「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

カモネギ安倍、米の言い値で武..
at 2017-12-17 15:47
横田母「訪朝したい」、イラ立..
at 2017-12-17 06:46
安倍、松本、指原らと会食&改..
at 2017-12-16 08:09
蓮舫も立民へ?~参院、地方議..
at 2017-12-15 15:02
黒いの発言に子供たちが謝罪を..
at 2017-12-15 05:23
高裁初、伊方原発差し止めの決..
at 2017-12-14 03:15
安倍退陣こそ、拉致問題を解決..
at 2017-12-13 01:38
イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

何故?何故としか言いよう..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍は沖縄から撤退せよ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中国・韓国両首脳北朝鮮を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
四国と九州は近いようだ、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の軟化で北は第一の目..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51
mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:脱原発 ( 10 ) タグの人気記事

高裁初、伊方原発差し止めの決定+沖縄で今度は小学校の校庭、体育中に米軍ヘリの窓が落下

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
【サッカーのクラブWC・・・本田パチューカは善戦するも、延長前半にグレミオに点をとられ、0-1で敗戦。う~ん、本田のゴール(特にFK。GKの正面杉~)が決まっていれば、世界の大注目が浴びられたのにな~~~。(@@)<レアルが負けたら、3位決定戦で戦えるね。^^;>
 尚、浦和は5位決定戦で、アフリカ代表のウィダド・カサブランカ(モロッコ)に3-2で勝利した。"^_^"】
 
 まずは、嬉しかったニュースを。(^^♪

 広島高裁は昨日13日、地裁の決定を覆し、伊方原発の運転差し止めを命じる決定を出した。 (・o・)
 
 四国電力は、昨年8月に愛媛県にある伊方原発3号機を再稼動。広島市の住民らが運転差し止めの処分を求めて提訴したものの、広島地裁は3月に申請を却下していた。
 しかし、今回、広島高裁は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断。来年9月末まで運転差し止めを命じたのだが。高裁レベルで原発の運転差し止め命令は全国で初めてのことだ!(**)
 
<何か「愛媛」の原発の差し止めを「広島」の住民が申請するとか。差し止めの理由に「熊本」の阿蘇のことが出て来たりして、「???」に思うかも知れないのだが。地図を見ると、3つの地域はさほど離れておらず。もし今、活発に動いている阿蘇山が噴火したら、伊方原発に火砕流が到達して原発事故が起こり、お向かいの広島にも大きな影響が出るおそれがあるのだ。(@@)>

* * * * *

『伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」-3号機仮処分・広島高裁

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、定期検査中)の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、来年9月末まで運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。四国電は異議を申し立てる方針。

 東京電力福島第1原発事故の後、高裁段階で運転差し止めを命じた司法判断は初めて。野々上裁判長は、仮処分は証拠調べの手続きに制約があり、差し止め訴訟が係争中の広島地裁が異なる判断をする可能性もあるとして、運転停止期間を来年9月30日までとした。

 広島地裁は3月、原子力規制委員会が定めた新規制基準は「不合理とは言えない」と判断し、住民側の仮処分申請を却下した。

 野々上裁判長も、基準地震動(想定される地震の揺れ)の策定方法など、火山以外の争点については「新規制基準は合理的」と判断した。その上で、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前に起きた巨大噴火を検討。四国電が伊方原発周辺で実施した地質調査やシミュレーションでは、火砕流が敷地に到達した可能性が小さいとは言えず、「原発の立地は認められない」と判断した。

 伊方原発は瀬戸内海を挟んで広島市から約100キロの距離にある。3号機は昨年8月に再稼働し、定期検査のため今年10月に停止。四国電は来年1月22日の発送電再開を目指していた。(時事通信17年12月13日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 次に、mewをまたまた怒らせた&哀しませたニュースを。 (ノ_-。)

 先週、沖縄の普天間基地近くの保育園に、米軍ヘリの部品が落ちたという話を書いたばかりなのに。(『離島防衛を口実に、NHKも国民騙してミサイル購入&沖縄の要塞化+米軍部品、保育園に落下』)

 何と昨日13日には普天間基地近くの小学校の校庭に、重さ8kgのヘリの窓の一部が落下。しかも、校庭で体育の授業中だった60人の生徒たちから、10mも離れていないところに落下したとのこと。(゚Д゚)

 幸い、ひとりの児童が軽傷を負った(風圧で飛んで来た小石が腕にぶつかったらしい)だけで済んだようだが。子供たちに対する精神的な影響は大きいものがあるだろうし。何よりも一歩間違えれば、大惨事になっていたおそれがあるだけに、沖縄県の住民だけでなく、全国の国民で問題視したいところだ。(**)

<多くの人がヘリから部品が落ちて来る光景を目撃。FNNの情報カメラにも映っていたとのことで。さすがに今回は、米軍も自分とこのヘリが飛行中に落下したことを認めていた。(・・)
 前回の保育園の落下物だって、一般的に考えて、米軍のヘリか関係者以外、保育園の屋根の上に落とせる人はいないんだからね。(-"-)>

* * * * *

『米軍機窓落下 60人が体育授業中 普天間の小学校

 13日午前10時10分ごろ、沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校の校庭に、隣接する米軍普天間飛行場から離陸して上空を飛行中の米軍大型ヘリコプターCH53Eから窓が落下した。当時校庭では約60人の児童が体育の授業中だった。沖縄県の富川盛武副知事は米海兵隊太平洋基地司令官のポール・ロック准将を県庁に呼んで強く抗議。沖縄県内の全米軍機の緊急総点検と安全が確認されるまでの飛行中止を求めた。県によると、全米軍機の飛行中止を求めるのは異例。

 県警宜野湾署や同小などによると、落下したのは、左側コックピットの約90センチ四方の金属製の枠がついたアクリルとみられる窓で、重さは約7.7キロ。校庭の中央付近に落ちてきたという。校庭では当時、2年と4年の児童約60人が体育の授業中だったという。一番近くにいた4年の児童らは落下地点から約10メートルで、落下直後に4年の男子児童の左腕に砂や小石が当たったとみられるが、けがはなかった。

 同小では授業をとりやめて全校集会を開き、保護者らの迎えで全児童が早めに帰宅したという。喜屋武(きゃん)悦子校長は事故後に「精神的に子供たちも職員も体育を再開できる状況ではありません」と記者団に語った。

 落下事故後、富川副知事はロック氏に対し「憲法で保障された生存権を脅かす深刻な事故だ」と抗議。謝花喜一郎知事公室長は、米軍垂直離着陸輸送機オスプレイが名護市沖で不時着、大破した事故から13日で1年になることを指摘し「『点検をやっています』だけでは県民は信じない」と語気を強めた。これに対して、ロック氏は謝罪したが、同型機の飛行を見合わせていると説明するにとどまった。

 また、山本朋広・副防衛相も13日、防衛省で面会した在日米軍のマルティネス司令官に抗議し、同型機の飛行自粛を求めた。

 沖縄県基地対策課によると、1972年の本土復帰から今年11月末までに米軍機の部品落下事案は67件発生している。CH53Eの先行機を含めたCH53を巡っては、2004年8月に米軍普天間飛行場近くの沖縄国際大で墜落し、炎上。今年10月には同県東村の民有牧草地で不時着、大破したほか、今月7日には同飛行場近くの緑ケ丘保育園でCH53の部品とみられる円筒状の物体が落ちているのが見つかったばかりだった。【佐藤敬一、佐野格、遠山和宏】(毎日新聞17年12月13日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『現場を視察した翁長雄志(おながたけし)知事は、記者団に「沖縄だけが危険な目に遭い、子どもたちや県民の生命財産が脅かされている。差別的な安全保障のあり方を、政府と米軍にしっかり伝えないといけない」と語った。

 政府は、米側に原因究明と再発防止を求め、同型機の安全が確認されるまでの飛行自粛を申し入れた。菅義偉官房長官は会見で「学校の関係者のみならず、沖縄県民の方々に不安を与えるもの。あってはならない」と述べた。

 在沖海兵隊ナンバー2のポール・ロック准将は午後、県庁を訪れ「心からおわびを申し上げたい」と謝罪。落下事故後は同型機を飛ばしていないと説明した。富川盛武副知事は「一歩間違えれば人命に関わった。こういうことが続けば日米安保にも大きな影響が及び、協力体制にひびが入りかねない」と抗議した。

 宜野湾市では今月7日にも、近くの保育園の屋根の上で米軍ヘリCH53Eの部品が見つかっている。10月には東村高江で同型機が民間の牧草地に不時着し炎上する事故があった。(小山謙太郎、岡田将平)(朝日新聞17年12月13日)』

 在沖海兵隊ナンバー2のロック准将の言動を見ていれば伝わって来ると思うが。彼らは、偶発的な事故は起きるものだと考えており、自分たちが悪いなどと微塵も思ってはいないのだ。(-_-)

* * * * *

 mewは昨夜は帰宅が遅くて、TVのニュースはほとんど見られなかったのだけど。TVのニュース番組は映像を用いて、しっかりとこの問題を取り上げてくれただろうか?(・・)

 こういう時こそ、日本政府も毅然と対応して欲しいところなのだが。mewは、山本副大臣の米軍を上に見るpr持ち上げるような話し方をきいて、ガッカリしてしまったです。<日本政府は、米軍に「安全を確認『していただく』」んだ。(>_<)>

『山本防衛副大臣は「われわれとしては、まずは(アメリカ軍に)安全を確認をしていただく。次に、再発防止策をきちんと徹底していただく。そのあとに飛行するなり、運用するという方向で、強く申し入れをしている」と述べた。(FNN17年12月13日)』

 沖縄県では、今年の衆院選で小選挙区4区のうち3区で野党候補が勝利しているように、安倍自民党への反発が強い。(++)
 来年2月には、辺野古のある名護市で市長選が行われる予定なのだけど。反対派の稲嶺知事がしっかりと3選できるように、オール沖縄というよりオールジャパンで応援したいと思うmewなのだった。(@@)

 p.s. 政府は、辺野古に基地を移設すれば危険がなくなると言うのだが・・・。
 辺野古に新基地を作っても、普天間がすぐに全面返還されるかわからないし。辺野古滑走路の周辺は海でも、結局、軍用機やヘリは陸地の上を飛ぶことになるので、新たな危険性や騒音が発生するだけだし。それに海に基地を作るとサンゴやジュゴン、その他の海洋生物の生活や生態系に影響が出て、沖縄の自然、ひいては日本の南海の大事な自然が壊されることになるので、mewは辺野古移設に「NO!」と言いたい。(**)
 
  THANKS


                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-12-14 03:15 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

福島原発事故で、国と東電の責任を認める画期的な判決。国や東電に、予見・結果回避可能性

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


 衆院選に関する記事を書く前に、嬉しかったニュースを一つ。

 昨日10日、福島地裁で画期的な判決が出た。(・o・)

 福島第一原発の事故によって被害を受けた住民が起こした裁判で、福島地裁が国と東電の責任&損害賠償を認めたのだ。(**)<特に結果回避可能性を認めたのは、画期的だと思う。>

 う~ん。もし被害者のことを思うなら、国や東電には控訴して欲しくないところだけど。しちゃうんだろうな~。_(。。)_

 でも、この判決は様々な損害を受けて、国や東電と戦っている多くの人々にとって、大きな力になる判決だったと思うし。脱原発を目指す人たちにも、嬉しいニュースになったと思う。(++)

* * * * *

『原発事故訴訟 国と東電に賠償命じる 福島地裁判決

 東京電力福島第1原発事故当時、福島県や隣県に住んでいた約3800人が国と東電に総額約160億円の損害賠償などを求めた訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は10日、国と東電に対し、賠償を命じる判決を言い渡した。
 約1万2000人の避難者らが全国の地裁に起こした約30件の集団訴訟の中で判決は3件目。原告数は最も多い。3月の前橋地裁判決は国と東電の賠償責任を認めて原告62人に総額約3800万円を支払うよう命じていたが、9月の千葉地裁判決は国の賠償責任を否定。東電のみに対して原告42人に総額約3億7600万円を支払うよう命じていた。

 今回の訴訟で原告側は「生活環境が汚染され、家族や地域の人間関係が壊れたり、仕事の生きがいを失ったりした」と訴え、空間放射線量を事故前の状態(毎時0.04マイクロシーベルト以下)に「原状回復」することや、実現するまで1人月5万円の慰謝料を支払うことなどを求めていた。【土江洋範】(毎日新聞17年10月10日)』

* * * * *

『<福島原発訴訟>「被害救済の足がかりに」 国と東電に責任

 ◇福島地裁判決 原告団長の中島孝さん「今後の戦いを更に」

 10日の東京電力福島第1原発事故による被害者訴訟の判決で、福島地裁は国と東電の責任を認め、賠償の上積みにとどまらず、範囲拡大にまで踏み込んだ。判決後の集会で原告団長の中島孝さん(61)は「被害救済の大きな足がかりになった」と表情を引き締めた。

 提訴から4年7カ月。同原発から北に約45キロ離れた福島県相馬市の住宅街で家族と小さなスーパーを営みながら、県内外約3800人の原告と共に国と東電の責任を追及してきた。中島さんを含む原告の大半が、避難指示区域外の住民だ。

 相馬市沿岸は黒潮と親潮が交わり、阿武隈山地からの養分も流れ込む豊かな好漁場とされる。事故前、店の自慢は地元・原釜漁港で揚がるタコやヒラメなどの刺し身だった。「旬の魚を安く食べられる」。そんな客の評判が商売人としての誇りだった。

 だが事故後、県沿岸の漁獲はストップ。県外から取り寄せた魚は鮮度が低く、客から「うまくねえ」と言われた。空揚げや焼き魚にして売りさばく日々が続き、胸は悔しさでいっぱいになった。

