感動した?!・・・小泉進次郎の「自民再生」論&オバマ「核廃絶」、鳩山「架け橋」演説

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 自民党の総裁選(28日投票)まで、あと4日。
 今、3人の候補が全国各地で街頭演説を行なっているのだけど。

 もはや自民党総裁→総理大臣を選ぶ選挙ではなくて、単に野党の
代表を選ぶものだし。正直なところ、あまり世間の関心を引く
ような候補も出ていないことから、TVのニュースやワイド・
ショーでは、あまり取り上げられることもなく、世間からの関心も
薄いようで、関係者から嘆く声もきこえて来る。^_^;

 で、どうにか、少しでも観衆や注目を集めようと、自民党は
横浜での街頭演説の司会に、あの小泉進次郎氏を抜擢した。(・o・)

 議員になって、まだ1ヶ月にもならない新人に、総裁選の司会
をさせるするとは。^^;「自民党も落ちたもんだな~」「要は、
タイゾーくんの代わりってこと?」な~んて言ってたのだけど。

 TVで、進次郎くんの演説をきいたのだけど。<単に司会役だけ
でなくて、何か「自分の求める総裁像」とかに関して、スピーチ
してたのよ。>
 これがね~。新人のくせに謙虚さのかけらも見えず、エラそ~に
語るところは、正直、ムカつくのだけど。でも、その中身は、パパの
言葉を借りれば、「感動した!」って言いたくなるぐらいmew的に
見て、正論だったのよね。(・・)

 その時のスピーチの要旨が、進次郎くん本人のブログ(コチラ
に載っていたので、ここにアップするです。

『新・自民党のリーダーになる新総裁に私が望むことは3つです。

1.新党になったつもりで解党的な出直しをする「覚悟」
2.自民党自身を変える「勇気」
3.これでダメなら終わりなんだという「危機感」

 民主党批判をすることが求められているんじゃない。
 自民党がどう変わり、何を目指すのかをハッキリと示すことが
求められているんです。

 自民党が与党の時、自民党は民主党に何て言ったか。
「批判だけなら誰でも出来る」
 自民党が野党になった今、私たちは同じことを言われるような
野党になってはいけません。

 国のため、国民のためになることであれば協力し、より良い
アイデアを提案する。

 国益にならず、国民生活に混乱を招くような誤った方向に進み
そうな時、その時は徹底的に戦う。
 そんな責任ある姿勢を示していくことが政権奪回への道だと
思います。

 民主党のミスや失敗を待ち望む他力本願ではなく、こういう自民
党ならもう一度政権を託してみようと思ってもらえる信頼を取り
戻すことしかないんです。

 そこに近道はありません。
 自民党に対する信頼と期待が国民の間で沸々と高まり、自民党
待望論がうねりのように盛り上がる結果政権に返り咲く。これが
自民党の歩むべき道だと思います。

 この総裁選はその道への第一歩です。』

* * * * *

 ね。本人が考えたのか、ブレーンが考えたのかはわからないけど。
<それともパパ譲りで、小泉流・言葉のマジック&パフォーマンス
の力があるのかしらん?(@@)>
 いずれにしても、なかなか、いい内容っていうか、今、自民党の
やるべきことが、よ~くわかっているって感じでしょ?(・・)

 特に「批判だけなら誰でもできる」「民主党の(スキャンダルや)
ミスや失敗を待ち望む他力本願ではなく」<( )内は演説で言及>
の部分は、まさに「その通り!」って感じで。

 総選挙の時に民主党の批判やミスを突っつくことばっかをメイン
にやって来た&選挙後は、早速、スキャンダル探しに懸命になって
いる自民党の長老や幹部たちに、よ~く聞かせてあげて欲しいと
思ってしまったほどだった。(**)

 しかも、野党として「国のため、国民のためになることであれば
協力し、より良いアイデアを提案する」というのは、mewも
望ましいことだと思っていることで。
 是非、自民党には、「与党のいうことは、何でも反対」ではない
新しい建設的な野党の姿を見せて欲しいとも願っているのよね。(・・)

 3人の候補のことは、週末に書きたいと思っているのだけど。
今のところ、3人の演説や討論に接する限り、進次郎くんほど、
「そうだ!それこそ再生への道だ!」とココロに響く主張を耳に
したことがほとんどなくて。
 
