日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

自民党よ、もうみっともない批判攻撃はやめて、旧王者の矜持を示す戦い&潔い「負けっぷり」を見せて欲しい

 総選挙まで、余すところ、あと4日。

 自民党はグダグダになっちゃっているけど。政権交代
を目指す野党陣営やリベ平系ブロガーは、気を引き締めて
しっかりと、p(*^-^*)q がんばっ♪です。
<社民党や共産党、新党日本の応援もよろしくです。>
 

人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

【伊達公子選手、全米テニスの予選1回戦を突破。(~~)
あと2つ勝ったら本選に出られるです。ガンバ!o(^-^)o】

投票日まで、あと4日。
 昨日も、朝日新聞の新たな世論調査で「民主党が320議席の
可能性」が報じられていて。自民党の大敗、下野は、ほぼ確実な
状況になって来た。(**)

 それこそ、小さい頃から「何故、日本には政権交代がないのか」
「いつか、日本でも選挙で政権交代をするのを見てみたい」と思い
続け、そしてこのブログでもずっとそれを訴え続けて来たmew
としては、本当に夢に見ていた歴史的瞬間を迎えられることに
なりそうなのだけど・・・。

 折角、その日が近づいているのに、正直なところ、mewが
期待していたほどに、心は躍らず。むしろ、「何だかな~」と
ぼやくことが多くなっているのが実情だ。(-"-)

 その大きな理由の一つには、この選挙が思ったよりも接戦に
ならず、早めに「勝負あった」という感じに、それもかなりの
「大勝」をしそうな情勢になっているということがあるだろう。(・・)

<政治家としては、mewのややご贔屓である与謝野馨氏が、
「このままでは一党独裁になる」と懸念を示したそうだが。
自民党が05年の総選挙で300議席以上とってから、どれだけ
ろくに審議をせず、国民の意思も問わずに、アレもコレも強行採決
や衆院再可決を繰り返して来たことか。それは、お玉おばさんも
コチラ)、きっちりツッコンでくれていたですぅ。(@@)>

 しかも、mewは、まさに政権をかけた総選挙で、07年の参院選
をしのぐような、正面からのガチンコ勝負が観たいという気持ちが
あったのに。
 先日コチラの記事にも書いたように、何だか05年の小泉総選挙
の逆バージョンで、「政権交代」ムードがある種のトレンドみたい
になって、民主党が大勝しそうなことにも、ちょっと複雑な心境に
なっているところもある。(-"-)
<ただ、それも、自民党政権への大きな失望が広がっている証だと
言えるだろうけど。(**)>

 そして、正直なところ、ここに来て、麻生自民党が、ますます
民主党へのネガティブ・キャンペーンに走ったり、恨み節のような
発言が多くなったりして、いわば「王者として、みっともない戦い
方」、「往生際、負けっぷりの悪い戦い方」を見せていることに
何だかガ~ッカリしてしまうというか。時に情けなく、哀しく、
怒りや嫌悪感さえ覚えてしまうところもあって・・・。
 そのために、ますます重い気分にさせられている感じがある
のだ。_(_^_)_

<大体、麻生陣営は、「日本人の誇り」がとか「志士の精神」が
どうの、「恥の文化」がどうのとか主張している超保守が多い
くせに。いざという時に潔くないというか、ジタバタして、他者の
バッシングをするのはいかがなものかと。そういう人たちに、
「真の保守」なんて名乗って欲しくないよね。(-"-)>

* * * * *

『麻生太郎首相は26日、衆院選遊説のため愛知県内を移動中の
新幹線車内で、安倍晋三元首相と衆院選の終盤情勢について約10
分間意見交換した。
 会談後、安倍氏は記者団に「現状は確かに厳しいかもしれないが、
まだまだ十分挽回(ばんかい)できる可能性がある」と語った。
<毎日新聞26日>

<07年の参院選の時に、投票日直前まで「勝つ」という手ごたえ
を感じていたという安倍元首相と、選挙に関する意見交換をしても、
さしてプラスにはならないと思うんだけどな~。^_^;>

 スポーツ大好きなmewは、勝負事は、本当に結果が出る最後の
一瞬まで、決してあきらめてはいけないと思っているし。たとえ、
ほぼ負けが決まっていても、持てる力をを尽くして戦う姿勢を示す
選手やチームを好ましく思う。(・・)
 特に、長く王者の座を守って来た選手やチームは、尚更だ。
 その負け方によっては、さらに敬意を抱かれ、その後の応援が
増すこともあるし。軽蔑や失望をされてしまうこともあるわけで。