 同じく地元の魚介類を仕入れていた旅館や土産物店の仲間からは「商売の道が断たれた。首をつるしかねえのか」との声も。東電への賠償請求が難航していた時、弁護士から「現在の枠組みでは限界がある。大規模な裁判を展開したい」と原告団長を打診された。

 裁判になれば、膨大な時間がかかり、商売に支障が出る。悩んでいたとき、妻が背中を押してくれた。「店は私と息子で何とか切り盛りする。ここで引いたら男じゃないよ」

 事故から6年半が過ぎ、店では安全性が確認された地元の魚を並べるようになり、客も徐々に戻っている。だが客との会話は自慢だった魚の味よりも、放射能と食の安全に関する話題が増えた。

 商売人の誇りを奪われる悔しさを、もう誰にも味わわせたくない。「二度と原発事故を起こさせないこと」が福島に生きる自身の責務だと考えている。「今後の戦いを更に進めたい」と力を込めた。【岸慶太、尾崎修二】(毎日新聞17年10月10日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 判決要旨も載せておきたい。

『福島原発事故集団訴訟 福島地裁判決の要旨は次の通り。

 【原状回復請求】

 空間放射線量率を事故前の毎時0.04マイクロシーベルト以下にという原告の請求は、国と東電に求める作為の内容が特定されていないため、不適法。

 【予見可能性】

 文部科学省地震調査研究推進本部地震調査委員会が2002年7月に作成した「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価」は、規制権限の行使を義務付ける程度に客観的かつ合理的根拠を有する知見。専門的研究者の間で正当な見解と是認され、信頼性を疑うべき事情はない。

 国は長期評価に基づきシミュレーションを実施していれば、08年に東電が試算した通り、最大15.7メートルの高さの津波を予見可能だった。

 【結果回避可能性】

 1~4号機の非常用電源設備はこの高さの津波に対する安全性を欠き、政府の技術基準に適合しない状態だった。経済産業相はシミュレーションに必要な合理的期間が経過後の02年末までに規制権限を行使し、津波対策を東電に命じていれば、東電はタービン建屋等や重要機器室の水密化措置を取っただろう。事故は回避可能だった。

 【国・東電の責任】

 規制権限の不行使は許容限度を逸脱し、著しく合理性を欠いた。国は賠償責任を負う。東電は予見可能な津波対策を怠った結果、事故に至った。過失はあるが、故意や重過失は認められない。

 原子炉施設の安全性確保の責任は第一次的に原子力事業者にあり、国の責任は監督する第二次的なもの。国の賠償責任の範囲は東電の2分の1。

 【損害】

 生活の本拠で生まれ育ち、なりわいを営み、家族、生活環境、地域コミュニティーとの関わりで人格を形成し、幸福を追求していくという平穏生活権を人は有する。放射性物質による汚染が権利の侵害となるかどうかは、侵害の程度やその後の経過、被害防止措置などを総合考慮する。

 帰還困難区域の旧居住者が受けた損害は「中間指針等(国の中間指針と東電の自主賠償基準)による賠償額」を20万円超えると認められる。双葉町の避難指示解除準備区域でも同様。

 居住制限区域、避難指示解除準備区域、特定避難勧奨地点、緊急時避難準備区域は、中間指針等による賠償額を超える損害は認められない。

 一時避難要請区域は、中間指針等による賠償額を超える損害は3万円を認める。子供、妊婦には8万円を追加する。

 自主的避難等対象区域では、一定の空間線量率が計測され、被ばくや今後の事故に対する不安から、避難もやむを得ない選択の一つだった。選択自体も困難を強いられることであり、避難しないことも容易ではなかった。中間指針等による賠償額を超える損害は16万円。福島県南地域では10万円、賠償対象区域外である茨城県の水戸市、日立市、東海村では1万円を認める。

 ふるさと喪失の損害については、帰還困難区域で、中間指針等による賠償額の1000万円を超える損害は認められない。(共同・毎日新聞10月10日)』

* * * * *

 各地で国と東電の責任を認める判決が増えるようにと願っている。(・・)

 そして、このような判決のニュースを見て、より多くの国民が「やはり脱原発が必要だ」と思ってくれるといいな~とも願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-10-11 01:42 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

小百合、9条護憲のメッセージ&坂本との反核活動+凍らない福島の凍土壁

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今月12日、関西市民連合が大阪市内で意見交換会や街宣活動を行なったのだが。その時に、吉永小百合さんからのメッセージが読み上げられたという。(・・)

 市民連合のメンバーが吉永小百合さんに、関西市民連合街宣【Politics For Our Life】の趣旨を伝えたところ、自筆のメッセージが寄せられたとのこと。
(自筆メッセージの写真はhttps://www.facebook.com/shiminrengo.ksi/photosに)

 吉永さんは長い間、原爆被害者の詩を朗読する反核活動を行なっているほか、憲法9条を守って平和主義を貫くべきだとして様々な場所でアピールを続けているのだが。
 3.11の福島原発事故後は、脱原発を進めることも主張。先月にはカナダで、同じく脱原発を訴えている音楽家の坂本龍一氏とコラボして。坂本氏のピアノ演奏をバックに、原爆の詩や原発事故に見舞われた福島の人々の詩を朗読する会を開いたばかりだ。(・・)

<ちなみに吉永さんは昨年、長崎原爆をテーマにした「母と暮らせば」という映画に出演したのだが。(主演・二宮和也、監督・山田洋次。山田監督の要請を受けて、その映画の音楽も坂本龍一氏が担当している。)>

* * * * *

『吉永小百合さん「武器より対話を」 若者に投票呼びかけ

 安全保障関連法の廃止や投票率向上などを掲げる「関西市民連合」が12日、大阪市内で意見交換会を開き、聴衆約700人(主催者発表)が集まった。「戦争をする国になってはいけない」と訴え、若者に投票を呼びかける俳優の吉永小百合さんのメッセージが読み上げられ、会場から大きな拍手が送られた。

 吉永さんは「憲法9条を守って、武器ではなく対話で平和な世界を作っていきたい。私は強くそう思います」とつづり、10代の若者に「あなた達(たち)の思いを考えを一票に託して下さい」と語りかけるメッセージを寄せた。メッセージはリーフレットに印刷され、会場で配布された。

 関西市民連合メンバーの岡野八代・同志社大大学院グローバル・スタディーズ研究科教授が、吉永さんの所属事務所を通じ、手紙で意見交換会への出席を依頼したところ、吉永さんの自筆のメッセージがメールに添付されて届いた。岡野さんは吉永さんとは面識がなく、「まさか返事が来るとは」と驚いた。所属事務所からは「若者たちが、日本の政治に対して動いていることを応援します」と説明されたという。

 関西市民連合は、学生団体「SEALDs(シールズ) KANSAI」や「安保関連法に反対するママの会@大阪」などの有志が設立。参院選で野党統一候補の当選を目指している。意見交換会では憲法や福祉、経済をテーマに、市民や識者、国会議員ら計11人が登壇し、思いを訴えた。(吉川喬)

     ◇

■吉永小百合さんのメッセージ(原文のまま)

 今、私達はしっかり考えて行動しなければいけない時です。

 戦争をする国になってはいけない。憲法9条を守って、武器ではなく対話で平和な世界を作っていきたい。私は強くそう思います。

 初めて選挙権を持つ十代の皆さんもぜひ投票して、あなた達の思いを考えを一票に託して下さい。

      吉永小百合  (朝日新聞16年6月13日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『吉永小百合さん「核なき世界」への願い、カナダから

 原爆詩の朗読を30年にわたって続けてきた俳優の吉永小百合さんがカナダのバンクーバーで3日(日本時間4日)、原爆の詩や原発事故に見舞われた福島の人々の詩を朗読した。音楽家の坂本龍一さんがピアノで伴奏した。核兵器と原発による核の被害を受けた日本が世界に伝えるべきものは何か。吉永さんは詩の言葉を通し、「核なき世界」への願いを次世代に伝えた。

 朗読会は「The Second Movement in Canada」(カナダにおける「第二楽章」)と題してブリティッシュコロンビア大学(UBC)で開催。学生を含め約200人が聴き入った。

 「声高ではなく、柔らかい口調で語り継ぎたい」との思いを込めた吉永さんの朗読シリーズ「第二楽章」の中から、「にんげんをかえせ」で知られる峠三吉の「原爆詩集 序」を日本語と英語で、栗原貞子作「生ましめんかな」を英語で朗読。また和合亮一さんや佐藤紫華子(しげこ)さんら福島の詩人の作品、永瀬清子作「降りつむ」を日本語で読み上げた。「降りつむ」は皇后の美智子さまが英訳しており、これらも会場で紹介された。

 坂本さんは「核と人類は共存できない、という吉永さんの強い信念に共感します。将来、人々が核兵器や原発に苦しまないことを願う」とスピーチした。

 吉永さんが坂本さんと海外で朗読会を開くのは、2011年の英オックスフォード大以来2度目。今回はUBCとサイモンズ財団、朝日新聞社が主催した。詩の英訳を通したUBCと津田塾大の交流授業の成果も発表。スタジオジブリの美術監督を務め、「第二楽章」の風景画を手がけた男鹿和雄さんの作品も展示された。現地の4日には、吉永さんが主演し、坂本さんが音楽を担当した長崎原爆の映画「母と暮せば」も海外で初めて上映される。(バンクーバー=核と人類取材センター・副島英樹) (朝日新聞16年5月4日)』

* * * * *

 しかし、福島原発事故に対する関心は、どんどんと低くなるばかりで。重要な問題が起きても、メディアがほとんど伝えず。
 安倍首相は国際社会に向けて、「汚染水はアンダーコントロールにある」と豪語したものの、先日、当ブログで伝えたように、政府が主導する形で345億円も投じた汚染水対策の「凍土遮水壁」は、完全に凍って固まりそうにないという。(~_~;) (『チェ原発の報告を隠す安倍内閣+福島の甲状腺がんの状況+凍土壁、凍らず』)
 
 原発推進派かと思ってた産経新聞が、凍らない凍土壁について詳しく報じていたので、その記事をアップしたい。(・・)

『凍らない凍土壁に原子力規制委がイライラを爆発「壁じゃなくて『すだれ』じゃないか!」

「本当に壁になるのか?壁じゃなくて、“すだれ”のようなもの」

 「壁になっているというのをどうやって示すのか? あるはずの効果はどこにあるのか?」

 東京電力福島第1原発で汚染水を増やさないための「凍土遮水壁」が運用開始から2カ月たっても、想定通りの効果を示さない。廃炉作業を監視する原子力規制委員会は、6月2日に開かれた会合でイライラを爆発させた。

 凍らない部分の周辺にセメント系の材料を入れるという東電の提案に対しても、規制委側は「さっさとやるしかない」とあきれ果てた様子。約345億円の税金を投じた凍土壁の行方はどうなってしまうのか。

 会合は、冒頭からピリピリと緊迫した空気が漂っていた。

 東電の担当者は2分間程度の動画を用意していた。凍土壁が凍っている証拠を視覚的にアピールするため、地中の温度の変化を動画でまとめていたのだ。

 ところが、規制委の更田豊志委員長代理は「温度を見せられても意味がない。凍らせてるんだから、温度が下がるのは当たり前。動画とか、やめてください」とバッサリ。東電の担当者は遮られたことに驚いた様子で、「あ、はい、分かりました。はい。それでは…」と次に進むしかなかった。(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ■セメント注入、それでも「凍土壁」か?

 規制委側から質問が集中したのは、最初に凍結を始めた海側(東側)の凍土壁の効果だ。

 地中の温度は9割以上で氷点下まで下がったが、4カ所で7・5度以上のままだった。さらに、壁ができていれば減るはずの海側の地盤からの地下水のくみ上げ量が、凍結の前後で変わっていないことも判明した。

 更田氏は「『壁』と呼んでいるけれども、これは最終的に壁になるのか。壁じゃなくて『すだれ』のようなもので、ちょろちょろと水が通るような状態」と指摘した。

 地下水のくみ上げ量も減っていないことについて、「あんまりいじわるなことは聞きたくないが、これは当てが外れたのか、予想通りだったのか」と東電の担当者を問いただした。

 セメント系の材料を注入し、水を流れにくくする追加工事が東電から提案があったものの、これではもはや「凍土壁」ではなくなってしまい、仮に水が止まっても凍土壁の効果かどうかは分からなくなる。

 検討会はこの日、追加工事に加えて、凍土壁の凍結範囲を拡大し、海側に加えて山側も95%まで凍結する計画も了承した。だがそれは、凍土壁の効果や有用性を認めたというわけではない。「安全上の大きな問題はなさそう」だから、どうせ温度を下げるなら、早いほうがいいという合理的な判断だ。

 ■遠い「完全凍結」 根強い不要説

 最も注目すべきなのは、更田氏がこの日、山側もすべて凍らせる「完全凍結」について、「今のままでは、いつまでたっても最終的なゴーサインが出せない」と大きな懸念を示したことだ。

 規制委は当初から、凍土壁にはあまり期待していなかった。むしろその費用対効果などをめぐり「不要説」が出るなど、懐疑的な立場をとっていた。それでも計画を了承したのは、最も大きなハードルだった「安全性」を東電が担保すると約束したからだ。

 凍土壁のリスクは、完全凍結の状態で発生する。予想を上回る遮水効果が発現し、建屋周辺の地下水が急激に低下した場合、建屋内の汚染水と水位が逆転して汚染水が環境中に漏れ出す危険がある。

 このため、東電は地下水の流れで下流側にあたる海側の凍土壁から段階的に凍結させ、水位の低下を防ぐ計画だったが、仮に海側の壁が「すだれ」の状態のまま上流の山側を完全凍結すれば、水位がどんどん下がっていく可能性がある。

 東電は計画で、山側を完全凍結して遮水効果が80%以上になった場合、水位逆転の危険を回避するためいったん凍結をやめるとしているが、この「80%」を正確に判断するすべがないというのが現状だ。

