人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


先日、ニュースを見ていて、超・共感できる印象深い発言に出会った。(**)

『島根県の丸山知事は13日の記者会見で、「インバウンドもマスクを外す話も、まずは沖縄の問題をちゃんと処理してからの話」と述べ、感染拡大が続く沖縄県の問題と、“脱マスク”の議論が同時並行している現状に違和感を示しました。

 島根県 丸山達也 知事「インフルエンザや風邪と違う証拠が沖縄の今の実態じゃないのか、当たり前でバカでも分かる事実」

 また、新型コロナワクチンについて、若者の3回目接種率が上がらない現状に対しては…

 島根県 丸山達也 知事「風邪やインフルエンザと同じだと言ったのはあなた方でしょと、大したことないって言っちゃったのはあなた方政府でしょと、そしたらワクチンの接種率が上がらないの仕方がないじゃないですか、頭の中がお花畑だ」(山陰放送22年5月14日)』

 言葉使いはチョット悪いけど。核心をついていると思いません?(・・)

* * * * *

 今年にはいってから、オミクロン株の感染が拡大。デルタ株以上の感染者が出て、今年1月~5月だけで、死者が1万人以上に及んでいる。<覚えておいてね。オミクロンの第6波だけで1万人死んでいるんだからね。(-"-)>

 ところが岸田内閣は、「コロナをインフルエンザと同じに扱え」と主張する周辺の議員や早期の経済回復を望む経済界などの圧力もあって、ウィズ・コロナを通り越し、経済優先にシフト・チェンジ。その影響が、もろに沖縄に出てしまった。(@@)

 沖縄では昨年末から、米軍基地に由来すると思われるオミクロン株の感染が拡大。2月にはいったん収まったものの、3月後半からまた感染者が急増。
 玉城知事は4月初めに『「全ての年代で新規陽性者が増加傾向にあることに鑑みると、もはや第7波に突入したものと認識せざるを得ない」と強い危機感を示した。感染拡大に歯止めがかからなければ、まん延防止等重点措置の要請を含め、規制措置を検討する考えを示した』『「5月の連休は外出自粛をすることにならざるを得なくなるかもしれません」とも強調』していたのである。(琉球新報22年4月7日より)

 ところが、経済への影響を懸念して行動宣言を出したくない政府は、まん延防止等重点措置などを発令せずに済ませようと、とりあえず政府から「首相官邸や各省とホットラインで対応する」4人の連絡員(リエゾン)を派遣したのだが、ほとんど効果はなかった。(-_-;)

 沖縄では旅行者が多数訪れたGW後に、過去最多の感染者を記録。PCR検査キットも間に合わず。中等症以上の患者の入院者も増加したため、医療が崩壊。コロナ以外の一般の患者に対する診療が制限される状態に陥っている。<詳しい記事は*1に。後日にも取り上げる予定。>

 また、一部の閣僚や政治家やメディアが「オミクロン株は重症化しない」「5類を2類に。脱マスクを」などとアピールしているため、若者の間では「コロナにかかっても、たいしたことはない」「ワクチンの副作用の方がつらいので、ワクチンは打たない」という話が飛び交うことに。
 この件も改めて取り上げたいが、3回めのワクチン接種は高齢者以外では進まず。ついには、何十万人分ものワクチンを廃棄せざるを得ない状況に陥っている。 _(_^_)_

 岸田首相は、インバウンド経済の回復も考え、来月から海外からの入国制限を(実験で観光も)さらに緩和すると言っているのだが。これでも、世間は、岸田内閣のコロナ対策には問題がないと思うのだろうか。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、昨日のアップした『維新「顔で選べば1番」と女性候補を応援・・・』の続報を。

 維新の会の石井章参院議員(65)が、参院選栃木選挙区に出馬予定の自党候補に関して「女性5人が出るが、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」と発言したことが発覚し、物議をかもしているのだが。

 石井氏は、ほとんど反省していない様子。それどころか、「いい挨拶だった」「顔を見て選ぶ人がいるのだから、ポスターをなくすべき」などと開き直る始末だ。(-"-)

 では、石井氏のすばらしい反省の弁と釈明を・・・。

『日本維新の会 石井章参院議員「まあ健康と若さと容姿端麗だということも含めた流れの中で、若さと健康を売りにしたような発言の中の1コマだった」(略)

 日本維新の会 石井章参院議員「(Q.反省の言葉はあるか)いやだからもう、その撤回したこと自体、政治家としては撤回するっていうのは反省してるということなんで、反省しているから撤回。あなたが土下座しろって言うなら土下座しますよ」(略)

 日本維新の会 石井章参院議員「ただね、僕が思うには、じゃあ公営掲示板のポスターってみんなよく撮れてるでしょ。顔…あれを見て選ぶ人もいると思うんですよ。だったらこういう掲示板のポスターをなくして税金を使わなくすればいい。あれ公費だからね」(JNN22年5月17日)』

『茨城新聞の取材に対し、石井氏は発言を撤回した上で「見た目で判断しているわけではない。一番若く、(候補者本人は)エアロビクスもやっており、健康的な美を強調したつもりだった」と釈明した。(茨城新聞22年5月17日)』

『日本維新の会・石井章参議院議員:『あそこにいた人は、ああいう内容で僕が発言したのではないことはみんな分かっている。いい挨拶だったと(FNN22年5月17日)』
 
 そうか~。選挙ポスター掲示の目的のひとつは、「顔」で候補を選ぶことにあったのね。(@@)

<そう言えば、維新3人衆が出ていた今年のTV正月特番でも、『橋下氏は「吉村さんは、常に自分がどう映っているかを計算している」とツッコミ、松井氏も「インスタを見ればよくわかる。公人・政治家のものではない」とイジる』なんて話も出ていたとのこと。容姿,見映えを大切にしているのね。^^;>

