米国&官僚との攻防激化。負けるな、鳩山。対等外交の一歩を踏み出せ。

最新の記事(10個)のコーナーは右欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 前記事の続きになるが・・・。

 オバマ大統領が来日(12~13日)を目前に控えて、ここから
米国と日本政府、または鳩山内閣と官僚たちとの、最後の攻防が
繰り広げられることになる。
 米国と対等な関係を目指す鳩山政権にとっては、ここがまさに
正念場になりそうだ。(**)

 mewは、これまでの日米関係を変えることは、め~っちゃ
難しいと思っているのだが。日本も折角、政権交代を実現した
のだから、本当に少しずつでいいから、米国と対等に&主体的に
外交できるような形を作って欲しいと願っているし。
 今回の米国側とのやりとり(やり合い)は、その大事な一歩に
なるだけに、鳩山内閣には、米国に全面的に押し込まれるのでは
なく、少しでも多く粘って欲しいと期待を寄せている。(・・)

* * * * *

 今週、また米国が、今度はケリー報道官が公の場でこのような
発言をすることによって、圧力&脅しをかけて来た。(>_<)

『【ワシントン古本陽荘】米国務省のケリー報道官は3日の記者
会見で、米軍普天間飛行場の移設問題に関し、「最終的に米国と
どのような関係を築いていくかは、日本政府が決めることだ」と
述べた。日本側が普天間移設に関する合意をほごにした場合、
両国関係に深刻な影響が出かねないとの懸念を示し、合意通りに
米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設するよう求めた形だ。

 また、普天間移設を含む在日米軍再編協議について、「共通の
安全保障上の課題に対応するためのもので、透明性が完全に確保
された中で日本政府との協力の下で合意された」と指摘。経緯が
不透明だとして繰り返し説明を求めてきた鳩山政権の姿勢を批判
した。<毎日新聞4日より>』

 しかも、米国は、今日5日に、ミャンマーを訪問中のキャンベル
国務次官補(東アジア・太平洋担当)を、日本に立ち寄らせて、
日本側と普天間移設問題などを協議することにしたという。(・o・)
<記事末に関連p.s.1>

 実は、日米双方は、オバマ大統領の来日を12日に控えて、重要
課題の調整協議を行なうべく、岡田外務大臣とクリントン国務長官
の会談をセッティングしようと試みたのだが。岡田大臣が、国会
日程があるために渡米することが難しく、話が流れてしまったので。
 これが実質的に、オバマ氏訪日前の最後の政府高官レベルで協議
を行なう機会になりそうだ。(-"-) <記事末に関連p.s.2>

* * * * *

 しかも、前記事でも北沢防衛大臣の発言について書いたのだが、
北沢大臣が、また昨日もミョ~なことを言い出した。<アンタは
どこの内閣の閣僚なんだって言いたくなっちゃうよね。(`´)>

『北沢俊美防衛相は4日の記者会見で、アフガニスタン支援策と
してアフガン本土に展開する国際治安支援部隊(ISAF)作戦
本部へ数名の自衛官を「連絡調整官」として派遣することを検討中
だと明らかにした。北沢氏は「多様なメニューをつくり(首相官邸
に)説明した段階だ」と述べた。<産経新聞4日より>』

 もしかしたら、米国側か日本の役人orN政務官辺りが、
以前、小沢一郎氏がISAF参加を容認する発言をしたことを
持ち出して来て、その検討をして欲しいと言ったのかな~と
思ったりもするのだけど。(・・)

 でも、ISAFの件は小沢氏個人の考えであって、民主党の
考えではないし。連立を組む社民党も、当然に反対するだろう。

『鳩山由紀夫首相は4日の衆院予算委員会で「自衛隊を派遣する
発想は持ち合わせていない」と答弁。平野博文官房長官も同日の
記者会見で「政府内で検討していることはない」と述べ、北沢氏
の発言を否定<同上>』したので、ほっとさせられたのだが。

外務省や防衛省には、米国べったりのタカ派も少なからずいる
わけで。彼らが、何とか鳩山内閣の路線変更を阻止すべく動いて
いる可能性もあるし。<米国側にかなり厳しいことを言われて
切羽詰った気分になってる人もいるかも知れないしね~。^_^;>

