日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

自民再生のジャマをする懲りない森喜朗+平沼Gは何もできずに、宙に浮く?+サッカー

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 久々にスポーツの話を長めに書いてみようっと。(@@)

昨日、サッカーの日本代表が世界3位のオランダと現地で親善
試合を行なった。
 残念ながら、すべての時間、試合を見られなかったのだけど。
<特に最も動きがよかったと言われる前半の前半を。(ノ_-。)>
 前半は日本が押し気味で、後半の途中までは、0-0と健闘して
いたものの、後半69分にCKからシュートを決められてしまい。
そこからバタバタになって、さらに2点を追加され、最終的には
0-3で負けてしまった。(-"-)

 何か強いチームを相手に、「途中までは健闘したんだけどね~」
という典型パターンの試合になってしまった感じがする。(・・)
<サッカーに限らず、先日の女子バレーとか、いくつかの競技での
日本代表チームによく見られるケースかも?^^;>

 つまり、強いチームと対戦する時は、こちらはどうしても最初
から100%近く<選手によっては、120%ぐらい?>
めいっぱいのエネルギーを費やして戦うことになるのだけど。
<ここで、何点かとれると、また展開が違って来ることもあるん
だけどね~。^^;>
 逆に相手は、精神的に余裕を持って、こちらがバテるのを待ち
ながら、じっくり構えていればいいとこがあって。で、チャンス
と見た途端、シュアに攻めて来るのである。(-"-)
 でも、こちらは、もう足が前半ほど動かない上、点をとられると
心身ともにもガクッと来てしまい、攻めも焦り気味になるし。守り
はガタガタ~ッと崩れてしまって、しっかり勝ちを持って行かれる
というパターン。_(。。)_
 
 来年のWCで、本気でベスト4を目指すのであればもちろん、
まずは決勝リーグに進むためには、何とかこの課題を克服しないと
いけないな~と、つくづく実感させられた試合でもあった。(・・)
 もう個々の選手のプレーのレベルは、かなり上がっていると思う
ものの、やっぱも~っと心身ともタフになって欲しいし。ここから、
苦しい時に支えになる精神的リーダー作りとか、交代要員用の選手の
選定や、彼らをうまく効果的に活用する方法などを、どんどんと
考えて行かないとな~と改めて思ったmewなのだった。(@@)

この記事では、先週、書いた記事の関連事項、続報を書いて
おきたい。

 昨日も書いたように、自民党は総選挙で大敗後、さらにガタガタ
になってしまい、大揺れに揺れている感じがある。

 若手、中堅議員たちを中心に、心ある幹部クラスの議員たちは、
早く新体制&今後の方針を固めて、来年の参院選に向けて、出直し
をしたいと思っているのだが。

 相変わらず権力争いしかアタマにない<&困ったことに、総選挙
で首の皮1枚で生き残ってしまった?>ベテラン・タヌキ議員たち
が、またしゃしゃり出て来ているために、党のスムーズな再出発を
妨げている。(-"-)

 中でも、特に問題なのは、森喜朗氏の存在だろう。
 彼は、自分が密室談合で、00年に総理大臣に就任して以来、
10年間、自民党の政権&自分の権力の維持をメインに考えて、党内
を仕切って来たわけだが。それが、今の自民党の崩壊、国民の自民党
離れの大きな要因になっていることは間違いない。(ーー)

<mew的には、このような形容の仕方はあまり好きではないけど。
マスコミや世間では、今回の自民大敗の「A級戦犯」として、森氏
の名を挙げる人は少なくない。(問題が多かった小泉、安倍、福田、
麻生氏を首相にしたのが、森氏なんだもん。(>_<)>

 そのようなこともあって、今回の総選挙でも大苦戦したのだが、
本人は、それがわかっていないようで。<苦戦したのは、自民党への
理解できないような逆風&若い女性を自分にぶつけた小沢戦略のせい
だと思っているようだ。^^;>
 また、党の総裁選に大きく関与しようとしているのである。(-"-)

 そして早速、その影響力がオモテにあらわれた。
 自民党でも国民の間でも、麻生氏のあとの新総裁として、最も
期待されていたのが、舛添要一氏だったのだけど。
 その舛添氏は、2日の夜に森氏と会談を行なったあと、わざわざ
会見を開いて、総裁選に出馬しないと発表したのである<コチラ
記事参照>

 この会談の内容は明らかになっていないのだが、森氏が、今回は
出馬を控えるように提案したのではないかとか、舛添氏も、もし
今後にチャンスがあるなら、あえて今、総理大臣になれない総裁に
なる必要はないと考えたのではないかなどと報じられている。^^;

<尚、舛添氏は、東京都の石原知事が五輪招致に失敗して、今秋で
辞任することになった場合、都知事選に出馬するのではないかと
いうウワサも出ている。(小池百合子氏も?^^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 森氏に関しては、さらに、このような記事も出ていた。

