猪口の不出馬&選挙戦略に見る、自民党のご都合主義<議員も国民も、御用が済んだらポイッ>

 今日18日は、いよいよ総裁選の公示日ですね~。(~~)

 昨日は早速、たくさんの応援クリックを有難うございます。m(__)m
 kimekime25さんも、期間限定で人気ランキングに参戦して、
早くも上位に進出中。(・・)

 そして、皆さんのお陰で、mewは、久々の25位枠まで、あと
チョットのとこまで来てるですぅ。(^^♪

 政権交代をアピールすべく、リベラル&平和志向系ブログを少し
でも上位に押し上げるために、皆様のアツいご支援をお願いします。


人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  ちょこっとだけスポーツの話を・・・。

ゴルフの全米プロは、最終日に韓国のY・E・ヤン選手が、3日
めまでトップだったT・ウッズ選手を逆転をして、アジア人として
初めて男子メジャー大会を制覇。(*^^)v祝

そして、世界陸上の女子走り高跳びでは、優勝間違いなしと
思われていたイシンバエワ選手が、1回も試技に成功せず。まさか
の記録ナシに終わってしまって、ビックリだったですぅ。(・o・)

<体調に自信があり過ぎたのかor逆に不安があったのか(?)、
4m75cm(今回の優勝記録)から試技を開始したのだけど。
ちょっとタカビ~だったかな~?(-"-)>

【今日の教訓】

どんなに強かった王者も、負ける時は来る!(@@) to自民党
でも、勝利は確実と言われても、油断は禁物よ!(・・) to民主党

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
今日18日の公示を前に、昨日、自民党が比例候補を発表したの
だけど。
 その人数や名簿の順位、そして、猪口邦子氏の出馬辞退の会見
などを見ていて、何だか、今の自民党の状況を如実にあらわして
いるな~という感じがしてしまった。^_^;

 その一つは、自民党が今、いかに苦境に立たされているかと
いうことだ。

『自民党は306人(比例単独候補37人、小選挙区との重複
269人)で、前回05年衆院選から30人減少。厳しい選挙情勢
を踏まえ、比例単独候補者を前回より19人減らし、選挙区候補を
上位に並べ、惜敗率による復活当選の可能性を広げた。<毎日新聞
17日より>』

 ちなみに民主党は、追い風も考慮して、比例単独候補者を全国
11ブロックに59人を擁立することに決めたという。前回は、
比例単独は10人だけだったので、大幅の増員になる。(・o・)
<でも、急遽、増員したので、順位の調整に手間取って、発表が
遅れてしまっているようだ。^^;>

* * * * *

 そして、もう一つは、自民党が政権を維持したいがために、
いかに国民ウケや人気とりに頼って来たかということと、用事
が済んだら、すぐに見限って、態度を変えてしまうという
ことである。
 しかも、それは、総裁や議員や候補者だけでなくて、国民に
対してもそうなのだ。(`´)

 実のところ、その姿勢こそが、今の自民党の崩壊&苦境を
招いた最大の要因になっているのだけど。
 でも、自民党は相変わらずそれに気づいていないのか、懲りて
いないのか、大事な総選挙を目の前にしても、また同じことを
繰り返そうとしているのだ。(>_<)

『自民では、前回選挙で東京ブロック1位の猪口邦子元少子化
担当相は執行部から下位の24位登載を打診されたことに反発、
立候補を断念した。比例単独候補では、前回新人で優遇した長島
忠美(北陸信越)、近藤三津枝(近畿)両氏を前回に引き続き1位
に登載。7月の東京都議選で自民が大敗した東京ブロックでは、
1位に小選挙区との重複立候補者を並べた。<同上>』

 そして、猪口氏は17日に記者会見を開いて、かなり悔しそう
な表情で、このような話をしていた。(-"-)

『「なんとしても2期目の代議士として仕事を続けたいとの気持ち
は、決断を下した方がご存じだ」と述べ、執行部の判断に無念さ
をにじませた。
 猪口氏によると、16日に細田博之幹事長が名簿順位を通告。猪口
氏が2005年の郵政選挙初当選組の「生みの親」である小泉純一郎
元首相に電話で報告したところ、小泉氏から「(執行部は)わたし
の言うことも聞いてくれないので残念だ。しかし、人生いろいろ、
総裁もいろいろだから仕方がない」と慰められたという。<時事
通信17日より>』

