衆院オセロと、自民が受ける因果応報&ブーメンラン返し。・・・総選挙の1週間前に思うこと。

 これは、今日2つめの記事です。

 オセロも将棋も、どんな勝負事やスポーツも(競馬も)
ツメが大事!(**)

 ゴールの投票日まで、あと1週間。油断や慢心はせずに、
しっかりと政権交代実現への歩みを進めて行くべく、みんな
で頑張って行きましょうね。(^^♪

 そして、ともかく、あと1週間・・・これまで政権交代を願って
頑張って来た、当ブログ&記事末にリンクしたリベラル&
平和志向系ブログへの励ましのクリックを、いつもに増して、
よろしくお願いいたします。m(__)m 


人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 総選挙まで、あと1週間。

 朝日、読売、日経、共同は、民主党が300議席を超える勢い
という世論調査の結果が。
 毎日に至っては、民主党が単独で衆院2/3を占める320議席
をとり、他方で自民党が100議席を割る可能性まで示唆していて、
民主党への追い風は止まりそうにない感じだ。(@@)

<社民党、共産党、新党日本にも頑張って欲しいな~。o(^-^)o
特に、東京8区の保坂展人氏は貴重な人材ゆえだし。保坂氏が
必要だと思う人は、東京比例は「社民」に投票で援護射撃を。
 そして、山口4区のとくらさんもp(*^-^*)q がんばっ♪>

 実は、ブログは読むものだと思い込んでいた(それもスポーツ
選手や有名人のものを)mewが、このブログを立ち上げたのは、
ちょうど4年前の小泉総選挙の投票日の数日前だったのだけど。
本当は、もう何日か前に一度、他社で作ったのだけど。うまく
扱えなくて、exciteで作り直したのよね。^^;>
 、
 それも、総選挙1週間前の選挙情勢で、mew的には「まさか」
「あり得ないでしょ~」と愕然とさせられたことに、「小泉自民党
が過半数を超える勢い」という報道が続いたのを見て、「このまま
では、マジに日本がアブナイ!」と。いても立ってもいられなく
なったことがきっかけだった。(・o・)

 だから、その当時のこと、そして、この4年間のことを振り返る
と、尚更に感慨深く、またアレコレ思いながら、総選挙の1週間前
を迎えているところがある。_(。。)_

* * * * *

 まあ、選挙は水物で、いつ何がきっかけで流れが変わるかわから
ないので、油断は禁物なのだが。
 現状では、よほどのことがない限り、民主党が第一党になって、
mewの悲願だった政権交代が実現する可能性がかなり高く
なったと言えるかも知れない。(**)

 ただ、正直なところ、ひとりの国民として客観的に今の選挙情勢
を見ていて、7~8割は「必然」だと思いつつも、2~3割は「これで
いいのかな~」と、チョット複雑な思いを抱いていたりもする。(・・)

 友人が、各選挙区の選挙情勢を伝える新聞のマークを見て、
「まるでオセロ・ゲームのように、どんどんひっくり返されて
いる」と言っていたけど。
「ここに小選挙区制と、まだ成熟していない二大政党制&ムード
選挙のコワさがあるんだよね~」という話にもなった。(-"-)

 これをゲームとして見れば、なかなか面白い&興味深いもの
なのだけど。<小沢くんの戦略勝ちに加えて、自民党側が自滅
パターンで、コロコロと転がり落ちてく感じ?(・・)>

 ただ、このあたりのことは、また選挙後に書く機会もあるかと
思うけど。今の選挙制度は、政権交代が実現しやすくなるという
意味ではメリットがあるけれど。
 何か政党内で大犯罪があったわけでもないのに、いわゆる
「風」や「トレンド」みたいなもので、衆院選が、こんな風に100
議席単位で、コロコロ当落が変わってしまうのは、国政の
安定性を失うことにもなりかねないし。
 少数政党を含め、政党を問わず、より国民のことを考えてくれる
議員を選んで、国政に民意をよりよく反映するには、やっぱ中選挙
区制の方がいいんじゃないかな~と改めて思わされた部分もある。

 そして、このような状況を見ながら、mewは、今頃、自民党の
幹部や議員、支持者の心境は、いかばかりかあらんと、思って
しまうところもある。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 何か麻生総裁は、一昨日もなかなか強気の発言をしていたようで。
『移動中の新幹線では、記者団に「東京都議選のころが自民党は(支持
が)底だった。1カ月前と今とではずいぶん変わってきているのでは
ないか」と、持論を展開。「序盤戦。悪い、悪いと言われて覚悟したが、
聴衆の反応は悪くない」と強調した。大宮駅~川口駅間はJRで移動、
乗客と言葉を交わした。悲観的な様子はみじんもなかった』そうなの
だけど・・・。^^;<日刊スポーツ22日より>

