「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

菅長官に食い下がった女性記者..
at 2017-06-25 13:34
沖縄慰霊の日~翁長が辺野古移..
at 2017-06-25 02:44
前川が会見。キーパーソンは和..
at 2017-06-24 09:47
前川次官、萩生田発言の文書に..
at 2017-06-23 15:11
自民には凶暴男子がいっぱい(..
at 2017-06-23 10:32
文科省、安倍&萩生田発言の文..
at 2017-06-22 07:39
籠池が国策捜査&安倍にだまさ..
at 2017-06-21 08:01
安倍、萩生田の指示を示す文書..
at 2017-06-20 08:29
内閣支持率ダウンに、ゲスの極..
at 2017-06-19 07:17
加計、共謀罪*記憶しておきた..
at 2017-06-18 09:12

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

災害の世紀・今度は早朝長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園問題、キーパーソ..
from dendrodium
アメリカファーストの影響..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
豊田衆院議員、秘書に暴行
from 虎哲徒然日記
加計学園優先に安倍総理が..
from dendrodium
憲法改正絶対反対・軍隊を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東京ガスの株を買いませんか
from 椿峰のまち
東芝半導体事業の買取先は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
漸く安倍内閣も支持率急落..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国人の隣国キューバへの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37

ブログパーツ

タグ

(1224)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:安倍晋三 ( 1224 ) タグの人気記事

追悼…野際陽子が語った戦争を知らない政治家へのメッセージ「戦争の真実を知ってほしい」

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 
 女優の野際陽子さんが亡くなった。とてもお若く見えるが、享年81歳だった。心からご冥福をお祈りしたい。

 mewも小さい頃からそうだけど、周辺の人たちの中には野際さんに憧れていた人が多かった。 一見して、美しい&知的な雰囲気があるし。何か津田塾卒、フランス留学経験ありときくと、尚更、知性美が光る感じもあるし。
 女優さんとしては、アクション・ドラマから嫁姑ものまで、演技の幅も広くて、ステキだし。年齢を重ねても、その美しさ、聡明さ、お茶目さは全く失われず・・・。
 ずっとずっと見ていたい、機会があれば、色々な話をききたい女優さんだった。(・・)

<ちなみに我が家には、おそらく「キーハンター」ファンの親族がくれたで野際陽子さん歌唱の主題曲「非情のライセンス」(B面は「パリから帰ったおしゃれなスパイ)と、何故か千葉真一さんの「一匹狼」なるレコードがある。>

* * * * *

 ところで、81歳で戦前生まれの野際さんは、戦争を体験している。(・・)

 野際さんは年齢を経てから、日本の若い人たちが戦争があったことを忘れてしまっているのを実感し、日本の将来を憂慮。もっと戦争体験について語らなければと思った様子。
 mewも何度か、野際さんが戦争について語るのを見たことがある。

 昨日、リテラが、その野際陽子さんの戦争について語っていたことをまとめて、特集記事を掲載してくれていたので、今回はそれをアップしたい。

* * * * *

『追悼…野際陽子が語った戦争を知らない政治家へのメッセージ「戦争の真実を知ってほしい」

リテラ 2017.06.17

 女優の野際陽子さんが今月13日に亡くなっていたことがわかった。死因は肺線がん。81歳だった。3年前よりがんを患い、闘病しながら仕事を続けており、現在放送中のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)にも出演していた。

 『キイハンター』、『ずっとあなたが好きだった』、『ゲゲゲの女房』など多くの人気作品に出演し、日本の映画・ドラマには欠くことのできない名女優だったことは誰もが知る通りだが、彼女にはもうひとつ重要な顔がある。

 野際は、特定秘密保護法や安保法制など、戦争へと突き進む昨今の社会状況に向けて反対の意を表明し続けてきたことでもよく知られている。
 2013年には高畑勲や山田洋次らが呼びかけた「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」に賛同、法案に対して反対の意思を示した。

 また、安保法制が国民的な議論を巻き起こしていた2015年には、「映画人九条の会」などによる安保関連法案への反対意見に賛同。大竹しのぶ、吉永小百合、是枝裕和、周防正行、井筒和幸、山本晋也、高畑勲、山田洋次、大林宣彦といった映画人らとともに安倍政権が強権的に進める安保法制に異議を申し立てた。

 野際がこのような意見表明を起こした背景には、1938年生まれの彼女が体験した戦争の記憶を後世に語り継がなくてはならないという思いがあるのは間違いない。

 2007年、上戸彩が主演した『2夜連続ドラマスペシャル・李香蘭』(テレビ東京)で、現在の李香蘭役を演じた際、番組の公式ホームページに掲載されたインタビューで彼女は、戦争に翻弄された李香蘭の人生を通じて、若い世代にも戦争の恐ろしさを知ってほしいと訴えかけていた。

「戦後60何年たちまして、もう総理大臣も戦争を知らない人になってしまったし、どんどんあの戦争が忘れられていく中で、あれは何だったんだろうか?何でこういう李香蘭のような運命を引き受けなければならない人が出たんだろうか?とか、それをどういう風に我々は受け止めて、活かしていかなきゃいけないのかなっていう…戦争を知らない人たちにもあの時代にあったことのできる限りの信実を知って欲しいという気持ちはしますね、私自身も知らないことはたくさんありますし、知っていることが真実なのかどうかもよくわかりませんけれども、あの戦争の中を生きて、少しは今の若い方たちよりはあの時代のことを想像することができます。李香蘭の境遇は想像するしかないんですけれども、それを想像することはできるので、それをお伝えしたいし、そこから色んなものを見ている方に汲み取って頂きたい。あの時代のことをもう一度思いだして頂きたいと思いますね。」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


* 野際陽子が語った自らの空襲体験

 その思いはそれから先も変わらなかった。15年9月に放送された『ザ・インタビュー?トップランナーの肖像 戦後70年特別編 戦争を語り継ぐ人たち』(BS朝日)では、千玄室大宗匠(茶道家元)、倉本聰(脚本家)、奈良岡朋子(女優)、藤城清治(影絵作家)、瀬戸内寂聴(作家)といった人々に戦争体験を聞くインタビュアーを務めていたのだが、そのなかで彼女自身もこのように自らの戦争体験を話していた。

「私は、天沼っていう荻窪に(ある町に)住んでいて。夏でしたかね、いったん疎開先から(東京に)帰ってきてから、次に(疎開先に)行くまでの間、11月に空襲にあったんですよ。そのときにダーンって(爆弾が落ちて)。うちはまだ防空壕ができていなかったので、押入の布団を全部出して、押入の前に布団を積んでそのなかに隠れるっていう方式をとってたんです。(中略)よくB-29のお腹がこう、ずっと行くのを見ていました」

 野際は、戦中に見た忘れられない光景について、「革新懇ニュース」(全国革新懇)11年9月号でこのように語っていた。

「私自身は戦争の悲惨な体験はありませんが、小学3年のとき、東京の自宅で空襲にあいました。ドーンというすごい音とともに縁側に面したガラスが割れ、びっくりしました。
(中略)
 戦争が終わって12月に東京に戻り、東京駅から中央線に乗ると、焼け野原が広がり、驚くような光景でしたね。
 集団疎開していた東京の下町の6年生は、国民学校を卒業するので疎開先から帰ってきて、すぐに3月10日の空襲で犠牲になりました。後年その話を聞き、とてもショックでした。本当にかわいそうです」

* 野際陽子は瀬戸内寂聴とともに戦争へ向かういまの日本を憂いていた

 このような光景を実際に目の当たりにしているからこそ、野際は戦争を知らない世代が社会を動かすようになり、戦争に向かいかねない状況に危機感を募らせたのだろう。

 2015年に放送された前掲番組『ザ・インタビュー』で野際は、「いまは昭和17年(1942年)ぐらいの感じですね。どんどんどんどん戦争に向かっていっている。それはとても気持ちが悪いですね」、「いまの政治家は戦争を知らない人たち」と危惧を語る瀬戸内寂聴の言葉に大きく頷き、「(戦争中は)私はまだ小学生だったんですけど、時々ね、ふっとあの頃のことを思い出すことがあるんですよね」と語っていた。

 戦争を体験した世代がどんどん鬼籍に入っていく。ここ数年でも、水木しげる、野坂昭如、永六輔、大橋巨泉、愛川欽也など、実際に戦争を体験し、その悲劇を語り継ぐことで反戦の思いを訴えていた人々が次々に亡くなっている。

 安倍政権の強権的な姿勢を支持する人がいる背景に、そういった戦争の悲劇を学んでいない人間が多く存在するという事実は確実にあるだろう。だからこそ、我々は彼らが送り続けていたメッセージを改めて読み深め、代わりになってその体験を発信し続ける義務がある。

 野際は平和への思いをこのように語っていた。その言葉を噛み締めながら、ご冥福をお祈りしたい。

「いま核兵器をもっていても、使うと地球はたぶんおしまいです。「平和にしよう」と考えている人はいっぱいいるわけですから、戦争をなくすことはできないことではないと思います」(前掲「革新懇ニュース」11年9月号)(編集部)』 <mew注・読みやすくするために、小見出しに*を入れました。>

* * * * *

 野際さんが07年に「戦後60何年たちまして、もう総理大臣も戦争を知らない人になってしまったし、どんどんあの戦争が忘れられていく中で、あれは何だったんだろうか?」と話しているんだけど。これって、たぶん第一次政権時の安倍首相のことだよね~。(-_-;)

 戦争を知らなくても、戦前・戦中のことを勉強して、2度と戦争を起こさないようにという思いを強くして政治に関わる人も少なからずいるのだけど。
 国民より国家が大切な安倍首相&超保守仲間の場合は、戦争で命や生活を失った人たちの悲しみや苦しみよりも、戦争で負けて国の体制が変わったことを今でも悔しがって、「憲法改正」の実現や「富国強兵&強い日本を取り戻す」ことを第一の目標に掲げているわけで・・・。

 改めて早く安倍政権を終わらせなければと強く思うmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-06-18 06:04 | 政治・社会一般 | Trackback

最高裁、稲田と在特会との蜜月関係を認める~民族差別者を拒まぬ閣僚のいる安倍内閣は退陣を!

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【世界卓球・・・混合ダブルスで、前回準優勝だった井上・吉村組が見事に48年ぶりの金メダル獲得!(*^^)v祝 
 美宇ちゃんは、アジア大会で勝った世界1位の丁寧に負けて、銅メダルに。丁寧もさすがに2回続けて若い選手に負けないな~って感じ。中国は(愛ちゃん同様)既にそっくりプレーヤーを用意して、美宇対策を行なっているという。(・o・)
 また男子ダブルスの大島・森薗組も48年ぶりに決勝進出を決めた。o(^-^)o
 
 尚、全仏テニスの3回戦(対チョン)は、錦織が2-0から3セットめのタイブレークのマッチポイントを落として、4セットめに0-3となったところで運転順延に。<またイラついて、ボールを打ち上げたり、ラケットを叩きつけて壊したりしてるし。(-"-)>
 本日18時から、試合のつづきをやるのだけど。プレー&精神面が戻ることを願っている。o(^-^)o

 それにしても、テレビ東京も、力を入れている世界卓球と放映権を持っている全仏が日程的に重なってしまって・・・しかも、ドイツとフランスでは時差もほとんどなくて、試合時間も重なってしまうので、本当に運が悪いな~という感じ。(~_~;)
 正直なところ、昨日は全仏テニスはまだ3回戦なんだから、混合ダブルスの試合を生中継すべきだったのではないかな~と思ったのだけど。(ただ、錦織スポンサーが複数ついてたし。錦織の方が視聴率もいいのかな~?) 今夜も忙しくなりそうなmewなのである。(^^♪】

* * * * *

 ところで、超保守マドンナの稲田朋美防衛大臣が、最高裁で「在特会と蜜月関係」にあることが認められてしまったらしい。(・o・)

 稲田氏は、14年に「サンデー毎日」が掲載した「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」という記事の中で、在特会幹部らとともに活動する8人から寄付を受けていて「在特会との近い距離が際立つ」などと書かれたことに対し、名誉を傷つけられたとして提訴したのだが。
 1・2審とも敗訴。最高裁も上告を棄却したため、敗訴が確定したのだ。(**)

 稲田氏は、安倍氏が05年にスカウトした超保守っ娘。安倍首相は、できれば稲田氏に初の女性首相にしたいと考えながら、政調会長や防衛大臣などの要職につけて、実績と経験を積ませているのだが。
 防衛大臣として知識も答弁能力もないため、防衛省の役人から見下されている上、森友学園の籠池前理事長との関係でもウソをついていることがバレて、自民党内でも、もう首相の可能性は消えたと見られているようだ。^^;

 それでも、安倍首相が北朝鮮危機が問題になっている中、稲田氏を防衛大臣として使い続けていることに、大きな疑問を覚えてしまうのだが。<何もわからない人が大臣をやってた方が、防衛省&自衛隊幹部が動きやすかったりして。(~_~;)>
 
