人気ブログランキング |

他国首脳に軽視され、麻生はサミット前の解散を決断か?+小沢にダブルパンチ+伊達優勝&桜花賞

 先週もたくさんのアクセス&応援クリックを有難うございました。m(__)m

 みんなの力で解散&政権交代の風を起こして行くためにも、微々力ながら
色々と訴えて行きたいので、ご支援をよろしくお願いいたします。m(__)m

最新記事の一覧・・・4月分はコチラ。3月分は、コチラ

*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 今日は、スポーツや競馬で、た~くさん書きたいことがあるの
だけど。<本当はヒデのこととか、マスターズのこととかも。>

 当ブログとしては、まずは、やはり伊達っくの優勝のことを
書かないとね~。(~~)

 伊達公子選手が、スペインのモンソンで行なわれたITF公認の
ツアー下部大会で、優勝したですぅ。(*^^)v祝

 復帰後に海外の大会で優勝したのは初めて。それに下部大会とは
いえ、賞金が7万5千ドルとかなりレベルの高い大会だったのだ。
 これで世界ランキングが120位台ぐらいまで上がって、全仏
大会の前哨戦の出場資格を得られる見込みだとか。"^_^"

 ただ、先月、米国を回っている時から、足などの調子がよく
なくて。それでも、得意のハードコートの大会に出場するために
日本に帰ってすぐに、スペインの片田舎(?)まで飛んで行った
のだけど。残念ながら、今回の大会でも、ふくらはぎに痛みが出て
途中で大会から試合に出場するかどうか迷っていたほど。(-"-)
<ダブルスは、準決勝まで進出してたけど、リタイア。>

 折角、いい感じになって来たので、どうか足が1日も早く治り
ますように・・・と祈るばかりのmewなのだった。(-人-)

* * * * *

 そして、JRAでは今年のクラシック第一弾の桜花賞が行な
われて、ブエナビスタwithアンカツ騎手が優勝した。(*^^)v祝
 また安藤勝己騎手は、49歳と16日での優勝によって、
69年ぶりにクラシック優勝最年長記録を塗り替えた。(~~)
<本人は、それをあまり言われるのはイヤそ~だっけど。^^;>

 まあ、実力通りと言えば、それまでなのだけど。桜花賞は、
先行馬有利と言われる中、アンカツ騎手は後方からじっくり、
外、外を回して来て。さらに直線で行こうとする時に、2・3
着馬に前を塞がれ、仕方なく、さらに外から追いかけることに。
 「あら~、間に合うのかしら~」と思った人も少なからずいる
と思うのだけど。そこは、ブエナビスタ。ピョンコピョンコ跳び
から、ギアを切り替えて、上がり33.3秒の脚で、あっさり
前の馬をとらえて、涼しい顔でゴールを駆け抜けたのだった。(@@)
<ダービーに出たらオモシロイのにな~。でも、オークスに行く
みたいですね~。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、仕方ないから(何が?)、政治の話を書くとしようかな~。

 昨日は、秋田県知事選が行なわれて、自民党県連が支持、さらに
社民党、連合も推薦した前・秋田市長の佐竹敬久氏が当選した。
exciteコチラ
 民主党県連は、前秋田県知事が推す川口博氏(61)を国民新党
と共に支援したのだが。出馬表明が3月と遅かったこと、社民党&
連合と協力できなかったことなどが、敗因につながったようだ。(-_-)

 千葉県知事選もそうだったのだけど。民主党は、明らかに準備
不足&作戦ミスだったのではないだろうか?(ーー゛)
<まあ、前知事の息子さんが民主党の衆院議員なので、前知事の
推す候補に乗るしかなかったという事情もあるようだが。^^;>
 
