「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

仙台市長選で、民進・野党共闘..
at 2017-07-24 04:01
官邸の暴挙に獣医師会が反乱で..
at 2017-07-23 02:37
参考人が増えた閉会中審査+メ..
at 2017-07-22 05:43
今度は、山本がオウンゴールか..
at 2017-07-21 04:31
稲田も防衛省幹部も、曖昧な説..
at 2017-07-20 05:23
稲田、日報隠しで虚偽答弁か&..
at 2017-07-19 07:38
京産大、急に30年4月開学を..
at 2017-07-18 14:31
安倍、護憲勢力の反撃を実感?..
at 2017-07-17 05:08
下村、加計闇献金のデータ、元..
at 2017-07-16 11:49
前川、加計問題で、官邸の関与..
at 2017-07-15 03:53

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

安倍自民は終わりだ、都議..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
子供の保育は国の重大事項..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党は野田幹事長を党員..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園獣医学部は、大学..
from 星にも老いと死があるからといって
2011年3月の東日本大..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中国で蠢動する日本人の振..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ヒアリ定着は絶対阻止せよ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は終わりだ・内閣..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
災害の世紀のため北九州の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
災害の世紀、今年の梅雨末..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50

ブログパーツ

タグ

(1237)
(758)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:南スーダンPKO ( 56 ) タグの人気記事

TPPもPKOも、武器原則も「結論ありき」で進める野田政権を放置するのか?

  TBに関するルールを新たに設けました。
  TBを下さる方は、「TBとコメントについて(2011年10月版)」
をお読みください。


頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




28日、野田首相が、先月に続いて所信表明を行なった。(・・)

 先月の第178回臨時国会は9月末で終了。そして、今月は、
新たに第179回臨時国会を開くことになるので、その冒頭に
また所信表明&代表質問を行なうことになったわけだけど。
 何だか「時間のムダ」っぽい感じもしたりして。(~_~;)

 全文&映像は、コチラ(首相官邸)をご覧頂きたいのだが。
何だか映像を見ていて、シラけて来てしまうところがあった。(-"-)

 野田首相は、最初に『この国会が成し遂げなければならないこと
は明確です。被災地の復興、原発事故の収束、そして日本経済の建て
直しを大きく加速するために、一日も早く第三次補正予算とその
関連法の成案を得て、実行に移すことです』と述べ、その後しばらく
被災地や復興について語っていたのだけど・・・。
<相変わらず、具体例や詩の引用なども織り込みつつ。>

 でも、クチでは「いかにも」みたいなことを言っていても、実際
のところ、今、野田首相&周辺が懸命に取り組んでいるのは、復興
や景気回復のことではないのは明らかだろう。
 彼らのアタマの中の大部分を占めているのは、来月行なわれる
APECの場で、オバマ大統領と会う際に、いかに米国の要求に
沿うような話をして、「よくやったね~」と評価して&喜んで
頂けるかということなのだから・・・。(ーー゛)

 それゆえ、政府与党は、今月にはいってから、11月初めまでに
TPP参入、普天間基地移設の進展、武器輸出三原則の見直し、
南スーダンPKO(武器使用緩和など)、米国産牛肉の輸入条件
緩和などを決めようと必死になっているのである。(-"-)

 けど、野田首相は、所信表明では、それらのことにほとんど
触れていないのだ。^^;
 6200字もの文章の中で、これらについて触れた部分は、本当
にわずかしかない。

「南スーダンでの国連平和維持活動については、これまでの現地
調査団による調査結果を踏まえ、自衛隊施設部隊の派遣について
早急に結論を出します。」

「環太平洋パートナーシップ協定、いわゆるTPP協定への交渉
参加についても、引き続きしっかりと議論し、できるだけ早期に
結論を出します。」

「普天間飛行場の移設問題については、日米合意を踏まえつつ、
沖縄の負担軽減を図ることが、この内閣の基本的な姿勢です。沖縄
の皆様の声に真摯に耳を傾け、誠実に説明し理解を求めながら、
普天間飛行場の移設実現に向けて全力で取り組みます。」

 それだけだ。(・o・)

* * * * *

 しかも、これらは、日本の国や国民のあり方や生活に大きく
関わるものだけに、もっとゆっくり時間をかけて、国民や沖縄県民
の声に耳を傾け、慎重かつ丁寧に議論して決めなければならない
ことなのに・・・。
 野田政権は、国民にきちんと説明もせず、国民の意思も問わず、
<きれいごとを並べ立てた言葉の裏で?>「最初から、結論ありき」
でコトを進めているのだ。(-"-)

 南スーダンPKOの派遣自体に関しては議論さえ行なわれず。
普天間基地の辺野古移設も、沖縄の皆様の声に真摯に耳を傾ける
ことなく、年内に評価書を出すことを一方的に伝達。
 そして、TPPに関しては、党内の反対派に配慮して、形ばかり
議論は行なっているものの、政府与党幹部は、既に結論を出して
おり、いわばガス抜きをしているに過ぎないのである。(-"-)

『ある民主党議員は「前原氏が言う『全員野球』は『意見は言わせ
てやるが、最後は言うことを聞け』という話だ」と不満を口にする。
<NEWS24 29日>』

 このまま行けば、野田政権は、普天間基地の移設を除いては、
年内に全て決定し、実行に移すことだろう。(-"-)

 おまけに、明日31日には、野田首相がベトナムへの原発輸出
に関する合意を行なうとのこと。
 野田政権は、脱原発の方針などとる気はさらさらないので
ある。(~_~;)

 果たして、日本の国民は、このまま野田政権が、自分たちの
やりたいように国政を進めて行っても構わないのだろうか?(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 たとえば、TPP・・・。

 それこそ、MY天敵の石原都知事が、先週の定例会見で、珍しく
共感できることを言っていた。

『僕、反対。あんなものは米国の策略でね、もうちょっと頭
冷やして考えた方がいいよ。日本の経済界は「物売れない、もっと
売りたい」と言うけれど、いろんな弊害出てくるね。農業には
非常にマイナス。<毎日新聞・東京版29日>』

 TPPに関しては、産業やら立場によって、それぞれメリット、
デメリットが大きいこともあって、与野党の議員の間でも、国民の
間でも賛否両論があるわけで。

 mewは、少なくとも、その弊害から、農業その他の国内の産業
や国民の安全を守るための手立てを構築しない限りは、安易に参入
を決めるべきではないと考えているし。

 何より、このような重要な問題を、米国の言いなりになるような
形で、短い期限を設けて、拙速に決めるべきではないと思って
いる。(**)

* * * * * 

 でも、民主党の執行部は、何が何でも11月初旬までには、
話を決めるつもりでいるのだ。

 先週、軽井沢で、前原Gの合宿が行なわれたのだが・・・。

『前原政調会長は長野県軽井沢町でのグループ研修会で、TPP
問題を念頭に、「ある程度議論したら決めなければいけない。
不満を持つ人に配慮すれば、政策は前に進まず、与党の責任を
果たせない」とあいさつし、交渉参加に慎重な議員をけん制』
したとのこと。<読売新聞29日>

 また『「おのずと時間の区切りはあってしかるべきだ。自分と
違う結論を政府・与党が出してもフォロワーシップ(リーダーを
支える精神)を発揮することが大きなポイントだ」と述べ』、
早くも反対派を押し切って、TPP参入を決定すう意図を有して
いることを臭わせていた。<『』内、産経新聞29日>

 前原氏とタッグを組む仙谷由人政調会長代行は、もっとスゴイ
ことを言っていた。

『「自分たちの信念なのか、宗教的関心なのか知らないが、党内
合意を形成させないよう動くことがあっては政党の形をなして
いない」と反対派議員を批判した。

 また、仙谷氏は「農協はTPP反対でわめいて走っているが、
物の分かる人を何人か捕まえて中立化する。あるいはこちらの
応援団を中につくっていく」とも述べ、農協関係者や農協の支援を
受ける議員の切り崩し工作が重要であるとの認識を強調した。
<産経新聞29日>』

 何だか、仙谷氏のいかにも策略家らしい一面があらわれている
ような言葉だな~と思ってしまったのだが・・・。^^;
 要は彼らは、何とか党内で反対を許さないような状況を作ろう
としているのである。(-"-)

 でも、党内の反対意見を封じて、強引に合意形成をさせようと
する方が、よ~っぽど民意の反映を行なうべき政党(特に与党)
の役割を果たしていないと言えるのではないだろうか?(`´)
  
* * * * *

 おまけに、輿石&樽床幹事長コンビも、この野田&前原氏の
方針に協力する姿勢を見せているようで・・・。

『輿石幹事長は山梨県富士川町で記者会見し、「APEC(アジア
太平洋経済協力会議)で野田首相が日本の考え方を発信するのは、
避けて通れない。(11月)10日までに一定の方向性を出さ
なければならない」と述べ、12日に始まるAPEC首脳会議に
首相が出発する前に、党の方針を決める考えを示した。

