「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

共謀罪~小林よしのりがゴーマ..
at 2017-04-27 17:53
籠池、財務省との交渉を録音~..
at 2017-04-27 02:17
文書破棄、財務省は不適切と検..
at 2017-04-26 13:47
今村復興相、ついに更迭。今度..
at 2017-04-26 01:49
北朝鮮、火力訓練で済ますも、..
at 2017-04-25 18:11
官邸がメルマガで警戒警報。北..
at 2017-04-25 07:37
安倍は拉致でもウソを?~被害..
at 2017-04-24 03:42
安倍、こんな時に外遊って&反..
at 2017-04-23 16:15
【全国民必読】もし「共謀罪」..
at 2017-04-23 02:38
自民、中川俊を強引に離党させ..
at 2017-04-22 04:07

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネットマーケット..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
韓国でも自国防衛の筈のミ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
頼んでもいないアメリカの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
仏大統領選でEU支持のマ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
Linux などのOS以..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革をスローガンだ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福岡約4億円強奪事件、福..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
5年毎の国勢調査の度に選..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
除染作業の中身を知らない..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
127年前の熊本直下地震..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35
お手数をおかけしてすみま..
by mew-run7 at 02:18

ブログパーツ

タグ

(1208)
(757)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(150)
(149)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(117)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:伊吹文明 ( 5 ) タグの人気記事

安倍自民「籠池潰し」を狙う~検察告発と大阪の調査、メディアから消して幕引きへ

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 4月にはいり、安倍自民党&松井維新は、1日も早く森友学園問題の幕引きをはかりたくて仕方がないところ。(・・)

 通常国会後半では共謀罪をはじめ重要法案があるし。6~7月には都議選もある。それゆえ、野党や国民に早く森友問題のことを忘れてもらって、何事もなかったかのように淡々と国会を進めたいのである。(~_~;)
 
 先週、安倍官邸が「昭恵隠し」をはかっているのではないかという記事を書いたのだが。彼らは、ここから「籠池つぶし」行なうべく、権力を使って、上からかなり強引な手を使おうとしている感じがある。(@@)

 ちなみに籠池前理事長の長男である籠池佳茂氏が、3月末からツイッターを設けたのだが。最近、こんなことを書いていた。籠池佳茂@hFooVlSSUtGKvvJ

3月30日 『まさかと思うけど塚本幼稚園と保育園の認可取り下げを企んでんのと違うやろな。ばれとんねんぞ。そんなことしやがってみ、地獄の底まで追いかけて楽しんだるからな。お前ら毎年監査しとんのと違うんか。去年は二回来たらしいやないか。ならお前らの仕事はザルか。監査も大阪の役人はまともに出来んのか』

3月31日 『だから言ってますやん。総理の手をひら返しが元凶やて。全てはそこに尽きるんです。寄付の事実を保護者が知らない事はそれだけ父が誰にも言ってなかった最大の証明でしょ。』

3月31日 『安倍先生と松井知事はほんまに仲良しやね~。連係プレーがオモロすぎて笑える。官房長官が仲介者かな?何してはんねやろね皆様。その連係プレーで学校建設しはったんやろか。役人の忖託半端ない。せやけどこんなんなるんったら何で始めから動かんかったんやろ。この人達の周辺の方々は。』
 
* * * * * 

 政府と大阪は、籠池氏が作ろうとしていた安倍小学校の計画を潰すことに成功。(申請を取り下げさせた。)そして、籠池氏が絡む幼稚園、保育園にも手を入れて、押さえつけてしまおうと(いざとなれば、なくしてしまおうと)しているように見える。(~_~;)

 まず、4月1日、大阪府が森本学園が経営する塚本幼稚園に、大阪市がの籠池氏が代表を務める会福祉法人が運営する「高等森友学園保育園」(淀川区)に立ち入り調査にはいった。(ただし必要な資料がそろっておらず、再調査になるらしい。)

『大阪府市が森友幼保調査 補助金不正「事実解明を」 籠池氏立ち会い

 大阪府は31日、私立学校振興助成法に基づき、学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)を4時間近くにわたり立ち入り調査し、園長の籠池泰典氏も同席した。補助金不正受給疑惑に関し、松井一郎知事は「事実を明らかにしたい。真摯に対応してほしい」と強調、違法性が明確になれば刑事告訴・告発に踏み切る考えを改めて示した。大阪市も系列保育園の調査を始めた。

 府の調査対象は、塚本幼稚園に対して2011~15年度に交付した経常費補助金計約1億7500万円のうち籠池氏の妻で副園長を務める諄子氏らの「専任教員」としての人件費と、「要支援児」の受け入れ補助金約7千万円。勤務実態や園児に関する資料の原本を確認する。

 学園が大阪府豊中市の旧国有地で設置認可を申請した小学校を巡り、金額の異なる工事請負契約書が存在する経緯についても事情を聴く。松井氏は「事実を知っているのは森友学園と建築会社、設計事務所だ。この皆さんが誠実に真実を話すべきだ」と求めた。府庁で記者団の質問に答えた。

 府は今月9日にも小学校の現地調査をしたが、諄子氏が許可なく職員の写真を撮り始めたため、途中で打ち切っていた。

 大阪市は31日午後、籠池氏が代表の社会福祉法人が運営し、諄子氏が園長を務める「高等森友学園保育園」(淀川区)を調査。虐待の疑惑に加え、諄子氏の勤務状況を調べ、常勤の園長を置くことで増額される「所長設置加算」の不正受給がないか確認する。

 学園への補助金を巡っては、籠池氏に対する補助金適正化法違反容疑の告発状を大阪地検特捜部が29日に受理している。(スポニチ17年3月31日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 先日の『籠池の手紙に満額回答?+安倍、辻元話を出す情けなさ+地検、告発受理&自民は恫喝?』にも書いたのだが・・・森友学園は既に、国の補助金の不正受給の疑いがあるとして補助金適正化法違反容疑で告発され、大阪地検特捜部が受理している。(・・)

 さらに安倍官邸&自民党の一部は、籠池氏を偽証罪で告発することを検討している。(~_~;)

『森友疑惑の捜査始まる、検察は本気か (ニュースソクラ 3/31)

 「森友学園」籠池泰典理事長の国会証人喚問から1週間、新しい動きがあった。大阪地検特捜部が籠池氏に対する補助金不正受給容疑の告発を受理する一方、森友学園が国交省に補助金を返還した。自民党は籠池氏を偽証罪で告発する動きを見せている。

 疑惑解明の舞台を、国会から法廷に移すかどうかの攻防だが、試されるのは検察の本気度だ。全容解明に及び腰なら、国会追及の幕を引きたい政権を助ける疑惑隠しと受け取られかねず、「政権に弱い検察」の汚名を上塗りすることになる。

 証人喚問で、よくしゃべった籠池氏が、「3通の契約書」を問われると「刑事訴追される恐れがある」と、口をつぐんだ。
 小学校の校舎の建設費で、森友学園は同じ日付の(1)国交省には23億円余(2)大阪空港を運営する「関西エアポート」には15億円余(3)大阪府私学審議会には7億円余と、3通の契約書を提出していた。
 建設業者は15億円余が正しい額という。国交省には、木材を活用した建築への補助金を多くもらおうと額を水増しし、私学審議会には学園の財務状況を良く見せようと少ない額を示した疑いがある。

 このうち実際、補助金を受け取ったのは国交省からの5600万円。関西エアポートからの騒音対策の交付金は、まだ受けていない。
 国交省への補助金返還は、私学審への小学校の認可申請を取り下げた時点で予想できた。いずれも刑事訴追、すなわち逮捕や起訴を逃れようとする行為だ。

 もっとも盗人が犯行発覚後に金品を返したからといって無罪放免されないように、補助金を返しても既遂を未遂にはできない。大阪地検特捜部は、補助金適正化法違反容疑の告発を受理し、捜査を始める。
 金額が異なる契約書が明らかになった時点で本欄に、もはや検察が捜査すべき段階で、村木厚子・元厚労省局長の冤罪事件で信用を地に落とした大阪地検特捜部には、名誉回復のチャンスと指摘した。
 もし、検察が単なる補助金不正受給事件に矮小化して立件を目指すなら、名誉回復どころか、国会での疑惑追及に幕引きしたい政権への協力と見なされて、さらなる信用失墜を招くだろう。森友疑惑の本質は(1)国有地払い下げをめぐり不正があったのか(2)大阪府私学審の「条件付き認可が適当」の判断をめぐり不正があったのか、の2点だ。

 大阪地検には、補助金不正受給のほかに、森友の贈賄(賄賂申込罪容疑)と、財務省近畿財務局職員(氏名は特定されない)の背任容疑の告発も出ている。

 前者は籠池夫妻が、自民党の鴻池祥肇参院議員に現金だか、商品券だかを贈ろうとした件。後者は近畿財務局の国有地払い下げ手続きに不正があったか、が問われるが、払い下げの経緯では、大阪府と財務省の説明に食い違いがある。

 また、国会が籠池氏を議院証言法違反(偽証罪)で告発すれば、国有地をめぐる「神風が吹いた」「政治の関与があった」とした証言の真偽も問われる。安倍晋三首相の昭恵夫人による100万円の寄付の有無、名前の挙がった政治家の関与の有無も当然、捜査の対象になろう。