 「凍土壁の遮水性を示せない限り、このまま膠着状態になる可能性がある」。更田氏は、はっきりとそう指摘している。

 安全上のリスクを抱え、膨大な国費をかけながら、なぜ凍土壁を推進しなくてはならなかったのか。仮に失敗した場合、どこが責任を取るのか。今後も目が離せない状況に変わりない。(原子力取材班)

 《用語解説》凍土遮水壁 凍土壁は、1~4号機の建屋周辺の土壌を取り囲むように長さ約30メートルの凍結管を埋め込み、マイナス30度の冷媒を循環させて地下に総延長約1500メートルの氷の壁をつくる工法。この巨大な「壁」で建屋に流れ込む地下水をせき止め、汚染水の発生そのものを抑えるのが狙い。(産経新聞16年6月12日)』  

* * * * *

 世論調査の結果を見る限り、「脱原発を目指すべきだ」「憲法9条の改正に反対する」という人が50%以上いるはずなのに、安倍内閣の支持率がなかなか下がらないのが不思議でならないのだけど。
 もし安倍自民党の政権が続けば、さらに原発政策が推進される上、9条改憲を目指した活動も活発化することになるわけで。吉永小百合さんの思いが、多くの日本国民に届くといいな~と願っているmewなのだった。(@@)
 
  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-06-13 07:36 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

堀江が収監&魔の7YEARS+菅の脱原発を潰そうとする自民&経団連+伊達

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 最初に、テニスの話を少しだけ。

 昨日、昔からダテっくファンのmewにとって、すご~く嬉しい
ことがあったのだ。

 クルム伊達公子選手が、昨日から始まったウィンブルドン大会の
1回戦で、15年ぶりに勝利。2回戦に進出したですぅ。\(~~)/

 現役復帰してから、3回目の全英挑戦。この大会には、本人も
思い入れが大きいだけに、40歳にしての勝利は格別な喜びが
あったのではないだろうか?(・・)
<40歳+αの勝利は、史上2番目。あのスーパー・ウーマン
のナブラチロア選手が47歳で勝ってるのよね~。^^;>

 2回戦では、あのウィリアムズ姉妹の姉・ヴィーナスと初めて
対戦するとのこと。今から、めっちゃ楽しみだ!o(^-^)o gamba
 
* * * * *

 また、昨日は、元ライブドア社長&証券取引法違反の罪で懲役
2年6カ月の実刑が確定した堀江貴文氏(38)が、ついに収監
されることになり、検察庁に出頭した。

<出頭シーンをネットで中継したり、モヒカン刈りにしたりした
のは、ホリエモンがチョット意地を見せたかった&気持ちを
まぎらわしたかったとこがあるかもですね。(+_+)>

 堀江氏がライブドアで躍進していた頃は、まさに小泉政権の
新自由主義の時代。それに加えて、mewは、プチ自営業者で、
株式投資などをやることもあって、個人的に、堀江氏に対する
関心が大きくて。
 このブログでも、06年頃には、堀江氏らに関して、色々と
取り上げていたのだけど。(・・)

 特に「堀江氏逮捕に思うこと」は8回+αのシリーズで連載
していて。その中で、「魔の7YEARS世代」について書いた
ところ、自分も共感するという声を頂いたり、他のサイトで紹介
されたりしてアクセス数が急激に伸びたのを覚えている。(@@)

 ちなみに「魔の7YEARS」というのは、丙午の翌年から急激
に子どもの数が増えて受験戦争が大変になった世代(1968~
74年生まれ)のことを指すのだが。<受験業界用語?>

 この世代は、戦前生まれorその教育を受けたの祖父母や父母
の価値感と、高度経済成長の中で欧米化して行く社会全体の
価値感との間で精神的に大変な思いをした人が多かったり。
青少年期にバブル時代の狂乱を見ながら育ったものの<&ゲーム
世代でも走りでもある>、いざ自分たちが社会人になる頃には、
バブルが崩壊して、失われた20年の経済が衰退した社会の中に
放り込まれることになったりとか。様々な面で、紆余曲折っぽい
ところがあって、難しい時代を生きて来た世代でもある。(・・)

* * * * *

 そう言えば・・・。先月、ユッケの食中毒事件を起こした「焼肉
酒家えびす」(フーズ・フォーラス)の脇坂社長を覚えておられる
だろうか?
<記者会見で涙&土下座で謝罪したかと思えば、急に逆切れしたり
するなどして話題になった&まさにコスト削減・命の新自由主義
路線の経営で、一時イケイケだったと言われる人ね。^^;>

 何かぱっと見は、かなり若い感じに(30代前半ぐらいに?)
思えていたのだけど。もしやと思って調べてみたら、脇坂康弘氏
は、今42歳だとのこと。やはり「魔の7YEARS」世代だった
んですよね~。(@@) <やっぱ、どこか共通したものを感じる
よね。^^;>

この世代に関しては、まだまだ書きたいことがたくさんあるの
だけど。<まさに、これから日本社会の中核を担って行く年代
だしね~。^^;>

 早く政治の混乱がおさまって、昔みたいに、もっと社会系の
こともゆっくり書ける日が来るといいな~と願っているmew
なのだった。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、今週にはいっても、混迷状態が続いている政治の
世界なのだけど・・・。

 まず、昨日、国会でようやく復興基本法案が成立した。(・・)

 メディアは、一斉に、阪神・淡路大震災の時は1ヶ月で成立
したのに、今回は遅いと批判めいたことを書いていたのだが。

 何度も書くように、今回の東日本大震災の対応に関して、
阪神大震災と比べることは、非現実的なことではないかと
思うのだ。(・・)
<地震だけでも何十倍の規模&被災面積であったことに加えて、
甚大な津波の被害に原発事故まで起きているのだから。(-"-)>

 それに、阪神大震災の当時の自社さ政権は、衆参とも多数を
占めていて、ねじれ状態ではなかった上に、野党も震災対策に
関しては、与党に積極的に協力する姿勢を見せていたので、法案
や補正予算などもどんどんと早く成立させることができたのだが。
 
 今回は、衆参ねじれ状態である上に、自民党などの野党が、
震災以前からの「菅おろし」態勢を変えようとせず。重要な法案
にも、いちいち抵抗や反対を示したり、「菅首相の下ではやれ
ない」とか反発したりして、ほとんど協力する姿勢を見せないこと
が、尚更にスピードを遅くしているのである。(ーー゛)
<で、自分たちで障害や摩擦になって、足を引っ張っておきながら、
「菅政権はスピード感がない&震災対策ができない」と批判を
続けているのよね。(~_~;)>

* * * * *

 この復興基本法案に関しては、政府与党は、もう4月には原案を
作っていて。野党の協力があれば、4月中に成立させることも可能
だったのだけど。
 自民党や公明党が、与党案に反対。復興庁の創設など自分たちの
案を押し通して譲らなかったために、なかなか最終的な法案が
作れない状態が続いていて。これ以上遅くなったら、被災地の救済、
復興ができないということで、政府与党側が止むを得ず、自公の
提案をほぼ丸のみする形で合意をとりつけて、ようやくここに来て
この法案の成立にこぎつけたのだ。(-"-)

<マスコミも、このような野党側の問題ある部分も、もう少し
報じてもいいんじゃないかと思うんだけどな~。そうしないと、
野党が図に乗って、ますます震災復興対策に協力しようとせず、
好き勝手な主張を続けることになるし。そうなると、ますます
被災地の救済や復興が遅れることにつながるでしょ!(`´)
 菅首相を好きか嫌いかにかかわらず、とりあえず、2重ローン
など緊急の課題が色々と含まれている1.5次補正予算も早く
成立させた方がいいんじゃないかと思うしね。(**)>

* * * * *

 政府与党は、今後の重要法案や大きな補正予算を成立させる
ために、10月ぐらいまで会期を延長したいと考えており、
野党側に打診しているのだが。
 自民党の石原幹事長などが、相変わらず「菅首相の延命に手を
貸せない」と難色を示しているとのこと。彼らは被災地のことは
二の次で、ともかく「菅おろし」をすることしか考えていない
のである!(-"-)

 しかも、彼らが菅首相をおろしたい大きな理由は、復興利権
を得たり、原発利権の維持したりしたいことにあるわけで。
<後述するように、経団連も菅首相の脱原発政策を批判しまく
って、「菅おろし」をアシストしようとしているしね~。^^;>

 電力会社や大企業がスポンサーについているマスコミが、
そのことをなかなか報じようとしないだけに、どのようにしたら
一般国民がそのことに気付く機会を得られるのだろうかと、
イラ立ってしまうところがある。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ただ、ともかく自公などの野党は、菅首相が辞任しない限りは
国会の会期延長や諸法案、予算成立には協力しないという姿勢を
崩さないため、民主党の執行部もアタマを抱えている様子。

 岡田幹事長らの民主党執行部や菅内閣の幹部は、19日の夜、
首相退陣や今後の国会日程に関して、菅首相と協議をしたものの
<自民党の石原幹事長が、執行部の足を引っ張る暴露発言をした
こともあってか?>結論を出すに至らず。
<関連記事・『軽口の石原が、菅のピンチを救う?・・・』>

 20日の夜も、2時間近く協議(説得?)を行なったのだが。
菅首相が、自分の政権で震災対策に一定のメドをつけるため、
1.5次補正予算などの成立や、サミットでも公約した脱原発の
エネルギー政策を実現する道筋をつけるために、「再生エネルギー
特別措置法案」<太陽光などの自然エネルギーを電力会社が買い
取る法案>の成立に強く固執したため、また結論が出せないまま
終わったという。^^;

 正直なところ、1.5次補正予算などは、菅首相が辞めて、
他の首相に代わっても、ほとんど同じような内容の施策&予算
が作られるのではないかと思うのだけど。
<逆に言えば、菅首相の下で成立させることも問題ないわけ
だし。菅首相がせめてここまでは、自分の責任でやりたいと
考えるのは、理解&納得できる。>

 でも、「再生エネルギー特別措置法案」は、菅首相が辞任した
場合には、廃案にされる可能性が大きいだけに、菅首相もこの
法案に関しては、簡単に譲れないと考えていることだろう。(・・)

 この法案は、震災前から作られていて、4月には国会に提出
されたのだけど。自民党や電力系の企業などなどが大反対をして
いるため、いまだに全く審議すらされていないのだ。^^;

 それこそ福島原発の事故が起きて、国民の大多数が「原発の
依存度を下げて、自然エネルギーへの転換をはかった方がいい」
と考えているにもかかわらず、原発推進派が多い自民党や他党の
議員は、何とかこの法案を潰そうと。そのためにも、脱原発政策を
唱える菅首相を早く辞任に追い込もうとしているのである。(-"-)

* * * * * *  

 昨日は、近時になって、急激に菅首相への批判を強めている&
何とか「菅おろし」&自民党との連立政権作りをアシストしたい
経団連の米倉会長が、何と「自分の言ったことをきちんと実行
しないと、若い人たちの教育上も具合が悪い」と言い出す始末。
<ちなみに、菅首相は、公の場では、一度も「辞任する」とは
言っていないんだけどね。^^;>

 でも、その他の発言を見ると、やはり経団連も菅首相が続投
して脱原発政策を進めることを阻止したいと考えていることが
よくわかる。(・・)

『太陽光など自然エネルギーで発電した電力の買い取りを電力会社
に義務づける法案についても「非常に疑問に感じざるを得ない」
とし、国会審議の先送りを求めた。震災の打撃が残る中で、電力
料金の値上げにつながる法案が成立すれば、産業界の国際競争力
が失われかねないとの危機感を示したものだ。<読売新聞20日>』

『「唐突で理解できない」と否定的な見解を表明した。<時事通信
20日>』
<以前から法案作りが進められていて、3月にはもう閣議決定されて
いる法案なので、全然、唐突じゃないのに。(-"-)>

『一方、海江田万里経済産業相が原発再稼働を立地自治体に要請
する方針を示したことに関しては「住民の同意を得るよう情報公開
に全力を挙げてほしい」と期待感を示した。<毎日新聞20日>』

* * * * *

 経団連は、もともと自民党べったりの大企業の集団。前会長は
堂々と早く憲法を改正したり、武器輸出禁止の原則を見直したり
することを提言していたし。<武器関連事業で儲けたいのよね。>
 現会長は、当初は民主党政権に理解を示していたものの、近時は
加盟企業の声におされて、武器輸出や原発推進に期待する発言を
するようになっているわけで・・・。

 菅首相が辞任した後に、民主党の保守タカ派勢力と自民党が連携
して、経団連の望むような政策をどんどんと実現して行く可能性が
大きいことを考えると、菅首相には簡単に彼らに負けて欲しくは
ないと。
 そして、最後の意地で、せめて「再生エネルギー特別措置法案」
を成立させて欲しいと願ってしまうmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-06-21 09:33 | 政治・社会一般 | Trackback

菅ー小沢が手を組んで、「脱仙谷」&「脱原発」路線の逆転技もあり

 
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 ランキングに参加している政治ブログの世界では、超保守派or
小沢氏を支持する人が圧倒的に多く、菅氏を支持する人自体、
ほとんどいない状況なのだが。^^;

 このブログの場合は、さらにレアもの(?)で、菅氏も小沢氏
も応援するという立場をとっていて。
 昨年から「小沢派vs.非小沢派」の対立が激化して行く中でも、
mewは、ずっと、この2人が協力する形で、民主党政権&国政
の運営に当たれないものかと書き続けて来た。(・・)

 この2人は、生まれや育ちも、政治家になった後の経歴も、
かなり違うタイプなのだが。2人ともmewにとっては、実に
魅力のある政治家だし。<それなりに考えも合うし。>

