「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍の印象を是正し始めたメデ..
at 2017-06-27 06:32
妙に改憲急ぐ安倍、改憲案を今..
at 2017-06-26 00:43
菅長官に食い下がった女性記者..
at 2017-06-25 13:34
沖縄慰霊の日~翁長が辺野古移..
at 2017-06-25 02:44
前川が会見。キーパーソンは和..
at 2017-06-24 09:47
前川次官、萩生田発言の文書に..
at 2017-06-23 15:11
自民には凶暴男子がいっぱい(..
at 2017-06-23 10:32
文科省、安倍&萩生田発言の文..
at 2017-06-22 07:39
籠池が国策捜査&安倍にだまさ..
at 2017-06-21 08:01
安倍、萩生田の指示を示す文書..
at 2017-06-20 08:29

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米最高裁がトランプ大統領..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自民を潰し都民ファースト..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
災害の世紀・今度は早朝長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園問題、キーパーソ..
from dendrodium
アメリカファーストの影響..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
豊田衆院議員、秘書に暴行
from 虎哲徒然日記
加計学園優先に安倍総理が..
from dendrodium
憲法改正絶対反対・軍隊を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東京ガスの株を買いませんか
from 椿峰のまち
東芝半導体事業の買取先は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28

ブログパーツ

タグ

(1226)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(143)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:鳩山邦夫 ( 32 ) タグの人気記事

稲田が森友の顧問?+次々と出る森友に関わった代議士の名。大物の閣僚の名も浮上か?

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


先週あたりから、次々とと森友学園&籠池理事長と国会議員の関係について様々な情報が出て来るので、ついつい注目してしまうところ。(・・)

 やだ、実は、先週、稲田朋美氏が森友学園の顧問弁護士をしていたという情報がネットを飛び交っていたので、もしそれが本当だったらと、ワクワクしていたしていたとこがあったのだが。<稲田氏は実際、大阪で弁護士をやっていたし。当時は超保守派だった父と夫に感化されて、かなり超保守活動を行なう弁護士に代わっていたところ、安倍首相に代議士スカウトされたという経緯があるので。>

 でも、どうやら「稲田氏の夫」が森友学園の弁護士を務めたことがある、というのが正解だった様子。(顧問かどうかは不明。)
 mewは反日左翼というよりは、半日温泉入浴していたい愛日中道なのだが。「「顧問弁護士だったのは稲田先生の旦那さんの方でした。この場を借りて訂正いたします。お騒がせしました。反日左翼の皆さん、残念でした」という発表を見て、かなりガッカリしてしまったです。_(。。)_

* * * * *

 保守の会なる超保守団体の会長・松山昭彦氏が、15年3月7日に行なわれた「国家再生の集い」に参加して、こんなツイートをしたのがきっかけだったのだけど・・・。

「7 March 2015 ・
 元昭和天皇記念館参事で保守の会顧問の中曽根語良先生主催の「国家再生の集い」が靖国神社で行われました。150名ほどが全国から集まられました。

 大阪の塚本幼稚園の籠池主任の教育勅語で始まり、山口県防府市長の松浦正人市長(全国市長会副会長・教育再生実行会議委員)のご挨拶、元特攻隊員(串良基地から二度出撃)の栗永照彦様の講演、中曽根先生の昭和天皇様のご講和、そして塚本幼稚園の籠池泰典園長のお話、そして締めの言葉は保守の会会長として招かれました私・松山昭彦がさせて頂きました。締めの挨拶は勢いに乗ってしまい「天皇陛下万歳」まで皆様としてしまいました。^^

 建国を祝う会の内田一矢様や出雲の北村様など、多くの皆様との出会いがありました。塚本幼稚園の籠池園長とは今後も連絡を取り合うことにしました。ちなみに国会議員になる前の稲田朋美先生は塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです。驚きました。』<今は削除されている。>

『松山会長も自身のFacebookで「訂正」を投稿。「顧問弁護士だったのは稲田先生の旦那さんの方でした」としている。
「顧問弁護士だったのは稲田先生の旦那さんの方でした。この場を借りて訂正いたします。お騒がせしました。反日左翼の皆さん、残念でした」

稲田防衛相の「旦那さん」が顧問弁護士だったという、新証言だ。稲田防衛相の夫・龍示氏はBuzzFeed Newsの取材に「あるとかないとかを含めて、答えられない」と答えている。

龍示氏は「いろんなところから問い合わせがある」といいつつ、こう話した。
「一般論として弁護士には守秘義務があります。(顧問弁護士だったことが)あるとかないとかも含めてお答えできない(BuzzFeed Japan 17年3月6日)』

* * * * *

 ただ、果たして稲田氏が、籠家氏と会合でチョット顔を合わせただけの関係なのかは、疑問を抱いている。
 稲田氏は、先週の国会でも、塚本幼稚園が教育勅語の素読をするなどの愛国教育を行なうことには、理解を示していたからである。(・・)

 たとえば、先日、籠池氏との関わりについて暴露した鴻池氏も、事務所に20回以上陳情に来たことや13年に籠池夫妻と会ったときに夫人がこんにゃく封筒(現金?)を渡そうとしたので、「無礼者」として投げ返したことなどを会見で語っていたのだが。

 その後、鴻池氏元秘書だった現兵庫県議の黒川治氏(自民)は、籠池氏から「色々相談したい」と鴻池氏の紹介を依頼され、13年8月、神戸市にある鴻池氏の事務所で秘書に取り次ぎを求めたという話が出た。^^;

 鴻池氏は、既に08年に塚本幼稚園に招かれていたようで。昨日、その映像がどこかで流れたのだが。鴻池氏は「園児たちの教育勅語の斉唱を見て泣きそうになった。ここの卒業生、出来たら孫のお嫁さんかお婿さんにお願いしたいと思います」と言ってたとか。
 みんな隠したがっているけど、過去には結構、籠池氏と接触、交流していた人は、結構いるのではないかと思うのである。(ーー゛)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まあ、どこまで本当の話かわからないが、籠池氏の次男は、先週の週刊誌でこんな話をしていたという。

『森友学園理事長長男「関係が深い自民党の先生の名前明かす」
NEWS ポストセブン 3/6(月) 7:00配信

 鴻池祥肇・元防災相が緊急会見で「無礼者! とカネは突き返した」と言えば、安倍晋三・首相は国会で「会ったこともない」と繰り返す。国有地払下げ問題の疑惑拡大とともに森友学園と“親交”があった政治家たちが一斉に手の平を返すなか、「あんなに応援したのに、政治家の先生方の物言いには納得がいきません」と怒る新たな証言者が現われた。

 森友学園が幼稚園児に教えている君が代や軍歌の斉唱も、教育勅語の朗読も、「安倍首相ガンバレ」の激励を含めて、安倍首相の教育観と親和性が高い。だからこそ首相は国会で同学園の籠池泰典・理事長について最初はこう激賞してみせたはずだ。

「いわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね」
「妻から森友学園の先生(籠池氏)の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」

 ところが、森友学園批判が強まると発言を一変させた。

「学校がやってることの詳細はまったく承知していない」
「個人的には一回もお会いした記憶はない」

 さらには森友学園が「安倍晋三記念小学校」の名称で新設する小学校の寄付集めをしていたことについて、首相は何度も断わったと説明したうえで、「教育者の姿勢としていかがなものか」「この方は簡単に引き下がらない。非常にしつこい」と酷評した。こうした首相の“豹変”に怒っているのが籠池氏の長男・佳茂氏だ。

「父は安倍先生の熱狂的な支持者なんです。安倍政権ができた時には、日本という国が本当によくなると本当に喜んでいた。父の気持ちは安倍先生にも伝わっていたと思います。だから父のことを『立派な教育者だと聞いている』と仰った。

 それがいまや安倍先生から、『しつこい』とか、『教育者としていかがなものか』とまで言われ、あれだけ一所懸命応援していた父がどんなにショックを受けているかと思うと黙っていられません」

 佳茂氏は本誌のインタビューに応じ、安倍首相との面会から、日本会議との接点、稲田朋美・防衛相や山谷えり子・元拉致担当相との奇しき縁まで語った。

 ◆安倍先生とお会いしました

──安倍首相は国会で籠池理事長と会ったことがないと説明している。

「父の代理で私が安倍先生とお会いしました。2012年9月の自民党総裁選の時に、安倍先生は大阪で街頭演説をしたあとリーガロイヤルホテルに向かいました。私はホテルのロビーで待っていて、
『籠池です。父の名代としてきました。くれぐれもよろしく伝えてくれと言われています。応援しています』と挨拶して、父の名刺を差し出したのです。

 安倍先生は父の名刺を隣にいた秘書の方に渡されていました。私は確かに父の名代として、ご挨拶をしました。安倍先生が『会ったこともない』と言われるのはどういうことかと。心にぶれがあるからなのでしょうか」
 佳茂氏が「これを見てください」と差し出した名刺には、〈衆議院議員 安倍晋三〉とある。当時は総理退任後で自民党も下野しており、安倍氏は無役の“ヒラ議員”だった時期だ。

──会ったのは1度だけ?

「実は、その前に直接、電話をもらったことがあります。父が安倍先生を幼稚園の講演会にお呼びしていたのが、安倍先生から急にキャンセルになると私の携帯電話にお詫びの連絡が入ったのです。間に入ってくれた人が、父と間違えて私の番号を教えたのではないでしょうか? 『すみません。私は息子です。父のほうに電話をしてください』と、父の番号を伝えました」

──仲介者は誰か。「よくわからないんです」

 佳茂氏は森友学園と安倍首相をつないだ「仲介者」については頑なに口をつぐんだ。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


◆山谷、稲田、中山との関係

──他の議員との関係はどうか。

「大学を卒業して、山谷えり子先生(第2次安倍内閣の拉致問題担当相)の事務所で半年ほどカバン持ちをしました。(落選中だった)山谷先生が自民党から参院選の比例代表に出馬する頃です。日本会議が初めて選挙で推薦したのが山谷先生でしたから、椛島有三・日本会議事務総長に連れられて、東京の事務所で紹介されたのがきっかけです。

 私が事務所に出入りしていたのは半年で、次に東京で連合系の労働組合の職員になりました。父の名代で安倍先生にお会いしたのはその後、大阪に戻って事業を始めた頃です」

 山谷事務所に佳茂氏がスタッフとして関わっていたのか確認すると「事実ではございません」と回答。双方の言い分は食い違っている。

──森友学園の園児が自衛隊員に手作りの品を贈ったことに対して、籠池理事長は稲田朋美・防衛相から感謝状を受けている。

「稲田先生が初めて政界に出馬されたときから、父は応援していました。それなのに、今になって稲田先生が感謝状取り消しも検討すると仰るなんて、ハシゴを外されたという思いはあります」

 稲田事務所は、籠池理事長との関わりについて、「どういった機会に会ったかは定かではありませんが、面識はありました。が、とんでもないことをしつこく言ってくることなどがあり、無視をしていたら、稲田の私邸にFAXや電話を入れるようになったので、お付き合いは10年前に一切やめています」と回答した。

──中山成彬・元文科相は森友学園について、〈園児に教育勅語を斉唱させている幼稚園ということで視察したことがあるが、経営者自身が勅語の精神を理解していないようだ〉とツイッターで批判したが。

「中山成彬さんも講演にいらしたことがあり、その時には、参観して朝礼からみてもらって、どんな教育をしているのか、知っていたはず。応援してくれていた一人だと思っていました。それが、いまでは手のひら返しですから」

 中山氏が語る。

「10年ほど前、1度だけ森友学園の幼稚園に視察に行った。園児がワーワー言っているので、何を言っているのか分からなかったんだけど、それが教育勅語だったと。講演した記憶はないが、理事長が、『自分は一生懸命に(こういう教育を)やっているんだけれど、ここは大阪だから、日教組の小学校に入ると、全然無駄になってしまうんだ』と、そういうことを仰っていたことは記憶しています」

 いくら切り捨てようとも、過去の関係までは“なかったこと”にはできないということだ。

※週刊ポスト2017年3月17日号

* * * * *

 さらに、週刊文春では、バックから安倍首相を強く支援していた故・鳩山邦夫氏の事務所の「参与」扱いになっていた人物(川田裕介・41・経営コンサルトタント?)の話が出ていたのだが。
 この人物は、今週、週刊朝日で、「文春さんに話したのは安倍政権を守りたいから。私が鳩山の名前を出せば、安倍首相に目がいかなくなると思ったからです」「稲田朋美防衛相が大阪のホテルで開いたパーティーの発起人に籠池氏が名を連ねるなど関係があった。しかし、この件は別の大物大臣X氏が関与しているという話がある。鴻池氏が表に出て釈明したのも、X氏を守る防波堤になって幕引きするシナリオがあったのではないかと言われている」などを発言しているとのこと。(・・)
(記事・公開された全文は*1に)

 では、そも大物大臣Xとは、誰のことなのか? 稲田氏とつながりがある、鴻池氏が自分を犠牲にしてでも守ろうとしている大物議員となると、やはりA大臣なのか。<稲田氏とA大臣は、同じ日本会議、創生日本の所属だけど、さほど仲良く感じたことはなかったんだけどね。^^;>

 ・・・というわけで、この森友学園&籠池理事長と政治家のつながりの話は、まだまだ出て来るのではないかと思っているmewなのだった。(@@)

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2017-03-07 16:28 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

補選開始~福岡6区は自民分裂でドロドロ、野党共闘に期待+新潟県知事選は野党候補が猛追

 これは10月11日、2本めの記事です。 

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 新潟県知事選まであと5日。野党候補の米山隆一氏が、自民党系候補を猛追しているという。(@@) 

『森氏やや先行、米山氏猛追 新潟知事選の情勢調査

 16日投開票の新潟県知事選について、朝日新聞社は8、9の両日、電話調査を実施し、取材で得た情報と合わせて情勢を探った。自民、公明が推薦する前長岡市長の森民夫氏(67)がやや先行し、共産、社民、生活の推薦を受けた医師の米山隆一氏(49)が激しく追っている。

