「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

投票しないとナメられる!安倍..
at 2017-10-22 05:19
国民=下からの政治目指す民主..
at 2017-10-21 01:56
自民のネトサポ、選挙活動にも..
at 2017-10-20 05:10
米軍ヘリ、やりたい放題。遺憾..
at 2017-10-19 16:35
自民圧勝なら、安倍のやりたい..
at 2017-10-19 05:42
国民は安倍&閣僚たちの責任は..
at 2017-10-18 03:23
立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

都政と国政が同じように運..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小池新党は失望の党に変化..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍へり、やりたい放題(..
from 御言葉をください2
原発使用の燃料は増え続け..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
モリカケや憲法問題までダ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(761)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(146)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:玄葉光一郎 ( 5 ) タグの人気記事

希望、代表以外の役員を決めず&選別作業した玄葉が無所属出馬って+沖縄で米ヘリ炎上


安倍打倒、真の野党の躍進のために、投票率のアップを!o(^-^)o

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


【沖縄の高江で、民家から1キロない牧草地に米軍の大型輸送へりが墜落、炎上。詳しい話は、後半に。】

 10日の告示日には、各党が今回の衆院選の候補者を選挙管理委員会に届け出た。(@@)

 立憲民進党からは、小選挙区63名、比例77名(うち重複62名)で、計78名が立候補することになった。(直前になって広島の秋葉前市長も比例中国から出馬することに決定。"^_^")
 6人で始まった結党からたった1週間しかなかったのに、民進党の前元議員の多くを希望の党に持って行かれていたのに、78名も擁立できて、本当に頑張ったと思う。(++)

 また、立憲民主党は、結党して間もなく執行部を発表している。<書き忘れてた~。>
 代表が枝野幸男氏、代表代行に長妻昭氏、幹事長は福山哲郎氏に。この他、副代表に近藤昭一氏、佐々木隆博氏、政務調査会長に辻元清美氏が就任した。そして、菅直人氏、赤松広隆氏は最高顧問についた。(・・)

* * * * *

 他方、希望の党は、小池代表が「過半数の候補者を擁立して政権を目指す」という発言していたものの、なかなか候補者がそろわず苦戦、混乱していた様子。

『小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が10日に公示される衆院選比例代表各ブロックの名簿作成をめぐって混乱し、発表が公示当日の10日にずれ込む見通しとなった。発表が遅れるのは異例。既成政党は公示前日までに発表するのが通例だが、突然の衆院解散に伴う新党結成で準備不足が露呈した格好だ。
 公示直前まで名簿を発表しない別の理由として「比例順位で優遇されない候補の出馬辞退を懸念しているのではないか」との見方も出ている。(産経新聞17年10月9日)』<尚、こちらもギリギリまで粘っていた民主党、そして何故か公明党も前日に発表していなかったけど。^^;>

『希望の党は10日午前、報道各社に対し、衆院選の比例単独名簿34人分を発表した。しかし、順位は付いていない。産経新聞の取材に対し、党本部は名簿搭載順位について「調整中だ。これから発表する」と回答した。
 順位が付いていない名簿を発表した理由については「よく分からない」と語った。(産経新聞17年10月10日)』

 でも、最後は意地を示したのか、告示日ギリギリまで候補者を調整し、小選挙区198名、比例234名(うち重複197名)の計235名を擁立し、過半数の233名以上をクリアした。(・・)

* * * * * 

 ただ、mewには不思議なことがあるのだ。_(。。)_

 希望の党は、前議員57名、候補者235名もいるような大きな規模の政党であるにもかかわらず、小池代表以外、ひとりも執行部の役員が決まっていないのである。(・o・) 
<mewは、何故、記者たちが首班指名予定の人はやたらきくのに、執行部人事のことをきかないのかも不思議。>

 9月25日に結党を発表して2週間以上になるのに、党の資金管理や選挙対策の責任者である幹事長さえ発表されていないのだ。(-"-)

<希望候補の分は、陰で小池氏の側近やパートナーが仕切っているのかも知れないけど。野党第一党扱いの公党が、こんなブラックボックス的な党運営をしているなんて。何で報道陣は組織や役員のことをもっとツッコンできかないのだろう?(・・)>

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 また、小池代表は、政党にとって最も重要な仕事である公認の作業(希望の党にとっては、ある種の選別、排除の作業かな?)は、若狹勝氏と細野豪志氏に任せていたはずなのだけど。<きっとこれにも陰から小池代表&周辺がアレコレ指示や意見を出して来たに違いないが。>

 何か知らないうちに、民進党の総合選対本部長代行だった玄葉浩一郎氏も加わっていて、若狹・細野氏と共に会見にも登場してたりして。^^;

『希望の党の1次公認を公表した3日の記者会見。民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行が「苦渋の思いで公認をまとめた」と述べるなど、作業が難航したことをうかがわせた。

 東京・永田町の参院議員会館であった会見には前職の若狭勝氏、細野豪志氏、玄葉氏の3人が出席。玄葉氏は険しい表情で「公認されなかった人には心苦しい」と何度も謝罪。対照的に細野氏は「民進党とは別な党。過去の友情、これまでの仲間という関係は横に置く」と淡々とした表情で質疑に応じた。

 希望の党は今後、2次、3次と公認候補者を発表していくとしているが、公示まで1週間を切り、不透明感が漂う。役員人事についても「選挙結果を見て決める」(若狭氏)とするなど課題の山積ぶりがのぞいた。【杉本修作】(産経新聞17年10月3日)』

<まあ、玄葉氏の方がもともと細野氏より事務作業などの面でずっと優秀だとは思うのだけど。さらに、民進党にいた各議員のこと(思想とか性格とか?)に詳しくて、公認するか否かの分別に役立つと思われたのか。前原代表の意見も入れるための使者だったのか。(~_~;)>

* * * * * 

 ところが、玄葉氏は、前原代表が(本当は民進党を離党したくない人にも)民進党を出て希望からの出馬を強いたことに賛同し、元民進党議員の選別、排除の作業を行なっていたというのに。
 何と自分は民進党に籍を置いたまま無所属で出馬するというのである。(゚Д゚)

『民進・玄葉氏、無所属で立候補へ 公認交渉の責任取り

 民進党の玄葉光一郎元外相は6日、福島3区から無所属で立候補すると明らかにした。玄葉氏は希望の党との間で公認の交渉作業を担当。「(民進側で)公認漏れになった方々をたくさん出してしまった。心苦しいし、潔しとしない」と述べ、責任を取って無所属で立つ考えを示した。

 福島県須賀川市であった記者会見で語った。玄葉氏は当選8回。衆院選に無所属で立候補するのは、初当選した1993年以来になる。
 無所属で当選した場合、希望への合流について、玄葉氏は「基本はそういうことかなと思う。虚心坦懐(きょしんたんかい)に考えたい」と述べた。(朝日新聞17年10月6日)』

 いや~。それは確かに苦渋の選択だったかも知れないけど。そう思うなら最初から選別作業など引き受けるべきではないと思うし。
 こういうのを見ると、「何よ、あとから善人ぶって。この偽善者が~」と却って、腹が立って来るところがある。(`´)

<もしかして、玄葉氏は前原代表と同様、希望には移らずに民進党に籍を残しておいて、一緒に党の解体や資金の確保のお仕事を手伝うって可能性もあるかな?・・・あ、今回、無所属で出ることにした人の中には、そういう魂胆がある人もいるのかも・・・とか、すぐ疑心暗鬼になってしまうmew。(-_-;) kitto maehara no seida.>