 そもそも自分の国の閣僚の中に、在特会と蜜月関係にある人がいるなんて、それだけでも問題だと思うのに。稲田氏の場合、防衛大臣として彼らが天敵視する対北朝鮮の政策を、同じく彼らが敵視する韓国と協力して行なうことになるわけで。日本の政府はこんなことでいいのだろうかと、つい嘆きたくなってしまう。_(。。)_
<これも今朝アップした民主主義&人権意識の退化のあらわれだと言えるかも。^^;>

 ただ、安倍首相が閣僚や要職に起用する超保守仲間の中には、山谷えり子氏(元国家公安委員会委員長)など在特会およびその周辺と関係のある人が少なからずいるのは事実だし。
 日本の野党やメディア、そして国民は、もっとこのような点も問題にすべきではないかと思う。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
『稲田防衛相、敗訴確定 「在特会と蜜月」報道めぐる訴訟

 「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と近い関係にあるかのような記事で名誉を傷つけられたとして、稲田朋美防衛相が週刊誌「サンデー毎日」の発行元だった毎日新聞社に550万円の損害賠償と謝罪記事の掲載を求めた訴訟の上告審で、稲田氏の敗訴が確定した。最高裁第三小法廷(木内道祥裁判長)が5月30日付の決定で稲田氏の上告を退けた。

稲田防衛相の控訴棄却 「在特会と近い」週刊誌報道

 稲田氏が問題にしたのは同誌が2014年10月5日号で掲載した「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」と題する記事。稲田氏の資金管理団体が、在特会幹部らとともに活動する8人から寄付を受けていたと指摘した上で、「在特会との近い距離が際立つ」などと書いた。

 一、二審判決はともに、「記事は寄付などの真実を前提とした論評の範囲内で違法性はない」などとして稲田氏の請求を棄却した。(千葉雄高)(朝日新聞17年6月2日)』

* * * * * 

『最高裁が稲田朋美防衛相とレイシスト「在特会」との”蜜月”を認定! こんな大臣を放置していいのか リテラ 2017.06.02

 南スーダンPKO問題、森友学園問題……ふつうなら政権そのものが揺らぐレベルの問題が噴出している稲田朋美防衛相。いくら安倍首相のお気に入りとはいってもさすがに辞任に追い込まれるかと思いきやうやむやのまま大臣の地位に居座っているが、ここに来てまたしても、稲田防衛相に重大な審判がくだされた。

「サンデー毎日」(毎日新聞出版)が報じた稲田氏とヘイトスピーチ団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)との“蜜月関係”を、一審、二審判決につづいて、最高裁判所が認定したのだ。

 発端となったのは、「サン毎」が2014年10月5日号に掲載した「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」という記事。この記事では、稲田氏の資金管理団体「ともみ組」が2010年から12年のあいだに、在特会の有力会員や幹部と活動をともにしている8人より計21万2000円の寄付を受けていたことを明かし、〈在特会との近い距離が際立つ〉と指摘。これに対し稲田氏は、翌2015年4月に毎日新聞社を大阪地裁に提訴。550万円の慰謝料と謝罪記事の掲載などを求める名誉毀損裁判を起こした。

 だが、昨年3月に大阪地裁で下された判決は、原告・稲田氏側の全面敗訴。「記事は論評の域を逸脱しない」などとして稲田氏の請求を棄却した上、裁判長は「記事には真実性の証明がある。公益を図る目的で、公共の利害にもかかわり、違法ではない」と、稲田氏が名誉を傷つけられたと主張した記事の内容は真実であり、また公益性を担保したものだと認定。稲田氏は判決を不服として控訴したが、昨年10月に行われた控訴審判決でも、大阪高裁は一審判決を支持し、稲田氏の控訴を棄却する判決を下した。稲田氏はこれも不服とし最高裁に上告していたが、5月30日に最高裁は稲田氏の上告を棄却する決定を出し、1、2審の判決が確定した。

 つまり、稲田防衛相が“在特会と近い距離”にあったことを、最高裁が認めたのだ。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


在特会だけじゃない!ネオナチ団体、なでしこアクション、森友学園とも

 最高裁の判断は極めて妥当なものであるが、寄付の事実だけではなく、稲田氏が在特会らヘイト勢力と親密な関係を築いてきた証拠はほかにもある。既報の通り、稲田氏は、元在特会事務局長の山本優美子氏が仕切る極右市民団体「なでしこアクション」が主催する集会に2012年に登壇しており、14年9月にはネオナチ団体代表とのツーショット写真の存在も発覚した。

 また、教育勅語を暗唱させたり中国人や韓国人を誹謗中傷するヘイト文書を配布するなど愛国ヘイト教育をしていた森友学園のことも、稲田氏は当初「聞いたことがある程度」などとしていたが、実際は過去に夫が森友学園の顧問弁護士を務めていたことや、稲田氏自らも森友学園の裁判に出廷していたことなど、深い関係にあったことが次々と明らかになっている。稲田防衛相自身、森友学園との関係は否定しながらも、同学園の愛国ヘイト教育に異を唱えるどころか、防衛相自ら国会の場で軍国主義そのものである教育勅語を賛美すらしてみせた。

 しかし、今回、政権の重要閣僚がヘイトスピーチ団体と蜜月関係にあると最高裁が判断したという事実は、稲田防衛相の大臣としての資質にかかわる問題であると同時に、安倍首相の任命責任が問われる大問題だ。

 そもそも安倍首相は稲田氏を自ら国会議員にスカウトし一貫して重要ポストを与え引き上げてきたが、それはネオナチ団体代表とのツーショット写真が発覚し、さらには在特会との関係を裁判所によって事実だと“認定”されたあともまったく変わっていない。昨年8月の内閣改造の時点で、すでに稲田氏と在特会の関係を事実とする一審の判決が出ていたにもかかわらず、安倍首相は稲田氏をそれまでの自民党政調会長よりもさらに重い防衛相というポストにまで引き上げた。稲田氏と同じようにネオナチ団体代表と写真におさまっていた高市早苗総務相も据え置いたままである。

レイシストと安倍内閣の蜜月に海外メディアから強い批判

 こうした極右議員で脇を固める安倍首相の人事を、当時、海外メディアは批判的に紹介。なかでも稲田氏の防衛相起用は、「戦中日本の残虐行為否定論者が防衛トップに」(英タイムズ紙)、「日本の首相は経済回復を誓いながらも、新たな内閣にタカ派防衛相を迎える」(英ロイター通信)などと報道。とくに米AP通信は、「稲田氏の悪名高い反韓団体とのつながりについて、今年、裁判所は稲田氏の主張を退けて事実と認めた。また2014年には、稲田氏が2011年にネオナチ団体トップとのツーショット写真を納めていたと見られることも表沙汰となった」と、当初からヘイト勢力との関わりを問題視していた。

 ちなみに森友学園問題についても、国内では国有地払い下げ問題ばかりがクローズアップされているが、学園の愛国ヘイト教育や、そのような教育をする森友と安倍政権との蜜月関係のほうこそが問題視されている。

 そして、問題の核心は、このように国内外から大臣としての資質を疑われる稲田氏を重用し続ける安倍首相にあるだろう。だが、安倍首相は、自身も在特会の関西支部長(当時)とのツーショット写真が問題となったことがある上、現在も自民党ネットサポーターズクラブをはじめとするヘイトスピーチを厭わない人間たちが安倍政権の応援組織として下支えしている。そうしたことを考えれば、稲田氏の問題をはじめ、大臣とヘイト勢力との関係など“取るに足らない問題”という認識なのは当然の話なのだ。

 在特会との蜜月を最高裁にまで認定されてしまった「レイシストネトウヨ内閣」。トランプやルペンを笑えない、あまりに恐ろしい現実だが、それこそがいままさに国の政治を司っている彼らの正体であることを忘れてはいけない。(編集部)』

 マジメな話、ヘイトスピーカー、レイシストと関わりのある閣僚がいるような国は、他国から蔑視されることになりかねないし。(それを放置していると、日本という国や国民のあり方も誤解されることになる。)
 それこそ2020年に東京五輪を控えている今日、そんな閣僚を選んでしまう安倍首相は、早く退陣させた方がいいと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-06-04 12:44 | (再び)安倍政権について | Trackback

補佐官「総理は言えないから、わたしが」と前次官が証言+安倍、加計から役員報酬

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今日で5月も終わりですね~。まだまだ行くぞ、加計問題!(**)

 まず、昨日、前川前文科次官が、新たな証言を行なった。(・・)

 昨年9~10月に和泉洋人・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」などと言われたと証言したのである(・o・)
 もしこれが本当なら、実質的に総理の指示(間接的な指示?)を得たことになる。^_^;

 安部首相は昨日国会で「『私の知り合いだから頼む』と(所管省庁に)言ったことは一度もない」と語ったそうだが。その言葉を口にしてなければ、自分はスル~できると想ってるのだろうか?^^;

<もし文科省の現役官僚の中で、たったひとりでも「この文書や説明は本当です」と申し出てくれる人がいるといいんだけどな~。(@@)>

 また、昨日、参院の法務委員会で安倍首相は20年前に加計学園の(名前だけ?)役員になって、給与を得ていたことを認めた。
 実際のところ、収入が少なく(orなく)お金に困っている若手議員や落選議員は、安定した支援金を得るために、形ばかり支援者などの会社で役職+αを得て、給与をもらう例は少なからずあるし。それ相当の恩義を感じて、いずれお返しをと思う人も少なくない。(~_~;)

<逆に言えば、支援者の方も金銭応援だけでなく、本人に恩義を抱かせたり、外部に政治家との関わりをアピールする意図もあって雇うんだからね。^_^;>

 この辺りは、また改めて書くが。安倍首相の超側近・萩生田内閣官房副長官も、09年に衆院選を落選した後、加計学園が経営する大学にお世話になっていたという。(・o・)
<まあ、こちらはお金は得ているのかどうか「???」だが。昭恵夫人も、加計学園が経営する保育園の名誉園長になっているしね。^_^;>

 安部首相は、民進党が自分と加計の関係を印象操作しようとしてると言い始めているらしのだが。印象操作するまでもなく、安倍氏&周辺は家計学園の理事長と、ただの友達を超えて、アレコレ縁が深いのである。(**)

* * * * *

 最初に、前次官の証言の話を・・・。

『「総理は言えないから私が」と首相補佐官が…前次官証言

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画について、前川喜平・前文部科学事務次官が朝日新聞の取材に対し、昨年9~10月に和泉洋人・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」などと言われたと証言した。「獣医学部新設を早く認めるよう求める趣旨だった」と語った。

 昨年9~10月は国家戦略特区での獣医学部新設について、内閣府と文科省の担当者間で協議が続いており、農林水産省などから新設に必要とされる獣医師の需給見通しが示されないとして、文科省が慎重姿勢をとっていた時期にあたる。

 前川氏の説明や同氏の手元の記録などによると、昨年9月上旬から10月中旬に首相官邸の補佐官室に複数回呼ばれ、いずれも和泉氏と2人きりで面会した。

 前川氏は昨年9月上旬の面会について、「和泉氏から、獣医学部の新設を認める規制改革を早く進めるように、という趣旨のことを言われた。『加計学園』という具体名は出なかったと記憶しているが、加計学園の件であると受けとめた」と証言。そのうえで「このときに和泉氏から『総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う』と言われたことをはっきり覚えている」と語った。
(朝日新聞17年5月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、文部科学省の前川喜平前事務次官は30日、和泉洋人首相補佐官から昨年9月上旬、首相官邸に呼ばれ、国家戦略特区での獣医学部設置の特例について「文科省の対応を早くしてほしい」と要請されたとする談話を出した。
 前川氏によると、官邸の執務室で和泉氏は「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」との趣旨の発言をしたという。これに対し、前川氏は承った旨を伝えた。

 その後、前川氏は文科省の担当部署の専門教育課に面会の趣旨を伝えたが、松野博一文科相への報告は必要ないと判断したとしている。
 前川氏は昨年10月半ばにも和泉氏に呼ばれ、獣医学部設置特例に向けた状況を聞かれ、「引き続き検討中」との旨を答えたという。(時事通信17年5月29日)』

* * * * *

 ただ、安倍官邸サイドは、ともかく前川前次官の証言は全て否定。知らぬ存ぜぬ戦法で、この国会を逃げ切るする方針をとるつもりでいるようだ。(・・)

『和泉氏は取材に対し「前事務次官との面会については記録が残っておらず、確認できない。『私が代わって言う』と発言した記憶はない。総理から指示を受けたことはない」と書面で回答した。
 25日の記者会見で前川氏は、獣医学部の新設時期に関して文科省が内閣府から「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えられたとする文書について、「昨年9月から10月にかけ、専門教育課から報告を受けた際に受け取った文書に間違いない」と説明していた。この時期は、前川氏が和泉氏に呼ばれたと主張する時期と重なる。

 一方、松野文科相は19日に「該当する文書の存在は確認できなかった」と発表。30日の閣議後記者会見では「官邸、総理から私に直接指示があったことは全くない」と改めて強調し、和泉氏から前川氏への要請に関しても「前川氏から私がそのような話を聞いたことはない」と話していた。

 前川氏が和泉氏から要請されたとする証言について、菅義偉官房長官は30日の記者会見で「前川氏が勝手に言っていることだ。(調査する考えは)全くない」と述べた。(時事通信17年5月30日)』

