「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

カモネギ安倍、米の言い値で武..
at 2017-12-17 15:47
横田母「訪朝したい」、イラ立..
at 2017-12-17 06:46
安倍、松本、指原らと会食&改..
at 2017-12-16 08:09
蓮舫も立民へ?~参院、地方議..
at 2017-12-15 15:02
黒いの発言に子供たちが謝罪を..
at 2017-12-15 05:23
高裁初、伊方原発差し止めの決..
at 2017-12-14 03:15
安倍退陣こそ、拉致問題を解決..
at 2017-12-13 01:38
イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

何故?何故としか言いよう..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍は沖縄から撤退せよ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中国・韓国両首脳北朝鮮を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
四国と九州は近いようだ、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の軟化で北は第一の目..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51
mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:靖国 ( 10 ) タグの人気記事

映画『靖国』(3)~靖国派の宣戦布告&映画潰しが始まった?+桜花賞は金本馬券?

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

 JRAの桜花賞は、何と12番人気のレジネッタwith小牧太騎手が
優勝!(*^^)v祝 2着には15番人気のエフティマイアがはいり、何と
三連単700万馬券になった。(・o・)
 小牧太騎手は、兵庫・園田競馬から移って5年めでのGⅠ初勝利が
クラシックに。インタビューでは「お待たせしました」と絶句した。(ノ_-。)
 地方競馬時代は、アンカツと遜色なく、岩田より上だったのに、
JRAにはいってからは、なかなか思うように行かず。や~っと願い
がかなって、本当によかったですぅ。<馬券がダメだったけど、小牧
が勝ったからOKとしよう。(~~) asami choukyoushi mo G1 hatsuV 

 で、ちゃんと昨日の阪神・金本2000本安打との関わりがあった
んですよね~。(@_@。レジネッタの勝負服は社台の黄黒縦じま。
Lアマポーラもそうだけど、レジネッタはメンコもおそろいの黄黒の
縦じまにしてたですぅ。しかも小牧は、金本と同じ40歳・・・。
<実はレース前に勝負服のことは、気付いてたけど、Lアマポーラを
かなり勝ってたのでOKだと思ってたmew。^^;menko mo minakuccha?> 
 ちなみに爆笑の田中は昨日の東スポでレジネッタを本命にしてた
ですぅ。(・o・) <残り2頭が違ったけど、単複とか馬連総流しなら?>

 今年のクラシックは牡馬も牝馬も絶対的本命が不在なので、またアレ
アレ(荒れ荒れ)になっちゃうかもですね~。p(*^-^*)q がんばっ

<昨日は、中山メインでリキアイタイカンが頑張ってくれたのも、
嬉しかったですぅ。(~~) >

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、本当は政治のことでも書きたいことが色々あるのだけど。

<一個だけ、ちょっと嬉しかったニュースを。・・・どうも公明党の
抵抗が強くて、自衛隊をいつでもどこでも海外派遣できるようにする
「恒久法」の今国会提出が見送られることになりそうだ。(~~)*1
 もしかして、ガソリン税&道路財源の衆院再可決に公明党が協力
することの見返りかしらん?(・・)>

 でも、ど~しても映画「靖国YASUKUNI」(以下「靖国」)
のことに気持ちが行ってしまう。(**)

 折角、新たに上映してくれる映画館が決まって、ほっと一息の
映画「靖国」だったけど。
 私は、もしかしたら超保守派勢力(いわゆる靖国派)は、本気でこの
映画を潰しにかかろうとしているのではないかと・・・自分の中で、
その予感がどんどん広がっている。(-"-;)

 特に、靖国神社が、映画会社&監督に削除要求を出したと知って、
その思いがかなり強くなった。
<靖国神社は、今日14日に取材に答えると言っているようだが、
彼らが出した通知の中身によっては、映画はまた上映が困難か不可能に
なってしまうかも知れない。>
 そして、これは、大げさにきこえるかも知れないけど、ある意味で
「宣戦布告」に近いものではないかと思える部分があるからだ。(・・)

 それは今、超保守勢力の先鋒役(?)として、国会などで映画批判
を行なっている稲田朋美議員や有村治子議員が主張することを見聞して
いても、ヒシヒシ、ビシビシ伝わって来る。(>_<)
 彼らが日本会議&神道政治連盟のように、特に靖国信奉の強い超保守
的な団体のメンバーだということも、忘れてはなるまい。
<日本会議のHPはコチラ、神政盟のHPはコチラ

* * * * *

 この超保守勢力は、時に「靖国派」と呼ばれるのだが・・・。
 彼らは靖国神社や国家神道を信奉し、先の戦争や日本軍の行為は正当
なものだと信じ<侵略性や南京大虐殺や慰安婦問題は認めない>、
首相参拝は、国家の代表の義務だとさえ考えている。
<国民の義務にすべきという人も?^^;・・・もうすぐ国公立の学校は
学習の一環として靖国訪問をさせるように、今、計画を立てている。>

 だから、彼らは、決して、靖国神社を正面切って批判したり、貶め
たりするもの&者を許容、容認することができないのだ。(**)
 首相参拝を批判する者は許せない。南京大虐殺の存在を認めるもの
も許せない。でも、今回の映画には、そのような場面が登場する。

 ましてや映画を撮った監督やスタッフが、彼らが敵視している中国
の人だとなれば尚更だ。(・・)
<何と、※に記すように、彼らはこの映画が中国政府の政治宣伝だと
とらえている部分があるらしい。^^;>

 当然にして、そんな映画に、日本政府&日本人の税金が<特に、自分
たちの税金が?>、助成金として支出されたことも許せない。(**)、
 
 だけど、おそらく靖国神社&靖国信奉者としては、この映画が堂々と
全国各地で上映されることに、何かど~しても耐え難いものを覚える
のではないかと思うのだ。(-"-) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ※を挿入!(*_*)

 有村治子議員の3・27の国会質問(参院内閣委員会・会議録)
より <正直、会議録の中で、一番驚いた部分かも。(・o・)>

尚、ここでいう専門委員というのは、この映画の助成金交付を認める
かどうか審査した人たちのこと。

『平成十七年、二〇〇五年は終戦六十周年でございました。終戦四十周
年、五十周年、六十周年となる一九八五年、一九九五年、二〇〇五年、
つまり西暦の一けたが五になる年は決まって中国、韓国が歴史認識を
外交カードとして日本を揺さぶらせる戦略に来ています。
 そして、私たち自身も、歴史に向き合う機会ということから逃げる
ことは全く許されません。
 しかし、この平成十七年、大騒動があった二〇〇五年の翌年に申請が
出されているんです。こんな当たり前の、みんなが理解をしている政治
的意図が見抜けないような、社会人としての常識的感覚がない人ばかり
が専門委員になっていらっしゃるんですか。』

<専門委員は、『反靖国となることが決定的になって、これは中国政府
の歴史認識や主張そのものを取り上げる映画で決定的になったわけです
が、これに疑義をおかしいな、えっ、何かあるんじゃないかなと思われ
た人がだれもいなかったんですか』と怒られたりもしてたし~。(-"-)>

 この基準で行くと、mewも、たぶんmewの周辺にいる人のほぼ全員は、
「こんな当たり前の、みんなが理解している」こともわからず、社会人
としての常識的感覚がない人になってしまうかも?_(。。)_

 逆に言えば、これが彼らの常識、考え、感覚であり、もし私を基準
に考えれば、一般国民とはチョット異次元空間にいるのではないかと
思ったりもするのだけど。
 でも、これが今の政権与党・自民党の中心になっている超保守派or
靖国派の議員の多くの考え方なんだよね。(ーー;) 

 だから、つい「日本がアブナイ!」と、早く政権交代をしなくては
と叫びたくなってしまうmewなのだ。(@_@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 話を戻すと・・・

 私は、刀匠の刈谷氏に続いて、靖国神社までもが、この時期になって
削除要求の通知を出したのを知り、改めて、これが組織ぐるみの連携
した活動であること、そして彼らがこの映画を潰す意図がある可能性
が高いことを、改めて感じさせられずにはいられなかった。(・・)

 正直なところ、靖国神社がこの映画の特定のシーンの削除を要求
するというのは、かなりリスクのある行為であると思う。
 もし本当に許可を得ないで撮影した部分があったり、事実誤認が
あったりしたとしても、ここで靖国神社自体が、この映画にクレーム
をつけることは、上映を妨害する意図があるのではないかという疑問
や批判を呈されるおそれが強いし。一般国民にマイナスの印象を与え
かねない。(**)
<私が靖国信奉者なら、どんな映画が上映されても、知らん顔して、
ど~んと泰然自若に構えていて欲しいと思ったりするかも?(・・)>

* * * * *

 でも、稲田議員が助成金の問題を取り上げて、試写会や会見を
行なったことがきっかけで、右翼団体の抗議などがあって、当初の
公開予定日の4月12日には、すべての映画館が上映を中止すること
になったものの、その後、次々と全国の20館以上の上映が決まって
しまった。^^;
 
 有村議員が、3月27日に国会で助成金の件を追及し、この映画
の問題性をアレコレと主張。そして、刀匠・刈谷氏が出演場面の削除
要求をしたことも明らかにしたが。<その後、保守系ネットTVの
チャンネル桜が、刈谷氏のメッセージを放映。>
 これに対して、李監督が反論会見を開いた上に、田原総一朗氏らの
ジャーナリストも加勢。現段階では、映画館側から上映中止をしよう
という動きも出ていない。(+_+)

<もしかしたら、刈谷氏は静穏な生活を望んで、これ以上、取材や
会見に応じたり、削除要求を強く主張し続けたり、ましてや訴訟に
することなどは、拒んでいる可能性もある。>

 となれば、このままだと、5月にはいってから、続々とこの映画
が各地で上映されてしまうことになる。
 しかも、上映中止問題などで、逆に宣伝効果が生じてしまったため、
当初よりも映画を観に行く人が増えてしまう可能性が高い。
 それに、ここで上映を申し出た映画館は、それなりの覚悟をもって
決断しているだろうから、そう簡単に、右翼団体やネット・ウヨに
よる抗議活動や妨害活動に容易には負けそうにない。(**)

* * * * *

 そうだとしたら、もし映画の上映を阻止するためには、映画会社
&監督側が、簡単にスル~できないような削除要求や通告を行なう
しかない。
<彼らが拒んだ場合、いざとなれば、すぐに上映中止の仮処分申請を
含むような訴訟提起を行なうことも考えた上で?(・・)>

 で、もはや上映開始までに、さほどの期間が残っていないだけに、
靖国神社本体が、意を決して動いたのかな~と。
 
 そして、もし私の勝手な推測がそこそこ当たっているとするなら、
これは靖国神社&靖国派が、この映画を潰しにかかろうと、少なくとも
今の形のまま上映することは阻止するぞという「宣戦布告」になるの
ではないかと・・・。(**)

 けど、ここで負けたら、次は私たち一般国民の自由な生活や思想、
表現までアブナくなってしまうので、ここは簡単に引いてはならない
と。そして、しつこいけど、早く解散総選挙を行なわせて、靖国派の
多い自民党を政権の座からおろさないとと、今日も訴えるmewなので
あった。(@@。
 

            THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 
できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ

More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-14 07:58 | 政治・社会一般 | Trackback(18)

靖国神社が映画「靖国」に削除要求!~これは序章に過ぎない?+金本2千本安打

【PING送信が不調で、ただでさえ遅れがちなTBのお返しが、さらに
遅れています。どうかご容赦を。m(__)m・・・しかも困ったTBが続々
と来るし~。下手すると、1日に数十も来ているかも?(ーー゛)】

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

 12日、阪神の金本知憲外野手(40)が、2000本安打を達成
した。(*^^)v祝
(☆球場だったのはOKなんだけど、また負けちったのがチョット。(-"-)
でも、☆ファンもたくさん祝福してたと思うです。(・・)>
 mew的には、ど~しても広島時代の印象が強いんだけど。もう阪神に
移ってから、6年めなんですね~。(・o・)

 正直なところ、晩年は安打数稼ぎに徹して2000本安打を達成する
選手が少なくないんだけど。金本選手は勝利&優勝に貢献する形で、
ここまで安打を積み重ねて来て、スゴイな~と思ったりする。(・・)
 昨年、膝の手術をしたので、ちょっと心配だったけど・・・とても40
には見えない若々しさを持った鉄人ゆえ<顔が若い頃から、ほとんど
変わらないんだもの>、まだまだ今年も活躍しそうな感じだ。(~~)
・・・☆にはお手柔らかにね。

<で、この記録達成は、今日の桜花賞のヒントになるのかと問われ、
マジで考えてしまったりする自分が怖い^^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 今回は、靖国(3)を書くつもりというか、書きかけていたのだが。  

  何か、新たな「靖国」関連ニュースが次々と出て来たので、
それらをアップすることにした。
 
 一番大きなニュースは、何とあの「靖国神社」本体(?)が、映画
「靖国」に削除要求を出したということなのだけど。(゚Д゚)
 そのことは、あとで取り上げるとして・・・。

 もう一つは、複数の右翼団体の代表者らが発起人となり、東京都内で
右翼活動家向けに同映画の試写会をすることになったというニュースだ。
 右翼団体の抗議活動が上映中止の原因というイメージの解消を図る
狙いとみられる。発起人の一人は「映画を見ていない活動家も多い。
冷静な判断のためにも見てほしい」と話しているという。(*1)

* * * * *

 そして、高知在住の刀匠・刈谷氏への配慮から、同映画の配給会社・
アルゴが、5月に上映予定だった高知市内の映画館に、上映開始の延期
を申し出たという話も出ていた。(*2)
 アルゴ側は、「刀匠が撮影を受けた趣旨と(映画の内容が)違う」と
訴えていること、「 刀匠には、上映中止などの騒ぎで迷惑がかかって
いる」ことを配慮の理由に挙げているという。<ネタもとはたぶん朝日
どこかに、刀匠への取材を懸念しているみたいなことも書いてあった。>