 まあ、選挙中ゆえ、リーダーとして、弱音を吐くわけにも行かない
とこはあるとは思うけど。もう明らかになっているように、麻生氏の
KYぶりは、かなりのものだし。よく報じられているように、マジ
で根っからの楽観主義者のようなので、本当に、国民の反応や流れが
実感できていないおそれもある。^^;

<実は、安倍元首相も、あの大逆風の07年参院選の時に、投票の
数日前まで、聴衆の反応もいいし。自分の政策や主張は理解されて
いて、自民党が勝てる可能性があると、思い込んでいたとのこと。
 逆に言えば、このようなKY&おXXの総裁&首相が続いていた
から、国民生活も自民党もボロボロになったと言えるのかも知れない
んだけどね。^^;>

* * * * * 

 ただ、自民党の幹部クラスの議員は、世論調査の数字がどんどん
悪くなっていることには、ショックが隠せないようで。アチコチで、
色々なぼやきや恨み節がきこえて来る。^^;

『河村建夫官房長官は会見で、「政権交代のトレンドだけで、
日本の運命を託していいのか」とした上で、巻き返しに全力を挙げる
姿勢を強調した』とのこと。<朝日新聞21日より>

 また、あのイバリッチの伊吹元幹事長は、21日のに街頭演説
で、「今回(の選挙)は、民主党という肩書、公認民主党と言った
だけで、人物の中身も経験も素養も政策の内容も何も関係なく票が
入る雰囲気になっている」と嘆いていたり・・・。<同上>

 そして、民主党は、自民党のベテランたぬき議員の対立候補に
若い人や女性を立てているケースが多いので。何かマスコミは、
小泉劇場の再現をしたいのか、「刺客」扱いしたりして、ハヤシ
立てているのだけど。^^;

<小泉総選挙の場合は、自党の造反組に女性の対立候補を送った
ので、「くの一」的な刺客だと言えたかも知れないけど。今回の
民主党の場合は、ちょっと違う感じもするんだけどな。(・・)
 でも、小沢氏は、小泉氏のやり方をヒントにした&やり返して
やろうと思ったとこはあるかも?(@@)>

 あの自民党の陰のボス(?)である森喜朗氏も、地元選挙区で
苦戦を強いられているようで。対立候補のことを「女性で若い方が
いいという基準で選んだなら逆差別だ」などと痛烈に批判していた
という。<時事通信18日より>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 正直なところ、mewも、彼らの言いたいことが、全くわから
ないわけではない。(**)

 mewは、バリバリの無党派層で。別に、民主党の固定支持者
でもないし。何が何でもアンチ自民党ではない。
 だから、それこそ自民党の中にも、是非、何とか当選して、
国政のために、議員として活動して欲しいと思う候補者が
少なからずいるのだけど・・・。

 でも、実のところ、何かmewの好きな人は当選がアブナイと
書かれている人が多くって、ハラハラさせられているし。<mew
の好きな人は、賢いけど、アクが強くない人が多いからね~。^^;>
 もし候補者本人の「考え方」とか「能力」とかを、投票の判断
基準にしてもらえなくなっているとしたら、残念なことだと思う
ところがある。(-"-)

<しかも、本来、国政&自民党に対して、責任を負うべき立場の、
安倍っちとか麻生っちとかは、次も当選が安泰っぽいっていうのを
見ると、尚更に「何だかな~」って、思ってしまうですぅ。(ーー゛)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 けど、だからと言って、自民党に同情する気はさらさらない。

 彼らがぼやいていることは、まさにmewや民主党などが、
4年前にぼやいていたことと同じなわけで。彼らは、自分たちが
やって来たことの報いを、そのまんま受けているに過ぎないの
だから。
 いわば「因果応報」なのではないかとも思えるし。ある意味では、
民主党からの「ブーメンラン返し」であるとも言えるのではない
だろうか?(**)matomete do~n to okaeshiyo!

