鳩山内閣が本格始動・・・予算見直しに期待&亀井を抑制せよ&小沢も始動+杉山&伊達

 ようやく、exciteブログのヨコの欄に「最新の記事」のコーナー
ができたですぅ~。(~~)
 是非、そちらもご参照くださいませ。<(_ _)>

<これで、1日にチョコマカ複数の記事をアップしやすくなる
かな?(・・)>


最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


テニスの東レPPO。昨日は、今大会で引退する杉山愛選手が、
シングルス1回戦に登場したのだが。前夜、急に体調が悪くなった
とのことで、思うように動けず。<試合中に何度かしゃがみ込む姿
が見られたとのこと。>結局、2セット目に、涙を浮かべながら、
無念の途中棄権をすることになってしまった。(-"-)

 昨日は、テニス大好き&以前、愛ちゃんと会ったことのある
美智子皇后が応援観戦に来られたのだが。<試合中、ボールが
飛んで来て、ナイス・キャッチされたとか?(・・)> 試合後、
「長い間、お疲れ様でした。楽しませていただきました」と
ねぎらって下さったという。(・・)

 でも、まだダブルスの試合は残っているので、あまりムリは
して欲しくないけど。もし体調を戻れば、ダブルスの方で、
頑張って欲しい。p(^-^)q

* * * * *

 そして、韓国OP優勝から一夜明けて。昨日39歳の誕生日を
迎えたクルム伊達公子選手も、シングルス1回戦に登場した。
 昨日は、世界35位のウォズニアク選手(22)との対戦だった。
<昨年は1-6,1-6で負け。>
 mewは、PCでリアルタイムのスコアをチラチラ見ながら応援
していたのだが。午後5時に試合開始予定が、それ以前の試合が
かなり押して、試合開始は午後8時近くに。^^;
 で、1セットめを7-5でとって、「よっしゃ~(~~)」。2セット
めも5-2でリードしていて、「これは勝てるぞ!」と思ったのだ
けど。そこから、追いつかれて、6-7、4-6で落とし、2時間
40分の熱戦の末、残念ながら1回戦突破はならなかった。(ノ_-。) 

<このあと夜11時頃から試合をした選手も大変。その影響かどうか
わからないけど。世界3位のヴィーナス・ウィリアムズ選手が、
ストレートで負けしてしまったですぅ。(@@)(世界ランク1位の
サフィナ選手も負けたとか。^_^;) >

 ただ、中国、韓国、日本と連戦して、しかもフルセットの長い試合
も多かったのに、今年ずっと悩まされていた痙攣も出ず、上位選手に
何度も勝ったり、対等にゲームができたりのは大きな収穫で。
<痙攣対策のために、毎日、トレーニング、マッサージ、ドリンク
など、すごく気を使っているのよね。スポーツ紙によれば、と塩分
不足を補うために、試合中に、CMにも出ている「きゅうりのきゅう
ちゃん」をかじることもあるとか?(・o・)>

 それに、韓国オープンの優勝で、ランキングも100位に!"^_^"
これをキープできれば、四大大会なども予選に出ずに、本選出場が
しやすくなるし。本人は、来年もやる気満々なので、これからも
まだまだp(*^-^*)q がんばっ♪です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、昨日28日には、自民党の総裁選が行なわれたのだが。
予定通り(?)、谷垣禎一氏が当選して、第24代の自民党総裁
になった。<総理大臣になれない総裁は、河野太郎氏の父・洋平氏
に続いて、2人め。>

 この話は、昨日書いたばかりだし。ゆっくり別記したいので、
ここではパスするとして。

 鳩山内閣&民主党の話で、目に止まったものを少し。

 鳩山首相が米国から帰国して、今週から本格始動する鳩山内閣は、
昨日、3党の党首や幹部を交えた会議を行なって、予算の見直し
など、今後の活動に関する指針を協議した。(・・)

『鳩山由紀夫首相は28日、与党3党の党首らによる「基本政策
閣僚委員会」で、10年度予算編成の基本方針を明らかにした。
前政権が7月に策定した概算要求基準(シーリング)を撤廃、各
閣僚に対し、10月15日までに新たな予算要求を出すよう指示
する。29日の閣議で正式決定する。