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 話は変わって・・・。昨日の夕方、沖縄の東村高江地区で、米海兵隊の大型輸送ヘリコプターが住宅地から距離のない牧草地に墜落(不時着?)、炎上した。(**)

 高江は米軍の北部演習場のある地域。米軍が同地区に住民&自然破壊の危険性が高いヘリパッドの建設を強引に進めていることから、住民や市民団体が抵抗し、大きな混乱が生じていることでも知られている。(-"-)

『沖縄県北部の東村高江地区で11日午後5時15分ごろ、アメリカ海兵隊所属のヘリ『CH53』が不時着後に炎上した。乗員の命に別状はないというが、警察によると、7人が病院に搬送されたという。CH53は13年前、沖縄国際大学に墜落したヘリと同じ型のヘリだ。

 今回の事故現場はアメリカ軍北部訓練場の近くの民間の牧場で、住宅までわずか500メートル。高江地区には新たなヘリパッドが集落を取り囲むように建設されていて、住民は不安を募らせていた。
 沖縄県の翁長知事は「去年の名護市の事故から1年も経たないうちに再び沖縄県内で事故を起こしたことに強い憤りを感じている。原因究明がなされるまで、同型機の飛行を中止するよう強く要請する」と怒りをあらわにした。(ANN17年10月11日)』

『米海兵隊所属のヘリが沖縄県の北部訓練場近くで炎上した事故を受け、小野寺五典防衛相は11日夕、記者団に、「沖縄の北部訓練場近くの施設区域外で、米海兵隊所属のCH53ヘリが着陸した際に火を噴いた」と説明。「米軍の海兵隊における事故が続いている。安全な運航をするよう米側には強く申し入れたい」と述べた。中嶋浩一郎・沖縄防衛局長が在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官に、原因究明と再発防止などの徹底を求めたという。(時事通信17年10月11日)』

* * * * *

 米海兵隊の大型ヘリに関して言えば、昨年の12月に名護市の海岸にオスプレイが墜落して大破し、県民を大きな不安に陥れたのを覚えている人も多いことだろう。(ーー) 

 しかも、先月29日には新石垣空港に、フィリピンに向かっていた米軍普天間飛行場所属のオスプレイ2機がいきなり着陸をして、一時、滑走路を閉鎖する騒動が生じたばかり。
 どうもエンジン・トラブルによる緊急着陸だったようなのだが。結局、点検、整備のために4日夜まで空港に居座り続けたという。(>_<)

『29日午後5時ごろ、沖縄県石垣市の新石垣空港に米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機オスプレイ2機が着陸した。うち1機は機体のトラブルによる緊急着陸とみられる。滑走路は一時閉鎖されたが、けが人はいなかった。

 沖縄防衛局によると、オスプレイはフィリピンに向かうため移動中だった。在沖縄海兵隊は取材に対し、問題が生じたことを知らせる警告が操縦席に表示され、予防着陸を行ったと説明。「規定に基づき安全に着陸できる最も近い空港に着陸した」としている。
 県空港課などによると、午後4時50分ごろ、「調子が悪くなり、緊急着陸するかもしれない」との連絡が管制を通じて空港側にあった。同57分と59分にオスプレイが1機ずつ着陸。このうち1機は誘導路で動けなくなり、けん引車で駐機場に移動させたという。(時事通信17年9月26日)』 

『沖縄県石垣市で先月、新石垣空港に緊急着陸した米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機オスプレイが4日夜、同飛行場に帰還した。(時事通信17年10月4日)』

 そして、できれば全国の国民が、今度の衆院選で、辺野古基地新設も含め、沖縄の様々な基地問題、県民の負担のことなども考えてくれるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-10-12 05:47 | 民主主義、選挙 | Trackback(1)

野田政権の強硬策に警戒感~辺野古移設+国家緊急権&武器使用緩和も検討か

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今回は、前記事の『鳩山の県外移設発言は「誤り」と玄葉&
前原の沖縄工作
』の続報を書きたいと思うのだが。

 その前に、2つほど「やっぱ野田政権はアブナイ!」と叫びたく
なるようなニュースが出ていたので、それをアップしておきたい。

 一つは、民主党の最右翼と言われる&MY大天敵の長島昭久氏
が、首相補佐官であるにもかかわらず、憲法を改正して国家緊急権
を明記すべきだと発言していたというものだ。(゚Д゚)

『長島昭久首相補佐官は27日、都内で開かれたシンポジウムに
出席し、大規模災害など非常事態の際に超法規的措置を取る権限を
政府に与えるため、憲法を改正して「国家緊急権」の規定を設ける
ことを検討すべきだとの考えを示した。

 憲法改正をめぐっては、衆参両院に設置された憲法審査会が
今国会で委員を選任し、憲法論議の態勢がようやく整ったばかり。
民主党内には改憲に慎重な議員も多く、野田佳彦首相側近の長島氏
の発言は、党内外に波紋を広げる可能性もある。<時事通信27日>』 

 この件については、またの機会に改めて書きたいが。国家緊急権
は、もともとは戦争が起きた場合に、憲法を一時停止して、国民の
権利を認めず、民主主義の機能も失わせるものアブナイものゆえ、
災害の対応を口実にして、安易に憲法にこのような規定を設ける
ことを許してはならないと考える。(**)

* * * * *

 もう一つは、これは以前からブログで警戒警報を出している
ものなのだが。政府&民主党が、武器使用基準や集団的自衛権の
解釈の見直しも含め、国連平和維持活動(PKO)協力法の抜本
改正に向けた検討にはいったというものだ。(ーー)

『民主党は25日の内閣・外交・防衛合同部門会議で、年内をめど
に法改正の基本的考えをまとめることを決めた。榛葉賀津也・防衛
部門会議座長は記者団に「変えるべきものは変えなければならない」
と強調。藤村官房長官も同日の記者会見で「(政府も)党と連携を
とってやっていく」と述べた。

 現行の武器使用基準では、他国軍隊への攻撃に自衛隊が駆け
つけて反撃することや、離れた場所にいる文民保護のための武器
使用が認められていない。これらを認めているPKOの国際基準
とは異なるため、「十分な活動ができない」などの批判が出て
いる。<読売新聞27日>』

 野田政権が始まってから、彼らの保守タカ派ぶり&安保軍事
政策における暴走ぶりは目に余るものがあるだけに、「誰か、
何とかして、こいつらが突っ走るのを止めてくれ~~~」とわめきたい
ような気持ちにさえなっているmewである。(゚Д゚)

* * * * *

 そして、沖縄の辺野古移設に関する話を・・・。

 まず、昨日の記事で、玄葉外務大臣が国会で、鳩山元首相が
普天間基地の移設に関して「最低でも県外」と公言したことを
「誤りだった」「この問題で鳩山政権は終わるんじゃないかと
思った」と答弁したという話を書いたのだが・・・。

 昨日27日、野田首相が鳩山氏に玄葉氏の発言に関して謝罪
したという。

『野田佳彦首相は27日夜、鳩山由紀夫元首相や蓮舫行政刷新相と
東京都内で会食した。鳩山氏をめぐっては、米軍普天間飛行場
(沖縄県宜野湾市)の移設先について「最低でも県外」と発言した
ことを玄葉光一郎外相が26日の衆院外務委員会で「発言は誤り
だった」と答弁。出席者によると、首相は鳩山氏に玄葉氏の発言に
ついて「間違っていた。申し訳ない」と謝罪した。さらに「なんと
しても党をまとめないといけない」と訴えたという。
<朝日新聞27日>』

