民党から支えて欲しい
なら、早く内閣を改造した方がいい」とプレッシャーを与えているのかも知れないと
思ったりする部分もある。

 柳沢問題の時も、関係者の中に辞任を促した人もいたようなのだが、安倍氏はそのよう
な声には一切耳を貸さなかったらしい。また、これはアチコチから、早く「内閣改造を
した方がいい」という声が上がっているのは事実だ。
 そうすれば、柳沢大臣も合理的に辞任させることができるし。それに安倍内閣では、
久間防衛大臣の米国批判発言、麻生外務大臣の核議論発言(慰安婦問題でも、米議会と
やり合うかも?)、松岡農水大臣の事務所費問題や口きき疑惑、伊吹文科大臣の事務所
費問題(再生会議にも抵抗?!)などなど、これからもメディアや野党にツッコまれ
そうな閣僚がいっぱいなので、周囲は戦々恐々としており、どう見ても早く内閣の顔
ぶれを変えた方が、安心して選挙対策に打ち込めるからだ。

 さて、安倍氏はここで思い切って内閣改造をするか、それとも頑固に突っ張り続ける
のか。今後の展開が見ものである。


<安倍氏は、もしかしたら官庁や自党の抵抗勢力とたたかい続けて、マイ・オウン・
ウェイを小泉氏のような強い首相を目指している(憧れている?)のかも知れないの
だけど。自分にその器とスタッフが備わっていないことに、気付いていないんだよね~。
改めて、小泉氏を守り続けた飯島秘書官の力はスゴイな~と思ったりする今日この頃で
もある。>

                          THANKS

【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位の激しい(?)攻防中! ^^;


<報道記事は↓Moreの部分に>

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-20 04:39 | 安倍政権に関して | Trackback(9) | Comments(4)

柳沢大臣に新たな問題発言&揚げ足取り批判への反論+有森、紀香のチャリティ活動など


 柳沢厚労大臣が、またまた問題があると思われる発言をしていた。
 知人から、16日の東京新聞(ネットはなし)にこのような記事が載っていたとの
情報をもらい、参院TVでもチェックしてみた。

『15日の参議院厚生労働委員会で、ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間
の規制除外制度)に関連し、生産現場で働く労働者について

「工場労働というか、ベルトコンベヤーの仕事。労働時間だけが売り物です、という
ようなところ」

と発言。こうした表現で制度の対象外となる労働者を分類した上で、逆に制度が適用
される管理職に近い権限と収入を得ている労働者について「(家事や育児を分担できる
よう勤務時間の)自由度を持ってもらうことがふさわしい」と意義を強調した。』

<15日の共産党の小池議員の質問に答えたもので、「ホワイトカラーの方々」の勤務
実態を説明するのに、ブルーカラーと対比させたかったのか「工場労働というか・・・
売り物です、というようなところでなく働いていらっしゃる方々」(本人が「かたがた」
を多用)という表現を使ったものだった。
 見て頂ければわかるが、工場労働者の例を出す必要がない場面であるし、ましてや
このような表現をすべきケースでもない。客観的&全体的な流れから見ても、単純労働
に従事する人をホワイトカラーに比べ、やや蔑視していると思われても仕方がない表現
であったと思う。>

 う~ん・・・。(--) もう閣僚云々以前の問題として、一般社会人として、公の場や
人前で使うのに適切な表現とそうでないものの区別、判断がつかない人なんだろうな~
と。<私たち一般ピ~プルだって、仕事や付き合いの中で、表現の仕方にはそれなりに
気をつけているし。一つ間違えれば、取引先や仕事を失うおそれだってあるのだから。>
 でも、こういうものの見方、言い方を「つい、つい」してしまう人は、私はやはり
少なくとも柳沢氏は厚生労働行政のTOPには適さないのではないかと、どうしても
言わざるを得ないと思うのだ。

* * * * *

 こういうことを書くと、また「揚げ足をとる」とか言う人が出ると思うのだが。
 このブログで繰り返し書いているように、私は政治家、特に国政を担う首相や閣僚と
いうのは、国民からの信託を受けて、国民に関わる大事な仕事を行なっている以上、
特に公の場での表現には十分に配慮しなければならないと思っている。

 そして、たとえば首相や閣僚が問題があると思える発言をした場合には、メディアは
(ブログなども)、それを積極的に扱うべきだと考えている。彼らが、自分たち国民に
関わる政治を任せるのに適格な人なのか、ある程度信頼して国政や国に関する大きな
権力(権限)を委ねられる人なのか、国民はメディア等の情報を通じてウォッチして、
判断する必要があるからだ。<それは、世論の形成や、選挙で投票する際の判断材料
にもなるという意味でも重要だ。>

 別にその情報を得て、「自分はそのような考えや表現に問題がない」と思えば、それ
はそれでいいのである。いちいち、そのような情報を出すメディアの悪口を書いたり、
「揚げ足とり」だ、「言葉狩りだ」と騒ぐ必要もあるまい。自分で「問題がない発言だ」
と思い、そう確信しているなら<または多くの人も自分の意見と同じだと思うなら>、
そのまま放置しておけばいい話ではないだろうか?

 ただ、国民には知る権利がある。憲法21条の一環として、その権利が認められて
いるのは、特に国政に関する情報を得ることが、民主主義にとって最も重要なことだ
からだ。国民にとって一番コワイのは、そして民主主義にとって一番アブナイことは、
国政を判断する上で、必要かも知れない情報を与えられずに終わってしまうことなの
である。
 私はそれを確信しているので、自分が問題だと思うことは、このブログにも書き
続けたいと思う。

<尚、上述のような揚げ足とり云々の批判コメントには、ややウンザリしているので、
この記事をもってレスに変えさせて頂きたいと思う。>

 ただし、柳沢大臣は、以前コチラの記事でも触れた「請負偽装」の問題や経団連&
キャノンの御手洗会長が企業に都合のいい法改正を行なうことを求めていることに
関して、国会の場で批判的な見解を述べていた。<*1>
 この点は、おおいに評価したいと思う。

* * * * *

 前記事で、東京マラソンについて書いたが。午後からは雨も上がり<1名重体者が
出たことが懸念されるが>完走率も高く、何とか大きなトラブルもなく終わったらしい。
そのこと自体はよかったと思う。
 皆さまの目にはどう映っただろうか?

 石原都知事は、「成功だったと思う。やって良かった」と述べた上で、「いいお祭り
ができた。お祭りがなかったら人間の連帯なんてできない。もっと素晴らしくして、
新しい東京の伝統にしていきたい」と、同マラソンが東京に根付くようさらに努める
考えを示したという。<時事通信 18日>』 

 しかし、交通規制で迷惑を被った地域、人々も多く<幹線道路の長時間封鎖で、
陸の孤島になってしまった地域もあったとか>、ランナーや観客が捨てたゴミの問題
や、店の売り上げや搬入出の問題などもやはり生じたようで、もし続けるのであれば、
もっとやり方に見直しが必要だと考えるし、都民の意見にも耳を傾けて欲しいと思う。
 

 ところで、今回の東京マラソンは、92年バルセロナ、96年アトランタ両五輪で
それぞれ銀、銅メダルを獲得した有森裕子選手(40)と99年世界選手権で銀メダル
の市橋有里選手(29)のラストランになった。
 有森選手は、もう40歳のベテランだが、途中で他の走者と接触して転倒したものの
女子の部で5位にはいり、笑顔で最後のレースを終えた。

 有森選手と言えば、92年バルセロナ五輪で、陸上日本女子64年ぶりとなる銀メダル
を獲得した時に「自分で自分を誉めたい」という言葉が多くの国民の印象に残ったのでは
ないかと思うが。私は彼女の走りや生き方が好きで、応援していた。
 バルセロナ後、かかとを手術したほか様々なトラブルを乗り越えて、96年アトランタ
五輪では銅メダルを。その後、日本の陸上女子として初のプロ選手になった。
 アメリカの男性と結婚したが(ガブちゃんね)、ゲイや借金などの騒動でスキャンダル
化されたこともあったし<今も夫婦で活動しているらしい>、先進的な動きに、日本の
陸上界と摩擦が生じたこともあった。

