「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

今村復興相、ついに更迭。今度..
at 2017-04-26 01:49
北朝鮮、火力訓練で済ますも、..
at 2017-04-25 18:11
官邸がメルマガで警戒警報。北..
at 2017-04-25 07:37
安倍は拉致でもウソを?~被害..
at 2017-04-24 03:42
安倍、こんな時に外遊って&反..
at 2017-04-23 16:15
【全国民必読】もし「共謀罪」..
at 2017-04-23 02:38
自民、中川俊を強引に離党させ..
at 2017-04-22 04:07
昭恵とお付きが告発されるbu..
at 2017-04-21 02:09
中川俊、妻の闘病中に不倫x2..
at 2017-04-20 13:07
共謀罪、ダメ法相隠しのため、..
at 2017-04-20 02:21

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

頼んでもいないアメリカの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
仏大統領選でEU支持のマ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
Linux などのOS以..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革をスローガンだ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福岡約4億円強奪事件、福..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
5年毎の国勢調査の度に選..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
除染作業の中身を知らない..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
127年前の熊本直下地震..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発は停止中でも維持費が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
朝鮮半島領域の平和継続が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35
お手数をおかけしてすみま..
by mew-run7 at 02:18

ブログパーツ

タグ

(1208)
(757)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(150)
(149)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(117)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:麻生太郎 ( 264 ) タグの人気記事

稲田の夫、籠池の交渉立会いで、また修正答弁+麻生がエラそ~に、共産党に暴言

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【テニスのマイアミOP・・・女子87位の尾崎里沙が16シード(21位)のベルデンスにフルセットで勝ち、3回戦に進出。(*^^)v 一方、49位の大阪なおみも第3シード(5位)のハレプ相手にフルセットに持ち込んだものの、残念ながら敗れてしまったです。

 男子は、伸び盛りの西岡良仁がソックに第1セット4-2とリードしていたものの、左膝を負傷したため棄権することに。 (ノ_-。)
 錦織圭は、そこそこ順調に3回戦に進出。同じブロックのチリッチなどのシード選手が次々と負けているので、おいしい展開になっているのだけど。今年は格下に負けるケースが多いので、そこが気になるところ。それでも、マイアミは錦織にとって自宅から近く、地元みたいなものなので、いい調子を維持して何とか優勝をと、ついつい期待してしまうmewなのだった。(・・)>

* * * * *

 つい1年前ぐらいのこと、知人にこんな質問をされたことがある。(・・)

「あの安倍さんのヨコでエラそ~に座って、妙にニヤけている人は誰?」

「麻生太郎よ。昔、総理大臣をやってた。今、副総理なの」

「え~? あれ、麻生さん? 何か似てる感じがしたけど。あんなに人相悪いおじ~ちゃまになっちゃうなんて。違う人なのかと思ったわ」

 で、最近、安倍首相の隣で、ますますエラそ~にふんぞり返ってニヤニヤしているように見える麻生副総理兼財務大臣が、国会で共産党の議員に対して「エラそうに」「指さして、ワンワンしゃべって」こんな暴言を吐いて、山本一太委員長に注意を受けるに至った。(@@)

『森友学園参院予算委 麻生財務相、共産党議員に「偉そうに人指さしてワンワンしゃべって。失礼だろ!」

 麻生太郎財務相が24日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の問題に関して答弁した際、野党の質問に色をなして反応した。ふだんは野党の厳しい批判にも余裕の表情を浮かべていることが多い麻生氏だが、共産党議員に「偉そうに」と発言し、山本一太委員長から注意を受けた。

 共産党の辰巳孝太郎氏が森友学園への国有地払い下げをめぐり、自民党麻生派に所属する鴻池祥肇元防災担当相の事務所の面談記録について事実関係を麻生氏にただした。

 これに対し麻生氏は、共産党の小池晃書記局長が1日の参院予算委で鴻池氏の面談記録を明らかにしたことを念頭に、「訳の分からないところから『メモを取った』と偉そうにいっていた」と発言した。

 「偉そうに」発言に野党側が答弁をさえぎるように激しく反応すると、麻生氏も声を張り上げ、「俺は偉そうに聞こえたんだからしようがない」と応戦。さらに、人を指で指すしぐさを交えながら「いつも人をこうやって指さしてワンワンしゃべってる。偉そうに。失礼だろ、それは」とたたみかけた。

 最後には野党側から抗議を受けた山本委員長が「答弁のご表現はお気をつけください」と注意した。(産経新聞17年3月25日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まあ、麻生氏は(安倍首相もそういうとこがあるけど)、左派系の議員、とりわけ共産党の議員をややバカにしたような&異質なもののような扱いをして、失礼な発言をすることが少なくないのだけど。
 また麻生氏は、窮地に陥った時ほどエラそ~にニヤニヤして、余裕を見せたがるような感じもあるのだけど。<安倍っちも真似をするけど、目が笑ってない&頬が引きつっちゃう時が多いのよね。(~_~;)>

 24日の国会での言い方を見ると、チョット余裕を失っているような感じも受けたりして。(**)

 そもそも今回の件で、一番問題視されているのは、財務省の近畿財務局森友学園に異常に安く(8割引で)国有地を払い下げたことなわけで。もしこれが不当な値引きだったと判断されれば、麻生財務大臣の責任を追及されることになりかねないのだし。

 しかも麻生氏の弟分である鴻池祥肇氏の事務所が、十数回も森友学園の籠池理事長の相談に乗っていて、財務局にも問い合わせをしていたことが発覚。この時の鴻池秘書のメモが、共産党に流れて、国会で追及するネタになったし。(関連記事・『籠池の要望、鴻池秘書が財務省に伝達&さらに大きな力で全てが実現。安倍も麻生も調査拒否』)

 さらに、鴻池氏が籠池氏に麻生大臣への口利きを頼まれていたとか、酒席で「おれは 麻生に報告してるんだよ」と言っていたとかという話も出ているようで、不快感&不安が増しているのかも知れない。(・・) <酒席の発言の話は、国会で松沢成文氏からも質問されたようだ。^^;>

 mewとしては、野党やメディアには、もっと財務局や麻生ラインの問題も色々と調べて、追及して欲しいと思っている。(++)

~ * ~ * ~  * ~ * ~ * ~ 

 話は変わって・・・。

 稲田防衛大臣は、かつて夫と共同で運営していた弁護士事務所が、森友学園の顧問を引き受けていたことが判明。
 しかも、自分は森友学園の訴訟には関わっていないと国会で断言したにもかかわらず、民事訴訟の第一回口頭弁論に森友学園の代理人として出席していたことがわかり、あわてて訂正したばかり。
(関連記事・『稲田、虚偽答弁がばれて撤回&謝罪。国民&野党&メディアで、早く辞任に追い込むべし』)

 本人は虚偽答弁ではなく、記憶違いだと言い張っていたものの、少し調べれば、すぐにわかることだし。何だかともかく森友学園や籠池理事長と接点があることを隠したいという感じが伝わって来る部分もあったりして・・・。(それで記憶も歪んじゃったとか?^^;)

 稲田氏はその後も、「籠池夫妻とは10年前から会っていない」、「夫の事務所は08年に森友学園の顧問を辞めているので、国有地取得には関与していない」などと話していたのだが。籠池氏は、今でも「稲田氏と2年前に会った」とか、「稲田夫妻に法律相談したことがある」と主張。
 23日の証人喚問でも、「土地の事柄で(稲田氏の事務所に)相談した」と証言していたため、果たしてどちらの主張が本当なのか、「???」の目が向けられていた。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

  
 そして、この籠池氏の証言を受けて、稲田氏が改めて調べたところ、夫の稲田隆二氏が何とつい最近の昨年1月に 籠池夫妻が近畿財務局と大阪航空局と小学校用地で協議した際に、同席していたことが判明したとのこと。
 しかも、この協議は、隆二氏の弁護士事務所で行なわれたというのである。(゚Д゚)

『籠池氏の証言を、ほぼ全否定した。
稲田防衛相は「昨日の証人喚問における、籠池氏の証言をお聞きをして、急きょ、稲田龍示弁護士に確認したが、今の説明に間違いはございませんでした」と述べた。

稲田防衛相は、23日に行われた証人喚問で、学校法人「森友学園」の籠池理事長が、「2016年1月に、稲田防衛相の夫の弁護士事務所を訪問して相談した」と、証言したことについて、「国有地売却に関する相談を受けたことはない」と関与を否定した。

夫の稲田龍示弁護士は、籠池氏の求めに応じて、財務局などとの話し合いに同席したことは認める一方、その席でも、「代理人でも顧問でもなく、同席だけすることになったと述べ、その後、発言はほとんどしていない」とのコメントを発表した。
稲田防衛相は、自身についても、「籠池氏から法律相談を受けたとの認識はない」とあらためて強調し、自身に関する籠池氏の証言を、ほぼ全面的に否定した。(FNN17年3月24日)』

* * * * *

『<森友問題>稲田氏「夫は同席だけ」 無関係発言を修正

 稲田朋美防衛相は24日、小学校用地に関して籠池夫妻が近畿財務局と大阪航空局を相手に昨年1月に土壌汚染対応を巡り行った協議に、夫の龍示弁護士が立ち会っていたことを明らかにした。稲田氏は国有地売却に関し、龍示氏も自身も「全く関係ない」と説明してきたが、学園の土壌汚染対応は一時的に知りうる立場にいたと認めた。稲田氏は自身と学園の関係性を完全に否定していたが、学園の民事訴訟に代理人弁護士として出廷したことが判明して陳謝した経緯がある。

 籠池氏が23日の証人喚問で龍示氏に「土地の事柄で相談した」と証言したのに対し、稲田氏は慎重に対応。事務所名で「現在、事実関係を確認中」とのコメントを出していた。その後、稲田氏は24日朝の閣議後記者会見で、龍示氏から聞いた内容を文書で配布し、「(龍示氏は)土地売却について相談を受けたことはない」と改めて語った。

 文書によると、籠池夫妻は昨年1月8日に龍示氏を訪ね、学園が負担した土壌汚染対応の費用について「国が返してくれない」と相談。同27日に龍示氏の事務所で行われた協議に立ち会った際には、冒頭で「籠池氏の代理人でも顧問でもない。同席だけする」と発言した。龍示氏は「この件で費用は受け取っておらず、先方からこれ以降なんの連絡もない」と説明したという。また2009年8月ごろまで龍示氏は学園の顧問弁護士を務めたが、稲田氏自身が顧問になったことはないと改めて強調した。(毎日新聞17年3月24日)』

* * * * *

 稲田夫妻の出したコメント全文を*1にアップしておくが・・・。

 何だか防衛省の「日報隠し」同様、稲田大臣はきちんと事務所の状況が把握できていないのかな~と。また、防衛省の役人や夫の言ったことを鵜呑みして、言いなりになってるのかもと思える部分もあったりして。<しかも、ちゃんと調べず、平気で虚の答弁をしちゃうし~。(~_~;)>

 いずれにせよ、こういう主体性のない人は、安倍ヨイショ&何でも言うことをきく議員や閣僚としては、便利な存在かも知れないのだけど。国や国民から見れば、こういう人が閣僚、とりわけ防衛大臣を務めていては、シビリアン・コントロールがきかず、アブナイ状況をもたらしかねないだけに、とっとと辞任して欲しいと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2017-03-26 05:06 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

麻生はバーに1670万円(2年)、稲田は飲食費693万(1年)。ゴルフも政治活動の自民党

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【昨日の福岡国際マラソンに公務員ランナーの川内優輝が、故障を押して出場。ここまでアレコレあったけど、途中から勝負をかけて、よく最後まで頑張りましたね~。(ノ_-。) 日本人最高の3位だし、相手関係から見て、これは選ばざるを得ないのではないかな~。o(^-^)o

 そして、ダートGIのチャンピオンCは、6番人気のサウンドトゥルーwith大野が、ダート6連勝中だったアウォーディーをゴール前でスッと差して、優勝。(*^^)v祝 大野くん・・・知らないうちに30歳になってたですぅ。(@@)(そりゃあ、mewも歳をとるはずだわ。(>_<))】

* * * * *
 
 昨日の記事に、2016年度の国会議員の政治資金収入TOP10が、全て自民党の議員で占められていたという話を書いたのだけど。<トップは、政治資金収入だけで2億超え。10位でも1億3千万円以上。^^;『安倍、プーチンを国賓にできず+政治資金TOP10は全て自民&安倍閣僚はパー券で稼ぐ』>

 で、今回は、その使い道に関する記事を・・・。
  
 まあ、昔、自民党の閣僚や重鎮が、毎日のように多額の飲食費をかけて高級料亭や銀座のバー(時々、高級ゴルフ場)に通って、いわゆる料亭密室政治を行なって来たことを思えば、少しはマシになったと言えるかも知れないのだけど。(~_~;)hidokattayone

 自民党の閣僚や議員の間には、まだそのような慣習が残っているところがあるようで。秘書も含めて、高額な飲食費がかかる会合、接待やゴルフの付き合いなども、政治活動費につけて当然だと思っている人たちがいまだに少なくないらしい。(-"-)

【<日本大法学部の岩井奉信教授(政治学)の話> 政治資金の使途には明確な規定がなく、違法とは言えないが、遊興費の性格の強いゴルフ代に充てるのは適切ではない。政治資金の本来の目的は民主主義の発展に資することであり、国民感情にもそぐわない。(中日新聞16年11月30日)】

* * * * *

『麻生氏、会員制バー通い1670万円 黒ずくめで店へ

 政治家は、いったいどれほどの飲食費を政治資金から使っているのか。朝日新聞は、現職閣僚と各政党党首の28人の政治資金収支報告書について、2014年分と、25日までに公表された15年分を独自に集計。その結果、上位5人が1千万円を超えていた。

 首相在任時の08年、ホテルのバーや高級料理店通いが注目の的となった麻生太郎財務相。政治資金による飲食や会合費の支出額の合計(パーティー費用は除く)では、ほかの閣僚らを圧倒した。

 朝日新聞の集計では、麻生氏が代表を務める政治団体の支出は、この2年間で3873万円。そのうち1670万円を費やしたのが、東京・六本木にある会員制のバーだ。

 今月21日午後9時過ぎ、麻生氏はその店に現れた。帽子とマフラー、コート一式を黒色で統一し、少し離れた場所に止まった車を降りて、4階建て雑居ビル2階にある店に入った。店の入り口脇には白い花が飾られ、会員制を示す「メンバーズ」の文字がある。滞在したのは約3時間。ともに店を出た4人の男性に見送られ、車に乗り込んだ。

 麻生氏に事務所を通じて飲食費の支出について取材を申し込んだが、回答はなかった。(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 支出額の合計で、3位となったのは稲田朋美防衛相。衆院当選4回ながら2度目の入閣の稲田氏は、年ごとに政治団体の支出が増えている。

 稲田氏の資金管理団体「ともみ組」の収支報告書によると、初当選後の06年の飲食会合費の支出はゼロだった。だが、行革担当相だった13年には367万円、自民党政調会長時代の15年は106件、693万円。高級フレンチや中華料理、ミシュラン一つ星を獲得した串かつ屋の銀座店への支出もあった。14年には、渋谷区の占いもできるバーもあった。