 何か誰か有名人が、次の総選挙は小泉進次郎氏を総裁にして
戦えばいいと提言したという話をきいて。「何をふざけたことを!」
と思ったものの・・・。
 もしかしたら、今の自民党には、これぐらいのことを言える議員
がいないのかも知れず。<石破、石原、舛添氏辺りなら言えたかも
知れないけど、出馬せずに、逃げちゃって。進次郎くんのいう
「覚悟」や「勇気」がなかったし。^^;>
 
 逆に言えば、新人議員にこんな風に言われっぱなしじゃ、あまり
にも情けないかもな~と思ってしまったmewでもあった。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 もう一つ、昨日は、「感動した!」というか、mewが理想と
する世界&日本に近づいているような感じがして、何かとっても
ピースフル&安らかな気持ちになれるような演説の話があった。

 昨日、国連の安保理事会で、オバマ米大統領が「核兵器のない
世界」を作ることを目指すことを提唱し、全会一致で採択。(・・)
 また、国連総会では、鳩山首相が一般討論演説を行ない、日本
が様々な分野で「架け橋」の役割を果たすことをアピールした。"^_^"

『国連安全保障理事会は24日午前(日本時間同日夜)、核不拡散
核軍縮に関する初の首脳会合を開き、米国提案の「核兵器のない
世界」を目指す決議を全会一致で採択した。

 議長のオバマ大統領は「この歴史的な決議は、核兵器のない世界
を目標にした我々の共通の誓いだ」と述べ、核軍縮の理念を各国が
共有し取り組むと宣言した。非常任理事国の日本の鳩山由紀夫首相
も出席、「唯一の被爆国として果たすべき道義的責任」を掲げ、
非核三原則を堅持し、世界の先頭に立って核廃絶に取り組む決意を
表明した。』

『鳩山首相は会合で、「原爆投下から60年以上たった今日もなお、
放射能の被害に苦しむ人々の姿がある」と発言。「指導者の皆さん
にも、ぜひ広島・長崎を訪れて核兵器の悲惨さを心に刻んでほしい」
と参加国に訴えた。』<以上、毎日新聞24日より>』exciteコチラ

* * * * *
 
 そして、その後行なわれた国連総会で、鳩山代表が一般討論演説
を行なったのだけど・・・。

 そう言えば、去年の今頃、総理総裁になったばかりの麻生元首相
も、国連に行って、演説を行なったのよね~。(・・)
 当時のニュースによれば・・・

『麻生首相は25日夕(日本時間26日朝)、ニューヨークで開催
中の国連総会で一般討論演説を行い、テロとの戦いのため、来年
1月で期限切れとなる海上自衛隊によるインド洋での給油活動継続
を目指す意向を表明した。
 演説の冒頭には最近の国際的な金融不安に触れ、国際金融の
仕組み作りに貢献する姿勢を強調した。』

『テロとの戦いでは、「アフガニスタンの復興支援に当初から力を
注ぎ、補給活動を続けてきた。今後とも国際社会と一体となり、
積極参画していく」と語った。』

『首相は日本外交の基本方針について、日米同盟を不変の基軸とし、
近隣アジア諸国との関係強化に努めてきたと説明した。国連改革
に関しては、「(安全保障理事会の)常任・非常任理事国双方の
議席拡大を通じた改革を早期に実現しなければならない」として
常任理事国入りに意欲を示した。<読売新聞08年9月26日より>』

 この時、麻生元首相は、会見などでも、日本が「テロとの戦い」
「日米同盟強化」に力を入れて行くことをやたらに強調。また、
「集団的自衛権を認めるべきだ」とも発言。
 まずは、ともかく米国第一。世界のリーダーになりたくて、国際
的ま経済&金融対策は考えていたものの、何やかんやで、日本の
富国強兵を重要視しているとこが見えたし。
 NYタイムズの社説で、「好戦的な国粋主義者」で、「第2次大戦
での旧日本軍の残虐行為を正当化して中国や韓国との関係を損ねた
人物」と紹介されたりして。^^;
「やっぱ、こいつが首相では日本がアブナイ!」とmewをブル~に
させたものだったのだが・・・。(-"-) <当時のentryはコチラに>

* * * * *

 でも、1年立って、鳩山首相が演説で掲げた「5つの挑戦」は、何て
ピ~スフル&グローバルで、色々な立場の国や人たちのことを
考えた広い視点を持ったものだっただろう。(^^♪ 
<演説要旨は*1に>
 