 行政書士の後藤浩昌氏(55)と元団体職員の三村誉一氏(70)は厳しい。有権者の4割が投票態度を明らかにしておらず、情勢は変わる可能性がある。

 投票態度を明らかにした人でみると、森氏は自民支持層の8割を固めた。米山氏は、自主投票を決めた民進を離党して立候補したが、民進支持層の7割の支持を得ている。全体の半数を占める無党派層からの支持は拮抗(きっこう)している。

 年代別では森氏が40代を中心に支持を集め、米山氏は60代の支持が厚い。職業別では森氏が事務・技術職層や製造・サービス従事者層、米山氏が主婦層の支持を比較的集めている。

 あわせて実施した世論調査で、争点となっている東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への賛否を尋ねると、「賛成」は20%、「反対」は66%だった。「賛成」と答えた人の8割が森氏を支持し、「反対」と答えた人の支持は森氏と米山氏が分け合っている。

     ◇

 〈調査方法〉 8、9の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、新潟県内の有権者を対象に調査した。有権者がいる世帯と判明した番号は2017件、有効回答は1194人。回答率は59%。(朝日新聞16年10月9日)』

* * * * *

 先月、『原発再稼動が争点の新潟知事選に、野党候補が出馬か&民進党は脱原発の野党共闘を拒むのか』という記事に書いたのだが・・・。

 新潟県の泉田知事は、同県内の柏崎苅羽原発の再稼動に慎重だった(東電の福島原発の事故調査などに不信感を抱いていた)のであるが。急に新潟知事選への出馬をやめることを発表。

 自公は前長岡市長の森民夫氏の擁立を決めた中、共産、社民、生活の3党が民進党に、次期衆院選に出る予定だった米山隆一氏(49)を出馬させるように強く要請。
 しかし民進党は、支持団体である連合内の電力労連が森氏を支援することに決めていたため、党として米山氏を支援できず。米山氏は民進党を離党して、野党3党の推薦で県知事選に出馬することになったのだ。(・・) <尚、民進党は自主投票にすることを決めたので、半分(orそれ以上?)の関係者は、米山氏を応援しているという。^^;>

 野党側は対立候補決定がかなり遅れてしまったため、不利な立場からのスタートになったのだけど。選挙戦が始まってからの反応がかなりいいようで、この1週間でかなり近いところまで追いついているとのこと。
 上の記事の世論調査の結果を見てもわかるように、新潟県民は、柏崎刈羽原発の再稼働に「賛成」20%、「反対」66%なわけで。このことは、近いうちに行なわれるかも知れない衆院選でも、大きな争点&大事な要素になると思うです。(・・)

<ただ、新潟県も景気がよくないので、企業や工場、商売をしている人は、いかにも自民党系の森氏に期待せざるを得ない様子。森氏は原発のことはできるだえ触れず、景気回復をメインに訴えているらしい。>

 ここで野党候補が勝てれば、与野党の攻防という面でも、また脱原発推進の面でもかなり大きな効果があるんだけどな~。ガンバです。o(^-^)o

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、今日11日、福岡6区、東京10区の衆院補選が告示された。(投票日は23日)

 こちらは福岡6区、東京10区とも野党共闘の協議が伴い、民進党の候補が出馬&共産党の候補がおりることになったのだが。
 率直なところ、東京10区は(民進党候補もなかなかいい感じなのだけど)、小池百合子氏の後継者としてアチコチで顔を名を打った若狭勝氏が出馬しているため、かなり優勢な感じなのだが。
 若狭氏は、自民党都連の指示に従わずに小池氏を応援していたわけで。本来なら除名処分になるはずだった人であるだけに、都連の都議、区議の間では不満がくすぶっており、応援に熱がはいらない人も少なからずいるらしい。<でも、当選しちゃいそう?^^;>


* * * * *

 でも、福岡6区の方は、自民党系の候補が2人出馬する保守分裂選挙になったことから、うまく行けば、野党候補にもチャンスがあるかも知れないのだ。(++)

<『麻生vs.菅で分裂選挙に~自民が福岡6区補選で候補者を1本化できず、2人出馬。野党にチャンスが』>

 自民党からは故・鳩山邦夫氏の次男の二郎氏(37)と、福岡県連会長(福岡自民のドンね)・蔵内勇夫氏の長男である謙氏(39)が出馬をど~しても譲らず。自民党本部は、調整を試みたものの、最後はあきらめて「どちらにも公認を出さない。当選した方をあとで公認する」ことに決めたのだ。(・・)

 TVで見たら、何か2人とも、いかにも「ボン」という感じの顔や話し方なのだけど。鳩山氏の方が知名度もあるし、安倍官邸、特に菅官房長官がバックについているので、次々と有名な閣僚や議員を応援に送っているようで、事前の調査ではやや優勢の様子。<ついには、小池百合子氏まで応援に呼んじゃったもんね。^^;>
 
 このような状況を受け、蔵内父は県連会長を辞任。オモテ向きは、公認をとれなかった責任をとるためと言っているが。自分が選挙直前に辞任することで、県連内の蔵内陣営を引き締める狙いがあったのではないかと見られている。<敗北する前に辞めたという見方もあるらしいけど。^^;>

 民進党の新井富美子氏(49)は、元インド・在チェンナイ日本総領事館の職員。(早大卒業後、インドに留学。その流れでインドの総領事館に勤めていたらしい。)
 地元の久留米で生まれ育ったことが大きなウリ。<鳩山くんは東京の御殿育ちだし。蔵内くんは学歴、職歴があれあれという感じで、詐称疑惑も出てるし。>アベノミクスの失敗や地元の中小企業・産業の強化、共生社会などを主に訴えて、自民党の壁を切り崩さんとしている様子。
 民主党代表や幹事長、幹部はもちろん、他の野党の幹部も応援にはいってくれるようだ。o(^-^)o

* * * * *

『衆院ダブル補選 東京10区は都知事選、福岡6区は自民分裂で内紛抱えた異例の選挙戦に

 自民党は11日告示の東京10区と福岡6区の衆院ダブル補欠選挙で、いずれも内紛を抱えた選挙戦となった。野党は民進党に候補者を一本化し、間隙を突きたい考えだ。

 東京10区補選に立候補した自民党公認の若狭勝氏は東京・池袋で第一声を行った。二階俊博幹事長、公明党の井上義久幹事長のほか、7月の東京都知事選で若狭氏の支援を受けた小池百合子都知事も登場。街頭演説で円満ぶりをアピールしたが、党都連には知事選で党の方針に反した若狭氏の支援に不満がくすぶる。

 福岡6区補選は自民党系2人が無所属で立候補し、分裂選挙に突入した。鳩山二郎氏の第一声には、父の邦夫元総務相が主宰していた政策グループ「きさらぎ会」の田村憲久元厚生労働相らが駆け付けた。一方、党福岡県連が公認申請をしていた蔵内謙氏には林芳正元農林水産相らが応援。選対本部長は麻生太郎副総理兼財務相が務める。党が真っ二つに割れた異例の選挙で、どちらが当選した場合でもしこりが残りそうだ。

 民進党は両補選に公認候補を擁立した。東京10区の新人、鈴木庸介氏は蓮舫代表が応援。福岡6区の新人、新井富美子氏には野田佳彦幹事長が駆け付けた。(産経新聞16年10月11日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『福岡6区補選 小池氏来県が引き金に? 自民県連に激震 県連会長突然の辞意表明

 衆院福岡6区補欠選挙の告示を翌日に控えた10日午前、自民党福岡県連に激震が走った。「福岡県政界のドン」と呼ばれる蔵内勇夫県連会長(62)が突然、辞任を表明したのだ。引き金を引いたのは、小池百合子東京都知事が、自民県連とは一線を画し、立候補を表明している鳩山二郎氏(37)の応援演説を行うとの情報だった。(村上智博、中村雅和)

 蔵内氏は当選8回のベテランだ。昨年5月、県連会長になるまで12年間、県議団会長を務めるなど福岡県下で権勢をふるってきた。

 補選では、長男の謙氏(37)を立て、鳩山氏と激しく公認を争う。福岡県議団や自民県連とそろって謙氏の当選を目指す。そこに数日前、小池氏の福岡入りの情報が飛び込んできた。蔵内陣営は慌てた。

 小池氏は都知事選で「都議会のドン」といわれる内田茂都議を敵に回し、都議会の刷新を訴え、圧勝した。その手法は国民の喝采を浴び、東京・築地市場の移転問題では全国的にもメディアの注目を集める。

 こうした首都東京を舞台に小池氏と都議会との間で繰り広げられる主導権争いが、福岡でも炸(さく)裂(れつ)した。

 ■人ごとではない

 鳩山陣営は告示日の直前のタイミングを狙い、小池氏の応援を選挙戦への弾みにしようとした。爆弾のように威力のあるその「発信力」に期待を寄せた。

 蔵内会長の辞任会見から3時間後の同日午後1時半、小池氏は福岡県久留米市で演説を始めた。主催者発表では5000人とのことだったが、見た目は2000人ほどだったろう。それでも押すな押すなの盛況ぶりで、改めて小池氏の人気の高さを印象付けた。

 「二郎さんが公認を取れなかったのは、人ごとではございません。福岡県選出の国会議員で応援するのはお一方だけ。それも人ごとではございません。都知事選とはまあ、図式は似たようなものです」

 自民福岡県連を意識したのか、小池氏がこう皮肉っぽく語ると、聴衆は大きな拍手で応えた。

 ■懸念した事態

 県連側はこの事態を懸念していた。小池氏の来県の報に、蔵内氏が影響力を持つ福岡県連や県議会を敵に回すような発言を持ち出すのではと察し、身構えていた。

 自民党本部の6区の情勢調査では、謙氏側は鳩山氏に大きくリードを許しており、差が縮まらない。しかも、謙氏は党公認が取れず、蔵内会長は保守分裂選挙を避けきれなかった。

 この先、謙氏が劣勢を挽回できれば公認を得られる可能性はあるが、できなければ、選挙戦後、蔵内会長の責任論が浮上しかねなかった。

 確かに、蔵内会長はこの日、会長を辞任することで、謙氏に公認を出さない党本部に抗議した。

 だが、それだけではない。蔵内会長は次期県知事選への出馬もささやかれる。そこで、この先受けるかもしれないダメージの大きさを考えれば、このタイミングで辞意を表明するのが得策だと、判断したもようだ。

 ある県連幹部は「小池さんの演説後、いずれ結果的に辞めでもしたら、蔵内会長は『小池さんに辞めさせられた』ことになりかねない。それだけは避けたかったのだろう」と語った。』(産経新聞16年10月10日)』

 正直を言えば、mewは、ここで野党側が1勝でもできれば「ラッキー」だと思っているのだけど。
 それよりも、仮に3敗したとしても野党側がどこまで自公に迫れるのか、またこの3戦の中で野党側がどこまで共闘体制が作れるのか・・・次の衆院選に向けて、そこが最も重要ではないかと思うし。その辺りをしっかりと見ておきたいmewなのだった。(@@)

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-10-11 15:02 | 民主主義、選挙 | Trackback(2)

追悼・鳩山邦夫氏~40年も議員生活but思い遂げられず。舛添とのライバル関係

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 自民党の鳩山邦夫衆院議員が、昨日22日、67歳の若さで他界した。去年か今年か、何かの映像で見た時に、顔がかなり痩せて黒ずんでいたので、何か内臓の疾患があるのだろうかと案じていたのだが・・・。<公には十二指腸潰瘍と発表されている>
 ご冥福をお祈りしたい。 (兄、由紀夫氏の追悼コメント全文を*1に載せておく)

 
 実はmewは、鳩山邦夫氏(家では邦夫ちゃんと呼んでる)と国家観、憲法観が150度ぐらい合わないのだけど。人間的にも政治家的にも興味深い、何だかとても気になる存在だったので、このブログで取り上げたり、個人的に動きをチェックしたりすることが多かったのだ。

 政治家としては、他の政策では考えが合うことが多かったし。<この人は経済社会政策ではリベラルの面が大きいし。学力の偏差値制度に反対。司法試験の合格者増員などの安易な改革にも反対していたし。09年には、郵政民営化の問題を追及しようとして、麻生首相とやり合ったことも。>
 色々な意味で行動力があって。96年に民主党を結党するに当たっては、邦夫氏の行動力&兄・由紀夫に対するバックアップ、2人の資金力が大きな要素になっていたのも事実だし。<結局、意見が合わず、すぐに党を離れたのだけど。兄のことを考えてか、党を壊そうとはしなかった。>

 また、邦夫氏は昆虫採集(蝶の標本はスゴイ、mewは小さい甲虫好き)、料理、園芸と趣味も共通するものが多い上、(近くにいた人にきいても)エラくなっても気さくで、人を楽しませることが大好きな人だったとのこと。
 それにmewは、前もちょこっと書いたけど、邦夫氏が周囲に大反対されたにもかかわらず(当時はまだハーフは「あいのこ」などと呼ばれ、差別されることも多い時代だったのだ)、自分が一目ぼれしたハーフのタレント・高見エミリーと結婚するという約束、意志を貫いたことも印象深いところがあるし。いくつも党を移って、選挙区も変わったにもかかわらず、13回も衆院選に当選して来たこともスゴイことで。「なかなか、やるな~」と思うところがあったからだと思う。(++)
 
<あと変な話、よくも悪くもめっちゃお金持ちなので、金銭的な利権のために動くことはなくて、自分の思想、意思を通そうとするところがあるのよね。ママから兄弟に違法な形で支援金が行くことはあったけど。^^;>

* * * * *

 たぶん、この人ほど「政界のサラブレッド」という形容がぴったりの人はいないだろう。(・・)

 曾祖父・和夫(政治家・衆議院議長)、曾祖母・春子(共立女子大学創立者)、祖父・一郎(政治家・内閣総理大臣)、祖母・薫(共立女子大学学長、父は貴族院議員寺田栄)、大叔父・秀夫(東京大学法学部教授)、大伯母・カヅ(司法大臣鈴木喜三郎に嫁ぐ)、父・威一郎(外務大臣)、母・安子(ブリヂストン創業者石橋正二郎長女)、叔母・信子(指揮者渡邉暁雄に嫁ぐ)、姉・和子(鳩山友愛塾塾長、工学博士・筑波大学名誉教授井上多門夫人)、兄・由紀夫(政治家・元内閣総理大臣・民主党)<鳩山さんちもスゴイのだけど。母方の石橋さんちもかなり名門&裕福だし。>