 それぞれ長所短所、得手不得手な部分があるものの、お互い
に相手にないものが多いあるだけに<これは、小沢氏も菅氏も
以前から言っていた>、この2人がタッグを組めば、強力な&
今までにないような興味深い国政を行なうことができると思う
からだ。(**)

<2人とも、自民党や官僚や米国への対抗心が強いことも魅力
だし。mewとは考えが合わない自民党や前原・野田Gが国政の
実権をとることを阻止できるのもGOODだしね。"^_^">

 ましてや、今、日本が長年の経済不況や、未曾有の震災&原発
事故で国難にある中、何とかこの2人が協力できる体制を作れない
ものかと、このブログでもグダグダ書いていたのだけど。
 残念ながら、近時、「小沢派vs,非小沢派」の対立がどんどん
激化して来たこともあり、「もう2人が協力することはあり得ない
のかな~」と諦めかけていたとこがあった。(~_~;)

 BUT、ここに来て、ついに「菅ー小沢タッグ」が実現する
かも知れない大きなチャンスが巡って来た!(・o・)

 この2人が、「昨日の敵は、今日の友」になるためのキーワード
は、「脱仙谷」「脱原発」だ。(@@)

* * * * *

 15日、菅首相が、近時、菅続投を支持している国民新党の亀井
代表と会談を行なったのだが・・・。

『関係者によると、国民新党の亀井代表は15日夜、首相公邸で
首相と1時間余り会談した際、「内閣改造しかない」と進言したと
いう。
 亀井氏は16日、記者団に「(改造は)首相がやること」と
かわしたが、民主党のベテラン議員に対しては、「首相と対立する
小沢一郎元代表も納得する内閣を作り、挙党一致の体制を作るべき
だと進言した」と語り、首相も前向きな反応を示したという。
<読売新聞16日>』

 永田町では、来週、復興基本法案が成立した後、菅首相が復興
担当大臣を任命するなど、小幅な内閣改造を行なうのではないか
との観測が流れている。<枝野官房長官も、復興担当大臣を任命
する可能性があると語っていた。)>

 1日も早く菅首相を辞任させたい勢力からは、この内閣改造
には大きな批判が出そうな感じなのだけど。菅首相には、「早く
震災復興をするために、担当大臣を設ける必要がある」という
大義名分があるし。国民もそれには理解を示すことだろう。(・・)

 そして、ここで小沢氏自身でなくとも、小沢氏が指名or納得
するような人を入閣させれば、菅首相と小沢氏の距離がぐっと
縮まる可能性が出て来るのだ。(**)
<亀井氏もその候補になるのかな?^^;>

* * * * *   

 2日の不信任案騒動まで、完全に対立状態にあった菅氏と小沢氏
なのだが。
 不信任案が否決されてから、仙谷官房副長官が、あからさまに
「菅・小沢抜き」の連立政権樹立を目指す動きを始めたことに
よって、利害関係が一致する部分が生じるようになった。

 もしこの仙谷ルートの「菅おろし」&新代表決定&連立が成功
すれば、菅氏も小沢氏も政権の中枢から排除され、政治生命を失う
ことにもなりかねないからだ。(・・)
  
 そして、もしこの仙谷氏の目論見or企てを潰して、それぞれの
政治的な立場をキープするためには、とりあえず、ここで菅氏と
小沢氏が手を組むことが手っ取り早い&良策なのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ただ、菅氏も小沢氏も、もともと政策が異なる上、長い間、
対立関係にあって、お互いにさんざん批判し合って来ただけに、
ただ政治的な立場を守るためだけに連携するとなると、やりにくい
部分があるのではないかと察するのだけど・・・。

 ここに来て、一つ、両者が共有できる目標&両者が連携し得る
そして国民の支持も得られる可能性が高い大義名分ができたの
である。それが、「脱原発」だ。(・・)

 このブログでも何回か書いたように、菅氏は以前から風力、
太陽光、バイオマスなどの再生可能な自然エネルギーに強い関心
を持っていて。野党時代にも、その政策立案を手がけたりも
していたのだが。

<04年9月、菅氏のHPや07年4月の民主党HPなどにも
バイオマス関連の記事あり。今、成立を目指している太陽光など
のエネルギーを買い取る法案も、3月以前から法案可していて、
奇しくも3月11日の震災当日に閣議決定をし、4月には国会に
法案を提出していたもので、別に6月になって思い付きで主張
しているものではないし。自民党や電力業界の反対が強くて、
なかなか審議されず放置されていたものなのよね。^_^;>

 今回、福島原発の事故を受けて、菅首相は、脱原発のエネルギー
政策を実現するチャンスだと考え、5月末の仏サミットなどで
「原発依存度を低くし、再生可能エネルギーの割合を増やす」と
いう国際公約の発表を敢行。それを具現化する施策を講じようと
張り切っていたところだったのだけど。(**)

 それが原発推進派の自民党や民主党他の保守勢力、諸企業や
団体(経団連なども含む)、米国などの反発を買い、尚更に
1日も早く菅首相を辞任させるべきだという動きにつながって
いる部分も大きくて。
 仙谷氏も、そのような反発を利用して、「菅おろし」を促進
させようとしているところがある。(ーー)

* * * * * 

 他方、小沢氏は、もともとは原発推進or容認派だったように
思うのだが。
 今回の原発事故を受けて、原発政策の転換を主張するように
なって来た。(・・)

 小沢氏は、4月のニコニコ動画でのインタビューでは、
『過渡的なエネルギーとしては原子力に頼ってきたのも事実だし。
安全性を考えながらある程度の期間は、原子力というものに頼ら
ざるを得ないと思う。現実には電気使ってるわけだから。
 だた、できるだけ早く、違うクリーンなエネルギー、太陽光であれ
何であれ、そこに転換しますという、今のドイツのような基本方針
を打ち立てて、それに向かってやっていくということが、リーダーの
判断、責任だと思います』と発言。

 また、AERA6月6日号には、『「原発」で政界再編起きる・
小沢一郎が「脱原発宣言」』という記事が掲載され、小沢氏が
このような発言をしていたと記されている。<阿修羅より引用>

「原発はもう無理だ。今までは過渡的エネルギーとして仕方ない
と考えてきたが、これからのエネルギー政策は根本的に変える必要
がある」

「万一事故が起こった時は大変な被害を周囲に与えてしまうことが
今回の事故で明確になったわけだから、これからは火力発電とか
再生可能エネルギーとか、原発に頼らない、新しいエネルギー政策
を構築しなければならない」

「核燃料サイクルももう無理だ。最終処分場もないのに、高速
増殖炉だの再処理工場だのというのは、そもそも不可能だ」

* * * * * 

 AERA誌は、『明確な脱原発宣言だった。戦後、原発建設を
強力に推進し続けてきたのは自民党だった。その中枢にいた小沢氏
の個人史にとっては大転換の宣言だろう』と論評。
 そして、『小沢氏の「脱原発宣言」は、世論の動向を読んだと
いう側面もあるだろうが、菅政権包囲網に新しい波を呼ぶことは
まちがいない』として、元・小沢派だった樽床伸二氏が率いる
民自連との連携を示唆する記述を載せていたのだけど・・・。

 mewは、小沢氏が民自連だけでなく、菅陣営とも連携して、
党内に新たに「脱原発」グループを形成しようとする可能性が
十分にあると思うのだ。(**)

<ちなみに樽床氏も「脱原発」を提言。また、樽床Gは、早い
段階で、菅内閣の不信任案に反対する姿勢を示していた。
あと、ここに嫌菅&原発容認の公明党も巻き込めるか?!>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 小沢氏が、菅陣営と組むかも知れないとmewが思う背景には、
これまで最大のパートナーだった鳩山由紀夫氏が、鳩山Gから
孤立。40~50人いた鳩山Gが崩壊状態にあると報じられて
いることがある。

 しかも、以前から小沢氏との連携を模索して会談を重ねて
おり、不信任案決議でも協力をする予定だった自民党の森喜朗氏
らの長老派も、小沢&鳩山派が不信任案可決に失敗したことに
怒りや失望を覚えている上、党内での求心力を失いつつあると
いう話も出ており、今後、どこまでアテになるかわからない
状況にある。^^;

 また、自民党は、小沢氏の4K公約の廃止を要求する立場を
変えていないし。もし小沢氏が脱原発政策をとるとなれば、
自民党の長老派も鳩山氏も、小沢氏と連携することを躊躇する
可能性が大きい。(・・)

<『元首相が集まる原発議連に、原発利権の陰&「菅おろし」
を急ぐ理由』などにも書いたのだが。森喜朗氏や鳩山由紀夫氏
は、5月末に「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」という
原発推進の議連を発足したばかりだ。ただ、ここには亀井静香
氏や、小沢派の山岡賢次、松木謙公氏なども参加しているよう
なんだけどね。^^;>

* * * * *

 もちろん小沢氏と菅氏の間でも、政策面でも隔たりが大きい
ので、「脱原発」の方針があったからと言って、そう簡単に2人が
連携できるかどうかはわからないのだけど。


 たとえば、消費税増税に関して言えば、小沢氏はそれこそ菅氏
よりずっと前に、80年代後半&90年代前半から、社会保障や
福祉目的で税率を上げるべきだと主張していたのだし。
 子ども手当てに関しても、07年には、自ら所得制限を設ける
べきだと言っていたこともあったわけで。
 もし小沢氏が、マニフェストの文言に固執せずに、お互いに
柔軟に対応し譲歩し合えれば、そう大きくぶつからずに済むかも
知れない。(・・)

 先日、小沢氏が『最近、周囲に「政策は政党にとって大道具、
小道具だ」と漏らした』という記事が出ていたのだが。<日経9日
より>
 小沢氏も、自らの政治生命がかかった大事な時期だけに、少し
は大道具、小道具の使い方を考え直す可能性もあるし。

 AERAにも『小沢氏の「脱原発宣言」は、世論の動向を読んだ
という側面もある』と書かれていたのだが。
 以前から書いているように、小沢氏は、世論の流れやニーズを
読んで、それをうまく取り入れるセンスと能力に優れた部分が
あるだけに<菅氏もチョットあるんだけど>、他の政策よりも
「脱原発」を優先する可能性が大いにあるのではないかと思う
ところがあるのだ。(**) 

* * * * *

 ここまでで長くなってしまったので、続きはまた後日に書きたい
のだが・・・。

 しかも、菅氏にとっても、小沢氏にとっても、今は何より仙谷氏
&前原Gの「菅&小沢外し」の企みをいかに阻止するかが重要な
課題になるだけに、ここはウルトラ逆転技として、「菅ー小沢」
タッグの誕生に期待してみたい気持ちも大きくなっているmew
なのだった。(@@)
                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-06-17 12:05 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

菅おろし&「集団ヒステリー」では片付けさせない、国民主体の脱原発の流れ

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


一昨日、知人が「知ってる?石原が、反原発の人たちのことを
『集団ヒステリー』って言ったんだって」と立腹していたので、
て~っきり暴言大王の都知事・石原パパのことかと思ったら、息子
の伸晃くん(自民党幹事長)の方だった。(@@)

『自民党の石原伸晃幹事長は14日の記者会見で、福島第1原発
事故後の反原発の動きについて「あれだけ大きな事故があった
ので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる」と
述べた。表現が不適切との批判も出そうだ。
 石原氏は、代替エネルギー確保や製造業への影響など原発を
止めた場合の課題を挙げて「『原発推進なのか、反対なのか』と
いう問いがあるが、簡単な話ではない」とも語った。<時事通信
14日>』

<「あの父にして、この子あり?」なのか。伸晃くんも、パパには
まだ及ばないものの、公の場での暴言が増えているのよね。(-"-)
(関連記事・『民主党をポルポト派と同視する石原に怒! 』)>

 この発言に対しては、早速、社民党の福島党首が批判を行なって
たのだが。

『社民党の福島瑞穂党首は15日の常任幹事会で、石原伸晃自民党
幹事長が反原発の動きを「集団ヒステリー状態」と指摘したことに
ついて、「自民党は命を大事にしたい人々の気持ちを全く理解
できない利権政党だ。生身の生き物の感覚から本当に遠くなって
いるのが自民党政治だ」と批判した。<時事通信15日>』

 おそらく、一般国民の間には、原発の安全性に対する不安、原発
推進政策への抵抗感が広がっており、脱原発政策に共感する人も
増えているだけに、この表現には、不快感や反感を抱いた国民が
少なからずいるのではないかと察する。**)

<先のmew知人もそうだけど。政治的なことにはあまり関心が
ない人でも、自分たちや子どもの健康、将来を考えて、原発政策
については真剣に考えている人も多いので、尚更に。(・・)>

* * * * *

 ただ、残念ながら、原発推進派の政治家の中には、反or脱原発の
動きを「集団ヒステリー」「センチメント」「ポピュリズム」
(orサヨクの仕業?)などと表現して、バカにしたり、排斥したり
しようとする人たちがいるのは事実だし。

 そして、もし彼らが(自民党や保守新党や民主党の一部)が
国政の実権を取り戻したら、いくら一般国民が「原発政策の見直し
をして欲しい」と訴えても、上述のような言葉で、あ~っさり
片付けられて無視or軽視される可能性が高いわけで。
 mewは、今回の発言をきっかけに、より多くの国民に、彼ら
の考えや態度を知ってもらえるといいな~と願っている。(・・)
 
<ちなみに、知人は、ネットで反原発デモに関するサイトを見て
「何で、すぐにサヨクの扇動とか、反日とか批判する人がいる
のか?」と疑問&怒りも示していた。それこそ「世界の左だった
ソ連や中国だって、原発を推進して来たじゃないか」と。(@@)
 そうなのだ。何故だか日本(特にネット界)では、自民党など
保守勢力の方針に反対する人たち(反戦、反原発、反核)、自分
たちにとって都合の悪い者などは、政治思想にかかわらず「サヨク」
「反日」扱いされてしまうのである。^^;
たぶん、保守勢力にとって、菅首相は「サヨクの親玉」のように
しか見えず。1日も早く排除したい目障りな存在に違いない?!>