 樽床伸二幹事長代行も札幌市で記者団に、党内の意見集約の時期
について「APECがあるから、その日程だと思う」と強調した。
<読売新聞29日>』

 樽床氏は、もともと松下政経塾出身で、保守派&新自由主義系
ゆえ、そういうのもわかるが・・・。
 輿石氏は、社会党出身&農業が盛んな山梨県選出である上、
TPPに慎重、反対論を唱える人が多い小沢G代表みたいな形で
執行部にはいっているわけで。党内の反対&慎重派の声に配慮して
歯止めの役割を果たすことが望まれている部分もあるのではないか
と思うのに・・・。
 その輿石氏までもが、「結論ありき」の暴走に加担する気でいる
のだとしたら、民主党は、どんどんとアブナイ政党への道を歩む
しかなくなってしまうようにも思える。^^;

<輿石氏をうまく抱き込んだ野田&前原政権の作戦勝ちってこと
になるのかな?^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 南スーダンへのPKO派遣もしかりだ。(-"-)

 野田首相は、既に9月に国連の潘事務総長に、南スーダンへの
PKO派遣を行なうことを明言。もうその時点で、防衛省内では
派遣の計画がほぼ決まっていた。<関連記事*1>
 形ばかりの調査を行なうために、すぐに調査団を派遣したものの
こちらも、最初から「結論ありき」のことだったのだ。(-"-)

<実際、9月には『藤村修官房長官は22日午前の記者会見で、
野田佳彦首相が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上
自衛隊司令部要員2人を送る方針を表明したことに関し「すでに
調査団から報告を受けたが、2年派遣は可能だと結論がほぼ出て
いるので首相から話した」と説明』している。(産経9月22日)>

 野田内閣は、11月1日にこの派遣を閣議決定する予定なのだが。
何と5年間の活動を想定しているという。

『政府が南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣する
陸上自衛隊施設部隊について、当面5年間の活動を想定している
ことが分かった。複数の政府関係者が27日、明らかにした。派遣
規模は最大で一時的に500人を超える見通し。政府は来月1日の
閣議で派遣方針を確認し自衛隊に派遣準備を指示する。

 PKOへの部隊派遣は過去、東ティモールでの約2年4カ月間が
最長。長期化すれば治安情勢が流動化する可能性も否定できず、
隊員の安全確保が課題となりそうだ。
 陸自は年明け早々に数人程度の先遣隊を派遣し、部隊の受け入れ
準備に着手する。<共同通信28日>』

 しかも、前原政調会長は、ここぞとばかりに、PKO法案の
改正(武器使用基準の緩和&集団的自衛権の見直し)を行なわん
として、民主党の部会に検討を指示したのだが。党の部会の中では、
もう結論が出ていると言っていいだろう。(-"-)

* * * * *

 でも、南スーダンは今も決して安全ではないのである。(-_-)
 つい昨日も、北部の町で75人が死亡する内戦が起きたばかりだ。

『南スーダン北部マヨムで29日、反政府武装組織が町を襲撃し、
政府軍と交戦。武装組織60人、市民ら15人が死亡した。
ロイター通信などが伝えた。

 黒人で伝統宗教やキリスト教の信者が主体の南スーダンは7月、
アラブ系のイスラム教徒が主体のスーダンから分離独立したばかり。
国内には、北部のスーダンとの内戦を率いてきた現与党「スーダン
人民解放運動」への反発があるほか、民族対立も抱えており、様々
な武装組織と政府軍の対立が散発的に起きている。<毎日新聞
29日>』

 政府は、首都ジュバのある南部は、比較的、治安がいいので、
派遣しても問題はないと判断したと主張しているのだが・・・。

 8月には、CNNが『東部ジョングレイ州で18日にムルレ族と
ロウ・ヌエル族の衝突が起き、600人が死亡、750人以上が
負傷した』と伝えていたばかりだし。
 9月には、『スーダン南部の青ナイル州で2日、スーダン軍と
南スーダン系武装勢力が衝突、州都ダマジンから住民数千人が避難
する事態となり、スーダンのバシル大統領は同州に非常事態宣言を
出した。<朝日新聞9月3日>』というニュースも出ており、
安全が保持されている地域はないと言ってもいいのではないかと
思われる。(-"-)

* * * * *

 ・・・となると、前原くんらの保守タカ派の議員が、まずます
「だから、武器使用基準の緩和や、他国の軍隊と協力して防御する
ために集団的自衛権の一部を認めるべきだ」と主張するのでは
ないかと思うのだが。

 こういうところから、日本が守って来た平和主義の中核となる
「武力の不行使」「自国の領土の専守防衛」「集団的自衛権の
禁止」などが、なし崩しにされてしまうおそれが大きいことは
言うまでもあるまい。

 でも、逆に言えば、彼らは、これをいいきっかけにして、
日本が頑なに守って来た平和主義&それに基づく諸政策を打ち
壊し、日本を他国でも武力行使できる国、戦争ができる国に
したいわけで・・・。

 このようなPKOの派遣を、国会や国民の間できちんと議論
をしないままに、野田首相や一部の閣僚、与党幹部の意向だけで
決めてしまってもいいのか、大きな疑問を覚えているmewなの
である。_(。。)_

                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-10-30 07:01 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

米国防長官に、首相も閣僚も米隷従の姿勢。辺野古移設&武器原則見直しなどを約束

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





何だか昨夜から、恐ろしくPCが重くなってしまい、四苦八苦。
 もしや衆院に続いて、mewもサイバー・ウィルス攻撃を
受けたのかと、ウィルス&スパイウェアのチェックをしてみたの
だけど。そちらは大丈夫なようだし・・・。(~_~;)
<デフラグやらディスク掃除やらもやってみたんだけどね~。>

 う~ん・・・困ったぞ~。_(。。)_ shigoto demo tsukaunoni~

 ・・・というわけで、とりあえず、この記事は短縮バージョン
で。<その方が、喜ばれたりして?(^^ゞ>

 24日に、ついに米国のパネッタ新国防長官が来日。昨日、
野田首相、玄葉外務大臣、一川防衛大臣などと会談したのだが。
 超親米・保守タカ派の野田政権は、ここまでやるかとばかりに
「へ~こら」しっぱなしで。
 米国が要求する「普天間基地の辺野古移設の計画推進」「武器
輸出原則の緩和」「PKO派遣&法案改正(武器使用権限、集団的
自衛権の解釈変更含む)」などなどを前向きに検討すること
をお約束。(-"-)

 この中には、憲法改正に準じるような&日本の国や国民のあり方
に大きな影響を及ぼすような重大な政府方針の変更も含まれている
のに、国民の意思などそっちのけで、米国の言いなりでどんどんと
コトを進めて行ってしまいそうだ。(`´)

 ここでご機嫌とりのためにお約束をしたら、簡単に引き戻すこと
ができなくなってしまうのに。(-_-;)
 もう笑ってしまいたくなるぐらいに、アレもやります、コレもやり
ますと自ら申し出るような尻尾の振り方をしちゃうんだもん。(-"-)

 でも、いつも書くように、困ったことに、超親米&保守タカ派の
野田・前原政権は、もともと日米(軍事)同盟が何より大事で。
本人も米国と考え方が重なる部分が大きいし、米国に評価される
&喜んでもらえるのが何よりの喜びゆえ、何か注文を受けると
どこかの居酒屋チェ-ンのごとく「喜んで~」とばかりに、それに
に応じようとしてしまうのである。(>_<)

<きっと前原くんも非公式の形で、どこかで長官と会っている
んじゃないかな~?^^;>

* * * * *

 普天間基地の辺野古移設に関しても、沖縄県の仲井真知事や
辺野古のある名護市の稲嶺市長は、多くの県民や市民を代表して
きっぱりと拒否をしているわけで。
 当然にして、沖縄県民は日本の国民でもあるわけで、政府の
人間は、国民の代表として閣僚が彼らの意思を代弁すべき立場
にあるのに・・・。
 しかも、それこそ米国の議会が、計画の見直しを求めるように
なっているのに・・・。
 日本の首相や閣僚が、米国の国防族の手先になって、何とか
沖縄県知事&県民の説得を行なわんとして、次々と沖縄詣でを
行なったり、あの手この手を画策したりしているわけで。
 何だか滑稽&愚かにさえ見えてしまう。(-"-)

<会談で「日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸であるという
のが私の信念だ」と語った野田首相は、早速、明日、沖縄県知事
と会談することにしたとか。^^;>

* * * * *

 ただ、日本の将来に大きな影響を及ぼすような重要な問題が
次々と出ているのに、メディア(特にTV)はほとんど報じず。

 TPPでは、与野党の議員が反対の署名を集めて対抗したり、
TVでも大きく取り上げて、アレコレ解説したりして、国民の
関心アップに寄与しているのに・・・。
 報道を見る限り、上述の問題に関して、与野党議員も声を大に
して、反対or問題性をアピールする活動を行なっている様子も
ないし。

 このままでは、マジに「日本がアブナイ!」と、危惧感を
募らせているmewなのである。(@@)

 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 以下、パネッタ国防長官と閣僚らの会談に関する記事を
いくつかアップしておくです。(・・)

 米国防省は、事前に、このような要求を行なっていた。

『米国防総省高官は20日、来週訪日するパネッタ国防長官が、一川保夫防衛相との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画履行を再確認するとともに、日本政府が検討を進めている武器輸出三原則の緩和についても意見を交わすことを明らかにした。
 同高官は、日米防衛相会談では6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で協議した内容が対象になると説明。米軍再編のほか、武器輸出三原則緩和やミサイル防衛、軍拡を進める中国、北朝鮮の核など地域の安全保障問題を挙げた。 <時事通信21日・全文*1>』