 妻・エミリー(元タレント、高見エミリー)邦夫の従兄弟の石橋寛(石橋正二郎の孫)とエミリーの姉・高見理沙との結婚式で見初めて、エミリーが中学2年のときにプロポーズし、17歳で婚約した。エミリーの父はオーストラリア人の貿易商で、母は日本人。

 しかも、かなり頭脳も優秀で、学習院を中等科で辞めて、現・筑波大付属高に進学。東大法学部に現役で合格。
 あとでアップする記事に出て来るけど、あの舛添要一前都知事と同じ学年で、高校の時に福岡にいた舛添氏と模擬試験の成績でTOP争いを繰り広げていたとか、同じ東大法で首席を争ってたとかいう話は今でも語り継がれている。(@@)

 また、『兄の由紀夫元首相によると、邦夫氏は幼稚園の頃から「オーパパ」(=祖父の一郎氏)の後を継ぐと言い、政治家になる夢を語っていたという。(朝日新聞16年6月22日)』 

<昔、一部の良家は、孫が小さい頃「おじいちゃま」とは呼ばせず「大きいパパ、ママ」として「大ババ」「大ママ」って呼ばせていたです。^^;>

 実際、鳩山氏は学生時代にもう田中角栄氏のところを訪ねていたとのこと。田中氏の勧めで、米国に留学した後、76年に衆院選に旧東京8区から28歳で初当選。その後、東京2区→比例東京ブロック→福岡6区と選挙区を変えるも、13回も(約40年もの間)当選を果たして来た。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 他方、政党の方も、無所属→自由民主党→無所属→改革の会→自由改革連合→新進党→旧民主党→民主党→無所属→自由民主党→無所属→自由民主党(無派閥)と移ることになった。(@@)

 自民党では、それこそ「サラブレッド」扱いで、早くから将来の首相候補として名が挙がっていたのだが。邦夫氏は、自分たちが中心になって、自民党に代わる保守リベラル系の政党を作りたいと考えていたようだ。^^;

 それゆえ、邦夫氏は宮沢内閣で文部相として初入閣したのち、93年に自民党を離党。96年に兄の鳩山由紀夫氏らとともに、旧民主党の結党に関わり党の副代表に就任するも、中道左派をどんどん巻き込む拡大をはかる鳩菅路線に反発して離党した。<99年には都知事選に出馬して、石原慎太郎氏にブッチ勝ちされるも、2位を確保。3位が舛添氏だった。(~_~;)>

 2000年に自民党に復党し、文部大臣や労働大臣、法務大臣を歴任。2008年の麻生内閣で総務大臣に就任したが、日本郵政の社長人事などをめぐって麻生総理と意見が合わず、翌年、大臣を辞任。10年には自民党を離党し、その後、第2次安倍内閣成立後に復党した。
 近時は、自分にグループを作って、安倍首相を支援。安倍氏の首相(総裁)任期を2020年まで延長することを提案していた。(-_-)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~  
 
 ところで、舛添都知事の問題が騒がれるようになってからここ2ヶ月間、通算で考えてみると、もしかしたら当ブログでは、この記事が一番読まれていたかも知れない。
<毎日のように「舛添」「鳩山」「模試」「成績」「東大」「首席」などを組み合わせた検索が何十とかもっと、来てたし。(@@)>

 今から6年前、2010年3月22日にアップした『邦夫と舛添~高校・大学、政界では邦夫が先んずるも、果たしてこの後は?』という記事だ。

 今日は、鳩山邦夫氏への追悼と、舛添要一氏への「色々な意味でおつかれさま」の意味を込めて、この記事をアップしておきたい。

* * * * *

<ちなみに前記事『舛添に続き、平沼にも裏切られそうな、いばらの道の鳩山+競馬&お笑い』には、鳩山邦夫氏が自民党を離党した後、同党を離れようとしていた舛添氏らと新党を作ろうと動いていたのに、みんなに裏切られて困っているという話が書かれている。(ノ_-。)>

『前記事に、鳩山邦夫氏と舛添要一氏について書いたのだけど。

 18日の日刊ゲンダイに、この2人について、思わず笑ってしまいたくなるような記事が出ていたのだ。
 で、ネットにその記事がアップされているのを見つけた&近日中にアップする予定の舛添要一氏に関する記事にもチョット関連があるので、ここにアップしておきたい。(・・)

『舛添を激怒させたあの一言 (ゲンダイネット)

●高校時代からの因縁

 結局、舛添にも与謝野にも振られ、たったひとりで離党することになった鳩山邦夫。

 とくに舛添要一は、邦夫のことを「政治家にとって基本は政策だ。新党をつくるとか、誰と組むとか先にやるからおかしくなる!」と、ケチョンケチョン、歯牙にもかけなかった。

 なぜ、舛添はここまで強く連携を拒否したのか。政界では「あの一言がいけなかった」と“珍解説”が飛び交っている。

「与謝野、舛添に連携を呼びかけた鳩山邦夫は、『日本一、頭がいい政治家・与謝野馨、国民の期待度が高い舛添要一』と、語りかけた。舛添は、その一言が許せなかったのではないか、とみられ
ているのです。邦夫と舛添が、東大法の同期生だということはよく知られている。2人は高校時代から、全国模試の上位に名を連ねるライバルだった。もっとも、東大を首席で卒業した邦夫の方が
圧倒的に優秀だった。どうやら、負けず嫌いの舛添は、いまだにそのことを気にしているようなのです。そこに邦夫が、『日本一、頭がいい与謝野馨』と言ったものだから、舛添が『やっぱり邦夫は、オレより自分の方が賢いと思っているのか』とカチンときても不思議ではありません」(永田町事情通)」

 あまりにもバカらしい話だが、かつて鳩山邦夫は、「頭の良さ」をめぐって東大法の後輩である片山さつきの一言に激怒したことがあるという。

「まだ財務省の役人だった片山さつきが『鳩山先生は高校時代、全国模試で1位、1位、3位、1位だったそうですね』と聞くと、邦夫は自慢そうに『そうだ』と答えた。すると片山さつきが
『私は1位、1位、1位、1位でした』と勝ち誇ったように言ったというのです。さすがに邦夫は、あとから『あの女はなんだ!』とカンカンだったといいます」(霞が関関係者)
 こんな連中ばかりでは、自民党が国民からノーを突き付けられるのも当たり前だ。(日刊ゲンダイ2010年3月18日掲載)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


<ちなみに、既にご存知の方も多いと思うけど。片山さつき氏は大蔵省の官僚だった86年に、当時、東大助教授だった舛添要一氏とお見合い結婚をして、89年に離婚している。 片山氏は、90年に実業家である現夫と再婚。舛添氏は、1度目はフランス人女性、2度目が片山氏との結婚。96年に元秘書の女性と3度目の結婚をして、2児を設け、今に至る。>

 鳩山氏は、お坊ちゃまらしく学習院の初等科に入学するも、中等科の時に外部の高校を受験をして、国立のTOPクラス高である東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)に合格。
 舛添要一氏は、地元・福岡県立の進学校・八幡高校に在学していたのだけど。全国模試では、この2人の名がTOPの方に並んでいたのだそうだ。<TOPを争う同士って、高校が違っても、何気にお互いを意識してたりするのよね。^^;>

 まあ、高校や大学のお勉強ができるというのと、ひとりの人間や政治家として賢いor能力があるというのは別の次元の話なのだけど。
 鳩山氏も舛添氏も、自分の頭には、かなり自信やプライドがあるし。結構、負けん気が強い&それなりの努力家であることは、間違いない!(・・)natusukashi no nagai-hu~
<片山さつきちゃんもね。^^;>

* * * * *

 wikipediaには、こんな話も出ていた。

『学生時代から秀才で知られ、高校時代は全国の模試でもトップクラス、大学時代はゴルフ部の活動に明け暮れていたが、専門課程への進学試験を学年1位で通過し、法学部でも記録的な数の「優」を獲得するなど、成績は抜群であったという。邦夫自身は「(みんなが必死の)予備校の模試はともかく、大学の成績なんて自慢にならない」と述べているが、かつて東大をトップで出た父威一郎が邦夫の政治家志望に反対しており、一番なら文句は言わないだろうと大学でも試験前は必死で勉強したという。勉強に関しては兄の由紀夫よりも優秀であり、勉強しなくても東大に入れると言われたほどであった。(母は「兄の由紀夫は勉強しなければ東大に入れ
なかった」と述べたことがある。)』

 ただ、鳩山氏は、曾祖父・和夫氏が衆議院議長、祖父・一郎氏が元首相。父・威一郎氏が外務大臣という政治家一家に生まれ育って、早くから、自分がこの鳩山家の政治家としての系譜継ぐと決意。 大学卒業後に、田中角栄の秘書になって、76年に28歳で衆院選に出馬&当選。<当選は、新自由クからだったけど、自民党に移る。>若い頃には、政界のサラブレッド&将来の首相として
期待されていたし。落選もあったけど、その後も11期当選。

 本人は、それなりの志があってか、無所属や小さな政党にいた時期を何回かはさみつつ、新進党→旧民主党→自由民主党と渡り歩いて来て、出世のコースから外れてしまったところがあった
のだけど。<選挙区もコロコロ変わっているし~。>
 でも、おそらく自分は、アタマも政治家としての能力や実績も、弟より10年遅く衆院議員になった兄・由紀夫氏や、24年もあとに参院議員になった舛添要一氏なんかよりも、ず~っと上だ
という自負があるのではないかな~と思うことがある。^^;

<以前も書いたけど、邦夫氏は、当時、周囲からめっちゃ大反対を受けながら、自分の意思を通して、ハーフのタレントだった高見エミリさんと結婚。 妻や子を本当に大事にして、秘書たちにまで、食事を作ってあげるなど、ある意味では、とってもいい人なのだ。
 ただ、よくも悪くも損得勘定では動かない(こういう計算は苦手?)ことが、時に災いをもたらしているのか・・・政治家としては、周囲から評価されていないし。人望があるとも思われていないのよね~。(~_~;)>

 でも、これまでも、何回か、もう政治生命も終わりかな~と思うようなピンチの時もあったのだけど、何だか知らないうちに復活して、安倍~麻生政権の時は、2年間ずっと閣僚<法務→
地域担当→総務相>をしていたりしたからな~。(・・)

 というわけで、この後に書く舛添要一氏の動きと共に、鳩山邦夫氏の動きも興味深くウォッチしたいと思っているmewなのだった。(@@)』

 残念ながら、鳩山邦夫氏は志半ばで他界してしまったのだが。果たしてライバルの舛添要一氏や兄の鳩山由紀夫氏は、今後、政治の場で何か大きな動きを行なうのか・・・興味深くウォッチしたいと思っているmewなのだった。(@@) 


                    THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2016-06-23 05:29 | 政治・社会一般 | Trackback

小沢Gの合同勉強会スタート&党内で野田、仙谷封じか+邦夫復党、石原新党

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 先週、アップした『小沢が、野田続投に疑問&小沢3グループが
ついに統合へ+石原新党(追記)
 』の続報を・・・。

 ついに小沢一郎氏&同Gが、のろしを上げた。(・・)
 昨日21日、ついに小沢一郎氏の3つのグループが中心になって、
党内の反野田派の議員を結集する形で、合同勉強会がスタート。
 
 設立総会には、106人(衆院82人、参院24人)の国会議員
が出席。さらに、賛同者として名を連ねた議員が現段階で136人
に達しており、党所属議員の3分の1の数を超えたという。(・o・)
<参加者氏名つきの関連記事*1に>

『民主党の小沢一郎元代表は21日、自身が会長を務める新たな
勉強会「新しい政策研究会」を発足させた。同日、国会内で
開かれた設立総会には衆参で3つに分かれる小沢グループを中心に
計106人の国会議員が出席。欠席者も含めた賛同者は136人に
のぼり、党所属議員の3分の1を超えた。

 小沢氏は設立総会のあいさつで「私たちが2年前の総選挙で国民
に約束した政策は、自民党とは発想も内容も異にする政策だった
はずだ。そのことをもう一度思い起こさなければいけない」と述べ、
政権公約(マニフェスト)堅持の重要性を強調。消費税増税に意欲
を示す野田佳彦首相を牽制(けんせい)した。

 勉強会には鳩山由紀夫元首相や樽床伸二幹事長代行のグループに
所属する議員も出席。森裕子文部科学副大臣、三井辨雄政調会長
代理ら政務三役、党幹部も参加した。事務総長に東祥三衆院安全
保障委員長、事務局長に鈴木克昌筆頭副幹事長が就任した。
<産経新聞21日>』

『「われわれが訴えた政策・理念を忘れてしまっては今までの
政権の延長線上でしかない! 何のための政権交代か。民主党
政権とは何なのか!」

 21日午前、国会内の講堂で開かれた新政研設立総会。小沢氏が
こう力を込めると、出席議員は万雷の拍手を送り、「マニフェスト
を堅持しよう!」と気勢を上げた。<産経新聞21日>』

* * * * *

 小沢氏がこの時期に、グループを統合する形で合同勉強会を
立ち上げた最大の目的は、野田陣営が、年内に政府与党で消費税
増税の素案を取りまとめようとしていることに対して、反対派
からのプレッシャーを強め、阻止することにあることは明らか
なのだが・・・。

 mewがこの合同勉強会で最も注目していたのは、果たして、
小沢氏自身が会長になり、完全にオモテに出る形で先頭に立って
会を引っ張って行こうとするのかどうかということだったのだが。
 小沢氏は、しっかりと会長の座につき、設立総会ではマイクを
手にして、強い口調で檄を飛ばす姿が見られた。(・・)

 もう一つ、mewが気になっていたのは、この勉強会に何人の
衆院議員が参加するのかということだ。
 というのも、もし政府が提出した法案や予算に野党が反対した
場合、民主党会派内からあと80人以上の衆院議員が造反すれば、
野田内閣は衆院でそれらを通過させることができなくなるからだ。

 合同勉強会には、昨日の時点で既に82人の衆院議員が出席して
いたとのことで。<賛同者の数を入れれば、もう少し
増えるだろう。>
 この「80人以上」という数が、野田陣営に大きなプレッシャー
を与えることになる。(@@)