 もっとも政治家の明確な働きかけがなく、財務省本省や近畿財務局が「忖度(そんたく)」して便宜をはかったとなると、立件はなかなかの難物かもしれない。刑法に「忖度罪」などなく、具体的な違法行為として立証できるかどうか。

 だが、大阪地検特捜部が捜査する以上、求められるは、補助金受給に絞った局所的な事件処理ではなく、国民の前に疑惑の全体像を解き明かす努力だ。その気構えがなければ、特捜検察の不要論に輪がかかろう。

■土谷 英夫(ジャーナリスト、元日経新聞論説副主幹) 1948年和歌山市生まれ。上智大学経済学部卒業。日本経済新聞社で編集委員、論説委員、論説副主幹、コラムニストなどを歴任。著書に『1971年 市場化とネット化の紀元』(2014年/NTT出版)』

 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 自民党の一部が、証人喚問での籠池氏の発言に関して偽証罪の告発をしようとしていることについては、改めて詳しく書きたいと思うのだけど・・・。
 この告発については、自民党の幹部の多くは慎重な姿勢をとっているようだ。(・・)

 先日も、山東昭子氏が、こんな発言をしていたという。(・o・)

『「籠池氏が大人物のようになる」 籠池氏告発検討に苦言 自民・山東元参院副議長

 自民党山東派会長の山東昭子元参院副議長は30日、学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題に関連し、自民党内で籠池泰典氏への証人喚問を踏まえ、偽証罪での告発を検討している動きについて苦言を呈した。

 山東氏は国会内で記者団に「偽証罪という動きも出てきているが、籠池氏がよほどの大人物であるかのようになってしまうのではないか。かえって国会のレベルが低下してしまう」と述べた。
 同時に、「野党はいまだに森友問題に終始しているが、国会は重要案件がたまっている。早く別の案件に入るべきだ」と述べ、森友問題の収束を訴えた。(産経新聞17年3月30日)』

<偽証罪で告発すると、籠池氏が大物扱いになるって・・・。(~_~;) 籠池のようなザコは院で告発するようなやつじゃない。あんなやつを告発すると、国会のレベルが下がるってこと?(>_<)>
  
* * * * *

 そうそう。もうひとり、自民党の大重鎮である伊吹元衆院議長も、早く火消しをしたいがあまりにか、ピントのずれた妙なことを言っていたです。(@@)

『森友学園問題 自民・伊吹文明元衆院議長、籠池氏が席巻する国会に苦言「非常に恥ずかしい」

 自民党の伊吹文明元衆院議長は30日、最高顧問を務める二階派の例会で、学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地取得問題が席巻している国会情勢について「バラエティー番組みたいなことを国会がやっていては、どうしようもない。非常に恥ずかしい」と苦言を呈した。

 衆参両院で23日に行われた学園の籠池泰典氏の証人喚問を受け、野党は安倍晋三首相の昭恵夫人の証人喚問を求め、自民党は籠池氏の偽証を主張し、騒動は収まる気配がない。

 伊吹氏は「誠に憂慮に堪えない。野党に猛省を促したいし、与党ももう少し、しっかりやってもわないといけない」と嘆き、「国際的な安全保障や国際経済の状況は予断を許さない。テロ等準備罪の法案や介護保険の法案、農協改革など国民に直結する法案がたくさん国会にある」と述べた。

 また、「籠池さんは不動産の取得の当事者で、特捜が入ることになった。昭恵さんは、行為については、批判や意見があると思うが法律の話ではない。次元が違う」と指摘。「『一緒に国会へ呼んでこないと分からない』というようなばかなことはない。『恥ずかしい』『ちょっとどうかな』と、みんなでこそこそ話をして、居たたまれなくなってやめるのが当たり前のことだ」と主張し、「国権の最高機関として恥ずかしくない運営に戻してほしい」と締めくくった。(産経新聞17年3月30日)』<バラエティとワイドショーの区別がついていないかも?いや、伊吹くんにとっては、どっちも同じようなものなのかな?^^;>

* * * * *

 おそらく伊吹氏はじめ自民党の感覚が麻痺して来ている議員は、「こんな風に騒ぎになったのは、TVが面白おかしく塚本幼稚園や籠池氏、昭恵夫人のことを扱ったからであって、TVが扱うのをやめれば、問題も収束するのだ」と思っているのではないかと察する。(~_~;)

 もちろん、mewとて、も~っと色々な政策や法案についても国会で扱って欲しいのだが。
 でも、この件は、1・近畿財務局が国有地を異常に安い価格で払い下げていることや、2・大阪府の行った小学校の認可内定に、国や地方の政治家が関与、口利きしているのではないかという、政権を揺るがしかねないような大きな問題をはらんでいるだけに、野党が力を入れるのも致し方ないところ
 何よりも、安倍首相や夫人、稲田大臣などの閣僚名や議員名が次々出るなど、安倍自民党はまさにその疑惑の当事者になっているということを自覚すべきだろう。(**)

 そして、それを自覚できない安倍官邸&自民党の議員のことを、ひとりの国民として恥ずかしいと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-04-02 17:20 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍を「北朝鮮の独裁」と自民幹部(&読売)~うざい町村を追い出し、安倍派に+うざい伊吹に期待


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


たまには、安倍自民党の話も・・・?

 先週、自民党関連でmewが一番ビックリした&思わず「やるな~」と、そのあくどい&ざとい発想に感嘆してしまったのは、このニュースだった。(@@)

 何と安倍首相が、自らも所属する党内最大派閥である清和会(町村派)の会長・町村信孝氏を衆院議長に推すことに決めたというのである。 (・o・)

 でもって、mewが、何故「やるな~」って思ったかと言うと、この人事によって、1・安倍陣営は、うるさ方の町村氏を国政や党運営の現場から追い出すことができるし、2・町村派を乗っ取って、実質的な安倍派にして、党内基盤を強めることができるからだ。(~_~;)

 この安倍陣営のやり方には、さすがにあの(安倍自民の応援紙?)読売新聞も呆れたようで。
 先週19日には『町村氏議長選出へ、後継・細田氏で「安倍派」に』、21日には『議長も首相も町村派…「まるで北の独裁」と幹部』という記事を載せていたほど。(>_<)

 後半に、この2つの記事をアップしたいのだが・・・。 
 
 どうか日本の国民は、安倍首相は、自民党や国会の運営だけでなく、日本の国政全体、そしてメディアなどに対しても、北朝鮮と同じような独裁的な権力をふるおうとしているということにも気づいて欲しいと思うし。<特にTV局は、NHKも民放も、もはや安倍官邸の監視、支配下にあると言っても過言ではないからね。>
 安倍首相は、ひいては国民全体に対しても、いかにも合法的な形に見せかけながら、そのような権力で覆いかぶさって行くおそれが大きいということにも、警戒をしておいて欲しいと願っている。(・・)

* * * * * 

 まず、衆院議長(&参院議長)というのは国会のTOPゆえ、内閣総理大臣、最高裁裁判長と共に三権の長であり、俗っぽく言えば、国の機関の中で最もエライ、国家国務員として給与も最も高額な、名誉ある地位なのだけど。
 ただ、国会議員の場合、政治の現場の実務からは離れることになるので、いわばベテラン議員の名誉職みたいなところもあって。
 そして、国会運営において強い権限のある立場ゆえ、それなりに経験や威厳のある人(みんなが言うことをききそうな人?)を選ぶことが多いのだが。同時に、多くの首相は、党運営にクチを出せないようにするためか、党内でクチうるさいと言われている長老を議長職に推すケースが少なくないのだ。^^;

<2000年以降の自民党系の衆院議長は、綿貫民輔氏、河野洋平氏、伊吹文明氏。ズバズバと自分の考えを言うので、他の議員に煙たがられているうるさ方がそろっているでしょ?
 あとこれは他党の例だけど。93年の細川政権では、社会党党首・土井たか子氏が女性初の衆院議長に。歴史的快挙ではあったものの、自社さ政権が終わる96年まで、土井氏が現場を離れたことで、社会党は発言力や支持が低下したのが痛かったとこがあるし。民主党で言えば、07年から江田五月氏が参院議長、09年から横路孝明氏が衆院議長と社会系の重鎮が党内から離れた(離された?)のも、民主党内の中道左派勢力には、ちょっと痛いとこがあったかも。)>

* * * * *

 ところで、町村信孝氏は、同じ清和会で、安倍晋三氏の大先輩(当然回数は町村が11回、安倍が7回)。清和会では、森喜朗氏(元会長&元首相)が目をかけていて、森→小泉政権の時には外務大臣などを歴任。将来の首相候補として期待されていた人材だった。(・・)

 で、01~6年に清和会(森派)会長だった森氏は、町村氏や福田氏をポスト小泉にしようと考えていたのだが。06年に小泉元首相が退任する際に、まだ当選回数5回しかなかった若手の安倍氏が総裁選に出馬したいと言い出して、森氏の出馬回避の説得にも応じず。やむを得ず、町村氏も清和会の幹部として、安倍氏の支持集めのために奔走し、当選に大きな貢献をしたのである。
 しかし、何と安倍首相は、町村氏を閣僚や党の要職に起用しなかったため、党内の一部からは「恩知らず」と批判を浴びることに。そこで森氏は、清和会の会長を町村氏に譲り、次の機会を狙うように励ましたのである。(~_~;)