 稲田氏にも飲食費の支出について取材を申し込んだ。稲田氏の事務所は「政治資金は法令に従い適正に処理し報告している」とした。

 政治評論家の有馬晴海さんは、「高額な飲食費を一概にダメとはいえないが、政治資金には税金が入っているケースも多い。使い過ぎかどうかの判断を有権者ができるように、可能な範囲で会合の内容を発信する努力が求められる」と話す。(光墨祥吾、矢島大輔)(朝日新聞16年11月28日)』

* * * * *

 稲田防衛大臣と言えば、資金管理団体「ともみ組」の収支報告書に添付された領収書の写し(2012年~2014年の3年分)のうち、約520万円分が同じ筆跡で書かれていることも、国会でも取り上げられたばかりなのだが。
 政治資金から高額な飲食費用やワイン購入代金などを支出していることも問題視されている。^^;

 ちょっと古い記事(10月のもの)だけど、週刊女性の『稲田朋美が政治資金で外食三昧しめて「年間276万円」!』をMore部分の*1にアップしておくです。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 でもって、2015年度の政治資金収支報告書に、ゴルフやキャパクラへの支出を堂々と記載している自民党議員の例が次々と報じられている。(@@)

 先にキャパクラ費用を政治資金から支出していた林元農水大臣の件を・・・。

『林元農相の団体、キャバクラ支出 政治資金で「飲食代」

 自民党の林芳正・元農相(55)の資金管理団体が、林氏が農相在任中だった昨年9月、女性スタッフが接客するキャバクラで「飲食代」を支出していたことが26日、政治資金収支報告書で分かった。
 「林芳正を支える会」の2015年分の収支報告書によると、政治活動費の「組織活動費」のうち、同年9月11日に計上した飲食代の支出先として、東京・赤坂にあるキャバクラの店名が記されていた。金額は4万8700円だった。
 林氏の事務所は取材に「政治資金は法令に従って適正に処理している。さまざまな方との間で情報の収集や意見交換のため、適当な場を利用して会合をしている」と回答した。
(共同・東京新聞16年11月26日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、ここからは、ゴルフ・シリーズを。

 あの土人発言を差別と思わない&パーティー券不正購入の問題も取りざたされている鶴保沖縄北方大臣も、事務所がゴルフは業務の一環だと主張しているという。^^;

『鶴保庸介氏、政治資金からゴルフ支出 事務所「業務の一環で問題はない」

 鶴保庸介沖縄北方担当相が代表を務める自民党和歌山県参院選挙区第2支部が、平成27年にゴルフ代2回分計約2万9千円を政治活動費として支出したことが30日、県選挙管理委員会が公表した同年分の政治資金収支報告書で分かった。

 事務所の担当者は「県議の後援会主催のゴルフなどに本人が招かれ、秘書が出席した。業務の一環で支出に問題はないと考えている」と話した。一方で「政治資金を巡る国民の目線は厳しく、今後、どのような支出の形にすべきか考える余地はある」とも語った。同支部は26年にもゴルフ代として6回分計約9万2千円を支出している。

 27年の政治資金収支報告書や領収書によると、支部は同年10月、同県紀美野町のゴルフ場に1万3千円と約1万6千円のゴルフ代を支払った。(産経新聞16年11月30日)』

* * * * *

 で、こちらは参院の渡辺猛之氏に関する記事。

『政治資金からゴルフ代5万円 自民・渡辺猛之参院議員

 自民党の渡辺猛之参院議員(48)=岐阜選挙区=の後援会と資金管理団体「孟志会(もうしかい)」が昨年、ゴルフ場にプレー代として計約5万2600円を政治資金から支出していた。両団体の昨年の政治資金収支報告書でわかった。渡辺氏の秘書は取材に「政治活動や後援会活動の一環と考えていたが、誤解を生じるおそれがあるので訂正することも考えたい」と話している。

 岐阜県選挙管理委員会が今月公開した昨年分の政治資金収支報告書によると、昨年4月、孟志会が埼玉県内のゴルフ場にプレー代約2万円を支出。後援会は昨年11月、岐阜県白川町のゴルフ場に計約3万2千円を払っていた。
 秘書によると、埼玉県では渡辺氏が出身高校の同窓会員らとプレー。白川町では、地元の住民主催で秘書が代理で参加したり、後援会主催で本人や秘書が参加したりしたという。

 渡辺氏は2010年の参院選岐阜選挙区で初当選し、今年7月に再選を果たした。(朝日新聞16年11月30日)』

* * * * * 

 最後に伊達参院議長の場合は、ゴルフ・コンペ代の一部を後援会が負担していたとのこと。これは公職選挙法に違反する疑いがあるという。^^;

『伊達忠一・参院議長(北海道選挙区)の政治団体「伊達忠一連合後援会」が2013~15年、支援者向けに開いたゴルフコンペの収支を巡り、計約93万円の差額を後援会側が負担していたことがわかった。
 政治団体がゴルフコンペなどの差額を負担した場合、選挙区内への寄付を禁じた公職選挙法に抵触する可能性がある。

 収支報告書によると、15年のコンペは8月に開かれ、収入が148万6500円だった。一方、支出は「コンペ代」と「参加賞代」の計175万6778円で、27万278円多かった。14、13年も支出が収入を上回り、3年間で計93万5054円の差額があった。
 伊達氏は30日、読売新聞の取材に「コンペに参加予定の人たちが何人かキャンセルして来られなかった。弁当代などを負担していたため、差額が生じた」と説明した。(読売新聞16年12月1日)』

 残念ながら、最近は、TVが安倍内閣や自民党に不都合な「政治とカネ」の問題はスル~しているので、国民の多くがこのような問題に関心を抱かないor気づかない感じなのだけど。
 ワイドショーのスタッフに「舛添の100分の1でいいから、取り上げてくれい!(ライス風)」と頼みたくなっているmewなのだった。(@@)

THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2016-12-05 06:24 | 自民党について | Trackback

麻生vs.菅で分裂選挙に~自民が福岡6区補選で候補者を1本化できず、2人出馬。野党にチャンスが


 これは9月25日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【女子テニス・東レパンパシで、18歳の大阪なおみ(66位)が上位ランキングの選手を次々と下して、決勝に進出。1セットめは5-7と最後まで競ったものの、2セットめにはさすがに連戦の疲れもあってか、肩に痛みが出たり、足も動かなくなったりして2-6で落とし、初優勝はならなかった。^^; 
 でも、ウリものの弾丸サーブだけでなく、ショットも見るたびにうまくなっているし。<スライスへの対応も慣れて来た感じ。それにまだまともにネットプレーの練習をしたことがないという話もあったりして、(本田もビックリするほど?)のびしろがいっぱい!>
 ランキング30位台にはいった土居美咲と共に、どんどん上を目指して欲しい!(^^♪

 ちなみに日本人でパンパシで優勝したことがあるのは、mewが大好きな伊達っくのみ。(95年だったかな?)その伊達は、現在、復帰を目指して膝の手術のリハビリに励むと同時に、東京・恵比寿に「FRAU CRUMM」なるパンとコーヒーのお店もオープンしたです。お近くの方は是非!そして、リハビリ、ガンバ!o(^-^)o】h
* * * * *

 さて、来月(10月23日)には東京10区と福岡6区の衆院補選が行なわれるのだが。今回は福岡6区の話を・・・。

 福岡6区は、6月に他界した自民党の鳩山邦夫氏の議席を補うものなのだが。福岡県内の大川市長を務め邦夫氏の後継者とみなされていた次男・鳩山二郎氏(37)が選挙区も継ぐものかと思っていたら、自民党の福岡県連会長の長男である蔵内謙氏(35)も同区からの出馬を狙っていたことから、両者が自民党の公認を争って対決するという構図に。

 しかも、鳩山氏のバックには菅官房長官が、蔵内氏のバックには地元の麻生副総理&強力OBの古賀誠氏がついていることから、自民党の福岡県連、ひいては自民党本部や安倍内閣まで二分するような対立に発展しつつあるのだ。(@@)

 自民党の福岡県連は7月末、県連会長の長男の蔵内氏を公認申請したのだが。これに対し、鳩山氏の支援者は8月30日、党本部で古屋圭司選対委員長に公認を要請。
 党本部は何とか一本化したいと考え、蔵内氏に出馬辞退を促したのであるが、麻生&古賀氏がついている蔵内陣営は引かず。2人とも絶対に出馬すると宣言。(~_~;)

 困った自民党本部は、どちらかを公認すれば遺恨が残ることから、両方とも公認せず。無所属で出馬させて、当選した方を追加公認するという、お得意の玉虫色策をとることにしたのだが。早くも現地では、これまで挙党一致を演出して来た自民党のイメージをぶち壊すような舌戦が展開されているという。(・・)

 また自民党が分裂選挙を行なえば、野党候補にもチャンスが出て来る。(・o・)
 現段階では、民進党が元在インド日本総領事館職員の新井富美子氏(49)を公認。また、共産党は党筑後地区委員長の小林解子氏(36)の擁立を予定しているのだが。もし野党共闘の協議が整えば、共産党が擁立を見送る可能性もあるという。(++)

* * * * *

『◆遠い一本化

 鳩山邦夫元総務相の死去に伴う補選には、邦夫氏の次男で福岡県大川市長の二郎氏が出馬を表明している。党福岡県連は蔵内勇夫県連会長の長男、謙氏の公認を党本部に申請。二階氏は30日の記者会見で「できるだけ早く一本化になることを期待する」と述べたが、収拾はついていない。

 二郎氏を支援する本村康人久留米商工会議所会頭らは30日、党本部で古屋圭司選対委員長と面会した。二郎氏の公認を要請すると、古屋氏は「慎重に対応する」と聞き置いたが、本村氏は記者団に、「公認がなくても二郎が勝つが、筋が通らない」と述べ、今後も公認を求める考えを示した。

 一方、古屋氏は23日に都内のホテルで蔵内謙氏と面会し、暗に出馬辞退を求めた。党独自の調査で蔵内氏の支持が二郎氏を大きく下回ったためだ。党幹部は「鳩山家の弔い合戦には勝てない」として蔵内氏の不出馬を模索するが、蔵内氏は古屋氏の要請に首を縦に振らなかった。党県連は「公認申請の手続きに瑕疵(かし)はない」として、引き続き蔵内氏の公認を求めている。

 事態を複雑にしているのが、“大物の代理戦争”の様相を呈していることだ。二郎氏には、邦夫氏が主宰していた派閥横断グループ「きさらぎ会」が支援に乗り出した。100人以上の国会議員に支援呼びかけの文書を送付。同会の顧問は菅義偉官房長官が務める。二郎氏は二階氏とも面会済みで、激励を受けた。

 これに対し、蔵内氏の選対本部長には麻生太郎副総理兼財務相(福岡8区)が就任。中選挙区時代に現6区を地盤としていた古賀誠元幹事長も支援する。(産経新聞16年8月31日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『福岡補選は自民分裂“場外戦" 安倍延命に待ったをかける麻生太郎の“怨念"

2016/9/20 週刊実話

 混沌としている鳩山邦夫元総務相の死去に伴う福岡6区補選。10月23日投開票予定の補選を巡り、一枚岩と思えた安倍内閣の水面下で仁義なき戦いが勃発。崩壊の一歩では、と囁かれている。

 6区補選混乱の元凶は、安倍首相を支える『きさらぎ会』と、麻生太郎財務相を担ぐ地元自民党県連の対立だ。
 地元関係者が解説する。
 「自民党福岡県連は、県連会長の息子、蔵内謙氏擁立で党本部に打診。蔵内氏の選対本部長には麻生氏、顧問に古賀誠元幹事長が就いた。要は、福岡のドン2人が蔵内支持に動いたということ」

 しかし一方で、邦夫氏の次男、福岡県大川市の鳩山二郎市長も出馬に動いた。
 「党本部に赴いた二郎氏は二階俊博幹事長と面談し、公認願いとともに、たとえ公認が得られなくても出馬すると宣言。二郎氏がそこまで強気になる背景には、邦夫氏が生前主宰していた派閥横断グループ『きさらぎ会』系列議員が支援に乗り出したからです。同会顧問は菅義偉官房長官が務め、最大のバックは安倍首相。邦夫氏は生前、『きさらぎ会』を安倍支持部隊として動かしていたのです」(同)

 そのため安倍首相も、二郎氏公認で一本化を図りたいと、密かに古屋圭司選対委員長を使い蔵内氏出馬辞退を画策したという。
 「そのため、古屋氏は自民が行った極秘アンケートを蔵内氏に突き付け、鳩山氏がダントツに強いデータを示したが、蔵内氏は“偏ったアンケートだ”と突っぱね、出馬の意向を変えなかったのです」(同)

 蔵内氏側もこれだけ出馬にこだわる理由は、邦夫氏が母方の祖父の故郷の福岡6区に東京から鞍替え時、地元が大幅に譲歩。しかも邦夫氏は、“世襲はさせない”と明言していたからだといい、「それが安倍首相の陰の指示でガラガラポンは許せないというのが、福岡県人の意地」と地元関係者は言うのだ。

 自民党関係者はこう語る。
 「麻生氏はこれまで、消費増税再延期などでも、首相に譲歩に譲歩を重ねてきた。さらに今回は地元選挙区を荒らされ、今度ばかりは地元民の反発もあり引くに引けない。それでも安倍首相がゴリ押しすればどうなるか。混乱次第では、総裁任期延長を目論む安倍首相に対し、反対の石破茂氏、岸田文雄外相と麻生氏が組み、一気に政権打倒に動く可能性も出る」

 党本部が頭ごなしにひっくり返そうとするとは何事だ! と候補者差し替え論の浮上に激怒する麻生氏。
 “太郎爆弾”は動き出した。さて、安倍さんどうする?』

* * * * *

 もうひとつ、デイリー新潮から。

『菅官房長官と麻生財務相の“代理戦争" 故・鳩山邦夫の福岡6区めぐり
デイリー新潮 9月19日(月)5時50分配信

「またの名、死に神」。かつて朝日新聞によってこう命名された鳩山邦夫元法相。6月21日に67歳で亡くなり、天に召されて「神」となった鳩山氏だが、黄泉(よみ)の国から大物政治家に致命的打撃を与えようとしている。

 ***

 麻生太郎財務相(75)、古賀誠元自民党幹事長、そして昨今「話題」の山本幸三地方創生相……。「個性豊か」な政治家が揃う福岡県を舞台に、目下、壮絶な抗争が繰り広げられている。

 鳩山氏の死去に伴う衆院福岡6区の補欠選挙の投開票は10月23日に行われる。表向き、ともに「自民党系」として出馬を宣言している邦夫氏の次男で同県大川市長の鳩山二郎氏(37)と、同党福岡県連会長の長男である蔵内謙氏(35)の対決という構図になっているが、

「蔵内さんには麻生・古賀連合が、鳩山さんには麻生さんの8歳下の菅さん(義偉・官房長官)が付き、彼ら後見人たちの争いと化しています」(政治部記者)

 この代理戦争の背景を、福岡県政関係者が解説する。

「邦夫さんは生前、派閥横断の『きさらぎ会』を作り、『安倍―菅コンビ』の応援団を公言。その縁から、菅さんは邦夫さんに恩義があり、今回もきさらぎ会のメンバーに二郎さんを応援するように指示しました」

 対する麻生氏サイドは、

「当時の麻生総理と鳩山総務相は郵政民営化のあり方を巡って揉め、結局、鳩山さんが辞任するに至った経緯があり、麻生さんとすれば、鳩山さんは自分の政権を潰した『戦犯』だという恨みを持っている。そのため、邦夫さんの死を『好機』として鳩山家潰しに動いているわけです」(同)<下につづく>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



■トリプルスコア以上

 こうして蔵内氏の選対本部長に就任した麻生氏。蔵内氏は「福岡県連公認」の候補となっているものの、父親の弔い選挙でもある二郎氏サイドは納得せず、現在、両陣営は「党本部公認」を争って、一歩も引かない状況に陥っている。

 麻生vs菅、安倍内閣の重鎮同士のがっぷり四つ――。はた目にはこう映る。しかし内情はというと、

「蔵内さんがこれまで出した経歴書では、ある時期、会社で働いていたことになっていたかと思えば、フリーDJだったり、父親の秘書だったりと表記がコロコロ変わる。加えて、ブリヂストンの創業地である福岡6区では鳩山ブランドが根強い。結果、自民党は8月中に2度、世論調査を行ったのですが、1回目で鳩山さんが蔵内さんに2・5倍のポイント差をつけ、2回目はトリプルスコア以上に差が開いています」(同)

 がっぷり四つどころか、平幕と横綱の取り組みとなっているわけだ。その上、

「焦った麻生さんは8月末、鳩山事務所がある久留米(福岡県)に本店を置く地銀の会長に、蔵内後援会の会長就任を打診したんですが……」(同)

 当の地銀会長に聞くと、「麻生さんからの依頼はお断りしました」

 現役財務相が「影響下」にある地銀に袖にされる赤っ恥をかかされた格好なのだ。

 旗色の悪い蔵内氏は、本人に代わって県連事務局長が、まず経歴に関して、「会社勤務やDJはアルバイトで秘書もしておりました」

 こう答えつつ、「党本部の公認が得られるものと信じております」 と、半ば「神頼み」。どうやら現状は……。死せる鳩山、生ける麻生を走らす。

 現代版「福岡の寓話」?