 それこそ麻生首相が、11日に鈴木貫太郎元首相に関して、
「(祖父の)吉田茂が昭和21年に首相を拝命するとき、鈴木先生
は吉田茂に『負けっぷりはよくせないかん』と言っていた」という
演説をしていたように、「負け方、負けっぷり」というものも大事
なことではないかと思うしね。

 こういう場面で、きっちりと「政権与党としての矜持」を示す
ことができるどうかというのは、今度の選挙はもちろん、今後の
党の建て直しにも大きく影響するのではないだろうか?(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 でも、今、自民党に関しての報道やブログ記事、周辺から見聞
する話は、何だか、それとは程遠いものになっている。
 それも、いわば「醜聞」とも思えるものが少なくない。(-"-)

 自民党は、安倍政権の頃から、HPなどで、民主党の支持団体で
ある日教組や労組の批判を行なうようになっていたのであるが。
 麻生政権になってからは、どんどんと民主党自体への疑問や批判
をHPでアピールするようになって。<それでも、十分にみっとも
ないから辞めた方がいいと思っていたのに。^^;>
 この総選挙の前になってからは、驚くべきほどに、徹底的に相手
をアレもコレも批判しまくる形の、ネガティブ・キャンペーンを
行なうようになった。(ーー゛)

 ネット上のHPや動画では、コチラの記事などでも取り上げた
ように、「日本の未来は、危ない!」(コチラ)というコーナーを
設けて、民主党や支持団体の批判をしまくって。<それこそ、
2ch系のネトウヨが記すような悪口や中傷に近い感じで、左翼
政党だとか、秘密の計画やワナがどうのとか。「民主党に
だまされるな」とか。^_^;>

【追記 最近になって、さらに増やしたのよね。*2より 
「民主党さん本当に大丈夫?」
「民主党=日教組に日本は任せられない 『日の丸』を切り刻んで
党旗を作る民主党!!」
「【知ってドッキリ民主党】民主党には秘密の計画がある!!」
「【知ってビックリ民主党】労働組合が日本を侵略する日」 。^^;】

 
 しかも、ネット上だけならまだしも、麻生総裁や幹部が、それを
選挙演説で語ったり、ついには、パンフレットに印刷して、選挙
演説に集まった人たちや、各戸のポストに配り始めているという
のである。(゚Д゚)<らんきーブログさん(コチラ)や、kimeraさん
コチラ)のとこに、画像つきでナマの情報が。>

 このような選挙活動の仕方には、mew周辺でもそうなのだけど、
自民党の身内からも、嘆く声が出ているようだし。<*1>
 mewは、もしかしたら、自民党が8月に本格的に選挙戦に
はいってから、ますます劣勢になっているのは、このような選挙
戦術がマイナスになっているからなのではないかと思う部分さえ
あるほどだ。(・・)

 自民党には、選挙プランナーや広告会社、リサーチ会社などが
色々とついているはずなのに。
 確かに動画やページの視聴者数は多いようだけど。このような
方法が、本当に、支持率や投票数アップにつながると思ってやって
いるとしたら、満点大笑いだ。(ーー)

<サッカーで言えば、敗戦がほぼ確実のロスタイムにはいっても、
最後まで頑張って、1点でも多く返そうとする姿勢を見せれば、
拍手も送りたくなるんだけど。何か、今、自民党のやっていることは
勝者にダメージを残すために、なりふり構わず、反則ギリギリで、
後ろから引き倒したり、蹴ったりするような感じなんだもん。(ーー)>

* * * * *
 
 麻生総裁の演説や閣僚の発言でも、ガッカリさせられるものが
少なくない。<その一部は、前記事(コチラ)に。>

 麻生総裁は25日の演説で、『「政治はバクチじゃない。ちょっと
やらせてみようなんて。ことの優先順位が分かっていない人が
多すぎる」。有権者へのいらだちすらのぞかせた』という。<朝日
新聞26日より>

 これだって、あまりに国民をバカにしたことだろう。(-"-)
 これをきいて、「さすが、自民党」と思う人がいるはずもないし。
「自民党に投票する方が、よっぽどバクチになる」と思われるのが
オチなのではないだろうか?(・・)