<ましてや、伊吹くんや森くんには、絶対、同情しない。(・・)
 伊吹くんは、衆院の大量議席をバックに、党№1の幹事長として、
野党や国民を見下すような感じで、威張りまくっていたのだし。
 それこそ、森くんは、小泉後見人として、総選挙の勝利によって、
自分の力を誇示して、エラそ~に、自民党を好き勝手に仕切って来た
わけで。安倍っち以降は、ことごとく失敗しちゃったけど。^^;)
 そう言えば、小泉総選挙の時も、「干からびたチーズ」の台詞で
名脇役を演じたり、命がけの解散であることをアピールしたりして、
支持率アップに貢献していたしね~。(ーー゛)>

* * * * *

 それに、これは河村氏が言っていたような、単なるトレンドで
ないことも明らかだ。(・・)

 まあ、もし本当に民主党が300議席以上とるようなことが
あれば、ある種のトレンドや政権交代ブームが作用している面は
否定しないけど。
 でも、ここで国民がもう自民党には政権与党を任せられないと
考え、政権の座を民主党に交代させようと思ったのは、「必然」
であるし。それも、まさに「因果応報」なのである。(**)
 
 これは、特にこの10年、自民党が政権&自分たちの権益の
維持にこだわってばかりいて。国民をバカにして、国民不在の政治
を続けて来たために、信用を失ってしまったことに対する報いなの
だから。(`´)

 その意味では、これは、そんな自民党に前回の小泉総選挙で、
だまされた&引っかかってしまった国民が、それを反省しつつ、
逆襲&ブーメラン返しをしようとしているとも言えるだろう。

<オセロで言えば、自民党が、度重なる失政や失言によって、自ら
転んで、白を黒にひっくり返して来たところもあるけどね。^^;>

 戦後、新憲法の下で、民主主義が始まって64年。自民党が結党
されて以来、54年。
 日本は、やっと、何をやっても、どんな失政をしても、何となく
自民党に政権を任せてしまう時代に、ようやく終焉を迎えて・・・。

 やっと、国民が自分たちが主権者であることを意識して、自分
たちのことを本当に考えて国政を行なうであろう政党に政権を
委ねる、真の民主主義の時代が幕を開ける可能性が高くなった
わけで。
 その歴史的瞬間をこの目で見て、この身で実感すべく、皆さんと
ワクワク・ドキドキした1週間を送りたいな~と思っているmew
なのだった。(@@)

              THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  



 
[PR]

by mew-run7 | 2009-08-23 16:02 | 09年衆院選 | Comments(11)

Commented at 2009-08-23 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by B4 at 2009-08-23 23:39 x
昨日期日前投票を済ませました。でも最高裁国民審査が本日からとの
ことで、今日も行く羽目に・・・過去、罷免された人はいないとのことで、
無駄になるでしょうが、どうしても意思表示したい人を見つけたので!

今回のエントリーは、まさに最近感じていたことでした。
●小選挙区から中選挙区戻すにほうが良いのでは?
2005年、今回ともに小選挙区制の怖さ(多数以外の意見の埋没)が、
出ているように見えます。自民党は一方に偏り易いということを理解した
上で、小選挙区制に変えたわけで、自業自得ですが・・・
民主党の政策にも賛成できないものもあるので、2/3を超えた議席を
与えるのはちょっと不安が・・・郵政賛成か反対かだけで与えてしまった
前回よりは全然良いとは思いますが!
小沢さんは明らかに刺客効果を見越して女性候補を立てていると思い
ます。このやり方もあまり好きじゃないですね。

では、来週の結果を楽しみに待つことにします。
Commented at 2009-08-24 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lonestriker at 2009-08-24 13:02 x
こんにちは。
私も4年前の選挙で大変だなと思った口ですが、ブログ主さんと自分では問題の原因の認識がちょっと違うようですね。

ところで質問なのですが、今度もまた4年前と同じ地滑り的な圧勝が起ころうとしているわけですけど、これはどうして恐ろしくないんですか?

>真の民主主義の時代が幕を開ける可能性が高くなった
わけで。

こう書かれてますけど、4年前も有権者が選らんでああなったわけであって、あれも一応「真の民主主義」だったと思うのですが今回とどう違うのですか?
Commented by mew-run7 at 2009-08-24 13:43
非公開のFさん、Sさん、コメント有難うございます。

 何かやや予想外の展開になって、記事にも書いたように
複雑な心境ではあるのですけれど。

 それだけ、この4年間で、自民党に対する失望感が
蓄積されていて。それが一気にドド~ンと、オモテに
出ようとしているのかな~と思ったりもしています。
<麻生氏が長々と総裁をやったことや、選挙戦の失敗
(特にネガティブ・キャンペーン)も、さらに足を
引っ張る要因になったかもですね。(・・)>

 mew的には、「まずは政権交代」で、民主党が
しっかりと勝つと共に、何とか社民党、共産党、新党
日本などにも投票する人が増えればな~と願って
います。<民主党も協力して欲しいな~>
Commented by mew-run7 at 2009-08-24 13:51
B4さん、コメント有難うございます。

期日前投票&国民審査、おつかれさまです。

今回は、ブログで国民審査には触れない予定
なのですけど。mew的にも、Xをつけようかなと
思う人が1人+αいるです。(@@)

小選挙区制の導入は、小沢氏も絡んでいるのです
よね~。^^; で、今回、民主党が大量の議席をとれば、
また小選挙区制を変えようとはしないでしょ~ね。(-"-)
 今後、国会議員の定数削減の議論が始まるでしょう
から、その際に、国民の間から、そのような要望が
出れば一番いいのでしょうけど。(・・) muri-kana?