* * * * *

 09~12年、自民党は下野することに。で、今度は12年になって、政権奪還を狙う自民党は、9月に総裁選を行なう予定だったので、町村氏が「今度こそ」の気持ちで、出馬の意向を固めていたのだけど。
 ところが、ふつうは派閥の長が総裁選に出馬するとなれば、メンバーは応援に回るものなのに(しかも安倍氏は1回、総裁になっているわけだしね)、安倍氏がまた総裁選に出馬したいと言い出したため、清和会は困惑することに。安倍氏は、この時も森氏の説得に応じず。町村派との会談も決裂したため、12年9月の総裁選には、何と同じ清和会から安倍、町村氏の2人が出たため、町村派は分裂選挙を行なうという異例の事態になったのである。(~_~;)

 町村氏は、出馬までによほど心労が重なったためか、この総裁選の最中に体調不良を訴えて、入院することに。ほとんど選挙活動ができず5人中4位で終わることに。予選では2位だった安倍氏が決選投票で石破茂を破り、逆転勝利をすることになったのだが。決選投票で、町村派が安倍氏に投票したことが、大きな勝因になったことは言うまでもない。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 でも、安倍氏は12年に総裁、首相になった後も、自分の超保守仲間(自分が会長を務める超保守議連「創生日本」のメンバー)を重視する傾向にあって。人事でも町村派の議員をほとんど重用しない状態が続いていた。^^;

 このような経緯もあって、町村氏は安倍氏のことを快く思っておらず。近時は、オモテでも遠慮なく安倍政権の政策に対して意見や批判を言う機会が増えたため、おそらく安倍氏は町村氏のことをうるさく(うざく)思っていたのではないかと察する。(-"-)
<この間の解散の時も、町村氏は「引き上げ(延期)と解散がどうして論理的につながるのかまったく理解できない。まったく関係ない話だ」と強く批判していたしね~。^^;>

 で、もし町村氏をここで衆院議長にしてしまえば、議長は公正中立な立場を求められるので、在任中は党を離れるため、党内や国政のことにクチを出せなくなるし。
 町村氏が派閥の長を離れて、安倍氏に近い人に派閥を仕切るようになれば、党内での安倍支持勢力を強化することができるし。来年の総裁選の票固めにもつながるので、一石三鳥ぐらいになると、考え付いたのではないかと思われる。(@@)

<もちろん、こんなことを狡猾でずる賢い&あざといことを思いつくのは安倍首相本人ではなくて、周辺にいるあの人とか、あの人なんだろうけどね。^^; 安倍側近も町村派に所属している人が結構いるし。>

* * * * * 

 しかも、清和会の新会長は、どうやら細田博之氏(元官房長官)になりそうであるとのこと。 細田氏は安倍氏に近いし、安倍氏を引きずりおろして、首相になろうとするような魂胆もないことから、今後、清和会・細田派は、実質的な安倍派として、党内で他の派閥を押さえつけて、官邸の意向を通そうとする&来年の総裁選に向けて、勢力の拡大をはかろうとするのではないかと思われる。(-"-)
  
 当然にして、他の派閥からすれば、安倍首相&仲間たちが、官邸も自民党も強い権力を確保しようとしていることに、抵抗感やある種の脅威を覚えるわけで。読売新聞が『議長も首相も町村派…「まるで北の独裁」と幹部』というタイトルをつけたのも、そのような見方があるからだ。(~_~;)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 では、読売新聞の2つの記事を・・・。

『町村氏議長選出へ、後継・細田氏で「安倍派」に
読売新聞 12月19日(金)

 自民党最大派閥の町村派は、会長の町村信孝元官房長官が衆院議長に選出される方向となり、新たな会長は細田博之会長代行に引き継がれる見通しだ。

 また、伊吹文明・前衆院議長が古巣の二階派に復帰する。今回の衆院選では、派閥の勢力に大きな変動は見られず、与党を圧勝に導いた安倍首相が、引き続き強い指導力を発揮する「政高党低」が続きそうだ。

 ◆後継に細田氏

 町村派は18日、幹部会合を開いた。同派の衛藤征士郎元副議長は町村氏に対し、「議長就任おめでとうございます」と水を向けたが、町村氏は「まだ、連絡はありません」とかわした。町村氏は24日に議長に就任予定で、その後、後任の会長が決まる。

 首相と町村氏は2012年の自民党総裁選で、同じ派閥でありながら共に出馬して争うなど、党内では「微妙な関係」と見られてきた。党税制調査会顧問の町村氏が首相の決断した消費増税の先送りに難色を示すなど、政策面でもそりがあっていなかった。

 町村氏の後継となる細田氏は首相との関係が良好で、派閥内では「事実上の『安倍派』となり、総裁選に向けて結束力は強まるだろう」(中堅)との声があがった。

 ◆総裁選回避

 将来の総裁候補の一角と目される岸田派会長の岸田外相は18日の派閥会合で、「大きな議席を得たことは歓迎すべきだ。力を合わせ、宏池会(岸田派)として存在感を示していきたい」と語った。

 衆院選では福岡1区で岸田、麻生両派の前議員が公認を争い、互いに無所属で戦った結果、岸田派の前議員が敗れた。選挙中、岸田氏も応援に入っただけに、派内には「影響力低下につながらなければいいが」と心配する向きもある。

 来年9月には党総裁選が予定されるが、衆院選での自民勝利で、安倍首相の再選が有力視されている。このため、派閥単位で総裁選を争う可能性は低く、「焦って無理に新人議員を勧誘して、派閥の規模を拡大する必要はない」(派閥幹部)との声が目立つ。

◆伊吹氏復帰

 二階派は18日、在京議員懇談会を開き、二階総務会長とともに、伊吹氏がひな壇に座った。伊吹氏は「特別国会が開催されれば、自由な立場になる。皆と一緒に努力したい」とあいさつし、派閥復帰に意欲を示した。

 現在の二階派は、12年に伊吹氏が議長に選出されたことで、伊吹派を二階氏が引き継いだ経緯がある。伊吹氏は「創業者がもう一度派閥に戻ってあれこれ指図するなんて恥ずかしいことはしない」と周囲に語っている。ただ、派閥内には伊吹氏を慕う議員もおり、伊吹氏の復帰で、二階氏との主導権争いにつながることを懸念する向きもある。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『議長も首相も町村派…「まるで北の独裁」と幹部

読売新聞 12月21日(日)

 衆院選で与党を大勝に導いたことで安倍首相の求心力がさらに高まり、首相が政策や人事を主導する「政高党低」の傾向が強まっている。

 自民党内には不満もくすぶるが、流れはしばらく変わりそうにない。

 菅官房長官は19日収録のTBS番組で、「謙虚に国民の声に耳を傾けながら丁寧に進める。それと同時に、必要なものはしっかりと自信を持って前に進めていく。ここはものすごく大事だ」と語り、政府がリーダーシップを発揮していく方針を強調した。

 実際、多くの政治課題を巡る議論や調整が、首相官邸側の意向を踏まえた形で進んでいる。

 首相が意欲を示す法人実効税率(34・62%。東京都は35・64%)の引き下げは、30日の与党税制改正大綱での決着に向け、自民党税制調査会で議論が行われている。党税調は当初、引き下げ自体に消極的だったが、結局、下げ幅を「2%台前半」とすることで落ち着く見通しだ。税制改正大綱を取りまとめる時期についても、党税調側は来年1月9日を想定していたが、首相の意向で今月30日に前倒しされた。その結果、議論する時間は大幅に短縮された。

 3・5兆円規模の経済対策も、首相の強い意向で、衆院選から約2週間しかたたない今月27日に閣議決定する運びになった。与党の関与は限定的となり、首相官邸側としては、与党内からの歳出圧力の声を封じ込めることに成功した形だ。

 衆院議長人事も、官邸が主導したとの見方がある。

 24日召集の特別国会では、伊吹文明氏の後任として、党内最大派閥で首相が在籍していた町村派の会長・町村信孝元官房長官が衆院議長に就任する。伊吹氏は衆院選公示前に自身のフェイスブックで、「(消費増税の)延期手続きは、国会が議決した法律に明記され、改めて民意を伺わねばならぬ性格のものではない」と書き込んだ。これが首相の反感を買い、議長交代につながったと見る向きが多い。「首相の専権事項である衆院解散について、『大義がない』と批判するのは立法府の長として一線を越えるものだ」(首相官邸筋)というわけだ。

 こうした中、来年9月の自民党総裁選で安倍首相を脅かしうる対抗馬は、「今のところ、全く見あたらない」(ベテラン)との見方が強い。

 だが、自民党内には反発もある。引退してなお参院に影響力を持つ青木幹雄元参院議員会長は、「言いたいことが言えなくなるのが一番怖い」として、官邸主導の流れに抗するよう参院執行部に発破をかける。自民党幹部の一人は、「山崎参院議長も町村派で、衆院議長も町村派。首相も町村派で、まるで北朝鮮の独裁体制のようだ」と漏らした。』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 安倍氏を堂々と批判していた町村氏が、議長職について党内を去るのは、mew的には残念なことなのだけど。
 ただ、その代わり、党内で最も小うるさいと言われている伊吹文明氏が戻って来るのは、実に心強いことかも知れない。(・・)