* * * * * ~

 そして、安部首相が加計学園の役員を務めていたという話を。

<安倍首相>過去に加計役員「報酬、1年で14万円」参院委 (2)
毎日新聞 5/30(火) 11:51配信

 安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の役員を過去に務めていたと明らかにした。同学園の獣医学部新設に関しては、「(理事長が)知り合いだから頼む、と(政府内で)言ったことは一度もない」と述べ、便宜を図ったことはないと改めて否定した。

 首相は役員就任について「(1993年の衆院選で初めて)当選した当初、相当昔だが数年間、監査かそうしたものを務めた。1年間に14万円の報酬を受けた」と説明。「はるか昔のことだ」として問題はないとした。首相が2000年に衆院に提出した書類によると、99年に加計学園グループの学校法人「広島加計学園」の監事を務め、所得報告書に報酬を受けていたと記載している。

 また、首相は野党が求める文部科学省の前川喜平前事務次官の証人喚問について「委員会(国会)が決めることだ」と改めて述べた。これに先立ち、自民、公明両党の幹事長は東京都内で会談し、前川氏の喚問には応じない方針を再確認した。【高橋恵子、高橋克哉】(毎日新聞17年5月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『加計学園問題で新事実、首相 過去に報酬「年14万円」

 加計学園の獣医学部新設を巡る問題で、新たな事実です。安倍総理が、過去に加計学園の役員を務め、報酬を得ていたことが明らかになりました。野党側は攻勢を強めています。

 「問題は岩盤規制云々っていうことではないですよ。岩盤にドリルで穴を開ける、穴を開けた下で総理のお友達が手を広げて待っているんじゃ、健全な政治とは言えないじゃないですか」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 30日の参議院の法務委員会。加計学園を巡る新たな“事実”が次々と明らかになりました。

 「総理は、この加計学園、あるいは加計孝太郎氏と大変親しいご関係だと伺っていますけども、総理ご自身、加計学園の役員を務めたことはございませんか」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 「確か当選した当初でありますから、相当昔でありますが、数年間ですね、監査かそうしたものを務めたことがございます」(安倍首相)

 「そうとう昔」と表現した安倍総理の初当選は1993年。数年間、加計学園の役員を務めていたことを明らかにしました。さらに・・・
 「報酬も受け取っていますよね」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 「これはもう既に報告をしているわけでありますが、1年間に14万円という報酬を受けたことがございます」(安倍首相)

 当時、学園側から年間14万円の報酬を受け取っていたというのです。これについて自民党幹部からは・・・
 「友達だからね。議員だったらよくあることだ。たいしたことない」(自民党幹部)

 野党側が問題視する安倍総理と加計学園の親密な関係。理事長の加計孝太郎氏は、安倍総理とアメリカ留学時代からの30年来の友人です。また、昭恵夫人とも交流があり、昭恵氏は加計学園が運営する認可外保育施設の名誉園長を務めています。ただ、追及する野党側に対し、安倍総理は強気の姿勢を崩しません。

 「小川委員の先ほどの言を借りればですね、“印象操作”であって、これもはるか、はるか昔のことでございます。私が友人である加計さんのために便宜を図ったかのごとくの前提でですね、議論をしておられますが、それは極めて私はですね、恣意的な議論なんだろうと」(安倍首相)

 安倍総理は野党側を「印象操作だ」と批判。改めて「学部の新設に向けた働きかけは一切していない」と強調しました。さらに30日、もう一つ新たな事実が・・・。学園側から政権に直接、働きかけがあったことも分かりました。

 「加計孝太郎理事長が私のところに挨拶に来られました。“よろしく”という、そういう挨拶がありました」(山本幸三 地方創生相)

 去年9月、加計学園の加計理事長が山本大臣に面会に訪れたというのです。理事長が安倍総理の友人だということは知っていたのでしょうか。

 「事務局から『総理とは親しい間柄の人ですよ』というような話を聞いて『ああそうか』と。しかし、それはそれとして、淡々とやっていくということを言っておかなきゃいかんなと」(山本幸三 地方創生相)

 山本大臣はこのように述べ、適切に対応したと強調しました。次々と明らかになる安倍政権と加計学園の関係。野党側は・・・
 「真相究明する責任が国会にはある。政府・与党がそれを拒み続けるのはやましいことがある。自分たちの今まで言ってきたことのうそがばれるのが怖い、そういうことに他ならない」(民進党 山井和則 国対委員長)

 民進党の山井国対委員長は「総理のご意向」などと書かれた文書が本物だと主張した文科省の前川前事務次官を証人喚問することを改めて要求。しかし、与党側は今のところ応じる意向は示していません。

 参議院では共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案の審議が始まったばかり。6月18日に迫った会期末に向け与野党の神経戦が続きます。(TBS17年5月30日)』

 果たして、国民はこんな答弁で、納得するのか。orこの問題もスル~してしまうのか。(~_~;)

 まずは、メディア(特にTV)が少しずつでいいから、毎日しっかりとこの問題を報じて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-31 10:38 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍が朝日は言論テロに「いいね」、人権意識ない首相+自衛隊TOP、9条改正ありがたい

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【JRAダービーは、レイデオロwithルメールが優勝した。何とルメールも、そしてあの藤沢厩舎もダービーは初優勝。(*^^)v祝 <個人的には藤沢師独自の方針、好きなんだけど。やっぱ1回は勝っておきたいとも思ちゃうよね。あとは大井の的場さまだわ!(・・)>
 2着はスワーヴリチャード、3着にはアドミラブル。何か今年は牝馬もそうなんだけど、「これぞ!」という馬はおらず。ちょっとだけ質の高いドングリの背比べなので、予想が難しいし。秋や来年になったら、どうなるかわからない感じがするです。(@@) オークスもダービーも目黒記念も「急いでる時は、三連複5点ボックスで大体当たる~!(けど、配当が安い時が多い~)」のゲットだったのだけど。あとから見たら「え?目黒ってこんなつくの?」って感じでぐふっ。^m^>

* * * * *

 さて、これは加計学園の報道ともリンクする話なのだが・・・。

 先週、マジで驚いた&呆れたことに、安倍首相(または関係者)が19日に「朝日新聞は言論テロ」とフェイスブックの記事に「いいね!」を押したという。(゚Д゚)
 ちょうど朝日新聞が加計学園の内部文書を17,18日掲載した直後のことである。(-_-)

 一国の首相が、しかも自由民主国であるはずのわが日本の首相が、特定の新聞社が「言論テロ」であるという意見に「いいね」で賛同してしまうなんて。
 表現の自由、報道の自由を最も尊ぶ自由民主主義の先進国じゃあり得ないことでしょう!(**)

 まあ、実際に安倍首相本人が押したのか、フェイスブックの管理権がある家族や側近スタッフが押したのかはわからないが。アカウントが安倍首相である以上、本人も同意見だと思われても仕方ないだろうし。
 mewは、何で全てのメディアが、このことを疑念と怒りをもって、国民に報じないのか不思議でならない。(・・)
 
 朝日新聞は、おそらく日本で購読数TOP2の大手新聞だと思うのだが。一国の首相が、自分が気に入らない記事を載せていると、(とんでもトランプみたいに)平気でそれをディスったり、バッシングするんだよ~。(~_~;) <で、もう一方の読売は熟読しろって?(>_<)>
 
 こんな風に人権感覚に乏しい&言論や報道の自由がわかっていない首相だから、共謀罪を含め、国民の人権をどんどん押さえつける問題のある法律や政策を進めるとは想わないのだろうか?

 う~ん・・・これをおかしいと思う日本人が少なくなっているよだと、マジに日本はアブナイかも知れない。(-"-)

<後述するように、須賀原氏は『私は「朝日新聞は言論テロ」とは思っていないなぜなら「言論」と「テロ」は対義語だと思っているから。テロに走らないために言論がある。朝日は言論機関。』とツイートしているのだが。・・・これは大事な言葉だ!(**)

* * * * *

 この件は、漫画家・須賀原洋行さん(@tebasakitoriri)が18日に、「朝日新聞の姿勢は気味が悪いの一言に尽きる。安部政権にダメージを与えるためには、何の犯罪性もないことを様々な手段を駆使して「世の中が許せないこと」に仕立て上げる。結果的に獣医師が増えることで既得権益が減ることを嫌う日本獣医師会とも共闘してしまう。本来は朝日の批判対象だろうに」とツイート。

 で、19日に劇作家の今井一隆さんが、このツイートを引用して「言論テロといっていいんじゃないか。およそ報道ではないし、狂ってる。」とコメントをしたところ、安倍晋三首相のアカウントが「いいね!」と賛同、評価するボタンを押したことがわかったというのである。(@@)

~ * * * * * ☆

『安倍首相が「いいね!」したのは、5月19日に劇作家・今井一隆氏がFacebookで投稿した文章。今井氏は、マンガ家の須賀原洋行氏が加計学園の獣医学部新設に絡んだ「総理のご意向」文書問題で日本獣医師会顧問の北村直人氏が「文書に書かれていることは事実だ」と認めた朝日新聞の記事を〈朝日新聞の姿勢は気味が悪いの一言に尽きる〉と批判したTwitterへの投稿を取り上げ、このように意見を重ねた。
〈言論テロといっていいんじゃないか。およそ「報道」ではないし、狂ってる。〉

 許認可に絡む権力の不正をチェックするジャーナリズムの最も重要な報道を「テロ」扱いするのは、まさに反民主主義、北朝鮮並みの発想だが、これに安倍首相が「いいね!」と賛同したのである。(リテラ17年5月22日)』

『これについて、野党からは、「総理が言論活動をテロだと揶揄(やゆ)する意見に賛同している」「報道の自由への弾圧だ」などと批判の声が上がっている。(NNN17年5月23日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 『朝日新聞の報道は「言論テロ」!? 安倍首相が『Facebook』の投稿に「いいね」で波紋

DATE:2017.05.23 16:15 BY:Taka ガジェット通信

 5月19日、劇作家の今井一隆さんがFacebookにて漫画家・須賀原洋行さん(@tebasakitoriri)の朝日新聞報道に対するツイートを引用し

「言論テロといっていいんじゃないか。およそ報道ではないし、狂ってる。」とコメントを行った。

これに対して、安倍晋三首相のアカウントが「いいね!」ボタンを押したということで大変話題になっている。

22日の菅義偉官房長官の記者会見では、朝日新聞の記者がそれについて質問し、菅官房長官は「承知していない」と回答した。これを産経ニュースが同日18時30分頃に報じ、記事の時点で

「首相を含め500人以上が「いいね!」をしている。」

とあったのが、翌23日の15時の時点で「いいね!」は2000人を超えるなど反響が広がっているようである。同記事が配信された「Yahoo!ニュース」のコメント欄にも23日15時の時点で8000を超える

コメントがついているが、「共感順」では

「事実だから仕方がない」
「『朝日は言論テロ』ですから当然のことだよ。」
「まさに言論によるテロだと思うがな、慰安婦の奴隷狩りやKYサンゴの捏造など、腐るほど例があるじゃないか、いったい何の目的でこういう捏造テロをするのか、国会で証人喚問してほしいね、」
「『安倍の葬儀はウチで出す』こんな思想の新聞は言論テロです。」

といったコメントがいずれも数万を超える「そう思う」の評価を受けている。一方で「そう思わない」の数もそれぞれ一定の割合でつくなどしているようだ。

 一方で冒頭の須賀原さんはこの件について報じたハフィントンポストの記事にリンクを貼り、

 須賀原洋行 @tebasakitoriri

「「朝日新聞は言論テロ」Facebookの投稿に安倍首相が『いいね!』 http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/22/abeshinzo-facebook_n_16760444.html …
ちなみに私は「朝日新聞は言論テロ」とは思っていない。なぜなら「言論」と「テロ」は対義語だと思っているから。テロに走らないために言論がある。朝日は言論機関。
2017年May23日 14:10』

ともツイートしていた次第である。』

<何か共感者の言葉を読むと、ため息しか出ないよね。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一つ、これはアブナイと思ったのは、陸海空自衛隊全てのTOPである河野統合幕僚長の条改正に関する発言だ。(・・)

 河野幕僚長は、とりあえず「一自衛官として」とは断ったものの、よりによって日本外国特派員協会という公の場で、「自衛隊というものの根拠規定が憲法に明記されることになれば、非常にありがたい」と語ったのである。(・o・)

『首相改憲案 河野統合幕僚長、自衛隊明記「ありがたい」

 防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は23日、東京の日本外国特派員協会で行われた記者会見で、安倍晋三首相が憲法9条への自衛隊明記を提起したことについて問われ「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば非常にありがたいと思う」と発言した。

 河野氏は「憲法は高度な政治問題なので、統幕長の立場で申し上げるのは適当ではない」と断った上で発言したが、自衛隊法は隊員の政治的行為を制限している。(毎日新聞17年5月17日)』

 安倍首相の改憲発言についても、問題にする人が多かったが。憲法尊重擁護義務を負う公務員、ましてや武器を持つ自衛官のTOPが、公務中に憲法改正に対する政治的な考えを言っていいのか。これも大きな問題になるだろう。(@@)

『統幕長発言「憲法の尊重義務違反、辞職を」共産・小池氏

■小池晃・共産党書記局長(発言録)