<優先順位?・・・まずは、政権交代っしょ!( ̄ー ̄)>

* * * * *

 おまけに、昨日は、こんな話まで出ていた。

『麻生首相(自民党総裁)は26日に愛知県岡崎市など3県計6か所
で行った街頭演説で、これまで演説の冒頭で必ず触れていた「おわび」
をやめた。

 首相は7月21日の衆院解散後、街頭演説などで、自らの発言や
自民党内の混乱について必ず謝罪。今月18日の公示後も「頭を
下げたことのなさそうな首相が謙虚に謝るので効果がある」(周辺)
として繰り返してきた。だが、劣勢が伝えられる中、党内で「大将
が最後まで謝り続けていては、選挙にならない」(自民党関係者)
との不満が募り、「毎回おわびすることはない」との周辺の進言を
踏まえて判断したようだ。<読売新聞26日より>』

 まあ、mewも麻生首相が、7月に都議選に大敗してから、急に
「おわび作戦」に出たのには、困惑したとこがあったのだけど。
 でも、「まずは、反省&謝罪を」と決めたなら、一貫した姿勢を
続ければいいのに。まあ、結局は「うわべ」だけのことだから、
国民に思いも伝わらず、効果も出ないのだろうし。しかも、最後に
なって作戦を変えては、まずます逆効果になることだろう。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 そんなハンパなことをやっているためか、昨日は、こんな失態を
犯してしまったという。

『ただ、首相は昨年9月の自民党総裁選の最中に「(8月末の)
豪雨が安城(市)や岡崎だったからいいが、名古屋で起きていたら、
この辺全部、洪水よ」と発言し、抗議を受けていた。
 にもかかわらず、首相は26日、その点に触れないまま演説を続け、
途中で秘書官に耳打ちされてから「一番最初に申し上げるところを
忘れてすみません。申し訳ありませんでした」と慌てて陳謝した。
あまりの間の悪さに、首相周辺も「失言癖はそこから始まったの
に……」とため息をついた。<同上>』(-"-)huu

~ ~ ~ ~ ~ ~~ 

mewは、できるなら、あと残りわずか、数日間でいいから、
自民党には「政権与党の矜持」を示して、正面から堂々と戦って
欲しいな~と思ったりもする。

 あの05年の総選挙で、小泉自民党が事前の予想を覆して大勝
した大きな要因の一つは、小泉氏が、強い信念を持って、自信満々
に堂々と自分の政策である「改革」「郵政民営化」を訴えたから
ではないかと思うところがあるのだけど。(・・)
<それで「改革」や「郵政民営化」の中身はよくわからない人も、
何かその信念に共感したり圧倒されたりしたのではないかと。^^;>

 以前も書いたが、mewは、自民党には、今回の総選挙でも、
<これまでの選挙そうして来たように>自分の政党の実績、方針、
政策などをど~んとオモテに掲げて戦って欲しかったし。
 おそらく、そうしていれば、仮に負けるとしても、ここまで議席を
減らすようなおそれは生じなかったのではないかと思うのだ。(-"-)

 たとえば、石破農水大臣は、25日の東京・北千住での街頭演説で、
このように語っていたという。
「民主党への期待の高さは、自民党への失望の表れでもある。民主
党のあれが駄目、これが駄目だと言い出せばきりがない。トラック
何台分だってある。
 でも、ほかの党を批判する前に、まず己を顧みる謙虚さを持たねば
ならない。自民党を謙虚で誠実な政党に、国民の皆様方に真実を語る
勇気と真心を持った政党に立て直さねばならない」<時事通信25日
より>

 こんな風に紳士&真摯に語られたら、「じゃあ、もう一度、自民党
に期待しようかしら?」って考える人も出るのではないかと思ったり
するんだけどな~。(・・)

 ・・・というわけで、もちろん「政権交代の実現」が何より大切
ではあるものの、各党も、国民みんなも来週からすっきりと
新たな一歩を踏み出すためにも、自民党には、どうかイヤ~
な試合を観たあとのような、後味の悪さを残すような選挙活動
は、これ以上して欲しくないな~とお願いしたくなってしまう
mewなのであった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  








*1

『 自民党が衆院選での劣勢を盛り返そうと、なりふり構わず民主党批判を強めている。鳩山由紀夫代表ら同党幹部を皮肉る新作アニメCMをネット上で2本流しているほか、同党を攻撃する冊子も作成。典型的なネガティブキャンペーンだが、民主党は圧勝予測の余裕からか、「放っておいたらいい」(幹部)と黙殺する構えだ。

