北朝鮮と「戦う」宣言(?)も、党内のモメモメに負けそうな麻生首相+スーパー競走馬・ウォッカ

最新の記事一覧・・・6月分はコチラ。5月分はコチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 JRAの安田記念は、ウォッカwith武豊騎手が優勝!(*^^)v
 ウォッカは、安田記念2連覇。これで牝馬最多のGI6勝(しかも
ダービーや安田で牡馬に勝ち)で、牝馬として初めて賞金10億円
を突破した。(^^♪ <次は牡馬込み最多のGI7勝を目指す。>

 いや~、昨日は、ホントにハラハラでしたね~。ウォッカは、
余裕を持って直線にはいるも、前も横も馬に囲まれ、ユタカいわく
「満員電車」状態になって、出るに出られず。(@@) 
 ウォッカにしてみれば「もう、前が開いてないじゃない。
ジャマしないでよ~。イラつくわね~」って感じだったかも
知れないんだけど。^^;

 2番人気の昨年のダービー馬・ディープスカイが先に抜け出して、
「これはさすがに間に合わないか」と思った瞬間・・・

「もうこうなったら、スキ間を突破しちゃうわよ~」って感じで、
ウォッカが、前を行く2頭の間をこじ開けるかのように、強引に
突き進んだのだけど。ここでDスカイと接触しそうになって、
ユタカがグイッと手綱を引いたため、一瞬のけぞることに。(・o・)

 でも、やっぱウォッカは、ただ者ないスゴイ馬だった。(・・)
 そこから、改めてギアチェンジして、驚異&脅威のの瞬発力を
発揮。たった3歩で、Dスカイを抜き去って、しっかりTOPで
ゴール板を通過したのだった。(゚Д゚)

* * * * *

 mewは、ゴール前ゴチャついたとこから、ビュ~ッて抜けた
とこを見て、どっかで、こんなシーンを見たことあるな~って
感じがしたんだけど・・・。

 そうだ、タニノギムレットだ~と。NHKマイル(02年)の
時、直線入り口で囲まれた上に、Kのせいで大不利を受けて。
<後ろが、ユタカと石パパじゃなかったら、落馬&大事故になって
いたかも。^^;> でも、タニギムは根性を見せて、得意のギア・
チェンジ&一瞬のワープ走法で、3着まで詰めたんだよね~。(・・)

 で、相変わらず「府中のマイルで、私以外の誰が勝つって言う
のよ」というすました顔で帰って来たウォッカを見ながら・・・。
<内心、「全くも~、ユタカが変なとこにはいるから、余計な手間
&エネルギーを使っちゃったわよ」と思ってたりして。(^^;>

 そう言えば、ウォッカって、タニギムっ娘だったんだよな~と
思い出して。「あの賢さも、並外れた根性も、卓越したギアチェ
ンジも、パパ譲りだったのね~」と、妙に感慨深く思ってしまったり
していたのだが。<パパが早く引退した分も活躍してる感じも。>

 もうウォッカは、牝馬がどうのという次元を超えて、JRA史上
でも1・2を争うスーパー競走馬だと言っていいのではないか
と思ったmewなのだった。(**)

<尚、土曜日のユニコーンSでは、シルクメビウスwith田中博康
騎手が優勝。馬も騎手も初重賞制覇になった。(*^^)v祝
 最近、同期の北村友一が活躍してるけど。田中博も、最近、騎乗
が増えて、穴をあけることも多いので、狙うなら、今かも?(・・)>

* * * * *

 あとテニスでは、フェデラー選手が、ついに苦手の全仏で優勝
してグランドスラムを達成して、何と表彰式で涙を。(・o・)

 体操のNHK杯では、男子は内村航平選手がきっちり優勝して、
初の世界選手権の代表に。女子は、鶴見虹子選手が優勝。(^^♪

 そして、陸上の女子100mで、福島千里選手が、11秒28、
11秒24と、1日に2回も日本新記録を樹立&世界選手権の
A標準記録も突破。(*^^)v祝 こちらも楽しみです。(~~)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
  
 ついつい出だしの競馬、スポーツのネタが長くなってしまった
のだけど・・・。^^;

 だって、政治の世界は、麻生自民党がグダグダしていて、ムダな
時間を費やしている感じで。
 何かニュースを見る度に、「何だかな~」って、イラついて
しまうばかりなんだもの。(ーー゛)
 