 しかも、民主党内では、拙速な消費税増税に疑問を呈している
小沢鋭仁氏と馬淵澄夫氏も、今月9日に、こちらは主に中間派の
議員を結集する形で新しい勉強会を立ち上げており、設立総会には
約40人の議員が出席していたとのこと。<関連記事・『小沢&同G
と馬淵&小沢鋭Gが連携して、野田包囲か?
』>

 鳩山氏や小沢Gの鈴木克昌氏など何人かの議員は、両方の勉強会
に名を連ねているようだが。その分、2つの勉強会が連携しやすい
とも言えるし。
 小沢一郎氏としては、この2つの勉強会+αで、党内の議員の
過半数を集めて党内の主導権を握り、野田首相が抵抗するようで
あれば、「野田おろし」の動きに出ることも考えているのでは
ないかと察する。(・・)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 以前から繰り返し書いていることだが・・・。

 小沢氏は、今、民主党を離党し新党を作ることはほとんど考えて
いないのではないかとmewは思っている。
 もちろん、いざという場合に備えて、新党作りをすることも視野
に入れているとは思うが。新党作りを目指しているかのように
見える動きを行なうのも、野田陣営へのプレッシャーを強めるため
に、「離党カード」なる武器の価値を高めようとする意図があるの
ではないかという感じを受けることがある。^^;

 しかも、今回の場合は、単に「小沢派vs.非小沢派」の権力争い
という図式ではなく、政策論争がメインになり、「09年の民主党
マニフェストを守るため」「09年衆院選の民意に沿った国政を
行なうため」「民主主義を守るため」という大義名分があるだけに、
堂々と野田陣営に真っ向勝負を挑みやすい状況にあるわけで。
 党内の議員や国民の理解も得やすいと考えているのではないか
と察する。(・・)

* * * * * 
 
 また、その背景には、仮に新党を作った場合、一定規模の組織
作りやその選挙準備を行なうには多大な時間や費用、労力を要する
上に、早期に政権をとるための他党&その議員との連立交渉が
容易には進みそうにないことがあるようにも思われる。^^;

 小沢氏は、昨年から、自民党の森喜朗氏や古賀誠氏らの長老派
議員たちと、小沢Gが離党して自民党と連携し、政界再編を起こす
ことを考えていて。
 今年6月には、菅内閣の不信任案決議で造反&離党し、その案を
実行に移そうとしていたものの、鳩山由紀夫氏が翻意したことなど
もあって、結局、実現しないまま終わったのだけど。
 あとからわかったことに、自民党の執行部の大半は、小沢氏と
連携する気はなかったと様子。<彼らは前原&仙石陣営との連携
を考えていた。> また、森氏らもいざという時には自ら離党する
というほどの覚悟はなかったようなので、小沢氏は自民党との
連携案は、既に選択肢から外してしまった可能性がある。(~_~;)

* * * * *

 また、一時は、自民党を離党した鳩山邦夫氏や新党改革の舛添
要一氏らと連携して新党を作るor何らかの形で連立政権を組むと
いう案も出ていたのだが。この話も、いつの間にかきかれなく
なってしまった。

 昨日、何と鳩山邦夫氏が自民党に復党願いを出したという報道
出ていたところを見ると、その路線での連携話は、ほぼ完全に
立ち消えたと見ていいのかも知れない。(~_~;)

『2010年、自民党を離党した鳩山邦夫元総務相が21日午後、自民党
に復党願を提出したことが、FNNの取材で明らかになった。

 復党願は、鳩山氏の代理が自民党本部に提出したもので、提出
理由について周辺は、福岡・久留米市の地元から「年内に復党して
ほしいとの強い要請があった」としている。

 しかし、鳩山氏の復党をめぐっては、自民党福岡県連との調整
のめどが立っていないほか、2010年3月、新党構想を掲げて自民党
を離党した際に「自民党は賞味期限切れだ」などと語ったことなど
から、党内に反発も強く、復党は困難との見方もある。

 さらに鳩山氏の復党願提出をめぐって、自民党福岡県連元会長
の古賀元幹事長が21日午後、谷垣総裁と会談し、復党を認めない
よう強く要請したものとみられる。<FNN21日>』

<ちなみに邦夫ちゃんは、93年に自民党を離党し、96年に
民主党結党に関わったものの、99年には自民党に復党。その後、
10年にまた自民党を離党したわけで。まさか、もう一度、復党
するとは思わなかったのだけど・・・。
 結局、新党の話がうまく進まず、無所属のままでいるので、
もし来年、解散総選挙が行なわれたら、当選する可能性が小さく
なってしまうし。前回の参院選に新党改革から出馬&落選した
長男・太郎くんの今後のこともあるので、自民党に戻った方が
得策だと考えたのかも?^^;>

 ただ、新党改革の舛添要一氏の方は、自民党に戻る気はない
ようで、保守勢力が結集した際に、そちらに参加する意向を示して
いるようだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
  

 また、こちらも昨年から、国民新党の亀井静香氏が保守勢力を
結集しようと考え、民主党の小沢氏や鳩山氏、「た」党などに
積極的に呼びかけているのだが。この話も、現実的&具体的には
なかなか進まず。
 亀井氏は、改めて11月末の会見で、石原新党を立ち上げる
構想を発表し、広く他党の議員や橋下大阪市長などに参加を呼び
かけたものの、周囲からの反応はイマイチで。年内の新党結成
はあきらめたいう。^^;
 
 20日には、亀井氏が石原都知事や「た」党の平沼赳夫氏らと
集まって、新党を作るための準備会合を行なう予定になっていた
のだが。亀井氏は、この会合を欠席したとのこと。
 ただ、来年にも解散総選挙が行なわれる可能性が高まって来た
こともあってか、平沼氏は、会合翌日の会見で、新党旗揚げに
意欲を示す発言を行なっていた。

『たちあがれ日本の平沼赳夫代表は21日、記者会見で、国民新党
の亀井静香代表が提唱する新党構想について「来年は衆院解散が
あるかもしれない。石原慎太郎東京都知事や亀井氏と議論しながら、
解散前に形づくるのが大切だ」と述べ、「保守」を旗印とした新党
旗揚げに意欲を示した。

 また、石原、亀井両氏の政界再編への意欲は変わらないとの認識
を示し、「たちあがれ日本も『政界再編の起爆剤になる』と結党
した。皆さんの力を結集させたい」と強調。亀井氏が当初目指した
年内旗揚げについては「いろいろ反論もあり無理だ」と述べた。

 この後、平沼氏は大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長と都内で
会談。「石原氏は市長を評価している。わが党は知事と行動をとも
にしたい」と述べた。<産経新聞21日>』

<小泉新自由主義をあれだけ批判していた平沼氏まで、橋下氏と
会談したり、石原知事経由とはいえ、同氏との連携を許容したり
するとは。(゚Д゚)「ヒラヌマよ、おまえもか」という感じ。^^;>

 ・・・とはいえ、この石原新党構想がスムーズに実現するとは
思えないところがあるし。
 それに、小沢氏は、石原氏との関係がよくないので、おそらく
石原氏が党首になるような新党には参加しないようにも思える。
 実際、小沢氏はグループの議員たちに、亀井氏の呼びかけに
応じたり、少数単位での離党を考えたりしないように指示をして
いるという。^^;

<ただし、自分が新党を作った場合or自分が民主党の実権を握った
場合には、勢力を拡大するためにor参院の不足分を補うために、
連携することはあり得るだろう。(・・)>

* * * * 

 実は、mewは、小沢氏が民主党に残って、党内で実権を取り戻す
ことを考える理由の一つには、もしかしたら、前原誠治&仙谷由人
氏らだけには、政権与党である民主党の実権を与えたくないという
思いが強いこともあるのではないかと推測したりもしている。(@@)

 特に仙谷氏は、もともと野党時代から、小沢嫌いで知られて
おり、小沢批判を繰り返していたのだが。
 仙谷氏は前原氏らと共に、とりあえず民主党が政権をとるまで
待って、その後に、目の上のタンコブである小沢、鳩山、菅氏の
トロイカ3人を排除し、自分たちが実権を握ることを考え、着々
とそれを実行に移して来たところがある。(~_~;)

 仙谷氏は、今年春頃から「菅、小沢抜き」の自民党との連立政権
を作ろうと画策していたものの、失敗に終わってしまったのだが。
 おそらく彼らが一番望んでいることは、小沢氏らが離党&野田氏
が失脚した後、自分たちが民主党の実権を得た上で、改めて自民党
と連立政権を組み、自分たちの思うような政権運営を行なうこと
なのではないかと思われる。(-"-)
 
* * * * *

 でも、小沢氏にしてみれば、政権交代を実現させたのは自分だと
いう自負が強いだけに、折角、苦労して手にした民主党の政権を、
仙谷氏らに手渡すことだけは阻止したいという思いを抱いたと
しても不思議ではないし。<小沢氏が前原氏の代表選当選を阻止
するために、野田氏に票を回したというウワサまであるほどで。>
 それゆえ、小沢氏は尚更に、離党の道を選ばず、できる限り
党に残ることを考えているのではないかと思う部分がある。(・・)

 小沢氏にしてみれば、そんな仙谷氏らに比べると、野田氏は、
人事面などで小沢氏に配慮をして党内融和をはかろうとしている
分、はるかに可愛く思えるかも知れないのだが。
 ただ、野田首相が、消費税増税などで小沢氏らの要望に配慮せず
強行策をとって来た場合には、先述したように真っ向勝負をかける
ことを考えていると思うし。今回の合同勉強会設立は、その勝負の
準備であると同時に、野田首相への最後通告を行なう意味あいも
あるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-22 07:51 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

救国内閣&保守政権作りに燃える亀井、石原、自民長老のシルバー保守派と鳩山兄弟

これは、今日2つめの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 先週から、毎日のように、小沢派の議員の「菅政権への抵抗」の
動きが伝えられているのだが・・・。

 実は、それと並行する形で、元・自民党の長老政治家を中心に、
いわばシルバー保守勢力の動きも活発になっている。(@@)

 その中心人物のひとりが、国民新党の亀井静香代表だ。
 当ブログでも、今月にはいって、『国民新党&小沢派が連携して、
菅おろし発言で揺さぶりを開始。超党派の救国内閣作りの動きも

亀井が「小沢抜き」「小沢離れ」を鳩山に提案+小沢・鳩山派は
「菅切り」を目指す?
』などの記事をアップしているのだが・・・。
 亀井氏が、残り少ない政治生活の中で、本気で実現したいと
考えていることは、たぶん2つしかない。
 一つは、郵政民営化の見直し法案を成立させて、05年に小泉
元首相が亀井氏らを党から追い出してまでして作った郵政民営化
の法律&システムを潰す(変容させる)ことだ。
 そして、もう一つは、保守政権を作って、憲法改正を実現させる
ことだ。(-"-)

 そして、特に自民党系の保守派議員の場合は、小泉式の郵政
民営化には反対の人が多いので、亀井氏が望むような保守政権さえ
作れれば、上の2つの目標は、同時に実現することが可能になる。^_^;

 それゆえ、今、亀井氏は、アチコチの政治家と会談する機会を
作って、党派を超えた「救国内閣」&保守政権を作ろうと懸命に
呼びかけているのである。(・・)

<亀井氏は、小沢グループや鳩山グループにも協力して欲しいと
思っているのだけど。(人数や資金が必要だしね。^^;)
 ただ、小沢派の議員のように、小沢氏をTOPに置いて、小沢氏
の理念を実現させるための小沢新党を作りたいと思っているわけ
ではない。(~_~;)
 また、自民党の保守派議員が、小沢氏とは組めないと言っている
ため、小沢氏抜きで(鳩山兄弟は入れて?)救国内閣&保守連合を
作ることも考えている。(-_-)>

* * * * *

 亀井氏は、1月末には、民主党の鳩山前首相と自民党の森元首相
と会談して、「菅、小沢抜きの救国内閣」を提唱していたのだが。

<今月5日には、小沢一郎氏とも会っているんだけどね。^^;>
 
 先週14日には、都内の料理屋で、石原都知事、自民党の古賀
元幹事長、野中元幹事長と会談したという。

『国民新党の亀井静香代表、東京都の石原慎太郎知事、自民党の
古賀誠元幹事長が14日夜、東京都内の日本料理屋で会談した。
野中広務元自民党幹事長も同席した。亀井氏が提唱している在野や
各党の人材を閣僚に起用する「救国内閣」について意見交換したと
みられる。亀井氏は会談後、記者団に対し「日本をどうするのかと
いう話だ」と語った。<毎日新聞15日>』

<森元首相は言うに及ばず。古賀氏も野中氏も、あの自民党の
幹事長を務めていただけあって、かなりの長老タヌキだ。^^;>

* * * * *

 このことは、近日中に別の記事で書く予定なのだが。
 石原都知事が、4月の知事選に出馬しない意向を固めたという
報道をご覧になった方も少なくないだろう。(*^^)v yattane

 石原氏が都知事を退こうと思った理由として「既に3期12年
を務め、前回、『最後のご奉公』と言って出馬したこと」「都政
に関して、あまり実現したい政策がないこと」「民主党が都議会
の第一党になったので、思うように行かなくなったこと」などが
挙げられているのだが・・・。

 どうやら石原氏も、80歳近くなったこともあってか、最後に、
もう一度、何らかの形で国政に携わって、保守政治を実現する
機会を持ちたいと考えているようなのだ。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 実際、昨日、石原氏に関して、こんな記事が出ていた。

『「こういう体たらくな国は世界にないね。いったい、これから先、
私たちが築いてきたこの日本はどうなるのか」と国家への憂いを
口にすることも増えていった。

 しかし、昨年4月には国家への憂いを形にするとして、平沼赳夫
元経済産業相らが設立した新党「たちあがれ日本」の結成に携わる。
憲法改正と消費税改革を実現するため、新たな政治の流れ(第三極)
を目指す発言を繰り返すようになっていく。

