「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

灘中に議員やウヨから圧力、攻..
at 2017-08-24 08:02
安倍、今治からカツアゲ?加計..
at 2017-08-23 12:00
佐川国税長官の罷免を求める1..
at 2017-08-22 17:00
枝野、小池新党を自民党の補完..
at 2017-08-22 04:15
政界の流れを左右する民進党の..
at 2017-08-21 07:35
石破が佐川国税長官を批判+加..
at 2017-08-20 08:44
加計の補助金96億、今治市は..
at 2017-08-19 07:12
森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

夏の日は熱いものとはいう..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
モリカケが内閣支持率に与..
from 51%の真実
欧米諸国では残業なしのフ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小沢一郎氏が代表にならな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
親が出生届を出す制度は出..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中東での戦争を止めなけれ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1247)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(124)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:古屋圭司 ( 2 ) タグの人気記事

安倍、忖度を要求?&古屋、沖縄野党を詐欺扱い+共謀罪、キノコ採りも対象って

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【テニスの伊達公子(46)が12日、膝の手術&リハビリを乗り越えて、1年3ヶ月ぶりにコートに復帰した。(^^♪
 愛媛県内で開催された「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」に参加。期待の22歳(ランキング77位)の日比野菜緒とエキシビション・マッチを行なったのだ。(結果は2-6、(2)6-7)

 伊達は、まだ「やり切った感」を抱けていない様子。ランキングを下げてしまったので、国内戦や下位大会からの参戦となるが。膝も痛くなくなったので、とことんやり切って欲しい&思い切りのいい伊達らしいプレーを楽しみにしているです。o(^-^)o四大大会、もう1回出られるといいな。(・・)】

* * * * *

 安倍内閣&自民党の問題発言が止まらない。(@@)

 前記事で、山本幸三地方創生担当大臣のトンデモ発言(「学芸員はがん。一掃すべき」など)について書いたのだが。<『地方相が暴言~学芸員の文化保護より、外国人ウケの金儲け?日本のあり方も考えたい』>

 まさに「一強多弱」状態を謳歌している安倍内閣&自民党は、もはや「何を言っても大丈夫」だと思っているようで。
 安倍首相自身が、昨日、「GINZA SIX」のオープニングセレモニーで挨拶をした際、地元・山口県の名産品が原稿に載っていなかったことに関して、「忖度」を要求するブラック・ジョークを言ってたりして。(>_<)

『(全国各地の名産品を集めた売り場を紹介する原稿を読み上げて)この原稿には残念ながら山口県の物産が書いてありませんが、おそらくあるんだろうと思います。よく私が申し上げたことを忖度(そんたく)していただきたい。』(朝日4.17)

* * * * * 

 さらに、安倍盟友の超保守派・自民党の古屋圭司選対委員長が、沖縄のうるま市長選の絡みで、野党に関して「市民への詐欺に等しい」「沖縄特有のいつもの戦術」などとフェイスブックに書き込んだことが問題視されている。(-"-)

『「詐欺に等しい沖縄特有の戦術」自民・古屋氏がFB投稿

 16日に告示された沖縄県うるま市長選(23日投開票)をめぐり、自民党の古屋圭司選挙対策委員長が自身のフェイスブック(FB)で、野党系候補の公約を「市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」と批判した。

 同市長選は自民、公明両党が推薦する現職と、民進や共産、社民など野党や翁長雄志知事の支援する新顔が激突。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐる国と県の対立そのままの構図になっている。

 古屋氏は現職の応援のため沖縄を訪問し、その様子を16日にFBに投稿した。「相手は共産、社民が主導する候補。何でも反対、全く財源の裏付けのない無責任な公約や、空虚なキャッチ(コピー)」だと書き込み、「沖縄特有」という言葉を使って相手陣営を批判した。