 近時は第一線は退いていたものの、マラソン大会を通じてカンボジアの対人地雷除去
支援などを行なうNPO<コチラ>を設立したり、国連人口基金親善大使親善大使を務め
たりしているほか、スポーツ選手のマネジメント会社も経営しており、世界&日本各地
で様々な活動を行なっており、その行動力やバイタリティをスゴイな~と思って見て
いたところがあった。<カンボジアでの活動の映像を見たことがあるが、現地の少年
たちなどにもすぐ溶け込み、滞在する場所やイベントなどの条件がよくなくともケロッ
として対応していたのが印象的だった。(たくましいのよね。)>
 どうか今後も彼女らしく、色々な方面で活躍して欲しいと願っている。

<尚、市橋選手は結婚するとのこと。色白美形で線が細く地味な感じもあったが、シュ
ア&見た目よりも強気な走りが印象に残っている。お疲れ様&お幸せに。>

p.s. ちなみに、17日に陣内智則氏と結婚した女優の藤原紀香さんも、アフガニスタンや
東ティモールの現地取材に赴いて、撮影写真の展示やチャリティ活動などで、復興支援
活動を行なっている。<写真展HPはコチラ
 結婚式では、豪華な十二単衣を着ていたが、この衣装をレンタルして、その収益をアフガニ
スタンやカンボジアの復興支援費用に当てたいと語っていたという。

<20日からは、インドの貧困層&格差問題のTV取材に行くそうだ。>

 有森さんや紀香さんのような活動こそ、多くの人にアピールできるという点でも有意義だし、
まさに「日本の誇り」と言えるのではないかと思う。

                             THANKS

【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位の激しい(?)攻防中! ^^;






*1
『『柳沢厚生労働相は16日の衆院予算委員会で、日本経団連の御手洗冨士夫会長が製造
業などへの派遣期間を制限している労働者派遣法の見直しを求めていることについて、
「(派遣社員という立場が)固定化してしまうのはいいことではない。労働者派遣法の
趣旨と反している」と批判し、見直しに否定的な考えを明らかにした。また、製造業に
広がる派遣や請負の労働形態について「労働者に厳しい状況になりがちだ」と述べ、
労働者の職場環境を改善するガイドライン策定を進めていると説明した。中川正春氏
(民主)の質問に答えた。

 御手洗氏が会長を務めるキヤノンは、違法な労働形態「偽装請負」をしていたとして
行政指導を受けたことが明らかになっている。御手洗氏は安倍内閣で経済財政諮問会議
の民間議員に起用され、昨年10月の同会議で「請負法制に無理がありすぎる。どんどん
派遣社員が正社員に代わっているが、今の派遣法のように3年で正社員にしろ、とすると
日本のコストは硬直的になる。派遣法を見直してほしい」と発言していた。
<朝日新聞 16日>』
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-19 06:12 | 民主主義、選挙 | Trackback(11) | Comments(11)

柳沢「健全」発言について思うこと(1) ~ 結婚、出産が義務だったような時代に戻らぬために ~

 6日に書いた「やはり柳沢氏は厚労大臣には適格ではない!<結婚&子供複数は健全
発言を受けて>」という記事に、多数のコメントを頂いたのだが<感謝です。m(__)m>、
実は、まだレスをアップしていない。<すみません。m(__)m>
 一気にアップしょうとして、少しずつレスを書き貯めていたのだが。コメント欄では、
私の考えがうまく書き表わしにくいので、記事として書くことにした。

で、書き始めたら、どんどん書きたいことが出て来たのだが。とりあえず、要旨を先に
書いて、あとから長々と?私なりの考えや関連する説明などを書き加えたいと思う。

* * * * *

 これは6日に、柳沢大臣が記者会見で「家庭を営み、子どもを育てるということには、
人生の喜びがあるんだという意識の面で、自己実現といった広い範囲で、若い人たちが
とらえることが必要だと思う。他方、ご当人の若い人たちは、結婚をしたい子どもを
2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけです。そういう若者の健全な希望に
我々がフィットした政策を出していくということが大事だと思っている」と発言したこと
に関するものだった。

 この「結婚をしたい子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況」「健全な
希望」の「健全な」という表現に、私も記事で問題を唱え、公明党や野党の議員や
自民党の一部議員やメディアなどからも批判や疑問の声が呈された。

 「政府の閣僚が、結婚、子供を(2人以上)持ちたいと思うことを極めて健全だと
評価することは、国が多様な価値観を認めないという方向につながりやすくなる」
「結婚、子供を持ちたいと思わない人、そうしない人は不健全だということになる」
「政府が、2人以上子供を持つことを奨励しているような印象を与える」というような
意見が多かったように思う。
 
 しかし、柳沢大臣自身は、この発言に関しては、「みんなが子どもを持ちたくないと
意思表示をしたら、私は困ってしまう。その言葉を撤回しなければならない理由が分か
らない」と述べ、謝罪や撤回については拒否した。
 
 そして、ここのコメント欄や他ブログなどでは、この発言は「当然の感覚だ」「たい
した問題はない」「柳沢氏は結婚、出産しないことを不健全だと言ったわけではない」
「揚げ足とりだ」などの見解が少なからず見られた。

<中には、この言葉自体のことよりも、安倍内閣や自民党擁護を前提として、野党議員
やこの言葉を批判する者を非難するような論調の見解も少なからず見かけた。
 私はできれば、この件を政争の具にせず、純粋に閣僚がこのような言葉を公の場で
発言することが妥当なのかどうかという視点で考えた時に、一般国民がどう思うのか、
また柳沢氏自身が本当に問題がないと認識しているのか知りたいと思う気持ちが強い
のだが。後述するように、安倍内閣&自民党&その支持者などが、野党攻撃の材料に
したことは、この発言を純粋に考えることを難しくしてしまったように感じている。>

* * * * *

 ただ、全体的に見て、この「健全」発言に関しては、「産む機械」発言に比べると、
その反応に温度差があったように思う。
 そして、私は一般国民の中に、この発言を「たいした問題ではない」と思う人が
少なからずいても、全く構わないと思うのだ。結婚や出産をどうとらえるかは個人の
自由だからである。
 むしろ、私はこの「健全」発言に問題性や抵抗感を覚えない人が増えたということ
は、それだけ今の世の中が女性にとっていい時代、状況になっているのではないかと
思うところもあった。
 ある10代の女性が「政治家であろうが、親であろうが、誰が何と言おうと関係
ない。自分の生き方は自分で決めればいいのだから」という趣旨の発言をしていたの
を耳にして、「確かに!」と納得してしまったところがあった。

 他方、この発言に問題性や抵抗感を覚えた人たちは(男女問わず)おそらく20~30
年まで、国の方針によって社会に強く根付いた女性の生き方(結婚、出産)の価値観、
ある種の定説のために、本人または身近な者が大きな社会的圧力を感じたり、その定説に
沿えなかったために大変な思いをしたりという体験があるか、それらを見聞して疑問を
感じていた人が多いのかも知れないとも思う。
 そして「健全」発言をきいて、国や社会がまた以前のような方向に戻らないように
しなければならない、と思った人も少なくないのではないかと察する。

<つい20~30年前まで、日本には「女性は25歳までに結婚して、早く子供を作る
べきである。(子供は2人以上、またひとりは男子を産むことが望ましいor必要だ)」
という定説のようなものが存在していたのである。
 これに関しても後述するが、この定説に沿わない者は、本人や家族に問題や異常が
あると思われたり、ひどい場合は人間、女性として失格or罪悪を犯しているかのような
扱いを受けることもあったのだった。いくら仕事などで頑張って成功をしても、結婚、
出産していないとマイナス評価をされたり、陰口を叩かれたりした。>

* * * * * 

 そして、私はやはり柳沢大臣の「健全」発言には問題性があると。閣僚として不適切
な発言であり、撤回すべきであると考える。
 また、もし柳沢氏が本当にこの発言のどこに問題があるのかわからないのなら、女性
の生き方(結婚、出産、子育て、仕事)や少子化の問題に深く関わる厚労省の大臣の職
には適さないので、辞任すべきなのではないかと考える。
 
 ここでまず重要視すべきは、柳沢氏が日本という国の政府の閣僚であること、特に
厚労省のTOPたる大臣であるということだ。何故なら、彼の公の場での発言は、
日本の国、政府の考えとしてみなされてしまう立場にあるからだ。
<だから「産む機械」発言も国内だけでなく海外のメディアまで取り上げ、国民に
注目、批判されたり、辞任要求が出たりすることになったのである。>
 私は発言する側も受け取る側も、この部分を軽視し過ぎているように思う。

