「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35
淳、松尾貴史、佐野元春なども..
at 2017-05-21 02:18
加計文書~関係者が信憑性、存..
at 2017-05-20 03:57
加計が獣医学部にこだわるわけ..
at 2017-05-19 02:56
文科省の書面には日時、出席者..
at 2017-05-18 16:05
文科省「総理の意向」と、安倍..
at 2017-05-18 03:02
財務省も深い所はゴミがないと..
at 2017-05-17 03:38
共謀罪・荻上チキが監視社会を..
at 2017-05-16 16:23

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アベンドゲート疑惑で、今..
from 51%の真実
籠池氏、ごみの一部そもそ..
from 51%の真実
世界市場の金融面でも中国..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
都議選は自自対決の様相、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本郵政が2年前物流事業..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30

ブログパーツ

タグ

(1220)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:中川郁子 ( 6 ) タグの人気記事

中川政務官、重婚ウェディング&ストーカー事件が発覚して辞任。言動ボロボロの安倍内閣

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 崇高な政治&スポーツ・競馬ブログに、泥々がつくような政治家の不倫スキャンダルの話など持ち込みたくないのだが・・・。_(。。)_

 またまた安倍内閣で、問題言動!しかも、今度は重婚やらストーカーやら、法律に抵触するようなダイナマイト級の不倫騒動です。(@@)

 自民党の中川俊直氏(衆院議員2期、経産政務官)が、週刊新潮に不倫問題が出ることになったため、18日、急遽、政務官を辞任したという。<ま、実質的には更迭かな?(・・)>

『女性問題で中川政務官辞任 父は元自民党の幹事長

 政府は18日、中川俊直経済産業政務官(46=衆院広島4区)が辞任すると発表した。中川氏は同日、自身のフェイスブック(FB)で女性問題が辞任の理由と認めた上で「すべて私の不徳の致すところ」などと表明した。

 中川氏は、3月に同僚議員との不適切な関係を週刊誌に報じられていた。さらに今週発売の週刊誌に新たな女性問題が掲載されることになったため、辞任を申し出たという。中川氏はFBで「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱい。言い訳のしようがない」としている。

 中川氏は当選2回で、父は自民党の中川秀直元幹事長。政務官では先月、被災地を巡る問題発言で務台俊介内閣府・復興政務官が事実上更迭されたばかり。(日刊スポーツ17年4月18日)』

* * * * *

 中川氏(妻子あり)は今年3月に、同じ自民党のM議員とのお泊り不倫が報じられたばかりなのだが。この時は、中川氏もM議員も「仕事の打ち合わせをしていた。他の人もいた」と主張して、不倫交際を認めず。大きな騒動にならずに済んでいた。(~_~;)

 しかし、どうやら今回の週刊新潮の記事の内容はダイタマイト級である上、否定し難い事実だった様子。<詳しいことは、週刊誌が発売されないとわからないのだけど。)本人もフェイスブックで事実を認め、謝罪をするに至った。(・o・)

 週刊新潮の昨日のツイッターによれば、記事の内容は単なる不倫報道ではなく、「愛人との重婚ウェディング」、「警察へのストーカー登録」であるとのこと。(・o・)

『週刊新潮@shukan_shincho

#中川俊直 議員が政務官辞任へ。今週発売の「#週刊新潮」不倫報道を受けてでしょう。また週刊誌の不倫ネタかよと思われるかもしれませんが、“重婚ウエディング”までした愛人と揉め、現職議員が警察に「ストーカー登録」されてしまったという前代未聞です。明日17時頃、速報をお伝えします。』

 TVのワイドショーによると、元愛人が重婚ウェディングの写真などの証拠を週刊誌に提供しているため、事実を否定するのは困難であるようだ。<少し前のことなのかと思ったら、昨年12月にも警察沙汰になるトラブルがあったらしいのね。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そこで、中川氏は17日に週刊誌に記事が載ることがわかった時点で、官邸にお伺いを立てて、政務官を辞任することに。そして、先手を打つ形で、フェイスブックにこんな謝罪文を載せたのである。

『心よりお詫び申し上げます。

 本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
 多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
 家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません。
 妻に対しては、昨年末、私からすべてを説明し、本当に申し訳ないことをしたと詫びました。それから時間をかけて話し合い、信頼回復に向けて共に歩もうと話してくれました。
 今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります。これまで私を支えて頂いた方々に対し、心よりお詫び申し上げます。
          
 平成29年4月18日   中川俊直 』

* * * * *

 ちなみに、中川秀直氏は、元自民党の衆院議員・中川秀直氏の次男。母方の祖父の中川俊思氏も衆院議員で、3代めの世襲議員だ。(・・)

 中川秀直氏は、小泉元首相の側近として新自由主義政策などを推進した人。<考えは半分ぐらい合わないのだけど。政治家としては有能でアタマがいい&説明がわかりやすいので、話をきくのは嫌いじゃなかった。>
 それゆえ、内閣官房長官(第66代)、自由民主党幹事長(第39代)、自由民主党政調会長(第47代)など重要な役職を歴任していたのだが。<06年~の安倍第一次政権の時は、党幹事長としてお目付け役をしていた。>

 ただ、父親の秀直氏も2000年、森内閣の官房長官を務めていた時に愛人問題や右翼団体員との会食などスキャンダルが報道され、3ヶ月で辞任した過去がある。_(。。)_

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 実は、昨日「中川って政務官が不倫で辞めるらしいぞ」っていう話をきいて、mewが真っ先に中川昭一夫人のことを思い出しちゃったのだけど。(・・)
<2年前に故・中川昭一夫人の中川郁子農水政務官が、妻子ある同僚の門博文衆院議員(49)とデート&路上キスををしている写真が週刊誌に出て、不倫が発覚。<辞任せず。国会で追及されるのがしんどかったため、体調不良で入院しちゃったです。^^;>

 今月にはいって、今村復興担当大臣の「被災者は自己責任」、山本幸三地方創生担当大臣の「学芸員は一番のがん、一掃すべき」、さらには古屋選対委員長の「沖縄特有の詐欺的行為」など、問題発言が続いているし。

 政務官レベルで言うと、3月におんぶ政務官と呼ばれた務台俊介復興政務官が「長靴業界は儲かったのではないか」と発言で辞任することになったばかり。<昨年秋、岩手県の豪雨被害を視察した際、長靴を持参せず。水溜りを渡るため、役人に「おんぶ」してもらったことが発覚。それだけでも批判を受けていたのに。(-"-)>

 あ、あと不倫ってことで言えば、昨年1月、妻の出産を前にイクメン政策をアピールしていた宮崎謙介議員が、妻・金子恵美議員が妊娠して入院中にマンションに女性を連れ込んでいたことが週刊誌にスッパ抜かれて、発覚。2月に議員辞職したなんてこともあったっけ?(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 最近、社会の風潮として、不倫にはかなり厳しくなっている感じがあって。野党はもちろん、与党からも批判の声が出ているとのこと。
<客観的に見てると、何かドラマや映画はOK。一般人も平気でやってるけど。政治の世界と芸能界の一部には、特に厳しい感じが。(~_~;)・・・mewも決して寛容ではないけどね。(・・)>

 週刊誌の内容によっては、議員辞職せざるを得なくなるかも知れない。(++) 

『政務官を辞任 中川俊直氏に批判の声

 女性問題をめぐって18日、経済産業大臣政務官を辞任した自民党の中川俊直衆議院議員に対して、与野党から強い批判の声が挙がっている。

 民進党・山井国対委員長「経産省の政務官が女性スキャンダルで辞任をされたということであります。これも言語道断」

 公明党・山口代表「大臣そして政務官の言動が国民に不信を与えているというところを心しなければなりません。政府側でたびたびこのようなことが起きるのは、著しく緊張感を欠いていると言わざるを得ません」

 中川議員をめぐっては、20日発売の週刊誌で妻とは別の女性との関係について報じられる予定で、中川議員は18日、「家族がありながら知り合いの女性に好意を抱き深く傷つけた。誠に申し訳ない」と謝罪のコメントを発表するとともに政務官を辞任した。