 しかも、正直言うと、mew周辺にも実際、投票所前の掲示板見て、顔で選んでいる人がいるわけで、尚更にイヤな感じがしちゃったりして。(自民党の参院選候補(東京)の生稲晃子もTOP当選しそうだって言うし。^^;)
 ただ、「国会議員や首長が堂々とそんなこと言うようじゃ、おしまいでしょ」って思う。(-"-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、昨日、立民党の菅直人氏が大阪に遠征して、維新の会が「核共有」に言及していることを「自民党より右翼的だ」と批判していたという話を書いたのだが。

 15日には、維新の会の松井一郎代表が、勢力拡大を狙う南関東に到来。東京や神奈川で、街頭演説を行なっていたという。

『維新松井一郎代表、ウクライナ情勢踏まえ「積極的な防衛体制必要」参院選東京選挙区の応援

 日本維新の会の松井一郎代表が15日、東京・新宿駅西口、銀座で夏の参院選東京選挙区(改選数6)に公認候補予定の海老沢由紀氏への支援を訴えた。松井氏は新宿でウクライナ情勢に触れ、「攻められない国造り、積極的な防衛体制が必要。日本の周りに核兵器持った国がミサイルを撃つ、他国に侵攻する事実がある」とした。その上で「我々は他国に侵略することは一切、ダメだというルールを作りながら、他国からの侵略は許さない防衛体制、外交の議論をタブーなく、やるべきだ」と安全保障の議論推進を唱えた。

 海老沢氏も銀座で「他の政党を見ていると、お花畑の政治家が多い」と批判した上で「私も4人の子どもがいます。将来、もし日本が侵略されて、子どもたちや将来に生きるみなさんが、悲しい目に遭う、そんなことは避けたい。まずは侵略をされない、攻撃を受けない体制作りが急務」などと訴えた。

 東京選挙区には立憲民主党の蓮舫、公明党の竹谷とし子、共産党の山添拓、自民党の朝日健太郎の現職4氏に、アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで自民党公認のタレント生稲晃子、立民の松尾明弘、ファーストの会・荒木千陽代表、れいわ新選組の依田花蓮ら新人各氏が立候補を予定している。参院選は6月22日公示、7月10日投開票が有力となっている。(日刊スポーツ22年5月16日)』

『維新・松井代表「侵略されぬよう抑止力強化必要」 ロシアのウクライナ侵攻巡り 川崎駅で演説 

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は15日、JR川崎駅西口で街頭演説し、ロシアによるウクライナ侵攻に触れ「他国から侵略されないように抑止力の強化は必要。日本は唯一の被爆国だが、タブー視せずに議論を深めるべきだ」との見解を示した。

 その上で、現状の国政について「与野党はなれ合い、もたれ合いの状態。外交安全保障が昭和のままの認識では駄目だ」と苦言を呈した。夏の参院選で維新への支持を訴え、「(躍進を果たせば)自民党や政府を動かすことができる」と強調した。

 改選4議席に加え、非改選の欠員1を補う「合併選挙」となる神奈川選挙区で擁立する元職について、松井氏は記者団に、通常任期の6年が与えられる「4位以内での当選を目指す」と述べた。(神奈川新聞22年5月16日)』

 維新は、立民党などに流れていた非自民党票だけでなく、自民党の保守層までくい込もうとしている感じなのだけど。ここまで言うと、平和&リベラル志向の国民は、維新に投票しなくなる可能性が大きい。 
 それゆえ、維新の超保守タカ派的な部分を(人権意識に欠ける部分、国民をバカにしている部分も)、も~っと世間に知らしめたいと思うmewなのだった。(@_@。
  
 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


# by mew-run7 | 2022-05-18 10:29 | Comments(0)

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


先日、ニュースを見ていて、超・共感できる印象深い発言に出会った。(**)

『島根県の丸山知事は13日の記者会見で、「インバウンドもマスクを外す話も、まずは沖縄の問題をちゃんと処理してからの話」と述べ、感染拡大が続く沖縄県の問題と、“脱マスク”の議論が同時並行している現状に違和感を示しました。

 島根県 丸山達也 知事「インフルエンザや風邪と違う証拠が沖縄の今の実態じゃないのか、当たり前でバカでも分かる事実」

 また、新型コロナワクチンについて、若者の3回目接種率が上がらない現状に対しては…

 島根県 丸山達也 知事「風邪やインフルエンザと同じだと言ったのはあなた方でしょと、大したことないって言っちゃったのはあなた方政府でしょと、そしたらワクチンの接種率が上がらないの仕方がないじゃないですか、頭の中がお花畑だ」(山陰放送22年5月14日)』

 言葉使いはチョット悪いけど。核心をついていると思いません?(・・)

* * * * *

 今年にはいってから、オミクロン株の感染が拡大。デルタ株以上の感染者が出て、今年1月~5月だけで、死者が1万人以上に及んでいる。<覚えておいてね。オミクロンの第6波だけで1万人死んでいるんだからね。(-"-)>

 ところが岸田内閣は、「コロナをインフルエンザと同じに扱え」と主張する周辺の議員や早期の経済回復を望む経済界などの圧力もあって、ウィズ・コロナを通り越し、経済優先にシフト・チェンジ。その影響が、もろに沖縄に出てしまった。(@@)

 沖縄では昨年末から、米軍基地に由来すると思われるオミクロン株の感染が拡大。2月にはいったん収まったものの、3月後半からまた感染者が急増。
 玉城知事は4月初めに『「全ての年代で新規陽性者が増加傾向にあることに鑑みると、もはや第7波に突入したものと認識せざるを得ない」と強い危機感を示した。感染拡大に歯止めがかからなければ、まん延防止等重点措置の要請を含め、規制措置を検討する考えを示した』『「5月の連休は外出自粛をすることにならざるを得なくなるかもしれません」とも強調』していたのである。(琉球新報22年4月7日より)

 ところが、経済への影響を懸念して行動宣言を出したくない政府は、まん延防止等重点措置などを発令せずに済ませようと、とりあえず政府から「首相官邸や各省とホットラインで対応する」4人の連絡員(リエゾン)を派遣したのだが、ほとんど効果はなかった。(-_-;)

 沖縄では旅行者が多数訪れたGW後に、過去最多の感染者を記録。PCR検査キットも間に合わず。中等症以上の患者の入院者も増加したため、医療が崩壊。コロナ以外の一般の患者に対する診療が制限される状態に陥っている。<詳しい記事は*1に。後日にも取り上げる予定。>

