日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

党人事は肩すかし。「麻生おろし」「麻生包囲網」に怯える麻生首相。解散だけはしっかりやってね。

最新の記事一覧・・・6月分はコチラ。5月分はコチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 まず、ウィンブルドンのニュースから。

 杉山愛選手が、ブラジルのサ選手と組んだ混合ダブルスで、
3回戦に勝利して、ベスト8に進出した。(^^♪

 次は、№1シードのペアと当たるのだけど。何とジンバブエと
インドの選手のペアなのだとか・・・。
 相手は誰であれ、次の試合もp(*^-^*)q がんばっ♪ です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 何かね~。もう麻生首相のことを書くのは、もう「情けない」を
通り越して、「哀れ~」にさえ感じるようになって来たとこもある
のだけど・・・。^^;

 昨日1日、麻生内閣は、与謝野財務大臣が兼務していた経済財政
大臣に林芳正氏を。佐藤総務大臣が兼務していた国家公安委員長・
沖縄北方・防災担当大臣に、林幹雄氏を充てることを発表。2日に、
皇居で認証式を行なうことになった。

 え、これだけ~~~?(・o・)

 ・・・って、思わず、言いたくなった方も多いのではないだろ
うか?

 結局、党執行部の人事には、全く触らず。注目の東国原氏の
入閣もナシ。^^;

 党内やマスコミには、見事に「肩透かし」をくらった気分に
なった人も少なくなかったのではないかと思う。(-"-)

<ダブル林は昨年8月の福田改造内閣で、防衛大臣、国家公安
委員長に任命されたものの、福田氏が9月に首相辞任したので、
2ヶ月チョイしか仕事ができず。今回も1~2ヶ月だけの予定
で(?)、すっかり短期閣僚要員に。^^;>

* * * * * 

 麻生首相は、昨夜のぶら下がり会見で、人事のことをきく記者
たちが可愛くなかったのか、やたらに記者に噛み付いていた。

 党の役員人事についてきいた記者には、「(質問した)共同通信
はずっと役員人事をやるという前提で、ニュースを流しておられ
ましたけれども、私の口から党役員人事をやるという話はただの
一度も、一言も聞いた人はいないと思いますよ。違いますか?」

 また東国原氏の入閣を検討したかという質問には、「まったく
なかったと思います。(質問した記者が所属する)日本テレビの
流したニュースだと思います」と。

 で、党人事のことは、時事通信が、勝手に決め付けて報道したか
のように批判して。さらに、人事について質問する記者に対して 

「あの、みんな何回もしゃべったら、おれがポロっと別のことを
いうと期待して聞いているんかね。あの、靴は脱いだらちゃんと
そろえなさいよと何回もいわないとわからないっていう世代の
子供をもっているのかどうか知らんけど、その程度に扱わんといて」
と、反発を見せた。^^;

<mewは、記者が同じ質問を繰り返すのと、子供に靴をそろえ
なさいと言う例とが、どういう関係にあるのか、全く理解不能
だったんだけど・・・。(-"-;)>

 麻生首相は、できるだけ笑みを浮かべて、余裕を示そうとして
いたのだけど・・・。
 麻生自民党の起死回生策として、検討されていた内閣改造や
党人事が、周囲の反対で全くできなくなってしまったことに、
ある種の悔しさや虚しさがあったのではないだろうか?(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 そもそも、この人事刷新の構想は、コチラにも書いたように、
以前から安倍晋三氏が、麻生首相に強く進言していたものなのだが。
 産経新聞2日は、こんな記事を載せていた。

『内閣改造・党役員人事はかねての懸案だったが、本格化したのは、
安倍晋三元首相が首相公邸を訪ねた6月24日の夜からだった。
安倍氏はこの直前、都内のホテルで菅氏、鈴木政二参院国対委員長
とひそかに会談。「このままでは自民党は衆院選で大敗しかねない。
逆風を吹き飛ばすには東京都議選前に人事刷新するしかない」と
一致し、「ポスト麻生」の一人に数えられる舛添要一厚生労働相の
幹事長起用を軸とした腹案をまとめた。

「抜擢(ばつてき)人事を決行すれば若手・中堅の不満は消え、
党内の空気は一変する。ぜひ考えてください」

 もともと首相は国会開会中の内閣改造を「奇策」として嫌がって
きたが、安倍氏の熱の入った説得に次第に引き込まれていった。
 だが、思わぬ落とし穴があった。安倍氏の公邸入りの様子を民放
のカメラが撮影していたのだ。

 翌25日、党内はハチの巣を突いたような騒ぎになった。「安倍
が内閣改造をそそのかしたに違いない!」。安倍氏が早期解散論者
だと知られていたこともあり、「7月2日に電撃解散」とのうわさ
が駆けめぐった。』

 リンクした記事にも書いたように、麻生首相は、いまや、すっかり
自分で何かを考えたり、判断したりする力を失っていて。鳩山邦夫氏
いわく「誤った振付師」であるt安倍氏や菅氏に提言をされると、つい
フラフラとそちらになびいてしまうような感じなのである。(ーー)

* * * * *

 で、この情報が出て、先週から、一気に党内の動きが激しく
なった。(**)

 反麻生派は、ここで人事刷新&解散をやられたら、もう「総裁
選の前倒し」&「麻生おろし」をするチャンスを失って、麻生首相
の下で選挙を戦うことになるのだけは、ど~しても避けたい。^^;

 他方、麻生首相を支えていたはずの「保守派」の幹部クラスや
派閥の長たちも、特に党執行部の人事をいじることには反対の人が
多くて、公の場で、党人事構想を批判をする人が続出していた。