* * * * *

 昨日は、毎日新聞の世論調査の結果が出ていたのだけど。*1

 麻生内閣の支持率は、24%(+8)に上昇。<それでも、4人
に1人も支持していない、危険水域ではあるのだが。^^;>
 小沢氏がすぐor選挙前に「辞任した方がいい」という人が72%
と、他社の調査結果より高くなっていて、小沢氏には厳しい数字が
出ていた。(-"-)

 ただ「次の衆院選で自民党と民主党のどちらに勝ってほしいか」
では、民主党が42%(+2)で、自民党の32%(+39を
リードしていたのが、せめてもの救いかも知れない。<政党支持率
も、民主が24%で自民の23%を上回っていた。(・・)>

 いつも書くように、地方選(特に知事などの首長選)は、各地域
の事情もあるし、政党色が薄かったり、政党の協力関係が国政とは
異なったりすることもあるので、必ずしも、国政の状況とはリンク
しない部分があるのだけど。

 でも、民主党が、ここで2つ続けての知事選を落としたことで、
党内の一部の議員やマスコミが、また小沢代表の責任論、辞任論
を持ち出して来る可能性が高くなりそうだ。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 他方、麻生内閣の支持率アップに気をよくしてなのか、麻生
首相は、最近、明らかに顔色がよくなって、笑顔の時が増えている
感じがある。(・・)

 夕刊フジ11日の記事には、こんな話が載っていた。

『「選挙をやってから、7月のサミット(主要国首脳会議)に
行くのもいいなあ」。首相は最近、親しい議員に、夏前の早期決戦
を挑んだ上での過半数確保-政権維持への自信をほのめかした。』

 実は、その麻生首相の言葉を裏付けるような発言を、超保守仲間
の安倍元首相が行なっている。

『自民党の安倍晋三元首相は7日夜、BSフジの報道番組に出演し、
衆院解散・総選挙の時期について「麻生太郎首相はきっちりと選挙
で勝って、サミットを迎えた方が、結果を出しやすいと考える
タイプではないか」との見方を示した。首相が09年度補正予算
成立後、7月のサミット(主要国首脳会議)前の選挙に踏み切る
との見通しを示したものだ。<毎日新聞8日>』

 この二人は、安倍氏が首相だった時に「一緒に日本を変えよう」
と誓い合った仲で。<それで安倍氏は、参院選惨敗後、麻生氏を
幹事長にしたのだが、自分がすぐにリタイアしちゃったのよね。^^;>
今でも時々、電話で話したり、会ったりしているという。
 だから、もしかしたら、麻生氏が安倍氏にそのような話をした
可能性も十分ある。(・・)

* * * * *

 確かに、麻生首相は、イタリアのサミットに日本の首相として、
出席したくてしょ~がないのだけど・・・。
 ただ、今のままでは、折角、サミットに行っても、他のG8の
国々の首脳に、軽視されてしまうおそれがあるのだ。^^;

 実際、麻生首相は、今月2日に行なわれたロンドンでの金融
サミットでも、格下扱いを受けてしまったという。

『G20首脳の中で、麻生太郎首相が序列の一番低い扱いを受け、
同行の政府関係者らが困惑している。
 金融サミットでは、会議での発言順などが、(1)国家元首
(2)「行政府の長」-となっている。行政府の長の場合は、
在任期間の長い順番となっている。
 麻生首相は「行政府の長」で在任期間もその中で最も短い。
このため、金融サミット関連の行事ではG20の首脳で最初に会場
に入り、最後に会場を出る役目になった。
 やきもきする周囲に、当の麻生首相は「そういうルールだから」
と淡々としているが、同行筋からは「日本はたくさん金を出して
いるのになぁ…」とのため息も出ている。<産経新聞2日>』

* * * * * 

 まあ、それはルールだから、仕方がないのかも知れないけど。

 ちょうど、北朝鮮のミサイル発射予定日の直前だったこともあり、
日本政府は、オバマ米大統領やプーチン露首相などとの会談を
行ないたい意向を伝えていたのだが、それも受け付けてもらえ
なかったという。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 米ロにとっては、北朝鮮のミサイルの問題は、日本にとって
ほどには、重要なものではないということもあるのだろうけど。