 もし、この「間違っていた」という認識が、「玄葉氏が誤り
だと思ったこと」を指すのなら、鳩山氏が「最低でも県外」だと
言ったことは、誤りではなかったor正しかったということに
なるわけで。
 そうであるなら、野田首相も、普天間基地の県外移設を検討
すべきことになる&少なくとも、辺野古への移設の計画を強引に
進めることは控えるべきだと思うのだけど・・・。(・・)

 でも、野田首相は、そんなことは全く考えていないのだ。
 今、首相のアタマの中には、米国の要望に応じて&25日に
閣僚たちがパネッタ国防長官にお約束をしたように、1日も早く
辺野古移設の計画を、具体的に目に見える形で進めて行くこと
しかないのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 実際、野田首相は昨日27日の朝、首相官邸で、沖縄の仲井真
県知事や名護市の稲嶺市長らと会談を行ない、案の定、辺野古の
移設の埋め立て工事を実行に移すことを前提に、環境アセスの
評価書を年内に県に提出する方針を伝えたという。(ーー)

『野田佳彦首相は27日午前、沖縄県の仲井真弘多知事、稲嶺進
名護市長らと首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)
を名護市辺野古に移設するとした日米合意の履行に向け、環境影響
評価(アセスメント)の評価書を年内に県に提出する方針を伝えた。
 仲井真知事は「極めて残念だ」と遺憾の意を示し、政府と沖縄の
溝の深さが改めて浮き彫りとなった。

 首相が就任後、仲井真知事、稲嶺市長と会うのはいずれも初めて。
仲井真知事らは普天間飛行場の県外移設など基地問題に関する
要望書を提出。稲嶺市長は首相が25日、パネッタ米国防長官に
評価書の年内提出を約束し、日米合意の早期履行を確認したことに
ついて「県民の理解は到底得られない。合意の見直しに踏み込んで
ほしい」と述べ、容認できないとの立場を強調した。
 沖縄県側の要望に対し、首相は「安全保障は国民全体の問題だ。
(県側と)連携を密にしながら考えたい」と述べるにとどめた。
仲井真知事は首相に早期の沖縄訪問を促したが、首相は答え
なかった。<時事通信27日>』<関連記事*1>

 この野田首相の「安全保障は国民全体の問題だ」という発言は、
mewには、「基地移設は、沖縄だけの意思で決められる問題
ではない。沖縄県民がいかに反対しようとも、国や国民のために
譲歩してもらうしかない」と言っているに等しいようにも感じ
られた。(-"-)

 しかも、仲井真知事が、野田首相に、ともかく自ら沖縄に来て
現場の状況を見て欲しいと強く要望したのに対して、首相は、
返答をしなかったというのだ。(-_-;) <関連記事*1>
 
* * * * *

 仲井真知事や反対派の県民の多くは、野田政権が、この評価書
の提出を皮切りにして、辺野古移設の計画を強行するのでは
ないかと警戒心を募らせている。(・・)

『一川保夫防衛相は27日、沖縄県の仲井真弘多知事、稲嶺進
名護市長らと防衛省で会談した。政府が米軍普天間飛行場(宜野湾
市)の名護市辺野古移設に向け、年内に環境影響評価書を提出する
方針を明確にしたことについて、稲嶺市長は「事務的な手続きでは
あるが、手続きが着々と進められると、そのまま強引に着工される
のではないかという心配がある」と懸念を伝えた。これに対し、
防衛相は「強行してやるということはない」と答えた。<時事通信
27日>』

* * * * * 

 仲井真知事や沖縄県民が最も懸念しているのは、政府が、
埋め立て権限の特措法を用いるのではないかということだ。(・・)

 法律上、基地移設&V字滑走路を作るために、辺野古の海を
埋め立てるには、管轄権限を有する知事の許可が必要になるの
だが・・・。
 このブログでも何度か書いているように、自民党の小泉政権は
05年、当時の稲嶺沖縄県知事が辺野古への移設に反対していた
ことに業を煮やし、海域の埋め立てを許可する権限を知事から
国に移す特別措置法を作ることを検討したことがあったからだ。
<つまり、国が知事から権限を奪い、知事に代わって埋め立て
工事の着手にGOサインを出してしまおうとしたのよね。(-"-)>

 この時は、さすがに自民党内からも、そこまで強引な手を使う
ことには反対&慎重論が出たことから、この強硬策が実行に
移されることはなかったのだけど。
 野田政権は、自民党の劣らず超親米&保守タカ派的である上に
米国がかなり焦って強い圧力をかけていることから、いざとなれば
強硬手段をとらないとも限らない。(`´)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 実際、今週の国会では、既にこの特措法を使うのかという話が
出ているという。(・o・)

『【東京】玄葉光一郎外相は26日の衆院外務委員会で、米軍
普天間飛行場の移設をめぐる名護市辺野古沖の埋め立て許可権限を
知事から国に移す特別措置法制定の可能性について、「現時点で
政府全体として判断していない」と述べ、将来的な選択肢として
否定しなかった。

 菅直人首相(当時)は昨年10月の衆院予算委員会で「沖縄の声
を無視した強引なやり方をすることは全く念頭にない」と明確に
否定。北沢俊美防衛相(同)も同様の認識を示していたが、玄葉氏
は踏襲しなかった。

 玄葉氏は特措法について「そもそもあるべきではない」とし、
沖縄関係閣僚会合でも議論していないと強調。「まず話し合い、
一つ一つ積み重ねていく。今、私の頭の中はひたすら理解を求める
ことしかない」と説明した。菅前首相の発言との違いには「別に
変わるとか変わらないとか、そういうことではない」と述べた。

 日米合意に反対する県選出の民主党国会議員や同党県連に対して
は「全くの反対から少しでも理解してもらえるよう溝を埋めること
に全力を尽くす」とした。<沖縄タイムス27日>』

『27日の参院外交防衛委員会でも防衛相は、特別措置法を制定
して辺野古沿岸部の埋め立てを進める可能性を問われたのに対し、
「そんな気持ちは全然持っていない」と述べた。自民党の佐藤正久
氏への答弁。(時事通信27日)』>

 現段階では、玄葉大臣も一川大臣も、特措法を使うことには
否定的な見解を示しているのだが・・・。
 ただ、そもそも、早くも今の段階において、国会で特措法の
話が出ること自体、イヤ~な感じがあるし。
<上の記事のタイトルも『辺野古埋め立て 外相、特措法否定
せず』だったりするのよね。^^;>
 
 また、菅前首相らが、常に、沖縄県民の理解を得ない限りは
計画は進めないと明言し、実際、具体的な動きを全く行なおうと
しなかったのに対して、野田首相や前原政調会長、玄葉外務大臣
などが、他の政策でも米国の要望を次々と受け入れる姿勢を示し
ており、辺野古移設の計画推進にも前向きな言動を行なったり
しているのを見て、沖縄県民としては、彼らに対する不信感が
増しているのではないかと察せられるところがある。(~_~;)

* * * * * 

 辺野古のある名護市では、移設容認派の市民でも、特措法の
ような強硬手段を用いることには抵抗を示しているという。

『名護市の反対派、賛成派とも、政府が知事の埋め立て許認可権を
取り上げる特措法で強行突破するかもしれない、と警戒感を強めて
いる。

 辺野古住民でつくる「命を守る会」の西川征夫代表(67)は
「今回の合意は政府間の話。ずっと振り回されてきたから一喜一憂
しない。今回もどれほどの意味があるのか」と突き放す。
「いかなる条件でも移設反対は変わらない。評価書を提出したあと、
特措法を強行することは許さない」と語気を強めた。