 でも、麻生首相は「今は人事は考えていない」と言いながらも、
ギリギリまで悩んでいたのだろう。
 30日の夕方のぶら下がりでは、「役員人事と内閣改造は一体で
行うのか」との質問に、「しかるべき時に、しかるべき方をと、
前から考えてはいました」と答えて、1日に人事に手をつけるのか
とにおわせたので、「ついに人事刷新か?」と注目を浴びていたの
だけど・・・。

* * * * *

 その30日の夜、麻生首相は都内のホテルの一室で、森喜朗氏
や中山成彬氏らの、町村派(旧・森派)の重鎮と会談。麻生首相は
三役の人事に関して、了承を得ようとしたようなのだが。
 森氏に1時間半にわたり、党人事は行なわないように説得された
という。

 しかも、前夜の会談にも出席した中山氏が、1日にTV取材に
対して、こんなことを言っていた。
「(人事に踏み切れば)どうなるかぐらいは首相も分かるだろう。
われわれが支えているからこそ麻生内閣がある」

 麻生氏は、森氏が総裁選ショーの主役に抜擢して、最大派閥の
町村派が後ろ盾になったことで、やっと総理総裁になれた身だけ
に、森氏らが反対の意向を示したら、とても、それに逆らうこと
はできない。(-"-)

 で、結局、何もやらないのもシャク(?)なので、ささやかな
抵抗として、もともと考えていた兼務閣僚の補充人事だけは行なう
ことにしたのだという。(・・)
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



 ただ、麻生陣営は、ただでさえ「反麻生派」「革新派」の強い
反発や批判にさらされている上に、今回の件で、最も頼りにして
いた森氏や町村派、他の派閥の長との関係がギクシャクすることに
なってしまったところがある。^^;

 いまや、かなり党内での影響力が衰えつつある森氏ではあるが。
麻生氏は、07年9月、安倍氏が首相辞任をした時に、「次は自分
の番だ」と満を持して総裁選を迎えようとしたら、森氏らに麻生
包囲網をしかれ、結局、福田康夫氏に総裁の座を持って行かれた
という、苦~い経験がある。_(_^_)_

 既に「反麻生派」は、麻生首相が12日の都議選後、すぐに解散
カードを切るのを阻止するために、自民党の両院議員総会を招集
して、麻生首相の辞任要求をしたり、できれば「総裁選前倒し」の
決議を行ったりできるように、署名集めを始めている。

<党則では、総裁選の前倒しは党所属国会議員と各都道府県連代表
(計431人)の過半数の216人の賛同が必要だが、両院議員
総会は党所属国会議員の3分の1以上(128人)の要求で開催
できるんだって。(産経新聞30日より)>

 もし都議選の結果が悪くて、ここに、森氏や派閥の長が率いる
保守派の議員が乗ったら、麻生首相は辞任に追い込まれる可能性は
一気に高まることになる。(ーー)

『安倍氏は1日昼、町村派幹部と会談した際、「首相は麻生降ろし
が本格化するのを恐れている」と漏らし、危機感をあらわにした』
にしたという。<時事通信1日より>』

<安倍っちのしつこい進言が、きっかけになってるのにね~。(`´)>

 また、野党3党は、衆院に内閣不信任案の提出も検討し始めた
という。
 もし麻生首相が辞任しようとしなかった場合には、離党覚悟で
賛成に回る議員も出るかも知れない。(・・)

* * * * *

 何だか解散総選挙の時期も遅れると(中には任期満了まで行き
そうだなんて)いう報道が出始めているのだけど・・・。

 mewは、麻生首相に、一つだけお願いがある。(-人ー)

 もう内閣改造や人事刷新は、考えなくていいから。念願だった
イタリア・サミット出席を、思いっきり楽しんで、ステキな
思い出作りをしてくれて構わないから。
 
 どうか、12日の都議選後、できるだけ早く、解散カードを
切ってちょ。(・・)

 だって、麻生くんは、解散総選挙を行なうために、総理総裁に
なった人なんだから。去年、総裁に選ばれた時、それが「使命だ」
って言ってたんだから。
 最後の最後に、麻生太郎の「矜持」ってやつを、是非、示して
くださいな!(**)

 国民だって、もう自民党内のゴタゴタを見るのも、近時にない
ほどの情けない首相の姿を見るのも、飽き飽きしているはずだし。
 これ以上、国民に哀しい、虚しい思いをさせないためにも、せめて
最後はキッチリと、麻生首相の一番大切な役割を果たして欲しい
と切に願っているmewなのだった。(@@)

               THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/10538079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2009-07-02 17:32
タイトル : 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年7月2日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 先日から、私のブラウザの不具合かどう不明ですが、二、三方にTBできない方が発生しており失礼致しております。ごめんなさい。 1・新聞グラフとテレビから・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞グラフとテレビから・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・日本の道路行政をTV番組から検証する・序文{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・日本の道路行政をTV番組から検証する・1{/arrow...... more
Tracked from 自分なりの判断のご紹介 at 2009-07-05 01:05
タイトル : 泰山鳴動してなんとやら。 麻生ももう終りか、人事一新のは..
閣僚人事:2人にとどまる 麻生首相の求心力、一段と低下 麻生太郎首相は1日、閣僚の 兼務を減らすための補充人事 として、自民党参院議員の 林芳正前防衛相を経済財政 担当相に、同党の林幹雄 幹事長代理を国家公... more
by mew-run7 | 2009-07-02 06:16 | 自民党について | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7