 また、一部の閣僚や政治家やメディアが「オミクロン株は重症化しない」「5類を2類に。脱マスクを」などとアピールしているため、若者の間では「コロナにかかっても、たいしたことはない」「ワクチンの副作用の方がつらいので、ワクチンは打たない」という話が飛び交うことに。
 この件も改めて取り上げたいが、3回めのワクチン接種は高齢者以外では進まず。ついには、何十万人分ものワクチンを廃棄せざるを得ない状況に陥っている。 _(_^_)_

 岸田首相は、インバウンド経済の回復も考え、来月から海外からの入国制限を(実験で観光も)さらに緩和すると言っているのだが。これでも、世間は、岸田内閣のコロナ対策には問題がないと思うのだろうか。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、昨日のアップした『維新「顔で選べば1番」と女性候補を応援・・・』の続報を。

 維新の会の石井章参院議員(65)が、参院選栃木選挙区に出馬予定の自党候補に関して「女性5人が出るが、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」と発言したことが発覚し、物議をかもしているのだが。

 石井氏は、ほとんど反省していない様子。それどころか、「いい挨拶だった」「顔を見て選ぶ人がいるのだから、ポスターをなくすべき」などと開き直る始末だ。(-"-)

 では、石井氏のすばらしい反省の弁と釈明を・・・。

『日本維新の会 石井章参院議員「まあ健康と若さと容姿端麗だということも含めた流れの中で、若さと健康を売りにしたような発言の中の1コマだった」(略)

 日本維新の会 石井章参院議員「(Q.反省の言葉はあるか)いやだからもう、その撤回したこと自体、政治家としては撤回するっていうのは反省してるということなんで、反省しているから撤回。あなたが土下座しろって言うなら土下座しますよ」(略)

 日本維新の会 石井章参院議員「ただね、僕が思うには、じゃあ公営掲示板のポスターってみんなよく撮れてるでしょ。顔…あれを見て選ぶ人もいると思うんですよ。だったらこういう掲示板のポスターをなくして税金を使わなくすればいい。あれ公費だからね」(JNN22年5月17日)』

『茨城新聞の取材に対し、石井氏は発言を撤回した上で「見た目で判断しているわけではない。一番若く、(候補者本人は)エアロビクスもやっており、健康的な美を強調したつもりだった」と釈明した。(茨城新聞22年5月17日)』

『日本維新の会・石井章参議院議員:『あそこにいた人は、ああいう内容で僕が発言したのではないことはみんな分かっている。いい挨拶だったと(FNN22年5月17日)』
 
 そうか~。選挙ポスター掲示の目的のひとつは、「顔」で候補を選ぶことにあったのね。(@@)

<そう言えば、維新3人衆が出ていた今年のTV正月特番でも、『橋下氏は「吉村さんは、常に自分がどう映っているかを計算している」とツッコミ、松井氏も「インスタを見ればよくわかる。公人・政治家のものではない」とイジる』なんて話も出ていたとのこと。容姿,見映えを大切にしているのね。^^;>

 しかも、正直言うと、mew周辺にも実際、投票所前の掲示板見て、顔で選んでいる人がいるわけで、尚更にイヤな感じがしちゃったりして。(自民党の参院選候補(東京)の生稲晃子もTOP当選しそうだって言うし。^^;)
 ただ、「国会議員や首長が堂々とそんなこと言うようじゃ、おしまいでしょ」って思う。(-"-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、昨日、立民党の菅直人氏が大阪に遠征して、維新の会が「核共有」に言及していることを「自民党より右翼的だ」と批判していたという話を書いたのだが。

 15日には、維新の会の松井一郎代表が、勢力拡大を狙う南関東に到来。東京や神奈川で、街頭演説を行なっていたという。

『維新松井一郎代表、ウクライナ情勢踏まえ「積極的な防衛体制必要」参院選東京選挙区の応援

 日本維新の会の松井一郎代表が15日、東京・新宿駅西口、銀座で夏の参院選東京選挙区(改選数6)に公認候補予定の海老沢由紀氏への支援を訴えた。松井氏は新宿でウクライナ情勢に触れ、「攻められない国造り、積極的な防衛体制が必要。日本の周りに核兵器持った国がミサイルを撃つ、他国に侵攻する事実がある」とした。その上で「我々は他国に侵略することは一切、ダメだというルールを作りながら、他国からの侵略は許さない防衛体制、外交の議論をタブーなく、やるべきだ」と安全保障の議論推進を唱えた。

 海老沢氏も銀座で「他の政党を見ていると、お花畑の政治家が多い」と批判した上で「私も4人の子どもがいます。将来、もし日本が侵略されて、子どもたちや将来に生きるみなさんが、悲しい目に遭う、そんなことは避けたい。まずは侵略をされない、攻撃を受けない体制作りが急務」などと訴えた。

 東京選挙区には立憲民主党の蓮舫、公明党の竹谷とし子、共産党の山添拓、自民党の朝日健太郎の現職4氏に、アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで自民党公認のタレント生稲晃子、立民の松尾明弘、ファーストの会・荒木千陽代表、れいわ新選組の依田花蓮ら新人各氏が立候補を予定している。参院選は6月22日公示、7月10日投開票が有力となっている。(日刊スポーツ22年5月16日)』

『維新・松井代表「侵略されぬよう抑止力強化必要」 ロシアのウクライナ侵攻巡り 川崎駅で演説 

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は15日、JR川崎駅西口で街頭演説し、ロシアによるウクライナ侵攻に触れ「他国から侵略されないように抑止力の強化は必要。日本は唯一の被爆国だが、タブー視せずに議論を深めるべきだ」との見解を示した。

 その上で、現状の国政について「与野党はなれ合い、もたれ合いの状態。外交安全保障が昭和のままの認識では駄目だ」と苦言を呈した。夏の参院選で維新への支持を訴え、「(躍進を果たせば)自民党や政府を動かすことができる」と強調した。