 (河野克俊統合幕僚長が自衛隊の憲法明記を「ありがたい」と発言したのは)重大で、辞職すべきだ。憲法の尊重擁護義務違反だし、実力組織である自衛隊の最高幹部がこういう発言をするのは本当に許されない。(菅義偉官房長官は「個人の見解」として問題視していないが)ありえないでしょ。一個人として記者会見やっているわけじゃないですからね。そういう言い逃れは、子どももだまされない子どもだましの類いだと思います。まったく問題外。断じて許されない発言だと思いますね。(記者会見で)(朝日新聞社17年5月25日)』

* * * * *

 ちなみに、この幕僚長は、安倍官邸や米軍のごヒイキのようで。何と昨秋から2回も定年を延長されているとのこと。^^;

『<統幕長>定年再延長 野党、「ありがたい」発言批判

 防衛省は25日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長(62)の定年を来年5月27日まで1年間延長すると発表した。28日付。河野氏の定年は昨年11月に今月27日まで6カ月間延長されていた。同省によると統幕長の定年が2度延長されたのは初めて。安倍晋三首相の改憲提案を「ありがたい」と歓迎した河野氏の発言を野党が批判する中、異例の定年延長はさらに波紋を広げそうだ。

 稲田朋美防衛相は25日の参院外交防衛委員会で、河野氏の発言について「憲法という高度な政治問題を『統幕長の立場で申し上げるのは適当でない』と明確にしつつ、個人の感想を述べた。(憲法99条の)憲法順守義務との関係では問題ない」と擁護した。

 一方、共産党の井上哲士参院幹事長は同委で「自衛隊の服務宣誓も憲法順守を明記している。統幕長を罷免すべきだ」と批判。民進党の蓮舫代表も記者会見で「望ましい発言とは決して思わない。責任ある立場で、こうした発言は厳に慎むべきだ」と苦言を呈した。

 河野氏は25日の会見で「発言に全く政治的意図はない」と説明した。自衛隊法は自衛官の定年を最大で3年延長できると規定。河野氏は自衛隊内でも米軍と特に太いパイプを持つとされ、安倍政権内で評価が高い。【木下訓明、前谷宏】(毎日新聞17年5月25日)

 すっかり驕りが身についた安倍首相とこの幕僚長が組んで、安保軍事を行なうのかと思うと、ぞ~っとしてしまうmewなのだった。(@@)
 THANKS
 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-28 18:25 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍も大西もつける薬がない!~安倍の読売熟読茶化し&四天王発言+大西のがん患者は働くな発言

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 当ブログで「失言大魔王」と言えば、もちろん麻生副総理のことなのだけど。たった何年かの間に、何度もメディアにも当ブログにトンデモ発言を大きく取り上げられて、「失言プチ魔王」に昇進した自民党議員がいる。(・・)

 そう。今回も「(がん患者は)働かなければいい」発言でやらかしてくれた大西英夫氏(東京16区)だ。<問題の多い2回生衆院議員だが。区議、都議を経ているので、2回生と言っても若手じゃなくて、もう70歳なのよね。^_^;>

 今回の失言は、病人に関わることだし。自民党内でもめている喫煙問題にも絡むし。おまけに都議選を目前に控えているだけに、さすがに自民党内からも批判が出ているようで。NNNが「つける薬がない」という報道をしていたほどだ。(・o・)

<こういう人たちは、根本的に感覚が狂っているとこがあるし。何かを言う時に、いつどこでどういうことをどのように言ったら問題になるのか、適切なTPOや表現の仕方がわかっていないから、いつまで立っても同じような問題発言を繰り返しちゃうのよね。(-_-)
 しかも、問題発言をしても、なかなか落選しないし。内閣や党の支持率が落ちなければ、党内からも追及されないから、尚更に。(ーー)>

* * * * *

 ただ、mewに言わせれば、そもそも安倍っちほど問題発言が多いくせに、支持率への影響がほとんどない首相はいないのだ。<小泉、麻生首相もヒドかったけど。おXXな分、彼らより意図的かつレベルの低い問題発言が多いと思う。(-"-)>
 それもあって、自民党の閣僚や議員の失言も増えているのではないだろうか?(@@)

 でもって、大西議員のトンデモ発言の記事の前に、やっぱこの人も「懲りないんだな~」「つける薬がないんだな~」と思わされた安倍首相の発言の記事を2つアップさせて欲しい。(++)

 一つは、「憲法改正をするまで死ねない」と言う中曽根元首相の白寿を祝う会(百から一をとって99歳を祝う会)での、安倍首相の挨拶の記事。

 まあ、改憲の話はヨコに置くとして。首相は、先日、国会答弁で野党議員に、自分の改憲に対する考えは「読売新聞を熟読していただければいい」と発言したため、与野党から批判を浴びた&委員長にも注意されたのであるが・・・。
 こういう場所で早速、それを茶化す感じで「『読売新聞を熟読せよ』といって怒られたが、この著書はしっかりと熟読させていただきたい」と語って、周囲の笑いを誘っていたとのこと。国民をバカにしている&ナメているとしか思えない。(ーー) <XXのくせにと言いたいけど。XXだからこういうことを言っちゃうのかな?>

『中曽根元首相「白寿」祝う会 改憲へ変わらぬ意欲

 27日に99歳を迎える中曽根康弘元首相の白寿を祝う会が15日、東京都内で開かれ、安倍晋三首相や読売新聞の渡辺恒雄・グループ本社主筆ら約230人が集まった。中曽根氏は「新たな理想や理念の体現した憲法のもとに、民族の力を結集し、世界に向かってこの国の未来を切りひらいていくべきだ」と語り、変わらぬ改憲への意欲を示した。

 中曽根氏は24日に出版する共著「国民憲法制定への道」(文芸春秋)で、戦力不保持を定めた9条2項を改正し「自衛軍」を設けることを訴えている。

 あいさつに立った安倍首相は「『読売新聞を熟読せよ』といって怒られたが、この著書はしっかりと熟読させていただきたい」。国会で自身の改憲提案について説明を求められた際に「読売新聞を熟読して」と答弁し批判を受けている中、きわどい言葉で改憲論の「先輩」を持ち上げた。
 渡辺氏も改憲をめぐり「いよいよ安倍内閣で実現の運びとなれば、中曽根さんにとって非常にハッピー」と述べた。(朝日新聞17年5月15日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一つは、記事を見て、思わず「はあ?」と声を出してしまったほどの・・・mewから見るとアンビリバボー&政治感覚ゼロと言うべき安倍四天王の話。(゚Д゚)<こんな人たちが四天王になったら、日本は本当にアブナくなっちゃうよ。てか、なりかけてるんだけど。 (ノ_-。) >

『安倍首相 細田派に「四天王を作りたい」

 安倍晋三首相は15日夜、東京都内で父の故晋太郎元外相をしのぶ会に出席した。出席者によると、首相は自らの出身派閥・細田派に関し「『四天王』を作りたい」と述べ、稲田朋美防衛相、松野博一文部科学相、自民党の下村博文幹事長代行の3人の名前を自ら挙げた。自らに続く同派の実力者の育成に意欲を示した形だ。

 同派は晋太郎氏が領袖(りょうしゅう)時代、森喜朗元首相、三塚博元蔵相、塩川正十郎元財務相、加藤六月元農相の4人の実力者で「安倍派四天王」を構成した。【遠藤修平】(毎日新聞17年5月16日)』 

* * * * * 

 そして、思ったよりはワイドショーやニュースも取り上げて批判している大西氏の失言の話を・・・。

 実は、この記事、当初は発言者の名前を伏せて報じられていたのだが。一昨日、フジTVの が大西氏の名を出して大きく扱ったので、却って「あれあれ?」と驚いちゃったりして。
 しかも、翌日にはNNNが「つける薬はない」と強く批判する報道をしていたので、ますます「あれあれ?」という感じになったのである。^^;

『「がん患者働くな」とやじか 受動喫煙議論の自民部会

 受動喫煙の防止策を非公開で議論した15日の自民党厚生労働部会で、たばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴える議員の発言に「(がん患者は)働かなくていい」という趣旨のやじがあったとして、患者団体が反発している。

 やじを受けた三原じゅん子参院議員は取材に対し、部会が非公開だったことを理由に詳細は明かさなかったが「本当に残念。がん患者の働く場を奪うようなことを言ってはいけない」と述べた。自身のブログに「心底怒りで震えた」と心情をつづった。

 発言したとされる男性議員は「この場で議論することではないと言ったかもしれないが、そんな差別的なことは言ってない」と否定している。

 ネットでやじの件が伝わり、全国がん患者団体連合会は「がん患者の尊厳を否定しかねない」との抗議文を公表。天野慎介理事長は「患者にとって就労で得られる収入は命に直結する問題だ。政府は一刻も早く受動喫煙対策を進めてほしい」と話している。

 部会では、飲食店について原則禁煙とする厚生労働省案と、表示すれば喫煙を認める自民党案が示され議論が紛糾。複数の出席者によると、子宮頸(けい)がんの経験者で厚労省案を支持する三原氏が「働きながら治療するがん患者は店を選べない。命がけで喫煙の仕事場で働く苦しさを考えてほしい」と訴えた際、男性議員がやじを発した。〔共同・日本経済新聞17年5月20日〕』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『「つける薬ない」党内でも批判 大西氏発言

 受動喫煙対策について話し合った自民党の会合で、がん患者への配慮を求めた意見に対して、大西英男衆議院議員が「がん患者は働かなくていい」と発言した。がん患者の団体が「患者の生活や希望を否定しかねない」と反発するなど波紋が広がっている。

■先週15日、受動喫煙対策について、話し合われた自民党の会合である“ヤジ”が飛ばされたという。それは、三原じゅん子参議院議員が、がん患者の職場環境などについて、訴えていた時だった。

■三原議員「(がん患者が)治療している中で、その仕事場が喫煙されている所で働くことの苦しさというのはどういうものか…」その時―

■「働かなくていいんだよ!」と、がん患者に対して“働かなくていい”というヤジが飛ばされた。

■自身も子宮頸(けい)がんを経験している三原議員は「働かなければいいという、そんな話がありますか。がん患者はそういう権利がないんですか」と怒りをあらわにした。

■では誰がヤジを飛ばしたのか。出席者によると、発言したのは大西英男衆議院議員(70)だという。

■大西議員といえば3年前、衆議院の総務委員会で発言していた女性議員に対し、「子供を産まないとダメ」とヤジを飛ばし、その後、謝罪。

■2015年には、自民党の勉強会で「マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのが一番」と発言し、その後、報道機関に圧力をかけるつもりはなかったと釈明している。

■こうした発言に対し、野党側は厳しく批判。自民党内からも「どれだけ党に迷惑をかけていると思っているんだ。つける薬がない」と批判の声があがった。

■さらに、2016年3月には、自民党の会合で、「生き生きした人が(自民党候補で)立候補するんだから頼むよと言ったら、『自民党はあんまり好きじゃない』と巫女さんのくせになんだと思った」と発言し、その後、謝罪した。

■しかし、今回の発言については、大西議員は「私がご指摘のような趣旨で、『(がん患者は)働かなければいい』と発言をしたことは絶対にありません」と発言を否定。そして、22日、発言の趣旨についてこう説明した。

■「願わくば、そういう方(がん患者)にはもっと健康な受動喫煙のないところで働いていただいた方がその方のためになります」「(Q:発言を撤回する考えは)ありません」「(Q:今回の発言が失言であったとの自覚は)あります。それはあります」「そうした方々に私の発言が、お気持ちを深く傷つけたのではないかと、深くおわびを申し上げる次第です」

■発言について、がん患者でつくる団体は22日、「働くことを希望する患者の生活や希望を否定するものとなりかねない」と批判した。

■民進党の野田幹事長は、「議員の資格なしと言うより人間失格だ」と厳しく批判している。(NNN17年5月22日)』

 安倍自民党系メディアのフジ、日テレがこんな報道をするということは、官邸に嫌われているか。早めにどんどん批判して、とっとと幕引きをしたいのか・・・。(~_~;)

 ただ、残念ながら、最近の国民の動向を見ていると、このような発言でさえ安倍内閣や自民党の支持率に影響するかどうかは「???」のmewなのだった。(@@) 

  THANKS
                                          
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-23 02:38 | (再び)安倍政権について | Trackback

安倍政権がやりたい放題できるのはなぜか。打倒安倍のヒントを掴みたい+ミドル級・村田

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 以前から読んでいる方はご存知かと思うが、mewはボクシング・ファンだったりもする。o(^-^)o

 20日のWBAミドル級王座決定戦・村田諒太ーエンデス戦・・・もう日本選手がミドル級王者を争う試合をやるってだけでワクワクだったんだけど。(レナードびいき)村田はmewが思った以上にしっかりと体を作って、パンチ力やガードも強化してたし。足も動いていたし。ミドル級の王座決定戦にふさわしいレベルのボクシングをしたと思う。<今までで一番よかったよね。"^_^"できれば、もうちょっとボディ打ちを出して欲しかったけど。>
 それだけに、あの判定結果が納得行かないと思ってたら、WBAの会長もお怒りになっているらしい。(~_~;) <試合の立会い人も再戦を求めているらしい。>

『ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定12回戦(20日、東京・有明コロシアム)で村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に1―2の判定で敗れた結果に対し、WBAのヒルベルト・メンドサJr会長が“再戦指令”を出した。

 メンドサ会長はツイッターで、自身がつけた採点表を公表し、117―110で村田の勝ちとした上で「DIRECT REMATH(再戦)」と書き添えた。「私は公正な採点が下すことができないスポーツに怒りと不満を覚える。私の採点では村田が117―110で勝っていた。村田諒太と帝拳プロモーション、日本のボクシングファンにお詫びしたい。ひどい判定がもたらすダメージをどう回復させたらいいか、言葉が見つからない。私はチャンピオンシップ委員会に再戦を要求する」と声明を発表した。(スポニチ17年5月20日)』

 本人は「やっていて楽しかったです。自分が12回やるなんて、中学生でボクシングを初めて見たころは想像もできなかった」とやや満足していた様子。
 しかも、タイトルマッチまで4年もの月日を費やした村田は、家族と離れている日も多かったし。心身ともに大変だったこともあってか、リベンジに燃えているという感じではなくて・・・。
「少し気持ちの整理が必要です。多くの方々に支えてもらって勝てなかったですし、負けたから簡単に、はい次、と言えるような努力をしてきたつもりもないです」と、試合後の村田は進退について言葉を濁していたという。(-_-)

 まずは、ともかく休んで、ゆっくり考えて欲しい・・・。
 あれだけの試合をしていれば、他でもマッチ・メイクできるチャンスがあるかも知れないし。できるなら、もう一戦、村田の闘いを見たいと思っているmewなのだった。(・・)

<井上、比嘉、拳四朗にはおめでとう!八重樫の1RでのKO負けはショック。_(_^_)_>

* * * * *

 で、実は、共謀罪の強行採決についての記事を書いていたのだけど・・・。7割がた過ぎたところで、誤って削除してしまったです。 (ノ_-。)

 でも、もう眠い&明日は朝から出かけてしまうので、チョット出来合いの記事を・・・。

 ただ、これは私たちアンチ安倍の国民にとって、本当に大切なテーマ、課題(難題?)ではないかと思うです。(++)

<また機会があったら、書くけど。まずは国民のおまかせモードを何とかしないと。(**)
 あと世界でも、かなり右と左の人がTOPを争うケースが増えているし。この文章を参考にして、逆をやるなら、民進党は右寄り保守に立った自民党に対抗すべく、(共産党とも選挙協力して)もっとリベラル色を強く出した方がいいと。そこに立ち位置をしっかり定めて戦った方がいいってことになるんじゃないのかな~?(@@)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『安倍政権がやりたい放題できるのはなぜか

中北浩爾氏(一橋大学大学院社会学研究科教授)

ビデオニュース・ドットコム 5/20(土)

 かつて自民党の名だたる歴代内閣が何代にもわたって成し遂げられなかった様々な立法や施策を、安倍政権は事もなげに次から次へと実現している。今週は共謀罪が衆院で強行採決された。その前は集団的自衛権を解禁する安保法制を通し、さらにその前は秘密保護法だ。

 それ以外にも武器輸出三原則の緩和や教育基本法の改正など、安倍政権は自民党の長年の課題をことごとくクリアしていると言って過言ではないだろう。

 そして安倍首相は遂に、自民党結党以来の野望とも言うべき憲法9条の改正を明言するまでにいたっている。

 このまま行くと、安倍首相は自民党「中興の祖」とでも呼ぶべき大宰相になりそうな気配さえ漂う。

 しかし、なぜ安倍政権は自民党の歴代政権の中でもそれほど突出して強く、安定した政権になり得たのか。これは単に「野党のふがいなさ」だけで、説明がつく現象なのか。

 一橋大学大学院社会学研究科の中北浩爾教授は、安倍政権の権力の源泉は、1990年代から段階的に続いてきた「政治改革」に請うところが大きいと指摘する。

 かつての自民党政治の下では、中選挙区制度の下、派閥の領袖が権勢を誇り、政策立案や予算編成では族議員が跋扈してきた。しかし、ロッキード事件やリクルート事件などを契機として、「政治とカネ」の問題が社会を揺るがすようになり、1990年代以降、「政治改革」が叫ばれるようになった。

 政治改革は政治家がカネ集めに奔走することなく、政策本位の政治を実践するために、小選挙区制の変更、政治資金規正法の強化と政党助成金の導入などを柱とする施策が相次いで実施された。

 また、少し遅れて、官僚のスキャンダルなどを機に、官僚まかせの政治から脱却した「政治主導」が叫ばれるようになり、首相官邸に権力を集中するために、「経済財政諮問会議」の設置や「内閣人事局」の設立など、数々の改革が実施された。

 いずれも、サービス合戦に終始しがちな中選挙区制の利権政治と決別し、国民から選ばれた政治家が、政権交代が可能な制度の下で官僚主導ではなく政策本位の政治を実現するというのが、その大義名分だった。

 その目的自体は間違っていなかったかもしれない。しかし、制度をいじれば自然に政治がよくなると考えるのは、あまりにもナイーブだった。制度は大きく変わったが、国民の政治に対する向き合い方は、本質的には従来からの「おまかせモード」のままだった。

 結果的に本来の目的とは裏腹に、一連の改革は、党においては小選挙区制の下での生殺与奪を握る公認権や政党助成金の配分権を握る党の執行部に権力を集中させる結果になった。しかも、派閥の影響力が弱まったため、かつての政権と党の間の緊張感は消滅し、首相の留守を預かる党幹事長も、事実上首相の配下に置かれることになった。更にその上に、官邸主導である。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍政権の強みは、「政治改革」後の政治システムが、党内においては異論を挟む余地を与えぬ執行部主導となり、政策立案についても官邸が選んだ有識者会議によって政策の方向性を確定させた上で、その理念に沿って政策立案をする意思のある官僚を登用することが可能になっているところにある。一連の政治改革が、安倍首相の下で、やや予想外の形で実を結んでいるのだ。

 しかも、安倍政権の保守色の強い政策路線は必ずしも現在の自民党の総意を反映しているとは言えないが、リベラル色の強い民進党に対抗するためには、自民党は右に寄らざるを得ないという意識は、下野を経験した自民党の中には広く共有されている。そのため、リベラルな首相よりも、保守色の強い首相の方が、現在の自民党はまとまりやすい。

 それが現在の安倍政権の「やりたい放題」を可能にしているというのが実情ではないか。

 一連の政治改革は自民党内で派閥や族議員の間で密室内で行われていた非公式な政策論争を、むしろ二大政党制の下で政権担当能力を有する野党との間で活発に交わされることが前提にあった。つまり、いざ政権を取れば党に権限が集中することも、官邸主導で政策が遂行されることも、織り込み済みだったが、そこには政権交代可能な野党が存在するという大前提があった。

 政権交代可能な二大政党の間で活発かつオープンな政策論争が交わされ、一定の頻度で政権交代が実現するのであれば、現在の権限集中型「トップダウン」の政治制度は効果的かもしれない。政権交代可能な制度の下では、新たに政権に就いた政党は、できるだけ早い段階で政権交代の成果を見せる必要があるからだ。

 しかし、政権交代の可能性を失った瞬間に、この制度は欠点が前面に出てくる。野党が弱いと国会は政権監視の機能を十分に果たせない。かといって与党内も党執行部に対する異論は出ない。官邸に人事権を握られている高級官僚たちも、政権の意向には唯々諾々と従わざるを得ない。これではどんな政権になっても暴走して当然ではないか。

 とは言え、今さら政治改革を後戻りさせる案は現実的ではない。野党が再び政権担当能力を持つ政党として、自民党にチャレンジできるだけの有権者の信用と信頼を得られるようにならなければ、自民党のやりたい放題は続き、政治改革の本来の効果は裏目に出たままの状態が続くことが避けられない。

 中北氏は野党が自民党に太刀打ちするためには、野党勢力の結集そのものは重要だが、そのような小手先の議論をする前に、民進党や他の野党は、まず個々の議員の政治的な基盤、とりわけ選挙基盤をしっかり固める必要があると語る。実は自民党の真の強みもそこにあるというのが、長年自民党を見てきた中北氏の見立てだ。

 30年来、40年来の政治課題が次々と実現してしまう現在の政治状況を、われわれはどう見るべきなのか。なぜそのような状況が生まれたのか。日本の政治を活気ある民主主義に脱皮させていくために、今、われわれは何をしなければならないかなどを、中北氏とともに、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

-----
中北 浩爾(なかきた こうじ)
一橋大学大学院社会学研究科教授
1968年三重県生まれ。91年東京大学法学部卒業。95年同大大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。大阪市立大学助教授、立教大学教授などを経て2011年より現職。著書に『自民党政治の変容』、『自民党―「一強」の実像』など。
(本記事はインターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』の番組紹介です。詳しくは当該番組をご覧ください。)』

* * * * *

 ともかく早く安倍自民党のやりたい放題をやめさせなければ、と強く思うmewなのだった。(@@)
  THANKS

 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-22 02:35 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

文科省の書面には日時、出席者も+加計問題の重要点をチェック(息子が獣医)+祝・的場7千勝

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【大井のレジェンド・的場文男騎手(60)が、昨日、川崎競馬11R(重賞・5番人気で)で勝利。通産7000勝を達成した。(*^^)v祝
 73年10月16日のデビューから3万9350戦目。(ほぼ5~6戦に1回は勝ってる計算。)7000勝は、佐々木竹見元騎手に続き2人め。

 正直を言えば、佐々木氏の現役時代や的場さまのピーク時代ぐらいまでは、ちょっとエースが勝ちやすい感じ(的場ポジションとか的場ロードとか?)があったのだけど。ここ10年ぐらい、どんどんガチンコ・モードになって行く中、的場さまが若手に負けずに勝ち鞍を重ねて行ったのは、マジにスゴイと思うし、心からリスペクトしているです。m(__)m

 次は、悲願のダービー制覇&最多通産勝利(7151勝)を目指して、ガンバ!o(^-^)o
(ちなみにmewは、ボンちゃん(ボンネビルレコード)と的場さまの名がはいった単勝馬券をお守りとして持ち歩いている。(^^♪】

* * * * *

 前記事『文科省「総理の意向」と、安倍トモ加計の大学新設に関する記述。認可優遇に百億円以上の利益』の続報を・・・。

 菅官房長官は、昨日、朝日新聞や民進党が公表した書類に関して、日付も出所のわからない怪文書のようなもの」だと切り捨てたのであるが・・・。
 今朝、朝日新聞が、日時も出席者も特定された文書であると報じた。<TVに映った書類を見ると、出席した役人の名がきちんと記されていた様子。閣僚(大臣や副大臣、官房副長官など)の名もポコポコ出て来ている。(~_~;)

『文科省文書に日時・出席者 加計学園計画での内閣府要求

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、内閣府が文科省に「官邸の最高レベルが言っている」などと対応を求めたとする文言が、日時や出席者が特定された文書に記されていることがわかった。文科省側が「『できない』という選択肢はない」と言われたことも書かれていた。

 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、朝日新聞が報じた文書について「どういう文書か。作成日時だとか、作成部局だとか明確になってないんじゃないか。通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思う」などと述べた。

 朝日新聞が入手した文書は、「○○内閣府審議官との打合せ概要(獣医学部新設)」=○○部分は実名=という題名で、文科省関係者によると、同省職員が作成した。「平成28(2016)年9月26日(月)18:30~18:55」と具体的な日時が入り、「対応者」として内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名が書かれている。

 文書には、内閣府の出席者が「平成30(2018)年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と語ったと記されている。(朝日新聞17年5月18日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 今朝、知人と話していて、加計学園の岡山理大獣医学部新設については何が問題だったのか、あやふやになっている点も多いように感じたので、もう1回、復習しておこう!(**)
 
 重要な点をいくつか挙げるておくなら・・・

* 加計学園の加計孝太郎理事長は、安倍晋三氏と米留学時代からの30年来の友人。首相になってからも食事やゴルフを楽しむ仲。安倍知恵夫人は、15年から加計学園が経営する保育園の園長に。

* 加計学園は岡山理大に獣医学部の新設を計画。(加計理事長の息子が獣医学部卒だとか。しかし、獣医学部は52年間、新設を認可されていない。(獣医師会が不要と主張。)
 小泉政権でできた特区構想を利用する形で、今治市&加計学園がタッグを組んで07年~15年まで15回、獣医学部を申請するも認められず。

* 安倍第二次政権にはいり、14年~15年に獣医学部新設も含めた新たな特区構想の話が。

* 15年6月から急に、今治市が国家戦略特区に決定し、獣医学を新設できる方向に。
  17年1月、公募の結果、加計学園の岡山理大が選ばれる。(公募期間は1週間。どう見ても予め公募を知っていて、準備していたところしか応募できない 感じ→加計学園を選ぶために行なった公募。)