 警視庁によると、中川議員は去年12月、この女性とトラブルになり女性の自宅のドアをたたくなどして通報され、駆けつけた警察官に注意されていたことがわかった。

 中川議員に対しては、自民党内でも「報道が事実だとしたら国会議員としてももうダメだろう」などと、議員辞職は避けられないとの見方も出ている。(NNN17年4月19日)』

* * * * *
 
『「自らけじめをつけるべき話」女性問題で“更迭”の中川俊直経産政務官を批判 民進・笠浩史国対委員長代理

 民進党の笠浩史国対委員長代理は19日の記者会見で、自民党の中川俊直衆院議員が今週発売の週刊誌に女性問題が掲載されるのを受け経済産業政務官を辞任した件について「自らしっかりとしたけじめをつけられるべき話だろう。単に一身上の都合で辞めた、ということだけでは済まされないのではないか」と述べた。

 政務官では、被災地視察をめぐる失言で務台俊介内閣府兼復興政務官が3月に辞任したばかり。笠氏はこれを踏まえ「巨大与党をバックにした長期政権のおごり・緩みが政府に出てきている。極めて遺憾だ」と政府・与党を批判した。(産経新聞17年4月19日)』

* * * * *

 先日も書いたように、こういう問題がどんどん出て来る要因には、やはり安倍自民党の一強体制のおごり、ゆるみがあるだと思うのだが。
 それも、ある意味では、国民がそうさせているわけで・・・。<首相(夫人含む)閣僚が好き勝手なこと言ったりやったりしてても、支持率は下がらないし、選挙では勝っちゃうんだもん。国民の多くは無関心だし。TVとかでやるとチョットは怒るけど、すぐに許してくれるか、忘れちゃうのだから。(~_~;)>

 何がきっかけでもいいから、早く国民に「このままじゃ、ちょっとマズイじゃんない?」と気づいて欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-04-19 15:27 | (再び)安倍政権について | Trackback

中川妻の不倫相手のしょーもない反応&議員としてモラル失格


 これは3月21日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今週にはいって、中川郁子農水政務次官の話が、ピタッとTVで扱われなくなった。(@@)

 その辺りのことは、また別立てで書きたいと思っているのだけど・・・。

 他方、中川氏との路チュー・不倫デートを報じられた自民党の門博文衆院議員は、謝罪コメントを出しただけで、カメラの前にあらわれることすらない。(~_~;)

 実のところ、中川氏は衆院議員だった夫・昭一氏を亡くして、今は独身ゆえ、個人的には誰と恋愛しようと、どこでキスをしようと自由な身。
 門氏の方が妻と娘3人がいることから、不倫行為に当たるわけで。国会議員としてのモラルに問題を呈されるべき立場にあるのだが・・・。

 当の門議員は、あたかも何かの事故に巻き込まれた被害者であるかのような反応を示している感じがあって。mew的には、何だかな~と思ってしまうのだ。

<門博文氏は、ホテル・リゾートの運営会社の社長。二階総務会長の誘いで、12年末、14年末の衆院選で、地元・和歌山から出馬するも、追い風に乗れず連続落選。その後、連続で比例復活を果たしたものの、もともと評価は高くないのかも。^^;>
 
 というわけで、ここには、いかにもしょ~もない感じの門博文氏に関する記事をアップしておくです。(@@)

<俺はこの写真の男じゃないよ。写真にあるようなキスだってしてないんだから」「“ベロベロ”ってやったことはない。この写真にあるようなキスをするのは、俺の価値観じゃ考えられないな」「酒が入っていたらそんなもんちゃう?」向こうも飲んでいたんやろうな」だって。(>_<)>

* * * * *

『 中川郁子農水政務官との不倫キスが報じられた門博文代議士 「俺はこの写真の男じゃない」〈週刊新潮〉

BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 3月21日(土)8時0分配信

 3月5日発売の「週刊新潮」3月12日号にて、先月23日の門(かど)博文代議士(49)との不倫デートからの路上キスが報じられた中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)。報道のあった翌日6日には西新宿の東京医科大学病院のVIPルームへと“入院”してしまった。10日朝、入院先から外出許可を得て衆院農水委員会に出席し、謝罪。地元後援会からも見放され、安倍総理からも「おぞましい」と一刀両断。続投に意欲をみせるも不実なくちづけの代償を払う気はなく、その代償は膨らむばかりだ。

 一方の門議員だが、

「自民党大会前夜の7日、赤坂四川飯店で行われた和歌山県連の会合に門親子の姿もありました。今期で県議を勇退なさる父の三佐博さんは、党大会で表彰されるので上京したのですが、周囲に謝りつづけていました。門議員も“お酒に酔って軽率な行動をしてしまった”とひたすら謝り、お酌をして回っていました」

 会合の出席者のひとりは、そう証言するが、今後に開けているのは茨の道のようだ。元公明党の和歌山本部長、渡邉勲氏が言う。

「統一地方選の公明党の県議候補たちは、門議員から送られた為書きを外し、自民党の県連幹事長に“困っている”と申し入れをしたそうです。公明党では、この手の話は婦人部を中心に嫌がられる。個人票がなく、小選挙区では民主党に敗けている門議員は、公明党に嫌われたらもたないのでは。私人と公人の区別もつかない人間を和歌山1区から国会に送り出してしまい、恥ずかしいという声も多く聞かれます。保守系の人たちも、昨年末の総選挙の際、門議員の事務所にほぼ新人の中川郁子議員の為書きがあるのが、いま思えば不思議だったと話しています」

 父親の三佐博氏は、

「博文は自分で反省せなあかん。それだけや。奥さんも娘も動揺しとるよ。ショックは受けるよな。僕ら親がちゃんと守っとるよ」

 と語るが、門議員は、

「いま起こっている状況を見て、耐えているだけ」

 と言ったうえで、

「こっちは誠意を持って対応したつもりでも、おもしろおかしく表現されるのでお答えできません。こんな結末になって、本当に驚いていますよ」

 と、逆切れするのだ。しかし、キスをする自分の写真に対する「俺はこの写真の男じゃない」という返答のどこに、誠意を見出したらいいのか。

「特集 安倍総理が『おぞましい』 谷垣幹事長は『言語道断』 後援会は『怒髪天を衝く』 未亡人『中川郁子』不実なくちづけの代償」より※「週刊新潮」2015年3月19日号』

:::::::::::: ☆

「風俗はソープランドだけや」 中川政務官と不倫ディープキスの門代議士 呆れた言い訳

 昨年12月の総選挙、北海道11区にて「夫の思いを」「夫が守った十勝を」「夫、昭一の志を受け継いで」そう連呼し当選を果たした中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)。週刊新潮が中川政務官の路上キス現場を押さえたのは西川公也農水相が辞任した2月23日の夕刻。

 むろん、今年、七回忌を迎える夫の遺志を継ごうが継ぐまいが、彼女は今や独身である。相手も独り身なら、キスをしたとて道義的責任を問われる必要はない。だが、相手の男性が、和歌山1区から出馬して比例近畿ブロックで復活当選した、郁子政務官と同期で、かつ同じ二階派の門(かど)博文代議士(49)だった以上、事は穏便にはすまない。彼は小学校教諭の妻との間に、大学3年と高校2年、中学3年の娘がいるのだ。

■路上キスを否定し風俗自慢


 肩を並べ、寄り添うように、人通りの少ない裏通りへ向かう2人。いつしか、手が繋がれている。

 2月28日の晩、23日の路上キスについて門議員に電話で問うてみた。すると、

「その日は事務所の慰労会で、赤坂で飯を食って、そのまま帰ったんちゃうかな。議員宿舎まで歩いて帰りました。写真? それは俺とちゃうやろ」

 埒が明かず、和歌山市内で直接写真を見せたが、

「宿舎の前で俺を見たと言われても、俺はこの写真の男じゃないよ。写真にあるようなキスだってしてないんだから」

 そう否定して、続けた。

「中川さんと2人で会食する機会は、2年間で数度あったと思うけど、今週は会ってない。中高の同級生の妻には、これからもよろしくと思っています。もっとも、今まで妻一筋かと言うと、そうとは言えんな。男やからな。風俗はソープランドだけや。十数回行ったかな。全国でも1、2を争う店があって、熊本のブルーシャトウな。3回行ったよ。吉原も行ったけど、議員になってからはない」

 家族が聞いたら卒倒しそうな風俗自慢はもういいから、郁子政務官との関係を聞かせてもらえないか。

■守備範囲は-3から+1と豪語

「中川さんはお綺麗ですけど、俺の7歳上でしょ。女性の年齢はプラマイ1くらいがいいんちゃうかな。下はマイナス3まで、上はプラス1を死守したいね。年上の人に性的な魅力は、そりゃ感じないやろな」

 自分で「若い」と訴える郁子政務官に向けて、ずいぶん失礼なことを言う。

「クラブのホステスにキスしたことはあるけど、“チュッ”って感じで、“ベロベロ”ってやったことはない。この写真にあるようなキスをするのは、俺の価値観じゃ考えられないな」

■酒が入っていたらそんなもんちゃう?