 ちなみにmewは、伊吹氏のことを「イバリッチ伊吹」呼んでいるのだが。よくも悪くも(?)威張っていて、誰に対しても自分の意見を堂々と言っちゃうタイプだし。(衆院議長なのに、脱原発を訴えたり。暗に安倍政権や今回の解散を批判するようなことをフェイスブックに書いたりしちゃうし。)
 安倍陣営は、そのことを不快に思って、議長職の交代を考えたのではないかという憶測が出ているほどなのだ。^^;

『伊吹文明前衆院議長は18日、所属する自民党二階派の会合で、町村信孝元官房長官との議長交代にあたり「特別国会が開会されれば私も自由な立場になるので、みなさんと一緒に努力したい」とあいさつした。
 伊吹氏は今回の衆院選を「自民党にいい風も悪い風もなかった。地方議員を含めた政党の日常活動の差が結果に出た」と振り返り、「後援会の手入れを十分にし、次はさらにいい結果を出してほしい」とアドバイスした。

 安倍晋三首相が消費再増税の延期を決めた際、自身のフェイスブックで「改めて民意を伺(うかが)わねばならぬ性格のものではない」と衆院解散に苦言を呈するなど独自の存在感を発揮してきた。こうした姿勢が議長交代につながったとの見方もあるが、周辺は「とやかく言わず、さばさばしている」と語った。(毎日新聞14年12月18日)』

 伊吹氏が戻って来たことで、二階派(旧伊吹派)の運営がどうなるのかビミョ~なとこだけど。

 伊吹氏も二階氏も、安倍晋三氏のことは「小僧」ぐらいにしか思っていないとこがあるので、是非2人でタッグを組んで、安倍官邸の新たな目の上のタンコブになって欲しいな~と。そして、いざとなれば、安倍独裁を壊すために「安倍おろし」のために暗躍して欲しいな~と、心の底で期待していたりもするmewなのだった。(@@) 
                                     THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-12-21 16:28 | (再び)安倍政権について | Trackback

衆院議長が「脱原発」式辞を敢行~3.11追悼式&脱原発活動&支持率ダウンで再稼動阻止を


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


昨日3月11日には、各地で東日本大震災の追悼式が行なわれ、地震発生時刻の午後2時46分から1分間黙とうがささげられた。

『東京都千代田区の国立劇場であった政府主催の追悼式には、遺族や、天皇、皇后両陛下、安倍晋三首相ら三権の長を含め約1200人が参列。首相は「復興をさらに加速し、被災者が一日も早く普通の生活に戻れるようにすることが犠牲者のみ霊に報いる道だ」と決意を語った。天皇陛下は「国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います」と述べた。(毎日新聞14年3月14日)』

 今上天皇のおことば全文を*1にアップしておきたいのだが。「被災者の心に寄り添う」という天皇夫妻&皇室の方針を、まさにあらわしたもので。
<美智子皇后は、被災者のことを忘れないようにと、常に被災地で作ったコカリナ(楽器)を持ち歩いているとか。 (ノ_-。)>

『被災した人々の上には、今もさまざまな苦労があることと察しています。
この人々の健康が守られ、どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう、長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。
そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。』

 この言葉には、震災が風化せずに、国民が被災者のことを忘れないように。また、近い将来、起きるかも知れない他の大震災に対して、国民がこの教訓を活かして身を守れるようにという思いが込められているのが、しみじみと伝わって来た。(・・)

* * * * *

 他方、安倍首相の式辞には、率直なところ、「通りいっぺんの素っ気ないものだな~」という印象を抱いてしまうところが。(-_-;) <別にアンチ安倍だからということではなく、官邸HPに載っている全文(コチラ)を客観的に見ても、そう感じる人が少なくない思うですよ。^^;>

 案の定(?)、『被災地に足を運ぶ度、営農の再開や水揚げに湧く漁港、災害公営住宅に入居された御家族のお姿など、復興が一歩一歩前に進んでいることを実感いたします』と、復興が進んでいることをアピールしていたのだけど。
 昨日の記事にも書いたけど。実際のところ、被災者や国民の7~8割は「復興を実感できない」と言っているわけで。<しかも、特に公営住宅の建設などの住宅対策が遅れていると!(`´)>「何だかな~」という感じがした。(~_~;)

<その点、昨日、震災以来、ずっと定期的に被災地に通っている小泉進次郎復興政務官が、TVの取材の中で「政府としては、復興が進んだと言いたいところだけど。それを言えば言うほど、被災者との間の距離が離れて行く感じがする」というような発言をしていたのを見て、「ほ~」っと。小泉パパ同様、意識的なのか無意識でなのかわからないけど、相変わらず「いいこと&うまいこと言うな~」と感心させられたです。(・・)papa yori atama ii kamone.>

 あと、たとえば今後の防災に関して言うにも『将来の様々な災害から、国民の生命、身体、財産を守り抜くため、倦まずたゆまず、災害に強い強靭な国づくりを進めていくことをここに固くお誓いいたします』という表現の仕方をするわけで。
 ついついここで『国土強靭化計画を持ち出すのかよ~』とか思っちゃったりもして。(>_<)、
 
<そもそも、mewは「国土強靭化」って言葉が、厳しいorものものしい感じで好きじゃないというか、この言葉をきくたびに何か「ぞっ」とするとこがあるのね。(~_~;)
 それに、安倍くんが、集団的自衛権やらの軍事強化策でも、「国民の生命、身体、財産を守り抜くため」というフレーズを使っているのを考え合わせると、尚更にイヤ~な気分になっちゃったりして。(-"-)
 このあとで、得意の「先人」も出て来るし。きっと安倍首相やそのブレーンは、こういう言葉や表現しかアタマに思いつかないんでしょうね~。(~_~;)>

* * * * *

 でも、実は、昨日の式典で、最も注目すべきは、伊吹文明衆院議長の式辞ではないかと思うのだ。(**)

 何と伊吹氏は、式辞の大部分を原発事故&原発・エネルギー政策のことに割いて、最後に「将来の脱原発を見据えて」と、脱原発への思いをあらわしたのである。 (゚Д゚)

『伊吹文明衆院議長は11日、都内で開いた東日本大震災3周年追悼式の追悼の辞で、エネルギー政策について「将来の脱原発を見据えて議論を尽くしたい」と述べた。「人間が自然を支配できるというおごりが生じたのではないか」と指摘。「省エネルギー、省電力の暮らしにかじを切らねばならない」と強調した。(日本経済新聞14年3月11日)』

 伊吹氏は衆院10期で、党幹事長や財務大臣、文科大臣などの閣僚を歴任した自民党の重鎮。
 有力派閥の「志師会」(旧中曽根派、現二階派・本当は伊吹派だけど衆院議長になったので、一時、退会中)の長でもあり、党内に対する影響力もかなり強い。
 
 自民党内には、河野太郎氏をはじめ「脱原発」を訴えている議員もいるのだけど。党内では、少数派であるのが実情だ。<実は、内心では「脱原発」なのだけど、安倍自民党が原発推進策をとることに決めているので、オモテではクチにできない議員も少なからずいるとか?(・・)>

 でも、ここで、伊吹氏が堂々と「脱原発」発言を行なったことは、自民党内の議員にも、国内の脱原発派の議員や人々にも、小さからぬ影響を与える可能性がある。(@@)
<案の定、党内では不快感を示す議員がいるらしい。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 では、その伊吹衆院議長の「追悼の辞」全文を。(BLOGOS(コチラ)より転載)

『天皇・皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、東日本大震災三周年の追悼式が行なわれるにあたり、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

3年前のきょう、東日本を襲った大地震と津波により、東日本の国土は破壊され、多くの尊い命が失われました。犠牲となられた方々と、ご遺族のみなさまに改めてお悔やみを申し上げます。
 そして被災された方々、また福島での原子力発電所の事故により避難を余儀なくされた方々のお気持ちを思うとき、月並みなお見舞いの言葉を申し上げることすら憚られるのが率直な心境です。
多くの関係者のご努力により、復興に向けた歩みは着実に進んでいます。
震災後、被災地の惨状に心を痛めた方々が、被災地を支援するボランティア活動に参加して下さり、多くのきょうお見えの諸外国からの温かいご支援を頂いたことは、物心両面で、復興の大きな助けとなりました。ご支援いただいた皆様に対し、深く感謝申し上げたいと存じます。

一方で、震災から3年が経過し、被災地以外では、大震災以前とほぼ変わらぬ日々の暮らしが営まれております。
 しかし、被災地では仮設住宅等で、ご不自由な生活を余儀なくされている方々もなお多く、震災前の生活を取り戻すことは容易ではありません。特に原子力発電所事故のあった福島県では住み慣れたふるさとに戻ることができず、今なお放射性物質による汚染に苦しんでいる方々が多くおられる現状を、私たちは忘れるべきではないでしょう。

 そういった方々の事を思うと、電力を湯水の如く使い、物質的に快適な生活を当然のように送っていた我々一人一人の責任を、全て福島の被災者の方々に負わせてしまったのではないかという気持ちだけは持ち続けなりません。
思えば、私たちの祖先は、自然の恵みである太陽と水のおかげで作物を育て、命をつないできました。
 それゆえ、自分たちではどうすることもできない自然への畏敬と、感謝という、謙虚さが受け継がれてきたのが日本人の心根、文化の根底にあったはずです。