 古屋氏に名指しされた格好の社民党県議は「沖縄蔑視の発言だ」と反発。県幹部も「沖縄が選挙で示してきた民意、気持ちを理解しようともしていない。悲しい」と漏らした。古屋氏はうるま市での応援演説で「破壊することが趣味のような政党が推す人間は、間違っても、この市政に来ることがあってはならない」とも訴えていた。(朝日新聞17年4月17日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 このように、首相も閣僚も党幹部も、何を言っても平気な状態になってしまった大きな原因は、野党やメディアがしっかりと問題発言をツッコまない&国民に伝えていないことにあると思うのだけど・・・。<自民党が野党時代には、民主党政権の閣僚や幹部がちょっとでも失言したら、大騒ぎしてたのにね~。^^;>

 最近、mew周辺を見ていて気づいたことに、国民の多くは、自分と直接関係のない地域や事柄に関する問題発言には、さしたる怒りは覚えていないように思うのだ。 (ノ_-。)

 実際、大きな問題発言があったとしても&大臣を辞任させなくとも、内閣支持率への影響もほとんどないし。結局、それが尚更に、安倍内閣&自民党が国民をナメることにつながっているのではないかな~と思う今日この頃のmewなのである。_(。。)_
  
『 <安倍内閣>止まらぬ閣僚の失言 「1強」が緩みに

 安倍内閣の閣僚らが発言を問題視され、謝罪・撤回に追い込まれるケースに歯止めがかからない。山本幸三地方創生担当相は17日、「一番のがんは文化学芸員」などとした発言を撤回し、謝罪した。7日には東京電力福島第1原発の自主避難を「本人の責任」とした今村雅弘復興相が発言を撤回したばかり。政権の緩みが露呈している。

 山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「学芸員を一掃しないとだめだ」などと批判した。

 山本氏は17日、国会内で記者団に「言葉が行き過ぎたことは反省しており、撤回しておわびを申し上げたい」と述べたうえで「地方を元気にするために全力を挙げて頑張っていきたい」と続投に意欲を示した。

 官邸幹部は「特に地方に行った時は危ないから気をつけてくれと言っている。ウケを狙ってサービスしたくなってしまう」と閣僚の緩みを不安視する。北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に対する警戒態勢を続ける中、政権の命取りになりかねないためだ。

 報道各社の世論調査では内閣支持率が軒並み5割を超え、野党の政党支持率は低迷している。「安倍1強」と言われる状況が長期化し、変化の兆しも見えないことが、政権の緩みという形で表れている。

 政権の要である菅義偉官房長官は17日の会見で「閣僚は常に閣僚としての責任をもって発言してほしい」と強調。懸命に引き締めをはかっている。しかし、政府・与党内では山本氏の発言を問題視しない意見が大勢だ。

 安倍晋三首相は同日の衆院決算行政監視委員会で「国家としてあまりに無礼」と追及する民進党の山尾志桜里前政調会長に対し、「山本氏が謝罪し撤回したと聞いている」とそっけなかった。自民党の二階俊博幹事長は会見で、既に謝罪・撤回されたことを踏まえ、「これ以上コメントするつもりはない」と早々に幕引きを図った。

 民進党の野田佳彦幹事長は17日の記者会見で「これだけ異常な発言が続くということは政権としては緩みがあると言わざるを得ない」と国会で追及する考えを強調した。共産党の小池晃書記局長は「一掃すべきはこういう閣僚だ」と辞任を要求した。【遠藤修平、樋口淳也】(毎日新聞17年4月17日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 19日からは衆院法務委員会で、共謀罪の本格的な審議が始まる予定なのだが。その前哨戦として、衆院決算委員会で、早くも共謀罪に関する質疑が始まっているとのこと。(・・)

 mewもネットやニュース映像で少し見たのだが。金田大臣は、相変わらず(まるで洗脳されたかor鎮静剤でも服用しているかのように?
)ボワーンとした(ちょっとアブナい?)表情、話し方をしている上、専門的な質問になるとまともに答弁できず。(@@)
 共謀罪の審議に対する懸念が広がるばかりだ。(-"-)
 