 ところが門議員の父の和歌山県議、門三佐博氏や事務所にいた秘書に写真を見せると、あっさり写真に写っている男性は門議員だと認めた。

 再度3月1日の晩、和歌山の自宅に門議員を訪ねると、

「昨日は写真を見せられて、僕も困惑してしまった。自分の記憶を辿り直すと、2月23日は、お酒を飲んだ気のゆるみで軽率なことをしてしまい、反省します。ただ、あの写真以上の関係ではなく、交際もしていない。2月7日に北海道で会ったときのお礼がまだだったので、“軽く一杯”という話になったんです」

 だが、交際もしていない2人が、店にも入らないうちにディープキスをするものだろうか。

「酒が入っていたらそんなもんちゃう? 向こうも飲んでいたんやろうな。俺も飲んでいたし。別れ際もキス? 記憶としてはあまりわかんない」

 これが、好きな言葉は「至誠」だと語る門センセイの回答である。

「特集 『中川昭一』の面影消えて『年下代議士』に遊ばれる未亡人 『農水相辞任』当夜にくちづけした『中川郁子』農水政務官の不倫現場」より』


                        THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-03-21 12:43 | (再び)安倍政権について | Trackback

中川妻が、政務官続投。待機中に酒飲み、不倫路チューは閣僚失格!

  これは3月12日、2本めのmewにしては短めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 当ブログでは、「安倍内閣の閣僚を辞任させて、安倍政権を打倒するぞ!」キャンペーンを展開中!o(^-^)o

 安倍内閣の現旧閣僚は、「政治とカネ」+αの問題がいっぱい。(@@)

 mew的に今、最も辞任に追い込みたいのは、安倍盟友の超保守派・下村博文文科大臣なのだけど。
 そこに「不倫路チュー」の写真を撮られて、いわば飛んで火に入って来ちゃったのが、こちらも安倍盟友だった故・中川昭一氏の妻・中川郁子農水政務官だ。(++)

<関連記事・『下村がウソ答弁を修正も土俵際+安倍盟友の中川妻に不倫チュー報道』『自民党大会でChooChooTって+国民は自衛隊の海外派兵を望んでいない』>

* * * * *

 ここはきちんと認識しておいて欲しいところなのだけど。中川氏の「不倫路チュー」の件は、単に閣僚や国会議員としてのモラルがどうのという問題にとどまらないのだ。(@@)

 中川氏が同僚の妻子ある議員と六本木で落ち合って、デート&キスをしていたのは2月23日。
 この日、夕方5時過ぎに西川公也農水大臣が、突然、官邸に辞表を提出。官邸がすぐに林芳文氏を後任に任命して、急遽、農水省のTOPである大臣の交代が行なわれることになったわけで。農水省は大変な状況にあったのだ。(~_~;)

 ところが、そんな大事な時に、農水政務官である中川氏は5時に退庁したのだとか。(・o・)
 ただし、事務方からは、都内に待機するように指示されていたという。それは当然にして、何か用事や問題があったら、すぐに連絡をとり、必要があれば省庁に戻るためであって。中川氏は、自分が公務の延長戦上にあることを認識しておくことが求められていたのだ。(-"-)
 
 果たして中川氏は、まず地元の支援者の会合に出席して、本人が言うには、酒が弱いにもかかかわらず、そこで飲酒をしたとのこと。 (゚Д゚)
 その後、自民党の同僚議員で、妻子ある門博文氏と六本木で待ち合わせして、手つなぎデート&路チューしているところを写真に撮られたわけで。どう見ても、政務官として失格なのである。(ーー)

* * * * *

 中川郁子氏は、先週、週刊誌が出たのを受けて、国会を欠席。抑うつ状態に陥って、約2週間の加療が必要だとして入院(病院に雲隠れ?)し、安倍官邸は、中川氏を交代させることに決めたと報じられていたのだけど。(~_~;)

 ところが、今週になって菅官房長官が、中川氏の辞任を否定。中川氏は入院中の身ながら、10日から公務に復帰し、国会にも出席したのには、チョット驚いたところがあった。(・o・)

<あとこれはあくまでも個人的な感想だけど。こういう時に、委員会にオレンジのブラウスを着て来たにも驚いた。^^;>

 実はmewは、何故、この時点で中川氏のスキャンダルを、保守・自民党系と言われる週刊新潮が出したのかとか。安倍政権批判を自粛するTVワイドショーが、一斉に中川氏の路チュー問題を大きく取り上げたのか、何故、あえて中川氏を続投させるのかなどなど、チョット引っかかっているところもあるのだけど・・・。

<西川、中川、門氏らは二階派所属。安倍官邸は、近時、中韓との外交関係で発言権が増している二階氏を押さえ込みたいところ。
 続投に関しては、辞任ドミノの回避か。もしかしたら、下村文科大臣の問題から目をそらすために、中川氏を続投させることにしたなんて邪推もありかと思うけど。>
 
『安倍晋三首相は10日、自民党の同僚議員との不適切な交友関係が報じられた中川郁子(ゆうこ)農林水産政務官(56)=衆院道11区=が公務を続ける意向を表明したことを受け、中川氏を続投させることを決めた。国会審議や農林水産行政への影響を考慮し、政務官交代の方針を固めていたが、中川氏の体調が回復してきたことや自民党内の一部に交代に対する反発があることなどを踏まえ、方針を転換した。(中略)
 
 首相は当初、政務官交代の方針を固め、後任人事の調整を指示。一方、中川氏が所属する自民党の派閥「二階派」の二階俊博総務会長らが交代に異論を唱え、続投を首相周辺に働き掛けていた。(北海道新聞15年3月11日)』

『中川郁子農林水産政務官は10日昼、週刊誌で不適切な交際が報じられたことに関し、衆院農水委員会で「軽率な行動でご迷惑をお掛けしている。深くおわび申し上げる」と陳謝するとともに、続投の意向を表明した。安倍政権は、閣僚らの政治資金問題が相次ぐ中で身を引かせれば「辞任の連鎖が、閣内でさらに広がりかねない」(政府関係者)と警戒し、職にとどめることにしたとみられる。(スポニチ15年3月10日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『中川氏が公の場に姿を見せたのは、報道を受けて5日に東京都内の病院に入院して以降初めて。自民党の佐藤勉国対委員長は10日に中川氏と国会内で会い、「内閣の一員として自覚を持ってほしい」と苦言を呈した。菅義偉官房長官は記者会見で「今後、誤解を受けることのないように、自らを律しながら職責を果たしてほしい」と述べた。

 政権幹部は8日に対応を協議し、中川氏に政務官を続けさせる方針を確認した。2月23日に政治資金問題で西川公也氏が農相を辞任したばかり。中川氏も辞めれば、態勢立て直しが一段と難しくなるとも考えたようだ。
 西川、中川両氏はともに自民党の二階派所属。西川氏に続く交代を避けたかった二階俊博総務会長が、周囲に「辞任の必要はない」と強く主張していたことも、首相官邸を中心とした政権の判断に影響したとされる。

 だが、自民党幹部は「中川氏の問題が長引けば内閣支持率に響く」との懸念を漏らす。安倍晋三首相が強い意欲を示す農協改革の関連法案は農水委員会で審議される。野党が中川氏への追及を強めれば、法案審議が停滞する事態も否めない。この幹部は「続投が吉と出るか凶と出るかは分からない。ただ本人が『続ける』と言っている以上は支えるしかない」と語った。(スポニチ15年3月10日)』