「ワイド特集 きょうびの寓話」より「週刊新潮」2016年9月15日号 掲載』
 
* * * * *

 そんなこんなでもめにもめた挙句、自民党は最終的に、ギリギリ先週末になって、これらの大物閣僚たちの争い、ひいては党を二分するような争いを防ぐべく、どちらも公認しないことに決めたのである。(~_~;)
 
『鳩山邦夫元法相の死去に伴う衆院福岡6区補選(10月23日投開票予定)で、自民党は24日、参院議員秘書の蔵内謙氏(35)と、元法相の次男で前福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)のいずれも公認を見送る方向で最終調整に入った。どちらかが当選すれば追加公認する方針で、自民系の分裂選挙は不可避となった。

 党福岡県連は7月末、県連会長の長男の蔵内氏を公認申請した。これに対し、鳩山氏の支援者は8月30日、党本部で古屋圭司選対委員長に公認を要請。党本部は蔵内氏に出馬辞退を促したが、調整は難航していた。

 10月11日に予定される告示日が迫り、党幹部は毎日新聞の取材に「どちらかを公認すればしこりが残る。引っ張っていても仕方ない」と指摘。今週中にも公認見送りを最終判断する見通しを示した。蔵内氏は麻生太郎副総理兼財務相や古賀誠元幹事長の支援を受ける。(毎日新聞16年9月24日)』

* * * * *

 さすがに安倍自民党政権も4年を超えて、みんなで挙党一致ごっこを演じるのも疲れて来ているし。地方支部も含めて、アチコチでひずみや不満も生じている様子。
 特にこの福岡6区の補選で分裂選挙になったのは、野党にとって大きなチャンスだと言えるし。自民党候補が負けた場合、党内の不満爆発や安倍政権崩壊のきっかけになる可能性も大きいと思われ・・・。
 野党には(特に民進党ね)、現状をきちんと認識して、このチャンスをしっかりと活かして欲しい願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-09-25 17:00 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

麻生がまた失言&政治資金は夜のクラブ活動に大胆支出&菅官房長官と対立

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 参院選の投開票日まで、あと20日!安倍政権打倒に向けて、ガンバ!o(^-^)o

<昨夜、キープしていた記事&メモが消えたので、この記事では麻生三連発を。>

 暴言大王の麻生副総理が、またかまして下さったらしい。(@@) 

<フジTVも取り上げてたよ。ほかのTVのワイドショーは扱ってくれてるのかな?(・・)
 で、「おまえはいつまで議員をやってるつもりだよ」とMY知人。(>_<)>

『麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、北海道小樽市での講演で「90歳になって老後が心配とか、わけの分かんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。オイいつまで生きてるつもりだよと思いながら見てました」と語った。麻生氏自身も75歳だが、高齢者への配慮に欠けた発言として批判が出ている。

 麻生氏はこの日、参院選の立候補予定者の応援などで北海道を訪問。小樽市の党支部会合で経済政策について語り、「1700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」などと指摘する中で「90歳の老後」に言及した。自らの祖母が91歳まで元気だったと紹介し、「カネは一切息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってましたけど、ばあさんになったら、ああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」とも語った。貯蓄より消費が重要として「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」とも述べた。

 麻生氏の発言に対し、民進党の岡田克也代表は大分県由布市で「国は年金や医療、介護制度で、高齢者の不安に応えなければならない。私は非常に怒っている」と批判した。共産党の志位和夫委員長は東京都内で「人間の尊厳をどう考えているのか。血も涙もない」と述べた。(朝日新聞16年6月18日)』

 そう言えば、前にもこんな発言していたんだよね。^^;

『麻生大臣は2013年1月にも「政府の金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとか、いろんなことを考えないといけない」と高齢者批判をして、撤回していた。(日刊ゲンダイ16年6月18日)』

* * * * *

 ついでというわけじゃないけど。麻生副総理の政治資金の使い方もチェックして欲しいところ。<そう言えば、首相時代も毎晩のように、ホテルのバーに行って贅沢してるって、ツッコまれてたっけ?^^;>
 ここまで大胆にやっちゃった方が「せこい」と批判されず、スル~してもらえちゃうのだろうか?(~_~;)

『1回100万円超も 舛添知事より酷い麻生大臣の“クラブ通い”

 ドケチ都知事が、ますますチンケに見える。昨年公開の政治資金収支報告書(14年分)によると、閣僚トップの集金力を誇るのは麻生財務相だ。2億円近い政治資金をカキ集めたが、使い道はメチャクチャだ。

 資金管理団体「素淮会」は14年だけでも政治活動費の名目で計137回、総額1531万円を飲み食いに浪費。支出先も銀座のミシュラン3つ星すし店「すきやばし次郎」など高級店ばかり。

 政治活動に名を借りた“夜のクラブ活動″にも政治資金から途方もないカネを落とし、支出先には「クラブ由美」や「ファーストクラス」など“座っただけでウン万円”の老舗クラブの経営会社がズラリ。自宅そばの天ぷら屋や別荘近くの回転ずし店に政治資金で通っていた舛添都知事がつくづく貧乏臭く思えてくる。

 気になるのは、居並ぶ高級店に交じって「オフィス雀部」という六本木の有限会社への支出が突出していること。14年までの5年間で計42回、総額3359万円を計上。1回50万~100万円の支出もザラで、13年5月27日には1回で128万円を払っていた。

 かつて麻生大臣は衆院予算委員会でオフィス雀部について「いわゆるスナックを経営している」(13年2月12日)と説明したが、実際は六本木の会員制サロン「Bovary」の運営会社だ。

「オフィス雀部の女性経営者はもともと銀座のクラブに勤めていた頃から、麻生大臣とは30年来の旧知の仲。過去には女性経営者が“麻生大臣と愛人関係にあったことを認めた”と週刊誌に書かれたこともあります」(自民党関係者)

 1回100万円超の高額支出について麻生大臣は参院予算委で「何カ月分もたまってその日に払う」「1回でスポッと全部かかったわけではなくて、たぶん、3カ月分がそのくらいになった」(14年11月4日)と答弁。女性経営者とは少なくともベラボーな額のツケが利く関係なのだろう。

 写真誌「FRIDAY」が昨年3月に2週間、Bovaryの前に張り込むと、麻生大臣は9回も姿を見せたという。まさに「三日にあげず」。舛添知事への猛バッシングと比べ、浮世離れした金銭感覚の財務相は守られ過ぎている。(日刊ゲンダイ16年5月24日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一つ。これは、ある意味では、参院選後のお楽しみになるかも知れないが・・・。

 経験や知識の乏しい安倍首相を前政権の時から閣僚として近くでずっと支えて来たのが、NASA(中川・麻生・菅、甘利)のお友達だったのだけど。中川氏は他界し、甘利氏も口利き疑惑で辞職することに。(~_~;)
 で、残る2人の麻生氏と菅氏は、もともとさほど折り合いがよかったわけではない上、今回の増税再延期によって、両者の溝がかなり深まったと言われている。^^;

 麻生副総理&財務大臣は財政再建派で。自分が首相だった頃も含め、ずっと前から、費税を上げて財政を健全化すべきだと主張していた人。
 先月行われたG7の蔵相会議でも、いわば国際公約として消費税増税を予定通りに実施すると宣言していたほどだ。^^;

『[東京 25日 ロイター] - 麻生太郎財務相は25日午前の衆院財務金融委員会で、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げについて、先に仙台市で開かれた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議でも、予定通りに実施すると発言したことを明らかにした。(中略)
 麻生財務相は「財政を考えた場合、消費税は極めて重要な要素を占めている」とし、「従来通りとG7の中でも申し上げた」と語った。予定通りの消費増税は国際公約か、との問いに対しては、「国際公約ととるかは別にして、日本政府として、きちんとやらせていただくと申し上げ続けている」と述べた。(ロイター16年5月25日)』

* * * * *

 ところが、長年にわたる構想が、ようやくここで実現できると思ったら、目先のことしか考えていない安倍首相&菅官房長官コンビが、自分勝手な都合、判断で、盟友・麻生氏との約束を14,16年と2回も破って増税延期を決めてしまったわけで。麻生氏は、この2人に対して(特に安倍首相をコントロールしている菅官房長官に対して)かなり怒っているようなのだ。(-"-)

『増税再延期めぐり「麻生vs菅」 安倍政権の亀裂は修復不能

政権崩壊が近づいているのではないか。安倍首相が「消費税増税」も「衆参ダブル選」も見送ると決めたことで、政権内の亀裂が抜き差しならなくなってきた。特に麻生財務相と菅官房長官の対立は、もはや修復不能の状態になっている。

「必ず予定通り、消費税率を10%へ上げてくれ。出来ないのなら衆院を解散して信を問う必要がある」「前回延期を決めた時、2017年4月に引き上げると約束しましたよね」

 安倍首相から「消費税増税」も「衆参ダブル選挙」も見送ると伝えられた麻生財務相は強く反対し、講演でも「解散して信を問わないのは筋が通らん」と不満をぶちまけている。増税派の麻生財務相は1週間前、国際会議で「増税は予定通り実施する」と断言したばかり。わずか数日でひっくり返され、完全にメンツを潰された形だ。

■3度目の煮え湯にカンカン

それにしたって、閣僚が表立って総理の考えに異を唱えるのは異例のことだ。よほど、頭にきたのは間違いない。

「重要な政策決定で、麻生さんが自分の考えを総理から蹴られるのは、これで3回目です。1回目は14年に増税を延期した時、2回目は軽減税率の導入をめぐって。そして、今回が3回目です。3回も煮え湯を飲まされ、プライドの高い麻生さんは『冗談じゃねぇ』と我慢できなかったのでしょう」(自民党関係者)

 ただ、怒りの矛先は、「盟友」の安倍首相ではなく、菅義偉官房長官に向かっているという。3回とも、麻生財務相と対立した菅官房長官の主張通りになっているからだ。

「菅さんは一貫して増税反対、ダブル選反対でした。麻生さんが『解散すべきだ』と訴えた時も、『参院選で信を問えばいい』と反論しています。麻生さんは『すべて菅の野郎の言う通りじゃねぇか』と思ったはずです」(政界関係者)

もともと、安倍首相周辺では菅官房長官への反発が強まっていた。麻生財務相VS菅官房長官をキッカケに、安倍首相周辺が2分裂する可能性が強まっている。

「能力本位ではなく、“お友達”で組閣した弊害が一気に噴き出しつつあります。安倍さんの周囲は全員、『自分は安倍さんに近い』と思い込んでいる。だから、自分の意見が採用されないと、怒りは安倍さんではなく、『あいつのせいだ』と他のお友達に向かう。怒りが集中しているのが、菅長官です。その菅長官も『トラブル処理に疲れた』と愚痴をこぼしています。安倍内閣は〈麻生財務相、甘利氏、菅官房長官〉の3人が支えてきたが、甘利さんが閣内から消えたことで、バランスが崩れている。麻生財務相と菅官房長官の対立は、致命傷になる可能性があります」(永田町関係者)

 仲良しチームは、好調な時は勢いに乗るが、危機に陥るともろい。安倍首相が9年前の参院選で大敗し、政権を追われた時と、似たような状況になってきた。(日刊ゲンダイ16年6月1日)』 
* * * * *

 もし参院選で、安倍自民党が公明党と合わせて過半数をとったとしても、思ったほどの数の議席をとれなかった場合、選挙圧勝を武器にして、絶対的な力で党を支配して来た官邸の力は弱まり、閣内や党内から安倍首相への不満が徐々に高まって・・・、それが、やがて政権崩壊につながる可能性も十分にある。
 それゆえ、早く安倍首相&菅官房長官が窮地に陥るように、自民党の議席を一つでも少なくしたいと燃えているmewなのだった。(@@)

  THANKS  

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-06-20 04:23 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍、20年五輪や改憲まで首相続投を視野に、消費税大延期を画策か?

