鳩山政権の1ヶ月,つかみはOK。ここから本番+追悼・加藤和彦さん

最新の記事10個は欄外に。9月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 まず・・・17日、音楽家の加藤和彦さん(62)が亡くなった。
慎んでご冥福をお祈りしたい。

 加藤和彦さんときいて、個人的に、真っ先に思い浮かべるのは、
名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」だ。
 というのも、小学生の頃、グループで歌を発表することになって、
この曲と、以前、このブログ(コチラ)でも取り上げた「戦争を
知らない子供たち」をハモれるようにするため、何度もテープを
聴いて、練習をした思い出があるからだ。

<この2曲は、加藤和彦さんをプロの音楽の世界に導いたと
言われる北山修さんの作詞。「あの素晴らしい~」は、加藤和彦
さん作曲。>
 
 その後、自分でも音楽をアレコレやるようになってから、加藤
さんが最初に参加したフォーク・クルセダーズの「オラは死んじ
まっただ」(同氏作曲)が、曲や詩の作り方で、色々とシャレた
ものがちりばめられていること<テープの早回しという斬新な
方法で作られていること>や、サディスミカバンドが、こちらも
かなりオシャレで、先進的&斬新な音楽だったかなどを知って。
 mewにとっては、日本の音楽の最先端を行く、色々な発想に
あふれたオシャレなミュージシャンというイメージが強かった。

<さらに、後に「イムジン河」のエピソードや、同氏作曲の
「悲しくてやり切れない」が、「イムジン河」の逆回しのメロディ
から発想して作られたものである(かも知れない)ことなどを
知ったりもした。>

 少し前に、木村カエラちゃんをボーカルにして、新しいサディス
ティックミカバンドを結成。おそらく、その映像を見たのが、加藤
さんが音楽をやるのを目にした最期の機会になってしまったと
思うのだけど。
 加藤さん自身は、フォークやポップス、ロックの分野に
とどまらず、常に新たなものを求めて、歌舞伎や映画音楽など
広範なジャンルで活動を続けていて。近時、音楽に関して、自分の
感覚や反応、発想の衰えを感じて、苦悩されていたとのこと。
それが、自らの命を絶つ一因になってしまったのかも知れない。

 そして、何だか最近、音楽の世界で、一つの時代や大きな流れを
作った人たちが、どんどん亡くなって行くので、寂しくてならない
mewなのだった。
<まさに「悲しくてやり切れない」の詩曲が、アタマの中で流れて
しまう感じがある。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 今回は、スポーツ・競馬は、パスすることにして。

鳩山民主党(+社民、国新)政権が正式に発足してから、先週で
1ヶ月が立った。
 
 今週初めに発表された世論調査でも、内閣支持率は70%前後と
小泉、細川政権に次ぐ高い支持率をキープしているし。民主党の
支持率も40%前後と、かつてない高い数字が出ていて。国民の
新政権に対する期待が、かなり大きいことがわかる。(・・)
 
 しかも、小泉、細川政権の場合、高い支持率は、2人のそれなり
にイケメンでカッコイイ首相の人気によるところが大きかったの
だけど。<内閣支持率というより首相支持率という感じ。>
 鳩山政権の場合は、実は、鳩山首相の人気はさほど高くなくて。^^;
政権交代なるものや、民主党政権の政党の方針&政策に対する評価
や期待によって高い数字を得ているものゆえ、こちらの方が、政治
的な意味では、まっとうな支持率だと言えるかも知れない。(**)

* * * * *
 
 mewは、いつも書くように、民主党の固定支持者でもないし。
<ついでに言えば、鳩山ファン、小沢でもない。>

 民主党のマニフェストに関しても、細かく見れば、下手すると、
半分近くは、疑問を覚えたり、反対であったりするものがあったり
もする。^_^;
 それに、正直言って、この1ヶ月だけでも、政権構想や運営に
関して、あまりに準備不足に思えることも少なくないし。閣僚や
執行部が、好き勝手な発言をしたり、mew的に見て、あまり
好ましく表現を用いたりしていることに、かなりハラハラ、
イライラさせられるケースもあったりするのだが。<特にKくん
と、Mくんね!(ーー゛)>

 ただ、民主党+α政権は、国家観や国民&生活が第一という
最も重要な部分で、賛同できる部分が大きいし。毎日、ニュース
を見ていて、やっぱ「政権交代して、よかったな~」と思うことが
かなりあるのは事実だ。<自民党の、特に森、小泉、安倍、
麻生政権の時は、毎日、イヤ名ニュースばっかだったもの。(-"-)>

 世論調査などの結果を見ても、国民も、新政権が「脱・官僚依存」
「国民の税金の無駄遣いをなくすこと」「生活支援、社会保障の
安定」などに取り組もうとしていることを評価&期待して、当分は
温かい目で見守って行こうという姿勢を持っているようなので、
チョット安心させられているところだ。(・・)

 まあ、mewもそろそろ、問題だと思う部分は、ツッコミ始める
かも知れないのだけど。大きな軸さえぶれなければ、内閣の支持率
が急落することはないようにも思える。
* * * * *

 また、鳩山首相の政治資金収支報告書で、献金者の名が虚偽記載
されていること(俗にいう個人献金問題)に関して、保守系の市民
団体の告発により、東京地検が捜査を開始して。
 野党・自民党も、国会内外で、この点を追及することに意欲を
示しているのだけど。^_^;
 
 今日、日本テレビが発表していた世論調査によれば・・・
『鳩山首相や民主党・小沢幹事長の政治献金問題への対応について、
「自民党は徹底的に追及すべきだ」と答えた人が41.8%なのに
対し、「政策論議を深めるべきだ」が53.5%となっている』と
いう。(・o・) ara,sounano?

