鳩山のトラスト・ミーの真相&実現可能な約束+笠松のラブミーチャンが優勝、牝馬で2歳ダート王に


 これは今日1つめの記事です。夕方に2つめをアップしました。

最新の記事(10個)のコーナーは右欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  まずは、競馬の話から・・・。<ちょっと長いので、興味のない
人は、読み飛ばして下さいませ。m(__)m>

 コチラでご紹介した、笠松のスーパー2歳牝馬・ラブミーチャン
with濱口楠彦騎手が、昨日、川崎競馬場で行なわれた2歳ダート王
を決める2歳優駿に出走。
 4頭のJRA馬や、今年は特に強いと言われていた道営の牡馬
たちを押さえて、5連勝で逃げ切りの優勝を果たした。(*^^)v祝
<レース映像はコチラ・、表彰式写真コチラ

 ラブミーチャンは、初の長距離遠征、ナイター、左回り、
1600mと心配なことづくし。パドックでは落ち着いていた
ものの、馬場入りしてからは、ナイター馬場&かなりの観衆に
驚いてか、騎手を振り落とさんばかりのパニック状態になったとか。
 そのために返し馬をしないまま、レースに臨んだのだが。
<ゲート内でも、キョロキョロ状態で、ちょっと心配に。>

 でも、ゲートが開いたら、外枠ながら好スタートで飛び出して、
馬場を斜めに横切り、ハナをゲット。そこから、きっちりと折り
合って、マイペースでの逃げに持ち込み、追いすがる馬を振り
切って、見事に先頭でゴールを切ったのだ。"^_^"

 2着には、こちらもmew期待の道営のブンブイチドウが。
3着には、前回の兵庫ジュニアGPで、ラブミーチャンと接戦を
演じた牝馬・アースサウンドがはいった。(・・)
<ブンブはまだ強くなりそうな感じ。Eサウンドも、牝馬ながら、
正直、思ったより強かったですぅ。>

* * * * *
 
 地方競馬に興味のない方には、一体、何を興奮して喜んでいる
のか「???」だとは思うのだけど。^^;
 このレースに地方競馬の馬が、ましてや牝馬が勝つということ
自体、mew的には五輪で金メダルをとるに値するぐらいスゴイ
ことだし。
 ましてや、今、ピンチの笠松競馬の馬が、JRAのレースや
JRAもはいった統一GIに勝つことは、と~っても意味の
ある&感慨深いことなのである。(**)

<笠松競馬は、売り上げ減&地権者とのトラブルで、存続が
危ぶまれていたのだけど。先日、地権者と和解が成立したし。
あとは、ラブミーチャン効果で、売り上げがアップしてくれれば、
廃止の危機からの脱出に、希望の光が見えて来るしね。(~~)>

 川崎競馬は、TV映像で見る限りでは、例年より観客がかなり
多かったような感じが。
 そして、地方競馬のヒロイン&いかにも地方騎手っぽいハマ
ちゃんこと濱口騎手の大勝利とあって、お客さんから惜しみない
拍手と祝福の声が飛んでいた。(・o・)
 濱口騎手も「いやぁ、ミーチャンはすごい馬です。速くて強くて
って感じでした」と満面の笑みでインタビューに答えていた。
 
 表彰式では、司会者(及川さんだよね)が思わず、「ラブミー
チャンを中央にやらずに、笠松に置いたままにして欲しい。ずっと
ハマちゃんを乗せて欲しい」と、その思いを馬主のドクターコパ
にぶつけたところ、コパ氏も、「笠松に置いたまま、中央の桜花賞
やドバイを目指す。騎手も濱口騎手で」と宣言してくれて、観客も
mewも「やった~」という感じに。\(~~)/

<本当は司会者がこういう要求をうるのはマズイんだろうけど。^^;
それぐらいラブミーチャンは、笠松にとって重要な馬なのだ。(・・)>

 ・・・というわけで、今後もミーちゃんことラブミーチャンの
活躍に期待すると共に、(この件はまたの機会に書きたいけど>
今度こそ笠松所属馬で桜花賞を制するという夢を一緒に見たいな~
と願っているmewなのだった。(@@)

<とはいえ、南関っ仔として、南関勢がイマイチなのは、ちょっと
残念なことだったりして。(道営馬が転入して来るかな?^^;)
 でも、石崎パパを久々にやる気にさせているセレンが、東京
大賞典にチャレンジするので、どこまでやれるか楽しみだ。(大井
にも、そういう馬が出て欲しいんだけどね~。(ノ_-。)> 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 で、笠松の「ラブミー」の次は、鳩山の「トラスト・ミー」の話を。

 鳩山内閣は、普天間基地の移設の問題に関して、15日に
次のような方針を決め、米国に伝えた。

『政府は15日、与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会を
開き、米軍普天間飛行場移設問題について、結論を来年に先送り
したうえで(1)与党3党で実務者協議機関を設置(2)キャンプ
シュワブ沿岸部(辺野古)に移設するとした現行計画を含めた移設
候補地を検討―するとの方針を決定した。結論を出す期限に関して
は、方針への盛り込みを見送った。10年度予算編成では辺野古の
移設関連経費は計上する。<共同通信15日>』