 子ども手当など民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に
盛り込んだ政策の実現に向け、予算編成のあり方を一新。無駄
遣いの一掃と新たな財源の確保を図る。

 閣僚委員会には、亀井静香金融・郵政担当相、福島瑞穂消費者・
少子化担当相の連立与党党首と、平野博文官房長官らが出席。鳩山
首相は、基本方針として▽8月末に各省庁が出した概算要求をゼロ
ベースで見直し▽マニフェストや与党合意を踏まえ、政策の優先
順位を再検討。重要性の高い事業に予算を配分――すると強調した。
 基本方針決定を受け、鳩山政権の予算編成作業が29日、本格
始動する。<毎日新聞28日より>』exciteコチラ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 また『菅直人副総理兼国家戦略担当相を座長とする「予算編成の
あり方に関する検討会」が28日に発足。予算編成の方法を中長期
的な視野で見直す作業を始めた。年度末に余った予算を使い切ること
を防ぐため「複数年度予算」や新規事業の政策効果を点検する
「政策達成目標」の導入で一致した。<同上>』

 mewは、この「複数年度予算」には、大賛成なんだよね。(・・)

 これまで、国の予算は、1年ごとに決めていて。で、各省庁とも、
財務省との折衝で、前年度と同じかそれ以上の予算をゲットしたい
と考えているので、予算が余った場合、次の年に繰り越せず返納
しなくてはいけない上に、次の予算が削減されるのではと恐れて、
前年に得た予算をムリヤリに使い切る傾向にあって。それが効率
の悪い使い方orムダ遣いにつながる部分も大きかったからだ。(**)
<本当ならうまく工夫&節約して、予算を余らせて、他のことに
回すなど調整できたなら、褒められるべきなのに。余らせると、
翌年、損につながってしまうという矛盾が生じていたのよね。^_^; 
解説記事を*2に追記>

 憲法や関連諸法案が、単年度予算を基本に作られているので、その
辺りをどうクリアするかも課題になるようなのだけど。
 是非、その辺りは、うまく調整して、妙なムリ・ムダのない予算の
仕組みを構築して欲しいと願っている。(・・)

* * * * *

 また、鳩山首相が不在の間に、国民新党の亀井金融大臣が、TV
などで、借金&利子の返済猶予を行なう「モラトリアム法案」に
関して、自分の考えを好き勝手に発言していて、「あちゃ~」と
思っていたのだけど。(>_<)

<しかも、亀井大臣は、彼の発言に対して政府内で異論が出ている
ことに関して、「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。
できっこない。選挙前から合意している話だ」とかケンカを売るような
(脅しをかけるような?)ことを言ったりしてたし~。(ーー゛) *1>

 でも、鳩山首相は28日の夜、記者団に対して、亀井発言に毅然と
した対応を示したようだ。(**)

『鳩山由紀夫首相は28日夜、亀井静香金融相が提唱している中小
企業向け融資や個人向け住宅ローンを3年程度猶予する「モラトリ
アム法案」について「連立与党でモラトリアムまで合意している
わけではない」と述べ、亀井金融相の主張は受け入れがたいとの
姿勢を示した。

 一方で首相は「中小企業が資金繰りに困っており、何らかの手だて
が必要というのは事実だ。担当閣僚と担当者を中心にしっかり議論
して政治主導でいい答えを見いだすことができると思う」とも指摘し、
中小企業対策を早急に取りまとめるべきだとの考えも表明した。
<産経新聞28日より>』

 一言・・・よし!"^_^"

* * * * *

 最後に、コチラの記事に書いたように、イギリスを訪問していた
小沢一郎氏が、27日い帰国。昨日は、会合なので、元気な姿を
見せていた。

『民主党の小沢一郎幹事長は28日、党本部で平野博文官房長官、
山岡賢次国対委員長と相次いで会談したほか、与党3党党首と幹事
長らによる「政府与党首脳会議」に出席するなど、英国から27日
帰国したばかりで早速、始動した。