 最近では、国民新党の亀井静香代表らと「救国内閣」の実現に
ついて意見を交わすことも多い。亀井代表は「自民党や公明党、
民間人を含めた救国内閣を作るべきだが、菅首相にはその度胸は
ない」と主張する。この「民間人」とは、都知事を辞めた後の石原
知事を指すともいわれている。<産経新聞23日>』

* * * * *

 石原氏と亀井氏は、古くからの超保守仲間で、まさに盟友関係に
あって。以前からずっと、定期的に会ったり、お互いに選挙の応援
をし合ったりする仲なのだけど。

 去年の11月には、石原氏が会見でこんなことを言っていた
ことがあった。

『東京都の石原慎太郎知事は26日の定例会見で、来年度の子ども
手当について、地方負担を求める姿勢の民主党を批判し、「今の
政権もそう長くない。中には国民新党を抱き込んで、亀井静香を
総理にするって話もある。
 面白いね。ろくな奴いないもん。亀井がんばれ、亀井。本気に
なれ」と語った。<産経新聞10年11月26日>』

<「た」党の平沼赳夫氏も、亀井氏を首相にしてもいいと言って
いるのよね。^^;> 

 そして、亀井氏の方はと言えば、今月23日の会見で、こんな話
をしたという。

『国民新党の亀井静香代表は23日の記者会見で、次期東京都知事
選に不出馬の意向を固めた石原慎太郎都知事に対し、「いつまでも
田舎大名をやっているんじゃない」とアドバイスしたことを明らか
にした。亀井氏が提唱する超党派の「救国内閣」設立へ向け、参加
を求める狙いがある。<産経新聞23日>』 

 つまり、既に自民党を離党している亀井氏、石原氏、平沼氏と
「た」党の議員に、自民党では活躍の場がなくなっている森氏や
古賀氏(背後から野中氏も?)が中心になって、憂国ロマンの
シルバー救国内閣を作ろうとしているのである。(-"-)

* * * * *

 ちなみに、mewは、高齢の人が国会他の議員になるor続ける
こと自体は、全く構わないと思っている。
<日本国民の年齢構造を考えれば、高齢者の実情が理解&実感
できるような議員がいた方が、むしろ、いいかも。>

 高齢でも、きちんと議員の仕事をこなせるなら&選挙民に選ば
れる限りは、議員の職につく権利があると思うし。また、その
人生&政治家生活で得た貴重な経験や知恵を、国政や自治体の政治
に活かしてくれるといいな~と願っているところもある。(・・)

<超保守派の長老の場合は、戦前や戦中の体験や考え方を、mew
の望むものとは別の方向で活かそうとするのが、困りものなの
だけど。^^;>

 ただ、ここから登場する読売新聞の渡辺恒雄氏も含めて、よく
言えば、国を憂いて、何とかしたいと思っているかも知れないの
だけど。悪く言えば、これまでなかなか実現できなかった思いや
夢を引きずって、自己満足のために、最後の自己実現を行なおうと
しているように見えるところもあって、「何だかな~」と思って
しまうところもある。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 そして、先述のように、亀井氏らは、ここに鳩山兄弟を取り
込みたいと考えている節があるのだ。(・・)

 鳩山邦夫氏は、もともと自民党や民主党の保守派議員を集めて、
保守連合を作ることを提唱していただけに、この亀井氏の「救国
内閣」&保守政権作りにも、かなり積極的に関与しようとして
いるところがある。^^;
<自分も、今は行き場がないし。昨年、参院選で落選した息子を
きちんと預ける政党が欲しいという気持ちもあるかも?(~_~;)>

 邦夫氏は、亀井氏と保守新党を作る相談もしており、民主党内の
議員のスカウト(?)活動を始めているようだ。(@@)

『鳩山邦夫元総務相は17日夜、都内で民主党議員9人と会食した。
参会合には衆院当選1回の中林美恵子(神奈川1区)、中野渡詔子
(比例東北)2氏のほか、小林正枝氏(比例東海)など17日に
民主党会派の離脱願を提出した小沢一郎元代表を支持する議員も
参加していたという。

 参加した議員によると、鳩山氏は「せっかく国会議員になった
のだから、そのバッジを大切にすべきだ」と菅直人政権と距離を
置くことを説き、「民主党と心中することはない」などと離党を
促したとも受けとめられるアドバイスをしたという。

 会合には鳩山氏の側近、自民党の河井克行衆院議員が同席した。
今後も定期的に開催することも確認した。

 また、鳩山氏はこれに先だって国民新党の亀井静香代表とも
会談。亀井氏が「自民党や公明党、民間人の『救国内閣』を作る
べきだが、菅首相にはその度胸はないだろう」と述べたのに対し、
鳩山氏は「保守新党でも作るか」と応じたという。<産経18日>』

『鳩山邦夫元総務相(無所属)は23日夜、都内の中華料理店で
、民主党の牧義夫衆院厚生労働委員長や小泉俊明国土交通政務官ら
親しい民主党中堅議員数人と会談した。出席者によれば、鳩山氏は
「民主党とも小沢一郎(元代表)とも、心中する必要はない。国会
議員を立派に続けろ」と話し、民主党内の内紛とは一線を画すよう
アドバイスしたという。<産経新聞23日>』

『鳩山邦夫元総務相(無所属)は23日夜、都内の中国料理店で
民主党の中堅・若手議員8人に「俺が受け皿になってやるよ。新党
を作るのなら1年くらい面倒を見てやってもいいぞ」と語りかけた。
誘い文句に、内部崩壊で翻弄される民主党議員たちは無言になった
という。<産経新聞23日>』<きゃ~、太っぱら~。(・o・)>

* * * * *

 そして、鳩山由紀夫氏はと言えば・・・。
 民主党内では、小沢支持派の中心になって、小沢氏の擁護&
菅批判を展開し続けているのだけど。

 近時は、上述のように亀井氏や森氏と会談したり、外でも色々な
人に会うケースが増えている。(@@)

 9日には、安倍元首相、10日には福田、森元首相と、日印
サミットへの協力を要請するために会談。<首相経験者は引退しろ
と言いながら、元・首相同士ののパイプを強化?^^;>

 そして、何と14日には、それこそ大連立or保守連合作りと
憲法改正がライフ・ワークになっている読売新聞の渡辺恒雄氏と
会談を行なったことが、時事通信で伝えられていた。(・・)

 果たして、鳩山由紀夫氏は、自分がオーナーだと思っている
民主党を死守するのか、それとも恩人だと思っている小沢氏を行動
を共にするのか、それとも小沢氏抜きでも、救国内閣&保守政権を
作ることに協力するのか。
 由紀夫ちゃんの行動を読むのは、本当に難しいのだけど。<たぶん、
本人も、次の週のことは、もうわからないかも?^^;>

 いずれにせよ、亀井氏、石原氏、平沼氏や自民党長老が並んで
いるような救国内閣&超保守政権ができたら、「日本がアブナイ!」
どころか「日本もおしまいだ!」と思うmewなのだった。(@@)

                    THANKS




【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2011-02-24 15:51 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

左翼、ボロ屋の菅政権は倒れない?&政界再編の動き+菅の雇用政策&忘年会+東京大賞典

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

昨日は、大井競馬場で東京大賞典が行なわれて、JBCに続き
スマートファルコンwith武豊騎手が逃げ切って、優勝した。(*^^)v
南関&地方代表で期待されたフリオ-ソは、2着に終わった。(-"-)
 3着には、JCダートで4位になった3歳のバーディX2が。
来年のダート重賞で注目しておきたい一頭だ。(・・)

 何と優勝タイムは、ダ2000mで、2分00秒4。これは、
従来の大井レコード(アジュディミツオー・2分02秒1)を2秒
近く上回るもので、JRAも含め日本レコードである。(・o・)

 ただ、昨日の大井は、意図的なのか、もしかして凍結剤などが
まかれた影響があったのか、好天・良馬場だったにもかかわらず、
砂煙がほとんど上がらない硬い馬場になっていて。他のレースでも、
勝ち馬は自己新を1~2秒短縮する速いタイムが続出。(大賞典は
7位まで2分2秒台。最終RはB2・12で1分11秒0だし。>
 正直を言えば、mew的には、馬場の作り方にチョット疑問を
抱くようなところもあった。<馬の脚にも負担になるしね~。(-"-)>

 武ファルコンは、外枠ながら、スタート直後から飛び出し、
内側で抜け出していた戸崎フリオーソを外から被せて、ハナを
主張し、そのまま、かなり速いペースで逃げ切り体制に。
 何と、最初の5Fが、12.2- 11.1- 11.5- 12.2- 11.9。(゚Д゚)。
さらに、3~4コーナーで、もう1度11秒台に上げて、何とか
ついて行こうとするフリオーソを完全に振り切る、強~い走りを
見せた。(**)

 ユタカは、今年、落馬骨折で休養した上に、復帰後は、乗り馬に
もあまり恵まれず。中央GIもJCは繰り上がりの優勝だし、有馬
は、優勝のチャンスのあったRキングダムが出走を回避したので、
かなり鬱憤が溜まっていたのか。昨日は、大井恒例の「We are the
Champion (by Queen)」の曲に乗って、何度もガッツポーズを
見せながら、ウィニングランを。優勝インタビューでも、かなり
嬉しそうな&饒舌になっていた感じだった。
 
 戸崎騎手は、3~4コーナーでついて行けばと悔やんでいた
そうだが。mewは、そもそも戸崎が1コーナーで、簡単にハナを
譲ったことにも、「う~ん」と思うところが。<もしエスポくんが
出ていたら、もっと面白かったのにね~。>
 フリオーソも2分00秒7で走っているのだから、彼なりには
かなり頑張ったのかも知れないのだけど。南関ファンとしては、
何とか大賞典を勝たせてあげたかったですぅ。(・・)
<セレンが故障で出場できなかったのも残念だったけど。来年も
この2頭&ボンちゃんに頑張って欲しい。> 

* * * * *

 昨日は好天に恵まれ、暖かかったお陰で、かなり入場者が
はいって喜んでいたのだけど。入場人員は3万1589人
で、昨年比96・8%だったとか。^^;
 でも、東京大賞典の売り上げは19億6175万9400円。
前年比104・6%と微増したとのことで、年末のチョット
いい話になった。(~~)

 実は、この年末は、近親者に傷病人などが出たため、病院の
送り迎えなどで、mewとしては珍しく<今年初?)タクシーに
乗る機会が何度かあったのだけど。<今年1日3回乗ったうち、
2回は女性の運転手だったという珍しいこともあった。(・・)>

 景気の変動に最も敏感なタクシーの運転手さんたちも、今年の
年末は、「昨年に比べて、よくなっている」「底打ちは終わった
という感じがある」「近距離でも気軽にタクシーを使う人、投資
の話をする人が増えて来た(これらは、いい傾向)」とのこと。
<ただし、まだ警戒感は残っているかもという人も。>
 
 まあ、日本が頑張っても、米国が風邪を引いたままだと、
なかなか経済全体が上昇しないところはあるのだけど。
 何とか来年は景気が回復して、国民の生活はもちろん、
株式その他の投資の世界も、競馬やスポーツの世界も、明るい
展望が開けるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さてさて、政治の話になるのだが・・・。

 29日に、民主党との連立に失敗した、たちあがれ日本の共同
代表の与謝野馨氏が、鳩山邦夫氏と会ったという。

『与謝野、鳩山両氏が会談したのは都内の与謝野氏の事務所だった。
将来の政界再編をにらむ両氏だが、路線の違いは徐々に表面化して
いる。

 会談で与謝野氏は、27日に破談となった民主党とたちあがれ
日本の連立について経緯を説明。「平沼(赳夫代表)も連立入り
にOKと言ったんだが、断ってしまった。だからこの話はもう
ない」と打ち明けたが、なお自民党を含む大連立への未練を残す。

 一方、鳩山氏は「今の政権は左翼政権だ」と断じ、協力には首相
交代が条件だとの考えを強調した。鳩山氏は兄の鳩山由紀夫前首相
とも連携を強めるとともに保守色の強い民主党議員と親交を重ねる。
28日夜には小沢氏に近く、保守色の強い民主党の松原仁、小宮山
泰子両衆院議員らと会合した。つまり目指すは「平成の保守合同」
なのだ。

 ただ、両氏で意見が一致したことがあった。鳩山氏が「菅さんは
案外粘り腰かもしれない」とつぶやくと与謝野氏はこう応じた。

「きれいなビルが突然崩れることはあるが、ボロボロのボロ屋は
案外倒れないもんだ…」<産経新聞29日>』

* * * * *

 先日『村木が国&検察官を提訴+民主と「た」党の連立話が破談
に。
』という記事にも書いたのだけど。

 まあ、mewは、「た」党との連立は大反対だったから、平沼氏
が翻意してくれて、本当によかったと思っているのだけど。

 やっぱ、平沼赳夫氏は、一度は民主党との協議で、連立や入閣
要請を了承する姿勢を見せながら、おそらくは周囲の超保守派の
議員の批判をおそれて、方針を転換。自分は連立協議とは関係ない
ような顔をして、連立は組めないなんて会見を行なっていたわけ
で。<関連記事*1>
 平沼氏がずっと面倒を見ていた平沼グループの議員がなかなか
「た」党にはいって来ないところを見ても、近時色々とぶれを
見せていることが、信用を失う要因になっているのかもな~と
思うとこがあった。(・・)
そして、おそらく与謝野氏も、「たちあがれ日本の仲間から
もう学ぶことはない」と言っているように、「た」党を離れる
日が近いように思われる。

 また、鳩山邦夫氏は、相変わらず、菅政権を「左翼政権」だと
批判しているのだが。
 実は、鳩山由紀夫氏も、小沢一郎氏も、邦夫氏ほどではないに
せよ、もともと保守派であることは事実だし。由紀夫氏も、菅氏
が左派寄りであることは、あまり快く思っていないし。小沢氏も
含め、保守合同に、大きな関心を抱いているのも事実だ。(~_~;)
<関連記事*1>

* * * * *

 10月に鳩山兄弟が会談をした時にも、邦夫氏はこんな話を
していた。
『鳩山邦夫元総務相は20日、菅内閣や民主党の現状について、
「今や左翼政党じゃないか。今の政治は閉塞(へいそく)感が
強すぎる」と批判した。兄の由紀夫前首相らとの都内での会合後、
記者団に語った。