* * * * * 

 ただ、おそらく原発推進派の間では、近時、日本でも脱原発
ムードが広がっていることに、ある種のおそれや焦り、イラ立ち
や嫌悪感が募っているような感じもあって。それが、この石原氏の
言葉につながっているように思う部分もある。(・・)

 石原幹事長は、どうやらイタリアの国民投票で反原発派が圧勝
したことを受けて、この「集団ヒステリー」という言葉を使った
ようなのだが。<「国民投票やりました。9割が止めましょう。
そんな簡単な問題ではない」とも言っていた。>

 実際、今月11日には、日本の全国各地で大規模な反原発のデモ
が行なわれたし。後述するように、様々な団体が有名人なども参加
する形で、反原発、脱原発の集会を開催し始めているわけで。
 この流れが一般国民の間にどんどん広がる兆しがあるだけに、
原発推進派は、イヤ~な感じがしているのではないだろうか?(@@)

 そして、mewは、今こそ国民が、自分たちの主権を行使する
絶好の機会ではないかと思い始めているところがある。(+_+)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 唯一の被爆国である日本が、原子力発電を導入し、原発政策
を推進して来たのは、自民党が米国と結託、さらに電力関連&
原発関連企業や各地域などと利権を分け合うことに、精力を
傾けて来たからにほかならないからなのだけど。(ーー)

<関連記事・『原発問題で自民批判をした雁屋哲のブログが、
休止に+原発推進した正力、自民、CIA

福島原発が人災だと言われるわけ~危険性の指摘を放置して
来た政府&企業
』など>

 自民党をはじめ、保守派の議員の中に原発推進派が多いのは、
彼らが、日本もいずれ原発の施設&燃料などを利用して、国内で
核兵器を生産&保有することを考えていることがあると言われて
いる。
<関連記事・『元首相が集まる原発議連に、原発利権の陰&
「菅おろし」を急ぐ理由


* * * * *

 それゆえ、彼らにとって、福島原発の事故はかなり痛いもの
だったし。この事故によって、国民の間に原発への不安が広がり、
原発推進政策に支障が生じることをおそれて、その不安を何とか
封じ込めたいと懸命になっているところがあるのだ。(-"-)

 石原ながりで言えば、原発推進論者であることを公言している
石原パパ(都知事)は、4月の都知事選の時に、わざわざ放射能
汚染が懸念される水源地に取材陣を引き連れて行って、コップの
水を飲み安全性をアピールするパフォーマンスを敢行。

 また、同月の世田谷区長選で、反原発派&社民党の保坂展人氏
が当選したのを受け、「原子力に関する日本人の独特のセンチ
メントがある。風車とか太陽光とか言うのはやさしいが、今の日本
経済を支える電力の供給はできっこない」と批判して、国民が
脱原発政策に傾くのを抑えようとしていた。(-"-)<毎日新聞
4月26日>

 また、mewは「集団ヒステリー」という言葉をきいて、最近
「どこかで同じ言葉を見たな~」と思っていたのだが。
 調べてみたら、あの新自由主義者(市場競争&コスト削減重視)
のホリエモンこと堀江貴文氏が使っていたのがわかった。

 堀江氏が、浜岡原発の停止に関して「停止は(菅さんの)政治的
パフォーマンス。経済的な被害を冷静に分析したり、放射性物質
への正しい知識を国民に広めて集団ヒステリー状態の混乱を防ぐ
ほうがよっぽど大事」と発言していたのだ。<週プレニュース
5月25日より>

* * * * *

 しかも、このブログにも何度か書いたように、5月末には
自民党、「た」党、民主党の元首相や閣僚(森、安倍、平沼、鳩山
氏など)を中心に「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」を
設立。
 会長に就任した平沼赳夫氏が『菅内閣が風力、太陽光発電を
20%にすると言っているが、現在1%弱のものがなぜ二十数%
になるのか。主要な電力は原子力でまかなう必要がある」と述べ、
原発事故の封じ込めが可能な地下原発の推進を訴え』るなどして、
今後も原発政策を推進して行くことを明言したばかりだ。(-"-)

 また、自民党では珍しく原発推進政策の見直しを主張している
河野太郎氏が、党内にエネルギー政策の転換を考える議連
(エネルギー政策議員連盟)を立ち上げると自分のブログで予告
していたので、チョット楽しみにしていたところがあったのだが。

 14日に行なわれた初会合では・・・

『河野氏は「原発政策を変えなくて良いと思っている人がいっぱい
いることが最大の問題。もっと安全な原子力を作ると言う人まで
いる。自民党を変える」と指摘。一方、共同代表の旧通産省出身の
西村康稔衆院議員は「河野氏とは意見がすべて一致しているわけ
ではない」とあいさつし、参加者からは「自民党の原子力政策の
8割は正しかった」「原発という選択肢は無し、という議論の
進め方はポピュリズム」などの意見も相次いだ』とのこと。(~_~;)
<朝日新聞14日・全文*1>
 
 このような発言を見ても、原発推進派が、被災者や国民の不安
などはどこへやらで、自分たちの政策を見直す気がないことが
よ~くわかる。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、政治の世界では、与野党の原発推進派や保守勢力が
主体になって、1日も早く、脱原発のエネルギー政策を掲げる
(&サヨクの?)菅首相を辞任に追い込もうとしているわけで。
 長い間、国民をナメて来た彼らは、菅首相さえ辞任させれば
どうにかなると思っているのかも知れないのだけど。^^;

 mewは、今回の原発問題に関しては、そう簡単に彼らの思う
ようには行かないのではないかと考えている。(・・) 

 11日の反原発デモには、全国100箇所以上で行なわれ、
各地で数百人から数千人、東京の新宿では1万人以上の参加者
がいたと報じられている。
 先週は、小説家の村上春樹氏が、海外の授賞式で、脱原発
を提唱するスピーチ
を行ない、一般読者の間でも、その波紋
が広がっているという。(**)

 また、昨日は、国会内で「再生可能エネルギー促進法」
の制定を求める超党派議員らの集会が行なわれたのだけど。

 前記事に書いたように、菅内閣は「太陽光などの自然エネルギー
を、電力会社に買い取らせる法案」の制定を目指しているのだが。
4月に国会に提出されたものの、原発推進派や電力関連企業などの
反対が大きいことから、全く審議されず放置状態になっているのだ。
<菅首相も飛び入り参加して、「この法律を通さないと責任を
果たすことにならない」と力強く語っていたようだが。(この他
の発言は、また別の機会に。^^;)>

 mewが着目したのは、昨日の集会に、ソフトバンクの孫正義
社長ら民間人なども含めて、約350人が出席していたことだ。

 孫氏は、自然エネルギーの促進のために「自然エネルギー財団」
を設置。そして、ソフトバンクも投資する形で、全国に10カ所
程度の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を構想中で。
これに賛同して、参加を検討する企業や自治体が次々とあらわれて
いるのである。(・・)

<孫氏らが、新たな利権を得ようとしているとの批判もあるの
だけど。mewは、脱原発政策が実現するためには、再生可能&
自然エネルギーの事業が発展して、全国各地に新たな産業&経済的
利益&雇用などを拡大させることが重要だと思うし。リスク覚悟で、
それに投資や支援をする人たちは評価すると同時に、いかに国が
バックアップする体制を作れるかが、構想が成功するか否かの
大きな鍵になるのではないかと考えている。
 ちなみにグーグルも、家庭の太陽光パネル設置事業に、200
億円以上の投資を行なう計画を発表したんだって。(・o・)*2>

* * * * *

 さらに日は、被災地である宮城県出身の菅原文太さんや福島県
出身西田敏行さんが、被災者支援を行なうNPO「ふるさと回帰
支援センター」(見城美枝子理事長)の記者会見に出席したのだが。
 その中で、西田敏行さんが「個人的には原発はノーです」と断言。
菅原文太氏は、「イタリアのように、原発の是非を国民投票したら
いい。解散総選挙よりよほど重要」と主張。「日独伊三国同盟」を
引き合いに出し、「原発はやめろという良い意味での三国同盟を
作ればいい」と提言したという。<J-CAST15日>

* * * * *

 先日、『山本太郎が反原発活動でドラマ降板に+有名人の政治
活動の問題
』という記事にも書いたのだが・・・。

 確かに、有名人が政治的&社会的な活動を行なうことには、
いい面も悪い面もあるとは思うのだけど。<有名人に煽られたり、
安易に共感したりするなどの弊害もあるので。>

 ただ、原発問題は、国民の多くが自分たちに関る問題として、
身近に感じ始めているのなのではないかと思うし。
 様々な分野の人たちが、色々な意見を発信する中で、一般国民
が主体になって、原発政策に関心を抱き、色々と知識を得て、
よ~く考えた上で、自分なりの意思を表明しようとすることは、
すご~く大事なことなのではないかと思うのだ。(・・)

 もし国民がそのような姿勢を持つようになれば、自分たちの思想
や考え方に沿って、思うように日本を動かしたいと考えている
政治家たちも、安易に「集団ヒステリー」なんて言葉を発すること
ができなくなるに違いない。(**)

 それゆえ、この原発問題を機に、国民が主権者として国の政策
に自分たちの考えを反映したいと考える姿勢を持つようになると
いいな~と。日本に「真の民主主義」が発展する大きなきっかけ
になるといいな~と、ひそかに期待し始めているところがある
mewなのだった。(@@)   
             THANKS

<このことは、また改めて書きたいけど。mewは、この際、
「原発推進派vs.反or脱原発派」という対立軸で、政界再編が
行なわれてもいいかもと思い始めているとこもあるのよね。(・・)>

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-06-16 09:41 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

菅首相が続投に意欲を示すわけ~一定のメド&エネルギー政策&民主主導の連立

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


与野党から早期退陣の圧力が強まる中、菅首相が第二次補正予算
編成まで続投をする意欲を示し始めている。(・o・)

 永田町では、ポスト菅の候補も決まらず、自民党との連立話も
難航して、菅首相辞任後のヴィジョンが全く見えない状況が続いて
おり、マスコミや国民も呆れて来た感じが・・・・。

 mew周辺では、「こんなことなら、菅さんが首相を続けた方が
ずっとマシなんじゃない?」という声がチラホラ出ているのだけど。
 何と昨日は、保守系キャスターの木村太郎氏まで、菅が続けた方
がいいと言ってたりして。(~_~;)
<国民新党の亀井静香氏も8月までの続投を支持。>

 しかし、自民党はもちろん、民主党内でも仙谷官房副長官らが、
6月中の退陣を強く求める発言をしているだけに、ますます混迷
した状況になりそうだ。(@@)

* * * * *

 菅首相は、先週の国会で、震災対策や原発収束に一定のメドが
つくまで、責任をもって仕事をしたいと明言。

『菅直人首相は9日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、
与野党から早期退陣要求が強まっていることについて「大震災に
対する努力に『一定のめどがつくまで私が責任を持ってやらせて
ほしい』と言い、内閣不信任決議案が衆院本会議で否決された。
私に『めどがつくまでしっかりやれ』と議決をいただいた」と述べ、
早期退陣に改めて否定的な考えを示した。(中略)

 自民党の谷公一氏が「復興基本法案の成立を機に辞めなければ
末代までの名折れだ」と早期退陣を促したのに対し、首相は「仮設
住宅に入った人が生活できるよう、またがれき処理、原発収束に
一定のめどがつくまで、責任を持って仕事をさせてほしい」と力説。
「8月中に(被災者の)生活地域からのがれき搬出が目標だ。その
後の2次、3次処理につなげていくことも含めて、私の大きな責任
だ」と述べた。<毎日新聞9日>』

* * * * * 

 そして、11日には、地震&津波で甚大な被害を受けた岩手県の
釜石市を訪問。仮設住宅やボランティアセンター、魚市場、がれき
処理の進捗状況などを視察。また地元の自治体や漁業その他の
関係者らと意見交換会を行なった。<震災の起きた時刻には、海に
向かって黙祷を捧げた。>

『首相は各府省の担当者とともに、地元から要望を聞く意見交換会
に出席。7月中の提出を目指す2011年度第2次補正予算案に
触れ「現場の話を聞くだけでなく、聞いた中身を2次補正を含む
政府の対策にしっかりと盛り込みたい」と述べ、震災対応などで
「一定のめど」が付くまでの続投をアピールした。

 意見交換会には、釜石市の野田武則市長、大槌町の東梅政昭
副町長や商工会議所、農協、漁協関係者らが出席。会合後、退陣
する首相の視察について記者団から感想を聞かれた野田市長は、
「自分の役割は最後まできちんとしたい。2次補正も含めて必要
なものにきちんと取り組んだ上で次の展開がある、という考えだ
と思う」と首相を気遣った。<時事通信11日>』

 菅首相は、がれきの処分や自然エネルギーによる産業創出などへ
支援を行う考えも示していたという。

* * * * *

 また、この視察では、周辺から菅首相への要望や励ましの言葉も
あったようで・・・。

『首相の被災地視察は、2日の退陣表明後は初めて。同市の魚市場
を訪れた際、漁業関係者から「辞めないで頑張ってください。ここ
に来る時間があるなら、早く予算を付けてください」と迫られた
首相は、「必ず付けます」と応じた。

 また、同市内のボランティアセンターでは、同行していた辻元
清美首相補佐官に勧められ、被災者に向けた寄せ書きに「決然と
生きる 菅直人」とメッセージを書き込んだ。

 政府・与党内からも早期退陣を迫られるなど「四面楚歌」の首相
だが、その後に訪れた避難所では、被災者から「いつもテレビで
見て応援してるから」「頑張って」と励まされると、しみじみと
「ありがとうございます」と繰り返していた。<読売新聞11日>』