 条件付きで移設を容認する辺野古区代替施設安全協議会の許田
正武代表理事は「民主党は県外、国外と言っていたにもかかわらず、
シュワブ内で工事は進めてきた。区民は冷ややかに見ている」と
政権への不信感を募らせる。「結局どこも受け入れることがない
中、特措法で辺野古に移設となると地元としても非常に困る。
われわれとしても立場がない。強権的な特措法だけは勘弁だ」と
訴えた。<沖縄タイムス26日>』

* * * * * 

 おまけに、昨日の記事にも書いたように、前原政調会長などが
名護市の基地移設容認派を支援する工作を行なっているとなれば、
彼らの不信感はますます高じてしまうことだろう。
 
 前原氏は、昨年の名護市長選で反対派の稲嶺候補に敗れた前市長
(島袋氏)と接触し、移設推進の活動を行なうことを支援している
のだが。昨日27日に、その島袋氏が中心となっている推進派の
大会が開かれたという。^^;

『北部への振興策と米軍普天間飛行場の移設実現を求める「北部
振興推進・名護大会」が26日夜、名護市民会館大ホールで開か
れた。島袋吉和前市長らは「普天間移設と北部振興策は明らかに
リンクしている」と強調。沖縄縦貫鉄道の導入整備、名桜大学への
医学部設置など6項目とともに、「日米合意を踏まえ普天間飛行場
移設の早期実現を求める」とした決議案を可決した。
 実行委の代表16人が27、28の両日上京し、自民党の谷垣
禎一総裁や民主党の前原誠司政調会長、防衛省、外務省、内閣府
などに決議文を手渡す予定。<沖縄タイムス27日・全文*2>』

 さすがに、前原氏は、自ら大会に出席することは控えたよう
なのだが・・・。
『前原政調会長と自民党の中谷元元防衛相からの電報も披露された』
とのこと。(>_<)

 しつこいようだが、「だから、野田&前原Gに政権をとらせるの
だけは阻止しなければって言っていたのに~~~」と、マジで
泣きたくなるような心境に陥っているmewなのだった。(ノ_-。)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-28 06:11 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

鳩山の県外移設発言は「誤り」と玄葉&前原の沖縄工作+大阪W選の続報

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 前記事の『米国防長官に、首相も閣僚も米隷従の姿勢。辺野古
移設&武器原則見直しなどを約束
』の続き・・・というか、
mewから見ると、そこにダメ押しをするような話を一つ。

 昨日、玄葉外務大臣が、衆院の外務委員会でビックラ&ア然と
させられるような答弁を行なったという。(・o・)

『玄葉光一郎外相は26日午前の衆院外務委員会で、米軍普天間
飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を鳩山由紀夫元首相が「最低
でも県外」と発言したことについて、「私はあの時点でああいう
発言をしたのは誤りだったと思っている」と述べた。自民党の河井
克行氏に答えた。
 鳩山氏の発言は2009年7月、民主党代表として衆院選前に
沖縄を遊説した際に出たもので、その後、普天間問題をめぐり鳩山
政権は迷走。玄葉氏は「あの発言を聞いて、恐らくこの問題で
(鳩山政権は)終わるんじゃないかと思い、現実のものになって
しまった」と語った。<時事通信26日>』

『この中で玄葉外務大臣は、普天間基地の移設問題を巡って、
おととしの政権交代前に、当時、民主党代表だった鳩山元総理大臣
が「最低でも県外移設が期待される」と発言したことについて、
「選挙中にあの発言を聞いて、鳩山政権が誕生すれば、おそらく、
この問題で終わるんじゃないかと思った。現実のものになって
しまったというのが率直なところだ。あの時点で、ああいう発言を
されたのは誤りだったと思う」と述べました。
 そのうえで、玄葉大臣は「鳩山元総理大臣自身も、『あのときの
発言は間違っていた』と認めたから、総理大臣をみずからお辞めに
なり、責任を取ったと理解している」と述べました。<NHK
26日>』

<ちなみに、この質問を行なった自民党の河合克行氏というのは、
松下政経塾の6期生で、玄葉氏(8期生)の先輩なのよね。>

* * * * *

 mewには、この玄葉外務大臣の答弁は、まさに「日本は米国に
隷従すべき存在である」という彼らの認識を明らかにしたもので
あるように思えた。(・・)

 mew的に玄葉くんの発言をinterpret(解釈&通訳)するなら
「日本政府の人間が、米国の考えや米国との合意に背くようなこと
を言うのは、間違った(愚かな)行為だ。米国が、そんなやつが
日本の首相としてやって行くことは認めるはずがない。だから、
鳩山氏は、その誤りの責任をとらされて、自ら早く辞任せざるを
得なくなったor米国の力で辞めさせられたのだ」と言っている
ようなものだ。(ーー)

 でも、哀しいかな、これが政党を問わず、日本の親米保守タカ派
の議員や官僚たちに根付いている共通概念なのである。(-"-)

 昨日も、野田首相が『「日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸
であるというのが私の信念だ」と強調。「日米同盟の根幹は安全
保障なので、引き続き安全保障、防衛面で(連携を)強化して
いきたい」と述べた』という記事をアップしたけど。

 彼らは、何よりも日米(軍事)同盟を重視しており、国民の意思
よりも、米国の意向に沿って日本の国政を進めることが「正しい」
&「国益にかなうこと」だと信じ込んでいるのだ。(@@)

* * * * *

 mewは、以前から書いているように、鳩山氏が「最低でも県外
移設」と公言したことを、高く評価している。(・・)

 鳩山前首相が、10年5月に自らの言葉を撤回し、改めて辺野古
移設に関する日米合意を了承したことには、本当にガッカリさせ
られたけど。<どうせ辞めるつもりなら、こんな合意をせずに、
最後まで自分の言葉を貫いた上で、辞めた方がよかったと思う。>

 この鳩山氏の言葉が、沖縄県民の心に火をつけることになった
からだ。(**)

 沖縄県民の中には、自民党政権の下で、自分たちがいくら反対
しても、どんどんと勝手に計画が進められて行くことに、あきらめ
に近い気持ちを抱く人も少なからずいたかも知れないのだが・・・。
 鳩山氏が、その計画に異を唱えたことで、沖縄県民の中に「この
チャンスを活かして、今度こそ、米国や政府に対して、正々堂々と
声を上げて行こう」と思う人たちが多くなったように思うし。

 それは、反対集会に参加する人の数が増えたり、辺野古のある
名護市の市長選で反対派の候補が当選したりするなどの具体的な
目に見える形の動きにつながり、ついには自公が擁立した&かつて
は条件つき賛成だった仲井真県知事も「もう沖縄県民の気持ちは
止まらない」と、辺野古&県内移設に反対の意思を示すように
なっているわけで・・・。

 そのようなきっかけを作ったという点では、鳩山氏の発言には
実に大きな意味があったのではないかと思うのである。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ただ、それまで計画作り&その推進を行なって来た米国や
自民党にとっては、この発言は決して容認できないジャマな
もの&怒りの対象以外の何ものでもなかったと思われるのだが。

 残念ながら、民主党の中にも<特に親米保守タカ派の議員は>
衆院選の当時から、鳩山氏のこの発言を「余計なことを言い
やがって」と不快にorいまいましく思っていた人たちがいたのでは
ないかと思われる。(-"-)