 次に、そのような立場の者は、国民(女性含む)の特定の生き方に関して、評価
や価値観を決めるようなことを、公の場で言うべきではないと考える。それが社会
全体の評価や価値観の形成に影響を及ぼす可能性が高いからだ。
 柳沢氏は確かに結婚や子供を望まないことを不健全だと言ったわけではない。だが、
もし国が結婚、2人以上の子供を望むことは「極めて健全」だという評価や価値観の
基準を設けてしまうと、そのモデル・パターンや基準に沿わない考えや状況は、少なく
とも健全とは評されないことになる。<柳沢氏の表現を借りれば、少子化対策を考える上
では、困った存在になる。> そこで問題が生じるおそれがあるのだ。

 そして、過去の諸経緯を考えると、政府は国にとって有意義or理想だと思われる考え
方を広めたり維持したりするために、社会的にそれが価値があるものだという風潮や
状況を作り出そうとしたり、有形無形の圧力によってそれを達成しようとしたりする
ことがあるのだ。<それは時に、そうでないものを批判、排除するような方向につな
がりやすい。>

 これを読んでいる人の中には、「またすぐに大げさにアレコレ考えて~」と思う人
がいるかも知れない。<実際、私も社会の現状を見ると、20~30年前のような
状況までは戻ると思わない部分もあるのだが。>
 でも、油断は禁物なのだ。私たちは、自分たちが得た自由や権利を守るためには、
それなりに努力を重ねて行かなければならない。折角、女性が自分の生き方を選べる
ようになって、いい時代になったのだから、それを守るためには警戒を怠ってはなら
ないと思うし、問題があればそれを取り除くように努めなければならないのではないか
と思うのである。
<安倍氏や同じ考えの首相の政権が続いた場合、彼らは昔のように家族、地域の連帯
を強める政策をとりたいと考えているので、尚更に警戒すべきだと思うところがある。>


 というのも、近時、私から見れば「あり得ない」or時代の逆行だと思われる政策が、
政府によって行なわれているからである。一度手にしたはずの自由や権利が、奪われ
つつあるケースが少なくないのである。

 わかりやすい例が、国旗、国歌の扱いかも知れない。
 私が小中高生だった頃も、式典では必ず国旗掲揚、国歌斉唱は行なっていたが、
細かいことまで決められていたり、生徒が何かを強いられたり、外部からチェックを
受けたりすることはなかった。
 でも、今は政府の意向として「国旗、国歌を尊重」するだけでなく「敬意を持ち、
それを行動等に表わすべきだ」という方向にどんどん傾いている。<敬意を持つか否か、
その表わし方は個人の思想や表現の自由や価値観の問題であるはずなのだが、その理論
が通用しにくい状態になっている。>

 政府は国旗、国歌法を作った時には、少なくとも一般国民や学校の生徒にはこれらを
強制することはないと繰り返し言っていた。でも、もう実際の状況は違って来ている。
 詳しい話はさておくとして、学校の生徒たちも国歌斉唱の際に起立しなかったり、
口を開けてきちんと歌わなかったりすると、学校側や教員から指導を受け、それに
従わざるを得ないような状況になっている。指導という名の実質的強制が行なわれて
いるようなケースが少なからず見られる。

 また社会的な圧力の例としては、スポーツの国際大会の試合前や表彰式で、日本
選手が口を開けて国歌を斉唱していなかった、帽子を被ったままだったなどの光景が
TVに映ると、政治家orその関係者からも含めて、それを見た人たちからクレームが
寄せられるようになっている。そのために、ある競技の関係者は(特にTV中継が
ある時には?)気をつけるように指導を受けたという話もある。
 
 コレを読んで、また「国旗、国歌に敬意を持つのは当然だ」と言う人がいるかも
知れない。石原都知事などは「それが国民の総意だ」とまで言う。彼らは、それは
個人の自由だという主張を認めようとはしない。
 女性の生き方も、つい20~30年前まではそれに近い状況だったし、一つ間違
えれば、また同じようなことになりかねないと思うのである。

                      THANKS
 
【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ お陰様で1位復活。でも、油断するとすぐに・・・。 ^^;
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-18 12:27 | 政治・社会一般 | Trackback(8) | Comments(14)

石原知事が張り切る「東京マラソン」と、東京都知事選で思うこと

【追記 「サヨナラ!石原都知事」というHPがあった。石原氏が都知事になってからの
2期8年の石原問題発言や都政の問題などを集めたものだ。関心のある方は是非!(・・)】


 明日18日、東京都では第一回の東京マラソンが行なわれる。<*1、HPはコチラ

 石原都知事が、ニューヨークやロンドン・マラソンのように、都市を挙げての市民
マラソンを行ないたいと考えて発案し、実施されることになったものだ。
 都民にとっては、同時期に青梅マラソンという老舗(今年で40回)の市民マラソン
が存在するのだが。石原氏は、都会のど真ん中で、しかも都の名所を通って行くような
コースで行ないたいと考えたらしい。

 そこで、都は今まで行なわれていた東京国際マラソン(競技者中心)と市民マラソン
を合体させる形で、アジア最大規模という3万人規模のマラソン大会を行なう計画を立て、
陸連や読売、産経系の新聞社・TV局と組み、ついに実現にこぎつけたのである。
 このコースというのが、東京都新宿区の東京都庁舎をスタートし、飯田橋、皇居、
日比谷を通り、品川、銀座、日本橋、浅草寺雷門前などで折り返し、築地、有明(いわ
ゆるお台場地域)の東京ビッグサイトがゴールになっている。
 確かに東京の名所を通るのだが、東京都のど真ん中の大きな通りを使うことになり、
しかも大規模の市民マラソン(フル・マラソンを走る制限時間は7時間)であるため、
その間、都心部の交通が封鎖されることに。<コチラ>中心部の大きな道路の中には
5~7時間、交通規制で通れなくなるところもある。
 

 東京都は『「東京マラソン2007」を盛り上げるため、「東京大マラソン祭り」として
様々なイベントを開催し、大会を盛り上げるとともに、2016年の東京への招致活動を
進めているオリンピックの招致機運を高めていく』意向を持っており<HPより>、
要は「東京都のお祭りだ~!」という感じで、マラソン・コースの各地でイベントを行な
うことを予定している。
 中心部には、日曜日に買い物や飲食でにぎわう店舗も多いのだが、交通規制に加え、
沿道&イベントの混雑で、客足がどうなるのか、物品の搬入などに支障が生じないか
不安に思う人たちもいるときく。


 う~ん (-_-;)・・・別に私がアンチ石原氏だからというのではなく、仮に他の知事
であっても、やはり考えてしまうと思う。<私はスポーツも芸術も大好きだし、その振興
にも力を入れて欲しいと考えている人間なのであるが、それでも「う~ん」である。>
 石原都知事としては、都を挙げての大事なイベント&祭りなのだから、都民も一体と
なって参加、協力すべきだと思うのかも知れないが、少なくとも私の周囲ではこのイベン
トに関心を持っている人はいないし、むしろ「何やってるの?」という感じである。

<交通規制を迷惑だと思っている人も少なくない。また例年、東京国際マラソン(競技者)
を楽しみにしている人は少なからずいるのだが、今年は先頭グループの競技者たちは午前中
に走ることになるので、午後からゆっくりTV中継を見たかったとか、沿道の混雑具合が
わからないので、沿道観戦は見送ろうとかいう声も出ている。>

 オリンピック招致も、四男の絡みで有名になった芸術振興策もそうなのだが、都知事本人
は東京都が日本のリーダーとして活力剤にとか、世界に日本や東京をアピールとか行って
ノリノリで、大規模イベントを行ないたがる。
 東京都には、様々な企業があるので、それらはノってくれるようなのだが。一般都民の
多くは「???」「・・・」の状態で、都民不在の観が否めないのだ。
 これからオリンピック招致運動で、次々とイベントが行なわれるのかな~と思うと、ます
ますブル~な気分になってしまう。

都は、東京都オリンピック招致本部を作ったらしいのだが、18年度の予算は94億円
もとっている。<コチラ>また、今回のマラソンだけで12億円ぐらいかかるらしい。
<都民の税金が使われるんだからね~。>
 でも、客観的に見て、2016年は北中南米地域で開催される順番の年なので<08年
にすぐ隣の中国で開催されるのだし。もしアジアから選ばれるとしても、東アジア以外の
地区が立候補した場合に限られるだろうと言われている>、 