  これは6月1日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 安倍首相は今日1日、通常国会の閉会を受けて、消費税率8%→10%へのアップを19年4月まで延期すること、衆参同時選は行なわないことなどに関して説明をする記者会見を行なうという。(・・)

 果たして、14年末の会見で「再延期は行なわないと断言する」と自ら語った言葉を、どのような屁理屈を使って釈明するのか(あくまでもアベノミクスは成功していると主張するも、、世界がリーマン前のような危機にあるので、やむなく延期すると弁明するのか)、国民は~く聞いて欲しいと思うし。
 4年も再延期した場合、その税収で行なうはずだった社会補償や子育て、教育政策や、一億何たら政策にも支障が出るのは確実で。心ある記者たちには、その辺りのことをしっかりと突っ込んで質問して欲しいと願っている。(**)

<安田純平氏のこともきいて欲しいな~。まさか選挙が終わるまで、とりあえず生かすようにしていて、あとで見放すなんてことはないでしょうね。(-"-)

* * * * *

ただ、安倍首相も、この何日かは苦労したようだ。(~_~;)
 5月29~30日かけて、麻生副総理、谷垣幹事長、高村副総裁、石原経産大臣、稲田政調会長、二階総務大臣、公明党の山口代表など、内閣の要職&与党の幹部に次々と会談。<BUT石破前幹事長、地方創生大臣は呼ばれなかったらしい。>

 安倍首相としては、当初は、増税再延期の上、解散して衆参同時選を行なうのが望ましいと考えていたようなのだが。増税再延期した方が支持をキープしやすい。<今までの傾向としては、W選の方が勝ちやすいし、野党共闘が整う前に衆院選を打った方が得策なので>
 でも、これは敵だけでなく、味方である公明党や自民党の閣僚、幹部まで欺くようなワガママな要望なのである。(@@)

 公明党はもともと増税延期にも同時選にも反対の立場。そこは公明党の主張に配慮し、同時選をやめることに。(公明党の協力がないと勝てないしね。)また、次の増税時に約束していう軽減税率を実行に移すこと+αを約束して、何とか飲んでもらったようだ。(・・)

 また自民党内には、本当は異論がアレコレあったのだが、08年の自党、11年の旧民主党から得た「選挙前に党内がもめるのはよくない」という大教訓があるため、案の定、意見があった人たちもみんな押し黙ってしまった。<この自民党の国や国民の利益より、おいしい与党の立場キープが前提というのが、安倍独裁を助長してるのよね~。(ノ_-。)>

『自民党税制調査会は31日、非公式幹部会を開き、安倍晋三首相の消費税率引き上げ延期方針を受け入れることで一致した。かつて税制に関して「聖域」とされた自民税調には財政再建を重視するベテラン議員が多いが、首相側から宮沢洋一会長に相談や連絡はなく、蚊帳の外だった。幹部会では異論は出ず、「いまさら発言することはない」(出席者)など投げやりな雰囲気が漂った。
 首相は延期の理由として、現在の経済情勢とリーマン・ショック前の状況との類似点を挙げているとされるが、別の出席者は「今の世界経済がリーマン前のような状態とは誰も思っていない」と指摘。「(国民への)説明をどうするか考えてもらわないといけない」と突き放していた。(時事通信16年5月31日』

* * * * *

 ただ、安倍首相の古くからのアニキ分であり、安倍再首相の再登板や財務・経済政策を支えて来た麻生副総理も、本当に不満を覚えていて、簡単には応じてくれなかった様子。(~_~;)
<麻生首相は、自分が首相時代から、消費税増税を行なって財政健全化することを公約にしていたぐらいだしね。^^;>

『28日夜、首相公邸。安倍首相が増税先送りの政府・与党内調整を始めるにあたり、最初に呼び込んだのが麻生氏だった。

 「世界経済が危機に陥るリスク」を理由に、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げを2019年10月まで再延期する方針を伝えた首相に、麻生氏は真っ向から反論した。「衆院を解散すべきだ。前回延期を決めたとき、17年4月に引き上げると約束しましたよね」(朝日新聞16年6月28日)』

『安倍総理大臣は消費税率10%への増税を2年半先送り、衆議院解散という「伝家の宝刀」は抜くと見せ掛けて抜かない考えです。麻生副総理兼財務大臣は増税先送りなら解散するよう求めましたが、30日夜の会合でついに折れました。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 最も強硬だったのが麻生大臣ですが、安倍総理は1対1で3時間かけて説得することで政権内の亀裂を収めた格好です。31日朝の閣議前の様子ですが、30日とは打って変わって安倍総理と麻生大臣が談笑していました。
 麻生財務大臣:「結果が大事なので私の気持ちは関係ありません。基本的に自由民主党は色々な意見が出る。その意見を踏まえて最終的に総裁・総理大臣が決定する。それに従う、それがルールです」
 くすぶり続けていた解散論が鎮火し、永田町はいよいよ参院選モードです(ANN16年5月31日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そもそも、この消費税を2回に分けて8%、10%と上げて行くことは、民主党だけでなく自公も一緒になって3党による合意で決めたこと。景気条項は設けたものの、安倍首相は既に1年半の延期と切り札を使った上、次は再延期を実行すると国民の前で『断言』しているわけで。
 このあと政権与党になった自公には、これを着実に実行に移す義務があるし。それを前提に、今後の日本の社会保障、子育てなどの社会政策の予算の計画を作ったり、少しでも借金を減らして健全な財政を取り戻したりする計画を作っているのである。(・・)

 ただ14年末には、まだアベノミクスが十分に効果が出ていなかったため、麻生財務大臣などの自民党財政再建派も公明党も、一度だけなら(許してあげる~nomura)との約束で、再延期をOKしていたのだが。
 昨年末に、公明党が軽減税率の実施を強く要望してもめた時も、麻生、谷垣氏らは財務省とともに難色を示したのであるが、17年4月にきちんと税率アップを実行するならとの約束の下に、OKしたという経緯があるし。よもやまた再延期したいと言い出すとは。
 しかも、今度は2年半、つまりは計4年も延期することになれば、10兆円近くの税収が減ることになるわけで、安倍首相は、無責任極まりない決断を行なおうとしているのである。(-"-)

 そこで、安倍首相は31日の夜、最後にもう一度、麻生副総理を呼んで、3時間も会食&会談を行ない、自らの思いを麻生氏に訴えたとのこと。(@@)
 麻生氏も、何分にも安倍氏は大事な弟分であるし。<昔からAHA~Nの会(麻生、平沼、安倍、中川)を作ってたほどだし。祖父が吉田茂、岸信介氏と元首相同士だし。>麻生氏が首相になる時に尽力してくれので、自分の考えは抑えて、安倍の長期政権下に協することに決めたのではないかと察する。(・・)

* * * * *                                                                               
 尚、鈴木宗男氏が安倍首相と熊本地震後の先月28日と今月24日に約30分ずつ首相官邸で会談し、その際のやりとり紹介していたのだが。

 首相は熊本地震の復旧・復興対応を優先し、同日選を見送る意向だが、地震発生から間もない先月28日の会談では「今やっても(衆院は)20~30議席減ることは覚悟しなければいけない」と述べ、衆院で「3分の2」以上持つ与党の現有議席を確保できない可能性に言及していたという。 
 鈴木氏は講演で一連の首相発言を踏まえ、「99%ダブル選挙はない。与党に対する追い風にならない限り(選挙は)ない」と語った。(事実新2016/05/28)』

 実際、自民党は5月の衆院補選のデータがイマイチだった上、、参院選、国会運営で野党共闘が進むつれ、自民党の参院選の予測もややかなり押し込まれている様子。

 安倍首相は前政権時の07年に参院選で惨敗して、ねじれ状態を作った責任を強く感じているため、何とかこの参院選で、できれば自民党が単独過半数をゲットすること、それはムリでも公明+αで憲法改正に必要な2/3の議席をとることを目指したい気持ちが強いわけで。今、衆院の方はとりあえず2/3の議席があるのだから、しばらく様子見をした方がいいという気持ちも働いたのかも知れない。(~_~;) <また、熊本地震の影響もあったと思う。>

<衆参同時選挙になった時には、よほど首相や政権政党のコアな支持者は療法とも与党にいれるので、支持率が低い場合は衆参とも圧勝できる可能性があるが。首相や政権の政策、日々の生活に問題があって、支持政党がない人の投票が増えれば、一方は自民党、もう一方野党に投票する傾向が増えるとのこと。
 尚、mewは、また野党共闘が始まったばかりで、衆院選での共闘の準備は大変なので、参院選を先にやってくれてよかったと思ってる。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 もう一つ、今、問題になっていることは、何故19年4月まで2年半(計4年半)も、最造成を延期するのかということだ。(-"-)
 アベノミクスは既に国家が出なくなっておて、1年やそこらでは景気や消費が大幅に回復する可能性が乏しいため、1年~1年半の延期ではチョット不安だ。(~_~;)

 しかも、2年延期にすると19年の春の統一地方選、19年の参院選挙にぶつかるため、その前に消費税を上げるとマイナスに響く可能性が大きいわけで。全ては国の経済や国民の利益よりも、自分たちの選挙の都合を優先して計画が立てられているのだ。(-"-)
 
 また安倍首相は、18年9月で自民党総裁任期が切れてしまうので、19年4月の延期がきtんと実現されるのか、無責任にも逃げてしまうのではないかとの声も上がっているのだが。
<まあ、経済、その他がうまく行ってなかったら、もう首相を続けてはいられないと思うけど。^^;>

『首相は31日、東京都内での会合で「(サミット)議長国として、率先してあらゆる政策を総動員する」と財政出動に意欲を示し、「(首相の経済政策)アベノミクスのエンジンをもう一度、最大限にふかしていく」と決意を強調した』とのこと。^^;
 首相は、まだアベノミクスには「過大広告」や「ホラ」を吹かす以外のまともなエンジンが残っていないことが理解できていないようなのである。(~_~;)

* * * * *

 他方、自民党には、安倍氏の党総裁人気を特別に2~3年延期して、せめて2020年の東京五輪まで日本の首相でいさせたいというグループが動き始めているのが実情だ<鳩山邦夫氏や、安倍率いる超党派議連のメンバーとかが中心になっている。>
 18~9年と五輪が近づけば、世間も五輪に関心を持つようになるし。いわゆる五輪景気が起きて、部や大企業、建設・不動産業者などは一時的に業績が大きくなる。(~_~;)<ただし、一気に崩れるおそれが大きい。>

 となると安倍首相は20年、自らは「何をアンダーコントロールしたのか(あ、メディアかも)」わからないのだのだが、自らも招致に関わった五輪効果で、「ようやくアベノミク」効を奏しまたかと自慢ることも可能だし。 (^ー^)

 また、本来であれば14年頃から本確的に行なう予定だった憲法改正運動の計画が2~3年遅れているので、ここから20年まであと3~4年で、(もう崇高な理想はあきらめて)まずは何とか一度でいいから憲法改正なるものを実現してみたい。一度でいいから、国会の発議と国民投票を行なってみたいという思いが強い人が安倍陣営の中にも増えている様子。   

<本当は緊急事態事項や改憲議席緩和から行きたいのだけど、これが国民の警戒感が強いため、最近はLGDBへの理解が深まり、同性の生活、婚姻を認める傾向にあるため、24条の婚姻に関する条項を改正する案を出している和解議員もいる。(でも、保守系の議員は認めないさろうな。^^;)

* * * * *

 まあ、早く行ってしまえば、今回の安倍首相の増税延期は、何とか自分の政権を安定的に長期化させて、自分が何より目指している「戦後体制の破壊(=戦後憲法や教育、社会のしくみを破壊)」をして戦前のような経済的にも軍事的にも強い国作りを目指すことであって。<注・国民は身分相応の生活ができて、愛国心を持ってお国のために尽くせる人材になる。>

 あと何年も安倍政権が続いたら、日本は本当に戦前に近づいて、自由民主主義社会ではなくなって行ってしまうと思うし。何とか若い世代の人たちや政治・社会問題に目覚めつつある女性が、もが、そのことを理解して(or鋭い感覚で警戒を示して)「こんな日本にたくない」と「平和主義、民主主義、基本的人権」を守りたい、「格差社会をなくしたい」と思ってくれるような状況を作りたいな~と切に願っているmewなのだった。(@@)
 
                THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-06-01 15:55 | (再び)安倍政権について | Trackback(1) | Comments(0)

震災中、閣僚・自民派閥もパーティー&3閣僚でアイドル談義+お維片山が失言

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【北海道5区、自民党が突き放そうと必死になっている。野党候補はここで負けず、ひとりひとりの有権者、一票一票を大事にして、ガンバ!o(^-^)o
 自民党は、震災の間も次々とパーティーをしている。そんな政党に日本やこの地域を「託すのか!」と訴えよう。(**)】

 まず昨日の記事で、今、何かと注目を浴びている自民党の西川公也氏(衆院TPP特別委員長、元農水省)が、政治資金パーティーを行なっていたという話を書いたのだけど・・・。<あと民進党の細野くんのこともね。>

 何と安倍内閣の重要閣僚である麻生財務大臣と岸田外務大臣も、昨日19日にそれぞれの派閥の政治資金パーティーを開いていることがわかった。 (゚Д゚)

 さすがに安倍首相は、パーティーに出席&挨拶をすることは控えたようだが。日本の政府TOPの閣僚が、派閥の長としてメインの立場で出席するのはいかがなものかと。
 しかも、岸田派のパーティでは、岸田大臣と共に、石原経済再生・TPP大臣、石破地方再生大臣の3人が、「キャンディーズ」と「ピンク・レディー」のどちらが好きだったか談義で盛り上がる場面もあったとかで。
 メディア(特にTV)は、この震災で大変な時に、こんなことをしている安倍内閣の閣僚らの姿、実態を、是非、国民に伝えておいて欲しいと、心からお願いしたいmewなのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『自民各派閥、参院選を前に政治資金パーティを開催

 この夏に行われる参議院選挙を前に、自民党の各派閥が続々と資金集めのパーティを開催しています。19日は麻生財務大臣と岸田外務大臣の派閥がパーティを開き、参議院選挙への支援を呼びかけました。

 「私どもは今回の選挙で過半数を持たねばならない。我々は過半数がないのです」(麻生太郎財務相)

 麻生財務大臣は、自民党が「野党から与党に戻ってからの方が長くなった」「政権の安定がいかに大きな結果をもたらしたか、はっきりした」と述べ、引き続き安定した政権運営を行うため、参議院選挙での支援を訴えました。

 また、次の自民党総裁候補の1人と目される岸田外務大臣率いる岸田派は都内屈指の広さの会場でパーティを開催し、昨年を上回る人数で満員となりました。

 自民党の各派閥は、来月にかけてそれぞれ政治資金パーティを開催する予定です。(TBS16年4月19日)』

* * * * *

『19日夜、東京都内のホテルで開かれた岸田派のパーティーでは、まず熊本地震の犠牲者を悼んで黙●(=示へんに寿の旧字体)がささげられた。会長の岸田文雄外相は「災害に当たり、国民の命や暮らしを守る政治の役割は大きい」と緊張しながらあいさつした。

 例年、春に開かれる自民党各派のパーティーは、党内外に派閥の存在感や資金力を示す絶好の機会。他派閥の領袖や閣僚らが出席し、安倍晋三首相も祝辞を述べるのが恒例だ。

 ただ、19日の岸田、麻生両派のパーティーに首相は姿を見せなかった。「地震対応のため、どの派閥も出席を見送るだろう」(麻生派中堅議員)とみられている。両派のパーティーでは募金箱も用意され、被災者への支援金も募った。
 自民党では、5月中旬までに細田派など5派がパーティーを開くが、いずれも地震に配慮した形になりそうだ。

 一方、民進党で唯一の派閥、細野派(会長・細野豪志元環境相)が18日夜、都内のホテルで開いた派閥のパーティーは、当初から内容を一変。細野氏が「民進党の今後」について講演し、9月の岡田克也代表の任期満了を見据え、次期代表選への決意を示すともみられたが、形式を講演から「セミナー」に変えた。
 細野氏はパーティーで、「被災地に思いを寄せ、必要なことは何かを皆さんと考える会にしようと判断した」と強調。東日本大震災で家族を失った細野派の黄川田徹元復興副大臣と震災支援の在り方について対談した。(産経新聞16年4月19日)』