 邦夫氏は、「(自分は民主党の)創業者の1人だ。兄が首相の
時はよかったし、小沢(一郎)さんが代表の時はよかったが、今や
もう、左翼政党じゃないか。皆さんが問題を感じている」と述べた。
さらに、「民主党は左(革新)と右(保守)が極端に分かれている
から、本来、たもとを分かってしかるべきだ」とも語った。
<産経新聞10月20日>』

 その後、鳩山兄弟、小沢氏、舛添氏が会談した時も、民主党を
分けて、保守勢力を結集し、政界再編を行なう話が出たことは
間違いないだろう。(・・)
<『大連立を熱望する森、ナベツネが動き、小沢・鳩山兄弟らも
分党&政界再編の相談か
。』参照>

 ただ、問題は、鳩山・小沢派、非小沢派のどちらが、民主党を
出て行くのか、それとも同党に残って、民主党という全国組織の
ある大政党を活用するのかという話なわけで・・・。(@@)
 この騒動は、来年も続くことになるだろうし。また、追々、
書いて行きたいと思う。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

他方、菅首相の方はと言えば・・・

 景気が底は打った(かも知れない)とはいえ、この年末も、
まだまだ経済&生活的に厳しい状況にある人たちが、少なくない
のが実情で。

 菅首相は、29日に厚労大臣に失業などで住まいを失った生活
困窮者への年末年始の対応について指示をしたという。

『菅直人首相は29日、首相公邸で細川律夫厚生労働相に会い、
年越しを控えた失業者や住まいがない生活困窮者対策について
「自治体と協力して支援をさらにしっかりやるように」と指示した。
政府は休日の29、30両日もハローワーク(公共職業安定所)
を開いて職業や住まいに関する相談を受け付けている。首相は
「年末年始にかけて、きちっと対応できるように注視してほしい」
と求めた。<日経29日>』

 今年は、年末での失業者の急増や派遣切りは見られないとの
ことで、菅氏も関与していた「年越し派遣村」などは開かない
ようなのだが。その分、ハローワークが住居に困窮している人の
相談にも乗るシステムにしたとのこと。
 
 以前も書いたが、菅氏は、若手議員の時から、雇用労働問題に
はかなり力を入れていて、9月の代表選でも、1に雇用、2に
雇用とアピールしたのだし。
 今年の秋は、外交問題でバタバタ&国会運営に四苦八苦して、
なかなか雇用・経済問題まで手が回らない感じもあったのだが。
 折角、首相になった&いつ辞任するかわからない状況なのだから、
せめて、この雇用の問題(人数、職種の増加&創出、介護などの
雇用条件の向上)は、しっかり取り組んで欲しいと思うmew
なのだった。(**)

* * * * *

 そして、菅首相は新年4日まで年末年始のお休みにはいる
とのこと。<1日に皇居の新年祝賀と公邸の新年会があるよう
だけど。>
 で、29日には、菅グループの議員と、忘年会を行なったと
いう。

 菅氏は、「今年は党代表選が2回、参院選もあった。臨時国会は
大変でいろいろ世話になった」とあいさつした上で、「来年も苦労
をかけるが、民主党政権がこの国を守っていかねばならない。
力添えを頼みたい」と述べ、1月の通常国会での支援を求めた」。
<発言部分・共同通信29日>
 また、『首相は「自分の思っていることが十分伝わっていない
中で(悪く)評価されている」と発信力の強化を目指す考えを
強調し、協力を求めたという。<日経29日>』

 そもそも、同じ党が、1年のうちに2回も代表選を行なうこと
自体、かなりの異常事態だと言っていいだろうし。民主党政権が
なかなか安定しないことを物語っているとも言えるだろう。

* * * * *

 忘年会では、伸子夫人の手料理も振舞われたとのことで、
公邸周辺のイチョウ並木で落ちていたギンナンを拾って揚げた
「永田町揚げ」なども出されたとか。

 また、『江田前参院議長は「飲み屋に行くといっても大変だし、
ラーメンを取ろうとしたら3時間前に言ってくれと。そんなこと
したら、ラーメンのびちゃうので。小沢さんのことが話題になら
なかったといえば、それはうそになるけど」と述べた。<FNN
29日>』
 菅首相は、小沢氏の政倫審出席会見に関しては、条件付の発言
だったことから「状況は何も変わっていない」ととらえていた
ようだ。^^;

 来年も、新年早々から、民主党の党大会があるし。国政の面
では、内閣改造や国会の運営<そこに小沢氏の政倫審出席も絡む>
などなど、難しい課題が山積みなのだけど。

 果たして、与謝野氏らが「ボロボロのボロ屋は案外倒れない
もんだ」と言っていたように、菅首相は、ここから粘り腰を
見せるのか・・・。
 ともかく、少しでも国政が安定し、平和維持&国民生活が向上
すうことを願いつつ、来年も政界をウォッチして行きたいと思う
mewなのだった。(@@)
               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 





「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

More
[PR]
by mew-run7 | 2010-12-30 11:53 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

邦夫長男が、困窮の舛添新党から出馬。片山、中山も自民離党&新党で出馬。

  これは今日2つめの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

先ほどネットでニュースを見ていて、mewの目を一番引いた
のは、これだった。

 何と鳩山邦夫氏の長男・太郎氏が、舛添要一氏率いる改革新党
から参院選に出馬することが決まったという。(・o・)

『新党改革は25日、今夏の参院選比例代表に鳩山邦夫元総務相
の長男で元東京都議の鳩山太郎氏(35)を擁立することを内定
した。26日に発表する。

 3月に自民党を離党した邦夫氏は、新党改革の舛添要一代表を
評価しながらも「フリーな立場を堅持する」と同党への参加を
見送っていた。太郎氏の立候補に伴い、参院選では同党を側面
支援することになりそうだ。邦夫氏は自民党時代にも執行部に
太郎氏の公認を働きかけた経緯がある。<毎日新聞26日>』

『太郎氏は東京都議や元総務相秘書官などを歴任。昨年から参院
選出馬の準備を進め、新党改革の公募に応募していた。邦夫氏は、
同党に入らないが、大学の同級生でもある舛添要一代表に協力
する姿勢をみせていた。新党改革としては、舛添氏の出身地である
福岡選挙区に独自候補の擁立を目指しており、衆院福岡6区を
地盤とする邦夫氏の支援を得るねらいもあったとみられる。
<産経新聞26日より>』

 このニュースを見て、真っ先に知人と、「舛添新党は、かなり
おカネに困っているのかもね~」と言い合ってしまったのだが。
「このままだと舛添新党は他の党に合流するか、舛添は、議員を
やめて、都知事選に出るしかなくなるかもな~」という話も
出ていた。(~_~;)

* * * * *

 鳩山邦夫氏の長男・太郎氏(HPはコチラ)は、03年に東京
の都議選(文京区)の再選挙に当選したが、05年に落選。07年
には、文京区長選に出馬するも3位で落選して、その後は父親の
秘書を務めていた。
 邦夫氏は、昨年7月の都議選に太郎氏を出馬させようと考えた
のだが、自民党の公認がとれずに断念している。^^;

 邦夫氏が、6月に日本郵政の社長更迭の件で麻生首相と対立して、
総務大臣を辞任。さらに自民党を離党した背景には、自民党が
長男を後任しなかったこともあったと言われている。<本当は、
国会議員にしたいと思っているのに、都議選にも出してくれない
ようではね。>

 また、邦夫氏が、今年の早い段階から、与謝野氏などと新党構想
を協議したり、舛添氏の新党作りを促したりしていたのに、どの
新党にもはいっていないのは、入党後に自分の立場を尊重して
くれると共に、長男・太郎氏の参院選出馬を了承してくれるところ
を探してしていたからだという話もある。(・・)

<ちなみに先月の週刊ポストに、太郎氏が「鳩山家の謎」のような
内容の暴露本の製作に協力したところ、それを知った父・邦夫氏
が怒って、出版を中止させたという記事が載っていた。(何か
由紀夫氏と邦夫氏の(特に奥様同士の)確執のこととかを、
しゃべっていたようだ。^^;yukio wa tsumetai-ndatte>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 実は、舛添要一氏が作った「新党改革」が、早くも潰れそうな
感じになっているのだ。(・o・)
 まあ、もともと政党資金が目当てで、ムリヤリ「改革クラブ」
を乗っ取る形で、現職議員を6人集めたニセ新党だったのだけど。
その現職議員のうち3人が、次の参院選には出馬しないことが
決まったというのである。(@@)

『新党改革の渡辺秀央最高顧問、矢野哲朗代表代行、山内俊夫国対
委員長が今夏の参院選に立候補しないことが21日、決まった。
同党は同日、第1次公認候補5人を発表したが、参院議員6人の
小所帯だけに、選挙後も政党要件を満たす「国会議員5人以上」
を確保できるかどうか、早くも壁にぶつかった。

 舛添要一代表は今回非改選。荒井広幸幹事長が比例代表、小池
正勝政調会長が徳島選挙区から立候補する。この日発表した新人は
3人。舛添氏は記者会見で「選挙区と比例合わせて15~20人は
擁立したい」と述べたものの、候補者選考は遅れ気味だ。同氏は
自民党時代から主宰する勉強会のメンバー(落選中の前議員)にも
秋波を送る。

 国会議員が5人に満たなくても、参院選で同党が有効投票総数
の2%を獲得すれば政党として存続できる。投票率が前回並み
だと約120万票。同党関係者は「舛添氏の知名度があれば可能」
と相変わらず「党首頼み」だ。<毎日新聞22日より>』

* * * * * 

 舛添要一氏は、今でも、そこそこ国民からの人気&期待はある
ものの、新党改革の支持率は、全く上がらず。
 次の参院選で、もし舛添氏が出馬するのであれば、舛添氏の名を
書いた投票が同党の票になるので、100万票以上集めることも
可能かも知れないのだが。舛添氏は今回は非改選組で、出馬しない。
 となると、果たして、どれだけの人が「新党改革」の名を記して
投票するかは、ビミョ~なところがある。(-"-)

 しかも、舛添要一氏は、政治活動に使える個人の資金がない上、
これと言った支持団体もバックにはついていないとのこと。
 もし15~20人を擁立するとすれば、特に選挙区は費用が
かかるだけに、億単位の選挙資金が必要になることから、鳩山
邦夫氏の支援を頼らざるを得なかったのかも知れない。^^;

 また、舛添氏にしてみれば、次の参院選で、新党改革が惨敗
して政党要件を満たさなくなった場合、また居場所がなくなって
しまうので、背に腹は替えられないというところがあったの
だろう。^^;

 ちなみに、舛添洋一氏と鳩山邦夫氏は、高校時代からの全国
模試で1位を争っていたライバルで、東大の同級生。高校、大学、
政治家としては、邦夫氏がリードしていたのだが。
<『邦夫と舛添~高校・大学、政界では邦夫が先んずるも、
果たしてこの後は?
』参照。>

 果たして、鳩山邦夫氏は、うまく舛添氏のネーム・バリューを
利用して(買って?)、長男を国会議員にするという悲願を達成
できるの?(**)
 舛添氏は、何とか参院選で議席を確保して次の活動につなげ
られるのか、かなり興味津々のmewなのである。(@@)
 
* * * * *

 尚、新党改革がらみでは、改革クラブに所属していたものの
舛添要一氏の突然の入党(乗っ取り?)に反発して、新党参加を
しなかった大江康弘議員が、何と幸福実現党から出馬することを
発表している。(・・) <このニュースは、二重の意味で驚いた>

 大江康弘氏は、超保守派のひとりで、平沼赳夫氏と共に活動
することが多かったので、mewはてっきり「たちあがれ日本」
にはいるものだと思っていたのだが。
 どうも、超保守(真正保守)派として注目されている議員や
候補者が、「た」党を敬遠している感じがあって。「た」党の
支持率も上がらず。参院選で苦戦しそうな感じがある。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 また、先週は、青木幹雄氏に次いで自民党の参院№2だった
片山虎之助氏(07年に姫の虎退治で落選)が、自民党から公認
出馬を拒否されたため、たちあがれ日本から出馬するために、同党
を離党したというニュースが。

『前回参院選で落選した片山虎之助元自民党参院幹事長(74)は
20日、たちあがれ日本が夏の参院選比例代表候補として擁立する
方向で最終調整していることを踏まえ、自民党に離党届を出した。
党本部で大島理森幹事長に提出し「民主党を倒すためだ」と理解
を求めた。<毎日新聞20日>』

 さらに、自民党・改憲派のリーダー&重鎮だった中山太郎氏
(09年衆院選で落選)も、次の参院選での公認出馬が認められず、
新党からの出馬を目指して、同党を離党したという報道もあった。

『昨年の衆院選で落選した自民党の中山太郎元外相(85)は
25日、内規で定めた国政選挙の比例代表定年制への反対を理由に
同党を離党した。今夏の参院選に既存の新党からの立候補を目指す。
自民党は比例定年制について、衆院は「公認時満73歳未満」、
参院は「任期満了日満70歳未満」と定めている。中山氏は大島
理森幹事長に離党届提出後、党本部で記者団に「高齢者と社会の
ために頑張っていく」と国政復帰に意欲を示す一方、新党との
接触は「まったく白紙」と述べた。中山氏は参院当選3回、衆院
当選7回。同党の憲法改正論議の中心的存在だった。
<毎日新聞25日>』

* * * * *

 自民党は、古い自民党から脱したイメージを作って、党再生を
果たすために、高齢の元議員の公認を認めない方針をできるだけ
貫こうとしていて。それ自体は、有効に働く部分もあるのではない
かと思うのだが。

<高齢者をどんどんカットしていることに、自民党支持層の
高齢者から、批判が出始めているという話もあるけれど。^^;>

 ただ、実績のある有力な政治家が自民党を離党して、他党から
出馬することになると、それまで、その政治家の地元で、自民党を
支援して来た後援者、団体などが政治家と共に離れてしまうこと
から、参院選ではさらに苦戦するおそれがある。(-"-)

* * * * *

 民主党もなかなか党の支持率が回復しないのだが。自民党も、
支持率が上がらず。しかも、上述のように、新党も含め、候補者
選びも混沌としているような感じで。

 公示まで、あと1ヶ月を切ったのだけど。まだまだ、どうなる
か先が読めない状況が続きそうな感じがしているmewなので
あった。(@@)

<そのうち書きたいと思うけど。このままだと、「みんなの党」
以外は、すべて苦戦して、結局、民主党が、そこそこの議席を
確保しちゃう可能性も結構、あるのよね。(・・)>

                   THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-05-26 17:56 | 政治・社会一般 | Trackback(3) | Comments(0)

邦夫と舛添~高校・大学、政界では邦夫が先んずるも、果たしてこの後は?

