日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

米国に「NO」と言える民主政権に!+産経記者がtwitterで反民主をアピール?+どうなる、新総裁候補!?


 exciteブログは、かなり状況改善したのだけど。まだ、
色々な操作が重くて、いつも通りに行かないところが。
 コメントやTBのお返し、編集などがうまく行きませんが、
ご容赦くださいまし。m(__)m

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 mewは、以前から書いているように、民主党が政権をとったら、
戦後60余年にして、ようやく日本がもう少し主体的になる形で、
新たな日米関係を構築できるのではないかと、と~っても楽しみに
しているのだけど。(~~)

 今日未明、鳩山由紀夫・民主党代表のところに、早速、オバマ
大統領から、お電話があったそうだ。(・・)
<深夜0時台にかけて来るとこが、ちょっと米国が「上」ってとこ
を示そうとしている感じがあるなって思ったけど。^^;>

『大統領は会談で、「海の両側で民主党が勝利した」と述べ、自ら
の大統領選勝利とともに衆院選での民主党の圧勝に祝意を示した。

 鳩山氏は「民主党の勝利はオバマ大統領のおかげだ。日本では
初めて民主的な手続きで政権交代が行われた。大統領が日本国民に
チェンジの勇気を与えてくれた」と応じた。

 また、鳩山氏は「建設的に未来志向の日米関係を築きたい。大統領
は気候変動問題や核廃絶でリーダーシップを発揮しておられる。我々
も同じ気持ちで考えている政党だ。経済でも緊密に協力し、(景気を)
改善したい」と語った。

 大統領が日米関係の強化を求めたのに対し、鳩山氏は「私どもも
日米同盟が基軸だ」と述べた。さらに、「できれば金融サミット、
国連総会にうかがえるようにしたい。できるだけ早くお目にかかり
たい」と語った。

 鳩山氏は会談後、記者団に、「日米同盟が基軸だということを確認
した」と述べた。電話会談には外務省職員は同席しなかった。
<読売新聞3日より>』

 お~、外務省の職員は同席しなかったんだ~。(@@)

 通訳がいたかはわからないけど。鳩山由紀夫氏は、スタンフォード
大の大学院の博士課程を出ているので、そこそこ英語も話せるし。
<誰かさんよりも、きれいな英語だったかも。(・・)>

* * * * *

 mew的にも、海の両側で民主党が勝利したことは、本当に
喜ばしい限りだし。
 日本に「政権交代」&「CHANGE」のムードが広がった
のも、米民主党&オバマ氏のお陰もあるのかも知れない。

 ブッシュ共和党がダメだ、ヒドイと思ったら、次の選挙では
政権交代を考える・・・民主主義の国として当たり前のことを、
米国が目の前で見せてくれたんだんもんね。(**)

 今、米国のいくつかの新聞が、鳩山代表の論文の一部を掲載して、
批判を展開していたりもするようなのだけど。<この件は機会が
あったら、また書きたいけど。全体はもちろん、抽出されて問題視
されている部分も、mewから見ると、と~っても正しい指摘で
あったように思う。・・・あ、オバマ陣営は、その論文批判のこと
にも配慮して、今日、電話して来たのかな?^_^;>

 mewは、鳩山代表とオバマ大統領の世界観とか政治理念は、
かなり近いものがあると思っている。
 また、小沢前代表に比べれば、鳩山代表の方が、安保外交に
関しては、自民党の考えに近くて、日米同盟を重視する立場
ではないかと思える部分もある。(・・)

 民主党は、別に米国を嫌悪や敵視しているわけではなくて。
<ちなみに、mewも親米っ子だったりする。>
 ただ、親米ということと、自民党のように、米国べったりで何でも
OK&貢ぐくんになることとは別次元の話だろう。<これを従属的
というんだよね。(>_<)>
 本当の同盟関係、本当の仲間というのは、お互いに親密に付き
合って、できるだけ協力はするけれど。是々非々で判断して「その
考え方は、おかしい」と思えば忠告や反論をすることがあったり、
「その要求は、日本の国や国民の利益にならないので、そのまま
飲めない」と思えば、しっかり「NO!」と言える関係を示すので
あって。・・・mewは、それが、民主党に期待されていることなの
ではないかと思うのだ。(@@)