 改選4議席に加え、非改選の欠員1を補う「合併選挙」となる神奈川選挙区で擁立する元職について、松井氏は記者団に、通常任期の6年が与えられる「4位以内での当選を目指す」と述べた。(神奈川新聞22年5月16日)』

 維新は、立民党などに流れていた非自民党票だけでなく、自民党の保守層までくい込もうとしている感じなのだけど。ここまで言うと、平和&リベラル志向の国民は、維新に投票しなくなる可能性が大きい。 
 それゆえ、維新の超保守タカ派的な部分を(人権意識に欠ける部分、国民をバカにしている部分も)、も~っと世間に知らしめたいと思うmewなのだった。(@_@。
  
 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


# by mew-run7 | 2022-05-18 10:28 | Comments(0)

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【15日い行われたヴィクトリア・マイルで、4番人気だった白毛馬ソダシ(4牝)with吉田隼人が圧勝した。(*^^)v祝 
 ソダシは4番手ぐらいにつけて、気持ちよく前を追走。直線後半で追い出すと、自らもペースアップ。後方から追い込んで来る馬を寄せ付けない強~い勝ち方だった。2着に3番人気のファインルージュ、3着に6番人気のレステンシア。<一瞬、うまく逃げた18番人気の勝春(Rノアール)が残っちゃうかと焦った。^^;>
 1番人気のレイパパレwith川田は、スタートで躓いた影響もあってか、12着に沈んだ。<ここ1年半、2千m以上しか走っておらず。速いペースにもとまどった&脚が残らなかったかも。>
 ソダシは気難しく、急にエキサイトしてしまうことがある(要はちょっとワガママ&気分屋な?)ので、調教でテンションを抑えるように工夫したとのこと。パドックや返し馬で妙に落ち着いていたので、逆に「今日、走るかな?」と心配になったりもしたのだが。<ゲート入りをちょっと嫌がったけどね。>少し大人になったのかな。(・・)

 長年、希少な白毛馬を応援し続けているmewとしては、本当に嬉しい限り。<昨日も走り終えた後、うっすらピンクになっていましたね。"^_^">ソダシは芝マイルは負けなし。2歳で阪神JF、3歳で桜花賞のGIで勝利しているのだが。古馬になって4歳でもGI制覇したのは立派。しかも、東京でもしっかり勝てたのがGOOD。(^^)距離を2000mまで伸ばせるといいのだけど。mew的には、来年の安田記念をとれるといいな~と思う。o(^-^)o<馬券は単・馬連・Wなどをゲット。でも、地方競馬が不調。^^;>】

* * * * *

 最初に・・・ブログのプロフィール欄(馬の写真の下)に、アンチ「維新」を書き足した!(**)

<超保守タカ派思想、アブナイ改憲の推進、新自由主義、言行不一致、ポピュリズムなど9割がた考えや感覚が合わない&維新の議席が増えると日本の将来にマイナスだと思うので。>
 菅直人氏に触発されて(?)、ここからどんどん維新への攻撃を強めちゃうぞ~。o(^-^)o
 
 ・・・というわけで、早速、維新の批判を。

 維新の会の石井章参院議員(65)が、参院選栃木選挙区に出馬予定の自党候補に関して「女性5人が出るが、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」と発言し、物議をかもしている。
 また、ロシア・中国へも「きちOい」の不適切ワードを使用したという。(@@)

<トンデモ問題発言だと思うのに、何故、TVやネットで大きく取り上げないのか不思議。(-"-)>

『日本維新の会の石井章参院議員(65)=比例代表=が15日、今夏の参院選栃木選挙区で立候補予定の同党女性新人の事務所開きのあいさつで、「(候補予定者が)5人出るのが全部女性でしょ。年齢だけは若いということですが、顔で選んでくれれば1番取るのは決まってるんですけどね」と容姿に触れる発言をした。

 また、ロシアによるウクライナ侵攻に絡む日本の安全保障を巡って、「きちがいのロシア、もう一つきちがいに近い中国」と不適切な表現で述べた。(毎日新聞22年5月16日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、茨城新聞への釈明は、火に油を注ぐような感じ。^^;

『茨城新聞の取材に対し、石井氏は発言を撤回した上で「見た目で判断しているわけではない。一番若く、(候補者本人は)エアロビクスもやっており、健康的な美を強調したつもりだった」と釈明した。(茨城新聞22年5月16日)』

『下野新聞社の取材に石井氏は「(新人の)若さを前面に出す意図での発言だった。自民現職を除く他の候補者の顔は知らず、誹謗(ひぼう)中傷するつもりは全くない」などと釈明した。(下野新聞22年5月16日)』

 維新の会はとりあえず厳重注意したそうなのだが。何党かにかかわらず、こういう人は落選させないと、と思う!(++)

『これを受け『藤田文武幹事長は16日、石井氏から「見た目で人を差別する趣旨はなかった」などと謝罪を受け、口頭で厳重注意したという。石井氏は16年の参院選比例代表で当選し、夏の参院選で再選を目指している。(日刊スポーツ22年5月16日)』

<比例代表か~。とりあえず、投票用紙に名前を書くのはやめて欲しい。(・・)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 維新攻撃を公言している立民党の菅直人氏が、大阪で吼えている。(**)

「維新は自民党より右翼的」だとして、「核共有」の主張に関して松井代表に質問状を提出。また、維新主導で進めている大阪のカジノIR構想についても批判を行なったという。(++)
<質問状・・・https://twitter.com/NaotoKan/status/1526005750228606976/photo/1>

 客観的に見ると、「一応、元首相なんだし。他党の攻撃をしまくるのは、みっともないかも」「立民にマイナスにならないといいけど」と思う部分もあるのだが。<とはいえ、安倍ちゃんも言いたい放題だからね。^^;>

 おそらく菅直人氏は、維新のような政党が台頭すると「日本がアブナイ!」と大きな危機感を覚えて、いても立ってもいられず。「誰かがもっと維新の問題点をアピールしないといけない」という使命感にかられているのではないかと思われ・・・。