 おそらく麻生首相が、各国の首脳から軽視されている最も
大きな要因の一つは、各国首脳&政府が、「支持率の低い麻生首相
&自民党が、いつまで政権の座にあるかわからない」「何ヶ月後
には、もう政権の座にいない可能性が高い」と考えているから
なのではないだろうか?(・・)
<すぐ、いなくなっちゃうかも知れない相手と、マジな交渉や
お約束はしにくいからね~。^^;>

 先日、米・共和党の大統領候補だったマケイン下院議員が、民主党
との小沢代表と会談を行なったという話を書いたが。
 2月のクリントン国務長官も、マケイン氏も、先方から小沢代表
との会談を申し入れている。
 そのことから考えても、世界各国の首脳は、自民、民主双方を
ケアしつつ、日本の政治状況については、しばらく様子見の状態
にあることがわかる。(-"-)

* * * * *
 
 今月3日には、中曽根元首相が、麻生首相の外交について、
BSの番組で、こんな話をしていた。

『中曽根康弘元首相は3日夜、BSフジのテレビ番組に出演し、
麻生内閣の外交について「残念ながら力があるとは思えない。
国内的にがっちりと固めて、国民の圧倒的支持を受けていること
が外交で発言をする根本だが、足りない」と述べた。
 中曽根氏は「例えば吉田(茂元首相)さんの場合は完全に国内
を掌握してその力を外国に発揮した」と指摘。「首相、外相が
自民党と相談して日本の外交原則を確認する必要があるが、今は
それがない」と苦言を呈した。
 中曽根氏の長男は、麻生外交を担う弘文外相。<産経新聞4日>』

* * * * *
 
 もしかしたら、おそらく誰よりも麻生首相自身が、自分が首脳と
して軽んじられていること、本人が自信を持っているはずの「外交
の力」を発揮できる状態にないことを、身をもって実感している
のではないだろうか?(**)

<麻生氏は外務大臣をやっていたので、他国が重視している首脳
や閣僚を、どのように扱うか、その目で見ているはずだしね。>

 そして、もしサミットで、麻生首相が、他国から重視される首脳
になりたいと思うなら、その一番いい方法は、総選挙で勝って、
今後もしばらくは政権を担うであろう行政府&自民党の長として、
現地に乗り込むことなのである。(・・)

* * * * *

 ただ、夕刊フジ11日には、小沢氏のこんな言葉も載っていた。

『7日夜、小沢氏は都内の料理屋で中堅議員らとどじょう鍋を
囲みながらつぶやいた。「おれがこんな状況だから、麻生はすぐに
でも選挙をやりたいだろう。でも負けたらサミットに行けなくなる。
それ(早期解散)をやりきれるかな」

 このまま解散を先送りして、「サミットに、とりあえず出席する
人」になるのか、それとも解散総選挙で勝負して「サミットで、
少しは重視される人」になれるかも知れない道を選ぶのか・・・。

 国民のことより「オレオレ」、自己満足の大好きな麻生首相なら、
いかにも考えそうなことなのだけど・・・。<もしかしたら、国政
よりも、自分のサミットでの箔付けの方が大事なのかも。(-"-)>

 ただ、総選挙に負ければ、「サミットに出られない人」になって
しまうわけで。<mew的には、お調子に乗って解散してもらって、
そういう人にしてあげたいんだけどね。(・・)>
 時に小心者っぽく見えることもある麻生くんに、果たして、勝負
をする度胸があるのかな~と、思ってしまうmewなのだった。(@@。