 ちなみに、玄葉外務大臣は、先週、沖縄を訪問したのだが。
 それを報じた産経新聞の記事のタイトルは、『玄葉外相「政府の
立場説明したい」初の沖縄訪問 鳩山政権の尻ぬぐいも』だった。

『玄葉氏は「沖縄の基地負担の現状や、鳩山政権で『最低でも県外
(移設)』と期待値を高めたが(辺野古移設に)回帰したことに
おわびを申し上げなければならない」と指摘した。辺野古への移設
に向けた環境影響評価書を政府が年内に沖縄県に提出する方針に
関しては「事務的に評価書の準備を進めているとお伝えしなければ
ならない」と語った。<産経新聞10月18日>』

 つまり、(産経新聞も含め)米国や保守タカ派の議員(民主党の
閣僚や議員も含む)にしてみれば、「鳩山が余計なことを言った
から、沖縄県民が下手に期待を持つことになって、移設計画も
止まってしまったのだ」「そのために今、鳩山の尻拭いをする羽目
に陥っているのだ」というとらえ方をして、不満を募らせている
人たちも少なからずいるのではないかと思われ・・・。
 
 そして、もしかしたら、そのような不満が、今回の答弁の中にも
あらわれてしまったのかも知れない。(~_~;)

* * * * *  

 しかも、野田政権は、ここから辺野古移設の実現に向けて
かなり強引な動きを行なうことが予想される。(-"-)

 野田首相は、今日27日に沖縄の仲井真県知事と会談をする
予定なのだが。
 この会談では、仲井真知事は、改めて計画の中止を強く求める
のに対して、野田首相は、パネッタ米国防長官とお約束したことを
実践に移すために、年内に環境評価書を提出することを伝えるの
ではないかと思われる。(-"-)

 また、26日付けの「週刊金曜日」には、こんな話も出ていた。

『一方、注目されるのは今月二六日に名護市で開かれる北部振興の
継続を求める事実上の「容認派決起集会」だ。主催は「礎の会」
(名護市議会野党・移設容認派)と「北部地域振興協議会」が中心
である。

 関係者によると、大会では沖縄本島北部の企業関係者や住民ら
一五〇〇人が集い、「北部振興の継続を求める決議」の採択を予定
している。一〇月一〇日付『読売新聞』(西部本社版)は、街頭で
稲嶺進名護市政を批判する名護市議を写真入りで取り上げ、
「辺野古移設動き加速」と報じた。記事には容認派市議や島袋吉和
前市長も登場。島袋前市長は「移設実現への決起集会だ」と息巻き、
「一一月には民主党前原誠司政調会長を招き、辺野古住民との対話
を通じて“地元は容認”とのメッセージを伝える」と話している。』

『地元二紙によると、政府関係者は「政府・与党幹部の相次ぐ沖縄
入りと名護市の大会は連動しており、日米共同声明の実現に向けた
流れをつくる狙いがある」と話している。加えて民主党の長島昭久
首相補佐官、自民党の中谷元元防衛庁長官も来県する方向で調整
しているとも。

 昨年八月から政府内で重要閣僚として普天間移設の二面交渉役を
担ってきた前原誠司政調会長。移設に反対する「名護の民意」を
どこまで踏みにじるのか。移設容認派との“密会や交渉”は、
「振興策と基地問題は別だ」と言い放ってきた政府・民主党の沖縄
政策そのもの自体を根底から覆すことを意味する。』

<この前原氏の動き(移設賛成派との密会や交渉など)については、
今年7月に『前原が沖縄で動く理由』に書いたです。>

 TPPのように、与野党内や国民の間から、もっと反対&慎重論
が出ないと、このまま一気に押し切られそうな感じがあるだけに、
警戒感&危惧感を強めているmewなのだ。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 話は変わって・・・。

橋下を恐れる自公の英断がW選の鍵に』の続報を・・・。

 まず、26日、池田市長の倉田薫氏が、大阪府の知事選への
出馬を決めたすることを会見で発表した。(**)

『大阪府池田市長の倉田薫氏(63)は26日、大阪市内で記者
会見し、11月10日告示、27日投開票の大阪府知事選への
立候補を表明した。

 池田市を除く府内42市町村長のうち30人が出馬に賛同する
意向で、「30人の首長の熱い思いを受け、断る理由はない」と
述べた。民主党府連と自民党府議団は倉田氏を支援する方針で、
公明党にも同調を呼びかけている。

 大阪市長選にくら替え出馬する大阪府知事の橋下徹氏(42)が
掲げる「大阪都構想」には、「制度改革は国がやることで、争点に
する気は全くない」と説明。大阪維新の会を率いる橋下氏の政治
手法を「恐怖統治的なところが気になり、『卒維新』を目指す」と
一線を画した。

 維新の会が提案している、教育への政治関与を唱えた教育基本
条例案などへの反対姿勢も明確にした。<読売新聞26日>』

* * * * *

 この倉田市長のことは、橋下知事が泣いた時のニュースで見た
ことがある人もいるのではないだろうか?(・・)

『橋下知事が就任当初、市町村補助金の大幅な削減を打ち出した際、
猛反発する市町村長の前で涙を流した知事について、「泣きたい
のはこっちだ」と発言。この場面がテレビで繰り返し放映され、
市役所に抗議の電話やメールが殺到した。<読売新聞26日>』

 そもそも市町村長との会合で、強く反発を受けて、子どもの
ように泣いてしまう橋下知事の方が問題なわけで。
 何で倉田市長の方が抗議を受けることになったのか、mew
には理解不能なのだけど。<それだけ橋下くんが、政治家という
よりかわいいアイドル扱いをされていたということかな?^^;>

 mewは、基本的には、地方選で民主&自民の相乗りが増える
のは、望ましくないと思っているのだけど。
 大阪府の場合は、維新の会が第一党で、民主&自民は野党の
立場ゆえ、野党連合で「維新の会」の暴走を阻止するために手を
組む分にはOKだし、是非、頑張って欲しいと願っている。(・・)

* * * * *

 また大阪市長選でも、自民党の市議団が民主党の市議団と共に
平松邦夫氏を推薦する方針を決めたという。

『11月27日投開票の大阪市長選で、自民党の大阪市議団は25
日、再選出馬を表明した平松邦夫市長(62)を推薦することを
正式に決めた。民主党系の市議団も推薦方針を決めており、今後は
態度を決めていない公明党の動向が焦点となる。

 自民党は、前回2007年の市長選で公明党と共に前市長を推し
たが、民主党推薦の平松氏に敗れた経緯があり、今回の平松氏支援
には消極論もあった。しかし、市長選へのくら替え出馬を表明した
橋下徹・府知事(42)が掲げる「大阪都構想」に対し、平松氏と
反対で一致していることや、広域行政に関する府との協議機関の
設置など、政策面で合意できたことで推薦を決めた。自民党府議団
もこの日、平松氏支援の方針を確認。これを受け同党府連は、
29日の府連大会に平松氏を招く方向で調整を始めた。

 これに対し、平松市長は、報道陣に「橋下知事という最強の人と
戦うには、広い支援をいただきたいので、大変ありがたい」と
述べた。<読売新聞26日>』

* * * * *

 こうして少しずつ、橋下徹氏&維新の会と対抗できるような
環境が調いつつあるのだが・・・。

 何と国民新党は、橋下氏を支持する方針であるとのこと。(・o・)

『国民新党の亀井代表は26日の記者会見で、大阪市長選(11月
27日投開票)への対応について「橋下徹・大阪府知事の考え方は
正しい方向だ」と述べ、橋下氏を支持する考えを明らかにした。

