日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

中川昭一氏の訃報に思ったこと(1)~有能な政治家ながら、父の影響と超保守思想が・・・


  昨日は、中川昭一氏の急死の報が一斉に駆け巡って。mew
を含め、世間やマスコミ、政界関係者などに大きな驚きと衝撃を
が広がったのだけど。
 でも、やはり何より地元の人たちや、自民党の議員、特に超保守
系の仲間には、大きなショックと哀しみをもたらすと共に、ある種
のやるせなさを覚えた人もいたのではないかと思ったりする。

 死因に関しては、行政解剖でも判明せず。今後、詳しい病理検査
によって調べることになったそうだが。現段階では、自殺の可能性
はほとんどなくて。何かの病的要因によって死亡したのではないか
と見られている。<近時は、眠れず、睡眠薬を処方されていたとの
こと。また、数日前から風気味で体調が悪く、予定をキャンセル。
前日も昼から寝ていて、ベッド上に少量の吐しゃ物があったという。>

 56歳と若すぎる死を、心から悼むと共に、改めてご冥福を
お祈りしたい。

* * * * *

 中川昭一氏は、mewにとって、色々な意味で、思い出深い政治
家のひとりだ。

 昨日、訃報に接して、mewのアタマに真っ先に浮かんだのは、
彼が初出馬の際に選挙活動をしている光景だったのだけど。
 mewは、彼の父親の中川一郎氏が亡くなった事件について、
大きな関心があったので。父を継ぐ形で、選挙に出て、政界入り
した昭一氏も、ずっと気になっていたところがあったし。

 また、中川氏は、mewのいわば天敵でもある超保守派の政治家
で、過激or問題だと思われる言動も少なからずあったので、この
ブログの記事に登場する機会も、かなりあったし。^^;

<彼は、日本会議系の超保守グループ「HANAの会(平沼、麻生
中川、安倍)」の一員で。近時は「真・保守研究会」の会長も務め
ていたし。安倍氏や中山成彬氏らと、「日本の前途と歴史教育を
考える議員の会」の活動をしていて。慰安婦問題を否定したり、
NHK、日教組批判をしたりとかも行なっていたので。(>_<)>

 おまけに、中川氏のHPのブログのようなもの<コチラ>を
覗いて気付いたことに。6~9月の間だけでも「日本が危ない」と
いう言葉がはいるタイトルの文が数回載っていて、何だかミョ~な
縁を感じてしまったりもしたり・・・。(・・)

<ただし、この件はまた別記したいけど。mewは、中川氏らの
超保守派やタカ派の言動を見て、「日本がアブナイ!」と思うの
だけど。彼らは、民主党政権を見て、「日本が危ない」と思うよう
で。ここに、大きな違いがあるのだ。(-"-)>

 でも、これは決して、彼が亡くなったからヨイショするという
のではなくて。<たぶん、このブログのどこかにも書いたと思う
けど。>

 彼とは国家観や政治思想が全く合わないし。ややエラそ~な態度
をすることがあるのも、好きではないのだが。
 mewは、彼は、すごく有能な政治家だと思っていたし。また、
ばんえい競馬の存続にも力を尽くしてくれたし。かなり評価して
いる面もあるのだ。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 中川昭一氏は、東京で生まれ育ち、麻布中高→東大を経て、日本
興業銀行に勤務していたのだが。83年1月に父・中川一郎氏が
57歳で急逝したため、30歳の時に父の地盤を引き継いで出馬し、
衆院議員になった。

<一郎氏の急死に関しては、最終的には、総裁選に大敗して失望&
疲れての自殺だと発表されたのだが。遺書もなかったことから、
陰謀により自殺に追い込まれた説、他殺説、KGB云々なんて話
まで出て。大きな騒動になった。>

 当時は、まさに元・麻布ボーイという感じの「賢そうな坊ちゃん
顔」で。体格がよく、いかめしい顔をしていて、エネルギッシュ
だったためか、北海のヒグマと呼ばれた父とは全く違う雰囲気
だったのを、意外に思ったのを覚えている。
 しかも、当時は、礼儀正しく、また大人しく&生真面目そうな
印象があって。<たぶん、生真面目な部分があるのは、今でも
そうなのかも。>むしろ、一郎氏の秘書だった鈴木宗男氏の方が
悪役扱いされていたかも知れない。^^;

* * * * *

 その後、国会で机の上に乗って(だったかな?)わめいている
場面を見たり<新人議員の務め?>、TVカメラの前とかでも
だんだん態度が大きくなって行ったりするのを見て、「う~ん、
何だかな~」と思ったり。
 お酒に関する問題も色々と出るようになったのだけど。(-"-)

 でも、単に学歴がいいだけでなくて、実際、かなりアタマも
いい感じで。特に農政や経済・金融関係の話に関しては、たぶん、
すごく勉強もしていたと思うし。TVなどで、鋭い指摘や提案を
したり、わかりやすく解説をしたりするのを何度も見たことが
あって。よく仲間うちで「さすが賢いね~」とか、「あんな
保守系でなければ、総理大臣になって欲しいのにな~」などと
評価していたものだった。(・・)