 またパネッタ国防長官も、来日前に、日本に目に見える形で
米国の要求に対し、結果を出すことを要望。
 米側は、非公式に年内に辺野古埋め立ての評価書を出す
ことを政府に求めていたという。>
 
『アジア歴訪中のパネッタ米国防長官は23日、インドネシア・バリ島で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設する現行計画の履行が重要との認識を表明。辺野古のアセスメント結果をまとめた「環境影響評価書」提出をめぐり「日本(政府)に前進を促したい」と述べ、早期に県側に提出するよう求めた。

 米政府は、年内に評価書を提出するよう非公式に日本側に求めていたが、高官が要求を公言したのは初めて。<産経新聞23日>

* * * * *

 で、日本政府は、米国の要望に見事に応じる姿勢を示したの
だった。

☆ 一川防衛大臣との会談 <辺野古の評価書提出を約束。
武器輸出(禁止)3原則の見直しにも前向き。>

<一川防衛大臣とパネッタ国防長官との共同会見の要旨は*2に>

『一川保夫防衛相は25日、来日中のパネッタ米国防長官と防衛省で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として日米両政府が合意した同県名護市辺野古沿岸部の環境影響評価(アセスメント)の評価書を年内に沖縄県に提出する方針を伝えた。パネッタ氏は「日本側の努力を評価する」と応じ、普天間移設を可能な限り早く進めることで一致した。

 両氏は世界的なサイバー攻撃への対処に連携していくことも確認した。一川氏は武器輸出三原則の緩和に向け検討を進める方針を伝えた。

 普天間問題をめぐって米国では、普天間移設と関連する在沖縄米海兵隊のグアム移転計画が財政削減を求める議会の反発で頓挫しかねない状況にある。パネッタ氏は「グアム移転には普天間の具体的な進展を得ることが重要だ。両国で協力したい」と述べ、進展の必要性を強調した。

 一川氏は、辺野古を移設先と確認した6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)の合意に触れ、「今後、合意に基づいてしっかりと努力したい」と表明。パネッタ氏は「(アジア太平洋地域で)日本は重要な米国の同盟国であり、この地域の安全保障にとっての礎だ」と語った。<産経新聞25日>』

『パネッタ長官が、日本の武器輸出3原則の緩和に向けた取り組みについて尋ねたのに対し、一川防衛相は「国際環境が変化する状況の中で、幅広い観点で検討している」と説明した。<FNN25日>』

* * * * *

☆ 玄葉外務大臣との会談 <評価書提出をアピール&武器輸出原則
見直しの検討に前向きな姿勢。>

『玄葉光一郎外相は25日、来日中のパネッタ米国防長官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、日米が合意した同県名護市辺野古のアセスメント結果をまとめた環境影響評価書について「年内に沖縄県に提出する準備を進めている」と伝えた。
 パネッタ長官は「日本が進展させることが重要だ」と述べ、評価書の年内提出方針を評価した。<産経新聞25日>』

『玄葉光一郎外相は25日午後に外務省で行ったパネッタ米国防長官との会談で、武器輸出三原則について「今後政府の中で検討していく」と述べ、緩和に向け検討を進める方針を伝えた。<時事通信25日>』 

* * * * *

☆ 野田首相との会談 <日米(軍事)同盟・命!>

『野田佳彦首相は25日午後、首相官邸でパネッタ米国防長官と会談した。首相は「(来日を)心から歓迎する。日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸であるというのが私の信念だ」と強調。「日米同盟の根幹は安全保障なので、引き続き安全保障、防衛面で(連携を)強化していきたい」と述べた。

 これに対し、パネッタ長官は「米国は太平洋の国家であり、引き続き太平洋地域においてプレゼンスを発揮し続ける。日本との協力によって、太平洋地域の安全保障上のさまざまな問題に取り組んでいきたい」と応じた。 

 両首脳は会談で、中国の海洋進出を念頭に、アジア太平洋地域の安全保障環境が不確実性を増しているとの認識で一致。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設について「日米合意に基づいて、可能な限り早く進めていく」ことを確認した。(時事通信25日)』

* * * * *

☆ 国防長官の来日中に、南スーダンPKO派遣をアピール。

<しかも、前原政調会長が、PKO法案内閣・外交・防衛の合同
部門会議に、PKO法案の見直しの検討を指示したため、早速、
防衛部会が検討を着手したという。(-"-)>

『政府は25日、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊施設部隊の派遣について、来月1日に決める方針を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。野田佳彦首相が一川保夫防衛相、玄葉光一郎外相ら関係閣僚と近く最終協議し、派遣を確認。藤村修官房長官が発表する。
 これを受け、一川防衛相は防衛会議で派遣に向けた準備に入るよう指示。政府は活動内容などを定めた実施計画作成に着手する。<時事通信25日>』

『民主党は25日午前、国会内で内閣・外務・防衛の合同部門会議を開いた。国連平和維持活動(PKO)やPKO協力法の問題点を議論し、年内をメドに結論を出す方針を決めた。自衛隊の武器使用基準などを定めたPKO参加5原則などが議論の対象になるとみられる。同問題に関しては、前原誠司政調会長が榛葉賀津也防衛部門会議座長に検討を指示していた。

 榛葉氏は会議後、PKO協力法改正について記者団に「変えるべきところは変え、守るべきところは守る。まずは問題点を整理する」と述べ、法改正を視野に入れていることを明らかにした。<NIKKEI25日>』

『民主党は25日午前、内閣・外交・防衛の合同部門会議を国会内で開き、国連平和維持活動(PKO)協力法の改正に向けた党内議論に着手した。

 年内をメドに方向性を取りまとめ、来年の通常国会への法改正案提出を検討する。

 合同部門会議の榛葉賀津也座長は会議後、「(PKO活動で)何が問題点かをまず整理し、問題があればその問題点を除去、修正していくのは当然だ」と記者団に述べ、法改正を具体的に検討する方針を示した。

 法改正の論点としては、PKO参加5原則に関連し、自衛隊員と同様の制約を受けている文民を対象から外し、文民派遣を容易にすることなどが検討対象になるとみられる。武器使用の制限については、施設を他国軍と共同で自衛隊が防護するケースを新たに認めることなどが検討される見通しだ。<読売新聞25日>』

* * * * *

 だから、野田&前原Gに政権をとらせるとアブナイと。彼らに
実権を握らせるのだけは阻止しないといけないって、ず~っと
言い続けていたのに~~~。(゚Д゚)

 このまま放置プレーを続ければ、日本がアブナイ方向にズルズル
と持って行かれることになるのは、目に見えているのに・・・。
 
 でも、平和志向の与野党議員がもっと積極的にこの問題に異論
を唱えてアピールしたり、一般国民やメディアやが関心をもって
批判や疑問を呈したりしなければ、野田&前原政権はやりたい放題
になるわけで。
 PCに負けないぐらい、め~っちゃ重い気分になっているmew
なのだった。_(。。)_

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-26 13:26 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

米追従の野田が辺野古移設を強行&PKO、BSE牛の輸入緩和も+テニス&競馬

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 最初にランキングのクリックに関してのお願いを・・・。 

1~2週間ぐらい前から、「人気ブログ・ランキングの方の
クリックが反映されていないのでは?」「上にあるバナーがリンク
されていないかも」などの指摘を頂いていたのだが。
 1日のクリック数は、チェックする余裕がなかったのだけど。
1週間ト-タルのポイント(&順位)を見ると、どんどん下がって
いるので、「あれあれ?」という感じに。(@@)

 この何年か、人気ブログRのポイントは、ぶろぐ村より20~
50%多い状態が続いていたのだが、この1週間ほどはぶろぐ村
よりも20~30%少なくなっていることから、どこかのバナーの
クリックが反映されていない可能性が高いと思われる。
 もはやかつてのように上位にはいるのは困難だとは思うのだけど、
折角、応援クリックして下さった方のポイントが反映されないのは
残念&イヤ~な気持ちがある。
 少し経過観察をしてみたいと思うので、応援クリックをして
下さる方は、人気ブログRのクリックは、記事の最後のリスの
バナーを押して下さいませ。<ぶろぐ村の方は、どこのバナーでも
OKです。> ご協力、よろしくお願いいたします。m(__)m
 
* * * * *

 この週末は、スポーツ・競馬でmewが注目していた種目の試合
やレースが色々あったのだけど。とりあえず、今回は、テニスと
競馬の話を。

 まず、クルム伊達公子&張帥(中国)ペアが、大阪で行なわれて
いたHPジャパン女子オープンのダブルスで優勝した。(*^^)v祝
 伊達っくのダブルスでのツアー優勝は、1996年以来2回目。
 
 この夏、全米OPを前に左手を骨折してから、思うように練習
&自分のプレーができず。ブログを読んでいても、苦悩やイラ立ち
が伝わって来るところもあったのだけど。
 今大会では、シングルスには早く敗退したものの、だいぶプレー
の感覚が戻って来たとのこと。そして、このダブルスの優勝で、
復活のきっかけがつかめるのではないかと期待している。
 9月には41歳になった伊達っくなのだが、来年の四大大会の
勝利を目指して、まだまだ前向きに&意欲的にガンバです。o(^-^)o