 う~ん・・・。(-_-) 私は前2回で書いたように、刈谷夫妻の心情
が気がかりな部分があるし。何か両者で話し合って、うまく解決する
方法はないのかな~と思っていたので、これがそのためのいい猶予期間
になるといいという思いもあるのだけど。(**)
 でも、これからの靖国派(?)との戦いを思うと、下手にこちらが自粛・
自己規制ムードを見せていいものなのかどうかと、悩んでしまったりも
するのだった。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、2ch的に言えば、まさに「キタ~~~」というか。mew的
には、「先を超された~~~」という感じもあったのが、靖国神社の
削除要求のニュースであった。(**)

 靖国神社が、11日に『当神社境内における撮影許可手続が遵守され
ていないだけでなく、その内容についても事実を誤認させるような映像
等が含まれており』、映画「靖国」の製作&配給会社と李纓監督に対し
て、質問と問題映像の削除等の適切な対応を求める通知を行なったと
いうのだ。<靖国HPに通知文が(コチラ)>

 何で先を超されたと思ったかと言うと、今回の記事に「次は、靖国
神社が削除要求して来たりしてね!(-"-)」と皮肉を書こうと思って
いたからだ。(@@。
<だって、稲田朋美議員や有村治子議員の書いたor発言したものとか
読んでいたら、靖国神社で撮影許可を得ていないとこが映ってるとか、
事実誤認があるとか、あちこちで訴えていたので、もしやと。>

* * * * *

 映画「靖国」は、あの上映中止問題が起きたあと、幸いに、次々と
上映館が決まっているのだけど。<今、5月以降、全国20何ヶ所かで
上映が予定されているようだ。でも、妨害などが懸念されるので、
映画館名は公表していない。>
 
 私は、内心、このままスムーズに話が進んで欲しいな~と願いつつ、
果たして彼ら(靖国派?)が、このまま黙っているのかな~と、プチ
疑心暗鬼になっていたところがあった。(-"-;)

 そうしたら、先週になって、刀匠の削除要求のことが報道されて、
あら~っと。(・o・)
<実際には、3月27日に有村治子議員が、参院の内閣委員会で、
この件をすでにかなりアピールしていたことが判明。^^;>

 で、今度は靖国神社の削除要求が出て来たのだけど・・・。

<まだ要求内容は不明。でも、有村議員の質問内容などから考える
と、この削除要求は、やはり映画のテーマに関わる部分が含まれて
いるかも知れないので、映画の成立自体が左右されるおそれが
ある。それに靖国神社は、もし監督&映画会社側が要求を拒んだり
交渉がもめたりしたら、提訴して来るかも?(-"-)>


 そして、もし彼らが、削除要求シリーズを続けようと思えば、次は
青年自衛官が削除要求して来る可能性がある。

 有村氏が国会で、制服姿の現役自衛官の青年が、靖国に参拝している
ところを無許可で映されて、その写真をパンフレットに載せられ肖像権
が侵害されていることもアピールしていたからだ。<彼女は、国会で
他の件も含めて、文化庁から呼んで来た参考人に、映画の肖像権の
ことをチェックしたのかとかなり強く追及していた。>

* * * * *

 そして、まさかとは思うけど・・・。その気になれば稲田朋美議員も、
削除要求をかけて来ることが可能だ。
 彼女は、05年8月15日、自分が弁護士時代に、靖国で「私を執拗
にカメラで追っている中国の映画監督がいた」と。で、自分が決議文を
読んだシーンが、勝手に使われたということを何回か書いたり言ったり
している。HPに9日づけで掲載した文には「もちろん私はこの映画で
観客の眼にさらされることを同意したことはない」と書いたりしている。

 靖国神社を舞台にしたドキュメンタリー映画となれば、他にも無許可
で映っている人が何人もいるだろうし。彼らに協力しそうな人は何人も
いるだろう。
 だから、協力者を募れば、今後、次々と削除要求&訴訟ラッシュを
かけるという作戦とて、実践できないわけではないのだ。(**)

* * * * *

 まあ、あまりあからさまに映画を妨害しようとするような行為に
見えるようなことを行ない続ければ、世間やマスコミの反感を買うこと
になるので、様子を見ながら、ということになるのだろうけど・・・。

 この週末に色々な資料を見ていて、私は靖国神社を信奉する超保守
勢力(または靖国派と呼ばれる人たち)が、この映画に対してかなり
大きな反感、嫌悪感を抱いていて、もしかして、マジにこの映画を
潰しにかかろうと思っている人もいるのかも知れない・・・とひしひし
感じてしまったところがあった。

 iiyumeさんが、コチラにおもしろい切り口の記事を書いていたけど、
まだまだ、ここまでのことは序章に過ぎないのかも知れない。(ーー;) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 ちょっと用事ができて、いったん筆(キ~?)置くので、とりあえず
ここに、有村議員の国会質問の発言の一部と関連リンクを載せておく。

 稲田朋美議員HPの9日付け掲載文・・・コチラ 

 今回の件に関することでは、『なお、この映画には肖像権侵害や靖国
刀が靖国神社のご神体だという虚偽の事実の流布など法的にも問題が
あることが有村治子参議院議員の国会質疑で明らかになった』と記述。 
 
 その有村議員の国会質疑は・・・

 3月27日の参院内閣委員会の会議録・・・コチラ
<ちょっと長いけど、有村議員の超熱心(執拗?)な追及の軌跡が>

 で、今回の件に関する質問の部分を抜粋コピペしておくと・・・

 ☆肖像権などに関して

『このような経過から、最終作品は刈谷氏の善意を踏みにじっており、
刈谷さん夫妻はこの映画において刈谷氏の肖像が入ることを全く承服
しておらず、作品から刈谷さんの映像を一切外してほしいと希望を
されています。これは、私自身が一昨日、平成二十年三月二十五日、
刈谷さん本人と御確認を取りました。

 このパンフレットに載っている制服姿の青年、この青年ですね、
この青年は現役自衛官であり、彼が靖国神社に参拝しているところを
この映画「靖国」を作った人たちが無許可で撮影をし、その映像が無許可
でこの映画に使われ、このパンフレットにおける掲載がされていることも
この自衛官の方は一切知らなかったんです。この現役自衛官の方がたま
たま靖国神社にお参りしたときに勝手に無許可で撮られた肖像権は全く
守られていないという状態が今も続いています。

 事実誤認をドキュメンタリーと主張し、十月十七日の霊璽奉安祭を始め
撮影が禁じられている場所や時においても撮影し、知らない間にキャスト
に仕立て上げられた刈谷さんのお気持ち、希望を無視して上映を重ねる
など、手段を選ばない取材、撮影によって肖像権をじゅうりんされた人々
との間に数々のトラブルを起こしているこの映像を文化庁が芸術文化振興
の名の下で公金を使ってまで後押しをすることが果たして適切なんでしょ
うか。』

 ☆ 靖国神社に関する事実誤認について

『そして、この「靖国」のパンフレットにも書かれていますけれども、
そして知られざる事実がある、靖国神社の御神体は日本刀であり、昭和
八年から敗戦までの十二年間、靖国神社の境内において靖国刀が鋳造され
ていたというふうに書かれていますけれども、これは事実誤謬でござい
ます。
 知られざる事実があるというふうに言って、靖国神社の御神体は日本刀
であるというふうに主張されていますが、この認識自体が誤謬なんです。
事実誤認でございます。これは私自身が靖国神社の広報に問い合わせて
います。神社で大切にされていらっしゃる神剣は、一般的に世に言う日本
刀、片刃でワンエッジですね、片刃で反りのある日本刀とは形状も異なっ
ておりまして、この御神体は日本刀ではありません。

 この誤謬を知られざる事実としてドキュメンタリーとして豪語される
こと自体が大変に遺憾なことでございます。もちろん、中国の監督が
外国語である日本語で基礎事実を理解するのは難しいのかもしれませんが
この御神体について、靖国神社に対する事実確認や問い合わせも一切され
ずに、この事実誤認をドキュメントと称し広く喧伝されていること自体が
欺瞞だと思いますが、やはり文化的考証などの前線に立たれるはずの文化
庁ではないんですか。』
 
 <つづく>           THANKS

 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 
できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ

More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-13 12:49 | 政治・社会一般 | Trackback(10)

映画「靖国」の諸問題について思うこと(2)~制作者、出演者、議員の立場~+福田花見

 何かストレスが貯まっているので(?)、ブンブン書いて、編集もせず
書きっぱなしの長々とした文をどんどんアップしちゃうですぅ!(@_@。

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。


 さっきTVのニュースを見ていたら、新宿御苑で行なわれた福田首相
主催の「桜を見る会」の様子が映っていた。(**)
 こちらの桜は、八重桜ゆえ、今がまさに満開なのだそうだ。<福田
首相は問題が八重にも重なって、満載って感じかな?(ーー;)> 

 1万人の招待客があったそうだが。にしおかすみこやギャル曾根の姿
に、「はあ?(゚Д゚)」と思ってしまったりして。
<別に2人とも嫌いじゃないけど。何だかな~って思いません?(・・)>
 どうせなら、小島よしおを呼んで、ねじれ国会でかわいそうなぐらい
苦労している関係者に、「そんなの関係ねぇ」と開き直る術を教えて
もらえばよかったのにね。(~~)b sonohouga ii casting~?

 ・・・って思いながら、ネットの報道記事を見たら、「まあ、いろ
いろありますよ。物価が上がるとか、しょうがないことはしょうがない
のだから、耐えて工夫して切り抜けていくことが大事だ」と話していた
とのこと。(共同通信12日より)
 もう十分、開き直っていたみたいですぅ。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、前記事『映画「靖国」の諸問題について思うこと(1) 
~刀匠夫妻の思い~』のつづきを・・・。

私は今、刀匠夫妻のことを思うと、かなり複雑な心境にある。

 刈谷氏は、インタビューの場面を見ても、刀&刀作りを心から愛し、
誇りに思い、そして、その思いゆえに映画出演に応じたのだろう。
最後の靖国刀の刀匠として、その技や心、そして刀の姿を映像に残す
ことに大きな意義を感じたに違いない。

 私は映画自体は見ていないが、TVや映画の予告編など<コチラ>
で映像を見る限り、その思いは決して裏切られていないと。本当に
荘厳に美しく、カッコよく映っていると思うのだけど・・・。それは
靖国を信奉する人たちも含めて、きっと多くの人が認めるものだと
思うのだけど・・・。

 でも、もし映画自体が色々な意味で、刈谷夫妻の気持ちに沿わない
もので、そこに出演していることが、彼らにとって苦痛だとしたなら
・・・。ご夫妻が高齢で、きっとこの喧騒から早く逃れたいと思われ
ていると察せられるだけに、尚更、心が痛むところがある。(-"-)

* * * * *

 ただ、夫妻の要望通り、刈谷氏の出演した場面を削除すべきなのか
・・・と問われれば、答えはNOなのではないかと思う。<キャスト
から名を削除することは、可能ではないかと思うけど。(・・)>

 もし刈谷氏の出演場面が少ししかなくて、それを削除しても、映画の
構成や流れに大きな支障が生じないのであれば、また話は別だったの
かも知れないが。
 この映画は、刈谷氏の刀作りなどの場面が、全編にわたって登場し、
各シーンをつないでゆくメインのモチーフになっているとのことで、
それを削除しては、もはや、この「靖国」という映画は完全に壊れて、
作品として成り立たなくなってしまう。
 監督や製作スタッフとして、それは絶対できないことだろう。

 彼らとて、決して安易な気持ちで映画を作っているわけではないし。
刈谷氏に出演を依頼し、刈谷氏をメインのモチーフに使ったのも、
彼らの意図、メッセージや芸術としての表現であることを考えると、
また彼らなりに時間をかけて、この作品を作り上げて来たことを思うと、
尚更に、それはすべきではないと思う。
 もう一つの作品として完成し、すでに海外のいくつもの映画祭に
出品し、最優秀ドキュメンタリー賞まで受けているのだ。(**)

 もし刈谷氏らが、ど~しても削除したいと、または自分の出演場面
がある限りは上映を許容しないというのであれば、訴訟を起こす手が
ないわけではないが。
 年齢を考えると、訴訟をする(関わる)のはあまりにも大変だし。
訴訟を起こしたからと言って、勝てる見込みがあるわけでもないし。
逆に批判を浴びるおそれもあるし。決して、得策とは思えない。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 では、何故、こんなことになってしまったのか・・・。
 
 李監督が刈谷氏をだまして出演させたという人もいるようだが。
私は、現段階では、そうは思わない。
 彼は、刈谷氏に「戦後、伝承されなくなってしまった靖国刀の最後
の刀匠として取り上げたい」と手紙を書いたというが、実際、その
言葉通りに描いているのではないかと思われる。そこにウソはない。

 問題は、李監督の製作意図と刈谷夫妻の出演意図、イメージにくい
違いが生じてしまったことにあるわけで。李監督の説明が十分になさ
れていたのか、理解されていたのかというところに疑問を呈される
かも知れないのだけど。
 実際のところ、05年に出演依頼をした時や、06年の撮影をした
時などに、具体的&明確に作品のヴィジョンやイメージを伝えるのは、
かなり難しかったのではないかと思ったりもする。(・・)

 というのも、ドキュメンタリー作品や報道などに使われる取材映像
などに関しては<紙媒体でも同じようなことが起こり得ると思うが>、
ストーリーものを撮るようなシナリオがあるわけではないからだ。
 あらかじめ、ある程度、全体の企画や構成、進め方などを決めて
おいて、それに沿って撮影する場合もあるけれど。取材対象やコン
セプト、方向性だけを決めておいて、どんどんと撮影をして、最終的
に構成を決め、編集し終わって、初めて作品全体が見えて来るという
ケースも少なくないだろう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 07年4月に作品が完成して、刈谷夫妻が見た時に、自分たちの
考えやイメージと作品の趣旨が異なることに気付き、難色を示した
とされる。<監督は不安を訴えたという。刈谷氏側の方は、「困る」
と言ったという記事もあれば、この時点で「削除or再編集を要求した」
という記事もあった。>

 ただ、このようにドキュメンタリーなどの出演者が、映像を見て
<下手すると、放映後に>、難色を示したり、要望や苦情を言うこと
も稀ではないときく。なかなか両者のイメージが完全に一致すること
はないし。自分の姿や描かれ方を見て、「こんなはずじゃなかった」
とか「やはり人に見られるのは恥ずかしいから、放映されたくない」
と思うのは、むしろ自然なことかも知れない。<中には、出演場面が
少ないので、もっと使えとか、もっと見栄えのいいシーンを使えとか
いう要求をする人もいるとか。^^;>