 東京は大企業の収益がアップした分、財政回復が見込まれているのだが。職業や地域に
よる経済格差が大きく、住宅地の商店街は苦しい状況が続いていて、シャッター通り下
しつつあるところも出て来ているし、足立区は就学支援を受けている子供が4割もいる
状態で、生活もままならない世帯が増えているという。
 まさに日本の縮図みたいなもので、首相や知事、多くの議員には実際の国民や市民の
生活や姿が見えておらず、大企業や利益を狙う一部の企業や机上の空論ロマンが好きな
一部の識者と結託して、国づくり、都市づくりごっこをしている感じが否めない。

 いわゆるナショナリズム(愛国心)ごっこも同じだ。東京都では、石原知事が任命した
教育委員会が、教員に式典での国旗、国歌に対する姿勢をこと細かに決めた通達を出し、
式典の際は都からチェックをしに来て、通達を守らない者には処分を課すようになった。
<この処分は地裁で違憲、違法とされたが、都側が控訴中。(コチラ参照)>
 石原都知事&スタッフが、オリンピック招致を考えた理由の一つには、オリンピック
を通じて、改めて日本という国&その国民を意識し、国や国旗、国歌を愛し、国民として
の一体感を持つための国威発揚の意図もあるという。
 これは賛否両論あるのだろうが、私には少なくとも一般都民が、都が多大な資金と労力
を用いて、国威発揚してくれることを求めているとは思えない。

 さらには、このブログで何度も取り上げているように、石原都知事には公費の使い方や
芸術振興で四男やその関係者を重用したり、他の政策でも個人の人脈を用いることが少な
くなかったりすることが明らかになって来ており、都政の私物化が問題になっている。
 もし3選すれば、結局、石原ペースの都政が続くことになるだろう。
 都民としては、それこそ民主政治の発揚のためにも、<宮崎に負けずに?>東京から
日本を変えなければと思ったりする部分もある。


 だが、民主党などが推薦する知事選の候補者がなかなか決まらない。このことで、イラ
イラしているのは、おそらく私だけではないだろう。
  
 アンチ安倍政権の私としては、あまり民主党の悪口は言うまいと思うのだが。
 でも、この4月に春に都知事選が行なわれるのは、ずっと前からわかっていたこと
だし。世の流れを見る必要もあるとはいえ、遅くとも去年の秋ぐらいからは候補者選定
を本格的に行ない、今年にはいったらすぐに候補者を発表するぐらいの準備が必要だっ
たと思うのに。「一体、今まで何をやっていたのか」と、何だか情けなくなって来て
しまう。 
 
 もう2月になるのに、いまだに確定しそうな候補者がいない。それどころか、今年に
はいってから、次々と新たな候補者の名が挙がっては、断られたという報道が繰り返され
るような状況。<筑紫哲也氏、鳥越俊太郎氏には、実際に打診があり、断ったという。> 
今は、元・宮城県知事の浅野 に出馬依頼していると言うが、当人には前向きな意思は
ないようだ。
 折角、度重なる問題報道で、流れがこちらに向いて来ているのに、このままでは大きな
チャンスを逃がしてしまいそうな感じさえして来る。
 
 党内には、菅直人氏を出すしかないという声も強いようだが。確かに菅氏は、あの
小泉郵政解散による総選挙において、東京都で唯一、小選挙区で当選した候補者であり、
菅氏なら石原氏に勝てる可能性もかなり高い。
 だが、菅氏は民主党の国会対応や&国政選挙には、不可欠な存在である。民主党の保守
系議員の中には、煙ったい存在の菅氏が都知事選に出てくれた方が、都合がいいと思う
人もいるときく。うまく行けば、都知事がとれる。そして、いずれにせよ、党内から目の
上のタンコブ的な存在が消えるからだ。<彼は中道、左派系の求心力になっている。>
だが、16日に小沢代表や鳩山幹事長との三者でも協議して決めたように、菅氏を国政
から外すことは、党にとって大きなマイナスであることは、間違いない。
<私の周辺では(ある意味では、逆の意図で?)どうせなら鳩山氏か前原氏が出た方が
いいかも知れないという見解もあるのだが、それも非現実的であろう。>
 かと言って、他に候補に挙がっている議員では役不足の感は否めないし、本人たちも
敗戦濃厚なのに、議員の職を捨ててまで戦う気にはならないとしても、ムリはない。

 またここ20年の東京知事選の動向を見ても、今の全国の流れを見ても、東京都知事
選では、無党派層の支持を得られる候補ではないと当選は難しい。<石原氏が、16日
に自民党の推薦を断る意向を示したのも、そのためであろう。>
 民主党は28日までには、候補者を発表すると言っているが、都民ひいては国民を
ガッカリさせないような人を用意できなければ、また民主党への期待が薄れてしまう
おそれがあることを肝に銘じて、人選や交渉に当たって欲しいと切に願う私である。


P.S. 明日の東京は朝から雨らしい。マラソン参加者や多数のボランティアには残念なお天気
になってしまったが。と思う。東京マラソンには車椅子の参加者や、子供からお年寄りまで幅広い層の参加者がいるので、どうかアクシデントやトラブルが生じないように、みんなが無事に
元気にレースを楽しんで欲しい。

                                    THANKS
 

 【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ お陰様で1位復活。でも、油断するとすぐに・・・。 ^^;

報道記事は↓Moreの部分に。

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-17 17:59 | 政治・社会一般 | Trackback(13) | Comments(0)

文科省が現場研修+少子化で自衛隊募集強化?+W中川の安倍発言+米輸入牛に問題など

16日は、 『民主党は、早期の国民投票法案成立に反対すべきだ!・・・小沢代表、英断を!できれば公明党も抵抗を。』<コチラ>も書きました。


15~6日で気になったニュースを、保存目的も兼ねてアップしておきたい。


『文部科学省は、4月から若手キャリアら数人を公立中学校などの学校現場に出向させる
方針を固めた。教員免許を持つキャリア官僚らをベテラン教諭の指導のもと、教壇に立た
せる考え。期間は1年間、年3人程度を予定している。
 文科省キャリアは教育行政を預かる立場でありながら、「学校現場の実態を知らない」
と批判されることがあり、同省内部からも学校現場への出向を求める声も出ていた。
<毎日新聞 15日>』 (文末*1の朝日の記事がもう少し詳しい。)


 これは、昔から絶対やるべきだと思っていたことなので、実現することになってよかっ
たと思っている。年3人と言わず、中堅も含めて(本当は1~2年以上がいいけれど、
短期でもいいので)、もっとどんどん現場を体験して欲しい。
 受け入れ側の学校の先生たちはやりにくい面があるかも知れないが、是非、協力して
欲しいと思う。
<ふと昔、文科省キャリア(草なぎ剛)が警察の少年課に派遣される「チーム」という
ドラマがあったのを思い出した。これに、まだ首相になる前の小泉氏が文科大臣役でゲスト
出演したんだよな~。^^;>

 私は、いつも教育再生会議に対してが現場がわかっていないと文句を書いているが、
全国各地の教委からも、そのような苦情が出たようだ。
『 全国の都道府県教委の教育委員長と教育長のそれぞれの協議会は13日、政府の教育再生
会議に対し「正確な現状分析と実証データに基づいて」「地方分権の視点に立って」議論するよう申
し入れた。申し入れは、再生会議の議論について「一部の事象をもって全体の傾向とするなど、
一面的なとらえ方が見受けられる」などと指摘。学校現場など、関係者の意見を聴くよう求めた。
<毎日13日>』

 また教育再生会議が提案している教育委員会の見直しに関して、政府の「規制改革会議
や地方自治体から異論が出てもめている。伊吹文科大臣は、納得できないとのことで、
規制改革会議の意見書を受け取らなかったという。<*2>
 もちろん問題がある点は改善すべきだとは思うが。 安倍政権は、スピード改革や結果を
出すことにこだわり過ぎる面がある。自分の功績アピールのために、安易に教育関連の現場
をひっかき回すのはやめて欲しいと切に願う。