 そのうえで、橋下氏から支援要請があれば、党としての推薦など
も検討する意向を示した。<読売新聞26日>』

 亀井静香氏が、橋下氏のどの考えを正しいと言っているのかは
わからないのだけど。<亀井氏は超保守&石原都知事の盟友ゆえ、
教育基本条例を支持しているのかしらん?^^;>

 ここから投票までの1ヶ月、おそらくは各党本部も巻き込んで
かなり激しいバトルが展開されそうな予感がしているmewなの
だった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-10-27 05:56 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

やっぱ野田&前原政権は、アブナイ!~ と、ブログ6周年の日に改めて訴えたい

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 ふと気付いたことに、何と今日9月8日は、このブログを立ち
上げて、丸6周年を迎える記念日だった。(*^^)v祝

 ここまでブログを続けて来られたのは、ブログを読んで下さる
方々、TBやコメント、リンク、ブログ記事の紹介をして下さる
などして、色々な形で交流したり、励まして下さって来た方々の
存在があったからにほかならず。皆さまには、心から感謝を申し
上げたい。
 本当に、有難うございます。m(__)m

 折角の記念日ゆえ、この6年を振り返りつつ、それらしきこと
を書いた記事を書ければよかったのだけど。
 実は、記事を投稿しようとするまで、今日が6周年の記念日だと
いうことに気付いていなかったので、準備ができておらず。(~_~;)
またの機会に書ければと思っている。(・・)

 そして、今後、いつまで、どのような形でブログを続けることに
なるのかは、全く先が見えない状態なのだけど・・・。^^;
 でも、時間とエネルギーがある限りは、記事を書くつもりなの
で、気が向いた時には、覗いてみて下さい。

 これからも、よろしくお願いいたします。m(__)m

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 で、今回の記事は、6周年にふさわしく(?)、一部、急遽内容
を変更して<天敵・前原くんの素晴らしいスピーチを折り込んで>、
「やっぱ野田&前原はアブナイ!」と訴えるものにした。(・・)

 mewが、このブログを立ち上げたのは、小泉政権で日本の
政治が、どんどん右傾化&新自由主義化して行ったり、日本の
民主主義が後退しているのを見ていて、このままでは「日本が
アブナイ!」と思ったのがきっかけだったのだけど・・・。

 折角、09年9月に民主党が政権交代を実現して、自民党政権
時代に作られたアブナイ流れがおさまりそうだと思い、<鳩山&
小沢、菅政権の下では>少し安心した気持ちになっていたのに。

 残念ながら、この9月にmewが何とか実権をとらせたくない
と願っていた野田+前原政権がスタートしてしまい・・・。(ノ_-。)
 そして、案の定、日本がまたまたアブナイ方向に進もうとして
いるのが、次々と明らかになって来ている・・・ということを、
今日の記事でお伝えしようとしていたからだ。(**)

* * * * * 

 mewは、先月、次の日本の首相を決めるための民主党の代表選
で、国家観や安保軍事政策が全く争点にされず、どの候補者も
自分の考えを語る機会がなかったことを、問題視していた。(ーー)

 今は、震災や原発事故の問題、長引く景気低迷などもあって、
国民の多くが安保軍事政策に関心を持てないのは止むを得ないのは
致し方ない部分もあるとは思うのだけど・・・。
 でも、もし国民がこの分野に全く関心を抱かず、新政権のやる
ことを放置していたら、彼らは自分たちの好き勝手にアレコレ
と動いて、ふと気付いた時には、日本がとんでもなくアブナイ国
になってしまう危険性があるからだ。(ーー゛)

* * * * *

 また、mewは、以前から野田&前原G(と今の自民党)だけ
には、政権をとらせてはいけないと、強くアピールし続けていた。

<それこそ6年前の9月には、既に「前原はアブナイ!」と訴えて
いたのよね。(~_~;) 
関連記事『民主党代表・前原じゃアブナイ???
民主党がアブナイ?!<前原民主党はどこへ行く?>』>

 野田新首相は、外見やらスピーチでは、<どじょう&雪ダルマ
のイメージで?>、国民に安心感を与えているようなのだが。
 このブログでは、しつこく書いているように、バリバリの保守
タカ派の政治家だからだ。(-"-)

 今回、民主党の政調会長に就任し、政府とタッグを組む形で、
政策決定&政権運営を行なうことになった前原誠司氏も同じだ。

<しかも、この件は改めて書きたいが。野田首相は、党政調の
権限を強化&政府与党の政策決定の仕組みを変えて、野田&前原
氏の2人が中心となって、国政&政権運営をできるような体制を
作ろうとしている。(ーー゛)>

 そして、野田氏も前原氏も、代表選では安保軍事政策に関して
全く語らなかったのであるが。
 新たに首相や政調会長に決まった途端、いわば後出しの形で、
早速、自分たちが早く実現したいと考えていたアブナイ安保軍事
政策の方針を、オモテで堂々と唱え始めたのである。(゚Д゚)azatoi

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 

まず、野田佳彦氏は、首相に決まるのを待っていたかのように
<それを前提に準備されていたのではないかと思うのだけど>、
今月発売される月刊誌に、安保外交政策に関する持論も記した
「わが政治哲学」なる論文を寄稿。
 日米の安保体制強化をして、「わが国の固有の領土を守り抜く
ための備え」を作ることを強調したという。(-"-)

<この雑誌を発刊しているPHP研究所は、松下政経塾と関わりの
深いパナソニック系の出版社なのよね。^^;>

『野田総理大臣は、近く発売される月刊誌で「わが国の固有の領土
を守り抜くための備えをしっかりしておく必要がある」として、
みずからの政権で安全保障体制の確立に力を入れる考えを明らかに
することにしています。

野田総理大臣は、近く発売される月刊誌「Voice」で、震災
からの復旧・復興をはじめ、みずからの政権で取り組む課題を
まとめた論文を発表することにしています。
この中で、野田総理大臣は、鳩山元総理大臣が掲げた、アジアに
安定した経済と安全保障体制をつくる東アジア共同体構想について
「来年は、多くの国で指導者が代わる年で、権力の交代時期は、
とかく波風が立ちやすい。今の時期に、東アジア共同体などという
大ビジョンを打ち出す必要はない」としています。
そのうえで「今なすべきは、領土領海に絡む重大な事件が発生
した場合に、日本がいかなる姿勢を打ち出すべきか、改めてシミュ
レーションをしておくことだ。わが国の固有の領土を守り抜くため
の備えをしっかりしておく必要がある」として、安全保障体制の
確立に力を入れる考えを明らかにしています。<NHK6日>』

<鳩山元首相が強く唱えていた(&小沢元幹事長も支持していた)
東アジア共同体の構想を反故にすることを明言したことは、今後
の党内対立の火種になりそうな感じも・・・。>

* * * * *

 さらに、前原政調会長も、昨日、「第1回東京・ワシントン対話」
(産経新聞社の協賛だって)で講演を行ない、集団的自衛権の容認
や、自衛隊の海外派遣、武器使用や輸出の緩和などについて言及
したという。(▽▽〆)

『【ワシントン=犬塚陽介】民主党の前原誠司政調会長は7日午後
(日本時間8日午前)、米ワシントンで開かれた「第1回東京・
ワシントン対話」(産経新聞社協賛)で講演した。自衛隊の国連
平和維持活動(PKO)など海外派遣について、行動をともにする
他国部隊が攻撃された際に武器を使用して反撃できるように法的な
課題を解決すべきだとの見解を表明した。