 ネットCMの題名は「ブレる男たち」。鳩山氏や小沢一郎代表代行ら民主党幹部4人を模した影絵の人物が「4人バラバラ、ブレフォーです」と登場する。4人は「テロ対策での給油、反対」「(米国との)貿易自由化」などと合唱するが、白人や農家の男性から「なに言ってんだ」と突っ込まれ、「とも言えなーい」と前言を翻す内容だ。

 もう一つのCMは、鳩山氏を連想させるラーメン店員が、客の注文に気前よく応じて、同党の子ども手当と同額の2万6000円分のふりかけなどをどんぶりにばらまき、ラーメンがひどい状態になっていく話。

 21日から動画サイト「ユーチューブ」などに流し、同サイト内での再生回数は既に27万回を突破。先行して7月中旬から配信している、鳩山氏とおぼしき男性が女性に口当たりの良い言葉をささやきかける1作目のCMも、閲覧回数が61万回を超えた。
 
 「民主党の問題点を若い世代に分かりやすく伝えるのが狙い。おおむね好評」。自民党広報本部の担当者はこう胸を張るが、別の党職員は「政権与党として品がない。票につながるかも分からない」とまゆをひそめる。

 自民党は、民主党批判の冊子やビラも次々と作成し、党のホームページでも閲覧できるようにしている。「民主党にだまされるな」と題する冊子の表紙は、「血しぶき」にも見える絵柄が描かれ、「革命や闘争という言葉をいまだに使う労働組合の思うがままの政策で上場企業は経営に混乱をきたす」と訴えている。(続)

 こうした批判戦術に対し、民主党幹部は26日、「自民党もここまで地に落ちたか」と一言。菅直人代表代行は同日、大阪府高槻市での街頭演説で「自民党は必死になってありとあらゆることをやっている」とうんざりした表情で語った。<時事通信25日>』

『 自民党の劣勢が伝えられるなか、民主党に対すネガティブキャンペーンが加速している。公示後も民主党の幹部を連想させる人物を揶揄する動画がアップロードされ、大量のアクセスを集めた。また、民主党を批判するPDFファイルも掲載。さらにPDFを印刷したものが100万部以上出回るなど、異例の事態だ。

公示後の8月21日に新作2本が自民党のサイトに登場

「ネガキャン」冊子は100万部以上が出回っている様子だ これまでは、「選挙の公示後は候補者や政党のウェブサイトは更新しない」というのが、いわば「不文律」だった。ところが、今回2009年の選挙では、これが覆されつつある。例えば今回の選挙で言えば、自民党も民主党も、幹部が遊説する様子などを「ニュース」として、公示後も更新を続けている。両党とも、更新された内容は「選挙活動」ではなく、通常の活動を表す「政治活動」だとして、更新に問題はないとの立場だ。両党とも、更新された内容に候補者の名前は登場させないなど、「選挙活動」だと解釈されないように工夫している。

その中でも、自民党のサイトの更新ぶりが際だっている。民主党は、幹部が演説する様子を写真付きで紹介しているぐらいなのだが、自民党のサイトでは、動画や政策パンフレットのPDFファイルなどを続々と掲載。その内容の多くが、民主党の政策などを攻撃する、いわゆる「ネガティブキャンペーン」だ。

例えば、09年7月には、鳩山代表を連想させる男性が、女性に対して

「ボクの方がキミを幸せにできる。ボクに交代してみないか?バラ色の人生が待っているよ」
などと財源のあてもなくプロポーズする様子を皮肉った動画が多くのアクセスを記録したが、公示後の8月21日には、「ラーメン篇」と「ブレる男たち」の新作2本が登場。いずれも、同党の政策がぶれていく様子を揶揄したものだ。「ラーメン篇」は14万回、「ブレる男たち」8万5000回再生されており、それなりに注目されていると言えそうだ。

CMだけではなく、幹部による遊説の様子も収録した動画も更新されている。例えば細田博之幹事長が8月22日に都内で行った演説の動画では、

「民主党の支持母体は、日教組であり、自治労。左がかった人が防衛にしても日の丸にしても安保にしても、いろいろな問題を左へ左へと引っ張っていく。これは日本にとって大変な不幸」
などと絶叫。この動画も、ネガティブキャンペーンの一環だと言えそうだ。