* * * * *

 予算委員会では、民主党議員から色々質問されたものの、黙りこくったり、しどろもどろになったりするケースもあり、きちんとした説明にならず。<もしかしてチョット薬などの影響があるのか(酔っ払っているみたいな)と思わせるような感じの話し方をしたり、視線が定まらず、ぽ~っとしちゃったりすることも。^^;>
 林農水大臣の認証式が行なわれており、自らも公務の待機中であるにもかかわらず、飲酒をしたり、路チューをしたりしていたことに関して、中川氏を正当化する材料は何もないように思われる。(~_~;)

<中川氏は、『衆議院予算委員会の分科会で、問題の夜に同僚議員と会う前、支援者との会合で酒を飲んでいたことを明らかにした。その上で、「事務方と連絡が取れる態勢になっていた」と述べ、危機管理上、問題はなかったとの認識を示した』のだが。(NNN15年3月11日)
 連絡さえとれればいいってもんじゃないし。お酒が弱いなら尚更、飲酒すべきじゃないよね。(`´)>

『西川公也前農相が辞任した先月23日、既婚の同僚議員との「不倫路上キス」写真を週刊誌に撮られた中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)が10日、衆院予算委員会第6分科会で答弁に立った。民主党議員に「不謹慎と思わなかったのか」と指摘されると「本当にその通りと思う」と認め、しどろもどろになりながら「問題の一夜」を釈明した。

 当日は午後9時まで支援者との酒席に出た後、お相手の自民党、門博文衆院議員(49)に会ったと説明。「私はお酒が弱く、たくさん飲んだつもりはない」とした上で、「軽率な行動で門議員の奥さんやご家族に大変不快な思いをさせ、誠に申し訳ない」と謝罪。仕事場の政務官室で、門議員と「密会」したとの報道には「(政務官室で)2人きりで会うことはない」と否定した。

 しかし、質疑が進むうち、答えに詰まり、黙り込む場面が増えた。事務方が6回もメモを差し入れて助けたが、消え入りそうな声で、要領を得ない発言もあった。中川氏は、不倫問題が表面化した今月4日から入院。この日の答弁後も、都内の病院に戻ったという。

 与党の一部には辞任論もあったが、中川氏は分科会に先立つ衆院農水委員会で政務官続投を表明。ただ野党の追及が強まれば「あの答弁ではもたない」(野党関係者)の声もある。この日質問した民主党の後藤祐一議員も、中川氏の資質について「政策の質問も用意したが答弁が苦しそうなので控えた。農水省としての考えを説明できないなら、お辞めになるべき」と指摘した。

 昨年、政治資金問題で経産相を辞職した小渕優子氏と中川氏の名前は、同じ。永田町では「安倍政権に『ゆうこ』は鬼門か」(関係者)との声も聞かれた。(日刊スポーツ15年3月11日)』


『同委員会後、エレベーターに乗ろうとするところを報道陣が取り囲むと「食に関わる官庁ですので、国民のみなさますべてにご不安を与えてしまったと思います」とか細い声で話した。路チューが食にどんな影響を与えるのか不明だが、とにかく謝罪を繰り返した。(中略)
 突っ込みどころは中川氏の国会答弁だ。路チューの事実を週刊新潮に突きつけられた際、中川氏は「私はもっと美人」と自分ではないと否定。その後、認めるも「宇宙の摂理」に原因を求めた。意味不明(イミフ)な言動に不安があるわけだ。(東スポ15年3月11日)』

* * * * *

 mewは、中川氏が今後、国会での追及や世間の批判をかわして、続投することは難しいのではないかな~と思っているし。
 逆に、もしこのまま続投させるとしたら、安倍官邸は国民をよっぽナメているのではないかと怒っていいのではないかと思うのだけど。安倍政権が始まってからは、それも全てはメディア(特にTV)が国民にどう伝えるか、国民がそれにどう反応するか次第というのが実情だ。(-"-)

 ただ、もしかしたら安倍首相or菅官房長官は、ここで中川続投という判断ミスを犯したかも知れず。その小さなほころびからでも、安倍政権を崩して行きたいと意欲に燃えているmewなのだった。(@@)

                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-03-12 11:56 | (再び)安倍政権について | Trackback

自民党大会でChooChooTって+国民は自衛隊の海外派兵を望んでいない

  これは3月10日、2本めの(mew的には)短めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【テニスのデ杯、日本は残念ながらカナダに負けて、入れ替え戦出場に。早くもう一人、50位以内の選手を育てたいところ。ただ、錦織が6位のラオニッチにまたまたフルセットの接戦ながらも、肝心なポイント、ゲームをしっかりとって勝利したことは評価したい。"^_^"
 フィギュアの世界ジュニア選手権で、男子は宇野昌磨が羽生以来、5年ぶりに優勝。3位に、mewごヒイキの中学生・山本草太。女子も中学生・樋口新葉が3位になり、5大会ぶりの表彰台。若い選手がどんどん育っていてうれしいです。(^^♪】

 昨日、一つ、嬉しいニュースがあった。NHKの3月の世論調査で、安倍内閣の支持率が50%を割ったらしい。 (^ー^)

『安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より8ポイント下がって46%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、8ポイント上がって37%でした。』(@@)motto sagare!

先週末には、内閣府が自衛隊の印象に関する世論調査を発表したのだが・・・。

 安倍首相は、「積極的平和主義」をアピール。1日も早く海外に自衛隊を派遣して、戦闘行為を含む様々な活動を行わせることを目指して、集団的自衛権の行使を含む安保法制の整備に力を入れているのだけど。

 でも、どうやら国民の方は、周辺諸国の脅威に不安を抱き、国や国民を守ることは望んでいるものの、海外に自衛隊を派遣して積極的に活動することは、さほど望んでいないようだ。(**)

 内閣府は、この調査結果をちゃんと官邸に届けて、安倍首相に「国民は積極的平和主義なんか評価していないぞ」と伝えて欲しいです。(・・)

* * * * *

『内閣府が7日発表した「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」によると、自衛隊による国連平和維持活動(PKO)や国際緊急援助活動について「現状の取り組みを維持すべきだ」と答えた人は2012年の前回調査から4.1ポイント増え、65.4%となった。
 「これまで以上に積極的に取り組むべきだ」との回答は2.2ポイント減の25.9%。安倍政権が積極的平和主義を掲げる中、国際平和協力分野での活動拡大に慎重な意見が増えた。 
 
 自衛隊の防衛力に関して聞いたところ、「増強した方がよい」は前回比5.1ポイント増の29.9%、「今の程度でよい」は同0.8ポイント減の59.2%だった。日本が戦争に巻き込まれる危険があると思う人は同3.2ポイント増え75.5%。その理由(複数回答)は「国際的な緊張や対立があるから」が8割超を占めた。

 日本の平和と安全の面から関心を持っていること(同)では「中国の軍事力の近代化や海洋における活動」が60.5%と最も多く、前回より14.5ポイントの急増。このほか、「朝鮮半島情勢」52.7%(前回比12.2ポイント減)、「国際テロ組織の活動」42.6%(同12.3ポイント増)が上位を占めた。

 自衛隊について「良い印象」と答えた人は92.2%と、前回と比べて0.5ポイントの微増ながら過去最高となった。日米安全保障条約が日本の平和と安全に「役立っている」と考えている人も、同1.7ポイント増の82.9%で過去最高を更新した。

 自衛隊が今後力を入れていくのが望ましい分野(複数回答)は「災害派遣」72.3%がトップ。以下、「国の安全の確保」69.9%、「国内の治安維持」48.8%、「国際平和協力活動への取り組み」35.7%と続いた。

 調査は1月8~18日、全国の成人男女3000人を対象に個別面接方式で実施し、有効回収率は56.0%。(時事通信15年3月7日)』

* * * * *

 NHKの世論調査によれば・・・

『集団的自衛権の行使を可能にするための法律の整備を進めるという、安倍内閣の方針に賛成かどうか尋ねたところ、「賛成」が22%、「反対」が38%、「どちらともいえない」が34%でした。

政府・与党が進めている、安全保障に関する法案を今の国会に提出するための議論の内容を、どの程度知っているか聞いたところ、「よく知っている」が4%、「ある程度知っている」が39%、「あまり知らない」が42%、「全く知らない」が10%でした。』

 ってか、国民も海外派兵を望んでいないなら、アブナイ安保法制に対して、しっかりNOと言おうよ!(@@)