『首相は英語で演説し、東洋や西洋、先進国や途上国など、価値観
や利害が対立する分野で日本が「世界の『架け橋』となるべく全力
を尽くす」と宣言。具体的には、〈1〉世界的な経済危機への対応
〈2〉気候変動問題〈3〉核軍縮・不拡散〈4〉平和構築・開発・
貧困〈5〉東アジア共同体の構築――の五つの課題に重点的に取り
組む方針を示した。(中略)

 開発・貧困の問題に関しては、途上国支援を強化する方針を
示した。特にアフガニスタンの復興支援として、職業訓練などの
社会復帰支援の検討も含め、有益な貢献を果たすと表明した。

 首相は、アジア重視の立場から、「新しい日本は、歴史を乗り
越えてアジアの国々の『架け橋』となる」と述べ、近隣諸国との
関係に影を落とす歴史問題の克服を訴えた。また、日本として国連
安全保障理事会常任理事国入りを目指す方針を表明した。
<読売新聞25日より>』

* * * * *

 結局、昨日の記事と同じような結論になってしまうのだけど。

 mewは、この演説の詳報を見て、日本がこういう風に世界の
国々の架け橋になれたら、いいな~と素直に思えたしね。"^_^"
<やたら「友愛」を強調するのは、チョット控えて欲しいかな
とは思うこともあるけど?^^;>

 何か未来に対して夢や希望が持てる&日本の国に愛情や誇りが
持てるようなものだけに、是非、より多くの国民、特に子供たち
にきいて欲しい話だと思うし。(・・)
<マスコミ(特にTV)が、いつもより国連の話題を多く取り
上げているのも、そのためかな~と思うとこもあったりして。>

 こういうニュースを見ていると、昨年とは打って変わって、
と~ってもココロ安らかになってしまうmewなのだった。(@@)


【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓上位に行くとアクセスが増えるので、応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと一緒にウヨ保守系の伏魔殿ランキングで
コツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援を!(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






鳩山首相:国連総会・一般討論演説案(要旨)
 鳩山由紀夫首相の国連総会の一般討論演説案の要旨は次の通り。

 日本は民主主義と選挙の確かな伝統を持つ国だが、第二次大戦後は投票を通じた政権交代がなく、政と官の緊張関係が消え官僚依存が強まり、日本外交から活力を奪った。しかし日本国民はついに政権交代を選択した。私の率いる新政権は民主主義のダイナミズムを体現し、内政・外交に全力で取り組む。

 日本の国連加盟承認は1956年12月18日。その時の首相が祖父の鳩山一郎だ。当時の重光葵(注)外相はデビューの総会で「日本の政治、経済、文化は過去1世紀の欧米とアジア両文明の融合の産物で、日本は東西の架け橋となりうる」と述べた。祖父・一郎の唱導した友愛思想は自分の自由と自分の人格の尊厳を尊重し、他人の自由と人格をも尊重する考えで、重光葵の「架け橋」という考えは一郎の友愛思想と共鳴している。

 それから53年後、私は日本が再び「架け橋」の役割を果たさんと高らかに宣言したい。東洋と西洋、先進国と途上国、多様な文明の間で架け橋となるべく全力を尽くす。

 日本が挑むべきは五つの挑戦だ。第一は世界経済危機への対処。新しい日本には経済再生のプランがある。市場メカニズム任せでは調整困難な「貧困と格差」の問題や、過剰なマネーゲームを制御するため、共通のルール作りに役割を果たす。

 2番目の挑戦は、気候変動問題だ。日本は、90年比で20年までに温室効果ガス25%削減を目指す目標を掲げた。途上国に従来以上の資金、技術支援を行う用意がある。

 第三は核軍縮・不拡散への挑戦だ。オバマ大統領がプラハで「核兵器のない世界」の構想を示し世界中の人々を勇気づけた。我々は今こそ行動すべきだ。北朝鮮の核実験とミサイル発射は国際社会全体の平和と安全への脅威で、断固認められない。6者協議を通じ朝鮮半島の非核化実現の努力を続ける。

 第四の挑戦は平和構築・開発・貧困だ。国際機関やNGOと連携し途上国支援を質量双方で強化し、アフガニスタンが安定と復興に注ぐ努力を国際社会とともに支援する。

 第五は東アジア共同体の構築。「開かれた地域主義」の原則で、地域の安全保障のリスクを減らし、経済的なダイナミズムを共有することは国際社会にも大きな利益になる。

 国連こそがまさに「架け橋」の場。日本は安全保障理事会の議席拡大と日本の常任理事国入りを目指し、安保理改革に取り組む。
[PR]

by mew-run7 | 2009-09-25 09:51 | 政治・社会一般 | Comments(0)