                    THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 





毎日新聞は10、11日、電話による全国世論調査を実施した。政治資金規正法違反で公設第1秘書が起訴された民主党の小沢一郎代表の進退問題について、「辞めるべきだ」との回答が「直ちに」と「衆院選前に」を合わせて72%に達した。一方、麻生内閣の支持率は3月の前回調査から8ポイント上昇し24%に回復。「どちらが首相にふさわしいか」の回答では08年10月の調査以来6カ月ぶりに麻生太郎首相(21%)が小沢氏(12%)を上回った。内閣不支持率はなお56%と高いものの、麻生首相と小沢氏の攻守逆転を印象づけた。

 小沢氏に対しては「直ちに辞めるべきだ」が39%、「衆院選前に」が33%に達し、「代表として衆院選に臨むべきだ」は23%にとどまった。時期を区切らず進退を尋ねた前回調査では「辞めるべきだ」が57%だった。

 続投を了承した民主党の対応についても「納得できない」が66%で「納得できる」の30%を大きく上回った。

 ただ「次の衆院選で自民党と民主党のどちらに勝ってほしいか」の質問では民主党を選んだ人が42%で、自民党の32%をリード。民主党による政権交代にはなお期待しつつ、代表にとどまる小沢氏に厳しい目を向ける傾向を示した。

 麻生内閣発足以来、下がり続けていた内閣支持率は小沢氏の秘書逮捕直後だった前回調査から2回連続で上昇。今回調査では首相を支持する理由として「政策に期待できるから」が前回比10ポイント増の32%となり、過去最大規模の追加経済対策や北朝鮮のミサイル発射への対応などが政権浮揚につながったことをうかがわせた。

 前回は自民、民主が並んだ政党支持率は民主が24%で自民の23%を上回り、公明5%▽共産3%▽社民2%▽国民新1%▽支持政党なし40%だった。

 ◇北朝鮮ミサイル「対応評価」76%

 全国世論調査では、北朝鮮が「人工衛星の打ち上げ」と主張して長距離弾道ミサイルを発射したことに関しても質問した。北朝鮮のミサイルは日本にとって「脅威だと思う」との回答が79%で「思わない」の19%を大きく上回った。ミサイル発射を受け、新たな国連決議や追加の経済制裁を主張した日本の外交姿勢については「評価する」が76%に達し、「評価しない」は20%にとどまった。<毎日新聞11日>』
by mew-run7 | 2009-04-13 06:00 | 政治・社会一般


「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

更新通知を受け取る

最新の記事

法務省、深夜に日付も後付けか..
at 2020-02-24 04:21
安倍、習の国賓来日を強行か?..
at 2020-02-23 09:16
法務省、森大臣のウソを認める..
at 2020-02-22 08:34
安倍官邸の圧力で、発言修正が..
at 2020-02-21 07:43
自民、ホテルに圧力で沈黙させ..
at 2020-02-20 09:22
安倍のウソをホテルが暴く~営..
at 2020-02-19 07:47
安倍、辻元らの追及に困窮。私..
at 2020-02-18 05:22
支持率低下の安倍、辻元に謝罪..
at 2020-02-17 10:26
安倍、対策に没頭って?~日本..
at 2020-02-16 06:51
日本やWHOの新型肺炎への対..
at 2020-02-15 07:08

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のコメント

mewさん2月5日6:5..
by xtc 4241 at 07:14
mewさん森友加計も曖昧..
by kiku at 14:27
mewさん、オリンピック..
by なし at 14:44
mewさん1月17日4:..
by xtc4241 at 04:38
mewさん1月6日3:2..
by xtc4241 at 04:23
mewさん2020年1月..
by xtc 4241 at 03:17
詩織さん勝訴! 刑事で..
by xtc4241 at 06:22
mewさん12月1日4:..
by xtc4241 at 04:32
mewさん11月15日4..
by xtc4241 at 04:30
Hi!MEWさん。継続の..
by CONSAMA at 12:56

ブログパーツ

タグ

(1452)
(794)
(669)
(465)
(334)
(268)
(256)
(251)
(234)
(194)
(173)
(167)
(164)
(159)
(153)
(149)
(147)
(146)
(138)
(138)

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース