日米同盟見直し宣言の鳩山にエールを!+またミサイル実験&米圧力+ドラフト&☆に京大大学院生

最新の記事(10個)のコーナーは右欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 昨日、プロ野球のドラフト会議が行なわれて、注目の菊池雄星
選手は、6球団に指名されて、西武の渡辺監督が交渉権を獲得した。

 菊池選手は、大リーグの複数チームがスカウトする意向を示して
いたので、本人もどちらに進むか悩んでいて。先週、日本のプロに
進むという意思を表明という会見を開いた時には、メジャー挑戦を
断念した<周囲の説得などもあって、せざるを得なかった?>無念
さも手伝ってか、涙をボロボロと流していたので、チョットかわい
そうな感じがしてしまったのだけど。(ノ_-。) 
 昨日は、もう気持ちの踏ん切りがしっかりついていたためか、
明るい笑顔で、会見に応じていて。ほっとさせられた。"^_^"

 わが☆も、菊池選手を狙って欲しかったのだが。新社長の意向も
あって、地元・横浜高のスラッガー・筒香嘉智内野手を1位指名
した。<高校通算69本塁打は、清原、松井をしのぐ記録。(・・)>
 2巡め以降では、即戦力で使えそうな投手を2人と、高校生投手
を2人指名。
 チョット異色なのは、5巡め指名の福田岳洋投手(26)。
高校時代に甲子園経験がなくて、浪人受験して国立の高知大に進学。
さらに京都大学の大学院にして進み、投球を科学的に分析、研究
していたという。<☆では、川村も一般受験で立教に入学。だから、
どうってことはないんだけどさ。(~_~;)katsuyaku shinaitone>
でも、実戦野球への思いを忘れられず、大学院を休学して、四国
の独立リーグのチームに所属してプレーをしていたところ、今回の
ドラフトにかかったという。<大学院での研究の成果もあって、
ストレートの速度が150km近くまで上がったのも大きな要因に
なったとか?(・o・)>

 どうやら☆の次期監督は、現・巨人の尾花コーチに決まっている
ようなのだけど。<投手コーチとしての実績は買うけど。☆とは、
今まで何の縁もなかった人なので、心情的にはビミョ~な感じ。>
 ともかく、来年に向けて、何とかひとりでも多く、使える投手を
育てなければと思っているmewなのだった。(☆☆)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

ところで、あまりマスコミ(特にTV)が取り上げていないの
だけど。今週、海上自衛隊がまたミサイル(SM3)の発射実験を
行なったことが発表された。(ーー゛)

『防衛省は28日、海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」に搭載
した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射実験を米ハワイ沖で
行い、弾道ミサイルの迎撃に成功したと発表した。07年12月は
成功したが、昨年11月は失敗していた。海自によると、27日
午後6時(日本時間28日午後1時)、ハワイ・カウアイ島の施設
から米海軍が模擬ミサイルを発射。みょうこうは数百キロ離れた海上
で探知、SM3を発射して標的を撃ち落とした。<毎日新聞28日>』

 まあ、早い段階から日程が決まっていたので、そのまま実施されて
しまったのだろうけど。
 でも、民主党政権になって、早速、こういう実験が行なわれるのは、
mew的には、あまり、いい気分がしなかった。
<海自が、1回発射実験を行なうのに、少なくとも60億円以上の
費用がかかることを思うと、さらなり。(ーー)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 しかも、先日、SM3がらみで、こんな記事が出ていたので、
尚更に、腹立たしく思ったところがあったのかも知れない。

『ゲーツ米国防長官が21日の北沢俊美防衛相との会談でミサイル
防衛(MD)に関し、日米両政府が共同開発している海上配備型迎撃
ミサイル(SM3ブロック2A)を欧州などの第三国へ供与できる
よう対応を求めていたことが分かった。複数の日米外交筋が23日、
明らかにした。』