 何か、結局、見事に小沢戦略がハマった感じも
あって。<代表よりも、今の立場の方が、さらに
手腕発揮できてる感じもあるし。>
「やるな~」と思うと同時に「何だかな~」って
思ってしまうmewなのでした。
Commented by てん at 2009-08-24 17:41 x
こんにちは。
主義主張は違えども
今回かなり意見が合います。

郵政選挙のとき、郵政民営化のキーワードのもとに与党が勝ちすぎ、何をやっても通ってしまった。

今回も、政権交代一色で、2/3を獲得するか、先の参院選で単独過半数でもとるようなことがになれば、
連立の必要などなくなり、
同じような横暴もあるかと。

やはり、あまりに無茶苦茶やると法案が通らない
という程度のバランスが必要で。
中選挙区が良かったのかなぁ…と思います。

国民の半数近くの票が死に票になる小選挙区制は怖いですね。
少なくとも今はまだ。
Commented by mew-run7 at 2009-08-26 06:49
lonestriker さん、コメント有難うございます。

 記事にも少し書きましたけど。私も、もし民主党が
300議席以上とることになったら、恐ろしいと
思っています。^^;

 私は「真の民主主義」とは、国民がきちんと政党や
政策を見比べて、今の国や国民の状況や、自分の意に
沿う政党や候補者を選ぶことです。
 小泉総選挙の時は、国民の多くは、小泉元首相が
アピールした「郵政民営化」や「小泉改革」とは
何なのかもよくわからないまま、小泉劇場に興じて、
お祭りムードで、投票してしまったところが
あったように思います。<それで、あとになって、
こんなはずじゃなかったと。>

 今も「政権交代」ムードが流れている感じが
ありますけど。ただ、自民党のこれまでの姿勢や
政策に対する批判をきちんと持っていたり、今後の
日本の政治を考えて、主体的に政権交代を望む人も
いたりする分、かなり「真の民主主義」に近いもの
があるのではないかと思います。
Commented by mew-run7 at 2009-08-26 06:54
てんさん、コメント有難うございます。

選挙制度などに関して、意見が合ってよかったです。

お互いに主義主張は違えど、それぞれの考えが
少しでも国政に反映されるような国会ができた方が
望ましいですものね。(・・)

私は、できれば、このあと、もう少し主義
主張が同じような人たちで集まって、
政界再編がなされるといいと思うのですけど。
おそらく、てんさんも、そうではないでしょうか?

民主党には、もし多数の議席をとっても、横暴な
審議の進行や議決はやって欲しくないですし。
自民党にも、何でも反対ではない、いい野党とは
どういうものなのか、お手本を示して欲しいです。
Commented by lonestriker at 2009-08-26 21:54 x
ブログ主様

ご回答くださってありがとうございました。

>「真の民主主義」とは、国民がきちんと政党や
政策を見比べて、今の国や国民の状況や、自分の意に
沿う政党や候補者を選ぶことです。

全く異論ありません。ですが、これが今回本当にできているでしょうか?有権者は両党、特に民主党の政策について本当に分かった上で投票しようとしているでしょうか?私はそうは思えないのです。
こう言うとだいたい私の立ち位置が察しがつくかもしれませんが、マスコミはかなりアンフェアだと感じています。

保守王国の政治ブログランキングの中で奮闘されているブログ主さんには敬意を表しますが、私には「真の民主主義」には程遠いのが現状ではと思います。
Commented by mew-run7 at 2009-08-27 11:54
lonestrikerさん、コメント有難うございます。

この件に関しては、できれば記事でも書きたいと
思っているのですけど。

これまで、日本の国民の中には、自民党がいかなる政策を
考えようと、問題のある政策や失政を行なおうと、「でも、
自民党に政権を委ねるしかない」と思い込んで投票するか、
「どうせ自民党が勝つんでしょ」と思って投票にも行かない
人が多かったと思うのですけど。

今回、自民党の政策や国政運営、党運営に問題を感じて、
自民党以外の政党に関心を示し、政権を任せてみたいと
思い始めたこと自体、大きな進歩だと思いますし。

その意味で、真の民主主義の第一歩が始まろうと
しているのではないかと思う次第です。