 科学技術の進歩により、私たちの暮らしは確かに豊かになりましたが、他方で、人間が自然を支配できるという驕りが生じたのではないでしょうか。そのことが、核兵器による悲劇を生み、福島の原発事故を生んだのだと思います。
3年目の3.11を迎えるに際し、私たち一人一人が、電力は無尽蔵に使えるものとの前提に立ったライフスタイルを見直し、反省し、日本人として言行一致の姿勢で、省エネルギーと省電力の暮らしに舵を切らねばなりません。
 主権者たる国民より選挙を通じて主権を委ねられている我々国会議員は、被災地の復興に全力で取り組むとともに、震災で得た教訓を元にエネルギー政策の在り方について、現実社会を混乱させることなく、将来の脱原発を見据えて議論を尽くしてまいりたいと存じます。

結びに、震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りし、追悼の言葉と致します。
                     平成26年3月11日 衆議院議長 伊吹文明』

* * * * *

 首相周辺はこの伊吹氏の発言に不快感を示している様子。(~_~;)、

『伊吹文明衆院議長は11日、東京都内で開かれた政府主催の東日本大震災3周年追悼式の式辞でエネルギー政策に関し「将来の脱原発を見据えて議論を尽くしたい」と述べた。議長就任に伴い自民党会派を離脱しているが、「脱原発は無責任」(安倍晋三首相)との党の主張と一線を画した形だ。首相周辺から不快感が出ており、波紋を広げそうだ。(共同通信14年3月11日)』 

 というのも、安倍内閣は、先月末に「エネルギー基本計画」を策定し、原発を「ベースロード電源」にすることや、原発再稼動を実行に移して行く方針を決めたところだし。
 安倍首相は、10日の国会答弁でも、「原発ゼロ」を前提とすることを否定。原発再稼動への意欲を見せ、地元住民の再稼動への理解を得るために、国も支援して行く方針を示したばかりだからだ。

『安倍晋三首相は10日の参院予算委員会で、今後のエネルギー政策について「原発依存度をできる限り減らすが、まだ(原発)ゼロと言う自信はない。ゼロを前提としてエネルギー政策を立てることはできない」と述べ、原発を再稼働する方針を堅持する考えを重ねて強調した。(産経新聞14年3月10日)』

『安倍総理大臣は、原発の再稼働について「原子力規制委員会が世界で最も厳しい基準にのっとって審査を進め、安全であると判断した段階で再稼働を進めていくが、地元の理解を得ることが重要だ」と述べました。
 また安倍総理大臣は、原発事故に備えて自治体が策定する避難計画について、「住民の安全・安心を高めるためにも『できない』という後ろ向きの発想ではなく、どうすれば地元の理解を得られるものができるかということが重要で、国としても全面的に支援している。万が一の事故の場合には、自衛隊の車両や船舶の活用など住民の避難に総力を挙げて取り組んでいく」と述べました。(NHK14年3月10日)』

<チェルノブイリ級の事故が起きても、自衛隊はすぐに来てくれるのかな~?(-_-;)>
 
* * * * *

 ちなみに伊吹文明氏(76歳)は、もともと大蔵官僚で、経済&財務に強い人なのだけど。<経済に関する話は、わかりやすいのよね。>
 安倍首相と同じ超保守団体・日本会議のメンバーで。安倍前政権の時には文科大臣を務め、「教育の憲法」である教育基本法に愛国心などを盛り込む改正案成立に尽力。安倍首相も一目置く自民党のご意見番(うるさ方?)のような存在だ。(・・)

 安倍自民党が衆院で多数の議席を占めて、乱暴な国会運営を行なったり、野次がひどかったりすることに関して快く思っていないところがあるようで。
 今年1月の通常国会前にも、昨年末の秘密保護法の強行採決などを念頭に『24日召集の通常国会を前に与党に丁寧な国会運営を求めた。「『多数決で何でも決めていい』との思いで国民が多数を与えたのではないという謙虚さを持ってほしい」と述べた』りもしている。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 伊吹氏は、歯に衣を着せずに発言することが多くて。根が真面目でいい人らしい&それなりに良識もがあって、筋が通ったことを言うタイプなので、時々「なるほど~」とか「なかなかいいこと言うな~」と思うことも。<超保守思想は合わないのだけど。安倍首相らほどには、カルト的ではない感じ。ただ、上から目線でエラそ~なもの言いをすることが多いので、mewはこのブログで伊吹氏のことを「イバリっち」と呼んでいる。(~_~;)>

 昨日もたまたま、伊吹氏が被災地支援のために、国会内で福島の日本酒を販売することを発案したというニュースを見て、「いいやつじゃ~ん」と思ったばかりだったです。

『国会内の売店で、東日本大震災から3年を迎える11日から、福島県で仕込んだ日本酒「衆議院」が売り出されることになった。伊吹衆院議長が復興支援の狙いで発案したもので、売り上げの5%は福島県に寄付される。
 販売されるのは、300ミリ・リットル(600円)と720ミリ・リットル(1600円)の2種類。県内の16の蔵元がそれぞれ作った純米吟醸酒に「衆議院」のラベルを貼って売り出す。伊吹議長は10日の国会内で行われた試飲会で、「国会見学に来た支持者に売り込み、復興のために力を合わせよう」と呼びかけた。(読売新聞14年3月11日)』

 衆院議長が国政の政策に関してアレコレ主張することは、決して望ましくないことなのだけど。<今回はあくまでも追悼の辞に記した被災者への思いということで?!^^;>
 この伊吹発言が、自公の脱原発派がもっと与党内で大きな声を上げて行くきっかけになればと願っている。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話を「脱原発」のことに戻すと・・・。

 3年前、震災だけでなく福島原発事故も起きた3.11を迎えて、先週末から全国各地で、脱原発の集会やデモが行われているのだが。
 福島では、8日に大江健三郎氏らが参加して「原発のない福島を!県民大集会」を開催。

『東京電力福島第一原発事故から三年となるのを前に、脱原発を求める集会「原発のない福島を!」が八日、福島県の郡山市、福島市、いわき市の三カ所で開かれ、計約五千三百人(主催者発表)が参加した。
 郡山市の集会では、作家の大江健三郎さんが「政府の『原発を再稼働しても恐ろしいことは起こらない』という宣伝は、戦争中に『戦争で悲惨なことにはならない』とだましたことと同じだ。次にだまされてしまえば、私たちの未来はない」と訴えた。(東京新聞14年3月9日)』

 東京では、9日に日々谷野音で集会を行なった後、国会周辺にデモを敢行。3万人以上が集まったという。菅直人元首相や坂本龍一氏なども参加していたという。

『福島を忘れるな、再稼働を許すな--。東京電力福島第1原発事故から3年を迎えるのを前に、国会議事堂周辺で9日、大規模な反原発デモがあり、大勢の市民が原発事故を風化させまいと声を張り上げた。
 東京都千代田区の日比谷公園の野音で開かれた集会で、首都圏反原発連合(反原連)のミサオ・レッドウルフさんは「事故から3年、福島の状況は変わらないどころか後退している。さらに大きな声を上げ、原発ゼロを実現したい」、音楽家の坂本龍一さんも「声を上げにくい人に寄り添い、その声に応えよう」と呼びかけた。

 参加者は「原発なくせ」「輸出をやめろ」と訴えながら首相官邸や国会周辺をデモ行進し、その後議事堂を取り囲んだ。(中略)
 デモの参加者は、反原連などの主催者発表で延べ約3万2000人。11日前後に全国175カ所以上で原発抗議行動が行われるという。(毎日新聞14年3月9日)』

<ちなみに菅元首相は、8日には札幌でも講演を行ない、『総理大臣として対応に当たった東京電力福島第一原子力発電所の事故について「最悪の場合、原発の250キロ圏内から逃げ出さなければならなかった。日本の人口の4割が避難し、いつ戻れるか分からない事態になるおそれがあった」と指摘』『事故が起きる前までは自分も原発の安全神話に染まっていたことを恥じている。あのような事故を体験した日本がリスクの高い原発を国内で広めるべきではない」と述べ、政府は原発の再稼働に踏み切るべきではない」と吼えていたという。(@@)(NHK14年3月8日)>

* * * * *

 昨日の記事にもアップした東京新聞の世論調査によれば、「原子力規制委員会で安全性を確認した原発を再稼働させる安倍政権の方針に対し、賛成は40%、反対は54%」「原発の今後に関しては「即時ゼロ」「段階的に減らし、将来はゼロ」を合わせた脱原発派が69%を占めた」という。(「段階的に減らすが、一定の比率は維持」「震災前の比率にする」などの容認・推進派は29%」)

 mewの知る限り、全ての世論調査で、原発ゼロを目指すべきだという人が6~7割を占めているし。原発再稼動に反対の人の方が多い(しかも50%を超えているものが多い)。(・・)
 
 これだけ脱原発を望む国民が多いにもかかわらず、原発推進策をとろうとしている安倍内閣の支持率が、ず~っと高い数字を維持していることが「???」なのであるが。<しかも、相変わらず、アベノミクス効果は実感していないという人が7~8割いるというのに。(-_-;)>

 もしこのまま安倍内閣の支持率が高い状態が続けば、安倍首相らは、「原発再稼動を進めても、国民はさして批判はしまい」とタカをくくることになるわけで。
 そろそろ国民が本気になって、「原発再稼動にNO!」「原発ゼロの実現を!」という声をしっかりと上げて行かないと&内閣支持率にも反映して行かないと、「安倍自民党&原子力ムラの思うツボになっちゃうぞ!」と警告したいmewなのだった。(@@)

                THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-12 08:14 | Trackback(1)

「輿石氏解任」という政局の分水嶺(Foresightより)+男子サッカー&女子バレー

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

クリック実験にご協力下さった方々、ありがとうございました。m(__)m
とりあえず、状況把握&改善をすることができました。"^_^"

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 最初に男子サッカーと女子バレーの話を少し・・・。

一昨日の話になるのだが。23日に、男子サッカーのキリンチャレンジ杯2012が行なわれ、日本代表が2-0でアゼルバイジャンに勝利した。"^_^"

 6月3日から始まるWCアジア最終予選を控えて、日本代表は外国組を全て召集。負傷のため戦線離脱していた本田圭佑が復活。19歳ながらA代表入りしている宮市亮が、デビュー戦を飾るなど、見所たくさんの試合だったのだが。<先発した森本が負傷したのは、残念&心配だけど。>
 アゼルバイジャンの固い守備に攻めあぐねていた中、ドイツのドルトムントでクラブ2冠に大貢献した香川真司が1点めを決めたサイドからの厳しい角度のゴールには、ビックリ&感激!「きゃ~、外国の一流選手みた~い」と思ってしまったです。(・o・)

色々と課題はあったと思うけど、とりあえず失点なし&香川、岡崎とゴールすべき人が点をとったことはよかったと思うし。できれば6月のWC予選3連戦を勝って(豪州とは1分けでもいいかな?)、楽な展開を作って欲しいと願っている。(**)

* * * * *

 一昨日は、同じ時間帯に女子バレーのロンドン五輪の最終予選も中継していたので、スポーツ好きの人は、実に忙しい時間を過ごすことになったのではないかと思うのだけど。
 ここまで3連勝していた全日本は、昨日、韓国に1-3で負け、実に痛い一敗を喫することになった。(>_<)

 もう五輪直前ゆえ、今さらチームを作り直すこともできないのだが。韓国は、日本を徹底的に研究している感じがあって苦しい試合展開になる中、「もしここで思い切ってセッターを変えて攻撃のリズムや試合の流れを変えることができれば」「決め手を欠くスパイカーを変えることができれば」と思わずにはいられなかった。(~_~;)
 
 もともとバレーボールが専門(?)のmewは、この10年ぐらい、竹下が活躍できる間に早く2番手のセッター(できれば長身)や、高さとパワーで2段トスを打ちこなせるスパイカーの育成をした方がいいと主張しているのだけど。どうしても目先の大会準備に追われていることもあってか、なかなかどの監督もそれを実現できず。つい竹下頼り&小型でも器用な選手頼りのチーム作りを行なうような状況が続いている。
<mew個人は、小さくても努力と工夫で頑張っている選手を応援しているのだけど。でも、客観的に見ると、もし世界で上位になるチームを目指すなら、時間をかけて、大型セッターやスパイカーを育てて、臨機応援に選手を起用できるようなチーム作りを行なう必要があると思うです。(・・)>

 竹下は実に優れたセッターではあるものの、やはりどうしてもトス回しやトスの性質にその人のクセが出てしまうので<接戦になると尚更に>、セッターを変えないと攻撃のリズムや試合の流れが変えられない、いや~な悪循環を断ち切れないということはあると思うのだけど。
<超・古いたとえで恐縮だが、ミュンヘンの準決勝・ブルガリア戦で日本男子が窮地に陥った時に、松平監督が世界ナンバー1のセッター猫田を思い切って若手の嶋岡に変えて、セットカウント0-2から逆転勝利をしたように。>
 でも、全日本女子の場合、第2セッターの中道も小さいし、2枚替えで使うことしか考えていない様子。また劣勢に立つと、どうしてもミスが少ない小さめの選手を使おうとしてしまう傾向があるため<何試合かに一度は、ラッキーガールになることもあるのだけど>、攻撃力がダウンして、ずるずると相手のペースになってしまうケースも少なくないのが実情だ。(~_~;)

 mewは、今回の最終予選では、何とか上位3チームにはいって、五輪出場は果たせるのではないかと思っているのだけど。(願望込み)
 ただ、日本チームもだんだん強くなって、相手チームにかなり研究されるようになっているし。今のままだと、調子のいい大型のチームと対戦したり、韓国戦のようにいサーブで相手を崩せない&サーブで相手に崩されたりした場合にチームを立て直す術がないようだと、五輪本番では下手すると予選敗退する可能性も否定できない。
 それゆえ、もし本気で五輪で上位にはいることを目指すのであれば、真鍋監督には、今日からの上位チームとの3戦で、もう一工夫、選手起用の仕方や戦術を考えてみて欲しいな~と思うところがあったmewなのだった。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、政治の話を・・・。

 22日に『小沢が輿石と会い、野田との会談受諾+自民党が輿石切りを要求か? 』という記事で、自民党が野田陣営に輿石幹事長を切ることを要求しているのではないかという推論を書いたのだけど・・・。

 昨日、Yahooの「みんなの政治」の政治記事読みくらべのコーナーで、Foresightという雑誌に、『「輿石氏解任」という政局の分水嶺』という記事が出ていたのを見つけた。

 野田陣営と自民党が協力して法案成立を行なえるかどうかは、野田首相が輿石氏を解任できるかどうかにかかっているということを示した記事だ。(**)

 今の民主党、自民党の状況がわかりやすい&とても興味深い内容の記事だし。<mew的には、「ほととぎす」のたとえが面白かったです。>
 今後、ブログ記事に引用したいと思うような部分もあるので、ここに全文をアップしておくことにする。(・・)
 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

   
「輿石氏解任」という政局の分水嶺

2012年5月17日 フォーサイト

 6月21日に会期末を迎える通常国会最終盤での最大の焦点は、言うまでもなく消費税増税を含む一体改革法案を審議する衆院社会保障・税一体改革特別委員会での与野党攻防である。ここが勝負どころと踏んだ自民党は、この委員会のメンバーに伊吹文明元幹事長(当選9回)、野田毅元自治相(同13回)、町村信孝元官房長官(同10回)ら派閥領袖や閣僚経験者の重量級議員を起用した。

 その中でも、特別委員会運営における野党側の代表者である筆頭理事に就任したのは、よく言えば経験豊富で知恵が働く、悪く言えばうるさ型で頑固者として知られる伊吹氏である。
 民主党が伊吹氏への対応にてこずることは間違いない。伊吹氏はすでに「特別委では私が幹事長と国会対策委員長を兼ねる」と独裁を宣言。さらに、審議日程の調整でごねて民主党を困惑させている。ただ、特別委を混乱させて法案を潰してしまえばいいという単純な考えの持ち主ではない。 


自民党の計算

「消費税増税というのは鳴かないホトトギスみたいなものだ」
 伊吹氏は4月はじめ、自らが会長を務める派閥「志帥会(伊吹派)」の総会で消費税増税関連法案の審議の見通しについて、こう語った。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の性格をホトトギスの鳴かせ方の違いで表した平戸藩主、松浦静山の作と言われる落首があるが、伊吹氏はこれを引用しつつ、以下のように続けた。

 「織田信長は『鳴かぬなら殺してしまえ』と。殺してしまっては財政、年金、医療、介護はどうなる。徳川家康は『鳴かぬなら鳴くまで待とう』と言う。待っていると継続審議になり、9月に自民党総裁選と民主党代表選がある。そうすると結果的にまた遅れる。だから、ここは『鳴かぬなら鳴かせてみせよう』という豊臣秀吉の姿勢でやらないといけない。それは与野党が話し合いをするってことなんだ。殺してもダメ、待っていてもダメ。やはり政治家は鳴かせてみようという努力をしないといけない」

 野田佳彦首相が政治生命をかける消費税増税関連法案を成立させるためには、なんとしても野党第一党である自民党の協力がほしいところだ。もちろん民主党内の意見統一が図れていないことも問題だが、仮に民主党内がまとまったとしても、与党が過半数割れしている参院では、今のところ法案が可決するあてがない。

 こうした民主党の足下をみて、自民党は法案審議に協力するためのさまざまな条件をつけている。法案の中身については、消費税率を10%に引き上げるという点では、自民、民主両党は一致しているが、これを財源とする年金制度については、民主党がこだわる最低保障年金制度の導入に、自民党は真っ向から反対している。協力してほしければ我々の主張を取り入れろ、というのが自民党の言い分である。

 伊吹氏は消費税増税には反対せず、「話し合い」による決着を奨励してはいる。だが、表向きは「話し合い」でも、内実は民主党に対して自民党の意向を丸のみしろと強要しているのに等しい。ホトトギスを鳴かせる努力をするのは自民党ではなく、あくまでも民主党なのだ。

 民主党が自民党案を丸のみすれば、自民党は法案に賛成するしかない。短期的には野田首相を助けることになる。だが、その場合は法案採決に伴って、増税に反対している民主党の小沢系の造反を誘発し、民主党を分裂に追い込めるし、話し合いによる衆院解散の可能性もある。逆に民主党が自民党の主張をのまなければ法案は成立せず、野田首相は退陣あるいは解散総選挙に追い込まれる。
 どちらにしても、自民党には損がない。そういう計算が働いているのだろう。


逃げ回る民主党

 一方、自民党との激しい駆け引きの末に、ようやく一体改革特別委員会の審議入りに漕ぎ着けた民主党の城島光力国会対策委員長に対して、4月下旬、樽床伸二幹事長代行が次のようなアドバイスをしたという。
「鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス」