* * * * *

昨日は、JRAで牝馬3歳クラシックの3冠めの秋華賞が
行なわれ、アヴェンチュラwith岩田騎手が優勝。(*^^)v祝
 2番手につけて、直線で先に抜け出し、そのまま押し切る強~い
勝ち方を見せた。(・・)
<2着は、キョウワジャンヌ。とりあえず抑えの馬連&三連複は
ゲット。>

 ジャンポケっ子のアヴェンチュラは、昨年に暮れに骨折したため
春のクラシック路線には参加できず。夏に復活してから、準OP、
クイーン賞を連覇して秋華賞に臨み、最後に残った一冠を見事に
獲得した。
 全姉のトールポピーは、08年オークスを制しながら、以降は
7戦未勝利に終わったのだが。角居調教師は「お姉さんは、途中で
走るのが嫌いになったから、ずっと競馬が好きな子でいてほしい。
姉以上の活躍を期待している」とのこと。
 この3戦のレースを見る限り、走力もさることながら、何か
アタマがよさそう&走るのも嫌いではなさそうなので、今後の活躍
が楽しみだ。(~~)

 mewが応援していた1番人気のホエールキャプチャは、
外枠のロス&直線で伸びきれず、残念ながら3着に。桜花賞2着、
オークス3着と力を見せながら、クラシックは無冠で終わって
しまった。(~_~;)

<何故、応援しているかと言うと、顔や馬体、走りがかわいくて
mew好みだということもあるけど。何より、☆ファンのmew
は、ホエールの名に応援心がくすぐられてしまうところが。(+_+)>

 今年の牝馬クラシックは、桜花賞がマルセリーナ(昨日は7着)
オークスはエリンコート(10着)と、優勝馬が全て違う子に。
 絶対的にい強い馬は出現しないままだった。(@@)

 また昨日は、昨年の3冠馬アパパネが休養明けで出走した府中
牝馬Sが行なわれたのだが。アパパネは、直線で全くはじけずに
失速し14着に。
 夏女&上がり馬・イタリアンレッドwith浜中が優勝して、重賞
3連勝を飾った。(*^^)v祝
<ここで三連複+αゲットも、12レースで吐き出す。(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 



 さて、政治の話を・・・。

 野田政権が始まって、まだ1ヶ月半・・・。
 
 経済・社会政策に関しては、党内外でも色々な意見がある&
自民党との駆け引きもあるので、やや右往左往している感じも
あって、なかなか話が決まらない状況が続いているのだが。

<TVのニュース&ワイド・ショーも、生活に密着している
ためか、TPPや復興増税、年金&消費税の話題が大きく取り
上げられているんだけどね。>

 でも、超親米&保守タカ派の野田&前原政権は、その陰で、
米国などが要求するままに、安保軍事の政策の方はどんどん
進めていて、「おいおいっ」という感じに。(`´)

 メディア(特にTV)もほとんど取り上げない上、これらの
政策に関しては、自民党と一致する点が多くて、野党からの
反対の声がほとんど出ないため、mewがこのブログで「日本が
アブナイ!」「何とか阻止を!」と訴えていたことを、次々と
実行に移されてしまいそうな状況にある。(-"-)

* * * * *

 まずは、沖縄の普天間基地の辺野古移設の件を・・・。

 昨日、複数の新聞やTVが、政府が来年夏までをめどに、辺野古
沿岸の埋め立てを申請するために、年内にアセス手続きを進める
方針を決めたというニュースを報じていた。(@@)
 もちろん、その背景には、米国の圧力(脅し?)が強まっている
ことがある。(@@)

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が来年
6月をめどに県に対し、移設先の名護市辺野古沿岸の埋め立て申請
を行う方針を固めたことが15日、分かった。これに先立ち環境
影響評価(アセスメント)の最終段階となる「評価書」を今年
12月に県に提出する。複数の政府関係者が明らかにした。

 米国のゲーツ前国防長官は今年6月、「今後1年間で具体的な
進展を遂げることが重要だ」と要求。今月25日予定の一川保夫
防衛相と来日するパネッタ国防長官の会談でも、「来夏の埋め立て
申請を前提に、年内にアセス手続きを進めるよう強く求められる」
(政府関係者)と目されている。

 このため、野田佳彦首相は防衛省に評価書の完成を急ぐよう
指示。一川氏が17日に沖縄県で仲井真弘多(なかいまひろかず)
知事と会談し、評価書の作成状況を説明して県側の意向を探る。
首相も評価書提出に合わせて12月中に沖縄を訪問し、知事に
移設への理解を求める考えだ。<産経新聞16日・全文*1に>』
<関連記事*2に>

* * * * *

 米国は、民主党政権になってから、鳩山&菅首相が、普天間
基地の辺野古移設の計画を積極的に進めなかったことに立腹。
<これも、2人が早期辞任に追い込まれた大きな要因の一つに
なっている。(-"-)>

 しかも、米議会で普天間基地の移設&グアムへの海兵隊移転
の予算をカットし、計画変更を求める動きが出ていることから
尚更に、辺野古移設の実施を焦っているところがある。^^;

 それゆえ、9月に野田政権になってから、早速、ともかく
早く辺野古への移設の計画を実行に移すようにと様々な形で
圧力をかけて来ている状況にあった。
<米政府&国防関係者が次々と来日。野田首相は、オバマ
大統領との会談で「結果を出す」ことを求められたし。
関連記事・『普天間移設で、野田政権に対する米国の圧力が
強まる
』『野田夫妻、外交デビュー。基地問題で米の強硬圧力
を懸念
』『野田が国連で原発維持(再稼動、輸出継続)の演説+
オバマが普天間移設で結果を要求
』などなど>

 米政府は、今月下旬の一川防衛大臣&バネッタ国防長官との
会談で、日本側が米国の要求に応じて、具体的な計画を提示
することを求めているとのことで。
 今月にはいって、次々と閣僚が沖縄入りして、何とか知事を
説得し、強引にでも計画を実施しようとしている感じがある。
<関連記事*3>

 この件については、また改めて書きたいのだけど。何とか
沖縄の県知事&名護市長&住民に粘ってもらうと共に、国民から
の後押しを願っているmewなのだった。(**) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 また、野田首相は、15日には防衛省で営まれた自衛隊殉職隊員
追悼式に、16日には茨城県の航空自衛隊百里基地で行なわれた
航空観閲式に出席したのだが・・・。

<野田氏は父親が自衛隊員ゆえ、感慨を覚えているように見えた
のだが。その後ろで、軍事防衛マニア&MY天敵の長島首相補佐官
が、もっと感慨深げになっているのが見えて、げんなり。_(__)_>

 首相は、観閲式の訓示で、このように述べたという。

『「私は国連総会で、世界に(東日本大震災の支援の)ご恩返しを
していく決意を表明した。その一端を担うのが国際平和協力活動だ。
国際社会から信頼される、尊敬される国となるためにも一層取り
組んでいかなくてはならない」と述べ、南スーダンなどでの国連
平和維持活動(PKO)やアフリカ・ソマリア沖の海賊対処活動に
積極的に取り組む方針を示した。
 特に南スーダンPKOに関しては「新たにどういう貢献ができるか
最終的な調査を行っているところだ」と述べ、陸上自衛隊施設
部隊派遣に向け、最終調整を進めていることを明らかにした。
<時事通信16日>』

 このPKO派遣に関しては、首相とタッグを組んでいる前原政調
会長が、自衛隊員の武器使用基準の緩和&集団的自衛権の解釈の
見直しを行なうように主張。自民党も同じような考えを持っている
ことから、一気に話を進められないように警戒する必要がある。(・・)

* * * * *

 最後に、安保防衛の分野ではないのだが。国民の食の安全防衛に
関わる重要な問題を・・・。

 日本政府は、03年に米国でBSE(いわゆる狂牛病)が多発
したのを受けて、米国産牛肉の輸入規制を行なっていて。米国から
早く規制を緩和するように強く要請されていたものの、安全性が
確認できないことから、自民党政権でも、民主党政権でもずっと
これを拒んでいたのだけど。
<だって米国が積極的に安全検査を行なおうとしない&工場の
作業や管理があまりにズサンなんだもの。>

 何と野田内閣は、オバマ大統領への手土産にするために、
この規制を緩和する方針を固めたというのである。(@@)
 
『政府は、BSE(牛海綿状脳症)感染を受けて2003年から
実施している米国産牛肉の輸入規制について、来年前半にも緩和
する方針を固めた。

 複数の政府関係者が15日、明らかにした。現在、「月齢
20か月以下」の若い米国産牛の肉に限って輸入している制限を
「30か月以下」まで緩和する方向で調整している。野田首相は、
11月に行われる見通しの日米首脳会談で、オバマ大統領に緩和
を表明する方向で検討に入った。

 制限の緩和は、米国の要望が強いことに加え、東京電力福島第一
原子力発電所事故を受けた日本の農産品に対する風評被害の除去を
各国に訴えるためにも必要だと判断した。近く関係省庁が具体的
内容を決め、内閣府の食品安全委員会に諮問する。