 でも、米国に「NO!」というためには、鳩山代表のバックに
控える小沢前代表の強い信念も大きいし。何よりも、国民の理解と
力強い後押しが絶対に必要になるわけで。
 日本が、「真の民主政」に基づく「自主独立国家」へのステップ
を上がって行くためにも、民主党を選んだ以上は、国民がしっかり
とサポートして欲しいな~と願っているmewなのだった。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

  この何日か、各紙に出た産経新聞のtwitterに関する記事
をご覧になって、「おいおいっ」と思った方もおられるのではない
だろうか?(・・)

 産経新聞は衆院選に合わせ、公示日から公式twitterをスタート
させていたそうなのだが。<twitterとは、短い意見を「つぶやき」
として載せる掲示板のようなもの。>
 産経新聞の編集部の人間も参加して、同紙の掲載記事や編集部の
日常などを紹介していたという。

『問題の「つぶやき」があったのは、選挙結果が出そろい、民主
圧勝自民惨敗が確定した31日早朝。

「そろそろ、中の人が交代しますー。皆さんお付き合いいただいて、
ありがとうございました!」と選挙特集が終わることを告げたあと、

「産経新聞が初めて下野なう」
「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経
新聞の真価を発揮するところ」

 と投稿してしまった。<J-CAST8月31日より>』(゚Д゚)

<この「XXなう」というのは、「今、XXしているorした」を
意味するtwitter独特の用語。>

 この書き込みに対して、一部から批判が出たことから、同紙は

『同日夕方、同じ公式twitter上でお詫びした。多くの厳しい意見が
寄せられたとし、「軽率な発言だったと反省しています。ご不快の
念を抱かれた方には、お詫び申し上げます」と謝罪。
「新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそう
であったように、是々非々の立場でのぞみたいという意思表示の
つもりでした」と釈明した』という。<同上>』

 この記事は、特に論評はいらないかな?(・・)

 とりあえず、「まあ、こんなことがあったみたいですよ」って
ことで。_(。。)_

* * * * *

 自民党の新総裁選びが、かなり難航しそうな感じになっている。

 まあ、これだけ惨敗した後で、ダメージも大きいし。ここで、
総裁になっても、総理大臣になれるわけでもないし。少数(?)
野党の党首になっても、あまりいいことはないと思う人も多い
とは思うのだけど。^^;
 
 10月には、参院の補選が2つあるし。来年の参院選に向けて、
我こそが党を立て直そうとする気持ちがある人が、積極的に出て
来ないとすれば、自民党の支持者にとっては残念なことだろうし。
 与野党が切磋琢磨しなければ、健全な民主政も築くことも
できないわけで。結果的に、それは国民全体にとってマイナスに
なってしまうだけに、mewとしても、早く解党的出直しをして
欲しいと思っているのだ。(-"-)

<っていうか、昨日も麻生くんが、ぶら下がり会見で横柄な態度を
とっている姿を見ていて、あまり不快なものは見たくないので、
とっとと総裁を交代して欲しいと思ったりもして。^_^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 ところが、昨日の記事で扱ったように、自民党の新総裁を決める
選挙に、最有力候補だった、舛添厚労大臣が、「総裁選に出馬を
しない」と発表することに。
 その<オモテ向きの?>理由は、「安倍、福田、麻生内閣で閣僚
を務めていて、総選挙惨敗の責任がある」ということだった。

 さらに、さしたる有力候補ではなかったけど、その後、昨年の
総裁選に出た小池百合子氏も、不出馬の意向を表明したという。
「総裁候補は小選挙区の勝利者で、かつ明確に自民党再生策を
打ち出せ、実行できる人物だ」と、メールマガジンに記していた
という。
 これは、<党内の共通概念だとは思うけど>小選挙区で落ちて、
比例復活の人は、国民の支持が十分にないので、総裁には適さない
ということを意味する。(・・)