<相変わらず、チャライことしか言えない人なのね~。(-"-)>

 mewは、果たして、小泉氏が本当に、猪口氏のことを頼んだ
のかどうかも、「???」だったりもするのだけどね。^^;
 小泉氏にとって、今回の選挙での猪口氏の順位など「ど~でも
いい」ことであることは、確かだろう。(-"-)

 何か猪口氏を見ていると、何だか、当時、小泉元首相&小泉劇場
に惹かれて、自民党に投票した国民の姿と重なってしまうところが
ある。
 あの結婚詐欺師っぽい部分もある天才パフォーマー・小泉氏に
コロッとだまされてしまい。おいしいとこだけ利用されて。で、
「御用が済んだらポイッ」「そのあとのことは、知ったこっちゃ
ない」という感じに見えるからだ。(ノ_-。) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 ちなみに、猪口邦子氏を、単なる「派手なオバサン」(by友人)
と見ている人もいるかも知れないのだけど。^^;
 彼女は、実は、国際政治学者としては、そこそこ優秀な人で。
ジュネーブの軍縮会議の議長を務めるなどの功績もあったりして、
mewは、当時、彼女を評価している部分もあったのだ。(・・)

 それが、05年の総選挙の際に、小泉元首相にスカウトされて、
比例単独候補として、東京ブロックの1位で出馬することになった
のだけど・・・。
 正直なところ、mewは「何で、あんなオトコ(小泉くん)に
引っかかっちゃったのかしら」と思っていたものだった。_(。。)_
<しかも、当選後は、妙にキャピキャピとはしゃいでいるように
見えたり、どんどん派手になって行くような感じがしたりして、
「何だかな~」という感じに。(-"-)koremo koizumi magic?>

  彼女は、小泉改革を支えるチルドレン(レディース?)の象徴
として、選挙でもかなり注目を浴びていたし。
 また当選後は、すぐに少子化担当大臣に任命された上に、片山
さつき氏、佐藤ゆかり氏らと共に、積極的にTV等のマスコミに
出て、小泉改革路線をアピールする広告塔の役割も担っていたの
である。(・・)

* * * * * 
 
 ところが、06年に小泉元首相が退任後、猪口氏はどんどん
冷遇されて行くことになる。^^;

 まあ、実際のところ、彼女が国会議員として有能であったか
どうかはビミョ~なところだし。また自民党の都議連との関係が
うまく行っていないという話もある。
 それに、麻生首相や古賀前選対委員長は、小泉改革自体もそう
だけど、小泉レディースもあまり好んでいないので、尚更に、
軽んじられてしまったところがあったかも知れない。(-"-)

 それに、自民党は、先月の東京都議選で大敗したこともあって、
この衆院選での東京の戦いは、かなり厳しいものになると考えて
いるだけに、できるだけ小選挙区との重複候補を優遇することに
決めたとしても不思議はない。(・・)

 ただ、だからと言って、つい前回(4年前)の選挙で、三顧の礼
で迎えるような感じでスカウトして、東京ブロックの1位におき、
すぐに閣僚にまでした人を、「もう必要ないから」と、24位に
置いてしまうという、その身代わりの早さには、驚かずには&呆れ
ずにはいられないところがある。(**)

* * * * *

 いや、もし彼女が、もっとマスコミに出て、知名度や人気が
高ければ、人寄せパンダの役割ができたならば、今回も1位or
上位にしてもらえたのかも知れないのだ。(・・)

 実際、自民党は、起死回生策を講じるべく、宮崎県の東国原
知事をスカウトして、彼を東京ブロックの1位に置くことで、
票集め&支持率アップを狙おうとしていたのだから。(@@)