<麻生自民党も、いい加減にあきらめて。とっとと解散総選挙&
下野して、党を立て直す&政界再編でも考えればいいのにね~。
 このままダラダラやってると、マジに国民に呆れられて&敵に
回して、党の立て直しも難しくなっちゃうかもよ。(@@)> 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 麻生首相は、昨日は、自民党の青年部のキャンペーン活動に
参加&都議選の応援を兼ねて、東京の吉祥寺で街頭演説をした
そうなのだけど・・・。

 青年部の前なので、勇ましいところを見せなくっちゃと思った
のか、安保関係では、かなり強気の演説を展開。

 特に、対北朝鮮政策に関しては「戦うべき時は戦わねばなら
ない。その覚悟を持たなければ、国の安全なんて守れるはずが
ない!」と声を張り上げてたりして。(-"-) 

<こういう考え方や、ものの言い方ががアブナイのだ!(`´)>
 
 また、ソマリア沖の海賊対策に関しては、「ソマリア沖を
通って日本にものを運んでくる船が海賊に襲われる。守るのが
当たり前だ。どうしてこれが反対か理解できない」と、民主党
を批判していた。

<ちなみに、民主党は、対処法に全面的に反対ではなく、とり
あえず、自衛隊による海賊対策は容認。
 でも、せめて自衛隊を派遣するには、シビリアン・コントロール
の観点からも、「事前に国会で承認を得るべきだ」と主張。衆院も
そうだったけど、今、参院でも、修正案を出して、与党に協議を
呼びかけているんだけどね~。(・・)>

* * * * *

 また、産経新聞7日によれば『「日本には(元日本代表の)中田
英寿みたいなスーパースターはいない。11人全員でやった。これ
が日本のサッカーだ」と総力戦で都議選を勝ち抜く決意を強調した。
ただ「日本のスーパー(スター)は天皇陛下ぐらい」と脱線気味の
発言をする一幕もあった』とか・・・。^^;
<しかも、日本代表の相手をカザフスタンだと言ってた。(>_<)>

 自民党の青年部&そこと連携している青年会議所(麻生氏も
青年会議所出身)は、超保守タカ派が多いので、彼らにはウケる
と思ったのかも知れないのだけど。

 麻生首相は、究極のKYって言われるけど。空気が読めないん
じゃなくて、そもそも一般国民の感覚というものがわかっていない
から、空気の読みようがないのよね~。(ーー゛)

* * * * *

 また、麻生首相は7日夜、都内のホテルで、自民党の細田幹事長
河村官房長官と会談したという。

 自民党は、今週からPT(プロジェクト・チーム)を立ち上げて、
本格的に衆院選のマニフェスト(政権公約)の策定に取り組む予定
であることから、この体制や公約の中身について相談したようなの
だけど・・・。
 これは、また書きたいけど。実は、このPTの座長を誰にするか、
またその運営面などでも、ひと悶着ありそうな感じがあるし。(・・)

<座長に内定していた麻生盟友の菅選対副委員長が、世襲問題で
他の幹部と対立して、一度、座長を辞退しちゃってるしね~。^^;>

 また、『首相はマニフェストの内容について、「民主党との政権
担当能力の違いを明確に示すようにしてほしい」と語った。その
うえで、経済、社会保障、外交・安全保障政策に重点を置き、特に
経済、社会保障政策の裏付けとなる財源を明確に示すよう求めた』
というが。<読売新聞7日より>

 党内には、外交・安全保障政策を過度にアピールすることに、
懸念を示す議員も少なくないし。
 また、麻生首相は、社会保障の財源として、どうしても「消費税
のアップ」を明記したいようなのだが。<財務省や財界とお約束
しちゃっているのかも?(-"-)> 石原氏らの改革派は、消費税の
明記には強く反対しているので、その辺りでも、もめそうな感じが。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 さらに、石破農水大臣は、大臣就任後、減反政策の見直しに力を
入れて、公約に明記すべく、準備を進めていたのだけど。どうも、
これも、賛否の対立が激しくて、見送られてしまいそうだとのこと。

 そして、麻生陣営は、公務員改革の関連法案<内閣人事局の設置
など>の審議も、早く始めたいようなのだが。

 何と『党内では、中川氏らが結成した国会議員による「士気の
高い霞が関の再構築を実現するための研究会」が「天下り・渡り
全面禁止」を盛り込んだ独自の議員立法提出を目指す活動を再開
させており、法案の行く手を阻んでいる』という。<産経7日より>