* * * * * 

 この記事もかなり気になった。

『自民党国防部会は14日、少子化進行で自衛官の確保が今後困難になるとして、募集方法
や待遇改善の検討を始めた。有識者からのヒアリング、外国軍隊の人事制度との比較検討など
を行い、6月に提言を取りまとめる。08年度予算概算要求や参院選の公約に反映させたい考え
だ。自衛官募集対象人口(男子、18歳)は91年度の106万人をピークに減り続け、11年度に
は61万人にまで落ち込む。<共同通信 14日>』

 
 コチラの記事も参照して欲しいのだが、自衛隊は若年層の入隊勧誘のために、金銭の手当て
(1日約8千円)を出して訓練に参加させて、予備自衛官補を集めたりもしている。<バイト気分&
好奇心で参加する若者が少なくないという。>
 アメリカでは、多くの大学の中に予備役将校訓練課程が設けられている。軍からの奨学金が
出るので、学費を得る目的で、またパイロットや看護士などの資格もとって有利な就職をする
ために、この課程をとる学生が少なくない。<もちろん、必要に応じて召集の対象になり、イラク
戦争では、かなりの数が呼ばれているようだ。>

 昔は、街中で「自衛隊にはいりませんか」とスカウトしたり、知り合いの学校の先生に入隊し
そうな生徒の紹介を依頼して問題になったこともあったが。<つい、教育再生プログラムとリンク
させられたりすると困るな~と、懸念してしまう部分もある。>
 問題のある方法をとられないように、学校や中高大生(特に男子)の保護者の人たち、そして
国民みんなで、しっかりとウォッチして行く必要があると思う。
<これからの自衛隊は、かなり危険な地域に派遣されることになるかも知れないし~。>

* * * * *

『民主党は15日、政治資金規正法の改正を検討する政治改革推進本部の会合を開き、
人件費を除くすべての支出について1万円を超える領収書の政治資金収支報告書への添付
を義務付ける改正案を今国会に提出する方針を決めた。改正案が成立しなくても4月1日
以降、民主党の内規で1万円超の領収書保存を所属議員に求める。<毎日新聞15日>』

 この件は改めて取り上げたいが、野党各党や公明党も政治資金の収支報告書に明細や
領収書の添付をすべきだという法改正の提言を出しており、自民党だけが「事務が煩雑に
なって負担が増える」とか、「明細や領収書を義務付けられると、政治活動が行ないにく
くなる」とグダグダしている。
 民主党が、もし改正案が成立しなくても、党の内規によって全議員がそれを行なうこと
に決めたのもgood だと思う。<もともとクリーンさが売り物のはずだったのだから。>
 
 野党はこの件に関しては、どんどん自民党にプレッシャーをかけて欲しい。

* * * * *

  自民党の中川秀直幹事長までが、参院選敗退でも安倍政権を継続とか言い出した。

『夏の参院選で与党が過半数割れした場合について自民党の中川秀直幹事長は15日、
「(国民が与党に)おきゅうを据えたぎりぎりぐらい(の議席差)では、安倍内閣の退陣は考え
られない」と述べ、大敗しない限りは安倍首相が退陣する必要はないとの認識を表明した。
共同通信とのインタビューで述べた。首相を支える中川氏が予防線を張った形で、今後、
勝敗ラインをめぐる論議が活発化しそう。<共同通信 15日>』

 森&中曽根元首相に続いて、党の選挙の責任者である中川幹事長まで言い出したということ
は、参院選の観測がかなりよくないのかも知れない。<メディアによって、10~15議席減と
予測しているし。> 与党が負けたら、潔く退陣するというのが筋だと思うのだが。お灸では
足りないなら、ローXX・レベルの議席差が必要なのだろうか?^^;

* * * * *
 
 そして、自民党の中川昭一政調会長が、15日、安倍ちゃんの内閣&官邸に苦言を
呈したという。

『自民党の中川政調会長は15日、首相官邸主導で政府が「再チャレンジ推進会議」や
「成長力底上げ戦略構想チーム」など様々な会議を設置していることについて、「何が
違うのか分からない」と批判した。
 中川氏は14日、塩崎官房長官に対し「似たようなものをいっぱい作るな」と苦言を
呈した。塩崎氏は「おかしいですか」と答えたという。国会内で記者団に答えた。』

 そうなのよ。<塩崎氏については、コチラの記事も参照> ほとんどのチームは
塩崎氏がTOPなのよね。しかも「戦略」って言葉が好きなのか、少子化対策も、
「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」って名前をつけたりするのだ。
<出産、子育てに関して「重点戦略検討会議」という表現を使う感覚がわからん。>


『中川氏はまた、「安倍ちゃん(首相)をボールに例えて申し訳ないが、安倍さんが
ボールだとすれば、どうやってゴールに持っていくか。(安倍政権のメンバーは)自分が
ボールを持ったまま(放さず)、気が付いたら、みんなバラバラになっている」と指摘し、
安倍政権内のチームワーク不足を皮肉った。<↑も含め、読売新聞 15日>』

『「安倍総理大臣のボールを、自分が持ったら持ったままで、フェイントをかけて、敵を
1人、2人抜いたと喜んでいる。ただ、気が付いたら、みんなバラバラになって、相手は
ディフェンスができている」と述べ、安倍総理大臣が掲げる課題の実現に政権全体が一体
感を持って取り組むべきだという考えを示しました。<NHK 16日>』

 この「ボールに例えて申し訳ないが」は、柳沢大臣の「産む機械」発言の表現をあえ
て真似たのかと思ってしまったりもして。NHK記事はもっと詳細で、サッカー好きの私
には、「こういう選手、いるよね~。でも、こういう選手が多いチームは勝てないの
よね~」と思ってしまった。<これも塩崎氏のことかな~?>
 でも、私から見ると、中川の昭一くんも、かなり周囲を考えない感じの、スタンド・
プレーが多いのだけどね。(・・)

* * * * *

 米国産牛肉の輸入に関し、ルール違反が見つかったニュースも気になる。

『厚生労働省と農水省は16日、輸入した米国産牛肉の中に、生後20カ月以下とする
輸入条件に違反する可能性がある牛肉が見つかったとして、牛肉を出荷した米国の1食肉
処理施設からの輸入を当面停止すると発表した。米側調査によると、誤って日本向けに
出荷されたという。問題の牛肉は、輸入に必要な米政府発行の証明書に記載されておらず、
輸入条件である生後20カ月以下と証明することができない。<共同通信 16日>』
<詳しい記事は*3に。>

 当ブログでも、何回かBSE関連のことを書いているのだが、他国を見ていても、
ちょっと油断すると、問題のある牛肉がはいって来てしまっているという現状がある。
 日本政府は、米国側にきちんと管理するように強く要求を出すと共に、たとえ費用が
かかっても、問題のある牛肉が水際で食い止められるように、責任を持って、きちんと
チェックを続けて欲しい。

                          THANKS

 
 【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠外に陥落。数字のレベルが高くなってる~。ご支援、よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ お陰様で1位復活。でも、油断するとすぐに・・・。 ^^;


 *1~3は↓Moreの部分に

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-16 16:23 | 政治・社会一般 | Trackback(11) | Comments(2)

民主党は、早期の国民投票法案成立に反対すべきだ!・・・小沢代表、英断を!できれば公明党も抵抗を。

15日には(もし報道が本当であるなら)「よっしゃ!(~~)」と気合がはいるような
ニュース記事があった。

 民主党が、国民新・社民・共産党と共に、国民投票法案の早期成立(憲法記念日までに
成立)に反対する方針を固めたという記事が出ていたからである。<*1>
 しかも、公明党の太田代表も、自公与党だけの単独採決には疑問を呈しているという。

* * * * *

 安倍首相&改憲勢力が、今国会で何よりも一番行ないたいことは、憲法改正のための
国民投票法案の成立させることである。それも改憲勢力の妙な思いによって、今年で
施行60周年を迎える(現憲法にとっては大切な記念日となる)5月3日の憲法記念日
までに、その現憲法を改正するための法律を作りたいと、マジで考えているのだ。
<GHQが関わった現憲法施行の屈辱を晴らす意味があるらしい。^^;>
 
 だが、実際に改憲を行なうには国会議員の2/3による発議が必要なので、自民党
としては、それまでに改憲に協力してくれる議員を増やしておきたい。また野党も含め
て多くの議員の賛成によって国民投票法案が作られたという形を作って、自分たちだけ
が改憲に向かって必死になっているわけではないということを示し、国民に安心感を
与えたい部分もある。
 そこで、自民党は公明党、民主党の3党で協力して、国民投票法案を作り、国会提出
&議決をしたいと考えていたのである。