* * * * * ☆

 どの派閥も形だけは災害に配慮を示したようだが。岸田派のパーティーでは、アラ60の岸田、石原、石破大臣は、アイドル談義でおちゃらけて、盛り上がっていた場面もあった様子。(@@)

『『石破氏はキャンディーズ、石原氏はピンク・レディー 岸田氏は? 同世代の自民派閥領袖がアイドル論争

自民党岸田派が19日夜、都内のホテルで開いた政治資金パーティーで、石原伸晃経済再生担当相(石原派会長)が岸田文雄外相(岸田派会長)に対し、3人組アイドルグループ「キャンディーズ」とアイドルデュオ「ピンク・レディー」のどちらが好きか迫る一幕があった。

 石原氏は、岸田氏と石破茂地方創生担当相(石破派会長)とともに壇上に登場。先にあいさつした石破氏は3人とも派閥領袖であることにふれ、「共通点はみんな同じ昭和32年生まれ」と指摘した。

 続いた石原氏は「もう一つ面白いことがある」と切り出し、「石破さんはキャンディーズ派。私はピンク・レディー派。岸田さんはどちらでしたか」と問いかけた。

 岸田氏が笑顔で言葉を濁すと、石原氏は「ちょうど(若い頃に)流行していたのがキャンディーズとピンク・レディーで、うまく(ファンが)分かれている。間に入ってしっかりと仲を取り持ってくださるのが、非常に明るく誠実な岸田外相だ」と場をつないだ。岸田氏は苦笑いを続けた。

 石原氏は同日が59歳の誕生日。岸田氏は7月生まれの58歳、石破氏は2月生まれの59歳。(産経新聞16年4月19日)』

* * * * *

 しかも、岸田氏と言えば、いまや「ポスト安倍」の最優良候補になっている立場なのである。(ーー)
 
『「ポスト安倍」へ期待=G7外相広島開催で―岸田氏

 先進7カ国(G7)外相会合を地元・広島で開催した岸田文雄外相に対し、「ポスト安倍」への期待が高まっている。

 核保有国である米英仏の外相を初めて被爆地に招き、「広島宣言」として核軍縮への決意を世界に発信。自民党岸田派は「大成功だった」(閣僚経験者)と捉え、安倍晋三首相の後継候補としての存在感を高めたい考えだ。

 19日夜、岸田派が東京都内で開いた政治資金パーティー。来賓に招かれた公明党の山口那津男代表はあいさつで、「核兵器のない世界を日本とともに歩んでいこうという誓いを新たにする、画期的な出来事だった」と岸田氏を持ち上げた。

 周囲も盛り上げに躍起だ。武井俊輔衆院議員を中心とする岸田派若手は今月末、歴史を学ぶ勉強会をスタートさせる。首相の歴史観とは一線を画す「ハト派」の岸田氏ならではの立ち位置を明確にする狙いとみられる。(時事通信15年4月19日)』 

* * * * *

 そう言えば、石破氏も石原氏も12年末の総裁選に出馬していて、おそらく次の総裁選も狙っているのではないかと思うのだけど。<特に石破くんはね。(・・)>

 次の首相になるかも知れない人たちが、熊本でまた震度5クラスの大きな地震があった2回も起きた夜に、しかも、いまだに水や食料、必要な物資が届かずに困っている人たちが多い中で、こんなパーティーをやっていると思うと、ぞ~っとしてしまうmewなのだった。(ーー゛)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ところで、おおさか維新の片山共同代表が、党の両院協議会で、熊本地震に関して「タイミングのいい地震」と発言して問題視されることになったのだが。(@@)
 片山氏はすぐに撤回し、謝罪を行なったという。(・・)

『おおさか維新の会の片山共同代表が、党の会合で熊本地震について「タイミングのいい地震」と発言し、直後に撤回しました。

 「終盤国会になってから熊本・大分の地震が起こりまして、これがずっと長引いていますね。政局の動向に影響を加えることは確かなので、TPPの審議や採決、当面はこの日曜日の補選にも影響がないわけではない。さらに言えばダブルになるのかならないのか、消費税を上げるのか上げないのか、全部絡んでくるんですね。大変タイミングのいい地震」(おおさか維新の会・片山虎之助共同代表)

 おおさか維新の会の片山共同代表は、党の会合で今回の地震について、「政局の動向に影響を加えるのは確か」などと述べた上で、「タイミングのいい地震」と発言しました。
 この後、片山氏は「政局の判断や国会日程に影響を与えかねない政局的な節目に重なってしまった、という趣旨で発言しました。言葉の使い方が不適切でした。誤解を招いたとすればお詫びし、その部分の発言を撤回します」というコメントを発表しました。(TBS16年4月17日)』

『馬場伸幸幹事長はこの後の記者会見で「言葉の言い回しの間違いなので、党内処分は一切ない」と説明した。松井一郎代表は「気分を害された被災地の方もいるだろう。申し訳ない。慎重に言葉を選んでほしい」と京都市内で記者団に語った。(東京新聞16年4月19日)』

* * * * *

 片山氏は、自民党時代から、言いたいことはそれなりに言うし。ちょっと現場で笑いを誘うような面白い表現を使うこともあるものの、言葉の使い方には配慮する人だったように思うので、(準与党&えげつない人が多い)おおさか維新の代表になってから、感覚が狂って来ちゃったのかしらと懸念する部分もあったりして。^^; 
<何せもうひとりの代表が松井くん、そして幹部に暴言大魔王の馬場、コンビがいるところだからね~。(-"-)>

 実際、こういう大きな自然災害の時に「タイミングがいい」という表現は、決して適切でないのは確かだと思うし。すぐに撤回、謝罪を行なったのは、よい対応だったと思う。(・・)

* * * * *

 ただ、それがいいか悪いかはさておき、今回の熊本地震は、タイミング的に、複数の重要な国政決断する直前に起きたのは確かだと思うし。安倍官邸の自分たちに都合よく立てた計画や政局に大きな影響を与えることは間違いないだろう。(**) (関連記事*1)

 安倍首相は、5月のG7サミットでイメージアップをし、TPP国会も無事に終えて重要な政策を果たした後、その支持をキープしたまま、14年度末と同じように「消費税の増税延期」をメイン争点(2度目の切り札)にして、衆院を解散し、衆参同時選挙を行なうことを考えているようなのだが。<増税延期に賛成の国民が多いので、支持が得やすいしね。>

 まず、消費税増税延期に関しては、財務省や党内の財政再建派の中に反対、慎重論の人が結構いたので、抵抗勢力になりそうな感じもあったのだが。今回の地震で延期の判断がしやすくなったのではないかと見る向きが強い。(・・)<しかも、「アベノミクスの失敗」による景気低迷を認めず、あくまでも震災による景気のダウン、復興の必要性などを理由(口実)にしてね。^_^;>

 他方、これから被災者の生活支援、被災地の復興を本格的に行なうべき時に、わざわざ解散をして、1000億円近い費用をかけて、衆院も選挙をするのはいかがなものかという声が、党内からも上がり始めているし。<衆参とも選挙活動すると政府も国会も空っぽになっちゃうし。>
 またTPPの審議もどんどんと遅れていることから、今国会中の承認、法案成立は見送らざるを得ない可能性が大きくなっているのが実情だ。(@@)

 安倍官邸から見れば、目玉政策のはずだったTPPは承認されず=完成できず。しかも、消費税増税の延期はOKになったとしても、それを衆院選の圧勝に行かすことができなければ、あまりメリットはないわけで。 
 今頃、安倍参謀の菅官房長官が(「どうしたもんじゃの~」と?)次善の策を懸命に練っているのではないかと察するのだが・・・。

 頼むからその前に、あれだけエラそ~に「90万食、用意した」「被災者に食事や必要品を届ける」などと豪語したのだから、せめてそれぐらいは、きちんと実行に移して欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-04-20 10:50 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

伸晃は、野党の格好のターゲット。安倍のお友達起用失敗を、内閣打倒につなげたい

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 安倍首相が、甘利明氏の後任として、石原伸晃氏を経済再生大臣に起用したと知った時には、「え~?何でよりによって、伸晃なんか」と驚くと同時に、「これはおいしかも知れない」「野党にとってラッキーかも」と思わずほくそ笑んでしまったところがあった。(^n^)

 甘利氏は、経済財政政策に明るく、アベノミクスの政策立案や運営の中心にいた人。<安倍っちがアベノミクスの何たるかがよくわからなくても、甘利氏に任せておけばよかった?^^;>
 TPP交渉では、安易に官僚任せにせず、自ら米閣僚と徹夜で渡り合うなどして、多岐にわたる分野の条件を最後までまとめ上げたわけで。
 その新自由主義&リフレ的な考え方やTPPの内容が望ましいものだったかどうかはさておき、閣僚としての実務能力が優れていたことは、多くの人が認めるところだろう。
 同時に、安倍氏の古くからの盟友として、首相をヨコから支えて来た部分も大きい。(++)

 それゆえ、これから予算やTPP関連法案の審議を行なう上で、甘利氏は国会での答弁でも、欠かせない存在だったのである。(・・)

* * * * *

 BUT、そもそも石原伸晃氏は、経済財政政策に明るくないし。<日テレ時代は、政治部の記者だったので、当初はKO法学部卒かと思ってたのだけど。何年か前に、何か法律オンチの発言をしているな~と思って調べたら、文学部(都市社会学専攻)卒だったです。^^;>
 それこそ、失言大魔王の先輩である麻生財務大臣が、石原氏の大臣就任についてきかれ、つい「石原さんは(経済財政運営に関して)あまり得意ではないかもしれないが、頑張ってもらえることを期待している」とクチ走ってしまったほどだ。(~_~;)

 しかも、実はあまりし新自由主義&リフレ政策には反対の立場で(国民の貧困、格差の縮小を訴えているぐらいで)、TPPにも反対だったとのこと。(@@)
 それでは、アベノミクスの諸政策やTPP関連法案の審議で、まともに答弁することができまい。(ーー)

 おまけに、石原氏は麻生氏に負けないくらいの失言大魔王としても有名な人ゆえ、会見や国会質疑で突っ込まれたら、トンデモ発言を繰り返して、安倍内閣にダメージを与える可能性が十分にある。(@@) <失言と言えないまでも、何か政治家or社会人の資質を疑うような言葉や品のない表現を使うことが少なくないのよね。(-_-;)>

 また12年夏、谷垣総裁の下で幹事長を務めていながら、谷垣おろしに走り、自ら総裁選に出馬したことから、麻生氏に「平成の明智光秀」と呼ばれて裏切り者扱いされたほど。党内の一部からも非難されて、信用に乏しいという。^^;

 それゆえ、石原大臣は、うまく攻めることができれば、安倍内閣のアキレス腱になる可能性があるのだ。(**)

* * * * *

 それでも安倍首相が、ここで石原氏を選んだのは、同氏が身体検査では大丈夫そうなこともあるが、何よりも古くから自分を支えてくれていたからだろう。(・・)

 前も書いたけど、安倍氏は徳川家康が親藩、譜代、外様を区分していたように、1・06年に首相になる前から自分を支援してくれていた人&首相を辞めてからも懇意にしてくれていた人、2・12年に首相になる時に支援してくれていた人、3・首相になってから近寄って来た人を分けて扱っているところがあるのだ。^^;

 石原氏は、安倍氏と付き合いが古く、1999年頃にはNAISの会(根本、安倍、石原、塩崎の頭文字)なる政策研究グループを結成して、活動していたことも。
 06年に安倍氏が総裁選出馬を迷っていた時には、自分たちが支援するからと背中を押してくれて、若手・中堅議員をまとめ、支援&票集めに奔走してくれたという。<早く党内幹部の世代交代を促したかったという思惑もあったみたいだけど。^^;>

 12年の総裁選では戦うことになったのだが。石原氏が谷垣おろしをしてくれたのは、安倍氏の出馬、当選にプラス要素になったし。石破氏との決選投票では、石原氏&支援者が、安倍氏に投票してくれたことも、大きかった様子。^^;

 それゆえ、安倍首相は06年の政権時には、石原氏を幹事長代理や政調会長に起用。また12年から始まった新政権でも、環境大臣に任命して、石原氏を重用して来たのだが。石原氏が「金目発言」など問題ある言動がいくつもあったため、14年の内閣改造で閣僚から外さざるを得なくなったのだ。(>_<)

 ただ、安倍内閣から大事な盟友だった甘利氏や下村氏が消えてしまった今、安倍首相は、閣僚としての能力や資質云々よりも、古くからの信頼できる友人を閣内に起きたいという気持ちの方が強かったのではないかと察する。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 この石原氏の大臣起用には、与党内から不安視する声がかなり出ているようだ。^^; 

『甘利氏後任、石原氏に「大丈夫か」の声…「自民党史上最も口の軽い幹事長」の異名
夕刊フジ / 2016年1月30日

 甘利明氏の後任の経済再生担当相には、石原伸晃元幹事長(58)が起用された。党幹部や閣僚を歴任した石原氏は、安倍晋三首相とも懇意で、急場をしのぐ即戦力として登板した格好だ。だが、過去には原発事故をめぐる「金目」発言で窮地に陥るなど、永田町屈指の“失言癖”の持ち主でもある。与党内からは早くも、「こんな大事な場面で、石原氏で大丈夫なのか」(自民党中堅)との声が漏れてくる。

 「甘利氏がしっかりやってきていただいたので、それに恥じないように引き続きアベノミクスの完遂を目指して頑張っていきたい」
 石原氏は29日午前、都内の自宅前で記者団にこう語った。

 当初、甘利氏の後任には、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に関与した西村康稔前内閣府副大臣らの名前が挙がったが、安倍首相はかつて、政策グループ「NAISの会」をともに結成した“お友達”の石原氏を抜擢した。2014年9月まで環境相を務めたため、身体検査が簡単だったこともある。
 石原氏は幹事長や国交相を務めるなど、経歴は申し分ないが、TPPは英文の協定文書だけで1000ページ超、付属文書を入れれば約6000ページと膨大だ。突然の登板だけに、国会答弁への不安は残る。

 過去の失言も懸念材料だ。幹事長時代には、東京電力福島第1原発を「サティアン」と呼ぶなど「自民党史上最も口の軽い幹事長」とひんしゅくを買った。

 環境相時代の14年6月には、福島第1原発事故に伴う汚染土の中間貯蔵施設の建設をめぐり、「最後は金目でしょ」と発言。被災地の猛反発を招き、謝罪行脚を余儀なくされたうえ、野党から不信任決議案を突き付けられた。
 しかも、不信任案をめぐる衆院本会議の討論では、石原氏が沖縄県・慶良間諸島の座間味島を視察で訪問した際、「公務中にダイビングを行っていた」と民主党に指摘され、物議を醸した。

 これだけではない。石原氏は「平成の明智光秀」の異名でも知られる。
 12年9月、石原氏は谷垣禎一総裁を支える幹事長の職にあったが、平然と総裁選に出馬した。出馬表明の直前には「谷垣さんを支えるために政治をやってきたわけではない」と言い放ち、「総裁を裏切った」などと党内で総スカンを食った。

 まだある。環境相時代の14年3月、参院環境委員会に約10分間遅刻し、事務方は「事故渋滞」と説明した。ただ、民主党などが後で調べたところ、石原氏が利用した都内の道路では交通事故は発生しておらず、「寝坊疑惑」が浮上した。
 石原氏で本当に大丈夫なのか。』