* 今治市は大学新設用地として、加計学園に37億円の土地を無償譲渡。また国と今治市が少なくとも96億円の助成費を出すことに。

* * * * * ☆

 ちょうど赤旗が、加計学園の件に関する記事を出していたので、それもアップしておくです。

『安倍首相主導・国家戦略特区で無理やり新設 
 52年ぶりの獣医学部 「加計学園」が計画 愛媛 37億円の土地無償提供・補助金64億円


 「森友学園」疑惑の解明が国政の焦点となるなか、安倍晋三首相との親密な関係が注目されるもう一つの学校法人があります。岡山理科大学などを運営する「加計(かけ)学園」(加計孝太郎理事長、岡山市北区)。同学園が愛媛県今治市で開設をめざす、国内では52年ぶりとなる獣医学部をめぐり、総理主導の「国家戦略特区」で起こったことは―。(竹腰将弘)

 現在進行している獣医学部新設構想は、今治市内に岡山理科大学の獣医学部を開設するというものです。市は、学校用地として市内の16・8ヘクタール、約36億7500万円の土地を無償で提供したうえ、校舎建設費の補助金として今後8年間で計64億円を支払うという、いたれりつくせりの構想です。

 加計学園の獣医学部新設までには「前史」というべき長い経過があります。

 文部科学省や農林水産省は、大学獣医学部の新設を抑制する方針をとっています。獣医師への社会的な需要と獣医数のバランスを図るのがその目的。文科省告示「大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の設置等に係る認可の基準」は、歯科医師などとならんで獣医師養成の「大学等の設置若しくは収容定員増」を認めないとしています。

 これをすりぬけるために加計学園と今治市・愛媛県がねらったのは「構造改革特区」による獣医師養成系大学設置の規制緩和でした。

 しかし、日本獣医師会は「獣医学教育課程が『特区』に名を借りた『地域おこし』や特定の一学校法人による『大学ビジネス拡大の手段』と化すようなことがあってはならない」(2010年8月の声明)と批判。「獣医師養成機能をもつ大学全体の問題として全国的見地で対応すべきで、特区制度で実現することは困難」(文科省の回答)という理由で、07年から14年まで15回にわたって出された特区提案は、ことごとく採用されませんでした。

 局面が変わったのは15年6月。第2次安倍政権がアベノミクスの「成長戦略」の柱とした「国家戦略特区」に、今治市と愛媛県が共同で「国際水準の獣医学教育特区」を提案しました。

 以後、52年ぶりの獣医学部新設へ急テンポの動きが始まったのです。

* 首相があけた風穴 腹心の友が“呼応”

 今治市・愛媛県が「国家戦略特区」に大学獣医学部新設を提案してからわずか3週間後の15年6月30日、安倍内閣は「日本再興戦略」改定2015を閣議決定。そこに「獣医師養成系大学・学部の新設の検討」を盛り込みました。獣医学部新設解禁は、政府の方針とされました。

 さらに同12月の国家戦略特別区域諮問会議(安倍首相が議長)では、今治市を含む区域を全国で10番目の国家戦略特区と決定しました。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



* 獣医師会が抗議

 そして、翌16年11月の同会議で「獣医学部の設置」についての制度改正を決定。これにより、従来の獣医学部新設抑制方針に風穴があけられます。

 この会議で麻生太郎財務相は「上手(うま)くいかなかった時の結果責任を誰がとるのか」と異例の発言をしています。日本獣医師会も「半世紀にもわたる獣医学教育の国際水準達成にむけた努力と教育改革に全く逆行するもの」(同11月28日付会長通知)と強く抗議しました。

 一連の手続きの仕上げとして17年1月、今治市の国家戦略特区に新設する獣医学部の認可申請を受け付ける特例措置を告示。わずか8日間の期日中に申請したのは、加計学園のみでした。

 結局、同20日の国家戦略特区諮問会議で、加計学園を実施主体とする獣医学部新設が、安倍首相によって認定されたのです。

 首相はこの会議で「1年前に国家戦略特区に指定した今治市で、画期的な事業が実現します」「獣医学部が、来年にも52年ぶりに新設され、新たな感染症対策や先端ライフサイエンス研究を行う獣医師を育成します」と成果を誇る発言をしました。

 国内の獣医師養成学部の新設は、普通の方法では実現困難でした。安倍首相が主導する「国家戦略特区」によって、強引に制度を変更。そして、実施主体は加計学園という、“予定調和”のような結果が生まれました。

* 30年来の友人と

 安倍首相は米国留学時代に加計理事長と親交を重ね、30年来の友人だといいます。

 同学園傘下の千葉科学大学が14年5月24日、銚子市内で開いた開学10周年記念式典では、「どんな時も心の奥でつながっている友人、私と加計さんもまさに腹心の友だ」と祝辞をのべたといいます。(「千葉日報」2014年5月26日付)

 このほかにも、加計学園創立50周年記念式典(11年11月19日)では「元首相」の肩書であいさつ(学園紙「KETHY」12年1月20日号)。岡山理科大の教育学部開設祝賀会(16年5月26日)にはビデオレターを寄せるなど、学園の行事にも参加を重ねています。

 新聞の「首相動静」欄で16年中に確認できたものだけでも▽山梨県富士河口湖町の焼き肉店で会食(7月22日)▽山梨県山中湖村のゴルフ場でゴルフをプレー(8月11日)▽東京・宇田川町の焼き肉店で会食、昭恵夫人も同席(10月2日)▽東京・丸の内のラウンジで会食、昭恵夫人も同席(12月24日)―と、安倍首相夫妻と加計理事長の親密な交際がうかがわれます。

 加計学園が神戸市東灘区で運営している認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長は安倍首相夫人の昭恵氏です。名誉園長就任を記念して同園を訪れた昭恵氏が保護者らを前に講演したのは15年9月25日。これは、昭恵氏が森友学園の新設する私立小学校の名誉校長として講演した日の、わずか20日後のことでした。

 国家戦略特区 地域を限定して規制緩和や税制優遇を行う制度。「アベノミクス」を実行する“起爆剤”として第2次安倍政権が2013年に導入しました。地方自治体が計画を申請したそれまでの「特区」と違い、安倍首相が議長を務める「特区諮問会議」が強い権限を持ち、首相主導で上から決める仕組みになっています。

 加計学園 岡山市内に本部を置く学校法人(1961年認可)。岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、千葉科学大学の3大学をはじめ、付属中・高校、専門学校、こども園など多くの教育機関を傘下に持ちます。現理事長の加計孝太郎氏は2代目で、2001年1月就任。安倍晋三首相が親友と認めています。』

* * * * *

 このような経緯を前提にして、文科省の書類orそれに関する書類を見てみると、「なるほどね~」と改めて感じさせられる点が結構あったりして。

 で、何とか今回の書類が本物であることを実証できないものか、と切に願っているmewなのである。(@@)
  
 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-18 16:05 | (再び)安倍政権について | Trackback(1) | Comments(0)

文科省「総理の意向」と、安倍トモ加計の大学新設に関する記述。認可優遇に百億円以上の利益

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日扱った森友学園の問題と共に、こちらもしつこく追及したい安倍トモ・加計学園の問題に関する話を・・・。

 加計学園の理事長・加計孝太郎氏は、安倍首相の学生時代からの友人で、今でも共に食事やゴルフを楽しむ仲。
 加計学園は以前から、学園が経営する岡山理科大に獣医学部を作るなど事業を拡張したいと考えていたところ、安倍内閣が15年12月に今治市を国家戦略特区に定めて規制緩和し、50年以上認められていなかった獣医学部の新設を許可されることに。(・o・)
 しかも、何と同大学には37億円の市有地が無償譲渡される上、愛媛県や今治市から96億円も助成を受けるという。(@@)

 この件に関して、加計学園理事長が安倍首相の友人ゆえに、不正な優遇、不当な利益を得ているのではないかという話が何度も出ているのだが。国会で質問を受けた安倍首相は「特定の人物を出して、何か政治的な力を加えたかのごとく質問して、あなた責任とれるんですか!」などと激昂し、強く関与を否定して来た。(~_~;)

 しかし、先月書いたように、加計理事長が日本獣医師会を訪問した時に、理事に「あなたは安倍さんから『獣医師会に行け』と指示されてやって来たんでしょ。ときの最高権力者がバックについている、すごいよね」と言われたり、加計氏自身が「首相が後ろ盾になっているので獣医学部新設は大丈夫だ」と語ったという話が・・・。(『加計総帥「首相の後ろ盾があるから大丈夫」と発言!?~お友達・下村も加担か』)

 そして、昨日、今度は朝日新聞が、すごいスクープ記事を出して来た。加計学園の新設する大学の獣医学部に関する文科省の書類(「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」&「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」)を入手。そこには、「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」と記されたしたというのである。(゚Д゚)

 菅官房長官や松野文科大臣は、首相の関与を否定したのだが。<文科省は文書が本物かどうか確認すると言っていたようだが。菅長官は怪文書扱い。^^;>
 もしこれが本物だったとしたら、首相の進退問題に発展する可能性もある。(++) 

* * * * *

 その前に、実は一昨日の16日、NHKにこんな記事が出ていたのを見て、mewは「あらら~」と思っていたのだ。^^; 
 文科省の審議会が、加計学園の新設獣医学部に「課題あり」との報告をまとめたというニュースだ。<森友学園同様、新設しようとしている学校に問題があるんだよね。(・・)>

『文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」と報告

 大学の学部の新設を審査している文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に設置が予定されている獣医学部について、定員や教員の態勢などに課題があるとする報告を取りまとめました。
文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に岡山理科大学が新設する方針の獣医学部について、実際に設置を認めるかどうか先月から審査を行っていますが、このほど報告をまとめました。

 この中で、大学が申請した160人という定員については、全国に16ある獣医学部の中で最も多く、本当に研修が行えるのかや、予定されている設備と比べて多すぎるなどと指摘しています。
 教員の態勢などについても、大学を卒業したばかりの若手や65歳以上の教授の比率が高いなどと、懸念が示されました。

 この学部はことし1月、規制緩和によって今治市に設置する方針が決まりましたが、選考の途中だった去年9月下旬、内閣府の担当者が、文部科学省側に対し今治市に設置することを前提にスケジュールを作るよう求めたやり取りが文書で残されています。

 審議会は、こうしたいきさつや報告で取りまとめた課題を確認するため、来月上旬に現地視察を行うことにしています。(NHK17年5月16日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 で、その翌朝、朝日新聞の記事を見て、「来た~~~」と心躍らせたのである。(**)

『加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書

 安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。

 野党は「首相の友人が利益を受けている」などと国会で追及しているが、首相は「加計学園から私に相談があったことや圧力がはたらいたということは一切ない」などと答弁し、関与を強く否定している。

 朝日新聞が入手した一連の文書には、「10/4」といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園」という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。また、文書の内容は同省の一部の幹部らで共有されているという。(朝日新聞17年5月17日)』

* * * * *
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170517000352.html
 写真上で読める範囲で書き出してみた。φ(..)

『「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題された文書

○ 設置の時期については、今治市の区域指定日時より「最短距離で規制改革」を前提っとしたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だときいている。

○ 奇異緩和措置と大学設置審査は、独立の手続きであり内閣府は規制緩和部分を担当しているが、大学設置審査は文部科学省。大学設置審査のっところで不測の事態(平成30年開学が間に合わない)ことはあり得る話。関係者が納得するのであれば内閣府は困らない。

○ 「国家戦略特区諸会議決定」という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。
平成30年4月開学に・・・11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり。

『「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題された文書

○平成30年月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。成田市ほど時間はかけられない。これは官邸の最高レベルを言っていること。山本大臣も「きちんとやりたい」と言っている。文科省メインで動かないといけないシチュエーションにすでになっている。

○ 国家戦略特区におおける獣医学部新設に係る方針については、下2パタンが考えられる。(今週、来週での対応が必要)内閣府、文科省、農水省による方針を作成。・・・・』

* * * * *
 
『判明した文書はA4で計8枚。「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書では、2018年4月とされた獣医学部の開設時期について、「最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」と明記。「国家戦略特区諮問会議決定という形にすれば、総理が議長なので総理からの指示に見えるのではないか」と記した。

 「獣医学部新設にかかる内閣府からの伝達事項」との別の文書では「18年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」と要請。「これは官邸の最高レベルが言っていること。文科省メインで動かないといけないシチュエーション(状況)に既になっている」と、首相の意向を示唆して迫っている。(毎日新聞17年5月17日)』

『文科省の担当者は「今調査中であります。確認したいと思っています」と話し、文書について「覚えがない」と述べた。

 一方、菅官房長官は会見で「怪文書みたいな文書だ」と述べた。「(野党の批判は)何を根拠になのでしょうか。怪文書みたいな文書じゃないでしょうか。出所も明確になっていない」-菅官房長官はまた、文書に書かれた総理の意向などは「まったくない」と強調した。(NNN17年5月17日)』

『松野文部科学大臣は、「国家戦略特区への対応に向けた文書が作成された可能性はある。具体的にどういった趣旨で、どういった経緯のものか、確認したい」と述べ、事実関係を確認する考えを示しました。
 また松野大臣は、「官邸や総理から直接の指示があったのかと言えば、指示は全くなく、内閣府を通して、官邸等の意向があると私のほうに報告があったこともない」と述べました。(NHK17年5月17日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『民進 蓮舫代表「そんたくの事実 明らかに」