 政府は、米国産に加え、カナダ、フランス、オランダ産の牛肉の
輸入の制限も緩和する。米加両国産は現在の「月齢20か月以下」
の制限を「30か月以下」とする方向だ。仏、オランダ産は現在
輸入を認めていないが、両国ともに日本に輸入再開を強く働きかけ
ている。欧州は北米に比べBSE発生例が多いため、「月齢
20か月以下」で認める案が出ている。政府は今後、国民の意見を
聞く「パブリックコメント」を行い、安全委に諮問する。緩和実施
は来年以降となる。<読売新聞16日>』

* * * * *

 上の記事にもあるように、今、日本の農産物は、福島原発事故
による放射能汚染を警戒され、国際的にも輸入規制&風評被害に
あっているため、それを緩和するために、日本側も譲歩して行く
必要があるという考えも働いているのかも知れないのだが。

 でも、以前も書いたように、自民党政権下でのBSEに関する
諮問委員会やパブリック何チャラの意見聴取会は、出来レース
であったことがわかっているし。
 
 野田政権が、日本を軍事的にも食生活の面でも、どんどんと
アブナイ方向に導いていることを、もっと多くのメディアに伝えて
もらって、もっと多くの国民に知って欲しいと。そうしないと、
マジで日本がトンデモないことになってしまうのではないかと
危惧しているmewなのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-17 12:17 | 民主党、民進党に関して | Trackback

10日は競馬でこころを一つに+体操女子+PKOへの警戒+自民参院会長、派閥に屈する

 10月10日(月)は、JRA&地方競馬が一体となって
「絆~競馬でこころが一つになる日」&「岩手競馬を支援する日」


頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 今日は、連休モードでスポ-ツ・競馬を、いつもより少し
多めに。"^_^"

 まずは、前記事でも触れたのだが、10月10日(月)の
「絆~競馬でこころが一つになる日」&「岩手競馬を支援する日」
(&震災復興支援も)の詳細を。

 この日、JRAでは東京競馬場で「岩手競馬を支援する日」と
して、岩手競馬最大の統一GI「南部杯」を開催し、売り上げの
一部を岩手競馬支援に。また他のレースの売り上げを震災復興
支援のために寄付をする。
 また、「岩手県応援スペシャルデー」として物産品の販売、
プレゼントなどのイベントも行なわれる。"^_^"
<JRAの関連サイトはコチラ

 尚、南部杯の馬券は、JRAと提携した競馬場以外は、地方競馬
の競馬場&場外、SPAT4など地方系のネット販売では買えない
ので、ご注意下さい。(・・)

<南部杯を岩手でやらない&地元馬や地方馬がほとんど出ない
のは寂しいものの、JRAが売り上げアップを考えて協力してくれる
ことには感謝しているのだけど。ただ、地方競馬場などで馬券が
買えないのは、mew的に、チョット不満なのよね。^^;>
 
* * * * *

 そして、岩手競馬(盛岡競馬場)では、「がんばろう東北、岩手」
を合言葉に東日本大震災復興祈念レース(重賞)「第1回 絆カップ」
や、東北出身の騎手で競う「東北ジョッキーズカップ」の2レース
などを開催。
 また、場内では「いわて三陸・復興食堂」など様々なイベント
を開催する。<岩手競馬の特設サイトはコチラ> 

 岩手競馬の馬券は、東京競馬場のほか、全国の地方競馬場や
場外、オッズパーク、楽天競馬、SPAT4などで購入可能だ。
<リストはコチラ。> 

 また、全国の地方競馬場や場外発売場でも、岩手競馬&震災復興
を支援するための様々なイベントを開催。<詳細はコチラ
 このうち帯広ばんえい、大井、名古屋、佐賀は競馬開催中ゆえ、
そちらも楽しむことができる。<帯広はラスト・ナイターよ!(・・)>

 ふだんはJRAや特定の地方競馬しか参戦しない人も、10日
は「絆~競馬でこころが一つになる日」になので、同じ競馬を
愛する者として、是非、岩手競馬&復興支援のために、南部杯や
岩手競馬の馬券を積極的に買って下さいませ。m(__)m

 また、ふだんは競馬に関心のない方も、東京競馬場や全国の
地方競馬場で岩手の物産展などのイベントをやっているので、
復興支援&行楽を兼ねて、遊びに行って下さいませ。m(__)m

 以上、勝手に岩手競馬&地方競馬の広報係のmewでした。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 ところで、7日から、東京で体操の世界選手権が始まり、体操
好きのmewはワクワク・モードにはいっているのだが。

<3月の震災&原発事故の後、欧米から開催を不安視する声が出た
ため、日本の体操関係者が懸命に安全性や復興の重要性をアピール。
何とか開催にこぎつけられて、本当によかったです。"^_^">

 そして、昨日、女子の団体予選で、日本チームが5位になり、
上位8チームに与えられるロンドン五輪の出場権を獲得。(*^^)v祝
 また、エースの鶴見、田中が個人総合、鶴見と中学生の寺本が
段違い平行棒の種目別の出場できることになった。(~~)

<女子は、五輪出場できずに悔しい思いをしたことが何度かある
ので、選手も関係者も出場権確保への思いが強いのだ。(@@)>

 トップバッターの新竹がミスなく着実に演技したのも大きかった
と思うし。鶴見、田中をはじめ、各選手が確実に得点を稼ぎ、
チームの総合力&チームワークで出場権を獲得したという感じ。
<いいムードだったので、寺本も伸び伸び演技できていたし。>
 3種目めの跳馬の前に飯塚が負傷するアクシデントがあったの
だけど。急遽、代役で跳馬に出場した寺本が高得点をマーク。
他の選手も精神的に動揺せず、最後まで乗り切り、最終種目&
落下リスクのある段違い平行棒で得点を伸ばしたのには、女子団体
も本当に強くなって来たな~と感じさせられるとこがあった。(・・)
 
 女子団体の決勝は、12日(火)に。米中露のTOP3が
かなり強いのだけど。日本チームも、来年に向けて、少しでも
得点アップができるようにp(*^-^*)q がんばっ♪です。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 さて、政治の話を・・・
 
 まず、『野田が次々と強引な方針転換~原発維持、水門開放は
制限、PKO派遣に前のめり
』のPKOに関する続報を。

 野田首相は、先月21日にニューヨークで国連の潘基文国連
事務総長と会談した際に、南スーダンにPKOとして自衛隊を
派遣する意向を表明。
 すぐに調査団を現地に派遣して、準備を進めていたのだが。
8日には第二次調査団を送り、早ければ年内にも300人規模
の自衛隊を現地に派遣する方針だという。(・・)

『政府は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に、インフラ
整備を担う陸上自衛隊施設部隊約300人を派遣する方針を固めた。
8日にも補給路を調べるため、ケニアなど周辺国に第2次調査団を
派遣し、帰国を待って国連側に伝える方針だ。活動地域は首都・
ジュバ周辺となる。

 南スーダンは今年7月、20年以上にわたる内戦を経て、
スーダンから独立。内戦で荒廃した国土の復興が大きな課題で、
陸自の施設部隊は、道路や橋の建設などにあたる。活動開始は
年明け以降を見込んでいるが、政府の一部には年内に陸自の中央
即応連隊を先遣隊として派遣する案も浮上している。(中略)

 第2次調査団は輸送拠点と見込むケニア・モンバサやウガンダに
派遣。補給路と安全状況を調べる。その後、派遣期間や人員構成、
装備などを盛り込んだ実施計画を閣議決定し、一川防衛相が陸自に
派遣命令を出す。

 南スーダンのPKOを巡っては8月、来日した国連の潘基文
(バンキムン)事務総長が施設部隊の派遣を強く要請。当時の
菅政権は東日本大震災への対応などで余力が乏しかったことなどを
理由に、司令部要員のみ派遣する意向にとどめたが、野田政権に
なり、積極姿勢に転じた。PKOへの施設部隊派遣はカンボジア、
東ティモール、ハイチに続いて4例目。<毎日新聞5日>』

* * * * *

 mewは、リンクした記事にも書いたように、自衛隊が国際貢献
活動を行なうこと自体には、大賛成なのだけど。
 
 国際貢献活動の名の下に、自衛隊の海外派遣、武器使用の緩和、
他国軍の防衛をするための集団的自衛権の禁止の見直しなどを
進めて行って、日本が軍事活動できる範囲をどんどん拡大して
行こうと考える保守タカ派議員が少なくないことに、強い警戒感
を抱いている。(-"-)

 先月、前原政調会長が、ワシントンで講演した際に、自衛隊
の国連平和維持活動(PKO)など海外派遣について、行動を
ともにする他国部隊が攻撃された際に武器を使用して反撃できる
ように法的な課題を解決すべきだとの見解を表明したことも、
mewの警戒感をかなり高めることになった。(-"-) 
<関連記事・『やっぱ野田&前原政権は、アブナイ!~』> 

* * * * *

 何か前記事の空中給油の話と被るところがあるのだが。

 もともと自民党の国防族系の議員<石破くんとかヒゲの佐藤
隊長とか>は、早い段階からPKO活動を含めて自衛隊を海外に
積極的に派遣することを提唱していたものの、党内でも武器使用
の緩和や集団的自衛権の行使には慎重な議員がいたため、なかなか
実現せずにいたのだ。(・・)