「労働組合が日本を侵略する日」「民主党には秘密の計画がある!!」
さらにおどろおどろしい文言なのが、サイト上に掲載されている政策パンフレットのPDFファイル。タイトルを羅列すると、こんな具合だ。

「民主党さん本当に大丈夫?」
「民主党=日教組に日本は任せられない 『日の丸』を切り刻んで党旗を作る民主党!!」
「【知ってドッキリ民主党】民主党には秘密の計画がある!!」
「【知ってビックリ民主党】労働組合が日本を侵略する日」
パンフレットにはいくつかバリエーションがあり、その中の「労働組合が日本を侵略する日」の1ページ目には

「民主党の政治を一度選択してしまうと、修復するのに何年もの時間と費用を要し、その間に日本は致命的な立場に追い込まれているかも知れません。(略)『一度くらい…』は破滅への道です」
と、刺激的な文面が掲載されており、表紙を入れると全8ページにわたって民主党攻撃を繰り広げている。

裏表紙には「このパンフレットは、政党の自由な政治活動であって、選挙期間中であっても、自由に配布できます」との記載があり、前出の動画と同じ「選挙活動ではなく、政治活動」との位置づけのようだ。掲載されているPDFの中には、公示日以降に掲載されたものもある。

これらの政策パンフレットは、ウェブからダウンロード出来るだけでなく、ボランティアが実際の印刷物をポストに配達もしている。自民党の広報サイト「LDPラボ」に掲載されているボランティア向けの文章によると、

「8/21 9時13分をもって在庫がすべて出切ったため、お申し込みを締め切らせていただきます。 総計 1,044,670部 のお申し込みを頂きました!! すごい!!100万部越えです」
とあり、選挙事務所などで配布する分を除いても、8月21日時点で少なくとも100万部が出回っている様子だ。

異例のネガティブキャンペーンの経緯について自民党に取材を申し込もうとしたが、

「ホームページ担当は取材で出払っているので、夜まで帰ってこない」
との答え。今後も引き続き、「民主党批判」の動画が更新され続ける様子だ。<J-CASTニュース25日>』
[PR]
Commented by lonestriker at 2009-08-27 11:10 x
こんにちは。拝読させていただきました。

>麻生政権になってからは、どんどんと民主党自体への疑問や批判
をHPでアピールするようになって。<それでも、十分にみっとも
ないから辞めた方がいいと思っていたのに。^^;>

それでは日教組が支持団体であることを有権者は知る必要がないのでしょうか?この点は意外に知られていないと思いますよ。

それと、日教組にバックアップされることがネガティブな要素であるとブログ主さんもお感じになっているような気がいたしますがいかがでしょう?そうであれば私も同感です。

ブログ主さんがおっしゃる「ネガキャン」は、マスコミからは有権者に知ってほしいことが伝わらないから、自民がその役をやっているとも取れると思いますがどうお考えになりますか?

先日のコメント欄でも書かせていただきましたが、マスコミが伝えるべき情報を伝えないので、ブログ主さんがおっしゃる「真の民主主義」が今回も残念ながら始まっていないと思うのです。
Commented by sodomu at 2009-08-27 23:52 x
あと2日間で、民主政権誕生ですね☆すごいウキウキします!
自民が守ってきた国旗とか国歌とか日本の伝統とかと早くオサラバしたい。国際化の時代にあって、日本は日本という服をそろそろ脱ぎ捨てるべきです。
思い切って、世界中が一つの国になればみんな楽しく暮らせるんじゃないかと常日頃考えています。たぶん、鳩山次期総理の友愛精神でそれは可能でしょう。
「外国人参政権」や「貿易自由化」を早く成立させて、ガンガン外国と仲良くしましょう☆麻生の応援なんて誰も行かないだろうし、今回はマスコミもこっちを向いてくれたので、政権交代の流れはもう止められないですねww
Commented by mew-run7 at 2009-08-30 18:42
sodomu さん、コメント有難うございます。

いよいよ民主党政権が誕生しそうです。
ウキウキで何よりです。
sodomuさんが、グローバルな方なんですね。
世界が一つになったら、どんなにいいかとmewも思うです。ww
by mew-run7 | 2009-08-27 10:18 | 09年衆院選 | Comments(3)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7