<また、小池百合子氏は、『特別国会での首相指名選挙について
「多くの同志をむざむざと戦死させた『敗軍の将』の名を書くわけ
にはいかない。全員が白紙で臨む。そのことを決定してほしい」
と求めている』という。(時事通信2日より)
 ここ1~2日で「白紙説を主張する人が急増中。誰かが「白紙
から出直すためにも、それがいい」と言っていたけど。座布団
3枚あげたいかな?"^_^">
 
* * * * *

 でも、もしこの2人が挙げた条件・・・1・麻生政権(+福田、
安倍政権?)で、閣僚や党執行部にいた人、2・小選挙区で落ちて、
比例復活した人は、新総裁には適さないということになると、
総裁選に出馬できる人は、かなり限られてしまうことになる。^^;

 党内では好感度が高い石破茂氏もアウトだし。<福田~麻生内閣
で、防衛&農水大臣> 
 国民的には人気がある石原伸晃氏も、アウトになってしまう。
<安倍~麻生内閣で幹事長代理、政調会長。東京都連会長として、
都議選&総選挙を惨敗。>
 
 また若手・中堅議員からは、過去に総裁選に出たような人
ではなくて、1からの出直しを印象付ける新鮮なイメージの人
がいいという声も強いようなのだが。
 そうなると、加藤紘一氏、谷垣禎一氏、高村正彦氏なども、
「昔の名前で出ています」的なところがあるので、アウトになって
しまうだろう。^^;

 そのように考えて行くと、「これぞ」どころか、候補になれる
人自体がほとんどいないのだ。^^;
<まさか、山本一太くんが、また出るとか言い出さないよね。(@@)>

 おまけに、もし昨日も書いたように、森喜朗氏&青木幹雄氏の
大古ダヌキ・コンビが乗り出して来て<森氏は、昨日の夕方、
首相官邸を訪ねて、麻生総裁と会談してるし~>自分たちの
気に入るor都合のいい者を有力候補にし立てあげようとなどと
すれば、それ自体で「アウト~!」という感じになってしまう。(ーー)

<そして、mew的な邪推&予測によれば、安倍、麻生氏の二人が
何とか超保守系の総裁を擁立しようとしている感じが・・・。(>_<)>

* * * * * 

 まあ、次期野党の党内のグダグダは、国民生活に大きな影響が出る
わけではないからいいけど。
 国政に関しては、インフルエンザなど重大な問題が色々とあるだけに、
スムーズに民主党に政権移行が行なわれるように、自民党には、せめて
ずっと与党だった政党の矜持を示して、しっかりと協力して欲しいと
思うmewなのだった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  




*1

『麻生太郎首相は2日夜、衆院選惨敗後初めて首相官邸での「ぶら下がり取材」に応じた。ただ、特別国会での首相指名選挙の自民党の対応に関する質問では記者団へのいら立ちをあらわにし、「総裁に聞くべき話ではない」などとしてまともに答えなかった。
 自民党内には、首相指名選挙で党総裁の麻生首相に投票を求める執行部の方針への異論が強い。これについて首相は「党内にいろんな意見があることは知らないわけではないが、どう集約するかは執行部だ。(執行部に)一任している」などと答えた。記者団がさらに「総裁の意見は」と質問すると、逆切れ。「あなたが聞くべき相手は執行部。すなわち(細田博之)幹事長。麻生総裁ではない」と声を荒らげた。
 また、民主党が政権移行のための協力を政府に要請したことに関する質問も出たが、首相は「裏を取ってるわけ? 記者としてまともですよ。普段(裏付けを)取らずに書いてるけどね」などと嫌みたらたらだった。 (2009/09/02-21:02時事通信)』
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-03 07:49 | 民主党、民進党に関して | Comments(0)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7