『自民党の森喜朗元首相は2日、首相官邸で麻生太郎首相と会い、
28日投開票予定の党総裁選の日程を首相指名選挙がある16日の特別
国会召集までに前倒しするよう求めた。首相はこの後、細田博之
幹事長ら党三役と協議し、総裁選日程を変更しないことを確認した。
総裁選の日程は1日の党総務会で決定済み。このタイミングでの森氏
の動きに、執行部内でも反発の声が出ている。<NIKKEI3日>』

『「くれぐれも16日の首相指名選挙の前に新総裁を決めないでほしい」。
衆院当選4回の梶山弘志氏らは4日、党本部で細田博之幹事長に「18日
告示、28日投票」の総裁選日程を動かさないよう申し入れた。
 町村派相談役の森喜朗元首相、同派会長の町村信孝前官房長官が
総裁選日程の前倒しを求めたことに対し、梶山氏らは派閥主導の総裁
選阻止に動き、衆院選総括や党再生を議論する新組織の設置も細田氏
に約束させた。<時事通信5日>』

 そもそも、森氏がわざわざ首相官邸まで出向いて、麻生総裁に、
総裁選を前倒しするように直談判をしに行ったということ自体、
「何だかな~」と思ってしまうのだが。<オモテに出た話を、額面
通りに受け止めていいかは、「???」だけどね。^^;>

 それを知って、党内の若手・中堅議員は、おそらく、森氏らが
自分たちに都合のいい人を総裁にすべく、一気にコトを運ぶために
総裁選を前倒ししようとしているのではないかと警戒して、それを
阻止せんとしたのだろう。(・・)

* * * * *

 では、森氏らは、誰を総裁にしたいと思っているのだろうか?

 一部には、石原伸晃氏を押しているという話もあったのだが。
この2~3日は、谷垣氏を有力候補として考えているという記事が
いくつか出ていた。(・o・)

『自民党の森喜朗元首相と古賀誠選対本部長代理は3日夜、東京都内
で会談、党総裁選を巡って意見交換した。関係者によると、森氏が
古賀派の谷垣禎一元財務相を有力候補として挙げたのに対し、同派
会長の古賀氏は「谷垣氏に(意思を)確認する。私は薦めもしないし、
止めもしない」と答えたという。同派内では旧谷垣派の議員を中心に
待望論がある。<毎日新聞4日>』

『森氏は3日夜、古賀派会長の古賀誠選対本部長代理と都内で会談。
関係者によると、両氏は「派閥で総裁候補を決めるのはまずい」との
考えで一致したという。
 派閥領袖やベテランが密室で総裁候補擁立に動くだけで、「党の
イメージが悪化する」と若手議員は指摘する。古賀氏は4日、派内に
待望論もある谷垣禎一元国土交通相と会談したが、この後、記者団に
「派閥で候補者を絞って総裁選に臨むことには慎重であるべきだ」と
自嘲(じちょう)気味に語った。<時事通信5日より>』

 実はポスト小泉の有力候補として名前が挙がっていた「麻垣康三」
の中で、唯一、まだ総裁になっていないのが、谷垣氏なのだ。^^;
 まあ、それだけ、当時から期待される人物だったということも
できる。

 mewは、谷垣氏は、自民党の中では、好きなタイプの政治家だし。
<安保防衛では考えが合わないけど。>
 おそらく麻垣康三の中では、一番賢くて、理論的で、政策(特に
経済)に関する知識も豊富で、そこそこバランスもとれているし。
見た目よりアクティブ&タフな人間という感じもあって。彼が
自民党再生に一役買うのも悪くないかな~と思うとこもあるのだけど。

 ただ、若手・中堅議員に担がれて出馬するともかく、あの森氏に
担がれ出るのであれば、辞退した方がいいかも知れない。^^;
 森氏には、彼を選ぶには、何か魂胆があるに違いないからだ。
<どうせ野党で首相になるわけではない&今もうちに古賀派から総裁
を出しておいて、肝心な時には他の候補の支持に協力させようとか、
谷垣氏なら言うことをきかせやすいかも知れないとかね。(-"-)>

 まあ、それにしても、森喜朗という人は、本当に懲りない人なん
だな~と、つくづく思い知らされてしまうですぅ。(`´)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  
  
 あと、コチラの記事で、mewは、麻生、安倍氏らが平沼グループ
を自民党に復党させることを考えているのではないかと書いたの
だけど・・・。
 どうも平沼氏は、当分は、様子見をするつもりのようだ。(・・)


『平沼赳夫元経済産業相は2日、今後の「平沼グループ」の在り方
について「第三極をつくると言ったことを忘れずに活動していきたい」
と述べ、当面は自民、民主両党との連携を考えていないことを明らか
にした。岡山県庁で記者団の質問に答えた。

 平沼氏は衆院選前に保守系無所属17人の平沼グループを結成したが、
当選したのは平沼氏や静岡7区の城内実氏ら3人にとどまった。敗因
を「民主党の風に押し流された」と分析する一方、自民党の大敗に
ついては「国民に対して賞味期限が切れた。かつての同僚に奮起を
促し、鼓舞していきたい」と話した。<共同通信2日より>』