 民主党政権でも、鳩山&菅政権では武器使用に関する方針の
見直しはしない姿勢が貫かれていたのだが。
 今年の9月、保守タカ派の野田(&前原9政権に代わった途端、
早速、PKO派遣を決定。しかも、前原氏が上述のような講演
を行ない、方針転換をできるように与野党協議を呼びかけている
ような状況にあるわけで。
 野田首相は、とりあえず武器使用基準の緩和には消極的な姿勢
を示しているようなのだが。ここから派遣が決まるまでに、前原氏
などの与野党の国防系議員がアレコレと言い出すおそれもあるだけ
に、注意が必要なのではないかと思うmewなのだった。(@@)

<それこそ、空中給油のケースのように、自衛隊員が現地で勝手に
武器使用基準や他国軍との防衛に関する合意を変えることがない
ように、ウォッチしておかないとね。(`´)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、2日にアップした『懲りない自民党~執行部人事で、
相変わらず派閥の圧力&対立が』の続報を・・・。

 昨年、自民党が結党以来、初めて行なわれた参院会長選で、
<それまで50年以上、派閥の長の協議で会長が決まっていた>
中曽根弘文氏が、「脱派閥&年功序列」を唱えて当選。
 そのために、中曽根会長は、昨年来、主要3派(町村、額賀、
古賀派)の議員と対立していたのだが。今年の夏、3派が自分
たちの推す候補を幹事長に起用することを要求したのに、それを
拒んだことから、自民党参院は全面戦争に突入しつつあった。^_^; 

 中曽根会長は、自分が昨年選んだ小坂幹事長を再任しようと
したものの、反対派が強く拒絶したため、小坂幹事長は辞任
せざるを得ないことに。
 また、次に中曽根会長が候補に挙げた鴻池祥肇氏も、総会で
否決された上、今度は「中曽根おろし」のための解職要求の
署名集めが行なわれ、泥沼状態になっていたのだが。
 
 結局、4日になって、中曽根会長が、止むを得ず、主要3派の
要求を受け入れ、溝手氏を幹事長に起用することを決定し、6日
の特別総会で承認された。(・・)

 自民党参院では、ようやく騒動がおさまったものの、中曽根会長
の求心力の低下を招いた上、派閥の力による党運営が復活したこと
に失望する声が出ているという。(-"-)

『自民党の参院議員特別総会が6日午前、国会内で開かれ、中曽根
弘文議員会長は、任期満了を迎えた参院執行部人事について、参院
幹事長に溝手顕正元国家公安委員長(古賀派)、同政審会長に岩城
光英元官房副長官(町村派)をそれぞれ起用し、脇雅史参院国会
対策委員長(額賀派)を留任させる案を提示し、了承された。

 参院執行部人事を巡って特別総会が開かれるのは8月30日と
9月30日に続いて3度目。町村、額賀、古賀の3派閥の議員が
求める溝手氏の幹事長起用に中曽根氏が応じず、対立が続いていた
が、中曽根氏が今回、3派の主張を全面的に受け入れた。中曽根氏
は総会後、記者団に「過去のことは一切水に流してしっかりとした
仕事をみんなでやっていきたい。派閥に配慮した人選を行った
つもりはない」と述べた。<読売新聞6日>』

『中曽根氏は先月30日の特別議員総会で、鴻池祥肇元官房副長官
を参院幹事長に充てる人事案を提案したが、町村、額賀、古賀3派
のベテラン議員らの反対で否決。混乱収拾のため、3派が求める
溝手氏起用を受け入れたが、党内からは「中曽根氏は自分で反対
してきた派閥のごり押しに屈した」(中堅議員)との批判が出て
いる。(中略)
 溝手氏は古賀派、脇氏は額賀派、岩城氏は町村派の出身で、3派
に配慮した人事となった。参院自民党の執行部人事を巡る対立は
8月下旬から続き、3回目となる人事案提案で収束に向かうが、
中曽根氏を支持してきた議員にとっては、はしごを外された格好で、
中曽根氏の求心力低下は必至だ。<毎日新聞5日>』

* * * * *

 しかも、中曽根会長は、当初、山本一太政審会長など幹事長以外
の要職は留任させる予定だったのだが。最終的には、山本氏らも
交代させられることに。
 一太くんは、昨年4月、派閥政治の打破を唱えて、町村派を退会。
8月に中曽根氏を会長選に担いで当選に導いたグループの中心
メンバーだっただけに、町村派などに嫌われ、交代を余儀なく
されたものと察する。(~_~;)
<『アイツとはいっしょにやれない」政審会長更迭 山本一太の
嫌われ度』なる関連記事が見つかったので、*1に>
 
 自民党は、党執行部でも石破政調会長を交代させてしまい、
戦力ダウンになるのではないかと思ったのだけど。
 山本一太氏も、TV出演での発言力&アピール力や、ブログ
での情報発信力などには優れたものがあるし。<mew的には、
ちょっとウルさ過ぎ~に感じることが多いんだけどね。^_^;>。
自民党を改革するために努力していたことは評価していたの
だけど・・・。

 でも、いまだに派閥の力にこだわり、それに従わない者は
どんどん切って行くようなことを続けている自民党を見ると、
自民党再生への道は遠いのではないかな~と思ってしまう
mewなのだった。(@@)

<民主党も、自民党を「他山の石」として気をつけないと、
「同じ穴のムジナ」になっちゃうぞ!(・・)>

                   THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-09 10:04 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

野田が次々と強引な方針転換~原発維持、水門開放は制限、PKO派遣に前のめり

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 菅前首相が辞任して、野田政権が始まってから、まだ1ヶ月にも
満たないのだが・・・。
 野田首相は、菅政権時代に決めた政策や方針を、驚くほどに次々
と転換している。(@@)

 先週、「早速かよ!」と驚かされたのが、野田首相が、脱原発
依存の方針を、あっさりと実質的に撤回。(゚Д゚)

 国連の演説や米紙のインタビューに対して、世界に向けて、
原発の安全性確保&維持を目指して、積極的に原発の再稼動や
輸出を進めて行く方針を発表した。(-"-)

<関連記事・『野田が国連で原発維持(再稼動、輸出継続)の
演説+オバマが普天間移設で結果を要求
』>

 一般国民の間では、今でも「脱原発(依存)」を目指すべき
だと考える人が大半を占めており、先週も東京で「脱原発」を
唱える人々が数万人規模のデモを行なったばかりなのだけど。
 残念ながら、現段階ではマスコミ(特にTV)や与野党議員
からは、野田首相の方針転換を批判する声はほとんどきかれず。
<社民党の福島党首がすぐに批判コメントを出していたのを
見たぐらいかな?^^;>

 このまま放置すれば、野田政権は、前政権で脱原発方針を目指す
話などなかったかのように、また原発政策を維持して行く方向に
舵を切って行くことは間違いない。(ーー)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 また、菅首相は、昨年末、長崎の諫早湾干拓地の水門開放に
関する福岡高裁の判決を受け入れて、上告を断念。全面的な
水門開放を行なう意向を示していたのだが。
<後述するように、全面的な水門開放は、野党時代から民主党
が党として主張していたことでもあった。>

 しかし、野田政権は、こちらも早速、方針転換を行なうことを
表明した。(-"-)

 23日に鹿野農水大臣が長崎を訪問し、現地の意見交換会に
出席&知事と面会。
 国営諫早湾干拓事業の開門調査に関して、政府が、4段階の水門
開放のうち最小の「制限開放」を行なう意向であることを電撃発表
したのだ。(゚Д゚)

『国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査を巡り、鹿野道彦農相
は23日長崎県を訪れ、調整池の水位の変動が最も小さい制限開門
で実施する方針を中村法道知事に伝えた。開門に反対する長崎県と
干拓地の農家に加え、全開を求める佐賀県や漁業者も反発している。

 長崎県諫早市内で開かれた地元との意見交換会で、鹿野農相は
「防災上、営農上、漁業上、最も影響の小さいという考え方(で
決めた)」と述べ、国の方針に理解を求めた。中村知事は「地元
を無視した決定には承服できない」と、方針を白紙に戻し再検討
するよう訴えた。<毎日新聞23日・全文*1>』

* * * * *
 
 残念ながら、最近、一般国民の間では、諫早湾の干拓事業&
水門開放に対する関心は、すっかり薄れてしまっているような
感じがあるのだけど・・・。^^;

 97年に、防潮堤が全て閉じられることになった時には、
連日、TVなどのマスコミも報道。<それを機に、ムツゴロウ
救済活動なども行なわれたりして。> 
 当時は、一般国民の多数が、水門閉鎖に異論や疑問を呈して
おり、まるでギロチンのような感じで、水門が閉じられて行く
光景を目にして、地元の住民だけでなく一般国民も大きな哀しみ
や怒りを訴えていた人が少なからずいたのを記憶している。(・・)