<この「決然と生きる」という言葉については、菅伸子さんが
前記事にアップしたインタビューの中で語っていた。(・・)>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さらに12日には、菅首相は2日には首相官邸に自然エネルギー
に関する有識者を招き、懇談会を行なった。

『菅直人首相は12日、太陽光や風力など自然エネルギーの利用
拡大を語り合うため、首相官邸に著名人を集めて懇談会を開いた。
首相への退陣圧力が強まるなか、自らこだわり国際公約に掲げた
テーマで政権運営への意欲をアピールした。

 懇談会はソフトバンク社長の孫正義氏や元サッカー日本代表監督
の岡田武史氏らのほか、ミュージシャンの坂本龍一氏もビデオ
メッセージで参加し、1時間半余にわたり開かれた。

 首相は電力事業に対する国民の関心を高める手法として「投票権
と同じようにエネルギーに参加する権限を(国民に)与える。そう
いう輪が広がっていけばいい」と提案。自然エネルギー普及に向け
ては「自然エネルギー推進庁などをつくって専門家を集めれば、
10年どころかもっと早い時期にやれる」などとアイデアを披露
した。<朝日新聞12日>』

『発送電の分離についても「新規参入のあり方について(内閣)
官房に組織を作って、議論を始めたい」との考えを表明した。
<読売新聞12日>』

* * * * *

 菅首相は、5月末に訪欧した際に、サミットなどで、再生可能な
自然エネルギーなどの比率を上げ、原発依存度を低くする新たな
エネルギー政策を発表。
 また、復興対策でも、バイオマスや自然エネルギー生産を被災地
の新たな産業として組み込むことを提唱している。(**)

 前記事にアップした伸子さんの話では、菅氏は80年代から
風力や太陽光エネルギーこそ、次代の基幹エネルギーになると。
また、究極は、植物によるバイオマスエネルギーだと夢見ている
とのこと。<いろんな政党を経験してきたけど、僕の最後は植物党
をつくることだと言っているとか。>
 実際、菅氏は、野党時代に、団塊世代の力の活用&農業再生の
政策に取り組んでおり、その一環としてバイオマスの実用化を
提唱していた記憶がある。(・・)

 菅氏の中には、折角、首相になった&脱原発政策が求められる
ようになった機会に、新たなエネルギー政策を実現する道筋を
つけたいという思いが強くなっているのかも知れない。(+_+)

* * * * * 

 菅首相は、先週、若手議員と会食した際に「首相を辞めれば、
清々する」と発言したと報じられていたのだが。
 その前提として、こんな話をしていたという。

『菅直人首相は8日夜、東京都内の中華料理店で民主党の若手議員
と会食した。首相は民主、自民両党による大連立構想について
「やるのはともかく、衆院解散を約束しての大連立は絶対に駄目だ」
と述べ、早期の衆院解散・総選挙を前提にした期限付き大連立に
否定的な見解を示した。後継首相については「2年間しっかり
やってもらい、(13年夏に)衆参同日選をやってもらいたい」と
述べた。

 菅首相は具体的な退陣時期を明言しなかったが、「官邸に入れば
1年でも長く(首相を)やっていたいと思うかもしれないが、
決してそういうことではない。いつでも(重圧から)解放されたい
と思うのが普通の人間の気持ちだ」と語った。出席者が首相の発言
を明らかにした。<毎日新聞9日>』

『首相は次期首相に関し「次の世代の若い人に(衆院議員の残り
任期の)2年間しっかりやってもらい、衆参同日選挙まできちんと
復旧・復興をやる態勢をつくらなければいけない」と指摘。「1年
で首相が代わるのは、国際的にも良くない」と述べた。<時事通信
9日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 アンチ菅の議員やメディアは、菅首相は権力の座にしがみつき
たいと思っているだけだと批判しているのだけど。mewは、
そうは思わない。<少なくとも、権力の座を維持することだけを
考えているとは思わない。(・・)>

 菅氏は、鳩山政権の時代から、大きな政策を実現するためには
時間が必要だし、外交面で考えても、首相を短期で代えるべき
ではないと主張していたし。<菅氏が鳩山首相を辞任させたわけ
でもないしね。^^;>

 また、これも政界にかかわらず、企業や様々な組織においても
同様だと思うのだけど。何か大きな問題が起きた時に、TOPの
人は、その解決や対策の一定のメドがつくまでその職責をまっとう
してから辞めるというのが一般的なのではないかと思うし。
 むしろ、TOPの人が、メドも立たない&道筋もつけない
うちに、途中で放り出して辞めたりしたら、無責任だと批判される
ことが多いのではないかと思われる。(~_~;)
 
 国民新党の亀井静香氏が、11日にTVで『「首相は震災対策に
めどを付けるよう全力を挙げている。それをサポートするのが政党
や政治家の立場だ」と述べ、早期退陣を求める野党や民主党の幹部
らを批判した』そうなのだが。<時事通信11日>

 mewは、これはかなりまっとうな意見だと思うし。被災者や
国民の多くもそう考えているのではないかと察する。(@@)
<亀井氏の発言のウラには、他の思惑もあるとは思うけど。^^;>

* * * * *

 さらに、菅首相が早期辞任をする気になれない大きな理由と
して、今、仙谷ルートで進んでいる連立話が、震災復興や原発
事故対策を重視したものではない上、解散権も含め、自民党に
主導権を握られるような形の政権になる可能性があることが
挙げられる。(・・)

 自民党の執行部は、経済対策や震災対策のために連立する気など
さらさらない。彼らは、連立政権に参加して、おいしい部分
(20兆円の第二次補正への参加、復興&原発利権など)を
いただいた後、早期に解散総選挙を行なって、政権奪還することを
念頭に置いているのだ。
 それゆえ、今度の連立でも、自民党側から首相or中心閣僚を
出すことや、早期の解散を条件にしようとしているのである。
<菅首相は、自民党側からの色々な条件を呑まなかったので、
連立協議が調わなかった&さらに嫌われたのよね。^^;>

『自民党は早めに解散・総選挙へ民主党を追い込めば「勝てる」
との目算がある。石原幹事長は「1年も2年もやったら詐欺だ」
とし、「3か月でも半年でもいい」とあくまで短期での連立、
その後の解散を想定している。解散時期を最初に示さないと、
民主党にずるずる引き延ばされる、という懸念もある。
<J-CASTニュース9日>』

* * * * *

 ここまでで、もうかなり長くなってしまったので、また機会が
あれば、この件のつづきを書きたいと思うのだけど。

 上に記した若手議員との話にもあるように、菅首相としては、
民主党が主導する形で、自分がやり残した復興&原発対策をきちん
と実行してもらえる体制が作られなければ、辞めるに辞められない
という思いがあるのではないかと察するし。<もちろん、自民党に
簡単に政権奪還されたくないという思いも強いし。>

 もしかして、その体制が調うまで、粘ろうとするかも知れない
な~と思うmewなのだった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
[PR]
by mew-run7 | 2011-06-13 04:10 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)

村上春樹の原発提言+菅伸子の提言(?)+地方競馬の復興支援

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 昨日11日、岩手県で、初夏のみちのくの風物詩でもある伝統
行事の「チャグチャグ馬コ」が行なわれた。"^_^"

<写真コチラ・関連サイトはコチラ。ちなみにmewが好きだった
競走馬は、引退後、四国でチャグチャグ馬をしていたのよね。(・・)>

 mewが、地方競馬を応援している&何とか存続して欲しいと
願う大きな理由の一つは、その背景に馬と人との共生の歴史がある
競馬場が多いからだ。

 岩手の場合、もう奈良時代から馬の名産地として知られていた
とのこと。それから長い間、武士用、農耕用など馬の生産、育成
を続けていて<軍用馬も>、歴史的に馬とのつながりが強く、今も
牧畜業も盛んだった地域で。明治初期に、日本で最も早く円形の
走路を使った地方競馬を始めた地域でもある。(・・)
 
 今回の大震災では、岩手競馬(盛岡、水沢競馬場)が被災して、
被害が大きかった水沢競馬場は、まだ当分の間は使用できない
状態のようなのだけど。
 そのようなこともあって、地方競馬界では、被災地や岩手競馬
の支援に力を入れている。(**)

* * * * *

 各地方競馬場では、ふだんは、募金活動や、売り上げの一部を
義援金として寄付する支援レースを行なっているのだが。

 先月から、全国の地方競馬騎手会が、震災復興支援のエコバッグ
を製作。各地方競馬場で順次、販売を開始した。<価額は1千円。
売り上げは義援金として日赤に寄付。>

 今週は、6月13日(月)に笠松競馬場で販売するとのこと。
<福山競馬場でも、販売しているようだ。>

 そのエコバッグの写真がコチラにあるのだが。
 日本地図の上に「がんばろう ふるさとのために 日本の
ために」とのキャッチが記されていて。何と全国各地の競馬場の
すべての騎手の勝負服がプリントされているのだ。(・o・)
<Mr.Pinkこと内田利騎手の勝負服もしっかりあるですぅ。>

 こんな風に全国の騎手みんなの勝負服が一斉にプリントされて
いるものというのは、パンフとかでも滅多にないような気が
するので、超レアものかも。(@@)
 mewも、先月、ゲットしたのだが。我が家の家宝として、
キープしたいと思っている。(*^^)v

<先月引退したmewのごヒイキ・矢吹誠騎手の勝負服も
載っているので、尚更に大事な記念になりそう。矢吹騎手、
おつかれさま。m(__)m>

 mew的には、できるなら、通販とかで、全国の地方競馬
ファンが買えるようにするといいな~と思うのだけど。
 少数ずつ製作をしているようで、今は、各地方競馬場で
順番っこに限定販売しているとのこと。
 お近くの競馬場で販売する際には、是非、お買い求め下さい
ませ。m(__)m

* * * * *

 またリンクした記事の下の方に写真があるのだけど。
 やはり今回の震災の被害が大きかった千葉県の船橋競馬場では、
<同競馬場も被災した>「ガンバロウ 日本」「ガンバロウ ちば」
のメンコをつけた競走馬が走っているとか。(・・)

 先日、先週、ブログでも取り上げたクラシック2冠のスーパー
牝馬・クラーベセレクタも、メンコの横の方に「がんばろう日本」
のメッセージを携えていて。<コチラに写真が。>
 ダービーで優勝した時も、しっかりとそのメンコをつけていた
走っていたことが確認できた。"^_^"

 ・・・というわけで、人も馬も、みんなで力を合わせて、
復興に向けてp(*^-^*)q がんばっ♪です。

 以上、時々、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 話は変わるが・・・。

 作家の村上春樹氏が、文化や人文科学の分野で活躍した人に
贈られるスペインの第23回カタルーニャ国際賞を受賞。
 村上氏は、9日にバルセロナで行なわれた授賞式に出席したの
だが。その際に行なったスピーチで、原発問題について語り、、
「日本人は核にノーと言い続けるべきだった」「われわれは自分の
手で過ちを犯し、国を破壊したのだ」などと日本が原発政策を
推進して来たことを批判する話をしたことから、大きな注目を
浴びている。(・・)

 mewは、この「非現実的な夢想家」という言葉を見て、
すぐにJレノンの”Imagine”に出て来る”You may say I'm
a dreamer.But I'm not the only one”という歌詞を思い出して
しまったのだけど。

 おそらく、今回の福島原発の事故を機に、何故、唯一の被爆国
である日本の政府&国民が、地震大国であるにもかかわらず、
原発を利用するという手段を選び、その政策を推進して来たのか
改めて疑問に思った人も多いのではないかと思うし。
   
 また、今、まさに日本が今後も原発に依存したエネルギー政策を
とり続けるのか、それとも菅首相が提唱していたように脱原発の
再生可能エネルギー(自然エネルギーなど)を重視する政策を
行なって行くのか、大きな分岐点に立たされていることを思うと、
村上氏の提言は、私たちがこの問題を考えて行く上で、とても
いい問いかけになるのではないかと思った。(**)

<特に、村上氏も言うように、これを私たち国民の問題として
とらえることが大事だと思うし。効率性、経済性をどこまで重視
するのかというのは、原発にかかわらず、あらゆる分野で、
これから国&国民の大きな課題になるのではないかと思う。(・・)>

* * * * *

 全文はかなり長いので、コチラ(毎日新聞)をご覧いただくと
して。ここにはスピーチの要旨をアップしておきたい。

『【バルセロナ共同】作家の村上1 件春樹さんがカタルーニャ
国際賞の授賞式で行ったスピーチ1 件の要旨は次の通り。

 一、東日本大震災で全ての日本人は激しいショックを受けた。
今なおたじろぎ、無力感を抱いている。

 一、だが、われわれは精神を再編成し、復興に向けて立ち
上がっていくだろう。われわれはそうやって長い歴史を生き抜いて
きた。

 一、日本は唯一核爆弾を投下された国だ。放射能が世界や人間の
身にどれほど深い傷痕を残すか、われわれは被爆者の犠牲の上に
学んだ。

 一、福島第1原発事故は日本人が体験する2度目の大きな核の
被害だが、今回は爆弾を落とされたわけではない。自らの手で過ち
を犯した。

 一、理由は「効率」だ。原子炉は効率が良い発電システムだと
電力会社が主張し、政府も国策として推進した。

 一、地震国の日本は世界第3の原発大国となり、原発に疑問を
呈する人には「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られた。

 一、だが原発は今、無残な状態に陥った。原発推進派の「現実」
とは「便宜」にすぎなかった。論理をすり替えていたのだ。

 一、(福島事故は)すり替えを許してきた日本人の倫理と規範の
敗北でもある。われわれは自らも告発しなければならない。

 一、日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった。
技術力を結集し、持てる叡智(えいち)を結集し、社会資本を注ぎ
込み、原発に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求
すべきだった。それが、広島、長崎の犠牲者に対する、集合的責任
の取り方となったはずだ。

 一、損なわれた倫理や規範は簡単に修復できないが、それは
われわれ全員の仕事だ。新しい倫理や規範と、新しい言葉を連結
させなくてはならない。

 一、夢を見ることを恐れてはならない。「効率」や「便宜」と
いう名前を持つ災厄の犬たちに追い付かせてはならない。われわれ
は力強い足取りで前に進んでいく「非現実的な夢想家」でなくては
ならない。<共同通信10日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 もう一つ、先週、mewの目を引いた記事を・・・。

 菅首相の妻・伸子さんのインタビュー記事が、毎日新聞9日に
載っていた。(・o・)

 これも全文はかなり長いので、関心のある方は、コチラ(毎日
新聞)をご覧いただきたいのだけど。

 ここには、mewが興味深く感じた話をいくつかアップして
みたい。(・・)

「そうね。菅さんの原点はゲリラ、市民ゲリラだってこと、もっと
思い出してもらわなくちゃ。昔の菅さんを知る支持者のみんなから
さんざん言われるの。あと少ししかないなら、何かやってくれ
なきゃ。面白くないよって。私もそう思う」。そういえば、首相
就任後、間もなく出た伸子さんの著書のタイトルは「あなたが総理
になって、いったい日本の何が変わるの」。何が変わりました?