 主観的には「正面から大きな声で批判しようとする人が少ない中、よくぞ言ってくれた」「応援しちゃうぞ」という気持ちになっている。o(^-^)o

『立民の菅直人元首相「維新は自民より右翼的」維新・松井一郎代表宛て質問状提出、主張の違い強調

立憲民主党の菅直人元首相は16日、大阪市役所で記者会見し、日本維新の会代表の松井一郎大阪市長宛てに「核共有」政策に関する質問状を提出したと明らかにした。菅氏は同政策を含む議論開始を夏の参院選公約に盛り込む方針の日本維新を「自民党よりも右翼的だ」と批判し、立民との主張の違いを強調した。

菅氏は参院選大阪選挙区で立民候補を支援する特命担当を務めている。同日朝に市役所前で街頭演説した後に市役所に松井氏を訪ねたが、不在だったため質問状を職員に渡した。

会見で「維新は『身を切る改革』などの宣伝がうまいが、右翼的部分が国民に伝わっていない。彼らの立場を明確にするため、拠点である大阪で立憲民主党も立派な候補者を立てた」と述べた。(日刊スポーツ22年5月16日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『菅氏は事前の調整なく市役所を訪問したが、松井氏は登庁していなかった。市側は「党代表宛ての質問状は受け取れない」と説明したが、菅氏は「(松井氏が)登庁した際に渡してほしい」と質問状を預けた。

ウクライナ情勢を受け、維新は参院選公約に核共有を含む拡大抑止に関する議論開始を盛り込む方針。菅氏は質問状で、松井氏が主張する核共有は「日本も核武装すべきということか」と確認し、テロ対策が不十分な国内の原発再稼働を容認する理由も問いただした。

菅氏は会見で「参院選を前に維新は野党第一党を目指すと言われた。今(その立場)は立民だが、維新に明け渡すことは日本の政治にマイナスだ」と述べた。

菅氏は参院選大阪選挙区の公認候補者を支援する「大阪特命担当」。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に反対する菅氏は昨年の衆院選で伸長し、大阪IRの実現を目指す維新との対決姿勢を鮮明にしている。(産経新聞)』

* * * * *

 ただ、チョット勇み足して、候補者への投票を呼びかけるというミスも犯してしまったらしい。(~_~;) (IR構想の批判はOK!>

『立憲民主党最高顧問の菅直人・元首相が15日、大阪市内で街頭演説し、夏の参院選大阪選挙区から立憲公認で出馬する立候補予定者の名前を挙げて有権者に投票を呼び掛ける場面があった。公職選挙法は、公示前に特定の候補者へ投票を呼び掛ける行為を「事前運動」として禁止しており、菅氏は直後に発言を撤回した。

 菅氏はこの日の演説で、大阪府と大阪市が誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、「参院選は大阪にカジノをつくるか、日本にばくち場を増やすかの大きな選択だ」と主張。共に街頭に立った立憲の立候補予定者の名を挙げ、「カジノではない形で経済を再建させようという候補者にぜひ1票を入れていただきたい」と投票を呼び掛ける発言をした。直後、「ここまで言うと、選挙期間中みたいになって若干言い過ぎになりますが……」と火消しに走った。

 演説後、菅氏は報道陣の取材に「気をつけているつもりだったが、勢いで(言ってしまった)。今の時期に踏み込んで言ってしまった部分もあると思うから、気をつける」と釈明し、発言は撤回したと説明した。

 菅氏は東京18区選出の衆院議員だが、大阪に本部を置く日本維新の会との対決姿勢を強めている。4月には、参院選を見据えて党本部から「大阪特命担当」の特別職を与えられた。菅氏はIRへの反対を訴えることで、IRに賛成する維新や自民、公明との差別化を図る狙いがあるとみられる。【石川将来】(毎日新聞22年5月15日)』

 維新の会は、保守勢力の「立民潰し」活動に乗じて、これまでさんざん立民党叩きをして来たのだから。誰かが言い返さないとね。<ただし、ちゃんと政策批判の形でね。>
 菅氏(75)は元首相ゆえ、(立場の問題はあれど)同氏が言動すれば、メディアも少しは取り上げるし。本人も、次は落選(or辞任)してもいいぐらいの覚悟で、自分らしく「最後のご奉公」をしようと考えているのではないかと、勝手に察している。<長島昭久氏に選挙区をとられるぐらいなら、次も出ても構わないけど。>
 
 維新の支持率もやや低下しつつあるようだし。あとは立民党がどれだけ有権者に自己アピールができるかが、大きな鍵になると思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


# by mew-run7 | 2022-05-17 09:57 | 民主党、民進党に関して

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【体操・・・15日にはNHK杯男子が行われ、橋本大輝(20)が2連覇を達成した。"^_^" 2位にはベテラン(?)で安定した演技を見せた神本雄也(27)が。3位に土井陵輔(20)がはいり、先に出馬内定していた橋本と共に、世界選手権に出場することが決まった。<神本は3年ぶり、土井は初。>

 女子は五輪、世界選手権に出場した選手が引退し、若い選手が台頭して来たのだけど。男子は、内村航平以外の選手はほぼ残っていて、パリ五輪を目指していたはずだった。しかし、先月の全日本から谷川兄弟、北園、萱などが故障や調整不足などでふるわず。橋本は全日本では圧勝したものの、昨日は「膝以外の関節が全て痛い」「身体やモチベの調整ができず、出場するだけで精一杯」だったそうで、あん馬で1回、鉄棒で2回も落下することに。NHK杯6種目だけの点数では10位以下という悲惨な出来だった。(-_-;)

<今回は全日本の点数との合計で最終順位が決まったので、かろうじて1位になったのだけど。代表選考会としての順位づけは別として、本番で頑張っていた選手のことを思うと、NHK杯は当日の点数だけの順位で表彰してあげた方がいいと思う。たぶん、1位は三輪鉄平。2位に土井。ただ、採点基準が変わったとはいえ、全体的に点数が低い。>
 最近、大学体操界は橋本や萱、谷川兄弟などがいる(いた)順天堂大学に押され気味なのだが。土井陵輔は日体大。白井コーチや時に内村の指導を受けて、美しい体操を目指している。他にも高校・大学生の若い選手が育ちつつあるので、今後の成長に期待したい。o(^-^)o】 