 でも、今年にはいって、国民新党が社民、共産党と共に、今国会で法案を成立させる
ことに反対を表明し、野党共闘を組む民主党にも、共に反対するように呼びかけていた。
<14日には、社民の福島瑞穂氏が「野党3党の代表に「憲法改悪反対。共謀罪、国民
投票法案を成立させないように共にがんばりましょう」と野党共闘を呼びかけるメッ
セージカードつきのバレンタイン・チョコを届けたり?!(・・) *2>

 民主党は、昨年まで自公と法案の協議を重ねて来ていたこともあり、態度を決めかね
ていたのであるが・・・。<イライラ>
 14日に、『自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長らが都内のホテルで会談。
憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、5月3日の憲法記念日までの成立
を目指す方針を確認し、野党が審議や採決に応じない場合でも、与党のみで成立を図る
ことで一致した<読売>』との報道がなされ、ついに小沢代表も決断を下しつつあるようだ。

『民主党の小沢一郎代表は14日、秋田市内で記者会見し、自民、公明両党が与党単独
採決も視野に国民投票法案を憲法記念日の5月3日までに成立させる方針を確認したこと
について「多数を頼んで無理やり通さなければならない性格のものではない。それ以上に
国民生活に大事な問題、政治が果たさなければならないことはたくさんある」と批判した。
 また、社民党の福島瑞穂党首は14日の記者会見で、「与党は民主党も(仲間に)入れ
たいが、単独でやると脅しを掛けている。民主党は与党の脅しに動揺しないでほしい」と
求めた。国民新党の亀井久興幹事長は会見で、「十分に議論して決めるべきだ。今国会で
無理やり結論を出す必要はない」と語った。<時事通信 14日>』<関連*3>

 さらに『公明党の太田代表は15日の会見で、国民投票法案について「(自民、公明、
民主の)3党で成立を期すのが望ましい」と述べ、与党単独での採決に慎重な姿勢を示し
た。同法案をめぐっては自民党の中川幹事長らが単独採決も辞さない考えを表明していた
が、公明党が強硬姿勢をけん制したことは法案の動向にも影響しそうだ。<毎日15日>』

* * * * *

 私は憲法を改正すること自体、また国民投票法を作ること自体に反対ではない。
 だが、憲法は国や国民のあり方に関わる本当に大事なものだし、当然にしてその改正
をするための国民投票法の中身も重要であるので、実際に投票を行なう国民の考えもよく
きいた上で、国民が理解&納得の行くような形になるように、慎重に決めなければなら
ないと考えている。

 国民投票法案には、投票の方法や結果の決め方だけでなく、改憲に関する(賛成、反対
等の運動や広告の仕方、規制など、改憲の可否に大きな影響を与えるような規定が含まれ
ている。でも、私が見る限り、おそらく一般国民の多くは、この法案にはまだあまり関心
がないし、法案の中身もほとんど知らないような状態だ。そんな状況なのに、自分たちの
勝手な思いだけで、どうしても5月3日までに成立させなければなどと、国民の存在を
無視する形で、大事な国民投票法案を成立させようという考えは、誤まっていると思う。
 安倍首相や自民党が、数の力でそのような横暴で強引なことをするのを許しては、
国民はどんどんナメられて、これからも好き勝手をされることになってしまう。
  
* * * * *

 もしできるなら、公明党に慎重論を通してもらい、国民投票法案の早期成立を阻止して
欲しいところなのだが。<太田代表は改憲(特に9条)は反対だし、公明党の議員や支持
者の中にも、安倍自民党の改憲に手を貸すことに疑問を覚えている人も少なくないし。
太田代表は10日も、改憲を争点にすることに慎重な姿勢を示していた。<*4>
 
 でも、もし与党が単独採決することになっても、民主党は今国会での法案成立には、
反対の立場をとるべきだと思う。
 この件はまた改めて書きたいが・・・。ただでさえ、民主党は自民党との違いがわから
ない、対立軸が見えないと言われて、なかなか支持率が上がらない状況が続いているのだ。
ここで、またハンパなことをしたら、結局は第二自民党に過ぎないと思われるのがオチだ。

 次の参院選では、安倍首相がその気である以上、改憲も大きな争点の一つになる。
 本当に改憲に積極的な人、早期改憲を目指す人は、自民党に投票する。<民主党に早期
改憲をして欲しいから投票する人なんて、ほとんどいない。> 
 絶対に改憲に反対の人、護憲派の人は、共産党か社民党に投票するだろう。
<国民新党は、もともと早期改憲派ばかりなのだが。選挙ではどう出るのかわからない。>

 では、民主党はどうしたらいいのか? おそらくは無党派層に多いと思われる「早期
改憲派でも、絶対護憲派でもない人たち」の受け皿になることが、最も望ましいのでは
ないだろうか? 「国民の声をもっと重視する形で国民投票法立法や憲法改正を行なう
べきだ」と、「その前に国民生活に関わることでやらなければならない政策や立法が
たくさんあるだろう」と主張することは、党の「国民生活重視」の方針にも合うだろう。

<私の周囲には、憲法改正には反対ではないが、あまり急ぎ過ぎるのはよくないと思って
いたり、安倍首相があまりに改憲、改憲と主張することに抵抗感や危惧感を覚えたりする
人が少なくない。(今まで自民党に入れていたけれど、以前より危険な感じがするし、国民
の生活を考えてくれないので、次はやめようと思うと言う人も出始めている。この層を、
ターゲットにして欲しいと思ったりする。>


 正直なところ、党内には、早期改憲を望んでいる議員も少なからずることはわかって
いるが、私はここが一番の勝負どころだと思っている。何とか小沢代表にリーダーシップ
を発揮してもらって、きっちりとした方向性を示して欲しいと切に願う。

<改憲派の鳩山幹事長が、いかに党の利益を考えて、MグループやE、H、Nあたりを
押さえてくれるかが、鍵になるかも知れない。>

                        THANKS

 

【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ こちらも、今、見たら25位枠外に陥落。また、頑張らなくっちゃだわ。(・・)

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ 政治部門2位陥落。しかも、差がついてたりして?!^^;

*1~4は↓Moreの部分に

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-16 03:41 | 民主党、民進党に関して | Trackback(7) | Comments(4)

支持率に一憂X2の安倍内閣。閣僚、スタッフは尊敬どころか足を引っ張リ、森氏もイライラ!

 安倍内閣の支持率低下が止まらない。支持率自体は、まだ40%前後(30%台の
ところも)と歴代内閣の中ではかなり高いのだが、不支持率が支持率を超えている上、
自民党の支持率も下がって来ているのがツライところである。

 しかも、近時の低迷は、柳沢発言だけでなく、安倍政権の政策や安倍氏の指導力の
なさに期待できないことも大きな要因になっているようだ。
<安倍首相の最大の売り物だった「北朝鮮政策&拉致問題」も、何だかな~の状況に。
ブッシュ大統領も、拉致問題にこだわる日本に理解を示してくれたというが、六ヶ国協議の
中では、カヤの外に置かれつつあるのは事実だろう。米国もそのつもりで、コトを進めて
行くのではないかと思われる。(日本だけ、別のバスに乗って併走するという感じに?)>

 また、内閣全体のチームワークやサポートもあまり感じられないので、政界の親代わりの
森喜朗・元首相も気をもんでいるようである。

* * * * *


 14日の衆院予算委員会では、同じ自民党の一年生議員(小泉チルドレン)の小野
次郎氏にこんなことを言われてしまったという。

『「支持率に一喜一憂せずにというのは、上がったり下がったりする場合の言葉です」。
自民党の小野次郎氏が14日の衆院予算委員会で、支持率が下がり続ける安倍首相に
辛口のエールを送った。
 小野氏は05年郵政総選挙で当選した「小泉チルドレン」の一人。小泉前首相を首相
秘書官として支え、安倍首相とは小泉官邸の「元同僚」だ。
 小野氏は「当初70%を超える国民の支持が寄せられたが、その後の5カ月間に支持
率は半分近くまで低下した。思うように点が取れていない教科の克服に素直に力を入れる
べきだ」と提案。憲法改正を参院選の争点に据える首相の姿勢は「明確でない」とも
批判した。
 首相は支持率低下には言及しなかったが、悲願の憲法改正についてはつい、「憲法は
指一本触れてはいけない時代が長い間あった。それに挑戦していくということだ」といら
だつ一幕も。<朝日新聞 14日>』