 大して何も変わっちゃおらんわ! ただ東日本大震災があって、
浜岡原発を止めたのは大きいんじゃないかなあ。突発の思いつき
なんかじゃない。菅さん、国会議員に初当選した1980年に
アメリカに出かけ、風力発電を視察しているんです。風力や太陽光
エネルギーこそ、次の時代の基幹エネルギーになると信じてきた。
それに究極は植物によるバイオマスエネルギーも夢見ている。
いろんな政党を経験してきたけど、僕の最後は植物党をつくること
だって、今も真顔で言ってますから」

「(政界は)やっぱり、おカネの力でものごとを動かそうとする人
が強いのよねえ。あのDNAをわが民主党に残されちゃかなわん。
菅さんは違う。震災の復旧・復興はほかの人でもできるけど、
“政治とカネ”の封じ込めだけは菅さんじゃなきゃできないって、
誰かが言ってた。それにしても、永田町の男って政局で元気になる
のね。ねたみと、そねみが渦巻いて」

「これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議
ですよ。日本は、男の引き際だとか、男の美学だとかってすごく
好きでしょ。江戸時代の切腹がそう。よくない」

 コピーを持ってきた。「読んでみて。菅さんも読んだ」。
塩野七生さんの「日本人へ リーダー篇」(文春新書)の一節。
<拝啓 小泉純一郎様>と手紙スタイルになっている。<私が
あなたに求めることはただ一つ、刀折れ矢尽き、満身創痍(そうい)
になるまで責務を果たしつづけ、その後で初めて、今はまだ若造
でしかない次の次の世代にバトンタッチして、政治家としての命を
終えてくださることなのです>

「もうひとり、ハマッてる作家がいる。福島のお寺の住職でも
ある玄侑宗久さん。たまたまテレビを見ていたら、出ておられて、
おっしゃった。『なりゆきを決然と生きる』。これよ、これ! 
この言葉だなあって。私が生まれたのもなりゆき、菅さんと一緒
になったのもなりゆき、首相夫人になったのもなりゆきですから。
どこへ行くかわからない。それでも決然と進んでいく。菅さんも、
いいねって。ただいま現在、菅家の座右の銘でございます」

* * * * *

 mewもこのブログによく、菅首相には、市民運動&左派系
出身の菅氏でなければできないことをやって欲しいと書いている
のだけど。<原発依存度を減らすエネルギー政策もその一つ。>
 実際、「あと少ししかないなら、何かやってくれ」と思う
気持ちが強いしね。(・・)

 また、菅氏はもともと負けず嫌いな上、このような妻が後ろに
控えていることを考えると、圧力に簡単に屈する形で辞めること
には大きな抵抗感があるのではないかな~と。<北風政策は、
逆効果かも?^^;>

 そして、これは次回に書く予定なのだけど、菅首相は自分が納得
行くような形を作るまでは、サンドバッグ状態になっても、簡単に
辞任せず、粘るかも知れないな~と思うmewなのだった。(@@)
 
                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2011-06-12 05:35 | 政治・社会一般 | Trackback(3)

菅のサミット外交+エネルギー&社会政策への期待+ダービー

 台風2号は、温帯低気圧に変わったものの、これから
北関東や東北では、激しい雨が降る可能性が高いとのこと。
 被災地では、地盤が緩んだり、沈下しているところが多い
ので、どうか十分に気をつけて下さい。
 二次災害が起きないように、祈っているです。(・・)

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



昨日はJRAでダービーが行なわれ、1番人気のオルフェーヴル
with池添騎手が優勝した。(*^^)v祝

 オルフェーヴルは、これで皐月賞と合わせて2冠を達成。
<mewのごヒイキだった父ステイゴールド、兄ドリームジャー
ニーを、早くも大きく超えてしまったですぅ。^^;>
 池添騎手&池江jr.師は、ダービー初制覇だった。(~~)

 今年のダービーは、前日からの雨で、不良馬場の戦いに。
 馬場が悪かったので、やや前めでレースを進めようとする馬が
多かった感じがあるのだけど。
<mewは雨上がりの蛍原くん同様、人気薄に騎乗することに
なったユタカが思い切って逃げたら面白いのにと思っていたの
だけど、スタートから超後方で、見どころなし。(>_<)>

 中団を行った皐月賞2着のサダムパテックは、ややのめって
いる感じで、直線にはいってからは、思うように前に進まず、
もがいているようなとこもあって、アウトに。
 他方、オルフェーヴルは、かなり後方から行った(折り合って
はいたけど)&直線で前が塞がったので、「大丈夫かな~?」と
心配したのだけど。1mもなさそうな狭いところを見事に抜けて、
追いすがる2着馬を振り切り、強い勝ち方を見せた。(・・)

 オルフェーヴルは、能力もそれなりに高いとは思うけど。それ
以上に、もしかしたら、かなりアタマがいい&勝負根性がある馬
なのかも。
 直線で塞がれた時も、池添くんも、一呼吸、抜け出すタイミング
を待って、うまく騎乗したとは思うけど、何か馬の方が、ここぞと
いう時に自らも出て行こうとしていた&ゴールの位置もある程度
わかっていて、自分で勝ちに行っているようにも見えるとこが
あったし。順調に育てば、TMオペラオーみたいに、(パパも少し
そうだったけど)ハイ・レベル&シュアなレース巧者になれるかも
と思ったです。(+_+)

<ちなみに、mewは、アンカツが2着に来たお陰で、馬連&Wを
ゲット。でも、好きだったジェミードレスの仔とか、アレコレ応援
馬券に費やしちゃったし。(モハメド殿下&デットーリがわざわざ
来たというので、デボネアを押さえた分もムダだった。)ダービー
自体は、チョイ浮きで終わってしまったです。(N11Rゲットも、
mewメインの12Rx3がダメだったしな~。_(。。)_)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 ここ2~3ヶ月、「菅おろし」の動きが激しくなっていること
もあって、ついつい政局に関する記事を書く機会が多くなって
しまっているのだけど・・・。^^;

 実際のところ、果たして、菅政権がいつまで続くかわからない
のだけど。<下手すれば、今週で終わり?(~_~;)>
 この記事では、チョット菅政権の政策や外交活動などに関して
mewがいいな~と思ったことを書いておきたいと思う。(・・)

* * * * *

 まず、外交&エネルギー政策の話から・・・。

 菅首相が、欧州遠征(外遊)から帰国した。(・・)

 今回は、仏サミットに出席したほか、サルコジ仏大統領、オバマ
米大統領らと会談を行なったり、経済協力開発機構(OECD)
設立50周年フォーラム式典で演説、欧州連合(EU)との定期
首脳協議に出席したりと、かなりハードなスケジュールだったの
だけど・・・。
 全体的に、卒なくこなしていたのではないだろうか?(・・)

 日本の首相が(同じ人が)、2年連続でサミットに出席するのは、
小泉首相以来。^^; <小泉くんを除いては、99年から小渕、森、
安倍、福田、麻生と毎年、首相が替わってたのよね。(~_~;)>
 菅氏は、もともと外交分野の活動はほとんどやっていなかった
ため、去年のサミットやAPECでは、不慣れっぽい&固~い感じに
見えたのだが。

「サミットも2度めなら~、少しは上手に~♪(・・)akina-chan ne」
だったのか、今回は、チョット余裕が出て来て笑顔もかなり見えた
し。<日本では、毎日、震災&原発対策に追われている上に、
アチコチから攻撃され続けていて気が休まる時がないので、
外国にいた方が、気が楽だったりして。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 あとオバマ大統領との会談では、オバマくんが脚を組んだ時
には、菅くんも脚を組んでいたのを見て、こういうとこにも
負けず嫌いが出るのかしらんって思ったりもしたけれど。
 オバマ大統領に「悲劇的な危機の中で菅首相は指導力を発揮
し、深く尊敬している」とヨイショされて、ご満悦そうな表情
を浮かべていたりして。(@@)
<ただし、米国は、日本の首相がまた交代するかも知れないこと
から、菅首相の米招聘を9月に先送りしてたけどね。(~_~;)>

* * * * *

 何だか「菅首相をサミットに出しては、国益を損ねる」とか
言って、早期の「菅おろし」を主張していた人もいたようだけど。
 原発事故の件で、厳しい対応が待っているのではないかと懸念
されたサミットも、原発推進派と脱原発派の中間あたりで、
うまく立ち回っていたように思えたし。
 サルコジくんに任された(異例なことらしい)最初の昼食会での
発言や現地での会見なども、それなりに謝罪&今後の方針を語って
いて、強く批判されたり、ツッコまれたりすることもなかったし。
特に問題がなかったように感じられた。(・・)

* * * * *

 また、特に原発推進派の議員や企業関係者などは、菅首相が、
今回の外遊で、今後のエネルギー政策について、どのように
語るのか、ビクビクしていたところがあったようなのだけど。
<原発政策の見直しに言及するという話もあったしね。^^;>

 mewは、菅首相がOECDの演説やサミット発言で表明した
エネルギー政策は、かなりよかったのではないかと思って
いる。(**)
<サミット発言の要旨に関する記事全文は、*1に>

『首相は今後のエネルギー政策で太陽光、風力などの自然エネル
ギーを「社会の基幹エネルギーにまで高めていくことに総力を
挙げて挑戦したい」と表明。現状でわずか1%程度にとどまる発電
電力量に占める自然エネルギーの割合を、2020年代の早い時期
に20%に拡大する目標を示し「大胆な技術革新に取り組む」と
強調した。

 首相は現在の原子力と化石燃料を軸にしたエネルギー政策に自然
エネルギーと省エネを加え、4本柱とする方針を説明。原子力エネ
ルギーも福島第1原発事故を踏まえ「最高度の原子力安全を実現
する」と述べた。自然エネルギーでは太陽電池の発電コストを20
年には現在の3分の1、30年には6分の1にまでそれぞれ引き
下げる目標を示した。<中日新聞26日>』

『日本中の設置可能な約1000万戸の屋根に太陽光パネルの設置
を目指す。技術力を結集し、大型洋上風力、藻類などからの次世代
バイオマス燃料、地熱の本格的導入を目指す。<時事通信26日>』

* * * * *

 この演説内容に関して、実現が困難なパフォーマンスorアドバ
ルーン発言だとか、経済産業省と刷り合わせができていないとか、
批判する声も出ていたのだが。

 mewは、これから日本が目指すべき道は、まさにこういう
ことなのではないかと思うし。それによって、日本の経済&産業
に新たな活路を見出せるのではないかと期待する部分が大きい。

 ただ、そのためには、菅首相も言っていたように、太陽光を
はじめ、自然エネルギーのコストをいかに下げるかが大きな鍵に
なるのだけど。
 もし日本の英知&技術力を発揮して、そのような技術が開発
できれば、それを海外に輸出することもできるし。太陽光パネル
研究や製作、設置を進めることは、関連する産業や建設業などの
仕事や雇用を増やすことにもつながるわけで。様々な面で、
国民の利益になるはずなのである。(・・)

 だから、日本の首相が、これぐらい大きな&具体的な目標を
掲げることには、大きな意義があると思うし。
 少なくとも、日本の原発政策を見直すべきだ、より安全で
クリーンな自然エネルギーを増やした方がいいと考えている人
たちは、この発言を評価すべきではないかと。また菅政権以降
も、日本の政府がこの目標を達成すべく努力するように、働き
かけることが大切なのではないかと思う。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 もう一つ、「税と社会保障の一体改革」に関する話を。
 
『6月末に取りまとめる消費増税と社会保障の一体改革に向けて、
菅直人首相は、正社員ではない非正規労働者に対する社会保険の
適用拡大など3分野を重点検討事項として指示することを決めた。
23日夜に開かれる「集中検討会議」(議長・菅首相)で表明
する。

 3分野はこのほか、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ「こども園」
創設など子育て支援強化と、医療、介護、保育などのサービス利用
時の自己負担の総額に上限を設ける「総合合算制度」(仮称)の
創設。

 社会保障は、費用全体の7割を占める高齢者に重点が置かれて
いる。そこで菅首相は、今回の一体改革で「全世代対応型」にかじ
を切る方針。3分野への重点指示で、就労や子育てなど現役世代に
対する支援に加え、低所得者対策に力点を置く姿勢を明確にする。

 非正社員の多くは、自営業者らが対象の国民年金や国民健康保険
に加入する。正社員と同じ保険に加入すれば企業も保険料を負担
するため、対象を広げることで個人負担を減らすことができる。
菅政権は、主に正社員が加入する社会保険の対象を、現在の
「週30時間以上労働」から「週20時間以上」に広げる考え。
新たに300万~400万人が対象となる。