 まあ、中には、作る側に問題のあるケースもあるようだが。実際
のところ、撮影した映像をどう使うか、どう編集するかは、通常は、
制作者サイドに委ねられていて、出演者側の思い通りには行かない。
映画のように監督の意図が大きく反映するものは、尚更だろう。
<そもそもすべての出演者の要求に応じていたら、ドキュメンタリー
の制作などできなくなってしまうかも。^^;>

 そして、制作側と出演側、または関係者などのイメージが違ったり、
クレームや要求がついたりした場合、監督やスタッフは、いかに出演
者などを説得して納得させるかが、重要な仕事になる。(**)
 だから、もし李監督やスタッフが、刈谷夫妻にかなり熱心に色々
と語って、刈谷夫妻が心から納得していなくても、その説得に押され
て、何となく了承するような意向を示してしまったのだとしても、
そのことで監督やスタッフを批判することはできないように思う。

<刈谷夫妻は高齢だし、なかなかビシッと言い返しにくかったかも
知れないということを考慮しても、止むを得ないと思う。(-"-)>

* * * * *

 では、刈谷夫妻が、決して本意でないのに、心の中では「本当は削除
して欲しいのに」と思っているうちに、話が進んで、どんどんと試写会
や国際映画祭の出品や、映画館での上映なども決まってしまったのだと
しよう。

 けど、mewはふと思うのだ。
 もし映画の前評判が思いのほかよくて、刈谷氏の出演場面も世間&
関係者から大きな評価を得たとしても、刈谷夫妻は、上映前に削除を
求めたのだろうか?(・・)

 もし週刊誌や政治家から「反日的」「偏向的」orその疑いがある
などと言われたり、想定外な形で国会やマスコミで取り上げられたり
することがなくても・・・、もし神社や刀匠の関係者や近所から、
何か言われることがなくても、それでも刈谷夫妻は、上映前に、削除
を求めたのだろうか?(・・)

 これは仮定の話ゆえ、何とも言えない部分があるけれど・・・。
 私は、もし助成金に疑問を抱いたとはいえ、国会議員までが「反日」
「偏向」云々などという言葉を使ったり、神社など周辺の人たちが
そのことを懸念したりしなければ、ましてや映画&刈谷氏の出演シーン
の評判がよければ、刈谷夫妻は、あえて出演シーンの削除を求めなかっ
た可能性が高いのではないかと思う部分がある。(**)

 もし自分たちの意図とはくい違いがあっても、作品も出演シーン
自体も評価され、「靖国神社」の名誉も、刈谷氏の刀匠としての
名誉も守られたなら、それが世間に認められるようなものであった
なら、ある程度、納得できたり、誇りに思えたりする部分も生じる
かも知れないし。少なくとも、今のように、大きく心が揺れたり、
心を傷めたりすることはなかったのではないだろうか?(-"-)

* * * * *

 このように考えた場合、私は、稲田朋美議員が2月に(週刊誌
いわく)「反日映画」に助成金を支出したことを問題にして、文化庁
に疑問を呈して試写を要求したことは、やはりこの映画にも、刈谷
夫妻にもかなり大きな影響を及ぼしたのではないかと思うのだ。(**)
 それは、有村治子議員にも、言えることだろう。

 私には、2人がたまたま個人的に、この映画に対する助成金に問題
を感じたのか、それともその背後で誰かが指示をしているのかはわか
らない。
 2人とも、日本会議や神道連盟に属しているけど、それらの組織が
今回の問題提起に関わっているのか否かもわからない。
 、
 それに2人とも、と~っても善良な国会議員のようで・・・それぞれ
に、自分たちはあくまで助成金支出の妥当性を問題にしているのだと。
国会議員として、大切な国民の税金を、問題のあるものに使われない
ようにするために、やっているのだと主張している。^^;
 決して、映画「靖国」にダメージを与えようとか、表現の自由を制約
しようなどという気があって、やっているのではないらしい。(@@。

 ただ、国会議員の言動というのは、特に国会や行政がからんだ場合
の言動というのは、民間の企業や一般人にとってはかなり影響力を
及ぼすことがある。<だから、陳情とか献金なんかをしちゃう人も
多いわけで・・・。(・・)>
 その言動が、何かを扇動することにつながったり、萎縮させること
につながったりすることは、十分にあり得ることだし。それは、彼女
たちに限らず、すべての国会議員が自覚すべきことだろう。

 しかも、私には、2人の国会や公の場での発言、文書を見ていて、
彼女たちが、助成金支出の要件を離れて、ことさらに映画「靖国」の
内容に立ち入ったり、関連事実を取り上げたりして、いかにこの映画
が「反日」「反靖国」的であるか、それをアピールすることに熱心な
ように感じられる部分があるのだ。(・・)
 このことに関しては、次回に具体的に例を挙げて、検討してみたい
と思う。

  <つづく>     THANKS
  

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 
できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-12 19:15 | 政治・社会一般 | Trackback(6)

映画「靖国」の諸問題について思うこと(1) ~刀匠夫妻の思い~ +野茂


最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

*印のついた関連報道記事は、↓Moreの部分に

  昨日、ロイヤルズの野茂英雄投手(39)がヤンキース戦に7回から
登板。何と05年7月15日以来、ちょうど1000日ぶりに大リーグ
の復帰登板を果たした。(~~)metcha ureshii 
 1-4から2番手で登場し、7回は安打、四球などで二死満塁となる
も、松井を左フライに打ちとってピンチをしのぎ。8回は1安打に抑えた
ものの、9回に二死から相手の3・4番に連続本塁打を浴び、その後、
松井から三振。3回投げて、4安打2失点2四球1奪三振だった。

 6日にメジャー昇格が決まった時には、素直に「ともかくうれしい」
と語っていた野茂だが。この日は、もうふつうの感覚だったということ
で、9回の2本塁打を反省。
 慣れない中継ぎで、調整が大変だと思うけど。また次もチャンスが
ありますように。p(*^-^*)q がんばっ

* * * * *

 今回は、昨日、ゆっくり書けなかった映画「靖国YASUKUNI」
に出演した刀匠の出演場面削除の要求の件を中心に書いてみたい。(・・)

 少し話を整理してみると・・・。この件が一般の新聞<ネット>に
報道されたのは、4月9日~10日だったのだが・・・。

 その前段階として、自民党の有村治子議員が、3月27日に参院の
内閣委員会で、映画「靖国YASUKUNI」(以下、「靖国」)の
助成金について質問に立ち、文化庁の幹部を参考人に呼んで追及を
していた。<何か選考委員に映画9条の会の関係者がいたことなども、
ツッコンでいたらしい。^^;(お玉おばさんのコチラの記事参照)>

 有村氏は、その委員会の中で『「キャストとして名前が挙がって
いる刈谷直治さんは、この映画で自らの映像が使われることを承諾して
おられず、自らの映像が削除されることを希望されている」(有村
HPより)と発言していた。
<尚、有村氏は、人づてに刈谷氏のことをきき、本人の真意をきくため
に、3月25日に電話をして確認をとったという。>

 きいた話では、この有村発言がネットなどで扱われ、超保守系の人
から問題視されたとのこと。
 そして、4月6日に保守系のネットTV「チャンネル桜」が、高知
の刈谷氏宅を取材して、刈谷氏本人が出演場面の削除を希望する旨の
コメントを読む映像を放映。<コチラ。コメントは2の最後>
 それを伝え知った映画「靖国」の李監督が、有村氏の行動を批判し、
た記事が共同通信から出たことから、一般紙も取材&報道することに
なったようだ。(・・)

 有村議員は9日夜、自分のHPに「一部報道をうけて、真実をお伝え
したく私・有村の見解をご報告致します」という文を掲載。(コチラ
 李監督は、9日に共同新聞の取材に答えたほか<*1>、10日
に会見を開いて(映像・コチラ)、*1の経緯を詳しく説明した上で、
2月以降、国会議員が動いてから、上映中止や出演削除など次々に
起きるのは、何かおかしい、理解しがたいと訴えた。(**)

 尚、刈谷氏は、新聞各社に、映画の趣旨が自分の意図とは違う
ものだったので、出演場面の削除をして欲しいと語っている。また
有村氏の電話で、心が変わったわけではないとも言っていた。(-"-)

* * * * *

 で・・・私は上にリンク、引用したほかにも、色々なものを見て
みたのだが・・・。

 私は、現時点では、おそらく刈谷氏も李監督も有村氏も、それぞれの
立場で、本当のことを言っているのではないかな~と思っている。
 そして、この間(かん)、夫妻(特に夫人?)の心が大きく揺れて、
今日に至ったのかも知れないと感じたりもしている。

<ただし、刈谷氏が早い段階で出演場面&キャスト名の削除や、映画
の再編集を要望したのに、監督orスタッフ側が無視したという主張に
関しては、両者に食い違いがある。この点は保留したい。>

 李監督は、靖国神社に関するドキュメンタリー映画を製作すべく、
約10年間にわたって、靖国神社を取材撮影していたのだが・・・。
 靖国神社で刀を作っていた刈谷氏のことを知り、05年10月頃、
「戦後、伝承されなくなってしまった靖国刀の最後の刀匠として取り
上げたい」と、出演を依頼。刈谷氏はその依頼を受け、06年に
自宅の仕事場で、2日間、刀を作るシーンやインタビューなどを撮影
したという。

 映画は、07年4月頃、完成。李監督がそれを見せたところ、
刈谷夫妻が、映画の趣旨や構成などに難色を示したこと、また08年
2月にも、不安を訴えていたことは、監督自身も認めている。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ただ、李監督は、映画の意図を説明したと言っているが、刈谷夫妻
の側に、それが十分に伝わっていたのかは、ビミョ~なところだ。
刈谷氏の側は、「靖国刀の伝統技術や美術品としての価値を後世に
伝えてくれるものだと思っていた。『靖国問題』と結びつけるものだと
は、まさか思っていなかった」と話しているからだ。<朝日10日より>

 李監督も、07年に作品を見せた時に、夫人が刈谷氏の仕事をする
姿を初めて見て、特に試し斬りのシーンでは、人殺しを連想させる
ことにとまどいを覚えていたと。また、小泉元首相の参拝に関わる
シーンがはいっていることから、「靖国問題」とつながっていること
に、抵抗感を示したようだ。

 そして、李監督は、夫妻に自分の意図を説明し、話し合った上で、
理解してもらえたと話していたのだけど。もしかしたら、刈谷夫妻
はその場では、了承したかのような感じになったものの、不安や
割り切れないものが残っていたのかも知れない。(・・)

<尚、刈谷氏側は、この時点で明確に削除依頼をしたという記事も
あれば、「こんなものじゃ困る」と言ったというものもあった。>

* * * * *

 だが、今年(08年)2月以降、少し展開が変わって行く。

 李監督は2月に、国際映画祭への出品の了承を得るために、夫妻
を訪ねたところ、これは「反日映画か?」と問われたという。
 神社や刀匠の関係者から電話があったり、<有村氏いわく>近所から
話をきいたりしたとのこと。特に、夫人が、関係者からこの映画が喜ば
れていないことを感じて、不安を訴えていたらしい。

 李監督は、ここでも具体的に作品の意味などに関して話をして、
最後には夫人も「どこでも上映してください」「頑張って下さい」と
言ってくれたと。上映用のチラシに刈谷氏がキャストとして名が
はいっているのも見せたと語っている。
<ただし、有村氏は、HPでそれは事実に反する。「刈谷の名前と
映像を除いてください」と明確に伝えたと反論している。>

* * * * *

 この映画については、まず昨年の12月に週刊誌が「反日的映画に
助成金」という内容の記事を掲載。2月14日に、稲田朋美議員が
助成を問題視して、文化庁に試写を要求している。<まだ一般マス
コミには出ていないが、稲田氏のHPには2月に記されていた。>

 もしかしたら、刈谷氏の周辺で週刊誌を見た人もいるかも知れない。
また、稲田氏と共にか別個にかはわからないが、保守系の議員や団体、
識者ネット・ウヨなどがこの問題を取り上げていたなら、靖国or他の
神社の関係者も含めて、刈谷氏がそのような映画に出演していること
を心配して(or怒って?)、色々言って来る人もいたかも知れない。
<尚、稲田、有村氏の属する日本会議は、神社の団体も参加、連携
している。また2人とも神道政治連盟にも属している。>

 さらに、3月12日に稲田朋美議員の要求によって文化庁が協力
(実は主催)して全国会議員向けの試写会が実施されたことから、
マスコミやネットが「反日映画か否か」の視点で騒ぎ出した。
その後間もなく、新宿の映画館が上映中止を決める。
 
<そして、3月27日に有村治子議員が、国会でこの映画のことを
取り上げ、28日に稲田朋美議員が外国特派員記者クラブで記者会見
を開き、31日までに他の4つの映画館も上映中止したことがわかる
のであるが・・・。>

* * * * *

 もし私が刈谷氏、特に夫人の立場であったとしたなら、ともかく
早くこの映画との関わりを断ちたいと思うかも知れない。
 自分の夫の関わった映画を反日的だと評す人がいたり、国会議員
や関係者に問題視されたり、マスコミで騒がれたりするのは、夫の
名誉を傷つけることにもなるし<もし夫が靖国神社&戦争(人殺し)
の象徴のようにとらえられたらという危惧感もある>。
 何より一般人としては、異常事態にほかならない。90と87の
夫妻にしてみれば、ともかく静かに老後を送りたいと思うだろうし、
この映画によって、生活を壊されたくないと強く願うだろう。

 刈谷氏本人も本意ではなかったと思われるが、もしかしたら夫人
ほどの思いは抱いていなかったかも知れない。
 何かここは、この世代の男性と女性の考え方の差なども出ている
のかな~と思う部分もあるのだけど。ものを作るという面で、多少は
李監督の思いを受け止めているのかも知れないし。<映像自体は評価
している可能性もある?>
 また、何より自分が撮影を引き受けてしまった以上、致し方ないと
いう気持ちもあるのかな~と思ったりもした。
<毎日新聞の取材に「今さら何を言っても仕方がない。もう静かに
してもらいたい」と話したというのも、そのあらわれのように思えた>