 平沼赳夫氏は、日本会議系の超保守派のリーダー格で。<現在、
日本会議の議員懇談会の会長。平沼、麻生、中川昭、安倍でHANA
の会と呼ばれ、真正保守を広める活動をしている。>
 彼らは、この総選挙後に、憲法改正を目指すべく、自民党と民主党
の同志を集めて、最終的には政界再編の軸になろうと。<民主党の中
にも手をつっこんで?^^;>
 また、その過程で、自民党、民主党が過半数を得られない時の
キャスtィング・ボートを握りたいと考えていたようなのだ。(-"-)

* * * * *

 しかし、コチラの記事にも書いたように、民主党が総選挙直前に
なって、平沼氏の選挙区に対立候補を擁立したことから、民主党との
連携は困難になってしまった。"^_^"mew-teki niwa ureshii~

 しかも、自民党が大惨敗してしまった上に、平沼グループも3人
しか当選していない状況では、両者を足しても過半数には遠く及ば
なくて。キャスチングボードもへったくれもないし。改憲軸の
政界再編の実現の可能性も乏しくなっている。(・・)

 それに、今の段階では、もし自民党に戻っても、果たして
超保守派が主導権を握ることができるか、ビミョ~な情勢になって
いる。<これは、また改めて書きたいが、今回の総選挙で中山太郎
氏をはじめ憲法改正で中心的役割を果たして来た自民党議員が、
かなり落選しているのも、彼らには痛いかも?^^;>

 ある意味では、平沼Gは自民党を見捨てつつあるとも言えるし。
また、平沼G自体も、宙に浮いたような、存在感を示せない、
さしたる役割も果たせない立場になってしまったと言えるかも
知れない。(・・) 


 まあ、民主党が衆院だけで308人にもなった今、mew的には
ご希望なら超保守のM、Nくんや改憲&軍事派のMくんなどを連れて
行ってくれてもいいかな~とも思ったりもするのだけど。(^^ゞ

 それはさておき、超保守&改憲派も、しばらくは動きにくくなった
のではないかと思われ、やっぱ政権交代が実現&民主党が圧勝して
よかったな~と、しみじみ思ったmewなのだった。(@@)

                      THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
Commented by あしたのクロネコ at 2009-09-06 20:06 x
mewさんこんばんは。
いつも「そうだ,そうだ」と思いながら拝読させていただいております。
もちろん,クリックもしっかり行っておりますよ。
というわけで,少し「助言」をさせていただきます。
「キャスティング・ボード」とお書きになっていらっしゃいますが,また,かなり多くの人がそのように記すようですが,原語は casting vote で,訳せば「結果を左右する投票」ということです。賛否が相半ばするような場合,それがたとえ一票であっても,その一票が結果を左右してしまう,ということですね。
したがって,「キャスティング・ヴォート」あるいは「キャスティング・ボート」と記すべきであって,「ボード」はまずいですよ。
それでは,これからも頑張ってブログを更新して行ってください。
Commented by クロ at 2009-09-06 22:34 x
ランキングが上位なのでざっと読ませて頂きましたが、あなた、TVや新聞の情報鵜呑みにしてる言っているだけなんですね。
正直イラっとします。まあ、今の日本国民の代表的な方なんでしょうね。

ただ、あんな偏向報道しかないマスコミの情報だけで、麻生さんを批判しないで下さい。バッシングの中、マスコミのせいで全く理解されない中、それでもどれだけ日本の日本人の為に頑張ったか。彼ほど、日本を愛し、信じてくれている政治家はそういません。彼はブレていませんよ。ブレて見させたのは報道です。ちなみに私の旦那は新聞記者ですが。

報道をほとんどされない民主のブレブレはご批判なさらないんですか?特に鳩山さんですが。


こんな事書いても、非承認で終わるのでしょうけど。
Commented by mew-run7 at 2009-09-07 05:06
あしたのクロネコ さん、コメント有難うございます。

いつも読んで下さって&クリックもして下さって、感謝です。m(__)m

そして、ご指摘も有難うございました。早速、訂正しました。
今後もよろしくお願いいたします。
Commented by mew-run7 at 2009-09-07 05:10
クロさん、
この1年、ほぼ毎日、産経新聞のぶら下がり会見の
詳報(一言一句、載せてあるもの)などを読んでいましたけど。
麻生氏は、本当にブレブレでした。

私は、麻生氏が脱小泉改革や郵政民営化の見直しをする
と言っていたことに、すごく期待して、その部分は応援して
いただけに、尚更に。(-"-)

鳩山氏も首相になったら、しっかりと発言をチェック
したいと思います。
Commented at 2009-09-16 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mew-run7 at 2009-09-16 16:09
非公開のKさんへ

お久しぶりです。コメント有難うございます。
ついに政権交代が実現する日が来ましたね。
そして選挙中は、お疲れ様でした。m(__)m
mewも、またブログにも書きたいと思います
けど。彼のことや小政党の今後が、め~っちゃ
気になっているです。

お互いに、ここまでチョット意地になって
頑張って来たようなとこもありますけど。(笑)
これからは、マイペースで、でも、しっかりと
政治や社会をウォッチして、大事なことを
伝えて行けるといいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
by mew-run7 | 2009-09-06 10:41 | 自民党について | Comments(6)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7