 鳩山首相や閣僚たちは、米国だけでなく、そのような官僚たち
との戦いも強いられていると言えるかも知れない。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  

 ところで、何かこういう話が出ると、すぐに「反米」云々と
批判する声が出て来るのだけど。

 鳩山首相は、決して反米ではないだろう。mewは、彼はどちら
かと言えば、親米なのではないかと思うし。また、日米同盟を
最重要視していることは間違いない。
 ただ、彼はor民主党の議員の多くは、自民党政権のように米国
べったりの従属的な関係を改善して、アジアも含めて広く外交を
行なうと共に、どの国とも対等な関係を築いたり、もっと主体的
な外交を行いたいと考えているに過ぎないのだ。
 そして、それは、独立した主権国家としては、当然の考えでは
ないかと思われる。(**)

<ちなみに、mewも、決して反米ではない。米国は最も好きな
国の一つで、一時、米国に永住したいと考えていたほどだ。(・・)
 ただ、どの国かにかかわらず、戦争(=人殺し)が好きな
政治家や国民は嫌いである。(ーー)>

* * * * *

 でも、米国にしてみれば、それは不都合&面白くないことに
違いない。^_^;
 そもそも自民党は、米国が主導して&スポンサーになって
作られた政党ゆえ、どうしても米国に対して従属的にならざるを
得ないところがあって。
 米国は、長い間の自民党政権やその下の官僚たちとの付き合い
の中で、日本政府は、基本的に自分たちの要請を積極的に受け
入れようとする(リッチなポチみたいな?)ものだと思い込んで
しまっているように見えることさえある。(ーー)

<米国が、A、B、Cと様々な要求をすると、日本政府は、
「Aがダメでも、B、Cならやる」「Bがダメなら、その分、
お金を出す」とか、ケナゲに、米国の意に沿おうと&ご機嫌を
とろうとして来たしね~。(-"-)>

 しかも、特に米国では超タカ派のブッシュ政権が始まって、
日本では米国べったりの小泉元首相や、超保守&タカ派の安倍、
麻生政権は、米軍再編や「テロとの戦い」にうまく乗る形で、
日本の軍事力を拡大しようと考えたことから、国民そっちのけで、
米国側とどんどん色々な計画を立てて、実行に移しつつあって。
 日米双方の首脳&幹部も、官僚たちも、関連する企業なども
含めて、まさにイケイケ・モードにはいっていたのである。^_^;

 それゆえ、米国としては、これまで自民党政権と話が決まって
いたことを、できるだけ、そのまま実現させたいという思いが
あるだろうし。
 自民党の保守タカ派の政治家(特に族議員)と共に、計画を進め
て来た外務省や防衛省の官僚の中にも、何とか計画変更を阻止
したいという強い思いを抱いている者もいることだろう。(・・)

 確かに、政権が代わっても、国と国、政府と政府の間の話や約束
は尊重されるべきだとは思うけど。
 でも、現に米国が、ブッシュ政権からオバマ政権に代わって、
安保外交政策がかなり大きく変わっているのは明らかだし。<民族
宗教差別なし&対話重視の政策に。しかも、核廃絶が目標よ!"^_^">
日本だって、政権が代われば、多少は安保外交政策を見直したり、
再検討をしたりするのは、当然のことだと思うし。
 少なくとも、「検討のために、時間が欲しい」という申し出を
行なうことぐらいは、許容すべきなのではないかと思われる。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 ところが、米政府は、何とか自民党政権で進めた話を、何とか
民主党政権にも、そのまま実行させようと考えている。

 北沢防衛大臣が、急にインド洋の海自の給油活動を撤退する
代替策として、急にアフガンへの自衛隊派遣や、ソマリア沖での
給油活動の話をし始めたのも、米国と自民党政権との間で、
その二つの話が進んでいたからにほかならない。(-"-)

 米国は<それこそゲイツ国防長官も>、以前から、自衛隊を
アフガンに派遣するように強く求めていて。ハト派の福田首相は、
何とか断わり続けたものの、超保守の麻生政権になって、早速、
陸自をアフガンに派遣する準備として、ヘリコプター改造の予算
を認めた。<アフガンは危険だから、ヘリの底を鉄板で厚くしたり
など、改造を施さないといけないらしい。(-"-)>