<だから、昨年9月、リーマン危機が起きた直後、麻生首相が
中川氏を財務・金融大臣に選んだのも、正解だったのではないか
と思っている。>

 また、北海道の出身の人から、中川氏が地元・十勝の農業の
再生に、マジに力を入れているという話をきいたこともあるし。
 赤字が続き、数年前から廃止の危機にある「ばんえい競馬」
の存続にも力を尽くしてくれて。お陰で、彼の地元の帯広では、
今でも「ばんえい競馬」の開催を続けることができていて。
心から、感謝しているです。m(__)m

<彼のHPに、世界で唯一の「ばんえい競馬」に視察に行った
写真が載っていたのだけど。同行したのが超保守のマドンナ・
桜井よし子氏というのがね~。(~_~;)>

* * * * *

 よく知人と話したことだが・・・。たぶん、中川昭一氏自身は、
かなり神経が細やかで優しくて、周りを気にする人なのではない
かな~と。(・・)

 そして、もしかして、大きくて強そうなお父さんのイメージが刻み
込まれていて、ついつい自分が弱く見られてはならないと思って、
チョット上から出るようなエラそうな態度をとったり、少しツッパッた
ようになってしまうのかもね~という話が出ることもあった。^^;

 何かふとした時の物言いとかで、困っている人、立場が弱い人
への配慮を感じる時が少なからずあるし。掃除とか庭いじりとか
も好きみたいだし。
 たとえば、HPに選挙に関して『12日間、大音量で連呼を続け、
人々と動物等に多大な迷惑をかけた。改めて「全ての十勝」に感謝
と御礼の気持ちでいっぱいだ』という記述があったのだけど。
 ここで、人々への配慮もそうだけど、何と「動物等に迷惑を
かけた」っていう発想ができる人は、そうめったにいるものじゃ
ないし。本当に気遣いができる優しい人だと思うのよね!"^_^"

 それゆえ、国家観、外交安保の面を除いたら、mewは中川昭一
氏は、本当に有能で、人間的にも評価できる面がたくさんある政治
家であったと思っている。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 おそらく彼の地元の十勝地方の人たちも、それは重々承知して
いたのではないかと思われるのだけど・・・。 

 でも、今回、彼が落選してしまったのは、例のG7での朦朧
会見のせいだけでなく、それに対する帰国後の彼の対応に問題
を感じる人がいたり、選挙時に彼が行なった「日本が危ない」
という主張の根拠や、民主党批判の仕方に疑問を覚えた人が
少なからずいたのではないかと思うところがある。(・・)

 mewは、別にあえて死者をムチ打つ気は全くないのだけど。
これは、中川氏の落選だけではなくて、自民党の大敗、そして
今後のあり方に関わることなので、ここで取り上げたいと思うの
だけど。
 

 選挙後の中川昭一氏のHPには、こんな記述もあった。

『それでも負けた。活動してくれた人々、約9万人の支持を考える
と誠にありがたい。かつ申し訳ない。悔しい。しかし、十勝の総意
として、私は否定された。敗因は逆風もあったが、やはり私自身
の報道問題と、私が訴え続けたこのままでは「十勝が危ない」
「日本が危ない」が有権者に受け入れられなかったことだろう。

 選挙中、周りの人からは「あまり民主党を攻撃するな」と言わ
れた。もちろん自分の主張はしたが、マスコミは既に我々の敗北が
決まった様な報道をしているので、そうなれば「大変なことになる」
と訴えざるを得なかった。「泣け」とか「土下座しろ」という
アドバイスもあったが、私には出来なかった。』

* * * * *

 mewは、別に彼が泣いたり、土下座したりする必要は全く
ないと思うし。確かに、TVは、あの朦朧会見の映像をあまりにも
しつこく流していて、それには若干の問題を覚えるのだけど。

 でも、本人も映像を見て、驚いて、みっともないことをしたと
思うような会見を行なってしまった以上、すぐに潔く謝罪をして、
きちんと説明して&反省を示せば、また展開が違ったと思うのに。
<少なくとも、地元の人は理解してくれたかも知れない。>
本人も麻生首相も、マスコミから批判が高まるまで、やり過ごそう
としてしまったし。
 その後も、<上の記述でもそうだけど>、結局は、反省よりも、
マスコミのせいにしがちだったことが、却って反感を買って
しまった可能性があるようにも思える。(・・)

 そして、これは中川氏に限らず、自民党自体&多くの議員がそう
だったのだが。今回の総選挙で、やたらに民主党の批判を行なって
いわゆるネガティブ・キャンペーンを展開したことも、逆効果に
なったと言えるだろう。(**) <コチラの記事参照>

 しかも、この件は次回につづきを書きたいのだが・・・。

 中川氏らが「日本が危ない」と思うようなこと、彼らが日本の
国作りで目指していることが、国民には「???」である可能性
が高いという実態を、中川氏も超保守仲間も、いまだに気付いて
いないのかも知れず・・・。
 
 昨日、中川氏に死を悼む超保守仲間の言葉をきいていて、何だか
ますます「日本がアブナイ」と思ってしまったmewなので
あった。(@@)
                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓上位に行くとアクセスが増えるので、応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと一緒にコツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援を!(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2009-10-05 06:01 | 自民党について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7