* * * * *

『安倍内閣の看板政策「アベノミクス」の司令塔を担い、政権の要石でもあった甘利明・前経済再生相が去った。
 政府・与党内では、経済政策をめぐる閣内のバランスの変化や、不協和音を心配する声も出ている。

 「石原さんは(経済財政運営に関して)あまり得意ではないかもしれないが、頑張ってもらえることを期待している」
 麻生財務相は29日の閣議後の記者会見でこう述べ、石原氏に冷ややかなところをみせた。

 麻生氏と石原氏の仲は微妙だ。2012年の自民党総裁選で、麻生氏はかねて親しい谷垣総裁(当時)を推そうとしたが、幹事長だった石原氏の出馬表明で、谷垣氏は出馬断念に追い込まれた。麻生氏は石原氏を批判し、その後も関係は冷え切っているとされる。

 安倍首相、麻生氏、甘利氏、菅官房長官は、12年12月の第2次安倍内閣発足以来、名字のイニシャルから「3A+S」と呼ばれた政権の中枢メンバーだ。その一角が崩れ、安定していた権力構造にきしみが生じることが懸念されている。(読売新聞16年1月30日)』

『公明党の山口那津男代表は1日夜、名古屋市内で開かれた党の会合であいさつし、石原伸晃経済再生担当相について、「閣僚を歴任し、(自民)党の要職もこなしてきたいわば大物だ」と指摘した。
 その上で、「細心の注意を払って国会を乗り切っていただけるものと期待している」と語り、国会答弁などで安全運転を心がけるよう求めた。(時事通信16年2月1日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 逆に野党にとっては、甘利氏辞任のあと、格好の攻撃ターゲットになると言えるわけで・・・。
 今日2日から本格的に始まった衆院の予算審議では、早速、様々な問題を突っ込まれていたという。^^;

『<石原氏>野党、今後も照準…問題発言で失点狙う
毎日新聞 2月2日(火)23時23分配信

民主党は石原経済再生担当相の「資質」を問題視している
 就任したばかりの石原伸晃経済再生担当相は2日、衆参両院本会議で野党の質問に手堅く答弁し、まずは無難に滑り出した。しかし、自民党の要職や閣僚の経験が豊富な半面、不用意な発言は絶えず、野党は今後も石原氏に照準を合わせて失点を誘おうとしている。3日からは衆院予算委員会の基本的質疑が始まり、石原氏に「試運転」の余裕はない。【佐藤慶】

 ◇不用意な発言絶えず

 民主党の西村智奈美氏は2日の衆院本会議で石原氏の過去の失言を列挙し、「あまりにも軽い言動で人の心を逆なでしてきた」と批判した。

 石原氏は環境相在任中の2014年6月、東京電力福島第1原発事故で生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設建設を巡って福島県との交渉が難航する中、首相官邸で記者団に「最後は金目でしょ」と発言し、地元の反発を招いた。問題発言はほかにもあり、経済再生担当相就任にあたって自民党のあちこちで「失言癖が心配」(閣僚経験者)という声が漏れた。

 石原氏は西村氏の指摘には直接答えず、「現場に寄り添った政策を主導し、実現していく」と慎重な言い回しに終始。安倍晋三首相も「閣僚経験が豊富で、適材適所の人事を行うことができた」と石原氏をかばった。

 ただ、本会議での質疑はあらかじめ用意した答弁原稿を読むことがほとんどで、野党にとってこの日はジャブに過ぎない。民主党の国対幹部は「石原氏は答弁に自信を持っているように感じた。慢心が出ればチャンスがある」と語った。

 ◇過去に「TPP反対」

 石原氏は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)担当相を兼務するが、大筋合意まで一貫して甘利明氏が交渉を手がけてきただけに、国会答弁には不安がつきまとう。2日の衆院本会議で西村氏は「TPPに通じているとは言えない石原氏が対応できるのか」とあからさまに指摘した。

 これに対し、石原氏は「自民党の中小企業・小規模事業者政策調査会長、農林水産戦略調査会顧問として、TPPを契機とした新輸出大国などの実現に向け、提言とりまとめに積極的に関与してきた」と切り返した。それでも与党幹部は「国会答弁で立ち往生するのではないか」と気をもむ。

 12年の党総裁選や衆院選でTPPに反対していたことも追及されたが、石原氏は「『聖域なき関税撤廃を前提とする限り反対』という党の公約を踏まえた」と答え、安倍内閣の方針と食い違いはないことを強調した。演説では「TPPのメリットを最大限生かし、強い経済を実現する」と訴えた。(毎日新聞16年2月2日)』

(関連記事を*1に。産経新聞が「民主党、石原経済再生担当相を追及「下品」「人の心を逆なで」「バカにしている」という記事を載せていた。)

* * * * *

 しかし、安倍ー菅コンビは、石原大臣を持ち上げて、不安視する声を払拭しようとしている。(~_~;)

『西村議員が「経済再生担当相を、軽率な言動を行ってきた石原大臣にどうして任せることになったのか」とただしたのに対して安倍首相は、「閣僚経験も豊富で、強い突破力を示した方だ。適材適所の人事を行った」と説明した。野党側は今後、後任となった石原経済再生担当相の手腕や発言も注視していく方針。(NNN16年2月2日)』

『菅義偉官房長官は2日午後の記者会見で、石原伸晃経済再生担当相の衆参両院での所信表明に関し、「アベノミクスを前進させるとの甘利明前担当相の方針を踏襲していると受け止めている」と述べ、石原氏も経済成長重視の路線を堅持するとの認識を示した。
 石原氏の手腕を不安視する声が政府・与党内にあることについては、「自民党幹事長や政調会長、閣僚も数多く経験している。全く心配していない」と述べた。(時事通信16年2月2日)<出た、菅長官お得意の「問題ない」「心配ない」発言。(・・)>

* * * * *
 
 当ブログでは、石原氏が幹事長や環境大臣を務めていた時も、その問題発言をかなりしつこく取り上げていたのだけど。
 石原大臣が、安倍内閣の足を引っ張ることを期待しつつ、またまたしつこく問題言動を取り上げちゃうぞと、燃え始めているmewなのだった。(@@)
 
p.s. 哀しいながら、そんなことでも目標にしないと、モチベをキープするのが大変で。_(。。)_
 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
[PR]
by mew-run7 | 2016-02-03 04:21 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

デモ批判の武藤にうさん臭い金銭トラブル報道で焦る自民&派閥の長・麻生の指導に疑問

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 今月4日に、自民党の武藤貴也氏(衆院2期)が、ツイッターで安保法案反対の活動を行なっている学生団体の主張は「利己的」な発想に基づくものだと批判。<しかも、その原因は戦後教育にあると指摘。>
 安保法案に反対する市民や団体から、また野党やメディアから反発を浴びることいなったのだけど。(~_~;)
<関連記事・『デモ潰し、SEALDs潰しをはかる安倍自民~幹部職員や安倍シンパ議員が問題カキコ』>
 その武藤氏が、今度は週刊文春に、未公開株にからむ金銭トラブルがあったことをスクープ報道され、問題になっている。(@@)

『「利己的発言」武藤議員に金銭トラブル 未公開株の誘いで…

 自民党の武藤貴也衆院議員(36)=滋賀4区=が、知人に未公開株の購入を持ちかけ、出資金の返還をめぐりトラブルになっていると19日発売の「週刊文春」が報じることが18日、分かった。武藤議員の事務所は「分かる者がいないので対応できない」としている。

 週刊文春のホームページによると、武藤議員は昨年、知人に「国会議員枠で買える」と、ソフトウエア会社の未公開株の購入を持ちかけた。その後、話に乗った23人が計約4000万円を武藤議員の政策秘書の口座に振り込んだが、実際には株は購入されず、出資金の一部は戻っていないという。
 武藤議員は、安全保障関連法案に反対する学生らのデモを「“戦争に行きたくない”という極端な利己的考え」とツイッターで指摘し、党内から批判が出ている。(スポニチ15年8月19日)』

* * * * *

 週刊文春WEBに、記事の一部が公開されていたので、ここにアップしておこう。

『学生デモ批判 武藤議員が“議員枠未公開株"で4100万円集金していた

「国会議員枠」を口止め

安保関連法案反対のデモを行う学生集団を<「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、極端な利己的考えに基づく>と批判したことで知られる武藤貴也・自民党衆院議員(36)に金銭疑惑が発覚した。

武藤議員の学生時代からの知人が明かす。

「昨年10月末、値上がり確実なソフトウェア会社の新規公開株を国会議員枠で買えるとLINEで持ちかけてきました。ただ資金がないので、私に資金を集めてくれと。上がった利益の半分を武藤さんに渡すという約束でした」

この知人が投資家を探したところ23人、合計4104万円が集まり、それぞれ武藤議員の政策秘書の口座に振り込んだ。しかし、結局、未公開株の購入はできず、出資者が返金を求めたが、約800万円を秘書が別の借金返済にあてていたことが発覚。いまだに約700万円が返済されていないという。

武藤議員は週刊文春の取材に、秘書の流用や未返済を認めた上で、発端は、自身の資産運用として、知人とそのビジネスパートナーの事業資金に累計1億円を貸し付けており、それが返済されないことが原因だとして、次のように釈明した。

「知人に『これで挽回できるかもしれないから、秘書の口座にお金集めて振り込め』と言ったのは事実です」

また、LINEを送ったのが、自らが委員の衆院外務委員会中だったことについては、こう答えた。

「それは……まずいですね。いやでもLINEって時差があるじゃないですか。止まっていて、電波が繋がったらパッと送るとか」

 さらに武藤議員には知人への貸付を、資産等報告書に記載しておらず、資産公開法違反の疑いもある。武藤氏の「利己的」な振る舞いに批判が集まりそうだ。(2015.08.18  週刊文春WEB
)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 武藤氏は、「利己的」発言を問題視されたものの、自分の考えは変わらないとして、カメラの前で発言を撤回しないと断言。ブログなどで反論を試みていたのだが・・・。
 党幹部や所属派閥の長である麻生副総理に、しばらく大人しくしておくように注意を受けたため、ブログやツイッターへの投稿をじっと控えていた。^^;

<また、これは近日中に別記事で取り上げたいのだけど。武藤氏は、安倍首相と同じく戦後憲法を否定する超保守派で、かつてブログに憲法の三大原則(平和主義、民主主義、基本的人権尊重)が「日本精神」「日本人的価値観」を失わせたため、日本社会の様々な問題の根本原因になっていると主張。その考え方も問題視されているんだよね。(-"-)>

 ちなみに派閥の長である麻生氏は、失言大魔王として有名な存在なのであるが。武藤氏に関して派閥の会合で「自分の気持ちは法案が通ってから言ってくれ。それで十分間に合う」と語ったことが、「じゃあ、法案が通れば、何でも言っていいのか」とツッコまれることに。(@@)
 この派閥の長にして、あの議員あり・・・なのである。(・・)

 尚、安倍首相は相変わらず、自らが党総裁であることはヨコに置いて、自民党議員の問題に関して責任をとる気はさらさらないようだ。(~_~;)

『麻生太郎財務相は6日、自民党麻生派の会合で、同派所属の武藤貴也衆院議員がツイッターで安全保障関連法案の反対デモをする学生団体を「利己的」などと批判した問題を念頭に「政府与党の議員の立場を踏まえて発言してもらわないと。自分の気持ちは法案が通ってから言ってくれ。それで十分間に合う」と語った。

 武藤氏は党本部から報道対応を控えるよう指示されており、この日の会合は欠席した。麻生氏は法案に批判が高まっていることに関し「とにかくここが正念場。聞く耳を持たない人に嫌でも聞いてもらわなければ仕方がない。きちんとやらねばならん」と述べた。(朝日新聞15年8月6日)』

『自民党の武藤貴也・衆院議員(36)が安保法案に反対する学生グループSEALDsを「利己的個人主義」などとツイートした問題で、麻生太郎財務相は、武藤氏を呼んで注意したことを明らかにした。8月10日の参院予算委員会で、蓮舫氏の質問に答えた。
 麻生氏は、「8月5日だか7日だかに本人を呼んで話をしている。『与党議員としていかがなものか』と、時間を少々かけてきちんと分かるようにさせたと思っている」と回答。麻生氏が直接、武藤氏を説教したことを明かした。

 蓮舫氏は、8月6日の麻生派の会合で麻生氏が「自分の気持がいいたいなら法案が通ってからにしてくれ。法案が通ってからにしてもらっても十分間に合うから。法案が通るか通らないかが一番だ。その点を腹に収めて、対応してもらうことをお願いする」と述べたことも問題視。麻生氏に「法案が通るまで本音は言うなということか」と詰め寄った。

 これに対して麻生氏は、武藤氏が法案の審議が始まる前までに、自身の考えを十分述べていると指摘。「(法案は)自民党で決まっているんですから。政府として決めた話ですから、決めた話を法案として提出した以上は、言いたいことがあるんだったら、その前に言っておかなければ。この法案を通すというのが、私共に与えられた、今、国家の優先順位の一番ですから当然でしょ?という話をしています」と述べた。(Huffington Post 15年8月10日)』
<mewには、麻生氏のこの説明が理解できなかったっす。(~_~;)>

『麻生太郎副総理兼財務相は10日の参院予算委員会で、安全保障関連法案に反対する学生デモをツイッターで批判した自民党麻生派の武藤貴也衆院議員を先週注意したことを明らかにした。「本人を呼んで『与党議員としていかがなものか』という話をした。時間を少々かけて、きちんと分かるようにさせたと思っている」と強調した。
 一方、安倍晋三首相(党総裁)は「議員の発言(への対応)は党に任せている。問題があれば幹事長室が注意する」と述べるにとどめた。民主党の蓮舫氏への答弁。(産経新聞15年8月10日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 というわけで、しばらく大人しくしていた武藤氏なのだが・・・。今回の未公開株に関する報道には、自民党&公明党幹部もアタマを痛めている様子。(~_~;)
<てか、公明党は自民党の若手が次々と問題を起こすことに、もうキレそうなぐらい怒っているよね。この際、連立解消しちゃえ。^^;>

 武藤氏は、迷惑をかけた人にわびるコメントを発表したという。<記事の中身については否定しないんだよね。(・・)>

『自民党の谷垣禎一幹事長は19日朝、公明党の井上義久幹事長と東京都内で会談した。自民党の武藤貴也衆院議員が知人に未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルになっているとの週刊誌報道に関し、谷垣氏は「事実関係を把握した上で報告したい」と説明した。

 同席した公明党の大口善徳国対委員長は会談後、記者団に「疑惑が指摘されているので、本人が説明責任を果たすべきだ」と語った。(共同通信15年8月19日)』

『安保法制に反対する学生デモを批判した自民党の武藤貴也衆議院議員に金銭トラブルがあるという一部報道を受けて、自民党が調査する方針を明らかにしました。

 自民党・佐藤国対委員長:「軽々な話もできませんので、事実関係を把握したうえでご報告させて頂く」

 自民党の谷垣幹事長は、与党の幹部会で武藤議員が知人に未公開株の購入を持ち掛けてトラブルになっているという週刊誌報道についての説明を行いました。公明党の大口国対委員長は終了後、記者団に対し、「疑惑が指摘されているなら、説明責任を果たすべきだ」と強調しました。武藤議員は19日午前、「ご迷惑をおかけした皆様には、心よりおわびを申し上げます。今後、関係者らと相談し、きちんと対応して参りたいと思います」とコメントを出しました。(ANN15年8月19日)』