 武器輸出三原則の見直しにも言及した。民主党内には安保政策の
変更に抵抗感が根強いうえ、前原氏が野田政権の政策決定に強い
権限を持つだけに、今回の発言は波紋を広げそうだ。

 前原氏は英語で講演し、「自衛隊の海外派遣は他の主要国と比較
して十分とはいえない」と指摘。そのうえで「ともに行動する他国
の軍隊を切迫した不法な行為から防衛できるようにすることが必要
だ」と述べた。

 自衛隊の武器使用に関しては、「集団的自衛権の問題が未解決に
なっている」と述べ、集団的自衛権の行使を容認すべきだとの考え
を示した。
 現行の武器輸出三原則については、日本の防衛産業が国際共同
開発に参加することを阻害し最新技術の取得や価格引き下げを困難
にしているとして、見直しの必要性に触れた。ただ、日本の技術が
第3国に移転される懸念から、慎重に議論する必要があるとの認識
を示した。<産経新聞8日>』 関連記事More部分に

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 まあ、見事にmewが、これまでブログに、日本が「戦争を
する国or他国で武力攻撃をするような国」になるのを防ぐために
ために、このような政策をとることだけは阻止しなければいけない
と訴えていた政策を網羅&アピールしてくれて、開いた口が
塞がらないって感じになっているのだけど。(・o・)

 上の記事に書いてあるように、政府与党の政策立案の責任者で
ある民主党の政調会長という立場の人間が、米国の公の場でこの
ような具体的な発言を行なうことが、どれだけ問題が大きいこと
なのか、前原くんは、わかっているのだろうか?(ーー゛)

 いや、おそらく野田首相も、前原氏がこのような内容の講演
を行なうことを知っていて、同氏を米国に送り出しているに
違いないのだ。(-"-)
  
<このスケジュールは、以前から決まっていたものだと思う
のだけど。その気になれば、訪米を中止or講演内容を変更する
ことはできたはずだしね。^^;>

 しかも、彼らは、野田首相が今月下旬に訪米&日米首脳会談を
行なうことや、これから日米の新安保体制&共同宣言作りに
関する協議を改めて再開することを前提にして、米国側に自分たち
の姿勢をアピールしようとしているのである。(@@)

* * * * *

 野田内閣では、早くも米国との新安保体制を作るための準備が
始めている。^^;

 今週5日には、新たな防衛大臣になった&自他ともに「安保の
シロウト」だと認める一川保夫氏が、閣僚会見の場で、こんな発言
をしたという。

『一川保夫防衛相は5日の記者会見で、武器輸出三原則の見直しに
ついて「防衛装備品の技術進歩や財政負担が各国の重荷になって
きている。平和国家の理念を曲げない中で検討することはあって
いい」と述べ、引き続き輸出管理のあり方を検討していく考えを
示した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題については、
名護市辺野古へ移設するとした日米合意を尊重する方針を表明。
早期に仲井真弘多沖縄県知事らとの意見交換や現地視察を行いたい
との意欲を見せた。<産経新聞5日>』

* * * * *

 また、野田首相に代わって、防衛省も基地移転を早く実現するために
積極的に活動し始めているし。<More部分参照>
 野田政権も、基地移転のための関係閣僚会議を設置することを
決めたのだが。さらに、首相の松下政経塾の後輩&前原くんの同期
で、保守タカ派仲間である玄葉外務大臣は、わざわざ会見の場で、
こんな提案をしたという。(@@)

『玄葉外相は6日の記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設
問題をめぐる関係閣僚会議について、沖縄相経験者の前原政調会長
ら党幹部を含める形で拡大・強化する私案を藤村官房長官に提案
したことを明らかにした。

 玄葉氏を含む野田政権の沖縄関係閣僚は、沖縄問題とのかかわり
が薄いとの指摘がある。玄葉氏は「前原政調会長をはじめ、(沖縄
側との)信頼関係の構築に努めてきた人の資産がある。蓄積は
生かした方がいい。関係する方々が一つの会合に集まる方が
望ましい」との認識を表明。「野党の方の資産だって活用すべきだ
とさえ思っている」とも述べた。

 玄葉氏の提案について、藤村官房長官は6日の記者会見で「近日
中に調整したい」と述べ、閣内で議論する考えを示した。
<読売新聞6日>』

<前原くんは、この何ヶ月か日米の国防族や沖縄の基地移転
推進派と協議するなどして、辺野古移転を実現するために懸命に
動き回っていたので、玄葉くんは前原くんを頼りにしているのだ。
関連記事・『前原が沖縄で動く理由・・・
前原が訪米&基地移設で妙な動きを』など>

* * * * *

 野田政権が始まって、まだ実質的には1週間も立っていない
のに・・・。
 そして、オモテ向きは、いかにも震災復興や財政の問題に取り
組む姿をアピールしていたりもするのだが。<メディアもそちら
の方ばかりを扱っているしね。^^;>

 でも、実際のところは、野田&前原コンビは、そのウラで着々と
日米の安保軍事体制の強化や日本の軍事拡大のための諸策を、実行
に移すために動いているわけで。
「やっぱ、野田・前原政権はアブナイ!」と大きな声で叫びたい
mewなのだった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mew(&日本代表?)の大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-09-08 14:01 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

野田新内閣の顔ぶれを見て思ったこと~財務・外務大臣に疑問あり+サッカー

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





 まず、海上をノロノロ動く間に雨水をたっぷり蓄えた台風12号が、
ついに四国に上陸し、西日本を縦断しそうだとのこと。
 関東・東北や九州も含め、広範囲に多量の降雨があることが
予想されている。
 どうか、台風の通過する地域&その周辺の地域の皆さまは、
十分にお気をつけて下さいませ。m(__)m
 そして、どうか大きな被害が出ませんように。(-人-)

* * * * *

 さて、昨日から、男子サッカーWCのアジア3次予選がスタート。
<日本は3次から参加。>ザックJAPANが、北朝鮮に1-0で
勝利した。"^_^"
 残念ながら、試合をライブで観ることはできなかったのだが。
 日本代表は相手を攻めあぐねていたものの、何と後半ロスタイム
の残り1分で<何故か、ふだんからフルネームで呼んでしまう>
吉田麻也選手がヘディング・シュートを決めて、相手を振り切った。

 日本代表は、長友が肩の脱臼で不参加。本田も直前に、膝の故障
で代表を離脱。<半月版の手術をすることに。>その本田の代わり
に召集されて中村憲剛選手も合宿中に足の甲の骨折が判明し、
ベストのメンバーをそろえられなかった上、直前にバタバタして
しまったところがあったのだけど。<ただ、ケガ人が続出したのが
3次予選の初期だったのは不幸中の幸いだと言えるかも。^^;>
 
 1日の女子代表もそうだが。試合内容云々よりも、ともかく
まずは勝ち点3をとることが重要なことだと思うし。また、窮地
に追い込まれても<ましてや、今までならやられがちだったロス
タイムで>、勝つことができるチームになったのを見て、日本も
だんだん強くなって来たな~と思ったmewなのだった。"^_^"

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 そして、昨日2日には、野田首相が初めての組閣を行ない、正式
に野田新内閣がスタートすることになった。(・・)
 
 新内閣のメンバーは、*1にアップしておくが・・・
 ざっと顔ぶれを見て、かなり地味な人が多い&何だか昔の自民党
みたいな人選をしているような感じにも見えたので、あえて言えば
「ハーフ地味ん党内閣」という印象がある。(@@)