 それが、もう一つの、近時の自民党の姿勢を顕著にあらわし
ている部分だ。
 困った時は、たとえ節操がないと言われようと、人気とりを
優先するのが第一のセオリーになっているのである。(ーー)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 ところが、東国原氏が想定外のタカビーな条件を出したことも
手伝って、党内や国民からの反発が強まったため、その計画は
断念せざるを得なくなってしまい。その後、なかなか「これぞ」
という1位候補が見つからず。<打診してもOKしてもらえず?>

 そこで、困ってしまった自民党は、発表前日の16日になって、
何と参院議員の舛添要一厚労大臣に、東京比例1位で衆院選に
出ないかと打診したという。
 これも、近時、舛添氏の人気が上昇中で、世論調査で、次の総理
大臣になって欲しい人で№1の支持率を得ているからだろう。(-"-)
 
『舛添氏は平成13年の参院選の比例代表で約158万票を獲得、
19年の参院選でも約47万票で自民党のトップ得票だった。各種
世論調査では「首相にふさわしい政治家」で軒並み上位につける。
 このため石原伸晃幹事長代理らが舛添氏の東京ブロック擁立を
画策。東京都連幹部が16日朝、舛添氏に内々に打診したが、舛添
氏は麻生太郎首相からの要請ではなかったことに不信感を抱き、
「選挙が苦しいからといって場当たり的に頼まれても受けられない。
出馬は百パーセントあり得ない」と拒否したという。<産経新聞
18日より>』

* * * * *

 実のところ、もう6月頃から、「麻生おろし」を画策している
グループの間では、舛添氏を次期総裁候補にしようと。そして、
同時にこの選挙に出馬させて、本人の衆院鞍替えを実現すると共に、
選挙活動の先頭に立ってもらおうという話が出ていたのだ。^^;

 でも、その時には、麻生陣営は、いかに反麻生グループや舛添氏
の造反を抑えるか(圧力をかけるか?)ということに必死だった
わけで。
 舛添氏もそれを知っているだけに、今更、こんなギリギリに
なって、衆院選への出馬要請を受けても、ストレートに話を受け
取ることはできない状況にあるのではないかと思われる。^_^;
 彼には、麻生陣営に対する不信感もあるし。ちょこっと賢い分、
中途ハンパに利用されたくないという警戒感も、かなり強く抱いて
いるのではないだろうか?(@@)

* * * * *

 自民党は、政権を維持したいばかりに、人気のある小泉氏を
総裁にして。小泉氏は、自分の悲願である郵政民営化の実現の
ために、小泉劇場の出演者をスカウトして、国民を楽しませ。
多数の票を得て、目標を実現したわけだけど。^_^;

 でも、小泉氏は自分の目的さえ達成してしまえば、その後、
猪口氏をはじめチルドレンがどうなろうと構わないし。また、
小泉式の新自由主義的な改革路線によって、国民がいかに苦しむ
ことになろうと、それも知ったこっちゃないのだ。(ーー)

 さらに、小泉以降の安倍、福田、麻生政権は、小泉総選挙で
とった多数の議席を最大限に利用して、自分たちのやりたい政策
を、強行採決や衆院再可決で強引に通して行ったのだけど。
 教育基本法改正も、自衛隊派遣の特措法も、憲法改正の国民投票
法案も・・・彼らが懸命になって作った法案や施策の大部分は、
決して、国民が求めた法案ではない。(-"-)

 しかも、その中で、猪口氏らは、本当はその議席数を稼いだ
立役者であったにもかかわらず、その貢献度は忘れ去られて
しまい。この2~3年は、単に賛成票を投じるマシーンにしか
過ぎない存在として扱われ続けていて。で、今度のの選挙では、
「御用が済んだので、ポイッ」されてしまうことになるので
ある。(**)taizou-kun toka mo ne

 同時に、自民党にとっては、国民もまた単なる投票マシーン
であって。票さえとってしまえば、あとは次の選挙の直前まで、
国民の声に耳を傾ける気など、ほとんどないのである。(ーー゛)
 
 そして、そんな自民党に、国民の存在や意思を知らしめて、
「もうそのパターンは通用しないんだよ」と自覚させるためには、
ここで絶対に政権交代を実現しなければならないと、改めて強く
思うmewなのであった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]

by mew-run7 | 2009-08-18 11:07 | 09年衆院選