 早くしないと、日本は本当に海外に自衛隊を出して、戦争したり、戦争をアシストするような本当にアブナイ国になっちゃうんだよ。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は変わって。中川郁子農水政務次官の話を・・・。

(関連記事『下村がウソ答弁を修正も土俵際+安倍盟友の中川妻に不倫チュー報道』『下村が辞意も安倍が慰留か。お友達内閣を倒すべし!+中川妻の化けの皮』)

 自民党が8日に党大会を行なったのだが。何とゲストで登場した歌手の中西圭三さんが、中川妻の不倫路チュー問題が騒がれている中、何と思いっきり「Choo Choo TRAIN(チューチュートレイン)を歌ちゃったとか。(^_^;)
<そうそう。あれって中西圭三が作曲したんだよね。センスがいいっす。(・・)>

【今回もMore部分*1に、『政務官室で20回超「密会」か 路チュー不倫の中川氏に新疑惑』を載せておくけど。かつて自民党では、今は憲法改正に燃えている船田元氏と畑恵氏の「政界失楽園」が大きな話題になったことがあったけど。中川氏の場合は、何か国会議員の自覚ゼロと思われるようなおいおいって話がアレコレ出ていて、マジにあきれてしまうです。(~_~;)】

 でもって、当の中川郁子氏は、先週、そのスキャンダルが雑誌に出た途端、抑うつ状態になったとして入院してしまい、国会も欠席したのであるが。
 先週の段階では、は2週間、療養が必要だとか言っていたんだけど。もう状態が回復したとかで、10日から仕事に復帰するとのこと。

 しかも、先週末には、官邸は中川氏を交代させることを検討していたのだが。結局、そのまま政務官を続投させることに決めたという。(・o・)

* * * * *

『自民党の党大会が8日に都内で行われ、歌手の中西圭三(50)が「チューチュートレイン」を熱唱した。関係者の誰もが思い浮かべたのが、週刊新潮に不倫路上キスをすっぱ抜かれた中川郁子農水政務官(56)と門博文衆院議員(49)だ。歌詞と関係ないとはいえ、路チューを連想せずにはいられない。渦中の中川氏は入院しただけでなく、このまま辞任の様相。政治スキャンダルは政治とカネから男と女へチェンジしていきそうだ。

「女性の活躍」を掲げる自民党がゲストに招いたのは「Woman」が代表曲の中西だった。しかし、持ち歌はそれだけではない。1991年に発表され、エグザイルがカバーしたことでも有名なZOOのヒット作「Choo Choo TRAIN(チューチュートレイン)」もまた、中西が作曲した代表曲だった。
「チュー――」を1曲目に歌った中西は、「音楽はハーモニーで成り立っている調和の世界。こういう世の中が続いてほしいので、よろしくお願いします」とあいさつ。続けて、「Woman」「次の夢」を熱唱した。

 中西の美声に聞きほれる一方で、会場の関係者が頭に浮かべたのは路チューコンビの2人。7日付本紙で「まさか“チューチュートレイン”とは…。自覚が足りな過ぎる」との野党関係者のあきれる声を紹介したが、そのまさかだ。永田町関係者は「2人とも党大会には来ていないようだ」と話し、残念ながら?2人が「チュー――」を間近で聞くことはかなわなかったようだ。

 現在、中川氏は入院が伝えられている。それだけではない。公式ホームページは削除され閲覧できない状態になっている。一方の門氏の公式ホームページにも異変が起きている。不倫報道前にあったプロフィル欄の一部の家族構成や趣味などが確認できないようになってしまった。さらに、公式ツイッターも非公開になった。
「ホームページやツイッターの情報から、2人がいつ会っていたか探られるのが嫌なのではないか。お互いの地元を行き来していたようだし」と自民党関係者。問題は中川氏が農水政務官を更迭されそうなことだ。

 政府関係者は「政治とカネ疑惑で補助金を受けた企業からの献金が問題視されていますが、これで辞任する閣僚はいないでしょう。下村(博文)文科相のケースは若干違いますが、まだ粘っています。でも、不倫報道の中川氏は即入院してしまい、交代になりそう。政治とカネよりもインパクトが大きかった」と指摘する。
 別の政府関係者は「中川氏の続報はないみたいですが、安倍首相に近い人物にも愛人疑惑があると聞きました。この手のスキャンダルが続くと頭が痛い」と嘆息する。政治とカネから男と女のスキャンダルが増えていきそうだ。(東スポ15年3月9日)』

『政府は9日、自民党の門博文衆院議員との路上キス写真が週刊誌で報じられた中川郁子農林水産政務官を続投させる方針を固めた。自民党幹部らが明らかにした。中川氏は体調不良を理由に5日から入院していたが、10日の衆院の農水委員会と予算委員会分科会に出席し、公務に復帰する方向で調整している。

 中川氏をめぐっては、西川公也前農水相が辞任した2月23日夜のことだったことなどから、民主党など野党が厳しく追及する姿勢をみせていた。このため、平成27年度予算案の国会審議に影響が出るとして、一時は中川氏の交代論も出ていた。政権幹部は9日、「農水委に出るだろう。中川氏本人はやる気だ」と指摘。政府高官も「辞めさせるような類いの話ではない」と強調した。(産経新聞15年3月10日)』

* * * * *

 そして、おカネや行動のモラルがない上、国民をナメ切って、きちんと対応や責任をとろうとしない安倍政権に、早く「NO!」を突きつけて欲しいと、改めて大きな声で訴えたいmewなのだった。(@@)
                        THANKS



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2015-03-10 12:44 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

下村が辞意も安倍が慰留か。お友達内閣を倒すべし!+中川妻の化けの皮

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 この記事では、『下村がウソ答弁を修正も土俵際+安倍盟友の中川妻に不倫チュー報道』の続報を・・・。

<あんま政治家の不倫スキャンダルをブログに載せるのは気が進まないので、中川郁子氏の記事『【不倫路チュー】故中川昭一氏の妻の“化けの皮"』は、本文記事ではなく、More部分*1にアップしておくです。^^;>

 さて、「下村を辞任に追い込んで、安倍政権を打倒しよう!」キャンペーンを張っているmewに、知人から、「博文(ハクブン)が辞意をもらしていたらしいぞ~」というタレコミ(?)が。(@@)

 先週6日の西日本新聞に、下村文科大臣が一時、辞意を漏らしたものの、安倍首相が「辞めちゃ駄目だ」と強く慰留したという記事が出ていたというのだ。(~_~;)

『下村文科相辞意漏らす? 首相慰留「辞めちゃ駄目だ」、献金問題

 支援組織の任意団体「博友会」をめぐる献金問題で厳しい追及を受ける下村博文文部科学相。3日、一時辞意を漏らし、夜の首相公邸で安倍晋三首相が「辞めちゃ駄目だ」と強く慰留した-。複数の政府、自民党関係者がこう証言した。
 順調に推移した第2次政権だが、昨年10月に小渕優子前経済産業相、松島みどり前法相がダブル辞任。第3次政権でも今年2月に西川公也前農相も辞任した。下村氏が辞任に追い込まれれば4人目だ。

 第1次政権では閣僚4人が「ドミノ倒し」のように次々と辞任し、首相は在任わずか1年での退陣を余儀なくされた。首相の脳裏には今、同じ悪夢がよぎる。4人目の辞任となれば、政権は危険水域に突入する。
 しかも、これまでの3閣僚と比べ、下村氏は第1次政権で官房副長官を務め、思想的にも首相に近い長年の「盟友」。政権への影響も格段に大きい。
 「首相は下村氏を絶対辞めさせない」。自民党関係者の一人はこう断言する。

      ■

 「今後、下村大臣が中心となって提言の着実な実行に着手していただきたい」
 4日夕の首相官邸。教育再生実行会議の第6次提言をまとめた会合のあいさつで、首相は下村氏を前にわざわざ名前を出して、続投を強調した。辞任観測が広がり始めた永田町に向け、強いメッセージを示したといえる。
 しかし、全国に六つある「博友会」のうち、「中部博友会」や「近畿博友会」で内部告発の動きが広がる。いずれも収支報告を義務付けられた政治資金団体ではないが、関係者は献金や政治団体としての実態を訴える。