 刈谷氏が3月にパンフレット用に「誠心誠意」の言葉を贈ったと
いう話にも、それは伺える。<その言葉のウラに何かの意味を込めた
可能性もあるけど。>

 ただ、いずれにせよ、夫妻にとって決して望ましくない状況が
生じている中、もし国会議員から電話があったなら、「本当は、削除
をして欲しい」と答えても、何の不思議もない。(**)

 けど、チャンネル桜の取材で、それまで大好きな刀の話をする時
には、<失礼ながら>時に子供のように無邪気な笑顔を浮かべて、
また刀作りへの愛情と誇りを示して、多弁に語っていたのに。最後に
夫人が書いたという「削除要求」のメッセージを読む時には、表情も
話し方も硬直し切っていた刈谷氏の姿に、何か複雑なものを感じて
しまったmewなのだった。(-"-)

 <つづく> THANKS

 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 
できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ

More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-12 09:53 | 政治・社会一般 | Trackback(7)

Dラマの会見&映画「靖国」の出演削除&NHKが国策放送?~表現の自由の大切さ

【昨日は多数のクリックを頂いたようで、感謝です。m(__)m
多忙中、必死?で書いたので、と~っても励みになりました。(~~)
15時に、後半部分を追記しました。】

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

*印のついた関連報道記事は、↓Moreの部分に

 10日、ダライ=ラマ14世が飛行機の乗り換えを兼ねて来日した。

 成田空港&近隣のホテルに10時間ほど滞在して、何人かの関係者
などと面会したという。

<政府関係者は中国に配慮して会わなかったが、自民党の太田誠一氏
(党の人権関係の部会長)と、アッキ~こと安倍昭恵夫人が面会した。
昭恵夫人が面会したのは、おそらく日本政府もチベット問題に心を
寄せているということを示すために「元首相」というそれなりの立場
にあった政府与党関係者の夫人に依頼したと思われる。また、安倍氏
らの超保守派勢力が、中国に対し強い批判を呈しているということも、
内外に示したかったのかも知れない。>

 そして、その後、記者団と会見を行なった。

 ダライ=ラマ氏は、これまでと同様に、北京五輪の開催を支持して、
聖火ランナーへの妨害活動を憂慮。ともかくすべてにおいて非暴力を
貫くことを強く訴えた。(**)
<暴力で押さえ込むのは、時代遅れの方法だともアピールしていた。
・・・私も、強くそう思う!(・・) 圧力などによる抑制も含めてね。>

 また自分はチベットの独立を求めているのではなく、宗教、文化、
教育などにおいて、もう少し自治ができるようにして欲しいのだと。
特にチベット民族に「表現の自由」がないこと、「民主的な政治」を
促して行きたいということを、強調していた。(@_@。

* * * * *

 同時に、「私は悪魔ですか?角が生えていますか?」と、少しユー
モアを交えながら、中国側がダライ=ラマ氏が諸悪の根源だと繰り返し
批判していることに、やんわり非難。
 そして「イノセントな(無辜の、何も知らない)中国の人たちが、
私を悪者だと思っているのが哀しい」とも語った。

 彼は中国に表現や報道の自由がないこと、中国の人たちが、政府に
よってコントロールされた情報しか与えられず、誤った認識を持た
されてしまっていることの問題性を提起したかったのだろう。(**)

<このような、表現&報道の自由のコントロールを、少しでも緩和する
方向に持って行くためにも、自由民主主義的な雰囲気を感じてもらう
ためにも、北京五輪の開催は意味があると思うんだけどね。(・・)>   

* * * * *

 でも、繰り返し書いているように、この問題は、決して他人事では
ない。と~っても自由民主主義を享受&謳歌しているように見える
私たちの国・日本でも、だんだん表現の自由や教育の内容に介入する
ようなアブナイ流れが広がっているからだ。(**)

 私たち国民が、早くそれに気付いて、この流れを止めようとしな
ければ、私たちは戦前や今の中国のように、国や特定の思想を持つ
勢力にとって都合のいい情報をたくさん与えられて、都合の悪いもの
はどんどん目に触れることが難しいような状況に導かれてしまう。

 そうなったら、もう本当の民主主義は成り立たなくなる。私たち
には、正しく国政を判断し、コントロールするための材料を得られ
なくなってしまうからだ。(ノ_-。)
 民主主義は、万能ではない。教育や情報を操作されて、一方的な
ものだけを多く与えられたり、それに反することを言えないような
雰囲気を作られたら<いわゆる自粛、自主規制も含めて>、日本は
とんでもなく偏った国になってしまうし。変な話、国民が自分たち
の手で自分たちの自由を奪い、クビを絞めて行くような状況さえ
作ることになってしまうのだ。(-"-;)

* * * * * *

 昨日少し触れた、映画「靖国YASUKUNI」の中心的出演者で
ある刀匠・苅谷氏が、出演シーンの削除を求めているという件だが・・・。
 監督側と刈谷氏側の話が真っ向から対立するような状況になっており、
これから泥仕合が始まるおそれが出て来た。このまま、話がこじれると、
5月からの上映にも支障が出るかも知れない。(-"-;) *2
 
 この件に関しては、後半に詳しく書きたいが・・・。いずれの主張が
本当なのかはわからないけど<いずれも本当なのかも?>、作品はすで
に昨年には完成していたことから、「何故、この時期になって?」と
いう疑問は生じてしまう。(・・)

 そして、両者に共通している話としては、今年2月<奇しくも稲田
朋美議員が、文化庁に試写を求めた頃>、刈谷氏側に周囲から「映画に
問題がある(反日的、政治性があるなど)」との話があって、刈谷夫妻
が大きな困惑を覚えたようだということだ。(-"-)
 この件は、たぶん、この辺りに一番大きな問題があるのではない
かな~と思ったりもしている。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 実は、今、NHKの国際放送に関しても、チョットした問題が起きて
いる。

 この4月からNHKが新しい国際放送の会社を設立したのだが。当初、
民放の放送局も出資&参加する予定だったのが、経営方針などで折り
合わず、参加が見送られているからだ。<出資&収入が不足する分、
急遽、受信料でカバーすることに。これも問題視されている。(・・)>

 この件について、日本民間放送連盟の広瀬道貞会長は4日の定例会見
で、こんな発言をしていた。<毎日新聞5日より>
『「国益中心にやってくれということでは、国策放送。そういうものには
参加できない」と否定的見解を示した。国際放送で「日本の国益を主張
すべきだ」とした古森重隆NHK経営委員長の先月の発言を受けたもの。』
<ちなみに民放連は、映画「靖国」の上映中止に関しても、「健全な民主
主義の実現に逆行する強い懸念を示すコメントを出している。>

 これは、06年に安倍晋三元首相が任命して、色々と物議をかもして
いる古森経営委員長が先月の会議で行なった発言に反発を示したものだ。
 古森氏は、国際放送の番組の基準に「国連憲章の精神を尊重・・・」
と記されていたものを、「国連憲章には敵国条項がある」と変更を指示。
<敵国条項は日本を含めた敗戦国を対象にした条文だとされている。>
 また、海外向けの放送では、中立的立場ではなく、「利害が対立する
問題については、日本(政府)の立場、国益を主張すべきだ」と主張
したりしたからだ。(ーー;) *1

 このブログでも、安倍氏がNHKに慰安婦問題を扱った番組にプチ
介入したこと<コチラ>や、国の命令放送の話<コチラ>、古森氏が
「選挙期間中に歴史ものは慎重に」と要請したり、強引に現NHK会長
を決めたりなどの問題<コチラとか>を扱ったことがあるのだけど。

 ここにも、一部の思想を持つ人たちが、日本において、表現・報道の
自由を少~しずつコントロールしようとしている姿が見えて来るのでは
ないかと思う。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 映画「靖国YASUKUNI」に出演した刀匠の刈谷直治氏が出演
シーンの削除を要求しているという件について・・・More部分にアップ
した報道記事のほか、色々な参考資料を見た。
 その上で、事実関係をまとめてお伝えしたり、私の考えを書いたり
するつもりだったのだけど・・・。残念ながら、今日は、すべてを書き
切る時間がとれそうにない。m(__)m sumimasen

そこで、こちらには、いくつかの参考資料のリンクや、あのニュース
を見た私の雑感を<昨夕、ちょこっと走り書きしたもの>をアップして
おきたい。

 この件に関心のある方は、もしよろしければ、参考資料をご覧頂いて
李監督の主張はどうなのか、刈谷さんの思いはどうだったのかなどを
考える材料にして頂ければと思う。

* 李監督の10日の会見の映像・・・コチラ

* 刈谷氏へのインタビュー(6日)の映像・・・コチラ
(2の最後に、削除要求のメッセージあり)

* 有村治子議員の緊急報告(9日)・・・コチラ

* mewの昨日までの雑感  
 
 実は、私は、この靖国刀の刀匠が、何故、この映画に出たのか不思議
に思っているとこがあった。
 彼は、心から靖国神社を信奉して、自分の仕事にも誇りを抱いている
に違いない。そのような人が、中国人の監督が作り、全面的に靖国賛美
をしているわけではない映画に、何で出たのだろうと思っていたのだ。

 でも、TVやネットで映画の予告編を見て<コチラ>、ちょっと納得
が行ったような気もしていた。
 俗っぽい言葉で言えば、この刀匠が、ひとりの職人として、実にカッ
コよく映っていたからだ。
<私が「職人」なるものに強い憧れを抱いていること。刀は人殺しの
道具だという概念を外してみちたからかも知れないけど。> 
 TVでは、さらに試し斬りなどをするシーンが映っていて、その時には
ギクッとさせられたりもしたのだが。でも、彼が刀を作り上げて行く動作
の一つ一つからは、昔ながらの職人気質、精密さ、またある種の精神性
などが伝わって来て、とても厳かに、そして美しく描かれているように思えた。

 だから、少なくとも、彼が映っている映像を見る限りは、彼も満足
できたのかも知れない・・・と思えた部分もあったのだった。(・・)

 ただし、映画全編を見ていないが、もし彼が戦争で、国を守るため
に他国の者に武器を向けた兵士たちの象徴のように映っていたとしたら
それは心外かも知れない・・・と思ったりもしたけど。
 当然にして、本人は編集された作品を見るか、または企画書などを
見た上で、上映に同意しているものと思い込んでいた。

 それでも、この映画が「反日的」であると週刊誌などに指摘され、
国会議員がアレコレ言動したり、マスコミが騒いだりするようになり
<加えて上映中止の問題も生じて>、果たしてこの刀匠本人は、今、
どんな心境でいるのだろうかと。
 出演したことに関して、周囲から批判を浴びたりすることはないと
いいのだけどと案じたり。でも、それなりの信念の持ち主なのだから、
こんなことで動じたりしないのだろうかと思ったり・・・。
 TV等で作品の映像が映って、彼の姿を見るたびに、何だかそんな
ことを考えたりしていたのだった。(・・)

* * * * *

 そこに「刀匠が出演シーンの削除を要求している」という報道記事
が出て、何とも言えない気持ちになった。
 真っ先に思ったのは、「何故、今になって」ということだったが。

 果たして、刈谷氏は、単に監督の映画の作り方や自分の映像の使われ
方を見て、自分がこの映画に出演することに抵抗を感じたのだろうか?

 それとも、それ以外に、国会議員や関係団体が映画を問題視してアレ
コレ動いたこと、その点でマスコミが取り上げたことも影響したの
だろうか?また、それが起因となって、何か有形無形の圧力や批判を
受けたり、感じたりしたのだろうか?
 反日的、反靖国的だというような騒がれた方をしたことから、自分が
そのような評価を受ける映画に出演したことを後悔したのだろうか?

 そして、もし国会議員やマスコミがこのような動きをしなくとも、上映
直前の4月になってからでも、削除の要求を行なったのだろうか?

・・・何だか色々な思いが巡ってしまったmewであった。(-"-)

  <つづく>           THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ

More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-11 08:26 | 政治・社会一般 | Trackback(17)

映画「靖国」に出演の刀匠が削除要求?+福田がキレた党首討論&日銀人事


最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

*印のついた関連報道記事は、↓Moreの部分に

 東京の桜は、8日の暴風雨で、す~っかり散ってしまった(ノ_-。)
・・・ので、ちょっとデザインも散りパターンに変えてみたですぅ。(・・)
<けど、見づらい感じもするから早々にチェンジするかも?^^;>

 何か気温の変化が激しいせいか、私の周辺では、腹痛またはのどに
来て発熱する風邪が流行っているようだ。<mewもちょっと危なかった>
 小沢氏も昨日は腹痛で朝の役員会を欠席。今日も声が枯れている感じ
で、昨日からおかゆしか食べてないと言ってたし~。<役員会を休んだ
のは、日銀総裁人事でゴネたからってわけでもなさそう?(・・)>
 どうか皆さまもお気をつけて下さいませ。m(__)m

* * * * *

 今回は9日に行なわれた党首討論&日銀総裁人事のことをメインに
書こうと思っているのだけど・・・。

 今朝になって、かなり引っかかるニュースを見つけたので、ちょっと
そのことに触れておきたい。(**)

 あの映画「靖国YASUKUNI」に関して<ようやく5月以降、
各地の映画館での上映が決まりつつあったのに>、また新たな問題が
生じているという。

 同映画の中心的出演者である刀匠の刈谷直治さん(90)夫妻=高知
県在住=から有村治子参院議員(自民、比例)が事情を聴き「刈谷さん
らは出演シーンの削除を希望している」と主張していることが分かった
というのだ。[共同通信9日より 全文*1]

<ちなみに有村議員も、例の日本会議の議員懇談会のメンバー。先日、
国会で同映画への助成費に関して、文化庁を追及し、助成費の返還を
要求していたという報道を見たばかりだった。(ーー;)>

 この映画では、靖国神社で神刀を作っていた刈谷氏の姿が、全編を
つなぐモチーフとされており、出演シーンも多いだけに、それを削除
して再編集するとなれば、映画全体の流れや監督の意図が崩れて、
作品として成立しなくなってしまうおそれもある。(-"-)