『ゲーツ氏は「日本の輸出政策を緩和してほしい」と要求。北沢氏は
「国内問題であり、政府部内で検討する」と回答を保留した。ただ
米側はブロック2Aについて、2018年から配備する計画で、
外務、防衛両省では第三国への供与を拒むのは困難との見方が強い。
米側はドイツなど欧州諸国への供与を視野に来年中にも回答を得たい
考えで、鳩山政権は厳しい判断を迫られそうだ。』
<以上、共同通信24日より。全文*1>

* * * * *

 このブログにもさんざん書いて来ていることだけど。

 自民党政権は、特にこの10年、超保守&新保守タカ派勢力が
実権を握っていたことから、どんどんと軍事拡大を推進。
 しかも、米国で8年続いた超タカ派のブッシュ政権と組む形で、
米軍再編と絡める形で、日米軍一体化による新安保体制を築く
計画を立てて、戦後60年余り守り続けて来た平和政策を次々と
崩すような政策を実現しつつあった。(ーー゛)

 今、問題になっている普天間基地の移設や、インド洋給油など
の米軍再編に関する計画や自衛隊の海外派遣もそうだし。
 上述の日米共同のミサイル防衛の拡大もその一つだ。<これら
に伴って、憲法改正や集団的自衛権を容認すべく憲法解釈の変更
などを行なうことも計画していた。>

 また、日本には、佐藤栄作内閣以来、武器輸出3原則というのが
存在するのだが。コチラwikipedia 参照>
 米国は、日本政府がこの原則を緩和することを要求。さらに日本
の企業の中にも、今後、軍事系の産業、研究開発などによって利益
を得たいと考えるところも少なからずあることから、経団連なども
この原則の緩和を要請していて。米国や大企業にべったりの自民党
政権は、この原則もなし崩しにしようとしていたのである。(ーー゛)

<たとえば、『日本政府は04年12月に迎撃ミサイルを共同開発、
生産する場合、武器輸出三原則の適用対象から外すと発表し、対米
供与に限り容認。共同開発の決定を受けた06年6月の日米交換
公文で「日本の事前同意のない目的外利用や第三国移転を禁止」と
明記し「厳格な管理」を取り決めた。(*1)』とかね。(-"-)>

* * * * *

 ミサイル防衛に関して言えば、PAC3は実戦での的中率が疑問
視されていること&日米共同となれば集団的自衛権の問題が生じる
ことから、もう一度、見直す必要があると思うし。

 輸出原則を緩和すれば、国内の軍事産業(技術含む)&研究の
発展によって、経済的利益も大きいし。軍事面でもプラスになる
ことはあるのだけど。
 これまで平和を守るために作って来た諸原則を次々と崩して
行けば、やがて日本はまた大きな過ちを犯して、ズルズルと
アブナイ道に進んで行くおそれが大きくなってしまうことを考える
と安易に緩和するのは考えものなわけで。

 そのようなこともあって、mewは、何とか政権交代をして、
自民党を1日も早く政権の座からおろして、このアブナイ流れを
止めなければと強く願っていたところがあったのだ。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 でも、昨日、mew的には、めっちゃ嬉しい報道があった。"^_^"

 鳩山首相が、昨日、参院の代表質問での弁で、日米同盟の
あり方を根本的に見直したいという発言をしたのである。(・・)

『鳩山首相は29日の参院本会議での代表質問で、日米同盟の
あり方を再検討する意向を表明した。

 首相は「日米同盟は日本外交の基軸だ」としたうえで、「来年は
日米安全保障条約改定50年の節目を迎える。日米同盟のあり方
全般について、包括的なレビュー(再検討)を新政権として行い
たい」と述べた。

 これに関連し、首相は同日夕、首相官邸で記者団に対し、在日
米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)、日米地位協定、
米海兵隊普天間飛行場の移設問題をあげ、「どういう解決策がある
か、しっかり議論して結論を出したい。レビューが必要だ」と説明
した。