 首相の慰留を受け入れた下村氏だが、5日の衆院予算委員会でも野党の厳しい追及にさらされ続けた。民主党の大西健介議員は、「中部博友会」元幹部が講演料を下村氏に渡したと証言したことを取り上げ、事実関係をただした。事実なら、2月27日の予算委で「講演料は(受け取って)ない」とした下村氏の答弁は否定される。
 下村氏は「(元幹部の)勘違いじゃないか。講演料は受け取っていない」とあらためて明言。政務秘書官が「博友会」関係者に、「大臣が申している」として報道機関の取材の拒否を求めるメールを送っていたことも、「私の指示ではない」と関与を否定した。

      ■

 4人目の閣僚辞任がいつ出てもおかしくない状況ながら、自民党内で政権批判は一切表面化していない。
 西川氏の辞任後も内閣の支持率は落ちない。首相に対抗できる人物も党内に見当たらない。首相の「1強」が、政権の危機を救っているといえる。
 さらに「政治とカネ」の問題は野党にも飛び火。ある政府高官は「政権批判が高まりかねない状況だったが、どっちもどっちとなって、法制度の問題にすり替わった」と語る。
 政権の危機管理を一手に担う菅義偉官房長官は下村氏の問題発覚後も「違法性はなく、全く問題ない」と強気を崩さない。

 だが、下村氏辞任で支持率が急落する事態となれば、「反安倍の動きが必ず出てくる。9月の党総裁選も無風とは言えなくなる」と自民党関係者は読む。
 政府高官の一人も「下村氏は数々の疑惑を否定しているが、それが虚偽だと反証されると厳しい。いろいろ(疑惑が)出てくると状況が違ってくる」と語る。
 下村氏は持ちこたえられるのか-。首相官邸は事態の推移を固唾(かたず)をのんで見守る。民主党幹部は「下村氏が辞めるまで、国会でたたき続ける」と言い切った。
=2015/03/06付 西日本新聞朝刊=』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、日刊ゲンダイ3日には『安倍内閣に亀裂…下村大臣ら醜聞続きで“内紛バトル”鮮明に』という記事が出ていたのだが。
 mewも、安倍首相は、菅官房長官と下村大臣や他の超保守派の閣僚、側近の板ばさみになっているのではないかと思うし。実のところ、下村大臣が辞任に追い込まれた場合、それを機に安倍官邸がガタガタになることを望んでいるところがあるのだ。(@@)

* * * * *

 先日の記事と話が重なってしまう部分があるのだが、下村大臣に関して言えば・・・。安倍首相が下村氏を強く慰留しているのは、以前から書いているように、下村氏が若手の頃から一緒に活動して来た超保守仲間であるということが大きい。(・・)

 もともと学習塾を経営しており、教育畑から政界にはいって来た(塾・教育業界を利用して、政界にはいって来た?)下村氏は、特に超保守的な教育の分野に詳しくて、安倍氏にサッチャーの歴史修正主義などについて教えたことも。

 彼らは、日本でも学校の教育内容を改変して、彼らの思想や歴史認識に基づいた戦前に近い教育を実現することを目標にして来て。今、安倍氏が首相、下村氏が文科大臣という地位を得て、まさにそれを実行に移そうとしているわけで。ここでストップをかけることはできないという思いが強いのである。(-"-)

<戦前の教育勅語のような道徳教育、天皇敬愛&愛国心の教育。先の戦争を正当化する歴史、公民教育を行ない、天皇とそのお国に奉仕する国民を育てることが目標。
 安倍首相は、そのために前政権で教育基本法を改正。また今政権まで長い時間をかけて、学習指導要領や教科書検定制度の改変、教育委員会の権限強化、保守的な内容のつくる会系の教科書の普及活動などなどを行なって来たのよね。(>_<)>

* * * * *

 また、安倍内閣の閣僚の大半は、国内最大の超保守団体・日本会議のメンバーだし。その多くは、安倍氏が率いる超保守議連「創生日本」のメンバーでもあるのだが。
 下村氏の場合は、安倍氏と1954年生まれの同じ年で、当選回数も7,8回と1回しか違わない上、安倍氏は、下村氏が早くに父親をなくして苦労している分、下村氏を信頼しているところがある。(++)

<安倍氏は、以前から仲良くして来た&自分を支えてくれたお友達にはと~っても情が厚いし。また、家庭の事情で経済的に苦労して、自力で上昇して来た人(自分にないものを持っている人?)にある種の憧れや力強さを覚えるのか、尊重、信頼する傾向にある。^^;>

 安倍氏は、同じく若い頃から苦労して来た官房長官の菅義偉氏も信頼しているのだけど。菅氏は、安倍氏らのように超保守思想にはつかっておらず、国政においても現実的に物事をとらえ、対応する部分が大きい。
 それゆえ、官邸の仕切り役である官房長官には適任なのだけど。政権や国政の安定を考えて、や時に安倍氏&仲間たちの超保守的な言動をおさえようとするため、両者の間に溝や摩擦が生じる機会が増えているようなのだ。(-_-;)

<13年末に安倍首相が靖国参拝を強行した際も、官邸の超保守仲間は後押ししていたけど菅官房長官は最後まで反対していたし。今は、おそらく70年談話の中身をどうするかで、水面下で激しい攻防が繰り広げられれているのではないかと察するです。^^;>

 そして、お友達に対する情が厚い上、超保守仲間から少しでも安倍カラー政策の実現を求められている安倍首相にしてみれば、下村氏が閣僚としてそばにいてくれた方が心強いし。何より下村氏を切るのはしのびないのである。(ノ_-。)

* * * * *

 ちなみに前記事『またSMバー支出も?~塩崎の不正献金疑惑&岸の夜のクラブ活動』には、安倍氏のお友達の塩崎厚労大臣の話を書いたのだけど・・・。
 今回の内閣は、前回よりも個人的にも近しいお友達が増えたので、官邸内外のバトルはますます激しくなっているおそれがある。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『安倍内閣に亀裂…下村大臣ら醜聞続きで“内紛バトル”鮮明に

 西川農相、下村文科相、望月環境相、上川法相――と、閣僚の「政治とカネ」が次々に発覚し、防戦に追われている安倍内閣。安倍首相の体調も悪化しているらしい。とうとう、閣僚同士のバトルも勃発している。

■菅官房長官vs2大臣

 就任したばかりの林芳正農相にまで疑惑が浮上している。政治資金規正法は、「同一の者から150万円を超えて政治資金パーティーの対価の支払いを受けてはならない」と定めているが、林農相の資金管理団体「林芳正を支える会」は、実質的にひとつの企業から200万円のパーティー券を購入してもらっていた疑惑が指摘されている。まさに、総汚染の状態だ。

 さらに、下村文科相の“違法献金”をスクープした「週刊文春」が、次号で決定的なスキャンダルを報じるといわれている。週内に下村大臣の辞任があってもおかしくない。

 窮地に陥ったことで、とうとう閣内に亀裂が入りはじめている。

「危機管理を一人で担っている菅義偉官房長官は、内閣を守るために、イザとなったら下村文科相を切るつもりです。小渕経産相、松島法相、西川農相に引導を渡したのも菅官房長官です。でも、下村文科相は、菅長官のやり方が気に入らない。もともと“安倍総理に近いのは、菅よりも自分だ”という気持ちが強いからなおさらです。菅長官への不満を周囲に漏らし、辞任を迫られても“法に抵触していない”と突っぱねるつもりらしく、悶着は必至です」(官邸事情通)

■“お友達”の弊害が露呈

 塩崎厚労相vs菅官房長官のケンカも勃発している。原因は、130兆円の年金を運用する「GPIF」をめぐる対立だ。人望がなく「これは総理の了承を得ていますから」と暴走する塩崎大臣に対して、珍しく菅長官が「いい加減にしろ。言ったとおりにやれって言っているだろ!」とブチ切れたという話が伝わっている。塩崎厚労相も、「俺の方が安倍首相に近い」という気持ちが強いという。

 「能力を重視した適材適所ではなく、“お友達”で組閣した弊害が一気に噴き出している格好です。とくに下村文科相と塩崎厚労相の2人は、首相にとってお友達の中のお友達。仲良しを集めた組織は、好調な時は勢いに乗りやすいが、落ち目になるともろい。“政治とカネ”をきっかけに一気に瓦解する可能性が高まっています」(政界関係者)