 李纓監督(44)は9日、共同通信のインタビューで「出演を納得
してくれていた夫妻を変心させた。」「(削除希望は)信じられない。
どうして政治家がそこまで介入するのか」と反発。

 それに対して、有村氏は、「刈谷さんが困惑している」との情報が
あったため、3月25日、刈谷さん夫妻と電話で話し、削除希望を
聞いたと。また9日夜「(監督の主張を)刈谷さんに電話で確かめた
が、わたしの話で気持ちが変わったことはないということだった。」
と反論しているようだ。

 まだ情報が少ししかないし。刈谷氏の真意もわからないのだけど。
 ただ、どうか日本に今まで以上に、特定の思想を持つ勢力の意に沿わ
ない言動や表現行為が行ないにくくなっている<目に見えるor見えない
形で、批判や圧力を感じるようになっている>雰囲気を、皆さまにも
感じ取って頂きたいと思う。

* * * * *

 昨日も、中国国内のチベット僧が、海外からの取材団に、「チベット
には自由がない」と直訴。取材団の前に幕を広げ「ダライ・ラマ14世
を帰国させろ」「チベット仏教と文化を保護しろ」などと約10分間に
わたって訴えたのだが、彼らは処罰されるおそれが高いという。

 今日は、ダライーラマ14世が、渡米の途中で日本に立ち寄り、会見
を行なう予定があると言われている。昨日も書いたが、米国&今後の
聖火リレーがどうなるのかも気がかりだ。(・・)

 でも、今のアブナイ流れが進めば、日本でも、特定思想に反するもの
は、どんどん排除、抑圧されてしまうおそれがある。(ーー;) 
 
 そして、いわゆる超保守勢力が、堂々と好き勝手なことをやり始めて
いる自民党を、早く政権からおろすためにも、どうか早期の解散選挙&
政権交代のために力を貸して頂きたいと、切に願うmewなのだった。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、9日は、まず日銀総裁人事の衆参での決議が行なわれて、白川
副総裁の総裁昇進が決まったものの、政府が副総裁として提示した渡辺
元財務官の人事は参院で不同意とされてしまった。
<日銀総裁人事に関しては後述したい。>

 そして、この結果を受ける形で、午後から1月以来の福田首相&
民主党・小沢代表の党首討論が行なわれた。

<党首討論をご覧になりたい方は、コチラの衆院TVのビデオライ
ブラリ(4月9日のとこをクリック)に映像があるですぅ。(・・)>

* * * * *

 今回の党首討論では、福田首相が日銀総裁人事で4人めの不同意を
されたことで、不満が爆発したのか、かなり激しい口調も交えて、
国会運営がうまく行かないことに対して、民主党&野党への批判を展開。
 そのために政治イベント的には(?)、思いのほか、オモシロイもの
になったような感じもあるのだけど。<TV報道スタッフも、番組で
使えそうな部分がたくさんあって、ほっとしたかも?(・・)・・・前回が
ツマラなかっただけに尚更に?^^;>

 ただ、それもあって、何だかどちらが首相で、どちらが野党の党首
なのかわからないような感じになった上、肝心な政策論争が成り立た
なくなってしまったように思えた部分もあった。(>_<)
<昨夜のニュースでも、福田首相のキレキレ場面が多く映されており、
小沢氏&民主党の政策論はあまり取り上げられていなかったのは、
ちょっと残念だったりもする。(-"-)>

* * * * *

 そもそも、党首討論というのは、一応、国家基本政策委員会合同審査
会というところで、野党の代表が、内閣総理大臣に質問をするという
形がとられているのだけど。<別名・クェスチョン・タイム>

 小沢氏が、道路特定財源の話からはいったところ、福田首相が「質問
に答える前に、一つぜひおたずねしたい」と日銀副総裁に不同意だった
理由を質問。そこからよ~っぽどストレスが貯まっていたのか、国会
運営などに対する野党の対応への不満、批判がどんどんぶつけるような
形になったのだった。

「民主党や野党は、結論を出すのが遅い」「(民主党の)誰と話をすれ
ば信用できるのか、ぜひ教えて頂きたい。」「(政府与党は)かわい
そうなぐらい苦労しているんですよ」「去年、会談した時の一緒にやら
ないとという気持ちを忘れては困る」などと訴え続け。・・・果ては、
日銀総裁の人事権は政府にあるのに、参院での不同意は「権力の乱用
だ。人事権の乱用だ」と声を荒げる場面もあった。(・o・)

 これに対し、小沢代表は「党首討論はこちらが質問する場なのに」
と笑いながら、全体にわたって、トツトツと諭すように持論を展開。
座席で福田首相の話をきいている時も、しばしば笑みを浮かべる余裕
を見せており、福田首相以上に貫禄が感じられたりもした。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 で、今回は、私の目からは、客観的に見ても、小沢氏の方が分が
よかったかなと思うのだけど。いかがだっただろうか?(**)

<mew的には、小沢氏が民主党の代表になってから(この7日で丸2年)
行なった党首討論の中で、今回がベスト・パフォーマンスだったのでは
ないかと思ったりもしている。>

 というのも・・・、小沢氏は、ガソリン税&道路特定財源などに
関する考えもかなりわかりやすく説明できたと思うし。<ニュースでは
この部分があまり扱われなかったのは、残念。(-"-;)>
 とりあえず、日銀副総裁の不同意に関しても、「大蔵省が(固定的に)
ポストをもって既得権益になっていることが問題だ」とそれなりに理屈
にかなう答えを示せていたからだ。年金問題もそれなりにアピールでき
たのではないだろうか?。(**)

 また小沢氏は、政府与党の人の多くが「直近の参院選で国民が野党を
過半数に選んだことへの認識が違うのではないか」と指摘。「中央集権
の官僚支配」の問題も取り上げていた。
 小沢氏は、ここで、長い間、自民党政権が続いたために、議員&官僚
が、国民の意思よりも、自分たちの権限や利権を優先して来たこと、
それが今起きているいる様々な問題の大きな要因となっていることを
訴え、だからこそ政権交代が必要なのだとアピールしたかったのでは
ないかと思われるのだけど。
 それは当ブログでもよく書いていることであるだけに。個人的には、
と~っても納得行く話であった。(@_@。
 
* * * * *

 最後の方は、福田首相がやたらにまくし立てたこともあって、時間
が押してしまい、中国のチベット問題に関して、十分な議論ができない
まま、タイムアップになってしまったのだけど。

<前も書いたような気がするけど。月に何回も行なうならともかく、
何ヶ月かに一度という場合には、45分の討論では、短か過ぎるのでは
ないだろうか?(・・)>

 どうも小沢氏自身も、今回は出来がよかったと思ったのか、討論後の
会見では、かなり元気&饒舌になっていたように見えた。(・o・)

 他方、福田首相は、会見でも記者団に向かって、ぼやいていた感じ
があったりして・・・。^^;

 私が自民党支持者だったら、自分の国&支持政党のTOPが、どちら
かと言えば、被害者的立場にいるかのような感じで不満を訴えるのは、
何か情けないというか、頼りなく思えてしまう気もするのだけど。

 ただ、福田氏の周辺やマスコミなどでは、今回の討論で、福田氏が
開き直って(吹っ切れて?)、小沢氏との対決姿勢を鮮明にしたと
いう見方をする人が少なくないようだ。(・・)hu~n

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←解散総選挙を目指して、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰で、アピールしたい!(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 ところで、日銀総裁人事の方は、白川副総裁の総裁昇格に、衆参
とも、共産党以外のすべての議員が賛成。ようやく、3月中旬以来、
空席のままだった日銀総裁の椅子に座る人が決まった。(~~)
 これで、G8の中央銀行総裁会議にも間に合ったし、副総裁も
ひとりはいるのだし。とりあえず、めでたしめでたしなのではない
だろうか?(・・)

 ただ、もうひとりの副総裁の方は、民主党が小沢氏の意向を受けて、
渡辺・元財務官の提示に賛同しなかったため、参院で否決、不同意と
なってしまった。(-"-)

 何か、もしかして小沢氏は、党内で誰が裏切るかも見たくて、反対
の意向を示したのかしらん、と思ってしまう部分もあったのだけど。
 参院では、自公のほか国民新党が賛成に回り、民主党の議員では、
3名が賛成。2名が欠席、2名が棄権をしたために、賛成115-
反対121と、かなりきわどい票差となった。<尚、棄権とみなさ
れた1名は、賛成のボタンを押したと言っているらしい。>

 賛成票を投じたのは、渡辺秀央、大江康弘、藤原正司の3氏。
 渡辺氏はもともと自民党議員で、郵政民営化に造反して離党&
衆院選に落選。その後、民主党から参院選に当選した人で、一部では
自民党とのパイプ役(つまり接触がある)と言われた人だ。^^;
 また大江氏は、ガソリン税廃止反対を唱え、自民党の二階総務会長
と共に反対集会に参加しており、あちらからスカウトされていた感じ
もある。<藤原氏は元労組関係者らしいが、よく知らない。>
 
 民主党は造反した3氏の処分を検討するとのこと。他方、FNN
ニュースによれば、昨夜、早速、自民党の伊吹幹事長が、反旗を
翻した民主党の議員らと極秘に会合を開いているのをキャッチした
と報じており。自民党が、参院の議席数を少しでも増やすために
必死な様子も伺えた。(・o・)

* * * * *

 尚、民主党は、衆院の方では造反者が出なかったものの、アンチ
小沢の前原副代表は、カメラの前で「本当は同意したかった。党内
には不満が貯まっている」と明言していたのを見た。

 おそらく党内では、今すぐどうこうしようという議員は少ないと
思うのだが。<早期の解散総選挙が行なわれた場合、党が分裂する
のはよくないし。やっぱ、小沢氏が頼りになる部分もあるし?!>
 ただ、9月の代表選を睨んで、党内では、アンチ小沢派が他の
代表を選ぶべく、水面下で動き出すことに、拍車をかけてしまった
かも知れないと思ったりもする。(-"-;)

* * * * *

 ただ自民党、民主党とも、議員の考え方はバラバラなわけで。早く
同じような考え方を集めるような政界再編を導くためにも、やはり
解散総選挙が必要なのである。(**)
 
 だから、しつこいけど、ともかく早く解散総選挙&政権交代&政界
再編をと・・・ひたすらアピールし続けようと思うmewなのだ。(@@。

                   THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に残るために。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ

More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-10 06:36 | 政治・社会一般 | Trackback(17)

稲田朋美がルール違反の国政調査権の行使?+福田・小沢が背水の陣の勝負

この記事では、主に時事ネタを取り上げたいと思う。

 昨日4日、東京・音羽の鳩山会館で、毎年恒例の観桜会が開かれて、
小沢代表をはじめ民主党の幹部、議員などが出席した。
 菅代表代行が、乾杯の音頭で「この桜のように小沢政権を満開に咲か
せたい」とアピール。何だか、政権交代のために結束を固める場に
したいという雰囲気が伝わって来るような感じがした。(・・)

 自民党vs.民主党(与野党の攻防)については、後半に書きたいと
思うが・・・。
 個々の政策も大事だと思うし。小沢氏や民主党に魅力を感じない人
も少なくないとは思うけど。何より超保守勢力がどんどん実行に移し
始めている復古主義&国粋主義的なアブナイ国づくり計画を阻止する
ためにも、どうか、国民の力で解散風を吹かせて欲しいと、改めて
ここにお願いしたいmewである。(@@。

* * * * *

 幸い、映画「靖国YASUKUNI」は、5月以降、20箇所以上
の映画館で、上映する話が決まったらしい。(~~)yokatta yokatta
ただ映画会社の方は、問題が起きるのを防止するために、4月下旬
までは、映画館の名を公表しないことにしたという。(・・)

 前記事で、大阪市の 劇場で上映が決まったという話を書いたのだけど。
昨夜の「ZERO」(日テレ系報道番組)では、早くもその劇場の周囲に
右翼団体の街宣車が来て、抗議活動をしているシーンが映っていて、ア然
とさせられた。(゚Д゚) <この件は、7日に特集を流すようだ。>
 これだけマスコミや国民の間で問題視されていても、尚、このような
街宣活動を行なうのが、右翼団体なのである。(ーー;) 

 もし日本の超保守系の政治家や団体、識者や財界人が、本当に自分
たちの思想や価値観が正当なものだと考え、国民に理解を得たいと思う
おであれば、まずはこのような行動を行なう右翼団体を批判し、その
取り締まりに力を入れるべきではないだろうか?
 そうしない限りは、一般国民から、超保守勢力と右翼団体はお仲間
であると思われても致し方ないようにも思える。(・・)

<そう言えば、加藤紘一氏の実家が右翼団体構成員に放火された時、
それを「丸焼けになった」と言って笑いのネタにした稲田朋美議員は
論外として、マスコミや他党の政治家、識者などが、このような暴力
は許されないと怒っていたのに、当時の小泉首相も安倍官房長官も、
保守系の議員の多くは、何のコメントも出さなかったのよね。(-"-)>

* * * * *

 そして、やはり映画「靖国YASUKUNI」に関して、もう一つ
ア然とさせられる報道があった。(・o・)
 4日、渡海文科大臣が閣議後の会見の中で、稲田朋美議員が、文化庁
に、国政調査権として同映画の試写を依頼(要求?)したと語ったのだ。

 後述するように、国政調査権は一部の国会議員が、好き勝手に使える
権能ではない。もし稲田氏が本当にそのような形で試写を要求をした
なら、それは憲法&国会法などを無視した権利の乱用に当たるもので、
国会でも問題とされるべきゆゆしき事態だろう。(`´)
 
『ドキュメンタリー映画「靖国」の上映を中止する映画館が相次いだ
問題で、渡海紀三朗文部科学相は4日の閣議後会見で「一部の議員が
国政調査権として(内容の確認を)依頼したようだ。国政調査権は本来
(両議院の)委員会を通じて行使されるのがルールだ」と述べた。この
問題では、自民党の稲田朋美衆院議員が映画の封切り2カ月前の2月
12日、文化庁に内容の確認を申し入れたことが明らかになっている。