『<共謀罪>金田法相、不安定な答弁 民進党が集中砲火

17日の衆院決算行政監視委員会では、民進党が「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をテーマに、これまでの審議で不安定な答弁が目立った金田勝年法相に多くの質問を浴びせた。19日から衆院法務委員会で法案が実質審議入りするのを控え、対象となる犯罪などを巡って前哨戦が熱を帯びた。

 ■「(対象犯罪の)数え方に一定のルールはない」

 金田氏は民進党の山尾志桜里氏、階猛氏との質疑で「国際組織犯罪防止条約の解釈に基づき、組織的犯罪集団が実行することが現実的に想定しうるかを基準に、対象犯罪を選定した」と述べ、対象犯罪を277に限定した意義を強調。安倍晋三首相も「適用対象を組織的犯罪集団に限定し、実行準備行為があってはじめて処罰の対象となるなど、一般の方々は処罰対象にはならない」と説明した。

 ただ、山尾氏が「過去の数え方と違うのではないか。機械的に数えると300を超えるのでは」と追及すると、金田氏は「数え方に一定のルールはない」と認めた。

 ■「キノコもテロ資金源」

 さらに山尾氏が森林法が対象犯罪となっていることを念頭に「保安林でキノコを採ることもテロの資金源となるのか」とただすと、金田氏は「森林窃盗の対象には竹、キノコの他、森林内の鉱物、岩石なども含まれ、相当の経済的利益を生じる場合もある」と述べ、犯罪集団の資金源になりうるため対象としたと説明。山尾氏は「国民の常識とかけ離れている」と批判した。

 ■「政府参考人を呼んでほしい」

 同法案についての質問が続くと、安倍首相は「法務委で議論すべきことを、テレビ中継があるからといって決算委で質問するのはどうかとの意見もある」といら立ちを隠さなかった。金田氏も「法案の細部について一つ一つ答えるには、ぜひ政府参考人(法務省刑事局長)を呼んでほしい」と述べる場面もあった。

 野党が金田氏に照準を絞って追及する構えを見せていることを受け、自民党は法務委での審議に法務省刑事局長を出席させる方針を決めており、17日の党役員会でも竹下亘国対委員長が「(野党側の)反発もあるようだが、刑事局長は必ず出席させる」と説明した。民進党の野田佳彦幹事長は17日の記者会見で「政府が危なっかしいと考えた時、金田氏を隠そうという動きが出ることも想定されるが、担当相の答弁をきちんと求め続ける」と強調した。【光田宗義】(毎日新聞17年4月17日)』

 法務省の局長が出て来てくれた方が、安定した答弁は得られるに違いないのだが。役人の答弁と言えば、例の佐川くん(理財局長)がいい例で、自分たちで決めた定型フレーズを臆面もなく、ひたすら繰り返すというパターンに終始して、まともな議論にならない可能性が大きいわけで。
 
 野党は金田法務大臣にも答弁を求め続けて、法相の能力のなさや共謀罪のアブナさをしっかりと国民に知らしめて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-04-18 04:16 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍の国民軽視&鈍感さが見える豪雪対策の遅れ~危機管理能力のなさを露呈

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 チョットしつこいかも知れないけど。前記事『五輪に国家主義や妙な精神論を持ち込むな!+遅過ぎる安倍内閣の豪雪被害対応』にも書いた安倍内閣の豪雪対策に関する話を・・・。

 先週、関東から東北にかけて降った豪雪による大きな被害が今も尚、続いている。(~_~;)

 幹線道路に関しては、通行止めが解除され、除雪も進んでいることから、立ち往生していた何百台もの車両も、ようやく脱出し得ることになったのだが。
 一般道路にはいまだに多量の積雪が残っているため、人や物も移動ができずに食料品や燃料が底をつき始めている地域が少なくないとのこと。しかも、今でも関東甲信越地方で、計2700世帯、6千人以上が完全に孤立した状態にあるという。
 また残念ながら、落雪や雪崩などにより死傷した人が次々出ている上(雪の影響による死者は、20人を超えたとのこと)、昨日は、車に閉じ込められて死亡した人が見つかるなど、今後、死者や傷病者の数がさらに増えるおそれがある。(-"-)
 