 この国営の干拓事業は、戦後間もなくの1950年代に、食料
増産(コメ作り農家&水田の増加)や災害、治水対策を目的と
して計画されたものなのだが。
 当初から多額&大規模な工事の計画への疑問、漁業への影響が、
やがて環境や自然生態系への悪影響なども問題視されるように
なって、50年近くの間、着工が決まらず。
 しかも、80年代になって、もうコメの増産や治水対策の必要も
なくなったことから、自民党政権内でも工事の見直しを求める声が
出始めていたのだが。何十年にもわたって計画を進めて来た農水省
や地元の自治体、長崎県選出議員の多くが<建設工事による利権
なども絡んで>、計画の実施を譲らず。^^;
 かなり強引に計画を進めて、結局、89年に工事に着工し、
97年に水門を全て閉じることになったのだ。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 しかし、水門閉鎖後、近隣の海の潮の流れが大きく変化したこと
や、それが原因で赤潮などの異常事態が発生したことから、漁業は
もちろん、地元の名産品であるノリなどの養殖にも打撃が生じた上、
生態系にも影響があらわれたことから、漁業関係者などの地元住民
が、水門の開放を求めて次々と訴訟を起こすようになっていた。^^;

 そんな中、菅直人氏は、以前から個人的にも、この問題に
関わっていたのだが。96年に元祖・民主党の代表になってからは、
党の幹部として、自民党政権に対して、水門開放を要求する活動を
行なっており<政官財癒着の公共事業の見直しの観点からも>
これが民主党の方針にもなっていた。(**)

<たまたま、自民党の中川秀道氏(元幹事長)のブログに、
諫早湾:菅総理と民主党がかつて何を言ってきたのか学習しよう』
として、菅氏や民主党(HP)がこの10年行なって来た発言を
まとめた記事が出ていたのを見つけたので、関心がある方は、
そちらをご覧頂きたい。>

 そして、ちょうど自分が首相を務めていた2010年の12月に
福岡高裁が、調査のために5年間の水門開放を求める判決を出した
ことから、上告を断念して、これを受け入れることを決定。
 農水省に、水門開放に向けて具体的な計画を立てるように指示
を行なっていた。(・・)
<関連記事・『菅首相が、政治主導で、諫早湾干拓事業訴訟の
上告を断念&水門開放を決断
。』

* * * * *

 mewから見れば、この水門開放の判断は、菅直人氏や民主党の
これまでの主張から考えて、当然のことだったのだが。
<決して、一部の政治家やメディアが批判していたように「思い
つき」でも、「人気とりのパフォーマンス」や「延命策」でも
なかったのだけど・・・。^^;>
 
 ただ、長きにわたって干拓事業計画に携わっていた農水省の幹部
などは<上告するつもりだっただけに尚更>菅前首相の決断に反発。
 また、長崎県知事や地元の農業関係の住民や議員、あの西岡
参院議長をはじめとする主に長崎選出の国会議員が強く反対を
唱えて、激しく抵抗する姿勢を示した。
 他方、佐賀県知事や地元の漁業関係の住民や議員、その周辺
の国会議員は、菅首相の決断を支持して、早期の水門開放を
求めていた。(・・)

<ちなみに、西岡参院議長が、公の場で激しく菅批判を行なうよう
になったのも、菅首相が西岡議長に事前に相談せず、水門開放の
決断を発表したことが大きな要因になっている。(~_~;)*2>

* * * * * 
 
 そして、農水省内も含めて、反対の声が強い問題だっただけに、
なかなか水門開放の計画が発表されず、もう少し時間がかかるの
かな~と思っていたのだけど・・・。

 何と菅前首相が辞任した途端、今月にはいって、農水省から
制限開門の方針が示されることに。(・o・)
<関連記事・『仙谷が、政調会長代行に+野田政権で、諫早湾の
水門開放も脱原発もなきものに?
』>

 それに対して、水門の全面開放を求める人たちが、反発を示して
いたのだが。<今月15日には、佐賀県知事が、農水省の筒井
副大臣に水門の全面開放を求める陳情をしに来たばかり。^^;>

 鹿野農水大臣も、地元の意見交換会に出席して住民の声をきく
ために、23日に長崎を訪問すると報じられていたのだけど。
 何と、鹿野大臣は、その場で「制限開放」の方針を発表して、
それで強引に押し切ろうとしているのである。(ーー)

<たぶん野田首相は、諫早湾の干拓の問題には関心がないの
ではないかと思われる。ただ、彼は省庁の役人の声を重んじる
タイプだし。何より最小の制限開放なら、費用が少なくて済む
ので、財政再建に資すると考えているのではないだろうか?>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
  

 ただし、さすがに、この強引な電撃発表には、地元だけでは
なく、党内外の反対・賛成派からも驚きの声や異論が続出している
ようで。

『国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門調査を
めぐり、鹿野農相が長崎県知事に「制限的開放」の実施を表明した
ことを受け、与党内から24日、「唐突だ」と野田政権の調整不足
を指摘する声が相次いだ。

 農相は9月16、20の両日、首相官邸に野田首相を訪ね、開門
調査への対応を協議した。首相周辺によると、農相が制限開門方針
を示したのに対し、首相は「判決が出ている以上、何もしないわけ
にはいかない」と述べ、異論を唱えなかったという。

 しかし、民主党の九州選出の衆院議員は24日、「だまし討ちだ。
数日前に農水省に問い合わせたが、こんな話は聞いていない」と
政府の対応を批判した。筒井信隆農林水産副大臣が22日の記者
会見で開門方法を提示しない考えを強調したにもかかわらず、その
翌日に農相が表明したからだ。民主党内には、「政治主導」で
群馬県の八ッ場(やんば)ダムの建設中止を打ち出しながら、地元の
反発で迷走したことと重ね合わせる向きもある。<毎日新聞24日>』

* * * * *

 この件は、色々と難しい問題を含んでいる上、対立が激しい
だけに、mewは、そう簡単に農水省の方針で押し切ることは
できないのではないかと思うし。
 本当なら、もっとマスコミが取り上げて、一般国民の関心や
意見を得たいところなのだけど・・・。

 まあ、ただ、脱原発の方針撤回もそうだが、自分たちの方針に
沿った政策を行なわない菅前首相をジャマに思っていた政治家や
自治体、省庁の役人たちなどは、菅氏が早く首相を辞任することを
強く望んで、「菅おろし」を行なっていたわけで。

 そして、野田首相は、彼らの声を重視して、菅前首相が辞任を
した途端、どんどんと前政権の方針を転換しようとしているので
ある。(-"-)

* * * * *

 今朝、ネットを見ていて、新たに「早過ぎだろ~っ!」とツッコミ
たくなってしまったニュースが出ていた。(・o・)

 前記事の最後に、野田首相が、23日に行なった国連総会の演説
で、南スーダンPKOに自衛隊を派遣することを発表したという話
を書いたのだが・・・。
<関連記事・『オバマが野田を(おいしい?)仕事相手として評価
+野田演説、南スーダンPKOなど』>
 
 先週、野田首相が一川防衛大臣に、現地調査の準備に取りかかる
ように指示をしたという報道を目にはしていたのだけど。
 何と国連演説を行なった翌日の24日に、30人の調査団が
現地に向かって、成田空港から出発したという。(@@)

『南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊施設部隊
約300人を派遣できるかを判断するため、外務、防衛両省などで
構成する現地調査団約30人が24日、成田空港を出発した。
防衛省・自衛隊はこれまで慎重だったが、野田佳彦首相が国連総会
で「日本の得意分野でぜひとも貢献したい」と踏み込み、「野田
外交」の実績作りを急ぐ首相の強い意向に押される形で積極姿勢に
転じた。(中略)

 道路などのインフラ整備にあたる施設部隊の派遣は、8月に来日
した潘基文(バン・キムン)国連事務総長が要請。しかし、陸自は
ハイチにも施設部隊を派遣しているほか、当時は東日本大震災の
救援活動も続いていたため、北沢俊美前防衛相は司令部要員の派遣
を表明するにとどめた。菅政権末期で大きな政策判断は難しいと
いう事情もあった。

 新政権発足から1カ月足らずでの調査団派遣となり、複数の
防衛省幹部は「野田政権になって南スーダンへの姿勢が前のめりに
なった」と明かす。今回の派遣をめぐり、民主党の前原誠司政調
会長が提起した武器使用基準の緩和が議論になる可能性もある。
<毎日新聞24日>』

* * * * *

 この派遣要請に関しても、南スーダンはまだ危険な状況にあって、
武器使用の問題も生じるために、菅前首相や北澤防衛大臣<実は
防衛省の幹部の一部も)などは、慎重な立場をとっていたのだが。

 何分にも、保守タカ派である野田首相や前原政調会長らは、
もともと自衛隊の海外派遣や武器使用の緩和にも積極的な立場で
早くそれを実行に移したくてたまらなかったのだろうし。しかも、
国連で発表すれば、危険な地域への自衛隊派遣&国際貢献を世界に
アピールするチャンスにもなるわけで。
 上の記事で複数の防衛省幹部が言うように、野田政権になって
「前のめりの姿勢」で早い段階から南スーダンPKOへの派遣を
検討し、すぐにでも調査に出発できるように準備を進めていた
のではないかと察する。^^;

  これらの報道を見ていて、知人と「これじゃあ、自民党が政権
をとっているのと変わらないね~」とぼやいていたのだが。

 野田政権に代わってから、あっという間に政府の方針や民主党の
あり方が変わって行ってしまっていることに、日々、愕然とさせられて
いる&どんどんブル~になっているmewなのだった。_(。。)_

                     THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mew(&日本代表?)の大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-09-25 07:03 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)