 民進党の蓮舫代表は、党の参議院議員総会で、「『知らぬは総理ばかりなり』。安倍総理大臣は、『自分は関与していない』とずっと言ってきたが、周りがそんたくをしている事実が、明らかになった。安倍総理大臣や夫人のお友達だけに特別の配慮がなされていたという疑惑は深まった。衆参一体となって、この問題を明らかにしていく」と述べました。

 民進党の笠国会対策委員長代理は記者会見で、「文部科学省は、内部文書を国会に提出し、どういう経緯があったのかを明らかにする責任がある。安倍総理大臣の今までの説明と矛盾することになり、しっかり追及をしていきたい。状況によっては、衆議院予算委員会の集中審議を求めていくことも検討したい」と述べました。(同上)』

* * * * *

 野党は以前から加計学園のことを国会で追及していたのだが。(安倍首相が、そのたびに思いっきり不快感をあらわして、滑舌悪く早口繰り返し言葉で応戦していた。^^;)
 今回は絶好のチャンスであるだけに、早速、集中審議を要求したという(・・)
 
『<加計学園計画>野党集中審議を要求 徹底追及へ

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡って、安倍晋三首相の意向をうかがわせる文書が明らかになり、民進党など野党は勢いづいている。大阪市の学校法人「森友学園」の問題では手詰まり感が漂っていただけに、衆参両院予算委員会での集中審議を求め、徹底追及する構えだ。

 民進党は17日、党内に「加計学園疑惑調査チーム」を設置し、文部科学省などに説明を求めた。共同座長を務める桜井充参院議員は、同学園理事長が首相の友人であることを踏まえ、「事実だとすれば、韓国の朴槿恵前政権と何も変わらない。議員辞職するような大きな問題だ」と指摘した。

 山井和則国対委員長は、森友学園の国有地取得問題と関連付け「首相や夫人のお友達なら破格の優遇を受けられる究極の『えこひいき』政治だ」と批判。共産党の穀田恵二国対委員長は「首相出席の集中審議が必要だ」と述べた。

 政府側は火消しに躍起になっている。菅義偉官房長官は17日の記者会見で「まったく怪文書みたいな文書。出所も明確になっていない」と指摘。内閣府の回答として「官房長官、官房長官の補佐官、両副長官等の要人には『1、2カ月単位で議論せざるを得ない状況』と説明してある」と書かれていたことに、「私の部分は明快に間違っていた。補佐官はまったく関与していなかった」と反論した。

 しかし、民進党の玉木雄一郎衆院議員は17日夜、BSフジの番組で、官僚時代の経験をもとに「個人用のメモは私もよく書いたが、それを組織的に用いれば行政文書になる」との見解を示した。野党は政府の説明に納得していない。【真野敏幸、遠藤修平】(毎日新聞17年5月17日)』

* * * * *

 加計学園の件は、安倍首相の「お友達さえよければ政治」の延長みたいな話ゆえ、この件で安倍内閣が退陣することになるのが、一番いいかも知れないと思うmewなのだった。(@@)
 
  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-18 03:02 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍、改憲宣言で墓穴?~党内外から疑問、反発が続出。憲法審査会も開けず、議論停滞

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 安倍首相は3日、読売新聞のインタビューと改憲団体の会合へのビデオメッセージで、早く憲法改正を実現し、2020年には新憲法を施行したいと、改憲宣言を行なった。(・o・)

 そして8日には、自民党総裁として、党の役員会でも党内や憲法審査会で、改正の議論を加速させるようい指示を行なった。(・・)

 安倍第二次政権が始まって4年半になるものの、安倍首相の悲願である憲法改正の議論はほとんど進展せず。首相&超保守仲間は、焦り始めている様子。^^;

 そこで、安倍首相としては、日本のTOP、リーダーである自分が口火を切ることによって、各党や国民に改憲に対する意識を高め、議論を刺激したいと思い、改憲宣言を行なったかも知れないのだが。
 自党の閣僚や幹部も、公明党も知らされていなかった上、勝手に2020年までとか目標年を語ったり、改憲の具体的な中身まで提案したことで、自公与党内からも疑問や批判の声が次々と出ることに。^^;

 しかも、改憲の考えについては「読売を熟読せよ」という安倍首相の国会での発言に、民進党など野党が「国民に説明する気がないのか」「民主主義、国会軽視だ」と反発。
 そのために、憲法審査会も開かれない状況に陥り、却って、改憲の議論が停滞することにつながっている。(@@)

 安倍氏は、昔から「自民党の党是は憲法改正だ」とアピールし続けているのだが。90年代までは、自民党には半分ぐらい護憲派がいたし。
 近時は8~9割が改憲に賛成しているものの、安倍首相&超保守仲間たちほど「何が何でも憲法改正」と熱心な人は、そう多くいるわけでもないし。
 自民党内でも、まだ改憲の内容に関して、きちんと固まっているわけでもないわけで。(また、いずれ書くけど。12年に出した草案はデモンストレーション・モデルなんだもん。^^;)

 もしかしたら安倍首相の改憲宣言のお陰で、護憲派、慎重派にもピリッと緊張感が走って、改憲防止モードが強化されそうだし。改憲実現が却って難しくなるかも知れない。(@@)

* * * * *

『安倍首相、改憲案の検討加速を指示=自民に「歴史的一歩を」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は8日の同党役員会で、2020年の施行を目指すとした憲法改正について「党は一丸となって本年、いよいよ歴史的な一歩を踏み出したい」と表明した。

 衆参両院の憲法審査会に関しては「自民党が現実的、かつ具体的な議論をリードする責任がある」と述べた。3日のビデオメッセージで語った9条への自衛隊明記や高等教育無償化を念頭に、具体的な改正案の検討を急ぎ、憲法審査会での議論を加速させるよう指示した発言だ。

 これに先立ち、首相は衆院予算委員会集中審議で、20年施行を目標に掲げた狙いについて「国会における政党間の議論を活性化するためだ」と強調した。「議論を永遠に続けていくということではなく、いつまでに、ということを自民党総裁として述べるべきだと考えるに至った」とも語った。民進党の長妻昭氏らへの答弁。

 首相の党総裁としての任期は18年9月までで、3選を果たせば21年9月まで続投が可能。在任中の改憲を実現するため、年限を区切って国会での議論促進を図る狙いがある。

 ビデオメッセージで首相は、戦争放棄などを定めた9条1、2項を維持しつつ、条文を追加して自衛隊の存在を明確に位置付けることを提唱。自民党が12年にまとめた改憲草案には「国防軍を保持する」と明記されたが、首相は答弁で「発議案としてこのまま通るとは考えていない」と述べ、草案に固執しない考えを示した。ただ、草案の取り下げは否定した。

 教育無償化に関しても、首相は「国の未来図を議論する上で、教育は極めて重要なテーマだ」と述べ、改憲項目として議論が進むことに期待を示した。日本維新の会の丸山穂高氏への答弁。

 党役員会での首相指示を受け、二階俊博幹事長は記者会見で「党内の意見をまとめていく努力に力を傾けていかなければいけない」と語った。(時事通信17年5月8日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『安倍総理大臣は、自民党の役員会で、憲法を改正し、2020年の施行を目指す意向を表明したことについて、「党が一丸となって、歴史的な一歩を踏み出す決意だ」と述べ、党内で憲法改正論議を加速するよう指示しました。
この中で、安倍総理大臣は今月3日に、憲法を改正し、2020年の施行を目指す意向を表明したことについて、「自民党総裁としての考え方を表明したが、憲法改正は自民党の立党以来の党是であり、歴代総裁、すべての党員の悲願だ」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「われわれは、この国の未来像を国民に示し、結果を出していくために、衆参両院の憲法審査会で具体的な議論をリードする責任がある。これは自民党の歴史的な使命でもあり、党が一丸となって、憲法改正の歴史的な一歩を踏み出す決意だ」と述べました。

これに対して、高村副総裁は「安倍総裁の発言を受け止めて、党内の議論を加速させていかなくてはならない」と述べました。
二階幹事長「円満な議論で結論導く」
自民党の二階幹事長は記者会見で、「総理・総裁が口火を切ったのだから、党として全力を傾けて、その方向で実現できるようにしなければいけない。党内の意見を十分くみ取ってやっていくのは当然だし、それをまとめることがいちばん大事で、円満な議論の上に、結論を導き出せるよう努力したい」と述べました。(NHK17年5月8日)』

* * * * *

『自民党執行部は安倍総理大臣の意向を踏まえて、国防軍の創設などを盛り込んで野党時代にまとめた憲法改正草案にはこだわらず、党としての具体的な提案を検討する必要があるとして、できるだけ早く憲法改正推進本部で議論を始めたい考えです。

そのうえで、推進本部の幹部は憲法改正をめぐる有識者からのヒアリングに加え、議員どうしで憲法改正を議論し、その様子を公開して世論の理解につなげてはどうかという考えを示しています。

ただ、党内からは「9条改正の議論は、集団的自衛権などをめぐる議論に発展しかねず非常にハードルが高い」という意見も出ています。

また、推進本部の本部長代行で衆議院憲法審査会の幹事を務める船田元議員が、メールマガジンで「安倍総理大臣にはもう少し慎重であっていただきたかった。野党の反発は必至と思われる」と記すなど、性急な議論は慎むべきだという意見もあることから、党執行部は党内論議を十分尽くしたいとしています。(NHK17年5月9日)』

* * * * *

『自民、改憲協議に新機関検討=9条、教育で具体化加速

 自民党は、安倍晋三首相(党総裁)が憲法改正案の具体化を指示したことを受け、新たな協議機関を設置する検討に入った。

 首相が打ち出した憲法9条に自衛隊の根拠規定を追加することや、教育無償化の実現にテーマを絞って迅速に議論するのが狙いだ。衆参両院憲法審査会への早期提案を目指し、党内調整を急ぐ。党幹部が11日、明らかにした。

 同党には既に、総裁直属機関である憲法改正推進本部(保岡興治本部長)がある。執行部は、この下に小委員会などを設けることを模索している。新機関のメンバーには、首相に近いベテランらを充てる見通し。(時事通信17年5月11日)』

* * * * *

『「唐突だ」自民党内でも困惑 総理の改憲発言で余波

 安倍総理大臣の憲法改正発言を巡って余波が続いています。インタビューが掲載された「読売新聞を熟読して」などと述べたことに野党が反発を強めているなか、自民党内でも困惑が広がっています。

 (政治部・神田翔平記者報告)

 自民党内からは安倍総理の発言で、結果的に憲法議論が後退してしまうのではないかという懸念の声も上がっています。安倍総理が党内でも議論がされていないなかで憲法9条の具体的な改正案にまで言及したことや新憲法を2020年に施行すると年限を区切ったことを受けて、「踏み込みすぎだ」や「唐突だ」といった反発の声も上がっています。一方、国会では、11日に行われる予定だった憲法審査会が野党の反発で延期となりました。

 衆院憲法審査会幹事、自民党・中谷元衆院議員:「国民投票は野党第1党の協力も必要でありますので、丁寧に慎重に議論を進めていきたいと思っております」

 11日午前に開かれた衆議院の議院運営委員会の理事会で、政府側から出席した萩生田官房副長官は「読売新聞を熟読して」と総理が発言した経緯について、「国会軽視ではない。議論を深める狙いがあった」と説明しました。改めて与野党で協議をすることになりました。与党側は、来週以降に憲法審査会が開けるよう野党側に協力を呼び掛ける方針です。(ANN17年5月11日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



「勢いで憲法改正はダメ」自民党内から“待った"

 石破前地方創生担当大臣や岸田外務大臣が憲法改正に異論です。

 石破前地方創生担当大臣:「議論を粗略にして憲法改正ができるなんて私は全く思っておりません。勢いで憲法なんか改正していいはずは全くない」

 岸田外務大臣:「(平和安全法制は)憲法9条との関係でどこまで許されるのかという議論で結論を出したわけですから、その基準となる9条を今すぐに改正することは考えない。私自身は今現在、少なくとも、きょう現在までその考えは変わっていない」

 憲法改正を巡っては、安倍総理大臣が2020年に新しい憲法の施行を目指すと発言し、9条は現行の1項と2項を残し、自衛隊に関する条文を追加する考えを示しています。岸田大臣は、安倍総理の考えを「よく確認してみたい」と述べました。(ANN17年5月11日)』

* * * * *

『憲法審査会、また見送り 首相の改憲発言で民進党が開催に反発

 衆院憲法審査会の与野党の筆頭幹事が10日、断続的に協議し、11日に行う予定だった審査会の開催を見送ることで合意した。安倍晋三首相が憲法9条改正を提案したことや「自民党総裁としての考え方は読売新聞を熟読してほしい」と答弁したことなどに民進党が反発して先送りを求め、自民党も受け入れた。

 11日は「国と地方のあり方」をテーマに各党が意見表明と自由討議を実施する予定だった。だが、首相の発言を受け、野党筆頭幹事の武正公一氏(民進)が与党筆頭幹事の中谷元・前防衛相(自民)に対し「国対に憲法審査会を開かないよう指示されている」と伝えた。

 「国と地方のあり方」に関する意見表明は当初、4月13日に行う予定だったが、法案採決や今村雅弘前復興相の辞任による国会の混乱で2度、延期されていた。次回の日程や今後の議論の進め方は11日以降に協議するが、審査会が停滞する可能性も出ている。

 首相は10日の政府与党連絡会議で、改憲の意向表明について「国会における議論の活性化や国民的議論の深まりを期待したものだ」と説明した。その上で「憲法審査会で議論を深めていきたい」と述べた。(産経新聞17年5月10日)』

* * * * *

 ・・・まだまだ様々な批判や疑問の声が出ていて。公明党内には、民進党がOKしなければ改憲には賛成できないなんて、話も出てるとか。<公明党内も温度差が大きいのよね。>

 安倍改憲には絶対反対ゆえ、アチコチでもめているのを見ると、ついついほくそ笑んでしまうグレだらmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-11 19:49 | 憲法&憲法改正 | Trackback

安倍、改憲案は読売読めに反発+唐突な改憲宣言に自公与党も混乱。立場使い分けはいかに?