* * * * *

 政府は雪が降り出した14日に省庁レベルで災害警戒会議を開いていたものの、予想以上の降雪となり、15日朝には山梨県内で過去最大の1メートル以上の積雪を記録することに。
 15日には、各自治体から自衛隊派遣などの支援が要請が相次ぎ、省庁レベルでは、その対応を行なっていたのだが。古屋防災担当大臣が出席して災害対策会議が開かれたのは、16日の午後になってからだった。(-_-;)
 、
 さらに、安倍首相が、豪雪被害に関して発言し、内閣府政務官を現地派遣などを指示したのは、17日になってからのこと。<後述するように、土日はほぼ完全にお休みしていたのよね。>
 ようやく昨日18日になって、首相官邸に非常災害対策本部を設置して、孤立者の安全確保や除雪作業の加速などを指示を行なったという。^^;

『安倍晋三首相は18日、官邸で開いた政府の豪雪非常災害対策本部の初会合に出席し、「国民の生命、財産を守るため、対応に万全を期してほしい」と指示した。関東甲信や東北地方の大雪に対応する政府の会合に首相が出席したのは今回が初めて。被災地への自衛隊派遣も同日、倍増させたが、14日の降雪から4日後の遅い態勢強化となった。

 首相は会合で、今後孤立による凍死の犠牲者を一人も出さない▽自衛隊の装備体制を大幅に強化し、次の降雪に備え総力を挙げて除雪対応を加速▽電気などのライフラインの復旧や道路の通行確保に努め、国民生活の早期改善に全力を挙げる-の3点に触れた。(産経新聞14年2月18日)』

『政府は14日昼に関係省庁災害警戒会議、16、17両日に関係省庁災害対策会議を開いた。だが、孤立集落が残るなどの被害が続き、豪雪非常災害対策本部への格上げを決めたのは18日になってからだった。(産経新聞14年2月18日)』

* * * * *

 そして、前記事でも触れたように、今回の豪雪被害に関する安倍内閣の対応の遅れに対して批判が強まっている。
 各地の自治体や住民からは、もう少し早く対応していれば、被害の拡大が防げたのではないか、孤立化などによる生活困難者や死傷者の数を減らせたのではないかと疑問を呈する声も出ているようだ。(・・)

<っていうか、それこそ、もし民主党政権がこんな対応をしていたら、自民党議員もお抱えメディアも、こぞって「危機管理が甘い!」「政権運営能力がない!」とか言って、総攻撃していたと思いませ~~~ん!?(@@)>

『民主党の海江田万里代表は18日の党常任幹事会で「政府は遅きに失したという批判を免れないのではないか」と指摘。みんなの党の中島克仁衆院議員は18日の衆院予算委員会で「想定外の雪に対し、内閣府の(週末の当直)態勢が十分ではなかったのではないか」と追及した。(毎日新聞
14年2月18日)』

『みんなの党の渡辺喜美代表は党役員会で、政府の対策本部設置が遅れたとして「大雪への事前準備を取っていたのか検証が必要だ」と指摘。生活の党の鈴木克昌幹事長も党会合で「初動の遅れなど反省点はいろいろある。雪をなめていた感じだ」と非難した。
 民主党の松原仁国対委員長は17日の記者会見で、大雪被害が拡大した16日夜、首相が支援者らと天ぷら料理店で会食したことを「緊張感が乏しい」と批判していた。(産経新聞14年2月18日)』

<mewは天ぷら屋に行ったこと自体、責める気はないけど。(ちゃんと災害に対応していればね。)ただ、雪に閉じ込められて食べるものもない状態にある人が、これをきいたら、いい気はしないでしょうね。^^;>