 また、インド洋で給油活動を行っている海上自衛隊を、ソマリア
沖の方に移動させて、海賊退治を行なう日米他の艦船の燃料補給を
行なって欲しいという話も、昨年から出ていたようで。麻生前首相
も、前向きな姿勢を示していた。(コチラの記事など参照)
<実際、インド洋の海自の補給艦が、アフリカ近くまで行って、
海賊退治用の海自の艦船に給油を行ない、それをマスコミに公開。
転用も予定して、事前のデモンストレーションを行なったりも
している。(ーー)(コチラの記事など参照)>

* * * * *

 おそらく米国は、普天間基地に関する問題に加えて、鳩山首相が
日米同盟のレビュー(見直し)や、在日米軍の思いやり予算の
再検討をするとまで発言したり。こちらも米国が期待していた
憲法9条の改正や集団的自衛権の行使容認に否定的な姿勢を見せ
たりしたことに、さらにイラ立ちを募らせていることだろう。^_^;

 そして、もしかしたら、防衛省の役人などに「日本が普天間など
でグダグダと言って、気を煩わされた&当初の計画がスムーズに
進まない分、せめて一日も早くアフガン派兵やソマリア給油ぐらい
は決めろよ!」とか言って、迫って来ているのかも~と邪推して
しまったりもする。(・・) <または、官僚の方から「アメリカさま
をこれ以上、怒らせないために、せめて、それぐらいしないと~」
って、言ってるのかも?^_^;>

* * * * *

 正直なところ、米国の要求を全て拒絶することは不可能なこと
だと思うけど。
 でも、ここで、圧力や脅しに屈する形で、簡単に引き下がって
しまっては、とてもじゃないけど、今後、対等or主体的な関係
など築けはしまい。(-"-)
 そうしたら、「やっぱ、日本なんてチョロイもんだ」と思われて、
今後はズルズルと米国のペースにハマってしまうのがオチだし。
mew的には、ここは、鳩山首相に、イケルとこまでツッパって、
粘って欲しいと思っている。(**)

 オバマ大統領の来日まで、あとちょうど1週間。もし鳩山内閣
が粘れば、今度の会談では、大きな問題はできるだけスル~して、
とりあえず、日米同盟の重要性&両国の友好関係の確認やら、
経済対策、核廃絶や環境問題に関する協力体制などをメインの議題
にすることで、決着をつけることも可能になる。"^_^"

 というわけで、対等な日米関係を築くための、大変だけど大事な
一歩を踏み出すために、「頑張れ~&ツッパれ~、鳩山首相!」と
励ましの声を上げて、後押ししたいと思うmewなのだった。(@@)

                THANKS

p.s.1
キャンベル次官補はミャンマーで、何とアウン・サン・スー・チー
女史と約2時間、会談を行なった。03年以来、初めて、報道陣の
前に出ることも許可されたという。
 キャンベル氏は軍事政権のテイン・セイン首相とも会って、オバマ
政権が対ミャンマー政策を変更した意図などを説明したとのこと。
これも、米国の政権交代による外交姿勢の変化=オバマ政権の対話
外交の効果のあらわれではないかと思われる。"^_^"

p.s.2
以前から思っていることなんだけど。確かに国会は大切だけど、
首相や閣僚が急に、本当に重要な国際的な会議や会談に出なければ
ならなくなった時には、委員会(理事会)などの了承を得て、欠席
することを認めてもいいのではないだろうか?(・・)
 国会改革を目指すこの政権では、それも検討課題に加えて欲しい。

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内がアブナイかも?^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑こちらもTOP10がアブナイ?アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/11515716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2009-11-05 18:53
タイトル : 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年11月5日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国会{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治は虚偽で始まり虚偽で終わるか・過疎法とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ TV国会・こんな奴らに政治は任せられない{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・トヨタF1から撤退{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... more
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2009-11-05 18:53
タイトル : 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年11月5日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国会{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治は虚偽で始まり虚偽で終わるか・過疎法とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ TV国会・こんな奴らに政治は任せられない{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・トヨタF1から撤退{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... more
by mew-run7 | 2009-11-05 08:30 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)