 渡海文科相は「(稲田議員は)『あの映画に政治的メッセージがある
にもかかわらず、(文化庁所管の独立行政法人から)助成金が出ているの
では』という疑義があるから見せてほしいとのことだった。特定の依頼に
対し、国の機関が何かをやるのは基本的によくないと思う」と述べた。

 文化庁は申し入れを受けて配給会社に相談し、全国会議員を対象とした
異例の試写会(3月12日)を開催することが決まった。
 国政調査権は憲法に基づく国会の権利で、衆参両院のいずれかの議決で
発動する。行政機関に記録の提出を要求したり、証人喚問をすることなど
ができる。[毎日新聞4月4日]』

* * * * *

 記事にもあるように、国政調査権は、各議院(衆院or参院)の権能と
して憲法に定められたもので、それを行使するには、法律で決められた
ルール&手続きを経なければならない。
 昨年、防衛省不正問題で、守屋前事務次官が参考人招致や証人喚問を
された時も、委員会で採決をして実施を決めているし。今回のように
内閣や官公署等に対し、必要な報告・記録の提出を求める場合も、国会
法の規定によって、各議院の委員会を通じて行なうことになっている。
 決して、国会議員が個人的にor同好の議員で作る団体で、使える権利
ではないのだ。(**)

 でも、私も試写会(3月12日)の前後に「あれ?」って思った記憶
があるのだけど。朝日新聞(3月9日)には、『朝日新聞の取材に稲田
議員は「客観性が問題となっている。議員として見るのは、一つの国政
調査権」と話す』と書かれていたし。TVでも同様のことを言っていた。

 私は、この時、あくまで稲田氏は、一つのたとえとして「国政調査権」
という言葉を使ったと思っていたのだけど。<彼女は弁護士で、司法試験
のために憲法もそれなりに勉強したはずなので、一部の議員だけでその
権利を行使できないことは知っているはずだと思い込んでいた。^^;>
 けど、もし彼女が、本当に文化庁に対して、「国政調査権があるの
だから、映画を試写する権利がある」と言っていたなら<彼女は、助成
金に関する資料も提出させている>、それは憲法&国会法違反の要求に
なってしまう。(`´)

<後半につづく>

~~~~~~~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

senbatsu-koukou-yakyuu de okinawa-shougaku ga yuushou! omedeto~!(*^^)v

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)


~~~~~~~

 っていうか・・・文化庁の役人は、それを疑問に思わなかったのだろ
うか? 国会議員が助成金にクレームをつけて、試写を要求して来たので
ビビっちゃったのだろうか?(・・)

 映画会社が断わったのに、文化庁が主導して試写会を行なったことは、
コチラの記事にも書いたが。朝日新聞(同上)の記事を見ると、その
様子が伝わって来る。

『李監督の事務所と配給・宣伝会社の「アルゴ・ピクチャーズ」(東京)
によると、先月12日、文化庁から「ある議員が内容を問題視している。
事前に見られないか」と問い合わせがあった。マスコミ向け試写会の
日程を伝えたが、議員側の都合がつかないとして、同庁からは「試写
会場を手配するのでDVDかフィルムを貸して欲しい。貸し出し代も
払う」と持ちかけられたという。』

 次の記事に書く予定の「文科省が勝手に、新学習指導要領を書き換え
てしまった問題」もそうだけど。どうやら省庁の役人は、超保守勢力の
要求に弱いらしい。(-"-;)
 何か従わないと、よからぬことが起きるかも知れないという潜在的な
強迫観念でもあるのだろうか?(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日の自民vs.民主党の話の続きになるが・・・。

 政府&自民党は、解散総選挙&自民党分裂を避けるために、知恵を
しぼり始めている。

 日銀総裁人事では、民主党に白川副総裁の昇格を打診。民主党も、
これは了承する意向のようだ。<ただし、後任の副総裁候補になって
いる前財務省財務官の渡辺博史・一橋大教授には、反対意見も?^^;>

 そして、改革派議員が求める、一般財源化の保証に関しては・・・
『福田首相は、道路特定財源を2009年度から一般財源化するとした
自らの提案について、「『骨太の方針2008(経済財政改革の基本
方針)』に盛り込むことを検討していきたい」と述べ、政府の経済財政
諮問会議が夏に取りまとめ、閣議決定する「骨太の方針」に盛り込む
ことで実現をはかる考えを示した』という。<読売新聞4日より>

 昨日も書いたように、自民党内の改革派議員たちの中には、政府や
党が一般財源化を保証しなければ、暫定税率の再可決に賛成できない
という意向を示している者が少なくない。
 福田首相は、上述のような発言をすることによって、自分の提案が
実現されることを確約しようとしているのだろうけど。果たして、
改革派の議員たちがそれで納得するかは、ビミョ~なところだ。(・・)

 というのは、自民党内では、福田政権は、再可決に失敗すれば5月
にも、それに成功しても7月のサミット後には終わりを迎えると考えて
いる人たちが多いようなので、夏に閣議決定をすると言う話では、
実際のところどうなるかわからない、保証されたとは言えないと思う
者が少なくないかも知れないからだ。^^;

 福田首相としては、本当なら再可決前に、閣議決定か党議決定を
できれば一番いいのだろうが、閣僚や党幹部に一般財源化に大反対の
道路族がいるだけに、そう容易には実現できそうにはない。(-"-)

 こちらは、再可決に失敗したら、政権終了の危機に瀕している上、
内閣支持率が30%を切る世論調査もあるだけに、まさに背水の陣
崖っぷち状態にある。(・o・)
 
* * * * *

 他方、民主党の方は、小沢氏を先頭に、ここからひたすら攻勢を
かけるしかない。
 ここからも年金、医療と福田政権を攻撃するネタは尽きないが。
ガソリン税に関して言えば、いかに国民や地方自治体に、暫定税率や
道路特定財源がなくなっても、道路建設や地方財政で大きな損失を
被ることがないか、きちんと説明できるかどうかが鍵になるだろう。

 昨日は、夕刊フジの一面に「小沢・倒閣宣言」の大きな文字が!(・o・)
小沢氏の独占インタビューが掲載されていた。<同紙は競馬欄がなか
なかいいこともあって、思わず買ってしまったさ~。(^^ゞ>

 小沢代表が、ここで積極的に解散総選挙&政権交代のために動いて
いるのには、民主党&小沢代表側の事情もある。

 民主党は、昨年夏に参院選で大勝。その勢いを活かして、早く解散
総選挙に持ち込みたかったものの、なかなかそうはならず。
 当初は、世論調査などを見ても、早期の解散総選挙&政権交代を
望む声が多かったのだが。だんだん、総選挙や政権交代への関心や
期待が薄れて来た感じもあり、あまり総選挙の時期が遅くなるのは
得策ではないように思われる。
 また、もし総選挙で改憲や安保防衛を争点にされた場合は、民主党
内で意見が分かれるおそれが高いだけに、道路財源や年金・医療、
地方格差などが争点にできる時に、政権交代を目指したいという思惑
もあるように思える。

* * * * *

 しかも、小沢代表は昨秋の大連立構想&辞任騒動以来、参院選時の
求心力はかなり低下している。
 そして、小沢代表の任期が切れるため、民主党は9月に代表選を
予定しているのだけど。党内では、反小沢グループや超保守勢力が
ポスト小沢を狙って動き始めており、党内が混乱して、総選挙で力を
結集しにくくなるおそれがある。^^;
 つまり小沢代表にとっては、もしかしたら、9月までがラスト・
チャンスという背水の陣状態かも知れないのだ。(・o・)

 それもあって、自民党の中には、ともかく9月以降までは、何が
あっても解散総選挙を行なうべからずという声があったりもするの
だけど。
 小沢代表にしてみれば、それがわかっているだけに、9月までに
勝負をつけたいという思いがあるように推察されたりもする。(・・)

 そして、しつこく書くけど、ともかくここは「早期の解散総選挙
&政権交代しかない」と。そのためには、小沢民主党の攻勢を支援
しちゃうよ!・・・と思っているmewなのであった。(@_@。

                THANKS     


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠の復帰を目指して。ご支援、よろしくです。 m(__)m
人気blogランキング

にほんブログ村
↑ 1位復帰を目指して アツい応援を、よろしくです。m(__)m

[PR]
by mew-run7 | 2008-04-05 07:46 | 政治・社会一般 | Trackback(11)

小沢民主党が、解散総選挙に向けて本格攻勢+映画「靖国」上映延長のウラで

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。

 昨日は東京はお天気がよくて、桜も満開ピ~ク。まさに↑みたいな
感じだったですぅ。(*_*)

 そして、らんきーブログのぶいっちゃんが、ついに政治ランキングに
戻って来てくれました~。(~~)/okaerinasa~i

 後述するように、民主党&小沢代表もいよいよ勝負を賭けて来そうな
感じがあるし。・・・マジにこの4~7月に、日本を大きく変えるチャ
ンスがあるかもですよ。(@_@。kaisan-kaze wo fukaseyoune!

* * * * *

 メインの話に行く前に、気になった話を書いておきたい。

 今月は、映画「靖国YASUKUNI」の上映中止のニュースから
始まって イヤ~な気分になっていたのだけど。(-"-)
 何と大阪市の映画館「第七芸術劇場」が5月に予定通り上映することを
決めたという。(*)(~~) <この他、京都などでも上映を検討中。>

 でも、名古屋の映画館は、5月に決まっていた上映を延長したという
報道があったので「やっぱ、ダメなのかな~」と思ってたら、お玉おば
さんがTBして下さった記事<コチラ>で、その真相がわかった。(・・)

 詳しくは、その記事をご覧頂きたいが。<必見かも?>当ブログでも
何回も取り上げたことがある超々保守団体の「日本会議」のメンバーが、
映画館を訪ねて、交渉という名の脅しをかけていたというのだ。(ーー゛)

 ちなみに「日本会議」<コチラにwikipedia>は、国会議員とのつな
がりも深く<自民党議員の300名以上が、同会議の議員懇談会のメン
バー。稲田朋美氏もね。(・・)>
 特にポスト福田の次期政権を目指している麻生太郎氏や彼と共に行動
する安倍晋三氏、中川昭一氏、平沼赳夫氏(通称HANAの会)は、
その懇談会の幹部を務めている。(**)dakara nihon ga abunai noyo

* * * * *

靖国神社&日本会議と言えば、同じく日本会議のメンバーで、安倍氏
の盟友でもある衛藤晟一参院議員が、先月27日に、参院文教科学委員会
で渡海文科大臣に、国公立小中学校の靖国神社訪問などを禁じた文部事務
次官通達の失効を確認。
「戦没者追悼の中心的施設の靖国神社に学校として訪問し、わが国の戦没
者追悼のあり方を児童生徒が知る機会を奪われてきたのは、大変な損失
だった」と発言したという。(・o・)(*)

 この件も含め、教育に関する問題は、次回に書きたいと思うのだけど。
超保守派は、公立の小中学校に靖国神社を訪問を(社会科見学とか修学
旅行とかの形で)させるようにすることを考えているらしい。(-"-;)
 
 彼らの問題は、自分たちの考えや信奉するものを、学校教育の中で
子供たちに押し付けようとしたり、自分たちの考えに批判的な人たちは
抑圧、排除しようとするところにある。(**)
<彼らがけなしている中国と同じようなことをしているのよね!^^;>

 そして、このような国&社会にしないためにも、やはり何とか「早く
政権交代をしなければ!」と思うmewなのだった。(@@。

<さらに政界再編して、超保守の人たちには、1箇所に固まってもらい
たいものだ。自民党や民主党などの中に紛れていると、一般国民が
選挙で投票する時に、わかりにくいからね。(・・)>

* * * * *

 あと、3日に横須賀市でタクシー運転手が殺害された事件で、横須賀
基地に所属する米海兵隊員が、神奈川県警に逮捕された。
 私は、コチラにも書いたように、早く日米地位協定を見直すべきだと
考えていたのだけど。<国民新党も早くから主張していた。>
 ようやく野党3党で、地位協定の改定案を出すことになったようだ。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、毎度ながら、前置きが長くなってしまったが・・・。^^;

 民主党&小沢代表が、早期の解散総選挙を目指して、本格的に攻勢
をかけ始めた。(**)
 
 今国会の3点セットDNA(道路特定財源、年金、イージス・Aesis
艦)に加え、日銀総裁人事、在日米軍の思いやり予算など、与党との
対決色を強め、両者の違いを際立たせようとしている感じがある。

 2日には、思いやり予算を定めた日米協定の衆院決議が行なわれた
のだが(コチラの記事参照)、民主党は、米軍の遊興費まで日本が負担
することはないと異論を唱え、初めて反対に回った。(・o・)

 また、ここからは、得意の年金問題で、政府与党を追及する構えで
いる。今月から年金特急便が送付されているのだが。政府は公約した
3月末までに、1/4しか名寄せを完了できず。野党は、舛添厚労大臣
の問責決議案を出すことも考えている。
<現政権にノーさんが、コチラでわかりやすく説明して下さっている
後期高齢者医療制度も、野党側のターゲットになりそうだ。(・・)>

 ガソリン税などの暫定税率&道路特定財源に関しても、国民世論が
分かれているし。後述するように、自民党内でも割れ始めており、
福田政権が予定している通りに、4月末にスンナリ再可決とは行か
ないような感じもある。(ーー)

* * * * *

 でも、最も私の目を引くのは、やはり小沢代表が、3月末から積極
的にオモテに出て、発言し始めたことだろう。(**)
 昨日3日には、みのもんた氏の「朝ズバッ」にナマ出演して、何度も
「(民主党が)政権をとったら」と解散総選挙&政権交代をアピール。
 また、「政府与党は再可決できないのではないか」と自民党をけん制
した。(揺さぶりをかけた?)(・・)
 9日には、国会で、福田首相との2度目の党首討論を行なうことも
決まったという。

 他の発言を見ていても、小沢代表が「ここがチャンスだ」と、強く
感じて、勝負を賭けようとしているのが伝わって来る気がする。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

giants ga youyaku hatsusyouri!! .・・・ ☆mo ☆hitosu dake(-"-;)