* * * * *

 何と安倍自民党を応援している産経新聞までが、こんな書き方をしていたほどだ。<上にアップした記事の表現も、チョット非難め~てる感じがあったりして。>

『予想を上回る大雪で、死傷者数など被害状況の把握は難航した。山梨県に亀岡偉民内閣府政務官を団長とする政府調査団を派遣したのも17日になってから。片側1車線の道路などで取り残された車両が道路をふさぎ、除雪車が入れないケースも目立った。
 政府の対応が後手に回ったことは否めない。(産経新聞14年2月18日)』

 また、古屋防災大臣も、17日の会見で『「今回は降雪シミュレーションの最悪のパターンが来た。検証したうえで今後のあり方を検討したい」と述べ、対応に課題を残したことを認めた』という。(毎日新聞14年2月18日)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 しかし、菅官房長官は18日の記者会見で、このような批判に対して(ややムキになって?)反論。^^;

『菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、大雪に対して政府の初動が遅れたとの批判が出ていることについて、関係省庁による対策会議を16、17日両日に開催したなどと説明し、「しっかり対応している。古屋圭司防災担当相が陣頭指揮に当たっているから、内閣全体で取り組んでいるということだ」と反論した。
 安倍晋三首相が前面に立って対応していないではないかとの質問に対し、菅長官は「首相の指示で防災担当相がしっかり対応している」と強調した。(時事通信14年2月18日)』

 安倍首相も18日の会合の中で『「地方公共団体とも連携し、警察、消防、自衛隊、国土交通省が、除雪、救助、物資輸送などの初動対応に当たってきた」と述べ、対応は十分に取ってきたと強調』していたという。(産経新聞14年2月18日)』

* * * * *

 mewは、もし安倍首相や菅官房長官が、もう少し謙虚に被災者と向き合う姿勢をみせていたなら、2度も続けて、このネタを取り上げる気はなかったのだけど。<他に書きたいネタが、めっちゃ、たくさんあるし。五輪だって、たまった録画も見たいし。^^;>

 でも、いい加減な対応をしたくせに、こういう開き直りをされたり、エラそ~に「国民の生命、財産を守るため、対応に万全を期して行く」とか言われたりすると、カチ~ンと来てしまうとこがあるわけで。もう1回、しつこくこの件を追及したいと思うです。(・・)

* * * * *

 気象庁は、14日から15日にかけて、関東地方に大雪が降る可能性があると予報。これを受けて、古屋防災大臣は、緊急に関係省庁警戒会議を開催し、国民に十分な警戒とともに不要不急の外出を控えるように呼び掛けるメッセージを発表した。
 
 ただ、気象庁は当初、15日未明から気温が上がって、関東地方では雨に変わると予想していたので、おそらくさほど積雪は残らないのではないかと油断していた人も多いのではないかと思うのだけど(~_~;)mew,too.
 しかし、予想に反してかなりの量の雪が降り続けたことから、多くの地域で過去最大orそれに近いの積雪を記録することに。
 もう15日の午前6時の時点では、山梨県の甲府や河口湖では100センチを超えていて、大きな被害が生じることは目に見えていたし。<午前11時の時点で、甲府市では1894年の統計開始以来最大の積雪114センチ。山梨県富士河口湖町143センチ、埼玉県秩父市98センチ、同県熊谷市62センチ、群馬県の前橋市73センチだったのよね。>
 また、山梨県を含め、関東各地で停電をする地域が増えていたのだ。(-_-;)
 実際、15日午前中から、埼玉、山梨、群馬県内の自治体は、自衛隊出動+αの支援を要請し始めていたのである。(-"-)

<mewは、この日、朝までフィギュア男子の試合を観ていた&午後からの仕事のスケジュールを決めるためにTVやネットで、雪の予報や状況もチェックしていたので、ここら辺は詳しいよ!
 山梨の状況もTV映像で見たのだけど。15日朝には、もう道路やら車などが埋まっている状態で。街中にある歩道橋までもが、途中まで雪に埋もれて形が見えなくなってたぐらいだったです。^^;>