 この結論に関して、元・防衛大臣(&防衛オタク?)の自民党の
石破政調会長は、かなりお怒りの様子。

『元防衛相の石破政調会長は15日、「外務大臣も防衛大臣も、年内
に(結論を)決めるべきだ。それがかなわないのであれば、職を賭す
くらいの覚悟がなくて、大臣なんか辞めちまえ!」と批判した。
<FNN15日より>』

<石破くんにしては、乱暴な感じのもの言いだけどね~。(~_~;)
これは、機会があったら、また書きたいけど。mew周辺では
「石破くんは、野党になってから、目つきも追及の仕方も鋭く
なって。自民党の中では、与党を追及する野党幹部として、
一番秀でた存在かも~」と評判が高い。(・・)>

* * * * *

 そして、一部のメディアでは、米国政府や米軍の関係者が、
かなり怒っているor失望しているかのように報じていたり。
中には、もう日米同盟が崩壊してしまうかのような悲観的な
(半分、脅かすような?)書き方をしたりしているところも
あるのだけど。_(。。)_

 でも、こんな記事も出ているのだ。

『米国務省のクローリー次官補は15日の記者会見で、「この問題
が日本にとって複雑なものであることは理解している。もう少し
時間が欲しいというなら協力したい」と述べ、鳩山政権と協議を
継続していくとの姿勢を提示。連立政権の維持や沖縄県内の政治
事情に配慮した鳩山政権の方針に一定の理解を示した。

 また、米ホワイトハウス当局者も「肝心なのは、米政府が日本と
協議を継続していくということだ」と強調した』というような
報道も出ている。<毎日新聞15日より>

『オバマ政権に近いブルッキングス研究所のリチャード・ブッシュ
上級研究員は「オバマ政権は、私的な対話の中で具体的要求を突き
つけ、公的な場では鳩山政権が軌道に乗るのを忍耐強く待つという
二刀流の対日政策できた。この取り組み方は変わらないのではない
か」と解説する。<同上>』

 もともとオバマ大統領は、調整型の政治家で、対話による解決を
好むタイプゆえ、ブッシュ政権の時のように、圧力や脅しで強引に
解決するのは、望んでいないのではないかと思われる。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 そして普天間問題に関して、外務省or米国側がリークした話と
して、鳩山首相が、先月のオバマ大統領との会談で「TRUST ME」
<私を信用してくれor私に任せてくれ>と語ったということが、
何度も報じられていて。

 この言葉を持ち出して来ては、鳩山首相は、そう言ったのに、
日米合意を履行しようとしないと批判したがるメディアや政治家
などが少なくないのだけど。(~_~;)

 この「TRUST ME」について、永田町異聞さんのところ
コチラ>に、とても興味深い記事が出ていた。

『週刊朝日の12月25日号に、11月13日の日米首脳会談に
おける鳩山首相とオバマ大統領のやりとりが具体的に書かれている。

オバマ大統領 「米国議会は、鳩山政権が前政権が合意したとおり
総額100億ドルの移転経費の6割を負担するのか、新政権の方針
が見えないと言っている。合意した負担割合は守られるのか?」

鳩山首相 「トラスト・ミー」

「トラスト・ミー」の真意は、辺野古への移設ではなく、グアム
移転経費の負担について「信頼してください」とオバマに約束した
ものだった。』

* * * * *

 米国は、米軍再編に当たって、普天間基地の海兵隊8千人を、
グアムに移転させることにしているのだが。それには、米軍基地
の施設その他の増設、兵士&家族の住宅建築なども含めて、100
億ドル以上の移転経費がかかると言われていて。日本政府は、自民
党政権時代に、約7000億円の費用(+αで何故か3兆円という
ウワサも?)を負担すると約束している。

 しかも、先月までは、米国議会でグアム移転費用が認められるか
ビミョ~なところだったし。米国も今、財政難&アフガン派兵でも
費用が嵩んでいることもあって、日本がちゃんと費用を出して
くれるかどうかは、大きな問題であるに違いない。

 米国が、普天間基地移設に関して、「合意通りに履行」と言う時
には、その移設先だけでなく、費用を約束通りに払うかどうかと
いうことが含まれていて。移設先を辺野古にするかどうかという
ことよりも、移転費用の履行の方が重要なのだという人もいる。

* * * * *

 以前にも書いたように、mewは、オバマ大統領自身は、さほど
安保政策(特に日本がらみの)には関心がないように見えるし。
普天間問題も、ど~しても辺野古に移設しなくてはいけないとは、
強くこだわっていないように思える。(・・)

 もちろん、米軍再編それ自体は、米国にとって重要なことだし。
あまりゴチャゴチャ言われて、計画が混乱するよりは、できるだけ
既に決まった計画通りにコトが進む方がいいとは思っているだろう
けど。普天間移設は、米軍の再編計画の中の一部に過ぎないことで
あって、全体の計画に支障を及ぼさなければ、一部がチョット
変わることは、許容し得る範囲なのではないだろうか?(**)

 そして、もしオバマ陣営がそのように考えていた場合、鳩山政権
が、辺野古&沖縄県以外に米国が納得行くような移設先を見つけて、
ちゃんと約束したお金も出して、2014年の移転期限も守って、
普天間基地の海兵隊のグアム+αの移転を実現させることができれば
彼らは、それでOKなのであって。
 そうなれば、鳩山首相は、沖縄県民の負担も軽減して、オバマ氏
への「TRUST ME」という言葉も守ることができるのかも
知れないと思うmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2009-12-17 05:41 | 民主党、民進党に関して