* * * * *

 うーーー。沖縄の日本復帰50周年に関する記事をかなり書いてあったのに。朝、起きたら、消えていた。(ノ_-。)<どっかにあるはず。こまめに保存しようよ!to自分。(・・)>

 とりあえず・・・というわけではないけど。先週からアップしたいと思っていた、自民党の安全保障調査会が政府に手渡した安保軍事の「戦略3文書」に関する提言の話を・・・。
 
 当ブログでは、何度か自民党内での議論や意見、提言案について書いているのだが。
 この提言では、「敵基地攻撃能力」改め「反撃能力」の保有や防衛費の増額などが記されているという。(-"-)

 しかも、自民党内では、既に憲法9条に基づく「専守防衛」の見直しを検討していることがわかった。(゚Д゚)

 今回は(参院選前ゆえ)具体的な見直し論の提言は避けて、「自衛のための最小限度」という表現にとどめたのだが。
 もし曖昧な文言で指針を作った場合、どのような反撃、攻撃が「自衛のための最小限度」に当たるのか、その時々の政府の解釈に委ねられることになってしまうわけで。実質的に「専守防衛」を見直したのと同じようなことになりかねない。(-_-;)

 本格的に「戦略3文書」の中身を詰めるのは、秋以降の予定なのだが。もし参院選で、自民党や維国(公)などの保守勢力でそれなりの議席を確保できていれば、憲法9条の改正も視野に入れつつ、かなり踏み込んだ内容の方針を決めるのではないかと危惧する。(ーー)

<今回の参院選の結果が日本の将来をどれだけ左右するか、国民はきちんと認識した上で、投票してくれるかな~?(~_~;)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『自民、専守防衛見直し論 「必要最小限度」解釈修正

政府は、日本の外交・安全保障政策の長期指針となる国家安全保障戦略(NSS)など「戦略3文書」の改定について、7月に見込まれる参院選後に本格的な検討作業に着手する構えだ。秋ごろには「最大の山場」(自民党幹部)となる公明党との協議を経て、年末の閣議決定を目指す。

自民党安全保障調査会が4月27日に岸田文雄首相に手渡した提言では、日本を取り巻く安保環境が厳しさを増す中、攻撃を躊躇(ちゅうちょ)させるため、相手領域内のミサイル発射拠点などを攻撃する能力として「反撃能力」の保有を求めた。また、防衛費も国内総生産(GDP)比2%以上を念頭に5年以内の水準達成を掲げた。

提言内容は参院選の自民公約に反映され、選挙戦で争点の一つとなりそうだ。政府は既に有識者ヒアリングを始めているが、参院選後に本格的な検討作業を始める。今後は令和5年度予算編成の考え方を示す「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」での記載や、8月末の5年度当初予算概算要求でどの程度関連予算が盛り込まれるかなどが焦点となる。

秋ごろには防衛力強化に慎重な公明との協議を控えており、政府案に理解が得られるかがポイントとなる。5年度当初予算案の編成と合わせ、政府は年末までに新たな戦略3文書の閣議決定を目指す。

戦略3文書はNSSのほか、防衛計画の大綱(大綱)、中期防衛力整備計画(中期防)からなる。


自民党安全保障調査会が政府の戦略3文書改定に向けて取りまとめた提言の決定過程では、「反撃能力」(敵基地攻撃能力)の保有をめぐり、憲法9条に基づく「専守防衛」の見直し論も一時浮上したが、保有する防衛力を制限する「必要最小限度」の範囲を柔軟に解釈すべきだと提起するにとどまった。改憲論議よりも現実への対応を優先した形だが、現行憲法の限界も改めて露呈した。

「専守防衛を維持したままでは対応に限界があるのではないか」

提言案を審議した4月26日の自民党総務会では、専守防衛の見直しを求める声が複数上がった。安保調査会長の小野寺五典元防衛相は「これについて議論するなら憲法レベルでの議論の場が必要だ」と慎重な考えを示し、その場を収めた。

専守防衛は憲法9条の規定に基づき、相手から武力攻撃を受けたときに初めて防衛力を行使する受動的な防衛姿勢を指す。その行使の態様や保持する防衛力については「自衛のための必要最小限」とされる。

政府は相手に攻撃を躊躇させる手段として、相手領域のミサイル発射拠点などを攻撃できる敵基地攻撃能力の保有を検討。相手が攻撃に着手した後であれば自衛権の範囲内との見解を示している。

だが、相手がミサイルなどを発射する前に攻撃するのは専守防衛と矛盾しないかとの議論が国会などでなされてきた。提言をまとめた安保調査会では、この際、専守防衛の名称を「積極防衛」に変更したり、解釈を見直したりすべきだとの意見も出た。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

提言では専守防衛を維持した上で「必要最小限度の自衛力の具体的な限度は、その時々の国際情勢や科学技術等の諸条件を考慮し、決せられる」と記述。安保調査会の木原稔幹事長は「原則としての専守防衛を大きく変えるものではない。条件によって変わっていく」と説明した。

先制攻撃を禁じる国際法と専守防衛の違いは何か。国際法が認める自衛権行使の条件は、武力行使以外に自衛の手段がないこと(必要性)と、受けた攻撃に対してバランスのとれた形で行使すること(均衡性)だ。専守防衛は、さらに武力行使を「必要最小限度」にとどめるよう求める。

わかりやすく例えれば、国際法ではミサイルを100発撃たれたら100発撃ち返せるが、日本は相手が攻撃を中断するための必要最小限度が2、3発なら、2、3発で済ませなければならない。

しかし、敵基地攻撃能力を保有して相手に攻撃を躊躇させる場合、従来の「必要最小限度」では機能しない恐れがあり、提言は解釈修正を試みたといえる。

夏の参院選後に本格化する政府の戦略3文書改定作業では、敵基地攻撃能力の保有に慎重な公明党から理解を得ることも求められ、専守防衛をめぐる議論の行方が注目される。(市岡豊大)(産経新聞22年5月7日)』