* * * * *

 もちろん省庁レベルでは、地方自治体の要請を受けて、それなりに対応していたのではないかと思うのだけど。
 ただ、15日は土曜日だったので、おそらく安倍内閣の関係閣僚も、各省庁幹部の大部分もお休みだったと思うし。
 mewがネットで調べた限りでは、15日には古屋防災大臣が動いた様子はないのである。(・・)
<15日には、ブログにもfacebookにも何も書かれてないし。古屋大臣が、何かしたという報道も一つもなかった。>

 おそらく古屋大臣は、防災担当閣僚ゆえ、それなりに災害状況の情報は報告を受けていたのではないかと察するのだけど。 
 結局、古屋大臣が、本格的に動き出したのは、16日の午後になってから。午後1時に内閣府で、急遽、関係省庁を集め、災害対策会議を開催。山梨県知事とテレビ会議を行ない、救援策などを協議したという。<17日にも、災害対策会議を開催していたです。>

 そして、「ればたら話」だと言われるかも知れないけど。mewは、もし15日のうちから、安倍内閣が主導する形で、救援活動に力を入れておけば、もう少し死傷者や大変な思いをする人は減らせたのではないかな~と思う部分があるのだ。(・・)

<ただ古屋くんは、とりあえず「今回は降雪シミュレーションの最悪のパターンが来た。検証したうえで今後のあり方を検討したい」と、反省を示しているので(なのかな?)、まだよしとしよう。(++)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 他方、「最高責任者は私だ」の安倍首相はと言えば・・・。

 首相動静によれば、14日は官邸で1日中、公務をこなし、夜6時過ぎからマーシャル諸島のロヤック大統領と会談。その後、午後8時半頃まで、共同記者発表や公邸で首相主催の夕食会を行ない、そのまま公邸に泊まったという。

 安倍首相は、当初、15日に福島県に視察に行く予定だったのだけど。降雪で交通事情が悪化していたことから、前日午後に中止(延期)を発表。
 15日はオフになったこともあってか、安倍氏の発言から察するに、この日は未明まで五輪の男子フィギュアの試合をTVで観戦していた可能性が大きい。(・・)

 15日は、午前中からずっと来客はなし。(閣僚や省庁幹部も訪れていないってことだよね。)
 そして、午後2時半頃になって、男子フィギュアで優勝した羽生選手に祝福の電話を行なうと共に、報道陣の取材に応えた。

 実は、mewは、夜のニュースで、安倍首相が朝から公邸にいると知って、「あ、もしかして大雪の災害対策のことも考えて、公邸にいるのかな」と思ったりもしていたのだけど。

<安倍くんは、首相就任1年を過ぎたというのに、いまだに公邸にはいらないので、緊急の災害や有事対応に支障が出るのではないかと批判されているからね。^^; 
 でも、さっき首相動静を見てわかったことに、先週は珍しく12日からずっと、私邸に帰らず、公邸にお泊りしていたのだった。(何でなんだろ~ね~。(・・))>

 何と安倍首相は、羽生選手との電話が終わった途端、すぐに富ヶ谷の私邸に帰宅。15日の午後から16日の夜まで、しっかりとおうちでお休みしていたのだった。^^;
<私邸にも、ずっと来客はなし。尚、16日夜には、後援会関係者と赤坂の天ぷら屋で外食。>

* * * * * 

 mewは、安倍首相が家に帰って、お休みをとったこと自体、批判する気はないのだけど。
 それに、もしかしたら、電話やらメールやらFAXやらで、豪雪被害の状況やら対策に関して報告を受けていたかも知れないしね。(@@)
<古屋大臣は、安倍首相とは若手の頃から一緒に超保守活動して来て仲がいいトモダチだし。^^;>

 ただ、mewは、安倍首相は15日の時点では、今回の被害の状況を軽く見ていたのではないかと思うし。古屋防災大臣や省庁官僚or官邸スタッフに、最高責任者として、支援対策に関して特に指示を出してはいないのではないかと思う。(**)