 この句はもともと樽床氏や野田首相がかつて所属していた松下政経塾の創始者、松下幸之助氏の言葉である。ホトトギスは鳴くべきものだという固定観念や自分自身の価値観を捨て、物事をあるがままに受け止めよ、という意味が込められているという。
 樽床氏のホトトギスのアドバイスは消費税に関してのものではなく、東京地裁から一審無罪判決を受けた民主党の小沢一郎元代表への対応に関するものだとも言われるが、真意は不明だ。ただ、松下幸之助氏が込めた思いや樽床氏の思惑とは別に、この句と政局の現状を照らし合わせると、鳴かないホトトギスは鳴かないままの方が事態が好転するという意味にも読める。

 今の民主党と野田政権による国会運営、党運営、政権運営が「何も決められない」と揶揄されていることを考え合わせると、言い得て妙である。民主党は消費税や小沢氏の問題について「鳴かぬなら それもまたよし」と考えて、問題を正面から受け止めずに逃げ回ってきたのではないか。
 伊吹氏と樽床氏のホトトギスに関する2つのエピソードは、終盤国会にあたって避けられる結論は避けて通る方が有利だと考えている民主党と、早期に結論を見いだして決着をつけた方が有利だと考えている自民党との立場の違いを端的に示している。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




小沢氏「処分解除」の意味

 ただし、民主党内では少数だが、結論を避けずに正面突破する覚悟を表明している人物がいる。野田首相である。問題は、その決意が本物かどうかという点にある。
 野田首相はこれまで消費税増税関連法案の今国会成立について、「政治生命をかける」「命をかける」「不退転」などの強い言葉で決意を示してきた。この言葉を額面通りに受け止めるならば、野田首相は自民党案をすべて嚥下するという屈辱を乗り越えてでも、今国会での成立を目指すのだろう。

 ただ、成立への障害となるのは丸呑み問題ばかりではない。汚い表現を使えば、もっとも邪魔な存在となるのは、野田首相の片腕として党運営を仕切りながらも、小沢氏寄りの姿勢を示してきた輿石東幹事長だろう。結論から先に言えば、輿石氏を切れるかどうか、つまり輿石氏解任がこれから数カ月の政局を左右する分水嶺となる。
 自民党と公明党はつねづね、輿石氏の増税法案にかける消極的な姿勢を感じ取っていた。輿石氏自身は野田首相を支えると明言しているが、そうした言葉とは裏腹に、消費税増税に反対している小沢氏を擁護するような行動をとっていることが明白だからだ。

 東京地裁は4月26日、小沢氏の資金管理団体「陸山会」に絡む政治資金規正法違反事件で、小沢氏に無罪を言い渡した。昨年1月に強制起訴されたことに伴い、これまで小沢氏は民主党から「党員資格停止」処分を受け、党内での政治行動を制限されてきた。だが、今回の一審無罪判決を受けて、輿石氏は反対意見を押し切って、5月7日の党役員会と翌8日の党常任幹事会で処分解除への流れをつくった。

 一審判決に対する控訴の期限は5月10日。それまでは検察官役の指定弁護士による控訴の可能性があり、判決が確定したことにならない。このため、民主党内には処分解除は「10日を待つべきだ。急ぐべきではない」という慎重論も根強かった。実際、役員会では前原誠司政調会長が解除への反対論を展開した。だが、輿石氏は押し切ったのだった。ところが、9日になって指定弁護士は控訴を決定。案の定、解除は早すぎたという意見が党内から出たが後の祭り。これで小沢氏は堂々と党員としての活動を再開できることになった。

 もちろん、控訴されたことによって、小沢氏が刑事被告人であり続けることには違いないが、それに加えて党員資格停止が続いているのと解除されたのでは雲泥の差がある。一連の経緯をみると、輿石氏が小沢氏を救って政治的に復権させるために処分解除を急いだと思われても仕方がないだろう。


「ダブル選挙発言」の越権

 話を元に戻そう。野田首相にとって消費税増税への絶対条件の第1は、自民党の協力を取り付けることである。その自民党は増税への協力の条件として、どんなことを挙げているか。ひとつは先述した一体改革に関する自民党案の丸のみである。さらに、参院で問責決議が可決されている田中直紀防衛相と前田武志国土交通相の更迭。
 また、自民党内では「小沢を切れ」という声も強い。自民党は民主党分裂を望んでいる。ただ、建前としては、民主党政権の増税法案に協力するからには、民主党内の一致結束を条件に挙げている。自民党が野田政権の法案に賛成したにもかかわらず、民主党内から反対者が出たのでは格好がつかないし、敵に協力した理由付けが難しいからだ。

 現実には小沢氏らは明らかに法案に反対姿勢をとっている。そこで、自民党の茂木敏充政調会長は率直に「反対派の人に出て行ってもらう、これが1番分かりやすいと思う」と述べている。小沢氏の処分解除が事実上決まった7日、自民党の石原伸晃幹事長は皮肉を込めてこんなふうに語った。
「いやあ、民主党は一枚岩だね。消費税を通さない方向で、一枚岩なんだね」
 処分解除は、自民党が要求している「小沢切り」とは正反対の方向を示しているのだから、自民党からみれば敵対行為だろう。自民党は陸山会事件に関する小沢氏の証人喚問も求めているが、民主党執行部は否定的だ。これでは、ますます自民党は野田政権から距離を置くことになるだろう。

 また、自民党は法案成立後の早期衆院解散・総選挙の断行も求めるだろうが、民主党内では反対論が大勢を占めている。とりわけ輿石氏は11日昼、衆院議員会館で開かれた民主党議員の会合で、「任期までやる。任期までやれば衆参同時ということになる」と言い放った。つまり、衆院選は来年夏まで先送りするというのだ。
 この発言は越権行為である。首相の専権事項である衆院解散の時期について、他の政治家が断定的に発言するのは異例中の異例。自民党は、そんな輿石氏の傲慢さに対する反発はもちろんのこと、早期解散を否定している点についても怒っている。


ガラス細工の結束

 一方、自民党が求める2閣僚の人事に関与し、更迭に強く反対しているのも輿石氏である。
 小沢氏の処分解除や証人喚問の問題、2閣僚の更迭、解散先送り――。自民党を味方につける上で、いずれの問題でもカギを握っているのは、結局、輿石氏だ。逆に言えば、輿石氏を解任すると、多くの問題が解決に向かう。

 しかし、輿石氏の立場から見れば、違った風景が見えてくる。崩壊寸前の民主党を守ってきたのは誰なのか。輿石氏が、小沢氏に配慮しながら野田首相を支えるというバランスをとってきたからこそ、民主党は危ういながらも今の結束を維持し、ガラス細工の統一を保てたとも言えるのだ。だからこそ、野田首相も輿石氏の扱いを逡巡しているだろう。

 輿石氏を辞めさせた上で、2閣僚更迭、小沢氏喚問、一体改革法案で自民党案丸のみ、早期解散の確約などについて、自民党の言いなりになって決着させるというのは簡単なことではない。これらを本当に実行したら、小沢氏系議員の造反だけでは済まない。おそらく民主党は粉々に砕け散るだろう。それでも野田首相は消費税増税法案を通したいのか。
「消費税増税のためには民主党が分裂してもかまわない」

 かつて野田首相は知人にこう語ったという。その言葉が本物かどうか。それほどの決意が野田首相にあるのか。それが問われている。

Foresight(フォーサイト)|国際情報サイト「深層レポート・日本の政治230」より』

    以上     

           THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに&WC出場を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-05-25 07:59 | 民主党、民進党に関して | Trackback

麻生は徘徊、伊吹はKKK、古賀は公明党離れの発言を。コワれ始めて、最後のあがきか、自民党?

最新の記事一覧は、12月分・・・コチラ、11月分・・・コチラ
 *印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。

 最初に、毎度お馴染みの哀しいわが国の首相の問題発言の話を・・・。

『麻生太郎首相は15日の参院決算委員会で、日課にしている朝のウオ
ーキング中に人から呼び止められたとの話題の中で「徘徊(はいかい)
老人に間違われた」と述べた。自身が誤解されたことを紹介したもの
だが、徘徊は認知症患者にも見られる症状で、一部に不快感を与えかね
ない表現だ。

 自民党の荻原健司氏が高齢者などの健康維持に関して質問したのに
対する答弁で、首相は「速く歩くようにしたおかげで言われなくなった」
とも述べた。

 委員会後、首相は記者団から「配慮に欠ける発言ではないか」と質問
されたのに対し「どうして? 『徘徊老人と間違われますよ』とおれが
言われたのよ。よく分からない」と述べ、問題ないとの認識を示した。

 首相は外相時代の2007年に、日本と中国のコメ価格差について
「アルツハイマーの人でも分かる」と述べ、後に陳謝、撤回したことが
ある。<共同通信15日より>』

 もう、何も言えねぇ。_(_^_)_

 何で、ここまで、公の場で言っていいこと、よくないことの区別が
つかない人を、自民党は、首相なんかに選んじゃったんだろう。(ノ_-。)

<まあ、もうどうしていいかわからず、おろおろ徘徊している首相
だとは言えるのかも知れないけど。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

15日のフジTV系「新報道2001」の調査で、麻生自民党の支持
率が、ついに20%を割れ、危険水域を超えた。<コチラ>(・o・)