* * * * *

 ちなみに、元防衛大臣で自民党安全保障調査会の顧問として提言の取りまとめに関わった&超保守タカ派の代表格である稲田朋美衆議院議員はこのように語っている。(・・)

<「核共有」も「今回の提言の中では盛り込まれなかったが、自民党の多くの議員がそういう考え方」なんだって。(>_<)>

『元防衛大臣で自民党安全保障調査会の顧問として提言の取りまとめに関わった稲田朋美衆議院議員は「例えば、かつての北朝鮮は日本に届くミサイルを1発も持っていなかった。それが今は200発以上、しかも様々な種類のミサイルを持つようになった。そのようにして周囲がどんどん変わっていく中においては、必要最小限度の範囲も変わっていくと思う。また、これは反撃能力の議論にもかかって来るが、今は発射されたミサイルをイージス艦からのミサイルで撃ち落とし、撃ち損ねた場合はPAC3から撃ち落とす、という2段階のミサイル防衛になっている。しかし飽和攻撃といって同時に何発も撃ってくる可能性があるとすれば、敵基地などを攻撃できる能力は持つべきだと思う」と回答。(略)

 稲田氏は「私は核に関する議論はすべきだと思う。もちろん相手の国を殲滅するような戦略核も、核を載せるようなICBMも持つべきではない。しかし、議論すらしないというのはおかしいし、議論をしたからといって、いっぺんに核共有しましょうという話にはならない。まずはどういう場合にアメリカが核のボタンを押すのか、その手順などの検証、確認、協議をしましょうというのが、安倍さんがおっしゃった核共有の議論だ。今回の提言の中では盛り込まれなかったが、自民党の多くの議員がそういう考え方だということだ」と話した。(『ABEMA Prime』より・ABEMA TIMES22年5月4日)』

 参院選まで、もう2ヶ月を切っている。ウクライナ進攻が長期化し、中国や北朝鮮、ロシアの脅威を(アチコチから煽られて?)不安視する声が強まると、自民党+αの保守勢力がますます勢いづく可能性があるのだが・・・。
 野党やハト派のメディア(ネットを含む)は、もっと日本の平和主義の核となっている「専守防衛」の大切さをアピールして欲しいと思うmewなのである。(**)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


# by mew-run7 | 2022-05-16 09:44 | 平和、戦争、自衛隊

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【体操・・・昨日、NHK杯女子決勝が行われ、4月の全日本選手権で2位だった宮田笙子(17)が初優勝した。(*^^)v祝 <高校生が優勝するのは7年ぶり。>
 宮田は、全日本の時は、段違い平行棒、平均台で落下したのだが。今回は4種目をしっかりまとめたのが勝因になった。
 全日本で優勝した笠原有紗(17)が2位、山田千遥(19)が3位にはいり、この3人がは初の世界選手権代表に決まった。"^_^"<残り2枠の代表は、6月の全日本種目別の結果を踏まえて決定。>
 長年、日本のエースとして頑張ってくれた村上茉愛をはじめ、五輪、世界体操のメンバーが次々と引退。今回は3人とも初の日本代表選出で、フレッシュを感じるのだが。経験者がいないのは、ちょっと不安。また(採点基準が少し変わったものの)優勝した宮田の160.029点は、昨年だと6位に当たる点数で、もっと難度を上げて行かないと、個人はもちろん、団体でも世界レベルの大会で上位に行くことはできないだろう。<団体出場もビミョ~。^^;>ただ、3人とものびしろがたくさんあるので、パリ五輪に向けて成長して欲しいと思う。o(^-^)o 】

* * * * *

 この記事では、先週、気になった野党に関する記事をいくつか。

 まず、日本維新の会の参院選公約が判明したという。(・・)

 憲法では9条改正&緊急事態条項の創設、、天皇の男系継承重視など、かなり超保守タカ派っぽさを前面に出して来た感じがある。大阪を副首都というのも、大阪ベースの政党らしい。^^;

『〈独自〉維新の参院選公約案が判明 9条に自衛隊明記、大阪を副首都に

日本維新の会の夏の参院選公約案が12日、判明した。皇室の在り方に関しては、例外なく維持されてきた男系継承を重視する考えを打ち出した。憲法改正をめぐっては9条への自衛隊明記、緊急事態条項の創設を訴えた。自民党の長期政権を支えてきた保守票を取り込みたい考えだ。

公約案では皇族数の減少が懸念されている皇室に関して、古来より男系継承が維持されてきた重みを踏まえ、「旧宮家の男系男子の皇族との養子縁組を可能とするために皇室典範の改正を行う」と明記した。

新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻などに伴い、改正の必要性が相次ぎ指摘されている憲法への対応も手厚くする。「9条については、平和主義・戦争放棄を堅持した上で、自衛隊を明記する」とした上で、「他国による武力攻撃、感染症の蔓延(まんえん)などの緊急事態に対応するための緊急事態条項を憲法に創設する」と記した。

政権を目指す「責任政党」として、安全保障上の脅威に現実的に対応する考えも示した。防衛費を国内総生産(GDP)比2%まで増額し、「積極防衛能力」の整備を図ると訴え、「ロシアが核兵器による威嚇という暴挙に出てきた深刻な事態を直視し、核共有を含む拡大抑止に関する議論を開始する」とした。

一方、かねて重視してきた国会や統治機構の改革に引き続き取り組む姿勢を強調し、「首都・副首都法を制定し、大阪・関西を首都機能のバックアップを担う拠点とすることにより、二極型国家を実現する」と訴えた。

国会議員に月額100万円が支給される「文書通信交通滞在費(調査研究広報滞在費)」については、他党に先駆けて問題点を指摘した経緯もあり、徹底的な改革の実現を強調した。(産経新聞22年5月12日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 維新の会は、橋下代表時代からずっと安倍・菅政権の懇意の関係にあり、国会では自民党に協力的な動きが多かったため、(野党でなく)「ゆ党」「よ党」などと呼ばれている。