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 小沢氏としては、まず4月27日投票の山口2区の衆院補選に大勝
することを考えているだろう。<それまでに、国民世論をできるだけ
民主党側に引き付けることもね。(・・)>
 それで、自民&公明党を揺さぶって、再可決を阻止するor自民党内
や自公を割れさせようとしているのではないかと・・・。
 そして、国民やマスコミからが追い風を吹かせてくれれば、解散
総選挙まで持ち込める可能性があると、考えているのではないかと
思われる。

 小沢氏は、それを考えて、3月初めの日銀総裁人事の件の時から、
福田首相と連絡を絶ち、自民vs.民主、与党vs.野党の対立&攻防と
いう構図を描き出そうとして来たのだと思うし。
 こうして国民が、暫定税率廃止による「ガソリンの値下げ」という
まさに財布に直結する「民主党の存在&政策の結果」を実感する機会
を作り出すことができて、ここぞ政権選択を問う最大のチャンスだと
考えているに違いない。(**)

<コチラの記事にも書いたように、やっぱ歴史的に見ても、政治の
大きな変革は、税金がらみで起きるものだし~。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 小沢氏がここで強気に出る大きな理由の一つには、自民党内が
かつてないほどバラバラで、考えの違うグループ同士の対立が激しく
なっていることがある。<超保守派vs福田陣営なんかもね。(・・)>

 特にガソリン税の暫定税率&道路特定財源に対する考え方には、
もともとかなり大きな違いが見られた上に、福田首相の提案で、
党内が混乱、どんどん対立モードが深くなっており、福田政権が
4月末に予定している再可決もスムーズに行かないおそれが強く
なって来た。

 小沢氏としては、そこにツケ入って、解散総選挙に持ち込むか、
自民党の分裂を誘発したいというう思いがあるのだろう。

* * * * *

 福田首相は、既に決まった政府の予算の財源を確保するために、
ど~してもガソリン税等の暫定税率の復活をさせなければならない。
 そして、1日も早く復活させるためには、<野党の協力を得られ
ない限りは>2月末に衆院を通過した10年延長の法案を衆院で
再可決するしかない。

 そこで福田首相は、3月末に、野党や党内の改革派の理解を得る
ために、ガソリン税等の暫定税率は維持するものの、道路特定財源は
09年度からすべて一般財源化するという提案を発表した。
 しかし、この提案が、党内や内閣にきちんと諮られずに、勝手に(?)
発表されたものだったことから、党内が大混乱することになった。

* * * * *
 
 福田首相を支えるべき立場の閣僚や党幹部には、いわゆる道路族
の議員がいる。それゆえ、福田氏が道路特定財源をなくすという提案
をしたことに反感、不信感を強めている。
 ただ、福田氏が再可決をすると言っていることから、福田氏が首相
をやめたあとで、一般財源化の話は潰せばいいと考え、とりあえず
表面的には、反論をしないでいるのだが・・・。 

 ところが、一般財源化の提案を評価する党内の改革派の議員たちは、
話が潰されるのを警戒して、再可決するに当たって、何か09年度
からの一般財源化を保証するものが欲しいと。そうでなければ、道路
特定財源を10年延長するような法案の再可決には、賛成できないと
<議決に欠席or反対するかもと>言い出したのだ。
 このような議員は、少なくとも20人以上いると言われ、もし彼ら
が欠席or反対したら、再可決の要件である2/3の議席が確保できなく
なってしまう。(・o・)
<公明党の中にも、一般財源化の保証を求める声が出ているらしい。>

 しかも、このような議員に対し、党幹部(たぶんK選対本部長)が、
もし再可決に造反したら、次の衆院選で党の公認を与えないと発言
したという話が出て、ますます改革派の議員たちとの対立モードが
強くなってしまったという。^^;marude koizumi-boukun mitai?

* * * * *

以前の自民党なら、派閥&その長の力が強く、特に若手議員は派閥の
方針に従ったものだが。時代背景や自民党をぶっ壊した小泉首相のお陰
で、若手・中堅議員たちは、そう簡単には言うことをききそうにない。

 特に改革派の議員たちに関しては、以前から、いざとなったら、党を
出て新党を作る計画があるというウワサが絶えない。<小泉チルドレン
は、党内&古賀選対本部長に冷遇されている人が多いので、尚更に?>
 それゆえ、ここで話がこじれれば、本当に党が分裂してしまうおそれ
も出て来る。(・・) sorewa sorede oishii koto nanoyone

 もし福田首相が、ここで再可決に失敗したら、念願のサミット主催を
待たずして、党内から責任を問われ、総辞職せざるを得なくなる可能性
が高いだろう。^^;
 まあ、そうなった場合、素直に辞任する手もあるかも知れないのだけど。
もし福田首相がサミットにこだわったり、「自分の考えが正しい」と思っ
たりすれば、そしてマスコミや国民が、「ここは民意を問うべきだ」と
いう解散風を吹かせれば、解散総選挙に踏み切る可能性が出て来るかも
知れない。(**)

実のところ、小沢氏も切羽詰まっているところはあるのだけど。^^;
 ここから、一度は手を組んで大連立構想を考えた小沢氏vs.福田氏が
お互いに背水の陣を敷いての勝負をすることになる。

 そして、ここは小沢氏も語っていたように、日本に真の民主主義が
根付くためにも、解散総選挙への追い風を吹かせようと思うmewなの
であった。(@@。
 
    <つづく>         THANKS       

  【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠から陥落。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位から急落・・・。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m


More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-04 06:32 | 民主主義、選挙 | Trackback(16)

「靖国」の上映中止・・・誰も悪くないのに(?)、表現行為が抑制される国のアブなさ


【windowsの更新をしたら、また折角の設定変更がもとに戻って、
四苦八苦。 exciteブログも、また仕様に変更あったせいか記事や
TBの送信、編集がうまく行かず。(ノ_-。)
(編集画面に打ったものと、ホンモノの画面が違ってしまうのは、
どうしてなんだ~~~!!!(・o・))
 ・・・というわけで、今日も更新が遅くなってしまいました。m(__)m
このあとリンク付けや編集にも時間がかかるかも知れませんが、
ご容赦を。m(__)m】

最近の記事一覧・・・2月分はコチラ  3月分はコチラ


 前記事<コチラ>のつづきを・・・。映画「靖国YASUKUNI」が
上映予定されていた映画館5館すべて、上映中止になった件について、
マスコミや政界などからも、かなりの反応が出ている。

 ここで注目すべきなのは、み~んなが「上映中止は残念だ」「表現の
自由は守られるべきだ」と言っていることだ。
 で、これらを見て行くと、今回の上映中止は、だ~れも悪くないこと
になってしまうのだ。

 ごく一部の映画館では、実際に上映に抗議する電話を受けたり、街宣
車が近くで抗議活動を行なったりしたというが、他では何の抗議も圧力
もなかったという。
 稲田朋美議員や閣僚や一部の新聞は、試写会は政府がこの映画に助成
金を支出するのが妥当かどうかを判断されるために行われたもので、
<映画の内容や助成費支出には問題があるけど>、映画の公開を中止
する意図はなかったという。
 もし右翼団体にきけば、「いや、自分たちは(他の映画館に)特に
抗議活動を行なう気はなかったよ」と言うかも知れない。^^;

 稲田氏らや、一部メディアの主張をきけば、上映を予定した映画館
が勝手に上映を自粛しただけだということになるのだろう。
 産経新聞に至っては、2日の「主張」(社説)で、『実際に、公的
機関などから上映中止の圧力がかかったり、目に見える形での妨害行為
があったわけではない。映画館側にも事情があろうが、抗議電話くらい
で上映を中止するというのは、あまりにも情けないではないか。』と
まで書いていた。(゚Д゚)

 でも、私は私たちの国・日本が、目に見えない威力、圧力で<その
背後には大きな権力や潜在的な暴力性などの陰が見え隠れしたりして>
一般の国民や企業、団体が、自由な表現行為を自粛するようになる国&
社会になりつつあることを、本当にコワイ&アブナイと感じている。

* * * * *  

 まず、稲田氏&政府の反応をアップしておきたい。

 まず、上映中止のきっかけを作ったと考えられている稲田朋美議員が、
各社の取材に応じて、「上映中止は残念としか言いようがない。映画館
側が自粛する理由は何もない」と発言。
 自分が試写会を要求したことに関しては、「文化庁所管法人の助成金
が支出されたことを週刊誌の報道で知り、『映画を見せてほしい』と
文化庁に求めたが、『公開前に』とか『試写を開いて』などとは言って
ない」「試写会が開かれたのは、文化庁と配給会社の判断だ」と釈明。
 そして、右翼の街宣活動について「そういう勢力が入ってくることは
迷惑だ。街宣活動で表現や政治活動の自由が制限されることは、あって
はならない」と指摘したという。<共同通信1日>

 町村官房長官は1日午後の会見で、「代表の稲田さんは、
言論の自由はしっかり守られるべきであるということも述べているので、
そのことが上映自粛につながったと考えていない。別の事情があって
映画館側が上映を自粛されたものと、聞いている。いろんな嫌がらせや
圧力で、そうした表現の自由にかかわるようなことが左右されることが
不適切であることは言うまでもない」と述べていた。

 また、渡海文科大臣は、1日の閣議後の記者会見で「作品発表の機会
が嫌がらせや圧力でなくなることは残念なこと。あってはならない」と
懸念を表明。同庁としての対応は考えていないとしたうえで「話題に
なったのだから国民の皆さんが見られる機会の提供を民間で考えて
いただければありがたい」と話した。<東京新聞1日>
 しかし、稲田知美議員から事前試写会を求められ、文化庁が映画会社
に斡旋し、国会議員向け試写会が開かれたことについては「最終的には
映画会社の判断。それを斡旋というか判断が難しい」として文化庁の
責任への言及は避けた。<産経新聞1日>

* * * * *

 ここまでの詳細な経緯は、前記事でも書いたが。・・・

 稲田氏は、昨年12月、週刊新潮が「反日的な映画に文化庁所管法人
が750万円の助成費を出した」という週刊誌の記事を見て、問題性を
感じ、当初は文化庁に本人&自身が会長を務める若手議員の団体「伝統
と創造の会」への試写を要求した。
 しかし、映画会社が断ったため、文化庁が斡旋(実質的に主導?)
して、オモテ向きは全国会議員向けの試写会という形を作出。<実際
に出席したのは、稲田氏の関わる会や靖国支持派の会のメンバーを
中心に、議員は40人だけ。秘書などの代理出席が40人>
 そして、稲田ら氏は、「偏向したメッセージや誤った事実がある」
として、文化庁に助成金の取り消しを求めていた。(文化庁は、取り
消しは困難と回答) 
 尚、渡海文科大臣は、14日に試写会の招待状に「協力・文化庁」と
なっていたことに、厳重注意を行なっている。(あくまでも、映画会社
の判断で試写会が行なわれたということになっているので?)

 表面的にはそれだけのことなのだけど。何故か、18日に新宿の映画
館が上映中止を決定。
 28日には稲田氏が、日本外国特派員協会の記者会見で、映画の内容
や助成金支出には具体的にかなり問題点を挙げていたものの、「映画と
しては力作であり、見させる映画だった。映画の公開を問題視するもの
ではないことを強調したい」と発言。
 でも、31日までに上映予定だった映画館4館も中止を決定し、4月
12日に公開予定だった映画「靖国YASUKUNI」は、公開のメド
が立たなくなってしまった。(-"-;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

yatto ☆ga konki hatsu-shouri o agetadesu~(ノ_-。) rakuten wa 5renshou(・o・)

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 あと稲田朋美議員がどういう人かについては、wikipedia<コチラ>や
本人のHP<コチラ>などを参照して頂きたいと思う。

 ちなみに私は、稲田朋美議員とは、国家観に関して考えがほぼ全く
合わないことは言うまでもない!(**)
 でも、国家観云々の前に、06年8月の終戦記念日に加藤紘一議員
の山形の実家が右翼団体構成員に放火された事件があったあと・・・
稲田氏が、保守系のシンポジウムの席上で、靖国参拝反対派の加藤紘一
と対談したが、「対談記事が掲載された15日に、先生の家が丸焼け
になった」と「軽い口調で話し」「約350人の会場は爆笑に包まれた」
(もとは北海道新聞の記事だが、とりあえずwikipediaから引用)と
発言したのを知って、国会議員とか弁護士とかいうレベル以前に、
ひとりの人間として、その人格に問題性を覚えている。(ーー゛)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 もちろん、私は、この件で、稲田朋美議員がこの映画の上映を中止
させる意図で、試写会を行なったという気はない。

 彼女にはあえて右翼団体やウヨ保守系の人を刺激して、抗議活動を
行なわせようという気持ちなど、きっと全くなかったのだろう。
 彼女は善良なる国会議員で、私たち国民の税金750万円も、反日的
と評価され、政治的に中立には見えない映画に支出されたことに、問題
性を感じたからこそ、このような言動をしていたに違いあるまい。
  
 そう。たぶん、グランドプリンスホテル新高輪&日教組の件もそう
だが、一番問題があるのは、右翼団体の存在なのだろう。

* * * * *

 彼らは、他人の迷惑や畏怖観などを考えず(というか、それを与える
ことが目的で?)、暴力的、威圧的な街宣活動や抗議活動を行なう。
 軍隊ちっくに改造した街宣車で乗り付け、拡声器を使って、大きな音
で、軍歌などを鳴らしたり、主張や抗議を行なったり。電話や文書で、
時に脅迫めいた抗議を行なったり。中には、思いがあまって、銃弾を
撃ち込んだり、暴力行為や殺傷行為などを行なう者もいる。(-"-)

 残念ながら、警察(公安含む)は右翼の街宣活動を十分に取り締ま
れない(積極的には取り締まらない?)ため、彼らの活動に迷惑や
畏怖観を与えられる企業、団体、人々はあとを絶たない。

* * * * *

 今回の上映中止に関しても、一部の映画館には、右翼団体から抗議
の電話や街宣活動を受けたようだが。他の映画館は直接、抗議や圧力
は受けていないものの、それを見越して、周辺や利用客に迷惑をかけ
られない、安全確保を考えなければならないということで、自主的に
中止を決めたという。
 日教組の会場使用、宿泊の契約を一方的に解除したグランドプリンス
ホテル新高輪も、同様の理由を述べていた。