* * * * *

『自民党の武藤貴也衆議院議員は、19日発売の週刊誌で、知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると報じられたことについて、「ご迷惑をおかけした皆さまには、心よりお詫びを申し上げます」などとするコメントを発表しました。
衆議院滋賀4区選出の自民党の武藤貴也衆議院議員は、19日発売された「週刊文春」で、知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると報じられました。
これについて、武藤議員は「ご迷惑をおかけした皆さまには心よりお詫びを申し上げます。本件につきましては、今後関係者らと相談し、きちんと対応してまいりたい」とするコメントを発表しました。

 一方、自民党の谷垣幹事長は、19日朝、公明党の井上幹事長らと会談した際、武藤議員を巡る報道について、「事実関係を確認したうえで報告したい」と述べました。
 これに関連して、公明党の漆原中央幹事会会長は記者団に対し、「疑惑を持たれたら、本人が説明し、理解を求めることが先決だ」と述べました。
 武藤議員を巡っては、先に、安全保障関連法案を批判している学生らの団体の主張を「利己的考えに基づく」などとみずからのツイッターに書き込み、野党だけでなく与党内からも批判が出ていました。(NHK15年8月19日)』

* * * * *

 まだ、武藤氏の未公開株&金銭トラブルに関する情報を十分に得ていないので、現段階では確かなことは言えないのだが。
 そもそも「国会議員だけに割り当てられる未公開株」っていうのがうさん臭い話で。<リクルート事件を思い出したりもして。^^;> 場合によっては、犯罪を構成する可能性も否定できないし。 この議員枠の未公開株の話が事実だとすれば、他の議員や国会全体に波及するおそれも否定できないだろう。^(~_~;)

 また、仮に武藤氏の主張どおり、知人に貸付があったとしても、資産等報告書に記載されていないことから、資産公開法違反の疑いもあるわけで。今回は、簡単にコトが収まらないように思える。(・・)

 でもって、mewは憲政ルールを守らず、自分勝手に国政を行なうえげつない相手に対しては、「何でもあり」だと開き直っているとこがあるので。
 安倍内閣&自民党の支持をダウンさせ、安倍政権&安保法案を潰すためなら、こんなしょ~もない若手議員の問題発言や問題ある行為もどんどんと利用させてもらおうと。<武藤氏は、思想的には安倍氏とほぼ同じだしね。>
 そして、是非、野党やメディアにも、武藤氏の諸事に関して、また大きく取り上げてもらいたいと願っているmewなのだった。(@@)
   
       THANKS









【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
 




 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2015-08-19 14:24 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

安倍の英語での演説はイマイチ。顔を上げる場面まで指示する演説原稿

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


安倍首相は、3日に米国から帰国して、その日の夕方に河口湖の別荘にGO!4日、5日と大好きなゴルフを楽しんで、英気を養っているらしい。(@@)

 ところで、今さらと言われてしまうかも知れないのだが。^^;やっと安倍首相が先週、米議会で行なった演説の動画を見終えたので、感想を述べてみたい。(・・) 

<mewには、あれを45分間も続けて見る忍耐心がなかったので、15分ぐらいずつ3回に分けて見たです。(>_<) 帰国子女+αのmewは、ちょこっと英語の聴力があるので、アラが目立っちゃうし。折角のお休みに、具合悪くなりたくはなかったんだもの。(~_~;)>
  
 尚、安倍首相の米議会での演説は、「英語全文」版が当ブログのコチラに、「邦訳全文」版はコチラにあるので、関心のある方はご覧下さい。"^_^"

<関連記事・『安倍、念願の正式訪米も、オバマは1日しか相手をせず。演説以外は寂しい日程』『小渕、3億以上の虚偽記載も、本人は不起訴+安倍、米演説のためユダヤに擦り寄る?』など。>
 

* * * * *

 まず、The Huffington Postに、安倍首相の演説原稿の写真が何枚か載っていたので、そちらをご覧いただきたい。

『安倍首相の演説、海外でカンペ画像が報じられる「顔を上げ拍手促す」
The Huffington Post | 2015年04月30日

 安倍晋三首相が4月29日、アメリカ議会上下両院合同会議で演説した。この様子を報じた海外の記事が話題になっている。
 この日、安倍首相は英語で演説を行ったが、ウォール・ストリート・ジャーナルは安倍首相が手に持った原稿を、大きな写真で紹介した。原稿には、「次を強く」など抑揚をつける位置や、息継ぎの箇所が赤ペンで書き込まれていた。
 カナダ版のYahoo!ニュースに掲載されたロイターの記事には、「顔を上げ拍手促す」などの書き込みも見られる。(中略)
 
 安倍首相はこの演説に向けて、昭恵夫人の前でも練習していた。45分間にわたる演説となったが、会場からは評価され、10回のスタンディング・オベーションを受けたという。』

* * * * *

 mewは安倍首相が時折、急に原稿から顔を上げて、ハンパな「どや顔」みたいな笑みを浮かべながら、会場を見渡すシーンがあるな~と思っていたのだけど。どうやら、それが「顔を上げ拍手促す」と記された場面だったようだ。(~_~;)

 先日も書いたように、安倍首相のスピーチライターは、いかに首相が米議会議員に評価される演説を行なえるか、米国の政府や議員などと打ち合わせをした上で、原稿を作成。
 そのお陰もあって、首相は、第二次世界大戦で戦死した米兵に哀悼や悔悟を示した部分や、米国をヨイショし、今後、日本が米国のパートナー(ポチ、手足?)として安保軍事や経済面で尽力することを約束した部分などで、大きな拍手や賞賛を受けることに成功したのだが・・・。
 たぶん、そのようなところに「拍手を促す」の記述がなされていたのだろう。(@@)
 
『議長役を務めたベイナー下院議長(共和)は「第2次大戦中に戦死した英雄に言及したことに、本当に感謝している」との談話を発表した。
 スティーブ・コーエン下院議員(民主)は「傑出した演説。第2次大戦がもたらした死と悲しみを認めたこと、女性(の活躍)に言及したことは適切だった」と指摘した。レーガン元大統領のスピーチライターだったダナ・ローラバッカー下院議員(共和)は「Aプラスの演説だった」とたたえた。(時事通信15年4月30日)』

 まあ、mewと考えが合うかどうか別として、「米議会、米議員にウケる演説」という点では、今回の原稿の中身は、及第点だったかも知れない。(・・)

<演説内容に関して、ツッコミたいところは多々あれど、またの機会に。実際、顔を上げて拍手を促したにもかかわらず、拍手の広がりがイマイチの時もあったしね。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、演説の内容ではなく、英語の演説の出来という点に着目した場合、決して評価は高くなかったようだ。(>_<)

 安倍首相にとって、今回の演説は悲願だったようだし。また、国内外、特に米国に自らをアピールする最大のチャンスゆえ、mewは、今度の演説はめっちゃ練習をして来るのではないかと思っていたのだけど。

<演説の前日の晩餐会の席では、スピーチの練習に関して、こんなジョーク(事実?)を飛ばしていたほどだし。『安倍首相はここ2晩ほど、4月29日の両院合同会議で行うスピーチの「真剣な練習」に費やしたことを来客の前で披露。「残念ながら、私のスピーチを聞き飽きたと妻から言われたので、昨晩は別々の部屋に分かれることになりました」と語り、場を和らげていた。』>

 しかし、残念ながら、その出来は及第点とは言えないものだったのだ。^^;

* * * * *

『民主党の小西洋之参議院議員は安倍首相の演説に「ひどい棒読みだな。単語を読み上げているだけ。日本の高校生よりひどい」と批判したが、ネットからは「カタカナやひらがなで書いてないだけマシ」「“仕事は準備が8割”って教えをこの画像は語ってる」など、様々な意見が出た。(同上)』

『日本メディアが「10回以上のスタンディングオベーションが起きた」と持ち上げている米上下両院での演説も、失笑の対象になっている。
 米メディアが安倍首相を笑いモノにしているのは、安倍首相が英語で書かれた原稿をひたすら棒読みしただけでなく、原稿に日本語で「顔を上げ、拍手促す」「次を強く」などと、あんちょこが書かれていたからだ。「ウォールストリート・ジャーナル」などが、あんちょこペーパーを大きく報じている。アメリカ人記者たちは、「まるで中学生の英語スピーチ大会だ」と笑い合っているそうだ。素直に日本語でやればよかったのだ。

 国際ジャーナリストの堀田佳男氏は言う。
「テレビで見ていましたが、リズムが悪すぎて意味がわかりませんでした。米議員の半分以上がスピーチを聞かずに、紙を見ていた。文節の切り方がおかしいし、リズムもない。単語ひとつひとつを明確にしようということなんでしょうが、8割の議員がわからなかったでしょう。安倍首相は演説で自らの留学のエピソードも入れていましたが、ただ恥ずかしいだけです」
 議員の中には途中退席する者もいたという。米議会では、スタンディングオベーションは習慣で、タイミングもあらかじめ決まっている。ありがたがっているのは、何も知らない日本のメディアと、おめでたい安倍首相だけだ。(日刊ゲンダイ15年5月1日)』

* * * * *

 そうそう。mewが最近、ごヒイキにしている民主党のコニたん(小西洋之氏)が、ツイッターで安倍首相の演説を酷評したら、保守派から攻撃を受けて炎上しちゃったのだとか。(~_~;)
 ちなみに、小西氏は4月29日のツイッターにこんな感想(抜粋)を書いていたです。

『米国連邦議会での安倍総理の演説をNHKで中継中。しかし、ひどい棒読みだな。単語を読み上げているだけ。日本の高校生よりひどい。せめてちゃんと練習ぐらいして行けと。』

『なんで、ここで詰まるんだ、というところで詰まりまくっている。聞いていて非常にイライラする。内容以前に。これは、歴史的に演説だ。英語の読み上げすらできなかったという意味で。』

『日本国の国会議員として、この上なく米国議会に恥ずかしいし、この上なく申し訳ない。
 素直に最初から日本語でやればいいのに。なぜ、格好をつけるのだろうか。準備してもこれほどまでに格好つけられないのに。』

『私は安倍総理の英語力を馬鹿にしたのではない。英単語を途切れ途切れに読み上げるだけの演説の仕方を批判。①演説の内容が日本語として理解できていない、②一つ一つの英単語の意味が理解できていない、③英語の文章としても内容が理解できていないこと等のハイブリッドのみでなせる「世紀の国辱技」。』

『私の官僚時代の経験からも、一国の総理があのような機会で英語で演説をするのに、あんな出来はあり得ません。安倍総理の英語能力以前の政治家としての根本問題が原因です。「顔を上げ拍手を促すカンペ」といった事務方の努力も根本がずれていました。なお、総立ち・喝采は儀礼かつ計画的なものです。』

『現地報道によって安倍総理の手元の原稿の画像が示されています。まさに、文脈を離れ単語の断片的な固まりを読み上げていただけの、想像以上にすごい事態でした。いずれにしても、内容を自らのものと出来ない、そもそも何を話すかの根本がないから、あのような手持ち原稿になったことは断言できます。』

<小西くんは、演説内容に対する批判もかなり書いていたのだけど。機会があったら、いずれ紹介したい。最も印象に残ったツイートは、『安倍総理は本当に卑怯で卑劣な政治家だ。国会議員として国民の皆さんのため、こんな政治家に絶対に負ける訳にはいかない。』がんばれ、あんな政治家に負けるな~。o(^-^)o>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 突然だが、これは中高生の音読(教科書や英検の二次試験)でも社会人のスピーチでも共通することではないかと思うのだけど。mewは、英語の原稿を読む際に、気をつけるべきことが3つあると考えている。<当然にして、原稿の単語、文の意味は理解しておくべし。>

 1・各単語のアクセントの位置を気をつける。
 2・一つの文の中で、どの単語を強く読むか(抑揚)に気をつける。
 3・文章を読む際に、切る位置、息継ぎをする位置(文章の中で、長い文は一文の中でも、大きく切るとこ、小さく切るとこ)に気をつける。

<まず、原稿にアクセントや抑揚、切る位置などのマークをつけて、何度も読む練習をして、本番では、重要なところ、間違えやすかったところだけマークを残して臨むといいのではないかと思うです。>

 英語の発音を急に向上させるのは、決して容易ではないのだけど。発音がイマイチでも、アクセントや抑揚がしっかりしていると、ネイティブや他国の人に通じやすいし。切るところも含めて、スピーチの内容が、ぐーんと理解しやすくなるからだ。(・・)

<ちなみに、麻生副総理は英語が堪能のようで。昨日もADB(アジア開発銀行)総会の会合で、英語で講演を行なっていたのだけど。
 麻生氏は、自分の話していること、各単語の意味をきちんと把握しているし。いかにも日本のオジサン的なカタカナ発音っぽい部分が多いものの、アクセントや抑揚、切るところのメリハリがしっかりついているので、たぶん外国人には聞き取りやすいのではないかと察するです。(++)>
 
* * * * *

 ところで、mewは、安倍首相がどれだけ英語を話せるのか知らないのだが・・・。
 安倍氏は、学生時代に米国に留学、鉄鋼会社の社員時代も米国勤務の経験があるそうで。(演説でも、わざわざそのことを伝えていた。「それで、あの英語?」ってツッコまれそうだけど。^^;>
 今回の訪米でも、リンカーン記念館でオバマ大統領と通訳なしの2人切りで20分間過ごしたとのことで。オバマ氏が何かを指差して安倍氏に説明するシーンがTVに映っていた。(・o・)

<ただし、会話が成り立ったのかは不明。^^;それよりも会談の前に、何か「2人きりで何かを確認しておく必要性があったのかしらん」なんて、うがった見方をしちゃったりもして。(「TPP、ライスの関税、□%でOK?」「OK、OK」とか?(~_~;)>

 一昨年か昨年、安倍首相が、国連総会で英語で演説した時は、単語のアクセントや抑揚がイマイチで、すごくわかりにくかったのだけど。
 今回は、スタッフもそのことを意識したようで、アクセントや抑揚については、かなり気をつけていたように思われる。<原稿の写真からも、強く読むべき大事な単語は、ピンクで囲っていたのがわかる。>

 でも、小西氏も書いていたように、安倍首相はそれぞれの英単語や文節、文章の意味を十分に理解できていなかったためか、英単語を途切れ途切れに読み上げるような演説をすることになったため、尚更にたどたどしさが目立ってしまったように感じた。(-"-)

* * * * *

 しかも、安倍首相は、おそらく演説の際に、老眼用のメガネやコンタクトを用いることを拒んだのだろう。<国内では老眼鏡と思われるメガネをかけている時もあるんだけどね。^^;>

 スタッフは、安倍氏が裸眼で読めるように、大きな文字で本番の原稿を作成しなければならなくなったため、1枚の原稿には、1行に数単語で10行ぐらいしか書き込めず。一文の途中で終わってしまっているものも多かったため、全体的に文の流れを見ながら、どこで切るのかを判別することが困難に。
 それもあって、ますます安倍首相は、妙なところで途切れ途切れに文を止めてしまったり、ブツ切れで単語をたどたどしく読み上げるような演説を行なうことになってしまったのではないかと察する。(~_~;)