 ただ、首相官邸で開かれた首脳会議では平野氏から発言を促され
たものの「特にありません」と素っ気ない答え。鳩山由紀夫首相の
初外遊を念頭に「総理、ご苦労さまでした」と述べただけ。会議後
も記者団の取材に応じず“小沢流”を貫いた。

 小沢氏は28日昼前に党本部入り。平野氏と約30分間、夕方
には山岡氏と1時間近く協議した。臨時国会の召集時期や積み残し
になっている選対委員長など党の主要ポスト、10月25日投開票
の参院神奈川、静岡両補選の情勢などについて意見交換したと
みられる。(共同通信28日)』

 小沢氏が、動き始めたことで、早速マスコミでは、また「二重
権力構造が」とか書き始めているのだが。
<与党の会合でも、全く発言していないのに。^_^;・・・それより、
幹事長は、記者団相手に、もう少し発言してくれないと~。(・・)>

 日本は議院内閣制ゆえ、政府与党の幹事長が、内閣の政策や方針
に関与したりするのは当たり前だし。<それに、これはまた後日
書きたいけど、連立している社民党、国民新党との関係をうまく
運んで行くには、小沢氏の存在が必要不可欠だと思うのよね。(・・)>
 それに、国会運営、党運営に関してアレコレ決めるのは当たり前
のことなのにね~。(ーー)

 まあ、結局、それだけ小沢氏に力がある&注目度も大きいので、
マスコミも、民主党政権にケチをつけるには、小沢氏ネタを書く
しかないのだろうな~と思ってしまったmewなのだった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓上位に行くとアクセスが増えるので、応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m


<リンクを作り直し中なので、しばしお待ちを。_(_^_)_>





*1

『亀井静香金融・郵政担当相は27日のテレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予する制度(モラトリアム制度)の導入に連立政権内で慎重論が出ていることについて「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。できっこない。選挙前から合意している話だ」と、改めて実現に意欲を示した。

 また、亀井担当相は「(モラトリアム制度の)中身はこれからだ」としながらも、「(金利支払いも)できることなら猶予した方がいい」と指摘。借り入れ元本だけでなく金利の返済猶予も検討する考えを表明した。

 亀井担当相は番組出演後、記者団に対して「鳩山政権の『友愛』を返済猶予という形で実現していく。鳩山首相も喜んでくれていると思う」と話した。そのうえで、28日にも直嶋正行経済産業相と会談し、中小企業の経営や資金繰りの実態について意見を聞くことを明らかにした。<毎日新聞27日>』

*2

『政府の関係閣僚や有識者らが参加し、二十八日開かれた「予算編成のあり方に関する検討委員会」で、「複数年度予算」の導入を本格的に検討することが固まった。実現すれば予算編成プロセスにとって大きな変革となるが、単年度予算の原則を定める憲法や財政法と整合性を保ちつつ、適用の範囲をどこまで定めるかが課題となりそうだ。 (小松田健一)

 現在の単年度予算では、余った場合は返納する必要がある。次年度の予算査定にも影響するため、各省庁が予算を減らされないように使い切ろうとして、無駄遣いを生む原因になっていると、菅直人国家戦略相が導入を提唱していた。

 一方で、単年度予算は「一年間で区切ることで、予算の野放図な使い方を防ぐ役割も果たしている」(財務省幹部)との指摘もある。このため検討委は今後、どの予算について、いつから複数年度での編成が可能か、対象事業を具体的に仕分けする作業を進める。

 複数年度予算を具体化する手法として、単年度予算の例外規定である「継続費」や「繰越明許費」の適用範囲を拡大したり、予算が余った場合、次年度に別の使い道へ回すことを認めるといった柔軟な運用を行うことが候補として挙がるとみられる。

 検討委に有識者として参加した片山善博慶大教授(前鳥取県知事)は、単年度予算は硬直的で問題が多いとして、「単年度予算の弊害を解消するため、複数年度予算が一つの選択肢としてはある」と話した。
<東京新聞29日>』
[PR]

by mew-run7 | 2009-09-29 11:49 | 民主党、民進党に関して | Comments(0)