 一方、首相は衆院本会議での代表質問で、思いやり予算について
「我が国の負担を効率的で効果的なものにするため、包括的見直し
が必要だ」と述べ、削減に意欲を見せた。<読売新聞29日>』

* * * * *

 この件に関しては、改めて取り上げたいと思うけど。
 もし、日米同盟の見直しが実現されれば、本当に画期的なこと
だと思う。(**)

 自民党政権は、安倍っち祖父の岸信介元首相が締結した安保50年
を機に、防衛大綱を大きく変えて、米国と新安保体制を築き、日本が
中国を抑えてアジアのTOPの国として、米国と組んで太平洋&
アジア地域の安保の要になれるようにしたいと考えていたのだけど。
<そのために、憲法改正、軍事拡大などもしようとしていた。(-"-)>

 mewは、もう戦後から60年余りがたって、いい加減、日本は
本当の意味で、自立した主体的な国になる必要があると思うし。
 そのためには、日米同盟や安保を重視しながらも、新たな日米
同盟や安保体制のあり方を検討する必要があるわけで。来年、
迎える安保50周年という節目は、その変革を為すには、絶好の
チャンスなのではないかと思ったりもしている。(**)

 もちろん安保外交政策で大きな変革を行なうのは、決して容易な
ことではないし。一度にそう多くのことを変えることはできない
かも知れない。
 でも、折角、日本の政権も交代したのだし。もし、ここで何も
変えようとせずに、ズルズルと自民党&米国が予め計画していた通り
にコトを進めるのであれば、民主党が政権をとった意味は、半減
してしまうだろう。(-"-)

 で、この折角のチャンスを活かすべく、鳩山首相には、大きな勇気
を持って、日米同盟の見直しに臨んで欲しいと願っているのだけど。
彼が、そのような変革を為すには、民主党や連立を組む政党の議員
や支持者の理解と支持、そして、何より国民の強い支持が必要なの
ではないかと思うのだ。(・・)

 だから、平和を願う国民たちと、ここで鳩山政権に「頑張れ~」
と大きな声援を送りたいと思うmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内がアブナイかも?^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑こちらもTOP10がアブナイ?アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

 



『ゲーツ米国防長官が21日の北沢俊美防衛相との会談でミサイル防衛(MD)に関し、日米両政府が共同開発している海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)を欧州などの第三国へ供与できるよう対応を求めていたことが分かった。複数の日米外交筋が23日、明らかにした。
 米政府が先月、ロシアが強く反対してきた東欧でのMD施設の建設計画を中止し、中距離ミサイルに対応する海上配備型などのMD網を欧州で強化すると発表したのを受けた動きだ。武器輸出三原則の緩和につながる可能性があり、民主党内の旧社会党系や連立を組む社民党からの反対論が予想される。
 ゲーツ氏は「日本の輸出政策を緩和してほしい」と要求。北沢氏は「国内問題であり、政府部内で検討する」と回答を保留した。ただ米側はブロック2Aについて、2018年から配備する計画で、外務、防衛両省では第三国への供与を拒むのは困難との見方が強い。米側はドイツなど欧州諸国への供与を視野に来年中にも回答を得たい考えで、鳩山政権は厳しい判断を迫られそうだ。
 日本政府は04年12月に迎撃ミサイルを共同開発、生産する場合、武器輸出三原則の適用対象から外すと発表し、対米供与に限り容認。共同開発の決定を受けた06年6月の日米交換公文で「日本の事前同意のない目的外利用や第三国移転を禁止」と明記し「厳格な管理」を取り決めた。
 日本政府は(1)第三国への供与を武器輸出三原則の例外規定とする(2)交換公文に基づいて事前承認する―のいずれかの選択を迫られそうだ。政府内では「本来は日本防衛を想定し共同開発に入った迎撃ミサイルであり、三原則に例外規定を追加する重い判断が必要ではないか」(防衛省筋)との指摘が出ている。
<共同通信24日>』
[PR]
by mew-run7 | 2009-10-30 12:21 | 民主党、民進党に関して