  これは今日2本目の記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 前記事に、鳩山邦夫氏と舛添要一氏について書いたのだけど。

 18日の日刊ゲンダイに、この2人について、思わず笑って
しまいたくなるような記事が出ていたのだ。
 で、ネットにその記事がアップされているのを見つけた&
近日中にアップする予定の舛添要一氏に関する記事にもチョット
関連があるので、ここにアップしておきたい。(・・)

『舛添を激怒させたあの一言 (ゲンダイネット)

●高校時代からの因縁

 結局、舛添にも与謝野にも振られ、たったひとりで離党すること
になった鳩山邦夫。

 とくに舛添要一は、邦夫のことを「政治家にとって基本は政策だ。
新党をつくるとか、誰と組むとか先にやるからおかしくなる!」と、
ケチョンケチョン、歯牙にもかけなかった。

 なぜ、舛添はここまで強く連携を拒否したのか。政界では「あの
一言がいけなかった」と“珍解説”が飛び交っている。

「与謝野、舛添に連携を呼びかけた鳩山邦夫は、『日本一、頭が
いい政治家・与謝野馨、国民の期待度が高い舛添要一』と、語り
かけた。舛添は、その一言が許せなかったのではないか、とみられ
ているのです。邦夫と舛添が、東大法の同期生だということはよく
知られている。2人は高校時代から、全国模試の上位に名を連ねる
ライバルだった。もっとも、東大を首席で卒業した邦夫の方が
圧倒的に優秀だった。どうやら、負けず嫌いの舛添は、いまだに
そのことを気にしているようなのです。そこに邦夫が、『日本一、
頭がいい与謝野馨』と言ったものだから、舛添が『やっぱり邦夫は、
オレより自分の方が賢いと思っているのか』とカチンときても
不思議ではありません」(永田町事情通)

 あまりにもバカらしい話だが、かつて鳩山邦夫は、「頭の良さ」
をめぐって東大法の後輩である片山さつきの一言に激怒したこと
があるという。

「まだ財務省の役人だった片山さつきが『鳩山先生は高校時代、
全国模試で1位、1位、3位、1位だったそうですね』と聞くと、
邦夫は自慢そうに『そうだ』と答えた。すると片山さつきが
『私は1位、1位、1位、1位でした』と勝ち誇ったように言った
というのです。さすがに邦夫は、あとから『あの女はなんだ!』と
カンカンだったといいます」(霞が関関係者)

 こんな連中ばかりでは、自民党が国民からノーを突き付けられる
のも当たり前だ。

(日刊ゲンダイ2010年3月18日掲載)』

<ちなみに、既にご存知の方も多いと思うけど。片山さつき氏は
大蔵省の官僚だった86年に、当時、東大助教授だった舛添要一氏
とお見合い結婚をして、89年に離婚している。
 片山氏は、90年に実業家である現夫と再婚。舛添氏は、1度目
はフランス人女性、2度目が片山氏との結婚。96年に元秘書の
女性と3度目の結婚をして、2児を設け、今に至る。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 鳩山氏は、お坊ちゃまらしく学習院の初等科に入学するも、中等科
の時に外部の高校を受験をして、国立のTOPクラス高である東京
教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)に合格。
 舛添要一氏は、地元・福岡県立の進学校・八幡高校に在学していた
のだけど。全国模試では、この2人の名がTOPの方に並んでいた
のだそうだ。<TOPを争う同士って、高校が違っても、何気に
お互いを意識してたりするのよね。^^;>

 まあ、高校や大学のお勉強ができるというのと、ひとりの人間や
政治家として賢いor能力があるというのは別の次元の話なのだけど。

 鳩山氏も舛添氏も、自分の頭には、かなり自信やプライドがある
し。結構、負けん気が強い&それなりの努力家であることは、
間違いない!(・・)natusukashi no nagai-hu~
<片山さつきちゃんもね。^^;>

 wikipediaには、こんな話も出ていた。

『学生時代から秀才で知られ、高校時代は全国の模試でもトップ
クラス、大学時代はゴルフ部の活動に明け暮れていたが、専門課程
への進学試験を学年1位で通過し、法学部でも記録的な数の「優」
を獲得するなど、成績は抜群であったという。邦夫自身は「(みんな
が必死の)予備校の模試はともかく、大学の成績なんて自慢になら
ない」と述べているが、かつて東大をトップで出た父威一郎が邦夫
の政治家志望に反対しており、一番なら文句は言わないだろうと
大学でも試験前は必死で勉強したという。勉強に関しては兄の
由紀夫よりも優秀であり、勉強しなくても東大に入れると言われた
ほどであった。(母は「兄の由紀夫は勉強しなければ東大に入れ
なかった」と述べたことがある。)』

* * * * *

 ただ、鳩山氏は、曾祖父・和夫氏が衆議院議長、祖父・一郎氏が
元首相。父・威一郎氏が外務大臣という政治家一家に生まれ育って、
早くから、自分がこの鳩山家の政治家としての系譜継ぐと決意。
 大学卒業後に、田中角栄の秘書になって、76年に28歳で
衆院選に出馬&当選。<当選は、新自由クからだったけど、自民党
に移る。>若い頃には、政界のサラブレッド&将来の首相として
期待されていたし。落選もあったけど、その後も11期当選。

 本人は、それなりの志があってか、無所属や小さな政党にいた
時期を何回かはさみつつ、新進党→旧民主党→自由民主党と
渡り歩いて来て、出世のコースから外れてしまったところがあった
のだけど。<選挙区もコロコロ変わっているし~。>
 でも、おそらく自分は、アタマも政治家としての能力や実績も、
弟より10年遅く衆院議員になった兄・由紀夫氏や、24年も
あとに参院議員になった舛添要一氏なんかよりも、ず~っと上だ
という自負があるのではないかな~と思うことがある。^^;

<以前も書いたけど、邦夫氏は、当時、周囲からめっちゃ大反対
を受けながら、自分の意思を通して、ハーフのタレントだった
高見エミリさんと結婚。
 妻や子を本当に大事にして、秘書たちにまで、食事を作って
あげるなど、ある意味では、とってもいい人なのだ。
 ただ、よくも悪くも損得勘定では動かない(こういう計算は
苦手?)ことが、時に災いをもたらしているのか・・・政治家
としては、周囲から評価されていないし。人望があるとも思わ
れていないのよね~。(~_~;)>

 でも、これまでも、何回か、もう政治生命も終わりかな~と
思うようなピンチの時もあったのだけど、何だか知らないうちに
復活して、安倍~麻生政権の時は、2年間ずっと閣僚<法務→
地域担当→総務相>をしていたりしたからな~。(・・)

  というわけで、この後に書く舛添要一氏の動きと共に、
鳩山邦夫氏の動きも興味深くウォッチしたいと思っているmew
なのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-03-22 21:05 | 自民党について | Trackback

舛添に続き、平沼にも裏切られそうな、いばらの道の鳩山+競馬&お笑い

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 さっき気付いたことに、世間では3連休なのですね~。(^^ゞ
では、チョット連休モードで、競馬とTVの話から。(・・)
 
 まず今日は、高知競馬場で、「黒船賞」が行なわれる。(**)
 高知周辺にお住まいの方々、ネット参戦できる方、観戦&参戦を
よろしくですぅ。m(__)m

 そして、24日、浦和競馬で行なわれる南関の桜花賞には、何と
あの笠松のラブミーチャンが参戦することになった。(^^♪
 JRA重賞に出てから中1週もないので、疲れが残っていないか、
チョット心配ではあるのだけど。浦和&地方競馬としては、この
出走は有難いっす。m(__)m

* * * * *

さて、TVっ子のmewは、お笑い番組もよく見るのだけど。

 先週、最近では一番気に入ってた「侍チュート」(TBS深夜)
がいきなり終わってしまって、ビックリ&ガッカリ。(-"-)
 かなり手もかけてたし。面白かったと思うんだけどな~。(@@)

 そう言えば、一昨日には、「エンタの神様」も終わってしまい
ましたね~。(-"-) 最終回の総集編、様々なコンビ<ピンなども
あり>をめ~っちゃ懐かしみながら、見ていたですぅ。(・・)
 まあ、かなりマンネリ化していたので、終わるのも仕方ないかな
とは思うものの、やっぱ、チョット寂しいかな~?

 ちなみに、あの番組は、最初は「総合エンターテインメント番組」
として始まって、ジャスト・ミート福澤くんを司会にして、音楽
なども扱っていたのだけど。いつの間にか、お笑い専用&売れっ子
への登竜門みたいに変わってしまったのよね。^^;
 で、福澤くん&白石美帆ちゃんは、TVに映っている範囲では、
司会進行はせず、横に立っているだけの観客みたいな存在に。(・・)

<この番組のPの五味氏は、売れっ子メーカーとして、すっかり
高名に。マニアックな話になっちゃうけど、その五味氏を皮肉も
まじりに扱った「コンバット」の五味シリーズは、なかなかの
傑作だったと思うですぅ。(~~)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて、政治の話を・・・。

そして、 こちらもふと気付けば、鳩山邦夫氏が、いきなり自民党
の離党宣言を行なったのは、ちょうど1週間前の15日だったの
よね~。(@@)

 結局、連携を期待した舛添要一氏も与謝野馨氏も、当面は党内に
残って、まずは党改革を目指すとのことで、鳩山氏との話し合いの
場さえ設けず。

 17日に、新党の見通しについてきかれた鳩山氏は、『「何とも
言えない。いばらの道であり、ありとあらゆる所から批判される
のは承知の上だから、そう簡単に見通しを語るわけにはいかない」
と明言を避けた。ただ「本来そうやって語り合ってきている同志は
結構多いと思うし、電話でもいろんな励ましを受けている」と強調
した』というが・・・。
 
 まさに今、どうしていいかわからず、いばらの道を歩いている
心境でいるのかも知れない。(-"-)

* * * * *

 まあ、mewは、鳩山邦夫氏に対しては、特別な思いがあるわけ
ではないし。今回のことも、自業自得の部分が大きいと思っている
のだけど・・・。^^;
 ただ、これまでの経緯を見ていると、同情というか憐憫の情の
ようなものを覚えてしまうところがある。(・・)

 こんなことは、政界では、日常茶飯事なのかも知れないし。ある
意味では、よくもこれで衆院議員を11期も務めて来たな~と感心
してしまうところもあるのだけど。<だから、うまく行かずに失望
しては、離党→移籍を繰り返すことになったのかしらね。>
 今回の件も、見事に周囲に乗せられて、その気になったら、次々
と裏切られるという哀しいパターンにハマりつつあるからだ。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 何だか世間では、鳩山氏が、舛添氏らとの間できちんと話ができて
いなかったのに、いわば勇み足のような形で、勝手にとっとと離党を
決めて、新党作りの準備をしようとしたかのように受け止められて
いるところがあるのだけど・・・。<mewも、少しそれっぽいことを
書いちゃったかも?^^;>

 確かに、鳩山氏は離党前に、きちんと周囲に根回しや事前確認を
行なったり、名前などを出すことに了承を得ていなかったりした
ようで。そのことには、問題があったとは思うのだが。
<舛添くんも「政治家にとって基本は政策だ。新党をつくるとか、
誰と組むとか先にやるからおかしくなる!」と怒っていたしね。^^;>

 ただ、たとえば、このJ-CASTニュース2月15日の記事
なんかを読むと、鳩山氏が、舛添氏はもう自分と提携することを
決めているに違いないと、思い込みor勘違いしても致し方ないかな~
と思ってしまうところもあるのだ。(・・)

<ちなみに、下記の週刊現代の記事のタイトルは「鳩山邦夫 新党
旗揚げ宣言 舛添要一と組みます」なのよね。^^;>

* * * * *

<J-CASTニュース2月15日より引用・全文はコチラに>

『鳩山氏は『週刊現代2月27日号』のインタビューのなかで、
自民党を出て新党を結成する構想を明らかにした。無所属の平沼
赳夫元経産相やみんなの党の渡辺喜美代表とも連携しながら、民主
でも自民でもない「第3の政治勢力」を結集したい考えだ。

新党結成といえば、自民党内で執行部に批判的な発言を繰り
返している舛添氏の動きも注目される。鳩山氏はインタビューで

「舛添さんとはもうすでに何度か話をしていますよ。彼には国民
からの期待が集まっている。ただ、彼一人では何もできないのも
また事実ですから、私が支える側に回ってもいい」
と語り、舛添氏と一緒に「第2自民党」を作る可能性も示唆した。
気になる旗揚げの時期については、
「4月です」
と明言。2010年度予算の成立をうけて政界が選挙モードに
入ると見られる4月に照準を定めて、新党結成に動くことを宣言
したのだ。』

<ちなみに、もうこの時から、「坂本龍馬のような、国家転回の
ための接着剤役をやってみたいという気持ちはあります」という
言葉もクチにしていたのよね。^_^;>

* * * * *

 しかも、TV朝日の三反園訓氏が、「スーパーモーニング」で
行なったという、こんな発言も載っていた。

『「舛添要一さんから同じようなことを聞いているが、舛添さんは
『鳩山邦夫さんと渡辺喜美さんと組む可能性がある』と周辺に
言っている。これは結構、現実味を帯びた話になる可能性があるの
ではないか」
と述べ、その可能性は十分にあると強調した。もし鳩山氏と舛添氏
が自民党を離れた場合、どれだけの追随者が出るのか。その点に
ついて、三反園氏は
「少なくとも20人はついてくる。場合によっては、50~70人
のもっと大きな勢力になるかもしれない」
と予想。自民党の支持率が春になっても上向いてこない場合には
「逆にこちらのほうが『新自民党』という形で旗揚げできるのでは
ないか」と、邦夫新党が自民党に変わる第2勢力となる可能性まで
あると指摘した。』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 これらの話が事実であるなら、鳩山氏は、もう2月中旬の時点で、
舛添氏と何回も話す機会があって、4月に新党結成なんて具体的な
構想の話も出ていて。しかも、舛添氏も周囲にその話をしていたと
いうのだから・・・鳩山氏が、勘違いをしたとしても、止むを得ない
部分もあるかな~って、思いません?(@@)

<しかも、鳩山氏と舛添氏は東大法学部の同級生。高校時代から
ライバル関係にあって、考えも合わないようなのだが。お互い
知らない仲ではないし。新党を作る際に当たっては、舛添氏は
鳩山氏の人脈や資金力を、鳩山氏は舛添氏の人気を利用することを
考えて、手を組もうとしていたのではないかと思われる。(・・)>

 ただ、舛添氏のことは、また別立てで書きたいと思うのだけど。
 彼は、昨年から、かなり手広く様々な人たちと接触して、党内
での勢力拡大に努めたり、新党作りの構想を考えたりしていた
わけで。鳩山氏は、その中のひとりにしか過ぎなかったし。^^;

 しかも、舛添氏は、2月中旬頃から、党内の「改革派」勢力の
結集の方に力を入れるようになっていて、小泉的な改革に反対する
鳩山氏とは、距離を置くようになっていたようなのだが。

 鳩山氏にしてみれば、ここぞという時になって、舛添氏に
裏切られたという思いを抱いているかも知れない。(ーー゛)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 また、鳩山氏は、平沼新党との提携も考慮して、4月には新党を
作りたいと考えた可能性が高い。
 というのも、平沼赳夫氏は2月末には、「来月中には具体的な
名前を発表して、政治の流れを根底から変えたい」と、3月中に
新党を作る意向を表明していたからだ。(*1)

 また、平沼氏は、「保守が連携して国民が求めている第三極を
つくらなければならない」と発言。さらに『「自民党の議員6人
が話し合いには集まってくれている。もう少し人数を増やしたい」
と述べ、国会議員5人以上が参加して政党要件を満たす可能性を
示唆した』という。<山陽新聞2月28日より>

<ちなみに、この話し合いに集まったという自民党の議員の中には、
鳩山氏が主催する「有機野菜を食べる会」のメンバーがはいって
いると思われる。>

 さらに、平沼氏は、鳩山氏が離党した際にも『鳩山氏の新党構想
について「今の政治に新しい流れを起こすことは賛成だ。(結成
は)連休前でなく、3月末とか4月上旬とか早い方がいい」と
理解を示した』とのこと。<産経新聞17日より>

 これらを見ても、2人の間に、早期の新党連携の話が出ていた
可能性が高いように思われる。(**)

* * * * *

 ところが、平沼氏も、連携の可能性に関しては、「話し合って
みないと今の段階では言えない」と慎重な姿勢を示していて。
いまだに話し合いの機会は持っていない様子。
 しかも、何と20日には、自民党の大島幹事長と選挙協力に
ついて話し合ったなんていう報道記事も出ていた。(*2)

 mewは、このウラには、鳩山氏のことを快く思っていない
&いずれ平沼新党と自民党の超保守派の合流をさせたいと考えて
いる安倍っちや麻生くんの意向が働いているのかも知れないと
勘ぐっているところもあるのだけど・・・。^^;

 となると、もしかしたら、鳩山邦夫氏は、平沼グループからも、
裏切られて、さらに孤独ないばらの道を歩むことになるのかも
知れないと思ってしまったmewなのだった。(@@)
              
                   THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 
  

More
[PR]
by mew-run7 | 2010-03-22 07:39 | 自民党について | Trackback(1)

どうなる、邦夫新党?~平沼は好感触も、与謝野はビミョ~。舛添はアウト?

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

14~16日と、マスコミは、鳩山邦夫氏の離党騒動をかなり
大きく取り上げているようなのだが。
 民主党、自民党など政界の関係者は、努めて冷静に、特に騒ぎ
立てることではないかのごとく、対応しているようにも見える。

 しかも、鳩山氏が自らを坂本竜馬にたとえたことで、竜馬ファン
<福山ファンも?>の反感を買っているという話も耳にした。

 政界でも、前原国交大臣が、昨日の会見で、ちょっとムッとした
表情で<もともとムッとした感じではあるけど、さらに?^^;>
『「わたしは坂本龍馬が大好きなので、ちょっと極めて不快感を
持っているんですが」「考え方の違う方々を薩長同盟になぞらえて、
一緒にするんだと言われても、『はっ?』という感じでございます
ね」』言っていたのには、記者からも笑いが出ていたけどね。(~_~;)
<FNN16日より>

 昨日は、鳩山政権ができて、半年に当たる日だったようで。
 もし何事もなければ、TV番組によっては、鳩山政権の問題点
などを、かなりツッコむような形で扱ったのかも知れないのだが。
 鳩山邦夫氏の離党問題で、かなり時間がとられた感じがあって。
 知人は「結局、邦夫の行動は、アニキをアシストすることに
なったんじゃないか?」と言っていたりもした。(~_~;))

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ところで、民主党の山岡国対委員長は、『「(鳩山氏は)政界
再編というが、自民党再編の間違いではないか』と。
 また、『鳩山氏と与謝野馨元財務相の連携の可能性に言及。
「そこから平沼赳夫元経済産業相のグループ(との連携)が、
枠組みとして考えられる」と指摘した。舛添要一前厚生労働相に
関しては、「ご自身中心の執行部で参院選を戦い、小泉純一郎(元)
首相の『二番せんじ』をしていこうという感じがする」と、自民党
離党には否定的な見方を示した』という。<時事通信16日より>
 この見解は、ほとんどmewと同じだ。"^_^"

<ただ、mewは、この動きは、いずれ民主党の議員の一部も巻き
込む形で、政界再編につながるのではないかと考えている。>

 産経新聞に、鳩山氏を巡る党内外のグループの図が載っていた
のだけど。<コチラ
 昨日も書いたように、現段階では、鳩山氏は平沼グループ&
党内の超保守派や、改革クラブなどと、先に結びつく可能性が高い
のではないかと思う。(・・)

 他方、与謝野グループと舛添グループは、しばらくの間は、
「保守派vs.改革派」による自民党丸の主導権争い&自分たちが
思う形の党再生に力を注ぎそうな感じがある。(**)

 で、それが困難だと判断した時点で、離党&新党作りをする
ことになるのだろうけど。
 そうなった場合、与謝野グループの方は、党を出て、鳩山氏と
連携する可能性が高いけど。舛添氏らの改革派の方は、よほどの
ことがない限り、鳩山氏とは組まないのではないかと思われる。
<「みんなの党」や民主党の一部との連携を模索するのでは
ないだろうか?(・・)>

* * * * *

 ただ、鳩山氏の離党は、あまりに唐突だったので<事前に、
ほとんど根回しもしていなかったようで>、どの陣営も、かなり
困惑&混乱させられているところがあるようだ。(~_~;)

 まあ、鳩山氏は、もともと思いつきで行動するところがある
ようなのだけど。^^;
 彼としては、自分が先に動くことで、党内&政界再編の動き
を加速させるきっかけを作りたいという思いもあったかも知れない
し。また、自分が先に動いた方が、目立てるし、新党作りの主導権
を握れるかも知れないという気持ちもあったように思われる。(・・)

 けど、鳩山氏は、政治家&リーダーとしては、ほとんど期待
されておらず。周囲からの人望も乏しいようだし。
 他の陣営も、自分たちこそが、新党や政界再編の主導権や
キャスティングボートを握りたいという思いをかなり強く持って
いるので、そう簡単に、「はい、一緒にやりましょう」という
わけには行かないのである。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 前記事にも書いたが、mewは、鳩山氏は、自民党に代わって
民主党と対抗できる政党を作りたいと。そのために、まず、第三極
となる新党を作って、そこから保守連立を展開したいと考えている
のではないかと思うのだけど。 

 となれば、今、保守連立の核となるような新党の結成を計画して
いる平沼赳夫氏と組むのが、一番手っ取り早いし。
 平沼グループは、今、議員が衆院の3人しかいない&鳩山氏の
弟分と平沼氏の弟分が重なっているなどのことから、連もしやすい
ところがある。(・・)

 そこで、鳩山氏は、昨日も早速、衆院の本会議場で、平沼赳夫氏
と言葉を交わしていたという。 

『邦夫氏は議場内で、平沼赳夫・元経済産業相とも短時間会談。
必要に応じて今後意見交換することで一致した。これに先立ち、
邦夫氏は記者団に「平沼氏とは7割、8割以上向かっている方向
が一緒だ」と述べ、新党結成に向けた連携に意欲を表明。平沼氏
は会談後、邦夫氏との連携について「今後話し合ってみないと
何とも言えない。機会があれば、会って話すこともいいと思う」
と語った』という。<読売新聞16日より>

<鳩山氏は、同じく超保守派の「改革クラブ」の中村喜四郎氏とも
本会議場で、挨拶&話をしていたという報道もあった。>

* * * * *

 ただ、平沼氏も水面下の交渉をすっ飛ばしての、この唐突過ぎる
行動には、戸惑っているようで。時事通信16日には、こんな記事
も出ていた。
『平沼氏は鳩山氏に皮肉交じりにこう声を掛けた。「あなた、随分
とオープンにしゃべっちゃったんだね」』
 どうも平沼グループや、彼らと親しい超保守派の議員が、鳩山氏
が主導する形での連携に、抵抗感を示しているようなのだ。^^; 

 平沼氏は、自民党を離党したものの、今でも自民党内の日本会議
系の議員と共に政治活動を行なう機会が多い。
 先日は、同氏が顧問、安倍晋三氏が会長を務める「創生・日本」
(真・保守政策研究会から改名)の総会に出席するため、久々に
自民党本部を訪れたばかりで。自民党内にいる安倍氏らとの連携を
優先したいという考えもあるだろうし。 <コチラ参照> 
 もし超保守派が中心になる政党を作るなら、鳩山氏などではなく、
平沼氏か安倍氏をリーダーにしたいという思いも強いだろう。(・・)
<鳩山氏は、超保守の麻生元首相ともやり合っちゃったしね~。^^;>

 この辺りの問題がクリアになれば、かなり早い段階で連携する
可能性があるのではないかと思ったりする。(**)

* * * * *

 ちなみに、昨日、国民新党の亀井代表は、『あの方なりに、思い
があったんでしょうけどね。まあ、いろんなことがあるよ、今から。
いちいち、そんなことで皆さん右往左往したってしょうがないよ』
と、あまり関心がなさそうな感じで、話していたのだけど。
<FNN16日より>

 まさに、「これからいろんなことがある」という言葉通り、
mewは、国民新党も、いずれ、保守連立に加わることを考える
のではないかと睨んでいる。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 与謝野馨氏も、本人は、鳩山氏との連携もアタマにあった
ようなのだが。どうも与謝野氏の周辺の議員が、慎重な構えを
見せている。(・・) 
<「正しいことを考え、実行する会」っていう名前も、何だか
たいそ~過ぎる感じがしちゃうけどね。(@@)>

 昨日は、当初、2人で会って話をすることも考えていたのだが。
結局、それは中止して、本会議場で、少し話をするにとどめた。
 会談を中止したのは、マスコミの取材がうるさかったことに
加えて、周辺が難色を示したこともあったようだ。

 与謝野氏の側近と言われる『後藤田正純衆院議員らは国会内で
園田氏と会談。「鳩山氏の唐突な離党に付き合う必要はない」と
慎重な行動を求めた。周辺からくぎを刺された与謝野氏は16日、
鳩山氏と衆院本会議場で短時間、意見交換するにとどめ、本格的な
連携協議は事実上先送りした』という。<中国新聞16日より>
<園田氏は与謝野氏に「鳩山さんと接触しない方がいい」とTEL
したようだ。(産経16日)>

 しかも、園田博之氏は、鳩山氏の離党に関して『連携先として
名前を出されると準備ができていない人に迷惑を掛ける」と
不快感を表明』したという報道まで出ていた。<共同通信16日
より>

* * * * *

 園田氏らの場合、まずは、自民党の中で、総裁や執行部を変えて、
党の再生を実現することを考えていて。
 それが党内で達成できそうになければ、離党&新党作りをしよう
と。で、その時には、鳩山氏との連携も考えたいという気持ちで
いるようなのだが。(・・)

 与謝野氏は、選挙で苦労しながら自民党の議員を続けて、首相
候補にまでなった人だし。園田氏にせよ、後藤田氏にせよ、祖父や
父の代からの世襲議員で、それなりに自民党に愛着もあるはずで。
 新党作りの資金や労力まで考えたら、何とか、自民党丸をうまく
再生&活用したいという考えもあるとは思うのだけど。

 ここには、何度も書いているように、「保守派」と「改革派」
による自民党丸の主導権争いも絡んでいるように思われる。

 もし彼らが先に党を出たら、舛添氏らの改革派に自民党丸を
乗っ取られてしまうおそれがあって、何か「先に党を出たら、
負け」みたいになっているところもあるからだ。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 それは、先週13日に、舛添氏が「新党を作るなら、与謝野さん
が先」と発言したことからも、伺える。(・・)

『自民党の舛添要一前厚生労働相は13日、福岡市の民放番組に
出演し、党執行部刷新を求める与謝野馨元財務相について「今の
ままではダメだという問題意識は共有している。どちらが先に
新党を作って飛び出すかといえば、与謝野さんが先という勢いだ」
と述べた。

 舛添氏は「社長を代えないで専務、部長を代える人事はあり
得ない。責任を取るとはそういうことだ」と谷垣禎一総裁ら執行部
刷新の必要性を強調。自らの今後の対応について「新党から党内
改革まであらゆる可能性がある。党内に残るなら執行部を握ること
になる」と説明した。

 新党については「いま新党をつくっても賞味期限が切れてしまう。
むしろ(夏の参院選)直前に一気にやった方が有利かなと思う」と
述べた。<産経新聞13日>』

 <ハンパだけど、つづく>   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-03-17 06:20 | 自民党について | Trackback(6)