 19日付けの日刊ゲンダイに至っては、「鳩山献金疑惑など選挙民
は、とっくに許している」「鳩山献金攻撃に庶民は反感、不快感」
「腐敗自民に政権攻撃の資格はあるのか」というタイトルの記事を
載せていて。^_^;
 まあ、これは、「いかにも、日刊ゲンダイ流」の書き方であると
しても、他の報道でも、自民党の中で、あまり鳩山献金問題に
こだわるのは、得策ではないかも知れないという声も出ているよう
だし。<総選挙で、民主党バッシングを行なったことが、大敗に
つながったという反省もあるし。>
 自民党は、攻めどころを考えて行かないと、ますます支持や期待
を失うかも知れないな~と思ったりもしている。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 尚、鳩山政権の1ヶ月に関して、色々とまとめようと思ったら、
「沖縄タイムズ」が、すごくわかりやすい&mewの視点や考え
にも、かなり近い社説を出していたので。<mewが書くよりも、
よっぽどスッキリとしていて、読みやすいし?(^^ゞ>
 そちらを、アップしておきたいと思う。(・・)

『 沖縄タイムズ 2009年10月17日 社説


[鳩山政権1カ月]
変革の正念場これから


 官僚依存から政治主導へ―閣僚が競うように繰り出す政策転換に
政権交代を実感している人は多いのではないか。

 70%を超える支持率を得て走りだした鳩山由紀夫新政権は発足
から1カ月が過ぎた。「政治が変わりつつあると感じてもらえて
いるのでは」と首相が語るように高い期待値を背負い始動している。

 外交で鳩山首相は就任早々の国連気候変動サミットで、2020
年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減すると国際公約
した。国内の産業界からは異論が出たが、会場から好感をもって
迎えられた。訪米や近隣の中国、韓国首脳会談でも政権交代を印象
づけた。岡田克也外相は電撃的にアフガニスタンを訪問し現地が
何を必要としているのか、直接確かめた。

 内政では「官僚政治」の象徴とされた事務次官会議をやめた。
閣議を形骸(けいがい)化し、事実上、内閣提出案件が決定されて
いた会議だ。

 政治主導で矢継ぎ早に政策転換している閣僚の筆頭は、前原誠司
国交相(沖縄担当相)だろう。時代に合わない無駄な大型公共事業
として八ツ場(やんば)ダム(群馬県)の中止を決めた。政治主導
によるトップダウンだけにマニフェスト(政権公約)に明記されて
いたとはいえ、地元の理解を得るため説明を尽くしてほしい。

 内閣の司令塔となるべき国家戦略室の位置づけの曖昧(あいまい)
さや陣容不足、無駄遣いをチェックする行政刷新会議との役割分担
など、政権内には詰めなければならない課題はある。だが、政権
発足からまだ1カ月である。軌道に乗るまでの試行錯誤はつきものだ。

 米軍普天間飛行場の移設問題は政権の不安定要素である。鳩山首相、
関係閣僚の発言のぶれや不一致が目立つからだ。首相本人が県内移設
容認を示唆したと受け止められるような発言をし、翌日には連立を
組む社民党の反発を受け否定した。「県外」の原則を踏まえないと
混乱を引き起こし、信頼を失いかねない。

 政権交代で外交政策が変更されるのは何も不思議ではない。野党
時代から「県外」「国外」を主張していたことを米国はよく知って
いる。

 インド洋で海上自衛隊の給油活動は法律の期限切れの来年1月で
撤収すると米側に伝え、理解を得ている。アフガニスタン復興支援
で日本の得意とする職業訓練など民生面への協力に代える考えだ。
これが「従属」ではなく主張すべきは主張する「緊密で対等な」
日米関係ではないのか。

 鳩山政権は、前政権の2009年度補正予算の見直しで目標の
3兆円近い予算を確保した。同時に進めた10年度予算概算要求は
子ども手当や高校授業料の無償化など目玉政策や景気への配慮など
から一般会計総額は95兆円を突破し、過去最大規模に膨らんだ。

 景気低迷で税収の大幅落ち込みは確実で、年末にかけ行政刷新
会議が無駄な事業をどう仕分けていくか。赤字国債発行か、公約
断念かを迫られる局面が想定される。景気・雇用は不安定で二番底
の懸念もある。疲弊した地方の活性化も課題だ。政治主導が問わ
れる正念場はこれからだ。』

* * * * *  
 
 まあ、鳩山政権は、ある意味で、ここまでは政権運営の助走期間
であったとも言えるとこがあって。
 支持率などを見ると、「つかみはOK」という感じなのだが。(・・)b

 今週は、ついに米国からゲイツ国防長官が来日するし。<この
ブログにも何回か登場したけど。自民党政権時代は、みんな
この人にヘ~コラしていたのよね~。(ーー゛)>
 来週の日曜日には、2つの参院補選が。そして月曜日には、臨時
国会がスタートするわけで。

<mewとしては、あまり予算や国債などの「数字」、マニフェストに
記載したことにはこだわらず、今、国や国民にとって必要なこと
を優先して行なうようにして欲しいと考えているのだけどね。(・・)>

 まさに、ここからが本番だと思うし。心の中では半分応援しながら
も、客観的な視点もいーぷして、しっかりとウォッチしたいと思う
mewなのだった。(@@)
                 THANKS



 【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内がアブナイかも?^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑こちらもTOP10がアブナイ?アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/11395839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2009-10-19 17:46
タイトル : 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年10月19日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞の一面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞ちょっと気になる短文{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ TV行政のテロップ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・ TV・テロップ 不幸・喜び・厚かましい{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 5・ TV和光市物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... more
by mew-run7 | 2009-10-19 14:45 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)