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【韓国もフランスに続き、左派・革新系の大統領が誕生。経済不況に苦しむ中、上から引っ張る新自由主義政策よりも、下から雇用や生活を支える社会政策や、北朝鮮との戦いよりも対話による解決(というか、落ち着いた生活?)を求める人たち、特に若者からの支持が高かったようだ。(++) 
 でも、日本には厳しい姿勢で臨むつもりらしいし。保守派の中でも右側の安倍首相、トランプ大統領と日米韓の協力関係がうまく築けるか、ビミョ~なところだ。(~_~;)】

 8、9日、安倍首相が出席して、衆参予算委員会の集中審議が開かれた。(・・)

 昨日は、森友学園問題に関する質疑について書いたのだが・・・。
 世間的には、3日の憲法記念日に、安倍首相(自民党総裁)がいわば「憲法改正宣言」と言えるような話をトートツに、読売新聞と超保守団体の会合に出したことに関する質疑にもかなりの注目が集まっていたようだ。(@@)

 とりわけ、安倍首相が民進党の長妻議員に改憲メッセージについてきかれ、上からシンゾー目線で「読売新聞を熟読していただいてもいいんだろう」と言ったことには、野党だけでなく与党やメディアからも批判を受けることに。(浜田委員長も「一部新聞社の件は、ちょっとこの場では不適切・・・」と注意していた。^^;)
 
 安倍氏は以前から、憲法改正に関しては、国会議員としてor自民党総裁としては話すけど、行政府の長・首相である時には話すべきではないと、立場によって分けているのであるが。理論的には、正しい考え方ではないかと思う。(++)

 ただ、実際のところ、国民はもちろん、周辺の議員でも、厳密に安倍氏が首相である時と党総裁である時とは分けては見ていない人が多いだろうし。
 安倍氏が「自民党総裁として応えた」と主張する読売新聞3日の一面には、しっかりと「首相インタビュー」という見出しが。(*_*;

 この安倍氏のやり方を、理にかなったものと見るか、都合によって立場を使い分けるダブルスタンダードと見るか。チョット難しいところだ。(-_-)<首相として答弁する時も、自民や維新などの改憲派から水を向けられると、改憲への意欲や考えについて嬉しそうに語っている時もあるしね。^^;>

* * * * *

 今回、安倍首相が突然、改憲について「宣言」とも受け取れる強いメッセージを出したこと、2020年までに施行という具体的目標を掲げたり、中身について、1・9条の改憲(1・2項残し、3項に自衛隊明記)、2・教育無償化などの具体案を出したことが、野党だけでなく、自公与党内にも驚きと論争を巻き起こしている。^^;

<この改憲のメッセージ全文は、『安倍が20年改憲、9条改正に言及。安倍のための憲法改正は、絶対に阻止したい。』にアップしたので、興味のある方はそちらも熟読していただいてもいいんだろう。(^^ゞ>

 3日にこのような改憲宣言を行なうことは、自民党の幹部、議員の多くや公明党もきいていなかったようで。いいサプライズとして受け止めた人もいたが、根回しや議論もなく、 勝手に自分の考えを発表したことに不快感を示す人も少なからずいた。(~_~;)

 また、1は公明党、自民党の改憲慎重派、民進党の改憲派向けに考えた案、2は維新の案を採用したものだが。安倍氏がこの案をクチにするのは初めてのこと。(・・) 
 自民党内でも、ちゃんと議論したことがない案だし。特に安倍首相を支持する超保守派、タカ派派は2項を削除するか、大幅改正することを望んでいるので、この案には不満を覚えている人が多いようだ。
 さらに、自民党には、教育の無償化も憲法で決めるべきではないと考えている人も多いのが実情で。<安倍氏もそうだったはず。民主党政権が行なってた高校授業料の無償化も、政権奪還した途端、廃止しちゃったしね。(~_~;)>

 まあ、各論に関しては、追々書いて行くとして、今回は読売発言、ダブルスタンダード、唐突宣言問題を中心に、いくつかの報道記事を取り上げることにする。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『<首相>憲法改正「読売新聞を熟読して」答弁 野党が反発

 安倍晋三首相が8日の衆院予算委員会で、野党議員に憲法改正への見解をただされ、「自民党総裁としての考え方は詳しく読売新聞に書いているので、熟読していただければいい」と答える一幕があった。

 民進党の長妻昭氏が、自衛隊を「国防軍」などと位置づける2012年の自民党改憲草案について質問。首相は、3日付の読売新聞に自身のインタビュー記事が掲載されたことを踏まえ、「(委員会の答弁には)首相として立っており、総裁としての考えはそこ(新聞)で知ってほしい」とかわした。

 野党側は「国会軽視だ」などと反発し、浜田靖一委員長(自民)が「一部新聞社の件は、ちょっとこの場では不適切なので、今後気をつけていただきたい」と首相を注意して、その場を収めた。【真野敏幸】(毎日新聞17年5月8日)』

* * * * *

『「考え方は新聞に書いてある」首相発言に民進が抗議

安倍総理大臣は8日の衆議院予算委員会で、憲法改正をめぐる民進党の質問に対し、「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあり、ぜひ、それを熟読して頂いてもいいのだろう」と答弁しました。

これについて、民進党は9日の衆議院議院運営委員会の理事会で、「立法府の破壊につながりかねない重大な発言であり、答弁の空洞化につながり、大変問題だ」と抗議したうえで、萩生田官房副長官を呼び、見解をただすよう求めました。

これに対して、自民党は「指摘のとおりであり、抗議があったことは政府に伝えたい」と述べた一方で、萩生田副長官を理事会に呼ぶかどうかは、持ち帰って検討する考えを伝えました。

また、佐藤委員長は「安倍総理大臣の答弁の議事録を精査し、対応を検討したい」と述べました。(NHK17年5月9日)』

* * * * *

『蓮舫氏、安倍首相批判「立場を使い分け、二枚舌だ」

 「総理・総裁は同人格だ。立場を使い分けるのは、あまりにも二枚舌だ!」

 安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が9日、参院予算委員会の集中審議で対決した。蓮舫氏は、8日の衆院予算委員会で憲法改正に対する持論の真意を問われ、自民党総裁としての意見だとして答弁を避けた首相を、強く批判した。

 また、首相が持論の詳細について「読売新聞(のインタビュー)を熟読してほしい」と発言したことを問題視。「読売新聞では気持ちよく話せて、なぜ国会では話さないのか。立法府の軽視であり、到底、容認できない」とののしり、「国会を何だと思っているか。責任放棄だ」と述べ、「読売発言」撤回の意思があるか、首相にただした。

 これに対し、首相は「今この場には総理として立ち、答弁する義務を負っている。議論は憲法審査会でなされるものと考えている」と、前日と同様の答弁にとどめた。その上で逆襲に転じ、対決モード全開の「リアル蓮舫」に、「憲法(の問題)は、一方だけが具体的な案を出し、一方は追及、批判するだけのテーマではない。民進党も、具体的な提案を提出してほしいし、建設的議論を行いたい」と指摘。改憲私案を月刊誌に発表し、党執行部との考えの違いから代表代行を辞任した細野豪志氏の名前を挙げ、「細野さんも提案している。(党も)立派な提案をしてほしい」と、皮肉った。

 さらに、「蓮舫さんもこういう外形的なことではなく、中身についての党の案を…」と、蓮舫氏の質問内容にもケチをつけたため、民進党席が大ブーイングを出し、審議が混乱。首相は「まあ、みなさん、そんなエキサイトしないで。最後まで聞いて、質問で批判してほしい」と、ヤジの声に対応し、蓮舫は「誰に答えている」「(私の質問に)まったく答えていない」と、怒り心頭。「自分のやりたいことをやって、でも、聞かれたら答えない。そのダブルスタンダードはあらためてもらえないか」と、訴えた。

 それでも首相は、「今やらないといけないのは自衛隊だ」と、憲法改正の持論の一端に言及。「憲法学者の8割が違憲としている。そういう状況を変えていくのは私たちの世代の責任ということで申した」と述べた。

 ただこの日も、延々と説明する答弁が目立ち、しびれを切らした野党議員が「長いだろ!」と怒りのヤジを飛ばす場面も。首相は「最後、答弁をやめようと思ったら、結論をやじで乱されるから、こういうことになるんでしょう」と述べた。(日刊スポーツ17年5月9日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『伊吹文明元衆院議長、党内手続き経ない安倍晋三首相の意向表明に「残念」 9条改正には賛同

 自民党の伊吹文明元衆院議長は8日夜のBSフジ番組で、安倍晋三首相(党総裁)が自衛隊の存在を明記するための憲法9条改正と2020(平成32)年の新憲法施行の意向を表明したことについて、正式な党内手続きを経ずに言及したことに苦言を呈した。

 伊吹氏は、自民党が野党時代の24年に公表し、「国防軍を保持」と明記した党憲法改正草案と異なる内容を首相が表明したことを挙げ、「党内手続きをとって出したもの(草案)でないものを公にするときは、党内の話を組織政党としてやっておくべきだった。少し残念といえば残念だ」と述べた。

 同時に、伊吹氏は「安倍さんがやりたいと思っている気持ちは、党として当然応えていくという流れになるのではないか」として、党内での議論を進めるべきだとの考えを強調した。「安倍さんの気持ちは痛いほど分かる。『もっと早くしっかりやってくれよ』ということだ」とも語った。

 9条の改正自体についても「自衛隊が現に存在し、国の安全保障にきちっとした役割を果たしている。その人たちに『あなた、憲法上、違反と言っている学者がいるけど頑張れよ』という政府はよくない」と述べ、理解を示した。

 同じ番組に出演した古賀誠元幹事長も「唐突だ」と首相の表明に注文をつけた。ただ古賀氏は、戦争放棄と戦力の不保持をうたった9条1項と2項を残した上で自衛隊の存在を明文化する首相の見解について、「一定の評価に値する」と述べた。(後略)(産経新聞17年5月8日)』

* * * * *

『船田氏「もう少し慎重に」首相の改憲発言をブログで批判

 自民党の船田元衆院議員は8日、2020年に改正憲法の施行を目指すとした安倍晋三首相の発言に対し、自身のブログで「行政の長たる総理大臣には、もう少し慎重であっていただきたかったというのが本音だ」と批判した。船田氏は衆院憲法審査会の幹事を務めている。

 与野党合意の憲法論議を重視してきた船田氏は「(首相の発言は)国会での議論の行く末や期間を、行政の長が規定することにつながりかねず、野党の反発を招くことは必至」と指摘。11日予定の衆院憲法審について「(開催に向けて)困難な交渉を余儀なくされるのではないか」と懸念を示した。

 国会発議後の国民投票に備えて、「(改憲勢力の)3分の2だけで進められるものではなく、少なくとも野党第1党の理解を得ながら手続きを進めなければならない」と指摘した。(朝日新聞17年5月8日)』

* * * * *

『憲法改正 公明・山口那津男代表、安倍晋三首相の改憲表明「自民の議論見守る」

 公明党の山口那津男代表は9日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条の改正と2020(平成32)年の新憲法施行に意欲を表明したことについて「今われわれが評価すべき段階ではない。自民党の中の議論を見守っていきたい」と述べた。

 首相は戦争放棄や戦力の不保持をうたった9条の1項と2項を残した上で、自衛隊の存在を明記する条文の追加を目指している。山口氏は「これまでの自民党憲法改正草案とは違った視点のようなので、それを自民党の中での議論に委ねたということだ。われわれはそれを見守りたい」と強調した。首相発言を受けた党内議論は当面、行わない意向とみられる。

 山口氏は平成27年の安全保障関連法成立を受け、9条改正は当面必要ないとの立場をとってきたが、9日の記者会見では「基本的に考え方は公明党としては変わっていない」と語った。首相の改憲意向表明は、事前に知らされていなかったとも明らかにした。(産経新聞17年5月8日)』

* * * * *

 まだまだ載せたい記事がいっぱいあるのだが。ここまでで、かなり長くなってしまったので、各論の話も含め、つづきはまた後日ということで・・・。
 
 果たして来週辺りの世論調査では、国民はどんな反応を示すのだろう?(・・)

 ただ、自公議員たちの反応や困惑ぶりを見ていると、そうスンナリとは話が進まないような感じもしているmewなのだった。(@@)

  THANKS
 
                                             
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-10 09:14 | 憲法&憲法改正 | Trackback