 維新の会には、松井・馬場代表をはじめ、安倍晋三氏と同じ戦前志向の日本会議系超保守派の議員や支持者が多い。また、同党が最も重視、推進しているのは、安倍・菅氏が進めた(競争、コスト、利益重視の)新自由主義的な経済・社会政策だ。

 それゆえ、安倍ー菅政権の間は政府自民党とも互助会的な関係にあったのだが。安倍・菅氏が首相を退任し、平和主義、アンチ新自由主義の岸田政権に代わってから、自民党との間に少しずつ隙間風が吹き始めることに。<憲法改正には協力的だけどね。^^;>

 また、維新は昨秋の衆院選で、大きく議席を増やしたのだが。その大きな要因として、アンチ左派(立共社など)だが、保守タカ派・新自由主義でない自民党には入れたくないという有権者の票が流れたと見られている。
 そこで、昨秋以上に、立民党などへの批判を強めると共に、自民党との対決姿勢も強めているのである。<逆に自民党は、大阪などで維新に議席を奪われていることから、維新への対決姿勢を強めめている。>

 先週になってもまだ、自民党の茂木会長と維新の会の口撃合戦が続いていたのも、そのためかも知れない。(-_-;)

* * * * *

『以前は近い関係にあった両党が対決モードに入った背景には、自民党が昨年10月の衆院選で野党第2党に躍進した維新への警戒感を強めていることがある。維新も保守票など自民支持層の切り崩しを狙っている。

 口火を切ったのは自民党の茂木敏充幹事長。8日、維新のお膝元である大阪市で街頭演説し、維新創設者の橋下徹元大阪市長によるロシアのウクライナ侵攻に関する主張を「ロシア寄り」と批判。「維新の国会議員は(橋下氏に)何も言えない。身を切る改革ではなく身内に甘い政党だ」と当てこすった。

 これを受け、維新の松井一郎代表(大阪市長)は9日、橋下氏は維新の党運営と無関係だと反論。茂木氏についても「民間人の言論を弾圧するのか。大自民党の幹事長としては薄っぺらい」と皮肉った。藤田文武幹事長も11日の記者会見で「維新のような弱小政党をやゆしてくれるのは大変光栄だ」と挑発した。

 かつて両党は自民党の安倍晋三、菅義偉両氏と維新の橋下、松井両氏が「杯を交わした兄弟」(維新幹部)と言われるほど、個人的なパイプを築いていた。国会運営でも連携するなど蜜月関係にあったといえる。

 ただ、維新の党勢拡大を受けて、自民にとって維新は「補完勢力」から「脅威」(自民関係者)へと変わった。党内で岸田文雄首相はハト派と位置付けられており、参院選で維新に保守票をさらわれるのではないかとの危機感も根強い。2022年度予算に賛成した国民民主党が与党に接近していることも影響しているとみられる。

 維新は、首相が否定する核共有の議論に前向きなほか、韓国への強硬姿勢を打ち出すなど、保守票の取り込みに躍起だ。岸田政権内からは「維新を甘やかしてはいけない」(首相周辺)との声も漏れている。(時事通信22年5月15日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話は変わって・・・。

 立憲民主党は、次の参院選で、共産党との閣外協力の話を見送ることに決めたようだ。

『立民と共産「限定的閣外協力」 参院選見送りへ

立憲民主党の西村智奈美幹事長と共産党の小池晃書記局長が9日、国会内で会談した。小池氏は会談後の記者会見で、昨年の衆院選で立民と交わした政権交代実現時の「限定的な閣外からの協力」に関し、夏の参院選に向けては合意に至らなかったと説明。立民との改選1人区での選挙協力も限定的になるとの見方を示した。

小池氏によると、立民側は「今回は参院選なので政権合意は必要ない」と主張し、「国民への公約であり、引き続き維持、発展させるべきだ」と訴えてきた共産との距離は埋まらなかった。小池氏は「折り合わなかったので今回は横に置くことを確認した。合意に至らなかったのは大変残念だ」と述べた。

また、小池氏は参院選の選挙協力について、「勝利する可能性の高い選挙区を優先して両党で候補者調整を行うことを確認した。1人区での候補者一本化はかなり限定された選挙区で行うことになると思う」と語った。

共産は野党共闘の深化を目指していたが、先の衆院選後に就任した立民の泉健太代表は中道路線を掲げ、共産との関係は「白紙にする」と主張していた。(産経新聞22年5月9日)』

『共産と閣外協力「白紙」 立民・泉氏

 立憲民主党の泉健太代表は11日、東京都内で講演し、昨年の衆院選で共産党と結んだ「限定的な閣外からの協力」合意を夏の参院選協力で棚上げしたことに関し、「閣外からの協力という言葉は、われわれとしては白紙にしている」と強調した。(時事通信22年5月11日)』

* * * * * 

 立民党は、昨年の衆院選で議席を減らしたのは、「政権をとった時に共産党との閣外
をする」という話がクローズアップされ、支持団体の連合や、やや保守的な立民党支持者or無党派層の支持が離れたのが要因だと考えている様子。

 実際には、自公維や保守系メディアが立民潰しを意図して、「立憲共産党だ」「日本の左傾化が進む」「日本の安全、経済が守れない」などと共産党の連携を徹底的に批判したことが影響したと思うのだが。<連合の芳野会長も「共産党はダメ」っていい続けているし。(-"-)>

 立民党の議員は衆院選後、そのような声に負けて、枝野代表を辞任に追い込み、やや保守系の元・国民党だった泉氏を新代表に選んだわけで。
 党内には、参院選での野党共闘を重視する議員も少なからずいたため、幹部も悩んでいたようだが。いずれ、このような結論に達するだろうと思っていた。(-_-;)

 幸いに、両党は「勝利する可能性の高い選挙区を優先して両党で候補者調整を行うことを確認した」とのことだが。自国維(+公)の改憲派が参院で2/3の議席をとると、一気に改憲への動きが進むおそれが大きいことから、改憲反対or慎重派の候補を中心に、できるだけいい形で選挙協力して欲しいと願っているmewなのだった。(**)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


# by mew-run7 | 2022-05-15 10:20 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7