 首都圏500人の小規模な調査とはいえ、支持率19.5%もさる
ことながら、不支持率は何と75%まで上昇。
 川で言えば、もう堤防が決壊し始め、泥流が外に流れ出しかけている
ような状態になっていると言っていい。^^;

 10日に「沈没迫る自民党で、小泉、森など大物・古ダヌキたちが、
いっせいに緊急出動!」という記事を書いたが、警戒警報が高らかに
鳴り響く中、党幹部たちは、その牙をむき出した。(-"-;)

 これまでマスコミに注目されていた渡辺善美氏や中川秀直氏らの改革
グループだけでなく、前記事でお伝えしたYKKKの加藤紘一氏、山崎
拓氏のような重鎮まで動き出したことには、自民党はさらに危機感を
増したのではないだろうか?(**)

* * * * *

 昨日の夜には、自民党の麻生派を除く7派閥の会長クラスが、都内の
ホテルで会談し、麻生政権を支えることを確認。党内で派閥を超えた
麻生離れの動きが活発化していることを受け、引き締めを図る狙いが
あったようだ。<共同通信16日より>

 この会合で、伊吹元幹事長は、何と「党のために内閣を支える。麻生
太郎首相個人のためではない」と述べたという。<同上>^^;
 また、麻生太郎首相に対して、政策決定や国会運営などで与党の意見
を尊重するよう求めていく方針も確認した。<時事通信16日より>
 
 彼らは、もう麻生首相には、党のリーダーとして何も期待していない。
 ただ、自分たちが総裁選で選んでしまった以上、今さらおろすわけ
にもいかないし。ともかく、自民党が麻生内閣と共倒れしないために、
自分たちの党を守るために、とりあえず、支え続けると。
 でも、もう自分勝手にアレコレ言動せずに、政策決定も国会運営も
自分たちの決めたことに従え、と言っているのだ。(・・)

 おそらく、ここでの話は、麻生首相のもとに届けられることだろう。
 麻生首相は、クチも手腕も縛られたに等しい。もし、自民党の幹部
たちに支えてもらおうと思ったら、彼らに従うしかなくなる。(-"-)

<他方、先日、青木氏、ナベツネ氏と会談をした森喜朗氏は、案の上、
民主党との大連立を呼びかけ始めた。
頼むから、もう大人しくしておいて欲しい。キミが動くと、日本の国政
&国民にとって、ろくなことがないんだから。(ーー;)> 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 しかも、どの幹部も、政界再編の動きや、選挙情勢にピリピリして
いるようで、昨日は、かなり過激な発言も報じられていた。 

 中でも伊吹元幹事長の言葉は、辛らつだった。そして、問題性の
あるものでもあった。(ーー;) 

『自民党の伊吹文明元幹事長は15日夜、同党所属議員のパーティーで、
政界再編を視野に連携を強める山崎拓前副総裁、民主党の菅直人代表
代行ら「YKKK」を、白人優越主義を唱える米国の秘密結社「KKK
(クー・クラックス・クラン)」にたとえ激しく批判した。

 伊吹氏は「(KKKによって)権利や人権を主張する多くの黒人が
暗殺された」と指摘。その上で、山崎、菅両氏、加藤紘一元幹事長、
国民新党の亀井静香代表代行らYKKKについて「自民党の有為な若い
人が政界再編という美名の下で(YKKKによって)暗殺されることが
ないよう心から願っている」と述べた。<共同通信15日より>』

 mewは、マスコミがYKKKという言葉を使うのを見るたびに、
いつか心ないウヨが、これをKKKにたとえて、中傷するのではないか
と憂いていたのだが・・・。

 よりによって、あのイバリッチの伊吹氏が、それをやってくれた。
それも「若い人が暗殺される」という表現まで使って。(゚Д゚)

 いくら自民党にとって不快な話だとしても、非人道的な犯罪集団に
たとえるのは、あまりにも問題があるのではないだろうか?(ーー゛)

* * * * *

 伊吹氏は、11日に、麻生首相や閣僚が失言しないコツとして、
「6つのT」を提言していて。
<避けるべき六つの「T」として、〈1〉「正しい」と思い込んで不要
な発言をする〈2〉「立場」をわきまえず、言ってはいけないことを
言う〈3〉人を見下すような「態度」を取る〈4〉話す「タイミング」
を間違える〈5〉「旅先」で気がゆるむ〈6〉笑いを取ろうと「例え話」
をする――を挙げ、「ポストにいる人は注意してもらいたい」と戒めた。
(読売新聞11日より)>

 mewはその記事を見た時に、心の中で「アンタこそ気をつけた方が
いいんじゃないの?」とひそかに思っていたのだけど。<文科大臣や
幹事長の時代に、結構、キツイ発言をしてたしね~。(ーー;)>

 これは、ひとりの政治家、社会人として、まさに言ってはいけない
ことだろう。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 また、古賀選対委員長も、下手すれば、自公連立政権を揺るがし
かねないような発言をしたようだ。

『自民党の古賀誠選対委員長は15日夜、都内で各派事務総長ら
と会談し、次期衆院選について「180の比例代表をみすみす
公明党に渡していいのか。自民党の政策で選挙を戦わないと弱体化
する」と述べた。比例での公明党との協力関係を見直し、同党への
投票呼び掛け禁止を徹底する考えを示唆した発言で、公明党の反発
は必至とみられる。

 古賀氏の発言について、公明党幹部は15日深夜、「真意を確かめ
ないといけない」と語った。また、別の幹部は「本気で言ったのなら
(選挙協力を)どうするかという話になる」と不快感を示した。

(中略) 古賀氏は会談で、「小選挙区は自民、比例も自民(と訴える
べき)だ」とも発言。同席した菅義偉選対副委員長は「わたしも古賀氏
も公明党から推薦を受けていない」と語った。<時事通信16日>』

 共同通信16日によれば、この話は『出席者によると、同席者が
「宗教団体関係者から公明党を切るべきだと言われた。自民党の支持層
が戻る」と指摘したのを受け』て、始まったとのこと。
<また、『出席者からは「定額給付金は非常に有権者の評判が悪い。
見直すべきだ」との意見も出たという。』>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 もともと自民党と公明党は、バックについている宗教団体が合わない
こと(一部は敵対関係にある)、基本政策が合わないことなどから、
お互いにかなり批判し合う間柄であった。(・・)
 コチラの記事にも書いたように、自民党は、公明党の政教一致を
批判するために、麻生氏も参加して、「憲法20条を考える会」なる
勉強会を作っていたほどである。(コチラwikipedia)>

しかし、自民党は単独で衆参過半数をとる力を失っており、さらに
小選挙区制の導入&民主党の台頭で、政権の危機にあったし。公明党
も、自民、民主の争いに埋没するおそれがあったので、お互いに選挙
協力をメインの目的として、99年に連立政権を組むことになった
のだが・・・。

 でも、この時、小渕政権は、公明党にいずれ中選挙区の復活を約束
していたものの、小泉元首相が、これを認めず、9年間、約束は反故
にされっぱなしに。^^;
 また、この間に、自民党が右傾化や新自由主義化を強め、両党間の
考えが合わない部分が多かった上、07年の参院選で大敗したこと
から、自民、公明それぞれの側から、もう連立は解消すべきだという
声が上がるようになっていた。(**)

* * * * *

 それでも、民主党のさらなる台頭に、次の衆院選までは連立政権
を維持して、選挙協力をすることで一致していたのであるが。

 ここに来て、公明党の反対で、海外派兵の恒久法作りがなかなか
進められない上(たぶん米国に話が違うと怒られている?)、公明党
が提唱した定額給付金が不評なこと、たばこ税や消費税に関して、
公明党が強く反対したことなどなど、公明党の意向を重視したために
政府&自公与党の関係が悪化しているところがあり。<たぶん、公明
党は、今でも、早期の解散総選挙を求めているだろうし。(・・)>
 
 自民党側としては、どうせ選挙が終われば、もう連立政権を組む
こともないのだから、政策作りにしても、選挙活動にしても、もう
公明党のことはあまり配慮せず、自分たちの思うようにやりたいと
いう思いが募って来たのかも知れない。^^;

* * * * *

 公明党や創価学会側が、この報道を見て、どのように対応するのか
まだわからないが・・・。
 もしこの古賀氏の発言に怒った場合には、連立政権を解消すること
も考えられるし。そうなれば、参院野党が反対した場合、二次補正や
本予算の関連法案が通らなくなる。
<連立を解消したら、民主党と共に、矢野元委員長や池田大作氏の
証人喚問を行なうと脅すことも可能だけど?^^;>

 また、自民党の小選挙区の候補者の中には、ただでさえ、自民党に
逆風が吹いている選挙で、公明党の協力なしには、当選の可能性すら
なくなってしまう人も少なくないだけに、党内から選挙協力がない
のは困るという声も出る可能性もある。(・・)

 この古賀発言は、今後の麻生政権&自公与党に、大きな波紋を投げ
かけるかも知れない。(**)

* * * * *

 何だか、自民党もその幹部たちも、だんだんコワれて来ちゃって
いるのかな~?
 そして、これが最後のあがきってやつなのだろうか?(・・)

 これらの報道を見ていて、そんなことを思ってしまったmewなの
だった。(@@。

                  THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2008-12-16 06:39 | 政治・社会一般 | Trackback(9)