 
 この「支持率に一喜一憂せずにというのは、上がったり下がったりする場合の言葉」
には、思わず口にしていたコーヒーを吹き出しそうになってしまった。(・。・)
 なるほど、安倍内閣の場合、「下がって&下がって」なのだから、「一喜一憂」では
なく「一憂また一憂」が正しいのかも知れない。<本人は、「一難去ってまた一難」の
心境かも知れないが>

 小野氏は一年生議員と言っても、東大法卒で警察官僚を経て、小泉首相の秘書官を
務めていた人材であり、なかなか的を得たアドバイスのようにも思えた。
 おそらくは、01年に安倍氏が小泉内閣に副官房長官としてはいった頃は、小野氏の
方が立場が上のような感じだったのではないだろうか?
<本人は政治家になる気はなかったが、小泉郵政解散で立候補者が足りなくなり、急遽、
刺客として山梨3区で立つことに。選挙区は落選したが、比例下位ながら復活当選。>

 安倍くんは、得意科目(大好きな科目?)の「憲法改正」を必須科目に決めて、それ
に力を入れているが。それは、一般国民にとっては選択科目に過ぎないかも知れないのだ。
しかも、今国会では、苦手科目(興味がない科目?)の「格差問題」が必須扱いになって
いるのだが、同級生の塩崎くんと共に「格差の問題はない!」と主張して、勉強を避けて
いるように見える。
 学力向上&底上げ路線を目指す安倍くんとしては、思うように点数のとれていない科目
にもう少し熱心にならないと、さらに平均点(支持率)が下がってしまうかも知れない。

* * * * *

 そんな安倍首相が心配でならないのか、政界の親代わりの森元首相がアレコレと発言
をしている。

 12日には大阪の講演で・・・『安倍内閣について「何の失政もないのに支持率が
下がってしまう。内閣全体が何となく沈滞している」と指摘。その上で「閣僚は下積み
をしていないので、どうしたらいいか分からない。政治家は基礎が大事で、基礎的なこと
をやって官邸に詰めなければいけない」と語り、塩崎恭久官房長官らを念頭に批判した。 
<時事通信社13日>』

 また、13日にはインドのニューデリーで・・・『「ベテランも若手も、首相を尊敬
していない。まず安倍氏に忠誠を誓い、安倍氏を尊敬すべきだ。政策的には何も間違って
いない」と述べた。その上で、「特に、首相より当選回数や年齢が上の久間防衛相、麻生
外相、尾身財務相も首相を立てる姿勢がにじみ出ていない。だからすぐに問題を起こす」
と、ベテラン閣僚らに苦言を呈した。
「首相も遠慮し過ぎているのではないか。もっとリーダーシップを発揮すべきだ」と
して、首相に指導力発揮を求めた。塩崎恭久官房長官、菅義偉総務相、首相補佐官ら
若手に対しても「しっかりと支えていかなければ、ポスト目当てだったと思われる」と
奮起を促した。

 与党内で参院選前の内閣改造が取りざたされていることについて、「周囲がいろいろ
言うものではない」としながらも、「(衆院)解散と(内閣)改造は総理の特権で、
いつだってやれる。やってプラスになるかならないかを考えなければならない」と語った。
 ただ柳沢伯夫厚生労働相の一連の発言については「参院選に影響があるか分からないが、
選挙前になれば野党から批判されるから心配している」とあらためて懸念を表明。 一方、
参院選で与党が過半数割れを起こした場合について「衆院は圧倒的多数を持っているから
問題ない」として、退陣の必要はないとの考えを示した。<産経、読売14日編集>』


 これらを読んでいて、つい「尊敬はムリでしょ~」と思ってしまったのだが。^^;
だって、特にベテラン議員から見たら、あまりにも「・・・」だろうし~。
 ここで「忠誠」とか言う人の気も知れないが、せめて「尊重」ぐらいしてくれれば
いいのかも知れないが。ベテラン閣僚は、安倍首相の存在など完全に軽視して、それ
ぞれ好き勝手に発言したり、政策を考えたりしているように思える。
<また安倍首相が、若手とつるんでボクの官邸ごっこばかりにご執心なので、それに
対する行政府&閣僚の反発もどんどん大きくなっているのではないだろうか?>

 私から見れば、教基法や自衛隊の改正などは悪政なのだが。仮に積極的な失政は
ないとしても、今、国民が最も関心を持っている格差や社会保障の問題を解決する
ために、な~んにもしていないことが失政なのではないかとも思う。
 特に急がなくてもいいような教育関連法とか憲法改正(国民投票法案)、防衛
関連(NSC等)とか、そんなことばかり積極的に取り組んでいて、肝心なこと
は口ばっかりで何も具体的な方策が出て来ないのでは、さすがに国民も呆れて来て
しまうだろう。

 もう森氏も、解散や内閣改造をちらつかせて主導権を握ろうとしたり、参院選で
負けても安倍政権を継続させることを繰り返しアピールして、何とか安倍政権を
サポートするしかないような感じもあるのだが。
 ここまでアレコレ言うと、却って安倍内閣の若手スタッフがいかに能力や経験が
乏しくて、役に立たないかを自らPRしているようなものではないだろうか?


 せめて首相のパートナーである官房長官は、経験や実績のあるベテランを起用
すればよかったのに<小泉氏だって、最初は福田氏に務めてもらったのだ>、
閣僚経験も自民党で要職の経験もない塩崎氏を選んでしまったので、何かあっても
フォローしてもらうこともできない。
 東大&ハーバードを出ている塩崎氏は、プライドだけは人一倍あって、記者会見
でも大上段に構え、やたら横文字言葉を使うので、官邸記者からは「欧米か~!」
と陰口を叩かれているらしい。<14日のNHKでは、内閣が格差問題の対応策を
考えて『国民に正解を教える』とかエラそうに言っていた。この人も言葉の使い方
を知らないようだ。>
 塩崎氏についてはツッコめるネタがたくさんあるのだが、オフィスマツナガさんが
14日に「二階俊博国対委員長 塩崎官房長官に激怒の巻 」という記事を載せていた。


 さらに、先週は不用意発言で文科省とやり合ってしまった<コチラ参照>山谷えり子
首相補佐官が、新たなツッコまれネタを作ってしまったようだ。

『山谷えり子首相補佐官(教育再生担当)が14日、従軍慰安婦問題に関する河野洋平
官房長官談話(93年)の見直しなどを求めて活動している自民党の「日本の前途と
歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)に出席した。安倍晋三
首相は河野談話の継承を表明しており、意見の食い違いが指摘されかねず、山谷氏の
行動に政府内からも疑問の声があがっている。
 塩崎恭久官房長官は、同日の記者会見で「そういう会合があったとは知らなかった。
政治家としての判断で出られたのだろう」と、山谷氏の対応に不快感をのぞかせた。
政府高官は「政治家だから何をやってもいいが、節度と資質の問題だ」と批判。同会
には塩崎長官らも名を連ねているが、会合への出席は見合わせている。<毎日14日>』

 この件はコチラにも書いたが、もともと「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」
は安倍氏が仲間たちと作ったもので、安倍氏自身、河野談話に異論を唱えて、談話見直し
の活動をしていたのである。
 安倍内閣としては、河野談話を認める以上、当然にして官邸スタッフがそれに反する
議論を行なう会合に出るべきではないわけだが・・・。いくら若手と言っても、大部分が
50代の議員たちなのだから、内閣の一員として、自分の言動が適切かどうか判断する
ことができないのかと嘆かわしく思ってしまう。

 まあ、でも安倍首相が自分で選んだメンバーなのだから、彼らのために安倍内閣に
問題が起きたり支持率が下がったりしても、それは自業自得だとは思うが。
 そのような内閣のために、外交や内政の不備や問題が続いて、国民に影響が出ては
困るだけに、森氏とは別の意味で、ついイライラさせられてしまう私なのだった。

                           THANKS


 【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ こちらも、今、見たら25位枠外に陥落。また、頑張らなくっちゃだわ。(・・)

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ 政治部門2位陥落。しかも、差がついてたりして?!^^;
          
           
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-15 04:02 | 安倍政権に関して | Trackback(10) | Comments(6)