 第1次政権は“お友達”の足の引っ張り合いで官邸が崩壊した。あの時の再現がはじまっている。(日刊ゲンダイ15年3月3日)』

* * * * *

 政府自民党や一部メディアが、野党の「政治とカネ」の追及が、国会の予算審議の停滞をもたらすと批判。加えて、民主党の岡田代表にも問題が疑われる献金があった(本人は違法性を否定)ことが判明したこともあり、この週末、いくつかの新聞に、民主党幹部が自民党に「政治とカネ」の問題で「休戦」や「手打ち」を申し入れたという内容の記事が出ていたのだけど。
 さすがに民主党も、下村大臣の追及は辞めるつもりがない様子。

『「これでやめにしましょう」。自民党関係者によると、民主党幹部から3日朝、電話で「休戦」の申し入れがあったという。実際、この後に予算委で質疑に立った枝野幸男幹事長は首相の問題をほとんど追及せず、交付決定から1年以内に献金した企業側の罰則を重くするなどの制度改正を提唱した。
 ただ、民主党は下村博文文部科学相の献金問題については「別物だ」(幹部)として引き続き国会で取り上げる構えだ。下村氏は3日の委員会で、自身が代表を務める自民党支部が反社会勢力との関係が指摘された元塾経営の男性から10万円の献金を受けていたことなどを認め、事実関係を否定した先週の答弁を訂正。自民党からも「新たな疑惑が出てくればまずい」との見方が出ている。(時事通信15年3月7日)』

 これから政府与党、保守系メディアが、何とか安倍内閣を守ろうとの野党への攻撃を強めるであろう中、民主党+αの野党が下村大臣の問題をしっかりと追及し続けられるか、辞任まで追い込めるかは、国民の後押しにかかっているようなところがあるわけで。

 「毎日のように、何をしつこく書いているの?」と思う人もいるかも知れないけど。ひとりでも多くの人の関心を呼びたいと思って、近時は、日々、下村大臣らのネタをアップしているmewなのだった。(@@)

 p.s. 本当は、国民がもっとアブナイ安保法制とか、経済・社会政策、教育政策などに関心を持って、「安倍内閣にNO!」と言ってくれるといいんだけど。1日も早く安倍政権を打倒しないと、マジで日本がアブナイので、活用できるものは何でも活用するのだ。 (^ー^)
 
                      THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2015-03-09 06:04 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)

下村がウソ答弁を修正も土俵際+安倍盟友の中川妻に不倫チュー報道

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


「下村を辞任に追い込んで、安倍政権を打倒しよう!」キャンペーンを張っているmewとしては、今回も『会員が下村のウソを暴露。国会での説明も苦しく、辞任まであと一押しか。』の続報から・・・。(・・)

 下村博文大臣がついに、地方の博友会の年会費を、自分の政党支部の寄付金にしていたことを認めた。しかも、その額は2014年だけで約600万円にのぼるという。 (゚Д゚)
 
 下村氏は、あれだけ地方の博友会は政治団体じゃないので「事務所は一切関与していない」「献金は全くもらっていない」と国会で断言。
 個人献金を行なった会員の要望に応じて、年会費と記した領収書を発行したケースがあったが、勝手に寄付金として処理したり、年会費名目で領収書を発行したりしたことはないと主張していた。^^;

『下村氏は任意団体だと重ねて強調。それぞれの団体が開く会合に関して「政治目的はなく、政治資金を集めることもない」と指摘。「私も事務所も財政面を含め、具体的運営にタッチしていない」と述べた。
 下村氏は、自身が代表を務める自民党支部が地方在住者からの個人献金に対して、「年会費」名目の領収書を発行していたと明らかにした。その上で「寄付のお願いは(地方の)博友会の人にも行っている。相手の要望に応じ、『年会費』と記載したことがあった」と述べた。現在、そうした対応はしていないとも説明した。(中略)

 二十六日発売の週刊文春(三月五日号)は、地方の博友会からの寄付が下村氏の自民党政党支部の収支報告書に記載されていないなどと報道。下村氏は予算委で、週刊誌報道について「事実と違う虚偽報道。誹謗(ひぼう)中傷で強い憤りを持っている」と反論した。 (東京新聞15年2月26日)』

* * * * *

 ところが、昨日、名古屋で博友会の会員が記者会見を開き、自分が依頼したわけでもないのに、年会費が下村氏の政党支部の寄付金として扱われていたことや、同支部が発行した年会費名目の寄付金の領収書を公表したことから、もはや言い逃れができなくなったと考えた様子。
 昨日は、新しい経理担当者がミスで、誤って「年会費」名目で領収書を出したケースが81件、計約600万円分あったと説明した。(@@)

『民主党の柚木道義氏は6日の衆院予算委員会で、下村博文文部科学相が代表を務める政党支部に、下村氏を支持する任意団体の会費が流れ、献金として処理されていたと指摘した。下村氏は会費として処理されていた献金は599万円だったと明らかにした上で、「不適切だった」としてこうした処理はやめさせたと釈明した。

 献金は2014年分の81件。下村氏の事務所のスタッフが任意団体の会員に領収証を発行し、ただし書きに「年会費」と記載していた。柚木氏は年会費を支払った会員の了解を得ずに、政党支部に献金されているのはおかしいなどと批判した。(時事通信15年3月6日)』


『下村博文・文部科学相が代表の自民党支部が、政治団体の届け出をしていない地方の支援組織「博友会」会員の会費を、寄付金にしていたと指摘された問題について、下村氏は6日、衆院予算委員会で、経理担当者のミスであり、実態は「寄付としてお願いしたものだった」と述べた。

 下村氏は調査の結果、「自民党東京都第11選挙区支部」が2014年に、塾や教育関係者らでつくる地方の博友会の関係者からの寄付に対し、誤って「年会費」名目で領収書を出したケースが81件、計約600万円分あったと説明した。

 6日の予算委で柚木道義氏(民主)は、下村氏側が故意に個人の会費を寄付に計上したのではないかと質問した。下村氏は「新しい経理担当者が先方の要望を受けて(一度だけ)年会費と記載し、その後も続けていた」と説明。担当者が機械的に寄付の領収書に年会費と記載し続け、14年9月に「不適切」と気付いてやめたと述べた。また、13年以前にはそうした領収書は見当たらないとも話した。(朝日新聞15年3月6日)』 

* * * * * 

 まず、領収書の記載に関する下村氏の国会の説明は、またまた真実とは異なるものだったわけで、もうオオカミ少年扱いされて、何を言ってもウソだと思われても致し方ないようにも思われる。(~_~;)

 年会費名目の領収書のこと一つとっても、たった10日余りの間に、1・相手の要望で領収書を作った→2・要望でないものもあったらしい。調査する→3・要望にかかわらず、81件600万円分も領収書を作っていたと話が変わっちゃうんだしね。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、下村氏は13年より前はその手の領収書はないと見つかっていないと言っていたのだけど。領収書はなくとも、年会費を寄付金に転用したケースは以前から行なわれている可能性がある。

『ある地方の「博友会」元会長の男性は共同通信の取材に「会員から集めた会費を取りまとめて、下村氏の活動資金として指定の銀行口座に振り込んでいたと思う。東京で適切に処理していたのではないか」と話した。(共同通信15年2月26日)』
 
 しかも、クチ止めメールもそうだけど。最初は、事務所は関与していないと断言。でも、関与しているとわかったら、次は自分の指示や関与を否定して、秘書のせいにしちゃうわけで。
 自民党お得意の旧態依然としたやり方で逃げようとするのは、実に勇ましくない印象を与えるっす。(~_~;)

* * * * *

 いずれにせよ、このような下村氏の姿勢には、会見を行なった元幹部や、民主党でこの件をメインになって追及している柚木道義氏もかなり怒っているし。
 おそらくこのまま追及して行けば、もはや言い逃れのしようもなくなるのではないかと思われる。^^;

『「答弁は矛盾していません」。こう言って、追及する野党議員をにらみつけていた下村博文文科相がいよいよ、追い詰められてきた。政務秘書官による口封じメールが暴露されただけでなく、そのメールを受け取った中部博友会の元幹部が、発売中の「週刊文春」に実名で登場。下村文科相の嘘を告発したのである。