オバマが野田を(おいしい?)仕事相手として評価+野田演説、南スーダンPKOなど

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 野田首相は、23日に国連総会での演説を行ない、訪米日程を
終了。帰国の途についた。

 日米関係を最も重要視している野田首相としては、今回の訪米
の真の目的は、オバマ大統領と会談し、日米間&個人的な信頼
関係を構築することだったのではないかと思うのだけど・・・。

 昨日、行なわれた記者会見で、野田首相は「日米同盟が日本外交
の基軸だとの信念を伝え、同盟の深化を図ることを確認した。
日米間の懸案の解決に向け、オバマ米大統領と個人的な信頼関係を
築く良いスタートが切れたと自負している」とアピール。
 また、首相の同行筋(Nくんかしらん?)が、わざわざ、こんな
話を報道陣に流していたという。

『【ニューヨーク時事】21日の野田佳彦首相とオバマ米大統領との
首脳会談後、大統領が首相について「彼となら仕事ができる
(I can do business with him)」と語っていたことが
分かった。大統領周辺から日本政府関係者に伝わってきたもので、
首相同行筋が22日、明らかにした。
 大統領の発言は「彼とは取引できる」とも訳され、初の首脳会談
で大統領が首相を評価し、個人的な信頼感を示したものと受け
取れる。ただ、首相がその信頼に応えることができるかは、米軍
普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などの取り組み次第だ。
<時事通信23日>』

 ちなみに、この「I can do business with him」という
オバマ大統領の言葉に関して、こんなとらえ方をしている。 

『大統領は「実務的」(外務省幹部)と言われ、同様に実務的な
首相に対して好感を抱いたようだ。ただ、会談では米軍普天間
飛行場の移設問題で、大統領が「結果を求める時期が近い」と迫る
など、早速難問が突きつけられた。首相に具体的な成果を求める
米側の圧力が今後強まりそうだ。<毎日新聞24日>』

『「彼とは一緒に仕事ができる」という言葉は、1984年、
当時のサッチャー英首相が、ソ連の次期共産党書記長として訪英
したゴルバチョフ氏(後に大統領)を評した言葉として知られて
いる。

 東西冷戦下だったが、サッチャー氏は、ゴルバチョフ氏がそれ
までのソ連指導者と違うと見抜き、当時のレーガン米大統領に
“推薦”した。ゴルバチョフ氏は実際、米国と対話を進め、冷戦
を終結に導いた。

 日本政府筋は、「米側は当然、サッチャー氏と同じ発言だと
意識してこちらに伝えてきたのだろう。これまでの民主党首相と
違い、今度こそちゃんとやってくれ、という意味だろう」と
話した。<読売新聞24日>』

* * * * *

 ちなみに、mewなら「あいつとなら仕事がやりやすい」とか、
「彼となら、話になる」とか訳すかも知れない。

 でも、それは、米国側からの視点で見れば、「彼なら、米国の
言うことをきちんときいて(米国の意に従って、要望を積極的に
受け入れて)くれそうなので、今後の日米間の懸案事項が進め
やすい」ということを意味すると言えるだろう。^^;

 ブッシュ大統領は、何でも言うことをきいてくれる「親友
(or米ポチ)」だった小泉くんと5年半の蜜月関係を築き、
その後の安倍くんや麻生くんも親米派だったので、日本との
外交もやりやすかったのだけど。

 オバマ大統領は、最初の麻生くんが役に立たず<すぐに政権
を失った>。次の鳩山くんは宇宙人だった上、米国だけでなく、
ロシアや東アジアを重視するタイプ&対米対等外交を唱える小沢
くんがバックについていたし。
 菅くんには、日本で初めての市民運動出身ということで個人的
に興味を持ったらしいのだが、菅くん自身は、もともと日米外交
にさほど関心が薄く、世間では米追従と言われていたものの、
実際には、これぞという要求<普天間、防衛政策、TPPなど>
はスル~状態で、全く実行に移してくれなかったわけで。
 
 でも、野田首相は、もともと超親米派で、今回の会談でも、
真っ先に日米同盟が日本外交の基軸だとの『信念』を伝えて、自ら
ラブ・コールを送ってくれているだけに、オバマ大統領もやっと
おいしい仕事のパートナーに出会えてにほっとしているのでは
ないだろうか?^^;

 これから普天間基地の移設の問題を含めて、アレコレどんどんと
遠慮なしに要望をして来る&圧力をかけて来るのではないかと
ブル~な気分になってしまうmewなのであった。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さて、野田首相の今回の訪米目的は、国連での演説を行なう
ことだったのだが。昨日23日、国連総会で、約20分間、
一般教書演説を行なった。<演説要旨を*1に>

 でも、演説内容も、通りいっぺん。話し方も、よく言えば
落ち着いた感じbut淡々と原稿を読んでいるという感じで。
おそらく外国の参加者やメディアには、ほとんど関心を抱かれ
なかった&心に残るものがなかったことだろう。^^;

 野田首相は、冒頭、東日本大震災への支援について、具体例を
織り交ぜて、感謝の意を示すと共に、日本が東日本大震災を乗り
越え、防災分野での国際協力で主導的な役割を果たす決意を
示し、被災地の東北で、2012年に閣僚級の大規模自然災害に
関する国際会議を開く意向を表明した。(・・)

<所信表明などでも使ったパターンなのだけど。具体例で、日本
で働くインドネシア人の看護士やブラジルの子どもたちからの
寄付の話を挙げたところは、野田氏らしさが出ていたかも。>

 あとは、全般的&表面的に、各分野の話を網羅した演説を行なう
にとどまり、脱原発の話もナシ。核兵器廃絶を強く訴えるわけでも
ナシ。

 野田首相は、今回の訪米中に、国連の要請に応じて、南スーダン
でのPKO活動に自衛隊を派遣する準備を行なうことを正式に
決定したので<詳細後述>、今回の演説でも、それを国際社会に
アピールするネタにしようと考えていたかも知れないのだけど。
 
 世界各国は、今年、日本の震災や原子力災害に注目していたこと
を考えると、もっとその辺りでアピールできることがあったの
にな~と思った。(~_~;)

* * * * *

 また、22日には、首相や閣僚が外遊した際に行なわれる
同行記者との「懇談」(取材の集まりみたいなもの)が、そして
23日には記者会見が行なわれたのだが。こちらも通りいっぺん
の内容で、特に見るべきものがなかった感じがある。^^;
 この中で、mewが、一番、疑問に思ったことは、各社の報道を
見る限り、懇談でも会見でも、野田首相が原子力会合での演説で、
「脱原発方針」に全く触れず、実質的に「原発維持」の方針を
表明、原発の再稼動推進や輸出継続に意欲を示したことに関して
全く質問がなされていなかったことだ。(ーー)

<新聞などでは、野田首相が脱原発ではなく積極的に原発政策を
行なう方針を示したことに着目した記事が少なからずあったの
だけど。mewや知人が見たTVのニュースや番組では、そのこと
にはほとんど触れず、「原発の安全性確保を強調した」という面を
メインに伝えるところが多かったような感じがあって。
 ついつい、何だか大企業スポンサーの多い&電力を多用して
いるTV業界では、一般国民の「脱原発」ムードを抑制するような
力が働いているようにも思ってしまった。(-_-;)>

* * * * *

 ところで、日本政府は国連から南スーダンのPKO活動に自衛隊
を派遣するように求められていたのだけど。
 野田首相は、今回、国連事務総長と会談を行なうのに合わせて、
いわば手土産として、この派遣要請に応じることを決定。早速、
調査団を現地に派遣して、準備にとりかかろうとしている。

『南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊の
施設部隊派遣に関する政府検討案の全容が22日、明らかになった。
焦点の活動地域は治安が比較的安定している首都・ジュバを想定し、
分遣隊をヘリコプターで周辺地域に展開させる。防衛省は年明けに
第1陣となる300人規模の施設部隊を派遣する方針だが、先遣隊
を年内に送る案もあり、国連との調整を加速させる。

 野田佳彦首相は21日夕(日本時間22日朝)、国連本部で
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長と会談し、「日本の得意分野
で新しい貢献をしていきたい」と述べ、南スーダンPKO参加に
向け、国連南スーダン派遣団(UNMISS)がジュバに設置した
司令部に陸自から要員2人を送る方針を表明した。これを受け、
一川保夫防衛相は22日、統合・陸海空幕僚長に司令部要員の派遣
準備を指示した。派遣は11月になる見通し。<産経新聞23日>』

 この件については、また改めて書きたいと思うのだが・・・。
 mewは、日本には積極的に国際貢献活動を行なって欲しいと
思っているのだけど。武力装備が必要な危険性の高い地域に派遣する
ことは、回避すべきだと考えている。(・・)
<たとえ正当防衛であっても、日本の軍隊が、いったん、他国の人
に武力行使を行なったら、日本が守って来た平和主義&武力不行使
を破り、パンドラの箱をあけることになると思うので。(-"-)>
 
 そして、南スーダンでは、地域によっては、いまだ激しい内戦が
続いており、8月にも部族衝突で600人が殺害されたばかりゆえ、
この派遣を決めるに当たっても、慎重な判断を行なって欲しいと
願っているmewなのだった。(@@)
                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mew(&日本代表?)の大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-09-24 09:20 | Trackback