<ちなみに、私は、いつも書いているが、世の中には、いろいろな思想
や価値観、宗教、哲学などがあっていいと思っている。<いろいろな
考え方ができない、それを表明できない国である方がアブナイ。> 
 でも、左右問わず、いかなる思想、宗教を有する人&団体&国家
でも、自己の考えを主張したり、それを通すために暴力や威力を用い
ることは、許容できないと考えている。(**)>

* * * * *

 でも、今はわからないが(???)、かつては左翼団体を抑制する
ために、自民党の保守系の政治家や支持団体&企業が、右翼団体や
そこに関わる暴力団などと結びつき、その活動を資金面その他様々な形
で支援。警察も右翼団体の活動を大目に見て来たということがあった。

 そして、また今でも、政治家の言動が、右翼団体が抗議活動を行なう
きっかけや後ろ盾になり得ることも、忘れてはならないのではないかと
思う。

 たとえば、自民党(特に超保守系の政治家たち)は、日教組に対して
かなり強い批判を行なっている。<公の場でもね。>
 自民党は、党のHPに日教組を批判するコーナーを設けているし。
森元首相は、日教組を潰すべきと公言。<それを選挙の公約にしても
いいとまで言っていた。^^;>
 安倍元首相&支持団体が、早く教育基本法&関連法の改正を行なっ
て、国の学校、教師への管理権限を強化したり、の学校教員教員の
免許更新制度&評価制度を設けることにこだわったのは、日教組の
教員のコントロール&抑制するためだと言われている。<これも
当時、党のHPや国会答弁で、「特定の教員団体」という言葉ながら、
その意思を明らかにしていた。(ーー;) >

 今、日本で政権を握っている(政治に関して権力を持っている)
政党やその政治家が、これだけ日教組を敵視&批判していれば、
右翼だって、抗議活動しやすくなるのは確かだろう。(・・)

 今回の映画に関しても、国会議員までもが「反日的」だという言葉
を使って、映画の内容に偏向性がある、一方に偏った(小泉元首相の
靖国参拝の訴訟原告側に偏った・・・ってことは、靖国への首相参拝
に批判的な立場の)メッセージ性があるとか、南京大虐殺などに関し
て誤った事実がはいっていると言っていた。

 そのようなメッセージが外に出れば、仮に右翼団体を刺激する意図
はなかったとしても、彼らがそれに反応し、抗議活動しやすくなって
しまうという実情があることは否定できない。(-"-)

* * * * *

 そして、このことは、政治家はもちろん、メディアも私たち国民も
それこそ政界、社会全体で、みんなで考えなければならないことなの
ではないだろうか?(**)

 もし、これを「結局は誰も悪くない」と放置していれれば、これ
から、もっと目に見えない圧力による、ミョ~な自主規制が増えて、
どんどんと表現行為が抑圧され<それこそ、ブログにも思うような
ことを書けなくなるような事態にも?>、日本は本当にアブナイ国
になってしまうことだろう。
 それを、め~っちゃ危惧しているmewなのだった。(@@。

 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠から陥落。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位から急落・・・。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-02 15:07 | 政治・社会一般 | Trackback(10)

映画「靖国」の上映中止に見る日本のアブナさ+福田政権には、クラ~イ新年度?

最近の記事一覧・・・2月分はコチラ  3月分はコチラ
*のついた報道記事は、文末の↓More部分に


今日から4月だ~。(・o・)mou kotoshi no 1/4 ga sugichatta none

本当は、今日から、チョット気分転換も兼ねて、もう少し春らしい
デザインに変える予定で準備していたのだけど。
 すごくムカつく&マジに日本がアブナイと思うことがあったので、
やめた!(`´)
 
 というのも、映画「靖国YASUKUNI」が、アノ稲田朋美議員
らが開かせた試写会や助成金へのクレームがきっかけになって、上映
が決まっていた5つの映画館すべてが、上映の中止を決めてしまった
からである。(@@。

 2月のプリンス系ホテルが、裁判所の命令や旅館業法に違反してまで
日教組の会場使用&190室もの宿泊の予約の契約を一方的に解除した
件もそうだけど・・・。
 自民党や特に超保守系の政治家などの意向に反するものは、どんどん
排除されたり、抑圧されたりするような、本当にアブナイ&おかしな
流れになっていることを、どうか感じて頂きたい。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 先に、チョットだけ国政の話を・・・。

 福田政権&政府与党にとってもクラ~イ(kurai&cry?)新年度のスター
トになりそうだ。(-_-)
 3月末に、ついにガソリン税などの暫定税率が失効。道路特定財源の
歳入のアテもなくなってしまった。<とりあえず、他の暫定税率に関して
は、2ヶ月延長のつなぎ法案が自公民などの賛成で衆参を通過。>

 福田首相は、昨日31日も会見を開いて、国民生活に混乱をもたらす
ことに関して「政治のツケを国民に回す結果となり、心よりおわび申し
上げる」と陳謝。「ガソリンスタンドや地方財政に支障が生じないよう
必要な措置を関係閣僚に指示した」と、対応策を講じる考えを表明した。
 しかし、同時にガソリン税の維持は必要不可欠であることも強調。
民主党の小沢代表との党首会談を申し入れたいとも語った。<尚、再可決
に関する言及は避けたようだ。・・・会見要旨は*にアップ>

* * * * *

 もう一つ、日本政府にとっては、クライというよりアオくなっている
ことがある。(**)
 実は、在日米軍への思いやり予算(総額2400億円)も、まだ通っ
ていないのだ。民主党&野党が、遊興施設やその人件費の支出などに、
疑問を呈して、徹底審議を求めていたからだ。

 与党は、2日に衆院での採決を決行。参院で可決されなくても、
30日ルールによって5月には、予算&新協定成立になるそうだが。
この間、空白期間が生じてしまい<78年に思いやり予算が始まって
以来だとか^^;>、米軍基地で働く労働者の給与や光熱水料、戦闘機の
訓練移転に関する費用などは、米側が負担することになる&いくつかの
計画が先送りになるそうで、おそらく米軍側は、ウラではさぞ怒って
おられるのではないだろうか?(・o・)
<藪中三十二外務事務次官は31日の記者会見で「日米安保体制の
円滑な運用に不可欠だ」と早期承認の必要性を訴えたそうで。(共同
31日)・・・やっぱ、怒られてるな!(-_-)>

 福田首相は相変わらず、前に米国、後ろに・・・と4月も四面楚歌
状態が続きそうな幹事だ。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、映画「靖国YASUKUNI」の件であるが・・・。

<この件はiiyumeさん(コチラ)やお玉おばさん(コチラ)も取り
上げている。iiyumeさんは居酒屋談義でもブログの記事でも、かなり
激怒してるかも~。(・o・)
 また、アノ稲田朋美議員のことを、先にwikpedia(コチラ)などで
チェックしておいて頂くと、話がわかりやすいかも知れない。(・・)>

 毎日新聞1日は、このように伝えている。

『靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」を
めぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに
上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。

 中国人のリ・イン監督が、10年間にわたり、終戦記念日の靖国神社
などを取材した映画で、軍服姿で参列する人や、台湾や韓国の遺族が
抗議する姿も描いている。今年の香港国際映画祭で最優秀ドキュメン
タリー賞を受賞した。

 映画は文化庁が管轄する「日本芸術文化振興会」から約750万円の
助成を受けていた。週刊誌に「反日的内容」との記事が掲載され、自民
党議員の一部から助成の妥当性を疑問視する声が上がり、全国会議員
を対象とした異例の試写会も開かれた。

 3月18日に東京・新宿のバトル9が上映取りやめを決定。その後、
銀座シネパトス、渋谷Q―AXシネマ、シネマート六本木、シネマート
心斎橋も中止を決めた。銀座シネパトスを経営するヒューマックスシネマ
は「上映中止を求める電話がかかったり、周辺で抗議行動があった。
近隣や他の観客に迷惑がかかるため、中止を決めた」としている。一方、
Q―AXシネマの営業責任者は「具体的な抗議や嫌がらせはないが、
不特定多数の人が集まる施設なので、万が一のことがあってはならない」
と、上映見送りの理由を語った。

 映画を配給するアルゴ・ピクチャーズは「上映中止になったことに
憤りを感じる。言論と表現の自由の危機。大阪市の別の映画館と名古屋
市内の映画館が上映の意向を示しており、都内についても引き続き上映館
を探していく」と話している。
 日本映画監督協会も、「表現の自由が侵されかねない」とする抗議
声明を出した。』

 上述の自民党議員の一部というのが、稲田朋美議員&彼女が会長を
務める「伝統と創造の会」である。(**)

 そして少し補足するなら、この映画は日中合作で、韓国も撮影&
映画祭が助成金で協力。ベルリン国際映画祭をはじめ欧米、アジアなど
の映画祭に招待&参加して評価されており、先週、香港国際映画祭で
最優秀ドキュメンタリー賞を受賞したばかりだった。
 また以前、試写を見た保守系の人などからも、イデオロギー色は
ほとんどない、靖国の歴史や精神を国内外に紹介するのにいいなどの
感想もきかれたという。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

tokyo ni honmono no wangansho open! aoshima-keiji karamo shukudenga(・・)

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 コトの発端は、週刊新潮が、昨年の12月20日号で、「反日映画
『靖国』は『日本の助成金』750万円で作られた」という記事を掲載
したことだったようだ。

 その話を伝え知った稲田朋美議員は、「反日映画」に政府関連機関が
助成金を出すことに疑問を唱え、文化庁に映画の試写を見たいと要求した。

<ちなみに、この映画には、稲田氏自身、昨年の終戦記念日に靖国神社
で決議文を読むシーンなどがはいっていたり、また彼女が弁護士として
担当している「百人斬り訴訟」に関わること(本人いわく誤った事実)なども
取り上げられているそうで、それらも彼女がこの映画にだわった理由かも?>

 映画会社は、個人への試写はできないと拒んだが、稲田氏は文化庁に
要請して、3月12日に、<形式的には>全国会議員を対象にした試写
会を開かせることにこぎつけた。
<文化庁が会場なども用意。試写の招待状にも、「協力・文化庁」と
記されていたため、あとで渡海文科大臣に厳重注意を受けた。*>

* * * * *

 試写会当日は、議員40人、秘書などの代理が40人出席。試写会
後、稲田氏は「偏向したメッセージがある」として、文化庁に助成金
を取り消すようクレームをつけた。<ただし、翌日、文化庁が「取り
消しは困難」と回答。>

 この試写会やクレームのニュースが、TVや新聞などで伝えられた
ことから、上述の記事にあるように、それがきっかけとなって、右翼
団体に動きが出たのだろう。
 
 まず18日に、東京「新宿バルト9」という映画館(&飲食店などの
複合施設)が「問題が起きると、映画館が入居するビルのテナントに
迷惑を掛ける可能性もあり、総合的に判断した」として、上映中止を
発表したのだった。(-"-;) (*) <同映画館は、13日頃から上映
中止を検討したと言っている報道も見た。>

* * * * *

 実は、先週、この件も含め記事を書いたのだけど。アップする前に
過って消してしまい、アウトになってしまったのだけど。(ノ_-。)
 私としては、何とか他の映画館が、ミョ~な圧力に負けて、上映を
中止して欲しくないという願いの言葉で結んでいた。<できれば、
マスコミが、そのようなムードを作ってくれないかな~と期待する
ところもあった。これは表現の自由にも関わる問題だからだ。(**)>

 試写会があってから、いわゆるネットのウヨ保守系の掲示板やブログ
の中に、この映画を問題にするものが見られるようになったのだけど。
 試写を見た保守系の人の中には、ほとんどイデオロギー色がなく、
靖国の歴史や精神、内部などを国内外にPRするのにいいのではないか
という感想を書いていた人もいたし。
 27日には香港映画祭で受賞。28日には、稲田朋美議員が自ら、
「上映の中止を求めていない」と発言した旨の報道もあって、これは
大丈夫かな~と思い始めたところだっただけに。尚更に、昨日の上映
中止の報道にショック&怒りを覚えてしまったところがあった。(ーー;) 

* * * * *

 でも、28日に外国特派員記者クラブで行なわれた稲田朋美議員の
会見というのを<検索で発見したので>見てみたら・・・。
コチラに要旨&映像がある。>

 で、稲田朋美議員が28日に行なった外国特派員協会の会見とやら
を、検索で発見したので見てみたのだけど。<コチラに文&映像あり>

 とりあえず「力作であり、最後まで引き込まれた。日本で公開される
ことになにも問題を感じていない」とは言っているものの、それは、
自分が行なったことが、すでに上映中止に結びついていることの批判を
交わすためのように思われた。
<彼女は「試写について、事前検閲とか表現の自由に対する制約と
言われることは、弁護士出身の議員として心外である」「公開の前に
見せろと要求したことはない」と強調。>

 しかし、助成金については妥当でないと考えていると主張。<中国
の会社の代理店が作っている&監督・スタッフなども中国人で、日本
映画とは言えない&政治的宣伝の意図があるとの理由から。>

 そして、映画の内容に関して、政治的宣伝の意図を示すものとして、
「ある一定のメッセージ性を強く感じる」としたうえで、「クローズ
アップされているのは小泉首相の靖国参拝を訴えた原告の主張である」
との認識を示した。また、「映画はこの百人斬りを事実として報道した
新聞記事を事実として紹介し、『靖国刀匠』をクローズアップして日本
刀で残虐行為を行ったというメッセージを伝えている」とも批判。

 これでは、逆に右翼団体やウヨ保守系の人たちを助長させてしまう
ような感じもした。(ーー;) 

 また、稲田氏がこの会見で、ダライ=ラマと中国の例を出したのには、
驚かされた。
 彼女は「適切な例ではないかもしれないが」と前置きしながらも、
「日本の会社の代理店が映画をつくって、チベットのダライ・ラマの
主張だけの映画をつくった場合、中国から助成金が出たら問題になるの
ではないか」と言ったのだ。(゚Д゚)haa?

   <つづく>        THANKS

 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠から陥落。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位から急落・・・。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m


More
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-01 09:28 | 政治・社会一般 | Trackback(12)