亀井静香氏が、安倍首相を諭しつつ、公明党との関係を批判。+女性救出の巡査の他界に思ったこと

 (@ ^ ^)/。・☆'★☆:・:*:・°Happy Valentine!・:*:・°

13日、衆院の予算委員会で、審議が行なわれた。

 質問者も豪華&多彩で、実に盛りだくさんの内容だったので、何をどこから書けば
いいか迷ってしまうところがある。
 特に格差問題では、書きたいことが色々あるのだが。午前中の審議は、じっくり見る
ことができなかったので、衆院TVで見直してから書きたいと思う。
 ただ、格差是正に関する一番大きな問題は、安倍内閣が「格差があること」自体を
相変わらず認めたがらないことなのではないかと思えた。


 そして、私が昨日の質疑の中で最も印象に残ったのは、国民新党の亀井静香氏の質問
だったかも知れない。<*1>

 亀井静香氏が、国会の質問に立ったのは、6年ぶりのことだという。本人も「まさか
自分が野党側で質疑応答するとは夢にも思わなかった」と言っていたが。自民党内では、
かなりの実力を発揮して総裁候補にもなっており、もし小泉前首相が郵政民営化をゴリ
押しして造反議員をカットするような横暴な施策をとらなければ、今も自民党の中核に
いたであろうことを思うと、不思議な感じも受けた。<変な話、政界というのは、本当に
一歩先はわからないもんなんだな~と思いながら、中継を見ていたところもあった。>

 亀井氏は、いきなり安倍首相に向かって「小泉政治とはさっさと決別して」と切り
出し、安倍氏に、自分の思想、信条、人柄で政治をやることを勧めた。
 そして「日本列島の津々浦々からうめき声が聞こえる」と小泉前首相の経済政策を
批判し、「今の日本はこれでいいのか?」と問いかけた。ただ、「安倍首相には本心の
答弁ができないのがわかっているから」として、質問時間の50分中40分以上、持論
を語り続けていた。
 さらには後述するように、他の議員はなかなか国会では取り上げにくいと思われる、
自民党と公明党との関係にも言及した。

 このような独演会のような質問の仕方が望ましいのかどうかは、疑問に思う面も
あるが。ただ亀井氏は、もともとかなりの苦労人であり、また保守的な国家観を
持ちつつも地元や国民の安定した生活を重視する、昔ながらの保守系政治家である。
 そして、亀井氏としては、経済格差や地方格差を広げ、地方や弱者を切り捨てる
新自由主義政策を進めた小泉改革は許容できないものであるし、自分がこよなく
愛していた自民党や安倍首相が、無思慮に小泉路線を踏襲しているのを見て、このまま
ではいけないと、教え諭したいという思いが強かったのかも知れない。


 亀井氏は、後半にはいり、公明党との関係、選挙協力のあり方、安倍首相と創価
学会の池田大作名誉会長が面会したことがあるのかないのか、というテーマを取り
上げた。それこそ私も何回かブログに書いているような、一般国民が疑問に思うこと
を次々と問いかけたのであった。。
 何故、教育基本法の改正案の重要な部分や復党問題に関して、公明党の意見を取り
入れたのか。選挙の際にいかに公明党に頼っているか。何故、比例区で自民党候補者
が「公明党に投票を」と呼びかけるのか。そして、何で安倍氏と池田氏が会ったと
いう報道を否定するのか・・・などなど。

 もともと亀井氏は自民党にいた時代から、公明党・創価学会を快く思っておらず、
しばしば批判することがあった。それゆえに、この点にこだわったところがあるかも
知れないのだが。彼は、政党重視の選挙形態や政治が行なわれる中、主義主張の異なる
政党が連立与党を組み続け、妙な形で選挙協力を続けるのはおかしいのではないかと
いう疑問を投げかけたではないかとも思えた。

<昨日、安倍氏が亀井氏に「もし新聞や週刊誌の報道が全部本当だったら、亀井さん
が困ってしまいますよ」と切り返し、場内の笑いを誘っていた。たぶん、安倍氏が首相
になってから見た国会答弁の中では、最もアドリブとユーモアのきいたものだったよう
に思えた。>


 近時、元首相の森喜朗氏や中曽根康弘氏が、参院選で与党が負けても安倍政権は継続
すべきだと、そして議席が足りない分は、国民新党の協力を依頼したいというような話
をし始めているが。亀井氏がここまで公明党との関係を批判するようだと、自公国の
連立政権を作るのは難しいのではないかとも思う。
 国民新党の亀井久興幹事長も、7日に「この夏の参議院選挙で自民・公明両党が過半数
割れしても、国民新党の基本理念や政策をすべて受け入れないかぎり、今の与党と連携
することはない」という考えを示していたようだ。<NHK7日>

 尚、自民党の一部には、参院選巻き返しを考えて、小泉前首相の再登板が期待する声
もあったようだが、前首相秘書官の飯島勲氏は10日、長野県辰野町で講演し、「首相
としての再登板は百パーセントない」と否定した。
 今後は国際政治家としての活動も行っていく」と述べたという。小泉氏は4月以降、
民間シンクタンクの顧問としても活動する予定だそうだ。<産経新聞10日より>
<飯島氏も夕張市長選に立候補するとの報道があったが、これも本人が否定した。>




* * * * *

 6日に、東武東上線で線路内に入った女性を助けようとして電車にはねられた警視庁の
宮本邦彦巡査部長(53)は、意識不明のまま集中治療室で治療を受けていたが、12日
午後、本当に残念なことに、家族にみとられながら息を引き取った。
 12日夜には、安倍首相も宮本氏の遺体が安置された板橋署を弔問。安倍首相は
「危険を顧みずに人命救助に当たった。日本人として誇りに思う」と述べていた。
<首相が宮本氏の名前を間違えたのは、本当に残念なことだった。本人も気をつける
べきだが<他の件でもそう思ったことがあるのだが>周囲のスタッフも事前に首相と
確認を行なうべきなのではないかと思う。>

 そして私が驚いたのは、2000人近い一般市民が勤務先の常盤台交番や板橋署に
献花や記帳に訪れたということである。13日午後、遺体が板橋署から同区内の葬儀場
へ移される際には、遺体を載せた車が常盤台交番に立ち寄り、ときわ台駅前のロータリー
を1周したのだが、TVに映った映像では、沿道に子供からお年よりまで多くの人が
手を合わせて見送る姿があった。

 宮本氏は交番勤務のいわゆる「お巡りさん」であったが、市民から相談や何かの依頼
を受けると、小さなことでも丁寧に対応する人だったそうで、交通整理の際に顔馴染みに
なった近くの学校の児童たちなども含め、「お世話になった」「親切に対応してもらった」
という感謝の言葉を述べる人が少なからずいた。
 謹んでご冥福をお祈りしたい。


 私が小さな頃には、警官という職業に憧れる子供が多かった。親たちも、子供たちに
「警察官は、町や住民のために一生懸命に働いてくれて、大切な仕事だ」と教えることが
多かったように思うし、一目置かれる存在だったようにも思えた。
 だが、いつの頃からか、親や子供たちの間には、警官の存在を軽視するような風潮が
見えるようになって来た。私は何回か、子供たちが制服の警官をバカにするようなことを
言ったり、ろくに仕事をしない上に犯罪を犯す人が多いというような批判をしているのを
耳にして、愕然としたことがある。どうも親の言葉やTVで聞いた話が影響しているよう
だった。

 これは教師もそうだと思うのだが、子供たちや市民が敬意や感謝を抱いて接すれば、
警官も自分の職業に誇りが持てるし、仕事に対する意欲も出るのではないかと思う。逆に
周囲がその存在を軽んじたり、何かと言えばすぐ非難したりしているようだと、望ましく
ないことが起きやすくなるように思える部分がある。
 もちろん、いい仕事をしているからこそ、敬意や感謝を得られるという面も大きいとは
思うが。今回のことが、警官の仕事や存在の大切さを、警官自身も、一般市民も様々な
意味で見直す機会になればいいな~と、そうなれば亡くなった宮本氏も遺族も報われるの
ではないかと、ふと思った私だった。

                       THANKS

 【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ こちらも、今、見たら25位枠外に陥落。また、頑張らなくっちゃだわ。(・・)

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑ 政治部門2位陥落。しかも、差がついてたりして?!^^;

More
[PR]
# by mew-run7 | 2007-02-14 11:10 | 安倍政権に関して | Trackback(18) | Comments(10)