 まあ、1/3ぐらいは、予想通りorそれなりに評価ができる
人選だったのだけど。「何で、この人が入閣?」「何で、この人が
この大臣に?」というケースもかなりあるし。
 早くも、野党に追及されそうな発言をしたり、問題を指摘
されたりしている人も出ているようで。<自民党が手ぐすね引いて
待っている感じが。^^;>

 おそらくmewならずとも、この人選には疑問を覚えた人や、
ガッカリさせられた人が多いのではないかと察するし。
 知人いわく、これは「NOだ、内閣」になってしまうのでは
ないかという懸念もあって、何だか先が思いやられるような感じ
がしている。_(。。)_

* * * * *

 先に、mewの超個人的な感想を書くなら・・・。

 mewにとって、1番のサプライズ&疑問だったのは、安住
淳氏(前・国対委員長)が財務大臣になったこと。

 また、1番イヤだ~と思った&これも疑問だったのは、玄葉
光一郎氏(前・国家戦略大臣)を外務大臣にしたことだ。(@@)

 今回、野田内閣には40代の若い議員が4人入閣したのだが。
<安住、玄葉、古川、蓮舫氏)
 この件は、また別記したいが。mewは、能力&意欲のある
若い人たちを積極的に要職に起用して、経験を積ませて行くことは
決して悪いことではないと思っているし。
 実際、4人ともかなり能力&意欲があると思うので<蓮舫氏の
場合は、アピール力&意欲かな?>、今回、彼らが入閣したこと
自体に文句を言う気はないのだ。^^;

 でも、財務大臣と外務大臣と言えば、日本の国政の最も重要な
部分を担う、内閣の要とも言われる閣僚であるだけに、それ相当
の知識や経験が求められると思うし。
 特に今、日本は経済財政や外交の建て直しが急務だと言われて
いる状態であるだけに、この2つの大臣は、本当に真剣かつ慎重に
決めなければならないのではないかと思っていたのだ。(・・)

<特に野田氏は、経済財政政策には力を入れると言っていたので、
尚更に、それなりの人を選ぶと思っていたのにな~。(@@)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 でも、安住氏は、大学も早大の社会科学部卒で、その後NHK
の記者(政治部の経験あり)を経て衆院議員になった人で。これ
まで経済、財政に関わる仕事をしたこともなく、この分野に関する
専門的な知識や経験がないように思われる。(・・)
<財務省の官僚をリードするどころか、下手すると、資料を
読んだり、説明を理解したりするのも、大変かも?^^;>
関連記事*2

 ましてや、今の経済等の状況を見れば、今から勉強しますと
いうような悠長なことはとても言っていられないのではないかと
思えるだけに、「野田は一体、何を考えているのか?」とマジで
思ってしまった<&チョット怒った&呆れてしまった>ところが
あった。(ーー)

<ちなみに安住氏本人は、防衛大臣を希望していたとのこと。
彼は、確か集団的自衛権の行使に慎重だったように思うので、
安住くんが防衛大臣にしてくれた方がmew的にはよかったの
にな~。^^; ・・・ただ、野田氏は集団的自衛権賛成派だから、
彼を防衛大臣したくなかったのかも。(~_~;)>

* * * * *

 また、玄葉氏は、上智大法学部卒で、松下政経塾(8期生で
前原くんと同期)、福島県議(当時は自民党所属)を経て、
衆院議員になったのだが。
 彼は、主に地方分権や行政&公務員改革の分野で活動をして
いた人で、外交分野の仕事に携わったことは、全くorほとんど
なかったのではないかと思う。<誰かについて行く形で、首脳or
外務大臣クラスの大きな国際的な会合や会談に参加したことも
ないかも?^^;>

 それゆえ、行革や公務員改革もテーマになっている国家戦略大臣
や、総務大臣に任命するなら、まだ理解できるのだけど。
 この大事な時期に、外交分野の力、経験、実績がない人を外務
大臣にすること自体、大きな疑問を覚えるし。
 
 しかも、玄葉氏は、積極的に憲法改正や集団的自衛権の容認を
求めている保守タカ派ゆえ、尚更に、「こんな人を外務大臣にする
のはイヤだ~~~」&「日本がアブナイぞ~」と思ってしまう
ところがあった。(゚Д゚)

* * * * *

 他方、一番嬉しかったのは、mewが将来、平和&リベラル政党
のリーダー格として活躍して欲しいと期待している平岡秀夫氏が、
ようやく入閣し、法務大臣になったことだった。(~~)

 平岡氏は、民主党内の「リベラルの会」のメンバーとして活動
しており、<最初に岩国市長選に出た時も、チョット気になって
いたのだが>、民主党にはいってから、江田五月氏や菅直人氏に
近い存在だったので、かなり注目するようになったのだけど。
 
 話をきいたり、書いたものを読んだりして、めっちゃアタマの
いい人だな~と思っていたら<難しいことを、わかりやすく説明
する能力にも優れている>、東大法卒で、当時は最難関と言われた
司法試験&国家I種に両方とも合格し、大蔵省に採用されて、
課長クラスまで務めた後、弁護士を経て、衆院議員になったとの
こと。(@@)

 別に学歴や試験合格だけで政治家としての優秀さが決められる
とは思っていないのだけど。
<田中角栄元首相みたいに、小学校卒でも、自分ですご~く勉強や
努力した+めっちゃ賢い人もいるし~。(・・) 要は、政治家として
必要な知識や経験を得る努力をしているかどうかが大事なのよね。>

 ただ、こういう人は、難しっぽいことに関しても、理解力や学習
能力が優れている分<ましてや専門分野では>官僚に簡単に丸め
込まれることなく、自分で判断できるのが強みだし。

 ましてや、平岡氏の場合は、平和志向+人権など全般にわたって
リベラル志向なので、mew的には、ますます期待したくなるところが
あるのだ。(~~) <ただし、見た目も存在も地味なのよね。^_^;>

 今年1月から、mewのMOSTごヒイキ&こちらも元裁判官
で能力優秀の政治家である江田五月氏が法務大臣になってから、
取調べの可視化や特捜部の仕組みなどの検察改革がどんどんと
進んでいたので、できれば江田氏が法務大臣を再任されると
いいな~と思っていた部分もあったのだけど。
 平岡氏が、次の法務大臣になるなら、検察改革や検察審査会の
検討をはじめ司法改革全般に関しても、安心して任せることが
できるように思うし。是非、平岡氏らしい、いい仕事をして
欲しいと願っている。"^_^" <平岡会見の要旨*3>

<ちなみに、今回、国家戦略&経済財政担当大臣になった古川氏
も、以前から顔(特におでこの辺り)や話し方を見ていて、
「何だかアタマがよさそうな人だな~」と思ってたら、彼は東大法
在学中に司法試験に合格&国家一種にも合格して、やはり大蔵省に
務めていたとのこと。この2つの大臣就任は適任かも。(・・)
 でも、玄葉氏や古川氏は、いかにも自分は「アタマがいい」という
感じをオモテに出して、上から目線っぽくなるとこがあるのがmew
的には、好きじゃないのよね。(-"-)>

* * * * *

 チョット時間がなくなってしまったので、つづきは、また後ほど
or後日にアップしたいのだが・・・。^^;

 今回の組閣では、上の安住、玄葉氏の例のように、「何で、この
人が、この大臣に?」というケースが少なからず見られるだけに、
果たして野田新内閣が、本当にこれからしっかりとした国政運営が
やって行けるのか、かなり大きな疑問&不安を覚えているmew
なのであった。(@@)
                  THANKS
 
【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-09-03 14:07 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)