<何故って、これまでのケースから考えると、安倍首相は、有事や災害に関して、ちょこっとでも
指示を出した場合には、それをアピールするために、すぐに報道にのっけようとする傾向があるからだ。(~_~;)
 たとえば、昨年の10月の台風災害の時も、とりあえず『安倍首相は16日朝、関係省庁に対し、緊張感を持って被害状況の把握に努めること、被災者の救命・救助を第一に救出活動に全力を尽くすこと、ライフラインの復旧など関係省庁一体となって応急対策に当たることの3点を指示した。(NNN13年10月16日)」みたいなニュースを流してもらうんだよね。

・・・ってか、もし15~16日に安倍首相が何か状況報告を受けたり、指示を出していたりすれば、菅官房長官が会見で真っ先に、そのことをアピールするだろうしね。^^;>

* * * * *

 安倍首相は、17日朝に官邸に出勤してからも、古屋防災大臣とは会わず。<夕方、一緒に米国議員と会談したのだが。その時まで、会わなかった。>
 結局、安倍首相が、最初にこの豪雪災害に関して公の場で言及したのは、17日の午前中に行なわれた衆院予算委員会だった。<自民党議員の質問に答弁する形でね。>

『安倍晋三首相は17日午前の衆院予算委員会で、関東甲信から東北にかけての記録的な大雪の影響により、交通機関の混乱などが続いていることを受け、内閣府の亀岡偉民政務官を団長とする調査団を同日、山梨県に派遣する方針を示した。「関係地方公共団体と連携を密にし、関係省庁一体となって、国民の生命、財産を守るために万全を期していきたい」と強調、秘書官に対応を指示したことも明らかにした。(時事通信14年2月17日)』

<ちなみに、17日の夜は超保守系雑誌の「正論」大賞の贈呈式に出席。(>_<) その後、麻生副総理と、四谷にあるフランス料理店「オテル・ドゥ・ミクニ」で会食したとか。イヤだ~。(め~ったに行けないけど)mewのお気に入りのお店に、来ないでよ~。(ノ_-。)
 それはさておき、せめてこの日ぐらいは、麻生くんとのリッチな会食は控えればいいのにね。(~_~;)

* * * * *

 安倍首相は、「国民の生命や財産(or安全)を守る」というフレーズが大好きだ。
 そのフレーズは、特に安倍首相が前のめりになっている安保軍事政策について語る時に、頻出する。(・・)
 
 今国会では、集団的自衛権の行使に関する答弁の中で、何度も「国民の生命と安全を守り、領土・領海を守る」「私たちは国民の生命・財産をしっかりと守っていく必要があるわけでありまして」と主張しているし。<9条改憲でも、このフレーズを使うよね。>
 8日には日本のミサイル防衛に関しても、「日本の弾道ミサイル防衛システムは、弾道ミサイルによる攻撃が行われた場合に国民の生命や財産を守るという専ら防御的なものであります」と語っていたりしてし。(~_~;)

 安倍くんは「強い日本を取り戻すための『軍隊強化ごっこ』や『NSCでの危機管理ごっこ』」のことでアタマがいっぱいなのかも知れないけど。
 mewは、自分の国の首相には、まず目の前にある自然災害などの被害にあっている国民の生命や安全を守ることを第一に考える人&敏感に反応できる人であって欲しいと思うし。
 目の前にある危機(現に見えている大雪)の危機管理さえもできない&鈍感な人が、エラそ~に「国民の生命を守る」とか「最高責任者は私だ」とか言うんじゃねぇ~と。
 ましてや、広域の大地震や大津波、さらには有事の危機管理など、「とても任せられたもんじゃない」と言いたいmewなのだった。(@@)

p.s. TVメディアも、もっと安倍内閣の対応が遅かったことを、ツッコンでいいんじゃないの~?(・・)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-02-19 05:55 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)