 この元幹部は鈴木文代さん。下村文科相を応援する中部博友会の元幹部であり、中部若手博友会の顧問を務めてきた人物だ。下村文科相の秘書官から「口封じメール」を受け取ったのも、鈴木さんである。その鈴木さんが文春で語った告発の肝はここだ。

「地方の博友会は、下村先生を招いて講演会を開きます。その時の宿泊費は、こちらで負担することになっていました。中部博友会の場合は、マリオットです。また講演料もお渡ししています。私は豊川先生(注・中部博友会会長=当時)から10万円の講演料を出していただき、封筒に入れて下村先生本人に渡しました。講演料をもらっていないというのはウソです」

 これが決定的になりそうなのは、下村文科相が国会で「講演料、車代は一切もらっていない」と大見えを切っているだけでなく、これまでも、スットボケてシラを切っていた国会答弁を何度も訂正している前科があるからだ。

■次々と露呈するウソ答弁

 この問題を追及している民主党の柚木道義衆院議員はこう言う。
「下村大臣は暴力団の資金源だった風俗業者に約6億円を融資した人物からの献金10万円も“ない”と言っていたのを訂正しました。地方の博友会には一切、事務所として関わっていないとしてきたのに、5日の国会で口封じメールを言下に認めた。そのうえ、講演料ももらっていたとなれば、ウソの連発です。辞任は免れないし、それでも安倍首相がかばうようであれば、どちらを向いて政治をしているのかが問われることになると思います。文春によれば、メールを出した女性秘書官が博友会の年会費を催促していたという。事務所が関与していないどころか、組織ぐるみじゃないですか。与党は来週には予算案の衆院通過のスケジュールを描いています。今週が下村大臣の去就のヤマ場になるとみています」

 下村文科相のHPをのぞくと、2月28日に秘書が、野党の追及について「しゃらくさい」と論評した産経新聞掲載のコラムを転載していた。下村文科相が10万円献金について、訂正し、謝罪したのはその前日の27日だ。謝罪が口先だけだったことがうかがえる。こんな文科大臣の逃げ切りを許せば、世の中、ウソツキが横行するようになる。(日刊ゲンダイ15年3月6日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ところで、昨日は、故・中川昭一氏の妻・中川郁子農水政務官(56)が、妻子ある自民党の同僚議員と路チューしているスキャンダル写真&記事が週刊誌に出た。 (゚Д゚)
 これも、安倍陣営にとっては、大きなショック&ダメージになりそうだ。(@@)

 2月23日、不正献金問題で追及を受けていた西川農水大臣が夕方5時過ぎに突如、辞任を発表。安倍内閣も農水省も、大臣の交代、その手続きや対応などでバタバタしていて、大変だったはずなのだが。
 何と農水閣僚の一員である中川政務官は、同日夜に議員の会合に出た後、同僚の門博文衆院議員(49)と六本木で落ち合い、路上でディープキスをしていた場面を撮影されることに。2人の親密交際ぶりも記事に記されているという。(~_~;)

 中川氏は『同日、「酒席の後であったとはいえ軽率な行動だった。深くおわびします」と陳謝するコメントを発表した。
 中川氏は6日の衆院予算委員会への出席を民主党から求められていたが欠席した。安倍晋三首相は答弁で「公人として誤解を受けることのないよう政務官としての職務に全力で取り組んでもらいたい」と述べ、政務官を交代させる必要はないとの認識を示した。入院は2週間程度となる見通し。(毎日新聞15年3月6日)』

 ちなみに入院の理由は、医師が抑うつ状態にあると判断したからだという。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


   
 この中川氏のスキャンダルは、安倍陣営にとって本当に痛いことだろう。(>_<)

 まず、上述したように中川農水政務官は、安倍内閣&農水省が大臣交代という大変な状況にあった時に、外で不倫路チューしていたわけで、野党やメディアに安倍内閣の危機管理、首相の任命責任を問われる材料を与えてしまうことになった。(・・)
<ただの議員だったら、不倫路チューだけで、国会に呼ばれて質問されることはなかっただろうけど。政務官だからね~。(~_~;)>

 林農水大臣は、国会で公務に支障はなかったと釈明。安倍首相も交代の必要はないと答弁していたのだが。mewは、おそらく体調不良か何かを理由にして、早々に政務官を辞任させ、とりあえず内閣から切り離す可能性が大きいのではないかと見ている。(・・)
 
 それでも、TVのワイドショーやネット、そして一般ピープルは、「政治とカネの問題」なんかより、この手のネタの方が好きなので、中川スキャンダルはしばらく尾を引くのではないかと思うし。
 これを安倍自民党の驕りや油断として攻撃、批判材料する人たちが少なからず出現すると思うし。実際、このような不倫スキャンダルは、安倍自民党のイメージ・ダウンにもつながる可能性があるように思う。^^;

* * * * *

 また、実のところ、中川昭一氏というのは、安倍晋三氏にとっては、下村氏以上の超保守派の盟友&アニキ分で、本当に特別な存在の人なのである。(**)
 それゆえ、ここでその中川氏の妻が、不倫スキャンダルを報じられたことや、安倍内閣にマイナス要素をもたらすことは、安倍氏にとって、それなりにショックなことではないかと察する。(・・)

 安倍氏は、90年代に衆院議員になってから、中川氏と「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」を立ち上げて、共に歴史認識や教科書問題、戦後教育解体などの活動を展開。安倍前政権では、中川氏は政調会長として安倍首相を支えており、2人が中心になって、「戦後レジームからの脱却」をして、強い日本を復活させること、そのためにも「教育再生」「憲法改正」を実現するのが大きな目標になっていたのだ。(・・)
 
 ところが、安倍氏は07年にわずが1年で首相を辞任。しかも、中川氏は09年8月に衆院選で落選した上、10月に急逝することに。(-"-)
 首相辞任後、自信を失っていた安倍氏は、中川氏の逝去を受けて、その遺志を継ぐべく改めて再起を誓い、復活を遂げたと言われている。<中川氏が会長を務めていた超保守議連「創生日本」を引き継いで、最高顧問の平沼氏らと維新の国政政党化をはじめ、党内外の超保守仲間の拡大+αに努めたんだよね。^^;>

* * * * *

 他方、中川氏の選挙区では、同氏の落選、死去を受け、12年末の衆院選では、妻の郁子氏を擁立し、いわゆる弔い合戦を行なって、議席を奪還。安倍首相は、郁子氏が帯広周辺を選挙区としていて、農水分野で期待されていることを考慮して、早速、農水政務官に任命したのであるが。それが仇となってしまった感じがある。(安倍盟友の夫・昭一氏も裏切られちゃったしね~。^^;)

 また、日刊ゲンダイは、北海道知事選や女性活躍政策への影響にも触れていた。

『故・中川昭一経産相の妻、中川郁子農水政務官(56)の不倫路チュー問題が、4月の北海道知事選に大きく影響しそうだ。自民党は、中川氏を含め道内で4人の衆院議員を持つ二階派が中心となって、4選を狙う現職の高橋はるみ知事(61)を支援してきた。今後は、中川氏が選挙の“顔”として、先頭に立って応援演説する予定だったが、計算が狂った。

「中川氏は北海道自民党で、数少ない女性国会議員のひとりです。ただ、路上キス報道で、もう表に出てこないでしょう。参議院には、フィギュアスケートの高橋大輔とのキス写真が出た橋本聖子氏もいますが、揃ってキスコンビだから、マンガです。“女性の社会進出”を掲げる安倍政権にとっては大きな痛手です」(永田町関係者)>(日刊ゲンダイ15年3月6日)』

* * * * *

 この他にも新たに安倍お友達の塩崎厚労労大臣にも不正献金の疑惑が浮上。そして、昨年の宮沢経産大臣に続き、今度は自民党の岸宏一参院予算委員長(74)の資金管理団体が、六本木のSMバーに会合費名目で政治活動費を支出していたなんて話も出て来たりして。

 以前も書いたように、万全に見える態勢も、こういう小さな「ほころび」から崩れることが往々にしてあるわけで。(アブナイ安保法制のことを思うと尚更)、ここから下村大臣の件と合わせて、勢いに乗って、何とか安倍政権を打倒しなければと思っているmewなのだった。(@@)
                      THANKS
  



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-03-07 06:01 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)