 総合合算制度は、低所得者対策として打ち出す。所得を把握
するため、2015年の導入をめざす社会保障と税の共通番号
制度の活用が前提になる。

 次回30日の集中検討会議では、社会保障の効率化についても
指示する方針だ。 <朝日新聞23日>』

* * * * * ☆

 菅直人氏は、もともと左派系&市民運動出身で、本来なら雇用
や労働条件、社会保障などの分野の政治活動をメインに行なって
来た政治家なわけで。
 mewは、景気&雇用が低迷したり、社会保障の不安が広がって
いる今こそ、菅首相には、その分野でこれまで培って来た知識や
経験を活かして欲しいと願っていたのだけど。

 菅氏は昨年、首相になって以来、尖閣諸島の問題やら、党内
対立の問題やらで、なかなか社会政策にじっくり取り組む余裕
もないまま、今は震災対策に追われているような状況だし。(-"-)

 それでも、折角、この6月に「税と社会保障の一体改革」の
提言がまとまろうとしているのに、それを実行に移せず、彼の
得意分野の力を国政に活かせないまま、首相を辞めることになる
とすれば、本人も残念だろうけど、国民にとってもマイナスに
なる部分がかなりあるように思われる。(・・)

<おそらく国民の大部分は、菅政権の政策に関して、ほとんど
知らないだろうし。^^; 上の記事に書いてあることをしれば、
支持をしてもいいという人が、もう少し増えるかもと思うの
だけどな~。(+_+)(ただし、mewは、共通番号制度には
反対の立場なんだけどね。^^;)>

 そして、もし菅首相が辞めたとしても、民主党の政権が
続くのであれば、どうか、このような社会政策を少しでも
前に進めて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-05-30 05:05 | Trackback(1)

山本太郎が反原発活動でドラマ降板に+有名人の政治活動の問題

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 3月に『原発問題で自民批判をした雁屋哲のブログが、休止に+
原発推進した正力、自民、CIA
』という記事をアップしたのだが。
 
 この雁屋哲氏(美味しんぼ日記の作者)の問題について、関心を
抱いた人はかなりいたようで。今でも、この記事へのアクセスが
絶えない状態なのだけど・・・。(・・)

 先週末、mewの目を引いた&雁屋氏の件を思い出してしまった
のが、俳優・山本太郎氏(36)に関するニュースだった。

 簡単に言えば、山本太郎氏が、原発政策に反対し、福島県内の
子どもたちへの放射能の影響の問題に関して、厚労省への抗議
活動に参加したところ、決まっていたドラマをおろされ、さらに
事務所も辞めることになったという事態が起きたのである。(-"-)

* * * * *

 山本太郎氏は、近時、社会問題に目を向けて、活動する機会が
増えていたそうなのだけど。
 今回、福島の原発事故が起きてから、反原発志向の訴えをする
ようになっていて。特に福島の子どもたちへの放射能の影響を
懸念し、23日には、福島県内の保護者たちと文科省の前に行き、
県内の学校に通う子どもが受ける放射線量の基準を下げるように
訴える活動に参加していたのだという。(・・)

* * * * *

 問題はその後だ。25日になって、山本氏がツイッターに
「今日、マネージャーからmailがあった。『7月8月に予定されて
いたドラマですが、原発発言が問題になっており、なくなりました』
だって。マネージャーには申し訳ない事をした。僕をブッキング
する為に追い続けた企画だったろうに。ごめんね」とつぶやいた
ことから、「それは、おかしいのではないか」との批判が続出。

<山本さんは「外されたドラマでも、現場には迷惑掛けられない」
として具体的な作品名などは明かさなかったが、ネット上では
「降板させたテレビ局、スポンサーに抗議活動を」との声も上が
ってたようだ。(J-CASTニュース27日より)>

 その後、山本氏は、26日の深夜に「舞台終了まで、Twitter
やめます」と投稿&上記の降板に関するつぶやきも削除したよう
なのだけど。
 おそらく、事務所側と今後のことについて協議したものの、
話が合わなかったのだろう。

 27日の夜になって、「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑
かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度
も引き止めて下さった。最後には僕のわがままを聞いて貰いました。
13年もいたSISは正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから
事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる(原文ママ)」
と、自身のツイッターで伝えたのだった。(-"-)

<事務所側も28日になって、山本氏が事務所を辞めたことを
発表。「私たちも、個人の意志を尊重し、仕事と彼の個人的な活動
とは切り離してきました。しかし、本日、山本本人より弊社所属を
離れたいという申し出がございました」「これまで共に頑張って
きた年月を振り返ると、私たちも大変残念ではありますが、話し
合いの結果、自分の個人的な活動のために事務所に迷惑をかけたく
ない、という山本の誠意を受け入れることにいたしました」と
のこと。(詳細はコチラの記事に) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 これは、日本に限ったことではないようなのだが・・・。

 日本の芸能界では、長い間、政治&社会問題に関わることは
「タブー」だとされて来た。
 
 特に、自民党政権が圧倒的に強かった頃には、TVや芸能
活動のスポンサーになっているような大企業も含めて、自民党
と結託しているようなところがあったことから、公の場で、
自民党の政策を批判するような言動を行なったり、政治的な集会
に出たりすると、大きな仕事は干されるケースがあったため、
出演する側も、どんどん自粛モードにはいって行ったときく。(-"-)

<この自粛モードが強くなったきっかけになったのが、1973
年の前田武彦氏の「バンザイ」事件だと言われている。
 前田氏は、当時、いくつもの好視聴率レギュラー番組を抱える
人気司会者&タレントだったのだが。「夜のヒットスタジオ」と
いう歌番組の中で、自分が応援していた共産党の候補が選挙に
当選したのを受けて「バンザイ!」をしたことが問題になった
のだ。(一部では「共産党、バンザイ!」と言ったと伝えられて
いるのだが。実際には、ただ「バンザイ!」をしただけらしい。^^;)

 これが、保守色の強いフジTV(フジ産経グループ)系列の
番組だったことから、前田氏はすぐに番組を降板させられること
に。また、他のTV局や関連会社も前田氏の起用を敬遠するように
なり、同氏は、約10年間、TV界やオモテ舞台から干される
ことになった。(ーー)
(ちなみに、前田氏は、若い時に特攻隊の訓練を受けた経験がある
ことから、反戦&反保守の立場だったという。)>

* * * * *

 昔から、自民党は、有名な芸能人を、よく選挙応援や議員の
パーティの場に引っ張り出していたものなのだけど。(そこで、
評判のいい人は、次の選挙の候補に担いだりもしていた。>
自民党の応援をする分には、問題はないらしいのだ。(~_~;)

<近時は、公明党が学会信者の芸能人を選挙応援に使ったり、
国会議員の候補にしたりしているけどね。^^;>

 逆に、かつては、社会党(現社民党)や共産党の応援をしたり、
推薦人に名を連ねたりすることは、本当に勇気がいることだった
らしく。ある女優さんが「もしかしたら、これでもうTVや大きな
舞台には使われなくなって、小劇場の舞台の仕事しかできない
かも知れない」と覚悟をして、推薦人に名を載せたと言っていたの
をきいたことがあるのだけど・・・。^^;)

 そんなこんなで、芸能関係者の大部分は、ともかく政治&社会的
な活動にしたり、公の場でそのような言動をしたりしないように、
努めていたところがあって。事務所側も、芸能人にそれを強く
求める風潮が確立して行ったようだ。(-"-)

 ちなみに、今は黒柳徹子氏を皮切りにして、UNICEFなど
国連関連機関に貢献するような活動をしたり、与野党問わずOK
になりそうな発展途上国の支援、エイズなどの難病の予防、救済
などに関わる活動をすることは、大丈夫になっているのだけど。
 かつては、国連がらみの仕事でも、「マズイのではないか」
と言われることがあったようだし。今も、諸活動の依頼には、
慎重に対応している事務所が多いのが実情だ。(・・)

* * * * *

 山本氏自身も、そのことは十分にわかっていたようで。

『山本は4月9日にツイッターで「原発発言やリツイートは
CHECKされ必ず仕事干される(中略)だからって黙ってテロ
国家日本の片棒担げぬ。親不孝許せ」と宣言。』<朝日新聞27日>

『「 反対。って言うと、芸能界で仕事干されるんです、御存知
でした?でも言ってやります、反対!」と山本は、脱原発を自身の
ツイッターで声高に訴え、デモに参加するなど原発反対運動を続け
てきた。』<J-CAST27日>

『文科省前で、「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」と
われわれの取材に応える一方で、長年所属してきた事務所に対して
は、「たくさんの役者さんが所属している事務所なんで、あまり
迷惑はかけたくないんですが……」今は見て見ぬふりをして
もらっている状態なんです。本当に感謝しています。と複雑な
気持ちを伝えていた山本。
 今回、ツイッターで、原発発言が問題となりドラマがなくなった
と告白したことが波紋を呼び、事務所まで取材攻勢の電話が及んだ
ことで、「これ以上迷惑をかけられない」という気持ちになったの
だろう。<シネマ・トゥデイ27日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 山本氏は、10日の反原発デモなどにも参加していたのだが。
23日の厚労省の抗議活動に参加したことが、一部メディアで
取り上げられたようで、その言動が、スポンサー企業や広告会社
などに知られることにつながったのかも知れない。^^;

<原発に関わっている大企業は、東電など電力会社だけでなく、
何百とあるので、広告会社&TV局はそれらを無視しては、
経営して行けないもんね。(~_~;)> 

 また、実は、山本太郎氏は、08年に読売TV系の「たかじん
のそこまで言って委員会」で、「竹島は韓国にあげたらよい!」
などと発言。
 この発言には、保守系の人々が怒らないはずはなく、公式HPに
批判の書きこみが殺到したために、ブログで謝罪することになった
という問題も生じていたという。(@@) <コチラ参照>
<それで、保守系のTV局やスポンサーには、もう嫌われていた
部分があったのかも。^^;>

 もしかしたら、山本氏は、その時にも事務所に迷惑をかけた
可能性が高いだけに、もうこれ以上は、迷惑をかけられないと
いう思いを強くしていたのだろう。

 それでも、「一俳優の終わりの始まりなんて大した事じゃない。
そんな事より皆さんの正義感溢れるエネルギー、20mSV撤回、子供
達の疎開、脱原発へ! 皆で日本の崩壊食い止めよう!」と記して
いたように、俳優業を捨てる覚悟も持って、活動を続ける意思を
表明していたのだけど。
 そのためには、事務所を離れるしかないと決断し、事務所側に
その気持ちを伝えたのではないかと思われる。

<それは、事務所側の「自分の個人的な活動のために事務所に
迷惑をかけたくない、という山本の誠意を受け入れることに
いたしました」という言葉からも、伝わって来る感じがする。>
 
 尚、今、稽古中で6月に出演する舞台<宮本亜門演出の
ブロードウェイ・ミュージカル「太平洋序曲」>は、予定通りに
出演できるようで、それがせめてもの救いに思えた。(・・)

* * * * *

 今回の件では、mewは、山本氏の応援をしたい気持ちが
強いのだけど・・・。
 ただ、実のところ、この件にはかなり難しい問題も含まれて
いるように思うし。できるなら、今回のことをきっかけにして、
芸能人&その関係者にも、メディアやスポンサー企業の関係者
にも(そのバックにいる政治家にも)、そして何より一般国民
に、芸能人or有名人が政治的、社会的な問題に関わる活動を
することをどのように受け止めたり、対処したりするべきなのか
よ~く考えて欲しいと願うところがある。(**)

 私たちは、概して、自分たちの考えと合うような言動は支持
するものの、そうでない言動には批判的になってしまう傾向が
あるのだけど。<それゆえ、ついついmewも山本太郎氏を
応援する方に回ってしまうのだけど。>
 できれば、逆のケースも考えてみて欲しい。(・・)

<他の有名人が原発推進を訴えて干されることになった場合、
同じように「それはおかしい」と批判できるだろうかとかね。>

 ・・・というのも、実は、06~7年、安倍政権が、ガチで憲法
改正を実現しようとしていた頃、憲法改正に賛成or反対のテレビ
CMや運動をどこまで行なっていいのかという議論が、国会や
マスコミで行なわれたことがあったのだけど。
 その時、mewは、もし保守系の大きな広告会社や企業が動いて、
芸能人や有名人をどんどん使って改憲をアピールしたり、各地で
イベントや集会、デモ活動などに参加したりした場合、国民の
判断に大きな影響を与えてしまうのではないかと懸念したことが
あったからだ。(-"-)

 もちろん芸能人や有名人でも、ひとりの国民として、政治的
な発言や行動をする権利はあるし。それを止めることはできない
のだけど。
 一つ間違えれば、それが政治的に利用されたり、国民の判断
に影響を与えたりする危険性は十分にあるということは、認識
しておくべきだと思うし。それを考えると、色々と難しい部分が
あるな~と思ってしまうのである。(-_-;)

* * * * *

 もうかなり長くなってしまったので、ちょっとハンパな
感じで終わってしまうのだが。

 出演者がどうのという前に、近時のマスコミが、かなり偏向
していることや、それが国民に大きな影響力を及ぼしていること
もかなり問題ではあると思うのだけど。<そこにも、各メディア
の元来の姿勢に加えて、政治家や企業その他の力が及んでいる
部分が大きいように思えるけどね。(-"-)>

  ともかく、これからは、発信する側も、媒体になる側も、
もっと考えなければならないことがあるのではないかと思うし。
何より、私たち受けての側が、しっかりとした考えや姿勢を持って
マスコミなどに相対したり、ウォッチしたりして行かないと、日本
がアブナイのではないかな~と思ったりもしているmewなの
だった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2011-05-29 04:46 | 政治・社会一般 | Trackback(2)