 この週末に目にしたニュースを並べてみただけでも、党内では
各政策に対する意見がかなり割れている感じがあって。
 これで果たして、党内の意見をまとめて、麻生カラーのマニ
フェストを作ることができるのか・・・mew的には、おおいに
疑問である。(**)

* * * * * 

 そして、7日夜の会談では、『細田氏は日本郵政の西川善文社長
の進退を巡る混乱に関し、「早く解決した方がいい」と述べ、首相
も「そうだな」と応じた』そうなのだが。<読売新聞7日より>

 昨日、TV番組で、この件が話題に上がったところ・・・

『公明党の高木陽介選対委員長は7日、テレビ朝日の報道番組で、
日本郵政の西川善文社長の再任問題について、「西川さんが辞める
のも決着の仕方だ」と述べ、西川氏の辞任による事態収拾の可能性
に言及した。高木氏はさらに「総務相と首相が不一致になったら
野党から突っ込まれる。鳩山(邦夫)さんが辞める選択肢はない」
と指摘した』という。<毎日新聞7日>exciteコチラ

 これに対し、小泉改革派の自民党・石原伸晃幹事長代理が反論。
『「閣僚が民間のことに、許認可権をたてに(反対を)言うのは
根本的におかしい」と述べ、西川氏続投を支持』したという。
<共同通信7日より>

 麻生内閣では、何とか鳩山総務大臣を説得しようと努めている
最中なのだけど。
 ここで同じ与党の公明党が、鳩山大臣の支持に回ることになれば、
ますます事態が混迷するかも知れない。^^;

 ちなみに当の鳩山邦夫氏は『この日午後、地元の福岡県久留米市
で街頭演説し、「自民党から、もめ事を起こすなと言われるが、
私の正義感を真っ向から否定する人がいたら、同じ党でも戦う」と
党内の批判をけん制。「民間会社への不当な人事介入」との声にも
「民営化しても公共的な性格を持っているから、法律に総務相の
認可権限がある」と反論した<同上>』とのこと。(**)

* * * * *

 ね。・・・今週も麻生自民党は、何だかバタバタ、グズグズが
続いてしまいそうな感じでしょ?^^;

 こんな、時間とエネルギーと国民の税金のムダ・・・としか言え
ないような国政を続けていて、何の意味があるんだろうって、
思ってしまいせん?(・・)

 それこそ、ウオッカじゃないけど、何か前でグダグダしている
ヤツラの間を強引にブチ抜ける(蹴散らす?)ような感じで、
一気に解散総選挙に運ぶ手はないのかしらん・・・と、思いたく
なってしまうmewなのだった。(@@。
                   THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 





『国家公務員の幹部人事を一元化する「内閣人事局」を来年4月に設置することを柱とする公務員制度改革関連法案が、政局の焦点として浮上してきた。会期は7月28日まで延長され、自民党国会対策委員会は今月中旬の審議入りを目指すが、中川秀直元幹事長らが再び独自案提出の動きをみせ、法案の審議に消極的な民主党に審議遅延の口実を与えており、与党内の火種となりそうだ。

 同法案は、衆参両院とも内閣委員会で審議する。衆院で審議中の公文書管理法案が来週中に採決の見通しのため、自民党の大島理森国対委員長は5日、「(公務員法案も)早くとも15日の週に審議入りしたい。会期中に何とか一定の結論を出すのも可能でないか」と述べた。

 だが党内では、中川氏らが結成した国会議員による「士気の高い霞が関の再構築を実現するための研究会」が「天下り・渡り全面禁止」を盛り込んだ独自の議員立法提出を目指す活動を再開させており、法案の行く手を阻んでいる。

 研究会のメンバーは「政府案補完のためで、政府案の審議入りに反対ではない」と話すが、党執行部はこの動きを政権への揺さぶりとみる。麻生太郎首相の周辺からは「法案審議を通じて党内の反対派をあぶり出すべきだ」と早期の審議入りと採決を求める声すらある。

 一方の野党側は中川氏の動きに「自民党は割れている」とみなし、「与党から提示がないと進みようがない」(民主党の山岡賢次国対委員長)と「高みの見物」の構えだ。

 自民党行革関係者は「衆院解散の時期も絡むため、審議未了、廃案になる可能性が高い」とみているが、民主党内にも今国会で成立を望む声があり、複雑な駆け引きが続きそうだ。産経7日』
[PR]

by mew-run7 | 2009-06-08 05:00 | 自民党について