 まあ、mew個人は、安倍首相の演説の評価が低くても一向に構わないのだけど。
 ただ、今後、官邸のスタッフは、あまり英語が得意でない首相には、もっと読み方の練習や、本番用の原稿の作り方をもっと工夫した方がいいのではないかと思ったです。(・・)

* * * * *

 ただ、安倍首相の米国での共同会見、演説に関して、最も問題にされているのは、国民軽視で米国と勝手に様々な約束をなしてしまったことや二枚舌外交を展開していることなわけで。<あと日米の外務、防衛大臣による、日米ガイドラインの改定もしかり。(-"-)>
 連休明けからは、その辺りをどんどん追及して行きたいと思っているmewなのだった。(@@)

                        THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2015-05-06 07:37 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

麻生も安倍を追い込み&裏切り封じ+自公の軽減税率の公約も、裏切られるおそれ大

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【昨夜、長野県北部で震度6弱の地震が発生。白馬村では76棟の家が全半壊し、重軽傷者が40人近く出ているとのこと。(道路の崩落、屏や門柱の倒壊なども次々と判明。善光寺の石灯籠なども倒壊したようだ。) 幸い死者はいなかったものの、大きな余震が続いており、危険な状況が続いているという。
 被災地の方々にお見舞い申し上げると共に、くれぐれも二次災害に気をつけていただきたいと願っている。】

 さて、先週、『自公幹部に追い込まれる安倍・・・』という記事で、(まさにタイトル通り)、アンチ安倍派の自公幹部が、総選挙のハードルを上げて、安倍首相を追い込もうとしているという話を書いたのだが・・・。

 何と安倍首相とタッグを組んで来た麻生副総理兼財務大臣も、消費税増税先送りの解散を閣議決定した直後に、「17年4月に消費税を上げられない場合には、責任問題が生じる」と首相を追い込むような発言を行なったという。(~_~;)

『麻生財務相は21日午前の閣議後会見で、安倍首相が消費税増税を2017年4月に1年半延期したことについて、天変地異以外で上げられない場合は首相に責任問題が生じるとの認識を示した。

 麻生財務相「(消費税率を)上げられなかった場合というのは、それは責任問題が発生してくると。それはその覚悟で(総理は)しゃべっておられますよ」

 安倍首相は来年10月に予定されていた消費税増税を2017年4月に1年半延期し、その時の景気により判断することはしないことを決めた。麻生財務相はこれについて、天変地異以外で再増税できないなら首相に責任問題が生じるとの考えを示した。(NNN14年11月21日)』

* * * * *

 また、安倍首相は、消費税増税先送りに伴うデメリット(特に社会保障の後退)を最小限に抑えるとアピールして、問題化しないように懸命になっているのだけど。
 麻生大臣は、そんな安倍首相に追い討ちをかけるような発言もしていたようだ。^^;

『麻生太郎財務相は21日の閣議後会見で、来年10月の消費税率10%への再引き上げの延期を受け、「増収分がなくなるので、当然延期する以上は社会保障の充実を見直さざるを得ない」と述べ、2015年度予算で予定していた社会保障の充実策の項目の絞り込む考えを示した。

 15年度は再増税で社会保障の充実に1兆8000億円強を充てる方針だったが、先送りで1兆3500億円程度しか財源を確保できなくなる。麻生財務相は「(消費増税)延期中の具体的な予算編成は優先順位をつけてやらざるを得ない」と話した。(産経新聞14年11月21日)』

* * * * *

 13日の『盟友・麻生も裏切る安倍陣営~先送り解散に党内外から批判続出&政権運営に暗雲』という記事に書いたのだけど・・・。

 麻生大臣は、本当は安倍首相が自分との約束を裏切って、消費税増税先送り&解散を決めたことを怒っているのである。^^;

 麻生氏は、以前から消費税増税による財政再建を強く主張していて。08~9年の首相時代には、それを国際公約にして、3年以内に税率アップを行なうことを税制関連法案の付則に明記。
 民主党政権下で行なった民自公3党による消費税法案にも協力的だったし。安倍政権になってからは、ずっと財務大臣として、2度にわたる増税の実現&それを前提とした予算編成の準備を進めて来たわけで。(財務閣僚級の国際会議でも、言いまくちゃってたし。>
 それこそ、天変地異などよほどのことがない限り、10%への税率アップを先送りすべきではないと考えていたからだ。(~_~;)

 麻生氏が08~9年に消費税増税による財政再建を国際公約にした&今も増税実施にこだわっているのは、何も財務省の言いなりになっていたからだけではない。^^;

 国際社会が、年々膨らんで行く日本の財政赤字をひどく懸念しており、国債格付けの引き下げの圧力がかかっていたからだ。<その結果、株価や他の債権の低下、長期金利の上昇などを招いて、経済・金融・財政面でさらなる打撃を受ける可能性がある。^^;>
 また、少子高齢化が進む中、どんどん増大する年金・医療などの社会保障費に対応することも困難になるのは目に見えているわけで。
 おそらくそのことは、国民の多くも理解しているのではないかと察する。(・・)

<そもそも財政赤字&社会保障費不足が増大したのは、戦後ずっと日本の財政を握って来た自民党政権&財務省(旧大蔵省)の失政によるものだし。もっと歳出を削減できる部分もあるとは思うけど。それでも今と々レベルの社会保障制度をキープするためには、消費税を上げる必要があることは、多くの国民が(アタマでは?)理解しているのではないかと思うです。
 ただ、景気の悪い時には、上げて欲しくないor上げるべきではないと考える人が多いのも事実だろう。(・・) mew.too>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そこで、麻生氏は08年のリーマン危機の影響もあって、首相時代に実現できなかった税制&社会保障の一体改革を実現すべく、12年の総裁選で盟友の安倍氏が首相になれるように支援。(麻生氏は安倍氏ほどコアではないけど、超保守仲間でもあるし。アベノミクスが成功して景気が回復すれば、消費増税も行ないやすくなるし。>
 そして、政権奪還後、自らは財務大臣(兼副総理)になり、安倍首相の同意も得て、着々を計画を進めていたのである。(++)
 
 ただ、安倍氏周辺のアベノミクス推進を第一に考える新自由主義仲間は、もともと消費税増税には慎重な人が多かった上、今年4月に8%に税率を引き上げた後に、消費が予想以上に低迷したことを憂慮。首相周辺では、早くもこの夏頃から10%への引き上げを先送りすべきではないかという声が出るようになっていた。^^;

 麻生大臣は、安倍首相が計画を反故にするのではないかと懸念して、ギリギリまで公の場で何度も消費税増税の必要性を訴えていたのだけど。
 
<10月24日にも『「少子高齢化等々、日本が今後、社会構造的に抱える問題に対応するためには、これしかないと思っています」-麻生財務相はこのように述べ、消費税率を予定通り引き上げるべきとの考えを示し』ていたし。(NNN10月24日)
 先送り解散の話が出始めていた11月7日にも、『「来年度の景気が今年より悪くなるとみる人は、学者・経営者含めて、一人もいない」とし、「予定通り上げていったほうが良い」と述べ』て、安倍官邸を強くけん制していたです。^^;(ロイター11月7日)>

 しかし、安倍首相&仲間たちは、アベノミクスによる景気回復の腰折れや増税による支持率低下、ひいては安倍政権がまた短命に終わることを憂慮して、(麻生氏を裏切って)増税先送りをする方針を決定してしまったのだ。(~_~;)

<麻生くんは、もしかして半分くらい「こんなことになるなら増税積極派の谷垣前総裁を首相にしておいた方がよかった」と思ってたりして。^^;>

* * * * *

 とはいえ、現実問題として、(アベノミクスの失敗によって)GDP(国民総生産)もマイナスになってしまったこともあり、麻生大臣も増税先送りを了承せざるを得ない状況に陥ってしまったのだけど・・・。
 麻生大臣は、それを呑む代わりに、法律の景気条項を撤廃して、17年4月には絶対に増税を実施することを首相に約束させたと言われている。(~_~;)

『首相と麻生氏は17日にオーストラリアから帰国する政府専用機内で会談した。首相が再増税の延期方針を説明したのに対し、市場に与える影響を懸念した麻生氏が景気条項の撤廃を働き掛けた。『2017年4月に先送りした際に確実に再増税を実施することで財政規律を堅持する姿勢を国内外に明確化する狙いがある。』(共同通信14年11月18日)

<この記事には「撤廃を働き掛けた」とマイルドな表現を使っているけど、冒頭の記事で責任論まで持ち出して釘をさしていたように(&他の報道記事の言い回しなどから察すると)、交換条件として「約束させた」というのが正解ではないかと思うです。(・・)>

* * * * *

 ただ、景気条項の撤廃には、野党だけでなく、与党内からも異論が出ているのも事実で。安倍内閣が法改正をスムーズに行なって、麻生大臣との約束を本当に守れるかどうかはビミョ~なところ。だ。(~_~;)
 
 実際、もし17年4月に日本の景気が回復していないにもかかわらず、強引に消費税増税を実行に移した場合は、日本の経済はトンデモなく悪化するおそれがあるわけで、mewもこの法改正は慎重に議論すべきだと思うのだけど・・・。

 そう言えば、安倍首相は12年11月に、野田前首相が解散を宣言したの党首討論で、消費増税と引き換えに衆院定数削減など身を切る改革を次の国会で実行に移すと約束しながら、2年立った今も、な~んも実行に移していないし。大震災後、時限立法で実施していた議員と公務員の給料削減も打ち切っちゃったし。
 麻生大臣とタッグを組んで経済・財政政策を進めていたはずが、その約束も裏切ってしまったわけで。^^;

 安倍首相が、いかに目先のことにとらわれたり、自分の都合や政権延命を中心に考えて、その場しのぎの手形を(時に空手形も?)切っているかがよ~くわかるし。
 もともと安倍首相は一般国民のことなど眼中にはないのだけど。その場次第で、国民との約束だって、どこまで守るかわからないやつだということを、大きな声で訴えておきたいmewなのである。(@@)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 他方、公明党も消費税増税による社会保障の強化、財政再建には積極的な立場で、民主党政権下で、民自公の3党合意にも参加していたし。
 安倍首相周辺から増税先送り論が出始めた今年9月には、首相をけん制する意図もあってか、当時の党首3人がわざわざ会って、予定通りに増税を実施することを確認していたほど。(*1)

 山口代表はその後も、予定通りに増税を実施すべきだとアチコチで言っていたので、mewは公明党は先送り解散に難色を示すかと思っていたのだけど・・・。
 どうやら安倍官邸は、公明党に「軽減税率導入」と引き換えに先送り解散に賛同するように働きかけたようで。公明党は、その取引に乗ることにして、あっさりと解散を受け入れたようだ。(@@)

* * * * *

 公明党は、12年の3党合意の時からず~っと、消費税増税する際には、食品などの生活に必要な物品には軽減税率を導入すべきだと主張し続けているのだけど。<mewもこれには賛成の立場。>
 しかし、軽減税率の導入には、財務省や財界、商業団体などが、税収が減るとか、導入する過程で過分な費用や混乱が生じるおそれがあるなどの理由で強く反対していたこともあって、安倍首相や自民党の税調が、なかなかクビをタテにふってくれず。公明党の幹部は、かなりイラ立ちを募らせていた。^^;

<『公明党の山口那津男代表は食料品などへの消費税率を低く抑える軽減税率を経済対策の一環としても位置付け、安倍晋三首相が2015年10月からの税率10%への引き上げを決断する場合には、同時に具体的な導入への道筋を明らかにする必要があるとの考えを示した。(中略)10%への増税を最終決断する際には軽減税率の導入時期を含めて判断してもらいたいのか、との質問に対し、「そうでないと予見が立たないということになる」と語った』りとかね。(ブルームバーグ10月23日)>

 そこで安倍官邸&自民党は、公明党に先送り解散に協力してくれれば、17年4月の増税実施までに、軽減税率の導入に取り組むと持ちかけて、公明党の同意を得ることに成功したようなのである。^^;

『自民・公明両党の税調幹部が水面下で協議し、先送りされた場合、引き上げと同時に生活必需品の税率を低く据え置く「軽減税率制度」を導入することで合意したことがわかった。具体的には生鮮食料品や新聞などを対象とすることを検討している。(NNN14年11月13日)』

『首相は17日、アジア・オセアニア歴訪から帰国した後、山口氏と会談。山口氏が17年4月に延期される消費税再増税時に、食料品などへの軽減税率導入を求めたのに対し、首相は理解を示した。(時事通信14年11月18日)』

『公明党・山口代表:「消費税の税率引き上げにあたっては、軽減税率を実施できるようにしてもらいたいと。今もそういうことは総理にお話を致しました」(ANN14年11月19日)』

* * * * *

 これを受けて、自公税調は17年4月に軽減税率導入を目指すことで正式に合意し、次の衆院選の公約にすることも決定したのだが。
 もしかしたら公明党は、体よく利用されただけで。安倍自民党は、本気で導入を目指すつもりは気はないかも知れないのである。(~_~;)
   
『自民党税制調査会の野田毅会長と公明党の北側一雄副代表は19日、国会内で会談し、2017年4月の消費税率10%への引き上げと同時に、生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の導入を目指すと明記した合意文書をまとめた。20日の与党税制協議会で正式に確認し、衆院選で両党が作成する共通公約に盛り込む。(中略)
 北側氏は「消費増税の時期がずれても軽減税率の準備期間は変わらない」として消費増税と同時の導入を主張。これに対し野田氏は「準備が整わないリスクがある」として導入時期の明示に難色を示し、「目指す」との文言を入れることで折り合った。

 公明党は、衆院選に向けて「いまこそ軽減税率実現へ」とうたったポスターを作製しており、選挙戦でも17年4月の同時導入をアピールする方針だが、自民党税調幹部は「導入は17年4月より遅れる可能性が高い」と述べ、既に解釈の食い違いを見せている。今後、実際の導入時期を巡り、再び協議が難航する可能性もある。(毎日新聞14年11月20日)』 
  
『軽減税率を導入すると新たな財源を必要とする可能性が高く、自民党・野田毅税調会長は、スムーズに軽減税率を導入できるかについて断定することは出来ないとした。(ANN14年11月20日)』

* * * * *

 安倍首相&周辺としては、ともかく今回の選挙で勝って、政権延命の足がかりを作りたいわけで。そのためには、公明党の協力が不可欠だし。軽減税率導入を公約に加えれば、国民の支持も得やすいと考えて、導入検討に同意したのではないかと思うのだけど。

 ただ、選挙で勝ってしまえばこっちのもので、公明党も国民も、結局、安倍首相&自民党に裏切られる可能性が十分にあるだけに、懸命な国民はそんな詐欺まがいの公約に騙されないように注意して欲しいと思うし。
 一番いいのは、安倍自民党を単独過半数割れ&安倍退陣に追い込んで、安倍氏よりも信頼できそうな(約束を守ってくれそうな)人に首相を交代させることなのではないかな~と思うmewなのだった。(@@) 

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-11-23 12:57 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)